« 素粒子論のメモ | メイン | 140歳のロブスター »

ガザ侵攻

最近報道されている、イスラエルのガザ侵攻のニュースを見ていると、次のような素朴な疑問が湧く。

1.イスラエルは平和を希求しているのか。
2.ガザ侵攻で、イスラエルは、ハマスを打ち負かすことができるのか。

それに対して、TIMEの1月19日号は、イスラエルが結局勝てない理由があるという。

第一は、イスラエルによるパレスチナ人の殺戮が報道されていてしまったことである。その数は、1月7日までに700人に上り、そのほとんどは女子供を含む非戦闘員であった。そのことは、国際的な非難を浴びることになった。これは、ハードパワーの勝利かもしれないが、ソフトパワーでの敗北である。

第二は、ある意味、ハマスごときに、イスラエルの対ロケット防衛システムを破られて、ミサイル攻撃を浴びていることである。これでは、イランはおろか、シリア、エジプト、ヨルダンあるいはパレスチナ政府からの攻撃もかわせない。

第三に、イスラエルは、結局はハマスを相手しないようにするしかない。オルメルト首相も、ハマスを殲滅したとしても、イスラエルは到底そのパワーの空白を埋められるものではない、と言っている。

で結局、イスラエルとしては、ハマスがロケット砲撃を止めるなら停戦してもよいというし、ハマスの方は、イスラエルがガザから撤退して、パレスチナ人に対する経済的締め付けを緩和するなら停戦してもよいという。

こうして、フランス、EU、トルコ、あるいはエジプトが調停役を競う。

もし調停が成立すると、ハマスは当然のように勝利宣言するだろう。こうして、イスラエルが撤退することで、ガザは栄えるようになる。ただ、イスラエルの方は、ハマスに、ガザをきちんと管理するよう要求することになる。

ガザ侵攻のさらなる意図は、ハマスを支援しているイランに目に物見せることであった。実際、これによって、イランからハマスへの武器補給路は絶たれた。しかし、そのため、少しは存在していた近隣あアラブ諸国との関係を、イスラエルは失ってしまった。穏健なスンニ派諸国とともに。シーア派のイランに対抗することができなくなった。

イスラエルの更なる悩みは、国内に160万人のアラブ人を抱えることである。これは国民の四分の一に相当する。アラブのグループや国家を敵に廻すと、自国内で火種をもたらすことになる。

こうして、イスラエルは、軍事的にハマスを打ち負かすことができないなら、政治的にハマスと交渉するよりなくなり、結局は、1967年の時点での境界まで後退するしかないという観測もある。

では、アメリカ合衆国はどうなのかというと、ブッシュ政権は満腔のサポートをイスラエルに与えてきた。

一方、オバマ政権は、イスラエルとパレスチナの間の関係を改善することを公約としてきた。

オバマはハーフとはいえ黒人であるし、そのミドル・ネームがフセインである、これによって親中東的なイメージを与えることになると、アルカイーダ、イラン、ヒズボラなどの反米勢力が勢いを失ってしまう可能性がある。

よって、まだ不明であるが、イスラエルを含む中東の平和にとって、オバマ政権は、good newsである可能性がある。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1118

About

2009年1月13日 05:42に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「素粒子論のメモ」です。

次の投稿は「140歳のロブスター」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。