« ガザ侵攻 | メイン | 新型インフルエンザ »

140歳のロブスター

Webニュースによると、ニューヨーク市内のレストランでマスコットとして人気となっていた約140歳とみられるロブスターが、海に戻されることになったという。動物愛護団体が9日明かした。レストラン「シティー・クラブ・アンド・シーフード」を経営するキース・バレンティ氏によると、このロブスターは2週間前にカナダ沿岸で捕獲され、その後同レストランが100ドル(約9100円)で購入した。子どもたちと一緒に写真を撮影するサービスを始めたところ、人気を呼んだという。ロブスターの年齢は体重から計算できるとしており、それによると、体重9キロのこのロブスターは約140歳と推定される。

このニュースを見て思うのは、ロブスターの平均寿命とは一体何歳か、ということである。また、ロブスターは捕食されるから短命なので、そうでないロブスターは年齢とともに成長を続けるのか、ということである。

例えば、Web上のある情報によると、ロブスターと同じ甲殻類でも、小エビの寿命は、1~1.5年と推定されるという。また別の情報によると、ロックシュリンプの寿命は、3~4年だという。

さらに、ヤマトヌマエビという海老は、7年は生きるらしい。10年生きている、という記録もある。しかし、ロブスターの140歳とは桁が違う。

ロブスターと類似の動物と言えば、伊勢海老だが、こちらは寿命は25年だそうである。

魚類でいくと、鮫は40年、鯛は50年、ナマズは70年、鯉は80年。

魚類ではないが、シロナガスクジラで、約100年、ナガスクジラやホッキョククジラも、約100年、イルカが、20~50年。大体、寿命は、体の大きさの単調増加関数である。すると、最初に戻って、ロブスターの140歳は本当なんだろうか、と段々疑いをもってきた。

では動物全般の長寿記録は、というと、どうも亀ではないかと思われる。亀の寿命は、一般には30~50年らしいが、飼育記録としてはアルダブラゾウガメの152年(推定180歳)、カロライナハコガメの138年、ヨーロッパヌマガメの120年以上というのが知られているそうである。

改めてWikiをみると、もともとロブスターは、長生きの種で、100年くらい生きたりするようである。甲殻類でこの特異的な長生きの秘訣は何なのだろうか、また1つ疑問が増えた。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1119

コメント (2)

ISSEI:

アイスランドガイは400年生きたものが見つかっています。あと海底の洞窟に住むザリガニは140年以上とか、ゾウガメ特にガラパゴスゾウガメは200年以上生きているそうです。どれにも共通するのはスローライフです。心臓を早く動かさないことは長寿に繋がります。アイスランドガイは心臓の鼓動を10分の1まで落とすことができるそうです。それからやはり住んでいる環境でしょうね。安定していて穏やかな環境が長寿を育んでいるようです。

ISSEIさん

> アイスランドガイは400年生きたものが見つかっています。

そうだったのですか、上には上ですね。

> アイスランドガイは心臓の鼓動を10分の1まで落とすことができるそうです。それからやはり住んでいる環境でしょうね。安定していて穏やかな環境が長寿を育んでいるようです。

まるで、ノート・パソコンの節電モードみたいですね。

About

2009年1月14日 05:58に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ガザ侵攻」です。

次の投稿は「新型インフルエンザ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。