« 新型インフルエンザ | メイン | 廃虚写真 »

プラトンの試金石

アリストテレスの入門書、例えば、清水書院「アリストテレス」堀田彰著などを見ても、プラトン、特にイデア論に対する怨嗟が満ちている。

もともと、アリストテレスは、プラトンの学園、アカデメイアで学んだので、プラトンの弟子の一人、しかも極めて優秀な弟子のはずなのだが、結局プラトンとは袂を分かち、独自の学校であるリュケイオンを作った。

では、プラトンの提唱する中心的概念であるイデアとは何か。「饗宴」によれば、次のように「美のイデア」が定義される。

- まず第一に、それはつねにあるものであって、生じることも滅びることもなく、増すことも減じることもない。
- それはある面では美しいが他の面では醜いということはない。ある時には美しいが別の時には醜いということはない。
- それは特定の肉体、言説、知識、動物などのかたちであらわれることはない。
- それは純粋にそれだけの相を保ってあるものなのであって、他の美しいものはすべてこれを分け持っている。

こういう命題をみて、怪訝に思わない人はいないだろう。実際、アリストテレスは、「形而上学」で、次のようにしてイデア論を批判する。それは、アリストテレスにとって、とても易しい仕事であったに違いない。

- イデア論によれば、定義が感覚的なものから離れて存在する真実在だと考えているが、それは単に、事物を解明するための事柄を増やしただけである。
- 科学は普遍的事実を扱うが、しかし、普遍的事実が独立な存在であるとする必要は全くない。
- もし「人間」というイデアがあるなら、「非人間」というイデアもあるはずなのに、イデア論者は、「非人間」というイデアは認めない。
- ソクラテスという個人を考えるとしたら、ソクラテスのイデアもあるはずである。それは一体何なのか。
- プラトンは「ファイドン」で、「等そのもの」という関係のイデアの存在を主張し、相互に等しいものは、「等そのもの」というイデアを分有するとするが、自然の事物の中には種が違っていても偶然同じというものがあるだろう。すると、異なる種なのに、「等そのもの」というイデアを分有することで1つの種とみなされることになる。これはおかしくないか。

と、さらに執拗に続くのであるが、言われてみればそれはそれで尤もな論理である。すなわち、アリストテレスにあっては個物こそが実在であって、概念はそこから帰納されたものである。まさに、現代科学の前提である。

では、アリストテレスこそが合理的で、プラトンは迷妄なのか。

ところが合理的の権化のように思われている数学者に、実はプラトニストが多い。典型的な数学者は、「数学は予め実在している。われわれはそれを発見するだけである。」のように言う。これはまさに、アリストテレスが顔を顰めるか、激怒する命題である。これはイデア論の一変形だからである。

数学者であり哲学者でもあるホワイトヘッドは、「すべての哲学は、プラトンに対する脚注である。」とまでいう。これもまた、アリストテレスを激怒させるだろう。

こうして、ダイコトミーを無理やり適用すると、世の中の人は、プラトン派と、非プラトン派に分かれることになる。プラトンなんて知らないし興味もないという人はとりあえず無視する。

プラトン派の典型は、数学者、理論物理学者、神秘家、ある種の純文学作家、思弁哲学者であろうか。

非プラトン派の典型は、博物学者、実験物理学者、工学者、社会科学者、推理作家、論理学者、政治家、法律家、生物学者、化学者、ある種の哲学者、と枚挙にいとまがない。

ここで注目して戴きたいのは、論理学者が非プラトン派であることである。すなわち、論理学は個物の間の論理的関係を研究するので、すぐれてアリストテレス的である。実は、アリストテレスこそが、現代論理学の始祖なのであった。

また、有名な科学哲学者カール・ポパーは、「開かれた社会とその敵」という著書で、プラトン、ヘーゲル、及びマルクスを批判する。確かに、プラトンの「国家」は、ある種の全体主義を指向しているようにも思われないことはない。しかし、結局は、ポパーは、「科学的発見の論理」という著書もあるくらいで、論理学に与し、それゆえに非プラトン派なのだろう。

科学哲学者ではないが、ウィトゲンシュタインがプラトンに言及し、あるいはプラトンを賞賛したという話を聞いたことがない。ウィトゲンシュタインとは少し違うが、イギリス経験論者である、ロック、ビューム、また時代を下ってバートランド・ラッセルあたりも、プラトンを香具師のように思っているふしがある。

ところが、ラッセルと、プラトン派の先鋒である前述のホワイトヘッドとに、「プリンキピア・マテマティカ」という共著がある。すると、プラトン派と非プラトン派の境界は、案外に曖昧で、プラトンの試金石は、裁然たる分類を与えないかもしれない。

このように、プラトン派と非プラトン派は織り成し交錯している。プラトン派が優勢な社会は、プラトンの「国家」に記述されているような全体主義的・共産主義的社会であり、そこでは、プラトン自身が述べているように、哲人が支配してこそ、うまく維持される社会である。しかし、哲人のみしかきちんと統治できない社会は、不安定で仕方がない。たちまち、旧ソ連、北朝鮮のような悲惨な全体主義に堕してしまうだろう。

すると、社会の大枠は非プラトン派が統治して、その中に隠し味のようにプラトン派がちりばめられている社会が健全、ということになる。

私はというと、プラトンの「国家」に違和感を覚えつつも、明確にプラトン派である。数学者のように、数学を実体として感じるまでの能力はないが、数学的美に対する強い憧れはある。なぜそうなのかと自問すると、そういう気質だから、というよりない。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1121

About

2009年1月16日 06:14に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「新型インフルエンザ」です。

次の投稿は「廃虚写真」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。