« プラトンの試金石 | メイン | 第三のビール »

廃虚写真

Webニュースによると、鉱山や変電所跡の廃虚を撮った自分の作品と酷似した写真を発表され、著作権を侵害されたとして、写真家の丸田祥三氏(44)が1月9日、写真家の小林伸一郎氏を相手に写真集の販売差し止めや約600万円の損害賠償などを求める訴訟を東京地裁に起こした、という。

こういうニュース聞くと私は、松本零士の敗訴と同様に、馬鹿な訴えを、と思ってしまう。

なぜなら、小林伸一郎氏は、丸田祥三氏の撮った写真自体をコピーしたり、フォトレタッチソフトでディジタル的に編集したりした訳ではなく、単に同様の被写体を撮影したにすぎないからである。

丸田祥三氏は、物心ついた頃から一貫して廃墟を撮り続けてきた廃墟写真の先駆者であるという。その点の独創性は認められて然るべきだろう。

15年前、丸田氏が群馬県内の変電所の廃墟を撮影した写真がある。この作品で丸田氏は15年前、日本写真協会新人賞を受賞しデビューできたという記念すべき写真である。

そして、その翌年、同じ廃墟を撮った写真が、小林伸一郎氏の写真集に載った。その写真の解説も、もともと勘違いだった丸田氏の解説を継承していたというから、小林氏が丸田氏の写真集をみて、これからいろいろヒントを得たことは明らかである。だから、丸田氏が、小林伸一郎氏の写真集をみて、自分のオリジナリティを侵害されたような気になるというのは理解できる。

しかし、丸田氏が訴える根拠としている著作権法では、その第2条第15項で、複製を「印刷、写真、複写、録音、録画その他の方法により有形的に再製することをいい、(中略)建築の著作物 建築に関する図面に従って建築物を完成すること。」とある。

すると、小林氏は、丸田氏の写真集からヒントを得たにしても、独自に写真を撮ったので、どう考えても著作権法上の複製に該当しない。勿論、翻案でもない。丸田氏の写真自体を写真に撮り、それを出版したなら確かに複製になるだろうが。

丸田氏は次のようにコメントする。「場所も同じで、構図も似ていて、解説文も似ていて、解説文の誤記の部分までそのまま同じというのは、常識では絶対に考えられない。この写真を見てこちら(=丸田氏の写真)を連想するという作品はすべて小林氏の作品としては引っ込めていただきたい」

訴えに対して小林氏は、代理人を通じ、こうコメントした。

「写真とは撮影状況・機材・構図・色の使い方など、様々な要素の選択により作者の独創性が生み出されるものであり、小林はこれらの要素をすべて独自の判断で選択しています。丸田氏の主張は先に撮影した被写体をほかの写真家は撮影してはならないというのに等しく、写真家自らの自殺行為と言えます。丸田氏の著作権侵害との主張は事実無根であり、断固として争うつもりです」

廃虚写真の先駆者としての丸田氏の心情は分からないではない。しかし、著作権法的には、どう見ても小林氏に分がある。おそらく、速やかに丸田氏の敗訴で終わるだろう。間違っても、高裁に控訴して傷を深めることのないことを願う。

最近、世知辛い世の中になったせいか、松本零士氏やこの事件のように、安易に自分の作品のコピーだと文句をつける人が増えている。あるいは、知財立国との政府の謳い文句に煽られて、自らの権利意識を鼓吹しているのだろうか。

しかし、無形のアイデアは本来自由に使えるものであり、国家が政策的に規定した、特許法、商標法、著作権法、不正競争防止法などの知的財産法にある限定的な要件を厳密に満たすときのみ、物権的請求権に似た権利、あるいは損害賠償請求を行使することが認めるられているにすぎない。

典型的には、商売のやり方がある。例えば、サラ金会社が最初の1ヶ月は無利子で貸すという方式を考案して人気を博したとする。それを競合のサラ金会社が真似したとして、もとのサラ金会社は不愉快だろうが、それを訴える法的根拠はない。

丸田氏の場合もある意味、似たようなことである。道義的な憤懣が法的にサポートされないというのはざらにある。寧ろ丸田氏の場合は、自分の、廃虚写真を撮るというアイデアが秀逸だったので、追随する者があらわれた、ということで、そこに自分のプライドを満足させていればよかったのに、と思う。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1122

About

2009年1月17日 06:30に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「プラトンの試金石」です。

次の投稿は「第三のビール」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。