« 第三のビール | メイン | ウイルスの細胞指向性 »

ヘブライ語の復活

私は、古代ヘブライ語は、どうやって日常語として復活したのだろう、という素朴な疑問をずっと抱いてきた。すると、たまたま、ベン・イェフダ家がそのキーワードだと分かった。そして、「ベン・イェフダ家に生まれて」デボラ・オメル、母袋夏生訳、福武文庫という本があることを知り、購入して読んでみた。

1858年にリトアニアで生まれたユダヤ人のエリエゼルは、どういう経緯か、古代ヘブライ語を日常語として復活させることを使命にもつ。そして、オスマントルコ統治下だったパレスチナに、23歳のとき移住した。結核で、あと2~3年の命と医者に宣言されたことが一層思いを昂じさせた。エリエゼルは、離散したユダヤ民族を統合させようとした。そのためには、単一の言語が必要で、その言語としては、ヘブライ語以外ありえないと固く信じたのである。

エリエゼルは、デボラという女性と結婚した。デボラは、熱烈な恋愛関係にあったので、エリエゼルのひどい病状をものともしなかった。デボラとエリエゼルは、結婚して、子供が生まれたら、物心つくまでヘブライ語だけで育てようと決心する。壮大な実験であった。それは、古代ヘブライ語を日常語として復活させようとする超絶的な試みであった。

なにしろ、その当時、ヘブライ語は、古代ラテン語や古典ギリシャ語のように、文献だけで使われる言葉になっていたのだから。デボラは、ロシア語が母語だったが、結婚してからは、ロシア語を封印してきた。

その結果、生まれてきたベン・ツィオンは家から出してもらえず、三歳のころ、知恵遅れの兆候が現れていた。

敬虔なるユダヤ人なら、ヘブライ語を日常語として復活させることに賛成するのだろうか。いや、敬虔なるユダヤ人は寧ろ、古代ヘブライ語は、聖なる旧約聖書の言葉だから、書物の上の言語にとどめておくべき、という意見が多かった。

そもそも、古代ヘブライ語を日常語として使うためには、語彙が不足しすぎている。活きた言語として使われていない期間が長すぎるのである。そこで、エリエゼルは、これらの空白を埋めるために壮絶な努力をした。まず、古代ヘブライ語に、少なくとも語幹がないか探す。どうしてもない場合は、ヘブライ語に近いアラム語や、セム語族の仲間であるアラビア語から探す。今、中東でイスラエルとアラブ諸国が争っているが、言語的には同系統なのである。それはまるで、日本と、韓国・モンゴルが争うようなものなのだろうか。

それでも、ヘブライ語だけで子供を育てているというベン・イェフダ家は、近所で次第に有名になり、訪れてくる人があらわれてきた。訪れた人は、ヘブライ語で会話しなくてはならないだった。

しかし、ユダヤ教のラビで、ベン・イェフダ家は聖なるヘブライ語を冒涜していると非難する者はひきもきらなかたし、もっと常識的に、フランス語やロシア語できちんと子供を教育するべきだ、とアドバイスする人も結構いた。

それでも、エリエゼルは頑固である。子供を、習得したヘブライ語の純粋性が損なわれるからと、決して他の子供と遊ばせない。

そうしているうちに、生活は困窮してくる。エリエゼルの新聞編集者の仕事がほとんど収入をもたらさないからである。結核はひどくなってくる。子供が三人産まれて、一層貧乏になってきた。借金の山である。いまなら、多重債務生活者である。

長男のベン・ツィオンは、ようやく普通の学校に行くことになった。しかし、ヘブライ語だけ話すように育てられているので、大変苦労して、登校拒否にもなった。先生の配慮で、フランス語をマスターし、やっと溶け込めるようになった。

苦労の果て、妻のデボラの方が結核で亡くなってしまった。エリエゼルの結核がうつってしまったのである。5人の子供を残して。さらに不幸がベン・イェフダ家を襲う。5人の子供のうち3人が、ジフテリアで亡くなってしまったのである。

ところが、亡くなった妻の遺志で、エリエゼルは妻の妹と再婚する。妻の妹、ヘムダは全くヘブライ語が話せなかったので、必死で習得した。

その間、エリエゼルの主要な仕事は、現代語としてのヘブライ語辞書の編纂だった。結局、エリエゼルは、23歳のとき、結核であと2~3年の命と医者に宣言されながら、60歳を過ぎるまで生きながらえる。

この本には結局、エリエゼルの仕事がどうやって、新たに建国されたイルラエルに受け入れられたかについては述べられていないが、バルフォア宣言によって建設されることになったイルラエルが公用語としてヘブライ語を用いる際に、エリエゼルの仕事が利用されたことに疑いはなく、今でもベン・イェフダ家は、エルサレムの街で、英雄扱いされているという。特にエリエゼルの長男、ベン・ツィオンは、もしかしたら2000年ぶりくらいのヘブライ語母国語話者であろう。そういうヘブライ語母国語話者を、人工的且つ意図的につくりだそうというエリエゼルの決心は、私には到底理解できない。一神教であるが故の強烈な意志なのだろうか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1124

コメント (1)

谷口 卓:

七里真水先生の現況を知りたい、と思って調べていると、このブログに出会った。
”箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ七里のドイツ”言われた評判の
七里先生は今もご健在でしょうか?
 ところで、七里先生をご存知のあなたはどなたですか?

About

2009年1月18日 06:23に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「第三のビール」です。

次の投稿は「ウイルスの細胞指向性」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。