« ウイルスの細胞指向性 | メイン | 特許の価値 »

ワークシェアリング

Webニュースによると、マツダは1月、工場勤務の正社員を対象に、雇用維持の代わりに勤務時間と給与をカットするワークシェアリングを導入したという。

今や派遣社員を切ったり、正社員をリストラすることは普通であるが、一方で、そういうことに対する社会的批判が強くなっているという面もある。とはいえ、そのまま正社員や派遣社員を抱え続けることは財務的に無理である。すると、折衷案として、もしかして古典的といってよいかもしれないが、ワークシェアリングが出てくる。自動車各社は新車販売の不振が深刻化しており、同様の動きが広がる可能性がある。

電機メーカやIT企業ではあまりそういう話を聞かない。自動車会社では、組織的な季節労働者を雇ったり、すりあわせ的な緊密な社員関係があるので、そういうことを導入しやすいのだろうか。

マツダの対象は、本社工場(広島県)と防府工場(山口県)の完成車2工場に勤務する約1万人。従来は昼夜2交代制だったが、夜間操業を今月から中止し、1人あたりの勤務時間を半減した。

マツダは人件費の削減額を明らかにしていないが、関係者によると、1月分の基本給が約2割削減されるという。時間外勤務や休日出勤などの手当も大幅に減るため、全体の削減額はさらに大きくなると見られる。2月以降も継続するかどうかは、新車の販売状況などを見ながら検討する。

マツダは2009年3月末までに15万台規模を減産する方針を打ち出しており、派遣社員を1月末までに1500人削減して、500人にするなど、生産体制の見直しを進めていた。しかし、流石にこれ以上の削減は社会的な批判を浴びるので難しいとして、ワークシェアリングに踏み切ったのだろう。

新聞によると、ホンダなど、派遣社員を一時的にゼロにするまで派遣社員をカットするという。すると、次なる手は、正社員のリストラか、ワークシェアリングしかない。リストラが辛いのは、景気が回復したときに採用し戻すということができにくいことである。一方、ワークシェアリングは、雇用規約の改定、賃金体系の見直しなど、労務的に大変かもしれない。

ワークシェアリングということは、正社員が大幅な給料カットに見舞われるということである。例えば、私が会社からこう言われたらどうするか。「今後、会社の業績が回復するまで、君の同僚の○○さんと交替で勤務してもらう。週に3日勤務で、それ以外は会社に来ないでくれ。給与は、4割カットである。」と言われたら、受け入れるだろうか。私の場合、今の状況で、そんなに簡単に外に就職先が見つかると思えず、結局、渋々であれ、ワークシェアリングという名の賃金カットを受け入れると思う。

そうすると、こういう時代に生きていく方針は、2つしかない。

1つ目は、生活を安く保つことである。家のローンなども出来れば組まない。賃貸で我慢する。組むとしても、余裕をもって無理のない範囲にする。車は、もしもつとしても、大衆車にし、なるべく壊れるまで乗りつぶす。地位が低くてもいじけない。なるべく金がかからない楽しみをもつようにする。

2つ目は、時代の流れに沿うように自分のスキルを磨くことである。仕事術としてブログにも書いたとおりである。

他にどんな手段があるのだろうか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1126

About

2009年1月20日 06:23に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ウイルスの細胞指向性」です。

次の投稿は「特許の価値」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。