« 自社製品購入 | メイン | バイエルのiPS細胞関連特許出願 »

プラス・マイナスの法則

美輪明宏というと、江原啓之とともにオーラの泉に出演して、発言している。そのある意味怪異な容貌により、怪訝に思っている人は少なくないかもしれないが、言っていることを注意深く聞くと、結構まともで、私は密かにファンだったりする(もちろん、オネーマンズ的意味ではない)。

その美輪明宏の発言で、妥当だと思うものの1つに、プラス・マイナスの法則がある。別に電磁気学の法則ではない。人生、いいことがありすぎると、どこかでドカンと悪いことがある、という、言われてみると当たり前のことである。

今回、特にそう思ったのは、例の中央大学教授殺人事件の被害者、高窪統氏である。セレブというなら、これほどセレブの大学教授もなかなかいないのではあるまいか。以下、列挙してみる。

1.成城学園の一等地に住んでいる。
2.学者一家である。すなわち、父の利一氏、祖父の喜八郎氏は商法学者だった。叔父の貞人氏も刑法学者で青山学院大の名誉教授。
3.奥さんも大学の教官(明治大学電気電子生命学科の准教授)。目のクリッとした美人。
4.一男、二女と、子宝にも恵まれている。
5.老教授を押しのけ、45歳で学科主任(電気電子情報通信工学科)を務めている。
6.イケメンで、とても40代には見えない。30歳過ぎでも通じる若さ。教授といっても偉そうな感じではなく、さわやかで誠実そうな人、という評判。
7.学生にも人気。淡々と講義を進めるものの、途中で振り返って「ここ、わかりますか」と、優しく問いかける“気配り”の先生だった。

それで、美輪明宏の法則によると、巨大なるプラスを抱え込んでしまったということではないだろうか。それであらぬ嫉妬を買ってしまった、ということが考えられる。もちろん、いかなる意味でも、犯人の行為を正当化するものではない。

大学教授殺人事件ということでは、思い出すのは、昭和62年7月22日朝、広島大学・岡本哲彦学部長(当時61歳)が学部長室で胸や背中など4ヵ所を刺されて死んだ、という事件である。死体には青い砂がかけられ、猟奇的雰囲気が醸し出されていた。その犯人は、結局、同学部長の助手である末光博(当時44歳)であった。末光は、素粒子論を専攻していたが、かねてより岡本学部長と折り合いが悪く他大学への転勤を要請されていた。そして、素粒子論の助教授ポストに自分より若い助手が助教授になったことなど相当根強い恨みを岡本教授に持っていたという。

すると、中央大学、高窪教授の場合も、そういう人事的な怨恨というのが、一番妥当な理由として考えられる。もしその線なら、学内関係を洗うことで、自ずと犯人は浮かび上がってくるだろう。大学の人事関係は、企業などりよりずっと狭く、特定しやすいはずである。

人事関係だとすると、高窪教授によって先を越された先輩教授側か、あるいは、高窪教授の下で、割を食っている講師、助手、大学院生などが考えられる。広島大学の事件は結局、70日あまりで解決された。この中央大学の事件も、数ヶ月以内に解決されると思われる。

そういえば、私の好きなお笑い芸人に、「こりゃめでてーな」がいて、その決まり文句は、「プラマイゼロ!むしろマ~イ」である。流石にそれをここで引用するのは、不謹慎か。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1129

コメント (2)

小松たひと:

>プラス・マイナスの法則
 たぶん、そんな物はないと思いますけどね。親子2代で大国の元首となり、外国で何万人もの無辜の民を殺戮し、今でも大金持ちのあの方々なんか、平気で優雅に生きているではないですか。

小松たひとさん

> たぶん、そんな物はないと思いますけどね。親子2代で大国の元首となり、外国で何万人もの無辜の民を殺戮し、今でも大金持ちのあの方々なんか、平気で優雅に生きているではないですか。

ううん、見事な反例ですね。確かにちょっと論破できません。すると、あまりにセレブの人には、量子効果で、まずいことがトンネル通過する、と言ってお茶を濁しておきます。

About

2009年1月22日 06:30に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「自社製品購入」です。

次の投稿は「バイエルのiPS細胞関連特許出願」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。