« プラス・マイナスの法則 | メイン | 本当に餓死 »

バイエルのiPS細胞関連特許出願

昨年4月頃、バイエル薬品が、「開祖」の京都大の山中伸弥教授らのチームより早く、昨年春、ヒトのiPS細胞を作成し、特許出願も既に完了している、という記事が新聞に載り、そのことをブログに書いた。

ところが、当該と思われる特許出願が最近公開になったので、調べてみた。

2007年6月15日出願で、発明の名称は、出生後のヒト組織由来未分化幹細胞から誘導したヒト多能性幹細胞、である。公開番号は、特開2008-307007。

発明者は、バイエル薬品の日本人、桜田 一洋氏、石川 哲也氏、正木 英樹氏の三名であるが、出願人は、バイエル薬品の親会社、バイエル・シエーリング・ファーマ アクチエンゲゼルシャフトである。

その特許請求の範囲の、請求項1から請求項4までを引用すると下記のとおりである。
【請求項1】
Tert、Nanog、Oct3/4及びSox2の各遺伝子が後成的な不活性化を受けていないことを特徴とするヒト出生後の組織に存在する未分化な幹細胞から誘導した試験管内で長期自己複製能ならびに外胚葉、中胚葉及び内胚葉への多分化能を有するヒト多能性幹細胞。
【請求項2】
前記ヒト出生後の組織に存在する未分化な幹細胞が初代培養又は第2継代培養されたかあるいは低濃度血清で継代培養されたことを特徴とするヒト出生後の組織に存在する未分化な幹細胞から誘導した請求項1に記載のヒト多能性幹細胞。
【請求項3】
前記ヒト出生後の組織に存在する未分化な幹細胞が初代培養又は第2継代培養されたかあるいは低濃度血清で継代培養されたことを特徴とするヒト出生後の組織に存在する未分化な幹細胞にOct3/4、Sox2及びKlf4の3つの各遺伝子を強制発現することで誘導した請求項1に記載のヒト多能性幹細胞。
【請求項4】
前記ヒト出生後の組織に存在する未分化な幹細胞が初代培養又は第2継代培養されたかあるいは低濃度血清で継代培養されたことを特徴とするヒト出生後の組織に存在する未分化な幹細胞にOct3/4、Sox2、Klf4及びc-Mycの4つの各遺伝子を強制発現することで誘導した請求項1に記載のヒト多能性幹細胞。
(以下、略)

これだけ見ても専門家でない私には、iPS細胞に関する記述なのかどうか分からない。

そこで、iPS細胞の基本特許の記事から、その請求項を引用してみる。
【請求項1】
体細胞から誘導多能性幹細胞を製造する方法であって、下記の4種の遺伝子:Oct3/4、Klf4、c-Myc、及びSox2を体細胞に導入する工程を含む方法。

すると、バイエルの特許出願の請求項4には、確かに、Oct3/4、Sox2、Klf4及びc-Mycという、4つの遺伝子が出てくる。これは、山中伸弥氏の基本特許の4種の遺伝子と同一である。

しかし、山中伸弥氏の基本特許の遡及日は、2006年12月6日、バイエルの特許出願日は、2007年6月15日であって、山中伸弥氏に軍配が上がる。

はい、バイエルさん、ご苦労さま。周辺特許で頑張りましょう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1130

About

2009年1月23日 06:35に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「プラス・マイナスの法則」です。

次の投稿は「本当に餓死」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。