« 特許管理の基底 | メイン | 特許管理システム »

IPTV

YouTubeは以前から見ているが、最近、NHKオンデマンドなど、IPTVサービスが本格的に普及してきた。そこで、情報処理という雑誌の2008年11月号の特集記事に従い、IPTVについてまとめてみる。

先ず、一番広い定義は、インターネット・プロトコルに従い、画像と音声を送信するサービスが、IPTVである。特に双方向性は必須ではない。YouTubeは、最も原始的な形のIPTVである。

では、IPTVの類型はというと、先ず第一の要素は、接続形態である。すなわち、単一事業者によって管理された閉鎖網と、互いに相互接続され運用されている、不通のインターネット回線を利用するオープン網がありえる。

第二の要素は、サービス形態である。これは、提供者が予め決めた番組内容やスケジュールに従い視聴するリニア型と、利用者が、見たい番組を見たいときに選択できるノンリニア型に分けられる。

リニア型は、テレビ番組と全く同じプログラムでサービスを提供する同時再放送型と、IPTV独自の番組表による異時再送信型に分けられる。

ノンリニア型は、オンデマンド型とも言い換えられるが、利用者側の端末に基本的には蓄積しないストリーミング形式によるVOD(ビデオオンデマンド型)と、利用者の端末に一旦ダウンロードしてから視聴するダウンロード型がある。

第三の要素は、視聴するための端末の形態である。これは、テレビ型と、パソコン型に分けられる。テレビ型としては、私が今契約しているJ-COMなどがある。J-COMでは、閉鎖ネットワークで、ディジタル放送が送られてくる。すると、これは、リニア型且つ同時再放送型のIPTVなのだろうか。それに対して、自分ではっきりと回答できないところをみると、私は、IPTVの定義、あるいはJ-COMの配信の仕組みがよく分かっていないようである。

NHKオンデマンドは、Webブラウザ経由なので、一応、パソコン型と言える。NHKオンデマンドで気に入らないのは、別途NHKと契約していても、NHKオンデマンドにログインするためのIDとパスワードを入手するために、有料の会員登録が必要であることである。NHKの言い分としては、過去の番組をストアしておくため、膨大なディスク領域が必要で、そのIT費用がかかる、ということであろう。

このNHKオンデマンドに関して思ったのは、パソコン型のオープンネットワーク用のIPTVで、NHKオンデマンドは明らかにクライアント・サーバ型であるということである。

ところが最近では、Joostのような、P2PのIPTVサービスが注目を集めている。

第四の要素としては、サービス形態がある。

IPTVの中核は、何と言っても、配信型コンテンツサービスである。これには、放送型サービス、広告サービス、タイムシフト・プレイスシフトサービスが含まれる。広告サービスには、放送型広告サービス及び、ターゲッティング広告サービスがある。

配信型コンテンツサービス以外に、インタラクティブサービス及び、コミュニケーションサービスがある。

インタラクティブサービスは、学習サービス、天気予報などの情報提供サービス、などがある。

コミュニケーションサービスとは、映像配信サービスとコミュニケーションを融合したサービスであり、スポーツ、映画などの複数人で観ながら、チャットを楽しむというモードを可能にする。うまくいくと、とてもリアルな仮想空間を実現できるかもしれない。ストリートビュー+3Dインターネットである。

技術関連では、パソコンの大画面に、どうやって高画質の動画を実現するかという古くて新しい問題に行き着く。すなわち、全コンテンツをダウンロードしてしまうと、高画質は可能であるが、できればストリーミングで高画質を実現したい。

それ以外に気になるのは、タグ付け、及びコンテンツ検索技術である。IPTVとなると、巨大なハードディスクに、インデックス付けして膨大なコンテンツが格納される。それをどう索引付けして、キーワードなどで高速に検索するか、ということは、技術としては出尽くしているような気もするが、グーグルなどが新技術を提供し得るかもしれない。

その他、DRM、広告収入の方法、放送著作権との関係など、トピックは尽きないが、各論は追々勉強していくことにする。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1134

About

2009年1月26日 06:30に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「特許管理の基底」です。

次の投稿は「特許管理システム」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。