« 特許管理システム | メイン | 役員の報酬 »

キリストとキリスト教

コナン・ドイルというと、シャーロック・ホームズが主人公の一連の推理小説で有名であるが、実は、小説家というよりも寧ろ、心霊学の熱心な開拓者であった。「コナン・ドイルの心霊学」潮文社、近藤千雄訳には、コナン・ドイルの心霊学の記述があり、心霊学の初期の頃から、コナン・ドイルは、各所を講演して廻って、心霊学を普及しようとしていた様が窺われる。

ところで、心霊学、すなわち、スピリチュアリズムを推し進めると、どうしてもキリスト教の教義と衝突する。おそらくイスラム教とも衝突するのだろうが、西洋では先ずキリスト教なのである。

先ず、ドイルは、キリスト教には、生命あるものとしての新約と、生命なきものとしての旧約が混在しており、これが不自然である、という。すなわち、旧約聖書は、これを学者の研究対象としているうちはいいが、そこから教えを垂れようとすると、たちまち困難にぶつかるという。古典的な物語としては、最高傑作であることをドイルは否定しない。歴史あり、詩篇あり、オカルトありで、飽きさせない(と、いいつつ、名前の羅列は退屈であるが)。

しかし、そこに出てくる神は、嫉妬し、裏切り、強欲で、怒りにまかせて町民を皆殺ししたりする。過去、南米や、魔女裁判などで、キリスト教の名の下に残虐行為が行われたのも、旧約聖書の影響があったのではないか、とドイルは指摘する。

また、ドイルは、キリスト教は、ナザレのイエスの悲劇的な死に重きを置きすぎているのではないか、イエスの本当の価値は寧ろ、その生き様にあるのではないかとも説く。原罪の概念にも疑問を抱く。

新約聖書に転じると、それは確かに、ナザレのイエスの生き様を描いている。しかし、新約聖書は、イエスの霊能力にフォーカスせず、それを単なる比喩または寓話に貶めている。もっとまずいのは、ローマのコンスタンチヌス帝の指示で、新約聖書が、施政者に都合がいいように改竄されていることである。これは、聖書学者も指摘していることである。

だから、本来的には、キリスト教は、旧約聖書をデカップルし、新約聖書は、真にイエスの言葉と行動だけを記述するように、書き換えられなくてはならない。

当然にそんなことが可能である訳もない。かくして、イエスことキリストは、キリスト教徒ではないということになる。ナザレのイエスの生い立ちと行動を、より正しく記述すると思われる文献に、「霊界通信 イエスの少年時代」「霊界通信 イエスの青年時代」G.カミンズ著、山本貞彰著 潮文社がある。そこには、ブログにも書いたように、とても人間的なイエスが描かれている。この本で私は、キリスト教をスキップして、キリスト自身に親しみと尊敬を感じるようになった次第である。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1136

About

2009年1月27日 06:11に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「特許管理システム」です。

次の投稿は「役員の報酬」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。