« キリストとキリスト教 | メイン | ウィニーの公判 »

役員の報酬

昨今、不景気の嵐で、リストラワークシェアリングなど、勤労者は大変である。

それなのに、Webニュースによると、上場企業の役員報酬は2倍に膨れ上がっているという。実際、年収200万円以下のワーキングプア世帯が全世帯の2割に達するというのに、高額な役員報酬を平然と受け取っている経営者がひしめいている。

日刊ゲンダイ2009年1月17日掲載に、リストラや期間工・派遣切りを断行した上場企業の役員の平均報酬をリストした(前期の有価証券報告書より)。

これによると、日産自動車は3億円以上、ソニーも3億円近い金額である。しかし、これは平均額であるので、当然、社長や上級執行役員は、平取より高額である。日産のカルロス・ゴーン社長やソニーのハワード・ストリンガー会長は推定10億円はもらっている。これはある意味、アメリカ経営学的発想なのであるが、平サラリーマンのやっかみを懸命に抑えて、敢えてその額は妥当なのか、と改めて問いたい。

株主総会で役員報酬の個別開示を求める活動を続けているNPO法人「株主オンブズマン」の松丸正・事務局長がこう言う。

「ストックオプションを導入する会社もあり、ここ数年、企業の役員報酬は確実に増えました。しかし、日本の企業は役員報酬を総額しか開示せず、どの役員がどれだけもらっているかは隠されている。米国などでは役員報酬は個別開示されています。特に、リストラが断行されている今は、報酬金額が本当に妥当なのか、説明責任が求められます」

こういう発言は、いかにも妥当であろう。

経済状況のせいではあれ、派遣切りやリストラをせざるを得ないということは、経営責任も当然にある。ペナントレースで成績不振に陥ったプロ野球チームの監督に、言い訳が許されないのと同じである。すると、派遣切りやリストラに同期して、主要な役員は減俸されるべきだし、あるいは退任すべきなのに、それがほとんど発生しないのはなぜか。

それは、問うも愚かであろう。派遣切りやリストラを意思決定する主体が、役員なのであるから、高潔ならざる人々が、自らの不利益になる決定をするはずはない。軍隊で、大本営が、大本営を弾が飛んでくるような前線に設置して、より密接に戦況を把握しよう、などという決定をしないようなものである。

しかし、役員の仕事の内容を考えてみよう。よし社長であれ、それほど困難なものであろうか。役員は、一般に具体的な実務に携わる訳ではない。私の偏狭な理解では、役員の仕事は次のとおりである。

・意思決定を下すこと
・組織の永続性を維持するために、ビジョンをつくり、部下に遂行させること
・不可抗力を含めて、失敗した場合に、カスタマを含む関係者に謝罪すること
・組織の失敗に対して、責任をとること。一般的には、減俸、降格、辞任、退職などであるが、これには、経営者として、不適切な意思決定の責任をとって、商法的な刑事罰を受けることも含まれる。

すなわち、役員の高給は、その深い経験、見識に基づく、適切な意思決定と、何かのときの引責によって正当化される。武士の時代なら切腹であるが、まさかそんなことは現代ではありえないので、相応の不利益を受忍することである。

そう考えると、「深い経験、見識」と、「責任性」において、真に尊敬に値する経営者を見出すことは難しいような気がする。特に、下手に「深い経験、見識」があると、経営者にとって耳が痛い発言になる傾向があり、するとそういう人材は、典型的には石原莞爾のように、中枢から遠ざけられてしまう。

それでも、愚将の条件に書いたように、役員が責任を取ってくれる人なら、救いがある。もしそうではなく、会社の窮乏に際しても、責任は取らず、自分の地位や俸給は安泰で、部下や派遣を切ることばかりに腐心しているなら、高い俸給には絶対見合わない。下手したら、1000万円の年収でも高いかもしれない。それが、もし数億円の年俸である、というのは、まさに、ノンワーキング・リッチの最たるもの、ということになる。責任と俸給の相対的関係において、であるが。

会社というところは、組織内は定義的に民主主義ではない。そもそも、投票で社長を選ぶ会社を寡聞にして知らない。だから、分かっているのだけれども、組織で、一従業員の常識がきちんと配慮されるような組織は無理なのだろうか、と見果てぬ夢をみるのである。

【役員の平均報酬額】
- 日産自動車/3億5583万円
- ソニー/2億8986万円
- コマツ/1億3571万円
- トヨタ/1億2200万円
- シャープ/1億1030万円
- 日野自動車/7500万円
- ダイハツ/7009万円
- マツダ/6467万円
- 東芝/6087万円
- ホンダ/6057万円
- 富士重工業/5620万円
- 村田製作所/5475万円
- 富士電機HD/5300万円
- TDK/5286万円
- イビデン/5208万円
- キヤノン/5004万円
- スズキ/4931万円
- THK/4574万円
- ヤマハ発動機/4408万円
- いすゞ/4200万円
- 日立建機/4065万円
- 日本精工/3939万円
- 大京/3822万円
- ローム/3744万円
- 沖電気/3317万円
- 三菱自動車/2990万円
- 関東自動車工業/2894万円
- 三洋電機/2671万円
- 田崎真珠/2494万円
- ルック/2478万円

※ストックオプション含む

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1137

コメント (1)

匿名:

平均値でいうと、東芝とかホンダが妥当な線かな?取締役になっても都内の便利のよいところに立派な一軒家も持てないというのでは、社員から、がんばって上を目指そうという向上心を奪ってしまいそうな気がしますね。
外資系は高杉、トヨタと比べて日産の平均値が高いこと高いこと・・・

About

2009年1月28日 06:30に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「キリストとキリスト教」です。

次の投稿は「ウィニーの公判」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。