« ウィニーの公判 | メイン | 本を読む本 »

黒人大統領

ライト牧師の稿で引用した、黒人の友人のJであるが、最近、自分が撮った写真のリンクを送ってきた。私信扱いなので、ここでは紹介できないが、それは、オバマの大統領就位式に関連する写真であった。

ニューヨークの郊外に住む彼は、奥さんと娘さんの一家総出で、大統領就位式を観るために、ワシントンDCに出かけた。家族のスナップ写真が主だが、遠方からオバマ大統領を写した写真もあった。どの写真も活気があって、開放感に溢れていた。

上記ブログに書いたように、Jの黒人差別の歴史に対する思い入れは深い。それはおそらく、米国に住む多くの黒人に共有されているのだろう。

こういう思い入れが実感として湧かない、一日本人の私は、オバマが黒人だというけど、オバマの生い立ちに書いたように、結局、ハーフではないか、ハーバード・ロースクール出身のセレブではないか、奥さんも上流階級ではないか、とつい思ってしまう。

しかし、そんなことをJに言ったらぶっとばされてしまう。Jだってそんなことは百も承知である。当然にライト牧師との確執も知っている。それでも、この機会に少しでも、鬱憤を晴らそうとする。オバマに期待しようとする。

でも、私は、オバマの「チェンジ」という言葉が、しっくりこない。もちろん、米国がこのままでよいとは思わない。そこで、米国を巨大な開放系システムと考えたとき、これを良くするためには、そのシステムの状態の評価関数を定義する必要がある。そうやって、評価関数が定義されると、次は、政策運動方程式を解かなくてはならない。評価関数を最大化する、という制約条件の下にである。

これは一種揶揄した言い方かもしれないが、何かしら「チェンジ」すればよくなるみたいな素朴な楽観論はナイーブすぎて、私には受け入れられない、と言いたいだけである。例えば、天下の悪辣参謀、辻政信は、「チェンジ」のイメージ作りに長けていた。どんな不利な条件にあっても、いけいけドンドンでやっていけると周囲を信じさせるテクニックの持ち主であった。ただ、それは、「周囲を信じさせる」であって、「周囲を勝てるようにもっていく」では必ずしもない。その点では、宮崎繁三郎の、いぶし銀のようなリアリスティックな手腕が必要である。

そういう意味では、今のところであるが、オバマには、辻政信のようなエゴセントリックさは見て取れない。寧ろ、よく磨かれた鏡のようである。こちらから期待という光を投げかけると、きちんと、あたかも自ら光っているかのように輝いてくれる。

それでは、オバマ大統領に対する世界の反応はどうか。新聞の記事から拾ってみる。先ず、イスラエルから侵攻された、ガザ。ガザの住民は、いまでもイスラエルの攻撃に戦きながら、オバマ大統領が、就任演説で、ガザの惨状に全く言及しなかったことに失望を隠さない。イスラエル・ロビーに気を遣ったか。なぜなら、オバマは、選挙戦を闘う際に、イスラエル・ロビーから相当な支援を受けているはずだからである。

一方、アフガニスタンの住民は、抽象的であれ、オバマが、イスラム社会に対する相互利益と尊重を訴えたことを評価する。

イラクは、というと、結構醒めているようである。任期が切れる間際にのこのこやってきて、靴を投げられた前大統領と比較して、まあ、いいのではないかと思われている。ただ、イラクからの米軍撤兵を示唆しているのは、肯定的に受け止められている程度である。

結論として、今の時点で米国の大統領になろうとするオバマは、火中の栗を敢えて拾う訳で、その点は尊敬に値する。ただ、格言に言う「着眼大局着手小局」の「着手小局」のところが、下手したら「着手大局」になって、実効性を欠く施策にならないか、そこを懸念する次第である。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1139

About

2009年1月30日 06:27に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ウィニーの公判」です。

次の投稿は「本を読む本」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。