« 黒人大統領 | メイン | USBメモリ・ウイルス »

本を読む本

私は決して多趣味ではなく、趣味と言えば、読書と、将棋、それとへぼなコンピュータのプログラムを書くくらいなものである。映画はほとんど観ないし、旅行も行かない。ただ、コンピュータのプログラミングなんて本当に子供騙しでしかなく、そこいくと、将棋は、人生賭ける、という程でもないが、相当一生懸命やったことは確かである。

しかし、その将棋も、読書に比べれば、かなり影が薄くなるかもしれない。というのは、若い頃から、人付き合いやスポーツがあまり好きでないことから、暇さえあれば、本を読んできたような気がするからである。

読書は、難しい本が読めるとか、膨大な読書量であるとか、速読できるとかいう訳でなく、ともかく、いつも本を読んでいるという点で、他の趣味とは別格である。それはまるで、呼吸すること、歩くことのようなものである。

そうやって、この50過ぎになるまで、読書人生を歩んできたのだが、最近たまたま、講談社学術文庫「本を読む本」M.J.アドラー、C.V.ドーレン、外山滋比古他訳、を読んで、とてもばつが悪い思いをした。というのは、ここには、なるほどと思う本を読み方が書いてあるのだが、私はそんなことも知らず、この歳になるまで、我流で能率の悪い読書をしてきたことが分かってしまったからである。

「本を読む本」によると、その第一のレベルでは、読み方をマスターする。文法、語彙などをきちんと理解することである。それは当然ではないか、と思われるかもしれないが、われわれは必ずしも母国語の本を読む訳ではない。英語かもしれないし、ある人にとっては、韓国語、中国語であったりする。

ここまでは、まあいい。ところが、次の第二のレベルは、点検読書となっていて、ここで既に、未知の読書領域に来ていることが分かった。すなわち、点検読書とは、組織的な拾い読み、下読みであって、これによって先ず、本の概略を掴むことができる。なるほどと思ったのは、私は、本というのは、最初から最後まで根性で読み通さなくてはならないと思い続けてきたからである。そう思っていると何が悪いかというと、折角買ってきた本なのに、最初の数ページで行き詰ってしまうことがあると、その後を読まないで放置されることが少なくないからである。そこいくと、点検読書は、短い時間で目次を眺めたりして、ともかく概要を掴んでしまう。なるほど、これは有効である、と今更のように思う。

第三のレベルは、分析読書である。分析読書では先ず、本を、何の本か分類する。例えば、哲学の本か、ノンフィクションか、など。そんなの一目瞭然ではないかと言われそうだが、そうとも限らない。例えば、アダムスミスの「諸国民の富」が何の本か答えることは自明ではない。また、理論的な本か、実践的な本かという区別も重要である。次は、本を透視すなわち、著者の意図を見透かす。そうして、著者と折り合いをつける。すなわち、著者の用語法に慣れる。次に著者の意図を把握して正しく批判する。ここまでくると、分析読書としては成功である。果たしてこのレベルまで読書したことがどれだけあるか、と考えると忸怩たるものがある。

しかし、「本を読む本」には更に上の第四のレベルがあって、それは、シントピカル読書と呼ばれる。シントピカルとは、聞きなれない用語であるが、どうも、同一あるいは類似トピックの複数の本を用意して、比べて読むことかと思われる。その最初の段階は、複数の関連する本を探し出してくることである。そして、決めた主題に関連して、対象の複数の本の間で折り合いをつける。次に、一連の質問をして、どの著者にも偏らない命題を立てる。ただ、質問をしても本の著者が直接回答するなんてことはないので、そこは、読書によって回答を引き出す訳である。次の段階は、こうして得られた回答を整理する。そして、論点を明確化する。こうして論考を分析し纏める、という作業が、シントピカル読書である、ということになる。よく学術的な書物で、巻末に多数の文献を含む引用リストがある。私は、著者はこれ全部を熟読したのかと思っていたが、どうもそうてはなく、シントピカル的に眺めた結果であろう。もちろん。単に有名だから、読んでいなくても、背景的にリストした本もあろう。

私の読書レベルでは、分析読書の半ばまでがせいぜいである。シントピカル読書まではなかなか手が廻らない。そもそも、複数の本から並列的に命題を見出そうとしていないのだから、まだまだ未熟ということである。

で、少なくともやろうと思ったのが、第二のレベルの点検読書を、ほとんどの蔵書に対して行うことである。ここまで来ると、そんなに先が長い人生でなく、最近特に、読みやすい本しか読まなくなっているので、折角買った本の大部分は、一度も開くことなく埃をかぶったまま放置されそうであるからである。そうなったからといって、何が困るという訳ではないが、相応の資金で買った本が無駄に終わるのはちょっと悔しい、ただそれだけである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1140

About

2009年1月31日 06:19に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「黒人大統領」です。

次の投稿は「USBメモリ・ウイルス」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。