« 2009年1月 | メイン

2009年2月 アーカイブ

2009年2月 1日

USBメモリ・ウイルス

Webニュースによると、パソコンのデータを保存する外部記憶媒体「USBメモリ」経由で感染するコンピューターウイルスが全国の大学で猛威を振るっている。

確かに、今やUSBメモリは花形で、パワーポイントなどのプレゼンテーション用ファイルを携行するためによく使われる。ほとんどのパソコンはUSBインターフェースをもっており、また、USBメモリは、数GBでも二千円程度で買うことができ、ビット単価が安い、また、財布などに簡単に入る大きさである。

ところが、特に大学で、500件以上の感染が確認されている、という。すなわち、大勢の学生がUSBメモリーを持ち込み、共有のパソコンを使うことが多い大学は、その管理の甘さもネックとなって感染の温床になっている。なぜ大学で企業でないのかというと、おそらく、大学では、ウイルス駆除ソフトがあまり普及していないのではないか。

すなわち、大学は、企業よりも使える予算が一般的に少ない。オープンソースが一般的になってきて、OS、コンパイラ、オフィススイーツは只で入手できるようになったが、流石に、ウイルス駆除ソフトのオープンソース版は聞いたことがない。自転車操業のようにウイルス駆除シグニチャをアップデートし続けてなくはならないので、フリーではとてもやっていけないのだろう。

一方、企業では、予算も然ることながら、イントラネット内がウイルスに感染したとなっては面目丸つぶれである。また、USBメモリは、簡単に機密ファイルを持ち出せることから、社内使用禁止になっている会社も少なくないと聞く。だから、企業でUSBメモリ・ウイルスが蔓延っているという話はあまり聞かない。そもそも、ネットワーク経由で入ってくる有象無象のウイルスに比べて、USBメモリ・ウイルスは、特定や駆除がしやすいはずである。

では、USBメモリ・ウイルスはどうやってパソコンに侵入するかというと、大抵のパソコンは、USBメモリやUSBハードディスクなどを接続すると、その媒体の中身のスキャンが自動的に始まる。それはオートランと呼ばれるが、その動作は、パソコンのAutorun.infに記述されている。そこで、USBメモリ・ウイルスは、悪意のAutorun.infを作成して、自身をコピーさせるだけでなく、ネットワーク経由でハードディスクの中身をアップロードしてしまう作用をもったりする。感染原理はいかにもローテクであるが、一旦感染すると、最新のウイルスのハイテクが使えてしまう、という次第である。

トレンドマイクロによると、MAL_OTORUN1、WORM_AUTORUNなどの種類が知られているという。

人体も、パソコンも、ウイルスのネタが尽きることはないようである。

特許の価値(続き)

先日、特許の価値について素描してみたが、重複を懼れず、もう少し別の面からも書いてみる。

先ず、一番直裁な特許の価値は、特許侵害訴訟で、その特許が使われる、ということであろう。では、全体の比率からみて、どれくらいの比率の特許が特許侵害訴訟で使われているのだろうか。ちょっと古い統計では、2007年の地裁レベルでの特許侵害訴訟は、156件だった、というものがある。今の不況で、特許侵害訴訟が増えるとは思えないが、もし増えるとしても、せいぜい年間200件くらいとみておけばいいと思われる。

それでは、特許が許されている件数は、どうか。データベースでみると、2005年は122943件、2006年は141397件、2007年は164952件と増加しているが、2008年は156063件と少し減った。いずれにしても、権利になった特許のわずか0.1%強が、特許侵害訴訟に使用されている、ということになる。

次の直感的に重要な特許の価値は、ある特許で稼いだライセンス料の合計だろう。企業内にあっても、それは極秘データであって、特許部門、ライセンス部門のごく限られた人にしか開示されないのが一般的である。しかし、そのようなデータが入手できる立場にあれば、どの特許が重要であるかを特定することは容易であろう。ただ、特に大企業の場合、クロスライセンスというかたちで特許が使われていることが多く、すると、一件の特許の価値をうんぬんすることは難しくなる。

次の指標は、特許の価値にも書いた、引用/被引用件数に基づくパーフェクト特許である。試しに、ある企業で特定の年に特許された500件程度の特許につき、パーフェクト特許の件数を調べてみたところ、7件あった。これが多いか少ないか私にはよく分からないが、面白いのは、この比率は、権利になった特許のうち、特許侵害に使われている特許の比率の10倍程度である。これは、パーフェクト特許は、特許侵害に使われている特許を含む、という意味ではない。おそらく、かなり違っているだろう。ただ、以上のことから、次のような仮説を提示してみたい。

真に重要な特許は、全体の1%強を超えることはない。

これを、特許の1%強ルールと呼ぶことにすると、もしかしたら、個別ライセンスに使われている特許というのも、1%強ルールがあてはまるかもしれない。ただ、これは検証すべくもないので、仮説にとどまる。

また、上記の指標は、複数の企業があったときに、どちらの企業の特許ポートフォリオが優れているかを検証するために使用することができる。入手し得る指標から容易に使えるのは、引用/被引用件数であるから、例えば、パーフェクト特許の比率で企業の特許ポートフォリオの品質をみることができる。

ここで思いついたのは、パーフェクト特許という指標は、厳しすぎるかもしれない、ということである。そこで、例えば、被引用件数が引用件数の2倍以上であることを優性特許と定義し、優性特許の比率を使用する方法もあるかもしれない。

なお、以上の指標で留意すべきなのは、権利化された特許をベースとしており、出願中、あるいは審査中は考慮していないことである。もし出願ベースで考慮すると、審査請求されないものもあるし、審査で5割程度落ちたりするので、1%を更に大幅に下回ることになる。

以上は、分かりやすい、所謂「攻め」の指標であるが、当然に「受け」の指標を考えてみるのも有意義であろう。

すると、昔から防衛特許出願、ということがよく言われる。広い権利をとるつもりはなく、もしかして権利化するつもりもないかもしれないが、他社が特許をとるためにとりあえず出願しておく、というものである。この防衛特許出願の価値を軽く考えてはいけない。というのは、プロジェクトや製品開発では、まず他社に攻め入られない「結界」を築く必要がある。そのための手段が防衛特許出願なのである。防衛特許出願によって安心して事業を進められるがゆえに、その価値は、場合によっては、上記した「攻め」の特許に重要性で劣らないだろう。

このための特許出願にまず要求されるのは、後願排除効果である。それは何かというと、特許明細書に技術を開示することによって、後から出される特許出願がそれの引用により、拒絶されるようになる、ということである。すると、審査的には、引用件数がどうであれ、被引用件数が多ければ、防衛特許出願としては、成功ということになる。よって、例えば、被引用件数が5件以上あれば、優性防衛特許出願と呼んでいいのではないか。権利になっている必要すらないのである。

特許はともすれば、侵害訴訟差し止め、ライセンスなどで稼ぐことが重要という認識があるかもしれないが、私見では、この防衛特許機能が、特に製造業にあっては、特許本来の使い方ではないかと思われる。すなわち、お金儲けはビジネス自体に任せるのがよいのではないかという穏当なコメントである。すると、ライセンスで稼いだお金は、一種ご褒美的となる。それは、可能なら新規事業開発に廻せばよい。

そこで、もし防衛機能に徹するなら、特許明細書はきちんと引かれやすく詳しく書かれていなくてはならない。すなわち、自分の特許実務で、一見近そうな先行公開特許公報が引用されたことがあった。ところが、その公開特許公報は、ひどい品質の明細書で、肝心の箇所がきちんと動作可能に書かれていない。そこで、その点をきちんと突いたら、審査官が納得して許してくれたことがあった。

防衛性を高めるなら、明細書に、多様なことを書いておくべきである。ただ、権利がとれるかもしれないことは、きちんと特許請求の範囲でカバーしておかなくてはならない。

防衛特許出願について、「権利になっている必要すらないのである。」と述べたが、戦術的には、本当は少し違う。通常の状況では、防衛に徹していればいいのだが、将棋の大山や、卓球のカットマンから学ぶことは、反撃を秘めた受けほど有効なものはない、ということである。寧ろ、ごく稀の辛辣な反撃力が、普段の防衛力を裏打ちする。すると、防衛特許といえども、そのある部分は、きちんと攻めることができるものではなくてはならない、ということになる。ここでも、1%強ルールが適用されて、反撃可能な防衛特許は、1%強であるべし、ということになるかもしれない。ただ、防衛特許の本分はあくまでも受けであり、ビジネスに邪魔が入らないようなすることである。攻めないで済むならそれに越したことはない、という姿勢である。

ところで、Webをチェックしていたら、少し前のものであるが、「オープンソース陣営による特許侵害を主張したマイクロソフトの狙いは?」という記事があった。これによると、私は知らなかったが、マイクロソフトが、2006年に、オープンソースソフトウェア業界が特許侵害しているとして、235件の特許を提示したとある。その妥当性は知らないが、ともかく、2005年末の時点でのマイクロソフトの米国特許発行件数の合計は、4186件であって、すると、その比率はなんと5%にもなる。これは、1%強ルールからみると多すぎであり、ちょっと無理攻めであったか、などと根拠のないことを考えてしまう次第である。

2009年2月 2日

モスクワのテロ

Webニュースによると、モスクワ中心部の路上で1月19日、ロシア・チェチェン共和国をめぐる人権擁護活動で知られた著名弁護士、スタニスラフ・マルケロフ氏(34)が覆面姿の男に拳銃で後頭部を撃たれて死亡したという。マルケロフ氏は記者会見を終えた直後で、近くに居合わせた民主系「ノーバヤ・ガゼータ」紙の女性契約記者、ナスタシヤ・パブロワさん(25)も発砲を受けて死亡した。ナスタシヤさんは、モスクワ大学のジャーナリスト学部の学生で、非常勤記者として働いていた。人通りの多いところで、白昼に起きた事件であった。

マルケロフ氏は、2000年にロシア軍元大佐に拉致・殺害されたチェチェン人少女の遺族側代理人を務め、1月15日に元大佐が期限前釈放されたことに抗議していた。マルケロフ氏がこの問題で脅迫を受けていたとの情報もある。少女殺害事件はロシア軍によるチェチェンでの人権蹂躙を象徴するものとして注目され、元大佐は2003年に禁固10年の実刑判決を受けていた。

チェチェンの首都、グロズニーには、この「テロ」を非難するために、1000人以上が集まった。

これは、チェチェンゲリラ従軍記に書いた、アンナ・ポリトコフスカヤの殺害事件と実に良く似ている。すなわち、チェチェン問題で政権を批判していたノーバヤ・ガゼータ紙のアンナ・ポリトコフスカヤ記者は、2006年10月、自宅アパートのエレベーターで、何者かによって射殺された。

ロシアでは、チェチェンを支援し、あるいはチェチェン問題を批判することはタブーであって、確実に、ロシアの諜報機関、FSBにつけ狙われる。アンナ・ポリトコフスカヤの事件と同様に、マルケロフ氏の殺害も、FSBの関与が濃厚に疑われる。

ロシアにおいて、チェチェン問題は、現代史の暗部の一つであり、メドベージェフ/プーチン政権が、それに蓋をしてしまいたい気持ちは分からないでもない。しかし、いわゆる先進国で、武装していない政治的活動家が、白昼堂々と暗殺されてしまう国は他にないのではないか。中国にあっても、チベットを支援する人が、そこまで露骨に弾圧されるという話は聞かない。

アンナ・ポリトコフスカヤの事件の場合は、ロシアの世論が騒ぎ、反政府勢力が抗議行動を展開した。しかし、今回は、二人の葬儀に、政府関係者はおろか、野党の指導者すらも顔を見せなかった。ロシアのテレビも全く報道しない。唯一、ロシアの人権団体が細々と活動しているに過ぎない。現場には花と写真が掲げられているが、立ち止まる人すらいないという。モスクワ市民は、少しでも関与すると身のためにならないことを、骨の髄まで知り尽くしているようである。

アンナ・ポリトコフスカヤは、その著書「ロシアン・ダイアリー」を次のような趣旨で結ぶ。

私はよく悲観主義者と言われている。しかし、私には正の部分も負の部分も両方見える。国家統計委員会の人口統計予測には納得できない。このままでは、貧困層は医療費も払えず死ぬ。若者は戦争で死ぬ。反対する者は射殺される。貧困問題も、ドラッグ・アルコールの健康問題も放置され、国家当局はひたすら、自らの欲望を満たすことにしか関心がない。それを邪魔するのが健全な市民社会と信じ、その成立を阻止するためなら、あらゆる謀略の手段を選ばない。『楽観的な予測』を喜ぶことができる人がいるなら、そうすればいい。その方が楽だから。しかし、それは自分の孫への死刑宣告になる。

2009年2月 3日

医学部の崩壊?

Webニュースで、がんの増殖を抑える「p53」という遺伝子の働きを、主として胎児期の細胞に多く存在する「CHD8」というタンパク質が阻害することを、九州大生体防御医学研究所の中山敬一教授らのグループが発見し、19日付の英科学誌ネイチャー・セル・バイオロジー電子版で発表した、という記事があった。

ええと、がんの増殖を抑える働きを阻害するのだから、がんを助長することになるのだろうか、と少し混乱しながら読んだような気がする。それで、Webを検索していたら、その中山敬一教授が書いた、次のような記事が目に付いた。すなわち、「医学部は崩壊する!?」と題するもので、詳細はお読み戴くとして、文責私で、私なりにコメントしながら要約してみる。

すなわち、中山教授が、なぜ医学部は崩壊すると感じているかというと、その諸悪の根源は、医学部における臨床研修の必修化にあるらしい。

そのことが、医師の治療スキルの向上に意味があるかどうか、ということはおそらく今後の判断に俟つのだろう。ただ、中山教授は、ばりばりの基礎医学研究者だけあって、臨床研修の必修化によって何よりも、基礎医学の分野に対するダメージが大きいのではないか、ということである。

臨床研修の必修化を、「それは餓えた蛸がひもじさのあまり自分の足を食べてしまうような、将来のことをまったく考えない行為である」と喩える。

なぜ、そう考えるのか。中山教授は、ここ20年で、医学は長足の進歩を遂げた、と指摘する。不治の病とされた病気も治癒されるようになった。それは、近年、小手先の医療技術でなく、医学が真に医学として研究されてきてたからだ、ということである。それを中山教授は、「人間の体をひとつの生命体として捉え、それを分子レベル、細胞レベル、個体レベル、集団レベルで解析しようとする統合的な医学観が芽生え始めたのが20世紀終わりの大きな進歩だった」と指摘する。

その1つの例として、「患者のEGFレセプター遺伝子の塩基配列の違いが薬剤感受性に関係あることが次第に明らかとなり、投与前に患者に対する有効性と副作用をある程度推定できるようになりつつある。これらは分子生物学や細胞生物学、さらにはゲノム医学による成果の結実と言うべきであろう。」ということを挙げる。他にもいつくか例が示されているが長くなるので省略する。

そこで表れたのが、研修必修化で、これは基礎医学を直撃するのだという、なぜか。「研修の必修化によって、医学部を卒業して医師免許を取ってからも、さらに2年間(または3年間)の研修を受けなければ保険医登録ができない、つまり実質的に医師としての活動ができない」のだという。

すると、その研修の間、医師は、末端の臨床に携わり、基礎医学の研究ができなくなる、という趣旨のようなのである。

しかしである。私の数少ない医師の友人に聞く範囲では、医学部を卒業して、基礎医学に進む者はもともとほとんどいないという。基礎医学を専攻しても、勤務医のような高給は保証されない。地道すぎるのである。中山教授も、「クラス100名の卒業生の中で、卒後すぐに研究をめざす者は多くて1?2名で、0名という医学部も少なくないのではないか」という、えっ、だったら、研修の必修化があってもなくても、あまり変わらないのではないか、ということにならないのか。

そこで、中山教授は、次のように言う。「以前はかなりの数の臨床医が大学院生として基礎医学講座で研究を行った。その結果として基礎医学講座は優秀な人材を得て研究を遂行できたし、臨床医学講座は将来の臨床研究を行うための人材を養成できた。

なるほど、以前は、そういう自由度があったが、研修の必修化は、卒業後に医学生が大学院で基礎医学に従事することを阻害する、ということなのだろうか。それがどれほどの問題なのか、医学とは縁もゆかりもない私には推察するよしもない。

事情に詳しいはずの医学部の関係者すら、その危惧は読めなかったという。ところが、蓋を開けてみると、「多くの研修医は症例の豊富な大学外の市中病院での研修を希望し、大学からは若手が姿を消して、臨床講座ですら深刻な労働力不足に陥り、そのツケは末端である基礎講座に押し寄せ、基礎講座には大学院生は来なくなった」という。すなわち、医学部からの大学院生が激減した、という次第である。

いまや中山教授の研究室の30名の大学院生のうち、医学部出身者は15名で、卒業後すぐに研究を始めるストレート組の学生が6名、臨床から来た大学院生は9名であった。残りの15名はその他の学部からで、その内訳は理学部6名、薬学部5名、農学部4名である、という。特に、研修必修化が始まってから2年間はひとりも医学部から大学院生が来ない状況がつづいているという。他学部であれ、研究者が集まるならいいではないか、と私はつい思う。なぜなら、法科大学院も、法学部出身でない、理学部、工学部、経済学部出身者が入学することで、多様なスキルの法曹が育つ点に意義があるのであり、例えば、数学科出身で、数理生物学を志す医学部大学院生がいてもいいではないか、と私は思ってしまう。ふと、宮野悟氏を思い出した。

ここでやっと中山教授の危惧が理解できた。中山教授によって、医学部出身の研究者であることに意義があるということである。

まず、医師が実務研修でなく、その早い段階で、基礎医学部門を経験することは、「決して実験手法とかテクニックといったものだけではない。研究の意義、研究に対する姿勢、立案と遂行に対する種々の知恵、世界最先端への距離感、等々、科学としての医学を肌で実感することがその最大の恩恵だったのだ」ということである。

また、大学病院を、市中病院と区別するものに改めて注目している。「大学病院が市中病院と異なる点は、大学が最先端の医学を研究し、その成果をいのいちばんに患者への診療に応用するというその一点に尽きるだろう。」という指摘である。

そして戻って、基礎医学部門は、多くの大学教官の登竜門だから、医学部出身でない大学教官が増えることは、人間という生物に対して「個体レベルでの理解が感覚的に芽生えて」いない教官の増加をもたらし、医学部教育の形骸化につながる、というのである。

そこで、中山教授の提案は、以下のとおりである:

1.大学病院を完全にリサーチホスピタル化すべし
市中病院で行えることは市中病院に任せておけば良い。もはや大学病院には通常の外来は必要ないだろう。大学病院には、完全紹介制で実験的医療のインフォームド・コンセントが得られた患者のみ受け入れ、綿密なプロトコールのもとに、きちんとした計画と科学的評価を行う体制が何より必要である。」と仰るが、そこまで大学病院を高度に構成することができるのだろうか。

2.大学院のシステムを抜本的に見直す必要
すなわち、他の学問分野のように、医学博士を真に高度な研究ができるものにする、ということのようである。

以上、長々と中山教授の論説を引用しつつコメントさせて戴いた。この分野に疎い私にはとても勉強になった。ただ、中山教授の研究至上主義、医学部プレステージ主義は理解できるが、私が感じるのは、やはり、先端的な医学研究をもっともよくなし得るのは、案外と、細胞生物学者だったり、農学者、薬理学者だったりしないか、ということである。もちろん、医学生でそういう才能がある人も少なくないだろうが。今日たまたま読んだ数学者の伝記で、アンドレ・ヴェイユが兵役に行っていた話があった。それはヴェイユにとって無駄だったかもしれないが、それなりに有意義な時間でもあったという。数学にしてそうなら、より年齢が進んでも研究ができる医学なら、二年間の研修はさしたるブランクにはならないだろう、杞憂ではないのか、と私は思うのだが、どうなんだろうか。

2009年2月 4日

スピーチライター

アメリカというのは面白い国で、大統領が、自らのスピーチライターを公開してしまう。それは、ジョン・ファブロー氏。あまり有名ではない、マサチューセッツ州の私大ホーリー・クロス大を卒業後、2004年大統領選に出馬したジョン・ケリー民主党上院議員の演説草稿に携わり、ケリー氏が落選し、「陰口や中傷を経験し、政治に対する理想主義や熱意が砕け散った」として、脚本家を目指していたファブロー氏は政界から離れる心づもりだった。

ところが、オバマ陣営は、そのときのことを覚えていたらしく、ファブロー氏は、上院議員に当選したばかりのオバマ陣営から電話を受けた、スピーチライターを探しているという趣旨で。

ファブロー氏は、オバマと打解け、オバマ氏の思考や発言を研究した。自分の色を加えることなく、オバマ氏が話す大筋に逸話や発言から抜粋した語句を注意深く織り交ぜていくのがファブロー氏の流儀であるという。

しかし、弱冠27歳で、あのような印象的なスピーチの文章がよく書けると思う。文才もさることながら、観察眼、適応性に優れているのだろう。

一方、日本だと、例えば首相の演説は、官僚が書いているらしい。それは、なるべく、印象的にするよりもむしろ、尻尾を掴まれたり、揚げ足を取られたりしないように、矛盾がないように注意深く書かれる。よく知らないが、その首相の個性を反映したようなものにもなっていないと思う。そもそも、その原稿を書いたのは、何々省の誰それ、と名前が開示されることもない。

もしかして、日本では、首相の演説は茶番かもしれないが、それのライターの名前が公開されたら、一層茶番度が増すだろう。

いっそ茶番度が増すなら開き直って、有名作家に書いてもらえばいい。例えば、五木寛之や村上春樹とか。すなわち、事前に例えば麻生首相と村上春樹が打ち合わせて、首相の言いたいことを聞き出し、なるべく語彙も活かす。当然に、難し目の漢字には容赦なく振り仮名をふる。

こうすると、退屈な国会中継が、少しは面白くなる。

面白くする、という意味では、スピーチライターとしては、作家よりむしろ、漫才の台本作者の方がいいかもしれない。それだけでなく、首相は、スピーチライターや、漫才師から、しゃべりのコツ、話題の入れ方などを学ぶようにする。

戻って、オバマ大統領のスピーチライターが誰それと公表され、尚且つ、あれはオバマ大統領の名演説だった、という記事には違和感がどうしてもぬぐえない。トップに立つものが、しかるべく専門的能力と実務スキルを併せもっていてほしいという、見果てぬ願望をまだ私はもっているようである。

2009年2月 5日

海雪

去年の夏頃だったか、仕事の関係で、外部特許調査会社の人と会った。その人は、コンピュータ会社でCEをしていたが、何かのきっかけで退職し、以後、20年くらい特許調査を担当している、というベテランである。

その外部特許調査会社には、折り合いがつかず、調査の仕事を依頼することにはならなかったが、担当の方と話して、興味深いというか、当たり前の話を聞いた。すなわち、大企業や、中小企業など様々なクライアントがいるが、聞けば、ほほうと思うような立派な大企業で、驚くほど何にも知らない担当者がいる、という。話すとそれなりに分かっているような言い方をするが、ちょっと話すと、実務を全く分かっていないことがわかる。それでも、知識がないことを悟られないために、いろいろとコメントしたり、注文をつけてくるという。

どうもその担当の方がいいたいことは、大企業では、仕事の役割分担がしっかりしているため、右から左に手配することで完結する仕事を主たる業務とする担当者がエアポケットのごとく生じてしまう、ということのようである。そうなると、ほとんどスキルを要さず、最低限の事務作業で、仕事が完了してしまう。しかも、その仕事が、会社の中で重要な仕事であるとすると、上流から流れてきた仕事を、事務的に、下流の外部ベンダに流すだけで、大きい仕事をしている、とみなされることが可能である。

そのような仕事をしていると、そこそこ重要な役割を担っているがゆえに結構な地位に就けたりするが、専門的実務は判断は何一つしていないため、何年仕事をしていても、全くスキルがつかない、ということがありえる。それでいて結構給与がいいので、いわゆるノンワーキング・リッチの候補となる。

そう思っているとき、例の黒人歌手、ジェロのヒット曲を聴いた。「海雪」である。その歌詞は、次のように始まる。「凍える空から、海に降る雪は、波間にのまれて、跡形もなくなる」

それでああそうだ、と思った。大企業の仕事の狭間のエアポケットに入って、右から左に受け流すだけで完結してしまう仕事は、まさに「海雪」だ、と。「海雪」の仕事をしていると、楽である。例えば、わずか1時間関与するだけで、10億円の仕事をしたと言いなすことができる。どういうことかと聞いてみたら、10億円のプロジェクトのお客様との契約書の1つの条項を、ちょっとレビューして、一文字訂正しただけだったりする。

「海雪」の仕事は、波間にのまれていくので、何年経験しても決して蓄積することはない。「山雪」だったら、根雪になってずっと残ることもあるのであるが。

でも、「海雪」は華麗な会社生活を彩る。絵になる。世の父兄は、「海雪」を目指すために、子供に高等教育を授けようとするのではないか。立派なビル。ぱりっとしたスーツ。朝パソコンを立ち上げてみると、本社からのメールが来ている。ああ、これは、とメールを読んで、部下のN君に転送する。指示はたった一行、"Please handle this". 会議に出て、同僚と話しているうちに夕方になる。飲み会にいく。

「海雪」の仕事をしていると、自分の能力のイメージと、本当の実力がうんと乖離していることがある。しかし、気付かない。気付くきっかけもない。

やがて定年になる。そこで、はたと気付くのだろうか、最早世間に通用しないことを。「海雪」の歌詞は続く。「明日を待つ傘もなく、塗れたこの髪が芯まで冷えて、恨む言葉も水面に消えていく」

私はせめてスキルを「山雪」にしようと試みる。とても地味だが。山雪だって融ける、吹雪く、でもとりあえずは積もる。融けたらまた積もらせる。

ところで、「海雪」だの「山雪」だのと言っても、普通は意味不明である。それで池田信夫氏のブログを見ていたら、ここでいう「海雪」とは、企業に特有の文脈的技能であり、「山雪」とは、外部でも通用する一般的技能のことのようである。

2009年2月 6日

任天堂の活況

Webニュースによると、任天堂は、2009年3月期の通期連結業績見通しについて、売上高を従来予想の2兆円から1兆8200億円に、本業のもうけを示す営業利益を6300億円から5300億円に、それぞれ下方修正すると発表したそうである。流石の任天堂も、不景気のあおりを受けたかと思ったら、同時に発表した2008年4~12月期決算は売上高が前年同期比16.7%増の1兆5363億円、営業利益が同27.2%増の5013億円、最終利益は同17.9%減の2125億円。売上高と営業利益は過去最高だったという。最終利益が減少したものの、このご時世、「過去最高」という文字がやけに新鮮である。

ただ、急激な円高のほか、据え置き型のゲーム機Wiiの国内販売、ゲームソフトの海外販売が鈍化したということはある。

不景気だけではなく、Wiiは、なかなかゲームソフトのヒット商品が出なかったことから、従来計画より国内販売が伸び悩み、年間販売台数の予想を2750万台から100万台減らした。ゲームソフトも海外を中心に販売が減少した。ただ、携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」は、昨年11月にカメラ機能などを追加して発売した「DSi」が好調で、年間販売予想を従来の3050万台から100万台上方修正したという。

よって、任天堂については、次のことが言えそうである。
(1) 海外市場に頼る任天堂には、円高がとても痛い。
(2) Wiiは、そろそろ飽和状態か。
(3) ニンテンドーDSは、まだ飽和していない。

あと、次のことも言えるかもしれない。
(4) 昨今の不景気で、海外旅行などの大型レジャーを自粛する代わりに、ゲームによる安価な娯楽に就いた。
(5) いわば、販売の量子効果。すなわち、自動車、家電などの値の張る物は、消費者が手を出さないが、比較的安価なゲーム機なら、買う。

ただ、ニンテンドーDSが飽和するかもしれない今年あたり、流石の任天堂も苦境を迎えるだろう。そこで、任天堂の宮本茂は、当然に新機軸を考えているだろう。

伝統的に任天堂は、仮想空間などのウェブの世界よりも、スモール・アイテムに拘ってきた。その上で、マリオやドンキーコングなどのキャラクタを駆使する。この路線で、もう少し引っ張れるような気がする。

と、この稿を締めようとしていたら、Webに次のような記事があった。

従業員1人あたりの売上高が9億8000万と10億円近くを、任天堂は、売り上げているのだそうだ。任天堂の野望は、DSの「1人1台」の普及を実現すること。そうすれば、2009年も好調が維持できる。

また、任天堂の単体決算の売上は1兆4400億円。これは、トヨタの12兆800億円や、キヤノンの2兆8900億円には及ばないが、従業員1人あたりの売上高はトヨタが1億7400万円なのだから、上記の従業員1人あたりの売上高が9億8000万、というのが、いかに圧倒的か分かる。

任天堂は、厳しい2009年にも、DSiで挑む。いかに任天堂といえども、快進撃を続ける訳にはいかないが、どこで壁にぶつかるか、興味深々である。

2009年2月 7日

易絶望性

Webニュースによると、南郊ウィルミントンの住宅で1月27日朝、夫婦と子供5人の一家7人が銃で撃たれて死亡しているのが見つかった。地元テレビ局には直前に、この父親から「職を失った。家族を殺して自殺する」との内容のファクスが送りつけられていた。全米で昨年1年間の雇用喪失が260万人と第二次世界大戦後最悪のレベルに達する中、今回の悲劇を、吹き荒れる雇用不安に結びつける論調が目立っている。

AP通信などによると、死亡したのは、アービン・ルポー氏(40)と妻のアナさん(40)、8歳の長女と5歳になる双子の女の子、2歳になる双子の男の子の7人。父親の傍らで短銃が発見されており、家族を射殺してから自殺した可能性が高い。するとこれは、心中なんかじゃなくて、大量殺人+自殺にすぎないではないか、と思わざるをえない。

テレビ局に送りつけられたファクスによると、父親は、夫婦ともに医療技術者として勤務していた病院から解雇されたことが、死を選ぶ原因だと主張。解雇に際して、上司から「ここに働きに来るべきではなかった」「頭を撃って死ねばよかったのだ」などと罵倒されたとした上で、子供たちを身寄りのない状態で残すよりは一緒に死んだ方がましだ、などと動機を書き連ねていた。

勤務先の病院は事件を受け、解雇の事実は認めたものの、「頭を撃って死ね」などのやりとりについては否定したという。また、ロサンゼルス・タイムズ紙は「解雇の理由は、現在も調査中の不正行為をめぐるもので、人員削減のためではなかった」と報じるなど、事件の背景にはなお不明な点も多い。実際、いくらなんでも、解雇する側が、「頭を撃って死ねばよかったのだ」などというはずがない。どうもその段階で、犯人たる父親は、頭がおかしくなっていたに違いない。

もしかして、昨年来のひどい不況ですっかり精神が荒廃していたのだろうか。そして、今回の解雇で、精神が一気に瓦解したのだろうか。

と思ったら、日本では、神奈川県大和市で、次のような事件があった。

すなわち、自宅に火をつけて家族を殺害しようとしたとして、神奈川県警大和署は1月29日夜、同県大和市に住む市立中2年の男子生徒(14)を殺人未遂と現住建造物等放火容疑で逮捕した。「家族がいなくなれば一人で自由に生活できると思った」と容疑を認めているという。

容疑は、1月29日午前3時45分ごろ、自宅2階で就寝中の両親や弟の掛け布団など計4カ所に食用油をまき、ライターで放火した疑い。計約7平方メートルを焼いたが、両親らが消し止め、けが人はなかった。これは、奈良県の高校生自宅放火事件と酷似する。家族からプレッシャを受けていて、家族がいなくなれば自由に楽しく暮らせるという短絡した思考の点でも似ている。

実は、上記米国の心中事件も同様であって、とても絶望しやすい、「易絶望性」とでも言うべき状態に陥ってしまっている。金融恐慌にあって、人々は、心の可塑性を次第に失うようである。寧ろ、上記2つの事件は、一種のシンクロニシティであって、世界中を易絶望性が駆け巡り、それこそが恐慌の正体だ、ということはできないだろうか。

万能ワクチン

2008年の3月に、北海道大学、埼玉医科大学、化学企業・日油や政府機関の研究者らによる産学協同チームは10日、高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)ウイルスに対する万能ワクチンの開発が可能になったという記事がある。このことが改めて1月30日の朝のニュースで報道されていた。世界的流行を引き起こす可能性が懸念されている変異ウイルスにも有効なワクチンだという。

現在の鳥インフルエンザ・ワクチンは免疫系自体のウイルス攻撃力に依存しているが、ウイルスが変異してしまうと無効になってしまう。新型インフルエンザや、ウイルスの細胞指向性の記事に書いたように、基本的には、インフルエンザ・ワクチンは、インフルエンザ・ウイルスの細胞吸着蛋白(A型の場合、ヘマグルチン(HA)と呼ばれる赤血球凝集素である)に反応し、それを無効化する。すなわち、細胞に吸着できなくする。

ところが、RNAウイルスであるインフルエンザ・ウイルスは、自己増殖時に、RNAに自己修復機能がないことを利用して容易にコピーミスを生じ、遺伝子を短期間に変容させ、従って、ワクチンが効かなくなってしまう。この変異性は、増殖したインフルエンザ・ウイルスを親細胞から剥離しやすくするNA蛋白にもある程度言えるようで、NA蛋白の機能を阻害するタミフルのような抗ウイルス剤に対する耐性をもつAソ連型が発見された、という新聞記事を見たことがある。

製造されたワクチンは、今季流行している「Aソ連型」と「A香港型」、さらに新型インフルエンザに変容する可能性がある「H5N1型」の鳥インフルエンザの3種類に共通する内部タンパク質を元に作られた。

新しいワクチン手法の特徴は、短期間でどんどん変化するインフルエンザ・ウイルスの細胞吸着蛋白ではなく、計時的にほとんど変化しないウイルスの内部構造に着目したことにある。

新しいワクチン手法ではリポサムと呼ばれる脂肪を少量注射し、リポサムの表面に抗原を乗せて体内に運ばせる。この抗原の分子が免疫系の中でウイルスに反応する。「ウイルスの表面ではなく内側を攻撃する」と国立感染症研究所の内田哲也氏は言う。これによりウイルスの自己増殖を阻止するという。また、ここから複数のインフルエンザ・ウイルスに効果のあるワクチンが生まれる可能性もあるという。

研究チームはマウス実験を行い、鳥インフルエンザの異なるウイルス株にこのワクチンが有効であることを確かめたと発表している。

ただ、素人考えでは、内部構造があまり変化しないとしても、インフルエンザ・ウイルスの種類毎に内部構造は異なるはずなので、どうしても、単一のワクチンがあらゆるインフルエンザ・ウイルスに対して万能ワクチンとして作用する可能性はちょっと考えにくい。すると、とりあえず、高い致死率を呈しそうな鳥インフルエンザなど、緊急性の高いものをターゲットに開発するということになるのだろうか。

ともかく、この新型のワクチンは、一旦開発されると、有効に使用できる期間が長いのが売りである。

しかし、テレビでも報道されていたが、日本の薬事法では、認可されるまで数年を要したりすることざららしいので、動物実験の結果を提示して安全性が確認されても、国内で使えるようになるまでは時間がかかる可能性がある。その点で、厚生労働省の柔軟な運用を期待するものである。

2009年2月 8日

赤字

新聞をみていたら、「日立7000億円赤字に転落」とあった。それで、今更の疑問であるが、なぜ今の時期に、赤字になるのだろう、と小学生のような疑問をもってみた。金融恐慌だから当たり前ではないか、というより一歩だけ詳しい説明を求めてみた。

すると、日立の場合は、赤字の原因は、次のとおりである、という。

1.薄型テレビの価格下落
なるほど、家電の量販店では、安売り競争が盛んである。ライバルメーカが価格を下げてきたら、対抗上、損してでも価格を下げざるをえないということか。売れ残って在庫になったら、もっと悲惨である。

2.自動車メーカへの部品納入の激減
これは、自動車メーカが生産台数を抑えているのだから、仕方がない。

3.急速な円高による為替差損
これは、説明不要だろう。

日立以外に、NEC、富士通、東芝、ソニーなどの同業会社も軒並み赤字である。NECの赤字は2900億円、富士通は200億円、東芝は2800億円、ソニーは1500億円。

ところがかの優良企業、パナソニックも3500億円の赤字なのだという。不況の深刻さが窺われる。

電機業界以外では、ホンダは、かろうじて1400億円の黒字に踏みとどまった。

業種別では、なぜか、非常に苦しいのが、証券などの金融関係と、ITや家電関連である。リーマン・ショックがあるので、金融関係が苦しいのは理解できるが、ITや家電関連が苦しいのはどういうことなのだろうか。当然考えるのは、ムーアの法則にあるように、家電製品は、同様の品質のものがどんどん値段が下がってしまう。そこで、ちょっと不景気になると、顧客は、型落ちしていてもいいので、旧の安いものを買う。すると新製品が売れないので、新製品も赤字覚悟で値下げせざるをえない。

自動車関係は、トヨタやホンダが苦しいといっても、ITや家電関連よりましのようである。トヨタやホンダも、黒字に踏みとどまっている。と思っていたら、2月6日のニュースによると、トヨタ自動車は、2009年3月期の営業赤字が従来予想の1500億円から4500億円に拡大する見込みだと発表した。ううん、トヨタよ、お前もか。米国市場により依存しているせいなのだろうか。

三菱商事は、減益とはいえ、4200億円の最終利益見込みである。

海運業界も、減益とはいえ、ぎりぎり黒字に踏みとどまっている。

ところが、全日空は、300億円の赤字、とある。

任天堂は、最終利益は同17.9%減の2125億円。

こうしてみると、あまり不景気と聞かないのは、食品関係と、薬品関係である。

あと、ふと思ったのは、ITや電機業界は、自動車業界に対して、部品やサービスを提供する、という点で、上流にあり、不況は上流ほど、先に影響するということが言えるのではないか、ということである。この仮説が正しいなら、ITや家電関連の同様の赤字が、今年は、自動車会社や海運業にも及ぶということになる。

以上から、当然ながら、次のことが言える。
(1) 単価が安く、日用に使うものを作っているメーカーは、比較的不況に強い。
(2) 単価が高くとも、日常的な必要性が製品(自動車など)は、なんとか業績を維持する。
(3) 商社は、そこそこ仕事があって、減益とはいえ、稼げている。
(4) 海運は、輸出の必須手段なので、減益とはいえ、なんとか維持。
(5) 金融関係は、金融恐慌の煽りをもろに受け止めざるをえない。苦しい。
(6) 単価が比較的安い遊興器具は、不況でも結構売れる。任天堂など。手軽な遊びだからである。
(7) IT、家電は苦しい。購買者は、とりあえず、投資や購入を先送りできるからである。
(8) 上流の方が先に不況になる。従って、電機メーカの不況は、メーカーの不況を先取りしている。よって、今年は、電機メーカのような不況が全般に及ぶ。
(9) 当然であるが、米国市場に依存していた程度が大きいほど、被害は大きい。もしトヨタがホンダより赤字が大きいとすると、それは、より米国市場に食い込んでいたせいか。
また、ものの本によると、あと2年は、景気は底を入れないという。それでこの2年間に、体力のないところは、どんどん倒産するだろう。製造業だけでなく、地銀も危ない。

では、この苦境に各社はどうするか、というと、固定の人件費を削減するための派遣切りであり、正社員のリストラであり、はたまたワークシェアリングである。そうして、余剰人員を、稼げる部門に集める。選択と集中である。そこで、シュンペータのストーリーでは、創造的破壊が起きて、企業の体質が変わるはずなのだが、今進行しているのは、創造的でない、芸のない破壊であるにすぎないように思われる。

あと、プラマイ・ゼロというけれども、これだけ赤字の会社が多いと、どこかでその逆の黒字を抱えている会社があることになる。本当にそうだろうか、もしそうならそれはどこか、という素朴な疑問が沸きあがる。

という、小学生のレポートのような感想文なのであった。

2009年2月 9日

CDS

「早わかりサブプライム不況」中空麻奈著、朝日新書によると、金融危機において、CDSが地雷原なのだという。

と言われても、CDSとは一体何なのか、ということになる。それは説明されると分かりやすくて、要するに、倒産時の相当損失額を補償する保険、ということになる。要するに、医療保険であれば、毎月何程かの保険料を払っておけば、病気になったとき、手術代、入院費などを保険会社に払ってもらえる。車の損害保険であれば、何ほどかの保険料を払っておけば、例えば、車を運転していて過誤で人を轢いて死亡してしまっても、契約条件により、対人無制限で、保険会社から補償してもらえる。CDSの補償は特に、業界用語でプロテクションと呼ばれる。

なるほどそうかと一応分かったような気になるが、次のような素朴な疑問が出てくる。先ず、その類の保険料は、損害となる事件の発生確率に依存する。医療保険であれば、人が癌などの病気になる確率は、多数の例に基づく統計解析により、かなり厳密に計算することができるであろう。交通事故も然りである。

ところがである、企業の倒産確率は、相当程度に景気に依存する。すると、CDSは、景気のファクタタに依存して、保険料を動的に変更しないと割に合わないということになる。しかし、私には、依然として、まるでイラクに出征していく兵士にかけられる生命保険のように思われてならない。普通の状況では、そういう兵士は生命保険に入れないはずである。

金融恐慌で、リーマンブラザーズと並び称されたAIGは、CDSの主要な引き受け手であった。景気が順調であれば、CDSの引き受け手は、着々とその保険料を積み上げて、利益を増やすことができる。

ところが、2008年9月に、米国住宅金融公社(GSE)が政府管理下に置かれ、それに対して、国際スワップ・デリバティブ協会(ISDA)がそれを倒産と認定したことから問題が生じた。

それはAIGにとってまさに、晴天の霹靂であって、GSE債にCDS契約を結んでいた相手に、AIGは保険金を払わなくてはならなくなった。

これに追い撃ちをかけたのがリーマン・ブラザーズの破綻で、AIGは、リーマン・ブラザーズを対象としたCDSを多く引き受けていたので、一気に支払うべき金額が膨張した。その総額は、4000億ドルとも言われる。

CDSは、その売り手の信頼が揺らぐと、そのプロテクションが怪しくなり、契約当事者にとって意味がないものとなる。一方、売り手には、巨大な債務が発生し得る。

また、CDSは、相手方に無断で加入するものであるから、どの会社が誰とCDS契約を結んでいるのかは、分からない。これが、CDSは地雷原という意味である。

リーマン・ブラザーズの場合、CDSの売りと買いの間で相殺(業界用語で、ネッキングと呼ばれる)が働いたので、AIGの支払い額は、4000億ドルではなく、60~80億ドルで済んだという。しかし、今後も、CDSという地雷を踏む可能性は常にある、ということになる。

しかし、リーマン・ブラザーズが放置されて破綻し、一方でAIGが救済された1つの理由がCDSであるというのだから、皮肉なものである。すなわち、AIGを破綻させると、CDSの契約者に被害が広がるという懸念なのであった。

2009年2月10日

登記手続

やっと住宅ローンを完済することができ、信託銀行から、書類が送られてきた。見ると、登記抹消(厳密には、抵当権抹消)の手続書類が入っている。はて、と思った。以前は、こういう手続は、司法書士に依頼したものである。銀行に聞いてみたら、登記抹消は、土地登記手続の中でも一番簡単なので、最近はほとんどの方が自分で手続されます、とのことだった。

司法書士に頼むと、3万円くらいかかるらしい。それなら自分で行ってみる価値はあると思い、会社を午後半休にして、法務局に出かけてみた。私の管轄だと、JR相模原駅が最寄である。そこから歩いて20分くらいかけると、法務局の相模原支局に着いた。

すると、大変賑わっていて、どうしようと焦った。順番待ちが長そうだからである。で、よく見たら、ハローワークである。あれっ、場所を間違えたかな、どうしようとよく案内を見たら、土地の登記関係は、二階なのであった。

二階に上がると、流石にそんなには混雑していない。そもそもが、信託銀行から送られた書類をほとんど検めてもいない。ただ、予め問い合わせて聞いていた認印をもってきただけである。そんな頼りない状態で、相談窓口の椅子に座った。たまたま、空いていたからである。応対してくれるのは、安心感を誘う、年配の男性であった。なぜかとても訛っていた。東北出身なのだろうか。

で、持ってきた書類をそのまま提示すると、中身を確認してくれて、まあ、これでいいですけど、住所がねぇ、と言う。えっ、住所がどうかしました?と聞くと、契約書の住所と、登記の住所が違うのだという。まさか出直しではないですよね、と聞いたら、いや、ちょっと登記の表記を確認しましょう、500円の登記印紙で確認書類を○○番の窓口で取って下さい、というので、言われるまま申請した。登記印紙は、室内の所定の位置で売っていた。

席に戻ったら、担当の男性は、まだ待ってくれていて、次に、銀行から戻ってきた書類と、売買契約書をコピーする必要がある、という。原本とともに提出して、コピーの方を使い、原本は返してくれるのだという。それで、えっ、コピー、近くのコンビニまで取りに行くのですか、と聞いたら、有料のコピー機がちゃんと部屋にあります、ということだった。それで、面倒だが、数枚のコピーを取りにいくことにした。1枚30円とちょっとコンビニより高い。リコーのコピー機だった。リコーってめずらしい。官庁には入っているのか。

コピーをとったら、3000円の収入印紙が必要ということで、また買ってきた。すると、担当の男性はあとは丁寧にコピーを折って、ホチキスで止め、私が渡した認印を割り印にして申請書類を作ってくれた。私は、書類の言われた箇所に住所と氏名と日付を記入するだけである。

結局、住所変更の手続きはきちんとされていたことが確認されたので、追加の書類は必要なかった。もし住所が違っていたら、市役所に行って住民票をとってこなくてはならなかった、法務局から歩いて10分とはいえ、それはいかにも面倒である。

こうして渡された書類を申請窓口に持っていくと、受領書を渡された。そして、数日後以降にまた来て下さい、という。なんでも、売買契約書と、銀行の代表者資格証明書を受け取りに来いということらしい。その際に、申請と同じ認印が必要になる。また、銀行の代表者資格証明書は銀行に返送することになっている。他で使いまわすのではないし、悪用できるとは思わないが、不要だから返すという習慣なのだろうと理解する。

こうして、担当の男性に言われるがままで、手続きは完了した。これは自分だけで手続きしていたら、相当面倒そうである。

以前は、こういう手続きは、司法書士の専任事項で、一般の人が手続きしてもなんのかんのといちゃもんつけられて受理してもらえなかった、と聞いた。実際、親切に教えてくれる担当の方がいなかったら、自力では、受理されるものは作れないかもしれない。以前はそうやって、司法書士の仕事を守っていたのだという。

それで思ったのは、司法書士が専門にやっていたことの一部が、個人に降りてきているということである。法務局の相談員はその流れを助長している。一方、弁護士が専門にやっていたことの一部、すなわち、債務返済処理の代理が、司法書士に降りてきている。そうやって仕事を減らされた弁護士はというと、ロースクールができてからどんどん数が増え、司法試験に受かっても、なかなか仕事がない人もいるという。

こうやって、専門家を食べていきにくくする流れは仕方がないのだろうか。法務局の一階のハローワークの賑わいをみて、余計にそう思うのである。

それと、ああいう相談員の仕事は、結構重宝される。それで私が定年になったら、市の発明相談員のような仕事があればと思う。相談に乗ることも乗られることも好きな私に向いていると思う。ボランティアで手弁当でもいい。手許に端末があれば、その場で特許調査してあげてもいい。もちろん、特許明細書を書いたりできないので、弁理士への橋渡しである。ただ、機密保持契約にサインしなくていいのかとか、仕事柄余計なことを考えてしまうのであるが。

フィンランドの教育

以前、このブログで、秋田県が日本の全国学力調査で一位と紹介したが、世界では、OECDの学習達成度調査(PISA)で、フィンランドが3回連続一位なのだという。秋田県と、フィンランド、どちらも寒いところで、何となく似ているような気がしないでもない。ただ、ここに書いたように、物言いがつかないこともないようである。

ともかく、PISAでは、科学的リテラシーで一位がフィンランド、二位が香港、三位がカナダ、数学的リテラシーで一位が台湾、二位がフィンランド、三位が香港、読解力で一位が韓国、二位がフィンランド、三位が香港で、その総合成績でフィンランドが一位という次第である。

フィンランドの教育制度の特徴は、7歳から9年の一貫教育。それは義務教育で、無料である、という。1クラス25人と少数であり、教師は、落ちこぼれを出さない方針をとる。すなわち、丁寧に教え、必要に応じて補習も行う。

また、枠にはめるという窮屈さはなく、留年も飛び級もありだという。

それと、明らかに日本と違うと思うのは、フィンランドでは、飛び切り優秀な人が教師になることである。そして、教員養成課程は、10倍の難関だという。

また、フィンランドでは、子供の頃から、活字に目を通す習慣があるという。そのことが、PISAの読解力の世界二位につながっている。

さらに、フィンランドでは、義務教育に塾がない。塾というか予備校は、大学入学のためにある。大学は、どこの大学かは問題にならず、寧ろどの専攻かが問われる。

こうしてみると、フィンランドの高い学力には特に秘訣はない。よい教師がじっくり丁寧に教えるだけである。また、義務教育をかき乱す受験騒ぎは、ほとんどない。考えてみると、教育に小手先は通用しない。

でも、フィンランド出身の有名人はあまりいないではないか、という疑問もある。と思ったら、リナックスの作者で有名な、リーナス・トーバルズは、フィンランド人であった。リーナスの伝記を読むと、子供の頃から、好きなだけコンピュータに没頭することが許されていたようである。こういう環境では、受験的エリートはあまり出てこないかもしれないが、リーナスのように、時代の流れを変えるような仕事をすることがある。

また、数学者では、アールフォースと、ネヴァリンナ。かなりな大物であると言える。物理学者では、ノルドシュトロム。彼が、四次元の空間と一次元の時間で電磁気を記述する方程式を書いたら、自然に重力がでてきた。これによって、重力と電磁気の統一が図られ、特殊相対論とも完璧に整合した。あまり知られていないが、結局破れ去ったとはいえ、一般相対性理論と一時は対抗していた理論なのであった。このことと、科学的リテラシーで一位がフィンランドという事実から、フィンランドの科学の伝統を垣間見るのである。

2009年2月11日

グロタンディーク

数学ファンの私にとって、代数幾何の開拓者、グロタンディークは真のビッグネームであって、ろくにその業績も知りもしないくせに、もしかして20世紀最大の数学者なのかも、と勝手に思ったりしている。

そう思っていたら、先日本屋に立ち寄ったときたまたま、アミール・D・アクゼルの「ブルバキとグロタンディーク」日経BP社、水谷淳訳を発見したので、直ちに買って読み始めた。

そこで、その生い立ちから自分用のメモとして書いてみる。

アレクサンドル・グロタンディークは、1928年3月28日に、ベルリンで生まれた。今生きていれば、80歳である。「生きていれば」というのは、生きているかどうか、誰も知らないからである。すなわち、1991年の3月に、忽然とピレネー山中に隠遁してしまい、その後、ほとんど会った人もいない。

さて、グロタンディークの両親は、どちらも革命家で、つねに秘密警察に付け狙われる立場だった。ベリンにいて、ナチスが台頭してくると、ユダヤ人である彼らは、いよいよドイツにいられなくなった。指名手配され、グロタンディークの父は、パリに逃げた。母は、グロタンディークを施設に預けて、夫を追ってパリに行った。いつまでも施設に置けなくなると、母は、グロタンディークを里子に出そうとした。革命の政治活動に、足手まといだったのである。こういう話をみると、後年、グロタンディークがマザコンで母親べったりで、母親が亡くなると落胆して、半年以上もなにもできなかった、というのが信じられない。

ともかく、慈善家のハイドリン夫妻が、グロタンディークを預かってくれた。断ると、この子が生きていられなれないかもと思った。ところが、1933年頃になると、ハイドリン夫妻のところにも、ナチスの魔の手が延びてきた。すると、ユダヤ人然としたグロタンディークを庇いきれなくなり、ハイドリン夫妻は、パリにいるグロタンディークの両親に連絡をとった。

それで、やっと、パリで、親子水入らずで暮らすようになる。しかし、フランスはドイツ軍に破れ、傀儡のヴィシー政権になっていた。それで、一家は収容所送りになる。特に、グロタンディークの父は、アウシュヴィッツに送られ、そこで1942年に亡くなってしまった。ガス室に送られたのだろうか。

不幸中の幸いだったのは、母とグロタンディークは、比較的厳しくない、フランスのリュークロ収容所に送られたことである。そこで、グロタンディークは高校にも行くことができ、そこで数学的才能の萌芽があらわれた。すなわち、グロタンディークは、異常な集中力で、数学の問題に取り組んだ。そして、その他のことは完全に無視した。

そこから、母子は別々の収容所に移され、母子が再会したのは、1945年5月の、欧州における終戦の後だった。母子は、南フランスのメザルクという町に住み、グロタンディークは、フランスでもレベルの低いとされるモンペリエ大学に入学した。そこで数学を専攻するのだが、グロタンディークは、授業のレベルが低すぎて困ってしまう。それでも異常な集中力で勉強し、大学を出ると、パリに行くための奨学生に応募した。その試験に優等で合格すると、パリのエコール・ノルマル・シュペリエールで、アンリ・カルタンの講義を聞くという幸運を得た。ここからグロタンディークは、一気に数学の実力をつけた。そして、ブルバキと呼ばれる数学者集団と出会う。

ブルバキのメンバーたちは、流石に、グロタンディークの傑出した数学の才能を見抜いた。そのことで、デュドネなどは尊敬してうまく付き合ったが、親分格のアンドレ・ヴェイユとはどうもウマが合わなかった。どうも、ヴェイユが、グロタンディークの才能に嫉妬したらしい。

実際、ブルバキのメンバーたちは皆、難しい数学を理解したり、立派な数学書を書く程度には優秀だったが、グロタンディーク程は、数学をつくりあげる才能はなかった。このため、グロタンディークは次第に孤独に沈殿して、思索を深めることとなった。

グロタンディークが最初に打ち込んだのは、位相群論、あるいは連続群論と呼ばれる分野である。理論物理学では、よく使われる数学的道具である。

しかし、グロタンディークを何と言っても特徴づけるのは、1957年から始まる、代数幾何のスキームの理論である。そこからグロタンディークは、トポスの理論を考え出し、既に知られていた圏の理論と組み合わせて発展させた。結局、グロタンディークの業績は、数論、代数幾何、位相幾何を統合するものだと評される。

グロタンディークにとって幸運であったのは、あるフランス人実業家が、1957年後半に、米国のプリンストン高級研究所に倣って、パリに、高等科学研究所を設立したことである。ここに直ちに、デュドネとグロタンディークが教授に任命され、ここで研究を開始することができた。

こうして、1960年代を通じて、グロタンディークは、フランスでは最も才能のある数学者であった。

ところが、1968年頃に転機が生じた。グロタンディーク40歳の頃である。当時、グロタンディークは昼夜分かたず数学に没頭していたので、健康を害し始めていた。そんなときソ連(当時)がプラハを侵略し、パリでは政治的な抗議行動が沸騰した。幼児体験もあってか極端に反戦主義のグロタンディークは、これを機に、興味を、数学から政治にシフトしてしまう。そしてベトナムを訪れたり、反戦集会に参加したりするようになった。そして、数学のことを聞かれても政治を語るようになった。

1970年にグロタンディークは、高等科学研究所に、政府の軍事部門からの資金が流れ込んでることを知り、高等科学研究所を辞職してしまう。その後、いくつかの大学の教授職につくのだが、講義を聞く方は数学の話を期待しているのに、環境だの政治だのの話しかしない彼は、直ちに大学をクビになった。

こうして、1991年の3月の忽然の失踪となる。勝手な予想だが、グロタンディークは、辛い幼少体験をばねに、10数年、異常な集中力で努力してきて、1968年になってとうとう、才能が枯渇してしまったのではないか。前に書いた才能の枯渇理論によると、複数本の井戸を掘るのがよいのだが、グロタンディークにあっては、一本のとても深い井戸から容赦なく汲み上げたのだろう。それは、並外れて豊かな湧水の井戸なのだが、グロタンディークの汲み上げ方には追いつかなかった。最早数学のアイデアが浮かばないと分かったグロタンディークは、どれほどのショックだったろう。歌を忘れたカナリアどころではない。その空白を、政治と環境の問題が埋めた。もともと、戦争に蹂躙された幼少年時代を送っており、戦争はトラウマである。忽然と、トラウマが甦ってきて、数学的才能を圧倒した、とも考えられる。

それでも、1970年からもグロタンディークは、深い思いを書き溜めていた。数学のことも含まれていた。間欠的に数学のアイデアは浮かび上がってきていたのだろう。しかし、1991年の失踪直前には、グロタンディークは、その数万枚の草稿を燃やしてしまった。誰かに見つかって出版でもされるのが忍びなかったのだろう。

仙人のようにピレネー山中に隠遁するグロタンディークの思いを窺い知ることはできない。そもそも、それほど資産があった訳ではあるまい。すると、1991年から15年以上も生き延びれているとも思えない。それでも、2003年の時点では誰かが会って生きているのは確認したという。しかし、それから5年、とっくに野垂れ死んでいるのではないだろうか。そうであっても、忘れ去られるには偉大すぎるのが、グロタンディークの誤算である。

2009年2月13日

名門校の悲劇

*多くない読者の皆様へ:ここに書いた理由により、新しいURLのブログに移行しました。このブログは基本的にもう更新しませんが、コメントを戴ければ応答はします。

新しいURLは、http://commutative.world.coocan.jp/blog2/と、微妙に違うだけです。今後ともよろしくお願いします。



塩野七生といえば、ローマに関する一連の小説で有名だが(といいつつ、私はまだ恥ずかしながら読んだことがない)、その学歴は、日比谷高校から、学習院大学文学部である。ところが、当時の日比谷高校といえば、今の開成や筑波大付属のように、東大合格トップ校であって、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いであった。例えば、経済学者の野口悠紀雄は、当時の日比谷高校でも成績トップで、なんの苦もなく東大理Iに合格したばかりか、折角工学部で最高の成績だったのに、なぜか経済学に興味をもち、半年間だけ経済学を自習しただけで、公務員試験に合格し、当時の大蔵省に入省したという、札付きの秀才である。いまだに第一線である。

そういう秀才がひしめく日比谷高校にあって、学習院大学に行った塩野七生は、同級生と比較して、強烈な劣等感に苛まれたという。私が行った高校だと、学習院大学に行くということは、少なくとも四分の一以上の上位の成績であり、本人が医学部とか難関校を目指して自分で落胆しない限り、相対的に何も引け目に感じる必要はない。

そう考えると、親が子供のときから塾に通わせて、有名私立中学から難関大学を目指す途というのは、とてもリスキーであるように思われる。というのは、例えば、開成に行っても、実は東大にいけない人は結構いる。一番最下位レベルの成績だと、日東駒専に落ちる人もいるという。日東駒専に落ちてもいくらでも行く大学はあるし、就職もできるし人生なにも悲劇ではないが、下手に開成に入ったばっかりに必要以上の劣等感を植え付けられてしまう。それこそが悲劇である。

それでもなぜ名門中学を目指すかというと、まわりがみんな優秀なので、嫌でも自分も底上げされる、ということがある。自然に刺激を受ける、ということである。そうやって脱落しないようについていっていれば、開成あたりだと自然に東大に入れるのだろう(知らないけど)。また、東大合格のノウハウの詰まった授業もあるのだろう(知らないけど)。

でも、やっぱり最後は大学受験は才能なのである。何でもそうかもしれないが。こうしてもしかしたら開成でも、半分くらいの人は東大には届かない。

すると、名門校は、必要以上に劣等感を植えつけられた少なくない生徒を作り出していることになる。それに殊更言及する人はあまりいない。「僕はパパを殺すことに決めた」みたいな事件がときどき起きるが、一過性で、みんなすぐに忘れてしまう。

ただ、一方で冷静に考えると、どうやっても人生、試練からは逃れられない。受験勉強で勝者になっても、それはそれで、次の競争に晒される。だから、名門中学・高校に進学して、不幸にも文字通り末席を汚すことになったとしても、それは人生の原理である、と諦めるよりないのだろう。一種の自然淘汰の法則である。

むしろ、塩野七生のように一旦屈折したコンプレックスからすばらしい作品が生まれることがある。エコールドノルマルに合格できなかっガロアが書きなぐった論文は、方程式論というか有限体論の画期的な内容であった。そういう意味では、名門校に行って落ちぶれたり、逆に奮起したりするのも人生なのだろうか。

ところで、ある意味東大合格よりずっと難しいのは、将棋のプロになることである。最高の才能をもった25歳以下の青少年が奨励会というところに何十人も集まって、最終的にプロの四段になれるのは、年間4人だけである。しかも、25歳という年齢制限はあっという間に容赦なく迫ってくる。大学受験の場合、東大が無理でも、いくらでも入れる大学はある。しかし、将棋の場合は、オールオアナッシングで潰しがきかない。リスキーといえばこれほどリスキーな選択もなく、すると、やはり、名門校に行く程度のリスクは耐えなくてはということになる。

どうやら私は、リスクテーキングとか試験勉強とかがよっほど嫌なようである。意気地なし。

About 2009年2月

2009年2月にブログ「Commutative Weblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年1月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。