« 本を読む本 | メイン | 特許の価値(続き) »

USBメモリ・ウイルス

Webニュースによると、パソコンのデータを保存する外部記憶媒体「USBメモリ」経由で感染するコンピューターウイルスが全国の大学で猛威を振るっている。

確かに、今やUSBメモリは花形で、パワーポイントなどのプレゼンテーション用ファイルを携行するためによく使われる。ほとんどのパソコンはUSBインターフェースをもっており、また、USBメモリは、数GBでも二千円程度で買うことができ、ビット単価が安い、また、財布などに簡単に入る大きさである。

ところが、特に大学で、500件以上の感染が確認されている、という。すなわち、大勢の学生がUSBメモリーを持ち込み、共有のパソコンを使うことが多い大学は、その管理の甘さもネックとなって感染の温床になっている。なぜ大学で企業でないのかというと、おそらく、大学では、ウイルス駆除ソフトがあまり普及していないのではないか。

すなわち、大学は、企業よりも使える予算が一般的に少ない。オープンソースが一般的になってきて、OS、コンパイラ、オフィススイーツは只で入手できるようになったが、流石に、ウイルス駆除ソフトのオープンソース版は聞いたことがない。自転車操業のようにウイルス駆除シグニチャをアップデートし続けてなくはならないので、フリーではとてもやっていけないのだろう。

一方、企業では、予算も然ることながら、イントラネット内がウイルスに感染したとなっては面目丸つぶれである。また、USBメモリは、簡単に機密ファイルを持ち出せることから、社内使用禁止になっている会社も少なくないと聞く。だから、企業でUSBメモリ・ウイルスが蔓延っているという話はあまり聞かない。そもそも、ネットワーク経由で入ってくる有象無象のウイルスに比べて、USBメモリ・ウイルスは、特定や駆除がしやすいはずである。

では、USBメモリ・ウイルスはどうやってパソコンに侵入するかというと、大抵のパソコンは、USBメモリやUSBハードディスクなどを接続すると、その媒体の中身のスキャンが自動的に始まる。それはオートランと呼ばれるが、その動作は、パソコンのAutorun.infに記述されている。そこで、USBメモリ・ウイルスは、悪意のAutorun.infを作成して、自身をコピーさせるだけでなく、ネットワーク経由でハードディスクの中身をアップロードしてしまう作用をもったりする。感染原理はいかにもローテクであるが、一旦感染すると、最新のウイルスのハイテクが使えてしまう、という次第である。

トレンドマイクロによると、MAL_OTORUN1、WORM_AUTORUNなどの種類が知られているという。

人体も、パソコンも、ウイルスのネタが尽きることはないようである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1141

About

2009年2月 1日 06:50に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「本を読む本」です。

次の投稿は「特許の価値(続き)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。