« 特許の価値(続き) | メイン | 医学部の崩壊? »

モスクワのテロ

Webニュースによると、モスクワ中心部の路上で1月19日、ロシア・チェチェン共和国をめぐる人権擁護活動で知られた著名弁護士、スタニスラフ・マルケロフ氏(34)が覆面姿の男に拳銃で後頭部を撃たれて死亡したという。マルケロフ氏は記者会見を終えた直後で、近くに居合わせた民主系「ノーバヤ・ガゼータ」紙の女性契約記者、ナスタシヤ・パブロワさん(25)も発砲を受けて死亡した。ナスタシヤさんは、モスクワ大学のジャーナリスト学部の学生で、非常勤記者として働いていた。人通りの多いところで、白昼に起きた事件であった。

マルケロフ氏は、2000年にロシア軍元大佐に拉致・殺害されたチェチェン人少女の遺族側代理人を務め、1月15日に元大佐が期限前釈放されたことに抗議していた。マルケロフ氏がこの問題で脅迫を受けていたとの情報もある。少女殺害事件はロシア軍によるチェチェンでの人権蹂躙を象徴するものとして注目され、元大佐は2003年に禁固10年の実刑判決を受けていた。

チェチェンの首都、グロズニーには、この「テロ」を非難するために、1000人以上が集まった。

これは、チェチェンゲリラ従軍記に書いた、アンナ・ポリトコフスカヤの殺害事件と実に良く似ている。すなわち、チェチェン問題で政権を批判していたノーバヤ・ガゼータ紙のアンナ・ポリトコフスカヤ記者は、2006年10月、自宅アパートのエレベーターで、何者かによって射殺された。

ロシアでは、チェチェンを支援し、あるいはチェチェン問題を批判することはタブーであって、確実に、ロシアの諜報機関、FSBにつけ狙われる。アンナ・ポリトコフスカヤの事件と同様に、マルケロフ氏の殺害も、FSBの関与が濃厚に疑われる。

ロシアにおいて、チェチェン問題は、現代史の暗部の一つであり、メドベージェフ/プーチン政権が、それに蓋をしてしまいたい気持ちは分からないでもない。しかし、いわゆる先進国で、武装していない政治的活動家が、白昼堂々と暗殺されてしまう国は他にないのではないか。中国にあっても、チベットを支援する人が、そこまで露骨に弾圧されるという話は聞かない。

アンナ・ポリトコフスカヤの事件の場合は、ロシアの世論が騒ぎ、反政府勢力が抗議行動を展開した。しかし、今回は、二人の葬儀に、政府関係者はおろか、野党の指導者すらも顔を見せなかった。ロシアのテレビも全く報道しない。唯一、ロシアの人権団体が細々と活動しているに過ぎない。現場には花と写真が掲げられているが、立ち止まる人すらいないという。モスクワ市民は、少しでも関与すると身のためにならないことを、骨の髄まで知り尽くしているようである。

アンナ・ポリトコフスカヤは、その著書「ロシアン・ダイアリー」を次のような趣旨で結ぶ。

私はよく悲観主義者と言われている。しかし、私には正の部分も負の部分も両方見える。国家統計委員会の人口統計予測には納得できない。このままでは、貧困層は医療費も払えず死ぬ。若者は戦争で死ぬ。反対する者は射殺される。貧困問題も、ドラッグ・アルコールの健康問題も放置され、国家当局はひたすら、自らの欲望を満たすことにしか関心がない。それを邪魔するのが健全な市民社会と信じ、その成立を阻止するためなら、あらゆる謀略の手段を選ばない。『楽観的な予測』を喜ぶことができる人がいるなら、そうすればいい。その方が楽だから。しかし、それは自分の孫への死刑宣告になる。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1143

About

2009年2月 2日 06:26に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「特許の価値(続き)」です。

次の投稿は「医学部の崩壊?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。