« モスクワのテロ | メイン | スピーチライター »

医学部の崩壊?

Webニュースで、がんの増殖を抑える「p53」という遺伝子の働きを、主として胎児期の細胞に多く存在する「CHD8」というタンパク質が阻害することを、九州大生体防御医学研究所の中山敬一教授らのグループが発見し、19日付の英科学誌ネイチャー・セル・バイオロジー電子版で発表した、という記事があった。

ええと、がんの増殖を抑える働きを阻害するのだから、がんを助長することになるのだろうか、と少し混乱しながら読んだような気がする。それで、Webを検索していたら、その中山敬一教授が書いた、次のような記事が目に付いた。すなわち、「医学部は崩壊する!?」と題するもので、詳細はお読み戴くとして、文責私で、私なりにコメントしながら要約してみる。

すなわち、中山教授が、なぜ医学部は崩壊すると感じているかというと、その諸悪の根源は、医学部における臨床研修の必修化にあるらしい。

そのことが、医師の治療スキルの向上に意味があるかどうか、ということはおそらく今後の判断に俟つのだろう。ただ、中山教授は、ばりばりの基礎医学研究者だけあって、臨床研修の必修化によって何よりも、基礎医学の分野に対するダメージが大きいのではないか、ということである。

臨床研修の必修化を、「それは餓えた蛸がひもじさのあまり自分の足を食べてしまうような、将来のことをまったく考えない行為である」と喩える。

なぜ、そう考えるのか。中山教授は、ここ20年で、医学は長足の進歩を遂げた、と指摘する。不治の病とされた病気も治癒されるようになった。それは、近年、小手先の医療技術でなく、医学が真に医学として研究されてきてたからだ、ということである。それを中山教授は、「人間の体をひとつの生命体として捉え、それを分子レベル、細胞レベル、個体レベル、集団レベルで解析しようとする統合的な医学観が芽生え始めたのが20世紀終わりの大きな進歩だった」と指摘する。

その1つの例として、「患者のEGFレセプター遺伝子の塩基配列の違いが薬剤感受性に関係あることが次第に明らかとなり、投与前に患者に対する有効性と副作用をある程度推定できるようになりつつある。これらは分子生物学や細胞生物学、さらにはゲノム医学による成果の結実と言うべきであろう。」ということを挙げる。他にもいつくか例が示されているが長くなるので省略する。

そこで表れたのが、研修必修化で、これは基礎医学を直撃するのだという、なぜか。「研修の必修化によって、医学部を卒業して医師免許を取ってからも、さらに2年間(または3年間)の研修を受けなければ保険医登録ができない、つまり実質的に医師としての活動ができない」のだという。

すると、その研修の間、医師は、末端の臨床に携わり、基礎医学の研究ができなくなる、という趣旨のようなのである。

しかしである。私の数少ない医師の友人に聞く範囲では、医学部を卒業して、基礎医学に進む者はもともとほとんどいないという。基礎医学を専攻しても、勤務医のような高給は保証されない。地道すぎるのである。中山教授も、「クラス100名の卒業生の中で、卒後すぐに研究をめざす者は多くて1?2名で、0名という医学部も少なくないのではないか」という、えっ、だったら、研修の必修化があってもなくても、あまり変わらないのではないか、ということにならないのか。

そこで、中山教授は、次のように言う。「以前はかなりの数の臨床医が大学院生として基礎医学講座で研究を行った。その結果として基礎医学講座は優秀な人材を得て研究を遂行できたし、臨床医学講座は将来の臨床研究を行うための人材を養成できた。

なるほど、以前は、そういう自由度があったが、研修の必修化は、卒業後に医学生が大学院で基礎医学に従事することを阻害する、ということなのだろうか。それがどれほどの問題なのか、医学とは縁もゆかりもない私には推察するよしもない。

事情に詳しいはずの医学部の関係者すら、その危惧は読めなかったという。ところが、蓋を開けてみると、「多くの研修医は症例の豊富な大学外の市中病院での研修を希望し、大学からは若手が姿を消して、臨床講座ですら深刻な労働力不足に陥り、そのツケは末端である基礎講座に押し寄せ、基礎講座には大学院生は来なくなった」という。すなわち、医学部からの大学院生が激減した、という次第である。

いまや中山教授の研究室の30名の大学院生のうち、医学部出身者は15名で、卒業後すぐに研究を始めるストレート組の学生が6名、臨床から来た大学院生は9名であった。残りの15名はその他の学部からで、その内訳は理学部6名、薬学部5名、農学部4名である、という。特に、研修必修化が始まってから2年間はひとりも医学部から大学院生が来ない状況がつづいているという。他学部であれ、研究者が集まるならいいではないか、と私はつい思う。なぜなら、法科大学院も、法学部出身でない、理学部、工学部、経済学部出身者が入学することで、多様なスキルの法曹が育つ点に意義があるのであり、例えば、数学科出身で、数理生物学を志す医学部大学院生がいてもいいではないか、と私は思ってしまう。ふと、宮野悟氏を思い出した。

ここでやっと中山教授の危惧が理解できた。中山教授によって、医学部出身の研究者であることに意義があるということである。

まず、医師が実務研修でなく、その早い段階で、基礎医学部門を経験することは、「決して実験手法とかテクニックといったものだけではない。研究の意義、研究に対する姿勢、立案と遂行に対する種々の知恵、世界最先端への距離感、等々、科学としての医学を肌で実感することがその最大の恩恵だったのだ」ということである。

また、大学病院を、市中病院と区別するものに改めて注目している。「大学病院が市中病院と異なる点は、大学が最先端の医学を研究し、その成果をいのいちばんに患者への診療に応用するというその一点に尽きるだろう。」という指摘である。

そして戻って、基礎医学部門は、多くの大学教官の登竜門だから、医学部出身でない大学教官が増えることは、人間という生物に対して「個体レベルでの理解が感覚的に芽生えて」いない教官の増加をもたらし、医学部教育の形骸化につながる、というのである。

そこで、中山教授の提案は、以下のとおりである:

1.大学病院を完全にリサーチホスピタル化すべし
市中病院で行えることは市中病院に任せておけば良い。もはや大学病院には通常の外来は必要ないだろう。大学病院には、完全紹介制で実験的医療のインフォームド・コンセントが得られた患者のみ受け入れ、綿密なプロトコールのもとに、きちんとした計画と科学的評価を行う体制が何より必要である。」と仰るが、そこまで大学病院を高度に構成することができるのだろうか。

2.大学院のシステムを抜本的に見直す必要
すなわち、他の学問分野のように、医学博士を真に高度な研究ができるものにする、ということのようである。

以上、長々と中山教授の論説を引用しつつコメントさせて戴いた。この分野に疎い私にはとても勉強になった。ただ、中山教授の研究至上主義、医学部プレステージ主義は理解できるが、私が感じるのは、やはり、先端的な医学研究をもっともよくなし得るのは、案外と、細胞生物学者だったり、農学者、薬理学者だったりしないか、ということである。もちろん、医学生でそういう才能がある人も少なくないだろうが。今日たまたま読んだ数学者の伝記で、アンドレ・ヴェイユが兵役に行っていた話があった。それはヴェイユにとって無駄だったかもしれないが、それなりに有意義な時間でもあったという。数学にしてそうなら、より年齢が進んでも研究ができる医学なら、二年間の研修はさしたるブランクにはならないだろう、杞憂ではないのか、と私は思うのだが、どうなんだろうか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1144

コメント (2)

小松たひと:

大学の研究職に就きたい人はたくさんいて、実際、電子工学を修めて、医学部で教授になって、医療機器とか生体信号の研究をなさっている方を知ってます。
こういう方が増えるとよいのでしょう。ただ、医学部って、なんか敷居が高いというか、他の学部から医学部に入ったら、お医者さんたちから差別されそうな気がしますねぇ・・・

小松たひとさん

> 実際、電子工学を修めて、医学部で教授になって、医療機器とか生体信号の研究をなさっている方を知ってます。こういう方が増えるとよいのでしょう。

ですよね、多様性は多くの場合、good newsのはずです。それがもし嫌というのなら、医師のエリート主義なのかもしれません。

About

2009年2月 3日 06:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「モスクワのテロ」です。

次の投稿は「スピーチライター」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。