« 医学部の崩壊? | メイン | 海雪 »

スピーチライター

アメリカというのは面白い国で、大統領が、自らのスピーチライターを公開してしまう。それは、ジョン・ファブロー氏。あまり有名ではない、マサチューセッツ州の私大ホーリー・クロス大を卒業後、2004年大統領選に出馬したジョン・ケリー民主党上院議員の演説草稿に携わり、ケリー氏が落選し、「陰口や中傷を経験し、政治に対する理想主義や熱意が砕け散った」として、脚本家を目指していたファブロー氏は政界から離れる心づもりだった。

ところが、オバマ陣営は、そのときのことを覚えていたらしく、ファブロー氏は、上院議員に当選したばかりのオバマ陣営から電話を受けた、スピーチライターを探しているという趣旨で。

ファブロー氏は、オバマと打解け、オバマ氏の思考や発言を研究した。自分の色を加えることなく、オバマ氏が話す大筋に逸話や発言から抜粋した語句を注意深く織り交ぜていくのがファブロー氏の流儀であるという。

しかし、弱冠27歳で、あのような印象的なスピーチの文章がよく書けると思う。文才もさることながら、観察眼、適応性に優れているのだろう。

一方、日本だと、例えば首相の演説は、官僚が書いているらしい。それは、なるべく、印象的にするよりもむしろ、尻尾を掴まれたり、揚げ足を取られたりしないように、矛盾がないように注意深く書かれる。よく知らないが、その首相の個性を反映したようなものにもなっていないと思う。そもそも、その原稿を書いたのは、何々省の誰それ、と名前が開示されることもない。

もしかして、日本では、首相の演説は茶番かもしれないが、それのライターの名前が公開されたら、一層茶番度が増すだろう。

いっそ茶番度が増すなら開き直って、有名作家に書いてもらえばいい。例えば、五木寛之や村上春樹とか。すなわち、事前に例えば麻生首相と村上春樹が打ち合わせて、首相の言いたいことを聞き出し、なるべく語彙も活かす。当然に、難し目の漢字には容赦なく振り仮名をふる。

こうすると、退屈な国会中継が、少しは面白くなる。

面白くする、という意味では、スピーチライターとしては、作家よりむしろ、漫才の台本作者の方がいいかもしれない。それだけでなく、首相は、スピーチライターや、漫才師から、しゃべりのコツ、話題の入れ方などを学ぶようにする。

戻って、オバマ大統領のスピーチライターが誰それと公表され、尚且つ、あれはオバマ大統領の名演説だった、という記事には違和感がどうしてもぬぐえない。トップに立つものが、しかるべく専門的能力と実務スキルを併せもっていてほしいという、見果てぬ願望をまだ私はもっているようである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1145

コメント (3)

小松たひと:

麻生太郎さんにぴったりのスピーチライターがいるではありませんか!
綾小路きみまろ氏ですよ!!↓を見れば明らかです。
http://www.youtube.com/watch?v=Mqhh-7Pjr7g
http://www.youtube.com/watch?v=l7wtmrqgegw

小松たひとさん

> 麻生太郎さんにぴったりのスピーチライターがいるではありませんか!

いやあ、これは抱腹絶倒、名作ですね。やっぱり、麻生太郎には無理です。

小松たひと:

ひとらーさんのスピーチライターをしたことがある日本人は、彼だけでしょう(笑

About

2009年2月 4日 06:26に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「医学部の崩壊?」です。

次の投稿は「海雪」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。