« スピーチライター | メイン | 任天堂の活況 »

海雪

去年の夏頃だったか、仕事の関係で、外部特許調査会社の人と会った。その人は、コンピュータ会社でCEをしていたが、何かのきっかけで退職し、以後、20年くらい特許調査を担当している、というベテランである。

その外部特許調査会社には、折り合いがつかず、調査の仕事を依頼することにはならなかったが、担当の方と話して、興味深いというか、当たり前の話を聞いた。すなわち、大企業や、中小企業など様々なクライアントがいるが、聞けば、ほほうと思うような立派な大企業で、驚くほど何にも知らない担当者がいる、という。話すとそれなりに分かっているような言い方をするが、ちょっと話すと、実務を全く分かっていないことがわかる。それでも、知識がないことを悟られないために、いろいろとコメントしたり、注文をつけてくるという。

どうもその担当の方がいいたいことは、大企業では、仕事の役割分担がしっかりしているため、右から左に手配することで完結する仕事を主たる業務とする担当者がエアポケットのごとく生じてしまう、ということのようである。そうなると、ほとんどスキルを要さず、最低限の事務作業で、仕事が完了してしまう。しかも、その仕事が、会社の中で重要な仕事であるとすると、上流から流れてきた仕事を、事務的に、下流の外部ベンダに流すだけで、大きい仕事をしている、とみなされることが可能である。

そのような仕事をしていると、そこそこ重要な役割を担っているがゆえに結構な地位に就けたりするが、専門的実務は判断は何一つしていないため、何年仕事をしていても、全くスキルがつかない、ということがありえる。それでいて結構給与がいいので、いわゆるノンワーキング・リッチの候補となる。

そう思っているとき、例の黒人歌手、ジェロのヒット曲を聴いた。「海雪」である。その歌詞は、次のように始まる。「凍える空から、海に降る雪は、波間にのまれて、跡形もなくなる」

それでああそうだ、と思った。大企業の仕事の狭間のエアポケットに入って、右から左に受け流すだけで完結してしまう仕事は、まさに「海雪」だ、と。「海雪」の仕事をしていると、楽である。例えば、わずか1時間関与するだけで、10億円の仕事をしたと言いなすことができる。どういうことかと聞いてみたら、10億円のプロジェクトのお客様との契約書の1つの条項を、ちょっとレビューして、一文字訂正しただけだったりする。

「海雪」の仕事は、波間にのまれていくので、何年経験しても決して蓄積することはない。「山雪」だったら、根雪になってずっと残ることもあるのであるが。

でも、「海雪」は華麗な会社生活を彩る。絵になる。世の父兄は、「海雪」を目指すために、子供に高等教育を授けようとするのではないか。立派なビル。ぱりっとしたスーツ。朝パソコンを立ち上げてみると、本社からのメールが来ている。ああ、これは、とメールを読んで、部下のN君に転送する。指示はたった一行、"Please handle this". 会議に出て、同僚と話しているうちに夕方になる。飲み会にいく。

「海雪」の仕事をしていると、自分の能力のイメージと、本当の実力がうんと乖離していることがある。しかし、気付かない。気付くきっかけもない。

やがて定年になる。そこで、はたと気付くのだろうか、最早世間に通用しないことを。「海雪」の歌詞は続く。「明日を待つ傘もなく、塗れたこの髪が芯まで冷えて、恨む言葉も水面に消えていく」

私はせめてスキルを「山雪」にしようと試みる。とても地味だが。山雪だって融ける、吹雪く、でもとりあえずは積もる。融けたらまた積もらせる。

ところで、「海雪」だの「山雪」だのと言っても、普通は意味不明である。それで池田信夫氏のブログを見ていたら、ここでいう「海雪」とは、企業に特有の文脈的技能であり、「山雪」とは、外部でも通用する一般的技能のことのようである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1146

About

2009年2月 5日 06:12に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「スピーチライター」です。

次の投稿は「任天堂の活況」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。