« 海雪 | メイン | 易絶望性 »

任天堂の活況

Webニュースによると、任天堂は、2009年3月期の通期連結業績見通しについて、売上高を従来予想の2兆円から1兆8200億円に、本業のもうけを示す営業利益を6300億円から5300億円に、それぞれ下方修正すると発表したそうである。流石の任天堂も、不景気のあおりを受けたかと思ったら、同時に発表した2008年4~12月期決算は売上高が前年同期比16.7%増の1兆5363億円、営業利益が同27.2%増の5013億円、最終利益は同17.9%減の2125億円。売上高と営業利益は過去最高だったという。最終利益が減少したものの、このご時世、「過去最高」という文字がやけに新鮮である。

ただ、急激な円高のほか、据え置き型のゲーム機Wiiの国内販売、ゲームソフトの海外販売が鈍化したということはある。

不景気だけではなく、Wiiは、なかなかゲームソフトのヒット商品が出なかったことから、従来計画より国内販売が伸び悩み、年間販売台数の予想を2750万台から100万台減らした。ゲームソフトも海外を中心に販売が減少した。ただ、携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」は、昨年11月にカメラ機能などを追加して発売した「DSi」が好調で、年間販売予想を従来の3050万台から100万台上方修正したという。

よって、任天堂については、次のことが言えそうである。
(1) 海外市場に頼る任天堂には、円高がとても痛い。
(2) Wiiは、そろそろ飽和状態か。
(3) ニンテンドーDSは、まだ飽和していない。

あと、次のことも言えるかもしれない。
(4) 昨今の不景気で、海外旅行などの大型レジャーを自粛する代わりに、ゲームによる安価な娯楽に就いた。
(5) いわば、販売の量子効果。すなわち、自動車、家電などの値の張る物は、消費者が手を出さないが、比較的安価なゲーム機なら、買う。

ただ、ニンテンドーDSが飽和するかもしれない今年あたり、流石の任天堂も苦境を迎えるだろう。そこで、任天堂の宮本茂は、当然に新機軸を考えているだろう。

伝統的に任天堂は、仮想空間などのウェブの世界よりも、スモール・アイテムに拘ってきた。その上で、マリオやドンキーコングなどのキャラクタを駆使する。この路線で、もう少し引っ張れるような気がする。

と、この稿を締めようとしていたら、Webに次のような記事があった。

従業員1人あたりの売上高が9億8000万と10億円近くを、任天堂は、売り上げているのだそうだ。任天堂の野望は、DSの「1人1台」の普及を実現すること。そうすれば、2009年も好調が維持できる。

また、任天堂の単体決算の売上は1兆4400億円。これは、トヨタの12兆800億円や、キヤノンの2兆8900億円には及ばないが、従業員1人あたりの売上高はトヨタが1億7400万円なのだから、上記の従業員1人あたりの売上高が9億8000万、というのが、いかに圧倒的か分かる。

任天堂は、厳しい2009年にも、DSiで挑む。いかに任天堂といえども、快進撃を続ける訳にはいかないが、どこで壁にぶつかるか、興味深々である。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1147

コメント (4)

ゆか:

初めまして。
いきなりお邪魔してすみません。アカシックレコードや霊界関係のことに興味を持ち、調べていたらこのブログに辿り着きました。
いきなりの質問で申し訳ないのですが、
2007年7月1日の書き込みに、"シルバーバーチによると、あまり高級でない霊も、これを随時参照する能力をもつという。よって、過去のことを言い当てて、尊敬される霊がいるが、シルバーバーチによれば、それは、霊界では、誰でもできることであるから、このことをもって高級霊とみなさない方がよい、ということになる。"
とあったのですが、この文章はシルバーバーチの本の引用なのでしょうか、もしそうだとしたら本の名前を教えて頂けませんか><

ゆか:

初めまして。
アカシックレコードや霊界のことについて調べていた時にここに辿り着きました。
そのことで質問があるのですが、

”この世に起こったことはすべて、アカシック・レコードという、霊界にあるストレージに書き込まれ、シルバーバーチによると、あまり高級でない霊も、これを随時参照する能力をもつという。よって、過去のことを言い当てて、尊敬される霊がいるが、シルバーバーチによれば、それは、霊界では、誰でもできることであるから、このことをもって高級霊とみなさない方がよい、ということになる。”

という文章は、何かの本の引用でしょうか、もしそうだとしたらその本の名前を教えていただきたいのですが><

いきなりですみません^^;

ゆかさん

コメント戴きましてありがとうございます。お問い合わせのシルバーバーチのことですが、潮文社の「シルバーバーチの霊訓」全12巻のどこかに書いてありますが、なにしろ12巻もあるので、どこの何ページと直ちに指摘できません。もしお持ちでなく、且つシルバーバーチに興味がおありでしたら、是非、購入してみて戴ければと思います。

あと、私のプログのスピリチュアルの部も覘いてみていただければ幸いです。あまり読みやすくないですけれども。

ゆか:

回答ありがとうございます。早速「シルバーバーチの霊訓」を購入して地道に本を読んで探してみることにします!^○^

About

2009年2月 6日 06:18に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「海雪」です。

次の投稿は「易絶望性」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。