« 任天堂の活況 | メイン | 万能ワクチン »

易絶望性

Webニュースによると、南郊ウィルミントンの住宅で1月27日朝、夫婦と子供5人の一家7人が銃で撃たれて死亡しているのが見つかった。地元テレビ局には直前に、この父親から「職を失った。家族を殺して自殺する」との内容のファクスが送りつけられていた。全米で昨年1年間の雇用喪失が260万人と第二次世界大戦後最悪のレベルに達する中、今回の悲劇を、吹き荒れる雇用不安に結びつける論調が目立っている。

AP通信などによると、死亡したのは、アービン・ルポー氏(40)と妻のアナさん(40)、8歳の長女と5歳になる双子の女の子、2歳になる双子の男の子の7人。父親の傍らで短銃が発見されており、家族を射殺してから自殺した可能性が高い。するとこれは、心中なんかじゃなくて、大量殺人+自殺にすぎないではないか、と思わざるをえない。

テレビ局に送りつけられたファクスによると、父親は、夫婦ともに医療技術者として勤務していた病院から解雇されたことが、死を選ぶ原因だと主張。解雇に際して、上司から「ここに働きに来るべきではなかった」「頭を撃って死ねばよかったのだ」などと罵倒されたとした上で、子供たちを身寄りのない状態で残すよりは一緒に死んだ方がましだ、などと動機を書き連ねていた。

勤務先の病院は事件を受け、解雇の事実は認めたものの、「頭を撃って死ね」などのやりとりについては否定したという。また、ロサンゼルス・タイムズ紙は「解雇の理由は、現在も調査中の不正行為をめぐるもので、人員削減のためではなかった」と報じるなど、事件の背景にはなお不明な点も多い。実際、いくらなんでも、解雇する側が、「頭を撃って死ねばよかったのだ」などというはずがない。どうもその段階で、犯人たる父親は、頭がおかしくなっていたに違いない。

もしかして、昨年来のひどい不況ですっかり精神が荒廃していたのだろうか。そして、今回の解雇で、精神が一気に瓦解したのだろうか。

と思ったら、日本では、神奈川県大和市で、次のような事件があった。

すなわち、自宅に火をつけて家族を殺害しようとしたとして、神奈川県警大和署は1月29日夜、同県大和市に住む市立中2年の男子生徒(14)を殺人未遂と現住建造物等放火容疑で逮捕した。「家族がいなくなれば一人で自由に生活できると思った」と容疑を認めているという。

容疑は、1月29日午前3時45分ごろ、自宅2階で就寝中の両親や弟の掛け布団など計4カ所に食用油をまき、ライターで放火した疑い。計約7平方メートルを焼いたが、両親らが消し止め、けが人はなかった。これは、奈良県の高校生自宅放火事件と酷似する。家族からプレッシャを受けていて、家族がいなくなれば自由に楽しく暮らせるという短絡した思考の点でも似ている。

実は、上記米国の心中事件も同様であって、とても絶望しやすい、「易絶望性」とでも言うべき状態に陥ってしまっている。金融恐慌にあって、人々は、心の可塑性を次第に失うようである。寧ろ、上記2つの事件は、一種のシンクロニシティであって、世界中を易絶望性が駆け巡り、それこそが恐慌の正体だ、ということはできないだろうか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1148

About

2009年2月 7日 06:02に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「任天堂の活況」です。

次の投稿は「万能ワクチン」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。