« 易絶望性 | メイン | 赤字 »

万能ワクチン

2008年の3月に、北海道大学、埼玉医科大学、化学企業・日油や政府機関の研究者らによる産学協同チームは10日、高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)ウイルスに対する万能ワクチンの開発が可能になったという記事がある。このことが改めて1月30日の朝のニュースで報道されていた。世界的流行を引き起こす可能性が懸念されている変異ウイルスにも有効なワクチンだという。

現在の鳥インフルエンザ・ワクチンは免疫系自体のウイルス攻撃力に依存しているが、ウイルスが変異してしまうと無効になってしまう。新型インフルエンザや、ウイルスの細胞指向性の記事に書いたように、基本的には、インフルエンザ・ワクチンは、インフルエンザ・ウイルスの細胞吸着蛋白(A型の場合、ヘマグルチン(HA)と呼ばれる赤血球凝集素である)に反応し、それを無効化する。すなわち、細胞に吸着できなくする。

ところが、RNAウイルスであるインフルエンザ・ウイルスは、自己増殖時に、RNAに自己修復機能がないことを利用して容易にコピーミスを生じ、遺伝子を短期間に変容させ、従って、ワクチンが効かなくなってしまう。この変異性は、増殖したインフルエンザ・ウイルスを親細胞から剥離しやすくするNA蛋白にもある程度言えるようで、NA蛋白の機能を阻害するタミフルのような抗ウイルス剤に対する耐性をもつAソ連型が発見された、という新聞記事を見たことがある。

製造されたワクチンは、今季流行している「Aソ連型」と「A香港型」、さらに新型インフルエンザに変容する可能性がある「H5N1型」の鳥インフルエンザの3種類に共通する内部タンパク質を元に作られた。

新しいワクチン手法の特徴は、短期間でどんどん変化するインフルエンザ・ウイルスの細胞吸着蛋白ではなく、計時的にほとんど変化しないウイルスの内部構造に着目したことにある。

新しいワクチン手法ではリポサムと呼ばれる脂肪を少量注射し、リポサムの表面に抗原を乗せて体内に運ばせる。この抗原の分子が免疫系の中でウイルスに反応する。「ウイルスの表面ではなく内側を攻撃する」と国立感染症研究所の内田哲也氏は言う。これによりウイルスの自己増殖を阻止するという。また、ここから複数のインフルエンザ・ウイルスに効果のあるワクチンが生まれる可能性もあるという。

研究チームはマウス実験を行い、鳥インフルエンザの異なるウイルス株にこのワクチンが有効であることを確かめたと発表している。

ただ、素人考えでは、内部構造があまり変化しないとしても、インフルエンザ・ウイルスの種類毎に内部構造は異なるはずなので、どうしても、単一のワクチンがあらゆるインフルエンザ・ウイルスに対して万能ワクチンとして作用する可能性はちょっと考えにくい。すると、とりあえず、高い致死率を呈しそうな鳥インフルエンザなど、緊急性の高いものをターゲットに開発するということになるのだろうか。

ともかく、この新型のワクチンは、一旦開発されると、有効に使用できる期間が長いのが売りである。

しかし、テレビでも報道されていたが、日本の薬事法では、認可されるまで数年を要したりすることざららしいので、動物実験の結果を提示して安全性が確認されても、国内で使えるようになるまでは時間がかかる可能性がある。その点で、厚生労働省の柔軟な運用を期待するものである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1149

About

2009年2月 7日 06:17に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「易絶望性」です。

次の投稿は「赤字」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。