« 万能ワクチン | メイン | CDS »

赤字

新聞をみていたら、「日立7000億円赤字に転落」とあった。それで、今更の疑問であるが、なぜ今の時期に、赤字になるのだろう、と小学生のような疑問をもってみた。金融恐慌だから当たり前ではないか、というより一歩だけ詳しい説明を求めてみた。

すると、日立の場合は、赤字の原因は、次のとおりである、という。

1.薄型テレビの価格下落
なるほど、家電の量販店では、安売り競争が盛んである。ライバルメーカが価格を下げてきたら、対抗上、損してでも価格を下げざるをえないということか。売れ残って在庫になったら、もっと悲惨である。

2.自動車メーカへの部品納入の激減
これは、自動車メーカが生産台数を抑えているのだから、仕方がない。

3.急速な円高による為替差損
これは、説明不要だろう。

日立以外に、NEC、富士通、東芝、ソニーなどの同業会社も軒並み赤字である。NECの赤字は2900億円、富士通は200億円、東芝は2800億円、ソニーは1500億円。

ところがかの優良企業、パナソニックも3500億円の赤字なのだという。不況の深刻さが窺われる。

電機業界以外では、ホンダは、かろうじて1400億円の黒字に踏みとどまった。

業種別では、なぜか、非常に苦しいのが、証券などの金融関係と、ITや家電関連である。リーマン・ショックがあるので、金融関係が苦しいのは理解できるが、ITや家電関連が苦しいのはどういうことなのだろうか。当然考えるのは、ムーアの法則にあるように、家電製品は、同様の品質のものがどんどん値段が下がってしまう。そこで、ちょっと不景気になると、顧客は、型落ちしていてもいいので、旧の安いものを買う。すると新製品が売れないので、新製品も赤字覚悟で値下げせざるをえない。

自動車関係は、トヨタやホンダが苦しいといっても、ITや家電関連よりましのようである。トヨタやホンダも、黒字に踏みとどまっている。と思っていたら、2月6日のニュースによると、トヨタ自動車は、2009年3月期の営業赤字が従来予想の1500億円から4500億円に拡大する見込みだと発表した。ううん、トヨタよ、お前もか。米国市場により依存しているせいなのだろうか。

三菱商事は、減益とはいえ、4200億円の最終利益見込みである。

海運業界も、減益とはいえ、ぎりぎり黒字に踏みとどまっている。

ところが、全日空は、300億円の赤字、とある。

任天堂は、最終利益は同17.9%減の2125億円。

こうしてみると、あまり不景気と聞かないのは、食品関係と、薬品関係である。

あと、ふと思ったのは、ITや電機業界は、自動車業界に対して、部品やサービスを提供する、という点で、上流にあり、不況は上流ほど、先に影響するということが言えるのではないか、ということである。この仮説が正しいなら、ITや家電関連の同様の赤字が、今年は、自動車会社や海運業にも及ぶということになる。

以上から、当然ながら、次のことが言える。
(1) 単価が安く、日用に使うものを作っているメーカーは、比較的不況に強い。
(2) 単価が高くとも、日常的な必要性が製品(自動車など)は、なんとか業績を維持する。
(3) 商社は、そこそこ仕事があって、減益とはいえ、稼げている。
(4) 海運は、輸出の必須手段なので、減益とはいえ、なんとか維持。
(5) 金融関係は、金融恐慌の煽りをもろに受け止めざるをえない。苦しい。
(6) 単価が比較的安い遊興器具は、不況でも結構売れる。任天堂など。手軽な遊びだからである。
(7) IT、家電は苦しい。購買者は、とりあえず、投資や購入を先送りできるからである。
(8) 上流の方が先に不況になる。従って、電機メーカの不況は、メーカーの不況を先取りしている。よって、今年は、電機メーカのような不況が全般に及ぶ。
(9) 当然であるが、米国市場に依存していた程度が大きいほど、被害は大きい。もしトヨタがホンダより赤字が大きいとすると、それは、より米国市場に食い込んでいたせいか。
また、ものの本によると、あと2年は、景気は底を入れないという。それでこの2年間に、体力のないところは、どんどん倒産するだろう。製造業だけでなく、地銀も危ない。

では、この苦境に各社はどうするか、というと、固定の人件費を削減するための派遣切りであり、正社員のリストラであり、はたまたワークシェアリングである。そうして、余剰人員を、稼げる部門に集める。選択と集中である。そこで、シュンペータのストーリーでは、創造的破壊が起きて、企業の体質が変わるはずなのだが、今進行しているのは、創造的でない、芸のない破壊であるにすぎないように思われる。

あと、プラマイ・ゼロというけれども、これだけ赤字の会社が多いと、どこかでその逆の黒字を抱えている会社があることになる。本当にそうだろうか、もしそうならそれはどこか、という素朴な疑問が沸きあがる。

という、小学生のレポートのような感想文なのであった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1150

コメント (2)

小松たひと:

>それでこの2年間に、体力のないところは、どんどん倒産するだろう。

ひえ~我が零細企業は、余命2年の宣告を受けてしまった・・・

小松たひとさん

> ひえ~我が零細企業は、余命2年の宣告を受けてしまった・・・

いえ、小松たひとさんのところは、地道なスキルがあるので、サーバイブすると思っています。経営者が長年培ったものがありますから。

About

2009年2月 8日 06:56に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「万能ワクチン」です。

次の投稿は「CDS」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。