« 赤字 | メイン | 登記手続 »

CDS

「早わかりサブプライム不況」中空麻奈著、朝日新書によると、金融危機において、CDSが地雷原なのだという。

と言われても、CDSとは一体何なのか、ということになる。それは説明されると分かりやすくて、要するに、倒産時の相当損失額を補償する保険、ということになる。要するに、医療保険であれば、毎月何程かの保険料を払っておけば、病気になったとき、手術代、入院費などを保険会社に払ってもらえる。車の損害保険であれば、何ほどかの保険料を払っておけば、例えば、車を運転していて過誤で人を轢いて死亡してしまっても、契約条件により、対人無制限で、保険会社から補償してもらえる。CDSの補償は特に、業界用語でプロテクションと呼ばれる。

なるほどそうかと一応分かったような気になるが、次のような素朴な疑問が出てくる。先ず、その類の保険料は、損害となる事件の発生確率に依存する。医療保険であれば、人が癌などの病気になる確率は、多数の例に基づく統計解析により、かなり厳密に計算することができるであろう。交通事故も然りである。

ところがである、企業の倒産確率は、相当程度に景気に依存する。すると、CDSは、景気のファクタタに依存して、保険料を動的に変更しないと割に合わないということになる。しかし、私には、依然として、まるでイラクに出征していく兵士にかけられる生命保険のように思われてならない。普通の状況では、そういう兵士は生命保険に入れないはずである。

金融恐慌で、リーマンブラザーズと並び称されたAIGは、CDSの主要な引き受け手であった。景気が順調であれば、CDSの引き受け手は、着々とその保険料を積み上げて、利益を増やすことができる。

ところが、2008年9月に、米国住宅金融公社(GSE)が政府管理下に置かれ、それに対して、国際スワップ・デリバティブ協会(ISDA)がそれを倒産と認定したことから問題が生じた。

それはAIGにとってまさに、晴天の霹靂であって、GSE債にCDS契約を結んでいた相手に、AIGは保険金を払わなくてはならなくなった。

これに追い撃ちをかけたのがリーマン・ブラザーズの破綻で、AIGは、リーマン・ブラザーズを対象としたCDSを多く引き受けていたので、一気に支払うべき金額が膨張した。その総額は、4000億ドルとも言われる。

CDSは、その売り手の信頼が揺らぐと、そのプロテクションが怪しくなり、契約当事者にとって意味がないものとなる。一方、売り手には、巨大な債務が発生し得る。

また、CDSは、相手方に無断で加入するものであるから、どの会社が誰とCDS契約を結んでいるのかは、分からない。これが、CDSは地雷原という意味である。

リーマン・ブラザーズの場合、CDSの売りと買いの間で相殺(業界用語で、ネッキングと呼ばれる)が働いたので、AIGの支払い額は、4000億ドルではなく、60~80億ドルで済んだという。しかし、今後も、CDSという地雷を踏む可能性は常にある、ということになる。

しかし、リーマン・ブラザーズが放置されて破綻し、一方でAIGが救済された1つの理由がCDSであるというのだから、皮肉なものである。すなわち、AIGを破綻させると、CDSの契約者に被害が広がるという懸念なのであった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1151

About

2009年2月 9日 07:16に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「赤字」です。

次の投稿は「登記手続」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。