« CDS | メイン | フィンランドの教育 »

登記手続

やっと住宅ローンを完済することができ、信託銀行から、書類が送られてきた。見ると、登記抹消(厳密には、抵当権抹消)の手続書類が入っている。はて、と思った。以前は、こういう手続は、司法書士に依頼したものである。銀行に聞いてみたら、登記抹消は、土地登記手続の中でも一番簡単なので、最近はほとんどの方が自分で手続されます、とのことだった。

司法書士に頼むと、3万円くらいかかるらしい。それなら自分で行ってみる価値はあると思い、会社を午後半休にして、法務局に出かけてみた。私の管轄だと、JR相模原駅が最寄である。そこから歩いて20分くらいかけると、法務局の相模原支局に着いた。

すると、大変賑わっていて、どうしようと焦った。順番待ちが長そうだからである。で、よく見たら、ハローワークである。あれっ、場所を間違えたかな、どうしようとよく案内を見たら、土地の登記関係は、二階なのであった。

二階に上がると、流石にそんなには混雑していない。そもそもが、信託銀行から送られた書類をほとんど検めてもいない。ただ、予め問い合わせて聞いていた認印をもってきただけである。そんな頼りない状態で、相談窓口の椅子に座った。たまたま、空いていたからである。応対してくれるのは、安心感を誘う、年配の男性であった。なぜかとても訛っていた。東北出身なのだろうか。

で、持ってきた書類をそのまま提示すると、中身を確認してくれて、まあ、これでいいですけど、住所がねぇ、と言う。えっ、住所がどうかしました?と聞くと、契約書の住所と、登記の住所が違うのだという。まさか出直しではないですよね、と聞いたら、いや、ちょっと登記の表記を確認しましょう、500円の登記印紙で確認書類を○○番の窓口で取って下さい、というので、言われるまま申請した。登記印紙は、室内の所定の位置で売っていた。

席に戻ったら、担当の男性は、まだ待ってくれていて、次に、銀行から戻ってきた書類と、売買契約書をコピーする必要がある、という。原本とともに提出して、コピーの方を使い、原本は返してくれるのだという。それで、えっ、コピー、近くのコンビニまで取りに行くのですか、と聞いたら、有料のコピー機がちゃんと部屋にあります、ということだった。それで、面倒だが、数枚のコピーを取りにいくことにした。1枚30円とちょっとコンビニより高い。リコーのコピー機だった。リコーってめずらしい。官庁には入っているのか。

コピーをとったら、3000円の収入印紙が必要ということで、また買ってきた。すると、担当の男性はあとは丁寧にコピーを折って、ホチキスで止め、私が渡した認印を割り印にして申請書類を作ってくれた。私は、書類の言われた箇所に住所と氏名と日付を記入するだけである。

結局、住所変更の手続きはきちんとされていたことが確認されたので、追加の書類は必要なかった。もし住所が違っていたら、市役所に行って住民票をとってこなくてはならなかった、法務局から歩いて10分とはいえ、それはいかにも面倒である。

こうして渡された書類を申請窓口に持っていくと、受領書を渡された。そして、数日後以降にまた来て下さい、という。なんでも、売買契約書と、銀行の代表者資格証明書を受け取りに来いということらしい。その際に、申請と同じ認印が必要になる。また、銀行の代表者資格証明書は銀行に返送することになっている。他で使いまわすのではないし、悪用できるとは思わないが、不要だから返すという習慣なのだろうと理解する。

こうして、担当の男性に言われるがままで、手続きは完了した。これは自分だけで手続きしていたら、相当面倒そうである。

以前は、こういう手続きは、司法書士の専任事項で、一般の人が手続きしてもなんのかんのといちゃもんつけられて受理してもらえなかった、と聞いた。実際、親切に教えてくれる担当の方がいなかったら、自力では、受理されるものは作れないかもしれない。以前はそうやって、司法書士の仕事を守っていたのだという。

それで思ったのは、司法書士が専門にやっていたことの一部が、個人に降りてきているということである。法務局の相談員はその流れを助長している。一方、弁護士が専門にやっていたことの一部、すなわち、債務返済処理の代理が、司法書士に降りてきている。そうやって仕事を減らされた弁護士はというと、ロースクールができてからどんどん数が増え、司法試験に受かっても、なかなか仕事がない人もいるという。

こうやって、専門家を食べていきにくくする流れは仕方がないのだろうか。法務局の一階のハローワークの賑わいをみて、余計にそう思うのである。

それと、ああいう相談員の仕事は、結構重宝される。それで私が定年になったら、市の発明相談員のような仕事があればと思う。相談に乗ることも乗られることも好きな私に向いていると思う。ボランティアで手弁当でもいい。手許に端末があれば、その場で特許調査してあげてもいい。もちろん、特許明細書を書いたりできないので、弁理士への橋渡しである。ただ、機密保持契約にサインしなくていいのかとか、仕事柄余計なことを考えてしまうのであるが。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1152

About

2009年2月10日 06:14に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「CDS」です。

次の投稿は「フィンランドの教育」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。