« 登記手続 | メイン | グロタンディーク »

フィンランドの教育

以前、このブログで、秋田県が日本の全国学力調査で一位と紹介したが、世界では、OECDの学習達成度調査(PISA)で、フィンランドが3回連続一位なのだという。秋田県と、フィンランド、どちらも寒いところで、何となく似ているような気がしないでもない。ただ、ここに書いたように、物言いがつかないこともないようである。

ともかく、PISAでは、科学的リテラシーで一位がフィンランド、二位が香港、三位がカナダ、数学的リテラシーで一位が台湾、二位がフィンランド、三位が香港、読解力で一位が韓国、二位がフィンランド、三位が香港で、その総合成績でフィンランドが一位という次第である。

フィンランドの教育制度の特徴は、7歳から9年の一貫教育。それは義務教育で、無料である、という。1クラス25人と少数であり、教師は、落ちこぼれを出さない方針をとる。すなわち、丁寧に教え、必要に応じて補習も行う。

また、枠にはめるという窮屈さはなく、留年も飛び級もありだという。

それと、明らかに日本と違うと思うのは、フィンランドでは、飛び切り優秀な人が教師になることである。そして、教員養成課程は、10倍の難関だという。

また、フィンランドでは、子供の頃から、活字に目を通す習慣があるという。そのことが、PISAの読解力の世界二位につながっている。

さらに、フィンランドでは、義務教育に塾がない。塾というか予備校は、大学入学のためにある。大学は、どこの大学かは問題にならず、寧ろどの専攻かが問われる。

こうしてみると、フィンランドの高い学力には特に秘訣はない。よい教師がじっくり丁寧に教えるだけである。また、義務教育をかき乱す受験騒ぎは、ほとんどない。考えてみると、教育に小手先は通用しない。

でも、フィンランド出身の有名人はあまりいないではないか、という疑問もある。と思ったら、リナックスの作者で有名な、リーナス・トーバルズは、フィンランド人であった。リーナスの伝記を読むと、子供の頃から、好きなだけコンピュータに没頭することが許されていたようである。こういう環境では、受験的エリートはあまり出てこないかもしれないが、リーナスのように、時代の流れを変えるような仕事をすることがある。

また、数学者では、アールフォースと、ネヴァリンナ。かなりな大物であると言える。物理学者では、ノルドシュトロム。彼が、四次元の空間と一次元の時間で電磁気を記述する方程式を書いたら、自然に重力がでてきた。これによって、重力と電磁気の統一が図られ、特殊相対論とも完璧に整合した。あまり知られていないが、結局破れ去ったとはいえ、一般相対性理論と一時は対抗していた理論なのであった。このことと、科学的リテラシーで一位がフィンランドという事実から、フィンランドの科学の伝統を垣間見るのである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1153

コメント (2)

小松たひと:

>OECDの学習達成度調査(PISA)で、フィンランドが3回連続一位

 確かにフィンランドの教育は優れてますよね。
 しかし、彼の国の人口は五百万人強で、埼玉県(七百万人強)より少なく、日本の教育制度の改善の参考にはちょっとなりそうもない気がします。埼玉県だけフィンランドのモデルに沿って改革することはできても、人口一億三千万人の日本全国にそれを推し進めるのは困難そうです。
 むしろ、日本のモデルとしては、科学的リテラシーで三位のカナダ(人口三千万人強)、数学的リテラシーで一位の台湾(同・二千万人強)、読解力で一位の韓国(同・五千万人弱)、特に、この中で一番人口が多い韓国が参考になりそうな気がします。それに、まあ、1つの組織が、1つの方法で決めた順位ですから、この観点からも、いろいろ検討の余地がありそうな気もします。

小松たひとさん

> しかし、彼の国の人口は五百万人強で、埼玉県(七百万人強)より少なく、日本の教育制度の改善の参考にはちょっとなりそうもない気がします。

仰るとおりですね。指摘されるまで、そのことが分かりませんでした。

まあでも、冷静に考えると、日本もそんなに悪くないかもしれません。

About

2009年2月10日 06:40に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「登記手続」です。

次の投稿は「グロタンディーク」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。