« グロタンディーク | メイン

名門校の悲劇

*多くない読者の皆様へ:ここに書いた理由により、新しいURLのブログに移行しました。このブログは基本的にもう更新しませんが、コメントを戴ければ応答はします。

新しいURLは、http://commutative.world.coocan.jp/blog2/と、微妙に違うだけです。今後ともよろしくお願いします。



塩野七生といえば、ローマに関する一連の小説で有名だが(といいつつ、私はまだ恥ずかしながら読んだことがない)、その学歴は、日比谷高校から、学習院大学文学部である。ところが、当時の日比谷高校といえば、今の開成や筑波大付属のように、東大合格トップ校であって、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いであった。例えば、経済学者の野口悠紀雄は、当時の日比谷高校でも成績トップで、なんの苦もなく東大理Iに合格したばかりか、折角工学部で最高の成績だったのに、なぜか経済学に興味をもち、半年間だけ経済学を自習しただけで、公務員試験に合格し、当時の大蔵省に入省したという、札付きの秀才である。いまだに第一線である。

そういう秀才がひしめく日比谷高校にあって、学習院大学に行った塩野七生は、同級生と比較して、強烈な劣等感に苛まれたという。私が行った高校だと、学習院大学に行くということは、少なくとも四分の一以上の上位の成績であり、本人が医学部とか難関校を目指して自分で落胆しない限り、相対的に何も引け目に感じる必要はない。

そう考えると、親が子供のときから塾に通わせて、有名私立中学から難関大学を目指す途というのは、とてもリスキーであるように思われる。というのは、例えば、開成に行っても、実は東大にいけない人は結構いる。一番最下位レベルの成績だと、日東駒専に落ちる人もいるという。日東駒専に落ちてもいくらでも行く大学はあるし、就職もできるし人生なにも悲劇ではないが、下手に開成に入ったばっかりに必要以上の劣等感を植え付けられてしまう。それこそが悲劇である。

それでもなぜ名門中学を目指すかというと、まわりがみんな優秀なので、嫌でも自分も底上げされる、ということがある。自然に刺激を受ける、ということである。そうやって脱落しないようについていっていれば、開成あたりだと自然に東大に入れるのだろう(知らないけど)。また、東大合格のノウハウの詰まった授業もあるのだろう(知らないけど)。

でも、やっぱり最後は大学受験は才能なのである。何でもそうかもしれないが。こうしてもしかしたら開成でも、半分くらいの人は東大には届かない。

すると、名門校は、必要以上に劣等感を植えつけられた少なくない生徒を作り出していることになる。それに殊更言及する人はあまりいない。「僕はパパを殺すことに決めた」みたいな事件がときどき起きるが、一過性で、みんなすぐに忘れてしまう。

ただ、一方で冷静に考えると、どうやっても人生、試練からは逃れられない。受験勉強で勝者になっても、それはそれで、次の競争に晒される。だから、名門中学・高校に進学して、不幸にも文字通り末席を汚すことになったとしても、それは人生の原理である、と諦めるよりないのだろう。一種の自然淘汰の法則である。

むしろ、塩野七生のように一旦屈折したコンプレックスからすばらしい作品が生まれることがある。エコールドノルマルに合格できなかっガロアが書きなぐった論文は、方程式論というか有限体論の画期的な内容であった。そういう意味では、名門校に行って落ちぶれたり、逆に奮起したりするのも人生なのだろうか。

ところで、ある意味東大合格よりずっと難しいのは、将棋のプロになることである。最高の才能をもった25歳以下の青少年が奨励会というところに何十人も集まって、最終的にプロの四段になれるのは、年間4人だけである。しかも、25歳という年齢制限はあっという間に容赦なく迫ってくる。大学受験の場合、東大が無理でも、いくらでも入れる大学はある。しかし、将棋の場合は、オールオアナッシングで潰しがきかない。リスキーといえばこれほどリスキーな選択もなく、すると、やはり、名門校に行く程度のリスクは耐えなくてはということになる。

どうやら私は、リスクテーキングとか試験勉強とかがよっほど嫌なようである。意気地なし。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1155

コメント (1)

匿名:

開成の残りの半分は
国立大学の医学部に進学するんじゃ?

About

2009年2月13日 06:20に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「グロタンディーク」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。