メイン

ペット・動物 アーカイブ

2007年3月17日

飼い猫のトラ

 飼い猫のトラを紹介させて戴く。
 2003年7月生まれだから、いま、3歳半、雌なので、人間なら女ざかり、というところだろうか。(画像をクリックすると、拡大表示されます、あまり鮮明ではありませんが→)
 その年の夏、実家に帰ったとき、隣の家で、猫が生まれたというので、子供たちが見に行った。すると、とても可愛らしくて、一目ぼれしたらしい。それで、どうしても連れて帰りたいというので、仕方なく従った。新幹線では、まだ生まれて数週間の猫は、悲しそうに鳴くので、大変だった。
 2004年の3月になると、発情してとても情緒不安定になった。それで、仕方なく、2004年4月に、近くの獣医で、避妊手術した。そうしたら、しばらく、私を恨んでいるようで、とても心苦しかった。
 でも、雑種とはいえ、とても気性が穏やかで、親バカというか飼い主バカなのだろうけど、人間なら結構美人だと思っている。ただ、ときどきスキをみて脱走する。本人は軽い散歩のつもりらしくて、しばらくすると帰ってくるが、車に轢かれはしないかと心配ではある。

2007年4月21日

動物愛護法

私のブログに以前書いた内容のフォローアップであるが、自分が飼っているフェレットを虐待して、その様子をビデオに撮り、インターネットにアップロードした厚木の男性を、相模原区検は、略式起訴し、それを受けて、相模原簡易裁判所は、動物愛護法に基づき、略式命令により、50万円の支払いを命じたという。
 そこで改めて、動物愛護法の概要をネットで調べてみた。すると、「すべての人が「動物は命あるもの」であることを認識し、みだりに動物を虐待することのないようにするのみでなく、人間と動物が共に生きていける社会を目指し、動物の習性をよく知ったうえで適正に取り扱う」というのが、その法律の理念であり、飼い主の責任、危険動物の規制、犬猫の引き取りなどが規定されているようである。
 私はその理念に何の反対もない。ただ、どうしても引っかかるのが、結局、保健所は、多くの犬猫を引き取って、無慈悲(に、私には思える)に処分し、また、もっと言うと、人類は、食用として、多数の牛、豚、鶏を日常的に屠殺していてる、という事実である。子牛の気持ちが分かるなら、お母さんが屠殺所に連れていかれるとき、別離の涙を流していることを気づくだろう。また、肉にするため屠殺されたという事実に慟哭するであろう。このようなことを日常的に考えていては、生活に支障を生じる。エルンストマッハの思考の経済の類推でいうなら、感情の経済というべきだろう。ただ、動物愛護と、こういう屠殺や、犬猫の処分の事実との論理一貫性のことを、月に一度でも意識に上らせてほしいと思う。
 もっというなら、欧米諸国の捕鯨に対する態度である。欧米は、鯨が知能が高い動物だから捕食するのは野蛮だというが、多数の牛豚を屠殺している事実をすっかり忘れている。私は、できれば動物を捕食しなで済むものならそうたいと思う。しかし、私はベジタリアンではないし、どうしても、おしいそうなマグロがあると涎を出してしまう。それで必要悪として、生きていくために動物を食べることもやむをえないと思うのであるが、少なくとも、他人が私が食べないから、という理由で、ある動物を捕食するのを諸手を挙げて反対する気持ちにはなれない。
 ペットを飼うことも、少しニュアンスは違うが、そうかもしれないと思うのは、うちのトラも、ずっと家に閉じ込められて、さぞかし窮屈であろう、と感じる。本当は、故郷の島で、走り回っていたかっただろうに、都会に連れてこられて、仕方なく、家屋に蟄居している。我が家は、愛情をもってトラに接しており意図的に虐めることはないが、しかし、飼ってやってるんだぞ、みたいな驕りがないと言えば嘘になる。
 それで無理やり結論であるが、折角飼うならきちんと飼いなさい、虐めてはいけない、捨ててもいけないという動物愛護法の趣旨には100%賛成であるが、どうしても人間のエゴも見えてしまって、ふと考えてしまうのである。ああ、感情の経済が足らない。

2007年5月 2日

水槽のバクテリア

 一昨年から金魚を飼っている。たまたま、夜店で掬ったものだが、5匹いて、どうせすぐ死ぬと思っていたら、確かに、最初の一匹の黒出目金は直ぐ死んだが、後の4匹は、とても元気である。餌を与え続けていたら、大きくなったので、大きい水槽を買ってきて移した。
 先週末、どうもエアポンプの空気の出方が減っているので、フィルタを買いに、近所のホームセンターに行った。そのついでに、ああ、確か水槽が濁っているね、と思って、浄化剤なるものを買った。
 浄化剤は、何かの化学薬品かと思ったら、なんと、バクテリアだった。すなわち、金魚といえども、ある意味人間と似た生理作用で生きているので、当然、オシッコもする。すると、水中にアンモニアが出る。これが溜まって、水中のアンモニア濃度が高まると危険なので、浄化剤には、アンモニアを分解する、ニトロモナス属というバクテリアが含まれている。ところが、ニトロモナス属がアンモニアを分解すると、亜硝酸になって、これがアンモニアよりも却って有害なので、浄化剤にはさらに、ニトロバクターFという、亜硝酸を分解するバクテリアが含まれている。浄化剤には、それらのバクテリアの働きを助ける酵素も含まれている。こうして、アンモニアが無毒化される。
 浄化剤には注意書きがある。すなわち、基本的には、砂利敷きにバクテリアは着床するので、もし砂利敷きがない場合は、規定により少なめに、浄化剤をいれるべき、だそうである。そうしないと、着床できない浮遊したバクテリアが、金魚のエラに付着して、最悪の場合、金魚を呼吸困難にして死に至らしめるという。
 さらにまた、これらのバクテリアは、バクテリアとしては珍しく、好気性細菌なので、エアポンプで、十分な酸素を供給する必要がある、という。
 ううん、こんな狭い世界で、なんと複雑な生化学反応がひしめいているのか、とうなってしまった。
 しかし、この水槽の中は、まだしも単純な生物的系であろう。これが水中でなく土壌となると、そのバクテリア系の複雑さは、想像を絶する。大学の教養のときに、たまたま、生物の講義で、岩波新書「大地の微生物」という本を使った。著者は、服部勉という東北大学の先生。私は、その講義で、土壌のバクテリアのめくるめき世界を知った。火星の生物世界を知ったような驚きであった。
 世界を記述しようとするとき、極小の素粒子の世界と、果てが知れない宇宙の間を線で結んでみるのが、1つの方法である。しかし、このバクテリアの世界は、その線上にない。なぜなら、物質的に記述する世界では、バクテリアの目眩きさは、視座に入らないからである。
 こうして、ウィルス、バクテリア、その他の小動物から始まる系列を別途考えている必要があり、世界を記述することは、なかなか困難なのである。

2007年6月10日

なつくこと

 約8ヶ月ぶりに、神主兼占い師の知り合いの家を訪れた。もう70歳を過ぎた年配で、猫を5匹くらい飼っている。なんでも、引越しその他の事情で他所で飼えなくなった猫を引き取るのだそうである。その5匹の猫のうち4匹は、私が訪れてもどこかに行ってしまうか、あるいは私を無視するが、そのうちの一匹の小太りのアメショーは、なぜか私に擦り寄ってくる。そして、頭をなでていると喉を鳴らして私の膝の上に乗ってきて、ついには気持ち良さそうに寝始める。これは実は私にとってとても意外なことである。
 というのは、私は自宅で、トラという、サバトラの猫を約4年前から飼っているが、一度も私の膝の上に乗ったことがない。トラがネズミくらいの大きさで、掌にのっかるくらい小さかったときから飼っているのに、である。無理やり膝に乗せても、すぐにどこかに行ってしまう。では、家族皆に対してそうなのか、というと、家内の膝には乗る、すなわち、家内には一番なついている。それは、単に家内が一番餌をあげるから、とか、一番一緒にいるせいかも、と思っていたが、神主さんのところのアメショーに出会って、そうでもないのかも、と思うようになった。要するに、なにか分からない相性なのではないか、と。
 すなわち、神主さん曰く、そのアメショーは一番人見知りが激しく、大抵の来客には逃げてしまう、という。だから、滅多に会うこともなく、自宅の飼い猫にさえもあまりなつかれていない私が、そのアメショーになつかれるのは、とても不思議である。
 そういえば、今朝のテレビに、湯原昌幸と荒木由美子の夫妻が出ていた。聞くと、湯原は、荒木よりも13歳も年上で、湯原は歌手とはいえ、まるでコメディアンみたいで、あまりイケメンではない。一方、荒木はというと、当時、歌やコマーシャルが絶好調で、飛ぶ鳥を落とすような勢いであった。ところが、なんと23歳でこれから、というとき、湯原と結婚し、すぱっと芸能界から引退してしまう。しかし、客観的にみて、条件のよい結婚ではない。というのは、湯原は13歳年上だけではなく、老いた母と同居で、しかも結婚後直ぐに、母は、病気で介護が必要になり、また、認知症で、日々悩まされることになる。そういう困った義母を荒木は、20年も面倒をみても離婚もせず、頑張ってきた、というのだから、驚異的である。
 猫と人間、人間の男女間について、例をみてきたが、その相性云々というのは、誠に不思議というよりない。
 こういう不思議さと、宇宙の究極の不思議さを比べて、流石に後者の方が不思議だろう、ということで、以前に、謎の位階というブログを書いた。でも、本当にそうだろうか、少なくともこれらについては、順序づけられないのではないか、と思い始めている。

2007年9月16日

猫が真剣に見る番組

 我が家で猫を飼っていることは、以前に述べたとおりであるが、うちの猫のトラは、液晶テレビの上に飛び乗る癖はあるものの、どんな番組が放映されていようと、我関せずである。たとえ、番組に猫が出てこようとも、である。むしろ、眠いとき、ちょっと番組のボリュームが大きいと、迷惑そうな顔をするくらいのものである。サッシから、外にいる猫を見かけると、異常に反応するので、テレビで見かける猫は、なんとなく、本物っぽさに欠けるのかも、となんとなく思っていた。
 ところが、今日の夕方、テレビを見ていると、トラが画像に反応して、テレビの方に走っていった。それは、鳥が沢山出てくる番組であった。鳥が見えると、トラは、画面に前足で触って、鳥を捕まえようとする。
 で、推察するに、猫は、原始的には、鳥を獲って生きていたのではないだろうか。飛ぶ鳥は、流石に捕まえられないが、木に登れるので、鳥の巣の雛など、恰好の獲物である。実際、窓越しに鳥が見えると、トラは、鳥の鳴き声の擬音を発する。トラが特殊とはとても思えないので、猫はみんなそうしたものなだろう。ここに、猫と鳥の不思議な取り合わせを垣間見る。よく、猫は鼠を獲るというが、実は、鳥のほうが縁が深いのかもしれない。また、猫と魚の組み合わせも不思議である。少なくとも日本では、大抵の猫は魚が好きであるが、川に行って、ましてや海に行って、魚を獲る猫なんて、聞いたことがない。
 このような意外な組み合わせが、犬にもあるのだろうか。偏見であるが、神秘性、謎性は、猫より少ないのではあるまいか。

2008年3月16日

犬の十戒

 豊川悦司と田中麗奈が主演の、「犬と私の10の約束」という映画が封切られた。
 そこで、犬の十戒というものが紹介されているので、引用するとともに、私が、人間用に書き換えたものを併記する。

1.私の一生は10~15年くらいしかありません。ほんのわずかな時間でもあなたと離れていることは辛いのです。私のことを飼う前にどうかそのことを考えてください。
<<私の一生は、70年くらいあります。だから、距離をおいて付き合いましょう。>>
2. 私が「あなたが私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間が必要です。
<<私が「あなたが私に望んでいること」を理解できるようになることは、ほとんど不可能です。>>
3.私を信頼して下さい......それだけで私は幸せです。
<<私を信頼して下さい、とりあえず。>>
4.私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。あなたには仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。でも……私にはあなただけしかいないのです。
<<私を長時間叱ったり、邪険に扱わないで下さい。あなたには仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。私にも、仕事や楽しみがありますし、友達もいます。>>
5.時には私に話しかけて下さい。たとえあなたの言葉そのものはわからなくても、私に話しかけているあなたの声で理解しています。
<<ときには、一献傾けましょう。あなたの言葉は、ときどき意味不明です。でも、わかったふりして、頷きます。>>
6.あなたが私のことをどんな風に扱っているのか気づいて下さい。私はそのことを決して忘れません。
<<(これは、このまま・・)>>
7.私を叩く前に思い出して下さい。私にはあなたの手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私はあなたを噛まないようにしているということを。
<<私を叩く前に思い出して下さい。私は実は、空手初段で、あなたを簡単にやっつけることができることを。>>
8.私のことを言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかとあなた自身考えてみて下さい。適切な食餌をあげなかったのでは?日中太陽が照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?などと
<<私のことを言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかとあなた自身考えてみて下さい。(のところだけで、十分)>>
9.私が年をとってもどうか世話をして下さい。あなたも同じように年をとるのです。
<<(ここは、このまま)>>
10.最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送ってください。「見ているのがつらいから」とか「私のいないところで逝かせてあげて」なんて言わないでほしいのです。
あなたがそばにいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして・・・どうか忘れないで下さい。私があなたを愛していることを。
<<(ここは、対応が難しい)>>

因みに、モーセの十戒は、次のとおり:
1.あなたはわたしのほかに、何ものも神としてはならない。
2.あなたは自分のために刻んだ像を造ってはならない。
3.あなたは、あなたの神、主の名を、みだりに唱えてはならない。
4.安息日を覚えて、これを聖とせよ。主は六日のうちに天と地と海とその中のすべてのものを造って七日目に休まれたからである。
5.あなたの父と母を敬え。
6.あなたは殺してはならない。
7.あなたは姦淫してはならない。
8.あなたは盗んではならない。
9.あなたは隣人について、偽証してはならない。
10.あなたは隣人の家をむさぼってはならない。

ところがさらに、猫の十戒、というのもあるらしい。十戒といいつつ、十八戒になっている。
1.汝、人間がモデムを使っているときは、キーボードに飛び乗ることなかれ。
2.汝、モデムの後にある電話線を抜くことなかれ。
3.汝、トイレットペーパーをロールから全部引っ張り出すことなかれ。
4.汝、透明ではないのでテレビやモニターの前に座ることなかれ。
5.汝、冷蔵庫の上から勢いよく吐き戻すことなかれ。
6.汝、ディナーパーティーのときにやってきて、尻を舐め始めることなかれ。
7.汝、人間の顔の上に尻を向けて横たわることなかれ。
8.汝、高いところから人間の股間に飛びかかることなかれ。
9.汝、どんなに速く走ろうとも、閉まったドアを通り抜けることはできない。
10.汝、目覚まし時計の上を歩いてタイマーをリセットすることなかれ。
11.汝、蝶番付きのフタが開くごみ箱に乗って、落っこちる罠にはまることなかれ。
12.汝、人間が腰掛ようとした瞬間にトイレの便座に飛び乗ることなかれ。
13.汝、午前4時に眠っている人間の膀胱の上にジャンプすることなかれ。
14.汝、家とは機会があれば逃げ出せる刑務所ではないことを悟るべし。
15.汝、人間の歩みがいかに遅くとも、つまずかせることなかれ。
16.汝、家にゲストがいるときはトイレのドアを押し開ける事なかれ。
17.汝、汝は肉食動物であり、観葉植物は肉でないことを思い出すべし。
18.汝、叱られたときには後悔してみせるべし。

 これって、あまりに猫にとって不利ではないろうか。猫好きとしては、愛嬌程度に目を通しておく。

2008年3月25日

猫が好きな文士

 新聞のコラムによると、猫が好きな文士というのは、結構いるそうである、例えば、大仏次郎は、生涯、通算500匹の猫を飼ったという。その他、室生犀星、谷崎潤一郎、幸田文、武田泰淳、吉本隆明などである。
 吉本隆明が猫を膝に出して相好を崩しているのは、見ものであろう。
 ところで、世の中、よほどのペット嫌いはともかく、無理やり分けると、犬派と猫派に分かれるのではないだろうか。もちろん、両刀使いもいると思うが。そんなとき、文士というか作家が猫が好きなのは、なんとなくしっくりくる。というのは、猫は、結構人間に依存しているくせに、わがままで、独立不羈みたいに態度がでかくて、プライドが高い。作家のメンタリティとそっくりである。
 私は、というと、どちらかというと、犬派であった。それは、私の生まれた場所による。というのは、私が生まれた孤島は、野良猫の天下で、網戸を閉め忘れていようものなら、隙あらばと、と魚を盗まれてしまう。だから、まるで、イラクで不穏分子に対する米兵のように、猫達と相対していた。そんなとき、猫を飼おうという発想はなかなか出てこない。
 で、犬が好きだったので、近所から2度くらい犬をもらったのだが、祖母が犬嫌いで、私が学校に行っている間に捨てられてしまった。悔しくて、祖母を恨んだことはいうまでもない。
 だから、大人になったら、絶対、犬を飼うんだ、と心にずっと思ってきた。それでようやく一戸建てに住むようになって、チャンスだと思ったら、なぜか縁あって、猫を飼うようになってしまった。もう何年も一緒に住んでいるのに、私の膝に乗ろうともしない。しかし、餌がほしいときだけ、擦り寄ってくる。ときどき、ぶっとぱしたいという気になることがならないでもないが、生まれた島の言い伝えで、猫と蛇を苛めると、祟るという伝説があって、仕方なく、なるべく紳士的に対応している。すると、猫はどんどん付け上がる。こういうモードで、よく、適者生存してきたと思うが、もしかして、ものすごく深い知恵があるのかと感じることもある。その直後、お尻を舐めているシーンみて、慌てて否定するけど。

2008年4月23日

猫的生き延び方

 テレビを見ていたら、猫の好物のことが述べられていた。すなわち、日本では猫は、魚が好きということになっているが、もともとライオンやトラがそうであるように、猫科の動物は肉食なのであって、猫も本来は、肉が好きなのである、だから欧米の猫は、豚肉や牛肉を食べる、とのことであった。
 しかし、話はそれだけでは終わらない。なんと、インドの猫は、カレーが好きなのだという。すると、どうも、猫は、生活に合わせて、好物を変えることができるらしい。ただ、基調としては、どうしても、動物性蛋白質がベースであることは仕方ないところである。間違っても、ベジタリアンの猫というのは、ありえない。
 このことから推察するに、猫は、人間に合わせて好みを変えることによって、適応し、生き延びてきた、ということになる。
 一方、猫と相対して引き合いに出される犬であるが、犬は見たところ、猫ほど食べ物の嗜好を人間に合わせる様子がない。しかし、犬は猫よりも人間に忠実である。すなわち、犬は命令に従うことで、生き延びてきた、ということになる。
 では、どちらが有利か、というと、数でいくと、犬を飼っている人は、猫を飼っている人よりも、おそらく5割くらい多い。よって、今のところ、命令に従う、という犬の戦略が優っている、ということになる。
 自分が管理職だったときのことを考えてみると、当然であるが、一番好ましい部下は、指示に従ってくれる部下である。多少の難題や面倒な仕事でも引き受けてくれる、ということが頻繁だと、どうしても評価を高くつけたくなるのが人情である。これはまさに、犬的である。
 一方、猫的な部下がいたとしよう。すると、それはどんな部下かというと、仕事の指示をしても、一応聞くふりはするが、上司が向こうに行くと、指示された仕事は擱いといて、自分の好きな仕事を始める。また、残業をお願いしようと席に行ってみると、知らない間に早退したりしている。こういう部下に、とても高い評価がつくということはありえない。管理職としてかなり温厚なつもりであった私も、どうしても顔が曇ってしまうことになろう。ところがである。この猫的な部下が、私が将棋が好きなことを知って、自分でも将棋を勉強し、あるいは将棋界の情報を仕入れて、「今度の名人戦は、羽生が久々に奪取しそうですね。」とか話しかけられると、普段いまいちの部下と思っていたのに、ちょっと、あれっ、と思う気持ちが生じる。それが重なると、次第にその部下と打ち解けてきて、仕事ぶりはあいかわらず気儘であったとしても、何かのときに、目をかけようという気持ちがおきる、ということはありそうである。
 このように、会社では、仕事をきちんとやる、というのが正攻法であるが、上司と同じ趣味にいそしむという、猫的裏技もあるのであって、それはまさに、漫画の釣りバカ日誌の世界である。仕事をきちんとやる、という犬的努力を続けると、役員にもなれるかもしれない。しかし、上司と趣味をあわせるという猫的努力では出世はおぼつかない。それは、釣りバカ日誌のハマちゃんがいつまでも、平社員である、ということにも例証される。しかし、ハマちゃんは、会社が左前になっても、なかなかリストラされることはないだろう。よって、猫的生き方も実は、なかなか賢明なのである。

About ペット・動物

ブログ「Commutative Weblog」のカテゴリ「ペット・動物」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはプログラミングです。

次のカテゴリは事件です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。