メイン

囲碁 アーカイブ

2007年3月18日

趙治勲

 今日、囲碁のNHK杯戦を見ていたら、決勝で、趙治勲と結城聡の対戦で、若さと勢いの優る結城が勝つかと思っていたら、趙治勲が、自由奔放且つ緩まない打ち回しで、圧勝した。趙治勲は、もう50歳なのに、その工夫と切り込む気合は、衰えを感じさせない。今からもう30年も前であろうか、藤沢 秀行が、50歳で、第一期の囲碁棋聖戦を制した。あのときの気合を感じる。
 もう言い古された議論であるが、囲碁は、将棋に比べて、歳知っても芸が衰えにくいのだろうか。
 将棋では、米長が、50歳で、中原から名人位を奪回したくらいである。尤も、大山康晴は、60歳を越えてもA級を維持し、現役のまま癌で死去した。大山は、別格であり、囲碁にもあのような例はないだろう。橋本宇太郎がそれに匹敵するが、大山と比較して、どうしても一回り小ささを感じざるをえない。

2007年4月 7日

井山裕太

 囲碁の井山裕太七段が、わずか17歳10ヶ月で棋聖戦リーグ入りした。最年少記録である、という。見かけは線が細く、おとなしそうなのは、将棋の羽生の10代のときに似ている。
 逆の偏見かもしれないが、囲碁は、将棋と比べて局面が広いので、一流の域に達するのが、将棋よりも時間がかかるのかと思っていた。井山七段をみていると、そうでもないのかもしれないし、あるいは井山七段の才能が図抜けている、ということだろう。
 このような側面とは、逆に、将棋の内藤九段が、次のようなことを言っていた。すなわち、囲碁は、50歳から覚えても、アマ5段までいけるが、将棋は、50歳から覚えても、アマ初段くらいしかいけないだろう、と。実際、定年後に囲碁を始めて、アマ4段という話は結構聞くが、将棋ではそういう話はあまり聞かない。粗い喩えでは、将棋=数学的、囲碁=文学的 ということかもしれない。いま、せいぜい囲碁がアマ1級くらいの私としては、もう少し囲碁も勉強してみたい。地道に詰碁を解くとか、定石を眺めるとか、それくらいしか思いつかないが。というのは、将棋だったら、もし10代の俊英があらわれたら、棋譜をみれば、私でもなんとなくその凄さの片鱗くらいは感じることができる。しかし、囲碁は、井山裕太の凄さを、記事報道的にしか知ることができない。もうちょっと、感じられるレベルにはなりたいと思う。
 

2007年4月14日

依田ノート

 手許に、「依田ノート」という囲碁の本がある。講談社刊で、依田紀基九段が書いたものである。
 同じシリーズで、将棋の島九段が、「島ノート」という本を出していたので、買って読んだところ、力戦振飛車の戦いが、いろいろ書いてあって、面白かった。それで、と思って、「依田ノート」も買って眺めてみたのだが、これがどうも、しっくりこない。すなわち、普通のことを普通に淡々と書いてあるだけなのである。例えば、「最大の手を打つ」、「厚みに近づかない」、「将来の可能性を大切にする」、「利き筋を決めない」が重要な基本だというのだが、これは、他の囲碁の本に、普通に書かれていることである。
 ところが、「依田ノート」の序文には、次のようにある。
「名人位三連覇ができるまでになった私の前半生のすべてが凝縮されているといっても過言ではありません。」「アマチュア向けの棋書としては、プロ棋士が全人生をかけた打碁集などを除いて、これほど時間をかけた本は今後、出ないだろうと思います。」
 私の囲碁の棋力と感性では、どうしても、そこまでま意気込みが感じられない。私が理解する人生の定理の1つに、ある分野の知識が低いと、細部の重要性が見えず、とても重要なことがとても平凡に感じられる。」というものがある。それで、おそらく私が感じていることもそのせいだと思って、時間をかけて読んでみたいと思う。

2007年4月15日

NHK杯戦 - 囲碁

 今日、囲碁のNHK杯戦をみていたら、金秀俊七段対藤井秀哉六段であった。藤井秀哉六段は初出場だという。一方の金秀俊七段は、若手新鋭である。見ていると、金秀俊七段の終始優勢で、素人目であるが、手合い違いのように感じた。取れる石もとらず、余裕の運転であった。
 こうやって、予選を勝ち抜いてNHK杯に出れる藤井秀哉六段は、まだよい方なのだろう。
 すなわち、囲碁界には(将棋も全く同じであるが)、あまり勝てないで、精神的にくすぶる多くのプロがいる、ということになる。よって、この場合、どうやって自分で納得するか、である。会社だと、さまざまな部署があり仕事の内容も多様なので、能力を一数直線上で考える必然性はない。
 そう考えていたら、哲学者 中島義道の「ぐれる!」という本が目についた。この本は、要するに、だいたいにおいて、人間は、美人でもないし、美男子でもないし、秀才ではないし、何にも悪くなくても不運に見舞われるし、というときに、自分にどう折り合いをつけて生きていくか、という哲学というか方法論を解く、深遠な?書である。私はまだ、この深遠なる書物を読み解くに至っていない。でも、部分的にはもう「ぐれる」を実施している。あとは、宗教ではないが、ある程度利他的な面も取り入れて、「ぐれる」と「利他」のバランスで、うまく生きていければ、と思う。中島義道は、「利他」なんてインチキで下らないというかもしれない。でも、現実問題、それは、意外に賢明な生き方なのである。

2007年4月29日

NHK杯戦 - 趙善津 vs 井山裕太

 本日の囲碁のNHK杯戦は、趙善津 vs 井山裕太。私的には、決勝戦にも匹敵するゴールデン・カードである。趙善津は、見るからに朴訥な人柄と、本格的なけれん味のない碁風で、私の好きな棋士の一人であるが、相手が、井山裕太となっては、天才好きの私としては、どうしても井山裕太を応援してしまう。
 ただ、私は、何度か井山裕太をNHK杯で見たが、私が見ている範囲で勝ったことがない。確か前回も、小林覚に負けてしまった。それで、今日もおっかなびっくり(天才、井山裕太には失礼な話である)見ていたところ、案の定?左上隅で、劫になるところを間違えて、無条件で、死んでしまった。ああまたか、と思っていたら、死んだ石を利きにして、左下に模様を張り、それをそのまま地にしてしまった。
 解説の、地合の計算では天下一品の石田芳夫が、左下がそのまま地になればね、と希望的に言っていたのであるが、中央で、井山のパンチが炸裂して、趙の四子をシチョウに取るとともに、本当に左下が大きく確定してしまった。ところが、趙善津は、苦渋の表情を作りながらも、じりっじりっと直ぐ後ろをついていくような地味な手で、応酬する。細かそうだったが、趙善津が右下をコスんだのに乗じて、井山が右辺を囲って、井山の勝ちが確定した。
 いろんな意味で、井山は、羽生の若いときに似ている。見かけは線が細くて、でも、盤上では、飛び道具のように好手が炸裂する。そんな羽生も今では、ふてぶてしいまでの風貌になった。
 羽生の小さな失敗は、芸能人の女性と結婚したことである。井山は、平凡な結婚をして、地味に伸びていってほしいと望む。

2007年5月11日

藤沢秀行

 囲碁の本因坊戦が始まった。高尾紳路本因坊に、依田紀基九段が挑戦するものである。
 高尾紳路といえば、藤沢秀行の秘蔵弟子であり、師匠の手厚い棋風を一番引き継ぐと言われる。以前よりその強さは喧伝されていたが、なかなか、実績には結びつかなかった。しかし、その手厚い碁風と同様に、厚みを蓄えていたのであろう、2年前に、張本因坊を一気に4連勝で下し、ついにその強さが発揮されることとなった。
 一方の依田紀基であるが、捨石を得意とし、誰もが認める超本格派の棋風である。名人を長く保持し、その実績はトップクラス。依田は、藤沢秀行の直接の弟子ではないが、やはり、藤沢秀行に目をかけられ、薫陶を受けた。
 このことはほんの一例であるが、藤沢秀行が囲碁界に与えた影響は、はかり知れない。純粋の囲碁の実績では、坂田、趙治勲にはひけをとるかもしれない。しかし、その一見自堕落でいて、しかし、芸に対する熱心さ、中国棋界も含めた広い視野での普及と指導は、並ぶ者がいない。
 将棋の芹沢、米長などとの交友も知られるが、芹沢は、藤沢秀行の、ギャンブル好き、酒好きの自堕落の面だけを学んだのではないだろうか。その棋才からして、藤沢秀行の芸に対する打ち込みの方も倣えば、まだまだ若い者に伍して一線で頑張れたであろうに、一種太宰治的な自堕落な生活に陥り、自殺的ともいうべき酒浸りの日々で体を壊して、50代前半で亡くなってしまった。本位ではなかったろうに、私の見るところ、鈍感力が足りなかった。
 そこへいくと、藤沢秀行は線が太い。癌になっても、莫大な借金を抱えても、その人徳で周囲の人に支えられながら、熱い囲碁への思いと努力で、周囲に影響ょ与えてきた。引退した今も、囲碁に対する情熱はからわないと思う。そうして、秀行先生に棋譜をみてもらいたい、という弟子もひきもきらないであろう。
 将棋界には、藤沢秀行はいなかったし、今後もいないであろう。米長会長には、藤沢秀行の十分の一の人徳もない。
 

2007年5月25日

最長手数

 本因坊戦第2局 先番:依田紀基九段、後手:高尾紳路本因坊で、ちょっとした記録があった。すなわち、手数が343手で、最長手数記録なのだという。碁盤の目の数は、19×19=361だから、囲碁は、361手より長くなり得ない、ということは、理論的にはない。すなわち、劫があるし、また、抜き跡に打ち込む、ということもあり得る。しかし、だいたい、押し詰まって狭いところに打っても仕方ないことが多いから、作為的に長くしないかぎり、なかなか、300手を超えることはないと思われる。また、長さを競おうと思えば、ある程度手数が長くなるように打つことができなくもない。よって、最長手数記録だからといって、そんなに話題になることもない。
 将棋の場合、囲碁よりも短手数であることが多い。すなわち、囲碁が、だいたい200手を少し超えるくらいが平均だと思うけれども、将棋は、分からないが、100手を少し超えたくらいが平均手数ではないだろうか。それで、将棋の場合、最長手数記録というのは、囲碁よりももっと意味がない。というのは、将棋は、囲碁と違って、終盤で手の場合の数が次第に減る訳ではない。だから、長くしようと思えば、攻めていかないで、適当に駒を動かしていれば、いくらでも手数を稼ぐことができる。そういう作為ではなくても、双方が入玉になると、やろうと思えば、1000手くらいなんとかで指せる。理論的に∞もありえる。ただ、手としてどれくらい意味があるかは、別問題である。よって、最長手数記録が、将棋では、囲碁以上に、問題にならない訳である。
 ただ、詰将棋となると、話は別である。詰将棋だと、意味のない駒は配置してはならず、玉は最長で詰むように逃げなくてはならず、攻め方は、最短で詰ますように攻めていかなくてはならない。このような制約は、とても大きく、長手数の詰将棋というのは、もし平凡な手順だったとしても、その長さ自体に意味がある、とされる。というのは、手数が長くなるように駒を配置することに、凄まじい工夫が要求されるからである。長い手順の詰将棋として有名なのは、伊藤看寿の将棋図巧の第100番「寿」の611手である。この手数は、長く、記録だったが、1986年に、橋本孝治が、自らミクロコスモスと名づける、1525手の詰将棋を完成させた。まさに驚嘆である。
 ところで、詰将棋創りの、文字どおり末席を汚している私であるが、なんとか手数だけは長いのを、と思って、馬ノコだけを駆使して、111手詰の作品を作ってみたことがある。これは完全と信じて疑わなかったが、最近コンピュータに解かしてみたら、97手で詰むは、歩がどうしても余るは、で不完全と分かった。このように、単に長い詰将棋を、破綻なく作るのも、とても大変なのである。

2007年6月11日

真部九段の囲碁

 将棋の真部一男九段に、「升田将棋の世界」日本将棋連盟、という著書があって、これは、升田九段の指し将棋を紹介するのであるが、なかなか面白い。特に、一章で一局紹介するのであるが、そこで必ず随筆の前書きがあり、それだけ読んでも興味深い。真部九段の一番の趣味は、囲碁なのであるが、囲碁に費やした努力を次のとおり書いている:
1.費やした時間:40980時間。一日8時間費やすとしても、5000日で、約14年。14年間毎日8時間ずつ努力できるものだろうか。
2.打った番数:5000局。これは意外に少ない、と本人も言っている。
3.読んだ棋書:18200冊。流石にこんなに囲碁の本は日本で出版されていない、と思ったら、真部九段は同じ本を何十回も読むので、その延べ数も数えるのだという。それにしても凄い。一日2冊読むとしても、25年かかってしまう。
 その努力の結果、真部九段は、河口五段と並んで、将棋界有数の碁打ちということになる。
 それでも、囲碁のプロの武宮九段に、三子で且つ三面指しで、10番に2~3番入るだけ、というのだから、囲碁のアマトップに、かなり及ばないようである。思うにこれは、頭のかなりの部分を将棋が占めていることがあると思う。
 人は一般的に、いろいろなことをやって頭を使った方が、頭が良くなって、ある特定の狭い分野のことも冴えてくる、と思われるかもしれない。そういう面はなくはないが、私は、ある1つのことに没頭すると、どうしても時間が空いても、他のことに才能を延ばしにくくなると思う。
 例えば、囲碁のプロ棋士が、将棋も強いと思われるかもしれない。しかし、将棋の職域団体戦のB級で一度、日本棋院チーム出ていたが、一回戦で負けてしまった。確か、私が所属するチームは、そのB級で優勝したので、もしかして囲碁のプロ棋士の将棋のレベルは、せいぜい私と同等以下かと思ったことがある。もしそれが正しかったら、本当に、大した棋力ではない。
 そうやって、他のことに頭を占有された状態で、真部九段のような努力をしても、せいぜい、県代表レベルである。よって、何事も努力が大事だが、最終的に才能がないとどうしようもない、という当たり前の定理を改めて確認するのであった。

2007年8月 5日

岩田達明

 私は毎日新聞を購読しているが、今、囲碁欄では、若手の花形、井山裕太七段と、岩田達明九段が対戦している。これはとても画期的なことである。もちろん、井山ではない。彼は弱冠17歳であるが。既にその強さは折りつきで、それ自体にニュース価値はない。
 私がすごいと思うのは、岩田達明、既に81歳である。囲碁のプロはあまり競争が激しくないので、半ばレッスンプロを決め込めば、健康が許す限り、負け続けても現役プロ棋士を続けることはできよう。
 ところが、今の井山対岩田は、本因坊リーグ採集予選、すなわち、ここまで来るには活きのいい棋士を何人も負かさなくてはならず、それは、とりもなおさず、岩田の棋力が、ばりばりの現役であることを意味する。このように高齢で高い実績を維持していた棋士として、囲碁では、橋本宇太郎がいる。
 では、高齢でも高い実績を残すための必要条件は何なのだろうか。まず、それは必ずしも棋風ではない、というのは、橋本は、豆を蒔いたような軽妙な碁であったが、岩田は剛直である。すると、先ず必要条件としては、清廉な活き方、があると思う。要するに、智謀政略で生きていないということである。そのような例としてまず浮かぶのは、米長邦雄である。彼が当代の一流の才能の持ち主であることを疑う人はあるまい。しかし、彼は今60代であるが、彼の将棋が最早、とるに足らないレベルに堕ちてしまったことは本人が一番よく知っているであろう。一方、加藤一二三や内藤国雄をみるがいい。70歳前後でいまだにB2を維持している。これは、とても驚異的なことで、羽生でさえも、その歳で、彼らの棋力を発揮できているか、はなはだ怪しいのである。
 あとは、暴飲暴食しないこと。この点、内藤国雄はどうなのだろうか。注意した方がよい。
 それと本質的なことは、やはり、囲碁と将棋の違いであろう。囲碁は将棋よりも局面が広いが、その分、ぎりぎりまで読まなくても感覚で済む場合が将棋よりも少なくないのではないだろうか。すると、ある程度浅読みで済むので、高齢になっても若手に対抗できる。ところで、今のコンピュータ囲碁は、コンピュータ将棋と違って、まだレベルが低いが、このあたりの形というか筋のヒューリスティックを入れて、なんとかプログラムできないか、と思われる。
 最後に、岩田や加藤一二三のように歳とっても活躍したいなどと、常人は願ってはいけない。それは、神が、運命が決めるもので、それを願うというのは、とても深い煩悩である。それを願わない、ということを、彼らのように活躍できるための必要条件に挙げたいほどである。

2007年9月 2日

女子アマ囲碁

 女子学生本因坊の尹 善渶さん(慶応大学2年)は、院生経験があり、個人関東予選で、関東学生囲碁界で頭1つ抜けている存在と看做されている、村上 深さん(中央大学)を、破ったことがある。
 また、早大の下坂 美織さんは、関東学生リーグ団体戦(男女の区別はない)の主将で、男子相手に全勝した、という。昨今の男女平等社会に鑑みると、それがどうした、と言われそうであるが、将棋の女子アマの世界で、そういうことが起きるとは、とても考えられない。女子アマとは言わず、女流プロ最高峰の清水市代あたりを、将棋の学生団体戦である、学生王座戦の主将にもってきたとしても、とても全勝するとは考えられず、せいぜいが指し分け程度であろう。
 このように、女子アマ囲碁のトップが、男子アマ囲碁の上位陣に拮抗するのに、将棋では、女子アマのトップは、いや、女子プロをもってきても、男子アマのトップを脅かすには到らず、せいぜいが、男子アマの中堅どころであろう。
 このことは、チェスでも言えて、チェスのトップクラスに、なかなか女性はいない。このことをもってして、将棋/チェス系のゲームは、女性に向かない、と言ったら、過言だろうか。
 しかし、残念ながら囲碁でも、プロトップまで行くと、やはり女性は大変である。例えば、先日、囲碁のNHK杯戦で、片岡九段と、梅沢由香里女流棋聖の対戦があったが、流石の強腕、梅沢も、片岡九段にきっちりあまされ、最後は大差で、中押となった。
 で、短兵急な私は、囲碁や将棋のような知的短距離走のようなゲームは、どうも、その究極のところで、女性に向かないらしい、と結論づけてしまう。私のささやかな経験でも、育児をするときの心遣いが、男性は、フーリエ変換でいうと、スペクトルが尖っている。これでは、例えば、おむつの交換には熟練できても、むずかる子をあやすことにはお手上げとなる。よって、育児に向くように女性は、なだらかでひろいスペクトルをもつことになり、それは、一点突破型のスキルには向かないのでは、というのが、いかにも私らしい、粗雑な議論であった。
 その理論でいくと、囲碁の方が将棋よりもなだらかでひろいスペクトルなので、まだしも女性に向く、ということである。

2007年11月 4日

短手数の作り碁

 阿含・桐山杯囲碁トーナメントの決勝で、張栩が趙治勲を破ったが、なんと、作り碁なのに、129手という短手数であった。もちろん、ダメ詰めは残っているが、意味のある手は終わっている、という意味である。
 ところがこれが記録かと思ったら、121手の作り碁というのが、4年前の名人戦で、張栩対武宮というのがあって、どちらも張栩が絡んでいるのが面白い。
 ところで、簡単な計算で分かるように、129手という短手数だと、ほぼ拮抗している地合とすると、それぞれが125目程度もあって、大味であること甚だしい。
 さて、仮想的に短い手数の作り碁を作ってみると、何手くらいになるであろうか。簡単に考えると、黒が天元を通るラインを縦に、19子を打ち、それに隣接して、白が、19子を打つ。すると、38手であるが、これだと、星の辺りで活きられる。そこで、各々が辺の星目に打ち、また、両三々に打ち、辺の石には、風鈴を打っておく。すると、38+6×2=50手が最短手数ではないか。ただ、これで、全部地かどうか、多分そうだと思うが、証明は難しそうである。
 では、将棋の仮想的な、詰みまでの短手数の棋譜は、というと、おそらくこれであろう。
 ▲76歩、△84歩、▲56歩、△54歩、▲58飛、△62銀、▲55歩、△同歩、▲同角、△34歩、▲33角成 の11手。

2007年12月13日

プロ棋士の弁護士

 囲碁と将棋を通じて、プロ棋士であって弁護士である、という人が一人いる。囲碁の笠井浩二七段である。彼は、1978年、30歳で三段のとき、司法試験に合格し、とても珍しいことなので、新聞でも報道された。
 しかし、今日の新聞によると、とても不名誉なことに、2年間の弁護士業務停止処分を受けた。
 理由は、預かったお金の使い込みである。すなわち、2003年に、特別擁護老人ホームに入っている80歳の老人から、通帳とキャッシュカードを預かった。妻に送金してほしい、という趣旨である。ところが、老人は亡くなってしまった。それで、笠井七段は、通帳とキャッシュカードの行方を知る人が最早いないと思ったのか、キャッシュカードを使ってお金をおろし、私的に流用した。その額は、1370万円にもなる、という。立派な刑事犯罪である。笠井七段は、日本棋院の監事でもあるが、これを機に、監事を辞職した。当然であろう。
 世間では弁護士に任せる、という言い方をして、弁護士がとても高い倫理の持ち主であるように言うが、これは間違いである。司法試験に倫理性を問う内容はない。もし、弁護士が法に触れることをしでかす可能性が、一般の人よりも少ないとしたら、それは、そういうことをしてばれると、弁護士会の懲罰委員会にかけられて、弁護士会から除名されるからである。弁護士は、特定の弁護士会に属さないと、弁護士としての活動ができない。
 すると、もしばれない、となると、法に触れることをしでかす誘惑に駆られる。その点、弁護士も、普通の人と何ら変わるところがない。笠井七段のケースは、全く安全ということはない。というのは、老人の妻は、当然にある程度の財産があることを知っている、と考えるのが相当であり、もらえるはずの財産がこないと不審に思うに違いないからである。
 冷静に考えると、そのようなことは、笠井七段にも分かりそうなもので、そこで私は、笠井七段は、経済的に困窮していた、と推察する。そんな馬鹿な、弁護士なのに、と言われるかもしれない。しかし、弁護士という資格があれば、自動的にお金が振り込まれるということはないのであって、自分で顧客をみつけなくてはならない。しかし、囲碁のプロという性格上、そういう営業活動が得意ではないのかもしれず、また、囲碁の手合いが入ると、顧客中心にも活動しにくい。一方、囲碁の方も、弁護士活動の合間にしか研究できないので、泣かず飛ばすになったのであろう。すると、まさに二兎を追う者は一兎も得ず、ということになる。
 将棋界では、片上四段が、東大法学部卒業であり、将棋界で一番司法試験に近い、と言えよう。しかし、片上は、司法試験など見向きもせず、自分の学歴を見せびらかすこともない(井出とかいう雀師は、東大文学部卒らしいが、一々、東大流麻雀とか喧伝して、見苦しい)。こうして、片上四段は竜王戦トーナメントに入るくらいの結構好成績で、若手でも有望である。
 このように世間では何がよいか、なかなか分かりにくい。すなわち、囲碁のプロ棋士で司法試験に受かると、ああいいわね、普通に努力してもなかなか受からない難しい国家試験なのに、囲碁のプロで片手間に受かるなんて、やっぱり頭の中が違うんだわ、とか言われて、いい気にならないことの方が難しい。しかし、それが却って仇になったのではないだろうか。

2008年2月19日

坂井秀至

 先日、囲碁のNHK杯戦を見ていると、坂井秀至七段対片岡聡九段だったが、解説の淡路九段のよると、坂井七段が随分よさそうであったが、つくってみると、解説者もびっくりの、坂井七段のぎりぎりの半目勝ちであった。わからないものである。
 それで、改めて坂井七段の経歴を調べてみると、父の影響で7歳から碁をはじめ、小学校5年で全日本アマチュア本因坊戦兵庫県代表に、最少年記録でなる、というのだから、棋才は図抜けている。それでプロにならなかったのが、不思議である。ところが、勉強もできたようで、きっちり灘中学に受かっている。
 灘高校では、囲碁部主将として全国高校囲碁選手権大会団体戦3連覇を経験と聞いても、何も驚かない。また、一浪ではあるが、京都大学医学部に受かる、というのも半端でない受験の才能である。
 ところが、医師国家試験に合格して、研修医になると、忙しすぎて碁が打てないと分かり、プロを目指す。ううん、随分回り道では、と誰もが思うだろう。
 そこで、28歳のとき、プロ試験を受け、プロ相手に三勝して、飛びつき五段で、プロになる。
 そのとき、師匠にあたる藤沢秀行が、坂井君は、タイトルをとる棋士になる、と言っていたのを、今でも思い出す。それを聞いて、将棋の常識からいっても、いくらアマチュア超強豪であっても、28歳でプロ入りして、タイトルをとるまでいくものか、と私は思った。流石の秀行師匠も買い被りすぎだ、と。そもそも、長年の医学の勉強で、頭がコンタミというか、疲弊しているはずである。
 ところが、秀行師匠の予想は、当たらずとも遠からず。名人リーグに入るわ、棋聖リーグに入るわ、NHK杯戦は上位に残るわ、で、坂井七段がトッププロの力をもつことを疑う人は、最早いまい。
 これをみて思ったのは、坂井秀至の図抜けた才能、というのは、確かにあると思う。ただ、一方で、囲碁というゲームの性質もあるのではないか、というのが私の意見である。
 例えば、フィギュアスケートをみてみよう。日本でトップの力をもつのは、今や女子では、浅田真央であろう。彼女はまだ高校生であるが、おそらく20歳くらいがピークなのではあるまいか。浅田真央くらいになるためには、幼少の頃から努力する必要がある。また、途中のブランクは許されない。
 一方、野球だと、今の浅田くらいから始めて、途中で少々ブランクがあっても、十分トッププロになれる。
 このアナロジから私は、囲碁が野球的で、将棋がフィギュアスケート的かも、と思った。すなわち、もし坂井秀至の才能が囲碁ではなく、将棋だったら、もしかして、プロ入りしても、瀬川晶司程度ではなかったか。
 それは、将棋というゲームが、囲碁よりも一手一手の重みが大きくて、長いブランクにより棋才が鈍磨する度合いが大きいのではないか、と。このアナロジでいくと、チェスは将棋よりももっと甚だしい。一手の重みがさらに大きいので、本当に幼少の頃から努力しないと、一流になれないようだ。それが、日本にチェスのトッププレーヤがいない理由であろう。
 ところで、内藤国雄がこんなことを言っていた。50歳から囲碁を始めても、ある程度の才能があれば、60歳くらいまでに、アマ五段くらいにはなれるだろう。しかし、50歳から将棋を始めたら、さて、60歳でアマ初段になれれば立派なものだろう、と。よって、早い仕込みが必要な分野と、比較的そうでないものがある、ということである。

2008年3月 8日

囲碁のプロ登用システム

 よく、囲碁と将棋では、将棋の方がプロになるのが難しい、と言われる。実際どうなんだろう、と思っていたら、今日の新聞に、囲碁のプロ登用システムの記事があったので、紹介してコメントする。
 囲碁でプロになるためには、典型的には、日本棋院の院生になる。院生の募集は、年4回あり、それは、本人の実戦譜の書類審査で行う。この点で、対局と筆記試験と面接がある、将棋の奨励会の入会試験よりは楽である。
 とはいえ、実戦譜の審査により、少なくともアマ六段程度の棋力があると認定されなくてはならない。しかも、年齢は14歳未満でなくてはならない。こういう年齢制限は、将棋より厳しい。ただ、将棋の方は目安として、アマ四段程度と言われるが、囲碁と将棋の段位の違いからいくと、囲碁のアマ六段は、将棋のアマ四段は同等であろう。要するに、子供のときから、アマチュアでは、トップとはいわないが、上位クラスになくてはならない、ということである。
 そうして院生に入会できると、リーグ戦を戦う。リーグ戦は、EクラスからAクラスまであり、その結果の順位で、昇降級する。Aクラスに昇級し、その4月~6月の総合成績トップの人が初段と認定されて、晴れてプロを名乗れる。現在、日本棋院の院生は81人おり、そのうちの年間一人しかプロになれないとすると、相当狭き門である。しかも、院生には年齢制限があって、18歳までに初段になれなければ、退会である。それで、去年一年で、なんと47人が、日本棋院の院生を去ったそうである。こういう去り方や年齢制限をみると、必ずしも将棋の方が厳しいとはいえないと思われる。ただ、見方によっては、囲碁の方が、easy-come-easy-goのような気もするが。
 ただ、囲碁のプロになるには、病院ではないが、外来という途もある。それは、棋士採用試験と言われる。それは、23歳未満の人が、棋士採用試験に応募すると、先ず、院生序列11~20位と予選対局する。そこで、全体で6位までに入れば、予選通過。その後、院生序列1~10位と本戦対局を打つ。そこで、全体で二位までに入れば、棋士として採用される。これは、あきらかに相当な棋力を要するが、若くてアマチュアで本当に力があれば、突破できるであろう。例えば、学生本因坊クラスである。
 そこで疑問。NHK杯の囲碁トーナメントを見ていると、どうしても女流は、男性棋士に及ばないようである。女流も、同じ基準でプロに登用されるのであろうか。それに関しては、女流特別採用棋士という枠があるようである。これで年間一名がプロになれる。それで納得がいった。というのは、NHK杯の囲碁トーナメントで聞き手をしている、中島美絵子さんは、プロ初段であって、少し地味だが、実は相当な美人である。で、聞いていると、どうもあまり強そうではない。少なくとも、梅沢由香里さんには、及ばないようである。でも、中島美絵子さんの広告塔の効果は、絶大である。
 別の疑問は、坂井秀至七段が登用されたシステムが、ここには述べられていない。坂井秀至七段がプロになろうと思ったとき、既に28歳であったから、上記どのシステムも使えない。すると、理事会の承認により、特別なシステムが使えるが、それは、坂井秀至のような超ド級アマチュアにだけ適用されるのだろう。将棋の花村元司か。

2008年4月20日

中島美絵子、結婚

 私が毎週NHK杯の囲碁トーナメントを見る楽しみの1つは、司会の中島美絵子初段にある。以前、司会だった梅沢由香里さんも美人だと思ったが、うまく言えないけど、中島美絵子さんはちょっと別格である。
 ところが、この度、囲碁の安藤和繁三段と結婚する、という。なんでも、NHK杯囲碁トーナメントの記録係だった、ということで、ほとんど職場結婚である。安藤三段が24歳、中島初段が29歳、ということで、明らかな姉さん女房であるが、なんかそういう気がしない。
 こういうとき、どうってことないのに少し寂しさを感じるのが世の男の常であるが、私も例外ではない。Webによると、"囲碁「安藤三段」と40日間デートを続けた美人棋士「中島初段」"とある。そんな短期決戦というのは、将棋ならともかく囲碁棋士には相応しくない、とか、一歩間違えるとストーカーじゃん、と余計なことを考えるのだが、それはまあ、どうでもいい。
 ところで、中島美絵子初段は、三年連続でNHK杯の囲碁トーナメントの司会だそうで、これはとても珍しく、普通は二年だそうである。そういう意味で、好感度も抜群なのだろう。別に進境著しくなくていいので、浮いた噂なく、平凡に生きていってほしいと思う。

2008年6月22日

趙治勲の1300勝

囲碁の趙治勲が、6月19日、東京・千代田区の日本棋院で行われた第33期棋聖戦リーグで王立誠九段に黒番中押し勝ちし、公式戦通算1300勝(681敗3持碁4無勝負)を達成した、という。林海峯名誉天元に続いて史上2人目。

51歳11カ月での達成で、林海峯名誉天元の64歳4カ月を大幅に短縮した。通算勝ち数トップは林海峯名誉天元の1324勝 という。

これを見て、あれ、囲碁は意外に、通算勝ち数が多い人が多くない、と思ってしまう。例えば、橋本宇太郎など、80歳を過ぎても現役だった。また、坂田栄男など、一時、鬼神のような強さであった。彼らも該当しないのか、と思ってしまう。なお、藤沢秀行はあえて挙げない。彼が偉大であったことは認めるが、コンスタントには勝っていなかった。

では将棋界ではどうか、というと、かの大山康晴が1433勝(781敗)とダントツである。では、囲碁と将棋の違いはあれ、趙治勲が大山康晴の通算勝ち数を超えるか、というと、それは十分ありえる。あと10年間、毎年15局程度勝てばよく、趙治勲にとってそれは到底、チャレンジングでない。

ちょっと待った。最近名人位に復位した将棋の羽生を忘れてはいけない。彼は、現時点で1025勝であり、まだ30台半ばなので、あと10年、毎年30勝することは、当然に考えられる。そこからどれだけ勝ち数を延すかであるが、趙治勲越えを期待できるのは、囲碁界と将棋界を見渡しても羽生以外には見当たらない。

こうして、大山康晴、趙治勲、林海峯、羽生が別格であることが、改めて確認された。意外性がなさすぎるのが、とてもつまらない。

2008年7月12日

モンテカルロ木探索法

モンテカルロ木探索とは、聞きなれない用語であるが、なんでも最近、コンピュータ囲碁プログラミングの分野で使われている手法らしい。情報処理という雑誌の2008年6月号の、美添一樹氏の記事に従い、紹介してみる。

最近、コンピュータ将棋の進境が著しい。渡辺竜王対ボナンザの対戦が示すように、トッププロでも、気合を入れてかからないと簡単には勝てないほどである。

一方、コンピュータ囲碁ではどうか。ちょっと前まで、やっとアマチュア三級くらいかも、と言われた。どうしてコンピュータ将棋に比べて弱いのか。一番分かりやすい説明は、19路盤だと、探索空間が膨大すぎる、というものである。しかし、探索空間だけの問題でもないようである。例えば、9路盤だと、探索空間は、チェスよりも狭い。しかし、旧来のアルゴリズムでは、9路盤でも、アマチュア初段に勝てない。どうも、探索空間だけではなく、評価関数に問題があるようなのである。

コンピュータ囲碁の典型的な旧来のアルゴリズムとして、オープンソースのGNU GOが知られている。これは、どのようなアルゴリズムかというと、先ず、手のパターンのデータベースをもち、局面が与えられると、そのデータベースを用いて、マッチする手を発見する。そして、それらにパターンに応じた評価値を割り当てる。また、着手の目的別に候補手を生成して、それらにも状況に応じた評価値を割り当てる。ここで、目的とは、守る、字に走る、相手の石を攻める、などのことのようである。そうして、評価値の依存関係により、手を決定する。どちらかというと、人間の思考過程に近いようである。

で、ほとんど定理と言ってもよいと思うが、多くの知能ゲームのプログラミングで、人間の思考過程に近い方法をとると、あまりうまくいかない。ボナンザなど、全ての手を三手読むなどという、人間からみたら身も蓋もない方法をとっている。

ということで、コンピュータ囲碁プログラミングでも、非人間的な方法であることを意図したのかどうか分からないが、モンテカルロ木探索という方法が考案された。モンテカルロ法というのは、乱数を用いて、計算やシミュレーションする方法のことである。例えば、f(x,y,z) > 0のような三次元閉領域の体積を計算するのに、f(x,y,z) > 0を囲む直方体内部の点を多数、乱数で生成し、結果のf(x,y,z) > 0をみたす点の個数を数えたりする方法がある。

コンピュータ囲碁プログラミングにおけるモンテカルロ木探索というのは、ある局面で、コンピュータが乱数に従い、二人の仮想プレイヤーを演じて、終局まで打つのである。これは、この分野の用語で、プレイアウトと呼ぶ。すると、プレイアウトの局面でどちらかが勝っている。そこで、ある局面からプレイアウトを複数回実行すると、自ずと勝率が計算される。そこで、一番高いプレイアウトの勝率になる手を選ぶ、という次第である。

この素朴な方法は、原始モンテカルロ木探索と呼ばれ、次のような欠陥がある。すなわち、ハメ手定石などでは、ある正解を指されたら、こちらが少し悪くなるが、それ以外のどの手もすべて、相手が潰れてしまうような変化がある。こういう局面で、モンテカルロ木探索を適用すると、相手のほとんどの手は、潰れてしまうような変化に含まれることになり、従って、こういうハメ手のような手の評価が高くなってしまう。すなわち、原始モンテカルロ木探索だけでは、強いコンピュータ囲碁プログラミングを実現することはできない。

そこで、原始モンテカルロ木探索と、他の木探索を巧妙に組み合わせた、改良されたモンテカルロ木探索が提案された。現在最強と言われているCrazyStoneと、MoGoは、どちらも、この改良されたモンテカルロ木探索を採用している。

改良されたモンテカルロ木探索とはどのようなものかというと、最初は、原始モンテカルロ木探索と同様に各候補手でプレイアウトを行い、その結果のスコアを集計する。ここでのポイントは、有望と思われる点に多くのプレイアウトを割り当てることである。次のポイントは、各節点で、プレイアウトが行われた回数を記録し、その回数がある閾値を超えると、その手をさらに一手深く展開し、そこでプレイアウトを繰り返す。

このようなバリエーションを聞くと、原始モンテカルロ木探索と既存の方法を組み合わせるいろいろな未開の方法がまだ沢山ありそうである。ここで面白いのは、CrazyStoneの作者は最初、何目勝つか、ということをスコアにしていたそうである。しかし、それではなかなか勝てない。そこで、何目勝つかではなく、勝ちか負けかの1/0にしたら、飛躍的に勝率が伸びたそうである。このことは、実際の囲碁と同じであって、10目勝とうなんて目標にして打っている高段者はいない。半目でいいと思っているはずである。よって、囲碁のプロが、コンピュータ囲碁プログラミングの作者にアドバイスする余地は、沢山あると思われる。

今まで知られている改良として、UCT、すなわち、深めてさらにプレイアウトする基準のアルゴリズムの明確化や、探索木を成長させる方法の合理化、さらには、プレイアウトそのものの改善もある。プレイアウトとして、まるっきりのモンテカルロ法のランダム性に任せるのではなく、パターンの制約など、知恵をつけるのである。すると、プレイアウトでよりよい結果が出るというよりも、寧ろ、プレイアウトの速度改善になったりする。

こうしていまや、コンピュータ囲碁は、9路盤ではプロ棋士にほぼ拮抗するまでになった。では、19路盤ではどうかというと、星目で、プロ棋士に惜敗したという。すると、19路盤ではアマ初段程度か。まだまだ、コンピュータ将棋の域は遠い。

では、モンテカルロ木探索が、チェス/将棋に有効かというと、どうもそうではないようである。というのは、囲碁だと、乱数に従い石を埋めていくと、どこかで終局を判定することができる。チェス/将棋だと、例えば、飛車が行ったり来たりを繰り返すということがあり得るので、乱数に従い手を選ぶと、なかなか合理的に終局できない。

こうして、いまのところ、モンテカルロ木探索の応用範囲は、囲碁及びオセロのような有限手数ゲームのようである。

ともかく、コンピュータ囲碁プログラミングにおけるモンテカルロ木探索の応用は、あきらかにまだ飽和していない。とりあえず、アマ三段くらいまではそんなに大変ではないのではないかと思うのだが、楽観的にすぎるだろうか。

About 囲碁

ブログ「Commutative Weblog」のカテゴリ「囲碁」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは哲学です。

次のカテゴリは地理です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。