メイン

言語学 アーカイブ

2007年3月19日

言語の変遷

 最近、テレビを見ていて、少し驚いたことがある。それは、1950年代前半の、当時の吉田首相のインタビューなのだが、今、政治家が話しているのと、語彙や口調が全く同じなのである。世の中、ドッグイヤーなどと言って、とても変化がが激しいが、ああ、言語というのは保守的なのだ、と改めて感じた次第である。そういえば、私が好んで読む古典に、徒然草があるが、これは、約700年前に書かれたものらしいが、微妙なニュアンスで分からない点はあるものの、これは紛れも無く日本語であり、また、我々が受け継いでいる文化の源にきちんと含まれているものと感じることができる。
 言語よりももっと保守的なのは、遺伝子であろう。遺伝子が実質的に変化するには、何万年も要する。
 私が言いたいことは、あまりドッグイヤーなどと言って、軽佻浮薄を煽ってほしくない、ということである。目先の色や味付けを変えたくらいで、新しがったり、先進ぶったりしてはいけない。フェルマーの定理を見よ。偉大な数学者達の頭脳による、綿々たる琢磨をもってしても、300年もの時間がかかった。このように解ける問題は寧ろ運がいいのだろう。もっと悠久の時を想おうではないか。

2007年4月20日

現代ヘブライ語

 私は、ユダヤ人が世界中に離散した後も、共通の言語として、ヘブライ語が話されていたのかと思っていた。ところが、それは、会話の言語としては、一旦途絶したらしい。そうして、19世紀にロシアから移住してきたエリエゼル・ベン・イェフダーによってほとんど単独で、書き言葉としてしか残っていなかった古代ヘブライ語から、話し言葉として、復活させられた、ということであるが、これは、私にはほとんど奇跡のような気がする。というのは、そもそも、2000年以上も話されていなかったのだから、発音が分からない。また、そんなに長い間、実用の目的に使われていなかった訳だから、日常の語彙が補充されていない。
 それを、単独の人が、一気に巨大な隙間を埋めて、口語として甦らせたというのは、ありえないような気がする。私は、シナゴーグなどで、密かに話し継がれ、語彙も補充されてきた、としか思えない。私はヘブライ語なるものを知らないが、それは、少なくとも、エスペラントのように、学びやすさを考慮して構築された人口言語ではない。寧ろ、セム語族として、インドヨーロッパ語族の言語になじんだ人には、アラビア語のような絶海のような難しさを感じされるものである、と思われてならない。
 思慮の浅い憶測でいろいろ考えても生産的でないので、ヘブライ語復活のドラマを綴った書物を訪ねることにして、今は、一旦擱く。

言語の距離

 私は、広島県で生まれて、18歳までそこにいて、福岡県に移り住み、23歳で大阪に移り、26歳で東京に来て、今に至っている。それで、日本語の方言としては、ほぼ完璧(と自分では信じる)広島弁と、かなり片言の博多弁と、博多弁以上に片言の関西弁と、まあなんとか人並みと思う、標準語としての東京弁をしゃべれる。こういうのって、いかなる意味でも、多言語話者とは呼ばれないと思うけど、でも、素人目には、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語は、かなり近そうだ。文法や語彙がかなり似ているような気がする。これが、同じロマンス語といっても、フランス語やルーマニア語となると、少し毛色が違いそうであるが。
 現代の計量言語学で、例えば、標準語と関西弁の距離を計算し、また、スペイン語とポルトガル語の距離を計算する、という技法は確立していると信じる。しかし、日本の方言間の距離と、ヨーロッパ諸言語の距離を比較考量した論文がある、という話を聞いたことがない。私が知らないだけかもしれないが、しかし、もしないとしたら、日本の方言学者と、西欧言語学者が全く異なる学域に属し、交流がない、ということが原因であろう。
 ただ、思いつきであるが、日本の方言学につき、年代的に変遷を調べてゆく学問があるとしたら、きっと面白いだろう。時代を遡っていくと、日本語のオリジンが1つでないことが分かるかもしれない。そうして、今の日本語が、複数の言語の交配したものである、ということが分かるかもしれないからである。あれっ、それは、既に通説かもしれない。すなわち、日本語は、朝鮮半島から渡ってきた、アルタイ祖語と、インドから来た、タミル語、ドラヴィダ語と、ポリネシアから来た祖語の合いの子だというものである。
 

2007年5月23日

フィンランド語

 私は、フィンランドという国をほとんど知らない。フィンランド語というのも、もちろん知らなくて、おそらく、デンマーク語、ノルウェー語とあまり違わないのだろう、語族としては、ドイツ語のようなアングロサクソン語族なのかも、と思う。
 なぜ唐突にそのようなことを書くかというと、ある信頼できる友人が、フィンランド語は、日本語に似ていると聞いた、というからである。
 ええっ?と私は困惑してしまった。私の限られた言語学の知識をどう捻っても、その結論は出てこないからである。
 ただ、フィンランドには面白い名前の人がいる、とは思ったことがある。例えば、冬季オリンピックの大回転かなにかの金メダリストだった、アホネン。日本人だったら、どうしても、この名前を読み上げるとき、笑いをかみ殺してしまうのではないだろうか。また、同様にニッカネンという人もいた。「ニッカネンさん、練習に精が出ますね。」「ええ、日課ねん。」という寒いギャグを自分で考え、あまりに寒いので、誰にも話せず、いまこうして書いている。
 ところが、上記友人の知り合いにフィンランド人の人がいて、その人の姓が、やはりアホネンだという。すると、アホネンは、フィンランドでは、日本でいう、田中や鈴木のようなものなのだろうか。あんたもアホネン、うちかて、アホネン。また、その友人によると、フィンランド人の知り合いで、男性で、ミカという名前の人がいるそうで、とても性別が困惑するそうである。
 で、やっと意味が分かった。フィンランド語は、日本語に似ている、というのは、フィンランド語で、日本人がつい別の意味があるように聞いてしまう単語が結構ある、ということだと。
 ただ、そういうことだと、ドイツには、スケヴェニンゲンという地名がある。
 また、アメリカ合衆国には、オハイオという州があり、それは、日本語の「おはよう」と発音が似ているので、日本語と英語は、同じルーツである、という主張を、ニューヨーク州立大学教授とかいうちゃんとした肩書きの人の本で読んだことがある。
 さらに、イエス・キリストは、ユダヤ人の迫害を逃れて、日本の津軽にやってきて、そこにイエス・キリストの墓があるとか、源義経は、平泉で、難を逃れて、大陸に渡り、そこでジンギス・カンになったとか、いろいろな話がわっと、押しかけてきた。
 だんだん収集がつかなくなったので、きちんと言語学の語源の本を読んで、フィンランド語について調べて、また、稿を新たにすることにする。

2007年5月24日

言語の冗長性

 分かりきっていることを、改めて書く。英文雑誌を読んでいて、"heinous"という単語に行き当たった。見たこともない単語なので、辞書を引くと、「憎むべき」とか「凶悪な」とかの意味がある。そこでふと思ったのは、例えば、"malicious"という単語とのニュアンスの違いは何なのだろう、ということである。きっと、Oxford English Disctionaryで語源を確かめると、その微妙なニュアンスの違いが分かるのかもしれないし、結局、分からないかもしれない(私の能力とバックグラウンドだと、後者の可能性が高い)。
 何が言いたいかというと、言語は、1つの意味を表すのに、ほとんどニュアンスの違いの分からない複数の単語・表現の冗長性に満ちている、ということである。この冗長性であるが、次のような特質をもつ。
 先ず、人間の精神が本質的に、冗長性を好む、ということがある。表現の多様性を作り出す性質がある、と言い換えてもよい。例えば、英語で、「美しい」という意味を表現するのに、beautifulという単語しかないとすると、どんなにか、おぞましいであろう。
 次に、例えば、「おぞましい」という意味に対応する複数の単語が英語である、としたとき、その微妙に差異を際立たせる役割は、1つのには語源学者、さらに1つには、文学者、詩人あるいは小説家に委ねられる。語源学者は、ギリシャ語やラテン語に立ち返って、その差異を説明するであろう。文学者、詩人あるいは小説家は、語源学者の成果を取り入れ、あるいは無視してその本人の直感または感性に基づき、書いている詩や小説の一節の文脈における単語の適合性を選択するであろう。さらに、評論家は、その単語選択を妥当性を論じるであろう。こうして、一見差異の分からない微妙な違いを論じて理解するのが、文化の重要な1つの側面となる。
 表現の冗長性は、次のような役割をも、もつ。例えば、大学に入学したとき、教養の英語の授業で、英作文の課題があった。それで、「雨が降り止んだ。」という課題に、私がたまたま、"It has ceased to rain."と書いたら、教授にえらく褒められた記憶がある。ceaseという単語が格調が高いのだという。私は、そんな深い意図はなく、他の人の違う単語を使ってみたかっただけであった。ただ、その後の私の英作文は、教授に一顧だにされなかったので、ビギナーズ・ラッキーの類であったようだ。要するに、みんなが使わない単語を仕入れて、わざと使う、というのは、見栄というかペダントリーとしては、結構有効である、ということになる(その後の文章が貧しいと、すぐにメッキが剥がれてしまうが)。
 更に述べると、このような冗長性は、なにも単語に限らない。宗教、コンピュータ言語などに共通である。例えば、仏教1つをとってみても、驚くほどの沢山の宗派があって、その違いを、専門家でない人が理解するのは困難であろう。コンピュータ言語にしても、C++やJavaというそれなりに完成された言語があるのに、わざわざ、C#などというのを考える人(馬鹿とはいわないが)が、いる。
 で、全然結論になっていないが、そのように冗長度を高めていって、その間の微妙な差異を楽しみ(あるいは、苦しみ)、やっていくのが、人間文化の動力学、ということなのであった。長々と書いたが、結局、意味のあることは何も論じていないようである。

2007年5月25日

フィンランド語(続き)

 フィンランド語について、もう少し調べてみたところ、私の理解に間違いがあったので、訂正する。まず、隣接しているからといって、フィンランド語は、スウェーデン語や、デンマーク語と同系統ではなかった。すなわち、スウェーデン語や、デンマーク語は、英語、ドイツ語、オランダ語のようなゲルマン語の系列であるのに、フィンランド語は、ウラル語族で、寧ろ、ヨーロッパで(バスク語ほどではないにしても)異端とされている、ハンガリー語と、同系統なのだという。
 ウラル語族の上位概念に、ウラル・アルタイ語族があり、アルタイ語の方に、トルコ語、モンゴル語、朝鮮語、日本語と連なる。
 すると、フィンランド語と日本語は、ある人の配偶者の実家の本家の分家の次男の娘と、ある人との関係くらい、近い関係にある、ということになる。ううん、なるほど。ともかく、フィンランド語が、インド・ヨーロッパ語族という誤解は解いておく必要がある。
 西欧史って全然詳しくないけど、ハンガリー語やフィンランド語というのはきっと、とても恐れられた、アッチラという残忍な首領を長とする、フン族のヨーロッパ侵略の結果、ヨーロッパで話されるようになったのではなかったろうか。これも、今度調べておくことにする。

2007年6月21日

ヒサノ・ヤマザキ

 米軍向けのラジオ放送である、AFNを聴いていると、ときどき、ヒサノ・ヤマザキという、日本人女性がしゃべっている。例えば、"What's happening outside the gate ?"と称して、今日は、渋谷でこういう催し物がありますよ、という内容を話すのであるが、ちょっと苦笑するのが、結局、発音が日本人英語なのである。また、ときどき、ヒサノ・ヤマザキが米国人としゃべっているシーンもあって、とりあえず通じている。私の経験では、とりあえず通じる、というところまで努力するのは結構大変なのであるけれども、ヒサノ・ヤマザキが、微妙な発言で誤解されたり、言いよどんでいたりするのを聞くと、ああ、僕とあんまり違わないじゃないか、と思ってしまう。こういう言い方は、傲慢に聞こえるかもしれないが、外資系企業に勤めていて、英語の達人が沢山いるはずの社内をみても、同様の感想を抱く。すなわち、結局、ヒサノ・ヤマザキのレベルではないか、と。
 それでも、だいたいがTOEIC900点超だったりして、英会話初心者からすると、凄いということなのかもしれないが、そういう人もみんな、とりあえが通じるレベルで満足してしまっている。
 私は何が言いたいかというと、ときどき、シンガポール人、香港人が話すのを聞いていて、それはもうレベルが違うからである。どうしてそういうレベルまで努力する人が日本人でいないか、というと、TOEIC900点超程度で、日本にいたら、だいたいアメリカ人ととりあえず話せるし、まわりから英語が出来る、と煽てられて、いい気になれる。そのようなとき、どうして語彙をさらに増やしてTIMEがすらすら読めるようになろう、とか、もう少しネイティブに近い発音と言い回しを身に着けようとか、努力するインセンティブが沸くだろうか。
 で、私の英語のレベルと普段の不勉強を完全に棚に上げていうと、たかだかTOEIC900点超程度で、英語ができるなんてプライドをもってほしくないし、プライドをもつなら、さらに努力して相応の実務レベルを目指す人がもっといてほしい、ということである。でも、ヒサノ・ヤマザキの英語をもう5年くらい前から聞いているけど、全然上達していないように思われる。米軍の人と付き合うという環境にあっても、である。だから、私の言うことは、暴論に近いくらい無理なことなのかもしれない。
 

2007年11月21日

オノマトペ

 オノマトペとは、擬音語、擬態語のことで、日本語でいう、ドンドンや、ブンブンなどである。
 私の知る限り、韓国語にもオノマトペはある。ただ、日本語ほど自由に作れるだろうか。あまり調べもしないで勝手に、日本語のオノマトペが一番豊富で、自由だと思っている。
 オノマトペの便利なところは、なんとなく意味を伝えられることである。「どんどん、いこうぜ。」「ぐんぐん、伸びるよ。」「おなか、ペコペコ」など、日本人なら、しっくりくる。また、適当に即興で作れて、なんとなく意味を通じさせることができる。例えば、グアンブ、グアンブ、うなりながら進む、などである。
 欠点は、まず外国語に訳せない。例えば、「車のエンジンがおかしくて、シュンシュン音を立てていた、」というのを正確に英語にすることは無理で、「エンジンが静かに降る雨のような音を立てていた。」のような言い方を英語でするよりない。これは、ニュアンスが違うこと、甚だしい。もし普通の日本の小説を、英語に訳そうとしたら、こういう場面は沢山出てくるはずで、すると、よい訳になるかどうか、翻訳者の力量に負うところが大きすぎる。だから、よく言われているように、川端康成や大江健三郎がノーベル文学賞をもらった、と言っても、だれの貢献なのか、ということになる。
 別の欠点は、なんとなく読む人が分かった気になるけど、実はあまりにも感覚的、ということがある。例えば、ぺけぺけと勉強する、というと、何となく読み過ごしてしまうが、意味は結構不明だったりする。
 さて、どうしてオノマトペが日本語と韓国語にあるのだろうか、というのは、きっと、言語学でも難問なのではないだろうか。ウラル・アルタイ語にはある、というなら分かる。しかし、どうもモンゴル語には、ないようである。もし内陸地帯の言語にはなく、日本や韓国にあるとしたら、海からの由来、ということで、南方諸語の影響ということが考えられる。なぜなら、ハワイのカメカメハみたいな言い方は、なんとなくオノマトペを想像させるからである。
 すると、韓国語にはもともと、オノマトペはなく、日本語に、南方諸語からオノマトペが入ってきて、それが韓国にも伝わった、と考えるのが自然ではないだろうか。それで書きながらふと思った。こういう分野って、絶対精緻な研究があるよね、と。それで、そういう研究者からみたら、きっと、支離滅裂な馬鹿馬鹿しい議論をしてしまったに違いない。あ、そういえば、小島よしおの「オッパッピ」というのも、オノマトペなのだろうか、さて、その定義さえ、おぼつかないのであった。

2007年12月 8日

メディカルコミュニケータ

 1年くらい前に、米国人の知り合いが仕事で日本に出張に来た。こちらで、ある研修の講師をするためである。ところが、ある日、午前中の教育が終わったとき、back painだという、ははあ、腰が痛いのだな、と思った。流石に私もそれくらいは、分かる。それで、薬はあるか、と聞くが、幸い、社内であって、健康管理室がそばにあるので、連れていった。そこで、彼は英語でいろいろと症状を訴えるのだが、私は、どこかが痛いくらいしか分からない。彼とは、仕事の話をしたり日常的な話だったら、そんなに苦労しないのに、悲しいほどに彼の言う症状などが理解できないのである。受付にいる看護師も困っている。
 すると、奥から、女医のA先生が出てきた。私も、ときどき健康相談で話している。どうしたの、と事情を聞いてすぐ、知り合いの米国人と英語で話しはじめた。もちろんネイティブのような発音ではないが、何の苦もなく医事英語を操り、わずか3分で話がつき、適宜薬を処方した。
 それで、普段英会話で苦労している私はいたく感心した。そもそも、医者だから医事英語が誰でもしゃべれる、と思ったら大間違いである。その先生は、大学を出て、1年くらいアメリカの大学に留学していたそうで、だからしゃべれるのである。その辺の町医者の所に、日本語が分からない外国人が来たら、きっととても困るだろう(双方ともである)。
 そういえば、私よりもはるかに英語ができる会社の同僚も言っていた。家族で米国に赴任していたとき、まだ小さい子供が突然熱を出した。そこで、急遽、近所の救急病院に車で連れていったはいいが、悲しいほどに英語で状況が説明できないで困った、と。
 このようなことから、医療専門の通訳、という仕事があってもいいと思われるだろう。実際、そういう職業もあって、メディカルコミュニケータという。要するに、医事英語の専門家であるが、内容は、医学書の編集、医学論文の翻訳や校閲、国際学会での通訳、病院での患者との通訳、患者用の教材作成、など多岐に亘る。特に、患者と医者の間の通訳をする場合、通訳ミスが場合によっては命取りになることがあることが理解できるだろう。しかし、生憎、メディカルコミュニケータの専門機関は日本にはない。よって、比較的英語の得意な医師が独学で修める場合がほとんであるようだ。というのは、英語が得意な逆に医学を学ぶ方が大変だからである。
 そういえば、ちょっと脇道にそれるが、近松門左衛門の伝記を読んでいたら、こんな記述があった。近松門左衛門には優秀な弟がいて、沢山の医学書を書き、巷間で評判だったという。その弟は、兄がなにやら、あまり上品ではないストーリーの世話話を書くのをこころよく思わず、兄を馬鹿にする発言をした、という。すると、兄は、「わしの書く話が少々嘘八百でも、誰も 困りゃあせんが、お前の本に嘘があったら、命に関わろう。」と応じた。それを聞いて、弟は、医学書を書かなくなったという。それはともかく、その弟は、江戸時代のメディカルコミュニケータであった、という次第であろう。

2008年2月 9日

アルファベット略語

 最近、アルファベット略語が流行っているようで、その代表的なのが、空気読めない=KYで、もう少し有名でないが知られているのが、女子高生=JKくらいであろうか。ところが、調べてみると、これで尽きている訳ではないが、下記のようなのも使われているらしい。
 で、ざっと眺めていると、アルファベット略語に認定?されるのは、相当恣意的である、ということである。もっと言うと、何でそんなのが?である。例えば、「MHZ:まさかの匍匐前進」など、どういう状況で使うのだろうか。軍隊か?と突っ込みを入れたい。
 これに関して、思い出すのは、昔所属していた大学のサークルの将棋部である。そこでは、仲間内で、妙な隠語が徘徊し、その隠語の意味をたちどころに理解できるかどうかが、仲間であるかどうかの分かれ目であった。ところが、そのような隠語は、流行り廃りが激しくて、ちょっと部室に顔を出さないとついていけなくなったりした。それで、下記のアルファベット略語も、そういう類かも、と類推した次第である。
 そこで、疑問は、コンピュータ・サイエンスで言うところの、ハッシュ衝突をどう回避するか、ということである。ここで、ハッシュというのは、ある文字列を、それよりも短い文字列に割り当てる関数操作をいう。そして、ハッシュ衝突とは、異なる元文字列が、ハッシュ関数によって、同一の文字列に割当られてしまう、ということである。例えば、KY=空気読めない、は、KY=今度ともよろしく、であってもいい訳である。いろいろな人が独立にアルファベット略語を考えていると、そういうハッシュ衝突は頻繁に起こっているはずであるが、下記のように単一の対応が形成される、というのは、調整機構が存在することになる。それは、私は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)ではないか、と推察する。そういうコミュニティで、様々なアルファベット略語が試行され、多くのものは棄却され、あるものは生き残る。例えば、次のような会話はありえる。「ええっ、それってCMだね。」「CM? ああ、超むかつく、ってこと?」「うん」もちろん、CMに、「ちょっと待ってよ」を割り当てる人もいるだろう。だから、もし「CM=超むかつく」が、「CM=ちょっと待ってよ」を凌駕して生き残るとしたら、そこに選択基準が存在することになる。
 それは、どんな基準であろうか。私なりに考えてみた。
1.現代の流行語を取り込んでいること。「空気読めない」は、まさにそうである。「CM=超むかつく」と「CM=ちょっと待ってよ」では、前者は、「超」という流行語を含んでいるが故に、前者が生き残る可能性が高い。
2.より感情がこもっていること。「CM=超むかつく」と「CM=ちょっと待ってよ」では、明らかに、前者の方が感情がこもっている。
3.意外性があること。ABMというのがあったとして、「アホ、馬鹿、間抜け」では、意外性がない。しかし、これが、「あの、僕、マジなんですけど」だと、えっ、そうなの?となって、より意外性がある。
 これだけで説明が尽くされているとは思わないが、このような仕組みで収束したアルファベット略語は、SNSから漏れ出して、一般の非囲い込みネット・ソサエティに流れていく。そこで、アルファベット略語は、クラウドソーシングまたは、ウイキノミックスのような仕組みで再び、適者生存の競争にさらされ、更なる彫琢を受ける。
 では、人は何ゆえに、会話を不明瞭にしかねないアルファベット略語を使うのか。これはもう明らかで、内輪性、世代性、同時代性を確認するためである。仲間同士で、あまり一般的でないアルファベット略語を使い、それが無前提で通用すると、ああ、仲間だと、お互い安心する。そういう心理的機構として、アルファベット略語は存在する。だから、若者は、中年のおじさんが、慣れないアルファベット略語を使うことをとても嫌う。というのは、どんなことをしても仲間と認めたくない、中年のおじさんが、仲間に入れてよ、と擦り寄って来ているような気がして、虫酸が走り、単に無視したくなるのである。そういうとき一番感じるのが、KYなのだろう。



 KY:空気読めない
 AM:後でまたね
 ATM:アホな父ちゃんもういらへん
 CB:超微妙
 DD:誰でも大好き
 DK:大事なところでかむ
 FK:ファンデ濃い
 GMM:偶然街で会った元カレ
 HD:ヒマだから電話する
 HT:話ついて行けない
 IT:アイス食べたい
 IW:意味わかんない
 JK:女子高生
 KD:高校デビュー
 KZ:絡みづらい
 3M:マジでもう無理
 MHZ:まさかの匍匐前進
 MK5:マジキレる5秒前
 MM:マジムカつく
 MMK:モテてモテて困っちゃう
 ND:人間としてどうよ
 ODD:お前、大学どうする
 NW:ノリ悪い
 PK:パンツ食い込む
 PSI:パンツにシャツイン
 QBK:急にボールが来たので
 TD:テンションダウン
 TK:とんだ勘違い
 WH:話題変更

2008年2月29日

スポーツ選手と語学

 今朝テレビを見ていると、ゴルフの宮里藍が英語でインタビューされて、答えていたが、あまりにも英語がうまいので、驚いた。私は、外資系の会社にいて、自分のしゃべりはともかくとして、英語のうまい日本人は沢山しっている。そういう耳が肥えた私でも、感心した次第である。
 また、卓球の福原愛の中国語の発音がいいことも定評がある。さらに、先日、このブログで触れたが、アマレスの選手であり国会議員でもある松浪健四郎は、アフガニスタンの現地語である、バシュトン語を流暢にしゃべれる。
 こういうのを見ると、語学の会話能力と、運動神経には、正の相関があるのではないか、と思ってしまう。もしかして、脳の中の近い箇所ではあるまいか。
 私は、いうまでもなく、運動がとても苦手であるが、実際、社内の英会話の教室に通ったときに、講師のアメリカ人から、あなたは難しい単語を結構知っているのに、その知識を会話でうまく活用できていない、と言われた。あまりに下手でかわいそうと思ったか、知識はあるようだから、ポテンシャルは買う、とフォローされた。しかし、最低限のレベルまでしゃべれるようになるまで、5年もかかってしまった。
 ただ、語学において、会話力と、読解力及び英作文力とは違うようである。だから、スポーツ選手で、英語が流暢にしゃべれるから、といって、すらすらと立派な英語が書けたり、どんどん英語が読めるとは限らない。
 逆に、ある有名な翻訳家が、自分はほとんど英会話ができません、と告白していた。ただ、目に見える能力として、とりあえず会話の方がわかりやすいとはいえるし、海外旅行でも、とっさに必要なのは会話であることはまちがいない。

2008年3月26日

カタカナ発音

 例によって本屋に行ってみると、カタカナ発音の本があった。結構、よくあるタイプの英会話本である。カタカナ発音といっても、This is a pen.を、ディス・イズ・ア・ペンと発音しなさい、というものではない。例えば、ディザペン、というように、カタカナを読むと、ネイティブっぽく聞こえる言い方である。
 ところが、この本の著者をみて、ああっと思った。池谷裕二という、気鋭の若手の脳科学者が書いた本なのである。彼が、こんなハウツーみたいな本を書くとは、と思って捲ってみると、次のような例があった:
 We had a lot of snow → ウィアダラーラスノウ
 That is not what I meant. → ダーツナーッワライメンッ

 こういう例をみると、英会話にあまり馴染みのない人は、冗談と思うかもしれない。でも、私の限られた経験でも、結構有効なのである。例えば、米国出張のとき、友人数人とレストランに行った。友人といっても、私は一人で出張に行くのが原則なので、他のメンバーはみんなネイティブの英語話者である。で、飲み物は何にしますか。と聞かれて、他の人はレモネードとかいろいろ言っているところ、私は、若干の勇気を出して、ワラと言った。本当に、藁葺き屋根の、藁の発音をした。すると、ちゃんと水が出てきた。というのは、いままで、ウォータと、日本流に発音して通じなかったことが何度もあったからである。
 waterよりも仕事で日常的に使う単語に、localがある。これ、間違っても、ローカルと発音してはいけない。日本人英語に慣れた人にしか通じない。これは、断じて、ローコゥである。これで通じなかったことはない。
 いちいち挙げるときりがないが、あと、motor cycle。これは、モータ・サイクルではなくて、モーラ・サイコゥである。これによって、末尾のLが、小さい「ゥ」になる、という法則が分かる。
 だから、池谷氏が、アメリカに行って苦労して、カタカナ発音の方法を編み出した、というのは、とても実感できる。ただ、問題があって、知らない状況で知らない単語の列だと、たちまち馬脚をあらわすのである。
 すなわち、私が上記カタカナ発音を駆使してしゃべっていると、「おお、お前、日本人にしては発音いいじゃん。」みたいに褒められた。ところがである。どんどん話して日常の細々したことに話題が及ぶともういけない。語彙や会話についていけなくなって、段々、ディス・イズ・ア・ペン式の日本人発音になってしまった。それで、友人は、私との会話に興味をなくして行ってしまった。付け焼刃は、やっぱり駄目である。
 カタカナ発音とは少し離れるが、米国人と会話していて、会話はやっぱり内容だよね、とよく痛感する。というのは、男性の既婚の米国人に私はよく、「奥さん、怖い?」とか、「何回くらい離婚しようと思った?」という話題を振ると、これがまあ、会話が弾むこと。話したい内容があると、英語はなんとかなる。赤ん坊が語学を速やかにマスターする理由の1つがこれであって、お母さんと密接な関係で話したい、という気持ちがとても大きいと思う。これは、学校英語が進歩しない、という逆の理由にもなっている。

2008年5月31日

英語バカ

友人から紹介されて、勢古浩爾の「目にあまる英語バカ」を読んでみたが、実に面白い、というか痛快である。ただ、ある意味、私が普段考えていることとあまり違わないので、わざわざ読むほどのこともなかったかも、という意味では、つまらない。しかし、私の英語バカに対する概念は、ここまではきちんと整理されていないので、そういう意味では、理論武装にはいいかもしれない。理論武装してどうする、という意見もあるが。

この本がまずいいたいことは、なにかしらないが、英語がぺらぺらとしゃべれることがかっこいい、女にもてるとか、ミーハーな気分になることがバカだ、ということで、全く異論がない。しかし、そういう馬鹿さから逃れられる人がほとんどいないことも事実である。例えば、私が高校の頃、ギターを弾いてフォークソングを歌うのが流行った。戦争のことなどろくに知らないのに、反戦歌を歌って、進歩人をきどった。そうすると、異性にもてると勘違いする輩がひきもきらなかった。私がそうしなかったのは、ミーハーでなかったのではなく、単に貧乏でギターが買えなかっただけである。

英語に戻ると、確かに、新婚旅行などで海外にいって、ちょっとしゃべれると、頼りになると、配偶者から喜ばれることはあるかもしれない。しかし、How much ?に毛がはえた程度のことを言ってどうする。

あと、英語バカがわれわれの白人コンプレックスに根ざすことを筆者は指摘するが、まさに同感である。自分自身を省みても、それは否定できない。なんのかんのといっても、私は米国外資系企業に勤め、いまだに、それを誇りに思っていたりする。ミーハーである。流石に、ミーハーであってなにが悪いとまで開き直ることはないが。

筆者はさらに、小学校など低学年での英語教育の妥当性を疑う。これについては、私も繰り返しブログにコメントしたので、省略する。

また、筆者は、繰り返し新手の英語勉強法に手を出すのは無駄と指摘するが、これに対しては私は、急に赤面して黙りこくってしまう。なぜなら、時間と費用を投資して試してみて無駄だった英語勉強法が、私の後ろに死屍累々だからである。でも、流石に、オーソン・ウェルズのイングリッシュ・アドベンチャーは試さなかっくてよかったと思う。ほとんど申し込み寸前だった。

筆者の指摘で、目からうろこだったのは、中学・高校・大学と10年も英語を勉強してなぜしゃべれないのか、というと、要するに、10年間まともに勉強していないだけだ、という正論である。実際、多くの人は仕方なく授業に出て、予習も復習もしないだろう。それでは効果がある訳がない。

そもそも、ほとんどの日本人には英語は不要である、というのも、改めて認識しておくべきことである。例えば、中小企業で、旋盤加工やっている技工者の人にどうして英語が必要か。海外から旋盤加工の指導者がやってくるか。海外に製品を売りつけるか。もしそうだとしても、誰か通訳のような人がいればよい。もっと典型的な例をあげよう。私が勤務する会社は、米国外資系企業なので、日本に本社がある多くの企業よりも英語スキルの依存度は高い。当然である。しかし、それでも、日常的に英語が必須か、必ずしもというとそうでもない。例えば、普通に日本のお客さんのところに営業に行く担当者には、英語はほとんど必要ない、それよりも、交渉スキル、製品知識、体力、気遣い、酒が呑めること?の方がよっほど重要である。しかし、時代の流れか、英語のスキルがある程度ないと昇進できない、というようになったきた。それに抗う者は、グローバル・スタンダードに反するなどと、白い目でみられる。

しかし、なによりも英語のスキルが重要視されるのは、英語の教師か、英語で切った張ったの交渉をしなくてはならない海外向け法務や営業の人たちだけではないだろうか。それよりも普段の会社生活では、発想力、気遣い、経理知識、ITリテラシー、コンブライアンスの知識の方がよほど重要である。もし昇進に英語のスキルを重視しすぎると、実務がよくわからなかったり、他人の対して気遣いできなかったり、コスト感覚がないが、とりあえず英語だけできるような人々が会社の幹部を占めるようになる。それがどんだけまずいか、想像するに、大した想像力はいらないのではあるまいか。

もっと言うと、その英語のスキルの指標は結局は、TOEICであって、なにかしらクイズのような設問に答えて、マークシートを埋めるだけである。大学入試というならまだしも、切った張ったの会社実務で、あのような反射神経みたいなテストで意味があるのだろうか。少なくとも、会社で沢山の電子メールを英語で読み書きし、ときどきは日本に来る外国人と英語で会話し、ということでなんとか実務をまわしている私にとって、ああいうのではなくて、まだしも面接したり、作文させたり、みたいなテストであってほしいと願う。もっと言うなら、とりあえず支障なく英語で実務ができているので、TOEICの点数なんかどうだっていいじゃん、ということである(おっと、このあたりルサンチマン)。

勢古氏の話に戻って、英語を本気でマスターするには、王道はなく、地道に時間をかけて努力するよりない、というのは経験的にも至極同感である。私程度の半端なスキルに達するにも、本当に膨大な時間がかかった。インターネットがあり、テレビやラジオもあるので、お金はあまりかけないでもいいと思う。しかし、ともかく時間はかかる。よほどのインセンティブと必然性がなければ、まず挫折する。数千人の一人の語学の才能があればともかく。

で、結論だが、世の中には英語以外にも必要なスキルはゴマンとある。英語以外に必要なスキルを発揮して世の中に貢献してほしい人材もゴマンといる。そういう人が無駄に英語で努力して、本来のスキルが翳るのは困る。黙っていたってミーハーな理由で、功利的な理由で、あるいは純粋に好きで、英語やりたい人に困ることはないのだから、これ以上、余計なプレッシャかけて煽らないで戴きたいのである。

2008年6月 7日

ローマ字表記

外国人、特に米国人と付き合っていると、どうしても、日本語の名前などをローマ字表記せざるを得ない。特に、コンファレンスなどで、最初にしゃべるならいいが、ネームプレートの名前を見て、米国の人が発音するときは、なかなか所望の名前で呼んでもらえない。

例えば、「栄子」というのは典型的な女性の名前の一つで、Eikoとローマ字表記するが、これは間違いなく、アイコと呼ばれる。エイコと呼んでもらうためには寧ろ、Aikoと表記すべきで、ここで逆転現象が生じるのが面白い。

あと、ニコンという日本の会社があって、Nikonとローマ字表記されるが、これはナイコンと発音される。だから、こちらは、米国人に対して、先回りして、ニコンのことをナイコンと呼んで、正しく会話が成立する。外資系企業で、ニコンをナイコンと呼べるかどうかが、ほとんど出世の分かれ目と言っていい。まあ、冗談だが。

その関連で、今月号の雑誌アルクに、アーサー・ビナートという人が書いている記事によると、銀座の有名な焼き鳥屋、「鳥銀」は、ローマ字表記で、TORIGINであるが、どうしてもこれは、トリジンとしか読めないそうである。

もっと妙なのは、大内歯科医院の英語表記で、Ouchi Dental ClinicのOuchiが、英語で、「痛っ!」の意味で、米国人はこういう表記の歯科医院に入るのにとてもためらうのだそうである。

ビナートがさらに指摘しているのは、http://www.oup.comというURL。これは由緒正しい、Oxford University PressのURLであるが、ビナートには、oupが、英語のoops(おっと、しまった!)を連想させ、由緒ある出版社なのにミスプリが多いのか、と思ってしまうそうである。

逆に日本人として、私がちょっと、と思う例を1つだけ挙げる。医薬品の一流会社で、グラクソ・スミスクラインという会社がある。この「グラクソ」というのを聞くたびに、ええっ、医薬品の会社なのに・・と思ってしまう。日本では別の名前を使った方がいいのではないか、と。なんで?なんて野暮なことは聞かないでほしい。

2008年6月10日

学校で教えない英語

私は一応理系頭のつもりだが、中学・高校と、一番得意な科目は英語だった。今は英語の達人がひしめく外資系にいるので、この組織で英語が得意な方に属するなんて無理だが、でも、必死の努力をしたせいで、かろうじて、英語で仕事をなんとかこなす程度にはなっていると思う。

それで、特に今の会社の部門で技術翻訳など担当してきて思ったのは、中学・高校で習った文法や表現は、実はとても役に立つということである。今、軽薄な挨拶みたいな会話が小学校で教えられているようであるが、とりあえず馴染むにはいいとしても、実用性を求めるなら却って、がっつり文法をやるべし、と改めて思う。それが非ネイティブが、込み入った思想を英語で表現できるようになる唯一の道である。金髪の女性は口説けないかもしれないが。

それで、実用的に英語を使っていて感じたのは、いくつかのキーの表現が学校で教えられていない、ということである。特に難解な言い方ではないので、なぜなのか怪訝である。いくつかの例を挙げよう。


まず、"police patrolled area"という言い方。要するに、警察警備地域、とでも訳すのだろうか。より具体的には、警察が警備する地域、あるいは警察によって警備される地域と訳してもよいが、語順が日本語と同じなので、下手をすると、日本語英語と勘違いされるおそれがある。しかし、正当でひきしまった英語なのである。

それと類似するが、"silicon rich layer"という表現。シリコンが豊富な層、という意味で、いかにも技術英語であるが、literature rich peopleで、文学の素養が深い人達、という言い方もできる(はずである)。

また、前置詞+動名詞構文で、It was created by putting some ingredients into the solventのような言い方を、技術英語ではよく用いる。by ...ingは、・・・「することによって」であって、これも下手すると、日本語英語と勘違いされるおそれがあるが、タイム誌などでも頻用される格調高い英語である。

最後に、後置動名詞構文。The troops arrived in Bagdad, resulting in outrage of insurgents. のresult ing in以下がそうである。これによって、引き締まったとてもいい英語になるのだが、少なくとも中学・高校では多分教えられていないし、よって、入試にも出ないと思う。

面白いのは、上記のような表現は、英文を読む分には、すぐ馴染んで理解できるようになるが、自分で書くとなると、なかなか中高の枠から出ることがでない。そのため、英作文のステップアップのため私がとった方法は、Aというネイティブから来た表現をメモしておいて、Bというネイティブに出すとき、ほとんど主語述語だけとりかえて、メールを書くようにしたことである。それでも、微妙に語法の違いでしっくりこないことがあったが、そういう失敗をしないで上達はありえない。こうして、幾星霜をへて、仕事で最低限、英語で伝えたいことが書けるレベルになった次第である。

2008年6月21日

TOEICの結果

約一ヶ月前に受けたTOEICの結果がやっと送られてきた。苦手だったリスニングが望外に出来たようか気がした一方で、リーディングはいまいちで、さてどうだか、でももしかして、800点の大台を超えたか、と取らぬ狸をやっていたら、700点台の真ん中を少し超えただけだった。

ただ、会社の基準はかろうじてクリアしたので、やっと、「TOEICなんて、もう死んでも受けるもんか」と突っ張ることが可能になったかもしれない。

結果の配点をみてがっかり。あれほど望外に出来たと思っていたリスニングが330しかなく、逆に、駄目かも思っていたリーディングが、9割以上できていた。TOEIC用の対策は全くしておらず、単に英語の雑誌を普通に読んでいるだけ、という現状からすると、リーディングが高く、リスニングが低いというのは順当で、その点のTOEICの妥当性は否定できない。

ただ、13年前から45点しかスコアが上がっておらず、一方で、この13年間で膨大な努力をしてかなり英語力の厚みを蓄えたことに鑑みると、どうもTOEICというのは、囲碁でいうところの厚みを勘案せず、その時点の確定地だけを数えているようなものなのではないか、と思われる。

例えば、13年前からみて実質的に上達したのは英会話力である。それも、こちらからしゃべり、あるいは米国人だけの中に混じってプレゼンするような能力であったり、レストランにいって世間話するような能力である。こういう能力はどうも、TOEICで測るのは難しいのではないかと思われる。

一方で、TOEIC対策勉強に集中して、800点代とか900点代をとる若者がいたら、私の点数では、入社試験などでは対抗できない。最近ある人と特許翻訳の仕事の話をしていて、うちは翻訳者がTOEICが900以上でないと、仕事は出さないのです、と言っていたが、おいおい違うだろと思いつつ、口をつぐんでしまった。

ということで、たかがTOEIC、されどTOEICなのであった。

2008年6月29日

心の会話

なんどもしつこいTOEICネタであるが、TOEICの点数を登録するために人事の担当者に連絡したところ、13年前のTOEICつきの履歴を送ってくれた。それと比較して愕然としたのは、今回、リーディングが望外にできたようでも、実は、リーディングの点数は、13年前とほとんど同じだった、ということである。今回、前回よりも少しスコアが上がったのは、リスニングのところで40点増えた、ということであった。

それで考え直してみたら、確かに、リーディングの力は13年前で既に飽和していたかもしれない。一方、リスニングが40点増えた、というのも、この13年間で会話、特にFENなどを聴くことに膨大な時間を費やしたので、聞き取り力が上がらなければ嘘である、ともいえる。

それにしても、たった40点なのか、と残念なのは、この13年間で実質的に上達したのは、USのネイティブの人と一対一で親密に心を通じて会話する能力であるからである。多少言いすぎかもしれないが、相性のよくない日本人よりも、早口で聞き取りにくくても相性のよい米国人の方がよっぽど会話がスムーズで意思疎通ができる、と、かなり自信をもって言える。

それと、たった40点のTOEICのリスニングの点数の伸びということに基づいて、次のような仮説を立ててみた。すなわち、会話には、表層会話の部分と、深層会話の部分がある、ということである。

表層会話とは文字通り、きっちり聞き取って、正しい文法で、いいたいことを説明することをいう。で、今更TOEICを擁護するのもとってつけたようであるが、TOEICは、この表層会話の「きっちり聞き取る」能力をみる点で、比較的よい指標になっているのではないか、ということである。だから、このTOEICの点数を逆手にとって、自分は実は、表層会話の「きっちり聞き取る」能力が、13年間でほとんど伸びていないのではないか、と考えることもできる。実は、今でも、USの人と話していて、同僚の日本人はちゃんと聞き取っているのに、自分だけ聞き取れていなくて、生返事してしまうことは、よくある。どう冷静に考えても、英語のリスニング能力で、自分が卓越していると思うことはできない。

それで本論であるが、深層会話である。私の経験では、気の会う米国人と会話を始めて、興が乗ってくると、何語で話しているのかあまり意識しなくなる。文法もあまり考えない。聞き取っているという心理負担もない。で、私の仮説は、深層会話は、実は一種のテレパシーではないか、というものである。もちろん、恋人どうしでもないので(あいにく、米国人の異性と相思相愛の関係になったことはない)、見詰め合うだけ、ということはない。物理的プロトコルとしての表層会話はするのだけれども、そこで何を言っていようと、本当は、どこか心の深いところで会話している、というのが実感である。

ところで、ソニーの盛田昭夫といえば、国際派で有名であった。世界各地に友人がいて、信頼され、尊敬されていた、という。では、盛田昭夫が卓越した英語力をもっていたかというと、そうではなくて、ある人は、ひどいジャパニーズ・イングリッシュだった、という。そこで私の理解は、盛田昭夫は、高い深層会話能力をもっていた、ということである。深層会話能力を支えるものは、思想、教養、そしてなによりも共感能力である。たとえ深い思想、教養があろうとも、共感能力を欠くと、会話はむなしい。

では、表層会話能力は不要なのか、というと、あるいはそうなのかもしれない。ただ、まるっきり英会話になじまないと、そもそも、米国人と相対することにとても臆してしまう。そこで、とりあえずその心理的バリアを下げる程度の英会話の勉強は必要であろう。実は私のようなシャイな人間には、それ自体が大きな壁で、シャイな日本人なんてざらにいるので、そこが日本人が英会話が苦手な一番の障害のような気もする。

で、昨日の破天荒な内容のブログのフォローであるが、周りから嫉妬されていると感じることも共感能力である。そういう共感があれば、自ずと、それ以上周囲から浮き上がること自制するのではないか、ということを分かりにくく言ったのが昨日でブログの内容で、また、そういう周囲から浮き上がってしまうような人は、どんなに英会話を勉強して表層会話能力を高めても、いつまでたっても、深層会話能力が低いままで、結局、外国人とも、いや母国語人とも、深い共感した会話ができないのではないか、というのが、この稿の主張である。

2008年7月19日

大前研一流の英語

雑誌アルクに、コンサルタントの大前研一氏が、「ビジネスに通用する英語力」を身につける実践的学習法として、寄稿していたので、私のコメントもつけつつ、紹介する。

まず、大前研一は、3つの発想を捨てるべし、という。それは:
- 和文英訳の発想
- マルバツ式の発想
- ブラッシュアップの発想

なぜ、和文英訳がいけないか、というと、日本語で考えたことを正しい文法と信じて英語にすると、却って誤解を招くことがある、ということである。と言っても、咄嗟によい例が浮かばないが、例えば、「そのスケジュールだったら、時間がとれます。」というのを、"If referring to the schedule, I can find time to attend it."のように言ってしまうことだろうか。それでもなんとか通じるかもしれないが、いかにもぎこちない。"I am available on that schedule". のように言えば済むところだろう。これは簡単な例であるが、複雑になると、通じないことが多々ある。

また、マルバツ式の発想は、TOEICなどの対策勉強をやりすぎると、却って昂じるのではないか。例えば、"He speaks English."というところを、"He speak English."というと、文法的に正しくないが、"He speak English."で通じない、ということはありえない。それを、ああ、三単元のsを付け忘れた、などと一々後悔していては、会話にならない。他の例を挙げると、theという単語は、the artistのように、母音の前につくと、「ジ」と発音し、"the travel"のように、子音の前につくと、「ザ」と発音する、とものの本では教えるが、こんなこと一々意識していては、実際の会話では始まらない。実は、どんな場合でも、theは、「ジ」と発音してよい。これは、私が尊敬する中国人の発音から学んだ。この方法にならうことで、少しだけ会話に自信がついた、といってよい。もちろん、これで通じなかった経験はない。なお、正しい文法でしゃべれるに越したことはない。マルバツ式の発想がいけないのは、本来はらうべき神経が、瑣末なところにかけられてしまうことである。それで、肝心のところが疎かになる。

ブラッシュアップの発想がいけない、というは、説明を要する。すなわち、大前氏がいうのは、学校英語の延長線で、テストでよい点をとるみたいな発想で、英語力をブラッシュアップする、というのが意味ない、ということである。

大前氏が薦める勉強方法は、一流の英語を真似ることである。沢山読んで、沢山聞いて、そこにある表現を自分でも使ってみる。そこにあるような発音を真似る、などである。実際、そういうストックを沢山たくわえるのが一番よい。囲碁や将棋でも、一番よい勉強方法として、一流棋士の棋譜を並べる、というのがある。それと似ていると思う。

そこで、大前氏が言及していない点を、私なりに補足する。まず、ビジネス英語で、実は一番重要なのは、ビジネスをきちんと理解していることである。また、話すべき教養があることである。これがなかったら、TOEICが満点だろうと、英会話力なんて、なんの意味もない。当たり前だ、今更言うなよ、といわれそうであるが、ついつい、この点が会社組織でも忘れられがちで、TOEICの点数を昇進の最重要な要素にしている例をよくみかける。

さらに言いたいのは、大前研一のいう、3つの発想を捨てるべし、という点は、字義通り理解してはいけない、というところである。囲碁や将棋で、定石(定跡)は、一旦憶えて忘れなさい、というあれである。面倒でも、基本定跡はひととおり憶えなくてはいけない。同様に、文法は、やはりきちんと勉強しなくてはいけないし、しちめんどうくさい和文英訳や英文和訳の修行もやはり必要である。その結果で、こてこての翻訳調の訳をしてしまうことがあってもいいし、そういう時期もあるだろう。

そういう退屈力の訓練みたいな時期を経て、やっと、大前氏のアドバイスに従う、ということである。「格に入りて後に格を出る」ということで、格に入りもしないで、格を外れてはどうしようもない。という、甚だ常識的な結論であった。お粗末。

2008年8月12日

否定的質問

英会話していて、困ることは沢山あるのだが、特に困るのは、否定的質問である。例えば、Didn't you buy anything in the store ? と質問されて、確かに何も買わなかったので、つい、日本語感覚で、Yesと答えてしまう。

これが普通の日常会話ならまあいいけど、私が米軍に採用されて、敵が来ていないか、と聞かれて、実際、敵は来ていないのに、はい、と答えたりしたら、大変なことになる。まあ、米軍でなくても、私が軍隊に入るというのはどうみても考えにくいが。

韓国語だと、否定的質問に対する答え方が、日本語と同じらしく、韓国人の友人と、英語でしゃべっていて、否定的質問すると、本当はyesと言いたいのに、いつも苦笑いしながら、noと答えるのであった。

こうして、日本人や韓国人は、英語の否定的質問に同意するためにnoというのに違和感を覚えているが、米国人は流石に体にしみ込んでいるので、違和感はないのか、と思ったら、今日こんなことがあった。

すなわち、ある仕事の文書で、否定的な質問を10個くらい連ねたものがあり、それには、Noと答え続けるのが、問題ありません、ということになる。

ところが、この質問群に対して、あるれっきとした米国人が、こんな質問、とてもconfusingである、という。それで、もしかして、米国人でさえ、否定的な質問に、同意の意味で、noと回答することに、潜在意識では、違和感を覚えているのかと思った次第。

実際、「今日、学校に行かないよね?」と聞かれて、「いいえ」で、行かないことを意図するのは、やっぱり無理がある。というのは、「今日、学校に行かないよね?」と聞いても、「今日、学校へ行くよね?」と聞いても、質問の違いに関係なく、行く場合は、「はい」なんだから、質問の文脈を無視していることになる、というのが私の感想である。で、今度知り合いの米国人が日本に来て飲みに行くことがあったら、このことを、聞いてみよう。これをconfusingだと感じるネイティブ・スピーカーはあまりいないと思うよ、とかわされそうであるが。

2008年9月 4日

英語力が伸びる人

ENGLISH JOURNALの9月号に、「英語力が伸びる人、伸びない人」という短いコラムがあった。現役の通訳者、柴原早苗さんが書いているものである。

先ず、「英語力というのは、生まれつきの才能でもなければ、魔法で上達するものでもありません。」と書いているが、才能については、確かにそうである。すなわち、脳などに疾患がない限り、人間なら誰でも母国語を不自由なく話せるようになる。そういう意味で、語学は、数学、科学、囲碁、将棋などよりも選択的特異性は少ないだろう。しかし、やはり、外国語の習得において、才能の有無は明らかにあると思う。例えば、特に教養のあるとは思えない囚人が、獄中で、たまたまフランス語のテキストがあったので、凄い集中力で、数ヶ月でフランス語をほぼマスターしたという。これなど、才能を考慮しないと説明がつかないし、それはごく例外である。

で、才能は措いておくとして、柴原さんは、学校で英語を指導して、英語で伸びるタイプは、次のような特質をもつという。

1.声が大きくて、ハキハキ話せる人。
 これは確かに納得。もう憶えたら、ブロークンでもなんでも、どんどん大声で話すに如くはない、ということである。
2.語彙が豊富な人。
 これは、必ずしも習得対象言語の語彙でなく、母国語の語彙でよい。柴原さん曰く、読書量の豊富な人は、語彙が豊富で多様な言い回しを習得しており、その日本語の表現力に対応して、英語での言い回しも憶えるのだという。これも納得。そもそも、母国語で喋れる内容の豊富さが、英語で喋れる内容の上限であり、母国語で話題がない人が、英語で意味があることが喋れる訳がない。
3.授業時間を最大限に活用する人。
 これは言うまでもない。授業で、講師の人に積極的に質問し、英語で話しかけたりするに越したことはない。

ということで、当然のようでも、「語彙が豊富な人」のところは改めて、私のような本の虫にはうれしい限りである。そういえば、最初英会話を習ったとき、ネイティブの講師は、私のあまりにひどい発音と、緊張して、文法もなにもあったものではない会話に絶句していた。それでも、コメントシートに、語彙が豊富なので、ポテンシャルはある、と書いてくれた。それは単なるお世辞かと思っていたが、実際にある程度上達してみて、さてネイティブと会話するようになると、私よりもずっとTOEICの点数がよくて発音もいい人よりも、私の方がネイティブとの会話が弾み、ずっと長続きすることがあったりして、その点で優越感を感じたりした。これも一応英語力の一端ということにする。

ともかく、改めて読書の有効性を感じる次第である。手前味噌かな。

2008年9月 8日

なつかしい

なつかしい、という日本語の単語がある。日本人だったら、どういう意味か、説明の要もない。ところが、これを別の日本語で説明しようとすると結構難しい。広辞苑によると、最初に「そばについていたい、親しみがもてる」という説明があって、ええっと思う。ああ、昔はそういう意味だったのか、とやっと分かる。

次の意味は、「こころひかれるさまである」。これも、現代の意味ではない。その次の意味は、「かわいい。いとしい。」これも、現代で、そばにいる子供に、なつかしい、なんて絶対に使わない。

最後の意味は、思い出されてしたわしい。ああ、やっと現在の意味にきた。しかし、なつかしい=思い出されてしたわしい、なんだろうかと自問すると、ちょっと違う場合もあるような気がする。

それでは、日本語以外だとどうか。まず、英語。手許の和英辞典によると、feel nostalgia for.. とある。確かにこれがあてはまる場合もあろう。しかし、30年ぶりにお世話になった小学校の先生に会ったとして、それなつかしさは、ノスタルジアなのだろうか。ちょっと違うような気がする。

中国語だと、想念。ううん、中国語に土地鑑ないので、妥当かどうか、さっぱり分からない。

韓国語だと、オレガンマンイムニダ。しかし、これは単に、久しく会っていない、というだけの意味ではないだろうか。仇敵同士が10年後に会っても、やっばりオレガンマンイムニダなのだろうか。ああ、辞書を引きなおして分かった。韓国語でなつかしいは、クリダである。韓国の有名な演歌、釜山港に帰れ、なつかしい我が兄弟よ、という意味で、クリウン・ネ・ヒョンジェヨという歌詞がある。どうも日本語の「なつかしい」と似た意味をもつ単語で、韓国語の「クリダ」に優るものはないような気がしてきた。

ところが意外、フランス語のcherがある。これは、仏和辞典によると、親愛な、いとしい、懐かしい、かわいい、と英語を差し置いて、一気に日本語の「なつかしい」に、その古来の意味も含めて迫ってくる。韓国語の「クリダ」、頑張りきれるか。

ここで忽然とあらわれたのが、スペイン語の、saudade。西和辞典によると、saudadeは、なつかしさ、昔恋しさ以外に、やるせなさという意味ももち、場合により、「なつかしい」に一番近い単語がsaudadeである、ということもありえるのではあるまいか。

このように、たった1つの単語「なつかしい」を巡って、目が廻りそうになる。しかも、長らく勉強した英語でさえも、「なつかしい」の微妙なニュアンスはお手上げである。ましてや、スペイン語のサウダーデなんて、雲の彼方である。言語とは、なんとめくるめき世界なのだろうか。

2008年10月11日

語学遍歴

昔、大学受験勉強をしていた頃、得意というよりも、一番ましな科目は、英語だった。理系志望なのに、数学も物理もがたがたなのだから話にならない。いわんや化学をや、である。

それはさておいて、高校の頃から、語学全般に漠然たる興味はあった。それは、私の場合、おそらく次のような事情によるだろう。すなわち、遺伝的なもの、子供の頃に罹った結核の薬の副作用、内向的な性格などがあいまって、私は子供の頃からかなりの吃音というか言語障害があった。歳とって、自然にかなり改善されたとはいえ、今でも、話し出すのに困難を感じることはある。そういう心理状態だと、どうしても、普通の人が意識しない言語のことが、嫌でも意識に上がってくる。すると、独特の言語感覚というか、言語全般への興味が涵養されるのは確かである。そういえば、関東大震災のとき甘粕大尉に殺害されたという大杉栄は、とても語学が得意だったが、やはり吃音の傾向があったという。吃音であることと、語学が好きということに世間全般では強い相関はないと思うが、そういうアプローチも、ある程度は言えると思う。

それだから、大学受験では第1志望は物理学であるものの、第2志望はなにか語学系で、例えば、大阪外語大のウルドゥ語学科に進み、マイナーな語学を勉強することを考えていた。なぜマイナーな語学なかというと、そもそも、私の学力だと、外語大のメジャーな語学である、英語、ドイツ語、フランス語などに受かるのが難しい。また、頑張ってそういうところに幸い受かっても、到底頭角をあらわすのが難しいと思った。要するに自信がないのである。

幸い、第1志望だった理学部物理学科に受かったが、教養課程では、第2外国語が必須だったので、ドイツ語を履修した。物理の世界では、ハイゼンベルグ、パウリ、シュレーディンガーなど、ドイツ人が主だからである。教養のドイツ語の先生は、確か七里真水とかいう名物の厳しい先生だった。陸軍士官学校あがりで軍隊的な厳しさで有名で、クラスの3分の2を落としたこともあるという。それで必死でドイツ語文法を勉強した。格変化と、名詞の性に特にうんざりした。それでも、かなり勉強してみると、ドイツの規則性に感心した。発音だって、ルールを知れば、綴りから一意的に読める。英語みたいに、naughtyと書いて、ghを読まないなんてことはない。で、なんとかドイツ語の単位は取得したが、実際に文献を読んだこともなく、実用的レベルから遠いままである。

教養課程では暇なので、ロシア語とギリシャ語のクラスに顔を出してみた。しかし、文学部の学生が集まるギリシャ語のクラスは、私のような興味本位の者はお呼びではなかった。直ぐに行かなくなった。ロシア語のクラスは、真面目に通った。将来、モスクワ大学に留学する可能性も考えていたからである。あの頃の私は、地方国立大学にやっとラッキーで受かっただけなのに、勘違い以外の何物でもない野望に燃えていた。

で、ロシア語のクラスとはいうと、そのときの講師の先生は、他の私立大学がいらしていたが、使う教科書が、ロシアで発行されたものであった。結構分厚いが、反復学習を助ける練習問題が沢山あって、複雑な文法をあまり意識しないで少しずつ学んでいけるとてもよい本であった。だから、ドイツ語をさらに上回る複雑な文法に真正面からぶつからなくてもよく、丁寧に学んでいけるようになっていた。ただ、なにしろ、ロシア語でロシア語を説明するのだから、到底独習用の本ではない。講師の先生が言うには、ソ連(当時)は、多民族国家で、ロシア語が母国語でない者に系統的にロシア語を教える強い必要性があり、そのため、ロシア語の入門書がとても洗練されている、ということだった。こうしてロシア語の単位も取得したが、今に至るまで全く使わずじまいである。せいぜいが、キリル文字が微妙に読める程度である。

大学ではまた、エスペラントのサークルにも行ってみた。で、言ってみて、その合理的文法には感心したが、なんかイデオロギー的臭みを感じて、早々にサークルを離れた。サークルの仲間からは、しばらく、裏切り者みたいに恨まれていた。

さらには、教養課程の時代には、サンスクリットの入門書を買ったりしたが、流石にこれは、ページを開くこともなかった。

それで、大学の後半は、スチューデント・アパシーで、学校にも行かず、あらゆる勉強が嫌になって、今で言うプータローのような生活であったが、ぎりぎりで卒業して就職すると、また語学の勉強がしたくなった。それでフランス語も多少し知っておいた方がいいだろうと、三省堂のフランス語の入門書の小冊子(上下2巻)と、辞書を買ってきて、けっこうぼろぼろになるまで読んだ。大学時代のドイツ語の七里教授が、語学は短い入門書を繰り返し読むのがよい、と言っていたのを思い出したからである。すると、フランス語は、半過去や単純過去など動詞の変化を覚えるのが大変であるが、一般的にはそういう変化はあまり、意識しなくてよい、ということが分かった。そして、辞書を引きながら、カミュの「ペスト」がなんとか読めるようになった。ただ、そこで努力を止めてしまったので、フランス語のスキルは水泡に帰してしまった。

フランス語の勉強である程度の成果が出たので、同じ方法を、スペイン語にもあてはめてみた。すなわち、三省堂のスペイン語の入門書の小冊子(上下2巻)を買ってきた。しかし、こちらは早々に挫折した。大学時代からわかっていたことであるが、人間の興味がとても移ろいやすいことを改めて感じた。
それから、社会人の独身時代には、当時某大学の文学部の大学院に行っていた大学の先輩に哲学のことを話してもらったのがきっかけとなって、ギリシャ哲学に興味をもち、プラトンなども読んだ。その関連で、大学時代にちらっと眺めたギリシャ語の勉強を始めた。岩波全書で、田中美知太郎が書いた、小冊子であるが有名な本である。それで、根を詰めて勉強したので、また、生活が不摂生であったことから突然、肝炎で入院することになった。病院のベッドで、その田中美知太郎のギリシャ語の入門書を眺めていたら、主治医の先生がとても怪訝な顔で見たりした。

結婚してからは、語学の勉強の興味は失せていたが、韓国に出張に行ったことがきっかけとなって、韓国語に興味をもった。早速入門書を買って読んだが、ハングル文字自体は合理的で、すぐに覚えた。問題は文法で、日本語と似ているようで実はかなり違う、敬語の用法も精緻である。よって、数年真面目に勉強したけど挫折してしまった。フランス語では、比較的短時間で、辞書引きながらならカミュが読めるようになったのに、韓国語では、辞書引きながらでも小説が読めるようにはならなかった。そもそも、韓国語では、辞書を引くことからして、いつまでたっても私にはチャレンジだった。どうも語学学習の自分のパラダイムが、西洋語向きなのである。だから、スマップの草薙氏が流暢に韓国語で話しているのを聞くと、いつも感心してしまう。

で、英語であるが、管理職になって、米国人の上司と話すために仕方なく英会話を勉強し、実用的なレベルになるまでに5年を要したことは、既に書いた。ここで、いまさら、英語に言及する気はしない。ベタなテーマなのである。

比較的最近は、中国語を勉強した。これからは、中国の時代と思ったからである。アルクの半年の通信講座を受講した。一応、終了まで行ったが、実は悲しいほどに力がついていなかった。というのは、その後、中国の友人が日本に来たとき、何か言おうとして、挨拶くらしいかできなかったからである。これでは、中学一年の英会話のレベルである。韓国語といい、中国語といい、私に限ってであるが、どうも西洋語のパラダイムから脱しきれないきらいがあって、低いレベルしかいけない。仕方がないか。

あと、入門書だけ読んだのは、アラビア語である。アラビア文字は一応覚えたが、その文法に対する違和感は、韓国語や中国語の比ではない。もし言語間の距離というものが定義できるなら、アラビア語やヘブライ語などのセム語族は、日本語から最も距離が遠い言語であるといえよう。

また、仕事の関係で、社内のインド人と親しくなったのをきっかけに、ヒンドゥ語の入門書を買った。噂では、ヒンドゥ語は要するに、インド・ヨーロッパ語族の典型で、そんなに難解でないということだが、結局、独特の文字に圧倒されてしまった。なんでも、デーヴァナーガリー文字というらしいが、私には、アラビア文字よりもとっつきにくい。

こうして、私の語学学習遍歴は、死屍累々である。最近になって人生の終わりがある程度見積もれる時期になってきて、語学学習にうつつを抜かすよりも、なんかいろいろ考えることの方が有意義に思えてきた。そう思うこと自体、語学の才能のなさを物語っており、そういう事実を50年以上もかかってようやく悟るのである。

2008年11月28日

世界の言語

先日、ブログで、語学遍歴のことを書き、それを意味のないディレッタンティズムと、過去のことにして封印しようと思った。

ところが、最近つい、講談社現代新書「世界の言語入門」黒田龍之助を読んで、考えが変わった。黒田龍之助氏は、スラブ語学を中心とした言語学者で、当然に、ロシア語やチェコ語などに堪能である。ところが、その興味は、スラブ語に限定されず、地上のあらゆる言語に及んでいる。それは興味というよりも、愛と言ってよい。もし理想的な幼稚園の先生という人がいたら、受け持ちのすべての園児に愛を注ぐであろう。もしかして、細かいことまではフォローできないかもしれない。でも、間違いなくその愛は、全ての園児に向かっている。

それとの類推で、黒田氏の愛は、全ての言語(たった話し手が数千人しかいない小言語にまでもである)に及ぶ。

実は、言語学者が沢山の言語をあえて勉強しないことが時代の流行だったりする。例えば、チョムスキーの本を読んでも、英語の話しか出てこない。そこで、例の生成文法が論じられる。どんな言語にも原言語というのがあるのだから、それの表現として英語だけ説明していればいいんじゃない、という訳である。

でも、私は、いろいろな言語を齧る言語学者というのにどうしても憧れる。ただ、そうはいっても、余程の語学の天才でもなければ、会話までできる言語はせいぜいが5つくらいだろう。すると、それ以外は、辞書を片手になんとか読めるとか、文法構造だけ知っているとか、時代背景だけ知っているとか、段々曖昧になってくる。

もし、厳粛な学者だったら、きちんとマスターした語学しか論じないかもしれない。私が大学時代に習ったドイツ語の教師は、一応6カ国語がしゃべれるらしかったが、ドイツ語以外の話をほとんどしなかった。そういうストイシズムも悪くない。

しかし、黒田氏は、大いに羽目を外して、全く知らない言語をもカバーして、90言語をこの本で論じる。丁度、幼稚園の先生が、知らない他所の幼稚園児と道端で会って、その子にも愛を注ぐようなものである。

私が多いに同意する黒田氏の主張は、個別から一般に至るような流れがあってもいいのてはないか、という主張である。それに私が力んで同意するのは、苦々しいグローバリズムの風潮があるからである。というのは、グローバリズムと言いつつ、実は英語だけを押し付けている。アングロサクソン文化だけを振り回している。そういう横暴な流れがある。金融恐慌は天罰である、といいつつこちらにもその禍は及んでいて他人事ではないが。

すると、世界的にも最古に近い文化と言語をもつ日本までが、グローバリズムに合わないと切り捨てられそうになる。なんとおぞましや。ましてや、この本にカバーされているソルブ語、ゾンカ語、ハウサ語、フリースランド語、マオリ語、ンガダ語などは、吹けば飛ぶよな将棋の駒以下である。

でも、私は断言したい。パスカルではないが、人間精神はフィネスにある。フィネスを担うものは多様性であり、大言語も小言語も一様にフィネスの担体ではあるまいか。

こうしてまた、非実用的に語学の本を眺める時間もときどきはもとうと思った次第である。

2008年12月20日

益川教授の英語

今年のノーベル物理学賞受賞者である益川教授が、スウェーデンで日本語で講演したことについて、一瞬えっと思ったが、よく考えたら、それでいいではないかと思いなおした。

一瞬えっ、と思ったのは、私が勤務している会社の事情にすっかり馴らされているからであろう。というのは、私が勤務している会社では、どんなに仕事の実務能力があっても、TOEICで所定の点数とれないと課長以上のレベルに行けない。それは、世間一般のレベルとして非常に高い基準ではないにしても、少なくとも、海外で簡単にこなすピーチくらいはできるレベルなので、益川氏が、私が勤務している会社にいたら、日の目をみないというか、馬鹿馬鹿しくて辞めてしまうだろう。実際、実務能力で私の尊敬する先輩も、そうやって数年前に辞めていった。英語はしゃべれないけど、読み書きには不自由していないのに、と悔しそうに言っていたのを今でも思い出す。

実際、語学において特に会話が苦手というのは、意外に知能レベルが高い人に多い。読み書きとできるけど、という次第である。それでもどうしても会話できるようにならなくてはということになると、例えば、私がしたように、5年間毎日、2時間英語を聴くというような、修行僧のような訓練をしなくてはならず、そういうのが嫌な人にとってそれは苦痛で仕方がないだろうし、本来の研究テーマがあれば、それらに支障が出るかもしれない。

それでも、ああやってノーベル受賞者講演でしゃべらなくてはならないとなると、無理やりでも英語のスクリプトを用意してそれを読み上げたりするものであるが、そんなの知るかと、すっとばして日本語で講演した益川教授の独自性に喝采を送りたい。

私の推察であるが、ノーベル物理学賞のもととなったクォークモデルであるが、益川氏と小林氏の共同研究ということになっているが、もしかして、益川氏のこの、いい意味の唯我独尊性が最後の決め手になったのではあるまいか。というのは、4種類のクォークでも多いと言われていたのに、さらに二つ増やすのは、倒産の危機にあえいでいる会社(ビッグスリーか?)でさらに設備投資すると言い出すようなものだからである。だから、益川氏が、いいではないか、と後押ししたのではないか。彼の磊落そうな人柄ならありえると思う。

話を戻して、英語にフォーカスをあてすぎる傾向はなんとかならないものだろうか。よく言われるように、アメリカでは乞食だって流暢な英語を話すのである。いくら外資系でも、流暢な英語が高い価値につながる場面はそんなに多くない。英語を使って長年、海外と日本のインターフェースしながら中間管理職やってきた私が身を持って実感している。それより重要なのは業務の専門的スキルと、共感できるEQの高さなのであるが、何しろ、英語力で昇進したという成功体験をもつ人が周りに多くて、私の声は負け犬の遠吠えにしかならない。

私はともかく、益川氏は負け犬ではないはずなのであるが。

2009年1月 4日

英語で授業

Webニュースによると、文部科学省が12月22日に公表した高校の新しい学習指導要領案で、英語の授業は、基本的には英語で行うことが盛り込まれたという。英語のコミュニケーション能力を高める狙いで「英語力は必ずアップする」との期待は大きいというが、本当にそうか。

例えば、複雑な英文法はどうしても日本語で教えないとどうしようもないと思うが、それは日本語で説明することも認められているという。それでも、「生徒にも、そして教師にも負担がかかる」と現場からは戸惑いの声も漏れている。

そこで、素朴な疑問:

- どれほどの現役高校英語教師が、満足なレベルで英語で英語の授業ができるのだろうか。

- 複雑な英文法をどうやって英語で説明するか。そこは日本語での説明も認められているというが、日本語は、そんな補助的な役割なのか。寧ろ、英文法は、日本語文法との比較文法として理解するのが、日本語ネイティブの人には一番好都合なのではあるまいか。例えば、日本語では複数を明示的に示さないのに、英語ではsをつけるとか、可算名詞の区別など。

- 英文和訳としての英文解釈というのがありえなくなるが、それでいいのか。英語は英語のまま理解せよ、ということなのか。

- 和文英訳としての英作文というのがなくなるが、それでいいのか。豊富な日本語での言語世界の写像して英語を構築する機会がなくていいのか。

- 今の大学入試の英語に、英語でする英語の授業で対処できるのか。少なくとも、大学入試の英語を大幅に変える必要がでてくる。

ところが、北海道立北海道旭川北高校は現在、全学年で、英語の授業をすべて英語で行っているという。平成17年度に文部科学省から英語指導の重点校に指定されたのがきっかけ。

授業で和訳は行わない。難しい文章は、教師が易しい英語に言い換えたり、文脈から推測させたりする。文法は使いこなせるまで徹底的に練習させる。「長文は100%理解できなくても、60%分かればいい。あとは想像すれば十分」と英語科主任の松井徹朗教諭が言っているそうだが、「60%分かればいい。あとは想像すれば十分」とはなんたる杜撰さ、と皮肉に言いたくなる。ほぼ100%の厳密さで英語を理解しなくてはならない状況も結構あるのに。


教師側も授業の進行マニュアルを英語で作成する。毎年、模擬授業をしては指導法を見直しているという。考えただけで大変である。

4年間にわたる取り組みで、確実に生徒の英語力は向上した、というが、それは何の力か。会話力か。ただ、1年間の授業で模試での偏差値が約5ポイントも上昇したという。ううん、効果は本当にあるのか。

こういう方法で一番力がつくのは、実は教師自身かもしれない。なにしろ、全て英語でしゃべらくてはならない。生徒の側も、一番力がつくのは、英語でのプレゼンテーション能力であろう。

しかし、物事を真面目に考える教師は、当惑を隠さない。例えば、都立高で英語を教える40歳代の女性は、大学時代に米国留学の経験はあるが、それでも、「どのような授業になるのか、イメージできない」と言う、それはそうだろう、米国留学ではほとんどがネイティブの英語話者である。ところが、日本では、下手したら簡単な英会話も通じないような高校生なのである。距離が掴めないだろう。レベルあわせも難しい。楽しくやっているのは帰国子女だけだということもあるかもしれない。

まとめとして、私が一番理想とする英語学習の環境というのは、大学までに米国に留学して、向こうで何年も過ごすことである。ネイティブの英語のシャワーを浴びて、大変な思いをしながら、体に染み込ませるように英語を習得する。

しかし、それは誰もに許される環境ではない。すると、日本にいて、日本語を使ってこつこつと訓詁のような英文解釈をやり、英文法の本を熟読し、いかにも日本語を直訳したようなまずい英作文しながら、ネイティブの文章を真似つつ、次第にまともな英語が書けるように慣れていく。あとは、TIMEや英字新聞を沢山読む。会話は、必要に迫られて沢山聞く、みたいなアプローチが、遠回りのようでも実は近道なのではあるまいか。

英語ネイティブでない先生が、英語ネイティブでない生徒に、まるで英語劇のように話しかけて授業する。それは、外国人が加わった社内ミーティングを彷彿させる。そこでは会話が全て英語なので、私は日本人の同僚にも英語で話しかける。すると同僚から、照れたような苦笑いが返ってくる。これは、ほとんど喜劇の世界ではないか、とつい笑ってしまった。

2009年1月18日

ヘブライ語の復活

私は、古代ヘブライ語は、どうやって日常語として復活したのだろう、という素朴な疑問をずっと抱いてきた。すると、たまたま、ベン・イェフダ家がそのキーワードだと分かった。そして、「ベン・イェフダ家に生まれて」デボラ・オメル、母袋夏生訳、福武文庫という本があることを知り、購入して読んでみた。

1858年にリトアニアで生まれたユダヤ人のエリエゼルは、どういう経緯か、古代ヘブライ語を日常語として復活させることを使命にもつ。そして、オスマントルコ統治下だったパレスチナに、23歳のとき移住した。結核で、あと2~3年の命と医者に宣言されたことが一層思いを昂じさせた。エリエゼルは、離散したユダヤ民族を統合させようとした。そのためには、単一の言語が必要で、その言語としては、ヘブライ語以外ありえないと固く信じたのである。

エリエゼルは、デボラという女性と結婚した。デボラは、熱烈な恋愛関係にあったので、エリエゼルのひどい病状をものともしなかった。デボラとエリエゼルは、結婚して、子供が生まれたら、物心つくまでヘブライ語だけで育てようと決心する。壮大な実験であった。それは、古代ヘブライ語を日常語として復活させようとする超絶的な試みであった。

なにしろ、その当時、ヘブライ語は、古代ラテン語や古典ギリシャ語のように、文献だけで使われる言葉になっていたのだから。デボラは、ロシア語が母語だったが、結婚してからは、ロシア語を封印してきた。

その結果、生まれてきたベン・ツィオンは家から出してもらえず、三歳のころ、知恵遅れの兆候が現れていた。

敬虔なるユダヤ人なら、ヘブライ語を日常語として復活させることに賛成するのだろうか。いや、敬虔なるユダヤ人は寧ろ、古代ヘブライ語は、聖なる旧約聖書の言葉だから、書物の上の言語にとどめておくべき、という意見が多かった。

そもそも、古代ヘブライ語を日常語として使うためには、語彙が不足しすぎている。活きた言語として使われていない期間が長すぎるのである。そこで、エリエゼルは、これらの空白を埋めるために壮絶な努力をした。まず、古代ヘブライ語に、少なくとも語幹がないか探す。どうしてもない場合は、ヘブライ語に近いアラム語や、セム語族の仲間であるアラビア語から探す。今、中東でイスラエルとアラブ諸国が争っているが、言語的には同系統なのである。それはまるで、日本と、韓国・モンゴルが争うようなものなのだろうか。

それでも、ヘブライ語だけで子供を育てているというベン・イェフダ家は、近所で次第に有名になり、訪れてくる人があらわれてきた。訪れた人は、ヘブライ語で会話しなくてはならないだった。

しかし、ユダヤ教のラビで、ベン・イェフダ家は聖なるヘブライ語を冒涜していると非難する者はひきもきらなかたし、もっと常識的に、フランス語やロシア語できちんと子供を教育するべきだ、とアドバイスする人も結構いた。

それでも、エリエゼルは頑固である。子供を、習得したヘブライ語の純粋性が損なわれるからと、決して他の子供と遊ばせない。

そうしているうちに、生活は困窮してくる。エリエゼルの新聞編集者の仕事がほとんど収入をもたらさないからである。結核はひどくなってくる。子供が三人産まれて、一層貧乏になってきた。借金の山である。いまなら、多重債務生活者である。

長男のベン・ツィオンは、ようやく普通の学校に行くことになった。しかし、ヘブライ語だけ話すように育てられているので、大変苦労して、登校拒否にもなった。先生の配慮で、フランス語をマスターし、やっと溶け込めるようになった。

苦労の果て、妻のデボラの方が結核で亡くなってしまった。エリエゼルの結核がうつってしまったのである。5人の子供を残して。さらに不幸がベン・イェフダ家を襲う。5人の子供のうち3人が、ジフテリアで亡くなってしまったのである。

ところが、亡くなった妻の遺志で、エリエゼルは妻の妹と再婚する。妻の妹、ヘムダは全くヘブライ語が話せなかったので、必死で習得した。

その間、エリエゼルの主要な仕事は、現代語としてのヘブライ語辞書の編纂だった。結局、エリエゼルは、23歳のとき、結核であと2~3年の命と医者に宣言されながら、60歳を過ぎるまで生きながらえる。

この本には結局、エリエゼルの仕事がどうやって、新たに建国されたイルラエルに受け入れられたかについては述べられていないが、バルフォア宣言によって建設されることになったイルラエルが公用語としてヘブライ語を用いる際に、エリエゼルの仕事が利用されたことに疑いはなく、今でもベン・イェフダ家は、エルサレムの街で、英雄扱いされているという。特にエリエゼルの長男、ベン・ツィオンは、もしかしたら2000年ぶりくらいのヘブライ語母国語話者であろう。そういうヘブライ語母国語話者を、人工的且つ意図的につくりだそうというエリエゼルの決心は、私には到底理解できない。一神教であるが故の強烈な意志なのだろうか。

About 言語学

ブログ「Commutative Weblog」のカテゴリ「言語学」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは芸術です。

次のカテゴリは読書です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。