メイン

医学 アーカイブ

2007年3月23日

タミフル

 最近の新聞によると、厚生労働省が、タミフルを10代の人に投与するのを自粛する勧告を出したそうである。確率は高くないが、突然ビルから飛び降りたり、道路に飛び出したりする件が数十件もあれば、当然であろう。
 他の薬で、同様の副作用があると聞いたことはない。先日、うちの娘がインフルエンザに罹って、タミフルを投与されたが、確かに、熱を下げる効果は十分であった。また、幸い、娘は、特に不審な挙動はなかった(私は、投与から少なくとも半日程度、つい寝ないで監視していたが)。
 ホームページの症例を眺めていると、タミフルを飲んだ子供で、何か見えない影を怯えて、逃げ出そうとする者があったそうである。そこで、ここからが、私の無謀な推察であるが、タミフルは、瞬間的に、人間がもっている霊能力を高める作用があるのではないか。それで、常時屯しているらしい浮遊霊が見えてしまう人がいて、冷静を失うのではないだろうか。
 実際、潜在的であれ、あるレベルの霊能力をもつ人は、人口比でそれほど多くないはずである。そのことが、タミフルによる被害率の少なさを裏付ける。
 また、このことは、ある種の医薬が、霊能力を高める作用をもち、心霊的なことの応用に使えることを示唆する。そもそも、LSDや麻薬はそういうものなのかもしれない。また、ヘミシンクのように音響効果で心霊能力を引き出すものもあるようだが、このことはまた、別項で論じる。

2007年5月 6日

ジェネリツク医薬品

 テレビを見ていたら、ジェネリツク医薬品のコマーシャルが流れていた。ジェネリツク医薬品とは、特許が切れた医薬品のことで、通常、特許権者の会社とは別の薬品会社により製造される。同等の薬効の医薬品のほぼ半額なのだという。
 2002年までは、病院などでも、10%くらいしかジェネリツク医薬品が使われていなかったが、最近では、厚生労働省の方針もあって、ジェネリツク医薬品が積極的に認可され、患者は、病院で、安い価格で同等の薬効のジェネリツク医薬品を指定できるようになった。おそらく、このような厚生労働省の方針には、大手薬品メーカーの大きな反対があったであろう。というのは、代替のジェネリック医薬品が導入されることで、大手薬品メーカーは、大きな売り減となるからである。その背景には、ジェネリック医薬品のメーカーからの盛んなロビー活動もあったろうし、また、医療費を削減するという国民の福利厚生の増大の大義名分もあったであろう。
 そこで、当然の疑問であるが、ジェネリツク医薬品とは、その特許権が切れているので、その開発は、少なくとも20年前に行われたものである。すなわち、ジェネリツク医薬品とは、20年をタイムシフトされた新薬であって、そういうもので代替できるというが、それで薬効としては、足りるのだろうか。もしそうだとしたら、多くの分野で、医薬品の薬効は飽和していることになる。
 すると、医薬品は、癌や免疫緩和剤などの先端的ないくつかの分野を除き、最早、研究開発しなくても足りるのだろうか。なにしろこの分野は、「土地鑑」が全くないので、これ以上、なんともいえない。少し調べて、また戻ってくることにする。

2007年5月 8日

肝機能の話

 ファンケルから送られてくる、「元気生活」に、肝機能の話があったので、例によって、コメントしつつメモしておく。
 先ず、酒が強いということと、肝臓が強いということは、関係がない、ということが重要である。酒が強いというのは、単にアルコール分解酵素が多いだけで、酒による肝臓へのダメージは、酒に強い人も弱い人も変わらない。酒豪とまではいえないけれども、若い頃酒が好きだった私の父(77歳)がよく言うのは、若いとき酒で無茶をしていると、歳をとって必ず反動がくる、ということである。アマチュア将棋真剣師の大田学さんが、90歳を過ぎても元気で将棋を指せていたのは、彼が酒を呑まない体質だったことと無縁ではないと思う。将棋の花村元司九段も酒を呑まなかったが、60歳を過ぎて、直ぐに肺炎で死んでしまった。これは、仕方がない。更に余談であるが、香港のある100歳の老人に、どうしてそんなに長生きなのかと、マスコミがインタビューしたら、「それは、酒を呑まないことと、セックスをしないことだ。」と答えたそうである。その老人は、酒はもともと呑まないが、奥さんを30歳のとき亡くしてから、一度もセックスをしていないという。それでも全く悶々としたことがないというのは一種の特異体質かも、と思われるが、ギリシャのエピクロスの「性交によって、体が利されるということはない。」という言葉を彷彿とさせる。ちなみに、享楽主義者をエピキュリアンと呼ぶことがあるが、実際はこれは正しくない。エピクロスは、アタラクシアといって、観想の世界の楽しさを説いたのであった。
 あ、余談が過ぎた。では、酒を呑まなければ、肝臓は平気か、というとそれは違う。ストレスも、飲酒と同じくらい肝臓に悪いそうである。よって、ある程度酒を呑んでストレスを下げておく方が却ってよい、ということになる。これは、酒飲みの自己弁護か。
 肝臓機能の、健康診断的数値として、GOT、GPTがある。これは、アミノ酸代謝をあらわす指標で、35IU/I以下であることが望ましい。あと、γ-GPTは、解毒作用をあらわす指標で、55IU/I以下でうることが望ましい。
 肝機能を高めるものとして、タウリンがある。これは、カキ、エビ、アサリ、タコなどに多く含まれる。リポビタンDなどのいくつかの健康ドリンクには、タウリン配合を謳い文句にするものもある。
 あと、大豆のサポニン、ピーナッツや胡麻に含まれる植物ステロール、それからビタミンA、C、Eも肝臓機能の維持に有効だそうである。

2007年5月12日

はしかの流行

 新聞によると、上智大学、明星大学、創価大学などで、学生にはしかが流行し、上智大学では、5月12日から17日まで、全学休講とする、という。えっ、今更?というのが正直な感想である。
 私がこどもの頃、母親に、「お前は1歳の頃、とてもひどいはしかに罹った。でも、たいてい、3歳くらいまでに罹り、すると、もう罹らないので安心である。そうでなくて小学生くらいになってかかると、ひどくなることがあって、大変である。」というような意味のことを言われた。それで、これは生まれてから早めに罹っておく方がよい、と思い続けて、今に至っている。
 私が結婚して子供ができたときも、確か、1歳くらいで罹った。症状としては、発疹して熱がでる。外見からは、結構大変そうだが、罹った本人は、結構平気で、2~3日で直る。それで、ああよかった、と安心するのである。
 ところが、上記の記事をみると、大学生になるまで罹らない人が増えているらしい。これには、次のような解釈がありえる。
 その1として、環境の変化で、はしかのウィルスを仲介する、昆虫や寄生虫などが減った。これによって、人間が、はしかのウィルスに晒されにくくなった。
 その2として、若者の免疫力の低下である。寄生虫学者の藤田紘一郎さんによると、過度の清潔が、人間の周りから、昆虫や寄生虫を駆逐して、人間の免疫力の低下をもたらす、という。
 その3として、はしかのウィルスの変異である。私の理解では、ペスト菌であれ、はしかウィルスであれ、決してし絶滅することはない。ただ、ハイバネートして潜伏するだけである。そして、宇宙線の作用なのか、蚊、その他の昆虫の体内での交配によるものか、遺伝子を変異させ、そのうちのあるものは、感染力を増すことになる。一時期、主として中国を席捲したSARSなどもそうであろう。
 私の解釈では、致死性でなければ、はしかの流行も悪くないと思う。人類の免疫機能を呼び覚ますからである。ともかく、世間の人は、疲労・ストレスなどで免疫機能を低下させないで、また、なるべく人ごみは避けて、様子をみるよりないと思う。

2007年11月 8日

DNA歯学

 今朝の新聞を見ていたら、神奈川歯科大学の教授、山田良広さんという人が紹介されていた。なんでも、歯のDNA鑑定の第一人者なのだそうだ。
 その経歴は結構地味で、大学入試で2浪し、歯科医は儲かりそうと、神奈川歯科大学を受験し合格したそうである。神奈川歯科大学がどういう大学か知らないが、偏差値エリートでないことだけは確かである。
 ところが、そこからが少し変わっていて、在学中に、イギリスの遺伝学者ジェフリーズが発表したDNA指紋法に興味を示す。そして、歯のDNA鑑定を研究したいと、東大大学院に籍を置き研究、発表した歯のDNA鑑定に関する論文は、このテーマで世界初で、一躍第一人者となった。
 ただ、そこから悩んだそうである。というのは、歯のDNA鑑定を職業にしても、食べていけないのではないか、と。すると、幸い、母校に講師の職を得て、研究に専念できることになった。それでも、当初、歯のDNA鑑定の依頼は、年に一件あるかないかで、確かに、それだけを職業にしていては、食べていけない、と実感したそうである。
 そのうち、DNA鑑定そのものの仕事がポツリ、ポツリと来るようになった。殺人の被害者から、犯人を割り出すみたいな、法医学的なものが多い、そうである。これを見ると、歯のDNA鑑定と言っても、DNA鑑定の技法は一般的なものなので、広く使えるようである。すると、歯特有のDNA鑑定とは何なのか、そこは、狭い新聞のコラムなので、詳しく書かれていない。きっと、歯のある髄質の部分からDNAを鑑定するための材料を抽出する技術であると思われるが、記事からは分からない。また、歯といっても、骨と類似するので、DNA考古学にも応用が利きそうである。
 ともかく、エリートになるとかどうか、金持ちになるとかどうとか、あまり拘らないで、興味があることをこつこつやっていると、よいこともある(まあ、ないかもしれないが)、という温故知新みたいな教訓を改めて確認した次第である。

2007年12月16日

エボラ出血熱

 エボラ出血熱の新種のウイルスにより、ウガンダで、30人が亡くなったという。その中には、医療作業者も含まれており、患者が、目や耳から出血する、という典型的な症状がなかったため、まさかエボラ出血熱ではあるまい、と油断は、感染してしまった、という。ウガンダでは、感染患者は、数百人いると見られる。
 エボラ出血熱は、50~90%という死亡率の高さと、体内にわずか1000個ほどのウイルスが侵入しただけで増殖・発症するという感染力の強さで、最強のウイルスである、と言われる。また、ワクチンや有効な治療法も見つかっていない。
 エボラ出血熱ウイルスは、食用コウモリからの感染という説がある。この点、ハクビシンを食用にすることからの感染が疑われるSARSウイルスと類似する。
 さて、なぜ人間が、病原菌ウイルスの跳梁を許すか、という理由であるが、それはもう、人間が、化学マシン、特に、DNAマシンであることによる。すなわち、人体のすべてのタンパク質の合成は、DNAからRNAに転写されて、その設計図に基づき行う、というストラテジーであるため、この部分の工程をウイルスに乗っ取られると、容易に正常な生理機能を失ってしまう。この点、コンピュータ・ウイルスと全く同じことであって、コンピュータでは、入来のバイト列を解釈して、ディスク書き込み、画面表示、データ送信を行うAPIを呼び出すようになつているので、バイト列の解釈を横取りして、別のAPI(例えば、ファイル削除など)の呼び出しに切り替えられてしまうと、致命的な結果になりえる。
 すなわち、まさに精密に業務を遂行する官僚的ともいえる機構を利用する訳である。DNAに基づく制御機構には、さまざまな場面があって、その各々が、ウイルスに対するliability、vulnerabilityをもつとなると、どこが攻められるか予め想定できないので、結局、対処療法にならざるを得ない。こうして、人類は、滅亡するその日まで、ウイルスとの戦いを止めないであろう。
 ただ、いかにエボラ出血熱ウイルスのような恐怖のウイルスがあらわれようと、ウイルスは、人類滅亡の主因とはなりえない、と推測する。その理由は、ウイルスは結局、DNAにとって内部反乱者に過ぎにないからである。
 

2008年1月 9日

A型肝炎

 今から27年くらい前、まだ独身だった頃、突然、A型肝炎に罹った。最初は風邪のような症状だったが、だんだん気分が悪くなって伏せがちとなった。ところが、折悪しく、友人の結婚式が地元の広島県尾道であるので、這うようにして新幹線に乗り込んだ。その気分の悪さは最悪である。
 で、今にして思うと面白いのは、若い女性のそばに行くと、さらに気分が悪化して、ひどい吐き気を催すのである。また、肉料理のような料理の広告をみても、気分が悪化する。下衆な言い方で申し訳ないが、肉欲とはよく言ったものである。それで、枯れたようなご老人のそばにいると、なぜか少し落ち着いた。
 それで結局、実家には帰ったものの、体調が悪すぎるので、友人の結婚式はパスさせて戴いて、病院に行ってみた。そのときはまだ、ひどい風邪くらいに思っているので、注射でもしてもらって帰ろうと思っていたら、駄目だ即入院しなさい、と医者が言う。私の目を見てすぐに分かったらしい。黄疸がはっきり出ていたそうである。
 入院して、検査したらA型肝炎と分かった。そうして、医者に言われた。安静にしておかないと劇症肝炎になりますよ、そうしたら、致死率8割ですよ、と。それでも、毎日、点滴を受けたら、1週間くらいで、とりあえず異様な吐き気は収まった。
 医者が言うには、どこか風俗に行ったんでしょう、と。私は本当に行っていないので、否定したが、医者は恥ずかしがって隠している、と思ったらしい。実は当時、とても経済的に困窮していて、日々の食費にも事欠いていたのに、風俗なんて行く訳がないのである。医者がいうには、日本では、A型肝炎のウィルスは風俗営業で、経口的に感染する以外には、あまりルートがないそうである。東南アジアに行くと、飲み水からも感染するらしいが、東南アジアには、今に至るまで行ったことがない。で、思い巡らすと、可能性は2つである。1つは、たまたま、ビタミンEのサプリを購入した。それは粉末であったが、それを飲んだとき、どうも妙な感触を感じた。こういうサプリの原料を、食品会社が十分殺菌しないことはあるのだはないだろうか。もう1つの可能性は、私の下宿の部屋である。なんと、ゴキブリが跳梁し、鼠が走り回っていた。そういう状況からは、ゴキブリや鼠の嫌疑が真っ黒であるが、それでも、私の直感では、彼らはこの件では無実で、ビタミンEのサプリが真犯人だと思っている。
 結局、病院には3ヶ月入院していた。退院しても体力の衰えは激しく、もとの体力に戻るのに、丸1年はかかった。その間、体力・気力の衰えに乗じるように母からお見合いを勧められ、もともと独身主義であった私は、断る気力をなくしていた。で、結婚して今に至る。よくも悪くも、病気は人生の分岐点である。ただ、結婚した友達には感謝すべきである。というのは、あのタイミングで結婚式に招待されなければ、東京で単身で下宿に臥せっていて、A型肝炎は自然に治癒する病気ではないので、それこそ劇症肝炎になつて死んでいたかもしれない。また、A型肝炎は、B型肝炎や、C型肝炎と違って、後遺症が少なく、肝癌などにもなりにくい。それで、医者が、治ったらまたお酒が飲めますよ、というのが嬉しかった。ただ、その後の飲酒による幾多の失敗に鑑みると、いっそもう飲んではいけません、というのでもよかったのかもしれない。

2008年1月15日

メンタルなドーパント

 競技スポーツの分野では、ステロイド系筋肉増強剤の使用で、よくスキャンダルになるが、頭脳競技である、囲碁、将棋、大学入試、資格試験などではどうであろうか。私の知る限り、頭脳の能力を高めるための決定的なものは、世の中にないようである。
 決定的でないなら、銀杏葉やDHAは、記憶力を高めることが医学的にも知られているし、卵黄コリンも、アルツハイマーへの効果が実証されつつあって、効果はあるようである。しかし、それを服用して、頭脳の能力が飛躍的に高まり、例えば、将棋で今まで勝てなかった相手に勝てるようになるとか、無理と言われる偏差値の大学に易々受かるようにはならない。
 非合法なものとして、覚醒剤や、大麻、LSD、コカインなどの麻薬が知られているが、これらは、仮に合法的であったとしても、少なくとも、知能や知的能力を高めるようには決してはたらかず、むしろ、習慣的な服用により、決定的に知的能力を破壊する方にはたらくのではないだろうか。もし知的能力を高めるように感じるとしたら、それは、麻薬のもたらす、自己十全超越感覚の錯覚であろう。
 ただ、芸術系の才能だと、ある種の麻薬が、新しいアイデアにつながることがあるようだ。ビートルズのLucy in the Sky with Diamondは、LSDを飲んで作られた、という噂がある。
 それで、私の予感であるが、知的能力をかなり高めることができる薬というのは、きっとどこかの製薬会社で開発されていて、もしかしたら、意外に副作用も少ないかもしれない。しかし、その安全性がはっきりと確認できないことと、世間に対するインパクトから、まだ封印されているような気がしてならない。

2008年1月26日

生物はなぜ放射線に弱いのか

 もう20年以上も前の本で、「人は放射線になぜ弱いか」という講談社ブルーバックスがある。物理学者から放射線医学者に転進した、近藤宗平という人が書いた本である。意外に類書がないので、簡単に纏めてみる。
 まず、放射能の被爆は、ラドという単位を用いる。吸収した放射線の総量(吸収線量)を表す単位である。表記はradである。単位当りの物質が放射線を吸収し発生したエネルギー(温度上昇)で計測する。1ラドは0.01J/kgに相当する。
さて、人間の致死量は、何ラドくらいなのだろうか。これは人によって違うが、広島の原爆で亡くなったある人は、800ラドで死亡したという。よって、これくらいで死亡することがある、といえる。
 原爆による死亡は、典型的には、火傷、火災、爆風による物理的衝撃、などである。これらは、ほとんど即死であった。ところが長崎の原爆で次のような例があった。すなわち、ある中学生の男の子は、爆心から1キロメートルのところで被爆した。それで火傷したが、元気を出して、長崎から別の市にいる親戚のところに、8月12日にたどり着いた。その時点ではまだ元気があったようであるが、入院した。しかし、治療の甲斐もなく、次第に嘔吐がひどくなり、渇きをうったえるのだが、食欲がなくなり、ついに8月18日に亡くなった、という。
 これの死因は、放射能の被爆によるものであり、よって、放射能の障害は、時間をおいて症状があらわれるようである。
 被爆による放射能障害の典型的な症状は、脱毛、皮膚出血班、口内炎である。原爆症において、即死でない場合は、その死亡率のピークは、被爆から30日頃であった。それでは、どのような生理的に仕組みにより、このように遅れて症状が現れるのであろうか。
 例えば、人が火事により亡くなるというのは、悲惨であるが、とても分かりやすい。黒こげになったりするからである。その熱量が致死量を超えたということでもある。ところが、放射能の800ラドとかいう熱量は、とても小さい。体温を1000分の1だけ上昇させる程度の熱量であるにすぎない。だから、人間が800ラドの放射線を受けたとしても、その瞬間、痛みはないし、見かけも全く変わらない。
 それでは、放射線は、人体にどのような影響を与えるかというと、遺伝子を損傷させるのである。物理的には、放射線は、通常の電磁波よりも波長が短いので、その量子のエネルギが、DNAを繋ぐ鎖を切断させる。このようなDNAの損傷は、頻繁に分裂する活動的な細胞に対して、一番有害である。そのような頻繁に細胞が分裂する箇所の1つに、骨髄中の造血細胞がある。ここに放射能が照射されると、造血細胞のDNAが壊れて、白血球や赤血球を作れなくなる。それでも、放射線の被爆直後は直ぐに影響が出ないのは、現役の白血球や赤血球は最早細胞分裂しないので、DNAが損傷しても、それらの白血球や赤血球は生き続けるからである。ところが、現役の白血球の寿命は数日程度である。これらが死んでしまった後、造血細胞は、新しい白血球や赤血球を作れなくなっている。それで、次第に白血球や赤血球が減少していく。ただ、赤血球の寿命は120日で、白血球よりは長い。ともかく、それらの数が、あるレベル以下に低下すると、致命的になる。造血細胞以外で、一番放射能の影響を受けるのは、睾丸中の精子をつくる細胞であるという。そこが、人体の中で一番頻繁に細胞分裂している。一方、女性の卵子は、出来合いであるため、意外に放射能の影響を受けないという。
 放射線による別の障害のパターンは、DNAの螺旋の2本ともが放射線により損傷を受けることである。1本だけの損傷なら、ハードディスクのRAID0ではないが、損傷を受けていない方から修復できる。ところが、2本ともが損傷を受けると、最早修復不可能になる。修復不可能な遺伝子をもつ細胞が、アポトーシス(自壊)するならよいが、生物にはなぜか、そういう仕組みがなく、困ったことに、修復不可能な遺伝子をもつ細胞を分裂増加させて、遺伝子の傷を深めてしまう。このことで、癌などを引き起こし、致命的になる場合がある。これは比較的長期の効果である。
 以上から、放射線が人体に与える影響は、短期・長期とも、重大であることが分かる。

2008年1月30日

電磁波の影響

 先日、放射線の人体に対する影響に関して、その分野の入門書に基づき、簡単にまとめてみた。
 ところで、放射線の中でも、γ線は、要するに、波長のきわめて短い電磁波である。すると、当然の疑問として、テレビやラジオの電波、携帯の電波、無線LANの電波などの人体に対する影響はどうなのか、ということが湧いてくる。
 通常の電磁波の人体に対する影響を論じた本も確かあったと思うが、今日のところはとりあえず、自分のきわめて限られた知識だけで判断してみる。すると、まず分かることは、γ線よりも実質的に長い波長の電磁波は、人体に入っても、電子を励起するだけのエネルギをもたない。プランクの量子である。だから、原則的には、DNAを破壊する力はもたないので、少なくとも、人体の造血作用や男性の生殖機能を損傷するまでには至らないと思う。
 では、電磁波は、人体に無害か。私はどうしても、そうは思えない。人体は、一種化学機械であって、ホルモンや酵素の働きで、いろいろな生理作用をひきおこす。そのためには、細胞がホルモンや酵素を産生する必要がある。その際、DNAの対応する場所から、ホルモンや酵素の設計図としての遺伝子情報が、RNAに転写されて、それから、アミノ酸の重合体としてたんぱく質が生成され、酵素やホルモンとなる。私の根拠のない直感は、電磁波は、DNAからRNAの転写プロセスに影響を与えるのではないか、というものである。そういう分野があるかどうかしらないが、電気化学反応学とでも呼ぶべきか。なぜなら、化学反応なるものは、要するに、酸化反応であったり、還元反応であったり、要するに電子のやりとりなので、そこで、電磁波が全く関係ない、ということはないだろう、ということである。
 この仮説が妥当だとすると、ある種の電磁波の印加により、酵素やホルモンの産生が制御されることになる。昨年、ある友人と酒を呑んでいるとき、折りしも、佐世保の銃乱射事件の直後であって、その友人は、あの事件は、ある種の人間精神破壊兵器によってもたらされたのではないか、と示唆した。荒唐無稽をそのまま受け流すのではなく、一度は手にとってみる癖のある私は、ううん、そういうこともあるかも、と考え込んだ。尤も、友人は、かなり冗談モードである。そうでないなら、われわれは、以前ニュースで騒がれた、白装束の軍団と変わらないことになる。そして、もし、そういう兵器があるとすると、それは、非可視のレーザービームで、例えば、ある衛星から放射されて、ある人の脳内にフォーカスする。すると、脳内でのドーパミンだの、ギャバだの要するに脳内物質の産生に影響を与えて、人を凶暴にすることができるかもしれない、というようなことを友人と、話したと思う。ああ、そういえば、一昨日であったか、若い既婚の女性が、男の子二人をマンションの11階から投げ落として、自分も飛び降りて、心中するという悲惨な事件があった。昨日は昨日で、どこかの橋で、車を降りた男性が橋の上から海面に見を投げて自殺した事件があった。ああいう事件に、何ほどか電磁波が関与していなければ、いいのだが。
 電磁波の別の議論として、電力の高架線の問題がある。電力のための電線に流れる交流は、50Hz/60Hzと、とても低周波である。ところが、電力の高架線の直下にある家に住む人は、とても癌になりやすい、という統計がある、という。だいたいにおいて、電磁波は高周波であればあるほど有害、というのが、今までの議論から推測されることであるので、低周波の電磁波が人体に癌を起こすとなると、DNA切断効果以外の別の原因を考えださなくてはならない。

2008年2月 3日

放射線障害(続)

 はれほれ氏によって、放射線障害に関するよいWebページを紹介戴いたので、ざっとみてみた。すると確かに実によくまとめられている。
 これに従い整理すると、DNAの二本鎖切断は、修復不可能で、突然変異や細胞の死に結びつく。また、切断に至らないのでも、DNAの塩基への障害を引き起こし、DNAの誤修復などを介して、種々の突然変異をひき起こす。これは発ガンに関与したり、遺伝的影響に関係する。
 それで今日たまたま、1986年4月のチェルノブイリ原発事故で放射能を浴びた女の子が、大人になって結婚し、妊娠して臨月になっている様子を、テレビで報道していた。このような女性は、卵子自体が強い放射能で、上記したDNAの変性を受けているので、生まれてくる子供に障害が発生する可能性がある。しかし、女性は勇気を出して産みたい、と産婦人科医師に申し出た。そこで、医師は、懸命に、超音波で、胎児に障害がないか、可能な範囲で調査した。
 このように、放射能障害によるDNA損傷は、遺伝して子孫に伝わりえるので、怖いということになる。ただ、放射能障害が怖いとなると、4つの遺伝子を組み込むiPS細胞も、手放しでは医療に使えないということになる。下手をしたら、その一部が子孫に遺伝する。その安全性を確認するために、どれほどのテストが必要なのだろうか。また、本当に、安全性を確認できるレベルまでテストできるのだろうか。
 また、分子進化学でというところの突然変異による変化の原因が、宇宙線ではないか、という説もある。実際、大気によって減衰させられながら、地上には、どんどん宇宙線が降り注いでいる。
 あと、依然として不明なのが、携帯や無線LANの電波程度の波長の電磁波が、人体に及ぼす影響である。決して無害ではないと思うのだが、上記Webページには、そのことの説明はない。これは、別途調べる必要がありそうである。

2008年2月15日

鳥インフルエンザ

 先日、NHKで、鳥インフルエンザが日本に入ってきて、次第に感染者が増え、死者が数百万人にもなってしまう、という仮想ドキュメンタリ形式の番組が放映されていた。そのストーリーでは、北陸のある漁村に、国籍不明の漁船が流れ着く。ところが、その乗組員が、鳥インフルエンザに罹っていて、漁船の様子を見に行った人に、鳥インフルエンザが感染してしまう。
 感染した人は、自分がまさかそういう恐ろしい病気とは知らず、咳が出る風邪くらいに思う。そうして、その漁村内で次々に感染者が増える。ついに死者が出るに及んで、その報告を受けた厚生労働省の医療チームは、米国から派遣された医療チームとともに、その漁村を訪れ、鳥インフルエンザを確認する。そして、その漁村を隔離する体制を敷こうとするが、その戦時のような非常体制がなかなか理解されず、村民から反発を受ける。そうしているうちに、知らない間に東京に行ってしまった感染者がいて、その感染者は、渋谷駅前で咳き込み、道行く人に鳥インフルエンザが次々に感染してしまう。こうして、都内の病院は、鳥インフルエンザで溢れかえる。タミフルの備蓄はたちまち底をつく。そもそも、タミフルが効かない新種もあらわれる。こうして、死者は、都内だけでも、数十万人に達する、というストーリーであった。
 これは警告的な意味の、ある種誇張されたストーリーかと思っていたら、今日の新聞をみると、政府は、それを決して絵空事と思っていないようである。
 実際、2003年から、インドネシア、ベトナムなどで、鳥インフルエンザの感染者は、360人が報告され、そのうち226人が亡くなっている。非常に高い致死率といえる。
 本来は、鳥インフルエンザは、人間には感染しにくい性質であった。しかし、鳥間で感染を繰り返しているうちに、ウイルスの易変性とでも呼ぶべき性質により、人間に感染する性質をもつものがあらわれた。そうして、鶏の飼育者など、鳥に接する機会の多い人に感染しその後、、人から人に感染した。
 政府は、これを受けて、最大国民の1/4が感染するかもしれない、と想定した。すると、鳥インフルエンザの死亡率は、2~20%と想定されるから、64万人~200万人が死亡するかもしれないと警告する。これは地震よりもずっと大きい被害である。
 政府の対策は、ウイルス株を特定して、国内の防疫研究機関で、フル稼働でワクチンを製造することである。しかし、国民全員の分を製造するには、1年がかかるとされる。また、タミフル、及び耐タミフル種に備えての代替薬リレンザの備蓄を増やすという。
 こういう感染は、指数関数的に増えるので、初期の防疫体制がその後の感染の分かれ目になる。ところが、誰が初期対応するか全くわからないので、そこは運の要素が大きい。
 それで思うのだが、科学の進歩と言っても、人間の、感染症に対する脆弱さは本質的であり、解決不可能である。また、寄生虫学者の藤田紘一郎氏も警告するように、高度な衛生環境になじんだ現代人は、すっかりその免疫能力を低下させている。だから、今後も、疫病の流行は避け難いものがある。

2008年2月29日

飲んでうさ晴らし

 新聞によると、東大の薬理作用学の松本教授によると、ラットに恐怖体験をさせたあと、アルコールを注射すると、アルコールを注射しないラットよりも、恐怖体験の記憶を強く記憶していることが分かった、という。もしこれが人間にも当てはまるとすると、失恋したり嫌なことがあったとき、忘れようと酒を飲むのは、却って逆効果、ということになる。
 実際、私の経験でも、必勝の将棋を頓死負け(あ、昨日の王将戦の久保か)して自棄酒を飲んだとき、夢で頓死の局面が堂々巡りになり、朝起きたとき、単なる二日酔い以上の辛さだったことが、一度や二度ではない。
 それでも、人間(というか、私)は、馬鹿なもので、辛くなると、自棄酒を飲む以外のよい解決方法を知らない。
 でも、思うに、辛いことだけではなく、楽しいことも、もしかして、飲酒で記憶が強化されることもあるのだはないだろうか。というのは、以前、一人で酒を飲みながら詰将棋を沢山解いて、後日、とても快調にぶっちぎりで将棋大会で優勝したことがあったからである。もしそうであるなら、試験前、勉強して、軽く飲むのがよいということになるが、少なくとも公式には、高校以下には使えないのが難点である。

2008年3月 4日

特殊たんぱく質

 先日の新聞によると、ペリオスチンというたんぱく質が、心筋梗塞の組織の修復機能をもつ、という。よって、ペリオスチンが欠乏すると、心筋梗塞で死に至りやすい。ペリオスチンは、1999年に、東工大の工藤明教授によって、心筋細胞を増やす機能をもつものとして発見された。その後、癌の抑制や、骨の再生にも関与しているのではないか、と言われている。宇宙ステーションなどの無重力環境では、機械的刺激が少ないので、骨量が減り、骨が細くなってしまう。その際、ペリオスチンの摂取が有効かもしれない、と見込まれている。
 また、今朝のニュースによると、名古屋大学のグループが、免疫の働きに重要な機能をもつニットカインという、たんぱく質(ニュースで聴いたので、その名前自体は聞き間違いかもしれない)を発見したという、
 名古屋大学のグループはまた、3年前に、がん細胞の他の組織への転移に重要な働きを持つ「ガーディン」と呼ばれるタンパク質を発見している。
 こういう一連の記事をみると、よく知られている酵素やホルモン以外に、体内では、体の構成要素となる以外の働きをもつ、機能性の特殊たんぱく質があることがわかる。そういえば、10年以上前に話題になった、恐牛病の原因といわれる、プリオンというたんぱく質もある。
 ただ、私の手元にある生理学の入門書では、こういう機能性たんぱく質のことは、ほとんど触れらていない。従って、機能性たんぱく質は、ここ10年くらいで研究されるようになった新しい分野なのだろうか。
 そういえば、私がよく利用する健康食品のサプリの世界でも、コラーゲン、フコイダン、ヒアルロン酸、EPA、DHA、キトサン、スクワレン、ホスファチジルセリン、カルニチン、コエンザイムQ10、レシチン、イソフラビン、ルティンなど、様々な機能性食品が目白押しである。
 そこでふと、秦の始皇帝が、永遠の生命をもたらす霊薬を求めて、手下の者に日本までも探索させた、という史実を思い出した。人間にはそういうものを希求する本能があって、特殊たんぱく質も、その夢の一翼を担うようである。しかし、と私は思う。肉体の限界はあまりに低い。特殊たんぱく質や機能性食品のできることは、かなり微妙な程度に留まることを知るべきである。

2008年3月 5日

新谷弘実

 新聞広告で、新谷弘実著の、「病気にならない生き方」(サンマーク出版)という本を見たことがある。著者は米国アルバート・アインシュタイン医科大外科教授で胃腸内視鏡外科医。
 一見、ちゃんとした経歴の方なので、ある程度根拠のある健康法が書かれていると思っていたが、どうも、濫読ならぬ本の濫買気味の私も、この本は、本屋で手にとってみる気にもならなかった。以前、サンマーク出版から出た、春山勇という医学博士の「脳内革命」という本がベストセラーになったことがあったが、やはり、まったく読んでみようとは思わなかった。UFOであれ、心霊的な本であれ、世間ではトンデモと思われる本でも好んで読む私なのだが、このあたりどうも、自分でもその理由がわからない。きっと、一番多感な子供のころ、結核などの病気になって長く入院した、ということが経験として体にしみ込んでいて、健康のことをそんな軽々しく書いてほしくない、みたいな、拗ねた気持ちなのかもしれない。
 さて、新谷弘実著の「病気にならない生き方」であるが、このタイトルからして、気に食わない。というのは、「病気になる生き方」というのは確かにあると思う。例えば、毎日、日本酒を2升呑むなどの無謀な生活である。毎日、2時間しか寝ないとか。しかし、「病気にならない生き方」というのはない。例えば、50歳になるまで、酒も呑まず、煙草も吸わず、大したストレスなく、大食せず、そうして病気1つしないで生きてきた人が、突然、なんか最近疲れやすいな、と思って医者に言ったら、肝臓癌で、転移してあと半年の命だったりする、ということはそんなに稀ではない。すると、「病気にならない生き方」ではなくて、貝原益軒の「養生訓」程度に、健康法を説くに留めるなら、許せる。
 彼のホームページのトップにある、良い水、良い食事とサプリメント、正しい排泄、適度な運動、正しい呼吸法、休息・睡眠、幸福感、というは、いかにも妥当で、これを維持すれば、健康を維持しやすいですよ、というなら、まあ分かる。
 しかし、牛乳有害説その他、常識に反することを言って、自分は、健康法のおかげで、何十年も病気をしたことがない、などと主張してくると、怪しくなってくる。それは、私だって、この20年くらい、会社を病気で休んだことは一度もない。風邪もほとんどひかない。しかし、それはたまたまであって、何かの健康法のおかげではないと思う。強いていうなら、若いとき、病気をかなりやり尽くしてしまった、という非科学的な冗談を言いたくなるだけである。
 もっと言うなら、あまりに健康法に偏った生き方はどうであろうか。例えば、誰か困った人を必死で助けるという生き方は、とてもストレスが溜まって大変である。また、伝染病の患者を救う仕事は、感染して、亡くなる可能性も高い。国境なき医師団だと、治療中に凶弾に倒れるかもしれない。でも、そうやって健康資源をある意味犠牲にして尽くす生き方は、尊い。だから、「病気にならない生き方」なんていわないで、普通に生きて、生きられるだけ生きればいいではないか、と思うのである。

2008年4月 4日

血栓を防ぐ抗体

 Webニュースによると、滋賀県立大の高山博史教授(血液内科学)らが、血液を固まりにくくして、脳梗塞(こうそく)や心筋梗塞の原因となる血栓ができるのを防ぎ、一方で内出血などはあまり起こさずに済む抗体を、開発したという。臨床で使えれば、副作用の少ない理想的な血栓予防薬になる可能性があるという。
 すなわち、血栓は、血液中の血小板にコラーゲン繊維がからまり、固まりを作ってできるが、しかし高山教授らは、固まりができない女性を発見し、血液中から、血小板とコラーゲンの結合を妨げる抗体を見つけ、この抗体を人工的に作ることに成功したのだという。
 実は、今でも、血栓の形成を阻止する薬はあるが、脳出血など体内の出血が起きやすくなる、とい副作用があるという。しかし、今回の抗体を持つ患者は、脳出血などを起こさず20年間過ごしているので、高山教授は「抗体を実用化すれば、脳出血などの副作用なく血栓を防ぐ薬ができるのではないか」と話しているそうである。
 それで、私が思ったのは、この薬は、高コレステロールやメタボに対する福音になるのではないか、ということである。高コレステロール薬というのは、メバロチン、リポバス、などがあり、健康診断などで高コレステロールの判定されると、これらが処方される。医者の言い分は、体に高コレステロール状態が続くと、血液がドロドロになって、血栓で脳梗塞や心筋梗塞ができやすくなり、それで死亡率が高くなる、というものである。
 それに対する私の直感は、NOと言っている。その理由は、次の二点である。
 まず、医師の言い分が、あまりにも、実感がこもっていない。こういう場合は、こう言いなさい、と決まりに従って言わされているようなのである。
 また、私が実際にメバロチンやリポバスを継続的に飲んで感じたのは、とても生きる意欲を削ぐのである。典型的には、前にも言ったが、街で美人をみてもなんとも感じなくなったり、仕事で新しいアイデアを考えることができなくなる。前者は、もう、いい歳をした中年なのでどうでもいいが、後者は、まだ稼がなくてはからないので、実に困る。そもそも、それらの薬は、肝臓に作用して、コレステロールを作る作用を阻害する機能をもつ、というではないか。そんな、肝臓に待ったをかけるものが、副作用が半端であるはずはない、というのが私の直感である。実は、私の直感は、それなりに科学的根拠もあるようで、浜六郎という、ちゃんとした医師が、「コレステロールに薬はいらない」(角川oneテーマ21) という本を出しているほどである。彼は、メバロチンやリポバスを常飲して、却って寿命が低下する、という統計も示す。癌にかかりやすくなるのだという。
 実際、知り合いで癌で早逝したという人は、コレステロールが基準値以下だった、と聞くことがある。また、私の親族は、家族性高コレステロールとも言うべき遺伝的体質であるが、唯一、父親は、自分はコレステロールは正常値だから安心と言っていた。ところが、うちの親族で癌に罹ったのは、父親だけである。それはまあ、早期の胃癌で手術でとりあえず治ったが。実際、私の親族は、どうみてもエリートとは遠い、庶民もいいとこだが、癌と痴呆症は、ほとんどいない。また、だいたい平均寿命よりも長生きである。早く死んだのは、戦死した母方の祖父と、大酒飲みだった父方の祖父だけである。もしかして、高コレステロールの恩恵かとも思っている。
 このように、体にむしろ恩恵を与えるコレステロールであるが、どう抗弁しても、確かに、血栓を起こしやすくする作用は否定できないと思っていた。そこに、この高山教授発見の新薬の可能性である。私は、今まで以上に、コレステロール値を気にしなくてもよい時代が来るのではないかと楽観しはじめた。もし、そのシナリオが狂うとしたら、この新薬の薬理的副作用というよりも寧ろ、高コレステロール薬から巨大な利益を得ている製薬会社からの政治的圧力ではあるまいか。

2008年4月 7日

ノーベル賞当確?

 新聞によると、ハーバード大学幹細胞研究所が、難病に苦しむ患者から皮膚の提供を受け、患者自身のiPS細胞の作成に成功したという。これは、直接その患者の病気治療に役立てるというよりも、さまざまな病気のタイプのiPS細胞を集めてデータベース化し、病気が起きる仕組みや新薬開発に役立てるのだという。そういう意味で、今後、心臓病、糖尿病など、さまざまなタイプの病気の患者から細胞の提供を受けて、iPS細胞を作成するのだという。
 こういう流れは、「開祖」である、京都大学の山中伸弥教授に、いやがおうでも関心を集める。実際、昨年研究が発表されたとき、ブッシュ大統領は、画期的な成果であり、是非資金援助したい、と申し出たし、ローマ法王も、人工受精卵の犠牲なくして研究を進めることを可能にしたこの研究の倫理的な意義を強調する。雑誌TIMEでも、山中教授は、「世界に影響を与える100人」に選ばれた。
 このように各国要人が前向きの発言をし、また、各国有力研究者が、その路線に沿った研究を進めることほど、ノーベル賞に向けて推進するものはない。というのは、ノーベル賞といえども、結局は人気投票であるからである。
 それで私は、おそらく今年のノーベル賞医学・生理学賞を、山中教授が受賞するであろうことを信じて疑わないが、懸念は、ハーバード大学の研究にもあるように、応用的な研究を、ほとんど米国の研究者によって占められてしまうことである。というのは、言うまでもなく、人材・資金とも、日本に比べ米国は圧倒的であるからである。
 こうして、日本発の研究の成果であるにも拘わらず、難病をもつ人がiPS細胞を使った治療を受けたいと思ったら、渡米しなくてはならない、ということにならなければいいのだが。

2008年4月16日

山中教授の虚勢

 新聞によると、iPS細胞の権威、山中伸弥教授は、バイエル薬品の特許出願に関連して、「企業より私たちの技術の方が上、安心している。」とか、「この技術がお金もうけのために利用されることは、絶対に避けなくてはならない。」とか発言した、という。しかし、相手の手の内が分からないのに前者のような発言をする、ということは、はっきり虚勢であり、自信のなさを物語っている。また、学者として、iPS細胞がお金儲けに利用されるのは納得しない、という気持ちは分からないでもないが、その発言は、狼が跋扈する平原に羊を放ち、この羊には、一切狼は近づけさせない、というようなもので、非現実極まりない。
 日本で、大学と特許という意味では、東大TLOが一番進んでいるだろう。しかし、それとても、中堅企業の特許部に、ノウハウと人的リソースで、全く及ばない。経験値と業務上の必要性が違いすぎるのである。ましてや、京大TLOの活動の様子というのは聞いたことがない。おそらく、まだ揺籃期にあるのではないか。
 山中教授の功績は、ES細胞ではなく、普通の細胞から未分化細胞を作る技術を発見し、実施したことにある。その功績の偉大さは、いくら賞賛されても、されすぎることはない。しかし、である、一旦そういう基礎技術が提示されたとき、これをもとに応用的な技術を開発し、且つ、必要な特許を出願する、という点では、大学研究室は、企業に足元にも及ばない。すると、山中教授の目出す先は、企業がその性質上等閑にするような、iPS細胞の生理的仕組みのような基礎研究に向かうべきである。あるいは、iPS細胞よりもさらに癌化リスクの少ない、且つ生産性の高い別の基礎技術研究に向かう、などである。
 また、iPS細胞をビジネス化することに反対するような発言は、厳に慎むべきである。というのは、折角共同研究して資金援助しようとする企業を敬遠させてしまうからである。私は寧ろ、山中教授は、よき企業のパートナーを探すべき、と思う。そもそも、米国のハーバード大だの、ウィスコンシン大だのがiPS細胞で一旗上上げようとしているのである。時代認識の錯誤も甚だしい、というべきてある。

2008年4月18日

プレパンデミックワクチン

 新聞の記事によると、厚生労働省は、H5N1型鳥インフルエンザの流行をとても懸念していて、約1000万人の国民に対して、プレパンデミックH5N1ワクチンの接種を検討している、という。プレパンデミックワクチンなるものを初めて知ったが、どうも、弱い抗原で、免疫機能を発現させるためのものであるようだ。
 日経メディカルの記事によると、「ベルギーGhent大学のIsabel Leroux-Roels氏らは、開発中のワクチンとアジュバントを健常人に投与し、安全性に加えて、抗原量が3.5μgと少量でも十分な血清転換率が達成できること、異なるクレードのウイルスに対する交差反応が多くの患者に誘導されることを確かめた。」とある。
 プレパンデミックH5N1ワクチンを作成するために、中国、インドネシア、ベトナムで鳥から人に感染した各々3種類のウイルス株を使うのだという。
 ただ、インフルエンザウイルスは、免疫の特異性が高いので、このようにして用意されたプレパンデミックH5N1ワクチンがどれほどの効果かは不明で、且つ、プレパンデミックワクチンによる免疫効果は、半年で薄れる、という。すると素人としては、この「半年で薄れる」というのがよく理解できない。例えば、私は、今から25年前に、A型肝炎に感染した。A型肝炎は、B型やC型と違って、肝臓癌になる可能性が低く、且つ完治したら酒も普通な飲んでよい、と医師に言われ、実際に普通に飲んでる。ところが、A型肝炎の血漿は一生残るので、生涯献血はできない、と言われた。特に喜んで献血したいとも思わないが、場合により知り合いや家族に献血すべき、ということもあるはずで、そのときA型肝炎歴で断るというのは、なんか言い訳がましくて、いろいろな意味で残念ではある。
 だから、免疫=一生ものというのが私の理解で、半年で薄れる免疫作用があるなら、物理や電気の用語で言うと、どうも免疫には、磁化のアナロガスなヒステリシス性がある、ということになる。すなわち、ある一定以上の強度の抗体を与えないと、一生ものとして刻印されず、しかし、ある閾値の範囲だと、時限的に免疫効果が残る、ということになる。
 戻って、プレパンデミックワクチンの組織的投与であるが、いままで、どの国でも、こういうことが試みられたことはない、という。従って、まず6000人程度で臨床研究が行われ、その成果を受けて約1000万人に接種が行われる、というのだけれども、このように厚生労働省が焦る、というのは、どうも国民の大多数に知らされていないエマージャンシー情報を、厚生労働省が把握しているように思われる。
 それを推察すると:
- ある根拠により、今年の秋あたりから、H5N1型鳥インフルエンザが日本に入ってくることが予想される。
- それを水際で止めるには、おそらく日本海側に住む人達に、H5N1型鳥インフルエンザワクチンを投与して、インフルエンザを閉じ込めたい。
- しかし、鳥インフルエンザを必要な人数分用意するのは、今からでは間に合わない。どうも、政府は、半年後の、夏が終わり北国で寒くなる頃に、H5N1型鳥インフルエンザが流行する、と懸念しているようなのである。
- そこで、もしかしたら気休めかもしれないが、比較的簡単に作れて、ある程度の効果があるかもしれないプレパンデミックワクチンで、時間を稼ぐ。
 というのが、私が推察するストーリーである。SARSのときも厚生労働省は、ここまでの組織的対応はとらなかった。すると、今後、鳥インフルエンザに関する情報は、注意して監視する必要がある、ということになる。

2008年5月13日

笑いと医療

 中央群馬脳神経外科病院の脳神経外科理事長・中島英雄医師は、子供の頃落語家の修行をしたことがあり、落語家・桂前治の名ももつ。そこで、医療に積極的に笑いを取り入れる工夫をしている、という。そのため、患者を集めて落語を披露したり、普段の治療でも冗談をよくいって、和やかな雰囲気を出している。
 中島医師が言うには、人は笑うことにより脳内麻薬効果を発揮するという。すなわち、人は不安になると、脳下垂体からアドレナリンとノルアドレナリンが分泌され、交感神経に働きかけ血圧をあげる。いわゆる、臨戦態勢である。ところが、人は笑うことで、βエンドルフィンが脳から分泌され、これらがアドレナリンとノルアドレナリンの毒性を中和する、という。
 また、笑いの中には免疫効果もあるという。どんな人でも、人体中で、癌細胞が日々作り出されているが、これは、ナチュラルキラー細胞によって駆除されている。しかし、免疫が低下して、ナチュラルキラー細胞の作用が低下する、発癌しやすくなる。ところが、笑うと、脳で善玉ペプチドが作り出され、これは、血液に乗って前身に運ばれ、ナチュラルキラー細胞の働きを活性化させる。実際、末期癌であと数ヶ月と医師に宣告され、寄席に通ったりすることでかなり延命した、という話を聞いたことがある。
 これに便乗して、という言い方はよくないが、ヒューマンヘルス研究会代表・神原泰三さん(笑い学会会員)は、「あっはっは体操」、「いっひっひ体操」、「えっへっへ体操」などを考案した。
 また、民間資格であるが、笑い療法士という資格があって、介護老人福祉施設などを訪問して、笑いを広げる、という。ここまでくると、そういう施設を訪れるお笑い芸人と何が違うのだろうと思うが、お笑い芸人はもともと、劇場やテレビで芸をするのが本旨で、ほんのスケジュールの合間にそういう施設を訪れるだけである。だから、施設専門のお笑い士と考えればよい、ということになるが、問題は、果たして、そんなに面白いのか、ということである。私の勝手な判断では、老人福祉施設で最高に受ける芸人は、綾小路きみまろであろう。すると、どこまで、あのレベルに迫れるか、である。すると、そもそも笑い療法士になるには、ある程度の才能が必要である。判で押したような石部金吉ではどんなに頑張っても無理である。また、医療目的ではあれ、笑わせる、ということは、吉本の芸能学院的な修行を要するであろう。
 ともかく、人間は、笑いが健康に、いや人生に本質的であることをよく知っており、ゆえに、お笑い芸人は重宝される。努力もさることながら、基本的に才能の世界だからである。しかし、今のお笑いブームは過剰である。かたや、硫化水素自殺が続々と出てくるのも実に面妖な世の中である。サブプライム巨大損失といい、世の中は極端から極端に大車輪で廻ってはいないか。ということで、笑いと医療という本来のテーマからすっかり発散してしまった次第である。

2008年6月18日

水分補給について

最近、自宅の近くに百円ショップができた。今更珍しくもないが、ローソン系の百円ショップということで、ついにローソンもその方面に進出したのか、と思った。

で、見ていると、店頭に、2リットルのペット茶がある。緑茶、烏龍茶、ジャスミン茶の三種類で、どれも消費税込みで105円である。これは買いだと思った。それで、買いこんで、会社に持っていって、一日1本飲むことにした。

それを見て、周囲の人はあきれる。一日に2リットルも飲むのか、と。しかし、私にとって、飲みたいだけ水分が摂れる、というのは至福の境地なのである。よく考えてみると、唇に何かつけている、というのも安心感を誘う。フロイトのいうところの、口唇コンプレックスなのだろう。その点では、喫煙者と一脈通じるものがある。

ところが、仕事をしながら至福の境地で盛んにペット茶を飲んでいると、次第に気分が悪くなることがある。目の前が朦朧としてくるのである。安いペット茶で中国産で、残留農薬かとふと思った。ところが、ちょっと飴かなにかしゃぶると、気分の悪さが解消されるので、ははあ、水分の摂りすぎで、血糖値が下がったのだ、と思い至った。それはそうで、ただガブガブお茶を飲んで、盛んにトイレに行っていれば、血糖値は下がるに決まっている。極暑の環境で、汗が滝のように流れていればそれでもいいかもしれないが、しかし、糖分だけではなく塩分も確実に失うので、結局は、ガブガブお茶を飲むと急速に体力を失うだろう。

だから、可能性としては、ひたすら水分を取り続け、血糖値がある基準値を下回って意識を失い、そのまま死んでしまう、という亡くなり方も、人間にはあることになる。そんな馬鹿なことは、犬や猫はしないような気がするが。

ところで、先日テレビを見ていたら、比叡山で、大行満・大阿闍梨ということで、1000日間もの間、いろいろなお寺を巡ってお経を唱え続ける、という最高に厳しい行を満了したお坊さんが出演していた。そこで仰っていたのは、一番厳しい行は、九日間、飲まず、食わず、睡眠もとらずひたすらお経を唱える行である、という。特に、「飲まず」のところが、一番辛いそうである。すなわち、人間、食べないと意外に眠くならないので、眠いのはなんとかなる。また、「食わず」の方も、体に脂肪などの備蓄があるので、おそらく1ヶ月くらい食べなくても人間は平気かもしれない、しかし、水分はどうしようもないのではないか、9日が限界ではないか、という。

そういえば、ナチスの収容所で、コルベ神父が課せられた死刑は、水も食べ物も一切与えないで死に至らしめる、というもので、考えられるうちで一番残酷な刑なのだという。確かに、私のように水分を命のように考える者にとって、それは想像するだけで発狂しそうな刑である。それだったら、一思いに、絞首刑でも、銃殺でも、ガス室送りでも、やってほしいものである。と、折角至福のお茶のみの話なのに、最後は暗い話題になってしまった。

2008年6月24日

日本予防医学協会

今日、会社で健康診断を受けたが、確か数年前から、日本予防医学協会というところが、健康診断を行っている。以前は、会社内に検診スタッフを抱えていたと思うのだが、人件費が嵩むので、アウトソーシングしているのだろうか。

健康診断というのは、会社にとって結構なコストで、できればスキップしたいだろう。すなわち、社員が自分で健康は自己管理してほしい、と言いたいのだと推察する。しかし、労働基準法かなにかで、社員の健康診断は義務付けられている。従って、法律の規定を遵守しつつ、最低限のコストで、健康診断したことにしてしまいたい、という意図を感じる。

日本予防医学協会が健康診断を担当するようになってから、健康診断により時間がかかるようになったと感じる。それは、いかなる意味でも、丁寧に診察している、という訳ではない。例えば、心電図の検査に以前は、2つのベッドがあったとして一人ずつ担当者が就いていたが、今は、一人の担当者が2つのベッドを担当している。従って、2つベッドがあっても、一人ずつしか検査できず、当然ながら待ち時間が増える。

また、今日、こんなこともあった。血液検査を受けていままで、担当者が採血失敗したことは一度もない。私はいつも左腕を差し出すのだが、血管が見やすくて、採血しやすい腕だ、と褒められた?ことがある。しかし、今日は、私の左腕で担当者が二度も採血ミスしてしまい、とうとう、他の担当者に代わって、右腕で採血した。その人のスキルもあるが、沢山の人を採血して、注意力を維持できなくなったのだろうか。確かに、細い静脈に正しく針を刺すのは神経をつかう。

さらに思ったのは、担当の医師や看護師などが、あまり生き生きしていないことである。別に、楽しく検査してほしいという意味ではない。こういう仕事をしていると、検査される人との人間的な会話もなく、ただ機械的に何百人と診ていくだけである。昔見学した、電気メーカのビデオの検査工程を思い出す。難しい手術をするでもなく、微妙な判断で難病の気配を見つけるでもなく、ただ延々と検査することに医師として大したスキルが必要とは思われない。モラールもあがらないのではないか。

別途、友人から、知り合いの医者と会っていろいろと話を聞いて、医者も必ずしもいい商売ではないかも、ということだったが、それにも拘わらず、世の中の父兄が、子息を、東大よりも国立医学部に入れたい、とか賜っている。なんか違うんじゃないのと思うのだが、なんか違うと思うことが最近多すぎて、ノイズのようになってしまっている現状である。

2008年7月 2日

演歌療法

新聞の本の広告をみていたら、「演歌療法」で若返る、というタイトルの本が紹介されていた。コスモトゥーンという出版社で、著者は、医学博士で歌手の周東 寛という人である。

演歌というか、カラオケの効果として、次をあげる:
- 免疫力アップ・アンチエイジング効果
- ストレス発散・精神安定効果
- 運動・ダイエット効果
- 血行促進・血圧安定効果
- 「カラオケハイ」「笑いハイ」効果
- 「幸福ホルモン」効果
- 女性ホルモン安定効果
- アルファ波・1/4ゆらぎ効果
- 内臓活性効果
- 音楽療法・表現療法効果
- 情報交換効果
- 家族の交流を深める効果

なんかよく分からないお題目であるが、カラオケが健康にいいことは確かのようである。私の父は、数年前に癌の手術をした。流石にもう駄目かと思ったが、意外に早く退院できた。なんとか早く帰宅して、自宅で近所のカラオケ仲間と、歌いたかったのだそうである。というのは、私の故郷は絶海の孤島なので、カラオケボックスなんてない。それで、随分立派なカラオケセットが自宅にある。よくわからないが、スピーカも、10万円のボーズのスピーカなのだという。マイクも1本3万円とかいっていた。それで、確かに、自宅でカラオケすると、うまく聞えるのは確かである。

そうやってカラオケ道楽していて、まあどうなんだ、と思うことはあるが、少なくとも父は呆けていない。もともと船乗りで、中学しか出ていないし、何の教養もない。つまらない冗談はいうけど、気の利いたことは一つも言わない。特に記憶力がいいわけではなく、よく度忘れしている。

ところが、自分の好きな演歌なら、新曲を5回聴けば、だいたい覚えるという。それにはちょっと私も太刀打ちできない。私は娘が聞いている最近の曲もときまフォローしようとしているが、それこそ、ウォークマンに入れて、何十回も聞かなくては覚えられない。だから、若い頃からずっと歌が好きな父は、脳の、歌を聴いたり歌ったりするところだけがまだ、活性度を保っているのだと思う。それで、脳血栓や癌にもめげず、とりあえず、いまの70台後半まで生き延びてきた、ということだろうか。

だから、難しいお題目はいいけど、カラオケは楽しみたい。将棋もいいけど、ちょっと勝ち負けが辛いことがある。カラオケも実は、私よりうまく歌われたり、私が知らない歌を一杯知っている人がいると、ちょっと負い目に感じる。でも、まあそこは楽しく、ということで、なんとか流せる範囲である。

2008年7月23日

脳が冴える習慣

先日言及した、フリーズする脳の築山節氏の著書で、「脳が冴える15の習慣」がある。これは、「フリーズする脳」の続編であって、より精緻に、いわば活脳論を述べていると思うので、内容を紹介してコメントする。

まず、習慣1であるが、朝はきちんと定刻に起きて、手と足、口をなるべく動かそうということであるが、同感である。体を動かすことも立派な脳の指令による。

習慣2は、生活のどこかに試験を受けている状態をつくる、というのだが、試験の嫌いな私は、そう言われると萎縮してしまう。その意味は、試験というのは、決まった時間に、きちんと問題を解かなくてはならないので、集中できる。そういう状態が、一日のどこかになくてはならない、というもので、あまり同意できないけど、なんとなく、分かる。

習慣3は、睡眠は、頭の情報整理の時間なので、きちんと寝ようということだが、まあ、当たり前である。

習慣4は、家事こそ「脳トレ」。ううん、いいね、この標語。また、雑用を積極的にこなそう、というだが、最近では、築山氏の雑用論にぞっこんの私である。もともと、ある程度雑用をこなすことが却って能率を上げるのだ、と経験的に感じていて、何人かに話したことがあるのだが、どうしても納得してもらえなかった。このようなベストセラーの本を典拠にすれば、私の雑用能率論も多少は聞いてもらえるのではないだろうか。実際、雑用をこなすためには、脳のいろいろな箇所を使わなくてはならない。脳にいい、というのき頷ける。

習慣5は、自分の行動ルールと行動予定表をつくる、というものだが、これはまあそうかも、くらいに反応しておく。

習慣6は、忙しいときほど、机の整理をしよう、というものだが、机の整理をあんまりしない私は、段々ばつが悪くなってくる。

習慣7は、注意力を高める。これ、私は苦手で、結構回りを見てないことがある。確かに、眼は脳に直接つながっているので、大事である。とりあえず、遠くでも見るか。

習慣8は、報告書やブログを書く、というものだが、ここで急に元気を盛り返す。というのは、仕事でも余暇でも、書くことはどんどんやっているからである。ブログのネタもしょっちゅう考えている。これは、とりあえず、前頭葉を使っているのではないだろうか。

習慣9は、メモや写真を手掛かりにして長い話を組み立てる、というのだが、私は特許の図面をみて、長い文章を書いているのだけれども、そういう意味ではないんだろうね。

習慣10は、たとえ話をまぜながら、相手の身になって話すというのだが、これはやってないし、うまくやれそうもない。

習慣11は、適度な運動と腹八分目というのだが、今はどちらもやってない。明らかに失格。

習慣12は、定期的に脳の検査を受ける、というものだが、これはあまり行く気がしない。脳溢血で倒れるなら、仕方ない。ただ、気休めだが、納豆はいつも食べている。ナットウキナーゼが、血液を固まりにくくしてくれていると信じる、ある程度だけれども。

習慣13は、失敗ノートを書こう、批判者を大事にしよう、というものだが、あまり批判者を素直に受け入れられない。依怙地な性格故かもしれない。

習慣14は、活動をマルチにしよう、ひらめきは「余計なこと」の中にある、というものだが、活動はマルチになっていない。せいぜいが、読書範囲はマルチかも。

習慣15は、人を好意的に評価しよう、ときには駄目な自分も見せよう、というのだが、私は、生憎、結構他人には厳しい。駄目な自分は、ある程度見せているつもりである。見栄もあるので、かなりセーブしつつであるが。

ということで、ちゃんとできているのは、3つくらいである。これでも、呆けは防げるか、というと分からない。ただ、私の両親は教養という言葉から縁遠いが、どちらも一応、老人呆けにはなっていない。それで、遺伝的には、呆けにくいかも、と思っている。呆けに向かって不利だとすると、酒が好きであること、運動が嫌いであること、人付き合いがあまり好きでないこと、あまり自分の失敗を認めたくないことである。でも、脳血栓、脳溢血、脳腫瘍など、脳関係の病気にでもなるなどの器質的なものでないなら、なんとか呆けないのではないか、と、家事をする程度を増やしてみてから、目途がついた。

人間、楽をしたらいかん、ということらしい。

2008年7月27日

ピロリ菌

新聞によると、北海道大学医学部の畠山昌則教授によると、遺伝性のスキルス胃癌を除き、日本人の胃癌のほとんどが、ピロリ菌によって引き起こされている、という。

その仕組みは、次のようである、という。すなわち、ピロリ菌は、胃の粘膜の粘液に浮遊して生きており、体の表面に、4型分泌装置というトゲをもっている。ピロリ菌は、このトゲを、粘膜の上皮細胞に刺し込み、CaGAというたんぱく質を注入する。すると、CaGAは、PAR1、SHP-2という酵素と結合し、これにより、上皮細胞がばらばらになる。どうも、上皮細胞は、ばらばらになることで、癌化しやすいらしい。組織に属していないと羽目をはずしてしまう、人間のようなものか。

日本人の体にいる種類のピロリ菌は、欧米人のそれよりも、SHP-2との結合力が強いため、癌を起こしやすいという。

現在、日本人の約6000万人がピロリ菌に感染している、という。ピロリ菌に感染していると、1年間で癌になる確率は、1000人のうち1~3人である。しかし、除菌すると、この確率は、10分の1に減らせる。

除菌の方法には、抗生物質を使う方法と、プロバイオティクスを使う方法がある。プロバイオティクスの例として、乳酸菌の一種のLG21がある。

抗生物質を使う治療は、保険が適用されないため、費用が2万円くらいかかるという。それでも、胃癌になって治療するより安いものだが、ピロリ菌感染という状態が具体的な苦痛ではないので、なかなか治療に踏み切れないかも。

では、LG21は、というと、明治プロビオヨーグルトLG21という商品があるようだ。では、値段は、というと、1個120円のものを一日2個食べるとよいとされており、これを8週間続けるとかなり除菌効果がある、という。意外にリーズナブルな値段で、これはよいかも、と思われる。

2008年8月 4日

病気をもつ細胞のiPS細胞

Webニュースによると、米のハーバード大、コロンビア大の研究チームが、筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の皮膚細胞から人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作成し、これを分化させて運動神経細胞を作ることに成功した、という。

すなわち、ハーバード大のケビン・エガン准教授らは82歳の女性患者から皮膚細胞を採取し、iPS細胞を開発した京都大チームと同じ方法でiPS細胞を作成し、さらに、ES細胞で開発された手法を用い、iPS細胞から神経細胞を作ったという。この細胞は患者と同じ遺伝子型を持つ、というが、それでああっ、と思ったのは、私は、iPS細胞とはつい、遺伝子的にも無色透明のような細胞を想定していた。少なくとも、万能細胞ということで、もとの遺伝子の欠陥をロンダリングされた、完全な細胞であるかのように錯覚していた。

結局、iPS細胞といいつつも、もとの細胞の遺伝子を引きづくのであれば、それから作った臓器も遺伝的欠陥を引き継ぐことになり、あまりめでたい話でもないのか、と思った。

ともかく、そういう遺伝的な欠陥をもつiPS細胞を使って、いろいろな部位の細胞が作れるので、病理学的な研究に役立つことは間違いない。

そして、それを受けての山中伸弥のコメントが戴けない。すなわち、「今回の研究は、実際に難病患者からiPS細胞を作成できることを、示した初めての成果。我々も同様の研究を進めているが、後れを取っている。」と、はっきり後れを認めている。こういう分かりやすい形で負けているというのは、実は、米国の大学にかなり差をつけられ、周辺特許も抑えられているのではないか、と懸念する。

特許といえば、不思議なのは、山中伸弥のiPS細胞に関する基本特許の公開がまだ、日本の特許データベースにも、WIPOのデータベースにも現れてこないことである。すなわち、山中伸弥が最初にiPS細胞に関する研究を米国の雑誌に発表したのが、2006年8月25日だから、当然に、それ以前に、特許出願は終わっているはず。すると、そこから18ヶ月はとっくに過ぎているので、少なくとも、どこかの国で公開になっていなくはおかしいはずである。特許出願していないか(まさか)、あるいは公開を遅らせる手を取っているか。少なくとも、日本では特許公開を遅らせる手はないはずだが。

2008年8月21日

歯からiPS細胞

Webニュースによると、産業技術総合研究所セルエンジニアリング研究部門(兵庫県尼崎市)の大串始主幹研究員が、未熟な親知らずの歯の細胞から、増殖能力が高く、さまざまな細胞に変わるiPS細胞を作ったと、シンポジウムで報告した。

京都大学の山中伸弥教授らがiPS細胞を作ったのは、採取しやすい皮膚細胞からだったが、それでも、皮膚細胞の採取には、採取する人から同意をとる必要がある。ところが、親知らずの歯だと、歯科医から入手可能で、個々人からの同意は少なくとも不要である。

それなら、髪の毛ばどうだろうか。理容院や美容院で、切った髪は簡単に入手できるが、もしかして、毛根以外の髪の細胞は最早生きておらず、iPS細胞作製には使えないのだろうか。

ところで、別途の記事によれば、産業技術総合研究所は、癌化しにくいiPS細胞の作製方法を考案したという。

このように、すっかり日本におけるiPS細胞の研究拠点は産業技術総合研究所に移った趣きがあるが、文部科学省は、自らの管轄の範囲で、ご本家の京都大以外、理化学研究所、慶応大、東京大を、iPS細胞の研究拠点に選んだ。

京大は山中教授を代表者に再生医療への応用へ安全な細胞の作製に取り組み、理研はiPS細胞から神経や血液、網膜の細胞を成長させ、動物に移植する実験を通して早期の医療応用を目指す。慶応大は中枢神経、東大は血液系の細胞を中心に細胞作製技術の研究で臨床応用を急ぐという。

2008年10月29日

脳の栄養

自己突っ込みで、私が「脳の栄養」などというと、希望だの、知識だの、論理一貫性だの訳の分からないことを言いそうであるが、この場合、素直に、脳に必要な栄養素のことである。

ファンケルから来る「元気生活」という雑誌に、「疲れ脳にさようなら」という記事があったので、自己メモとして纏めてみる。

先ず脳の重さは、体重の2%しかないのに、エネルギーは全体の18%も消費する。この偏在の利用はなんなんだろう。

また、脳のエネルギー源は唯一、炭水化物(糖類)が分解されてできるブドウ糖だけである。すると、脳の栄養=ブドウ糖で、脳を活性化するには飴玉を舐めましょう、ということになるが、話はそう単純ではない。まず、ブドウ糖を脳に運ぶのは、大豆に含まれるレシチンなどのたんぱく質なので、たんぱく質が十分に補給される必要があり、また、ブドウ糖をちゃんと燃やすために、ビタミンBも必要である。

ここに挙げた、ブドウ糖、たんぱく質、ビタミンBが、脳に入り込む血液脳関門を通過できる物質である。しかし、これだけではない。ここでいきなり真打が登場する。それが、DHA。

DHAは、魚などの脂肪に含まれる脂肪酸であるが、脳細胞の脂肪には、なんと10%以上のDHAが含まれている。これだけでも、DHAが脳にとって本質的であることが分かる。特に、記憶能力や学習能力を司る海馬のリン脂質には、DHAが20%以上も含まれている。

DHAはもともと、血流をよくして動脈硬化を防ぐ作用があるとして知られている。だから、高コレステロール症の人(私だよ!)にも薦められたりする。それと同様の効果が脳内にももたらされ、DHAは脳内の血流をよくする効果がある。

DHAの第2の効果は、シナプスの膜を柔らかく保つ作用をもつ。それによって、脳内の情報伝達物質の受け渡しをスムーズにする。

DHAの第3の効果は、神経細胞の働きを高める神経成長因子の産生量を増やす。それによって脳内ネットワークが活性化され、脳内で多くの情報がスムースに行き来するようになる。

さて、脳内の神経伝達物質といえば、怒ったときに放出されるノルアドレナリン、不安なとき放出されるアドレナリン、楽しいとき放出されるドーパミンなどがある。一見、これらの神経伝達物質の産生を促進すれば、脳の機能が活性化するようについ考えてしまうが、実はそれは正しくない。脳は、どこかでクールダウンしないと、もたない。そこで登場するのが、抑制性の神経伝達物質である、GABA、正式の名前を、γ-アミノ酪酸。GABAも、DHAと同様に、海馬に多く存在し、思考力、記憶力などの脳を働きを正常に保つ作用をもつ。また、DHAと同様に、GABAも、脳の血流を活発にする。GABAを多く含む食べ物は、発芽玄米。

以上から、脳によい食べ物は:

DHAを多く含む、魚(サンマなど)
レシチンを多く含む、大豆
ビタミンBを多く含む、海苔、豚肉、明太子
GABAを多く含む、発芽玄米

ということになるが、このうちあまり一般的でないのは、発芽玄米である。これは、健康食品の専門店に行くしかないのだろうか。

ともかく、志村五郎のように、80歳になっても第一線の数学者に留まるような脳の元気さを保つには、上記のような栄養を適宜とる必要があるのかもしれない。

2008年12月19日

のうだま

新聞の出版広告を眺めるのはいつも楽しみだが、最近の幻冬舎の「のうだま」もなかなか面白い。気鋭の脳科学者であり、それでいてカタカナ発音という変わった著書もある、池谷裕二氏、漫画家の上大岡トメの共著である。池谷と聞くとどうしても、体操選手を連想してしまうのは変か。

この広告の問いかけがいい、それは「やりたいことがあっても、なかなか続けることがてけきないのは、なぜ!?」というもので、やりたりことをやっても途中挫折した経験が数限りない私としては、心に染み入る。

その答えがまたいい、「それは、脳の仕組みがもともと飽きっぽくできているからです。では、どうすればいいか。」おおそうか、と私は我が意を得る。飽きるのはもともと脳の特性なのか。一点に集中できるのが脳の特性で、そうでないのは脳の欠陥かもと思っていた私には、得たりの命題である。

で、どうすればいいの?と当然に聞く。それには、脳をだませばいいのだという。でもどうやって?

ここから、池谷氏の専門知識が発揮される。「それにはまず、脳の中の淡蒼球を動かさなくてはなりません。その淡蒼球を起動させる4つのスイッチがあるのです。」おっ、いかにも科学的ではないか。

4つのスイッチとは、次のようなものだという。

Bスイッチ:体を動かすことで入るスイッチ。脳の運動野にある。なるほど、それでギリシャの逍遥学派というものがあったのだろうか。散歩しながら考える、という次第である。囲碁の依田九段も休日は延々と何時間も散歩するのだという。

Rスイッチ:ごほうび(快感)を与えるスイッチ。脳のテグメンタにある、という。これってよく芸能人が、頑張った自分にごほうびをあげたいという、あれか? 私はどうもそういう言い方が好きでない。下手すると際限なく自分を甘やかすことに繋がるからである。でも、自分で、買いたい本を無理してでも買っているのは、これに当たるかもしれない。

Eスイッチ:いつもと違うことをすることで入るスイッチ。海馬にある。昔大学受験勉強をしていたとき、ときどき家の農作業を手伝うと却って能率が上がった。これかも。最近では、家内がいてもときどき、食事を作るようにしている。しかも、なるべくあまり経験がないものを、である。先日は、ロールキャベツに挑戦してみた。味はまあまあだが、形が崩れて失敗だった。でも、成功・失敗はどうでもよくて、よい気分転換にはなった。

Iスイッチ:なりきることによって入るスイッチ。前頭葉にある。これ、分かるんだけど、取り扱い注意ではないだろうか。例えば、大学時代にガウスの伝記を読んで、数学者になりきろうとした私は、毎日10時間数学を勉強して、随分力がついたような気がしたことがあった。しかし、だんだん疲れてきてノイローゼ気味になった。先日のブログで書いた宮野悟氏あたりだと、いくら勉強してもそんなことはないのだろう。そのあたりからして、基本的な資質が違うんだろうか。

ともかく、4つのスイッチのうち、BスイッチとEスイッチはいいんだけど、RスイッチとIスイッチは、あまり濫用しない方がよいのでは、と思った。で、果たしてこの本を買ったものか。きっとRスイッチとIスイッチの限度には言及していないんだろう。ただ、「脳をだます」という発想が面白くて、買っても悪くないような気もする。

2008年12月26日

風邪

久しぶりに、病気、といっても高々風邪であるが、会社を休んだ。私の記憶が正しければ、前回、風邪だったか腹痛だったかで会社を休んだのは、1993年頃だったと思う。だから、この15年くらい、一度も病気で休まなかったということになる。よく、無事これ名馬、といわれるが、すると私は無事これ名サラリーマンと言えるのだろうか。そんな訳もない。

15年くらい一度も病気で休まなかったことに、特に秘訣はない。ひどく呑みすぎて、二日酔いで這うようにして会社に行ったことは何度もある。

あと、思い当たるのは、1995年に管理職になってしまったことである。私の勤務している会社では、実際に部下をもつ管理職、というのは、全体の10分の1くらいしかいない。従って、年功序列でとりあえず管理職になれる、ということはないので、それは1つの出世を意味するが、その分、管理職の責務は重く、気の休まる暇がない。

こういう精神的プレッシャの下では、なかなか病気になることができない。すると、風邪程度の病気だと、ある種の気の緩みに由来する、と言ってよいかもしれない。軍隊的に言うなら、貴様、精神がたるんどるから、風邪など引くのである、ということか。

あと、ここ15年くらい私が病気にならなかったのは、子供の頃から免疫系を鍛えられたせいもあると思っている。というのは、3歳にして小児結核になり、一時はかなり危ないレベルだった。小学生の頃は、虚弱児童であって、しょっちゅう、風邪をひいたり、寝込んだりしていた。

中学になって、近所の付き合いから卓球部に入ると、嫌でも鍛えられて、多少は元気になった。それでもときどき、腹痛や風邪で寝込むことはあった。

高校の後半では、大学受験勉強があったので、風邪などひいていられなかった。

ところが、大学に進学してからは、気が緩んだせいかしょっちゅう、風邪をひいたり、寝込むことが増えた。もっとも、その何割かは、飲み会による二日酔いだったかもしれない。

サラリーマンになってからはよく、原因不明の腹痛があった。一度は、あまりにも腹痛がひどいので、病院に行ったところ、白血球が異常に増えている、虫垂炎かもしれないと言われた。しかし分からないといわれて、三日入院し、手術することもなく退院したことがある。

重かったのは、20代後半に罹った、A型肝炎で、これは3ヶ月の入院を要した。一歩間違えると劇症肝炎になって危ないと医者に注意され、安静を通した。独身主義だった私が、結婚でもするかと弱気になったのは、この病気のせいである。今でも結婚したのは正解だったかどうか分からないが、運命のターニング・ポイントだったといえる。

結婚しても、最初の5~6年は、依然として原因不明の腹痛に悩まされ、よく会社を休んだ。結婚生活というものが意外な(でもないか)ストレスだったせいもあるのだろう。

ところが、免疫学者、安保徹の本によると、中年のある時点で免疫系が完成され、病気にかかりにくくなるのだという。1993年といえば、私が40代に差し掛かる頃であり、いろいろな病気の結果、免疫系がその防疫体制を確立した、と言えるのかもしれない。

こうして、とても強壮とはいえないが少なくとも風邪はひかない日々を送ってきたが、ここで急に風邪で休んでしまったことは、そろそろ中年免疫系にほころびがあらわれてきた、ということなのかもしれない、と考えている。あのローマ帝国でさえ滅びるのである。いわんや、私の免疫系をや、である。

ここにきて風邪を引いた別の理由は、もしかして、最近、家のローンを繰り上げ返済したことにある。これはかなり肩の荷を降ろすことにつながるが、気の緩みにもつながる。

そういう意味では、もっと決定的な気の緩みは、退職時だろう。私の尊敬する会社の先輩は、退職したら呑みに行きましょうと約束していたのに、退職時から半年間、どうしても飲み会に付き合ってくれなかった。ようやく会えて話を聞くと、退職して間もない頃、原因不明の痛みに襲われ、病院に行ってみると、帯状疱疹と診断されたという。帯状疱疹とは、日和見のように身体に潜んでいる菌が、パキスタン下のアルカイーダよろしく免疫系の低下に従い復活してきて、神経を冒す病気である。

こういうことから、1つの望ましい人生は、一生を通じて、適度な緊張感を維持することではないか、と思うようになった。すると、定年になっても何かの仕事に従事して、ある種の責任を担う。それによって、免疫系を鼓吹する。武装解除しないのである。

そういえば、先日、会社から帰宅していたら、後ろから声をかけられた。元同じ会社にいた人で、仕事の関係で多少面識がある人であった。名刺をもらうと今、ある小さいIT関連の会社で、副社長の地位にある。人材紹介のコンサルタントもしているという。そこで、話を聞くと、今勤めている会社は小さい会社で定年は特にないので、働ける限り働くつもりだという。それで気をつけいていることは、広い興味をもって本を読むことを怠らないこと、短期記憶を鍛えることで、そうやって能力を維持していると若い頃とあまり精神的な能力は衰えないという。

なるほど、と思った。スキルの背景が違うので、私はその人のように生きることはできないが、生き方としては、生涯現役を通したいというところで、同型でありたいと思った次第である。

そうやって気を張って生きていると、精神はともかくとして、肉体というマシーンは有限の物体であるからどこかで破綻して、維持できなくなることは必然である。そのアバランシェが急速に生じて、緒方拳のように逝くことができれば、それはそれでいい人生なのだが、そうなるもならぬも、心構えと運命の複雑な絡みあいの人生のスープである。

ということで、たかが風邪も、いろいろ考えるきっかけになるのであった。

2008年12月29日

iPS細胞の基本特許

特許データベースで、山中伸弥教授のiPS細胞の基本特許がついに見つかった。特許番号第4183742号で、特許日は2008年9月12日であるが、公報発行日は、2008年11月19日である。

出願人は、国立大学法人京都大学であり、発明者は、山中伸弥単独。特許番号第4183742号自身は分割出願であり、その遡及日は、2006年12月6日である。発明の名称は、「誘導多能性幹細胞の製造方法」。調べるまでもなく、特許協力条約(PCT)ルートで、可能な限り多数の国に国内移行(実質的特許出願)されるのだろう。

では、その肝心の特許請求の範囲は、下記のとおりである。

「【請求項1】
体細胞から誘導多能性幹細胞を製造する方法であって、下記の4種の遺伝子:Oct3/4、Klf4、c-Myc、及びSox2を体細胞に導入する工程を含む方法。」

請求項はこの1つだけで、要するに、4種の遺伝子を体細胞に導入すると言っているだけだから、導入するキャリアの限定もなく、基本特許中の基本特許、iPS細胞の作製全般に及ぶとても広い特許権であると思われる。審査経過を見ても、見事に一点の引用文献もない。この分だと、京都大学には相当のライセンス料が入るのではないだろうか。

疑問としては、私が普段特許実務を担当しているのは、情報処理や、半導体技術などの分野なので、この分野の実務はよく分からないが、DNAの情報処理の中間処理で、「遺伝子」という語句を、審査官からの指令で、「遺伝子(ヒトの遺伝子を除く)」のように補正させられたことがあった。この場合、「体細胞」を、「体細胞(ヒトの体細胞を除く)」と補正しては権利としては意味がなくなる。流石にそういう実務慣用はないのだろう。

別の疑問としては、発明者は本当に山中伸弥単独なのか、ということであるが、山中伸弥が単独でアイデアを思いつき、共同研究者、実験助手、大学院生などに作業させたということなら、納得できる。

この特許の価値には一点の曇りもないが、問題は、既に米国の企業や大学、研究機関が陸続と、iPS細胞の研究を進めて特許出願をしているだろうと想定されることである。実際、山中伸弥氏は率直な方で、12月25日、文部科学省ライフサイエンス委員会の部会に出席し、今年1本しか論文を出せなかったことに触れ、「1勝10敗で負けた」と振り返ったという。

この分だと、京都大学は、基本特許は握っていても、周辺特許のほとんどは、米国の企業や大学、研究機関が保有しているということにもなりかねない。挽回するのは大変そうである。

2009年1月 2日

癌予防の決め手?

新聞によると、癌が発病するのを未然に防ぐ仕組みを、渋谷彰筑波大教授らの研究チームが解明し、12月17日に発表したという。

よく知られているように、健康な人の身体でも毎日3000個程度の癌細胞が発生している。これを駆除しているのは、免疫の作用である、というのが通説である。すなわち、主としてキラーT細胞がその作用を担っている、という次第である。

それでは、どういう仕組みかというと、キラーT細胞などの免疫細胞の表面に出来るDNAM-1という分子が、癌細胞上のある分子と結合する仕組みによって、キラーT細胞が癌細胞を認識しているようである。

このDNAM-1は、もともと哺乳動物の体内にあるが、遺伝子操作により、DNAM-1の欠如したマウス十数匹を作製したところ、5ヶ月後にすべて癌を発病したという。

すなわち、渋谷教授らの研究は、癌発病予防におけるDNAM-1の意義を実験により明確化したことにある。

すると、なんらかの手段でDNAM-1を人体内に摂取してDNAM-1の量を増やせば、癌を予防したり、あるいは癌の治療につながるのではないかという推察ができる。放射線や化学療法とは別の、手術によらない癌治療の可能性である。

実は、渋谷教授らのDNAM-1らの研究は、1996年に遡る。Webでの情報によると、DNAM-1は免疫グロブリンスーパーファミリーに属するI 型の膜蛋白であり、接着分子である。さらに、NK細胞では構成的に、T細胞ではT細胞が抗原を認識し活性化するとDNAM-1 がLFA-1接着分子と会合すること、さらにLFA-1からのシグナルがfynを介してDNAM-1 のチロシンリン酸化を引き起こすことなど、 DNAM-1とLFA-1が機能的にも物理的にも密接に関与していることを見いだしたという。

一方、DNAM-1はCTLやNK細胞のみならず、ヘルパーT細胞やマクロファージ、樹状細胞などの免疫細胞や血小板や巨核球などの非免疫系の血液細胞など様々な細胞に発現しており、多彩な機能が推察され興味が持たれてきた。渋谷博士らは、ナイーブヘルパーT細胞からTh1細胞への分化と増殖を促すLFA-1からの補助シグナルにDNAM-1が必須であることを明らかにした。

ちなみに、既知の特許公開文献では、WO2005/097204という番号の癌の「予防・治療剤」と題する武田薬品の特許出願に、「Nectin-2はNK細胞上に発現するDNAM-1(CD226)のリガンドの1つとしても作用し、DNAM-1を発現するNK細胞は標的細胞上に発現するNectin-2を足場として細胞傷害活性を発揮すると考えられている〔J.Exp.Med.(2003),198(4),557-567〕。一方、Nectin-2は癌抑制遺伝子p53経路に関与する遺伝子の1つとして報告されている(WO02/99040号公報)。さらに、Nectin-2は、血管新生疾患、癌、ウイルス感染の治療に有用なタンパク質Nectin-3に結合するタンパク質である(WO02/28902号公報)、ウイルス感染に関与する受容体である(WO99/63063号公報)、乳癌や卵巣癌の診断と治療に有用な遺伝子のうちの1つである(WO02/00677号公報)、種々の癌で発現亢進し抗腫瘍性抗体医薬の標的として有望な16種類の遺伝子の中の1つである(WO03/088808号公報)、癌組織で発現亢進し癌の診断、予防に有望な遺伝子の1つである(WO04/030615号公報)と報告されている。」という文脈で表れてくるだけだが、この特許出願は、ヘルパーT細胞に作用するというよりも寧ろ、癌細胞のアポトーシス促進剤に関するものである。

よって、DNAM-1をなんらかの薬剤の投与で増やして癌の予防や治療に資するのはまだ、話が遠そうである。

2009年1月 8日

風邪ウィルス

Webによると、1918年に流行し全世界で約4000万人が死亡したとされる「スペイン風邪」のウイルスが強毒性になった原因遺伝子を、東京大と米ウィスコンシン大が特定した。発生が予想される新型インフルエンザの治療薬開発に役立つという。

スペイン風邪はインフルエンザの一種であり。毎年流行するインフルエンザウイルスは鼻やのどで増えるが、スペイン風邪ウイルスは肺で増え、死者の多くがウイルス性肺炎だった、という。

すると、スペイン風邪が大きな被害をもたらした原因は、新たな感染選択性の獲得とでも呼ぶべきものということになる。

実際、米ウィスコンシン大の渡辺登喜子研究員らは、インフルエンザウイルスを人工的に合成する技術を利用した。8種類あるスペイン風邪ウイルスの遺伝子の組み合わせを変え、通常のインフルエンザウイルスに組み込み10種類のウイルスを作った。実験動物のフェレットに感染させ増殖の違いを比べた。すると、ほとんどのウイルスは鼻でしか効率的に増えなかった。これに対し、「RNAポリメラーゼ」という酵素を作る4種類の遺伝子がスペイン風邪のものを使ったウイルスは、フェレットの気管と肺でも増殖。完全なスペイン風邪ウイルスと同じように強毒性を持っており、この4種の遺伝子が強い毒性にかかわっていることを突き止めたという。

このことから、研究チームの河岡義裕・東京大医科学研究所教授(ウイルス学)は「4種の遺伝子が作るたんぱく質の働きを抑える薬を開発することが、新型インフルエンザ対策に重要だ」と話している。

ところで、風邪ウィルスについて私が普段考えていることがあって、それは、どうしてあのように感染選択性が多様なのか、ということである。

例えば、多くの風邪は、咳、発熱、喉の痛み、鼻水などをもたらすが、私が先日罹った風邪は、ほとんど発熱がない代わりに、ひどい下痢をもたらすものであった。私はもしかしてノロウィルスかと思ったら、医者に行ったら、そうではなく、こういうひどい下痢の風邪が最近流行っているという。

また、風邪によっては、下痢ではなく、吐き気を催すものがある。その他、筋肉痛をもたらす風邪もあるし、脳に入って、致死性の脳膜炎を引き起こすものもある。

だから、風邪は万病のもとという諺を私は、万病に対応する多様な風邪ウィルスが存在し、あるいは多様な選択病原性をもつように、風邪ウィルスは変異しえるのだ、と理解している。

ウィルスのこの、選択病原性というか選択臓器感染性は、私にはとても不思議で、昔、A型肝炎で入院しているとき、少し病状がよくなると、どうしてA型肝炎ウィルスは、肝臓だけに選択的に作用するのだろう、と疑問をもちはじめた。胃や腸に作用したっていいはずである。また、A型肝炎の初期症状は風邪に似ているので、風邪ウィルスの変異体なのか、とも思った。そこで、主治医の先生の回診のとき、ふとその疑問を話したら、苦笑いして何も答えず行ってしまった。この先生は、私が朝のテレビで、ロシア語会話の講座に見入っていたのも知っているので、変な患者と思ったのだろう。

そこで風邪ウィルスに戻って、そういう選択臓器感染性の多様性は、インフルエンザ・ウィルスもそうなので、私には風邪ウィルスは、インフルエンザ・ウィルスの親戚だとしか思えない。

もしそうなら、ウィルスの特異な遺伝子の働きの抑制によって、風邪ウィルス一般に効果のある薬剤を開発することもできるのかも、と推察する。

もっと一般化して、ウィルスの選択臓器感染性が全て、例えば、RNAポリメラーゼを作る遺伝子に依存すると仮定してそれに着目し、あらゆるウイルス疾患に対処にる方法も見つかるのではないかと夢のようなことも考えてみるが、夢と悪夢は表裏一体で、下手な薬剤や治療方法は、却って新手のウィルスの出現にもつながるのだろうか、と別の心配もしてしまう。

ともかく、ウィルスの選択臓器感染性のようなことを書いた医学啓蒙書は知らない。当然に専門的な研究論文はいろいろあるのだろうが、素人には専門的過ぎると思われているのか、それとも、素人受けするような内容ではないので、啓蒙書がないだけなのだろうか。

2009年1月15日

新型インフルエンザ

Webニュースによると、甚大な被害が懸念される新型インフルエンザについて厚生労働省は、大正7(1918)年に流行したインフルエンザ「スペイン風邪」のデータを用いて、現在の被害想定を、最悪の場合、国民の25%にあたる3200万人が感染し、200万人が入院、感染者の2%にあたる64万人が死亡すると推計している。

すると、新型インフルエンザに罹ると、6.2%が入院を要する症状となり、入院を要する症状となると、その致死率は、32%ということになる。

それでも日本で64万人が死亡するというが、そんなに日本人が亡くなるとしたら、第2次大戦で空襲で、東京、大阪、広島、長崎などが被害を受けて以来である。この防疫体制の整った日本で、本当にそんなことが起きるのか。何かの意図があって誇大に見積もっているのか、と思ったら、政府は、この見積もりを上方修正するという。他の先進諸国に比べ、死者数や感染率の見積もりが低すぎるという指摘が専門家らから強く出されたからだという。例えば、米国では日本よりも人口密度が低いにもかかわらず、国民の30%が感染すると想定。英国も感染率を最大50%と見積もるなどしている。そこで、1月中に厚生労働省が専門家による研究グループを立ち上げ、過去に大流行したインフルエンザ被害などの検証を始める。年度内にも検証結果をまとめ、被害想定の見直しや、対策の見直し作業に入る。

そこで、「新型インフルエンザ」山本太郎、岩波新書を見てみた。すると、通常の年でも、日本で毎年1万人程度がインフルエンザで亡くなっているという。米国では、毎年、約3万6000人。丁度、交通事故死に匹敵する人数である。半端ではない。予めワクチンが功を奏してもその程度の被害なのだという。

そこで問題は、新型インフルエンザとしての鳥インフルエンザである。鳥インフルエンザは、過去に流行したどのインフルエンザとも遺伝子が似ていないので、人類は、鳥インフルエンザに対する免疫をもっていない。2005年4月までに、東南アジアを中心に、80人に鳥インフルエンザが感染し、そのうち50人が亡くなった。おそるべき致死率である。

鳥インフルエンザで意外なのは、10歳から19歳までの死亡率が73%と高いことで、逆に50歳以上は、18%なのだという。これを見ても私は嬉しくない。やはり若い人に、より生き延びてほしいと思う。

鳥インフルエンザで困るのは、まさに渡り鳥によってインフルエンザ・ウィルスが媒介されることである。渡り鳥の版図は広く、まさか全て撃ち落すことはできないので、事実上侵入を防げない。「新型インフルエンザ」の本を読み進めるうちに、政府の予測は決して誇張したものではないと思えてきた。

新型に限らず、インフルエンザは、シフトとドリフトという2つの仕組みで、抗原性の変異を引き起こす。ドリフトは、遺伝子配列の変化による小さい抗原性の変異をもたらすのに対し、シフトは、ウイルス遺伝子の再集合をもたらし、大きい抗原性の変異を引き起こす。すなわち、シフトが、誰も免疫をもっていないような新型インフルエンザを作り出す。そのような変異の場は、水鳥の体内らしい。

ただ、決して楽観を誘うのではないが、どんな強力な新型インフルエンザといえども、自然に終息に向かう仕組みがあるという。それは、こういうことである。新型インフルエンザに罹ると、ある比率の人は亡くなり離脱するが、亡くならなかった人は治癒し免疫を獲得する。かくして、二度とその新型インフルエンザには罹らない。すると、流行が続くと、亡くなる人は増え続けるが、免疫を獲得する人も増えていくので、インフルエンザはとうとう感染力を失う。こうして、もしかして甚大な被害をもたらした後かもしれないが、新型インフルエンザの蔓延は収束するのである。もちろん、放置すれば自然に終息するのだから何も手を打たなくていいということにはならない。

では、新型インフルエンザに対する対策は、というと、「新型インフルエンザ」山本太郎を見ても、画期的な手段がある訳ではない。

すなわち、新型インフルエンザの感染が確認されると、直ちに早期封じ込め措置をとるべきである。具体的には、最初の患者が確認されたら、おおよそ三週間以内に近隣住民に予防的に抗ウィルス剤を投与すれば、封じ込めは可能ではないか、という論文もあるという。もし心配ならより広い範囲の住民に抗ウィルス剤を投与する。問題は、すると多量の抗ウィルス剤が必要になり、果たして事前に備蓄できるかということである。また、抗ウィルス剤には、若干の副作用の懸念もある。典型的にはタミフルがそうである。ただ、抗ウィルス剤には、確実に、患者数の立上りを抑える効果が期待できる。これによってワクチン開発の時間を稼ぐことができる。

不幸にして新型インフルエンザが流行したときの留意点は、新型インフルエンザは全ての国を一気に襲う訳ではなく、また、一国の全ての地域を一気に襲う訳でもない、ということである。さらに一度被害にあった地域で再発することが少ないということに留意して選択的にリソースを投入する。

問題は、新型インフルエンザの流行からワクチン開発開始まで半年がかかることである。それで結局、ワクチンが出回るまでにインフルエンザが広まらないように、戒厳令的に、場合によっては軍隊も動員して、強制的に人の流れを制限する必要も出てきる。そういえば、鳥インフルエンザのドキュメンタリー風の番組が放映されたのは、約1年前だった。今年も無事を祈るのみである。

もともと出不精の私は、インフルエンザの感染防ぐことを理由に余計に、会社と自宅の間だけの往復となりそうである。

2009年1月19日

ウイルスの細胞指向性

以前疑問に思った、ウイルスの選択感染性であるが、「新型インフルエンザ」山本太郎、岩波新書によると、少なくともインフルエンザ・ウイルスの場合、ウイルスの表面に生成される蛋白が、ウイルスの選択感染性に関与しているようである。なお、この本には、ウイルスの選択感染性でなく、細胞指向性と記述されている。

先ず、インフルエンザ・ウイルスは、ウイルス内部の蛋白の違いによって、A型、B型、C型に分けられる。

C型インフルエンザ・ウイルスは、比較的軽微な風邪症状をもたらす。B型インフルエンザ・ウイルスは、季節的流行のインフルエンザであり、われわれが毎年冬になると周囲の人が感染するのがこれであろう。40度の熱が出たりすることがあるが、少なくとも身近には、これで亡くなったという例を知らない。

そこで問題は、A型である。1917年に世界で、5000万人とも1億人とも言われる死者を出したスペイン風邪の原因が実は、A型インフルエンザ・ウイルスであり、最近問題になっている鳥インフルエンザ・ウイルスもA型である。典型的なパンデミックになる懼れがある。

A型インフルエンザ・ウイルスは、8本のRNAをもつ。インフルエンザ・ウイルス一般に、DNAではなくRNAとして遺伝子情報をもっているのが特徴である。このことは本質的な意味をもち、すなわち、RNAは転写に際して自己校正機能がないので、容易に転写ミスを生じる。そのことが却ってインフルエンザ・ウイルスの多様性をもたらし、動物の免疫によって駆逐されにくくなっている。

A型インフルエンザ・ウイルスの場合、エンペロープと呼ばれる表皮に、ヘマグルチン(HA)と呼ばれる赤血球凝集素と、ノイラミニダーゼ(NA)と呼ばれる蛋白質がスパイク状に突き出した構造を有している。

一般的に、A型インフルエンザ・ウイルスの一種である鳥インフルエンザ・ウイルスは、人間への感染性をもたない。そのHA蛋白に対して、人間の細胞が感受性もたないからである。さらに言うと、インフルエンザ・ウイルスが細胞に吸着するためには、HA蛋白が、HA1とHA2というサブユニットに解裂する必要があるが、この蛋白質分解酵素を細胞がもっていることが、インフルエンザ・ウイルスが細胞に吸着して感染することの条件となる。

すなわち、人間への感染性を獲得した鳥インフルエンザ・ウイルスは、人間の細胞の蛋白質分解酵素によって解裂可能なHA蛋白を産生するように、RNAが変質したということになる。変質したHA蛋白は、新たな臓器細胞への指向性を獲得したりする。例えば、スペイン風邪では、肺への感染性を獲得したことが致命的であった。実際、スペイン風邪で亡くなった人のほとんどは、重篤な肺炎であった。

ここまではHA蛋白について述べてきたが、NA蛋白にも役目がある。それは、インフルエンザ・ウイルスが細胞内に入って、細胞の仕組みを使ってウイルスを増殖させると、増殖したウイルスは、感染した細胞の表面から芽を出すが、このままだと細胞から遊離して他の細胞に感染するのが難しい。NA蛋白は、感染した細胞からの増殖ウイルスの遊離を促進する。すると、何らの方法でNA蛋白の活性を抑えることができれば、ウイルスの増殖を阻害することができる。タミフルはまさに、NA蛋白の活性を抑する働きをもつ。ところが、最近のニュースによると、Aソ連型ウイルス(H1N1)35株のうち34株(97%)が、治療薬タミフルに耐性を持つウイルスだったという。すると、ワクチンでなく、抗ウィルス剤も効かなくなることがある、ということである。

HA蛋白に戻って、その解裂部分がアルギニンの繰り返しを1つしかもたない場合は、HA蛋白は、ヒトの気道上皮細胞あるいは水鳥の腸管上皮細胞に存在する蛋白分解酵素によってしか引き起こされない。このヒトの気道上皮細胞と水鳥の腸管上皮細胞の対応は、苦笑いするような暗合である。

さて、HA蛋白の解裂部分にアルギニンが1つでなく複数繰り返してある場合は、恐ろしいことが起こる。すなわち、するとHA蛋白が、どの細胞でも普遍的にもつ酵素で解裂可能になってしまう、言い換えると、インフルエンザ・ウイルスがどの細胞にも取り着き可能になってしまう。これを強毒型インフルエンザ・ウイルスと呼ぶ。強毒型インフルエンザ・ウイルスは、気道上皮細胞や肺だけでなく、心臓や脳にも作用して心筋炎、脳炎を引き起こしかねない。致死率は一気に高まってしまう。

ここで可能な範囲で、ウイルスの細胞指向性を一般化してみる。

1.ウイルスはその表皮に、細胞に付着するための蛋白をもつ。
2.その蛋白は、特定の細胞がもつ酵素によって細胞付着能力を活性化される。
3.ウイルスは、細胞に付着するための蛋白以外に、細胞内で増殖したウイルスを、細胞から乖離させる蛋白ももつ。これによって、増殖したウイルスが体内に広がることが可能となる。
4.一般に、広い細胞指向性をもつウイルスは、毒性が高い(寧ろ、問題は、ウイルスが産生する蛋白質などの毒性なのかもしれないが)。

そこで疑問は、次のとおりである。
(a) このスキームが、ウィルス一般に対してどれくらい普遍的であるのか。
(b) 免疫は、ウイルスを細胞に付着するための蛋白の方に主に働くのか。なんとなく、免疫は、ウイルスを細胞から乖離させる方の蛋白を軽視してしまうような気がするが。

ということで提出期限も提出義務も定まっていない宿題を自分に課すとする。

2009年2月 3日

医学部の崩壊?

Webニュースで、がんの増殖を抑える「p53」という遺伝子の働きを、主として胎児期の細胞に多く存在する「CHD8」というタンパク質が阻害することを、九州大生体防御医学研究所の中山敬一教授らのグループが発見し、19日付の英科学誌ネイチャー・セル・バイオロジー電子版で発表した、という記事があった。

ええと、がんの増殖を抑える働きを阻害するのだから、がんを助長することになるのだろうか、と少し混乱しながら読んだような気がする。それで、Webを検索していたら、その中山敬一教授が書いた、次のような記事が目に付いた。すなわち、「医学部は崩壊する!?」と題するもので、詳細はお読み戴くとして、文責私で、私なりにコメントしながら要約してみる。

すなわち、中山教授が、なぜ医学部は崩壊すると感じているかというと、その諸悪の根源は、医学部における臨床研修の必修化にあるらしい。

そのことが、医師の治療スキルの向上に意味があるかどうか、ということはおそらく今後の判断に俟つのだろう。ただ、中山教授は、ばりばりの基礎医学研究者だけあって、臨床研修の必修化によって何よりも、基礎医学の分野に対するダメージが大きいのではないか、ということである。

臨床研修の必修化を、「それは餓えた蛸がひもじさのあまり自分の足を食べてしまうような、将来のことをまったく考えない行為である」と喩える。

なぜ、そう考えるのか。中山教授は、ここ20年で、医学は長足の進歩を遂げた、と指摘する。不治の病とされた病気も治癒されるようになった。それは、近年、小手先の医療技術でなく、医学が真に医学として研究されてきてたからだ、ということである。それを中山教授は、「人間の体をひとつの生命体として捉え、それを分子レベル、細胞レベル、個体レベル、集団レベルで解析しようとする統合的な医学観が芽生え始めたのが20世紀終わりの大きな進歩だった」と指摘する。

その1つの例として、「患者のEGFレセプター遺伝子の塩基配列の違いが薬剤感受性に関係あることが次第に明らかとなり、投与前に患者に対する有効性と副作用をある程度推定できるようになりつつある。これらは分子生物学や細胞生物学、さらにはゲノム医学による成果の結実と言うべきであろう。」ということを挙げる。他にもいつくか例が示されているが長くなるので省略する。

そこで表れたのが、研修必修化で、これは基礎医学を直撃するのだという、なぜか。「研修の必修化によって、医学部を卒業して医師免許を取ってからも、さらに2年間(または3年間)の研修を受けなければ保険医登録ができない、つまり実質的に医師としての活動ができない」のだという。

すると、その研修の間、医師は、末端の臨床に携わり、基礎医学の研究ができなくなる、という趣旨のようなのである。

しかしである。私の数少ない医師の友人に聞く範囲では、医学部を卒業して、基礎医学に進む者はもともとほとんどいないという。基礎医学を専攻しても、勤務医のような高給は保証されない。地道すぎるのである。中山教授も、「クラス100名の卒業生の中で、卒後すぐに研究をめざす者は多くて1?2名で、0名という医学部も少なくないのではないか」という、えっ、だったら、研修の必修化があってもなくても、あまり変わらないのではないか、ということにならないのか。

そこで、中山教授は、次のように言う。「以前はかなりの数の臨床医が大学院生として基礎医学講座で研究を行った。その結果として基礎医学講座は優秀な人材を得て研究を遂行できたし、臨床医学講座は将来の臨床研究を行うための人材を養成できた。

なるほど、以前は、そういう自由度があったが、研修の必修化は、卒業後に医学生が大学院で基礎医学に従事することを阻害する、ということなのだろうか。それがどれほどの問題なのか、医学とは縁もゆかりもない私には推察するよしもない。

事情に詳しいはずの医学部の関係者すら、その危惧は読めなかったという。ところが、蓋を開けてみると、「多くの研修医は症例の豊富な大学外の市中病院での研修を希望し、大学からは若手が姿を消して、臨床講座ですら深刻な労働力不足に陥り、そのツケは末端である基礎講座に押し寄せ、基礎講座には大学院生は来なくなった」という。すなわち、医学部からの大学院生が激減した、という次第である。

いまや中山教授の研究室の30名の大学院生のうち、医学部出身者は15名で、卒業後すぐに研究を始めるストレート組の学生が6名、臨床から来た大学院生は9名であった。残りの15名はその他の学部からで、その内訳は理学部6名、薬学部5名、農学部4名である、という。特に、研修必修化が始まってから2年間はひとりも医学部から大学院生が来ない状況がつづいているという。他学部であれ、研究者が集まるならいいではないか、と私はつい思う。なぜなら、法科大学院も、法学部出身でない、理学部、工学部、経済学部出身者が入学することで、多様なスキルの法曹が育つ点に意義があるのであり、例えば、数学科出身で、数理生物学を志す医学部大学院生がいてもいいではないか、と私は思ってしまう。ふと、宮野悟氏を思い出した。

ここでやっと中山教授の危惧が理解できた。中山教授によって、医学部出身の研究者であることに意義があるということである。

まず、医師が実務研修でなく、その早い段階で、基礎医学部門を経験することは、「決して実験手法とかテクニックといったものだけではない。研究の意義、研究に対する姿勢、立案と遂行に対する種々の知恵、世界最先端への距離感、等々、科学としての医学を肌で実感することがその最大の恩恵だったのだ」ということである。

また、大学病院を、市中病院と区別するものに改めて注目している。「大学病院が市中病院と異なる点は、大学が最先端の医学を研究し、その成果をいのいちばんに患者への診療に応用するというその一点に尽きるだろう。」という指摘である。

そして戻って、基礎医学部門は、多くの大学教官の登竜門だから、医学部出身でない大学教官が増えることは、人間という生物に対して「個体レベルでの理解が感覚的に芽生えて」いない教官の増加をもたらし、医学部教育の形骸化につながる、というのである。

そこで、中山教授の提案は、以下のとおりである:

1.大学病院を完全にリサーチホスピタル化すべし
市中病院で行えることは市中病院に任せておけば良い。もはや大学病院には通常の外来は必要ないだろう。大学病院には、完全紹介制で実験的医療のインフォームド・コンセントが得られた患者のみ受け入れ、綿密なプロトコールのもとに、きちんとした計画と科学的評価を行う体制が何より必要である。」と仰るが、そこまで大学病院を高度に構成することができるのだろうか。

2.大学院のシステムを抜本的に見直す必要
すなわち、他の学問分野のように、医学博士を真に高度な研究ができるものにする、ということのようである。

以上、長々と中山教授の論説を引用しつつコメントさせて戴いた。この分野に疎い私にはとても勉強になった。ただ、中山教授の研究至上主義、医学部プレステージ主義は理解できるが、私が感じるのは、やはり、先端的な医学研究をもっともよくなし得るのは、案外と、細胞生物学者だったり、農学者、薬理学者だったりしないか、ということである。もちろん、医学生でそういう才能がある人も少なくないだろうが。今日たまたま読んだ数学者の伝記で、アンドレ・ヴェイユが兵役に行っていた話があった。それはヴェイユにとって無駄だったかもしれないが、それなりに有意義な時間でもあったという。数学にしてそうなら、より年齢が進んでも研究ができる医学なら、二年間の研修はさしたるブランクにはならないだろう、杞憂ではないのか、と私は思うのだが、どうなんだろうか。

2009年2月 7日

万能ワクチン

2008年の3月に、北海道大学、埼玉医科大学、化学企業・日油や政府機関の研究者らによる産学協同チームは10日、高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)ウイルスに対する万能ワクチンの開発が可能になったという記事がある。このことが改めて1月30日の朝のニュースで報道されていた。世界的流行を引き起こす可能性が懸念されている変異ウイルスにも有効なワクチンだという。

現在の鳥インフルエンザ・ワクチンは免疫系自体のウイルス攻撃力に依存しているが、ウイルスが変異してしまうと無効になってしまう。新型インフルエンザや、ウイルスの細胞指向性の記事に書いたように、基本的には、インフルエンザ・ワクチンは、インフルエンザ・ウイルスの細胞吸着蛋白(A型の場合、ヘマグルチン(HA)と呼ばれる赤血球凝集素である)に反応し、それを無効化する。すなわち、細胞に吸着できなくする。

ところが、RNAウイルスであるインフルエンザ・ウイルスは、自己増殖時に、RNAに自己修復機能がないことを利用して容易にコピーミスを生じ、遺伝子を短期間に変容させ、従って、ワクチンが効かなくなってしまう。この変異性は、増殖したインフルエンザ・ウイルスを親細胞から剥離しやすくするNA蛋白にもある程度言えるようで、NA蛋白の機能を阻害するタミフルのような抗ウイルス剤に対する耐性をもつAソ連型が発見された、という新聞記事を見たことがある。

製造されたワクチンは、今季流行している「Aソ連型」と「A香港型」、さらに新型インフルエンザに変容する可能性がある「H5N1型」の鳥インフルエンザの3種類に共通する内部タンパク質を元に作られた。

新しいワクチン手法の特徴は、短期間でどんどん変化するインフルエンザ・ウイルスの細胞吸着蛋白ではなく、計時的にほとんど変化しないウイルスの内部構造に着目したことにある。

新しいワクチン手法ではリポサムと呼ばれる脂肪を少量注射し、リポサムの表面に抗原を乗せて体内に運ばせる。この抗原の分子が免疫系の中でウイルスに反応する。「ウイルスの表面ではなく内側を攻撃する」と国立感染症研究所の内田哲也氏は言う。これによりウイルスの自己増殖を阻止するという。また、ここから複数のインフルエンザ・ウイルスに効果のあるワクチンが生まれる可能性もあるという。

研究チームはマウス実験を行い、鳥インフルエンザの異なるウイルス株にこのワクチンが有効であることを確かめたと発表している。

ただ、素人考えでは、内部構造があまり変化しないとしても、インフルエンザ・ウイルスの種類毎に内部構造は異なるはずなので、どうしても、単一のワクチンがあらゆるインフルエンザ・ウイルスに対して万能ワクチンとして作用する可能性はちょっと考えにくい。すると、とりあえず、高い致死率を呈しそうな鳥インフルエンザなど、緊急性の高いものをターゲットに開発するということになるのだろうか。

ともかく、この新型のワクチンは、一旦開発されると、有効に使用できる期間が長いのが売りである。

しかし、テレビでも報道されていたが、日本の薬事法では、認可されるまで数年を要したりすることざららしいので、動物実験の結果を提示して安全性が確認されても、国内で使えるようになるまでは時間がかかる可能性がある。その点で、厚生労働省の柔軟な運用を期待するものである。

About 医学

ブログ「Commutative Weblog」のカテゴリ「医学」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは事件です。

次のカテゴリは哲学です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。