メイン

教育 アーカイブ

2007年3月28日

学校に関する素朴な疑問

 世間では、ゆとり教育とか、その反対に、学力低下とか、よく議論される。それを解消するために、カリキュラムを減らして、課題学習を取り入れたり、その一方で、やはり英語の授業を増やさなくてまずい、とか言われる。実際、何を意図するかはともかくとしてある種の最適化のために、カリキュラムを調整いることは必要であろう。しかし、私がいつも不満に思うのは、学校で、生徒を望ましい状態にするために、カリキュラムの調整が、ほとんど唯一のパラメータとなっていることである。もっと言うと、生徒の能力は、学校(または、あるいは一層課外の学習塾)で、作りえる、という幻想である。
 では、学校は、野放図にしていいのか、と言われるかもしれない。いや、そういう意味ではない。学校は、集団の規律を守ることを学ぶ場ぶあるし、いろいろな不満や軋轢があったとき、それをどう解消していくか、あるいは、耐えていくかを学ぶ場でもあろう。しかし、例えば、算数を学ぶ、ということ1つをとってみても、本当に、小学校の算数の授業が全てなのだろうか。あるいは、学習塾でドリルを解くことが全てなのだろうか。私には、そうは思えない。例えば、テレビでたまたま、フェルマーの定理を解いたというワイルズの番組を見たり、書店で見た、よく分からないけど数式が並んだ本を眺めたりすることも、同等に重要なのではないだろうか。
 また、才能の重要性ということも、いくら強調しても強調しすぎることはないと思う。例えば、私の趣味は将棋で、棋力は、かろうじて弱いアマチュア四段である。アマチュアの強い人から見たら、吹けば飛ぶようなものである。しかし、それでも、どんな人でも努力すれば到達できるレベルよりは少しだけ上だろう。そこに、ほんのかすかな才能があったということになる。私は、このレベルに達するまでに、相当粉骨努力して、10年かかった。しかし、大した努力もしないで、この私のレベルを、将棋を覚えて、たった1年以内に軽々と超えていく、一群の子供たちがいる。それが才能でなくてなんであろう。このような現実をみるとき、努力で達成できないものはない、などということを言う人を見ると、単に、敬遠したくなる。
 さらに思うのは、メタ学習能力である。すなわち、知らないことに出会ったとき、どう学習していくか、という能力である。学習といっても、数学、英語などに限らない。あるときは、確定申告のやり方かもしれないし、失恋したときどう心を慰めるかの方法かもしれない。私などは、まず本を買い漁るから入るのだけれども、ベストとはいえないけれども、それは1つの方法だろう。別の人は、詳しい人に聞き回るかもしれない。メタ学習能力は、とても大事で、例えば、サラリーマンを10年以上やって、ある程度の成功を収めている人は、今の成功の支えになっている能力のほとんどが、最後に学校を卒業してから、メタ学習能力を駆使して学んだことに依存していることに気づくだろう。
 最後に、ある意味、これが一番大事かもしれないが、自分の興味を涵養することである。最初は、自分が何が好きか、なかなか分からないかもしれない。しかし、いろいろやっていくうちに、なぜかよく分からないが、それをやっているとうきうきしていまう何かを発見するだろう。そして、金銭や地位や資格よりも、興味(の集合体)こそが、あなたの財産であることを知る日が来るだろう。
 長くなったが、才能、メタ学習能力、興味に注目すべき、という三題噺であった。いまのところ、粗雑な議論であるが、なんども訪れて、精密化したい。

2007年4月 4日

大学全入時代

 眺めていると、大学入試が必ずしも易化しているようには見えないが、しかし、現実問題として、大学に行くことを希望する人の数よりも、大学の定数の方が多い、という意味で、大学全入時代なのだという。
 このようなとき、大学の使命は、明らかに、大学生であることが、なんらかの意味でエリートであった時代とは変わってくる。そこで、新しい大学像について、考えてみた。
 先ず、一番必要なのは、前にも述べたメタ学習能力。大学は、実学を身につける場でなくてはならない、という意見もあるが、実学は、ある意味、いつからでも、どこからでも必要に応じて学べる。本の読み方、調べ方、纏め方など、メタ学習能力を学ぶことが重要であろう。してみると、専攻というのは、メタ学習能力を鍛える材料以上の意味をもたない。
 次に必要なのは、哲学というか信仰。ソクラテスの無知の知のようなもの。講学的であっては、寧ろいけない。ただ、国立大学で可能だろうか。ヘーゲルやカントのような哲学書に拠ると、多くの学生はついてこれない。ともかく、みんなで議論して、自分の意見を出し合う。自分の頭で考える訓練をする。そうした中で、哲学書、宗教書を読みたくなったら、読めばよい。
 次に必要なことは、何かを楽しむこと。例えば、スキーでも麻雀でも、映画でもよい。但し節度を保って、である。楽しむことを知らないと、人生、息切れしてしまう。
 次は、というと、とりあえず、ない。大学全入時代にあっては、ここまでをベースとし、これ以上は、オプションである。そうしないと、多くの人が落伍してしまう。強いていうなら、学ぶべきは、プライドと忍耐であろうか。というのは、大学全入時代にあっては、大学を卒業して、ラーメン屋になる者も出てこよう。ガソリンスタンドで働く人もいよう。それでもいいし、立派な稼業であると、自負するプライドがほしい。そこに哲学と信仰が必要であろう。しかし、哲学といっても、難しい哲学書を読むのでない。重ねていうが、自分の頭で考えること。例えば、「女性は産む機械」と失言して非難された大臣がいたが、そういうのを手放しで一緒になつて非難するのではなく、立ち止まって別の観点でみること - 別に、その大臣の発言が問題ないと言っているのではない、あしからず。
 それでも、知的能力に自負をもつ一群の人々がいるだろう。そういう人は、好みに応じて、野心に応じて、また、忍耐力に応じて、努力して、知力を鍛えればよい。求めよ、さすれば、与えられるであろう。数学、物理、医学、法律、材料には事欠かない。知力を駆使して、知的好奇心と、名誉欲と、金銭欲を満たせばよい。
 ただ、ベースとしての、信仰・哲学は忘れないでほしい。あと、ソクラテスの無知の知。一事に徹すれば万事に通じる、は幻想である。一事に徹しても一事にさえ通じないことが多い。一事から万事を見通すパノラマの怪しさを何度強調してもしすぎることはない。また、地位と責任故のノーブレスオブリージュ。
 また、大学全入時代であろうとなかろうと、不逞の輩は、少なからずいる。要は、大学に期待しすぎないことである。
 

2007年4月16日

才能について

 ふと思うのだが、人間の才能について、下記のような性質があるのではないだろうか。


  1. 才能の双対性。意味が分かりにくいが、要するに、偉大な才能があると、必ず、偉大な欠点が付随する、ということである。例えば、アインシュタインは、髭剃り用の石鹸と、体洗い用の石鹸を使い分けられなかったという。このことを以って、似たような才能の人を沢山集めることの危険性が示唆される。負の部分がうまく中和されないからである。
  2. 才能の選択特異性。Aが得意だからといって、A’が得意だと限らない、ということである。例えば、将棋が強い人は、囲碁も強いのでは、とよく言われるが、結構、そんなことはない。あるいは、意外な人に、意外な才能があったりする。「あの馬鹿が、本因坊に石二つ。」である。また、このような数学の教授の発言もある。ある有名大学の数学関係の大学院で、どうも、新入生のレベルが下がっているようだ、ということで、大学院の入試を難しくしよう、とごく常識的な発言があった。それに対して、ある有名教授は、「そんなことをしても無駄だ。単に試験に強い奴が増えるだけだ。」と言ったそうである。
  3. 才能の潜在性。見えている才能は、もっている才能のごく一部だけ、ということである。ときどき、万能の天才みたいな人がいる。それは凄いと思うが、私は、ある意味、潜在能力が、うまく顕在化されているだけだと思う。もちろん私は、才能の総量が、どの人間でも同じ、などと耳障りのいいことを言うつもりはない。そもそも、才能の総量が、計測可能と思うこと自体、ナンセンスである。

2007年4月24日

大学 - 自動車学校論

 私は、少なくない人がそういう経験があると思うが、高校時代、少しでも偏差値がよいとされる大学に入ろうと努力したくちであるので、今でも、偏差値によって格付けされる大学のランクなるものに、無神経ではないし、その呪縛から自由である訳ではない。しかし、下記のような議論も、確かに、私の本音の一部である。
 すなわち、大学は、結局、自動車学校と似た機能のものであり、それでよいのでは、というものである。私のように運転が苦手な者にとって特にそうであるが、何トンもの物体を、路上で操る操作というのは、そんなに簡単ではない。よって、そこに技能的訓練、及びもろもろの交通法規やマナーが関与する、というのは当然である。大学も結局、社会に出ていくための技能を身につけるための一機関にすぎない。ただ、ここでいう技能というのは、とても広い意味である。別にコンピュータのプログラミングの技能にとどまらず、アテネでソクラテスがどうしていた、というような一般的教養でもよい。
 でも、大学は結局、総合的な意味で、人生を乗り切るための力を身に付ける場所であって、丁度、自動車の免許をもっている人が、どの自動車学校を出たか、ということを議論するが陳腐なのと同じくらい、どの大学で学んだか、ということに拘ることは、非本質的なのではあるまいか。
 結局、人間の本質は、思考力であり、想像力であり、忍耐力であり、また、他人との協調性である。協調性には、他人の痛みや悲しみに共感する能力も含まれよう。結果的に、よい、とされる大学には、優秀な人材が沢山集まり、その中の切磋琢磨で、能力が鍛えられる、ということはある。しかし、無名の大学にあっても、カリキュラム自体は、有名大学にそれほど劣る訳ではないし、真面目に勉強して、きちんと身に着ければ、社会に通用する。ここでまた、前した議論の蒸し返しであるが、あるスキルを身につけたり、あることを深く考えるようになる、というために、ある教授の指導を受けることが、どれほど本質的なのだろうか。それよりも、じっくり沢山本を読み、よく考え、また、いろいろな経験を積んで、知見を深める、ということの方が本質的であり、私には、どうしても、そこに教授やチューターのような存在の必然性をあまり感じない。
 指導者の必要性を感じるのは、工学部での実験や演習、医学部での解剖実習、臨床実習などであり、ここにこそ、自動車学校とのアナロジが活きる。すなわち、必要な技能に達して、最終の試験に受からなければ、資格が認定されない訳であるから。
 もう1つの自動車学校のアナロジとして、自動車学校は、ある地域の裏道の存在を教えてくれないし、そもそも、道の覚え方も伝授してくれない。大学だって、ある訓練を通じての、基礎的なスキルの習得を助けてくれるだけで、自分の進むべき道の見つけ方をガイドすることは、あまりない。
 それでも、大学格差を世間がなくそうとしないのは、三位一体のところで述べたように、人間に、階層主義というものあるからである。古代から、ある村では、長を指名して、責任をもってもらう。その代わりに、長に意思決定にみんなが従う。こういう仕組みが、いわば、「意思決定の経済」という仕組みで、便利なものだから、人間は、自分を裸の意思決定にさらすことを恐れる。
 大学格差なるものがあると、一応、その出身大学で、能力を推定する、という習慣が生じ、それは、場合により便利である。しかし、それは結局、人物判断を、ある所与の世間の前提に委ねることであり、状況により、適切でないことも少なくない。
 ここでも、きちんと勉強して、人物を見る眼を養いなさい、ということになって、そういうのは努力を要するので、多くの人はしり込みすることになる。

小学生の全国一斉学力テスト

 本日、小学生の全国一斉学力テストが、43年ぶりに再開されたそうである。私は受けたことはないが、私よも少し年上の人は、受けたのだろう。それで、なぜ?というのが、素朴な疑問である。こういった全国一斉学力テストをすると、その点数で、全国の小学校を序列化することが可能となる。ああ、また人間が好きな、序列化が始まる、という感じである。
 文部科学省は、この点数の結果を、どう利用するのだろうか。例えば、平均点が低すぎる学校の教師に、「教育的指導」をするのだろうか。それで、直ちに見て取れる帰結は、下記のとおりである。
- このテストの傾向を、塾などが把握して、模擬テストを作り、テストてよい点を上げる気風を煽る。
- 生徒の点数で、学校の序列化が行われる。
- 生徒の点数で、教師の序列化が行われる。
- テストに関係ない科目や範囲が、一層疎かになる。
 既に、中高一貫校の進学熱が高まっており、このようなテストが、それに対して何かよい影響を及ぼすとは考えにくい。
 テストが終わった後、生徒にインタービューする場面がテレビであったが、楽しかった、という子供もいたり、緊張したけど充実していたという子供もいたり、こんなの二度と受けたくない、という子供もいた。人間の多様性からして、当然であろう。
 全国で、99%の子供が受験したが、愛知県の犬山市は、受けなかったという。なかなか勇気ある決断である。上記したような懸念があったのだろうが、バス乗り遅れる懸念はあったろう。
 私は、焦ることはないと思う。テストの好きな子供は、このテストで自信をつければいい。また、テストが嫌いで個性の子供は、こんなテストの結果なんか、あまり気にしなくて、別の個性を磨いてほしい。テストに強い子供も、強くない子供も、どちらも同じくらい未来に必要である。先生も、表面的には大勢に流されるのは仕方がないが、意地をもって独自路線を進む人もいてほしい。
 でも、結論として、こういうテストはやめてほしい。テスト漬けの人々はもう十分すぎるくらい、いるのだから。
 

2007年5月10日

英語学習について

 アルクという雑誌の最新号によると、日本人の英語学習の壁は、下記の順序だという。
1.時間がない
2.やる気がない
3.英語を使う機会がない
4.家族など周囲が協力的ではない
5.お金がない
 しかし、私の経験に鑑みると、一番の原因は、「3.英語を使う機会がない」であって、もともと英語が好きな一部の人を除けば、必要性がないと勉強する気にはとてもならない。
 では、必要性とは何かというと、身近には、入試、就職、昇進、英語の話者と付き合わざるを得ないこと、などがある。この中で、一番切実なのは、英語の話者と付き合わざるを得ないことである。例えば、私は英会話が大の苦手で、40歳になるまで、海外旅行で簡単な買い物、すなわち、How much ?に毛が生えたくらいしかしゃべれなかった。しかし、どうしても海外出張に行ったり、アメリカ人の上司と話さなくてはならなくなり、病気になりそうなくらい悩み、仕方なく毎日、2時間くらい、漫然とではあるが、英語のテープを聴くようにした。それでも、このアルクの本によると、3000時間の法則がある、という。すなわち、1日8時間英語を勉強して、丸1年。私のように1日に2時間だと、丸四年。ただ、40の手習いなので、5~6年かかり、それでも、まだとてもたどたどしくしか話せないし、ちょっと速くネイティブが話すとついていけない。話は戻るが、このような努力を、よほど好きでなければ、必要性がなければ、誰がするか、ということになる。
 最近では、就職や昇進にも、TOEICの点数が条件となつていることが多いと聞く。例えば、韓国の例であるが、サムスン物産という韓国の一流商社では、文系900点、理系850点のTOEICの点数が、そもそもの応募資格である、という。ロッテ系列の会社も軒並み850点以上が応募資格である、という。おいおい、大丈夫か、というのが私の懸念である。すなわち、TOEIC900点以上というのは、万人が努力して達成できるレベルを少し超えている(将棋でいえば、アマ3~4段レベルともいえるから、できる人には大したことはない、ともいえるが)。このように英語の才能がある人を集めると、私が理解している能力の凸凹の法則だと、英語の凸に応じて、他の能力の凹があり、特定の分野で凹があると、それを誰かが補わなくてはならない。しかし、みんなTOEIC900点以上だと、なかなか凹を補う人材がみつからない、ということになる。これは、ある意味、進化論が教える、サバイバルのための能力多様性の理論なのであるが、どうしてこんな簡単なことを、大企業ともあろうものが理解しないのか、とても怪訝である。
 また、日本人や韓国人が英語が苦手で、習得に大変な努力を要するのは理解できるが、ヨーロッパ人でも、意外に大変なのだという。それでも、ドイツ人やオランダ人は、ゲルマン語族ということで、同系なので、明らかに、他の言語の話者よりも習得が容易であるようだ。ただ、一部、ドイツ語、オランダ語的な英語になるのは仕方がない。ところが、ヨーロッパ人でもフランス人、スペイン人、イタリア人だとも決して英語は容易でないようだ。そもそも、発音体系からして違う。
 逆に、アメリカ人を見るがいい。これほど外国語が苦手な国民はいない。相当教養の高い人でも、結局、母国語の英語しかしゃべれなかったりする。これは1つには、どこにいっても英語で足りてしまう、ということがある。また、結局、異なる体系の外国語を習得する、ということはとても大変である、ということである。少なくとも言えることは、大部分のアメリカ人には、日本人の英語下手をわらう資格はない、ということである。

2007年5月19日

脳トレ

 新聞をみていたら、川島隆太・東北大学教授の「脳を鍛えましょう」と題して、いろいろな練習問題があった。しかし、それを見て愕然としてしまった。というのは、大脳の前頭葉の創造的な部分を刺激するものであるようには見えないからである。問題を引用してみる。
 まず、第1は、「余禄」を音読しましょう。
 これは要するに、毎日新聞のコラムである「余禄」のある記事を掲げて、これを速く正確に読む、というものである。ええっ、内容を理解して、感想を述べるんじゃないの?というのが、素朴な感想。
 次は、六枚の16枡パネルに間欠的に、ひらがなが入っていて、重ねたらどうなるでしょう、というもの。これも、ああそうなの、それで、という感じ。
 三番目は、囲碁の終盤の局面。次の一手は?とか、どちらが何目勝っているでしょう、というのかと思ったら、黒石が何個あるでしょう、だって。
 これって、呆け老人が、少しでも回復するリハビリ、というのなら分かる。でもそうでないなら、下手な俳句をひねっている方が、頭の活性化によいのではないだろうか。私は、上記のような脳トレが無意味だというのではない。しかし、例えば、会計業務を手伝いながら、その流れで計算をする、というように、何かのついでに脳トレのようなことをするのは賛成だが、それだけ切り離してトレーニングするのは、無味乾燥なのではないの、と素朴に思う次第である。

2007年5月23日

文系・理系

 大学での専門は、大きくは、文系・理系に分かれる。それで、ある友人から、大学で理系を専攻した人は、会社に入って事務的な仕事に就いていても、文系の人よりも頭がよいのではないかと思い込む傾向があるのではないか、と問題提起を受けたので、これについて考えてみる。
 するとまず、確かにそういう傾向はなくはないかもしれない。1つには、偏見であるが、また一部正しい面もなくはないが、文系は結構遊んでいても卒業できるのに、理系は、レポートや実験をきっちりこなさないと卒業できない、ということがある。よって、理系の人は、俺達は、文系の奴らよりもきっちり勉強してきたんだ、と思うことになる。ただ、説得力がなくなるとしたら、確かに大学では勉強したかもしれないが、会社に入ってからは、呑み会とゴルフなどにうつつをぬかすような場合である。また、会社に入ってからも真面目に勉強していたとしても、対人関係が苦手で、また協調性が低いと、なかなか仕事はうまくいかない。このようなとき、周りは、あいつ何やってるんだ、と思うし、本人は、俺は理系で偉いんだ、あいつらとは違うんだ、と思うことになる。
 さて、文系・理系という分け方は、私の意見では少し粗すぎる。次のような分類を提唱したい。
文系 :
法律・経済系
  哲学系
  文学系
理系
  理学系
  工学系
 文系の法律・経済系というのは、当然ながら、会社で一番羽振りがよい。規則を解釈し、現実的に適用するのがうまい。また、文言の論理解釈にとてもこだわり、そういうことに杜撰な人は、許容できない。
 哲学系は、大きな枠組みで、原理原則を考えているが、それを実際に適用することは、かならずしも得意ではない。内心、法律系・経済系を馬鹿にしているが、現実にはあまり恵まれない。女性にももてにくい。
 文学系は、感情の機微がこまやかである。人生論を語らせると、結構面白い。話題が豊富で、女性受けもよかったりする。しかし、会社生活で、人間味があるとは言ってもらえるが、出世するとは限らない。
 理学系は、文系の哲学系の理系版。理論的なことにこだわるが、かならずしも動く仕組みをつくれるとは限らない。一方、工学系は、理論はともかく、なにか作れる。実際向き。
 会社の出世とはまた別で、私の造語であるが、「知の司祭」のイドラというものがある。なんとなく、高尚なことをやっている、知っている、という印象を与える。例えば、理系の中では、数学が知の司祭と呼ばれる。例えば、物理学は、数学的・幾何学的であることを目指すが、数学は物理学的であることは目指さない。すると、数学 > 物理学 ということになる。
 この分でいくと、、「知の司祭」度は、下記のとおりとなる。
 理学系  > 哲学系 > 法律・経済系 > 工学系 > 文学系
 くりかえすが、これは、出世度、異性にもてる度と全く関係ない。また、大学での専攻とも全く関係ない。工学部出身でも実は技術には興味がなく、法律が好きだという人はいるし、理学系でも、本当は小説がかきたい、という人はいる。
 私が言いたいことは、本当は、序列なんて関係ないので、社会の構成要素として、お互いの個性を尊重しましょう、ということである。

2007年7月15日

イタリアの大学

 イタリアに、どのような大学があるか、よく知らない。きっと、ローマにはローマ大学があって、日本の東大のように、イタリアでは名門なのだろう、といかにも日本人的発想で、考えてしまう。あ、そういえば、思い出した。確か、イタリアのボローニャ大学は、世界最古の大学だったっけ。調べてみると、ダンテ、ガリレオ、コペルニクスが学んだ、というのだから、ローマ大学よりも、ボローニャ大学の方が、伝統という意味では、よほど名門、ということになる。ピサの斜塔で知られるピサ大学も名門で、ガリレオはここの卒業ということになっている。私が真っ先にローマ大学を思い起こしたのは、天才原子物理学者、エンリコ・フェルミが、ローマ大学の出身だったからである。
 このように、伝統という意味で、イタリアの大学が、世界に冠たることは、ほとんど疑いがなさそうである。するとまた、日本人的発想。イタリアの大学は、世界から秀才が押し寄せるので、入試は、とてつもなく難しいのだろう。
 ところが全く違う。イタリアの大学は、医学部など資格につながるいくつかの学部を除き、ほとんどの学部で入学試験がないのだそうである。要するに、登録すれば、誰でも入学できる。これは、SATなどの点数を要するアメリカの大学よりも更に、入りやすい。そもそも、登録しさえすればよいのだから、入りやすいとか、入りにくいとか、議論すること自体が意味がない。
 しかしである。予想されるように、イタリアの大学は、卒業することが、とてつもなく難しい。例えば、統計によると、入学した学生のうち、32%が1年以内に中退する。自発的に辞めるのか、それとも、中退を勧告されるのか、その辺は、分からない。さらに、規定の年数で卒業できるのは、なんと、1000人中、たったの18人である、という。このような状態であるから、イタリアで、大卒、というだけで大いに自慢できるのだという。いろいろな意味で、日本と大きな違いである。
 ただ、このような考え方はあるだろう。すなわち、入試がないのだから、とてつもなく能力の低い人も、入学することもあり得て、そういう人は、早々についていけなくて辞めてしまうので、中退率が高いのだろう、と。確かに、そういう面はあると思う。しかし、アインシュタインやダーウィンのような、入試は苦手であるが、ポテンシャル能力の高い人を、このようなシステムは、救うことができる。
 かくして、イタリアのような大学制度だと、少数の、とても能力の高い人達をじっくり養成できるだろう。車で言えば、フェラーリなど、少数の人が斬新なデザインで設計できる。
 ところが、工業化社会にあって、大衆車を量産する会社(トヨタのことを、私は想定している)に人材を送り込もうとすると、イタリアのような大学制度だと、甚だ能率が悪い。入試がないことによる、学生の能力の不均一から、一斉にあるレベルの教育をマスプロできない。この点で、入試である程度絞り込む、日本のような、あるいは中国や韓国のような大学入試制度は、意味があることになる。
 それでは、Web2.0といわれるような社会になってくるとどうだろうか。ううん、時間はかかるが、日本でも、イタリア型の大学も重要になってくるのだはないだろうか。個性重視、発想重視である。いずれにしても、生き残りは大変である。ただ、入試の重圧が低く、それでいてそれなりに名門とみなされ得る大学が、日本にも出来る、ということは意義があると思う。少なくとも東大は、そうならないだろう。日本の中枢にいる、東大出身の人達は、出身大学が、誰でも入れる大学になるこことを喜ぶはずがないからである。

2007年7月19日

秀才は作れるか

 私が、昔から考えてる命題の1つに、「秀才は作れるか」というものである。これは、言い換えると、「どのような人材でも、教育環境を整えてあげれば、秀才になるか」という命題である。
 先ず、秀才ではなく、一般的な人間の知能という意味では、それは、作らなくてはならない、ということは、狼に育てられた少女の例からも明らかで、人間は、生まれてからある一定期間内に言葉やその他の文化を教えないと、標準的な知能さえももつに至らない。
 ところが、世間でいうよい学校の入試に合格できることを以って秀才と定義し、「秀才は作れるか」ということになると、議論は分かれるであろう。ここで明らかに言えることは、若年の入試であるほど、無理やり作りやすい、ということである。例えば、子供を慶応の幼稚舎に入れるために躍起になる親がいるが、これは、親の家庭環境がそこそこで、子供がある程度従順であれば、うまくいくかもしれない。しかし、小学入試、中学入試、高校入試と、年齢が上がっていくにつれて、自我が強くなってきて、地道な勉強の努力が苦手な子供だと、次第に、受験指導を素直に受け入れにくくなってくるであろう。
 それでも、受験に定評のある高校は、必要な指導教程を高校2年の中頃あたりで終えてしまって、あとはひたすら受験指導する、というから、そういう風にすれば、必然的に、世間でいうよい大学に受かる人数が増えるのは、ほとんど統計的必然であろう。
 よって、「秀才は作れるか」という命題に対しては、YESと答えて、それで終わりである。
 しかし、と私の思索は、ここから始まる。先ず、秀才を作ろうとしても、受験勉強の素質がある程度ある人を前提としなくてはならない、ということである。世間のかなりの子供は、受験勉強の十分な素質をもっていない。だから世間の親がやきもきするのであるが、そういう素質のない子供に無理して受験勉強をさせても、多くの場合、精神的な歪をきたし、最悪の場合、不登校、家庭内暴力、自殺などにつながる。よって、もともと、「秀才は作れるか」に対する答えは、留保つきYESなのである。ここのところが分かっていない親が多すぎる。例えば、100mを11秒で走れるというのは、世間からみて相当速いが、努力すれば万人が達成できるレベルとは普通、誰も信じないだろう。しかし、学校の勉強となると、みんな、あるメソッドで学べば、何となり、ではないのは、単に努力不足である、と思ってしまう。決してそうではなく、運動に運動音痴があるように、勉強に勉痴があることをいくら強調しすぎても、しすぎることはない。
 また、受験指導で秀才がめでたく作られ、よい大学に入ったとする。それでめでたしなのだろうか。私はそうではないと思う。大学に入って、学問をしようしたとき、作られた秀才の能力は役に立たないことを知るだろう。すなわち、そこでは、問題意識、人生観、創造性、他者との協調性が問われるからである。ここにきて、秀才は、実は作りえない、と認識することになる。
 ただ、大学といっても広うござんすで、受験秀才がそのまま活躍する場がある。それが、公務員試験であり、あるいは、司法試験などの資格試験であろう。そこでは、確かに受験能力が活きる。作られた秀才のどこが悪い、という議論が再び復活する。
 だから、「秀才は作れるか」という命題を語るとき、その論じる分野を明確に分けるべきであろう。それがきちんとんされていないので、とても中途半端な議論になってしまった。
 無理やりまめてみると、次のとおりである。
 ある才能をもっている人にとって、その才能の方向では、確かに、秀才は作りえる。
 しかし、才能が欠如しているとき、それを補うような「秀才の作り方」は、ない、と断言してよいのではないか。
 そこで問題になるのは、才能の有無をどうやって見極めるか、である。それは結局、必要条件として、ある努力の後に、そのことを楽しんで努力できるかどうかであり、十分条件として、数年以内の努力で頭角をあらわすことであろう。
 また、哲学的、文学的才能のように、とてもロング・レンジのものがあり、そういう人生観がにじみ出るようなものは、とうてい作りえない、と、甚だ穏当な、インパクトのない結論であった。
 

2007年12月18日

米国の大学の学費

 渡辺千賀さんのブログによると、ハーバード大学の学費は、年間3万ドルくらいかかり、これに生活費を合わせると、年間4万5000ドルくらいかかり、相当の負担なのだという。最近、「間違ってさえいない(Not Even Wrong)」という、スーパーストリング理論を批判した物理学の啓蒙書を読んだとき、プロローグで、ハーバード大学卒の物理学者である著者が、ハーバード大学に行かせてくれてとても両親に感謝している、と書いてあり、なんかこの文脈で違和感を覚えた。しかし、そういう経緯なのか、と納得がいった。きっと、著者の家庭は、あまり裕福ではなかったのかもしれない。
 そのハーバード大学であるが、最近、学費値下げを決定した、という。というのは、寄付金を運用していたら、寧ろ、資金が増えてきて、余裕があるせいなのだという。この寄付金というのが面白く、ものの本によると、米国では、ハーバードなどの一流大学でも、あるレベルの寄付金を出すと、無試験で大学に入れてくれるのだという。確か、かのケネディ大統領も、勉強的にはかなり劣等生だったらしいが、この仕組みで、ハーバード大学の学生になった。勉強についていくのに苦労したらしいが。こういうのを見て、なんとアンフェアと思うだろうか。しかし、どうも、米国ではそうでないようである。すなわち、日本だったら、例えば、寄付金だけで慶応大学に合格できると、大変な非難を浴びるであろう。というのは、日本では、学歴が大きなラベルであり、慶応大学卒という事実だけで、優秀と見做されてしまう。その実力が真に問われる機会はあるのだけれども、日常的にはそうなる。ところが、米国では、ハーバード大学というと、一応は優秀と思ってもらえるかもしれないが、それで仕事をやってできなければそれで終わり、名門大学という学歴自体はあまり通用しないのではないか。すると、買えるものなら、それで学歴を買ってもよいのではないか、ということになる。
 さて、ハーバード大学の学費が年間3万ドルというと、日本のレベルだと、私立医歯系でもないかぎり、比較すると相当に高い。隈なく調べた訳ではないが、日本の私立文系だと、年間せいぜい、100万円くらいだろう。まあ、その分、米国では、中身の濃い教育がなされるのだろう。
 それでは、ハーバード大学は、米国でレベルも一流なら学費も一流かというと、どうもそうではないらしい。あるWebページによると、米国の大学の年間学費ランキングは、下記のとおりである。
1. Landmark - $ 37,738
2. George Washington University - $ 36,400
3. University of Richmond - $ 34,850
4. Sarah Lawrence - $ 34,042
5. Kenyon - $ 33,930
6. Vassar - $ 33,800
7. Trinity - $ 33,630
8. Bennington - $ 33,570
9. Simon's Rock College of Band - $ 33,364
10. Hamilton - $ 33,350

 これを見ると、私は、George Washington University以外、あまり知らないが、推察するに、米国では、日本ほど、大学の序列は関係ないので、あまりこだわらず、行けるところに行くのだろう。米国は、どうも、大学進学に関する限りであるが、お金さえあれば、なんとでもなる世界のような気がする。 それで、学費の高い大学は、校舎が綺麗とか、サポートがきめ細かいとか、いろいろメリットがあり、選ばれているような気がする。
 ただ、素朴な感想として、米国の大学の学費は高すぎである。これでは、貧しい生まれの人が頑張って勉強して、上流階級にのし上る、ということが、米国では難しいのではないか。なんとかんのと言っても、妙な偏差値の序列はあっても、その点は、日本の方がましではないか、と思う次第である。

2008年1月 4日

小皇帝

 小皇帝とは、文字どおりの意味は、中華人民共和国の一人っ子政策で生まれた中国の子供で、特に男子をいう。一人っ子に過度の期待をかけられ、過保護に育てられた子供のことを言う。
 ところが、最近では、中華人民共和国で、子供のときから塾で勉強漬けになって、よい大学への進学の途を歩ませられる子供のことを言うようになった。
 そういう傾向は当然に日本にも、また、韓国にもあるが、中華人民共和国では、何しろ、大学進学率が低い、というか、そもそも、大学の数と定員が著しく少ない。だから、とにもかくにも、あまり進学が困難ではない多数の大学を擁する日本や韓国とは、その厳しさからして違う。
 また、中国というと何といっても、科挙の伝統がある。とても難しい試験を突破した者が国の中枢の地位に就き、国を治めるという思想である。そのような古き雰囲気を中国は払拭しきれていないのではないか。
 すなわち、毛沢東が進めた文化大革命の時代は、学者、医者などの知識階級が、弾圧の対象になった。文化大革命の間は、孔子や儒教も、反動的と看做された。
 ところが、中華人民共和国で、資本主義的な側面が助長されるにつれて、知識階級がやはり重要ということになって、エリートたる者、高い教育を受けていなくてはならない、ということになった。それが、勉強漬けに晒される小皇帝達ということになる。
 しかしである、進学塾に通わされる日本の子供達もそうであるが、小学校くらいで嬉々として受験勉強にいそしむ子供達はせいぜい、全体の一割程度であろう。他の子供達はやはり、楽しく遊びたいのであり、もし、どんな子供も詰め込み教育を受けることに唯々諾々だと、空恐ろしい。
 すると、中華人民共和国の小皇帝で、もうこんな勉強なんて嫌だ、と悲鳴をあげる子供が沢山いるに違いないと想像できる。そうやって勉強の嫌いな子供を勉強で追い込むことの恐ろしさは、いくら強調してもしすぎることはない。
 そもそも、なにかのペーパーテストの出来でエリートを決めるということの危うさを、中華人民共和国は思い出すべきである。そうやって科挙の制度を過度に推し進めた結果、中国では科学技術ですっかり遅れをとってしまい、日本や列強の蹂躙を許してしまった。
 この点、本当はもう結論が出ているのではなかろうか。すなわち、緩く選別して、あとは、そのメンバーで競争させる、というのが高等教育でも、一番効率的、ということである。例えば、米国の弁護士のようなものである。日本の司法試験は、米国の対応する試験に比べて、ずっと難しい。では、米国の司法制度が日本よりずっと劣っているか、というとそんなことはなく、寧ろ、その層の厚さから来るレベルは、日本よりも米国が上であろう。
 だから、中国がとるべき策は、あまり入試が難しくない大学を沢山つくり、そこと、精華大学や北京大学のようなエリート大学の学生と競わせればよいのである。すると、結構、無名大学でも特異な才能を発揮して、エリート大学の学生を凌駕する者もあらわれてくることが分かるだろう。
 ただ、当面、そうもいかないので、少数の大学に志望者が殺到するという事態は変わらず、小皇帝は勉強の試練にさらされる。私はただ、自殺したり精神的におかしくなったりする小皇帝がでてこないことを願う。あと、ただ試験が出来るだけでエリートになったと勘違いする小皇帝も、であるが。

2008年1月 7日

外交官と語学力

 新聞のある欄に、元フランス大使の矢田部 厚彦という人が、次のような趣旨の論説を寄せていた。すなわち、職業外交官というのは、技術者である、と。なんの技術者かというと、外国語を通じて、外国人と意思を疎通しあう技術をもつ、技術者だ、というのである。
 その趣旨に異論はない。確かに、全く外国語が理解できない外交官、というものを想定することはできない。矢田部氏は、こう続ける。優れた外交官であるためには、外国語以外に、洞察力、観察力、判断力、機知、勇気、忍耐、冷静さ、教養、人間的魅力、忠誠心などが必要である、と。それにも異論はない。
 そこから矢田部氏は、再び語学のスキルに戻り、こう述べる。すなわち、日本語を母国語とする、ということは、孤立した言語族であるため、西欧語を理解するうえでとても不利である。世界には、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語などのうちのいくかを駆使するだけではなく、アラビア語、中国語、ヒンディー語、スワヒリ語などにも堪能な外交官はざらにいる。こういう語学力に鑑みると、わが国の外交官の語学力は、真に貧弱であり、到底五分に伍することはできない、と嘆く。そうして、外交官試験に合格してから特殊語学の修行をするのでは遅いので、中学・高校生レベルで、語学の才能をもつ者を抜擢して、奨学金を与え、且つ諸外国へ留学させ、そこの大学を卒業させることにより、語学力の高い外交官を確保すべし、という一見尤もらしい意見を述べる。
 しかし、私は、これには同意しない。というのは、折角外交官に必要なスキルとして、語学以外に、洞察力、観察力、判断力、機知、勇気、忍耐、冷静さ、教養、人間的魅力、忠誠心を挙げておきながら、それらが等閑になっている。また、上記議論では、手段としての語学力が、すっかり目的になってしまっている。
 私の拙い理解では、外交官にまず必要なのは、高い職業倫理と、日本国家の利益のためのグランドデザインの理解と、戦略的思考である。また、自国と他国の歴史と文化に対する深い理解である。それなしで、単なる語学屋が、外交官として何をかなさんやである。そうした資質の上で、語学力を問えばよい。そういう有意の人材が、卓越した語学力をもつなら、それはなんと幸いなのだろう。ただ、そういう僥倖を恃む人材制度は、無理がある。私の意見では、多言語屋で高い見識をもつ人は少ない。翻訳機のようなものだからである。まず、歴史や哲学の深い素養を問うべきで、語学が苦手なら、語学の技術屋の助けを借りればいいのである。

2008年1月10日

学歴考

 結構微妙な問題であるが、一度きちんと論じておきたかったこととして、大学入試というか学歴のことがある。特に日本では、大学が偏差値、伝統その他で細かく格付けされていて、多くの人は、少しでも高いランクの大学に入りたい、子供を入れたい、と思っている。こういうと今更何を言うか、と言われそうである。
 で、その理由は、次のようなものであろう。
1.ランクの高い大学を卒業すると、就職や結婚に有利である。
2.親戚や友人に対しても、鼻が高い。
3.高い収入が期待できそうである。
4.自尊心を満足することができる。
 ところが、上記1と3は、次第に翳ってきている。例えば、ある一流といわれる会社があるとする。そこには、ランクの高い大学の真ん中くらいの成績だと、入れるとする。ところが、相対的に低いと言われているランクの大学でも、上位の成績だったり、なにか特技があると、その一流といわれる会社といわれる会社に入社できたりする。それで、ランクの高い大学の卒業生の方が生涯に亘って高い収入を得るかというと、実は、ほとんど関係がない。そこで昇進し高い給与を得るためには、周囲との協調性、実務能力、安易にキレない忍耐力、体力、などが必要であり、卒業大学がどうであれ、思ったほど差がつかないようである。
 もし、自分がランクの高い大学の卒業生であることに自負を抱く人は、そこで、なんであんな大学の出身の奴に負けるのか、と地団駄踏んだりすることもあろう。
 ただ、これは比較的最近の傾向で、私の友人で、三菱重工に入社した人がいたが、東大出身とそうでない人で、昇進がはっきり違う、と言っていた。それは30年も前の話なので、いまは多少違うかもしれない。
 それで、なんとか大学のランクを主張したい人は、公務員になるよりない。そこだと、いまでも、学閥がかなり生きている。ただ、公務員試験の成績も効いてくるので、そこでよい成績を収めておく必要はある。
 学歴がもっと関係ないのは、実務の世界、例えば、プログラマ、建築士などである。そこでも、ラベルとしての学歴は一応注目される。おお、東大なんだね、と。でも、プログラマでいつまでもしょぼいコーディングしていたら、東大だろうと関係ない。結局、スマートに動くコードを書けないと意味ないし、建築士も、まともな設計できなければ仕方ない。
 しかし、である。大学入試の試験がいくら、単なる記憶だ、パターン化されている、結論の出る問題しかない、と言っても、知的能力の、かなりよい測定指標であることは疑えない。例えば、プログラマで優秀な人、というのは、やはり結構東大出身だったりするのである。別の例でいうと、私の趣味の将棋といえば、これほど実力主義のゲームもなかなかないが、大学対抗戦とかあると、やはり強いのは、東大、早慶、地方では旧帝大なのであって、入試の力との因果関係は否定できない。
 でも、と私は続ける。それは結果的に、ランクの高い大学の卒業生に、知的能力の高い人の比率が高いのであって、逆ではない、ということをいくら強調してもしすぎることはない。すなわち、知的能力の高い人がすべてランクの高い大学出身ではない、ということである。
 それでも、多くの親が子供が小さいときから塾にいかせて有名中学・高校→ランクの高い大学に行かせようと努力するのは、ラベル付けを得たいということに他ならない。すなわち、一旦東大に入れると、よし中退になろうと、東大に入ったという、一生消えない刻印により、自分は頭がいいんだ、と思い込むことができる。どうも、お金よりも、これこそが親が、なんとしても手にいれたいもののようで、子供もそれに沿っている。
 ある本によると、東大の学内新聞に、バイトに行って、君どこの大学、と聞かれた話が載っている。そこで、いえ別に名乗るほどでは、と答えたところ、相手の学生は東工大だったと後で分かった、という。そこで、その東大の学生は、学内新聞に、東工大と東大のその埋めがたい差、分かるかね、みたいに書いていた、というが、私からみたら、東大も東工大も、理工的実績でそんなに大差ない。でも、その微差を膨大に解釈して、自尊心を満足するために、子供たちはがんばって勉強しているんだね、健気?だね、とここでも私は人間の深い性(さが)をみるのである。これってもしかしたら、ルワンダでフツ族とツチ族が争い、フランス革命で平民が貴族を虐殺した、あの情熱と同質かもしれない。しかし、あまりに人間に普遍的であるがゆえに、誰も素直に笑い飛ばせないのである。

2008年1月14日

東大のカルロス・ゴーン

 「最高学府はバカだらけ」石渡嶺司著、光文社新書で、今更知ったのだが、東大は、ハーバード、エール、オックスフォードなど、海外一流大学に対抗するため、民間から、経営感覚がある人材を招聘して、副理事の要職に就けたのだという。その名は、竹原敬二。元リクルートの常務。こう書くと、いかにも竹原氏は、東大出身のようだが、実は、岡山大学法文学部卒。奇しくも、元検事の田中森一氏と同じである。岡山大学出身者には、意外にユニークな人材がいるものである。
 竹原氏は、リクルートで、フリーマガジンのホットペッパーや、起業情報雑誌アントレを立ち上げた。その手腕に東大は惚れこみ、副理事の地位でスカウトしたのだが、年収は半分以下になったそうである。でも、象牙の塔を活性化させる、という仕事に遣り甲斐を感じる気持ちは分かる。
 そこで2004年から開始した企画は、次のようなものだったらしい。
- キャリアサポート室を立ち上げて、就職活動のサポート:東大でも、就職に苦労する人が結構いるらしい。「就職に困っているわけではないので、就職活動スキルやテクニックはあまり考えていません。全体として3つの柱で考えています。第1は学生若手OBとのダイレクトな交流の場作りです。研究者・公務員・経営者などカテゴリーごとに場を作っています。」という竹原氏の、いかにも東大らしい贅沢なコメントがある。
- OBとの就職相談イベントの開催:慶応大学が、三田会と称してすでにやっいることの組織化であろうか。
- 大学案内の発行
- 格付け投資センターの格付け取得
- コミュニケーション・センターの設置
 石渡によると、コミュニケーション・センターとは、東大に関連したお土産グッズを販売する場所だそうである。例えば、東大の天体観測所で撮った写真のクリアファイル、農学部で保存していた麹菌を使った焼酎など。それが結構な利益(単年度純利益3000万円程度)になった、というのだから、竹原氏の手腕は、流石である。
 そのような活動を面白いと思う人も東大にいたと思うが、多くの教職員は、全く異なる企業文化でいろいろやられて、不愉快であったろう。そのため、竹原氏は、かなり軋轢を受けた、と想像する。
 ところが、あろうことか、竹原氏は、2007年2月15日、電車内の痴漢で、現行犯逮捕されてしまう。それで、仕方がないかもしれないが、東大は、竹原氏を解雇してしまった。そのとき、竹原氏は、53歳であった。それから思い出す事件がある。学校の校長を民間から登用する企画があり、三菱商事に勤務していた人が、広島県世羅という高校の校長に応募し、登用された。しかし、結局、どうも校長職はうまくいかず、その人は悩んで自殺してしまった。自殺と痴漢は違うが、あるコンピュータ会社で、とても腕利きのSEが、プロジェクトがとても大変な最中に、電車でつい痴漢をしてしまい、解雇される事件があったと聞いたことがある。男だったら、痴漢をしてしまう確率はゼロではない。ただ、普通は、理性でとりあえず抑えることに困難はないが、極度のストレスで、抑えが外れてしまうことがある。悲しい男の性(さが)であろう。
 ともかく、現在のように大学といえども世界の大学その他の研究機関と競争になると、経営の専門家、資金運用の専門家、宣伝の専門家、知的財産の専門家、コンプライアンスの専門家など、企業経験がある者を雇う必要が出てくる。その際、その大学出身者であれば軋轢も小さかろうが、改革はお手盛りになりやすい。そこで、東大の経営陣もあえて東大出身でない竹原氏に白羽の矢をたてたのだろう。IBMの改革のときも、あえてコンピュータ業界の素人でナビスコにいたガースナー氏で成功したのである。日産のゴーン氏はというと、しがらみのなさに期待されたか。ともかく、東大などに乗り込んでいって改革をすることは火中の栗を拾うことである、と今更感じる。

2008年1月18日

受験と知能

 受験シーズンであるので、もう何万回論じられたかもしれない受験と知能というトピックに関して、屋上屋を記してみる。
 まず、大学入試ということでいうなら、合格できるレベルは、かなりの程度、その人の所与である。はっきり言うと、どんなに努力しても東大には合格できない人は少なくない、ということである。言うまでもないか。
 一方で、名門の学校には、その若い段階であるほど、生来の能力に拘わらず、なんとかなりやすい。例えば、名門幼稚園というのは、名門大学というのよりも、親の努力でなんとかなる可能性がある。
 ここから言えることは、名門の小学校や名門の中学に無理して入れても、生来の受験の能力がないと、結局、難関の大学には合格できないことになる。そこを勘違いして、無理を強いると、奈良の、自宅に火をつけて、家族を焼死させた高校生のようになる可能性がある、あれは極端であるが。
 もちろん、受験のテクニックを身に着けることにより、ある程度、受験の能力は、嵩上げすることができる。しかし、それにあまり期待してはいけない。
 一方、生来の受験の能力がある者が、あまり名門でない高校に行った場合はどうなるか。その高校で、難関の大学を受験する者がいないと、本人もそこそこで安住するかもしれない。それはそれで、特に問題がある訳ではない。ただ、もし、何かの機会に、難関の大学を目指したとすると、生来の受験の能力があると、片田舎の乏しい環境でも、意外になんとかなるようだ。例えば、片田舎の小さい本屋で、受験参考書を買ってきて、しつこく問題を解くだけでいい。それで、本当に生来の受験の能力があれば、東大にも受かれるかもしれない。
 さて、受験の能力と、知能との関係であるが、私は、受験の能力が優れた者の9割は、知能に優れると思う。例を挙げると、優秀な数学者の9割は、受験勉強でそんなに苦労しないで、結構難関の大学に受かれている。苦労しない、というのは、勉強しない、という意味ではない。受験勉強に何ら悲壮感が漂わないという意味である。ところが、受験の能力が優れた者の1割は、実はあまり知能が高くなくて、大学に入って授業についていけなくなったりする。1割ではなくて、5%くらいかもしれないが。一方で、受験の能力がそんなでもない人の1割くらいは、実はかなりの知能の持ち主であったりする。アインシュタイン、ダーウィン、エジソンなどがそうである。こういう人は、現代の日本では、なかなか日の目をみない。まあ、それでも、本人が腐らなければ、それでいいのであるが。
 受験の能力がそんなでもない人の9割は、知能もそれほどでもない。しかし、何一つ悲観する必要はない。知識社会だからと言って、知能を要する仕事ばかりではない。しかも、受験の能力を目安とすると、学問的な知能だから、知能全体の一部しか見ていない。例えば、サッカーだって、野球だって、また、登山だって、別の知能を要する。コンピュータ・プログラミングだって、受験の能力とはかなり違う。
 で、結論だけれども、優秀だろうが、優秀でなかろうが、そんなのは結局、どうでもいいのではないだろうか。そんなことを言ったら、議論自体が意味がない? まあ、そうなんだけど。

2008年1月19日

早期教育批判

 ある古本屋の100円均一の籠に、「ちょっと待って早期教育」保坂展人、学陽書房という本があった。1996年1月刊だから、もう12年前に出版されたものである。私が知る「保坂」は、ノンフィクション作家の保阪正康である。実は、一瞬、保阪正康かと勘違いした。
 先ず、この保坂展人氏の経歴が凄い。どこかの中学に通っていたとき、真面目に勉強することに疑問をもち、突然、勉強を「降りて」しまい、学校批判のビラを配り始める。それでも、中学は、義務教育だから卒業できる。ところが、そこで受験した高校が全て不合格となる。どうも、内申に、学校批判のことが書かれたらしい。そこから本人は、意地でも、大学受験用の検定試験さえ受けることなく、すなわち、中卒の学歴で、海外を旅行したり、本を読んだり、友人と付き合ったりしながら、思索を深め、評論家として本を出している。
 そういう、ある意味エキセントリックな経歴をもちながら、彼の早期教育批判は、結構穏当である。彼は、公文式と七田式の幼児教育を批判する。すなわち、3歳はおろか、0歳、あるいは胎教から教育を謳い、手を拱いていると手遅れになりますよ、という誘惑に、よの親、特に母親が抗し切れない、と批判する。
 公文式や七田式の論理は、子供の脳は、6歳までにその配線が完成するので、それまでに頭を鍛えておかなくては手遅れになる、というものである。このとき脳、特に、右脳を鍛えると、高い確率で天才になる、ともいう。
 保坂展人氏は、これがいかに間違えているか、それによって情緒不安定になった子供の例を引きながら、批判する。何人かの医師の、幼児教育が医学的に根拠がない、とする説も引用する。
 では、七田式の現在の様子はどうなのだろうか、とWebで確認してみた。すると、Webで見る限り、七田式は健在である。例えば、「何才くらいから始めればいいのですか?」という想定質問がある。それに対して、「出来れば、胎教から始めていただくのが一番です。幼児コースでは、4、5ヶ月ぐらいから通われています。「そんなに早くから始めて一体何をするの?」と思われるかも知れませんが、母子の一体感を大切にし、赤ちゃんが生来持っている優れた能力を無理なく遊びの中で引き出していきます。オリジナル教材でインプット中心に楽しくレッスンを行います。もちろん何才から始めても遅いということはありません。出来るだけ早く始めた方が無理なく能力を引き出せるということです。」
 ああ、12年前の保坂展人氏に記述されていた例から、一歩も進歩していない。もし、七田式が今も隆盛だとすると、その理由は分かる。世の中の不透明性は、12年前よりも高まっていて、冷静に考えたら、高い偏差値の大学、高い学歴の効果は、より見えにくくなっているはずである。しかし、子供を少しでもよい位置に就けたい親としては、どうしてよいのか分からない、すると、とりあえず、目の前の分かりやすい方法で、子供を鍛えておくに如くはない、ということになる。
 それで、私の意見では、早期教育というのは、次のような場合だけ、限定的に有効だと思う。
 すなわち、幼児に明らかに、他の子供と違って、あることに特別の嗜好が認められる場合である。例えば、ある将棋のプロは、赤ん坊のとき、泣いていても、将棋の駒を持たせると、泣き止んだそうである。こういう場合、かなりの確率で将棋の才能があるので、小さい頃から教え込んでもよいと思う(依然として、やりすぎることのリスクはあるが)。実際、才能というものは凄いもので、囲碁の趙治勲などは、幼稚園児のとき既に、プロ初段、すなわち、アマチュア最高峰の棋力があったそうである。
 これも似た例になるかもしれないが、物理学者の湯川秀樹の随筆を読んでいたら、幼少の頃、無理やり、漢籍を読まされたという経験を書いていた。もともと、湯川秀樹の実家の小川家は、中国学の伝統の家であった。湯川秀樹は、その経験が随分嫌だったらしいが、そのことは学校に行って漢文を習ったとき、他の人よりもスラスラと理解できた、ということで、意味はあった、と言っている。
 別の例も挙げよう。数学者のハミルトンは、大変偉い人で、ハミルトンが考案したハミルトニアンという形式なしでは、今の物理学の理論そのものが記述できないくらいであるが、幼少の頃から天才教育を受け、6歳の頃には、ギリシャ語、ラテン語がすらすら読めた、というから半端ではない。ところが、そういう幼少の頃からの教育の反動か、青年になってひどい鬱病のような症状に襲わることを繰り返した。その間、力学形式や四元数などの画期的に理論を考えつくのであるが、とても孤独で悲惨な晩年で、死んだときはとても惨めだった。
 だから結論として、私は、早期教育というのは、リスクが高いと思う。そして、早期教育なんか全くしなくても、子供の頃田舎で楽しく暮らして、今に至る私くらいにはなれる、とは言ってはみるのだが、私がいかなる意味でもエリートではないので、聞く方も白けてしまう、という次第である。

2008年1月23日

静謐の時間

 アインシュタインの伝記を読んでいたら、アインシュタインは若い頃、物理の研究を続けるために、靴屋になりたい、と思ったことがあったそうである。なぜ靴屋かというと、どうも、ドイツのあたりの田舎の靴屋は、暇なのだろう。ときどき、トントンと靴に鋲を打ち、静謐の時間の中で、じっくりと空間と時間の秘密に思いを馳せ、ふと数式をメモする、そんな生活が理想だったようだ。下手に知的な仕事は、却って思考が邪魔されると思ったらしい。ただ、学会で名声を得た後の、プリンストン高級研究所のテニュアの地位は、靴屋ではないけれども、アインシュタインには理想的だったろう。なにしろ、一切の教育や論文を書く義務もなく、日長研究にいそしむことができる。疲れてくると、外を散歩するのだが、自然環境豊かなプリンストンの片田舎の風情が、またいい。プリンストン高級研究所には、ヘルマン・ワイルなどの優れた数学者もいて、アイデアを得たり、話を聞いてもらうこともできた。それで結局、アインシュタインが目指した統一場理論が身を結ばなかったのは、単に、問題がとてつもなく難しすぎただけのことである。いかなる意味でも、静謐が足りなかった訳ではない。
 静謐ということでは、スピノザは、レンズを磨きながら、思索に励んだ。アインシュタインの靴屋志向といい、どうも、思索には、単純作業が向くようである。あと、編み物、簡単な料理、散歩とか。間違っても株式投資なんてやってはいけない。静謐には最悪である。おっと、これは偏見か。
 アインシュタインやスピノザをひきあいに出して、それから私自身のことに言及するのは、おこがましいにも程があるが、私が幸いだったのは、中学に入ったときから少なくとも6年間、最良の静謐の時がもてたことである。そこで、母方の祖母に言及させて戴く。母方の祖母は、昭和20年の4月に、夫を戦死で失った。フィリピンに出稼ぎに出ているとき、現地で徴用されたのである。それから、苦労して、女三人、男一人の4人の子供を育てた。私の母は、長女である。
 そこで、母の一番下の妹が嫁に行ったとき、ついに、祖母は一人暮らしになった。息子は、船員で、ほとんど帰ってこないからである。その空白を埋めるために、私が祖母の家で暮らすことになった。実は、祖母の家と私の実家は、歩いて1分の距離である。簡単に行き来できる。
 そうして、祖母とその孫である私の、幸福な日々が始まった。祖母は、昔気質の女性で、一人で4人の子供を育てたのだから、気が強い。ときどき毒舌も吐く。間違っても、孫を猫可愛がりしたりしない。しかし、うまく距離をとってくれて、夜勉強していたら、さりげなく夜食を作ってくれたりして、私はとても快適な静謐な時間を過ごすことができた。だから、中学・高校と、私になりきちんと学校の勉強ができたことは、この安定した静謐のお陰と思っている。
 また、世の中で、犯罪者の経歴をみると、大抵、子供のとき親が離婚したり、親に虐待されたりした経験をもつ者が多い。その点、私は、子供の頃病気勝ちでとても貧乏だったか、両親からの配慮と、特に、母方の祖母が面倒見てくれたことで、肉親の愛情というものに不足を感じたことは一度もない。それで、結構癇の強い人間であるにも拘わらず、ここまで道を踏み外さないでやってこれた、と信じている。
 それに関して、私の今の知的能力(という程でもないが)は、この中学・高校の6年間の静謐に負うところがとても大きい。田舎にいて、両親も祖母も無学なので、また、塾もないので、勉強が分からなくても誰にも教われなかったため、ともかく自分で考えるしかなかった。このときの勉強も、学校の教科書の範囲を一歩も出ることができなくて、中学三年のとき、工業高専の入試問題を見たが、さっぱり分からなかった。それで、普通に、教科書の範囲で合格できる県立高校に行った。
 とても一般化できないが、私にとって、親が無学で、且つ、がちがちの進学向け私立の中学・高校のようなところに行かされなくて、本当によかったと思う。例えば、親が大学教授かなにかだったしよう。そうして、無理やり勉強させられて、有名私立中学に入れられ、しごかれていたとしても、私の受験能力だと、どんなに頑張っても東大に受かれたとは思わない。しかし、もし東大にたまたま合格していたとしても、私の知的能力はも今よりもビタ一文高くなっていないと断言できる。寧ろ、中学・高校の6年間の静謐を欠いていたことにより、間違いなく知的能力は、今よりも悲惨であったろう。
 私のような志向の人間で、有名私立中学・高校で潰れている者も結構いるのではないか、と考えると辛いものはある。

2008年2月 7日

努力と才能

 1の逆数は、1であり、2の逆数は、0.5、3の逆数は0.33.. こういう逆数を1から順に、ずっと足していくと、足される項は次第に小さくなっていくが、しかし、無限まで足すと、その和は、無限に発散する。だから、どんなレベルを設定しても、足していく項数を増やせば、必ずそのレベルは超える。世間が、努力に対して考えていることはこれに近いのではないか。大抵のことは、努力で克服できる、と。
 それが、自動車の免許をとるとか、英検2級、将棋の初段レベルであるなら、あるいはそうかもしれない。しかし、どうも一般にはそれはいえないようである。寧ろ私は、とても図式的であるが、努力曲線を、A / (1 + e-x) で、xを0から次第に増やしていくようなものと考えた方がいいような気がする。
 このように努力曲線を想定すると、どんなに努力してもAがせいぜいである。よって、もし達しなくてはならないレベルが、A' > Aであるなら、そういう努力は無駄になるので、最初から試みない方がいいということになる。
 例を挙げよう。先ず、分かりやすい例。私は、運動全般が苦手であるが、特徴的なのは、短距離走の遅さである。今走ったら、おそらく、100m、20秒くらいであろう。では、若いときから真剣に努力していたらどうか。証明できないが、まあ、100m、14秒を切ることはできないであろう。すると、陸上選手的には、何の意味もない。もし私が短距離走に一生を掛けていたら、それは記録的にはであるが、とても虚しいものになる。
 もうちょっとましな例を挙げよう。私がいまいる会社は、2万人くらい社員がいる。そして、粗い推察であるが、この2万人の社員の中で、私よりも将棋の才能がありそうなのは、ざっとみて5人いるかどうか。どうあまくみても20人はいない。20/20000という数字は、まあまあの才能を示唆する。
 それで、私は、大阪にいたとき、正棋会という将棋のアマチュア強豪団体に属して、研鑽した。とりあえずの目標は、大阪という地で、例えばアマチュア名人戦の代表になることであった。正棋会というところで、少なくとも平均よりは強いということは確認できたから、あとは努力の問題だと思った。そこで、暇さえあれば将棋を勉強した。詰将棋をじっと、喫茶店で解いたり、天野宗歩の棋譜を真剣に並べたり。ところがである。大阪でトップと言われる、沖元二、長谷興民といわれる人達に、どうしても届かない。私は焦った。努力が足りないと思った。しかし、結局、彼らの域に達することはできず、大阪大会の予選でも、彼らに当たる前に他の強豪に敗れてしまうのであった。私は、努力が足りないのだと思った。どうしても、才能が足りないとは認めたくなかった。しかし、今客観的に考えると、結局は才能がたりなかった。最早、言うまでもないことである。
 私が比較的好きな、他の分野にも簡単に触れておく。
 物理学 - 果たして、量子電磁力学がきちんと理解できるところまで、いけるか。すると、なんとかだましだまし大学院は卒業できても、どこかの短大で、一般教養の物理学を講義する程度が関の山のレベルである。意味のある研究なんて、無理である。
 数学 - ほとんど独学でかなり勉強したが、はたして、代数のガロア理論をきちんと理解できるところまでいけるか。すなわち、大学の数学科の3年レベルを超えられないかもしれない、ということである。
 英会話 - 伝えたいことをなんとか、会話と文章で、やりとりすることはできるようになった。最低限の意思疎通という意味では、40の手習いとしては、こんなもんだろう。しかし、ネイティブの人との、ちょっとこみいった、生活・趣味・文化の内部に立ち入った会話となると、もういけない。それはもう、私が一生かけても到達できるレベルを超えている。
 こうして、私がとるようになった戦略は、スキルのポートフォリオ理論である。すなわち、何をやっても二流以下なのだから、いくつかの株式をもって運用する、ポートフォリオのように、複数の、中途半端な才能をとりあわせて勝負する、ということである。これについては、また、稿を改めて論じることにする。
 この稿の結論は、才能の限界をきちんと見極めて、無駄な努力や希望をもたない、という至極当たり前のことであった。

小学校英語必修化

 雑誌の記事によると、1月17日に、文部科学省中央教育審議会は、学習指導要領改訂の答申を発表した。これにより、小学校高学年(5年、6年)において、英語を週1回実施することを決定した、という。
 答申には、「教員研修や指導者の確保に関して一層の充実を図ることが必要」とある。もともとの小学校の教員は、英語を指導する教育を受けていないため、そのための研修を受ける必要がある。
 そこで、特定非営利活動法人小学校英語指導者認定協議会というものが、できたらしい。これは別に国家資格ではなく、また、この資格がないと、小学校で英語を教えられない、というものではない。しかし、この認定資格があると、小学校からの英語教員募集があったとき、所定の英語教育スキルがあると推定してもらいやすいということになる。
 では、小学校英語指導者認定協議会(J-SHINEともいう)がどうやって認定するか、というと、この団体そのものがテストを課す訳ではなくて、この団体が、民間の英語教育機関や会社に指導要綱を配布する。すると、その英語教育機関で、指導要綱に従って教育を受けた人は、いくつかのテストなどを受ける。英語教育機関は、その結果を記載した評価シートを受講者に返すので、受講者はその評価シートを所定の申請用紙とともに、J-SHINEに送付する。
 すると、J-SHINEは、書類審査の結果、合否を判定し、合格者を、小学校英語指導者と認定する次第である。
 小学校は地域に沢山あるので、そういう指導者の需要が結構あるだろうとは予想される。
 しかし、小学校高学年において、英語を週1回実施することに、どれほどの効果があるのだろうか。おそらくは、文法というよりも、挨拶などから入っていくのだろう、とは予想される。私の感想は、まあ、とりあえず害はないよね、くらいである。
 私が寧ろ懼れるのは、こうして小学校で英語が必修になると、中学入試で英語の問題が課され、それで、塾でインテンシブな英語教育が行われて、子供の負担が増える、ということである。
 また、冷静にみると、このような体制になると、儲かるのは、民間の英語教育機関である。すると、民間の英語教育機関から文部科学省に、英語必修化のロビー活動があったに違いないと思われ、私は、子供をだしに稼いでるだけじゃない、とつい呆れてしまうのである。
 実は、今まででも、小学校高学年で、簡単な英語を塾で習う子供は少なくない。すると、別に学校でやらなくても、やりたい人は、塾でやるからいいような気もする。それでいいのではあるまいか。

2008年2月16日

学歴美人論

 決して目新しい議論ではなく、誰かが論じてしまっているに違いにないが、それでも1つの整理として、学歴美人論を展開してみる。
 まず、人間、特に女性として生まれてきたならば、誰もが美人であることを願うであろう。美人だと誰もが注目する、恋人や配偶者を見つけるのに苦労しない、資産家と結婚すれば、セレブになれるかも、である。
 ところが、多くの人が知っているように、美人かどうかは、かなりの程度先天的なものである。だから、多くの女性は、少しでも美人に見てもらえるように努力するが、どうしても限度がある。
 一方で、最近では、学歴の効用が下がってきている、と言われる。すなわち、俗な言葉でいうと、膨大な教育費をかけて東大に入れても、そこを卒業すれば即、出世とは限らなくなっている。寧ろ、芸術家的に個性ある才能を発揮した方が稼げたり、注目を浴びたりする。それなのに、いくらそんなことを言っても、世の教育ママの熱は冷めない。名門中高一貫校への応募は増えるばかりで、だんだん中学入試の大変さもエスカレートする。悲鳴を上げている小学生もいるはずである。
 なぜそんなに、というと、答えは明らかで、学歴は、美人であるというのと同様に、ラベルなのである。美人がなぜラベルなのか、というと、なぜ美人なのか、説明を要さない。パッと見ると、誰もが分かる。学歴も、東大や早慶卒などと示すと、おお、優秀なのですね、と説明なく思ってもらいやすい。パッと分かり、同様に説明を要さない。だから、学歴は、たとえ一流大学であっても、米国のケース・ウェスタン・リザーブ大学等だと、意味がない。何それ?となる。米国だと、MITやハーバードでないと。学歴ラベルをつけるためには、ともかく一流大学に受かればよく、それで留年しようが、専門のことを全く理解しないでぎりぎりで卒業しようが、そんなことは全く関係ない。ともかく卒業すればよい。すると、水戸黄門の印籠のように、○○大学卒であるぞ、頭が高い、と少なくとも心の中ではいえる。
 また、美人でない人が美人になるのは大変だが、勉強は、要するにきちんと沢山記憶することが大事なので、普通の人でも、うんと努力すればなんとかなる、というのが世間一般の考えだろう。本当はそうではないのだけれども、それでなかなか成果がでないと、勉強が苦手というよりも、努力が足りないと思われ勝ちになる。
 だから、学歴はともかく、実力をつけよう、それが生きていくための糧である、となかなか真剣に思うことは難しい。そういう実力は、なかなかラベルにならないからである。英語力だって、TOEIC900点というので、ラベル化しようとする。
 女性だって、より美人になろうとエステに通う人はいるが、より思いやり深くなろうと努力する人は、寡聞である。
 もしかして、ラベル化を好む、というのは、概念を記号化して思考の経済をはかる、という人間に本質的なものかもしれない。すると、教育ママを、なかなか笑うことはできない、ということになる。

2008年2月24日

大学新聞

大学新聞というのがあって、そのリンクをクリックして戴くと分かるが、特に、少子化を受けて、私立大学が、いかに学生を確保するか、ということが非常な重大な問題であり、これをどう乗り切るか、というノウハウを大学に提供することが、大学新聞の主要なテーマの1つであることが分かる。
 例えば、そのトップに、「中央大、横浜山手女子学園を付属化」とある。詳細を読むと、まだ検討段階のようだが、従来の常識からいうと、横浜山手女子学園は、中央大の付属となるには、ちょっと格下(私の無知または偏見かもしれない)というニュアンスではないだろうか。しかし、伝統ある中央大学といえども、最早、過去の栄光にすがってもいられなくなった。寧ろ、良家の子女が通う横浜山手女子学園から、学生が確保できるなら、万々歳ということのようである。
 その下には、明らかにマーケッティングの専門家が主催するような、「学生獲得戦略セミナー」、その下には、「アットホームなファッションショー 東京家政学院」。
 最早、いい意味で(と、言えるのか)、特に中堅以下の大学にとって、生き残りのためなら、手段は選ばない、という大勢になってきているようである。
 それで、とりあえず私が私立大学が生き残る方策として、思いつくのは、下記のとおりである。
-ラベルの価値を上げる:例えば、偏差値を上げる。これは、早慶レベルでないと、なかなか難しい。ラベルの価値が上がらないのに、下手に偏差値が上がると、却って受験生に敬遠されてしまう。
-マスコミに目立つようにする。例えば、数年前、麻布大学が、ある獣医のテレビドラマで、舞台になった。もともと、麻布大学は、獣医で有名であるが、ああした番組は、さらに知名度を上げるであろう。きれいなキャンパスをつくり、テレビ局や映画会社にオファーするのは意味があるだろう。
-就職率をあげる:例えば、金沢工業大学は、偏差値的には決して高い大学とはいえないが、きちんと教育して、就職の面倒見もいいことで知られる。
-得意な分野をもつ:例えば、千葉工業大学も、偏差値的には決して高い大学とはいえないが、ロボット工学に関するとてもすぐれた研究所をもつ。こうした研究は、その分野に興味がある学生を惹きつけるだろう。また、別の例で、札幌大学という、あまり知名度の高くない大学がある。ところが、ロシア語の弁論大会で、常に全国上位なのだという。語学の才能は、いわゆる入試の才能とかぶる面もあるが、違っている面もある。きちんと教えると、上智や東京外語大などにも対抗できる人材もでてくると思う。
-きちんと勉強を教える:親としては、きちんと勉強してほしいと思う。しかし、学生としては、折角の大学生活、楽しく遊びたい。だから、なかなか難しいが、今の時代は、まるで高校のように、ある意味、うざったく学生をサポートする大学が、好まれるようだ。
-資格をとらせる:司法試験は、ロースクールに進まなくてはならないが、司法書士、弁理士、行政書士などは、それほど簡単な資格ではないにしても、大学でその対策をすると、かなり受かりやすくなる。資格をもっていると有利な場面は、依然として多いので、資格の合格率が高い大学は、人気が出るだろう。これは、公務員試験などにもいえる。
 ただ、いい意味の象牙の塔というか、私が大学生だったら、アリストテレスやプラトンをじっくり教わる、という静謐な側面を期待するが、そんなことに力を入れていたら、私立大学は、ますます生き残りになくくなる。そうして、私立大学が、各種学校化、マスコミ化していく傾向を、仕方ないことと思いつつ、困惑して眺めているのが現状である。

2008年3月12日

2種類の知性

 自分の部屋の本を整理していたら、渡部昇一氏の「クオリティライフの発想」が出てきた。かつての愛読書で、もう30年前の本である。つい読み返していたら、インテリジェントと、インテレクチュアルの2種類の知性について言及した章があった。これは、読んだとき大変感じ入ったのだが、つい忘却していた。そこで、自分の記憶を確認する意味でも、再記し、また、自分のいくつかのコメントを付すことにする。
 渡部昇一氏は、インテリジェントと、インテレクチュアルとそれぞれ、ダチョウとワシに喩える。すなわち、地面を走らせたら、ダチョウは、とても速い。人間が全力で走っても追いつかないくらいである。一方、ワシは、地上では、とぼとぼとしか歩けない。地上を歩いていたら、一遍に他の猛禽にやられてしまう。だから、日常的な実務を、地上のことと仮定すると、ダチョウの方がはるかに有利である。ワシでは役に立たない。
 しかし、ワシは空を飛べる。それも、悠然と。一方、ダチョウは、ジャンプくらいできるが、基本的には飛べない。だから、上空から俯瞰するためには、ワシの方が有利である。
 人間の能力だと、インテリジェントは、与えられたことを、きちんと、期限までにこなす実務能力である。だから、入試や資格試験に必要な能力のほとんどはインテリジェント能力である。一方、インテレクチュアル能力とは、静かに滾々と考える能力である。典型的には、カントが、純粋理性批判の構想を考えることに相当する。そこまでいかなくても、小説家が、プロットを考えるものそうである。
 ちょっと考えると分かるが、人間には、インテリジェントと、インテレクチュアルの両方が必要である。また、少なくない人で、インテレクチュアル能力は、インテリジェント能力に比例する。だから、主としてインテリジェント能力をはかるための、いまの入試制度や、資格試験制度は、ある程度是認される。
 ただ、今の問題は、あまりにも、能力の判定が、インテリジェント能力に偏っていることである。例えば、ダーウィン。彼が偉人であることを否定する人は少ないだろうが、彼は、インテリジェントな実務能力を欠いていた。だから、子供のころ、利発だった妹に比較して、母親は、この子は大丈夫だろうか、と心配した。
 また、京都大学で、中国学の大家と言われた内藤湖南は、実は、筑波大学の前身といわれる、東京師範学校を何度受験しても合格できなかった。だから、学歴だけみると、内藤湖南は、旧制中学卒ということになる。
 このように、インテレクチュアル能力に比べて、インテリジェント能力が低い人は、確かにいて、こういう人は、今の時代だと、確実に偏差値が高い大学に受かることはできないので、埋もれてしまう可能性が高い。
 逆に、インテリジェント能力が高くて、インテレクチュアル能力が低い人はどうか。こういう人は、東大、京大などの難関大学にも受かれたりする。ところが、大学に入って、インテレクチュアル能力が低いと、知的目標を見失ったりすることがある。こなすべき目標を必要とするのである。そこで、うまくいくと、公務員試験、外交官試験、司法試験などの新たな目標をみつけて、インテリジェント能力を活かす。そうでないと、とりあえず、一流大学を卒業しただけ、みたいになることもある。それでも、その学歴ラベルでそこそこやっていけたりする。もともと、実務能力はあるのだから。
 ところが、インテリジェント能力は、ある意味、記憶力・計算力など、頭の筋肉的な力なので、年齢が進むと、どうしても衰える。一方、インテレクチュアルは、うまく延ばすと、寧ろ経験とともに進歩する。例えば、松本清張が小説を書き始めたのは、50歳からであった。ところが、彼は、50歳から、沢山の名作を書いていった。若いときから、インテレクチュアル能力を涵養した成果であろう。
 よって、若いときは、インテリジェント中心でもいいけど、年とともに、インテレクチュアルにシフトするのが、賢い生き方である。また、若いとき、インテリジェント能力が低いからといって、卑屈になる必要はない。今の少子化の時代、あまり有名でないが、しっかりした教育体制をもち、しかも楽に入れる大学は結構ある。インテレクチュアル能力があって、知的好奇心があれば、そういう、あまり有名でないところで、きちんと勉強すればいい。今の時代、きちんと力をつければ、偏差値が高いと言われる大学を出ていなくても、次第に頭角をあらわすことができるし、そうでなくても、培った知的能力で、有意義に生きていけよう。
 ただ、私の経験上、次の注意がある。それは、私が専攻した物理学、あるいは数学の分野である。この分野では、インテリジェント能力が低くて、相対的にインテレクチュアルに偏った人は非常に辛い(自分は、そういうタイプだと思っている)。では、インテリジェント能力がとても高ければ、インテレクチュアル能力は低くていいかというと、それも違う。単に従来の公式ややり方をマスターするのに巧みであるだけでは、例えば、物理学で、新しい概念をうちたてることができない。新しい概念とは、物理学でいえば、ファインマン図とか、自発的対称性の破れとか、量子色力学とかである。すると、インテリジェント能力が高いだけだと、大学教養で教える程度が関の山である。大成は無理である。
 かくして、数物系で大成するのはとてもつなく大変である。インテリジェントと、インテレクチュアルの両方に高い能力が必要なのだから。例えば、私の大学の物理学科の同級生は60人いたが、本当に物理の第一線で研究している人は、いま何人いるか。調べたことはないが、3人以下であろう。これが、工学部建築学科だったとする。すると、もし同級生が60人いたとして、少なくとも10人は、ばりばりで建築設計で活躍しているのではないだろうか。
 だから、ちょっと言いにくいけど、数物系の第一線の研究者は、ほとんどが、東大、京大、東工大、東北大、早稲田、慶応など、日本で一流大学と言われるところの出身である。例外は、残念ながら少ない。これは、必ずしも学閥という訳ではない。インテリジェントと、インテレクチュアルの両方に高い能力が必要という事情による。
 ところが、建築の分野だと、一流大学即一流建築家とは限らない。あまり知られていない美大出身の建築家が、斬新な建築デザインを作ったりする。それは、建築デザインが、かなりインテレクチュアルの勝った分野であるからである。
 このようなことから分かることは、人は例えば高校レベルくらいのうちに、インテリジェントと、インテレクチュアルのどちらに重きがあるかを考えてみるべきである。そして、もしインテリジェントがあまり強くないとしたら、無理して難関大学を目指さないことである。ドラゴン桜という漫画があって、誰でもある方法論で勉強すれば、東大に入れるなんて書かれているが、話半分に読むべきである。もしそうなら、誰でも将棋四段になる方法、誰でも司法試験に受かれる方法などあることになるが、それは非現実である。インテリジェントがあまり強くない人が、無理して難関大学を目指すと、精神がおかしくなることがある。インテレクチュアルを毀損してしまう。例の奈良の放火殺人の高校生もそうではなかったか。
 だから、くれぐれも、無理すべぎてはない。得るものに比べて失うものはあまりに大きい。また、インテレクチュアル能力さえキープしておけば、知的能力は一生を通じて、進歩し続ける。分野が、上記した数物系でなければ、焦らなくても、なんとかなるのである。

2008年3月15日

カルチャーセンター

 以前、宮部みゆきの小説を読んで、ストーリーの面白さに、これは、松本清張の女性バージョンだ、と思ったことがある。そんな宮部みゆきに関して、高校を出て速記の勉強をしながら、カルチャーセンターに通って小説の書き方を習った、と知って、とても驚いた。というのは、カルチャーセンターのというのは、主婦や定年退職者が、暇つぶしに通う程度のものとずっと思っていたからである。それは、決して私の偏見ではないと思う。というのは、デパートやイトーヨーカトーなどの上層階に、カルチャーセンターがあって、その内容は、短歌、俳句、川柳、彫金、日本画などだけれども、垣間見るに、真剣な雰囲気は伝わってこないからである。だから、宮部みゆきは別格だ、と思っていた。よほど、生まれつきの小説の才能があるのだ、と。
 ところで、先日、篠田節子の「ゴサインタン - 神の座」を読んで、いたく感心した旨書いたが、なんとまあ、篠田節子の経歴をみると、「朝日カルチャースクールの小説執筆講座で直木賞作家の多岐川恭などから文学の手ほどきを受ける。同じ講座の受講生に、宮部みゆきがいる。」と、Wikipediaにあった。このように、宮部みゆきと、篠田節子という、当代一流の女流作家がカルチャーセンターの出身というのは、カルチャーセンター侮り難し、と改めて感じ始めた。
 そういえば、もう10年近く前に亡くなった、クラシック・ギターの神様と言われた、アンドレス・セゴビアは、最初にギターを、めくらのフラメンコ・ギター奏者に習った。決して卓越したテクニックの持ち主ではなく、ストリート奏者の類ではなかったかと思われる。しかし、セゴビアのギターに対する目を開かせるには十分であり、そのあとセゴビアは、誰にも師事することなく、当時決して社会的に認知されていたとは言い難いクラシック・ギターのテクニックを完成させ、且つ、自らの演奏を通じて、世間に認めさせた。それでも、終始、最初にギターを習ったフラメンコ・ギタリストに対する尊敬を失わなかったそうである。
 こういう例をみると、ポテンシャルの才能があれば、きっかけは些細なことでよいようである。例えば、今をときめく17世将棋名人の谷川浩司は、子供時代、家族で誰も将棋をさせる人がいなかった。ただ、兄がいて、あまりに兄弟げんかするので、お父さんがみかねて、将棋でも指させようと、百科事典で将棋の項目を調べ、そこを読んで皆ではじめた、というくらいだから、決して恵まれた将棋環境とはいえない。
 だから、私は子供を習い事漬けにするのは反対だが、いろいろやってみてしっくり来るものに出会うきっかけにはなるという程度で賛成である。向かないと思ったら、早々と見切りをつける、というのが1つの条件であるが。

2008年3月16日

医学博士

 先日、新聞を見ていたら、横浜市大の嶋田医学部長が、医学博士の学位を取得した大学院生から、10万円から30万円の謝礼を受け取っていたとして、同大のコンプライアンス委員会が調査を始めた、という。
 それに対する嶋田医学部長のコメントが、語るに落ちたというか、面白い。すなわち、「審査自体は甘く、よほどのことがない限り、審査は受理する。便宜をはかることはない。」と。これでは、医学博士の取得がいかに楽であるかを、公言しているようなものである。また、10万円から30万円の謝礼というのは、一種の慣例であるようで、特に問題視もされていなかったようである。ちょっと例は違うが、進学校である私立高校で、父兄が、子供の担任の先生に、盆暮れの付け届けとして、数千円から1万円相当の贈り物をすることもよくあると聞く。それで、大抵は、先生は、受け取るようだ。医学博士は、ラベルとして価値があるので、純粋な感謝のしるしと、それが慣例、みたいなことのミックスであろう。
 ところで、「審査自体は甘く、よほどのことがない限り、審査は受理する。」というコメントが示唆するように、世の中で一番取りやすいのは、医学博士かもしれない。歯学も同様である。すると、独断と偏見で、とりやすい博士を列挙してみると、医学>歯学>薬学>農学>工学>理学>法学>経済学>文学かな、と思われる。文学が一番難しいというのは、意外であるが、その分野の人に聞くと、博士課程後期を修了していきなり文学博士が授与されることはまずなく、それから10年たって、論文を積み重ねて文学博士が取れれば、いいほうである、という。
 だから、博士号の取りやすさは、学問の分野の性質もあるかもしれないが、ほとんどは、その分野の慣習であろう。
 ただ、取りやすいと言っても、博士号はどうしても、取得に時間とお金がかかる。例えば、私は30歳過ぎても運転免許をもっていなかったので、土日だけに教習所に通ったが、生来の要領の悪さもあって、数ヶ月免許取得に時間がかかった。金銭的にも精神的にも結構大変であった。どう考えても、博士号をとるということは、これよりも数十倍は大変であろう。だから、サラリーマンで博士号をとることは、研究職にあっても、二の足を踏む。
 ただ、それでも博士号を取得する、というインセンティブはあるのであって、それは、企業から大学に教員に応募するのに、博士号の学位がほとんど必須であるからである。また、特に米国において、向こうでPhDに相当する学位の有無が、決定的に効いてくることがある。青色発光ダイオードの中村氏が米国に留学して、当時学位がなかったので、研究助手程度にしか扱われなかったのは、よく知られた話である。よって、総合的にみて、アカデミーの世界で、博士号はラベルとして、かなり意味がある、ということになる。
 もちろん、博士号は、ある特定の狭い研究テーマの成果であるから、夏目漱石の指摘にもあるように、森羅万象を極めた訳ではない。むしろ、ある専門分野に特化した結果、他の分野で疎かになることもある。そこの条件を、周囲に本人も弁えておけばいいと思う。

2008年4月 6日

ThinkerとLearner

 金曜日に、会社の友人と酒を飲んでいて、興味深い話を聞いた。それは、友人が長期出張で米国に滞在したとき、お子さんが算数の特別講習を受けたのだが、その講習の注意書きに、この講習は、Thinkerのためのものであって、Learnerのためのものでないので、Learnerには辛いかもしれない、とあったそうである。実際、その講習は、未来の一流数学者になれる才能がある子供を見出すためのものであったそうである。蛇足で補足すると、Thinkerとは、過去の枠組みにとらわれず、こんこんと新しいことを考えられる人、Learnerとは、過去の知識資産をこつこつと学んでいくことに巧みである人、である。
 それを聞いて私は次のことを思った。
 第1に、私が前に書いたブログの記事2種類の知性で言及した、インテレクチュアルがThinkerで、インテリジェントがLearnerかも、ということである。これは、ほぼそうであると思われるが、微妙に違う点もあるようであり、その点を後で述べる。
 第2は、米国では、小学校からThinkerを積極的に発掘しようと努力している、ということである。流石に、世界で一番天才がひしめく国だけのことはある。日本だと、優秀な小学生が、有名中学入試のための準備に晒されたりする。私は、多少有名中学入試なるものの実態を知っているが、まるで知識の条件反射を試すようなテストに備えるものである。あれこそは、LearnerによるLearnerのための教育ではあるまいか。Thinkerは潰れてしまうか、おかしくなってしまう。
 第3は、米国では、Thinkerも、measurableである、と認識されているのか、ということである。これは両刃の剣である。measurableである、あるいは、detectableである、と認識されるが故に、ある種のテストというか、講習で、小さいうちから、Thinkerを発見しようとする、また、できると信じる。これは一歩間違えると、このブログの早期教育批判で述べた懸念につながる。だから、私の認識は、米国でいうThinkerとは、私がインテレクチュアルと認識するもののうちの、visibleあるいはdetectableな部分である部分集合であって、インテレクチュアルとイコールでない、ということである。
 第4に、米国の識者はそのことをちゃんと分かっている、ということである。むしろ、私がいま考えていることを、米国の識者が分かっていないなどと考えることは傲慢も甚だしいのである。実際、米国のThinker養成の取り組みは、open endedなのであって、一方が開いている。だから、その開いている口から、アップルのスティーブ・ジョブズだの、スーパーストリング理論のウイッテンなど、規格外の天才が入り込む余地がある。で、お決まりの議論だが、日本の弱点は、open endednessであろう。日本でも、天才のための早期教育だの、大学進学の飛び級など議論されるが、日本で一番メジャーと言われる大学達が真面目にそれに取り組まない。普通の受験勉強のフレームワークでない秀才・天才を認めることは、日本特有の平等感にそぐわないのだろう。だから息苦しく感じる人は、米国に行ってしまうのかもしれないが、それは、経済的な面その他の幸運がないと、なかなか成功しない。天才であれ秀才であれ、それは必要なリスクとコストである、と割り切ってしまえば、それでいいのかもしれないが。

2008年4月 7日

ThinkerとLearner(続き)

 前稿のThinkerとLearnerに関するメモについて、引き続き考えてみた。すると、結果的にとても大きな差につながるThinkerとLearnerであるが、とっかかりはあまり違わないのではないか、でも、次第にその差が広がっていくのではないか、と考えてみた。
 まず、ThinkerであれLearnerであれ、知識が白紙である場合は、とりあえず学ぶよりない。例えば、将棋を知らない人はとりあえず、駒の進め方を覚えるよりないのである。よって、最初はみんな、Learnerである。しばらく学ぶと、少し知識が溜まってくる。そこで、ある問題にぶつかったとしよう。すると、ここでThinkerであれLearnerであれ、既存の知識で問題を解こうとする。ここでも差はつかない。
 それで、結局、既存の知識の普通の組み合わせでは問題が解けそうもないとき、やっと、ThinkerとLearnerで差が出てくる。すなわち、Thinkerだと、既存の知識の普通でない組み合わせを考えるのである。それは簡単でないので、Thinkerは立ち止まっているように見える。既存の知識の普通でない組み合わせでも解けないとき、Thinkerは別の知識を求めてさまよう。別の知識が見つかったら、また、その知識を加えて、普通に解こうとするが、解けないと、また、知識の普通でない組み合わせを考える。こうして、Thinkerは、あまり多くない知識のノードの間に緊密なネットワークが形成されている。
 一方、Learnerは、既存の知識の普通の組み合わせでは問題が解けそうもないとき、あまり考えないで別の知識の獲得に進む。そうして、解けるまで知識を溜め続ける。その結果、Learnerは、多くの知識のノードの間に緩いネットワークが形成されている。
 こういう知識体系だと、Thinkerは、狭く深く、非自明な思考をする傾向が出てくる。一方、Learnerでは、広く浅く、自明な思考をする傾向が出てくる。
 Thinkerに向くのは、例えば数学、物理、哲学である。少ない公理から定理を組み立てててく数学といえども、実は、その道具立ては少なくない。しかし、どう考えても、民法学者が、条文や判例を知る程の広さではあるまい。結局、海の底に潜ってくるような思考の深度が必要である。かなりニュアンスは違ってくるが、物理、哲学もそうであろう。
 Learnerに向くのは、法律学、工学、文学か。法律学がLearnerの学問である、と言ったら、その道の学者に叱られるであろう。裁判官にたしなめられるであろう。弁護士に無視されるであろう。法律の案文の組み立てには、深い思考が必要である、と。しかし、やはりそれは、数学や物理のような、海の底に潜るような思考ではなく、海原を見渡すような思考ではないだろうか。というのは、常識という地平線からあまり離れると、法律の意味がなくなるからである。工学しかり。きちんと動くロケットを設計する、という点で、どうしても、数学でアレフゼロやガロア拡大体を考えるようにはならない。
 以上の考察から分かるように、世の中を運営するには、多数のLearnerが必要である。橋を作り、判決文を書き、CPUを設計する。ベストセラー小説を書く。
 しかし、多くないThinkerも必要である。殺伐とした人類の思考に光をあてる必要がある。しかし、多くは必要ないだけに、Thinkerの道は険しい。経済的も恵まれない。こう考えると、やはり、米国のように、組織的にThinkerを見出して育むことがどうしても必要になる。

2008年4月 8日

強い能力主義

 一般にはあまり知られていないかもしれないが、深谷賢治という偉い数学者がいる。専門は、場の量子論に関連が深いゲージ理論の幾何学的側面の研究である。その深谷賢治氏に、「数学者の視点」という随筆があって、それに、次のような一節があった。すなわち、試験勉強をして、試験以外のことで役に立ったことはない、と言ったら、誰かに、そんなことは当たり前であって、試験勉強をして得られるものは、単位だけであって、それ以上を期待するのは間違いだ、と言われたそうである。これを一般化すると、入学試験を難しくすると、単に試験に強い人が入学してくるだけである、ということになる。
 一般的には、それはちょっと言いすぎではないか、ということになるかもしれない。すなわち、入学試験を難しくすると、試験に強い人が入学してくる、という命題に反対する人はいない。それは、ほとんどトートロジーであるからである。しかし、「単に試験に強い人が入学してくるだけである」と言ってしまうと、試験がもつ能力推定機能を否定しているというか、信じていない、ということになる。このような狭い能力推定の前提を、私の造語で、強い能力主義と呼ぼう。
 どういうのが世間一般に、強い能力主義かというと、典型的にはオリンピックである。例えば、オリンピックの柔道代表を選ぶのに、わざわざ腕相撲で決める、ということはあり得ない。確かに、腕相撲の強さと柔道の強さに、多少の正の相関はあるだろうが、腕相撲の強さで柔道代表を選んでいたら、かなり妥当性を欠く人選になると推測される。よって、どんな場合でも、可能なら、強い能力主義で選別するのがよい、ということになる。
 すると、例えば、大学の数学科の試験を、強い能力主義で実施するとどのようになるだろうか。私が考える方法は、まず受験生に、大学3年レベルの数冊の数学書を見せ、気に入った分野の本を選ばせる。そして、丸一日かけて一人の部屋で読ませる。次の日に、教官が、その本の内容について、受験生にいろいろ質問する。必要に応じて、黒板に式を書かせる。すると、当然にあまり答えられないだろうが、その困り方で、能力をみる、というものである。
 しかし、こんな手間がかかる方法が、何千人もの受験生に対してできる訳もない。そこで、やや弱い能力主義として、高校レベルの数学の問題を一律に解かせる、というのが現在の受験制度である。
 もっと弱い能力主義の例として、中国や朝鮮で昔実施された、科挙がある。なぜ弱いかというと、科挙というのは、高級官僚登用のシステムであるにも拘わらず、その試験内容が、経書や詩文などの古典、人文的な教養の試験に偏っていたからである。高級官僚登用のためのより強い能力主義にするためには、経世の方法を広く学ぶことを要求するものでなくはてならない。だから、そうやって科挙の試験に合格した者が官僚として優れた実務能力を発揮すると期待することは、腕相撲の強さで柔道代表を選ぶよりも確かであるとはいえない。
 そういう意味では、現在の日本の上級公務員試験も、例の高橋洋一氏によると、ほとんどパズルのような試験であり、国家のための政策遂行能力と、かならずしも関係がない故に、あまり強い能力主義になっていないと思われる。財務省の要職を、経済学部卒でもなく統計学や会計学の専門家でもなく、ジェネラリストたる東大法学部出身者が占めるというのもまた、弱い能力主義の例であろう。
 それでも、弱い能力主義でなんとかなるのは、安定した平和な世の中で、前例主義でやっていける場合である。今のように移り変わりの早い世の中では、どうしても強い能力主義が随所に必要になるが、強い能力主義を進めるには膨大なコストがかかるため、結局さしたる変化もなく、次第に没落している、というのが、今の福田政権、ということになるのだろうか。

2008年4月10日

米国の大学ランキング

 Webを調べていると、USNewsのページに、米国の大学ランキングがあった。研究レベルや教育設備を独自の要因で考慮して配点したものらしい。
 これを見て感じたことをざっと書いてみる。
・まず、上位でも日本であまり知られいていない大学が結構あることである。例えば、ペンシルベニア大が、そんなに名門だと日本で知っている人は多くないと思われる。デューク大もそうである。私は、たまたま知り合いの米国弁護士がそこ出身なので、名門と知っていたが。
・あと、米国の大学は恐ろしく層が厚い、ということである。例えば、カリフォルニア大バークレーと東大を比較したら、そりゃあやっぱり、カリフォルニア大バークレーの方が上でしょう、というのが常識的なところであろう。ところが、カリフォルニア大バークレーは21位なのである。すると、単純に考えて、米国には、東大に優るとも劣らない大学が少なくとも21校はある、ということになる。これは相当凄い。
・層の厚さでさらに言うなら、去年、銃撃事件で有名になったバージニア工科大は、名門で沢山の有名人のOBがいる、と紹介されていた。実際それは事実だと思う。ところが、そのバージニア工科大は、米国でやっと71位である。日本で上位71校を選ぶと、確実に、駅弁大学と揶揄されていたような地方国立大学がリストされる。しかし、私も地方国立大学出身だからあえて言うが、そんな有名人のOBなんてほとんど聞いたことがない。独断と偏見で言えば、バージニア工科大は、おそらく、私がしっかりした大学と尊敬している、国立の名古屋工業大学よりは上にあると思う。すると、米国には、本当にレベルの高い大学が多い、ということになる。こうなっている理由は1つには、秀才が一箇所に集まらないのだろう。すなわち、全米でトップクラスの能力でも、わざわざプリンストンやハーバードに行かない。近場にデューク大があれば、そこに行くだろう。
・あと、米国では、どうしても州立大学は、私立大学に後れをとってしまっている。ペンシルベニア州立大ユバーシティ・パークがやっと48位に入ってきている。これは、歴史的経緯なのだろう。有名大学が、資産をもった有意の人によって創設された、ということである。
 以上、ささやかな考察であった。



1. プリンストン大
2. ハーバード大
3. イェール大
4. スタンフォード大
5. ペンシルベニア大
6. カリフォルニア工科大
7. マサチューセッツ工科大
8. デューク大
9. コロンビア大
10. シカゴ大
11. ダートマス大
12. ワシントン大ルイス校
12. コーネル大
14. ブラウン大
14. ノースウェスターン大
14. ジョン・ホプキンス大
17. ライス大
17. エモリー大
19. ヴァンタービット大
19. ノートルダム大
21. カリフォルニア大バークレー
22. カーネギーメロン大
23. ヴァージニア大
23. ジョージタウン大
25. カリフォルニア大ロサンジェルス
25. ミシガン大アナーバー
27. 南カリフォルニア大
28. ノースカロライナ大チャペルヒル
28. タフツ大
30. ウェイクフォレスト大
31. リーハイ大
31. ブランデイス大
33. ウィリアム・アンド・メリー大
34. ニューヨーク大
35. ジョージア工科大
35. ロチェスター大
35. ボストン大
38. ウィスコンシン大マディソン
38. カリフォルニア大サンディエゴ
38. イリノイ大アーバナ・チャンピオン
41. ケース・ウェスタン・リサーブ大
42. ワシントン大
43. カリフォルニア大デービス
44. レンスラー工科大
44. テキサス大オースチン
44. カリフォルニア大サンタバーバラ
44. カリフォルニア大アーヴィン
48. ペンシルベニア州立大ユバーシティ・パーク
49. フロリダ大
・・・・
71, バージニア工科大

2008年4月25日

最年少教授

 Webニュースによると、米国の18歳の天才少女アーリア・サバさんが22日、韓国の建国大学の教授として任用されたという。 工科大学新技術融合科・外国人専任教員という身分。サバさんは、最年少教授の新記録で、ギネスブックに登録されることになったという。
 ただ、この記録には疑問がある。というのは、ある人を教授に任用するというのは、そこの教授会で決めれば済むことであり、別の大学が、「恣意的に」記録を塗り替えることは容易だからである。例えば、数理系では、15歳くらいである分野では世界トップの成果を得ることも可能であり、それをもって教授に任用、というのもあり得ることになる。
 また、建国大学は、おそらくわざとだろうが、「教授」というものの役割を誤解した(ふりをしている)。というのは、普通、教授になるためには、ある分野で優れた業績をあげるだけでは十分ではない。なぜなら、教授には、指導能力やプロジェクトをひっぱる力が必要で、すると、単に大学院で研究していた、というだけでは、そういう能力を涵養する経験はなかった、ということになる。そのためには、一点の業績の深みだけではなく、ある分野全般に渡る該博な知識が必要であり、そのためにはどんなに早くとも、教授になるには、20代前半がせいぜいであろう。それで思い出すのが、ニーチェである。ニーチェは、その類稀なる古典文献学の才能を買われ、24歳で、バーゼル大学の教授に抜擢された。しかし、10年の在任の後バーゼル大学を辞職した。古典文献学ではなく、哲学をやりたかった、ということである。そして、晩年、次第に狂気に囚われ、ニーチェは不遇のうちに亡くなる。
 こういう経緯をみると、アーリア・サバさんが今後、どう生きていくか、実はとても難しい。かなりの確率で、10年後は最早、科学の分野にいないのではないか、空白の青春を埋めるために。
 だから、建国大学に倣って、他大学が、最年少教授のギネスを塗り替えようなどと、馬鹿な判断をしないことを切に願うのである。ニーチェですら、早すぎたのだから。

2008年4月29日

退屈力

 齋藤孝という人がいて、「声に出して読みたい日本語」その他、多数の著書があるのを、本屋で眺め見て知っているが、どうも手にとって読もういう気さえおきなかった。道徳的臭みが嫌なのである。道徳的臭みという意味では、藤原正彦の「国家の品格」もそうであるけど、こちらは、私の数学者好きが、臭みを多少消しているかもしれない。
 ところが、最近出た齋藤孝の、「退屈力」文春文庫は、私が普段考えてることに近くて、つい買ってみた。
 その説くところの論旨は、明快である。
- 現代の1つの問題は、退屈を怖れていることである。
- 従って、世間は、これでもかと新しい刺激を送り込む。受け手も、新しい刺激を欲しがる。
- そういう時勢で、退屈でも地道に努力するという風潮が、世の中、減ってきている。「会社は2年で辞めていい。」という本がどんどん売れるような時代である。
- 勉強は、一見退屈でも粘り強く辛抱して身につけていくことで、心の底から湧き出るような喜びに至るような経験をする上で重要である。
- 剣道、柔道、空手の「型」をきっちり身につけることは、退屈力を身につけるための修行になる。
 この趣旨に私も基本的に同意である。最近のコンピュータ・ゲームは、これでもかと綺麗なグラフィック、効果音、奇抜なストーリー、Wiiなどの新しいデバイスを駆使してユーザーを楽しませようとする。
 コンピュータが好きな私はこういうのが悪いとも思わない。人生には、こういうのを味わう喜びもあっていい。酒席の喜びと同じである。
 しかし、いつも酒を飲んで生きていくというのがまずいように、こういう娯楽を追及して生きていく、というのは刹那的である。刹那的であってなぜいけない、といわれるかもしれないが、刹那的である喜びは続かない。よって、次々と新しい刹那的なものを追求し続けなくてはならない。欲望の自転車操業になってしまう。
 そこで退屈力であるが、これがなぜ重要かというと、これが忍耐力の基本になるからである。例えば、英語を勉強するとしよう。英語を勉強する目的は、俗な理由で、金髪の女性を口説きたいというものであるかもしれない。しかし、そうであっても、最初は沢山、単語を覚えなくてはならない。英文法も最初は大変である。そして、忍耐強く何年も勉強するとやっと正しい文法で、英語が書け、また意味のある会話もできるようになる。こうして身につけたスキルは一生もので、錆びてもまたブラッシュアップできる。
 退屈力がなにより意義があるのは、静寂のうちに、例えば、山を眺め、将棋の棋譜を並べ、そこから尽きない喜びを引き出すことでできるからである。その喜びは、人生で客観的に不遇なときでも、あまり影響を受けない。
 また、難解な哲学や科学、法律も退屈力なしでは到底理解できない。最初は単なる記号や文字の並びにしか見えないからである。
 バートランド・ラッセルは、人類の災厄のほとんどは、人類が退屈に耐えられないところから生じるという。また、ショーペンハウアーは、人類の災厄のほとんどは、人が一人では生きていけないところから生じる、という。おそらく同じ意味だろう。ショーペンハウアーはまた、人が孤独になると、嫌がおうでも、自分自身と向き合わなくてはならない、従って、世間的な地位とは関係なく、知的でない人は、孤独なとき、貧しい心の自分と向き合わなくてはならないので、悲惨である、という。
 このように、齋藤孝の「退屈力」という概念は、過去の偉人が書いていることの焼き直しにすぎない。しかし、「退屈力」というネーミングがなかなか冴えているので、座布団一枚、ということにしておく。

2008年5月 1日

雑用のすすめ

 先日紹介した、「退屈力」の本の中で、東北大学 川島隆太教授の「脳トレ」のことが紹介されていた。実は私は、「脳トレ」をとてもレベルの低いものと誤解していた。というのは、新聞などに、「脳トレ」として、単に音読して下さい、とか、碁石の数を数えて下さい、とか自明なことばかりトレーニングとして紹介されていたからである。
 しかし、川島教授の研究内容というのがあって、それによると例えば、ディズニーランドなどのテーマパークを一日かけて廻ったとする。すると、特に、それが田舎からでてきて初めてのディズニーランド訪問だったりすると、まるで夢のような体験であり、想像力がかきたてられて、とてもよい刺激を脳が受けていると思われるだろう。しかし、実際は、そういうお仕着せのテーマパークを廻っても、脳はあまり刺激を受けないし、活動してもいないのだという。それよりも、川島教授が言うには、単純な足し算、音読、など一見単純作業の方がはるかに脳を使い、活性化する働きが大きいそうである。それが、川島教授が提唱する、「脳トレ」の根拠となっている。
 それで思い当たることがある。すなわち、会社の仕事でも勉強でもいいが、どうしても日常的に生きていると、どうしてもいろいろな雑用がある。コピーしたり、電話したり、買い物に行ったり、掃除したりのもろもろである。そこで単純な考えでいくと、例えば、仕事なり勉強の効率をあげようとすると、雑用をすべて誰かに任せて、純粋に仕事の高度な知的頭脳の部分に集中したり、勉強ばっかり、ひながする方が能率が上がると思うだろう。
 ところが、テーマパーク巡りではないが、高度な知的頭脳と思われているものが実は、あまり脳をつかわなかっりする。典型的には外部講習会のようなものである。確かに、偉い講師の人のお顔を眺めて、有難がるのもいいだろう。しかし、そういう講習会に出ても聞き流して、実はどんな内容だったかほとんど覚えていない、という経験がある人は少なくないだろう。
 一方、コピーしたり、電話したり、Excelシートに数値を打ち込んだりするような雑用は、川島理論によれば、実はとても脳を使い、活性化させるによい。だから、会社の仕事でも勉強でも、雑用が多すぎるのはもちろん能率を下げるが、ある程度、例えば、仕事の10%程度は雑用を入れておくのが、脳を活性化し、仕事の能率を上げる効果があると信じる。私は実際、会社で、自分で簡単にできる雑用は、なるべく依頼しないで自分で片付けるようにしている。それは、単なる平社員なので、依頼できる専属の秘書のような人がいないという理由だけでなく、経験的に、自分で雑用をこなした方が、実は、本体の仕事の方も効率があがるからである。
 実際、会社でときどき、立派な肩書きなのに、大丈夫かと心配するくらい融通がきかなくて、思考がこわばっている人がいる。こういう人は、理由はいろいろいあると思うが、雑用を軽蔑して秘書任せにしすぎていないかと思う。
 そういう意味で、男は定年になったら会社にあまり行かなくなるが、すると、家にいたら、雑用として、ある程度、掃除、洗濯、料理などの家事をやった方がいいと思う。家事もやってみると、なかなか脳トレになっていることに気づく。特に、家事の中でも、料理はとても奥が深く頭を使う。下手なスクリプトプログラミング顔負けに創造力を要する。
 結論として、人間、生きているうちは(あの世でもだけれども)、楽をしたらいかん、ということである。少なくとも、楽をするために生まれてきていない。楽は、つかの間の息抜きのためだけに存在する、また仕事に貴賎はない、と最近そんな風に思う。

2008年5月16日

無試験転部

 大学に入って、どうも授業が面白くなくて、別の学部や学科に移りたい、ということは当然ある。しかし、当然であるが、そういうことは無条件には許されない。なぜなら、学部や学科によって合格最低点が異なり、また、予め定員もあり、少なくとも入試の点数が行きたい学部・学科の合格最低点を上回り、且つ、定員に余裕がある、という条件を満たさないと転部・転科は許すべきでなく、そうしないと、平衡を欠くであろう。もしそういう基準を満たしていたとしても、そんなに頻発すべきできない。
 ところが、立命館大学は、新設した生命科学部に合格した学生を、無試験で、且つ合格最低点の条件を満たさなくても、転部させたという。理由は、文部科学省の私立大学等経常費補助金にある。定員超過率が1.40倍以上になると、そういう補助金は交付されないが、生命科学部は新設であるため、他大学にどの程度流出するか読めず、水増し合格率を高めて、結果、定員280人の1.48倍にも上る415人が入学したからだという。そこで、定員超過率を調整するために、転部させる必要があった、という次第である。
 確かに、私立大学に同情すべき点もあって、今の大学受験生は、一般的にものすごい併願率で、それが偏差値で輪切りになっていて、すると相対的に偏差値が低い大学は、下手をすると、実質倍率が3倍でも、ほとんどの受験生を合格させなくては、定員が確保されない、ということもある。立命館大学は、それなりに偏差値が高いとみなされているので、そこまでの心配はないにしても、生命科学部が新設であるため、過去の統計が使えなかった、という。
 このことを報道するニュース記事は、立命館大学の経営指向を非難するが、少子化で苦労している大学の実態をある程度知っているので、そう責めたものでもないと思う。
 一方で、立命館大学は、随分出っ張ってきた、とは感じる。というのは、私が受験生の頃は、関西で、立命館大学は、同志社大学よりもやや格下で、地味というイメージがあった。
 ところが、ここ数年来、一芸入試も取り入れ、スポーツその他の世界でも、立命館大学は、名を馳せるようになった。私の趣味の将棋でも、立命館大学は、全国から将棋が強い高校生をかき集め、その将棋部は、いまや押しも押されもしない名門である。また、立命館大学将棋部OBは、アマチュア将棋界に、一大勢力をなす。こうして、その積極的な学部増設や宣伝戦略で、立命館大学は、昔よりもずっとメジャーになった。ただ、ちょっと「いけいけ」の雰囲気はあり、今回のこともその傾向上の勇み足であることは確かである。
 ところで、資料によると、立命館大が2007年度に受けた経常費補助金は、526大学中6番目に多い51億6236万円だという。すると、生命科学部の補助金は、新設でもあり、大局的には、とりあえず見送ってもよくなかったか。
 ただ、私が受験生だとすると、そういう転部の融通性がある、ということはネガティブな印象ではないと感じると思う。よって、立命館大学はこの報道によって失うものはあまりないだろう。で、結局、大学の経営指向は結果的に是認されてしまう。そこはやっぱり残念ではある。

2008年5月19日

実務とレバレッジ

世の中の一般的な傾向を見ていると、野心あふれる人達も、若い頃は実務に励む。それが、なんのコネも信用もない状態から、世間にでて認知される途だからである。

ところが、多くの人は、有る程度世間的に認知されてしまうと、地道に実務に励むことを止めてしまう。もちろん、その業界から引退する訳ではなく、管理的、あるいは、レバレッジの利く仕事に重心を移すのである。なお、Wikipediaによると、レバレッジ(英語 leverage)とは、経済活動において、他人資本を使うことで、自己資本に対する利益率を高めること、または、その高まる倍率、のことである。

そういう例は多すぎて、枚挙に暇がないが、例えば、コンピュータ・メーカやシステム・インテグレーションの会社には、システム・エンジニア(SE)がいるが、若い頃は、がんがんコーディングをやらされる。分厚い仕様書をみて、アルゴリズムを工夫したりすることも要求される。ところが、ある程度経験を積んで、昇進すると、今度は、プロジェクト・マネジメントと称して、実際にコードを書くのではなく、プロジェクトの進捗管理や、トラブル対応がメインの仕事となる。そこで、ある種の人は気づくのである。実際にコードを書くよりも、他人に指示し、プロジェクトを動かす方が、レバレッジが利いて、遣り甲斐がある、と。この遣り甲斐というのは、注釈が必要である。すなわち、プロジェクト・マネジメントを通じて、ある種の人は、かけた労力に対する、結果の大きさという比率、すなわち、レバレッジ率というものがあることに気づいてしまうのである。プロジェクト・マネジメントでは、わずかな指示で、数億円の仕事を左右することがある。これはすごいと錯覚してしまう。すると、その人は、もう決して実務の花園に戻れなくなってしまう。というのは、実務の世界では、レバレッジがほとんど利かないからである。割りにあわないこと甚だしい、とさえ思うかもしれない。

別の例は芸能界である。例えば、爆笑問題という有名なグループがいる。その漫才のスキルは、伝説的なまでに称揚されたが、いまや、爆笑問題の大田光は、有名な司会者であり、ネタをやる、という話を聞かない。せいぜいが、元お笑い芸人というステータスを利用して、後輩たちの芸を褒めたり、けなしたりするだけである。もっと甚だしいのは、島田紳助である。彼もまた、伝説の漫才師であった。しかし、プログにも書いたように、紳助は、ダウンタウンのすごさにあきれて、漫才という実務を離れた。でも、今にして思えばそれは、レバレッジの仕組みに気づいてしまったからではないだろうか。なぜなら、関西で有名なオール阪神巨人という漫才のグループがいるが、その芸が島田紳助より上だとは私は思わない。しかし、オール阪神巨人はしつこく、漫才をやっている。レバレッジを利かせているとは聞かない。それは、レバレッジに才能がないと思っているのか、レバレッジ業よりも漫才という実務が好きなのか、私は単に後者であると思いたい。

さらに別の例は、広中平祐である。彼は、代数幾何の特異点の研究で、日本人として二人目のフィールズ賞を得た。それはとても名誉なことであるが、私からみてどうもいただけないのは、その後、数学研究という実務を真面目に考えなくなったように思われるからである。なぜなら、いつまでたっても、特異点の研究をした、という過去の話しかしないのからである。そうして、大学の学長など経験して、レバレッジを利かせはじめた。なぜ、こういう言いがかりのようなことを言うかというと、広中平祐は、師匠のザリスキーのことに言及して、こういう。ザリスキーは、自分の過去の論文集をまとめるように言われても決して手をつけようとしなかった。いつも語るのは、研究の未来の展望であった。そして、代数幾何の研究に余念がなかった。しかし、実は、数学の分野で、ザリスキーのように振舞う人は極めて稀である。その態度は、ほとんど、オイラーやガウスに比肩しえるほどもしれない。だから、広中のレバレッジ的な生き方も、世間的には妥当であり、才能が枯渇しやすい数学の分野ではとくに、仕方がないのだが、でも、刀折れ矢尽きても、数学をやってほしかった、といういわば贅沢な要求である。

最後のまとめであるが、実は、レバレッジをきかせた管理的な仕事も、別の面の実務である、ということである。例えば、日露戦争で活躍した、児玉源太郎の統率能力が実務でなくて何だろう。ただ、レバレッジをきかせた管理的な仕事は、他人の協力なくして成立し得ず、狭義の実務は、自己完結的に行われる、ということである。そうして、人は晩年になってくるにつれて、他人との関係を次第に剥離されて孤独になるので、是非とも、自己完結的な実務能力のところは維持しなくてはならない、そうしないと惨めな晩年になるだろう、と、甚だ常識的な結論で締めくくる。

2008年5月25日

TOEIC

もう13年ぶりぐらいだろうか、渋々TOEICの試験を受けてきた。会場は、東洋英和女学院大学とかいって、田園都市線の青葉台から、バスで20分以上もかかってしまう。横浜市なのに、とても辺鄙な片田舎だと思った次第である。

受けた理由はいかなる意味でも、自発的なものではない。会社からの指示である。なんでも、海外出張の準備に13年前にとりあえず受けたTOEICの点数が、今の私の地位には、10点足りないのだそうである。はぁ、そうですか、と呆れるよりない。そもそも、米国外資系の弊社といえども、以前はTOEICの点数と地位を密接に結びつけることはなかった。だから、相当英語がペラペラでもTOEICの点数などもっていなかったり、あるいは、仕事の実務能力されあればいいではないか、というある意味至極真っ当な主張が通っていた。

言い訳めくが、13年前に受けたとき、一切攻略本の類を見ないで、ぶっつけ本番で望んだ。その少し前にアルクのヒアリングマラソンを受けていたので、その名残があると楽観していた。すると、700点をわずかに超える点数で、まあ、そんなもんかと思っていた。しかし、当時は、今よりも会話に熟練しておらず、米国人との会話がほとんど成立しないほどであったから、流石に今の私の方がリスニング力が勝っていると思う。だから、前回より10点多い点数くらい、流石にとれるのでは、今回も全く対策勉強はしなかった。ソースネクストでTOEIC対策のCDを買ったが、面倒で、一度も試してみなかった。どうも楽観していたらしい。

さて、会場の東洋英和女学院大学に行くと、ほとんどが学生である。きっと、TOEICの点数は、就職に意味があるのだろう。そうでなければ、こんなつまらない試験に、こんな沢山の人が押し寄せる訳がない。ただ、ぽつぽつと私のほぼ同年齢とおぼしき男性がいた。きっと、会社の指示なんだろう、可哀想に。

それで、気になったのが、TOEIC事務局の強気な態度である。なんでも、財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会というところの職員らしいが、細かく指示があって、携帯は電源が切ってあるところを見せろとか、指示に従わないと採点しません、即出て行ってもらいます、など、うざい。それは建前として分かるのだけれども、そこまで言う必要はないだろう、と思った。推察するに、TOEICが社会的に認知されて、受けさせてあげるんだ、みたいに思い上がっていないか。ま、ちょっと考えすぎだけど。

実際に久々受験してみて、苦手意識のあるリスニングは、まあまあ出来たと思う。長年、FENをずっと聞いていた効果か。ただ、得意のなはずの読解で、将棋で言えば、秒読みに追い込まれたみたいになった。すなわち、読解の最初の方の問題は、とてもやさしい。それて、おい俺をなめるのか、と思ったり、時間があまり過ぎたらどうしよう、などと余計なことを考えはじめた。これは、私が優勢な将棋を逆転負けするときの心理と同じである。なんどこういう目に遭ったら懲りるのだろう。で、読解の中盤あたりから意外に手強いことに気づく。そこで、長文読解の基本テクニックをすっかり忘れてしまった。すなわち、基本テクニックでは、長文読解は、まず設問を読んで、該当箇所を探せばいいのに、真正直に長文を読み通すことをやってしまったものだから、いけない。完全に形勢は逆転してしまった。まだ、20問もあるのに、あと15分しかない。まじ、やばい。それでも、ブランクは嫌なので、とりあえず埋めたが、四択なので、まぐれで当たる確率は低い。

こうして、余裕と思っていたのに、会社が要求する点数を満たしているか、混沌としてきた。これでもし足らなかったら、次は流石にTOEIC対策問題を解いてから、臨むとしよう。弱点はある程度分かったので。

もしぎりぎりでも要求点がとれたら、少しでも点数を上げるため再チャレンジしようなんて、絶対思わない。TOEICそのものの存在を忘れることにしよう。

2008年5月26日

英語教育早期必修化

Webニュースによると、政府の教育再生懇談会(座長・安西祐一郎慶応義塾塾長)は26日、小学3年生から年間35時間以上英語教育を行うモデル校を5000校程度設置することなどを盛り込んだ第1次報告を福田康夫首相に提出した、という。昨日TOEICの試験を渋々受けに行ったばかりのせいかもしれないが、もういいかげんにしてくれ、と言いたい。

特に小学校低学年では、日本語できちんと考えることができるようにすることが一番重要で、英語なんて中学校からでも十分間に合う。なんで、小学校の低学年から英語をやらなくてはならないのか、と言いたい。確かに、インドやフィリピンの人は、平均的に日本人よりも英語がうまい。それは、学術用語が母国語でそろっていないので、小学校から英語で教えざるをえないだけの話である。みんな繰り返し言うように、あらゆる学術用語が日本語でまかなえる日本人が真似する必要は、全くない。ただでさえ、最近の若者は、クイズ的な知識はともかく、ものごとを深く考えることができないのに、これ以上、思考能力を削がないで戴きたいと切に願う。

このほか、「留学生30万人計画」に戦略的に取り組むよう明記。(1)現在は大学院30%、学部生70%の割合の大学の留学生を同数にする(2)質の高い留学生を受け入れる重点大学を30校指定する--ことも求めた、という。これも馬鹿馬鹿しい。留学生を沢山受け入れたいなら、是非留学したいと思わせる充実したカリキュラムにするよりない。あるいは、学生サポートを手厚くするとか。そうでなく、留学生の数を指定するなど、愚の骨頂である。

私が、英語教育の早期化に反対する別の理由は、そこにフォーカスすると、他の語学が疎かになるからである。例えば、最近、ミャンマーの災害があったが、では日本人でビルマ語が理解できる人が一体何人いるのだろう。また、スワヒリ語など、アフリカの諸言語はさらにマイナーである。

このように、社会の均一化を促進する動きは私はまずいと思う。グローバルスタンダードは、誰も幸福にしない。なぜなら、ローカルの仇花こそが文化の精髄なのである。英語教育早期必修化が拠って立つ英語主義は、グローバルスタンダードの尖兵であるがために、私は忌避する。そこに、なんらかのルサンチマンを見て取りたい人は、そうすればいい。

2008年6月 1日

学士/修士/博士

昔から、大学院に進学したくて、しかし、能力や親の反対などのいろいろな理由で断念して、くすぶった気持ちを抱きつつ、今に至っている。それはさておいて、会社に入っていろいろな人に会うにつれ、学士/修士/博士とはどう違うのだろう、それはどう建前で、どう専門性に効いているのだろう、という素朴な疑問はずっとあった。

その1つの回答が、森博嗣著「大学の話をしましょうか」中公新書ラクレ、に書かれていたので、紹介しつつ、コメントする。なお、私は知らなかったが、森博嗣氏は、元名古屋大学建築系の助教授で、今はミステリー作家である、という。だから、工科系ではあるが、学会内部の事情にも通じている、ということになる。

まず、学士であるが、仕事と手法が与えられたとき、それを的確に解決できるのが学士だという。すると、大学の卒業論文なるものは(私は、幸か不幸か書いたことがないが)、教授その他の大学の教員から解くべき課題と、想定する手法を与えられて、解決に至った経緯を纏めたもの、ということになる。もちろん、仕事と手法が分かっていても、誰にも解けないようなとてつもなく難しい課題というのは、山ほどある。だから、その本人の能力を見極めつつ、ちょうどよい努力で解ける程度の解決課題を、手法を示唆しつつ提示するのが、教授の教育的能力であろう。

次に、修士。仕事が与えられたとき、手法を自分で模索しつつ、方向を見定めながら問題を解決できるのが、修士だという。

最後に博士は、そもそも、仕事というか、問題自体を与えることができるものでなくてはならない、ということになる。

すると、学士で入社すると、まず上司から仕事とその解決手法を与えられて、やってみるところから社歴が始まることになる。修士で入社すると、仕事だけ与えられて、解決手法から自分で考えなさい、ということになる。博士だと、そもそも、何を解決すべき仕事かも、自分で考えなさい、ということになる。

ここまできて、グーグルが、優秀な情報処理分野の博士を求めている、という理由も見えてくる。すなわち、グーグルは、問題解決型ではなく、問題提案型のとびっきりの秀才がほしいのである。

また、成熟した会社で博士を敬遠する会社があるのも理解できる。すなわち、そういう会社では、解くべき問題は決まっており、いまさら、問題を提案してほしくないのである。

かなり模式的な言い方であるが、1つの説明になっていないだろうか。

2008年6月 6日

熟考について

私は若干詰将棋を作るので、ときどき、詰将棋を解くのが得意ではないかと勘違いされる。しかし、謙遜ではなく、同じくらいの将棋の強さの人と比べて、やや平均以下である。

ところで、今年の四月に、1年ぶりに職団戦に出てみて、最初はたまたま勝てたが、2局目はめためたで、後で友人とも練習を指してみたが、ぼろぼろであった。そこで、これではいかんと、簡単な詰将棋を解くことにした。たまたま手許にあった、「塚田詰将棋代表作」である。ところが、ショックなことに、初心者向けの11手詰が何時間考えても解けない。

以前ならこういうとき、とりあえず20分くらいで諦めて、回答をみて、あっそうか、と次の問題に進んだものである。ところが、今回は、頑張って根性出してみた。絶対に回答を見ない、という方針である。するとまあ、仕事に行っていたせいもあって、ずっと考えていた訳ではないにせよ、初心者向けの11手詰を解くのに三日もかかってしまった。これではまるで、アマチュア三級ではないか。

ところが、その三日の投資は無駄ではなく、それから、早くて20秒、最大一時間(ちょっと長すぎか)で、初心者向けの11手詰が詰むようになった。すると、週刊将棋の次の一手も前より早く解けるようになった。

で、分かったのだが、ここ数年、管理職を降りたりいろいろなことがあって、すっかり熟考ということから遠ざかっていた。もちろん習慣的に本は読むのだが、ほとんどが斜め読みで、表面的な内容の理解にとどまっていた。

先日、ある数学者の短い自伝をみてみると、数学の本というのは、ちゃんと読むと、1冊、だいたい1年かかるという。ううん、そうなのか、と自分の粗読を改めて恥じた。ただ、1年かけて一冊読んだとしても、一応理解しただけで、そこに書いてある技法を使いこなすには、最低三年はかかるという。

そういえば思い出した。私が独身で暇だったころ、既にサラリーマンであったが、ちゃんと数学を勉強してみようと思って、よせばいいのに、ブルバキの数学原論なる本を買ってきた。最初の第1巻は、「集合論」である。それをきちんとノートをとりながら、毎日2時間ずつ読んだ。読んだだけでなく、練習問題もすべて解いた。すると、結局、この一冊に8ヶ月かかった。ハチワンダイバーではないが、そのときは、私なりに数学の世界にダイブしていたことになると思う。

ところがそこからがいけない。ブルバキの数学原論第2巻の「代数1」の半分まではよかったのだが、そこから、息切れしてきた。ダイブしても、まるで水が濁っていて、視界が利かないのである。で、ずっと潜っていると苦しいので、段々ダイブが億劫になってきた。それから結局は、とても表面的な読書になってしまって、私の数学センスは、大学教養程度に留まっている。

新聞記事にあったのだが、とても偉い数学者の志村五郎氏が、潜れる時間と深さこそが数学の才能である、と言っていて、まさに私の経験は、はからずも自分の浅い才能の限界を見てしまったということになる。

ともかく、ダイブしたことはそれでも確実に私の力にはなっていて、熟考すること、実際に手を動かして計算すること、が理解の基本であることを改めて思い出した次第である。

2008年6月12日

東大の超エリート養成講座

東大の超エリート養成講座と聞くと、東大の中でもとびきりに優秀な学生を集めて、ハーバードやMIT、カルテクなどを凌駕する成果を挙げようとする試みと思われるかもしれない。しかし実は、主に社会人向けで、企業や中央省庁などのトップを担うエリートの養成を目的とした講座である、という。今年の10月から開講予定。受講料は週2回、半年間で600万円。ううむ、なんという高さ。ちょっと個人で身銭を切って受講する気になる人はいないだろう。

講座は定員25人。主に社会人を対象とし、各組織でトップになる可能性がある40代を中心に募集するが、当面は企業などからの推薦を受けた人から選考する、という。すると、企業による費用負担で派遣されてくる、その企業・組織の幹部候補がターゲット、ということになる。

では、どんな内容なのだろうか。講義内容は(1)世界経済や宗教、環境問題などの「教養・知恵」(2)経営理論や危機管理などの「知識」(3)課題を発見する力や交渉力、自己表現力などを身に付ける「技能」-の3分野。(1)のところでは、生命科学などの講義もある、という。もしかして、iPS細胞研究の山中伸弥教授も特別講師で招待されるのかもしれない。さてこれの、普通のMBAに対する売りは何なんだろうか。もし、その差分が(1)のところだとすると、それは寧ろ、自分でじっくり本を読んだ方がよくないか。ともかく、なんとなく総花的で浅い印象を受けてしまう。

また、講師は東大の教授陣に加え、自治体の首長や企業経営者ら外部からも招く。講師が一方的に話をするのではなく、受講生同士の討論を中心とし、15%程度は英語のみによる講義となる、という。ううん、またしても英語か。

で、思うのだが、週2回、半年だとそんな大した内容の知識は身につかない。比較する例が適切でないかもれしれないが、C言語でプログラム書くのだって、がりがり書いても、まともなアプリが書けるようになるのに5年くらいかかると言われている。

そこで思ったのは、この講座は、各企業エリートのラベル付けの機能を果たすのではないか。すなわち、ある企業で、抜擢したい幹部候補生を、この講座に送り込む。すると、人事上、東大超エリート養成講座終了というラベルが付き、これでもって峻別することができる、という次第である。それが真の実務的な優秀さにつながるかどうか、私には甚だ疑問である。というのは、依然として実務と乖離した印象を受けるからである。また、もし教養を売りにするなら、こういう講座に頼らなくて余暇に、アリストテレスの形而上学でも読めばいいのであって、お仕着せの講座に頼るあたりからして、頂けない。ともかく、私のような非エリートには覗いしれないところではある。

2008年7月 1日

受験勉強症候群

あれだけ、TOEICで規定の点数が取れるかどうか、心配していたのに、一応点数がとれたら、ばたっと英語を勉強しなくなった。本来、私が英語を勉強してきたのは、米国人を含む外国人と、なんとか意思疎通したいからである。英語そのものは、特に好きではない。今から大学に行きなおすとしたら、理学部数学科が第1候補で、第2は文学部哲学科あたりであるが、間違っても英文科には行かない。

そんな私が、それでも英語を地道に勉強してきたのは、米国人を含む外国人と、複雑な思想を語るには、あまりにも英語力が不足している、と感じたからである。

ところが、TOEICなどという試験が突然介入してくると、とりあえずTOEICは、リーディングとリスニングなので、英作文はやらないし、会話でしゃべる表現を工夫してみることはない。

このように、試験勉強の結果、学習内容が偏ってしまうことを、私の造語だが、受験勉強症候群と呼ぶ。その症状を列記すると、下記のとおりである。

まず、試験に関係ないことはやらない、という一種の合理化。

次に、当該の試験で高い点数をとる人を無条件に崇拝してしまう。例えば、TOEICを目標にしていると、TOEICで990点を取る人を、今風の言い方をすると、ええっ神じゃん、と崇めてしまう。しかし、TOEICで990点を取る人がどんなかというと、実は結構平凡なジャパニーズ・イングリッシュをしゃべっていたりする。それはそうで、TOEICに、発話の試験はない。

さらに、試験が終わってしまうと、勉強そのものを忌避してしまう。これは、当該の試験で少しでも高い点数をとるために、必死で苦しい思いをして勉強したことの反動である。

こうして、試験勉強が却って仇になってしまうことがある。

試験勉強には別の弊害もあって、ええっ神じゃん、と崇めてしまうことの逆で、TOEICで高い点数をとる人を、あいつは試験のみで、本当の英語の実力なんてない、と勝手にやっかんでしまう。でも、本当の英語の実力がないかどうか、本当は分からない。本当は、やはり高い実力の持ち主だったりする。

上記は、TOEICを例にして述べたが、大学入試であれ、司法試験などの資格試験であれ、環境などの統合認証であれ、ある一定の基準を満たすべく努力することの全てに、上記のことは当てはまる。

例えば、あるITセキュリティの認証を受けるとする。すると、そこでは、パスワードの桁数やアルファベットと数字の混交が問題だとすると、それを遵守することに全てのエネルギが注がれて、機密の添付ファイルを知らないメールアドレスに送ることのチェックが疎かになったりする。

要するに、試験に受かるためには、試験範囲にエネルギを傾注する必要がある。ところが、人間のエネルギは有限なので、試験範囲でないことは、放置されてしまう。

真の不幸は、試験に受かってしまった後に来る。すなわち、ある範囲の試験に受かっただけなのに、突然、その人は、その分野全般に詳しい、ということになってしまう。例えば、有名国立大学の医学部にある人が受かったとしよう。その人は本当は生物学が苦手で、入試では選択科目でとらなかったとしても、秀才だから、生物学も詳しいに違いない、と思われてしまう。

もっと甚だしくなると、人格までも立派と誤解されてしまう。

このように弊害がある受験制度であるが、それでは、受験制度を全廃すればいいのではないか、というと、それはそれで問題である。例えば、医師国家試験が全くないとして、自分で医学を修めたと思うものが勝手に医師を名乗れるというか、医師が単に届出制になると、いまよりもずっと、医者にかかるのに勇気が必要である。

だから、受験制度は、いわば、抗癌剤のような必要悪である。行き過ぎると明らかに害がある。社会の仕組みにひびを入れてしまう。しかし、ないとアナーキになってしまう。

このように両面ある受験制度であるが、現在のところ、バランスをとるノウハウに世間はとても欠けている。中国は、科挙の制度を推し進めすぎて、文化の発展を阻害した。よせばいいのに、韓国はそれを取り入れて、中国以上にまじめに科挙を進めた。日本は、というと、その雑文化性もあって、結局科挙は、取り入れなかった。このいい加減さが、文化的多様性をもたらして、中国や韓国に先んじて、近代化をなしとげることができた。

すると、受験制度は必要悪であり、世間の多くの人は、それとある程度距離をおいて付き合えばいい、ということになる。

ところが、受験制度は、自己拡大的なところがあって、放っておくと、どんどん広がっていくウイルスのような効果がある。例えば、TOEICでいくと、最初は、真の英語力をあらわすのではないから、参考程度にとどめておこう、と思っていても、はっと気づくと、TOEICが800点以上ないと、部長以上にはなれないようにする、などという馬鹿な制度が自然に幅を利かせてしまう。

どうしてそうなるかというと、受験制度に頼る方が世間は楽だからである。それに頼っていろいろなことを決める方が判断力を使わなくていい。

だから、受験制度という必要悪の下で、バランスを保つには、大変な知恵を要する。でも、知恵だけではまずい。受験制度というスパイスもどうしても必要である。これはきっと永遠の課題だろう。

2008年7月 2日

スキルの脳死

人間は、例えば溺れるなどして、ある一定時間以上脳に酸素が送り込まれないと、脳細胞のある部分が死んでしまう。それでも、心臓は動き続けるという脳死状態がありえる。

これとの類推で、人間のスキルにも、脳死状態がありえるのでは、と、ふと思った。どういうことかというと、あるスキルを長時間使わないでおくと、二度とそのスキルを使えない状態になってしまうことをいう。

脳死状態になりにくいスキルは、身体的なものである。例えば、泳げる、自転車に乗れる、とかいうものである。自動車の運転なんかも、意外にそうである。10年くらい全く運転しなくても、どこか体が覚えている。

では、脳死になりやすいスキルはどんなものかというと、純粋に頭を使い、論理的なものである。典型的には、数学であろうか。例えば、10年間全く数学を勉強しないと、その能力は地に落ちる。大学のとき、保健体育の授業というのがあった。実技もあるのだが、保健概論みたいな授業も必修であった。その授業で、保健体育の教官が、数学なんてすぐ忘れます。わたしなんぞ、数学といえば、積分の、みみずみたいなの(インテグラルのこと)しか覚えていません、と言っていたのが印象的であった。

あとは、語学も使わないと相当に忘れる。大学では一般的に、ドイツ語やフランス語を第2外国語として学ぶが、私もそうであるが、まともな挨拶さえできないくらいになってしまう。ある人など、米国出張にいったとき、フランス人がいて、大学でフランス語を学んだことをとうとう伝える勇気がなかった、という。また、そこまで、と思うのだが、ある日本人はトルコにお嫁に行って、トルコ語をマスターしたはいいが、日本語を完全に忘れてしまった、という。母国語でさえそうである。だから、4ヶ国語ペラペラという人がいたとしよう。おそらく、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語あたりだと思うが、その4つのペラペラ・レベルを維持するには、各々に大変な努力と時間を要する。すると、下手したら、他の勉強をする時間があまりないかもしれない。だから私は、多言語がペラペラという人がいたら、感心するよりも先に、教養が怪しいんではないか、と怪訝な気持ちになる。

また、異論はあるかもしれないが、意外に脳死しにくいのが、囲碁・将棋の棋力である。もちろん、アマ四段くらいあるとして、アマ五段の力(免状ではない、念のため)になるのは、若くて伸び盛りでもない限り、至難である。ところが、経験的に、囲碁・将棋の棋力は脳死しにくい。例えば、10年くらいブランクがあっても、アマ四段がアマ三段弱になるくらいで、一生懸命指すとまた、すぐに元にもどる。

このように脳死しにくいスキルと、脳死しやすいスキルを分けるものは何か、というと、私は、メンテナンス・ルーチンの走らせやすさ、だと思う。言い換えると、DRAMのリフレッシュである。例えば、私は、インフルエンザか風邪かなにかで高熱で寝込んだことがあった。すると、天井を眺めていると、それが将棋盤に見えてきて、そこに飛車や角が乱舞するのである。ああっ、その筋だと、飛車がただ取られだ、とかうなされ続けるのである。これは寧ろ苦痛であるが、もしかして、いつも私が気づかないうちに無意識に、将棋スキル・メンテナンス・ルーチンが心の中を走っているのではないか、と推察した。

これが数学だと、例えば、ガロア理論の入門書を読んだとして、高熱で寝込んだとき、拡大体だ、円分体だ、とうなされるであろうか。少なくとも、私の数学の実力ではありえない。相当数学を勉強した人ならあり得るかしれないが、数学のメンテナンス・ルーチンは、どうも将棋よりも重い。重いというのは、プログラミング・コードの類推である。なかなか、心にロードできない。

それと、私の仕事の経験だが、長らく特許の実務屋をやっていたのに、突然業務の管理職を任されたことがある。すると、最早、特許実務はやらなくなる。予算管理だの、部下の評価だの、口ではいえないが、もういい加減にしてくれ、と毎日思っていた。そして、13年くらい管理職をやっていて、晴れて特許の実務屋に戻れたが、特許実務の中でも重い仕事である、明細書書きはもう無理かと諦めかかっていた。ところが、やってみると、体がある程度おぼえてくれていた。課題は技術理解だが、ここは必死で勉強した。それで、なんとか、管理職になる前のレベルくらいにはなれたのでは、と思う。もともと、大したレベルではないので、そこに戻るだけなら、大した努力は要さない。考えてみれば、業務の管理職とはいえ、まるで密輸のように、密かに他人が書いた明細書や意見書を読んだりしていた。そして、自分だったら、こう書くのにとか、勝手に想像していた。それがよかったようである。

で、結論であるが、一旦頑張ってあるレベルのスキルまで引き上げておけば、そのスキルから離れても、そんなには落ちない。身体的な面が大きいほど、放置していてもスキルは脳死しない。体を動かすと自然に、メンテナンス・ルーチンが走るのだろう。しかし、純理論的なスキルであるほど、メンテナンス・ルーチンを意図的に走らせる必要がある。決して、自律的に走ってくれないからである。しかし、維持する努力は、比較的軽微でよい。数学だと、月に一度、練習問題を解くくらいか。

だから、心ある人は、仕事が忙しい現役時代は、とりあえず軽くメンテナンス・ルーチンを走らせておき、定年で暇になったら、時間をかけてまた、スキルを復活させるのがよい。伊能忠敬もかるやあるらん、のようにである。もともと、そんな目標なんてなくてよく、ただ生きがいをもって生きられればいいのであるが。

2008年7月13日

学士力

Webニュースによると、中央教育審議会の大学分科会は8日、大学教育の質を保証する対策として、面接などを重視して合否を決めるアドミッション・オフィス(AO)入試や推薦入試の際も学力を把握したり、学部で身につけるべき能力「学士力」を指針として示すことを求める答申案をまとめた、という。

これはどういう意味なのだろうか。確かに、学力考査なく面接やAO入試で安易に入学してくる学生が増えて、質の低下が懸念されているが、それは、各大学の問題であって、中央が介入すべきことなのだろうか。

そもそも、小子化により学生の絶対数は減っているのに、大学の定員は減らない。寧ろ、時代の流行を追うような新設学科が増えたりしているような状況で、あまり人気のない大学は、学生集めに躍起である。すると、学力考査を免除して学生の負担を減らし、面接やAO入試でどんどん入学させるよりない。

でも、中央教育審議会は、入り口のことを言っているのだろうか、出口のことを言っているのだろうか。これについて、答申案は、日本が大学全入時代を迎え、「学位が国際的な通用性を失う懸念が強まっている」「『出口管理』の緩さに対して産業界の不信感がある」と危機感を表明、というから、どうも出口のことを言っているらしい。しかし、「学位が国際的な通用性を失う懸念が強まっている」というけれども、日本の大学の学士の学位が、国際的に通用した時代などあったのだろうか。学士だろうが修士だろうが、要するに、やってみせて、実務力、実現力を示すしか、国際的に(国内的にも)通用するやり方はないように思われる。

それでも中央教育審議会は、具体策としては、多文化理解やコミュニケーションスキルなどの項目で測る「学士力」を国が指針として示し、各学部共通で身につけるべき能力の基準にすることを要求した、という。これは、学部の専門で習得すべき内容が違いすぎるので、「多文化理解やコミュニケーションスキル」などと言いつつ、結局、英語力のような指標で、学士認定のようなことをしようとしているのだろうか。どうも浅知恵のような気がしてならない。

私は、学士力の充実化など、大学の自主性にまかせればいいではないか、と思われる。例えば、金沢工業大学のように、学生の偏差値は高くなくても、教育を充実させて、100%近い就職率を実現しているところもある。下手に中央教育審議会などという頭の固い人達が関与すると、却ってろくなことにならないと思うのは、私だけだろうか。

2008年7月31日

私大定員割れ

Webニュースによると、入学者が定員割れだった私立大学が昨年度から7.4ポイント増え、今年度は過去最高の47.1%だったことが、日本私立学校振興・共済事業団の調べでわかった。入学定員充足率が50%未満の私大も昨年度から12校増えて29校となり、過去最多であるという。

これは、大学の定員が、学生人口よりも実質的に多いので、仕方がないところである。それを防ぐには、人気のないところは、定員を減らすしかない。しかし、定員×学費が私立大学の主要な財源であってみれば、損益分岐点ではないが、定員を減らすとうまくやっていけない私立大学は、極論である廃校を含めて、思い切ったリストラを考慮するよりない。

さて、地域格差でいくと、定員充足率が高いのはどうしても東京で、115.65%と最も高く、最低の四国は82.76%だった。 それは無理もない。東京に出てくると、渋谷だの、新宿だの、原宿だの、楽しく遊べるところが一杯あって、退屈しない。だいたいが、テレビドラマは東京が舞台だから、東京に憧れるというのは、がちがちの地方出身者である私には、よく分かる。

で、問題は、困窮しているであろう地方私立大学が、どうやって生き残るかである。それはまさに、企業がやっている努力となんら変わるところがない。経営的な意味で、私立大学は、いかなる意味でも聖域ではない。

まず、着手すべきなのは、広がった学部を、得意なところにフォーカスして、縮小することである。例えば、地球環境問題が流行しているので、環境関係に特化するとか、福祉関係に特化するとか、である。どういう分野に特化すべきかは、地域特性とも併せて、大いに工夫を要するであろう。

次の提案は、大学の高校化である。早慶などの中央にある有名マンモス大学だと、勉強する人は必死で勉強してエリートを目指し、勉強しない人は全くせず、ほとんど放散している人もいるが、その多様性が有名私大の文化でもある。そういう遊びまくって卒業した人でも、早慶のブランドでなんとかなったりする(最近では、そうでもないか)。

しかし、地方私立大学となると、遊びまくって卒業すると、ブランドを売りにできなので、卒業してから大変苦労する。そこで、大学なのに、高校のようにうざったく学生の面倒をみる、ということを売りにする手がある。このためには、教師陣も大変であるが、そんな楽して生き残れる途なんてない。学生は学生で、地方のあまり有名でない私立大学に入ると、真面目に勉強してきちんとしたスキルを身に着けないと、卒業後大変苦戦する、ということを芯から感じるべきである。

典型的にはどういうスキルがあるかというと、語学である。するとどうしても英語、それから、中国語、韓国語、ロシア語など。語学は、かなりの程度、やれば実用的なレベルになれる、という特性がある。詰め込みカリキュラムが活きるのである。

次には、言うまでもなく、資格に結びついた勉強。情報処理技術者、薬剤師、税理士など。これも、きちんと勉強すれば、地方私立大学でも十分に頭角をあらわせる。地方が東京より有利だとしたら、田舎で、生活費が安くて、相対的に治安がよくて(ううん、そうともいえないか)、誘惑が少ないことである。ただ、私が学んだ福岡は、結構歓楽街もあって、誘惑は少なくもなかった。

あとは、躾というか、社会人としてやっていけるベースを作るということある。もっと言うと、どうやって勉強するかのメタスキルを教えるとか。それと是非やってほしいのは、無名地方私立大学でも別に関係ないんだ、内なるプライドをもて、というマインドセッティングである。これは、カウンセリングのような形で行ってもよい。この内なるブライドを涵養することで、秋葉原無差別殺人事件や先日の八王子での事件のようなことの可能性を少しでも減らせるのでは、と思うのだが、そういう問題でもないか。

ともかく、地方私立大学(都会にあっても、無名であるなら同様かも)の生き残りの方策は半端ではない。そのため、大学経営コンサルタントという人々も、数が少ないせいもあって、引く手あまたである。あっ、思いついた。無名私立大学で、その生き残りの戦略とノウハウを傾注して、大学経営コンサルタント学部をつくる、というのはどうだろうか。卒業生はなによりも、自分の出身大学の建て直しを考える。そのために、成績優秀者は、資金をもらって、世界の有名・無名の様々な大学を巡って、よい大学とは、という研究レポートを書く。そうして、なるべくどうしようもない大学にコンサルに行って、そこを立て直すことに生きがいを感じる、という再建屋になる、などなど、考えようによっては面白い分野もいろいろあるのではないだろうか。

2008年8月 6日

教育パパ

よく知らないけど、Webニュースによると、最近、教育熱心な父親が増えている、という。例えば、最近は中学受験のための学校説明会に参加する父親も格段に増えているのだという。

確かに父親は、社会に出て働き、学歴の威力をまざまざと見せつれられたりする。ああ、俺も東大出とけば、とか、早慶だったら、と嘆息したことがあったとしても、意外ではない。しかし、一方で、学歴ばかり高くて使えない人材にもいろいろと出会ったりしているはずだから、学歴については、「まあ、高いに越したことないけど、社会に出るとそれは1つの要素であって、試験勉強で測れないスキルも必要だし、人間的な要素や運の要素も大きいので、本人の努力次第で入れるところに行けばいいではないか。」というのが、妥当なところではないだろうか。

だから、うちの子はなんとしても○○大に入れるのよ、そのためには、名門○○中に入れなければ、というのは、世間をあまり知らない母親の発想であるべきである。

しかし、なぜか最近は、「毎朝6時に長男と一緒に起床、出社前の1時間を勉強を見る時間にあてる。週3回塾が終わる午後9時、迎えに行くのは常に父の役目。」とか、「教えた分だけ成績が上がって、子どもが喜ぶ姿を見ると心底うれしい。手綱を締めたり緩めたり。さじ加減一つで結果が変わってくるので必死ですよ。」のように一喜一憂している父親がじわりじわりと増えているらしい。

そういう父親は、会社で閑職に回されて、少なくとも仕事に生きがいを見出していないのか、それとも、その父親自身が学歴エリートで、高い学歴がとても社会で功を奏した、という成功体験をもっているのかのどちらかだろうか。いずれにしても、そういう気持ちを我が子の進学に注ぐというのは、どうみても私が尊敬できるパターンではなさそうである。

実は、多くの父親にはひそかに、息子(娘であってもそうである)を鍛えて立派にしたい、自分を乗り越えてほしい、という願望がある。巨人の星症候群というか、星一徹シンドロームというか、まあ、卓袱台はひっくり返さないにしても。

しかし、大抵の場合、早々に挫折してしまう。その理由は、次のとおりである。
- 母親が仕切るので、自分の出番がない。
- どうみても、そちらの方面の興味や才能がないことが分かってしまう。例えば、野球の好きな父親だったとしても、バットとグローブを買ってきても、子供が全く興味を示してくれない。
- 自分が仕事が忙しくて、子供に教えている余裕がない。
- そんな、自分の仕事であれ趣味であれ、無理やり押し付ける、いい意味の無神経さがない。

で、大抵の父親は、奥さんに文句言われつつも放任で、横目で眺めていて、ときどき余計なことを言って非難されるくらいである。

そういいつつ、ボクシングの亀田三兄弟の父親や、囲碁の羽根本因坊の父親や、ゴルフの横峰さくらの父親をなんとなく羨ましく思いつつ、その気持ちを脇に押しやっているのが普通の父親ではないだろうか。そうでもないか。

2008年8月25日

試験不合格

ちょっと前のWebニュースで、原動機付き自転車の運転免許筆記試験に受からないことに腹を立て、試験場の2号館1階ロビーで、申請書類記載台を倒してガラス部分を割った備品を壊したとして、神奈川県警旭署は8月18日、器物損壊の現行犯で横浜市都筑区勝田町、無職大類孝男容疑者(68)を逮捕したという。なんでも、大類容疑者は、原動機付き自転車の運転免許筆記試験に10回連続で落ちたそうである。

原動機付き自転車、通称原付の運転免許は、実技試験がなく、筆記試験だけで取れるが、だいたい勉強の嫌いな札付きワルみたいな高校生でも、一発で受かる。数ある国家試験の中で一番易しいのではないだろうか。だから、いくら60歳を超えているとはいえ、この試験を受けて10回連続で落ちるというのは、知能の問題というよりも、ADHDなどの注意欠陥・多動性障害などではないかと推察される。

そういえば私が30歳過ぎて、自動車学校に通っているとき、なにしろ半年以内に合格しなくてはいけないということで、毎週末、教官に怒鳴られぱなしの私は、運転免許などどれないのではないか、と不安だった。ところが、教官が言うには、今までこの自動車学校に通って、実技が原因で結局免許が取れなかった人は一人もいない、しかし、筆記試験で結局免許が取れなかった人はいくらでもいる、という。ということは、大類容疑者のような人は、意外にいるのかもしれない。

また、ある本で読んだのだが、京大医学部を卒業したのに、何度受験しても、とうとう医師の国家試験に合格できなくて、医師を断念した人がいるという。あまり聞いたことがない私立医学部ではなく、京大医学部というのだとかなり意外であるが、やはり一種の学習障害に陥ったのだろうか。

米国の司法試験では、ロースクールをきちんと卒業すれば、あとは択一みたいな試験で、だいたい一度の試験で8割から9割は受かり、一度落ちても二度目までには、ほぼ99%が受かるという。それでも、ごく稀に何度も何度も受験している変わり者もいる、というから、世間には生まれつき、あるいは、なにかの病気で試験に合格できなくなる人がいる、ということになる。

そういう私も試験が得意でなく、先日受験したTOEICも嫌で嫌で仕方がなかった。私くらいの歳で、老後の備えとして、資格試験に挑戦している人がいるが、私は死んでも嫌である。この歳になって、もう試験なんて受けなくて済むというなら、なんと幸いなことなのだろう。

2008年9月26日

受験のセントラル・ドグマ

セントラル・ドグマというのは、遺伝子から形質の発現はあり得ても、その逆に、(獲得)形質から遺伝子への影響はあり得ないとする、現代科学のパラダイムである。要するに、ラマルクの用不用説を否定するものであるが、アーサー・ケストラー、「サンバガエルの謎(獲得形質は遺伝するか)」日本語訳 岩波書店や、浅間 一男「生物はなぜ進化したか」講談社ブルーバックスなどの著書があり、広い意味の獲得形質遺伝説は成り立つということを主張するマイナーな一派もいる。

私は実は、直感的に獲得形質の遺伝を信じるのであるが、そのことはこの稿の主題ではないので、また別途議論することにする。

さて、受験のセントラル・ドグマとはどういう命題を主張したいかというと、進化論のセントラル・ドグマのアナロジで、試験の点数というのは何らかの知的才能の発露ではあっても、試験の点数を上げるように努力することが知的才能を伸ばすことにはならない、ということである。この命題の系に、「試験を難しくしても、単に試験に強い学生が増えるだけである。」という数学者、深谷賢治の「深谷の定理(私が勝手に名づけた)」がある。

この命題はおそらく、世間一般に受け入れられないだろう。寧ろ、知的才能は作り出せる、というのが世間の常識であろう。それがゆえに、世間の父兄は、Web2.0の時代になっても、公務員制度改革が喧しくても、伝統の証券会社リーマン・ブラザーズが崩壊しても、こういう不透明な時代だからこそと、やれ公文式だ、やれ中高一貫だと、子弟の教育に手綱を締める。

受験のセントラル・ドグマと言っても、私は、当然に、基礎的な学習というものを否定する訳ではない。そもそも、基礎的な算数、国語の修行を経なくては、知的才能は開花しない。囲碁・将棋で、基本的な定石(定跡)や手筋を覚えないでは、棋才もなにもあったものでないのと同様である。

さて、私の若干の観察により、中学入試などを観察していると、あのトリッキーな入試問題を、大した苦もなく解いている一群の子供たちがいる。まるで魚が泳ぐようにである。その子供たちの何割かは、確実に、高い知性の発露の結果、すらすらと問題が解けている。これが受験のセントラル・ドグマの一面である。

他方、中学入試はトリッキーであるがゆえに、凡庸な子供でも、長時間の訓練でかなりの点数が取れるようになったりする。要するに、条件反射の世界である。そうやって、高い偏差値とされる私立中学に受かったりすることもあり得る。しかしである、ここで受験のセントラル・ドグマの逆が成立して、要するに、トリッキーな問題がどんどん解けたからと言って、知的才能は、びた一文伸びていない。こういう子供は、その鍛えた条件反射の能力が通用する範囲があまりに狭いことに愕然とするのである。あまり報道されないが、中学入試(そして、大学入試も)は、そういう悲劇を少なからず作り出しているはずなのである。

さて、もう少し敷衍して纏めると、受験のセントラル・ドグマは、次のように言える。
(1) 受験の得意な人達の何割かは、確実にその高い知性の反映である。
(2) 受験の得意な人達には、それが高い知性の反映の結果でないと思われる人達が含まれる可能性がせある。
(3) 高い知性の人の何割かは、確実に試験が得意である。東大入試も易々と受かったりする。
(4) 高い知性の人の若干の人は、試験が得意でない可能性がある。
(5) 受験の苦手な人達の何割かは確実に、知的なことに向いていない。
(6) 受験の苦手な人達の若干の人には実は、高い知性をもつ人がいることがある。注意せよ。
(7) トリッキーな受験勉強は、知性を高めない。ただ、努力することの意義、忍耐することの意義という精神修行としてであるなら、その意義は認める。
(8) 努力して試験に受かったとしても、その後本当に効いてくるのは、試験で得た知識ではない。もって生まれた才能であり、知性である。もって生まれた才能や知性を創生すべはない。
(9) そもそも、原石としての才能は、見出すもの、発現するものであって、作り出すものではない。才能を、無から作り出すことは、いかなる修練をもってしても不可能である。

こうして、確かに知的なことを選別する便法として試験は、ある範囲で有効なのだけれども、ある場合は有効でない、という当たり前のことを改めて確認するだけである。ちょっと竜頭蛇尾か。

2008年10月16日

秋田県と福井県

ある雑誌によると、全国学力調査の結果、全国一位は秋田県だったという。そのように北にあって、教育先進県であるため、秋田県をいまや、日本のフィンランドと呼ぶ人もいるという。

ところが、福井県も結構優秀で、小学校算数では全国二位、中学校数学では全国トップ、国語と数学を併せた中学全国トップは、福井県なのだという。

こういうのを見ると、私は、受験秀才といども、結構昔からの伝統なのではないか、と思うのである。というのは、福井県で思い出す偉人として、まず橋本左内がいる。彼が、若くして刑死というか、切腹に追い込まれなかったら、相当の人物になったであろうことを疑う人はいないだろう。

また、横井小楠は、全国を旅して、越前(今の福井県)に、多数の優秀な人物を見出した、とある。実際、時代に先行しずきていて、まともに相手にされなかった横井小楠を、顧問として抱えたのは、越前藩主 松平春獄だった。

秋田がなぜトップなのかは、私には不勉強で分からないが、秋田も類似の方針をとっていたのかもしれない。

それで、そういうレベルの高い県の環境が大学進学的にどういう結果をもたらすかということを考えてみる。それは、福井県や秋田県に、開成や灘みたいに、東大に沢山送り込む学校がある、という訳ではない。寧ろ、福井県や秋田県の名門高校は、トップの方はもちろんある程度の人数、東大に入るが、私の見解では、たいてい、しっかりとした志をもって大学に進学するのである。すると、東大でなくとも成績に応じて無理せず、地元の国立大学や、相応の大学に進む。そういう方針で大学に進むと、信念をもって勉強するので、どこに行っても伸びるのではあるまいか。たまたま、何かの関係で、抜群の実務能力であると私が感心した人がいたが、秋田高校-宇都宮大出身であった。また、先日ノーベル賞をもらった南部陽一郎氏が福井県で子供の頃教育を受けたのも、ポジティブな効果があったであろう。

福井県や秋田県以外で、私が注目している県として、奈良県がある。日本でどこが一流大学かという定義を、うんと絞って、東大+京大+東工大+一橋大+国立大医学部とすると、私が知る限り、人口比で、一流大学に進学する比率が一番高いのは奈良県である。その理由を私は、脈々たる文化の伝統にみる。すなわち、東大寺や奈良仏教は、古来の日本の確固たる権威であった。従って、奈良仏教がその後堕落したとはいえ、知的な風土を醸したことは否定できないだろう。

英国のオックスフォード大やケンブリッジ大が名門であるというのは、英国の知的なレガシーを引き継いでいるからであろう。また、米国の名門大学が名門になりえたのは、英国の伝統をうまく接木できたからだと思われる。要するに、英国の伝統をベースに、豊かな資本で涵養して、新しい伝統を打ち建ることができた。

すると、教育的・文化的雰囲気であれ、大学であれ、漬物の糠床のように、長い間の醸成を経なくてはならない、ということになる。

一方で、先日ノーベル化学賞を受賞した下村氏のように、長崎大学という地方大学出身の場合もある。私の本音はというと、このブログで一貫して主張しているように、学問は技芸であって、個人一身専属的なものであるがゆえに、本当は出身学校は関係ない、というものである。しかし、ハバネロが寒冷地では育たないように、決定的に芽が出ないような知的環境というのもある訳で、知性という種が発芽する土壌としての学校の、レガシーというか伝統はあるのかもしれない。

2008年10月25日

世界大学ランキング

Webニュースによると、世界大学ランキングは、下記のとおりであるという。以前にこのブログで、米国の大学ランキングについて言及したが、この手のランキングは、どう付けても物言いがつく。

 それでもコメントすると、下記のとおりである。
1. 全米で1位と見なされている、プリンストン大が、世界トップ10に入っていない。
2. スタンフォード大も、世界トップ10に入っていないが、ロンドン大学より上ではないか。
3. あまりにも欧米特に、英語圏に偏りすぎている。例えば、フランスのソルボンヌ大はエリート校であり、世界トップ10の候補ではないか。
4. 東大と京大が、アジアで上位というのはそういうもんだと思うが、その後、香港の大学が3つも入っているのは、どういうことか。私の理解では、身びいきかもしれないが、香港大学よりも、東北大、名古屋大の方が実績からして上位だろう。ノーベル賞学者も輩出しているし。
5. あれだけ経済成長の著しい中国の北京大学や、清華大学がもっと上位に来ないのは、学問するという気風がまだ中国では醸成されていないということか。
6. 日本では、大学ランキングというとき、入試の難しさがその指標として使われたりする。しかし、その入試の準備のために必要な労力という意味では、もしかして、世界的にもソウル大学がトップなのかもしれない。一方で、もしあまり秀才でなくても入れるが、切磋琢磨が大変で、自由な雰囲気なだけれども、それなりにアイデアを出さないと結局置いていかれるみたいな大学があったら、入試の難易度は高くないけど、結果的に大学ランキングは高くなると思う。落ちこぼれも沢山抱えるかもしれないが。

で、結局は、どこの大学だろうと、出身大学は一応の目安で、本人の人物本位とか人間性とか、創造性とか、粘り強さとか、他人の痛みが分かることだよね、という言わずもがなのことを書いてしまう次第である。


世界トップ10
1位、ハーバード大学(米)
2位、イェール大学(米)
3位、ケンブリッジ大学(英)
4位、オックスフォード大学(英)
5位、カリフォルニア工科大学(米)
6位、ロンドン大学インペリアルカレッジ(英)
7位、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(英)
8位、シカゴ大学(米)
9位、マサチューセッツ工科大学(米)
10位、コロンビア大学(米)

アジアトップ10
19位、東京大学(日本)
25位、京都大学(日本)
26位、香港大学(香港)
30位、シンガポール国立大学(シンガポール)
39位、香港科技大学(香港)
42位、香港中文大学(香港)
44位、大阪大学(日本)
50位、北京大学(大陸)
50位、ソウル大学(韓国)
56位、清華大学(大陸)

2008年12月 8日

秋田県の教育

先日、ブログで、秋田県と福井県が教育レベルが高いと書いた記事だが、Webの記事によると、少なくとも秋田県については、実際はどうもすこし事情が異なるようである。

すなわち、文部科学省が実施した「全国学力テスト」で、2年連続トップの成績を収めた秋田県に対し、その秘訣を学ぼうと、全国の教育委員会や地方議員らによる“秋田詣で”が続いているが、「秋田を見習って大丈夫なのか」と疑問を呈するのは、ほかならぬ秋田県内の教育関係者なのだという。

秋田県が全国学力テストで成績がいいのは、次のような理由による、という。

- 急激な少子化のため全国に先駆けて県全域で少人数学級に移行したので、生徒を丁寧に指導できる。
- 「競争より横並びが大事」という県民性が成績の底上げを実現している。

実際、秋田県の全国学力テストの実績は、平均値で他県を上回るが、上位層が薄いという傾向にあるという。

さらに秋田県は、明らかに大学受験で低迷している。すなわち、昨年度の大学入試センター試験の7科目平均点は全国34位。また、大学進学率は約43%で、全国平均の約53%を10ポイント下回る37位にとどまっているという。19年度の東大合格者数も東北で唯一、1けたの8人で、43位と低迷しているという。東大合格人数は1つの指標に過ぎないが、しかし、一県で8人は、あまりにも少なくないか。というのは、私の出身の広島県尾道市は全国的にみて決して教育レベルの高い地域ではないが、成績のよい中学生は、福山市にある広島大学付属福山校にいく。そして、そこは大体、年間20人くらい東大に受かるからである。

でも私は、秋田県の方針は悪いとは思わない。基礎をきっちり教え、落ちこぼれを少なくするのは大変なことだからである。基礎が出来ていれば、あとは自分の興味をどうふくらませるかである。本人次第ということになる。やる気があれば、Z会の通信教育でもよいのではないか。また、東大出身でなくても、基礎が出来ていれば、どこかで芽が出るだろう。

一方で、先日、中山元国土交通省が、日教組が強いところは生徒の出来が悪いと物議をかもしたが、実は、それは一面の事実なのだと、あるWebの記事にあった。というのは、全国学力テストで成績のよい秋田県や福井県では、日教組の活動はあるものの、とても労使協調的で、ほとんど労働争議はないという。だから、安心して先生が生徒指導に専念できる。定義的にも、日教組は先生の権利を主張する団体であって、そのような権利主張が生徒のためにもなる、という論理はなかなか導けないのではないだろうか。それは、思想や信条云々というよりも、とても機能的且つ論理的な話にすぎない。

2008年12月23日

天職と地職

例えば、日本人で、米国でも指折りの、ある名門大学の理系大学院を卒業した人がいるとする。MITとか、プリンストンとか、ハーバードなどを想定すればいい。それで意気揚々と日本に帰ってきて、一流会社の研究員になる。本人は何しろ、米国の名門大学卒なのだから、日本のT大やK大卒なにするものぞとプライド満々である。

ところが、実際に研究員として研究に従事してみると、名門大学で課程をこなして卒業したスキルと別の能力が要求されていることになる。学ぶ(learner)だけではなくて、オリジナルなことを考える(thinker)、ということである。

私の観察するところ、優れた学習者の資質をもつ人のある割合で、thinkerになりきれない人がいる。そういう人が研究を続けていると、仕事は何でもそうであるが、特に研究は成果の累積が勝負なので、時間がたつと、同僚研究員と圧倒的な差がついてしまう。

そこで潔い人は、研究者は無理と認めて、編集者的な仕事とか、教師的仕事とかに移るのであるが、名門大学のプライドが強い人は、自らのthinkerとしての資質の不足を認めようとせず、チャンスが与えられないとか、周囲が自分の優秀性を認められないとか、嫉妬されているとかいろいろ理由をつけて、研究職に留まることがある。

すると、上司も弱って、ごねられても困るので、比較的成果の出しやすい簡単なプロジェクトをアサインしたり、管理的な仕事をさせてたりもするのだが、プライドが高いことと、成果を出せないことが続いて人間性がおかしくなり、ついには人間関係も適切に維持できなくなる。こういう風に、明らかに適性ミスマッチなのに、本人がプライドあるいは勘違いで拘る仕事を、私の造語で天職の反対で、地職と呼ぶことにする。

地職が悲劇なのか悲劇ではないのか判断しかねるのは、もしかして別の仕事にポテンシャルがあるかもしれないのに、自分の勝手な判断やプライドで、こだわり続けている、ということである。すなわち、例えば派遣社員として自動車会社に勤めていて、折からの不景気で突然仕事がなくなって寮からも追い出される、次の仕事の当てはない、という絶対的悲劇と違って、相対的悲劇といってもよい。

自分の例でいえば、大学を出て、研究的な仕事をさせてもらえるかと淡い希望を抱いて、中小企業に入ったことは前にも書いたとおりである。そこで、図らずも不本意にも特許業務に従事させられて、今でもその失望は引き摺っているのであるが、今冷静に考えると、私にとって研究的な仕事は地職になっていた可能性がある。というのは、将棋を勉強したり、数学の本を読んだり、コンピュータ・プログラムを書いたりした結果感じるのは、自分はいかにも踏み込みが浅いのである。水泳で言えば、深く潜らなくてはならないのに、いつのまにか水平に進んでいる。哀しいかな、深さよりも広さに指向してしまっているのである。

一方、私は高校教師に「でも」なろうと思っていたことがあり、大学時代に一応教職課程を履修していた。そしてあるとき、アルバイトで塾の講師をやったことがある。私なりにきちんと教えていたつもりだが、どうも生徒の反応がよくない。それでそこの経営者に何度か予定日を指定されて塾に出向いたが、ある日以降、全く経営者から連絡が来なくなった。何回分かのアルバイト代も貰わずじまいである。どうも、駄目講師の烙印を押されてしまったようである。それで思うのは、もし高校教師になっていたら、それも地職になっていたかも、ということである。

そういう意味では、まるで好きでもない女性と無理やり見合い結婚させられたみたいな特許業務であるが、到底天職とは言いがたいが、少なくとも地職ではないようで、そこそこは、こなせているのではないかと自負している。特許業務は結局のところ文筆業なので、本を読んだり文章を書いたりすることが好きな私にはある程度向いているようである。特許の仕事をやる分には、私の浅くて広い技術知識もそれなりに活きる。最初に入った会社で、私を特許業務に就けた技術担当重役が慧眼だったか。いや、それだけは意地でも認めたくない。

ただ、そうやって安易にこなしているように言うが、特許業務といえども決して万人に向く仕事ではない。例えば、優秀なエンジニアであって、だんだん技術の方で疲れてきたので、特許の仕事でもやろう、弁理士にでもなろうという人が結構いる。技術の知識をもってすれば、特許なんて楽勝だ、などと高をくくっている人もいる。しかし、そうやって高をくくっている元エンジニアで、優秀な特許実務者である人を見たことがない。決定的に文章の論理構成ができていなかったりする。簡潔性を欠いたり。

私が尊敬するような優秀な特許実務者は、エンジニアのバックグラウンドをもち、それでいて法律的・文学的センスのある人である。それはある種のバランスの上に成立するスキルなので、ドリーニュやコンヌみたいな煌く数学の才能とはまた違う隠微なものであるが、しかし、優れた特許実務者も稀有である。そういう人は胸を張って特許実務を天職と呼べるだろう。私は、食べていくために、クビにならない程度になんとかやれているというレベルである。

ということで、仕事=天職 * x + 地職 * (1-x)と、天職率 (転職率ではない)0 < x < 1であらわすことにすると、x = 0.8から0.4くらいならまあ我慢できるか、と意味のない定量化をしてみる次第である。

2008年12月27日

大学医学部

新聞記事によると、医学部の定員を693人増やすということで、日本で医学部をもつ全大学の医学部定員と、増加数が示されていた。その数は、全国で79校で、内訳は、国立42校、公立8校、私立29校である。

国立42校というとほぼ全都道府県に必ず1つ国立大学の医学部があるように思われるが、北から見て国立大学医学部のない県は、岩手県、福島県、栃木県、埼玉県、神奈川県、奈良県、和歌山県である。首都圏の埼玉県と神奈川県に国立大学医学部がないのは意外であるが、神奈川県には公立で、横浜市立大学医学部がある。福島県、奈良県、和歌山県にもそれぞれ、公立大学医学部がある。ところで茨城大学には医学部がないが、茨城県には筑波大があり、こちらには医学部がある。また、静岡大学に医学部はないが、静岡県には浜松医大がある。

よって国公立大学医学部がないのは、岩手県、栃木県、埼玉県である。では全く大学医学部がないかというとそうではなく、岩手県には岩手医科大があり、埼玉県には埼玉医科大があるが、これは名前からは自明ないが、どちらも私立である。

すると全く大学医学部がないのは、栃木県ということになるのかと私立大学医学部をみてみると、独協医大が栃木県にあるようである。これで大学医学部のない県はない、ということでなんとなくほっとした。

ところで、現在の全大学医学部の1学年の定員数は、8486人。全国で、ということだから、やはり医師自体がエリートということになる。一大学医学部の定員は、90人~120人の間。ここから、各大学医学部は、10人前後を増やす。全国で693人増となる。それにしても、私立の法学部あたりだと学部で数百人~千人程度の定員だったりするから、やはり医学部の学生というのは、一人一人丁寧に育成されるのだと改めて感じる。国家からの育成予算が少ない私立医学部の授業料が高くなる筈である。

ただ、これで医師不足が解消されるのかどうかよく分からない。本当に必要なところに医師が行き渡るというのは別問題なような気がする。妥当な待遇で有意義に働けるかどうか、という点とか。

2009年1月 4日

雑学主義

私はもともと、あまり系統だった勉強をしていないせいか、「雑」という言葉にとても肯定的に意味を与える傾向がある。例えば、仕事でも、「雑用」を、仕事の本質的な要素として捉えている。ただしかし、それは、雑用を何か本質的なものを見通すための一間口として理解しているのであって、「雑」だけを切り離して、それだけを競うのにはとても抵抗を感じる。

何が言いたいかというと、年末のテレビを見ていて、スターやタレント対抗のクイズ番組というのがある。それで、各人が漢字の読み方や、歴史の問題などで競うのだが、そういうことに短時間で答えていくことの切なさというか、空しさに見ていて段々堪えられなくなってくるのである。しかも、アナウンサーの名前の肩に一々、青学卒だの、早稲田卒、慶応卒だのと表示して、ナレーションは、流石、教養溢れている、と俗物性丸出しである。

確かに、麻生総理ではないが、日常的に、漢字が正しく読めないと恥ずかしい。それで、意外な人がそんな漢字も読めないかと失望したこともあるし、逆に私も簡単な英単語のスペル間違えて、赤恥をかいたことは少なくない。

とはいえ、クイズ形式であれ、そういう皮相的な知識の反射神経ばかりを追求するのはどうなのか、と見ていて憂鬱になってくる。

皮相的な知識の反射神経というのには根拠があって、一番信頼ができる答えをすると尊敬されているベテランのアナウンサーがその秘訣を公開していたが、なんと中学入試レベルの参考書を何冊も鞄に入れて、暇さえあれば眺めているのである。すると確かに、歴史、漢字、理科などの大まかな知識が身につく。

そういう教養を私は否定しない。実は私もあまりに歴史の知識が不足していることを実感して、「この一冊で日本史と世界史が面白いほどわかる」という、たった500円の小冊子を買って読んでみたが、なるほど目からうろこで、知らないことだらけであった。

しかし、この本の中学入試的レベルの皮相さに留まっては、大の大人は意味がない。歴史の意味や運命や必然性に思考を拡げていかなくてはならないが、すると、個々の事実はどうでもいいのではないが、脇におかれる。学歴などの肩書きもそうである。一歩踏み込んだ思考は最早、マスコミ受けしないので、番組化されることもない。

だから、中学入試も、テレビを見るのも、適当にとどめておくべきなのだが、結局中学入試レベルの教養が跋扈し、そこに学歴がラベルとして横行し、やれ塾だ進学校だと、喧しいこと限りない。

リスクテイク・バブルと、皮相的な教養主義/学歴主義は同期しているのかもしれないが、どちらも苦々しく思っている私は、黙って観想するよりない。

2009年2月10日

フィンランドの教育

以前、このブログで、秋田県が日本の全国学力調査で一位と紹介したが、世界では、OECDの学習達成度調査(PISA)で、フィンランドが3回連続一位なのだという。秋田県と、フィンランド、どちらも寒いところで、何となく似ているような気がしないでもない。ただ、ここに書いたように、物言いがつかないこともないようである。

ともかく、PISAでは、科学的リテラシーで一位がフィンランド、二位が香港、三位がカナダ、数学的リテラシーで一位が台湾、二位がフィンランド、三位が香港、読解力で一位が韓国、二位がフィンランド、三位が香港で、その総合成績でフィンランドが一位という次第である。

フィンランドの教育制度の特徴は、7歳から9年の一貫教育。それは義務教育で、無料である、という。1クラス25人と少数であり、教師は、落ちこぼれを出さない方針をとる。すなわち、丁寧に教え、必要に応じて補習も行う。

また、枠にはめるという窮屈さはなく、留年も飛び級もありだという。

それと、明らかに日本と違うと思うのは、フィンランドでは、飛び切り優秀な人が教師になることである。そして、教員養成課程は、10倍の難関だという。

また、フィンランドでは、子供の頃から、活字に目を通す習慣があるという。そのことが、PISAの読解力の世界二位につながっている。

さらに、フィンランドでは、義務教育に塾がない。塾というか予備校は、大学入学のためにある。大学は、どこの大学かは問題にならず、寧ろどの専攻かが問われる。

こうしてみると、フィンランドの高い学力には特に秘訣はない。よい教師がじっくり丁寧に教えるだけである。また、義務教育をかき乱す受験騒ぎは、ほとんどない。考えてみると、教育に小手先は通用しない。

でも、フィンランド出身の有名人はあまりいないではないか、という疑問もある。と思ったら、リナックスの作者で有名な、リーナス・トーバルズは、フィンランド人であった。リーナスの伝記を読むと、子供の頃から、好きなだけコンピュータに没頭することが許されていたようである。こういう環境では、受験的エリートはあまり出てこないかもしれないが、リーナスのように、時代の流れを変えるような仕事をすることがある。

また、数学者では、アールフォースと、ネヴァリンナ。かなりな大物であると言える。物理学者では、ノルドシュトロム。彼が、四次元の空間と一次元の時間で電磁気を記述する方程式を書いたら、自然に重力がでてきた。これによって、重力と電磁気の統一が図られ、特殊相対論とも完璧に整合した。あまり知られていないが、結局破れ去ったとはいえ、一般相対性理論と一時は対抗していた理論なのであった。このことと、科学的リテラシーで一位がフィンランドという事実から、フィンランドの科学の伝統を垣間見るのである。

2009年2月13日

名門校の悲劇

*多くない読者の皆様へ:ここに書いた理由により、新しいURLのブログに移行しました。このブログは基本的にもう更新しませんが、コメントを戴ければ応答はします。

新しいURLは、http://commutative.world.coocan.jp/blog2/と、微妙に違うだけです。今後ともよろしくお願いします。



塩野七生といえば、ローマに関する一連の小説で有名だが(といいつつ、私はまだ恥ずかしながら読んだことがない)、その学歴は、日比谷高校から、学習院大学文学部である。ところが、当時の日比谷高校といえば、今の開成や筑波大付属のように、東大合格トップ校であって、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いであった。例えば、経済学者の野口悠紀雄は、当時の日比谷高校でも成績トップで、なんの苦もなく東大理Iに合格したばかりか、折角工学部で最高の成績だったのに、なぜか経済学に興味をもち、半年間だけ経済学を自習しただけで、公務員試験に合格し、当時の大蔵省に入省したという、札付きの秀才である。いまだに第一線である。

そういう秀才がひしめく日比谷高校にあって、学習院大学に行った塩野七生は、同級生と比較して、強烈な劣等感に苛まれたという。私が行った高校だと、学習院大学に行くということは、少なくとも四分の一以上の上位の成績であり、本人が医学部とか難関校を目指して自分で落胆しない限り、相対的に何も引け目に感じる必要はない。

そう考えると、親が子供のときから塾に通わせて、有名私立中学から難関大学を目指す途というのは、とてもリスキーであるように思われる。というのは、例えば、開成に行っても、実は東大にいけない人は結構いる。一番最下位レベルの成績だと、日東駒専に落ちる人もいるという。日東駒専に落ちてもいくらでも行く大学はあるし、就職もできるし人生なにも悲劇ではないが、下手に開成に入ったばっかりに必要以上の劣等感を植え付けられてしまう。それこそが悲劇である。

それでもなぜ名門中学を目指すかというと、まわりがみんな優秀なので、嫌でも自分も底上げされる、ということがある。自然に刺激を受ける、ということである。そうやって脱落しないようについていっていれば、開成あたりだと自然に東大に入れるのだろう(知らないけど)。また、東大合格のノウハウの詰まった授業もあるのだろう(知らないけど)。

でも、やっぱり最後は大学受験は才能なのである。何でもそうかもしれないが。こうしてもしかしたら開成でも、半分くらいの人は東大には届かない。

すると、名門校は、必要以上に劣等感を植えつけられた少なくない生徒を作り出していることになる。それに殊更言及する人はあまりいない。「僕はパパを殺すことに決めた」みたいな事件がときどき起きるが、一過性で、みんなすぐに忘れてしまう。

ただ、一方で冷静に考えると、どうやっても人生、試練からは逃れられない。受験勉強で勝者になっても、それはそれで、次の競争に晒される。だから、名門中学・高校に進学して、不幸にも文字通り末席を汚すことになったとしても、それは人生の原理である、と諦めるよりないのだろう。一種の自然淘汰の法則である。

むしろ、塩野七生のように一旦屈折したコンプレックスからすばらしい作品が生まれることがある。エコールドノルマルに合格できなかっガロアが書きなぐった論文は、方程式論というか有限体論の画期的な内容であった。そういう意味では、名門校に行って落ちぶれたり、逆に奮起したりするのも人生なのだろうか。

ところで、ある意味東大合格よりずっと難しいのは、将棋のプロになることである。最高の才能をもった25歳以下の青少年が奨励会というところに何十人も集まって、最終的にプロの四段になれるのは、年間4人だけである。しかも、25歳という年齢制限はあっという間に容赦なく迫ってくる。大学受験の場合、東大が無理でも、いくらでも入れる大学はある。しかし、将棋の場合は、オールオアナッシングで潰しがきかない。リスキーといえばこれほどリスキーな選択もなく、すると、やはり、名門校に行く程度のリスクは耐えなくてはということになる。

どうやら私は、リスクテーキングとか試験勉強とかがよっほど嫌なようである。意気地なし。

About 教育

ブログ「Commutative Weblog」のカテゴリ「教育」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは政治です。

次のカテゴリは数学です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。