メイン

芸能 アーカイブ

2007年3月29日

お笑い芸人の典型的パターン

 私は、お笑い番組が好きで、エンタの神様など、よく見る。そのとき、決してこれで尽きている訳ではないが、お笑い芸人、特にピン芸人の特徴的なパターンがあることに気づいた。
 特徴1:自虐的、または、ぼやき的のどちらかであること
 特徴2:独特のコスチュームを纏うこと
 特徴3:特徴的な踊り、または音楽を使うこと
 これらは、毎回ワンパターンでよく、いや、寧ろ徹底的にワンパターンでなくてはならない。というのは、ワンパターンであると、観る者が次に何が来るか予測できる。そして、予測したとおりのギャグが来ると、安心感があるのである。今の不安の多い世の中で、予測のつく、擬似的な安心空間というのは、どことなく嬉しい。いくつか、例を挙げてみる:
 アクセルポッパー:独特の踊りと音楽、自虐的なメッセージ
 ですYO:独特の井出達としゃべり方、自虐的なメッセージ
 魔邪:独特のコスチュームと、ぼやき的メッセージ
 ギター侍:独特のコスチュームと音楽、ぼやき的メッセージ
 小梅太夫:独特のコスチュームと音楽、自虐的なメッセージ
 ただ、私がまだ理解できていないのは、これらのピン芸人の、統計力学の相転移のような、突然の人気の下落と、一旦下落した後の復活のなさ、である。この下落は、なかなか予想できない。というのは、あまり芸が豊富とも思えない魔邪が、未だに生き残っているからである。
 もちろん、お笑いの世界は、上の例では尽きない。お笑いのパターンの全てを類型化する作業は、まだ端緒についたばかりである。

2007年5月20日

にしおかすみこ

 昨日、エンタの神様を見ていたら、「にしおかすみこ」が出ていた。最初に、にしおかすみこを見たとき、なんかあばずれっぽい顔と、それに不釣合いなほと゜プロポーションのよい肢体が妙に目を引いた。また、最初に、鞭をもってギャーッと叫ぶパフォーマンスには、少し驚いたが、まあ、大したキャラでもあるまい、と高をくくっていた。話の内容が、いまいち単調だからである。
 でも、昨日の話はよかった。半分実話と思われる自分の10年にも亘る片思い話を切々と話す、その自己諧謔は、切なくて笑わせるものがあり、ううん、にしおか、やるじゃん、と思った。
 すると、こうなってはやはり、あのスラリとした肢体が活きる。あのボディを前面に出さず、さりげなくやっているのがいい。ううん、もう少しだけブレークするかな。
 あと、昨日のタカ・アンド・トシは、いまいちだった。もともししゃべりの名手なのに、昨日は、アイテムを使った。でも、アイテムは、彼らには似合わない。そうか、芸域を広げようとしているのだな。

2007年5月30日

ミス・ユニバース

 新聞によると、日本人でプロダンサーの森 理世さんが、メキシコシティーで開催されたミス・ユニバース・コンテストで、一位に選ばれたそうである。このコンテストで日本人が優勝するのは、1959年の児島明子さん以来だというから、とても珍しいことである、といえる。
 ただ、私としては、複雑な気持ちである。というのは、私の基準では、森さんは、美人に該当しないからである。森さんは、ダンサーを目指し、高校からカナダの学校に通ったという。よって、その文化のバックグラウンドは、平均的な日本人よりも西欧ががっていると思われる。そういうバックグラウンドは、もともと西洋文化の枠組みにあるミス・ユニバース・コンテストでは、有利に働くと思われる。
 ただ、このように、私の(古臭い偏った感性からみて)美人ではない人が優勝するとなると、どうしてもある思いが湧き上がってくる。それは、競争の透明性への感性である。
 それは、将棋を主要な趣味とする、あまり一般的でない自分の感性に基づく。すなわち、将棋というのは、結果の透明性で卓越している。結果に、言い訳は一切効かない。そういう意味では、囲碁だって野球だって、サッカーだって同様である。将棋云々というのは、却って変かもしれない。
 ともかくそういう透明性の感性からいくと、フィギュア・スケートだって、体操競技だって、私にはどうしても割り切れないものを感じる。確かに、素人目にも、明らかに卓越した人とそうでない人は分かり、それが評価点にも反映されている。しかし、接戦になったときの評点の不透明さは、どうしても私の理性を納得し得ないものがある。
 その文脈でいうと、もっと納得いかないのは、ミス・ユニバースなどのような美人コンテストである。一体どんな基準で、順位が分かれるのか、どうしても納得がいかない。それでも、私からみて、ううん確かに美人だよね、と思われる人が選ばれているうちはいい。しかし、今回ように私の感性に違和感がある選考結果だと、ミス・ユニバースって何? 美人コンテストって何? という疑問を抑えきれない。
 で、文脈が変だけどあえて言うと、美人というのは、ふっと入った場末の酒場にいたりするんじゃないの、自分ではあんまり美人とは思わないで、ひそやかに生きている人がいいよね、みたいに思うのだけれども、そんなんどうだっていいじゃん、何を拘っているの、と冷ややかに見ている別の自分がいるのであった。

2007年5月31日

ムーディー勝山

 テレビで、陣内智則と藤原紀香の結婚披露宴を見ていたら、ムーディ勝山が出ていた。
 要するに、演歌歌手の井出達で、ワンパターンのメロディで、繰り返しのような歌詞を歌うだけで、特に歌がうまい訳ではなく、その創意工夫のなさは、驚異的と言ってよい。これでは、スーパーで売られている、賞味期限つきの刺身のようなもので、今の芸が、売れなくなったら終わりである。
 そういう意味では、先日ここであげた「にしおかすみこ」、桜塚やっくん、既に消えてしまった、小梅太夫とギター侍、世紀のつまらなさの「ですYO」、も同様である。
 本人も、そういう一芸で突き進み、売れなくなったら消えるのはやむをえないと覚悟しているかのようである。テレビ局はテレビ局で、はっきり消耗品と割り切っているようである。それでも、テレビジェニックであれば、司会やバラエティー番組に採用してもらえて、意外に人気は永らえる。大した芸もないと思われるのにそうやって永らえている一人に、プロレスのコスチュームで怒るキャラクターで売り出していたマチャマチャ(魔邪)がいる。
 才能で少し抜けていると思われる、爆笑問題、タカ・アンド・トシ、次長課長などが残るのは分かるが、どうしてギター侍が消え、マチャマチャが生き残るのか、と考えて、その答えは出ないでいる。それは、ベルクソンの「笑い」のように、結構深遠な哲学的課題なのかも、と考えている次第である。また、稿を新たにして書くことにする。

2007年6月 1日

新垣結衣

 あまりテレビは見ないし、コマーシャルなんてさらにどうでもいいのだが、ほんの一、二回しか見たことがないのに、とても印象に残っているコマーシャルに、グリコのポッキーのコマーシャルがある。
 よく分からないけど、これって近年のコマーシャルの名作ではないだろうか。動きがとても印象的なのである。特に、出ている女の子が気になるので、ネットで調べてみたら、新垣結衣といい沖縄出身であるという。とてもフレッシュなキャラクタに、周りの情景がよく合っている。
 私は、Web2.0など調べていて、テレビの広告は、段々ネットの広告で置き換えられるのかもしれないが、こういう広告は、テレビで見たいと思う。

2007年6月 3日

Zardの坂井泉水

 癌の治療中であった、Zardの坂井泉水について、事故死か自殺かといろいろ議論されているが、どちらにせよ、残念な末路であることには変わりない。
 実は私のような年代の者には、Zardをカラオケで歌うということもあまりなく、その音楽性もよく知らなかったのだが、その記録を調べてみると、下記のとおり凄い。
- アルバム総売上げ枚数 1870万枚 (歴代8位、女性歌手歴代5位)
- シングル、アルバム、DVD総売上げ枚数 3641万枚 (歴代8位。女性歌手歴代4位)
- シングルTOP10獲得数 40作 (女性歌手歴代1位)
- アルバムの連続ミリオン獲得数 9作 (歴代1位)
- 90年代のシングル総売上げ枚数 1670万枚 (女性歌手歴代1位)
 それでふと、美輪明宏がその著書で書いていた、プラス・マイナスの法則のことを思い出した。その法則でいくと、坂井泉水は、その人生の前半にとても大きなプラスを抱え、後半そのプラスを消化しきれずに、30代後半での癌という、大きなマイナスに出会ってしまったと思う。その絶頂のとき、とてもつまらない男と結婚し不幸になって、離婚したりしていれば、あるいは運気が緩和されたのであろうか。
 では、あれほど絶頂を極め、今も隆盛を続けているビル・ゲイツはどうなんだ、プラス・プラスではないか、と批判があるかもしれない。しかし、ビル・ゲイツは、大好きだった母親を、若くして亡くしているのである。これは大きなマイナスではないだろうか。
 ところで、今、東京六大学野球の早慶戦が行われている。斉藤祐樹が登板で、これで勝つと最高の盛り上がり。5回までで、斉藤はほぼ完璧なピッチングで、得点は8-0で早稲田が勝っている。私は憂慮した、これでは話が出来過ぎではないか、と。ところが、斉藤は、6回に疲労のためか、慶応打線に捕まり、4点を失った。ああ、これでいいのだ、斉藤君。君の運気はまだ尽きない。
 試合は結局、早稲田が勝って、優勝が決まった。

2007年9月 3日

そんなの関係ねぇ

 最近、ムーディ勝山を初め、どうかと思われるピン芸人が多いが、おおっと思ったのが、小島義雄。ものすごく平凡な名前で、本名なのかもしれないが、海パン一丁の姿であらわれ、いろいろしゃべるのだが、何かを殴りつける格好をしながら、「そんなの関係ねぇ」を連呼する。
 だいだいが、筋肉系の芸人は、なかなか受けが難しいというのが通り相場であるが、「そんなの関係ねぇ」のリズムとインパクトは、笑いを誘う。
 で、こういうのって、真夏の世の夢ではないが、一夜の火花みたいなもの。それでも、火花ですらない、ムーディよりいいじゃん、と思ってしまう。
 ヘタウマみたいな、ムーディも時によりけれではあるのだけれど。あと、柳原可奈子も悪くないかな。ちょっとしゃべりがくどいけど。でも、そんなの関係ねぇ。

2007年10月27日

お笑い芸人養成所

 今日の新聞に、吉本興業が設立した、吉本総合芸能学院、略称NSC( new star creation)が紹介されていた。1982年に大阪に設立され、東京にも、1995年に設立された。
 従来、漫才師などの芸人は、師匠について何年も修行するものであったが、この芸能学院は、年限は1年、その間に基本をマスターし、早ければ、高校を出て一年でデビューできることになる。たった1年の修行で大丈夫か、と思うが、関西からは、ダウンタウン、トミーズ、ハイヒール、今田耕司、雨上がり決死隊、ナインティナイン、中川家、陣内智則、東京校からも、品川庄司、インパルス、森三中、ハリセンボン、オリエンタルランドなど、沢山のメジャーなキャラクタが輩出しており、その養成システムの有効性がうかがわれる。そうはいっても、ここを出れば必ず売れる、ということは到底考えられず、相当な才能と、運が必要であることは言うまでもない。
 授業内容は、ダンス、ボイストレーニング、表現、漫才・コントのネタみせ、など。何でも基本があり、基本が大切なのだろうが、こういうお笑いの世界は、税理士などの資格の勉強とかと比べて、本人の個性や工夫の余地が大きく、発想力の乏しい受験秀才は辛いだろう。とはいえ、オリエンタルラジオは、慶応出身なので、いろいろなパターンがある。しかし、流石に、東大出身のお笑い芸人は、寡聞にして知らない。皆無とは思えないが、売れてないのだろう。
 最近のお笑いブームもあって、カルチャーセンター並に、芸能学院に来る学生もいるという。それで、結局芸人にはなれなくても、マナーや対人関係、表現力が高まるので、営業マンとしてやっていくのにプラスになる、という。
 すると、大学の芸術学部に、マンガやアニメコースができる昨今、お笑いコースが出来る日も遠くないのであろう。また、ある芸人が売れるということとか、長続きするかどうか、というのは、広い意味で哲学的課題であると思うのだけれども、本気で研究する哲学者が出てくるだろうか。少なくとも、ベルグソンの笑いの哲学は、浅薄で、感心するには遠い。

2007年10月30日

藤崎マーケット

 最近のお笑い芸人で、馬鹿馬鹿しくて面白いじゃん、と思ったのは、藤崎マーケットである。男二人が独特のリズムで、喋りながら、エアロビをする。はっきり言って内容はないのだが、誰が内容を期待するだろうか、深遠な哲学を聞きたいと思うだろうか、面白ければいいのである。そういう意味では、オパピの小島よしおも、まさにそうである。
 こういうリズム系で最早メジャーになりすきてしまったグループとして、オリエンタルラジオがいて、また、あまり有名ではないが、私が面白いと思ったグループに、狼少年がいる。リズム系は、大脳前頭葉ではなくて、小脳あたりに訴えるのではないか。大脳前頭葉が考えるお笑いなら、小脳は考えないお笑いである。
 藤崎マーケットは、上述のように、エアロビの乗りであり、オリエンタルラジオは、空手の組みの乗り、狼少年は、といえば、学ランを着た、応援団の乗りである。どれも、他に似たようなグループがいないのがよく、独自性と、リズムがいのちである。
 ただ、1つ問題は、どうやって芸人として長続きするかだが、もともとそういう芸人を養成する吉本芸能学院あたりも、そんなの関係ねぇ、と思っているのかもしれない。すなわち、フローとしての瞬間的に売れる、一群の芸人がいればいい、ということになる。
 そうやって生き残る芸人うちのほんの一部は、ドラマやバラエティ番組に出演できたりする。一方、本当に漫才やコントで生き残ろうとすると、タカアンドトシ、次長課長のような卓越した才能を要する。あるいは、オール阪神巨人のように、師匠について、鍛え上げられた芸を発揮するかである。
 で、瞬間的に売れて、後は売れなくなった芸人はどうする、全く日の目を見なかった芸人はどうする、ということになるが、バイトで稼いで、老人ホームを慰問すればいい。あるいは、努力して、サラリーマンになればいい。一時的にでも売れたことを鼻にかけないで、地道に努力すれば、元芸人であったことが、プラスに活きるのではないかと思われる。
 

2007年11月 1日

お笑い芸人のネタ帳

 先日、テレビで、お笑い芸人のネタ帳披露みたいな番組を見ていたら、思わず笑ってしまった。というのは、ネタ帳が、私も使っている、100均ショップで、3冊100円の、変形B6サイズのノートだったからである。この番組は何度も見ているが、大抵このノートを使っているようであり、すると、隠れたベストセラーということになる。
 それで、大抵の芸人は、ネタ帳を見るとびっしり書かれており、きっとこのうち日の目を見るのは、ほんの一部なのだろうが、普段街を歩いていたり、電車に乗っているときふと思いついたことをすかさずメモしているに違いなく、そういう発想力は、人前での話術・表現力に劣らず、重要な能力である、と思われる。
 それに関して思うのだが、単に街を歩いて気づいたことを書くだけでは、高が知れている。それで、すぐれた芸人は、堅い歴史書、哲学書のようなものまで、目を通しているのではなかろうか。そうして、そのような抽象概念を卑近なところに落とし込むと、お笑いとして結実することになる。例えば、タモリは、早稲田大学の文学部哲学科中退であるという。また、ビートたけしなども、思想的・哲学的なものを感じさせることがある。
 あと、小島よしおのネタ帳に関して、彼が、「そんなの関係ねぇ」と同じ頃思いついたネタがある、というので、せがまれて、それを披露していたが、いまいち面白くなかった。司会の雨上がり決死隊から、「そんなの関係ねぇ」でよかったネと言われて、小島よしおは苦笑していた。このことから分かるように、自分が面白いと思っても、一般受けするネタでないと意味がない。すると、お笑い芸人は、自分独自のお笑いの琴線というか感覚以外に、一般大衆の笑いのツボを知得しておかなくてはならないので、チャレンジである。
 このような多数の関門があることから、真に受けるお笑い芸人は、なかなか少ない。改めて、結構大変な職業だと思う。

2007年11月 5日

山崎バニラ

 テレビを見ていたら、山崎バニラという若い女性が、和服を着て、無声映画の弁士をやっていた。おお、なんとレトロな、と思ったら、喋るだけではなく、ピアノか大正琴を演奏して、弾き語るのである。その喋りと演奏が絶妙で、また、なかなかに美人であって、ひそかに人気がでているそうである。
 こういうのを温故知新というのだろう。ただ、山崎は、子供のころ、とても自意識過剰で、人前に出ることができなったそうである。こういう性格だと普通、親が心配する。とりあえず現実にあまり適応していないからである。しかし、出来た親だったのか、うまく才能を伸ばせたようだ。
 弁士と言っても、山崎は基本的に、音楽派のようで、無声映画をみたらまず、どういうメロディーがいいかを考えるそうである。そうして、いいメロディーが浮かばないと、過去の成功例を見るのだそうだ。このために、いままでの楽譜はとってある、そうである。そうして、音楽が決まっても、どういう喋りの内容にするか、また、延々と悩む。1本の無声映画を通して、喋りと音楽を付けることは、大変な作業なのだという。だから、音楽を入れるのは、その間しゃべりを控えることができるので、救いなのだそうだ。今は若いけど、いつまで根気が続くか、という気持ちだそうだ。
 ところで、和服を着て、弁士をやっているときの山崎は、髪を金髪に染め、和服を着ているせいで、レトロというよりも少し異様な雰囲気で、まるで、八つ墓村に出てくる、薄倖の美少女のようで、近づきがたい。ところが、普段の様子は、明るい若い女性に戻る。ともかくも、なかなかニッチなユニークな才能なので、売れすぎないで、消耗しないように育ってほしい。

2008年1月 7日

旬のお笑い芸人

 正月のお笑い番組を見ていて初めて知ったのだが、2007年年末のM1グランプリの優勝は、サンドウィッチマンとのことで、逆に意外だった。「逆に意外」という言い方は説明を要する。すなわち、サンドウィッチマンは、ときどきエンタに出演するけれども、その実力は圧倒的で、まったく「すべらない」。面白さの連続で、しかも、とても玄人っぽい。別格なのである。だからというか、私は、勝手に、無冠の帝王だと思っていた。だから、M1グランプリに出場すること自体、とても意外であった。私の勝手な理解では、M1グランプリは、0.8か0.9くらいの実力の人が、頑張って優勝して、1.0の実力である、と認めてもらう場である。1.0の実力と認められると、最早M1グランプリに出る必要はない。よって、もともと1.2くらいの実力のサンドウィッチマンは、いい意味で、M1グランプリは論外なのである。
 あと、正月のお笑い番組をみていて、なんとまあお笑い芸人は層が厚いのだろうと驚いたのだが、その中で特に、うんこれは、と思ったのは、鳥居かおりと、アントキの猪木。
 鳥居かおりは、リングの貞子のような不気味なキャラクタであるが、Webの情報によると、ライブだと、放送禁止ような反社会ネタしゃべりまくりなのだそうである。テレビでは流石に、そこまでどぎつくなかったが、不気味ネタは、おどろおどろしくて、笑えた。
 アントキの猪木は、長州小力のアントニオ猪木バージョンであるが、ともかく、アントニオ猪木にそっくりで、アントニオ猪木の行動をデフォルメしていて、その大げさな様がとても笑える。
 鳥居かおりもアントニオ猪木もピン芸人で、コンビやトリオのようなバリエーションを出すことが難しい中で、よく個性を発揮していると思う。なかなか、創造性を発揮する余地があると感心する。
 ところで、あまり人気が出なかったけど、早口芸で一時受けていた星野卓也。「ありえないんだけど、ありえないんだけど」を連発して、ややこしい早口言葉をしゃべりまくる。その話芸は見事と思っていたんだけど、きえちまったのかな。

2008年1月11日

美空ひばりと、大山康晴

 正月に実家に帰って、歌謡番組を見ながら、ふと、父親に聞いてみた、少なくとも演歌の分野で、誰が一番偉大かと。すると、いつもは優柔不断な父は、迷うことなく、それは、美空ひばりである、別格である、という。ううん、そういうもんか、とつい唸ってしまった。私の父は元船乗りで、とりたてて教養がある訳ではなく、すごい特技がある訳でもない。ただ、歌が好きで、自宅にカラオケセットを購入し、今でも暇さえあれば、近所の同好の仲間を呼んで、歌っている。なにしろ父はキャリアが長いので、遺伝的にカラオケ好きな私も、その点では父に一歩譲る。
 ただ、文句なく別格、ということはどういうことなんだろう、と改めて考えてしまった。美空ひばりの歌う様は、結構再放送される。見ていると、特に美人ということもない。痺れるような美声という訳でもない。ただ、地の底から沁み込むような哀愁は感じる。で、思い至ったのが、そうか、美空ひばりは、歌謡界の大山康晴か、ということである。歌謡界の加藤一二三でもなく、歌謡界の羽生でもなく、大山康晴なのである。大山の将棋をみると、一手一手は、結構平凡である。しかし、長く通してみると、その偉大さがやっと分かる。別の例で言うと、ナスカの地上絵である。航空写真レベルの高さでやっとその意味が分かる。
 美空ひばりも、一曲一曲は、確かにうまいが、そこそこなのだろう。ただ、いろいな曲を通して聞き分けていると、その偉大さが沁み込んでくるのだろう。
 父が他に評価している歌手は、天童よしみである。現存する演歌歌手では一番うまい、という。ただ、ちょっと癖がある、とも言う。
 他の分野で、美空ひばり的、大山康晴的なのは、誰だろうと考えてみた。すると、クラシックギターのアンドレス・セゴビアがそうかも、と思った。セゴビアは、超絶テクニックを擁するというのではない。ただ、ひたすらロマンチックにギターを歌わせるのである。そういう意味で、美空ひばりよりも甘美である。大山康晴よりも孤高である。他にはいるか、というと、なぜか民法学者の我妻栄が浮かんだ。物理学科出身なのだから、アインシュタインくらいいいそうなものである。しかし、アインシュタインではなく、なぜか我妻栄。こうして、自分でも何を考えているか分からなくなっていくのであった。

2008年2月 4日

黒人の演歌歌手、ジェロ

 テレビを見ていたら、黒人の演歌歌手がデビューしたという、名前は、ジェロ。どうせ、片親が日本人で、日本で生まれ育ったから、日本語がネイティブなんだろう、と思っていたら、完全な米国ネイティブで、喋る日本語はたどたどしい。しかし、マイクをもって演歌を歌わせると、うん、なかなか聞かせる。レパートリーは、既に、100曲あるという。
 ただ、先祖を辿ると、純粋な黒人とも言い難くて、祖母が日本人である、という。ちょっと意外性が削がれた。
 デビュー曲は、「海雪」といって、作詞秋元 康、作曲宇崎竜童というコンビなので、意外な黒人キャラと相俟って、そこそこは話題をえて売れそうである。
 ただ、演歌好きな父をもつ歌謡一家?に育った私の評価は、ちと厳しい。というのは、日本での演歌の層はやたら厚く、北島三郎をピラミッドの頂点として、そこに食い込むのは、鋼鉄の鉄板を拳骨で破るくらい難しい。ジェロは、確かに上手いし、日本の心も出せているが、ただ、氷川きよしあたりと比べても、まだまだである。下手をすると、最初の話題性だけで終わってしまいそうである。
 で、私の勝手な希望は次のとおりである。最初の話題性で突っ走れる時期を過ぎたら、日本中をドサ廻りしてほしい。北は北海道から、南は沖縄まででてある。すると、土地土地の民謡にも触れ、日本の心が体にしみこんでくる。そこで、例えば、秋田か青森あたりで、運命の女性と出会い、結婚を誓う。
 そして、ドサ廻りが終わると、その女性を連れて、米国に帰る。米国では、ニューオリンズあたりで、演歌パブを開く。すると、最初は、現地の日本人しかこないかもしれないが、次第に物好きな黒人、インディアンも集まり(なぜか、白人、特にWASPは来ない)、独自の境地の演歌を作曲・作詞する輩も現れる。例えば、「跳んで、ニューオリンズ」、「シアトルは今日も雨だった」、「マンハッタン5番街ブルース」、「二人のサンノゼ」などである。
 すると、変な黒人が日本にやってきて、変な洋物演歌を歌いまくる。うちの父あたりは、そういうのに顔をしかめるであろうが、若い人は歓迎する。そして、カラオケには、「洋物演歌」というページができあがる、ああ面白いではないか。

2008年2月27日

ラサール石井

 ラサール石井の「笑いの現場」角川新書、を読んで分かったのは、ラサール石井が、最高の笑いの語り部である、ということである。これは必ずしも褒めていない。むしろ、ラサール石井にとって、やや屈辱的であるかもしれないのである。というのは、例えば、将棋で私は、最高の語り部を、故真部九段だと思っている。セカンド・ベストを河口五段だと思っている。そして、彼らの語り部としての一流性は、棋士としての二流性に依存している。実際、大山が、升田が、羽生が、饒舌に分かりやすく将棋論を書けるだろうか。私は無理だと思う。暗黙知として知っていることを顕在化することはまた別のスキルなのである。
 その点、ラサール石井の語り部としてのスキルは、その経歴に依存するところが少なくないとみる。すなわち、ラサール石井は、大阪出身で、おそらく家庭の方針だろう、中学時代に、ある厳しい進学塾に通わされていた。本人は、まともに勉強しなかった、ととぼけるが、そんなこともあるまい。そこそこに勉強していたはずである。で、その進学塾は、全員が、灘高を受けるそうである。ところが、ラサール石井は、灘高は落ちてしまう。そこで、さらに塾の方針で、次に鹿児島ラサールを受けさせられる。とこで、なんとか鹿児島ラサールには受かる。その校名が、芸名の由来という訳である。
 そこで、ラサール石井は、東大を目指す。鹿児島ラサールでは、それが普通のことである。誰も驚きはしない。ところが、受験した東大文IIIは落ちてしまう。このあたり、久留米大付設から東大文IIIに受かったホリエモンの方が、受験テクでは上ということになる。そこで、仕方なく、ラサール石井は、早稲田の文学部に進む。
 ところが、東京に出てきて、ラサール石井は、当初作家志望であったが、お笑いの世界に目覚めてしまう。最初は、コントなどの台本を書いていたが、あるきっかけで、渡辺正行と、小宮孝康とともに、コント赤信号を結成する。そうして、ストリップ劇場などに出演し始める。ところが、授業に全くでないものだから、早稲田は除籍になってしまう。まあ、仕方あるまい。
 そうして、杉兵助という人に師事しながら、芸を磨く。このあたり、お笑いの世界は完全に実力で、とてもシビアな世界なのだと感じざるをえない。なにしろ、観客にうけなくては意味ないのだから。
 そして、地味に努力していると、幸運もあって、名門の花王名人劇場に出演できた。それから、折からの漫才ブームに乗って、次第に人気がでてきた。
 このように、ラサール石井の強みは、初期の漫才ブームのB&B、ビートたけし、明石やさんま、島田紳助など多数の芸人をずっと見て、その裏表も良く知っていることである。
 そんなラサール石井が押す、一押しの芸人は、ビートたけし。天才なのだという。また、地味ながら、明石やさんまもすごいという。漫才コンビで究極なのは、ダウンタウン。なにしろ、あまりにも漫才がうまいので、紳助・竜介が、漫才をやめるきっかけになったほどだという。その他、彼が評価するのは、志村けんと、とんねるず。その彼が推す理由は、いまいちよく理解できないが、しかし、確かに彼らが長い人気を誇っているのは確かである。また、傲慢に見える島田紳助が、今の地位を築き、また維持するためにどれほどのすさまじい努力をしているか知って驚いた。島田紳助みたいな、何十億の財産なんていらないので、いまのサラリーマンでいい、とつくづく思う。
 ともかく、ラサール石井のお笑いの語り部としての才能は、ピカ一である。これはきっと、彼が子供のころ、受験勉強してきた積み上げも貢献しているだろう。どうやら、受験勉強は、暗黙知を顕在知に変換する際に対象なりとも意味があるのかも、と思い始めている。

2008年5月 9日

藤岡藤巻

 このブログにコメント戴いている数少ない奇特な方である、綾椎菜さんから、藤岡藤巻を紹介戴いた。これがまた、泣けてくるほど絶妙なのである。おやじソングの真骨頂と入ってよい。
YouTubeに入って、「藤岡藤巻」と入れて、コンテンツを検索してみよう。すると、
「オヤジの心に灯った小さな火」
「息子よ」
「FujiokaFujimaki01」
 の3つがヒットするはずである。「オヤジの心に灯った小さな火」は、おやじにありがちな哀しい錯覚の歌、「息子よ」は、人生の真実を切々と説く、「FujiokaFujimaki01」は、リモコンされている亭主の、これまた切ない歌。
 世の中に、オヤジは五万、いや、500万もいるのに、どうしていままで、オヤジの心をきちんと歌にしてくれる人がいなかったのだろう、不思議でならない。
WikiPediaでみると、藤岡藤巻は、元まりちゃんずとある。ええと、まりちゃんずというと、確か、大学ノートの裏表紙にさなえちゃんを書いたの♪の「さなえちゃん」を歌っていたような気がしたが、ああ、こちらは「古井戸」だった。「さなえちゃん」という好きな女がいたので、つい思い出が。
 まりちゃんずというと、ひがみブルースであった。ひがみブルース~~、俺達が、なんでこんな歌なんで歌っているか、わかる? という歌詞だった、確か。あの状態から、よくぞオヤジ歌謡に進化したものだ。なに? オヤジは、進化の果てではない?そう、妥協のなれの果てなのであった。

2008年6月19日

二足の草鞋

最近、世界のナベアツというのが、売れている。単に数を数えるだけだが、例えば、「3がつく数でアホになります」、という。それで、確かに、3がつく数まで来ると、顔を歪める。何が面白いのか思うけど、要するに、ユニークなのである。つい、見入ってしまう。

あと、注目なのは、芋洗坂係長。ハゲでデブで(おっと、自分のことみたいだ)、到底、会社で若いOLと勘違いさえもおきないようなダサい男だが、これが踊りがうまいのなんのって、独特の英語みたいな歌で踊るとこれは絶品である。

二人とも特徴は、二足の草鞋であること。世界のナベアツはもともと、売れない放送作家なのだという。そういわれてみると、そういう雰囲気がある。芋洗坂係長は、振り付け師。なるほど、踊りが堂に入っているはずである。

ところで昔から、サラリーマンなどで、T字型スキルがよい、などと言われた。例えば、経理の知識が深いが、コンピュータも詳しいなどという具合である。ところが、たいていのスキルは、あまり結びつかない。例えば私は、将棋が好きで、カラオケも好きだが、その2つは全く関係がない。だから、T字型スキルなど言っても、結局は、独立したスキルが2つあるだけ、ということになってしまう。

と思っていたら、アルクという雑誌によれば、ピアノ効果という言い方がある、という。どういうことかと言うと、ピアノでドの鍵盤を叩くと、ミの鍵盤も共鳴するがごとく、ラテン語を勉強したら、スペイン語のスキルが伸びるがごとくである。でも、それって、あまりにも自明である。だって、スペイン語の祖語はラテン語なのだから。勿体つけて、ピアノ効果などと呼ぶほどだろうか。

で、そろそろ結論であるが、二足の草鞋がうまくシナジーとして働くか、ピアノ効果が起きるか、そんなの単なる偶然であって、狙うものではない。狙ったら、いつも大穴狙いですっからぴんの、その辺のおっさんと同じである。ただ、いえることは、芸は身を助く、ということで、いろいろやっておきましょう、といういわずもがなのことである。

2008年9月 7日

あてぶり

先日の北京オリンピックの開会式で、少女の歌唱が口パクだったと問題になったが、それは、隠すからスキャンダルなのであって、開き直って模写すれば、立派な芸である。

例えば、最近話題になっている渡辺直美。ビヨンセの形態模写がめちゃくちゃウケているが、本当に堂に入っている。太めの体型が寧ろ、アメリカぽくって、逆にリアルである。背景の音楽と、実にシンクロしている。ところで、渡辺直美であるが、本当に勉強が嫌いで、エステシャンになろうと思ったけど、試験が難しくて諦めたそうである。いくらなんでも、そんなに難しいとは思えないが、つい、先日ブログに書いた、原付免許に10回落ちたおっさんを彷彿とさせる。何かが駄目なことが、何かに秀でていることにつながったりするので、人生面白い。

また、私がとても気に入っているのが、はるな愛。あややの形態模写が絶妙である。なんでもニューハーフらしいが、下手な女性が敵わないくらい可愛い。実は、私もカラオケで、好んでいい歳して女の子系の歌を歌ったりして、気味悪がられたりしている。微妙にニューハーフ度あったりして。おお、気持ちワル。

その形態模写であるが、はるな愛の場合は、あてぶり、と言ったり、エアあやや、と言ったりする。いろいろな言い方があって面白いが、私は、大和言葉ぽくて、「あてぶり」という言い方が気に入っている。何かの宴会芸でこの「あてぶり」というのを一度やってみたいが、歌わない分、ボディーランゲージや踊りで見せなくてはいけないので、そっちの才能ない私はウケないかも。

あと、そういうと、小松たひとさんに叱られるかもしれないが、特許明細書を書くという作業は、どうしても、ある程度、発明者の「あてぶり」であると私は思っている。

ただ、言い訳ではないけれども、最近、統計数学みたいな分野の発明を扱っていて、この分野の予備知識が乏しいので、先日実家に帰ったとき、その分野の入門書をもって帰って、ノートに数式書いてずっと問題を解いていた。また、今日も、C.M.ビショップの機械学習の本をずっと眺めていた(流石に、なかなか理解できない)。

このように、「あてぶり」も、基本的に楽ではない。だから、勉強すればするほど、渡辺直美や、はるな愛の努力の凄さが実感されてくる。人気商売ではない私は、いかなる意味でも、彼女たちよりずっと楽である。

2008年11月27日

小室哲哉の半生記

Webニュースによると、12月中旬に、「小室哲哉 50年の軌跡」として、小室哲哉の半生記が出版されるそうだが、何を今更、と感じるのは私だけだろうか。

すなわち、小室哲哉容疑者(49)と音楽制作契約を結ぶイーミュージック所属の音楽プロデューサー、KAZUKI氏(42)が17日、都内で会見。小室容疑者の半生を振り返る単行本「小室哲哉 50年の軌跡」を12月中旬に出版することを発表し、小室容疑者が執筆予定だったが、逮捕によって企画が変更。KAZUKI氏は「小室さんと会ったことはない。ゴーストライターをやっていたので情報は入ってきます。本人と面会できるならしたい」と話したという。だいたい、この手の本は、ゴーストライターが書くものだけど、そうやってあからさまに開示されると余計に興味が薄れる。

ところが別のニュースによると、本当は、タイトルは『小室哲哉 4年間の空白』で、かなり赤裸々なノンフィクション自伝に仕上がる予定で、9月にの発売が予定され、初版は異例の10万部、出版社も決定していたが、突然お蔵入りになったという。

小室容疑者は全盛期の1996年に1冊目の自伝「小室哲哉 真相の美意識」(講談社)を発売したという。私は、本は好きだが、芸能人本にはほとんど興味がないので、そんな本があるとは知らなかった。今アマゾンで調べてみると、自伝とはいえ、もともと、神山典士著、と他人が書いたことが明示されている。古本でプレミアがついているかと思ったら、「一円本」のままである。いろいろな意味でもう過去の人なのだろうか。しかし、とりあえず注文してみた。この流れからいくと、「小室哲哉 50年の軌跡」も買うことになるんだろうか。

ところで、幻の「小室哲哉 4年間の空白」は、『告白』、『生と死』、『明暗』、『今、貧乏ですが何か?』などかなり意味深な見出しで各項目がつづられているそうである。特に『今、貧乏ですが何か?』の章には全盛期に比べていかに金がないのかが詳細に語られていたらしい。

こういう状況を見ると、売れなくなったお笑い芸人が、自己暴露ネタで必死で笑いを取ろうとしているのに似て痛々しい。

「小室哲哉 4年間の空白」が没になった経緯は、次のようなものだという。

- 最初のタイトルは「小室哲哉 ゼロからのスタート」だったが、平凡だったせいか、どこの出版社も相手にしなかった。

- ある出版プロデューサーにタイトルの変更を提案され、「小室哲哉 4年間の空白」にした。

- 小室の原稿は完成し、10社ほどの出版社の中から、1社が決まり、後は発売するだけまで漕ぎ着けた。

- しかし、小室容疑者の事務所が、「今、貧乏ですが何か?」に、クレームをつけてきた。その時点では、例の著作権詐欺事件はあからさまになっていなかったが、そこには、大手の芸能プロや、決して表に出てはいけない関係者の固有名詞がちりばめられていたそうである。これがもし出版されたなら、小室は完全に芸能界から放逐されていた、という。いまでも社会的に信頼は地に堕ちているが、ある意味芸能界の掟は、それより厳しいということか。

そういう危険を冒してでも、金を稼ぎたかった小室容疑者は、いかに窮乏していたか、ということであろう。固有名詞を暴露しようとしたのは、いささかのルサンチマンもあったに違いない。

個人的には、田中森一のように洗いざらい書いてほしかったが、そこは、小室容疑者は、田中森一ほど腹が据わっていなかった、ということで仕方ない。

ところで、サマセット・モームが生きていたら、小室哲哉を題材にしてなにか小説を書くだろうか。いや寧ろ、君は、ああやって平凡に没落していく人生のどこが興味深いのだ、と問われてしまいそうである。

2008年12月10日

美人の国ランキング

先日、中国の美女というブログで、かなり個人的な経験を書いたが、Webによると、世界における美人の国のランキングは、ベネズエラが1位、続いてインド、米国、スペイン、プエルトリコの順なのだという。

このランキングは、「ミス・ワールド」「ミス・ユニバース」「ミス・インターナショナル」「ミス・アース」の4大ミスコンでの各国の成績を数値化してランキングしたもので、恣意的要素はない、というが、美貌を客観化できるという発想はほとんど理解を超えている。それならまだしも、ノーベル賞の数で国家の知能レベルをランキングする方がましである。

どうしてそういうネガティブな言い方するかというと、確かにベネズエラや南米には美人が多いというのは否定しないが、どうも個人趣味的にいまいちしっくりこないからである。

アジアの国では、中国が7位、フィリピンが9位で、日本は16位なのだという。でも水を差すようだだが、中国は、上位はともかく全般的には決して美人国ではなく、国内の全体レベルは大したことはないと思う。日本は、まあそんなものかも。私は根拠なく、アジアでは、韓国とタイが美人国ではないかと思っている。単なる思い込みというか直感なので、説明できない。

しかし、その典拠である、http://www.globalbeauties.com/を見てみると、これでもかと美人コンテストが並んでいる。なんとまあ、美男コンテストというのもあって、いい加減にしてほしいと思うのは、イケメンから遠い中年おじさんの僻みか。

ちなみに、美男の上位は、イタリア、米国、ロシア、ブラジルなのだという。ううん、なかなか偏っているとしか言えない。男は特に、中身ではないか、私など、ろくに中身ないくせに、またやっかんでしまう。

実は、こういう感性的なコンテストは昔からどうも好きではない。それは、将棋という、勝ち負けがほぼ100%客観的であるゲームを趣味としてきたからで、そうやってはっきり白黒つけれるものはコンテストすればいいが、ふんだんに主観が入ってくるものは、比較しえないものは比較してはならない、とヴィトゲンシュタインみたいに言いたくなる。そんな私は、体操競技やシンクロなども、微妙なところでは相当に趣味ではないかと感じてしまう。

そういう意味では、ラーメン屋のコンテストのようなものも好きではない。私がこれは、と思うラーメン屋が実はあんまり人気なかったりするからである。もちろん、ミシュランなんかも、なんぼのもんじゃと思っている。

そう言いつつまた話を蒸し返すのだが、大学に入って福岡に住むようになったとき、随所に美人がいるので驚いた。そこで、地元出身の人に聞いてみたところ、黒田の殿様が、美人が特に好きで、各地から集めたのでその子孫に美人が多いのだと、よくぞ聞いてくれた、みたいに教えてくれた。そこで私は漠然と、地元の女性と知り合いになって結婚し、福岡に住み、ここに骨を埋めるべぇ、と想像したが、想像だけに終わった。地元の国立大学出身だと、一応ちゃんとしていると地元の人に錯覚してもらいやすいのだが、それだけでは駄目で、人生そんなに甘いものではない。

そういうことでは、ベネズエラなど行ってみたら、いろいろと感情が喚起されることもあるのかもしれない。まあ、南米に旅行する機会なんてあるとは思わないが。

あと、博多美人以外にも、秋田美人と言われるが、私は秋田にはまだ行ったことがない。しかし、仕事の関係で一度青森に行って、津軽海峡冬景色の舞台の青森駅付近をうろついていたら、確かに、道行く人はほとんどが抜けるような色白の美人であった。このあたり、私の好きなソウル美人とも一脈通じるのかもしれない。あ、まだ煩悩が抜けていないようである。困った。

ここまで書いてきて、自分の言いたい趣旨が分からなくなった。前半で美人コンテストを否定しておきながら、後半で、美人を称揚しているからである。しかし実は論理的に一貫しているのであって、論理的に割り切れるものはきちんと割り切ればよく、そうでないなら、感性的なものは個人的に留めるべし、ということである。この後段は実は重要で、民族的な好き嫌いは、本来は個人的なものであるところ、これを無理やり理論化して優劣つけようとするとヒットラーみたいになる。そういうところの延長で、美人コンテストも嫌いなのかもしれないが、本当のところ、よく分からない。

2009年1月11日

結婚式で歌ってはいけない名曲

YouTubeをチェックしていたら、結婚式で歌ってはいけない名曲として、下記の曲がリストされていた。

1.浪曲子守唄
2.昭和枯れススキ
3.ウェディング・ベル
4.みちのく一人旅
5.グッドバイ・マイ・ラブ
6.オリビアを聴きながら
7.慟哭(中島みゆき)
8.桜坂(福山雅治)

しかし、私の意見によれば、結婚式で歌ってはいけない曲をリストするという方針は、正しくない。なぜなら、結婚式で歌ってはいけない歌が一般的に大部分なのであり、寧ろ、結婚式で歌っていい歌をリストすべきなのである。

例えば、結婚式で歌っていけない歌は、下記のようにリストすることができる。なお、ここにリストした曲は例示的なもので、結婚式で歌っていけない歌がここにリストしたものに限定されると解釈されてはならない(というのは、米国特許の決まり文句)
- 中島みゆきのほとんどの歌
- クールファイブのほとんどの歌
- サルビアの花
- 僕たちの失敗
- 芸者ワルツ
- 花街の母
- 雪国(吉幾三)
- トラワヨプサンハンエ(チョーヨンピル)
- 恋するマンスリーディ
- さらばシベリア鉄道
- ドール(太田裕美)
- 海雪(ジェロ)
- 赤とんぼの歌(あのねのね)
- 右から来たものを左へ受け流す歌(ムーディ勝山)
- 別れても好きな人
- 伊勢佐木町ブルース
- 恍惚のブルース
- 函館の女
- 博多の女
- 私の彼はサラリーマン(SHINE’s)
- 鳥取砂丘(水森かおり)
- 夏を諦めて(研なおこ)
- たどりついたらいつも雨降り
- 藤岡藤巻のほとんどの歌
- 殿様キングズの歌
- While my guitar gently weeps
- Mr. Lonely
 その他多数

では、結婚式で歌っていい歌には何があるか、寧ろそれを考えるのは大変なのである。でも、強いて挙げてみる。
- てんとう虫のサンバ
- 乾杯(長渕つよし)
- 君といつまでも(加山雄三)
- フォルテシモ(ハウンドドッグ)
- Let it be (ビートルズ)
- And I love her (ビートルズ)
- ザードのほとんどの歌
- カーペンターズのほとんどの歌
- 愛の賛歌
- ダイアナ
- ここにしか咲かない花(コブクロ)
- 粉雪(レミオロメン)
- 純恋歌(湘南乃風)

もちろん、枚挙していないが、これだけ考え出すのも大変であった。しかし、そうである理由は簡単で、トルストイの法則による。すなわち、幸福は単純で、不幸は多様なのである。だから、ほとんどの歌は、不幸を切々と歌うものなのである。理の当然。

About 芸能

ブログ「Commutative Weblog」のカテゴリ「芸能」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは経済学です。

次のカテゴリは芸術です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。