メイン

地理 アーカイブ

2007年3月31日

帰省

 3月29日~31日と、所要で、故郷の孤島に帰省してきた。新幹線の時間の都合で、尾道港を19:15に出発する最終便に乗って、夜8時頃着くと、街灯もほとんどなく、電気の点いていない空家も沢山あって、まるでゴーストタウンであった。
  空家が沢山ある理由は、子供達は高校を卒業すると、都会の大学に行ったり、就職したりして、生活拠点をそちらに移してしまう(かくいう私も、そういう典型的な一人である)。要するに、地元にほとんど就職先がない。地場産業として、造船は多少景気を回復しているようであるが、若者にとって、魅力的な仕事とは言い難い。残った老夫婦は、次第に亡くなっていき、こうして誰も住んでいない空家が生じる。
 私の出身の島は、かなり小さい方であるが、瀬戸内海の多くの島で、似たようなことが起きていると思われる。島には、尾道港から、一日7便程度、巡航船が出ているが、当然ながら利用する客は多くなく、経営する備後商船は、大変な赤字だそうだ。かといって、備後商船が潰れると、多くの島民は、足をなくすので、備後商船の経費の半分は、政府の負担だそうである。
 私が18歳まで生まれ育ち、両親の住むこの島が、帰省する度に、一歩ずつ廃墟に近づくのは、身を切られるように辛い。しかし、都会に慣れ親しんだ私には、もうとてもこの島に住む感性は蘇らない。二日もこの島にいると、静寂と刺激のなさで、気が変になる。ただ、あらゆる緊張感がなくなり、夜は、少し酒を呑むと、とてもよく眠れる。早く寝る以外に仕方がない、ともいえる。
 島には、狸が跋扈している。以前は、罠を仕掛けたり、猟をする人もいたが、今では、手間をかけて狸を捕まえる気力のある人もいなくなった。狸の天下である。知り合いに聞くと、狸は、肉食かと思ったら、もちろん鶏なども獲るが、野菜の葉っぱや果物の実も食べるという。要するに、雑食で、とても逞しいといえる。あともノラ猫も少なくない。島民は、魚を主に食べるので、その残飯を猫が漁っているようだ。ノラ猫といっても、我が家で飼っているトラは、実は、この島から、まだ生まれて間もないときに、連れ帰ったものだ。数年前までは、トラの母親と思われる白っぽい猫が、実家の付近をうろついていて、出会うと、「お母さん、よろしく」とよく声をかけたものだ。最近は見かけなくなった。病気になったか、保健所に連れていかれたか。
 ということで、とても寂しい、瀬戸内の島の風物誌であった。

尾道ラーメン

 帰省ネタのついでに、尾道ラーメンにもコメントさせて戴く。尾道駅の土産や、阿藻珍味の通信販売などで、「瀬戸の小魚が隠し味」のサブタイトルで、尾道ラーメンが売られている。しかし、本来の尾道ラーメンは、豚の背脂の醤油味ベースの平麺が基本であるが、瀬戸の小魚は使っていないと思う。きっと、他の地方の人に対する宣伝のため、「らしさ」を出したのだろう。
 尾道ラーメンで一番有名なのは、朱華園で、地元では、「しゅうさん」と呼ばれている。いつも行列ができていて、1時間以上並ばないと食べれないことがある。私が子供であった40年以上も前から、地元で有名であった。ただ、人気が出すぎたのか、多少乱造気味で、往年の頃よりは味が落ちているように思われる。
 私的に、尾道ラーメンで一押しなのは、尾道市尾崎本町12-10というところにある「フレンド」というラーメン屋である。海岸に面した松本病院というところの向かいである。街から福山よりに外れたところにあるので、とても混むということはない。気さくなおばさんと、その娘と思われる人がやっている。朱華園のラーメンよりも、あっさりしていて、食べやすいと私は思う。よくお客さんが、「ああ、うまいね。」と褒める。すると、「別に、普通にしょーるだけで、なんもコツはないんよ。」(普通にやってるだけで、なにもコツはないです、という意味)とおばさんが応じる。
 昔からの事情をよく知っている私の父に聞くと、「フレンド」のおばさんは、昔は、その場所で料亭をやっていて、その頃、尾道は、港として大変栄えて、捕鯨船の船員など、とても金遣いが荒い人たちが押しかけて、一晩で、一万円の厚い束を数えていたという。ところが、文字通り潮が引くように、尾道はさびれ、船員向けの料亭としては採算が合わなくなったので、細々とラーメン屋を始めたのであろう。
 最早、料亭のように荒稼ぎできないが、近くの尾道東高校(林 芙美子の母校)の生徒にも、「フレンドのおばちゃん」と呼ばれて、人気がある。ラーメン屋も悪くないようだ。

2007年4月16日

ベジタリアン

 数年前、仕事関係で日本に来た、二人のインドの人の面倒をみたことがある。インドでは、高いカーストの人は、基本的にベジタリアンだそうで、その二人(女性)も、ベジタリアンであった。
 で、付き合ってみると、それはもう、徹底的なベジタリアンなのである。例えば、マクドナルドに行っても、ポテトフライは食べない。豚の脂が使われているかもしれないから。和食でも、野菜だけが入った味噌汁も飲まない。鰹のダシが使われているから。卵は食べないし、牛の乳である牛乳も飲まない。
 では、何を食べるのかというと、レモンライスとかいって、スパイスで味付けして、レモンの汁を混ぜたご飯を食べる。このレモンライスも、なかなか日本では食べられないので、レトルトパックをインドから持ってくるのである。
 でも、折角日本に来たのだから、と日本料理店に案内した。ところが、注文するものがなかなかない。刺身はもちろん駄目だし、赤だしは、ダシの問題で駄目だし、ということで、店長に相談してみた。すると、店長は困って、そうですね、と野菜のテンプラを出してくれた。そうして、めんつゆ系のおつゆも無理なので、塩で食べたら、と言ってくれた。それで、インドの人においしいですか、と聞いたら、苦笑いしている。何が嫌なのですか、と優しく聞いたら、テンプラ油がどうしても、鼻につくのだという。私にはインド料理の香料の方がよっぽど鼻につくのだが、仕方がない。結局、食べるものはないよね、と我々は早々に日本料理店を出た。
 それで、インドの人たちは、早々に宿に帰ることになったが、流石にお腹が減るので、途中でパンを買うという。パン屋に案内したら、食パンを指差して、これには動物性のものは入っていないか、と聞く。店の人に聞いたら、多少卵が使われています、というので、仕方なく、純植物性のパンを聞いて選んだ。
 そういえば、インドの人たちは、アルコール類はおろか、コーヒーなどの刺激性の飲み物も飲まない。
 それで窮して、予め調べておいたインド料理屋に行った。小田急線の大和駅の大和グランドホテルの裏に、そのインド料理店はあって、インド人の男性が経営している。奥さんは日本人で、ヒンディー語、ベンガル語、英語、日本語がしゃべれるという、そこに行くと、二人のインド女性は、そこのマスターと、おそらくヒンディー語とおぼしき言語で話して、とても楽しそうだった。そこのマスターがべジタリアン料理として出すものを、二人のインド女性は、何の疑いもなく食べた。この安心感が、ネイティブ経営のインド料理店なのだろう。
 そして、そのインド料理店を後にして別れたら、どっと疲れた。単にアメリカ人、中国人などと付き合うよりも3倍疲れたと言ってよい。食べ物の習慣の違いほど決定的なものはない。あと、インド英語の聞き取りにくさにも閉口したが、この辺で擱く。

2008年2月24日

ヌーリスタン

 松浪健四郎という人がいて、日米の学生レスリング選手権優勝後、日体大を経て、衆議院議員になり、ある経緯から、アフガニスタンのカブール大学の体育教師になったという変わった経歴をもつ。
 その松浪氏が書いた著書の一つに、「松浪健四郎 アフガンを行く」がある。それは、例の9月11日テロの直後に出版された本であるが、テロ直前に、彼が、タリバンの要人と会って、ビン・ラディンのことも話した、というから、なかなか臨場感溢れる。松浪氏によると、アフガニスタン人は、山岳民族で、とても戦争に関して、しぶとい。山地を転々として、討つのが難しい。それで、旧ソ連も、アフガニスタンを制圧できなかった。
 その一方で、アフガニスタン人は、客人をとても大事にする。それこそ、命をかけても大事にする。だから、一旦客人として扱ったビン・ラディンを、米軍に差し出すなんてありえないという。
 そうやって、日本人としては、アフガニスタンを知り尽くしているはずの松浪氏が、驚異の辺境民族とみなしているのが、ヌーリスタンなのだという。
 場所は、ヒンズークシ山脈の山奥にあって、いかなる時代のアフガニスタン政府からも、行政力を受けなかったという。
 ヌーリスタンを特徴付けるのが、バシュトン系でもペルシャ系でもない、全く別の民族なのだという。それが、風貌がギリシャ系で、ある程度確かな根拠によれば、紀元前4世紀に遠征してきたアレキサンダー大王一行の末裔ではないか、と言われている。1つの証拠として、使っている言語のヌーリスタン語は、インド・ヨーロッパ系の言語で、周囲のペルシャ語やバシュトン語とはまったく語族を異にする、という。しかし、文字はなく、話し言葉だけなので、系統的な研究はない。
 基本的には、ヌーリスタンへの入国許可は無理である。しかし、松浪氏のカブール大学の教え子にたまたま、その親戚がヌーリスタンに住んでいるという者がいた。その教え子をだしにして、なんとかヌーリスタンへの入国許可を取り付けたのだという。
 実際にヌーリスタンに入ると、いきなり、ずらっと、銃を突きつけられた。ヌーリスタンでは、成人男子はみな、銃を帯行しており、しかも、その扱いは高度の訓練を受けている。ロシアなどから何度も侵略された経験をもつので、きわめて警戒心が強く、国民皆兵なのだという。
 他のアフガニスタンと違うのは、樹木資源が豊富で、食器などほとんど木でできている。ギリシャ系を彷彿とさせるのは、その容貌だけではない。とてもストイックで、男たちは、酒もタバコも麻薬も一切たしなまない。食事も、ソラマメ、エンドウ、トウモロコシ、ナン(インドのパン)などで、あとは、リンゴ、ぶどう、あんずなどである。よって、グルメという発想すらない。おそるべきストイックさであり、それこそ、ギリシャのスパルタである。
 よく分からないのが、ヌーリスタンでは、男性が幻想的な化粧をしており、女性はむしろすっぴんなのだという。ただ、化粧は、美しく飾るためのものではなく、魔よけで、威圧感を増しているという。
 各家には、鹿の角がずらりとはめ込まれている。
 ヌーリスタンで特徴的なのは、学校も、警察も、病院も、役所も、軍隊もない。原始社会である。ただ、成人男子はみな銃をもち、訓練されているので、全員が軍隊と言えなくもない。アフガニスタン領内なのに、アフガニスタンから独立しているのは、納税の義務や教育の義務を全く履行していないのである。
 それなのに、村内はとても士気が高く、よく法治されている。アフガニスタンの法律ではなく、イスラム教の教えでもなく、独特のしきたりが、厳密に村民を統治しているようなのである。
 こんな辺鄙なところであるが、この村で暮らすとみな、とても幸せなのだという。余計な情報がなく、欲望を煽られないからよいのであろう。
 また、結束を乱さないため、村の掟で、ヌーリスタンは、ヌーリスタンとしか結婚が許されない。ヌーリスタンはギリシャ系なので金髪美女もいるだろう。しかし、この村を訪れたものが、その金髪美女を連れて駆け落ちしようとしたら、村を出る前に、銃で蜂の巣にされるのではあるまいか。掟は、破ると怖い。なお、結婚は、完全に親や親戚が決める。そういえば、インドの知り合いの女性も、結婚相手は完全に親が決めて、結婚式の3日前まで、相手と会わないと言っていた。それが昔の常識だったのかもしれない。
 ヌーリスタンでは、娯楽は本当に少ない。女性の娯楽は、刺繍。男性の娯楽は、相撲のような競技。あと、なぜか砲丸投げや円盤投げ。このあたりも、ギリシャからの伝承を思わせる。

About 地理

ブログ「Commutative Weblog」のカテゴリ「地理」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは囲碁です。

次のカテゴリは天文学です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。