メイン

生活 アーカイブ

2007年4月 1日

携帯を買い換えた

Docomoの携帯をもう2年くらい使っていており、もともと、電話とメールくらいしか使っていないので、とりたてて買い替えの必要もないのだが、外装がはげてきたことと、バッテリが劣化してきたので、電気店に行ってみた。私の思い込みでは、新規契約だと0円とか1円で買えるものがあるが、機種変更だと少なくとも数千円は、負担しなくてはならない、というものだった。ところが、機種変更、しかもMovaからFomaへの変更でも1円というものがあり、機種は明らかに型落ちだが、それでもいままでの機種よりは機能が豊富なので、買い換えることにした。
 どうも、Softbankの参入もあって、競争が激化しているようだ。また、古い機種は、誰にも相手にされなくなるので、只ででも引き取ってほしい、というところだろう。値段が下がっていること自体は、ユーザーにとってありがたいが、資源の無駄遣いではなかろうか。
 携帯の買い替えで、とても苦痛なのは、ユーザーインターフェースががらりと変わって、操作に迷うことである。携帯を買い換える度毎に、最低半日は苦闘しなくてはいけない。そういうと、高校生の娘は不思議がる。実際、たいていの高校生は、新しいインターフェースに慣れるのに、造作ないようだ。
 最近、インターネットを勉強していて、そのことの社会的インパクトのようなことも考えているけれども、実際は、その台数からして、携帯の普及と、機能の強化の方が社会的なインパクトは大きいかもしれない。しかし、操作の苦手感が、携帯から私を遠ざけている。なんとかしなくては、と思うのだけれども、おそらく、あの小さい液晶画面が、中年の私には辛い、という必然的な要因もあるのだと思う。

2007年4月 4日

美人と秀才

 御存知の方は、あまりいないと思うが、「美人と秀才は、稠密に存在する。」という武田の定理というのがある。ここで、稠密に存在する、とは、例えば、実数の中に含まれている有理数のようなものをイメージして戴きたい。意味は、こういうことである。あるグループ、組織、都市などの単位で、その中に、必ず美人と言われる人がいて、また、必ず秀才と言われる人もいる、ということである。なんと当たり前のこと、と思われるかもしれない。また、美人の定義はないか、秀才の定義はないか、と問われるかもしれない。定義は、要するに、なんとなく皆がそう認めている、というだけのことである。
 ここまでだと、何も意味がある命題を述べていない。実は、上記の定理には重要な系があって、それは、「稠密な存在分布は、ほとんどあらゆるところで、ほぼ均一である。」というものである。このままでは大変分かりにくい。例を挙げよう。例えば、人口2000人の寒村で、美人と呼ばれている人がいるとする。その人は内心、「こんな寒村で美人であったとしても、東京に行けば、私なんかごく普通なんだわ。」と思うかもしれない(かなりの確率で、思わないかもしれない)。しかし、分布のドメインを日本大に広げたとしても、やはり美人と呼ばれる確率は、そんなに下がらない、というのがこの定理の保証するところである。別の例を挙げよう。私は、東大に入学したことがないので、これは推察にすぎないが、東大の中にあっても、あいつは凄いと、一目置かれている人は、結構な確率で、ある狭い地方で秀才と呼ばれ、不安な気持ちで東大に入ってみたら、首都圏出身の学生は意外に大したことなくて、やはり、秀才と周りから認めれている人が多いのではないだろうか。
 このあたりで、君は何が言いたいのか、と聞かれそうである。それで、私は、いや別に、とこの稿を終えることにする。

2007年4月10日

提灯記事?

 私は、毎日新聞を購読しているが、数日前に、その一面に、NECが、ウェブ検索で画期的な技術を開発した、とあった。読んでみると、同意語辞書をもち、入力されたキーワードの同意語も、その辞書で探して、一緒に検索するのだという。これのどこが「画期的」なのだろう、と訝った。
 一方、今日の毎日新聞の2面に、NECが植物原料で、高い導電率のプラスチックを開発した、とあった。トウモロコシを原料としたポリ乳酸樹脂に長さ数ミリ、直径0.01ミリの炭素繊維を特殊な結合剤で織り込むのだという。これも、電機業界紙ではなく、こういう一般紙の2面にわざわざ報道するような内容だろうか。
 そこで、私は、次のような可能性を考えた。これは、実は、隠れ広告なのではないか、と。実際、毎日新聞は、読売や朝日に較べて、部数で圧倒的に負けており、資金繰りも苦しいはずである。そこで、NECから、何ほどかのお金をもらって、その企業寄りの記事を書くことがあっても意外ではないのではないか。また、そうすることが、どんな法律に触れるだろうか。また、新聞社の報道倫理に悖るのだろうか。私は、通常の新聞記事のレベルからして、もし隠れ提灯記事だったとしても、明確な証拠はなく、表立って問題にすることはできないと思う。もともと、マスコミはそんな清廉潔白な原理で動いているのでない。

2007年4月12日

アメリカの再起物語

 アルクの2007/5号によると、アメリカ人は、再起の物語が好き、とある。よく知らないが、オジー・オズボーン、ハルク。ホーガンなど、落ち目の人たちが、再起を試みるのを取材する番組もあるそうである。脈絡が変かもしれないが、NASAの研究者だった人が、仕事がなくなってタクシーの運転手をしている、という話も聞いたことがある。また、スタンフォードを出て、一流のソフトウェア・エンジニアだったのに、安い労働力のインドに、ソフトウェア開発の仕事を取られ、ポストを失って、今では、細々と数学の家庭教師をしている、という話もあった。あれ、再起じゃなくて、落ち目の話ばかりではないか。
 ただ、アメリカン・ドリームで、なんかできそうなのが、アメリカ。今日テレビで見た、レッドソックスの松阪の、活き活きとした顔が、印象的であった。いつからでも大学に行くのが、アメリカ。通信教育でも弁護士を目指せるのもアメリカ。
 一転して、日本はどうか。いまだに、かなりな程度、出身大学で人生が決まると思われている。韓国はもっとひどい。ES細胞の研究論文がインチキだったことが分かり、罷免された元ソウル大学の教授は、今、何をしているのか。
 あれ、アメリカを賞賛して、アジアの閉塞を批判して終わろうと思っていたら、何度も行ったアメリカ出張で、東洋人なのと、英語がよく分からないので、差別され無視されて辛かったことが思い出されてきた。その後に行った、韓国や中国で、潜在的な反日感情はあるものの、少なくとも、疎外感、被差別感は、感じなかった。
 どうも、「アメリカの再起物語」は、無理があるようだ。ああ、そういえば、スティーブ・ジョブズが奇跡的にアップルに帰り咲いた話があった。彼は別格だ。
 

2007年4月14日

寝癖

 多分、多くの人は否定しないと思うのだが、朝起きたときの髪の寝癖というのは、寝る前の精神状態にとても依存する。例えば、ひどい二日酔いの場合、髪が立って、寝癖がひどかったりする。
 実は、今朝、朝起きたら、私はそれはもう、ひどい寝癖だった。嵐と言っていい。ドライヤでも水をつけても、なかなか直らない。そういえば、昨日寝るときは、心が千々に乱れていたっけ、そうであるような、ないような。
 寝癖が生じる理由であるが、考えられるものとしては、寝ている間の寝返りがある。心が乱れているときは、きっと、寝返りも激しいのであろう。でも、私は、それ以外に、頭皮から出ている「気」のようなものを感じることがある。精神的に安定していないと、頭皮から気が乱れ出て、頭髪を波打たせる。なんと非科学的な考え方であろうか。
 ただ、寝癖があるとき、妙に精神の躍動を感じることがある。将棋の羽生が、寝癖がトレードマークであったことがあった。そのときの羽生は、今よりも将棋が未完成だったかもしれない。しかし、ぶっちぎる面白さがあって、空前絶後かもしれない七冠奪取を果たした。今の羽生は、結婚して、歳をとって、将棋に落ち着きが出た。寝癖はもう見かけない。より完成されたのかもしれないが、もう次々にタイトルを奪取することはないのかもしれない。

ダイエット

 生きていると、どうしてもいろいろ嫌なことがあって、ストレスが溜まってくる。すると、酒量と、それにあわせて食べる肴の量が増え、生活が不規則になって体重が増えることになる。身長が、178cmなので、ベスト体重は、72kgくらいだと思うが、ここ20年くらいで、そういう体重だった記憶がなく、常にそれより重い。で、体重なんてあまり気にしないのだけれども、それでも80kgを超えると、ズボンがきつくなって、苦しい。心なしか、目も霞むような気がする。
 それで、去年の6月頃、たまたま新聞で見かけた、ヨーグルトダイエットというのを試してみた。とても簡単で、例えば、土日、野菜ジュースとヨーグルトしか摂らない。ヨーグルトはもちろん、プレーンである。
 その方法で、土日で、うまくいくと、2kg痩せる。ウイークデーは、仕事があるので、ヨーグルトダイエットは無理である。それで、軽めに食事して、次の土日にまた、ヨーグルトダイエットをする。この方法で、なんとか、76kgまで落ちた。
 しかし、いつのまにかうやむやになってしまって、楽しく飲食する日々が戻る。この、「うやむや」になる仕組みを解明したいと思うのだけれども、それさえもうやむやになって、結局どうでもよくなるのであった。でも、またダイエットしなくては。

2007年4月19日

ムード

 最近、4月だというのに、とても寒い。昨日など、熊本の阿蘇では、この時期にしては記録的な雪が降ったそうである。
 しかし、テレビなどを見ていても、次のように言う人はいない。
「いやあ、地球温暖化と言われていますが、こういう風に4月だというのに、寒い日が続くこともあるのですね。気象というのは、よくわかりませんね。」
 逆に、冬の日に、テレビで次のように言う人はいる。
「いやあ、2月だというのに、コートのいらない暖かさですよ。桜の開花も早そうです。やっぱり、地球温暖化のせいなのでしょうか。」
 このことから分かるように、世間は、地球温暖化を確立された事実のように思い込もうとしていて、それに反対するようなことを表明しようものなら、よくて無視であり、悪くて、叩かれるであろう。
 社会学はよくしらないが、こういうのを社会のムードというのだろう。ムードというのは怖くて、例えば、ホリエモンが悪い、となったら、擁護するようなことはとてもマスコミでいえなくなる。
 もしかしたら、そういうムードを操作するテクニックがあり、きっと、そういうのは、世相工学とでも呼ばれるに違いない。
 1つだけいえることは、そういう世相工学の結果に流されないためには、努力とそれなりの勉強と、少しばかりの勇気を要する、ということである。その努力の負担ゆえ、ムードに流されまいとする人は、少数派である。当然かもしれない。

2007年4月23日

マンションのコマーシャル

 テレビを見ていたら、○○建物は、工事の途中の様子を、顧客に見せるので安心、とあった。
 工事中でも、お客さんへの見学会を優先するのだそうである。しかし、よく考えてみると、工事の途中を、素人が見学して、一体何が分かるのだろうか。係員がきちんと説明したくれたりすることや、資材が整然と積んであることは、建物が規定の強度をもつ建物であることを何も保証しない。それよりも、私だったら、設計図をもとに、素人にも分かるように、強度計算データを基づき所定の強度が満たされていることを説明するように要求するであろう。しかし、それさえも、素人が指摘するのは、極めて困難であろう。こういうことが機能するためには、顧客側に立つ、マンション会社とは独立の建築のコンサルタントが介在する必要があるが、そういうコンサルタントに余分に手数料を払うということも考えにくい。
 このように、現代社会は、多くのブラックボックスに満ちている。その中で説明責任を果たそうとするものがあったとしても、かなりの部分は見かけであり、ポーズであると思う。
 こうして、われわれのせいぜいできることは、何がきちんと説明されていないかを理解することであり、また、必要に応じて、書籍やウェブなどに当たって、知識を仕入れて考えることである。よく話であるが、癌に罹って、癌の医学関係の書籍を沢山よみ、ある分野なら医者と五分に議論できるよになった人がいる。一点集中すれば、また、操作でなく情報的であるなら、すなわち評論家的でよいなら、素人でも、かなりのレベルになれると思う。

2007年4月27日

才能の遺伝

 以前、ノーベル賞受賞者の精子を保存しておく、とかいう記事を読んだことがあった。なんと馬鹿馬鹿しいと思ったが、要するに、世間では、頭のいい親から、頭のいい子供が生まれる、という伝説があるようだ。
 しかし、私は、基本的に、才能の遺伝を信じない。例を挙げよう。また将棋か、と思われるかもしれないが、一番自信をもっていえる分野がこれなので、仕方ない。それで、いままで将棋のプロ棋士というのは、何百人もいるが、親子二代の棋士というのは、本当に数えるほどしかいない。すなわち、木村義雄名人の息子が、木村義徳。木村義徳は、何かの間違いでA級まで登ったが、到底親父には及ぶべくもない。次は、板谷四郎の息子が、板谷進。板谷進は、木村義徳よりもずっとましであるが、それでも、一流とまではいかないかもしれない。もっとも、板谷四郎も、それなりの実績にとどまったが。
 囲碁の方に目を向けると、顕著なのが、羽根泰正の息子、羽根直樹。羽根直樹は、棋聖、天元などのタイトルをもっていたことがあり、まだ若いので今からも伸びるだろう。掛け値なしの超一流棋士といえる。二世棋士で一流、という極めて稀な例といえる。
 数学の例をあげると、オイラーは10人くらい子供をもったが、誰一人、父親の才能の片鱗も受け継がなかった。ガウスしかり。ヒルベルトしかり。あっ、ベルヌーイ一族がいるが、まあ例外ということにする。
 要するに、私が言いたいことは、天賦の才能なんてサイコロを振るようなもので、親子で同分野の才能を期待いるのは、サイコロでぞろ目を期待するようなものだ、ということである。えっ、能や歌舞伎などの伝統芸能はどうかって?
 それは、要するに、無理やり型にはめて子供の頃からなんとかなる、という範囲だ、ということは、残念ながら将棋の厳しさには及ばないと思う。というのは、プロ棋士が、いくら自分の子供に教えたって、プロ初段(要するに、プロ未満)になることさえ、おぼつかないのだから。

2007年4月29日

おっぱい行脚

 テレビを見ていたら、ピジョンという幼児用品の会社の創業者社長の話がレポートされていた。確かに、うちの子供も、赤ん坊のとき、ピジョンの哺乳瓶を使った。トップメーカーというよりも、ほとんど選択肢が、それしかなかったと思う。
 それで驚いたのが、創業者社長(もちろん、いい年をした中年の男性)は、よい哺乳瓶を開発するために、全国の、乳児が生まれて授乳しているお母さんを訪ねて行脚し、実際におっぱいを吸わせてもらったのだという。成人の男が、授乳期の女性のおっぱいを吸う、というのは、私の経験だと、実際のその女性の夫である身分であっても、恥ずかしいというか、結構ためらわれる。それだから、知らないおじさんから、自分の妻のおっぱいを吸わせてほしいと頼まれたら、大義名分はどうであれ、まず言下に断る。
 おそらくそうやって何人もの女性、またはその夫に断られたであろうに、粘り強く説得したのであろう、その社長は、なんと全国で、970人の女性のおっぱいを吸わせてもらうことに成功したのだという。私としては、それを聞くとなんとも複雑な気持ちになる。
 それはさておいて、その成果を活かして、ピジョンは、ゴムではなくシリコーンの伸縮性が、実際のおっぱいに近い、哺乳瓶を開発することに成功したという。
 私は、かの創業者が、妙な気持ちではなく、純粋な企業家としての研究心に基づき、行脚したと信じたい。私のような俗人には、そういう状況で、煩悩を振り払うことは困難であるが。

2007年5月 3日

Early Retirement

 Early Retirementというのは、要するに、早期退職のことである。ところが、梅田望夫の「シリコンバレー精神」によると、生涯働かなくても食べていける時点を、Early Retirementのゴールと呼ぶのだという。
 私が勝手に作った記号でこのことを説明する。いま、E(Y1, Y2)を、年齢Y1から年齢Y2までで稼ぐ金額とする。当然、Y2>=Y1である。同様に、S(Y1,Y2)を、年齢Y1から年齢Y2までで使う金額とする。
 そうして、Early Retirementのゴールの年齢を、Gとする。
 Early Retirementのゴールの計算では、便宜上、78歳で亡くなる、と想定するそうである。
 また、これも便宜上、大学を23歳で卒業して、そこから働きはじめるとする。また、簡単のため、大学を卒業するまでは、親に負担してもらい、特に貯金などはないと想定する。すると、次の式が成立する。
E(23,G) - S(23,G) > S(G,78)
式を変形して、S(23,G) + S(G,78) = S(23,78)であることを利用すると、
E(23,G) > S(23,78)
 すなわち、23歳から、G歳で引退するまでに、S(23,78)以上の金額を稼ぐ必要がある。
 これも便宜上、1年に1千万円必要と仮定すると、S(23,78)は、5億5千万円。
 もし、50歳で悠々自適の生活をしようとすると、だいたい、年収2000万円を、23歳からコンスタントに稼ぐ必要がある。しかし、大学を出てすぐは、そんな高い給与は普通無理で、30歳くらいまで貯金はできないと仮定する。そこで、30歳くらいから貯金し始めると仮定すると、
E(30,G) > S(30,78)
 すると、だいたい、年収2400万円を、30歳からコンスタントに稼ぐ必要がある。これは、パートナー弁護士になるとか、シリコンバレーで起業するとか、腕利きの医者や会計士になるとか、伸び盛りの会社に入ってストックオプションをもらうなどの方法以外では難しそうである。
 まあ、だいたいが、50歳で悠々自適の生活をしようという発想が横着で、病気でもない限り、また、社会に貢献できるかぎり、働くのがよい、という当然の結論であった。


2007年5月 7日

定年制度

 日本では、だいたい60歳を過ぎると、会社が定年となって、あとは、旅行したり、庭弄りをしたり、要するに、「余生を送る」モードになるのが、普通である。よって、70歳くらいで、第一線で働いている老人がいると、日本では珍しがられる。
 一方、特に、アメリカ合衆国では、もちろん、以前このプログで言及した、チャールズ・シモーニーのように、莫大な財産を保有して、田舎に居を構えて、文字どおり悠々自適の生活を送る人もいるが、80歳近くになっても、大学教授で第一線の教育や研究をする人が少なくないように思われる。例を挙げると、先日、私が勤務する会社に講演に来られた、小林昭七氏は、75歳であるが、いまだに現役の、カリフォルニア大バークレーの数学科大学院の教授である。バージニア工科大学の事件でも、銃で撃たれて亡くなった方の中に、77歳の現役の固体力学の教授がいた。また、ザリスキーという偉い数学の教授(広中平祐の指導教官だったかと思う)は、70歳すぎても現役で、過去の研究成果をまとめた全集を執筆するように依頼されても頑として断り、専門分野の代数幾何で、未来の研究の展望しか語ろうとしなかった、という。さらに、有名な経済学者のガルブレイス氏は、90歳を過ぎてもアメリカ政府のご意見番で、死ぬ直前まで、執筆していたという。
 このように、少なくともアメリカでは、どのような年齢でも、相応に能力を発揮しているなら、引退した方かよい、というようなプレッシャはかからないし、いい年をして年寄りの冷や水だ、みたいにも思われにくいようである。
 一方、日本では、あまり高齢で働いていると、よく思われないことが多いようだ。その理由として、昔から日本では、「隠居」の伝統があったせいかもしれない。また、日本はアメリカよりも人口が稠密で、その分、仕事のポストの口も少ない訳だから、老人がいつまでも、ある地位で頑張っていると、若い人はやりにくくて仕方がない、ということがある。そこでは、儒教的な伝統が逆に作用するかもしれない。すなわち、儒教的な伝統により、老人が、単に年長である、という理由だけで、重みを与えられる。それで、存在そのものがまわりにうっとおしくなる。一方、アメリカでは、儒教的な気風はほとんどないので、80歳の教授と、20歳の学生がファースト・ネームで呼び合いながら、議論する、ということもありえる。
 で、私は、だいたいにおいて、西欧のカルチャに違和感を覚えるものであるが、老人が能力があれば働ける、という気風においては、日本よりアメリカの方が優っていると思う。というのは、私の観察では、人間というものは、重篤な病気にならない限り、痴呆症にならない限り、死ぬ直前まで精神的な能力は衰えないからである。80年なり生きてくれば、相当のノウハウはあるであろうに、引退して庭弄りでは勿体ない、というのが素朴な感想である。
 そうやって老人が頑張っていたら、若い人のポストがなくなるということなら、給与が高かったり、責任が大きい仕事は、若い人にゆずればよい。世の中には、そんなことをやっても誰も評価してくれず、働き損であるが、それにも係わらず、世間的にみたら意義がある、ということがある。例えば、ある老人に、コンピュータ・プログラミングのスキルがあるとする。そうしたら、只で、オープンソースのプログラムを書けばよい。生活費は、贅沢しなければ、年金で食べていけるだろう。そういう理系的な分野は、と怪訝に思われるなら、ある地方の方言の研究とか、郷土史をまとめるとか、地味で、評価されにくいけど、長期的にみて必要な分野はいくらでもある。
 私が真に尊敬する中国文学者の白川静さんは、90歳になってもバリバリで、漢字の研究をされていた。白川さんのようになんて望むべくもないが、私でもできれば、一生、地味な仕事をしたいと思っている。
 学習院大学の数学教授の飯高 茂さんによると、80歳すぎても、ちゃんと入試をうけて数学を勉強しにくる人がいる、と言っていた。ともかく勉強熱心で、
夜を徹しても勉強する。それで、勉強しすぎたのか、朝になったら疲労で亡くなってしまったそうだが、ああ、なんと幸せな死に方だろう、私もあやかりたいと思った次第である。

2007年5月 9日

山利喜

 昨日たまたま、グルメ自慢の友人に、都営新宿線の森下という駅のそばにある、「山利喜」という居酒屋に連れていってもらった。
 私は、だいたい、グルメなんてどうでもいいと思っている方で、要するに、酒なんて、呑む相手が気の合った仲間なら、白木屋だろうと養老の瀧だろうと構わない、と今まで思ってきた。
 ところが、「山利喜」は、そういう私の乏しい感覚を一気に打ち破った。まず、出てきたのが、もつ煮込み。これが、肉が溶けるまで煮込まれていて、ドロッとして絶品なのである。そこに付いている、外側が真っ黒になるまで煮込まれていている卵もいい。
 次に出てきたのは、焼き鳥風なのだが、豚肉をすりつぶした微妙な串カツ。手間がかかるので、一人2本限定なのだという。この少しガツンとくる舌ざわりがまた、いい。
 そこで、マグロを頼んだ。これが、一番マグロと言って、築地の河岸で荷揚げしたマグロを品評して、一番から順にランクをつけていくのだが、その一番マグロを独占して仕入れている、山善という業者がいるのだという。そこの一番マグロだけを使ったマグロの刺身を、5切れ1200円で、山利喜は提供しているのだが、この通の友人によると、これは銀座の料亭では、1切れ1000円だという。ところが、山利喜は超人気店とはいえ、結局は大衆酒場なので、出血大サービスでマグロを提供しているのだという。
 酒は、埼玉の秘蔵酒蔵の、神亀。これが、また絶品。
 ということで、通の人にはそれほどでもないのかもしれないが、グルメ素人の私には、驚きと愉悦の時間なのであった。

2007年5月12日

すきやばし次郎の鮨

 グルメの知人によると、銀座に、「すきやばし次郎」という高級鮨屋があるそうである。そこのシェフは、小野二郎さんといって、ミシュラン世界の料理人ベスト10のひとりなのだそうである。
 以下、その知人のコメントを引用する。
「運良く、20貫プラス巻き物を、全て二郎さんが握ってくれました。仕事モノのネタは、香り、火加減など全て私の鮨の常識を覆すモノでした。生のマコガレイやまぐろなども、質、保管状態、食べ時など計算しつくされ、若手よ、これが年季のある職人の姿だ。君たちも頑張り給え、と鮨が話しているようでした。滞在27分、28000円、時間当たり約6万。」
 どうも、とてつもなく高級で、且つ、それに見合った値段の鮨らしい。値段もさておいて、生来のグルメでない私は、もし、味わったとしても、そのおいしさをきちんと理解できる自信がない。
 映画や芸術でもそうで、私は感覚的な意味での一流ということをどうしても理解できず、それに時間とお金をかける気になれない。仕方がないと、今では諦めている。

2007年5月24日

整体と健康保険

 最近、会社の健康保険組合から、封書で、注意書きがきた。すなわち、趣旨は、接骨師や整体師は、健康保険が適用可能となっているけれども、その適用を厳密にしてほしい、というものである。
 すなわち、単に、ちょっとくらい腰が痛いとか、体がだるいくらいで、健康保険を適用して、整体師にかかってほしくない、ということである。そうして、健康保険を適用して、整体師にかかるのを、緊急度の高い、やむをえない場合のみにしてほしい、というものである。
 この背景には、昨今の健康ブームで、接骨院や整体院が増え、気軽にマッサージなどを受ける人が沢山いて、そのついでに健康保険が適用になるならラッキーと、どんどん健康保険を適用して、保険組合の支払いが増えてしまった、ということがありそうである。
 もしそうなら、事情は理解できるのだが、私的にはとても残念である。というのは、今まで何回か、整体院に通って、鍼などの治療も受けたが、実に快適であった。40分くらい治療を受けて、健康保険が適用になると、1500円くらいで済む。ああ、快適且つリーズナブル、と満足していた。ところが、もし健康保険が適用にならないと、1500円が一気に、4000円~5000円となって、これはかなり辛い。
 では、どうしようもないほど切羽詰まった事情で整体に行くことがあるか、というと、それはなかなか考えにくい。すると、実質的には整体にかかる気がしなくなる。少しくらい腰が痛くても、薬局でサロンパスを買って貼ってごまかそう、ということになる。
 これだと、整体院も売り上げ減少で困る。ただでさえ、あちこちに乱立していて競争が激しい。それに対する整体院の対策はまず、健康保険が適用になる認定をうまくアドバイスする、ということである。しかし、これは、明らかに濫用できない。すると、次なる施策は、健康保険を適用しなくても払えるように値段を下げることである。これは、沢山整体師を抱える整体院としては、所定の給与を払えなくなって、苦しい。ううん、どういう活路があるのだろうか。
 ともかく、いろいろな国民の反対を押し切って、接骨院や整体院には健康保険が適用されないように法律が変わってしまいそうである。そうでなければ、医師の診断書があれば、はじめて接骨院や整体院で健康保険が適用される、とか。だって、健康保険組合は、背に腹はかえられないもの。
 そしてともかく、私はハッピーでない。仕方ないか。

2007年6月 2日

捕鯨禁止

 最近すっかり鯨を食べる機会がなくなったが、しかし、IWC(国際捕鯨委員会)での、調査捕鯨禁止、沿岸捕鯨禁止、アメリカ、ロシア、デンマークなどの先住民の生活のための捕鯨だけは許す決議だという。
 そのため、少なくとも調査捕鯨はキープしたい日本は、IWCにおいて決定的に不利な立場になった。日本の捕鯨が制限を受けるのは、IWCのメンバーであるからで、テクニカルには、日本がIWCを脱会すれば、自由に捕鯨できるようになる。それは、なんとなく、松岡洋右が、国際連盟の脱退を宣言したときのような妙な興奮と気まずさを感じさせるが、しかし、今の国際協調社会で、IWC脱退を宣言できる勇気は、今の日本にあるまい。
 よってこのままでは、いよいよ鯨が庶民の口に入る機会が減る。ただ、現実問題、私が今年に入って鯨を食べた機会は、確か、呑みに行って一回あったきりである。ということは、もし鯨を日本がきっぱり捕獲しなくなったとしても、食物感覚的には困らないが、ただ、日本人のDNAという訳ではないが、鯨は妙に郷愁を誘うものがあって、普段全く会わないけど、もし死別したら悲しくて仕方がない友人のようなものである。
 で、やっぱり困った。アメリカよ、国際牛肉委員会で、ヒンズー教徒の強い反対により、牛肉を食べることが禁止になった。牛はとても神聖で偉い動物だから、貴国は今まで重大な過ちを犯してきたが、今後牛肉を禁止することで、次第に貴国はその罪を消すことができる。目覚めよ、みたいに言いたいが、しかし、われわれとて、牛肉食を根絶できない。やっぱり困った。

2007年6月 8日

女性のバスの運転手

 私は、結構な頻度で、自宅から最寄の駅まで、バスを利用するが、今日おやっ、と思ったのは、運転手が結構若い女性であったことである。おそらく、30代であろう。ただ、研修中なのか、年輩の男性職員が、後ろから見守っていた。
 大型トラックの運転手で、うら若き女性というのは、ときどきみかける。しかし、私は、半世紀以上生きてきたが、日本で、女性のバスの運転手を見たことがなかった。注意していた訳ではないが、米国では見たような気がする。これは、当然か。
 それで、運転であるが、私が乗る路線は、比較的狭い道もあるが、それなりに無難に運転をこなしていた。無難に、と簡単に言うが、免許の更新のとき、運転免許試験場に行くと、ときどき、バスの実技試験が行われている。見ていると、かなりの頻度で失格になっている。車体が大きいので、ちょっとハンドルを切るタイミングが早いと、すぐにポールにひっかかっしまう。ということで、私のような運転音痴には論外であるが、その女性も、相当苦労したか、あるいは、とても運転センスがあったか、のどちらかであろう。
 で、運転そのものは、とりあえず無難であったが、車内で、バスカードの販売を求められると、当惑していた。また、最終地点で乗客を降ろすとき、他のバスが既に停まっていたので、乗客を降ろす地点をどこにするか迷って、男性職員の指示を受けていた。バスの運転手というのは、単なる運転以外にいろいろ習得すべきことがあるようだ。
 ということで、私は、多くの男性がそうであるように、女性は嫌いではないが、タクシーの運転手と、バスの運転手が女性だと、嬉しさより不安感が先立ってしまう(飛行機のパイロットだと、もっとそうであろう。見えないけど)。きっと単なる偏見なのだろうけど。

2007年6月26日

車検について

 私が乗っている車は、トヨタのイストという、どうってことない大衆車であり、大衆車の名前に違わず、街を走っていて、同タイプの車によく出会う。それを気恥ずかしいと思うことも最早ない。その車が、購入して5年目で、2回目の車検を迎えた。
 そこで、先日の日曜日、ディーラーに持ち込んで車検を受けた。私のイメージでは、車検というのは、数日かかるので、その間、どうしても車が必要なら、代車を出してもらう。ところが、聞くと、車検は、たった1時間で終わるという。それで、コーヒーを飲みながら、適当に本を読んでいると、直ぐに終わってしまう。これなど、システム化の進歩の1つの例証ではないだろうか。ただ、これには若干の裏があって、実は、その一週間前に、一度ディーラーに持ち込んでいる。その際、ディーラーは、30分くらいかけて事前点検し、交換を要する部品はないか、もしあるならその部品は、在庫があるか調べ、もしないなら、事前に取り寄せておく、という次第である。こうして、1時間車検が達成される。めでたし。
 それでも、車検の費用が安くなる訳ではないので、やはり、いろいろな意味で、うっとおしさは否めない。米国などはそもそも、車検制度がない、という。それでも、問題はないらしいが、私としては、それだと若干の不安があることがある。すなわち、車検制度の下でも、今の前の車で、一度、運転していて、私は急にエンストになったことがある。もちろん、ガス欠ではない。バッテリが疲弊していて、バッテリ液が限界まで減っていた。こういうのって、結構気づかないのではないだろうか。それで、だましだましエンジンをかけて、最寄のガソリンスタンドに行って、ついでの点検をしてもらったら、ブレーキパッドが磨耗してこれも限界であった。こういう経験に鑑みると、車検のないアメリカだと、突然、人里離れた山道で、エンストになってどうしようもない人がいるのではないか、と推察する。それで、もし極寒の季節だと、場合により、命取りになる。
 で、命が惜しくない人はいないので、きっと米国では車の自己点検がきちんとなされるのだろう、と思うことにした。田舎に行くと、どこでも銃が備えられている国である。それくらいの自己防衛は常識なのではないか、と思った。
 そうして省みると、日本の車検はやはり、頻度が多すぎて、値段が高すぎる。国土交通省と、業者の暗黙の癒着であるに違いない。たまたま、渡辺千賀のブログを見ていたら、いかに日本が閉鎖的であるか、また、そういう閉鎖的さを実験的に助長するのも悪くないのかも、みたいなニュアンスで書かれていた。車検一つをとってみても、私の思いは、アンビバレンツである。正解は一体何なのだろう。

2007年7月 4日

氷殺ジェット

 テレビを見ていたら、バルサン氷殺ジェット、というコマーシャルが放映されていた。なんでも、殺虫成分を使わず、噴霧の気化熱で瞬間冷凍殺虫するのだという。噴霧の気化熱で冷たくなる、というのは理解できる。冷蔵庫もたしか、そういう原理で動いている。しかし、冷凍で殺虫できる、という概念がよく分からない。それは、次のような実験を知っているからである。
 すなわち、金魚が水槽に泳いでいる。これを液体窒素に浸すと、一瞬で凍る。そうして、温かいお湯に戻して、解かすと、金魚は甦る。
 こういう実験から、私は、虫を瞬間冷凍して殺したと思っていたら、時間がたってみると、虫は解凍されて、生き返るのではないか、という思いを否定できない。金魚と違って、昆虫はキチン質なので、冷凍によって、組織が不可逆に破壊されてしまうのだろうか。
 このあたりの詳しいことを調べてみようと、ライオン株式会社で、殺虫と冷凍というキーワードで、特許を検索してみた。すると、意外にも特許がみつからない。断熱膨張というあまりにも自明に物理現象をもちいた、平凡な用途技術であるので、特許されない、というとのようである。

2007年7月11日

ベジタリアン食

 会社で、海外から人が集まるコンファレンスが開催され、それの世話役というか、雑用係りを担当していたので、忙しくて、ブログを書くのがおろそかになってしまった。だからどう、ということはなく、だれか期待してくれている読者もいないのであるが、なんとなく、駄文でも毎日、というペースを続けたかった。
 ところで、上記コンファレンスの知り合いの一人は、インドから来た女性であるが、純粋ベジタリアンで、日本ではなかなかしかるべき食べ物がないので、レトルト・ベジタリアン食を必ず持参する。
 今回は、少し余分に持ってきたようで、余ったせいか、帰国する前に、余ったのをもらってくれないか、という。ベジタリアン食で、しかも、レトルトと聞いただけでまずそうで、かなり、気持ちが引けたが、折角の好意なので、戴くことにした。
 ところが、自宅に持って帰ったら、好奇心で、味見してみたくなった。複数のパックをもらったが、いろいろ眺めてみると、決して、ベジタリアン食であることを直接示唆する記載はない。ただ、よく見ると、「THE PROMISE OF PURITY」という文字があり、どうもこれが、動物性のものが入っていませんよ、という保証の文句なのかも、と思った。
 それで食べてみると、意外においしい。改めて、成分を眺めてみると、Rice, Onion, Beans, Carrot, Knol khol, Beetroot, Coconut, Refined sunflower oil, Cauliflower, Bread cube, Garic, Ghee, Salt, Lemon concentrate, Ginder, Sugar, Red chill, Coriander, Tumeric, Black pepper, jeera, Dry mango, Mace, Fennel, Nutmeg, Caraway, Clove, Capers, Bay leat, Bengal gram flour, Ajowan, Big cardamon, Cinnamon, Cardamom and Asafoetida. と、ずらっと、知らない単語が沢山並んでいる。はっきり言って、動物性のものがあるかないか、この表記からは、私には全く自明ではない。
 で、食べてみて思ったのは、動物性のものがないと、おそらく、アミノ酸で言えば、イノシン酸の旨味が出せないので、レモンの酸っぱさ、塩の辛さ、カレーの香辛料、ニンニクその他で、懸命に味を出そうとしている。譬えはとてもよくないが、家庭で、お父さんが何かの事情でいないので、兄と弟と姉が力を合せて頑張っている、という感じである。なんか、おいしいと思わないと、申し訳ないという、左門豊作と対決する星飛雄馬みたいな気分になる。
 その一方で、独特の香辛料は、癖にさせるものがある。これも漫画ネタだが、私の好きな料理漫画で、包丁人味平というのがあった。それで、「カレー戦争」と称して、おいしいカレーで、味平と対決するインド料理の専門家がいたが、その専門家は、味平には勝ったが、強い香辛料で中毒になって、精神をやられてしまう、というストーリーがあった。そのようなストーリーを思い出させるほどである。
 ということで、お荷物になるかともって帰ったインド・レトルト食であるが、意外に早くなくなりそうである。頑張れ、左門豊作。

2007年7月13日

一人っ子政策

 先日のコンファレンスの続きであるが、中国から来たチーム、7人と夕食をともにする機会があった。気の置けない仲間なので、けっこうざっくばらんな話もするのであるが、そのうちの一番若い男性に、君は独身かと聞いたところ、彼曰く、中国では、男性の方が女性よりも4000万人も多いのだという。
 日本の人口でそのようなアンバランスがあると大変であるが、なにしろ、13億もの人口を擁する大国である、4000万人は頷ける。
 で、彼は続ける。すなわち、そのようなアンバランスの結果、独身男性が中国では、溢れているのだという。確かに、それは、社会現象である前に、数学的・統計的真理である。
 ただ、一人っ子政策=男性が多い、という命題は、単純な論理操作からは出てこない。それが成立するためには、「最初に生まれる子供は、男である確率が高い。」ということになるが、本当にそうなのであろうか。
 兄弟で生まれてくる順序に関わらず、男が生まれる確率の方が、女が生まれる確率よりも少しだけ高い、という話は聞いたことがある。これはどうも、男性の方が生命力が強くなく、子供のうちに病死する確率が少しだけ高い、ということによるようである。
 しかし依然として、、「最初に生まれる子供は、男である確率が高い。」ということの説明になっていない。無理やり理屈を考えるとすれば、母体が若い方が生まれてくる子供が健康である可能性が高い、ということは先ず言える。そうして、男の方が生命力が弱いとしたら、母体は、なるべく、育ちにくい男を、先に産もうとする、という論理が成立する。どうしても牽強付会のきらいは免れないけれども。
 ともかく、結果的に、中国では、おそらく日本よりも男性が余っている。これも、その結果かどうか分からないが、中国では相当に女性の立場が、日本より強い。例えば、ある知り合いの中国人女性は、結婚して働いているが、家事は一切、ご主人の両親に任せてタッチしないという。それでは肩身が狭くないのか、と聞くと、働いて稼いだ金を、家計に充てることで、立場が維持されるのだという。
 また、別の統計であるが、中国では、家事は原則、夫婦分担であり、それと関係があるかどうか分からないが、離婚、特に、女性が男性を見放す離婚が多いという。
 これらは全て、男性が余っていることが原因なのだろうか。全てではないが、part of reasonsであることは、争えないと思う。
 そうして、私の知っている中国人をみると、女性はみんな活気にあふれ、元気がよい。一方、男性はみんな、少し鬱屈している。日本でもそうでなくはないが、中国は、はっきりとそういう傾向が際立っていて、まあ、下手に封建的、儒教的社会よりも、その方がよいのだろう、と思うことにする。

2007年7月16日

仕事術

 作家というより評論家なのかもしれないが、私の好きな作家の一人に、森清という人がいる。この人は、大学を中退して、旋盤工かなにかをやりながら、働くことの意義、自己啓発など、いわば職場の哲学という視点で、とても地に足のついた議論をされている方で、今は、どこかの短大の教授をされている。今般、岩波新書の「仕事術」を読んでみた。
 ここで、作者は、「公私融合の勤労」を説く。端的にいうと、余暇にも、仕事のことを考え、仕事中でも一歩離れて仕事を見つめ、その意義を広い視野で考える、ということである。このようなことを言うと、場合により、顰蹙を買うかもしれない。すなわち、それだといわば、24時間仕事に心を縛られているのではないか、と仕事中毒ではないか、と。実際、そうでないとはきっぱりと言えない。私は、だらだら仕事をやる癖がある、ということもあるのだが、たいてい土日仕事を家に持ち込み、ほんとうにだらだらとテレビを見ながら、雑用のような仕事を家でこなしている。それが見るからに楽しそうで、しかし、ある意味、生活から仕事を取ったら、何も残らない訳で、そういうのがとても貧困である、という家内の批判は、妥当であろう。
 しかし、一方で、言い訳であるが、ある程度そういう生活パターンにして、半ば遊びのように仕事のスキルを高めていかないと、なかなか生き残れないのではないか、という私の根拠のない反論もある。
 しかし、森清の言いたいことは、このようなこととは少し違っていて、私に公が入り込むだけではなく、公に私が入り込む、ということも強調する。公に私が入り込む、というと、仕事中に私用の会話をよくする、ということかと思われるが(私自身が、仕事中の無駄話が大好きである。そのために、週末自宅での仕事で補っている、という面もなくはない)、そうではなくて、公における、私としての個を確立する、ということである。もっというと、公の中で、私としての個性を認めてほしい、そのために、公たることをある程度利用するのも意義なしとしない。寧ろ、有為の人材は、公を、コンプライアンスに違背しない範囲でうまく利用する、と説く。誤解かもしれないが、私の今までとってきた生き方は、これと大きくずれるものではなく、そこで、私はわが意を得たり、と頷くのである。
 このような背景に基づき、森清は、手の技術、縁の技術、知の技術、育む技術について説く。
 手の技術とは、旋盤工なら、文字どおり金属を削ること、銀行員なら札束を数える、サラリーマンならFAXを送る、Eメールを送る。これらは、会社で下手に偉くなると、とても疎かにされる。そうして、そういう人物が会社を辞めて、^別の会社にいくなりして、雑用をサポートしてもらえないと、はたと困る。何もできない自分に気づく。よって、ベースの仕事力として、手の技術は重要である。私は指先が不器用なので、手の技術云々はできないが、しかし、Perlで、簡単なツールは日常的につくる。これなども、手の技術に入れて戴きたいところである。
 縁の技術とは、人間関係のこと。意外と思われるかもしれないが、私はこれを大変重んじている。それは、いろいろな人との縁で、いろいろな人に支えられてここまで生きてきたことを知っているからである。どんなスキルがあっても、縁がなければ、何も始まらない。筆者は、コミュニケーション・ツールが発達した昨今でも、縁の技術の重要性は、全く変わらないという。まさしくそうで、ただ、Eメール、チャット・ツールは、それなりの取り扱いの注意は必要である。文字として一人歩きするので、場合により、間違えると、とても険悪な雰囲気を醸し出しかねない。
 知の技術は、立花隆など、多くの著書があるので、ここでは触れない。特に、目新しい点はないように思われた。
 育む技術は、私は、とても後悔と反省が多い。私は、長く管理職であったが、部下に任せるよりも、面倒でつい自分でやってしまう傾向があった。demandingでない、という面で民主的な管理職であったかもしれないが、スキルの醸成、リーダーシップという点でどうだったろうか、それでも、パワハラからは遠い、という意味で、A,B,CのB-くらいの評価を戴きたいところである。それでも、後輩の育成ということで、つい指導側に廻ることもあったが、すると、私特有の細かさが出てしまう。結構、丁寧だがうっとおしい教え手のようなのである。バランスが難しい。
 ということで、つい自分のことを書いてしまったが、それは、森清氏の視点は、つい、私のそれとだぶってしまうのである。
 結論として、働く人は、どんな仕事であれ、個を維持するためにきちんと自己啓発し、社内外の人脈を大切に生きてほしい、という平凡で実はなかなか難しいことを、森清氏は説いててるのだと思う。

2007年7月24日

定年後

 Web上のニュースによると、夕刊フジのアンケートによると、サラリーマンの3人に2人が、「定年後」も働くということである。これは、おそらく、年金がきちんともらえるかどうか不安、というのもあるのではないかと思う。
 また、定年時、仕事の継続や再雇用を会社に期待したり、シルバー人材センターも活用したい、という。
 このような結果をみると、私と同じ気持ちなので、深く頷くとともに、これは、おちおちしていられない、と焦りを感じる。すなわち、私のような予備軍が沢山いることになり、競争が激しくなるとともに、もし就職できても、代わりはいくらでもいる、ということで、給与を買い叩かれてしまう。
 私ができることは1つで、森清の本にあったように、手の技、知の技、縁の技を磨くのみである。そうして、あまり高齢でない適当な時期に病気になり、大して寝込むこともなく、逝くことができれば、これに優ることはない。ゲーデルのように、あまり食べないで、次第に弱って、緩和された餓死みたいなのもありかとも思う。ちょっと、暗い話になってしまった。

2007年7月25日

長寿の秘訣

 ファンケルの「元気生活」によると、食べ物の観点からは、長寿の秘訣は、下記のとおりだという。
1. ベータカロチンをきちんととる。
 ニンジン、ピーマン、ゴーヤなど。
2. 豚は、丸ごと、余すところなく食べる。耳にも、栄養があるという。
3. 麹を使った発酵食品を食べる。
4. 豆腐や納豆などの大豆蛋白をとる。
5. 魚介類、海藻類をたくさんとる。
 魚のDHA、EPA、海藻のヨウ素など。
6. キノコをたくさん、たべる。
 長寿県である長野では、エノキダケやナメコなどの生産と消費がさかん。キノコは、繊維質、ビタミンB・D、βグルカンなどを含む。
 酒は、百薬の長と言われるが、流石に、沢山酒を呑んだらいいとは、言わない。上記の項目を見ていると、典型的な日本食でよいわけで、バランスをとればよいのだろうと思われる。また、小食がよい、菜食がとも言われるが、長寿の人は、ちきんと肉や魚も食べていてる。
 あと、運動不足による肥満はよくない、とあるが、運動嫌いで、いつも部屋に篭っている私には、耳が痛いところである。
 あと、長寿といっても、結局遺伝ではないか、と私はどこかで思っている。というのは、あまり健康的な生活を送ったとも思えないバートランド・ラッセルは、90歳をすぎても矍鑠としていたが、誰かから、どうすれば、そうやって歳をとっても元気でいられるのか、と聞かれて、それには、「親を選びなさい。」と答えたという。身も蓋もないが、そういう面はなくはないのであろう。

2007年7月28日

バフンウニ

 今朝、テレビを見ていたら、北海等名産の旅ということで、北海等の日本海側の海産物の特集をしていた。そこで、北海チラシと称して、エビ、イクラ、鮭など、豪勢な具材をご飯の上に乗せていくのだが、最後のトリをつとめる具材は、ウニ、しかも高級ウニとされる、バフンウニ。何!? 馬糞? 思わず顔をしかめてしまった。いくらなんでも、高級な食材となるものに、馬糞という命名はないだろうと。あまり想像力の逞しくない私でも、バフンウニと聞くと、道端に落ちている馬糞を思い出して、げんなりしてしまい、折角の高級な北海チラシに対する食欲を失ってしまうだろう。
 これと似た体験として、私の知り合いが昔、奈良に観光に出かけた。そこで、買ってきた土産の名前は、「鹿のフン」。これにもがっかり。確かに、小粒のクッキーで、鹿のフンを彷彿させないでもないが、その命名はないだろう、と思った。育ちが粗野で、大抵の下品なことには平気な私も、このセンスにはがっかりである。
 あとは、・・と思っていたら、そういえば、マグソコガネという昆虫がいたよね、と思い出した。でも、これはいかなる意味でも食料ではないし、こんなのを食べなくてはならなくなったら、人類も終わりである。ということで、最後のは無関係であった。

2007年8月 1日

タクシードライバー

 最近、疲れ気味で歩くのがおっくうなせいか、タクシーを使うことが結構ある。
 それで、私のタクシーに乗る楽しみといえば、雑談である。私は先ず、最初タクシーに乗ると、「最近、忙しいですか。」と水を向ける。すると、みんな、「ええ」くらいは言ってくれるが、そこで、有意義な会話をつなげてくれる人が、だいたい3割くらいで、そうでなければ、話し好きでないと見なして、黙っておくことにする。
 で、当たり前でかもしれないが、かなり年輩の運転手の方が、経験豊富で、話が面白い。それでも特に、おお、と引き込まれるように面白い話をしてくれる人に何人かであったことがあり、よく聞くと、よく知られた会社に勤務していたが、リストラで退職金割り増しを提示されたので、見る聞くなしで申し込み、こうしてタクシーの運転手をしている、という。その人は、コンピュータ・メーカに勤務していた人は、PCは自作する、英語のマニュアルを読みこなして、問題解決するなど、私も敵わない、と思った。また、別の人は、外資系に勤務していて、英語もぺらぺらで通訳の仕事もしていたという。「お地蔵さん」とか、どう英語で説明するか考えましたよ、という言い方は、いかにも本当に英会話で苦労したとしか思えない。
 ということで、リストラされるから無能とは限らない、ということを改めて感じた。また、そういうタクシードライバーは、いやあ、おまけ付きで退職できて、こうやって、好きな車ころがしていられるんですから、幸せですよ、とまでいう。
 私にはよく理解できないが、車の運転が好きなら、タクシードライバーは、マイペースで仕事できるし、なかなかいい商売なのだという。
 ただ、別の人はこうも言っていた。ずっと運転するのは神経を使う。こういうことを続けるためには、ある種の鈍感力が必要ではないか、と。また、別の人は、事情があって会社を辞めてタクシードライバーになったけど、月収が20万円もない。食べていけませんよ、とこぼしていた。
 以上のことから、ある年齢になって、リストラされるとか、会社を退職した人で、退職金などでお金に困っていない人なら、また、運転が好きで、マイペースで孤独でもやっていける人なら、タクシードライバーもよい仕事であろう、と。
 そうして私的には、いろいろな経験をしていて、人生の辛酸をなめ、話術にたくみな人がよい。もしそういう人がいて、指名できるなら、そういう人のタクシーに乗りたいと思う次第である。

2007年8月 5日

どんびき

 テレビを見ていたら、現代流行用語で、「どんびき」というのがあるようだ。私は、この用語の話者でないので、正確なニュアンスはわかりかねるが、どうも、「気持ちが萎える」みたいに意味らしい。数年前から「引く」という言い方があり、どうも気が引けるとか、怖気づくとか、気持ちを他に向けたくなるとか、気が進まないみたいな意味らしいのだが、この「引く」との絡みで、「どん」を強調の意味に理解して、「どんびき」を「ものすごく気が引ける」という意味かと思っているが、そうであるような、ないような、やはり正確なニュアンスはわからない。
 また、面白いと思った現代用語に、「どんだけ」というのがある。例えば、他人を悪く言うときに、「あいつは、どんだけ自分が偉いと思っているのか。」みたいに言うことがあるが、その「どんだけ」のところだけ取り出して、後はぼかす、このニュアンスが面白い。単に「どんだけ」だけ言うことによって、「どんだけ」何なのか、人によっていろいろと想像するだろう、この曖昧さがいい。
 さらに、もうすっかり若者に定着した言い方に、「微妙」がある。これもニュアンスを言い表すのが難しい。聞いているとどうも、少しネガティブなニュアンスのようである。「この服、似合う?」 「ううん、ビミョーかも」。ということでまるっきり駄目というのではないが、趣味に合わない、という意味もあるようだ。全然話にならないようなことも、「微妙」でぼかやす言い方もあるようだが、この辺も分からない。
 よって、私にとって、このような現代の単語は、丁度、英語の単語で、辞書的な意味は一応分かるのだが、正しい用法とか正確なニュアンスはと゜うも掴めない、というあの感じに似ている。
 言語というのは、このように、時間的にも、地理的にも、独自の変容を遂げて、それから距離のあるものがどんどん理解困難になる。だからバベルの塔は必要なく、もし最初が単一の言語からスタートしても、言語は、時間と場所の差で、カオス的に、必然的に多様化していくのである。
 

2007年10月 1日

ワーキングプア

 宝島新書「ワーキングプア」によると、日本では、ワーキングプアの定義は、年収200万円以下。日本では、550万人のワーキングプアがいる、という。ちなみに米国では、ワーキングプアは、3700万人。人口比で、日本より多い。
 また、生活保護を受ける要件は、年収100万円以下。
 一方、法的に最低賃金は、610円/時。
 このように日本にワーキングプアが多い理由として、非正社員の多さがある。日本では、15~34歳の非正社員は、600万人。そのうち派遣社員は、370万円。
 このようになった理由の1つは、就職氷河期の存在。企業が決定的に新卒の採用を絞ったので、新卒学生で非正社員になる者が増えた。
 一方で、企業のリストラにより、中高年の非正社員が増えた。
 新卒学生で、正社員になれないと、とりあえずできるのは、コンビニ店員のような比較的単純労働である。すなわち、これで食いつないで、正社員の機会をまつ。しかし、新卒でなくて途中入社として応募しようとすると、実務経験が問われるのが普通である。すると、いままで単純労働しかしていないと、そこで撥ねられてしまう。そこで考えられるのは、学校に通って資格をとることである。例えば、昔は高嶺の花であった司法試験も、法科大学院に行くと、5割程度の合格率で、弁護士/検事/裁判官になれる。ところが、法科大学院の授業料は半端ではない。毎年300万円程度かかり、それと生活費もあるとすると、相当な貯金があるか実家からの支援が期待できないと、無理である。こうして、一旦新卒学生で非正社員に就くと、そこからなかなか脱出できなくなる。
 中高年の非正社員の場合、ある意味もっと悲惨である。というのは、家族や住宅ローンを抱えていたりするからである。それで、会社での仕事がある程度の地位以上の管理職で、社内調整型の仕事をしていると却って次の仕事がみつけにくかったりする。というのは、そういう仕事だと、他社で通用しにくい。また、いままでなまじ高い年収だったので、余計に使いにくい。すると、スキルのポータビリティという観点からは、経理のスキル、翻訳のスキル、特定の技術の開発スキル、コンピュータ・スキルのように、社内では単なる実務家としてあまり昇進の対象なりにくいような特定スキルの方が有利、ということになる。ところがなかなか、会社はそういう仕事ばかりで動いている訳ではないので、リストラされて困窮する人は、あとを絶たない。
 こうして、日本でも、ワーキングプアは増えるばかりである。池田信夫氏など、その原因を、日本の会社の正社員保護システムに求める。すなわち、一旦会社に採用されると、よほど不祥事を起こしたり、能力不適合であることが判明しないと、会社は、社員をクビにできない。リストラを言い渡されても、ひたすらしがみつく方法はある。よって、正社員が減らないので、どうしても会社は、採用を控え。都合により簡単に辞めてもらいやすい派遣社員の比率を増やそうとする。もし、正社員を比較的簡単に辞めてもらえるようにし、また、労働市場を活発化すれば、次第にワーキングプアの問題は、解決される、というのが池田氏の論旨である。しかし、私は、今の日本の社会では、会社を辞めるということは、相当な一方向関数で、その逆関数は、とても求めにくい。
 実際世の中をみていると、例えば、和文英訳などの分野で、需要は結構ある。従って、よい英文が書ければ、仕事はある、ということになって、上記一方向関数の逆関数のポテンシャル・バリアを超えられる、ということになる。
 しかし、ある水準をみたす英文を書くことは、平均的な日本人にとって、とてつもなく難しい。ひたすらマニアのように単語を調べ、英文を練り上げていく、偏執狂のような人だけが生き残れるであろう。和文英訳は1つの例で、世間で広く通用する専門スキルというのは、大抵そうしたものであるはずである。そこで、インテル元会長、アンディ・グローブの、「パラノイアだけが生き残れる。」という至言の意味が分かる。
 しかし、パラノイアが世の中においそれといるものでもなく、また、そういう人が溢れる世界は、おぞましい。かくして、ワーキングプアの問題は根が深い。
 思うに、大会社のCEOなど、年収10億円とか、使いきれないほどの報酬を得ている訳で、こういうのをワーキングプアとの平準化をはかれるように、少しでも均すことができれば、絶対多数の幸福は増大すると思われるが、そういう共産主義みたいな言い方は、とても嫌われる。ワーキングプアは、そのうちフランス革命のようなことでも、起こすか。まあ、無理だけど。
 そういえば、アメリカに対するテロも、ワーキングプアのイスラム教徒によって、起こされたという面もある。なかなか、そう単純に図式ではないにしても。
 ちょっと論旨がまとまらなくなってきたので、いったん擱いて考えなおすことにする。

2007年11月 4日

定年後の仕事

 岩波新書「定年後」加藤 仁著、を読んで、ちょっと話がうますぎるような気がするストーリーもあったが、定年後の、うまくいく仕事について、この本の内容に基づき、私なりに整理してみた。


  1. 儲かることよりも、好きなことをやること。
  2. 金にならなくてもいいので、生き甲斐としての趣味を重んじること。
  3. 人脈を重んじること。
  4. 地域と孤立しないこと。
  5. よいと思ったら、しばらくしつこくやってみること。簡単に諦めると、なかなか成就しない。
  6. うるさ型批判的老人にならないこと。孤立する。
  7. なるべく他人をあてにせず、できることは厭わず自分でやること。
  8. パートタイムでもいいと思うこと。
  9. 場合により、移住も厭わないこと。
  10. 自分の個性を主張するのと同じくらい、他人の個性も重んじること。
  11. 会社での活動で身についたスキルを活かすこと。例えば、交渉能力や予算折衝能力、あるいは、技術開発能力など。
  12. 自分の能力が社会に還元できることをありがたいと思うこと。間違っても、やってやっているんだ、というように恩着せがましくならないこと。
  13. 会社勤務から、定年のシフトは、ギャップが大きく、なかなか思うようにならない。病気になったり、配偶者の介護の問題がでてきたりする。よって、大幅な軌道修正は常にあると思うこと。
  14. 突然ぽっくり逝くこともあるので、出口戦略をきっちりしておくこと。
  15. 歳だから無理とは、あまり思わないこと。脳は、使っていると、結構、死ぬまで惚けないようだ。また、歳をとったら記憶力が低下するのは確かであるが、語学のように、記憶依存性の高いスキルでも、なんとか実用レベルまでもっていけるようだ。
  16. 夏目漱石の「私の個人主義」というエッセィの、自己本位という考えを理解すること。
  17. 子孫に財産を残すことは、特に考えないこと。
  18. 年金があるという前提で、無給のボランティアやNPOも視座に入れること。
  19. 年金で、毎日が日曜日で生きれるとしても、それでは、張りがなくてつまらない、と知ること。
  20. ホームページやプログも有効であること。
  21. 最悪、貧乏になって栄養失調で死ぬのも仕方ないじゃん、と開き直ること(これは、いかなる意味でも、この本に触発された訳ではなく、私が勝手に思っていること)
  22. 死を終わりと思わないこと。そのために、死のぎりぎりに際しても、頭が働くなら、何か勉強すること、あるいは、周囲の人に尽くすこと。お金も、物も、あの世にもっていけないが、知識と気持ちは、あの世に持っていけると信じること。死が終わりでない、ということは、死が近いと宣言されても、自暴自棄になってはいけない、ということである(これも、私が勝手に思っていることであるが、あまり賛同を得ないかも)

2007年11月13日

東京ガス都市生活研究所

 新聞によると、東京ガス都市生活研究所の所長、早川 美穂氏は、入浴博士というくらい、入浴に詳しい。例えば、「食欲不振には、みぞおちから指三本分下、脇腹方向に指三本分のところに、シャワーをあてればいい。」とか、「半身浴の方が、ストレスを減らすのにいい。」など、いろいろの薀蓄をもっている。あと、浴室内のカビの減らし方なども研究する。
 その早川氏であるが、既婚で44歳の女性であるが、年齢よりもずっと若く見え、魅力的である。もしかして、少し翳りが見えてきた黒木瞳以上かもしれない。
 それで、上記のことに鑑みると、所長としての管理業務よりも、むしろ、専門職として活躍しているように思われる。よって、管理業務は他のスタップがサポートしているのであろうが、それでも、入浴法を講演して廻る姿は、東京ガスにとって、とてもよい広告塔となるだろう。上層部の慧眼ではなかろうか。
 とはいっても、真に働き者で、自宅でも、風呂場を単にくつろぐ場と考えず、風呂に2時間以上も入ったまま、執筆する。夫からは、「専業仕事人」と呼ばれて、呆れられている。美人だから結婚したけど、もっと普通の奥さんの方がよかったかも、という気持ちがなんとなく感じられる。
 とはいえ、夫からの地道なサポートと、会社でのスタップのサポートで、きっとうまく廻っており、それでいいではないか、ということになる。

病気に強い人

 寄生虫の権威、藤田紘一郎氏の著書によると、病気に強い人は、下記のような特徴があるという。

- よく笑う:これはまあ、分かる。
- 便の量が多い:これも、直感的にそう思う。
- 体臭がある:それは知らなかった。加齢臭も、気にしなくていいのか。それとも、嫌われ者は長生きする、の例か。
- 手を石鹸で洗わない:ははあ、ある程度不潔にしておいて、体に寄生虫を飼った方がいいということか?
- 海藻を食べる:うん、そうだろう。
- 汗をたっぷりかく:これは、分かる。
- 小太り:メタボでも、いいのか?
- 野菜を食べる:まさか、あまり洗わない方がいいなんて、言わないよね。
- 朝日を浴びる:夕日ではないのだね(意味のないつっこみ)
- 長男・長女でない:そんな、勝手なことを言わないでほしい。
- 抗生物質を飲まない:そうはいっても、病気になったら仕方ないではないか。まさか、ビールを飲むように、毎日抗生物質を飲む人はいないだろう。
- コレステロール値は、やや高め:ややであって、いくら高くてもよい訳じゃないよね
- 水かお茶でうがいする:普通、水では。まさか、お酒でうがいする人はいないだろう。
- 60歳以降、ステーキも好む:流石に、控えた方がいいのではないか。
- 豆類・根菜類を好む:さもありなん
- よく歩く:まあ、当然

 と、各論では多少異論はあるが、総論、賛成なのであった。

2007年11月20日

東京ミシュラン

 新聞を見たら、東京ミシュランといって、3つ星に指定されたレストランがリストされていた。すなわち、下記のとおりである。
「かんだ」日本料理
「カンテサンス」現代風フランス料理
「小十」日本料理
「ジョエル・ロプション」現代風フランス料理
「すきやばし次郎」すし
「鮨水谷」すし
「濱田家」日本料理
「ロオジエ」フランス料理

 日本にあるレストランなので、日本料理が多いは当然として、ミシュランというくらいだから、フランス料理に偏るのも致し方ないだろう。よくホテルなどで5つ星と言われるが、どうも料理の場合、3つ星が最高らしい。1つ星でも随分と名誉なことのようである。ちなみに、「すきやばし次郎」は、以前にも、このブログで取り上げた。
 で、思うのだが、こういうレストランの格付けというのは、すぐれて資本主義の要請するところである。というのは、資本主義をやっていると、偶然あるいは実力や才覚により、とても儲かる人々が出てくる。資本主義には、儀式として、そういう儲かった人々が自らの成功を確認し喜びに浸るための装置が必要である。そのためには、並みの稼ぎの人々の足を遠のかせるような値段のレストランが必要である。例えば、一食5万円は下らないコースなど。ただ、人間の味覚はかなり鈍いものなので、本当は、とてもおいしいかそうではないか、あるレベル以上になると、味覚の識別能力を超える。例えば、テレビの番組で、目隠しで、30万円とワインと、2000円のワインの味を識別する試みがあったが、むしろ2000円の方が高級な方では、と判断する人の方が多かった。
 こういう状況で、成功確認マシーンを作り出すためには、無理やり何か権威があるとされる組織が、レストランを格付けする必要がある。高く評価してもらうためには、間違ってもお手ごろな値段にしてはいけない。また、簡単に予約がとれてもいけない。庶民には届かない雰囲気をかもし出さなくてはならない。こうした結果選ばれるミシュランの基準が、かなり恣意的なものであることは、想像に難くない。しかし、資本主義の装置として、よく働いていれば、それでいいのである。
 

2007年11月24日

高学歴ワーキングプア

 光文社新書「高学歴ワーキングプア」水月昭道著、はなかなか示唆に富んでいる。もともと、大学院で博士課程を修了して、博士の学位をとったとしても就職がない、という話は目新しいものではない。しかし、私が大学生であった30年前頃は、ごく一部の物好きな者があえて、アルバイトを続けながらポスドクをやって、ポストを探すというものであった。しかし、今や、状況は構造的であるようだ。
 すなわち、知識社会と言われて世の中が高度になってくると、高い教育を受けた者が沢山必要になってくる、というのは、なんとなく納得のいく話である。で、高い教育というと、大学院がその象徴である。そこで、文部省(今の文部科学省)は、大学院に重点をおいて大学を再編しようと企画した。これによって、東大そのた旧帝大では、大学院の定員を増やした。文部科学省の方針に沿って大学院の定員を増やすと、文部科学省から助成金がもらえる。また、ポストも増える、で大学にとって一見何も都合の悪いことはない。
 そういう風潮が出てくると、大学院をもたない大学は、格下に見られる。もともと、大学入試の偏差値などで大学は序列化されており、そうでなくても、あまり有名でない私学は、肩身が狭いが、大学院をもたないことで、一層、引け目を感じる。そこで、文部科学省の旗振りもあって、そういう有名でない私学も、大学院を設立する。これは、有名大学にとって好餌であって、そのための教員が喜んで派遣される。そうして大学院を設立したものの、有名でない私学は、向学心に燃える人は多くない。よって、手を拱くと、大学院の定員が埋まらない。すると、なにをやっている、と文部科学省から教育的指導が入る。そこで、教授は、君、有望だから大学院に進みなさい、と学生に声をかける。すると、有望といわれて悪い気がする人はいない。そうですかと、大学院に進み、毎年50万円~60万円程度の授業料を払いながら、通学することになる。進学すると、なんとなく、のんべんだらりといて、博士課程に進む人もいる。そうしていると、三十路も近くなって、そろそろ就職、ということになる。
 ところが、である。その時点で、就職先が皆無に近いことを突然悟る。工学や薬学などの実学ならともかく、文学、社会学、法学、経済学などの博士課程修了者は、一般企業の求人がほとんどない。で、目指すは自他大学の講師や助手の職であるが、これが超買い手市場である。とても運がよくて大学の非常勤講師で、それとても、月給11万円ほどにしかならず、諸経費は自己負担、1年契約で更新の保証なし、となると、立派なワーキングプアである。それだけでは食べていけないので、仕方なく、コンビニのバイトもするが、どうして博士がコンビニに、という情けなさは断ち切れない。
 こうして歳だけとっていき、非常勤講師の口もなくなって、仕方なくパチプロをやっている人もいる、という。予備校の講師の職でもあればいいほうだろう。
 そうやって博士課程でてアルバイトをやっている人の9%もの人は、次第に連絡がとれなくなっていく、という。水商売に手を染めるか、世をはかなんで、自殺ということもないではないかもしれない。
 こういうのを水月氏は、大学院を乱造してそのポストを用意しなかった大学や文部科学省が悪い、という。しかし、学者になろうとして、能力その他の理由で、仕方なくサラリーマンにならざるをえなかった私としては、それは、学問をする、という道楽の果てなのだから、仕方がないのではないか、と思う。
 そもそも、自分の興味に従って文学や社会学のようなことを研究していて、それで食べていけるようになることを願う、というのは、甘いのではあるまいか。そういうのは、きちんと、面白くもなんともないかもしれないが、それなりに給与がもらえる(自分のことを言っている?)仕事について、趣味として研究したら、と言いたい。
 あと、夏目漱石も言っているが、博士である、ということは、ある狭い研究を極めた、ということであって、それがどうして森羅万象きわめたみたいなニュアンスになるのだろう。逆に、専門に特化しない人によりも、特定のことが苦手になることもありはしないか。
 そこらあたり、紆余曲折があって大学院を出て博士の学位をもった筆者は、博士に肩入れする。すなわち、特定のテーマを何年も深く極める方法論は貴重な経験で、他にも応用が利くはずだ、と。そういうのを私は否定しない。しかし、博士をとって、他の分野に「転進」していくためには、うまくunlearningする必要があろう。ここらあたり、頭の切り替えが大変であるが、それができたとき、初めて、一般世間で、おお流石博士、と尊敬してもらえるだろう。なんか、星ばっかり見ていて、ドブに足がはまってしまい馬鹿にされた、ギリシャの哲人、ターレスを彷彿させる。ちなみに、ターレスは、それでは、と商売を始めて、才覚で相当な蓄財をし、皆が納得したところで、哲学研究に戻ったそうである。
 こういう水増しした大学院は実は私は歓迎で、会社が定年になって、ある程度のお金と時間の余裕ができたら、三流でもいいので、私は大学院に行ってみたい。学位なんてどうでもよくて、若い人に混じって研究して、長年の人生経験から得た余計な教訓を垂れて、嫌われつつも、飲み会で奢ってあげる、と何人かの学生と馬鹿話できれば、それに越したことはない。

2007年11月28日

リバース・モーゲージ

 新聞によると、リバース・モーゲージという仕組みがあるという。すなわち、定年後生活する人がいて、家と土地はあるけど、老後の手持ち資金が心配、という人向けに、持ち家を担保にお金を貸す仕組みだそうである。
 ただ、持ち家といっても、土地しか対象にならないので、マンションに住む人は無理なのだという。また、受け取れるお金は、土地評価額の70%であるが、基本的に年金方式で、毎年一定額を受け取るのだという。そうして、持ち主が亡くなったら、貸し手(銀行など)は、資産を売却して弁済に充て、残額は、遺産相続人に渡すのだそうである。
 ただ、リバース・モーゲージには、金利上昇リスク、土地評価下落リスク、長生きリスクの3つのリスクがあるそうである。すなわち、銀行は利に敏いので、当然に、金利が上昇したり、土地評価が下落すると、支払う残高を相対的に減らしにかかる。こうして長生きすると、残高が足らなくなって、所有権は最早銀行にある訳だから、逆に払わなくてはならない。
 こういうのを聞くと、あまり積極的に利用する気にはなれない。また、どうしてもリバース・モーゲージと聞くと、米国のサブプライム・ローン問題がちらつく、というのもあるし。

2007年11月29日

今年の人気商品ベスト10

 新聞によると、今年の人気商品ベスト10は、下記のとおりだという。
1.ニンテンドーDS
2.Wii
3.ビリーズブートキャンプ
4.デジタルカメラ
5.大画面液晶テレビ
6.ワンセグ対応端末
7.邦画
8.カップ入りスープ
9.電子マネー
10.エコグッズ
 一位から三位まで、固有名詞で、あとは普通名詞なのが、すごい。これだと、任天堂がぶっちぎりである。ただ、任天堂に対抗すべきソニーのプレステ3の見る影もないのが、寂しい。プレステ2のときは、確かに、任天堂に対してアドバンテージだったのに、何が失敗だったのだろうか。まず、高価格で多機能すぎたことかもしれない。また、ソフトとして新鮮味が出せなかった。任天堂は、Wiiで、加速度センサーを使った新たな世界を構築した。ソニーは、それに比べると、単にCPUの性能が上がっただけ、と言ってよいのではないだろうか。
 ソニーとは関係ないが、Webのニュースで、日本ビクターが大幅なリストラを敢行するという。1100人の希望退職を募ったら、1300人も集まったとニュースにあった。日本ビクターはVHSで一時代を築いたが、時代の流れは速く、かつての勝者が、はっと気付くと、どうしようもなくなっていることがある。
 その点、任天堂はすごい。やはり、自身がゲームおたくである、専務の宮本茂のリーダーシップが偉大なのだろうか。しかし、未来は分からない。分かっているのは、ビクターのように一度落ちると、復活するのが、すごく大変、ということだけである。ソニーは・・・どうなんだろ。

2007年12月 1日

クレイジーソルト

 たまたま輸入用品屋で、クレイジーソルトという調味料を買ってきた。成分はというと、岩塩、ペッパー、オニオン、ガーリック、タイム、セロリ、オルガノだという。生産国はアメリカ合衆国で、もともとの商品名を、"JANES's Krazy Mixed-Up Salt"というようだ。
 用途は、結構汎用で、肉料理、鳥料理、魚料理、サラダ、卵料理、ピザ、チーズ、スープなどに合うという。そこで、実際にステーキに振掛けてみた。すると、これが魔法のように美味い。ソルトといいながら、全然塩辛くない。寧ろ、味としては消え入りそうなので、追加で振り掛けるという次第である。
 サラダにもかけてみたが、これもいける。で、思ったのだが、調味料といっても、タバスコやハバネロのように辛さで、めちゃくちゃ自己主張するものがあるが、クレイジーソルトはこれと対極にある。寧ろ、淡い味わいで、素材本来の美味さを引き立たせる。どうもその秘密は、タイム、セロリ、オルガノなどの野菜エキス成分にあるようだ。クレイジーソルトのラベルには、「シェフの隠し味」というサブタイトルがある。まさにぴったりの言い方である、と思った次第である。

2007年12月 3日

タクシーの値上げ

 テレビを見ていたら、東京都内でタクシー料金が既に値上っており、神奈川県にも及ぶという。すなわち、初乗りが650円から710円で、距離加算が、80円から90円、概算をすると、いままで1500円かかっていた距離だと、1650円かかることになる。すなわち、1万円以上の長距離だと、1000円以上の値上げとなる。また、深夜料金の適用も、夜11時はなく夜10時からの適用となる。呑んで帰る人には、こちらの方が大きいかもしれない。
 このように料金を値上げする理由は、タクシーの運転手の待遇改善と、ガソリン代値上げに対応するためである、という。その理由は分からないでもないが、タクシーが価格弾力性の高いサービスである、ということが忘れられていないか、と思う。すなわち、私もそうであるが、ちょっと歩くのが疲れたとき、タクシーに乗ろうかと思うのだが、ああ、最近値上がったね、と思うと、結構容易に自粛してしまう。こうして、値上げは寧ろ売り上げ減になるのではなかろうか。
 ガソリンは少々値上げされても、車を走らせるためには、購入せざるを得ない。しかし、タクシーは却って苦しくならないか。
 このような価格の決め方をみると、原油価格の決定機構と相俟って、価格決定機構の不可解と不合理を感じる。ミクロ経済学は、いろいろな業種のいろいろな事情をいちいち考慮して理論をつくらないのかもしれないが、実際問題、そこのところは、とても重要である。ミクロ経済学は、大域的・大数的価格しか扱わないのだろうか。

2007年12月 7日

ヤマダ電機の都内進出

 テレビを見ていたら、ヤマダ電機が、池袋に続き、新橋にも開店した、というニュースがあった。ヤマダ電機は、この業界のシェアは15%で、かなりの大手であるが、都内に関しては6%で、しかも、今日本で、消費が伸びているのは、都内だけなのだという。そこで、ヨドバシカメラ、ビッグカメラという巨魁が根を張っている都内であるが、ヤマダ電機が乾坤一擲の勝負にかけた、と見る。
 消費者にとって、こういう風に競争が激しいのは、いいことなのだろうか。値段が安くなっていい、という人はいるかもしれないが、私は寧ろ、過当競争を恐れる。でも、一体何を私は恐れているのか、ヤマダ電機は馴染みの店ではないし、そこの株を保有している訳でもない。
 私は、修羅みたいな資本主義の構図をおぞましいと思うのである。すなわち、ヤマダ電機は、都内に進出する前の段階で、結構業績がよかったと聞く。だからこそ、都内に進出する体力もあるのだろうが、そうやって郊外型の店舗で住み分けて、そこそこ稼いでいればいい、というようにやっていては没落してしまうのだろうか。いけいけで前に行かないと、駄目なのだろうか。私にはどうしても、いけいけで兵站が延びきり、破産した英会話のNOVAの影がちらつく。
 別の観点からいうと、大型店を新設すると、なにしろ店員が沢山必要なので、他店舗からかき集めたり、新規採用したりして、はっきり言って店員の質が揃わない。○○はないの?と聞いても、製品知識は皆無に近い。すると、私的には、とても満足度が低いのである。あまり安くしなくていいから、ゆったりと商品を見て廻れて、商品知識が豊富な店員が、何でも親切に対応してくれる、というところはないかなあ。少なくとも、自宅の近所にあるコジマ電器も、そうではないなあ。

2007年12月10日

人間は、大豆だけで生きていけるか?

 もう25年以上も前だろうか、食生態学者、西丸震哉さんの著書でとても記憶に残っている一節があって、それは、西丸氏がインドに行った時、本当にいろいろな行者に出会い、その中に、引き割り大豆と水だけを食べて生きている人がいる、という記述であった。
 その当時私は独身で、且つ、ここに恥ずかしくて書けないくらいの薄給で、それでいて、飲み代と本代に給料のほとんどを費やしていたので、給料前になると、ほとんど一文無しであった。また、今と違って、土日は、銀行のATMが動いていないので、お金を下ろすこともできない。それで、土曜の朝、財布に500円しかなく、おっと、この土日をどうやって過ごすべぇ、と焦ったことがあった。
 それでとった方法は、インスタントラーメンを買ってくることであった。それが6個あると、とりあえず、土日の三食が埋まる。あと、卵も買ってきて、毎回いれる。それだといかにも栄養のバランスが悪そうで、栄養補充として、当時飲んでいたエビオス錠を多めに摂ることにした。ビール酵母ベースで、ビタミンなど、いろいろな栄養が含まれていそうだからである。
 ところが、日曜日の午後あたりに、どうも気分が異常に悪くなってきた。頭がぼうっ、として、少し吐き気もする。栄養の偏りによる一種の栄養失調なのかもしれない。
 そのような経験をした後で読んだのが、上記西丸震哉さんの著書であって、ハタと手を打った、もしかして、大豆ならよかったのかも、と。ただ、流石に、引き割り大豆というのは、調合が難しい。よって、納豆でどうか、と思い、今に至るまで実験する勇気をもてないでいる。
 私が運良く70歳くらいまで生きれたらやってみたいことは、週末を、納豆6パックだけで暮らしてみることである。まあ、お茶くらいは飲む。それで体は弱るだろうか。案外そうでもないのでは、と思っている。寧ろ、インドの行者のように、霊感や潜在能力が高まる可能性がある。
 じゃあ、70歳と言わず、今度の週末にやってみたら、という声が聞こえそうである。メタボが少し解消されるかも。ただ、なんとなく、まだ勇気が湧かないのである、ほんの微かな勇気なのだが。

2007年12月15日

松茸のお吸いもの

 永谷園の製品に、「松茸のお吸いもの」がある。主要な成分は、食塩、砂糖、鰹節粉、鰹エキス、醤油、ふ、海苔、しいたけ、ねぎ、アミノ酸等調味料、カラメル色素、香料、酸化防止剤、クエン酸であって、よく知られているように、松茸は全く入っていない。それは、景品表示法などの法律に触れないのだろうか。
 調べてみると、松茸の香りの香料は、マツタケオールと桂皮酸メチルらしいが、ここで、香料が化学合成によるものか、ある種の松茸より安価な菌類由来のものかは、表示されていない。
 下記に景品表示法の関連条文を引用した。果たして、「松茸のお吸いもの」が、下記の「一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示し」あるいは、「一般消費者に誤認されるおそれがある表示であつて、不当に顧客を誘引し」に該当するだろうか。この点、「松茸のお吸いもの」が実は、松茸成分を使っていない、ということは世間によく知られており、公正取引委員会も、その点を以って、大目にみている、と思われる。
 それと、よく見たら、「松茸のお吸いもの」ではくて、「松茸の味 お吸いもの」になっていた。昔は確かに、「松茸のお吸いもの」という名前であったはずで、知らないうちにやはり、公正取引委員会の指導があったのだろうか。
 しかし、さらに突っ込みを入れるなら、「松茸の味 お吸いもの」は正しくなくて、「松茸の風味 お吸いもの」とすべきである。そんなことをいちいち追求するほど、公正取引委員会も暇ではない、ということだろう。

不当景品類及び不当表示防止法
第4条 事業者は、自己の供給する商品又は役務の取引について、次の各号に掲げる表示をしてはならない。

一 商品又は役務の品質、規格その他の内容について、一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示し、又は事実に相違して当該事業者と競争関係にある他の事業者に係るものよりも著しく優良であると示すことにより、不当に顧客を誘引し、公正な競争を阻害するおそれがあると認められる表示

二 商品又は役務の価格その他の取引条件について、実際のもの又は当該事業者と競争関係にある他の事業者に係るものよりも取引の相手方に著しく有利であると一般消費者に誤認されるため、不当に顧客を誘引し、公正な競争を阻害するおそれがあると認められる表示

三 前2号に掲げるもののほか、商品又は役務の取引に関する事項について一般消費者に誤認されるおそれがある表示であつて、不当に顧客を誘引し、公正な競争を阻害するおそれがあると認めて公正取引委員会が指定するもの

2007年12月19日

タクシーの新料金

 先日、久々にタクシーに乗った。すると、初乗りが、650円から710円に値上がっていたので、運転手に、少し乗り控えで、売り上げ減っていませんか、と水を向けてみた。すると、運転手が言うには、忘年会シーズンで、呑んだらタクシーに乗るパターンなので、今は特に減っていません、という。
 それで、タクシーの運転手が続けていうには、お客さん、実は、これって値上げてではないのですよ、と説明する。ええっ、と私は聞き返した。すなわち、説明によると、値上がったのは、初乗り料金と、深夜料金の適用が、夜11時でなく夜10時からになったことだけです、という。確かに初乗り料金は、60円値上がったが、距離加算は、80円/270mから、90円/330mになった。また、深夜加算も、今までは3割増しだったのが、2割増しに下がったという。
 こういう経緯から計算してみると、値上がるのは、走行距離が3キロ以内のときと、夜10時から11時までの間で、深夜終電がなくなってタクシーで帰宅する人の場合、むしろメリットなのだという。
 新聞で読んだとき、こういう説明は全くなく、ただ、給与水準が低いので値上げするということと、値上げすると寧ろ客離れを起こして、売り上げが減るかもしれない、という現場のタクシードライバーの懸念が書かれていただけである。
 こんな値上げなら、なぜタクシー協会はあえて敢行したのだろう。タクシーの台数が増えすぎたので、売り上げを減らしてリストラの口実にしたいのだろうか。ともかく、あまりにも不透明な料金体系の変更である。

2007年12月24日

吉林省

 先日、仲のよい友人と、久々に、新宿に呑みに行った。新宿駅東口の、どこかのビルの5階の、本当にどうってことない、大衆酒場である。
 そこで、注文をとりにきた女性を見て、なぜか、ああっ可愛い、と心の中で叫んでしまい、とても意外だった。なぜ意外かというと、私は、歳のせいもあって、女性をみて心ときめく、ということがすっかりなくなっている。極論を言うと、道でもし、滝川クリステルとすれ違っても、あまり気にしないかもしれないほどである。
 それで、注文をとるとき話してみると、どうも日本人ではない。聞くと、中国人らしい。吉林省の出身である、という。それで、つい、6年前に、北京に出張に行ったことを思い出した。時間があったので、北京の銀座みたいな繁華街を歩き、いろいろな店をのぞいた。道すがら、いろいろな人に会った。しかし、いまよりも、もっと感性がみずみずしかった6年前でも、北京の街中で、女性にすれちがっても、なぜか心ときめかなかった。膨大な人ごみの中には、確かに、女優みたいな美人もいたと思うのだが。
 それで、上述の大衆酒場に戻るが、呑みながら、つい気になるので、当該のウエートレスさんの方をちらちらと、眺めてしまっていた。そして、酔っ払っているせいもあって、また、遅くまで呑んで、もうあまりお客さんも残っていないせいもあって、そのウエートレスさんに、帰り際、「やあ、あなたは本当に美人ですね。」と余計なことを言ってしまった。こんなシチュエーションで、こんなことを本人に告げたことなど、今まで一度もない。そもそも、私はナンパなどするタイプでは全くない。だから、今更に自分の心理が分からない。
 それで後日、吉林省はどこにあるのだろう、と地図で確認すると、なんと、北朝鮮と隣接している。それで少し合点がいった。というのは、私は、昔から、男女を問わず、韓国の人に、とても親しみを感じてしまうところがある。女性に対しても、恋愛感情というよりも、百年ぶりに会った懐かしさ、みたいに感情を覚えてしまう。だから、くだんのウェートレスさんは、吉林省出身ということで、朝鮮民族の血が濃厚に流れている、という可能性はある。
 こういう韓国びいきの感情は、私だけではなく、日本人に結構共通なのではあるまいか。というのは、いまだに日本で、ヨン様だのチェ・ジウだの、イ・ビョンホンなどと、韓流スターの人気は、衰えることを知らない。
 こういうことから、やはり、日本文化も、日本語も、朝鮮半島から来たウラル・アルタイ語系が90%で、残り10%が、ミクロネシア、タミール語、ドラブィダ語などの南方系のミックス、と考えるのが妥当なような気がする。

2008年1月24日

仕事と家事の両立

 仕事と家事の両立というと、普通、仕事をもつ主婦のことだと思う。ところが、東レ経営研究所社長の佐々木常夫さんは、35歳の自閉症と長男と、鬱病の妻を抱えて、家事を一手に引き受けつつ、仕事もきちんとこなし、同期トップで取締役に昇進したのだという。なんか、聞くだけで、一介のサラリーマンである私には、気が重くなるような話である。では、どうやって、そのようなすさまじい両立を果たしているのだろうか。
 先ず、その第1は、仕事と家事両方に、徹底的に計画と効率を考えることだという。言い換えると、仕事をやるように家事をやる、ということか。
 佐々木さんの1984年当時の日課は、次のとおりである。
 5:30 起床、弁当と朝食をつくる
 7:00 自宅を出る
 8:00 会社到着
18:00 会社出発
19:00 帰宅、夕食作りと弁当の下ごしらえ
20:00 夕食と後片付け
21:00 持ち帰った仕事をこなす
23:00 就寝
 先ず、必ず18:00に仕事を終わる、というのがすごい。ミーティングが入ることはないのか。でも、私は18:00にきちんと帰ることは少ないけど、あまり圧縮して仕事をしていないかも。
 ただ、会社組織なので、きちんと会社に説明しておくことが必要である、という。すなわち、家庭の窮状をきちんと会社に話して理解を求める。また、上司とコミュニケーションを密にして、相談と提案をする、ということである。
 普通は、こういう状況だと、出世は諦めて、閑職に回してもらう、としたものだろう。しかし、悩んだ結果、厳しい仕事が自分を確かめる原動力になったという。ううん、そんなもんかな。そういう方針って、結構リスクが大きいのでは。たまたま、うまくいっただけではないか。
 また、佐々木さんは、「平日、家事にかかわれないお父さん。土日は疲れているなら、それは余計な仕事をしているから。」というけど、それもちょっと言いすぎでは。本当にどうしようもないサラリーマンは、一杯いる。
 で、結論としては、佐々木さんの計画能力は、抜群である。その合理性を仕事と家庭の両面に活かして、両立させた。そこまでできる人は、極めて稀であろう。ただ、会社のよき理解があった。また、ご本人がなにより健康であった、ということである。でも、世の中に凄い人はいろいろいるけど、やはりこの例は凄い。頭が下がる。

2008年1月31日

中国製食品

 昨年末から今年にかけ、千葉県や兵庫県で、中国製のギョーザを食べた人のうちの10人が、激しい中毒症状を示したという。何人かは、意識不明の重体になった。原因は、ギョーザに使われていた野菜に含まれていた、有機リン系殺虫剤のメタミホドスが原因のようである。可能性としては、中国の栽培農家で有機リン系殺虫剤を使い、ギョーザを作る製造工程で、十分野菜を洗浄しなかったものとおもわれる。
 と推定し、新聞をさらに読み進めていくと、「製造過程で農薬が混入した疑い」とある。えっ、野菜の栽培で防虫に農薬を使うのは分かるが、どうして製造過程で農薬を使うことがあるのだろうか。
 それで思い出すのは、昨年12月の、即席麺毒死事件である。この事件が、故意であるのか、過失であるのか、その後フォローしていないので不明であるが、1つ言えることは、中国国内で、食品における農薬や毒物に対する扱いが、杜撰なところがあることである。
 しかし、日本の食糧自給率に鑑みると、中国からの食品輸入に依存することは必須である。すると、当然であるが、中国からの輸入食品に対して、薬物も含め、検査体制を強化する必要がある。
 それにしても、垂直分業でめざましい経済発展をとげている中国であるが、こういう現状をみると、インフラはどうなのか、と疑問をもってしまう。少なくともこういう杜撰なことは、日本ではありえないからである。

2008年2月 4日

Major common, minor specific

 Major common, minor specificとは、私の造語であり、意味不明かもしれない。和製英語にすらなっていない。では、どういう意味を意図しているかというと、次のとおりである。
 数年前、テレビを見ていたら、あるシリコンバレーの先端技術の会社の様子が特集されていた。そこは、ソフトウェア技術のスキルで売っているところで、ハーバード大学のPhDだの、スタンフォード大学のPhDだの、ごろごろいる。よって、少なくとも学歴に不足はない。
 ところがである、能力的にも人格的にも、特に問題がないようなそういう高学歴の社員が、次々にリストラになっていくのである。理由は、インドで同様の研究開発ができるので、そちらでやらせた方がはるかに安い人件費で済む。私の造語では、そういうソフトウェア技術を、major commonと呼ぶ。すなわち、世界のどこでも、能力があれば高いレベルに到達できるようなことを専攻していると、job securityがあやしくなる、ということである。数理科学というか、情報科学は、特にその傾向が強いようである。このwired societyにあって、コンピュータは安価、関連情報はほとんど只、美人/秀才稠密の法則によって、世界のありとあらゆるところに秀才は出現し得るからである。
 では、どういう生き方がよいのか。例えば、浅草あたりでおでんやを営むとしよう。すると、インド人や中国人が進出して、どんどんおでんやを営み、営業妨害する、という状況は、きわめて考えにくい。よって、すくなくともおでんやは、major commonではない。これを私の造語で、minor specificと呼ぼう。すなわち、多くの例外を含みつつ、minor specificを職業にすると、栄光はないかもしれないが、華々しくないかもしれないが、他人から職分を侵されないで、地道に生きていきやすい。ところで、major commonを追われた研究者たちであるが、なかなか仕事がみつからず、渋々であるが、数学の家庭教師の職を見つけて、糊口を凌いでいた。こうなってくると、major common < minor specificの逆転現象がおきる。
 それでは、競馬の穴狙いではないが、最初からminor specificを狙うべきか、というと、そういう生き方もあるが、私はお勧めしない。というのは、単に人がやっていない、という理由で選んだ仕事が、好きでなかったらどうするか。薄給で、好きでもないことが続くはずがない。
 すると、昔から言われているように、major commonだのminor specificだの関係なく、自分の好きなことを先ず、選ぶべきである。それでやってみたらどうもそうではない、ということもあるので、数回の調整は必要であろう。そうして、証明はできないが、なんとなく嫌でなく、そこそこ自分が才能が発揮できる分野、というのは、必ず1つくらいはあるものである。ここの「なんとなく嫌でなく」が「大好き」でなきゃあいけない、なんて言わないでほしい。「なんとなく嫌でなく」できているなら立派なものである。
 それでも、なにかの間違いで、ワーキングプアになることはある。でも、それも仕方ない、というのは、絶対に癌にならない生き方なんてないのであって、同様に、絶対にワーキングプアにならない生き方もない。それでも、愚痴をいいながら、でもぎりぎり犯罪は犯さず生きていければ、ああなんと立派な人生なんだろう。

2008年2月17日

聴き舎

 買春街と呼ばれた、横浜の黄金町で、ひたすら人の話を聴く、「聴き舎」を営んでいる人がいる。田村禎史さん、32歳。一浪して慶応に入ったが、自分の生きたい生き方をそこで見つけられず、中退していろいろな仕事を転々とするが、次第に無気力になって、26歳の頃、仕事をしなくなった。そんなとき、父親の友人が話を聞いてくれたのが、救いになったという。
 今まで対応した人から聞く話の話題は、借金、行政対応、政治不信は様々に及び、年齢も20代から80代と様々。基本的に、聞き役に徹し、助言はしない。そもそも、いろいろな話題に助言は軽々しくできないであろう。
 確かに、私も悩んで、友人に話を聞いてもらいたいと思ったことは何度もある。でも、大抵の友人は、良かれと思って、いろいろと口を挟んでくる。これがいいよ、あれがいいよ、もっと元気出せよ、お前より大変な人はいくらでもいるぞ、人生そんなネガティブじゃ駄目だ、等等。で、結局、とりあえず聞いてもらいたいという願望は叶えられない。でも、逆に、私がどんな聞き手であり得たか、と考えると、やっぱり似たようなものかな。話し手の軽い失望を感じ取れるほど、私は敏感でなかったような気がする。
 だから、「聴き舎」は貴重である。一対一で、30分で、1000円。なんだ聞くだけで1000円なんて高いじゃん、と思うかもしれないが、実際に聴く側になってみると、意外に重労働である。
 逆に言うと、こういうことを商売として、半ばボランティアでやることの需要があるほど、世の中が荒んでいるということである。銃の乱射事件は、その1つのあらわれである。

2008年3月10日

新装開店

 前にも書いたが、私には8歳年下の弟がいる。兄弟なのに全然性格が違い、私が本が好きで、いつも静かに本を読んでいるタイプなのに対して、弟は基本的に勉強が嫌いで、ほとんど教科書を開くこともなく、遊びまわっていた。それで、地元の県立高校の園芸科を卒業するとき、うちの親に、勉強が嫌いでも、大学くらい出とくか、と聞かれた。一応、推薦で入れる大学はあったのである。
 そこで、4年間遊ぶために大学に行くというオプションはあったと思うが、弟は、0.1秒も迷うことなく、大阪にある辻調理師学校に行く、と答えた。誰の影響を受けた訳ではなく、小さい頃から、弟は、将来は板前になる、と決めていたようだ。
 辻調理師学校の1年のコースを修了すると、奈良にある菊水楼という日本料理の料亭に就職した。なんでも関西で指折りの名門で、兄貴の安月給でオーダーできるような料理はない、と言われた。
 弟が言うには、名門の料亭は、とてもしつけが厳しく、最初は、雑用ばかりでほとんど料理を作らせてもらえない、という。また、ヘマをすると、腹を蹴られるなどの暴力はざらである、という。それでも、弟は、立派な板前になるという夢があって、そういう辛い修行から逃げようと思ったことはない、という。
 そこで10年くらい修行して、そこそこ、料理も任されるようになったとき、そもそも、兄貴が東京にへばりついていて、地元に帰ろうとしないものだから、弟は、菊水楼を辞めて、地元の福山市に戻り、そこで地元の料亭に就職した。菊水楼で修行して、地元に戻ってみると、そのレベルの差に唖然とし、カルチャ・ショックだったようである。いろいろな理由から、福山市の料亭を転々としたが、辻調理師学校を卒業してから20年以上がたって、やっと、念願叶って、自分がオーナーの店をもつことになった。場所は、福山市東深津町1丁目、というところにあって、店の名前は、「温石」と書いて、おんじゃく、と読むそうである。18席のこじんまりした店であるが、もともと知り合いが最近までそこで料亭をやっていて、知り合いがもう引退するので、ということで、そのまま横滑りに店をひきうける。従って、うまくいけば、前の顧客をそのまま引き継げることになるが、果たして、そううまくいくか。
 兄弟なので、私は、その料理の腕前に客観的にはコメントできないが、生まれてから他の稼業は考えたこともなく一心でここまで努力してきただけあって、少なくとも、料理に迷いはない。
 会社の接待なども減っているこの不景気な時代に大成功は望めないと思うが、とりあえず、破綻しないで経営できれば、と願っている。

2008年3月20日

京都府警ハイテク犯罪対策室

 新聞によると、京都府警ハイテク犯罪対策室の室長に、小山雅子さんという女性が任命された、という。小山さんは、同志社大学文学部卒、京都府警が30年ぶりに採用した女性警察官なのだという。そういう珍しい存在なので、とても大事に育てられた。初めての女性派出所長、女性警部、女性所轄所長、と初物ずくしである。この人は、それなりに優秀だったと思うが、女性管理職重視の時代の流れもあったと思う。
 ところが、京都府警ハイテク犯罪対策室となると、これはなにしろ、全国的な名門である。私のブログのWinnyの顛末でも書いたが、Winnyは、他では対応できないので、わざわざ京都府警が相談を受けたほどである。
 ところが、ご本人は、「インターネット、メールができる程度」という。文系の経歴をみてもそうであろうと思う。本人は、謙遜もあって、「明るく、楽しく、一生懸命やるだけ。これまでのやり方を変えるつもりはない。」と言うが、ちょっと待ったである。ファイル交換ソフトでの著作権侵害や、その他のネット犯罪を取り締まるためには、かなり深くて広いWebとコンピュータの知識を要する。すなわち、IPアドレスの概念、DNS、NAT、ファイアーウォール、セキュリティーホール、RSA暗号、サイバーテロ、等である。この業界で長年飯を食べてきた私でも、日々不勉強を感じる。
 それだけではない。サイバー犯罪を取り締まるには、刑法と著作権法の深い知識が必要である。刑法は、長年捜査を経験しているのでお手の物であろうが、特に、インターネットがらみの著作権法となると、弁護士でも、専門家は数えるほどしかいない。例えば、小倉秀夫弁護士、松田政行弁護士などである。また、ダウンロードの違法化など著作権法改正が頻繁で、判例がとても若い分野である。そういう、広大な海原みたいな分野であることを知っているなら、「一生懸命やるだけ。これまでのやり方を変えるつもりはない。」というコメントはないはずである。
 ところで、初めて仕事で米国出張したとき驚いたことがある。空港で、荷物のトレーラーを運転する運転手のほとんどが女性である、ということである。それで、ああこれが、男女平等ということなのだ、と感じた。そういうことであるなら、小山さんは、技術と法律を猛勉強して、京都府警ハイテク犯罪対策室の新しい伝統を作ってほしいと思う。今後必要な管理職は、専門知識でリードするタイプである。調整型の管理職はだんだん意味がなくなる。というのは、進歩してきた情報コミュニケーション技術が調整を補うからである。ましてや、単なる広告塔では、もっと意味がない。えっ、ちょっと厳しすぎる?
 女性にはつい甘くなるので、わざと厳しく書いてみた次第である。

2008年4月 9日

良品は遍在する

 今朝、食事をしながら、ふと思った。食事は例によって納豆と、メカブである。メカブは、最近特定のスーパーで、湯通ししてわかめの根っこから切り出した原形のまま売られている。それを、色が緑色になるようにさらに湯通しして、細かく刻んで、納豆にまぜて食べると最高である。大豆たんぱくと、海藻成分のアルギニンやフコイダンも豊富で、健康にもいい。ところが、こんな味も栄養も優れた食べ物なのに、納豆もメカブも実に安い。それでふと思ったのは、世の中で、本当にいい物は、安くて、世間のあちこちに遍在している、ということである。それを、無理やりレアものの価値を高めて、プレミアをつけ、レアもので着飾り、レアものを食べないとセレブでない、と喧伝するのは、優れて資本主義の仕組みである。
 それでは、資本主義が世の中に跋扈して、人類は資本主義に利用されて踊らされているのか、というと、それは違うと思う。例えば、秦の始皇帝は、絶大な権力を握ったのに、それだけでは満足できず、永遠の命を得るために、不老長寿の薬を求めて、部下をあちこちに遣った。要するに、霊験あらたかなるレアもの探しである。もちろん、そんなものはありしはないが、それでも、賢しい部下は、はい、これでございます、と差し出して、褒美をもらった者もといたもしれない。すると、資本主義が生まれる前に、レアもの探しの本能が人間にあり、そをシステマチックに駆動するために、資本主義が案出された、ということになる。欲望鼓吹マシーンである。その点で、資本主義は、あまり上品でない男性週刊誌と何も変わるところがない。
 例えば、男性週刊誌には、絶世の美女と称して、ヌードグラビアがある。しかし、良品は遍在するの法則の下に周囲を見渡してみるがいい。周囲の女性とほとんど本質的な違いはない。その違いを生み出すのは、絶世の美女自身の容姿にあるのでなく、敵は本能寺ならぬ、敵は己の心である。心がすっかり資本主義で染め上げられてしまっており、その宿痾が、心を、嗜好を、歪ませる。
 で、私が言いたいことは、フォアグラよ、キャビアよ、ダイヤモンドよ、金の延べ棒よ、分を知れ、汝は、納豆やメカブと大差ないのだ、ということである。ただ、この命題ほど、だからどうしたという反応を呼び起こすこともないのであるが。

2008年4月15日

悪酔いについて

 最近、友人とふと、酒に酔っ払うことの話をしたので、それに関して若干のコメントを書く。私は、父親の遺伝もあって、結構酒が好きな方である。私を知らない人は、私のことを酒豪と勘違いする人もいるが、そんなことはなくて、私の飲み友達は、私が寧ろ平均よりも少し弱い程度の酒飲みであることをよく知っている。だいたい、日本酒でいえば4合程度呑むとかなり、よっぱらう。私が生涯で、一晩で一番呑んだのは、21歳の頃である。実家に友人三人が来たとき、つい盛り上がって、私だけでも日本酒二升を飲んだ。私の酒の強さでいくと、あれは相当無理で、急性アルコール中毒で死んでいても文句は言えないところである。そのときは流石に、親に厳重に注意され、逃げるように、実家から下宿に戻った。1週間くらい一切、酒を飲む気がしなかった。
 それで、沢山飲めば飲むほど悪酔いする確率が高まる、というのは、ほとんど数学的な必然であるが、当然ながら、悪酔いするためのパラメータは、酒量だけではない。
 一番悪酔いする酒は、不愉快な気分で飲む酒である。例えば、最初に入った会社は、上司と喧嘩して2年半で辞めたが、そのとき部長に慰留され、飲みにつれて行かれて、いろいろ話していると余計に不愉快になって、やけになって飲んだら、意識を失っていた。起きたら、私のアパートに寝かされていた。二日酔いで頭が割れそうだった。どうも、誰かが私をアパートまで連れていってくれたらしい。当然に、それは女性ではない。
 別のひどい悪酔いは、仕事のあとの誰かの送別会のことである。送別会まで時間があるとオフィスで待っていたら、同僚がパソコンのセットアップを応援してほしいという。それで、OSを導入して、データをコピーして、終わろうとしたら、同僚が言うには、自分の超重要なパーソナルデータのフォルダがない、という。で、もとのパソコンをみてみてたが、そちらにもない。自分の大事なデータを消してくれて、どうするんだと責められて、腹立たしいやら情けないやら、なんとも言えない不愉快な気分になった。それで、数十分パソコンを見ていたら、別のフォルダの中に間違えてパーソナルデータのフォルダがあり、安堵した。しかし、もうすっかり送別会には遅刻してしまった。駆けつけると、食べ物はもう少なくなっていて、酒だけがあった。こういう不愉快な気分の後の酒は、一気に悪酔いさせる。このときも、どうやって帰ったか記憶にない。ただ、自宅には着いたようだった。
 また、楽しい酒も、却って悪酔いする。弟が結婚するとき、私の自宅で宴会をした。すると、弟の友人がとても高級な日本酒をもってきてくれた。それが口当たりがよくて飲みまくっていたら、これも意識を失っていた。しかし、次の日、誰かが言うのは、私は、とても上機嫌で、柏原芳恵のハローグッバイなどを歌いまくって、一人で盛り上がっていたらしい。しかし、次の日の弟の結婚式は、ひどい二日酔いで悲惨であったことは、言うまでもない。
 このように、気分が高揚したり落ち込んでいるときは、どうも悪酔いする傾向がある。
 ところが、最近はなぜか、あまり悪酔いすることがない。飲んでいる最中はそれなりに酔っているはずなのだが、帰路にはもうかなり醒めてかけているように感じる。体調がいいかというと、そうでもない。寧ろ、ずっと体の芯が疲れている気持ちが抜けない。そういう話を友人にしたら、それは寧ろ発散しないので、余計に肝臓に負担をかけているのではないか、と言う。確かに、精神的にちょっと最近、鬱屈している面もなくない。そういえば、疲れているはずなのに、朝早く目が覚めたりする。すると、ちょっと意外だが、悪酔いするくらいの方が体調がいいのだろうか。もしそうだとすると、随分な逆説である。
 また、以前ヨガを習っていたとき、その講師が言うには、ヨガをして体調がよくなると、刺激物が食べれなくなり、また、少しの酒でも酔っ払うので、酒が寧ろ飲めなくなるのだという。これは、ある意味、友人の言うことと符合する。
 一方、疲れていたり健康でなくなると、却って酒が進んでしまう、ということがある。だから、健康と酒の関係は、どうも今もってよく分からないでいる。

2008年4月25日

黒酢にんにく

 Webを見ていたら、サントリーが「黒酢にんにく」という健康食品を販売しているという。黒酢というのと、にんにくが、青森県の福地ホワイト六片というと、これは「やずや」のパクリではないか、と思ってしまった。
 そもそも。こういうカプセルタイプの健康食品を通信販売する、というビジネスモデルは、やずやが最初ではないだろうか。また、その最初の商品が、「香醋」であった。それは、中国産であって、中国の友人に聞くと、香醋と呼ばれる黒い酢は、家庭でとてもポピュラーなのである、という。酢が健康にいいことは昔から知られているが、それをそのまま飲むのは刺激が強すぎるので、香醋を乾燥濃縮しカプセルに詰めたのが、「やずやの香醋」、爆発的には流行しなかったが、独特の丁寧なマーケティングでシェアを拡げ、今では「やずや」は、押しも押されもしない健康食品通販の会社となった。私はなぜか、「やずやの香醋」の初期の頃、すなわち、2002年頃からのファンである。今では、「やずやの香醋」と「雪待にんにく卵黄」を定期購入していて、「雪待にんにく卵黄」が、福地ホワイト六片を使っているので、上述のサントリーの「黒酢にんにく」をみて、ついパクリでは、と余計なことを考えてしまった。長年の「やずや」ファンなので、つい情が移っている。あと、これきあんまり関係ないかもしれないが、「やずや」の本社所在地の福岡市南区が、私が大学に入って最初に下宿した場所なので、なんとなく懐かしく感じる、というのもある。
 それで、「やずやの香醋」と「雪待にんにく卵黄」がどれくらい効果があるか、という話だが、そもそも単なる健康食品であって薬ではないので、分からないとしか言えない。確かに、ここ数年、ほとんど風邪を引いたことはない。病気で会社を休んだこともない。しかし、もともと風邪は引きにくい体質なので、あまり関係ないのかもしれない。
 ところで、そもそも「やずや」がやっているようなビジネスモデルを知的財産的に保護することは難しいので、「やずや」の成功をみて、沢山の会社がこの分野に参入してきた。だいたい、黒酢系と、にんにく卵黄系が主流である。私はそういう現状をみて、過当競争で、やずやは、潰れてしまうのではないか、と危惧した。サントリーなどの大手も参入してきたからである。ところが、いまのところ、やずやの経営が傾いているとは聞かない。特に値下げで対抗することもしていない。
 それで感じたことは、「やずや」の巧まざるマーケティング戦略である。何度か電話でオーダーしたことがあるが、普通のおねえさんが普通にしゃべっているだけ、という感じで、特に応対に訓練を受けているという風ではない。しかし、妙にがつがつしていたり、慇懃無礼でなく、安心して話せるのである。送られてくるパンフレットや月刊誌も、決してセンスがいい訳でもなく、奇抜でもないが、なんとなくほのぼのしていて、安心感がある。各社は、表面的なビジネスモデルとして、「やずや」に倣っても、こういう「普通感」は、出せていないのではないだろうか。それで、もちろん嫌になって購入を中止する人も他社の商品に乗り換える人もいるだろうが、平凡な安心感が魅力で、私のように惰性で続けている人が結構いて、安定した経営となっているのではないだろうか。

2008年5月 1日

暫定税率復活

 案の定、ガソリン税の暫定税率が復活することとなった。これを受けて、昨日今日で、とりあえず安いうちにガソリンを満タンにしておこうという車の列が、ガソリンスタンドの前に並ぶ光景をあちこちでみかけた。よく経済学の法則は、個々人にはあてはまらないと言われるが、こういう光景を見ると、経済学の法則は、統計物理学が個々の分子について言えるよりもずっと確かに、個々人の行動について説明ができそうに思われる。そうやって分かったようなことを言っている私も、昨日の早朝、ガソリンスタンドに行って、混む前にすかさず給油してきた。まだ半分も減っていなかったが、満タンにすると、21リットル入った。もしリットル30円値上がると、600円程度儲かったことになる、しめしめ。こんな計算をみんながやっているに違いない。
 昨日行ったガソリンスタンドの店員に、5月からびしっと値上がるんでしょうかね、と聞いてみたら、さあどうなんでしょう、と寧ろ困惑気味だった。ガソリンスタンドにしてみれば、自分達のせいではないのに、5月から急に値上げして、買い控えされたりして、混乱するのは嫌だ、みたいな雰囲気だった。少なくとも、暫定税率復活を歓迎する風ではない。
 さて、5月から暫定税率復活だそうだが、ガソリンスタンドにとって困るのは、4月中に仕入れた在庫分は、追加課税がないので、安く売れる、ということである。すると、あるガソリンスタンドは、他とは独立に安く売って、ある意味出血サービスで客を引く、という戦略をとるか、赤字売りを嫌って早めに値上げし、そっぽを向かれるか、余計なことに頭を悩ませなくてはならない。流石に会計上、安く仕入れたガソリンを高く売ったとしてもそのことはなかなか、税務署にも細部は不明かもれない。
 今更本題だが、不満なのは、追加のガソリン税が何に使われるのかが不明である点である。まさか、国土交通省の職員の日々の意味のないタクシーチケットに消えているのではないよね、と月並みなことをふと感じる次第。

2008年5月 8日

船場吉兆

 私が勤務している会社が、いまよりもずっと財務的に余裕があった10年以上も前のことだが、京都のヒルトンだったかで、米国から偉いマネジメントの人も招いて、セミナーと称して、催しを行ったことがあった。そのとき、たしか、「美濃吉」だったか、懐石料理のコースを会社の経費で食べることができ、大層うれしかった記憶がある。
 それで、今、福山市で「温石」という料理屋のオーナーをやっている弟は、当時、奈良の菊水楼で修行の身だった。そこで、何かの機会に、弟に、美濃吉で懐石料理のコースを食べた、と話したら、弟は、ああ、と言って、あそは、まあまあかもしれないが、関西では大したことはない、とコメントした。弟曰く、料理の修業の一環で、いろいろな料亭に食べにいくことがあり、よって、大体ランキングが頭に入っているのだそうだ。
 では、どこが一番かと聞くと、ほとんど迷うことなく、それは吉兆である、という。関西だけではなく、全国的にもぴか一である、と。そして、自分が勤めている菊水楼は、だいたい関西でナンバー3ではないか、と付け加えた。ただ、と弟が言うには、吉兆はナンバー1の名声に驕っているところがあるのではないか、だから、本当に一流の料理を出すところは、吉兆ではないかも、分からないけど、ということだった。
 そういう背景があって、吉兆の、昨年の「賞味期限ラベルの貼り替え」や、今回の、前のお客の「手つかずの料理の使いまわし」の事件を聞くと、ああ、弟が危惧していたナンバー1の驕りが深く静かに進行していたのだな、と今にして改めて感じる。
 「手つかずの料理の使いまわし」については、別の機会に弟と話したことがある。沢山の料理が出る懐石料理だと、明らかに手付かずのまま残る料理が結構あるよね、と弟に聞いたら、そりゃあそうだ、という。で、私は、素人考えで言った。そういう手付かずの料理なら、使いまわしても分からないよね。そう言ったら、温厚な弟がとても不機嫌になった。ばかなことを言うんじゃない、分かるとか分からないの問題ではない、そんなことをしたら料亭の品位がふっとぶ。座敷から引き上げた料理は、どんな状態にあっても、必ずずべてそのまま廃棄するものであって、もちろん、自分たちがまかないで食べまわすこともない、ときっぱり言った。
 だから、船場吉兆の料理使いまわしの件は、料理人の世界では、ほとんど野村證券のインサイダー取引並にあってはならないことのようなのである。ここで示唆的なのは、船場吉兆が料亭界のナンバー1の名声を誇ってきており、一方で、野村證券が証券界のナンバー1の名声を誇ってきたことである。よって、かなり明確に言えることは、船場吉兆は、大企業病に陥り、社長は下手な目先の利益に拘るために、使いまわしや賞味期限の偽装を指示した、ということである。考えてみると、料理の使いまわし、というのは、内部の料理人が告発しないと絶対に露見しない。よって、現役であれ、元従業員であれ、吉兆の従業員が、マスコミなどにリークしたに違いないと思われる。あるいは、大企業病と不透明あるいは不公平な人事はリンクしているので、人事的に冷遇された者による告発とみることもできる。
 ここまで名声が落ちた吉兆は、どうするのだろう。もともと料理というのは、野球や将棋などの勝負事のように、負けても再び勝ち続けることで、評価を短期間に回復できるようになっていない。だから、弟がいうように、食べ残しの使いまわしなど品位に悖る行為に異常に神経質になる。ナンバー1の名声に驕らないことは、あまりにも難しい。

2008年6月 5日

ミシュランその後

昨年の11月、東京ミシュランとして、このブログでミシュランのことに触れたが、昨日の新聞に、「ミシュランその後」という特集があったので、メモしてみる。

まず、「ミシュランガイド東京2008」には、星付きの店が150店掲載され、そのうち三ツ星は、8点あるという。これは、パリの9点についで多いという。東京よりもニューヨークのような気がするが、ちょっと意外である。

では、「ミシュランガイド東京2008」に載った効果はどうか。例えば、三ツ星がついた、「鮨 水谷」では、若い人や外国からのお客様が増えた、という。これは至極当然。すなわち、東京のレストランをよく知らない人が、接待したり、有名レストランを訪ねてみようとしたら、「ミシュランガイド東京2008」にしたがって選ぶのが無難である。ただ、「鮨 水谷」では、酒類などの売り込みも多いという。これも当然。営業のターゲットになるのは避けられない。あと、ホテルを通じての予約が増えたというのも、当然。一方で、客層が変わり、キャンセルも増えたという。これは、有名であるがゆえに、軽い客が安易に予約する、ということである。まあ、仕方ない。別のミシュラン星付き店では、客の質が下がったことを嘆いているという。それもまた、仕方ない。

その「客の質が下がった」という点では、一般論であるが、口コミや自分の足で探した店でなくて、「ミシュランガイド東京2008」でレストランを探すような人は、勝手知らない外国人でもない限り、自分で判断しない、ちょっとミーハーな人なのではないだろうか。

私のようなグルメではないが、自分の判断や感性を大事にしたい者にとって、「ミシュランガイド東京2008」にしたがって安易に店を探すなんて、ちょっと苦痛である。何が苦痛だって? あ、財布なんだけど。だって、ミシュランに載るところなんて、高いに決まっている。私には。無理。

ところで、最近、実家の父が、私の弟がやっている「温石」という料亭を訪た。すると、なにやら、女性のライターが来ていた、という。なんでも、ある雑誌に、弟の料亭を紹介するとかで、弟は、ライターの女性を丁重に扱っていた、という。実際、私は大学を出てずっとサラリーマンで、自営業をやったことがないので、客が来なくて干上がるという恐怖感を知らない。弟が言うには、まだ軌道に乗ってないそうであるが、その前段階にいくまでも、一日も客が来ない日もあったりして、やきもきしていた、という。だから、雑誌に書いてくれるというライターのような存在は、とてもありがたいらしい。その際、どういう仕組みか知らないが、少なくとも、一番よい料理をライターに振る舞い、ライターはそれを写真にとっていろいろい記事に書くのだろうが、そこで、料理を振舞う以外にも、心づけなど渡すなだろうか。多分そうなんでろうな、と思う。それでライターは、いろいろなレストランや料亭を、文字通り食い物のして生きているのだろう。

そういえば、三ツ星の1つ、「すきやばし次郎」がテレビで放映されていたとき、店主にべたっと寄り添う初老の男性がいて、なんでも、料理評論家なのだという。そういう人が面白ろおかしく紹介するから、すきやばし次郎が三ツ星にあげられる訳で、すると、料亭にしてみれば、ライターさまさま、料理評論家さまさまではないか。

するってえと、三ツ星てえのも何かい、出来レースかい、と思いたくなってしまう。では、弟には悪いが、料亭やレストランというのも、ある程度は、結局は虚栄と思い込みの産物、ということにならないか。もちろん、その虚栄を演じるために長い修行が必要であることは認めるが。そうでなきゃ、超一流と呼ばれた船場吉兆が、一瞬にして瓦解してしまうはずがないのである。

2008年6月10日

タバコは神様の贈り物?

だいたい新聞の書籍広告は隈なく見るが、医学博士橋内 章著、「タバコは神様の贈り物?」真興交易医書出版部 刊と、同「酒・タバコって本当に悪いの?」は、思わず目を引いた。すなわち、飛行機でもタクシーでも、ほとんど全面禁煙になりつつあるのに、いまどきこういう本が出るのか、とむしろ興味をもった。

もちろん買う気などさらさらないので、広告の範囲で紹介すると、「タバコは神様の贈り物?」の方では、タバコを吸うことが男のステータスである、タバコを吸わなくなったことが人口減少の理由である(おそらく、タバコが性欲を刺激するとか、精子を活発化するとか、そういうことがいいたいのだろう)、嗜好品として至福の人生につながる、とか、そういうことが書いてあると推察される。

一方、「酒・タバコって本当に悪いの?」の方は、酒とタバコとどっちが悪いか、お酒は体によい、お酒は心臓病の予防効果、やっぱり赤ワイン?、タバコの害、タバコをやめると太る、タバコの利点-脳細胞とニコチン、ニコチンは知的能力を高める、タバコをやめるべきか、喫煙は寿命を縮めない、とある。

筆者は国立大医学部卒の麻酔医で喫煙者であるという。それはともかくとして、こういう表題だけ眺めていると、まるっきりトンデモを語っているようには思えない。というのは、私はタバコは吸わないが、酒は好きだし、コーヒーは軽い中毒といってよい。そして、アルカロイドという点でコーヒーとタバコは似たところがあり、頭の働きをよくする点でも共通していると思う。

ただ、ヘビースモーカーで肺癌になった例は結構知っており、そこに直感的に相関を感じない訳にはいかない。また、タバコは火事の危険性と、周りへの煙の迷惑も否定できない。

ということで、確かにタバコは有意義とは思えないが、人類の嗜好品としてはありえる部類だろう。ひょっとして、人間の残虐性を減らす効果がある、というなら、寧ろ応援してもよいが、流石にそこまではいえないか。

2008年6月15日

女性の感性、男性の感性

NHK教育テレビを見ていたら、ニット作家、広瀬光治という人が出演していた。とても手際よく編み物を編み、周囲の女性の賞賛を浴びていたが、動作はどうみても女性である。ベルバラの世界、というのは、こういう人をいうのではないだろうか。

また、華道家、假屋崎省吾氏は、本人も女性よりも男性に興味がある、と公言している。

それと、マツケンサンバの振り付け師・真島茂樹氏も、どうも女性にはあまり興味がないようである。

こういう例をみていると、もともとは女性が主要である分野で、独特のユニークな感性を発揮するためにはどうも、男性であることが有利で、しかし、普通の男性ではなく、中性的、あるいはニューハーフ的な感性が必要とされるように思われる。

男性のカリスマ美容師となると、どうだろうか。ちょっと微妙である。

それ以外の例では、男性バレリーナというのにも、私はどうも違和感がある。ただ、その分野で有名な熊川哲也氏などを見る限り、ニューハーフ的な要素は見て取れない。

ましてや、料理人ともなると、包丁一本で、結構男らしい。一流ホテルの料理長など、寧ろ女性が近づきがたいものがある。

すると、次のことは言えるかもしれない。すなわち、女性がメインの分野に男性が入っていくとき、男性がマイナーのうちは、ほとんどがニューハーフ的な男性である。そういう感性でないと、敢えて入っていけないと言える。しかし、段々時間がたって男性もメジャーになってくると、男らしい男性も増える。

そういう意味で、スタン・ハンセンみたいな人がバレーをするのはまだ分かる。しかし、アブドラ・ザ・ブッチャーみたいな人が器用に編み物に勤しむ姿はなかなか想像できないので、ニットの貴公子、広瀬光治の地位を脅かす男性はなかなかいないよね、と思っていたら、嶋田俊之という人もいるという。こういうのを、あらまほしきは先達なり、というのかしらむ。

2008年6月29日

浪曲子守唄

私の好きな歌の1つに、一節太郎の浪曲子守唄がある。「逃げた女房にゃ 未練はないが」で始まる歌詞は有名であり、結婚式で歌ってはいけない歌のほとんどナンバーワンであろう。

なぜ、浪曲子守唄を思い出したかというと、水上勉の随筆を読んでいて、次のような一節があったからである。すなわち、水上勉は、寺で修行していたが還俗し、ある女性と恋愛関係なり、やがて子供をもった。終戦直後のことで生活が苦しく、共働きであった。妻はダンサーとして働き、ろくな仕事にありつけていない水上勉よりも稼いでいた。そこで子守はもっぱら、水上勉の役割であった。

ところが、そんな甲斐性のない亭主に愛想をつかして、三歳の娘を置いて、妻は逃げてしましった。それから、大学に行かせるまで、水上勉は、娘を育てたのだという。

なぜそんな、珍しくもない話に留意するかというと、私の米国人の知り合いの話と符合するからである。私の知り合いは、もともとトラックの運転手だった。おそらく大学も出ていないだろう。しかし、コンピュータがなぜか好きで、独学でコンピュータの本をよく読んでいた。そこで、あるチャンスに、コンピュータ部門に行き、そこのマネジャにプログラミングがやりたい、と申し出た。ええっ、トラックの運転手が、と思われたのだろうが、好きで才能があったせいか、めきめきと頭角をあらわした。米国は、極端な学歴主義、資格主義の一方で、ほとんど学歴も学位もないスティーブ・ジョブズをトップになさしめる実力主義も生きている。

その知り合いが結婚して、子供が生まれた。ところが、仕事から帰ってみると、まだ1歳の子供が泣いていた。妻はいなかった。ちょっとどこかに出かけたのだろうと思ったが、来る日も来る日も帰ってこなかった。それで仕方なく、休暇をとりつつ、子供の面倒をみた。その後再婚したから、新しい妻が、その子の面倒をみたのだろう。

で、水上勉の例でも、その知り合いの例でも、思うのは、女性が、自分のお腹を痛めて産んだ子をそんなに簡単に見放すものか、ということである。お腹を痛めていない父親が、家庭を顧みず放置して、とうとうどこかに行ってしまう、という例なら驚かない。しかし、母親の、その幼子との関係は特別なのではないか、という思いを私は否定しきれない。例えば、前にこのブログに書いた、バルンガ病にあるような、2歳の子供を一人残して、スノーボードに行ってしまって結局焼死させる母親は、愚かといえば限りなく愚かであるが、それでも、幼子を捨ててしまったのではない。

それで、いくら考えても、そうやって幼子を捨てて顧みない母親のことを私がどうしても理解できないのは、私の生い立ちによる。相当貧乏で、且つ、幼くして結核という当時の不治の病に罹ってしまった私は、どう考えても幸福ではなかったが、母親に捨てられるなんて、考えもしなかった。母親とて、私を捨てる気はなかったであろう。ただ、私を抱えて一緒に電車に飛び込もうと思い詰めたことはあったようであるが。

だから、このトピックに関して、私の思索が一向に深まらないのは、肉親の愛情に飢えなかったという私の幸福な事情による。理解が、思索が、不幸から始まるというのは、1つの真理である。

最初の浪曲子守唄の例に戻って、このような曲が作られるということは、やはり、幼子を捨て去る女性の例は、そんなに稀ではなかった、ということか。あるいは、大の男が、幼子を抱えて右往左往する姿が哀れを誘うのか。

ただ、リストラ、非正社員差別などさまざまな現代の問題を見るにつけ、幼子をおいて妻に逃げられた男が哀れを誘えことができる世の中はまだましではないか、と思う。親殺し、子殺しさえも稀でなくなつてきているがゆえに。

2008年7月 5日

加齢臭

私自身、鼻というか嗅覚がよくないことがあって、他人の臭いがあまり気にならないのと対応して、自分の体臭が他人にどう感じられているか、ということにもかなり無神経である。だから、普段、臭いと思われていることは少なくないと思われるが、流石に、よほどでないと他人はそれを指摘しない。不躾だからである。従って、私の体臭を遠慮なく指摘するのは、私の家族、ということになる。体臭ということになると、腋臭などが有名であるが、特に、私のように中年になってくると、問題は加齢臭である。

いろいろ文献を調べてみると、加齢臭が問題視され、それを防ぐ方法など研究され始めたのは、1997年頃からで、まだ10年くらい前である。加齢臭の原因は、従来から体の各部分の匂いの代表的な原因物質として認知されている上記低級脂肪酸を原因物質とする臭いではなく、従来体臭の原因物質としては全く認知されていなかった、オクテナールやノネナール等の不飽和アルデヒドが深く関わっていることが分かった、という。ノネナールは、皮脂が紫外線などを浴びて酸化すると、皮脂にバクテリアが繁殖し、それが発酵することによって出てくる悪臭成分である。すなわち、皮脂が紫外線などを浴びて生じた過酸化脂質である、スクアレンヒドロペルオキシド等は、通常はペルオキシダーゼ等による生体防御機構により分解されるが、加齢と共にこれらの生体防御機構の働きが衰える、ということらしい。

そこで、リポキシゲナーゼ阻害剤を含む加齢臭抑制用組成物が考え出された。あるいは、抗菌剤を用い目ことで、バクテリアの繁殖自体を防ぐ方法もある。

別のアイデアとして、プロアントシアニジンという抗酸化剤を用いる方法もある。さらには、原因物質補足物質として、エタノールアミンを用いる方法もある。ただ、エタノールアミンは、刺激性があるので、ポリヒドロキシアミン化合物の方が好ましいとされる。

ちょっと面白いのは、縮合型カキタンニンを用いる方法である。すなわち、天然物由来の消臭成分は、茶抽出物、シソ抽出物、オウゴン抽出液、キュウリ抽出物、サンショウ抽出物、パセリ抽出物、ハマメリス抽出物が知られているが、これらでは、加齢臭を防ぐのは有効でなくて、なぜか柿の渋み成分であるタンニンが有効なのだという。

さらに変わったところでは、ハマナス類の花弁成分に高い抗酸化性があり、これを用いる方法もある、という。より最近は、シソ及び月見草由来のポリフェノールが提案されている。

ということで、加齢臭防止によいのは、ポリヒドロキシアミン化合物ベースの成分とか、カキタンニンやポリフェノールなどの植物由来成分を含む石鹸やスプレーということになるだろうか。

で、家族から催促されて、私が渋々とっている方法は、朝シャワーである。すなわち、加齢臭は、体からしみ出るオクテナールやノネナール等の不飽和アルデヒドであるから、それらを少しでも洗い流すのである。家族によると、会社から帰った直後は、とても臭うが、一旦風呂にはいると、それはほぼ消える。しかし、風呂から上がった後の時間の単調増加関数で、臭いは強くなるようである。また、雑菌の繁殖によるのだから、気温の高さも、関係する。

加齢臭を防ぐ石鹸のようなものを買ってまで、試すつもりはない。藤岡藤巻の「オヤジの心に灯った小さな火」のように、私の心に火は灯っていないからである。

2008年7月10日

男の家事

以前、私のブログで、仕事と家事の両立という記事を書いた。これは、東レ経営研究所社長の佐々木常夫さんのケースを紹介したもので、友人から、とても真似できない、コメントをもらった。

ところが、最近、所用で(夫婦喧嘩ではなく、念のため)、家内が実家に帰ることが多くなった。それで、仕方なく、仕事をしつつ、私が家事を執り行う必要がでてきた。

私は、佐々木常夫さんのように、面倒をみなくてはいけない病気の家族がいる訳ではない。また、それほど責任がある地位でもない。だから、佐々木常夫さんよりも全然チャレンジングではなく、楽勝といっても語弊はない。

そうは言っても、私の能力と時間は有限なのだから、下記のように優先順位をつけてみた。

1.火の用心
2.戸締まり
3.洗濯
4.食器洗い
5.ごみ出し
6.炊事
7.掃除

火の用心が一番大事であることは説明を要さないだろう。どんな泥棒も、家が全焼する以上の被害を与えることはできない。火と言っても、私は煙草は吸わないので、専ら炊事に関わるものである。私は実は、結構炊事が好きで、且つ、長時間煮込む料理が好きなので、鍋を火にかけたまま放置することがある。一度、おでんを作ったとき、会社で、あっ、おでんを火にかけたままだ、と思い出したことがあった。その日は車で会社に行っていなかったので、会社からタクシーで急遽自宅に帰った。すると、確かに、レンジに火がついたままで、鍋はことこと煮えていた。最近のガスシステムは、長時間つけっぱなしだと自動的に切れるらしいが、しかし、゛との程度で切れるか不明である。

次の戸締まりが重要であることも、論を俟たない。私は確か、今まで三度くらい泥棒に入られて、その都度、三万円くらい盗まれた。一度など、夏の暑いときに、うっかりサッシを開けたまま寝ていた。無用心もはなはだしい。

次の優先順位が洗濯であるのは意外かもしれない。しかし、洗濯を怠ると、あっと間に、下着や靴下などが底をついてしまう。一度、洗濯を怠って、洗ってあるパンツが見つからず、仕方なく、一度穿いて汚れているものを穿いたことがあった。自分のパンツといえども、気持ちのいいものではない。また、洗濯物を溜めると、収集がつかなくなる。一度に干せる場所も限られている。

次の優先順位が食器洗いというのは、分かってもらえるだろう。自炊しなくても、ビールを飲んだりすれば、コップを使ったりする。それで、食器洗いしないと、汚れた食器が、炊事場を占領することになる。ところが、少しでも食器洗いを怠ると、あっという間に、炊事場が、休日のディズニーランドの駐車場もかくあるべし、みたいに洗っていない食器で占有される。夏だと、食器の残りカスが腐って異臭を放つ。洗濯もそうであるが、食器も溜めれば溜めるほど、その洗浄が、指数関数的に困難になる。で、私は、食事したら、どんなに疲れていても、直ちに自分を叱咤して全ての食器を洗ってしまう。

ごみ出しもそうである。放置しておくと、家がごみだらけで、悲惨になる。ただ、最近では分別が厳しくなって、この日は一般ごみ、この日はプラスチックなどととても面倒である。折角出したのに、種別が違って、もって行かれないで放置されていたことは一度ではない。しかも、ご丁寧に、却下理由のラベルまで貼ってある。そんな手間をかけるなら、とりあえず持っていってくれればいいのに。

次が炊事。本当は、炊事の優先順位は低いはずである。家内がいない間、すべて外食で済ますことができるからである。しかし、個人的に料理を作るのが好きなのと、自分で作ったほうが、はるかに経済的だからである。ただ、そこで忘れられているのは、自分のかけるワークロードである。真剣に作ると、炊事は大変である。炊事して、食べるまではまだいい。食べ終わると、どっと疲れがでてくる。そこで、すかさず食器洗いであるが、これはほとんど、高校野球の練習でいえば、1000本ノックの直後、グランド三週走るような酷なことである。

最後が掃除。普通は、掃除の優先順位はもっと高いであろう。しかし、私は個人的に掃除が好きでない。だから、家内がいないと、知らない間に、リビングにうっすらと埃がたまっている。それでも、いよいよの週末にならないと、掃除機をかけない。埃がたまりすぎて死んだ人はいない、という私の屁理屈であるが、もしかして、゛塵埃を吸い過ぎて肺炎で死んだ人がいたりして。アスベストか、と突っ込まれそうである。

それで、私の家事の要諦は、まず、火と戸締まりのセキュリティを確保したら、フローを維持することである。フローとは、洗濯物、食器、ごみ。これらを一定レベルに保つ。そこまでできれば、いいとしたものであり、これが、環境でいう、接続可能な社会のもじりで、接続可能な家庭である。

結局、私が家事を大事にする理由は、将来いつ、一人暮らしになるか分からないからである。家内との死別も、離婚もありえる。もし、家内よりも私が先に死ねて、私の葬式を家内に出してもらえるなら、そんなに幸せなことはない。

で、家事は、要するに慣れだと思うので、最低限、回せるようにしておかなくてはならない。だから、家事として私がやっていることはとてもダサくて不細工だが、心情的にはとても真剣である。仕事と同等以上といっても差し支えはない。

仕事しながら家事をすると、とても疲れるが、それでも、匍匐前進するように頑張る。いささか充実感を覚えるが故に。

2008年8月19日

独身生活

統計によると、日本男性の生涯未婚率は、約16%で、女性は約7%だそうである。この違いは、女性の方が独身でいる世間のプレッシャが大きいということと、収入という意味の生活力が男性より少ないので、結局妥協して結婚する、ということだろう(こういうと、結婚にネガティブみたいで、よくないが)。

私の理解では、本当に結婚したいと努力すれば、だいたい結婚できる。多少ともプライドを抑えて、いろいろな点に目を瞑ってであるが。ところが、仕事が多忙だったり、独身生活が楽しかったり、要するに面倒だったり、とてもシャイだったりして、生涯未婚の人の率が上記のとおり、というところだろう。

上記のような生涯未婚率をみると、男女とも、独身を通すことにそんなにひけ目を感じることはないのでは、と思われる。しかし、おそらく、男女とも、生涯未婚の人で、完全に結婚への憧れを断ち切っている人も多くないと思われる。憧れ以外に、独身だと、晩年孤独になってしまうのではないか、と心配する人もいよう。

そこで、晩年になってようやく初婚で結婚する、というパターンも今後増えてくるかもしれない。いわゆる、老後の茶飲み友達である。

ところが、若い頃は結構勢いでしてしまったりするが(後悔もその反動で大きかったりするが)、歳取ってしまうと、独身のわがまま生活がしみこんで、最早なかなか他人と協調することで難しくなる。だから、晩年初婚は、相当に人間的に相性がよくないとうまくいかないだろう。

ところで、独身の晩年孤独の心配であるが、実は結婚していても、孤独から逃れられるという大きい保証がある訳では全くない。典型的には離婚であり、病気による死別である。子供がいても面倒を見てもらえる可能性は期待しない方がよい。離婚しなくても、一緒に暮らしていて、あまり友好的な状態でないと、それは孤独以上の孤独ということになる。

こうして、やはり、独身を通すのも意外に悪くない、ということが分かる。ただ、世間が独身に走りすぎると、子孫繁栄が怪しくなる。だから、一方で、世間は結婚への幻想を煽る必要がある。

一方で、人生論的には、結婚ほど修行になるものはない。だから、私としては、子孫繁栄とは別の意味で、やはり一人でも多く結婚してほしいところである。

そう考えると、生涯未婚率で、男性約16%で、女性約7%というところに着目して、この間を取り持つところでビジネスチャンスはありそうである。さらには、男女交際のサロンを用意するとか。これは一歩間違えると、トラブルの場を作り出すことになりかねないが。

私が考えているのは、生涯学習と並行的な意味で、ある程度健全交際みたいなのも可能なような方面であるが、まだ全く具体的な絵が描けていない。いかにも煮え切らない趣旨であった。ということで、とりあえずのメモである。

2008年8月20日

万田酵素

新聞の全面広告に、万田酵素というのが掲載されていた。一体なんだろうと思ったら、植物用の栄養剤なのだという。

その作り方が、気が遠くなりそうであるが、掲載してみる。すなわち、雑菌の少ない冬季に、沖縄産の黒砂糖を蒸気で溶かし、果実類、かんきつ類を洗浄、乾燥させてすりつぶし、約半年醗酵させてベースを作る。その後、旬の時期に、根菜類、根菜類、海藻類を加え、熟成させるというものだが、なんと3年三ヶ月以上、熱も加えず自然発酵させるのだという。下記が、加えるものの詳細である。

根菜類:ニンジン、ニンニク、ゴボウ、ユリ根、レンコン

穀類/豆/ゴマ:白米、玄米、もち米、アワ、大麦、キビ、トウモロコシ、大豆、黒ゴマ、白ゴマ、黒豆

果実類、かんきつ類:リンゴ、カキ、バナナ、パイナップル、みかん、はっさく、ネーブルオレンジ、イヨカン、レモン、夏みかん、カボス、キンカン、ザボン、ポンカン、ユズ、ブドウ、アケビ、イチジク、マタタビ、山ブドウ、山桃、イチゴ、ウメ

海藻類:ヒジキ、ワカメ、海苔、青海苔、コンブ

糖類、その他:黒糖、果糖、ブドウ糖、ハチミツ、クルミ、澱粉、キュウリ、セロリ、シソ

万田酵素を作っている万田醗酵という会社は、私の準地元である瀬戸内、因島にあって、それでなんとなく親近感を感じて紹介した次第であるが、もともとは、1700年頃から続く造り酒屋「万田」で創案されたものである、という。

こうして凄い手間と原料を使って醸成したものなので、万田酵素の植物賦活剤は、100mlが1680円と、とても高価である。それで、これは1000倍に薄めて家庭菜園などに使うのだそうである。

ただ、素朴な疑問として、こういうことがある。普通の味噌は、米、小麦、大豆などを麹で醗酵させて作るが、一方で、大豆だけを醗酵させた八丁味噌というのがあって、普通の味噌とは違う独特の味わいがある。すなわち、沢山のものを詰め込んで醗酵させればさせるほど優れているとは、限らない。

それなのに、万田醗酵は、これでもかと植物性のものを多種類詰め込んでおり、やりすぎではないか、多ければ多いほど効果があるのか、という素朴な疑問が拭えない。

この広告には、万田醗酵で、人間の子供ほどもある巨大大根が育ちました、という写真もあるけど、なにしろ広告なので、やらせではないのか?と怪訝さが残る。結局根幹にあるのは、植物の肥料というのは窒素化合物のような無機質成分が主要で、万田酵素のような、人間の食べ物を使った醗酵成分が植物にも有効である、というのが、どうしてもしっくりこないからである。

と思ったら、万田醗酵のホームページをみると、健康食品というのもあった。うん、それだったらしっくりくる。ところがこれが、一番安いものでも、145g、11550円と、とても高価である。本当にそれで売れるのか、と、ずっと怪訝なままなのであった。

2008年8月23日

ちょっとだけ先生

私が住んでいる相模原市の特定の公民館だけに、「ちょっとだけ先生」という制度がある。それは、近所の有志が完全にボランティアで、自分の趣味や特技を公民館に登録して、必要に応じて、公民館、学校などで講師を務めるというものである。

私は一応、将棋を登録している。その他、書道、水彩画、木工工作、手品、大正琴、囲碁、パソコンなど多彩な人が登録している。趣旨は要するに、若い世代に何か伝えられればということらしい。それで私は、ちょっとだけ先生として、年に一度、近所の中学校に、将棋指導で呼ばれたりすることがある。

今日は、その公民館で、夏休み体験教室という催しがあった。対象は近所の小学生で、書道、絵画、工作、押し花など、ちょっとだけ先生に登録している先生がミニミニ教室を開く。夏休み体験教室といいながら、実は、書道、絵画、工作など、小学生が夏休みの宿題を仕上げてしまう意図だったりする。

でも、それだけでは寂しいので、と、体験教室と称して、やはりちょっとだけ先生が駆り出されて、救急救助、手品、将棋、囲碁のコーナーが設けられた。それで例によって私は、朝9時から午後3時くらいまで、将棋コーナーに詰めていた。

将棋コーナーは、囲碁コーナーと同じ部屋で、それぞれ盤面が5面ずつ用意されているのだが、一番困るのは、子供たちがほとんど来ないことである。それでも、館長のおじさんが呼び込みをやってくれたので、2時間で3人くらいは来た。ただ、それからが苦労で、ほとんど将棋を知らないのである。駒の動かし方さえ知らない子もいて、銀はこう進むんだよ、と一々説明するのは結構疲れる。少しだけ将棋が分かる子がいたので、即興でほとんど並べ詰みみたいな詰将棋を出題してあげたら、ある程度興味をもってもらえた。でも、頭金の局面で、ええと、と考え込まれるのも当惑した。

囲碁コーナーはもっと大変で、そもそもがお客さんが集まらない。それで、アマ五段とかいう近所のおじいさんも苦笑していた。ただ、そのアマ五段の指導法がユニークで、たまたまやっと来た子供二人に地の基本的概念を説明して、九路盤で、とりあえず陣地を囲うように打ってみなさい、と打たせる。途中で石を取ったりするような場面になるとそこで説明するのである。なるほどと思った。私の方は、超初心者への指導法は全く確立してない。

聞いてみると、囲碁の方は、地元のサークルがあって、公民館を借りて、毎週例会があるのだという。将棋のそういうサークルはないらしく、私が定年退職して暇になったら、ボランティアでサークルを立ち上げようかと、ふと思った。本当は、地元の子供で将棋の才能がある子供を見出してあるところまでは鍛え、あとはプロにお願いしてプロ棋士にするというのもやってみたい気はするが、そんな伯楽みたい才能が自分にあるなんて、公私共に思ったことも思われたこともない。無理かも。

体験コーナーでなんといっても一番の人気は、手品である。これは、地元で手品が趣味という人がやっていて、単なるアマチュアかと思ったら、実はあのミスターマリックにも教わったことがあるそうで、なかなか本格的である。少なくとも、私なんかの将棋よりずっとレベルが上である。ちょっとその手品の人と雑談したのだが、手品というのは基本的には道具なのだという。すなわち、高いお金を出して道具を買ってくる。そういう特殊な道具を使うから、ミスターマリック譲りの、お札にボールペンを貫通させて、抜いたら元に戻っているというトリックもできるのだそうである。なるほど。私はあまりにも不見識なので、手品というのは、隠し持っていてすりかえるばっかりだと思っていた。そうではなくて、特殊な、場合によっては何十万円もする道具がまずあって、それを使って猛練習してやっと、人前で演じられるのだという。だから、手先の器用さは必要だけれども、前面に出るものではないそうである。むしろ。話術の方が重要かも、ということである。

こうして、閑古鳥がなく将棋体験コーナーの講師といえども、副産物としていろいろな人の話が聞けて勉強になる。普段、仕事の範囲の人脈も行動範囲もとても狭い私には、よい経験である。

2008年8月24日

職業の貴賎

今から8年くらい前までは、仕事でよく米国に出張に行った。打ち合わせの会議に出席するためであるが、いつも一人で行くので、日本人は私一人ということが多く、ホテルでも一人寂しく食事をすることが多かった。

そんな中で、米国特許弁護士のWさんは、なぜか私のような者にも声をかけてくれて、いろいろアドバイスしてくれた。私が例によって一人でホテルで食事をしていると、同じ会議に出席したWさんが、同席してもよいか、と声をかけてくれた。もともと、打ち合わせで、e-mailのやりとりはよくする仲だった。

そこでWさんは突然、こういう話をしてくれた。自分の父親は一生ホテルのドアボーイだった。とても平凡な仕事とだと君は思うだろう。でも、父親は、その仕事にプライドをもっていた。そんな父親は、もう亡くなったが、今でも自分はとても尊敬している。その父親の教えは、どんな仕事でも大切である。真面目に従事しなくてはならない、というものであった。

その話を聞いてとても意外だった。というのは、Wさんは、とても秀才で、私は、自分が出会った人の中で、彼以上の秀才を知らないといってよい。米国東部の名門MITを卒業して、ロースクールを出て特許弁護士になった。とても多弁で、しかも一言一言がいちいち筋道が通っている。また、文章を書くのも、非常に速い。あるとき、日本から夜10時頃、私はWさんに問い合わせのメールを送った。そこで一息つくためにトイレに行った。高々数分のブレークである。ところが席に戻ってみると、Wさんから長いメールの返事がもう来ていた。印刷すると、A4で2ページにも達するほどである。

Wさんは、とても筋の通った人で、上司からの指示でも、会社の方針であっても、おかしいと思ったら、きちんと反論した。私が見ても、Wさんの方に分があると思ったが、その上司から疎まれて、Wさんは要職から外された。それで米国内の地方の部門の中間管理職に異動したが、どう考えても降格人事であった。優秀なWさんなら米国内で引く手あまたであるに違いなく、辞めるかなと思ったら、Wさんは淡々と、真面目に、その新しい職務をこなした。シリコンバレーなどに企業家精神溢れる人達が沢山いるのは事実である。しかし、米国には日本人よりも多様な人がいる。Wさんのように、エリートの経歴なのに、古臭いといってよい道徳観を維持する人もいる。それで、今日Wさんのことを思い出して、職業の貴賎とか何かと、ふと考えてみた。

貴賎というよりも、世間的に通りがいい職業とは、この資本主義の世の中にあって、収入が大きい仕事だろう。では、収入が多いという意味では、パチンコ屋の経営者はとても儲かるが、世間的に通りがいい職業とはあまり思われていない。それはおそらく、他人の射幸心につけこむからであろう。また、儲かるとしても、デイトレーダーも世間的に通りがいい職業とは思われていない。不安定すぎるからであろう。では、Wさんのお父さんの仕事、ドアボーイはどうだろうか。それは、あまり専門的な仕事ではないと思われている。また、他人に尽くすモードが歓迎されないだろう。

こうして、世間的に通りがいい職業は、次のような性質をもつ。
- ある程度収入が多いこと。
 これは言うまでもない。
- 安定していること。
 これも然り。
- 専門的技能を必要すること。
 努力なく、簡単にだれでも従事できるとつまらない。
- 世間に知られた職業であること。
 ネイリストとか、微妙かも。
- 他人に尽くすよりも寧ろ、他人の成果やサポートを利用するような仕事であること。
 こういう点で、ごみ収集車の運転手は尊敬されない。弁護士も、先日このプログで述べた家本さんのような人だと、他人に尽くすモードなので、弁護士であっても、ああなるのは、と敬遠される。

ただ、究極的には、仕事は世間的な通りのよさで選ぶべきではないだろう。何かの巡り合わせで従事することになった仕事に、世間的な通りのよさをあまり気にしないである程度適性があるなら、続けなさいというのが、Wさんの教えで、結果的に私もそうなっている。私にとってわくわくするような仕事でもないが、適性は普通だろう。そんな私だから、なんとなくWさんとウマがあったというだけで、到底一般化できるような話ではないようである。

2008年9月 2日

温石

休暇をとって、福山市で弟が経営している、温石という和食の店を訪ねてみた。今年2月の開店以来、一度来るように招待されていて、なかなか時間がとれなかった。

温石の最寄の駅は、JR山陽本線の東福山の駅である。そこからタクシーで10分くらいだろう。東深津一丁目の温石といえば、なんとかタクシーの運転手が分かる(多分)。東深津は、飲食店の激戦区であり、身内としては、本当にサバイバルできるのか、ちょっと気になる。なお、グーグルで、"福山 温石"とキーワードを入れて検索すると、微妙にヒットする。

温石の店員は、店主である弟と、注文をとる仕事のアルバイトの女性が一人であり、ときどき、弟の奥さんが加勢する。しかし、プロとして料理を作るのは弟一人である。

店は、座敷が4人×3席と、カウンタが7席と結構小さい。しかし、弟が言うには、これ以上だと対応できないという。その理由は、徹底的な自前主義がある。豆腐、刺身醤油なども可能な限り、自分で調合する。もちろん、魚など自分が朝、市場に買いに行く。メニューは、B5の紙2枚に毎日、弟が筆ペンでびっしり書き、それをコピーして各席に配置する。基本的に使いまわししないという。だから、メニューには日付が入っている。もともと達筆から遠く、書道の心得もないはずだが、必要に迫られというか、意地で毎日書いている。

こういうメニューがありながら、いつも裏メニューがある。すなわち、お客さんがメニューを眺めて悩んでいると、弟は、お客さんに、メニューにない特別料理、注文しませんか、と声をかける。それでお客さんが興味を示してくれると、お客さんの雰囲気を読んで、また、冷蔵庫の中にある材料を眺めて、即興で特別料理なるものを作る。アドリブである。そういえば、店内のBGMは、日本料理屋なのに、なぜかずっとジャズである。そういうアドリブだと、思惑が外れることがないのか、と私が弟に聞くと、どうも気に入らない質問らしかったらしく、無視された。

味はともかくとして、ありあわせのものから即興で特別料理を作るのは、長年の経験の蓄積によるメニューを頭の中で組み合わせているのだろう。こういう掛け合いの緊張感は、自分の店でないとできないから、とこういうスタイルを維持する。もちろん、こういうスタイルが性に合わない人もいるだろう。それは仕方ないと、弟は割り切る。気に入った人だけ来てくれればいい、という。

また、弟は、レシピを隠さない。請われたら、平気で紙に、今食べている料理の作り方を書いて渡す。それは普通ありえないが、それが何が問題なんだ、と開き直っている。自信、というのでもなさそうである。

そういう店なので、客筋に拘る。基本的に雰囲気で断ったことはないと弟は言うが、実際、店構えが、いかにも高級そうで、私のような大衆酒場系を好む者だと、ちょっと引く。値段も結局は、大衆酒場より平均、数千円くらい高くなるだろう。

ただ、確かに少し高いだけあって、手間をかけている。刺身には必ず氷を敷く。前菜は、果物を装飾的に切ったものを添える。丁寧に作っているので、確かにおいしいが、私のような貧乏性の者はどこか気持ちが引いている。だいたい、客層も、私より格上の、医師や会社役員が多いという。

どうしても不思議なのが、そういう少し高級路線を目指す弟と、私が、どちらも瀬戸内海の孤島で、本当に貧乏に育った実の兄弟である、という点である。その貧しい生い立ちの心象を正統に継ぐのは私であって、どうも弟は、奈良の菊水楼という高級料亭に勤めている間に、華美に触れてしまったのかもしれない。しかし、その菊水楼も今では倒産の危機にあるか、またはもう他の経営者に移ってしまっているのではないか、と弟はいう。バブルの頃、面白いように稼げて、それに体勢が馴染んでしまったため、その後のバブルの崩壊に耐えられなかったのでは、ともいう。船場吉兆も然りかもしれない。

そこで、ストイックに料理道を弟は目指そうとしているようであるが、そういう拘りのところで、やっと私との類比を見出した。実際、仲のよい兄弟というのはあまり多くないのではないだろうか。しかし、片や料理人、片やサラリーマン特許実務家と全く別の職業でありながら、話すといろいろな話題で盛り上がる。こいつ、意味もないところでなんでそんなに凝るんだと思うけど、自分もそうだったりする。それが互いに儚いプライドだったりする。

こんな凝り方だと、ちょっとマニアックになって、広い支持は得られないのではないかとつい心配してしまう。それでも、なんとか多少妥協もして、商売が成り立てばと願う。

ということで、特に提灯コメントにはならなかった。ともかく、料理もさることながら、改めて弟と共通点を見出せて安心した次第である。

2008年9月 5日

色がつく姓

どういう事情なのか知らないが、日本には、色がつく姓が多いように思われる。そこで、特にWebで検索したりなどせず、私が普通に知っている姓を列挙してみる。

友人にいくつか指摘されたので、追加する。

青:青田(野球選手)、青柳(友人、社内の知り合い)、青山(社内の知り合い)、青木(知り合い多数)、青島(芸能人)、青野(将棋棋士、これを忘れてはいけなかった)、青池(という人がいるらしい。そういえば、スキージャンプの選手もいたかも)

赤:赤川(特許庁の審査官)、赤池(有名な統計学者)、赤松(私の出身の島に多い)、赤井(芸能人)、赤木(有名な?アマチュア将棋指し)、赤(数学者、赤摂也という。トポロジー入門 (共立全書)などの著書あり)、赤塚(漫画家、これも忘れたらまずい)

白:白川(ノーベル賞学者)、白田(山形出身のある知り合い)、白木(芸能人)、白井(中学の先生)、白石(社内の知り合い)、白水(下宿の大家さん、「はくすい」ではなく、「しろうず」と読む)

黒:黒田(野球選手)、黒川(建築家)、黒木(芸能人)、大田黒(大学の先輩)、黒島(山本五十六の参謀)、石黒(野球選手)、黒澤(映画監督)、大黒(歌手)、黒岩(小説家)、黒崎(哲学者)

緑:緑川(社内の知り合い)

紫:紫柿(という人がいるらしい。知らなかった。)

黄:黄海(という人がいるらしい。「きうみ」と読むらしい。知らなかった。本当に日本人か?)

どうしても、これ以上思いつかない。意外なのは、黄色とか、紫の姓が、いそうで私の知っている範囲にいないことである。

一方、韓国だと、黄(ファン)という姓があり、典型的には、北朝鮮から亡命した元高官の、ファン・ジョンヨプがそうである。黄という姓は、中国にもある。あと、白という姓は確か、韓国にも中国にもある。しかし、不勉強で、これ以外の色の姓は、韓国・中国で知らない。

欧米になると、Green、Whiteくらいしか知らない。

こうして、日本では色のつく姓が、世界で比べても非常に多いといってよいのではないだろうか。その理由は?というと、さっぱり分からない。特に日本人が世界的に色彩感覚に優れる、という話も聞かない。

2008年9月 6日

動物がつく姓

前回、色がつく姓について言及したが、それでは、動物がつく姓はどうであろうか。

馬:馬場(プロレスラー、説明不要であろう)、馬屋原(小学校の先生)、美馬(有名なアマチュア将棋棋士)

犬:犬養(明治時代の政治家)、犬井(応用数学者、特殊函数 岩波全書などの著書あり)

猫:猫田(バレーボールの選手)

猪:猪木(プロレスラー、説明不要であろう)、猪狩(前の会社の知人)

鳶:鳶田(会社の元役員)

鵜:鵜飼(前の会社の知人)、鵜沼(たまたま知っている弁理士)

鷲:大鷲(東北地方のアマチュア将棋棋士)

魚:魚返(友人)、魚住(高校の知人)

鳥:羽鳥(会社の知人)、鳥飼(通訳者)、鳥越(ジャーナリスト)

虫:虫明(フリーライター、虫明亜呂無のことだけど、これって本名だったっけ?)

烏:烏丸(烏丸 せつこ、のこと。女優)

鮫:鮫島(知り合いの弁護士)

蛸:蛸島(女流将棋棋士)

鶴:鶴崎(大学の知人)、鶴田(プロレスラー)

鳩:鳩山(政治家)

蛇:蛇持(たまたま知っている弁護士)

虻:虻川(女性漫才コンビ、北陽のメンバー)

貝:貝塚(中国文学者)

知っている範囲だけなので、もちろん、これで枚挙できている訳がない。しかし、これ以外にそれほど多いとは思えない。豚とか狸とか狐がつく姓の人もいそうな気がするが、少なくとも私は知らない。

外国だと、いよいよ動物がつく姓が見当たらない。強いて言えば、中国の馬(マー)であり、これはかなりメジャーな姓である。

ともかく、色がつく姓とあわせて、日本人の情緒豊かさをあらわしていないだろうか。動物の名前を姓に平気で使うというのは、非キリスト教的というか、仏教的あるいは原始多神教的であるのかもしれない。

2008年9月 9日

動物がつく姓(続き)

先日、動物がつく姓について、簡単に書いたが、すると沢山見落としに気づいた。例えば、「牛」である。これは、牛島(野球選手)、牛久(ある弁理士)、牛田(野球選手)などがいる。

あと、「熊」で、熊田、熊切(たまたまアパートの近所にいた)など。

さらに、「鹿」で、小鹿(アイドル、小鹿みき)、鹿児島(県名でなく、姓)、鹿賀(俳優の鹿賀丈史)

ところが、馴染みの深い動物なのに、牛や熊がつく姓はそんなに多くない。一方で、調べてみると、猪のつく姓があまりにも多いことに気づいた。

猪原、猪狩、猪野、猪田、猪鼻、猪木、猪口、猪俣、猪又、猪股、猪本、猪岡、猪瀬、猪爪、猪子、猪飼、猪崎、猪熊、猪隼、猪之奥

この圧倒的多さはどういうことか、考えてみた。すると、仮説として次のようなのは、どうだろうか。
すなわち、日本は仏教国なので、その戒律により、陸の動物である牛や馬(もちろん、犬や猫も)を食べたりしない。ただ、それだと、動物性蛋白資源に困ることがあったろう。特に、山間部だと、魚介類もなかなか入手できない。

そのとき、どういう論理か分からないが、猪は食べてもよいということになったようなのである。もともと、豚は日本にはおらず、一方で、猪は、古墳時代から食用に飼育されていた、という経緯もあるようである。

このように猪が身近で、かつ、食用であったことから、猪関連の姓が多くなったと考えられる。

一方で、いろいろ検索してみたけど、なかなかいないのが、豚、狸、狐、狼がつく姓である。昨日友人と話していて、「狐火」という姓があったらかっこいいね、という議論になった。代表取締役 狐火誠一郎、などという会社があったら、なんかすごい。狸も、「子狸」という姓なら、おそらく嫌悪感は与えないだろう。狼も、「狼川」とあって、ぱっと見、ああ、「なみかわ」さんですか、いいえ、「ろうかわ」なんです、狼に川と書くんですよ、おおそれは凄いですね、と話題が弾む。しかし、どう転んでも、豚でかっこいい姓は思いつかない。そもそも、にしかわすみこも、「このブタ野郎!」というくらいだから、豚がつく姓というのがあったらやはり嫌われるだろう。

2008年9月17日

再び、ダイエット

以前、ダイエットについて書いたが、そこに書いた2007年7月の時点で、折角76kgまで落としたのに、また肥満になってしまった。9月の第1週の時点で、84kgもあり、これは私の生まれてからの最大の体重である。やばい、と思った。

なんでやばいのか、理由は本当はよく分からない。女性ではないし、今更お嫁に行く?訳でもないので、美容は関係ない。また、そんなに長生きしたいとも思わないので、むしろメタボでころっと逝くのもいいのかも、と思いつつ、やはり命が惜しいのか。あ、現実問題、ズボンが穿けなくなるのは、辛い。

肥満になった理由ははっきりしていて、家内が所用で実家に帰る機会が増えると、私は基本的に、自炊する。自炊するとき、足らないと困るので、どうしても少し大目に作るが、すると、貧乏家庭で、残してはいけないと母に叱られた記憶があって、どうしても全て平らげてしまう。あと、折角作ったものを捨てるというのは、自分に対しても忍びない。これが、過食になってしまっている。

肥満になった別の理由は、ストレスである。すなわち、会社で仕事をして、しかも自宅で家事をするということを毎日していると、疲れるし、相当ストレスも溜まる。それで、食事を作って、私の方針で食器も一応洗うと、安心してビールを飲み始める。つまみはなぜか、脂っこいポテトチップスだったりする。これで太らなかったら嘘である。こうして、体重自己最高記録を更新してしまった。イシンバエワが、オリンピックの棒高飛びで世界記録を更新するのは大変だったが、体重自己最高記録を更新するのは、なんと簡単なのだろう。

で、私のいつもの常套手段は、ヨーグルトダイエット、すなわち、週末、基本的にヨーグルトと野菜ジュースしか摂らない、というものである。それで、84kgから80kgに落とすのに、なんと2日しかかからなかった。快挙と思っていたら、ここからビタッと体重の低下が止まってしまった。

本当に、ウイークデーもあんまり食べていない。まともに食べるのは昼食だけで、夕食は、カロリーメイト40gだけ。でも、水だけは1日、2リットル飲んでいる。すると、体重が下がらないのは、水体質になっているせいか、などと思うのだが、すると、血液の粘度が低下して、脳溢血や心筋梗塞の可能性が減っているのでいいか、という、医学的根拠のないことを考えている。

冷静に考えると、約1年周期で、肥満とダイエットを繰り替えている。体重が低め安定する気配もない。要するに、そんなのどうでもいいとどこかで考えているから、習慣は変わらないようである。

2008年9月24日

ブットジョロキア

私にとって、数学と辛いものは類似である。というのは、どちらも苦手なのに、憧れを打ち消すことができない。永遠の片思いというやつである。

それで、辛いものの代表格であるが、ずっと私は、ハバネロが世界ナンバーワンだと思っていた。それで、ときどき100円ショップで、タバスコライクなハバネロベースの辛味ソースを見つけると、喜んで買って帰って、スパゲティなどにふりかけて食べている。

ところが、先日テレビを見ていたら、ハバネロよりも更に辛い、ブットジョロキアという香辛料があり、ハバネロのなんと三倍の辛さであるという。ハバネロ自体がかなり極限の辛さなので、流石に、10倍以上ではありえないようである。ちなみに、ブットジョロキアは、パラペーニョの80倍、タバスコの10倍の辛さという。

このブットジョロキアであるが、ハバネロが南米原産であるのに対して、北インド原産ということで、まるで香辛料オリンピックとでもいうべき様相を呈している。すなわち、日本からはわさび、韓国からは赤トウガラシ、タイからはトムヤンクンなどが出場してくるのだが、決勝はいつも、南米代表のハバネロとインド代表のブットジョロキアで観衆はああまたか、とため息をつく。

それでまたよく分からないのが、ブットジョロキアを濃縮したボトルがあるという。テレビで放映していたのだが、本当に微かに指先にブットジョロキアの原液を垂らし、それを少しだけ舐めた芸能人がいた。その反応はというと、最初、えっ特に辛くありませんよ、だった。拍子抜けして見ていると、じらっと辛さが浸透してきたらしく、その芸能人は、「水、水!」と、とうとう居たたまれない様相を呈してきた。

で、何が分からないかというと、こんな辛さにこだわった香辛料にどんな実際的な用途があるのか、ということである。何かの薬品として使われるのだろうか。それとも、ほんの微かに料理に加えて隠し味になるのだろうか。隠し味なら、ハバネロさえも不要で、普通の赤トウガラシで十分である。というのは、ブットジョロキアであれ、ハバネロであれ、独特のうまみ成分をもっているということはないからである。

それで推察するに、人類は、香辛料や麻薬などの植物由来の化学物質であるアルカロイドに宗教的とも言うべき意義を見出しているのではあるまいか。コーヒーなどもそうである。それで実用を超えて、ただひたすら辛いというところに宗教的意義を見出すのである。まさに私が、意味もなくアラケロフ幾何に憧れるのと同じである。

スナックの分野で、この辛味路線を追求するのが、東ハトである。暴君ハバネロに続き、大魔王ジョロキアも発売する。流石にまだ大魔王ジョロキアは食べてみたことがないが、先日、暴君ハバネロの激辛バージョンというのをビールのつまみに買ってみた。それが口に入れたところ、なんのこともなくて拍子抜けした。で、やおらビールを飲んでいると、キターである。辛すぎて、顔から汗がでてきた。それで、ビールどころではなくなって、暴君ハバネロの激辛バージョンは、封印した。

こうしてみると、数学と同様、私の辛味道も甚だ未熟で、到底、人様と競えるレベルではないということになる。

2008年10月10日

正直者は損をするか

先日のWebニュースによると、中国社会科学院がまとめた「中国社会の調和と安定に関する研究報告」によると、70%近くの人が「正直者は損をする」と考えている事がわかった。なんと意外性のないアンケート結果なのだろう。

そこで、「正直者は損をする」の「損」を、物質的な安逸や悦楽の不足であると定義すると、正直者であることに拘らず、欲望を極大化させるのが妥当な生き方となる。

ただ、ちょっと矛盾するようで理解に困るのが、「信用」と「報恩」が大切であると考える人はそれぞれ98%、95%と高い数字を示していることである。この矛盾を理解するためには、中国社会の特殊性を考える必要がある。私の浅薄な理解では、中国の社会は、とても血縁を重んじる。逆に言うと、血縁以外をとても軽んじる。それが古来から侵略や政権の急変をへて発展してきた中国社会の生活の知恵なのだろう。この血縁は、本当の血のつながりに限らない。仕事関係でも、中国人と長く付き合って信頼されると、準血縁のように扱ってもらえる。私の限られた経験では、仲良くなった中国人との関係は、数十年付き合った日本人との関係よりも濃密なように感じることがある。これは韓国人との関係にもあてはまる。で、きっと、「信用」と「報恩」が大切であると中国人が考えているのは、このような血縁及び準血縁関係内部でことだと思う。というのは、仕事関係で、ある同僚が、中国に依頼したことが全く無視され、それではと、私が同じ問い合わせを中国にしたら、一発で回答があったことがあったからである。

こういう前提に立つと、中国人の84.5%が、「コネクションを使えば仕事探しは難しくない」と考えているというのが納得できる。まさに、そういうために利用するのが、血縁と準血縁なのである。

その他のアンケート結果は:
「家庭生活の快適さと仲の睦まじさを重視している」が91.6%、
「プライベートの楽しみを追求する」が79.4%、
「個人の才能を十分に発揮する」が82.1%、
「社会のために大きく貢献したい」が77%、
 この辺は分かるが、
「人生とはすなわち美味しい物を食べ、良い服を着て、良いところに住むべきものだ」が、54.6%と意外に低いことである。私は、中国人なら、95%くらいそう思っていると、思っていたのだが、中国人をこの点で見直すべきかもしれない。

最後にどうしても理解できないのが、「苦労なくして成功なし」に同意した人はわずか26.1%ととても低いことである。中国は日本よりずっと学歴社会で、精華大学や北京大学などの一流大学卒であることが重んじられ、中国人は、名門大学出身であることを、何の臆面もなく自慢する。そういう価値観からすると、苦労して勉強した結果の成功するのだから、「苦労なくして成功なし」にもっと同意しそうなものであるが、中国ではおそらく、トレンドに乗っかり、大した能力もないのに大金持ちになったり、一方で、凄い能力があっても、たまたま機会が得られない人が沢山いるのだろう。そもそも、どんな秀才であっても、資金がないと精華大学や北京大学に進学できない訳であるから、苦労しても空しい。

この点で、日本はまだしも、中国よりは、「苦労なくして成功なし」に同意する人が多いのではないか。というのは、日本で、資金的に大学に進学できない人は中国ほど割合が多くないからである。

戻って、「正直者は損をする」と考えている人は、日本でも70%を下らないだろう。偏見であるが、特に若い人でそれに同意する人が増えているような気がする。

2008年10月19日

電波時計

思い起こすと、もう10年くらい前から、腕時計に電波時計を使用しているような気がする。当時は、まだ電波時計があまり一般的でなく、今考えたら馬鹿馬鹿しいのだが、知り合いなどに、10万分の一の誤差なんだ、とか自慢していた。

それで、今から3年くらい前、時計自体は動くのだが、安物だったので、ベルトがプラスチックで破損してしまったので、買い換える必要がでてきた。そこで、自宅の近所の時計屋に行ってみた。結構年配の店主だが、一級時計技能士の看板を信頼したのである。で、電波時計がほしいんです、と言うと、どうも反応がよくない。時計は、ソーラーでもなく、電波でもないのが一番である、という信念の持ち主のようなのである。困った私が立ち去ろうとすると、流石に商売気が出たか、奥から、一見とても高級そうなシチズンの電波時計を取り出してきた。そして、これ、5000円でいいから、という。

反高級志向の私にはどうもしっくりこなかったが、定価不明であっても、5000円ならまあいいか、と思った。本当はソーラー電波がほしかったのだが、そこには店主の方針により、置いてあるはずもなく、他の店に行くのもかったるかったので、5000円の旧式のシチズンの電波時計を購入した。当時まだ、ソーラー電波腕時計は、最低でも2万円はして、腕時計は上限が5000円+α程度と思っている貧乏性の私には、高嶺の花だった、ということもある。

ところが、その旧式のシチズンの電波時計が買ってがっかり。時間の基線を手動で合わせなくてはならないのである。どういうことかというと、電波により送信されてくる標準時と、表示時刻の間のΔtが可変なのである。マニュアルには、それを最初に手動でセットするように書いてあるが、、誰が標準時と、例えば、丁度5分差で表示時刻を設定したいとか思うだろうか。そうやってむかついて設定していたら、設定があまくて、Δtが30秒程度になってしまった。でも、ええいままよ、とそのままにしておいた。それで、私の腕時計は、丁度標準時と30秒ずれてずっと動いていた。

1つだけその旧式のシチズンの電波時計でよかったのは、確かにとても高級そうに見えることである。下手したらローレックスの高級時計のように見えるのか、友人から、私に似合わない高級時計だと褒められたことがある。ほっとけ。

ところが、ソーラー時計でない哀しさ、ある朝みたら、突然、旧式のシチズンの電波時計は止まっていた。どうも電池切れらしい。もともと、マニュアルには、電池の寿命は2年と書いてあった。それはアラーム機能を使った場合で、私はアラーム機能は全く使わなかったので、とりあえず3年はもったということだろう。

そこで悩んだのは、買い換えるか電池交換するかである。最近では、私が憧れていたソーラー電波腕時計が、6000円~8000円程度で買えることを知っているからである。しかし、費用を考えて、とりあえずは電池交換することにした。そこで、例の時計屋さんに行ってみた。ちょうど、3年ぶりである。入り口でなぜか暇そうに扇風機を組み立てていた時計屋の店主は、私が店に入ると、重い腰をあげた。

そこで私は、この店で3年前に買った電波時計をみせて、電池を交換してほしいと依頼した。すると、店主は、ううん、とちょっと困った顔をしながら、電池を交換しはじめた。心配になってどうしたんだすか、と聞くと、いやあ、電波時計は壊れやすいですからね、と言う。私は、そうですか、駄目なら諦めますよ、別に執着ないし、と応じると、じゃ、電波じゃないのをお勧めしますよ、というので、まあとりあえず電池を交換して下さい、と答えた。

そこで、電池を交換するのだが、店主、なかなか私に品物を渡さない。一級時計技能士なら、電池交換くらい楽勝ではないか。しばらくたって私に電池交換したはずの腕時計を渡したのだが、なんと、秒針が動いていない。当然であるが、大丈夫ですか、と確認した。すると、そのうち動き出すでしょう、とちょっと不安そうに言う。そんな、時限装置でもあるまいに。1000円でいいです、と店主がいうので払ったが、本当はもっと高いのだろうか。

さて、しばらく様子を見ていたが、秒針が動き出す様子がないので、仕方なくいろいろボタンを押してみた。すると、突然、秒針がぐるぐると連続的に動き始めた。私は、ははあ、電波時計なんだから、現在の正しい時刻は電波で拾える。すると、針が正しい時間に到達したら、普通に秒針を刻むモードになるに違いないと思った。ところが、針は、高速で進んで、正しい時刻をもどんどん通り過ぎる。仕方なく、適当な時刻で、ボタンを押して止めてみた。すると、なんとか普通に時を刻むモードになって一安心だった。これで、深夜の12時とかになると時間が自然に合うのだろうと思った。

ところがである。いつまでたっても時間は合わない。寧ろ、誤差が増大している。どうも、基線が狂ってしまったらしい。ところが、マニュアルが最早見当たらず、基線を合わせることが絶望的になった。

そこでとうとう諦めて、近所のホームセンターで、7800円で、シチズンのソーラー電波時計を買った。時計店の店主が言うように、ソーラー電波時計は回路構成が複雑であるので、壊れやすいのかもしれない。しかし、少なくとも5年はもつだろう。もしそうなら、7800円で5年なら、十分減価償却である。

どうも、一級時計技能士の店主は、ソーラー時計だの電波時計だと、電子部品の塊で、腕を揮いようがないので、敬遠しているとみた。だいいち、単に電池の水晶発信器で動く旧来の時計だって、そんなに堅牢ではない。そもそも、水晶発信器で動く時計は、「おじいさんの古時計」たりえない。ぜんまい仕掛けの振り子時計こそがおじいさんの古時計たりえるのであって、すると、店主も、一級時計技能士の腕が揮えるだろう。

コンピュータと長くつきあって、そういうレトロな感性がすっかり磨耗してしまった私なのであった。

2008年11月20日

いい夫婦

Webニュースによると、30代~50代の男女の約8割が自分たちを「いい夫婦」と評価しているという。ある会社が「11月22日(いい夫婦の日)」を前に調査を実施。東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県に住む30代~50代の既婚男女計1026人から回答を得たという。

その結果、全体の77.5%(男性78.1%、女性76.8%)が「いい夫婦と思う」と答えた。「いい夫婦」の定義は複数回答で「お互いの信頼」(77.8%、82.5%)がトップ。ほかに「自然体でいられる」(62.2%、78.9%)や「コミュニケーション」(66.5%、70.4%)などが挙がったという。

これを見て私は、本当か、と目を疑った。というのは、夫婦とは違うけれども典型的な人間関係で、会社の上司と部下の関係があるが、ものの本によると、よい上司は、1%しかいないという。

会社の上司・部下の関係とは違って、一応自分で選べる関係である夫婦は、流石に、互いによい夫婦と思っている夫婦が1%ということはないだろうが、自分の周りをみていて、せいぜい、2~3割程度かと思っていた。私がどちらに属するかは、このブログを見て戴いている方には自明だろう。

私の両親も、やはり、いい夫婦のカテゴリには属さないと思う。親戚をみていても、うまくいっていないところが多い。

うまくいかない原因は、互いに人生観が違って、妥協できないところにあるようである。そもそも、寛容であることを美徳とみなさない人だと、多分うまくいかないだろう。ところが、自分の価値観を相手に押し付けることが、善意であると思い込んでいる人が少なくなく、そうすると間違いなく、いい夫婦のカテゴリに入らない。

あと、外的要因も大きい。リストラになるとか、病気になるとか、親戚から余計な介入を受けるとか。そういう災難にあって、普通夫婦は、一致団結して結束するということにはあまりならない。大抵、互いの欠点が増幅されて、どんどん関係が悪化する。

それで思うのだが、男女を問わず、自分の友人関係をみてみると、長く付き合っているのは、ウマが合う人ばかりである。そういう友人選択と類似の基準を、果たしてどれだけ配偶者の選択に適用しているかが、勝負の分かれ目かもしれない。例えば普通、イケメンかどうか、セレブかどうかで友人を選んだりしない。ところが、配偶者選びとなると、容姿、財産、地位、家柄などが入ってきて、錯綜する。

で、結婚して、そこの基準で入っていないことが重要であることに気付いて後悔する、という次第である。そういう自分の基準からして、全体の77.5%が「いい夫婦と思う」のは、とても意外で、見栄をはって回答してんじゃないの、とさえ思ってしまう。

単に、自分と共感できる仲間が沢山いてほしいという淡い願望なのかもしれない。

2008年12月 5日

オトコ香る

雑誌によると、クラシエフーズの「オトコ香る」が今、人気なのだという。「オトコ香る」が何なのか説明する前に、クラシエフーズとはどういう会社かというと、昔はカネボウフーズと言った。昔、「ハリスの旋風」というテレビアニメがあって、それのコマーシャルで、カネボウのフーセンガムが宣伝されていた。カネボウは、ガムの世界で、ロッテに次ぐNo.2だった。

ところが、カネボウは、産業再生機構による経営再建中に、2300億円もの粉飾決算が発覚して上場廃止になった。そこで、化粧品部門を花王に売却して、2007年にクラシエに社名を変更して、再起を図った。

そんなカネボウであるが、ガムの分野で独特のノウハウを蓄積していた。その1つが2005年8月に発売した「ふわりんか」である。すなわち、「食べると身体から良い香を発する」という商品で、キャンデー版とガム版がある。

芳香ではないが、ニンニクを食べると、口臭だけでなく、汗や身体全体にニンニクの臭いが充満してしまう。すると、原理的に、食べ物で体臭をコントロールできる、ということになる。

「ふわりんか」が発売される前、機能性のガムというのは、口臭対策の清涼系、眠気覚ましのカフェイン系、虫歯予防のデンタル系の3つに類別され、市場規模は、1800億円で頭打ちだった。

そこで、ある女性研究員のアイデアから端を発したのが、身体からよい香りを発する商品なのであった。ところが、そんなうまい商品が実現できるとは経営陣は信じない。そもそも、聞いたことがない。

そこで助っ人にあらわれたのが、元名古屋工業大学教授の津田孝雄氏。身体から出るガスの成分の研究をしていた。その研究の結果、薔薇から採取されたゲラニオールと、バニラの実から取れるバニリンが、食べると、汗と一緒に放出されて芳香になることがわかった。

でも、クラシエは、これがどれほどヒットになるか半信半疑で、大して広告もうたず、とりあえず年間4億円の売り上げを想定したところ、これは半年でクリアされた。

「ふわりんか」は女性をターゲットにしたものであったので、クラシエは男性用の「オトコ香る」を、2006年7月に発売することにした。あえて、黒の背景に赤のあやしい装丁である。最初は粒ガムとして発売したが、結局、板ガムとして発売したところ、折からの男性体臭忌避ブームで、爆発的なヒットになった。

というけど、私は「ふわりんか」も「オトコ香る」も、コンビニで見たことがない。都心のコンビニが中心らしいので、郊外には及んでいないのか、それとも、そんなのに注意しない私が見落としているのか、おそらく後者なんだろう。気にしないようで体臭が意外に気になっている私としては、試してみたいような気もする。

最後に、「ふわりんか」や「オトコ香る」は特許で保護されているのかという疑問だが、調べてみると、香料としてのゲラニオールは、ずっと昔から公知で、なかなか権利化は難しい。カネボウフーズの特許出願として、特開2006-343258で、皮膚から放出した皮膚放出成分を測定する方法であって、極微量の皮膚放出成分を、短時間のサンプリング及び分析で、簡単に測定することのできる皮膚放出成分測定方法があるだけである。

2009年1月 9日

古酒

広島県尾道市の実家に帰っていた家内が、変わった形の瓶に入っている日本酒を持ち帰った。青い容器でくびれた形、まるでワインの瓶のようなデザインである。銘柄は、「黒松錦」、山口県の村重酒造、とある。

で、早速飲もうと思ったのだが、家内のコメントで、いきなり引いてしまった。というのは、家内が実家に帰っていたのは、古い実家の建て直しに関する打ち合わせを応援するためなのだが、特に、雨漏りがして倒れそうな納屋の建て替えもまた、緊急なのであった。

その納屋のゴミや、わけのわからないガラクタ物品を整理しているうちに、この日本酒の瓶が見つかった、という次第である。いつ購入したものか全く不明だが、封を切っていないし、暗いところに放置されていたので、飲めるのではないかという家内の観測であった。

それで購入年代だが、少なくとも家内の父親が生きていた頃に買ったものだという。しかし、家内の父親、すなわち私の義理の父は、家内が二十歳の頃に病気で亡くなっているので、この日本酒は少なくとも三十年前に買ったもの、ということになる。

それで、そんなもの飲めるかと突き放そうと思ったのだが、折角持ち帰った家内の面子もあるので、封を切って味見してみることにした。私の予想は、醗酵が進んで酢になっているのではないか、というものである。そういう話は、私の実家でもよく聞いた。酒が古くなると酸っぱくて飲めたものではない、ということはよくある。

ところが、最初の印象で、この日本酒「黒松錦」は、意外にいける、と思った。ただ、明らかに普通の日本酒の味ではない。ちょっと癖がある。そこで、改めて透明のグラスに注いでみた。すると、色が、かなり濃い黄色なのである。汚い表現で恐縮だが、私が肝炎になったときの尿の色を思い出した。

で、思い出した。この味は、中華料理店で注文したことがある老酒の風味なのである。これは老酒だ、と一旦思えば抵抗なく飲めると、自分で納得した。

私が思うに、「黒松錦」はもともと、三十年も放置されることを予想していない。老酒の風味だね、なんて言われて飲まれることも期待していない。それでも、三十年を経て飲むに堪えるのは、アルコール度数が16度、ということにあるのではないか、と思った。普通の日本酒は、アルコール度数は、12~13度である。この4度の差は長期保存にはかなり違ってくるのかもしれない。例えば、梅干は、ある以上の塩分濃度になると、何百年たっても腐らないという。だから、「黒松錦」は、そのアルコール度数によって、酢にならずなんとか古酒化できたのではないか、と思った。

ところで、山口県の村重酒造は今でもあるのだろうか、とWebで検索してみた。すると、確かに、金冠黒松として、今でも営業しているようである。特に目玉商品は、貴醸酒「黒松錦」であって、これはどうも、私が飲んだものの後継製品のようである。

ともかく、「黒松錦」がそれなりに由緒ある製品だと知って安心した。唯一知りたいのは、新しい貴醸酒「黒松錦」の酒の色である。まさか琥珀色ではなくてクリアな透明だと思うのだが、メールでその会社に問い合わせてみるのも憚られる。聞くと、そのような古い貴社の製品は最早保証の限りではありませんから、それを飲むことで体調を崩されたとしても、弊社の責任範囲外です、みたいな免責メールをもらうのも嫌だからである。

2009年1月17日

第三のビール

Webニュースによると、2008年のビール系飲料(ビール、発泡酒、第3のビール)の国内市場シェアで、最も価格の安い第3のビールが前年比3.5ポイント増の23.7%と大幅に伸び、23.3%にとどまった発泡酒を初めて上回った。登場から6年目、節約志向を強める消費者の支持を得たことになる。

第三のビールとは、原料を麦芽以外にする、あるいは発泡酒に別のアルコール飲料(大麦、小麦等を問わない麦由来のスピリッツや焼酎)を混ぜたものである。後者は、第四のビールとも呼ばれる。

麦芽以外の原料としては、麦を使用せずにエンドウたんぱくを使用して製造した、サッポロのドラフトワンがある。酒税法では、「その他の醸造酒(発泡性)」として、安い税率を享受。

ビール大手各社が15日に発表した2008年の課税ベースの出荷量の合計は、2.7%減の4億8268万ケース(1ケースは大瓶換算で20本)で、統計を取り始めた92年以降でみると4年続けて過去最低である、という。不景気だと、自棄酒を飲むので却って売り上げは上がるとよく冗談で言われるが、流石にそうもいっていられないようである。

しかし、酒税を少しでも徴収したい政府は、新しい酒の税率が上がるように酒税法を改正する、というイタチゴッコが続く。

こうして、ビールメーカーは、第Nのビールに対して、第N+1のビールを開発するインセンティブが働く訳だが、例えば、エンドウたんぱくのような新しい材料を使ってビールライクな味わいを出すのはチャレンジであると思う。当然に、コストの縛りは厳しい。

では、次なる新しいビールはということで、ざっと特許公開公報を眺めてみた。

すると、アサヒビールは、果汁の乳酸醗酵物を用いること、あるいは、イノシトールは脂肪肝、肝硬変の予防などに効果が期待できるビタミン様物質を添加することなどの発明がある。

サントリーは、とうもろこしタンパク分解物を用いることを研究しているようである。

ということで、当然ながら、発泡性飲み物であって、ビール風味ということで、あまり突飛な材料はない。すると、ノウハウは温度、濃度を含む製造工程にあるのかもしれない。

2009年2月10日

登記手続

やっと住宅ローンを完済することができ、信託銀行から、書類が送られてきた。見ると、登記抹消(厳密には、抵当権抹消)の手続書類が入っている。はて、と思った。以前は、こういう手続は、司法書士に依頼したものである。銀行に聞いてみたら、登記抹消は、土地登記手続の中でも一番簡単なので、最近はほとんどの方が自分で手続されます、とのことだった。

司法書士に頼むと、3万円くらいかかるらしい。それなら自分で行ってみる価値はあると思い、会社を午後半休にして、法務局に出かけてみた。私の管轄だと、JR相模原駅が最寄である。そこから歩いて20分くらいかけると、法務局の相模原支局に着いた。

すると、大変賑わっていて、どうしようと焦った。順番待ちが長そうだからである。で、よく見たら、ハローワークである。あれっ、場所を間違えたかな、どうしようとよく案内を見たら、土地の登記関係は、二階なのであった。

二階に上がると、流石にそんなには混雑していない。そもそもが、信託銀行から送られた書類をほとんど検めてもいない。ただ、予め問い合わせて聞いていた認印をもってきただけである。そんな頼りない状態で、相談窓口の椅子に座った。たまたま、空いていたからである。応対してくれるのは、安心感を誘う、年配の男性であった。なぜかとても訛っていた。東北出身なのだろうか。

で、持ってきた書類をそのまま提示すると、中身を確認してくれて、まあ、これでいいですけど、住所がねぇ、と言う。えっ、住所がどうかしました?と聞くと、契約書の住所と、登記の住所が違うのだという。まさか出直しではないですよね、と聞いたら、いや、ちょっと登記の表記を確認しましょう、500円の登記印紙で確認書類を○○番の窓口で取って下さい、というので、言われるまま申請した。登記印紙は、室内の所定の位置で売っていた。

席に戻ったら、担当の男性は、まだ待ってくれていて、次に、銀行から戻ってきた書類と、売買契約書をコピーする必要がある、という。原本とともに提出して、コピーの方を使い、原本は返してくれるのだという。それで、えっ、コピー、近くのコンビニまで取りに行くのですか、と聞いたら、有料のコピー機がちゃんと部屋にあります、ということだった。それで、面倒だが、数枚のコピーを取りにいくことにした。1枚30円とちょっとコンビニより高い。リコーのコピー機だった。リコーってめずらしい。官庁には入っているのか。

コピーをとったら、3000円の収入印紙が必要ということで、また買ってきた。すると、担当の男性はあとは丁寧にコピーを折って、ホチキスで止め、私が渡した認印を割り印にして申請書類を作ってくれた。私は、書類の言われた箇所に住所と氏名と日付を記入するだけである。

結局、住所変更の手続きはきちんとされていたことが確認されたので、追加の書類は必要なかった。もし住所が違っていたら、市役所に行って住民票をとってこなくてはならなかった、法務局から歩いて10分とはいえ、それはいかにも面倒である。

こうして渡された書類を申請窓口に持っていくと、受領書を渡された。そして、数日後以降にまた来て下さい、という。なんでも、売買契約書と、銀行の代表者資格証明書を受け取りに来いということらしい。その際に、申請と同じ認印が必要になる。また、銀行の代表者資格証明書は銀行に返送することになっている。他で使いまわすのではないし、悪用できるとは思わないが、不要だから返すという習慣なのだろうと理解する。

こうして、担当の男性に言われるがままで、手続きは完了した。これは自分だけで手続きしていたら、相当面倒そうである。

以前は、こういう手続きは、司法書士の専任事項で、一般の人が手続きしてもなんのかんのといちゃもんつけられて受理してもらえなかった、と聞いた。実際、親切に教えてくれる担当の方がいなかったら、自力では、受理されるものは作れないかもしれない。以前はそうやって、司法書士の仕事を守っていたのだという。

それで思ったのは、司法書士が専門にやっていたことの一部が、個人に降りてきているということである。法務局の相談員はその流れを助長している。一方、弁護士が専門にやっていたことの一部、すなわち、債務返済処理の代理が、司法書士に降りてきている。そうやって仕事を減らされた弁護士はというと、ロースクールができてからどんどん数が増え、司法試験に受かっても、なかなか仕事がない人もいるという。

こうやって、専門家を食べていきにくくする流れは仕方がないのだろうか。法務局の一階のハローワークの賑わいをみて、余計にそう思うのである。

それと、ああいう相談員の仕事は、結構重宝される。それで私が定年になったら、市の発明相談員のような仕事があればと思う。相談に乗ることも乗られることも好きな私に向いていると思う。ボランティアで手弁当でもいい。手許に端末があれば、その場で特許調査してあげてもいい。もちろん、特許明細書を書いたりできないので、弁理士への橋渡しである。ただ、機密保持契約にサインしなくていいのかとか、仕事柄余計なことを考えてしまうのであるが。

About 生活

ブログ「Commutative Weblog」のカテゴリ「生活」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは環境です。

次のカテゴリは生物学です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。