メイン

心理学 アーカイブ

2007年4月 3日

タッピング・タッチ

 テレビを見ていたら、被災などで心に傷を負った人の心を鎮めるために、タッピング・タッチというのが、有効だと放送していた。実に簡単で、左右の肩を、交互に軽く手で叩くだけだそうだ。「交互に」というのが、ミソで、これにより、左右の脳に交互に刺激があたえられて、とてもリラックスさせる効果があるのだという。三重大学の臨床心理学の教授が発見したそうである。
 左右の脳に働きかける、というと、ヘミシンクという技法がある。これは、ヘッドホンで、左右の脳に微妙に波長の異なる音を聞かせることにより、体外離脱が経験できる、というもので、興味があれば、モンロー研究所のホームページを訪れて戴きたい。タッピング・タッチはいいけど、ここまでは、ついてこれない、という人がいても、意外ではない。

2007年4月21日

ユンク心理学のメモ

 単なる自己用のメモ:

  タイプ - 内向性と外向性

 コンプレックス - 性格を形作るもの

 個人的無意識と、普遍的無意識 - 元型、影

 心象と象徴

 夢分析 - 無意識の表出

 アニマ・アニムス - 自分の中の、男性・女性

 自己 - ペルソナ

 心理療法

2007年4月26日

鈍感力

 最近ときどき、鈍感力ということが言われる。それで、将棋を題材にして話す。今もかろうじて現役であるが、将棋界に、中原誠という人がいる。16世名人であり、一世を風靡した。特筆すべきなのは、当時、絶対の強さを誇っていた、大山康晴に一歩もひけをとらなかったことである。
 中原誠のほぼ同時代には、沢山の俊英・天才棋士がいた。米長邦雄、内藤国雄、やや先輩で、山田道美、二上達也など。しかし、彼らは、大山に歯が立たなかった。棋才で、中原誠は、必ずしも彼らを凌駕していなかったかもしれない。しかし、ひとり中原のみが、大山に対して、優位の成績を残した。
 それは、中原の兄弟子、芹沢がいみじくも分析したように、「中原は、鈍い。」せいなのであった。当時は、鈍感力などという言い方はなかった。
 どういうことかというと、大山康晴は、盤上と同等に、盤外作戦にも凝らす人だった。大山は、内藤と対局したとき、一日目の夕食に差し掛かったことがあった。ところが、内藤は、もたもたしてなかなか夕食に来なかった。いろいろと局面を考えていたのかもしれない。それで大山は、仲居に命じてさっさと夕食を片付けさせてしまった。内藤が夕食に行ってみると、もうお膳もない。さぞかし、当惑しただろう。このように、大山は、ルールに違反しない範囲で、平気で心理戦を仕掛けてくる。そこで立腹したら、手が乱れて負ける。
 ところが、中原は鈍い。大山の嫌がらせが全く通じない。すると、仕掛けた大山が却って焦るのである。精神的に自滅である。かくして、中原が勝ってしまう。誤解なきよういうと、中原は強い。特に、中終盤の強さが大山に拮抗していた。だから勝ったのであるが、しかし、最終的な武器は、「鈍さ」であった。これは、鍛えてつく力ではないので、天性であろう。
 そこへいくと、今期の名人戦で、森内が郷田の扇子の音にクレームをつけたのは、当然と思われるかもしれないが、鈍感力としては、よろしくない。まさか郷田は、森内をいらつかせようとして大きい扇子の音を出したのではあるまい。むしろ、そんなことに無頓着なほど、鈍感であったのだろう。よって、鈍感力に限るなら、郷田の勝ちである。さて、現在、ニ連勝の郷田は、さらに鈍感力を発揮するか、森内は、そんなことに構わず、巻き返すか、あまり興奮しないで注目しよう。これもまた、鈍感力か。

2007年4月28日

カタルシス

 カタルシスとは、広辞苑によると、「悲劇を見て涙をながしたり恐怖を味わったりすることで心のしこりを浄化するという意味。」とある。私はここでは、単に、心の憂さを晴らす、くらいの広い意味で使うことにする。
 なんで急にそういうことを言うかというと、前日のバージニア工科大学の犯人の記事を読んでいて、どうも彼は、周囲の人と打ち解けることができず、心の滓を汲み出す、すなわち、カタルシスことがうまくできなかったことが一番の原因ではないか、と思ったからである。彼は、精神的に病んでいたが、病んでいたこと自体が原因ではない。例えば、躁うつ病だったとしよう。すると、欝状態で滓を溜めても、躁状態である程度解消することができる。よって、カタルシスということがいかに重要か、ということを改めて感じる。
 カタルシスといえば、なぜか、江戸川乱歩を思い出す。私は、学生の頃、彼の作品を沢山読んだ。すると、健全な探偵ものもあるが、椅子に潜り込んで隙間から他人を覗いたり、好きな女性を殺して、納屋に置き、毎日、次第に腐乱していく様を眺めるなど、あまりに猟奇的なものもあり、流石に私もどうかと思うものもあった。それで、江戸川乱歩本人は、作家にありがちの、実生活も乱れていたかというと、全くそんなことはない。彼は、とても優れた実務処理能力をもち、てきぱきと日常的なことをこなし、経済的にも安定していた。そうして、実生活で猟奇的・変態的な面は全くなかった。
 ただ、ときどき、孤独癖を発揮して、部屋に籠り、上記したような、場合により猟奇的と思われても仕方がないような作品も書いたのである。このことから考えられるのは、江戸川乱歩は、うまく、心の中の負の部分を作品を書くことで、カタルシスできた、ということになる。
 ところで、以前、このブログで、ユンク心理学の短いメモを書いた。そのユンク心理学の日本における大家の河合隼雄氏に、「影の現象学」講談社学術文庫、という名著がある。この本によると、どんな人間にも表の面と、影の部分がある。通常人は、表の部分を見せて、影は抑圧して生きているが、あまりに影を抑圧すると、影が復讐することがある。しかし、おそらく社会倫理上、影に全面的な覇権を譲って生きていくことはできない。そこで、重要なのは、影とどうやって折り合いをつけてやっていくか、ということになる。ただ、表=正義、影=悪、という二分法で割り切るのは単純化しすぎである。表=真面目で石頭の自分、影=ギャンブル好きで酒好きな自分、ということであれば、影が異常に悪、という訳でもない。
 さらに言うと、やくざというか、暴力団の存在である。世間の正論から言うと、暴力団は根絶した方がよい、ということになる。しかし、人間の弱さや社会の歪みはどうしてもなくならない。このとき、違法的にものごとを解決する要求がどうしてもでてきてしまう。すなわち、上記のアナロジでいくと、表=一般社会、影=裏社会ということになる。ということで、現実問題としては、距離をおいて眺めるより仕方がない。
 ちなみに、私がこうしてブログを書くのは、一種のカタルシスである。何ほどかの心の平穏には貢献していると思う。江戸川乱歩のように、エログロ・ナンセンスを書きたいという気持ちも、当面ない。それが、私が自分の影を必要以上に抑圧しているのでなければ、幸いである。

2007年5月 3日

見切りについて

 梅田望夫氏の「シリコンバレー精神」を読んでいて、あれっ、と思ったことがあった。それは、梅田氏が、13歳からプログラムを書き始めて、大学でコンピュータ・サイエンスを専攻したのに、23歳で、才能に見切りをつけて、コンピュータ・プログラムを書くのを止めた、という件である。
 私は、プログラムを書き始めたのは、27歳くらいで、大学でそういう勉強はしていないし、だからという訳ではなく、才能がないからであるが、本当に恥ずかしいレベルのものしか書けていない。100%に近い自信をもって言えるが、梅田氏の方が私よりもコンピュータ・プログラムを書く才能というか、スキルがあるに違いない。
 そもそも、私にとって、その巧拙はともかくとして、コンピュータ・プログラムを書くことは、ちょっと比類のないくらい楽しいことであり、才能がないから止めるというのは、ご飯を食べる才能がないから、もうご飯を食べない、というくらいに私には理解できないことである。それで、私は、次のようなことを仮定してみた。
 先ず、梅田氏は、凡そ、打ち込んでやる、ということに対して、ある一定水準以上のレベルに到達できる見込みを重視する。よって、私だったら、そのレベルでいいじゃん、というようなレベルのプログラミング・スキルが、梅田氏には、我慢できないのであろう。
 更に、梅田氏には、コンピュータ・プログラミングよりももっと、遣り甲斐をもって、才能を発揮できることを見出したのだろう。すなわち、先端技術に触れつつ、コンサルタントというか、経営的な手腕を発揮することであり、そういうグローバルな才能にとっては、変数宣言のちょっとしたミスがバグにつながるようなコンピュータ・プログラミングは、少し息苦しいかもしれない。
 私は、同様の例を、京都大学英文科の大学院教授、若島正氏に見る。若島氏は、京都大学理学部数学科出身で、趣味の世界では、指し将棋の強豪だし、詰将棋では、その業界で知らぬ者もない達人であるが、数学の方でも、教授が褒めるほどの才能を発揮していたという。彼が数学に打ち込んだら、相当のところまで行くに違いない、と。しかし、若島氏は数学を捨ててしまった。理由は、大学の同じクラスに、凄い才能のある人がいたせいだと、何かの書き物で読んだことがある。若島氏は、自分には考えられないような数学的概念を、同僚には見えていると知って、愕然としたそうである。ここでも梅田氏との共通点をみる。すなわち、自己の才能に対する要求水準が異常に高く、それに達せられないと分かると、やる気がなくなってしまうのである。
 若島氏は、大学を卒業してしばらく、定時制高校の数学の先生をしていた。しかし、勉強したいという気持ちは抑え難く、当時、数学と並んで好きだった英語を勉強して、京都大学英文科の大学院を受けた。そうしたら、意外にも?受かって、大学院を卒業後、一旦神戸大学だったかの助教授に就いてから、京都大学の助教授、教授と進むことができた、という次第である。こういう表面的な順風満歩にも拘わらず、若島氏にとっては、数学を捨てたことは、忘れられない失恋のように辛いことかもしれない、と私は勝手に推察している。
 ともかく、梅田氏であれ、若島氏であれ、私が下手の横好きでたまらない、プログラミングと数学を捨て、別の世界で成功している、というのは、私にとって、どう感想を言い表してよいのか分からないことである。別に乗り換えなくたって、その道で地道にやっていれば、そこそこ成功して楽しくやれていたでしょうに、とやっかんでみたり、でも、きっと本当に好きなことを捨てたんだから、それなりに古傷も痛むよね、と勝手なことを思っている次第である。

2007年5月19日

純粋培養

 ある将棋のサイトを見ていたら、子供のころから将棋漬けにして純粋培養するのは、危険である、という議論があった。要するに、例えば、子供のころから将棋漬けにして純粋培養すると、将棋しか知らない人間になって、常識がなくなり、危険である、というものである。中原名人が、林葉直子にストーカー行為をしておかしくなったときも、子供の頃から神童で、将棋ばっかり指していたから、という意見があった。
 確かに、そういう面はある。しかし、純粋培養を悪く言うというのは、われわれのような、特に誇る才能のない凡人の妬みがあることは否定できない。純粋培養でないからといって、特に常識に富むとは限らない。私の理解では寧ろ、世の中には、偏った個性の人が必要である。数学にしても、チェスにしても、囲碁にしても、少年の頃から狭く深く極めないと、一流にはなれない。すると、ある人は言うであろう。純粋培養した結果、才能が花開かなかったとすると、その子は犠牲になるのではないか、と。それも仕方ないところである。一流になれるかどうか、やってみないと分からない。その場合は、その道で一流の人にみてもらえばいい。かなりの確度で、その道で成功できるかどうか、言い当てられるだろう。
 私がいう純粋培養の問題は、次のような点である。例えば、ある物理学者がいたとする。大変優秀で若くしてノーベル賞をもらったとする。すると、世間は、もてはやして、専門の物理学だけではなく、教育問題、社会問題まで、本人に聞いたりする。そこで、本人も、専門ではないので、と謙虚に断ればいいのに、つい、いい気になって分かったようなことを言ってしまう。
 もっと甚だしいのは、戦時中の陸軍幼年学校である。あれはあれで純粋培養なのであるが、そのまま青年になって、軍事のことしかしらないのに、政治に口を出し、クーデターを起こして政権をとろうとする輩がいた。人間の権力欲、名誉欲は限りない。純粋培養です、と書いたラベルを貼っていてほしいくらいである。それが自分で認識できるくらいなら、純粋培養じゃない、というとになりそうであるが、そうではなくて、将棋の羽生など、結構バランスがとれているような気もする。違うだろうか。
 

2007年5月22日

壁について

 最近、たまたまバス停で立ち聞きしたのだが、ある人の知り合いの女性は、高校時代優秀で、国公立大学の医学部を目指したのだそうである。よくある話である。それで、具体的な大学名は知らないし、もし聞いていても、ここで書くつもりはないが、ともかく、国公立の医学部を受け続けて、6度落ち続けたそうである。要するに、6浪である。よく本人も粘ったし、また、家族も許したと思う。それで、流石にそれ以上浪人するのはどうか、ということで、ある有名私立大学の看護学部に受かり、そちらに入ったという。そこなら、現役で受かれた、というのだから、6年の月日は、勿体ないというべきかもしれない。
 また、別の例で、ある知り合いの親戚の男性は、高校時代まあまあの成績で、MARCHレベルの大学に受かったそうである。私から見ると、それで十分だと思うのだが、本人は、それより1ランク上、すなわち、早慶レベルを再受験しようと努力して、結局、受かれず、それだけならいいが、精神的におかしくなって、入院したままの状態だそうである。
 そこで私はすぐに、才能の限界とか思ってしまうのだが、石の上に三年でもっと頑張れば壁を越えることもあるので、一概に言えないが、ただ、一見、かなり有望のような人が、いくら努力しても、あと一歩、どうしても壁を越えられないで、とどまってしまう、ということはあると思う。
 それはまさに、ギャンブルと同じ心理である。負け続けて、今度は勝てるかも、ということである。また、一時期成功した体験があって、それが忘れられない、ということもある。あるレベルまで直ぐに上達できた、ということが、その上のレベルに行けるということを必ずしも保証しないのである。甲子園の活躍した高校生が必ずしもプロで大成できず、高校時代に無名であった人が却って大成する、など。
 それで、私が言いたいことは次のことである。まず、3年くらい頑張ってみて駄目なら、別の途を考えてみるのが賢明な場合が多いのではないか、ということ。意地になって苦手なことを努力すると、精神の変調をきたしてしまうことが少なくないような気がする。世の中の少年犯罪の少なくない部分が、受験勉強の無理からきていないだろうか。すなわち、優秀な人材が、受験勉強が得意である確率は高い。それでもともと頭がよくないと周囲に思われ、本人もそう自覚している場合は、上を目指さないであろうが、ときどき、もともと頭がいいのに、受験勉強が得意でない人がいる。例をあげると、エジソン、アインシュタイン、ダーウィンなどである。こういう人に受験を強いたら悲惨なことになる。それこそ、最悪の場合、鬱積した気持ちが犯罪まで駆り立てることがあるかもしれない。例の会津若松市の高校生母親首切り事件なども、また、奈良県高校生自宅放火事件なども、これが主な原因ではないかと推察させる。
 こういう議論が世間であまり受け入れられないとしたら、世論をリードするような人達は、あまり壁を感じないで、一流大学に合格・卒業できた人達であるからである。そういう人には、壁というものがなかなか理解できないであろう。しかし、壁は、当然ながら誰にもある。私の理論によれば、長所は、それを補償するような欠点に支えられているのであるから、一流大学に合格してうまくいっている人の欠点は、潜在的にとどまっている。その欠点の分野で努力するような羽目にならなければ幸いというべきである。
 また、世間一般に言えることであるが、見栄や思い込みで、苦手な分野にこだわりすぎてはいけない。冷静に自分を見渡せば、なにか世間の平均以上にできることがあるはずである。それは、必ずしも好きなことではないかもしれないが、少なくとも、そこの能力を活かせば、食べていけるだろう。それをやり続けて、それが苦手でなければ、そこそこ好きになれるはずである。
 こういう風に割り切れれば、とんなにか楽だろう、と自分に言い聞かせている次第である。

2007年6月 9日

ハンカチ王子と、ハニカミ王子

 テレビを見ていたら、ハンカチ王子こと早大野球部の斉藤祐樹と、ハニカミ王子こと、アマチュアゴルファーの石川遼が、大人気で、経済効果も大きいという。実際、斉藤祐樹が登板する早慶戦は、下手な巨人戦よりも観客が入るし、石川遼が出場するゴルフの選手権は、アマチュアの大会なのに、ギャラリーがひしめく。これをもって、ハンカチ王子、ハニカミ王子はすごい、新しいアイドルだと騒ぐ気持ちは分かるし、特に否定もしない。
 しかし、冷静に考えてみると、彼らは、たまたま、少しイケメンで、少しだけ同世代の同じスポーツに励む人達よりも技量が優れているにすぎない。よって、敵は本能寺ではないけれども、ハンカチ王子、ハニカミ王子をスーパーアイドルたらしめているのは、単に、大衆の心のある種のプロトコルにすぎないことに、改めて留意すべきである。これには、次のようなアナロジが有効であろう。すなわち、例えば、インフルエンザのウィルスを考える。すると、それは、何らかのDNAやRNAの並びと、それを包む糖衣体にすぎない。吹けば飛ぶよな将棋の駒に、ではないが、吹けば飛ぶよな単なる塩基体にすぎない。しかし、ひとたび人体に入ると、人体は、ご丁寧に、それらのDNAやRNAの並びで指定されている分子言語を解釈して差し上げて、自らに害をなすような物質を作り出している。
 別の例を挙げると、コンピュータ・ウィルスがある。これは、情報的には単なるバイトの並びにすぎず、ご丁寧にも解釈申し上げるのは、他でもない、オペレーティング・システムのAPIである。
 これと同様に、大衆は、ハンカチ王子、ハニカミ王子の印象を自らの心象に投影して、楽しんでいる。もっというと、プログラミング言語的にいうと、われわれは、スーパーアイドルの仮想クラスを心の中にいくつかもっている。そうして、いろいろな人物の印象が入ってくるたびに、仮想クラスからインスタンスが生成されて、あるメソッドをほどこす。ところが、多くの印象は、そのメソッドをほどこした結果のスコアが低いので、インスタンスは消されてしまう。ある特定の印象だけが、スーパーアイドルのインスタンスの存続を永らえしめて、大衆の心の中で育てられる。どのような属性の印象が、インスタンスの存続を永らえしるものかは、ある意味もっと難しい本質的な問いなのであるが、ここでは、とりあえず問わないことにする。
 君は、ハンカチ王子、ハニカミ王子を、インフルエンザ・ウィルス、コンピュータ・ウィルスに譬えているのか、と問われるかもしれないが、まあ、そうである。ただ、私は、ハンカチ王子、ハニカミ王子の現象の真の原因が、彼らの属性より寧ろ、大衆の心象の仮想クラスにある、という、当たり前のことを指摘したいだけである。そして、改めて、心の枠組みへの注意を喚起したい次第である。

2007年6月20日

欲望のトポロジ

 昨日テレビを見ていたら、折角美人の女性と幸せな結婚をしておきながら、奥さんの留守に自宅に女性を連れ込んで浮気を繰り返し、そのいう女性が四人もいた、という。また、そういう女性どおしが仲良く買い物に行ったりしていた、というのだから、更に呆れる。さらに驚くのは、そういう女性の一人が同居していた、というのだから、奥さんの気苦労は、並大抵ではなかったはずだが、果たして、諍いになって、奥さんは、夫に殺害されてしまう。
 こういう話を聞いて、なんとひどい話といってしまえば、それで終わりだが、私はつい、欲望のトポロジということを考えてしまう。すなわち、人間がどのようなことに強い欲望を抱くかは、生来の性格や、生い立ちで決まるのだと思うが、その結果規定される欲望のトポロジというか、欲望のマップは、一々世間の常識や法律を勘案して決まる訳ではない。法律や常識が関与してくるのは、欲望のトポロジの画定そのものでなくて、欲望のトポロジの現実世界へのマップ、すなわち、現実への発露のところである。
 で、長い前提の後に言うと、上記の男性は、次々と女性と関係を結ぶことに偏在したトポロジをもっていると思われる。そのような欲望が皆無の男性はほとんどいないであろう。しかし、多くの場合、スポーツとか、ギャンブルとか、会社の仕事とか、より社会的に問題になりにくい領域に欲望を拡散させていて、なんとか問題なく生きていける。だから、私が表面的に、上記問題の男性よりも社会的に無難に生きているとしても、それは、道徳的に高潔であるというよりも寧ろ、無難な欲望マップをもっている、ということにすぎない、とも言える。
 例えば、こんな社会があるとする。すなわち、本を読むことは犯罪であり、男女の自由な交わりは、子孫繁栄のために寧ろ奨励されている。これに近い社会は、あながち空想的ではなく、古代あったのではないかと思われる。というのは、妙な本を読んで下手な思想に染まると、支配者にとってとても有害であるからである。適当に恋愛をして楽しくやってくれる方がずっとよい。このような社会があると、私はとても苦しい。闇ルートで読みたい本を入手しようとする。しかし、それがばれて、警察に連行される。本を読む息子ということで、親にも見離される。きっと反社会分子として、まともな死に方をしないであろう。
 このように、たまたま、欲望のトポロジが社会の許容範囲とずれていると、日々、その軋轢に直面する訳であるから、大きなストレスにさらされる。そうしていくうちに、本来は、単なる女好きで気のいい人なのに、追い込まれて殺人を犯してしまうこともあろう。
 君は、犯罪を容認しようとするのか、と言われそうである。いや、違う。よく分からない前世の業なのか、不幸の生い立ちのせいなのか、社会的に偏った欲望のトポロジを抱え、苦しむ人が沢山いる、というその現実を考えているだけである。ギャンブル狂、シリアル詐欺師、殺人鬼、暴政の支配者(つい、ポルポトを想定いる。いや。スターリンか)。ずれた欲望のトポロジにどんな解決策があるのだろうか。

2007年6月23日

興味の変遷

 世の中には、加算無限個の不思議がことがあり、どれが一番不思議なのか、また謎というか不思議は順序づけられるのかというブログの記事を以前書いたことがある。そういう抽象的な議論は今はさておいて、昔からとても身近で不思議と思っているのは、興味の変遷である。すなわち、なぜ人の興味が移り変わり、また、移り変わらないのか、ということである。
 自分自身を顧ると、物心つく最小の年齢である3~4歳の頃は、やたら鉄道が好きだった記憶がある。たしか、オレンジや黄色の電車をみると、とても心ときめいていたのを覚えている。ところが、小学校に入る頃は、何かに没頭していた記憶が全くない。とりあえず、小学校の勉強を適当にしていたのだろうが、何かに特に興味をもっていたという記憶がないのである。
 それから、小学校4年の頃だろうか、図鑑の類が非常に好きになった。特に、昆虫の図鑑、岩石と鉱物の図鑑、海岸生物の図鑑が、私の中で三大マイブームであり、当時とても貧乏だった我が家で、母親に懇願してやっと買ってもらった。親に叱られても、友達に虐められても(結構、いじめられっ子であった)、家に帰って図鑑を眺めると心が休まった。学校に行っても、友達と遊ぶよりも、図書室に行って図鑑を眺める方がはるかに楽しかった。図書室には、私がもっているよりもずっと立派な高価な図鑑があった。まあ、そうやって、友達と付き合わないので、余計にいじめられる、という悪循環なのであるが。その頃は、大学に行って、昆虫か鉱物の研究者になりたい、と思っていた。
 ところが、小学校6年で、将棋と出会う。これが、最初は指しても指しても惨敗するばかりで、悔しくて仕方がない。この時点で、将棋が、私にとって数少ない遠距離力をもった趣味になろうなんて、考えてもみなかった。で、将棋はなぜか飽きもせず、今も細々と続けているが、中学2年になって、たまたま、鉱石ラジオを作ってみて、電子回路に興味をもった。それで5球スーパーという真空管ラジオも作ってみた。それで、高校は工業高校に行って、エンジニアになりたい、と先生に相談したら、その頃は、田舎だったので、クラスで比較的成績が上位で、普通科から大学に行って、そういうことを専攻すればよい、と言われた。その頃は、純朴で謙虚だったのだなあ、と今の傲慢な自分をみて思う。
 高校になって、その興味が抽象化され、物理とか数学が好きになった。それが、大学で物理を専攻するようになったきっかけである。ところが、物理も数学も、クラスの平均点に満たないのであるから、お笑いである。
 それでもラッキーで大学の物理学科に現役合格すると、今まであまりまともに勉強したことがなかったので、勉強が楽しくて仕方がなかった。またも将棋も大学で本格的に再開し、強い先輩に鍛えられて、なんとかアマ三段くらいまでになった。
 ところがである。大学3年の頃、突然、勉強が手につかなくなった。一種のノイローゼなのかもしれない。専門用語で、スチューデント・アパシーというらしい。この頃からである、自分の意志や興味は、実は自分ではどうしようもない、ということが分かったのは。それで、その頃の心の空白を埋めてくれたのは、クラシックギターへの興味であった。やることもなく、暇さえあれば、ギターの練習をした。なんとか、初心者に毛が生えた、アルハンブラ宮殿の思い出をかろうじて弾けるくらいまでにはなった。
 そうしているうちに、スチューデント・アパシーなどと親のすねを齧って甘えている訳にもいかなくなり、仕方なく単位をそろえて卒業した。ところが、卒業して就職したら、猛然と物理や数学の勉強がしたくなった。それで、クラシックギターへの興味は次第に薄れ、こちらはまあ、短距離力に終わった。いまは、ギターを手にすることもない。
 就職して、不本意にも特許部門、しかも事務みたいなことをやらされてとても不満で、生きがいは、将棋に打ち込むことと、数学を勉強することになった。会社を辞めて数学または理論物理の大学院に行きたかったが、どうしても生活の目途が立たなかった。親元を離れ、勉強なんて無駄と思っている親に頼ることはできない。将棋は、当時住んでいた関西の強豪に鍛えられて、かなり強くなった。しかし、アマ強豪のレベルにどうしても届かない、才能が足りないことを思い知らされ、悲しかった。数学だってそうで、数学はほとんど独学で勉強したが、なかなか大学3年の数学科レベルを超えられない。どうも自分は、1つの突出した才能ではなく、凡庸な幾つかの才能のポートフォリオで勝負するタイプになのかも、と自分を見極めてきた。不本意であったが。
 それで、たまたま外資系の会社に転職し、そこでも特許の仕事を担当することになった。これは今でも続いている。そこで、外資系ゆえなのか、弁理士の試験勉強を勧められた。それがないと昇進にとても不利なのだという。ところが、ここでも、意志の不随意に出会う。どうしても、自分をそういう資格試験の勉強に振り向けることができない。私は、記憶力はそんなに悪い方ではなかった。過去の将棋の局面を言い当てて、将棋仲間を驚かせることもあったので、部分的にはよい方だと思っている。それなのに、弁理士にもチャレンジすることもなく、くすぶって今に至っているが、自分としては、困難に挑戦しないのはなんとなく悔しい、というのもある。
 ただ、今の会社で、コンピュータのプログラミングに詳しい人がいて、この人にいろいろと刺激を受け、簡単なものなら、CやC++で書けるようになった。幸いにも、コンピュータのプログラミングは、私にとって数少ない長距離の趣味となった。
 外資系の会社に入ってからしばらくしてから、これは仕方なくであるが、真面目に英語と英会話を勉強した。すると、本当に私の努力したもののなかでは数が少ないが、英語はある程度使えるレベルになった。また、いろいろな人と付き合う関係で、韓国語と中国語にも興味をもった。しかし、これらは、悲しいほど成果がでなかった。
 このように、いろいろなことに興味が移り、多くのものは短距離で消え、長距離のものも、ほとんどが成果で出ていない。ただ、こうして考えると、大学に在籍していた頃からの最大の趣味といえば、読書で、これは本当に私にとって長距離の趣味だといる。
 もともと、興味の変遷の一般論を書くつもりだったが、つい、自分の興味史になってしまった。ただ、本当に不思議なのは、どうしてあることが突然好きになるのか、突然興味を失うのか、どうしてあることの興味は続くのに。あることは続かないのか、興味を差し向けることさえできないのか、ということである。この好きになる、興味を失う、続く、続かない、という原理は、男女間の恋愛と似た原理で動いているに違いないが、そちらの方はとんと疎いので、言及しないでおく。
 ともかく、こういう各論はいいので、もう少し興味変遷の原理というのをそのうち考えて、稿を新たに起こすことにする。

2007年7月22日

アスペルガー症候群

 新聞の書評をみていたら、発達障害の一種として、アスペルガー症候群というのがあるという。ダニエル・タメットという著者は、数字に対して異常な感性を示す発達障害で、例えば、自分は1月31日生まれだが、31は素数だから、滑らかで丸い。水曜日は、数字の9と同じようにいつも青い色をしている、云々と、どんな数字にも、そこに「意味」を見て取り、やりすごすことができない。
 その結果、二万桁以上もπを記憶する異常な記憶力と、アイスランド語をたった一週間でマスターする驚異的な語学力を備える。
 記憶力と語学力に卓越することが、何が悪いのか、と世間の人は思うことだろう。実際、そういう能力に優れると、日本の大学入試では、間違いなく勝者になれるはずである。
 ところがである、アスペルガー症候群の人は、自閉症に近く、他人と心を通わせることが、極端に苦手である。また、環境の変化に適応するのも、とても苦手である。
 このように見ていくと、優れた数学者は、何ほどか発達障害なのではないか、と推察させる。実際、小平邦彦だったか、ある優れた数学者の伝記を読むと、彼にとって、数学的概念とは実体で、そこにあるものであり、とても存在感のあるものなのだという。私は、下手の横好きで数学が好きだが、そのような実体感を感じたことがない。その点からして、とても数学者にはなりえなかったことが大いに推察される。
 さらに敷衍すると、文明の源は、程よい発達障害である、ということもできよう。すなわち、アスペルガー症候群になると、数字などの概念操作能力が向上し、記憶力も増大する。文明を担う者は、まさにそのような能力の持ち主である。
 一方で、そのような発達障害の持ち主は、コミュニケーション能力、適応能力がなにほどか欠ける訳で、そういう人々が文明を引っ張っていく訳だから、ある意味そういう精神不具者が快適に生活できるような装置を提供するのも、文明の重要な役割である。
 さて、昔ラジオを作製したときの経験から、増幅回路を構成するためには、あるポジティブ・フィードバックを、回路にかける必要があり、ほどよいフィードバックは、増幅率を向上されるが、少しフィードバックを強くすると、回路は自己発振して、最早増幅回路として動作しなくなる。このような類推から、文明の源は、程よい発達障害であるとすると、程よくない発達障害の輩も沢山いて、矩を超えた常軌を逸する行動にでる、ということがあり得る。そういう輩が、殺人、戦争、その他の災いをもたらすのでは、という考察も十分成立する。
 以前、ネオテニーのことを述べたが、ここで、そのことがまさに、発達障害の同義反復であるように思われる。
 また、以前、トルストイの「イワンの馬鹿」という童話を読んだことがあるが、これは、今にして思えば、小賢しい発達障害の輩に対するアンチテーゼとも読める。
 ともかく、発達障害と文明の関係の考察は、まだ、端緒についたばかりである。

2007年9月20日

複線キャリア

 私が敬愛する、渡辺千賀さんのブログを見ていたら、長年、連邦準備制度理事会の議長を務めた、グリーンスパンの経歴が書かれていた。すなわち、高校を出た後ジュリアード音楽院で学び、サックス奏者としてプロジャズミュージシャンを目指していたが、その後、ニューヨーク大学で経済を学び、コロンビア大学の博士課程に進むが、一旦中退。さらにその後ニューヨーク大学から博士号を贈られる、というものらしい。グリーンスパンの絶妙といわれた経済政策の隠し味として、その音楽素養があった、と考えることは心地よい。
 複線キャリアで成功した人として、他に思い浮かぶのは、アインシュタイン。彼は、大学を出てしばらく、特許庁の審査官をしていた。しかし、どれほど真面目に審査していたか、疑問。アインシュタインの場合に、審査官の経歴がポジティブに利いているのかどうかも分からない。
 他には、天才物理学者、ウイッテン。彼は、大学で最初、歴史学を専攻した。これは、著名な物理学者であった父親への反発があったかもしれない。そうして、ウイッテンは、一時、ジャーナリストをやっていたが、突然、物理学に転身、難解で知られる超弦理論にあって、さらにM理論という訳の分からないものを考え出し、天才として同僚に畏敬された。そういうウイッテンにあって、ジャーナリストの経歴は、分かりやすく考えを他人に伝えるうえで、意味があるという。
 さて、複線キャリアが、どんな場合にも有効か、というと、囲碁、将棋、チェスなどは少し違うのかも、と思う。理由は、囲碁、将棋、チェスは、知能的に短距離走であり、いろいろな人生経験や知識、発想をそこで豊饒に活かす、というものではない。よって、例えば、3歳で囲碁を始めて、小学生のときはもう、プロ初段の力があった、という趙治勲のような経歴が、とても活きる世界であり、逆に、大学で例えば経済学を専攻し、卒業してから突然囲碁に燃え、懸命に努力したところで、せいぜいが、アマ六段が関の山であろう。
 このように知性というか人間の才能はとても多様で、栴檀は双葉より芳し、とか言って分かったような気にはとてもなれない。

2007年10月26日

バルンガ病

 扶桑社新書 「狂い」の構造は、なかなか面白い。精神科医の春日武彦という人と、ホラー作家の平山夢明という人の対談形式である。
 最初、ほう、と思ったのは、「面倒くさい」が狂気の始まり、というステートメントである。例えば、2歳の子供を一人残して、スノーボードに行ってしまった母親がいた。あれなど、何も悪意はない。スノーボードに行きたい、どこかに子供を預けなきゃ、でも面倒くさい、まあいいか、と子供を置いて出かけてしまう。普通だったら、一人にされた子供は泣きつかれて、寝てしまう。しかし、火事になって亡くなってしまった。
 このように、とても身近な狂気というのを彼らはあぶりだす。
 春日はまた、バルンガ病という言葉を出す。えっ、何だと思ったら、自我が異常に肥大することをいうのだそうだ。「王様病」「女王様病」というと分かりやすいかもしれない。例えば、ある女優が、みんなにお菓子を配る。まさに、お姫様から受け取るように、みんなは、ありがたく、押し戴く。ところが、ある男がいて、甘いものがどうしても苦手なので、「すいません、ちょっと、甘いものは苦手なんです。」と答える。すると、女王様の顔が、さっと豹変する。「えっ、私のお菓子が要らないの?」 そこで男は、空気にはっと気づく。あ、もらわなきゃ、いけないんだ、と。そこで、「ああ、戴けますか。」。でも、もう遅い。女王様は言う。「誰がテメーなんかにやるかよ。うっせーな。」一体、あの、恭しかった女王の態度は、どこに。
 こうしてみると、ある種の狂気は、通常の常識人がもつ優先順位のセットを、少し変えたところだけで成立するらしい。優先順位が少しだけ変わる理由は、ちょっと度外れの面倒くささであったり、肥大した自我であったりする。肥大した自我がなぜ優先順位を変えるか、説明は不要だと思うけど、あえて説明すると、肥大した自我を護るために、他人の安全や名誉や、あるいは自分自身の名誉までが、どうでもよくなるのである。こないだの、沢尻エリカもそうだったか。
 「面倒くさい」と似ている概念に、「雑」がある。すなわち、世の中には超雑な人々がいて、例えば、部屋が足の踏み場もないほど、汚い。数ヶ月前食べたカップラーメンが、汁が入ったまま部屋の隅に放置されていて、いまや腐臭を放っている。あ、いかん、これは私の、独身時代の部屋だった。
 こうして、面倒くさがりやであったり、自我が肥大しすぎたり、雑すぎる狂気が語られるが、この本の後半は、ハイになる人、シリアルキラーと続き、この辺になると、精神病というよりも、犯罪心理学の世界である。しかし、後半は、事件が淡々と語られるだけで、最早説明されない。一体、シリアルキラーの心理をどうやって説明したらいいのだろう。その欲求不満は残るが、なかなか面白い本であった。

2007年12月 9日

鏡像左右反転

 鏡を見たとき、なぜ左右反転であって、上下反転でないか、というのは意外に難問で、古くはプラトンの時代から議論になっている、という。すなわち、任意の座標系で、左右も上下も特別でないのに、なぜ、左右だけが反転になるのか、という物理座標系の特殊性の問題に帰着される。
 ところが、先月、東大の心理学の教授、高野陽太郎氏が、英国の心理学雑誌に、実証実験に基づく論文を提出した。物理ではなく心理的アプローチである。それによると、111人の学生に、鏡を見て自分の姿が逆転しているかどうかを問い、その結果、逆転している、と答えた学生が65.7%、逆転していないと答えた学生が34.7%であった、という。
 これで分かったことは、人間は場合により、鏡の中の像を頭の中で変換して認知している、ということである。すなわち、多くの人は認知しないで認知し、ある人は変換してから認知する。これを裏付ける別の実験もあって、ロシア語のアルファベットには、ローマ字を左右反転したようなものがある。例えば、иは、ロシア語では、イーであるが、英語しか知らない人だと、なんだNがひっくり返っていると思うだろう。こういうことから、ロシア語を勉強した人は、一旦鏡の中の像を頭の中で変換して認知する傾向が高まる、という。
 従来、鏡像左右反転の問題に関しては、ファインマンや朝永振一郎などの物理学者のエッセーで触れられている。それは、特に今世紀に入って、自発的対称性の破れとか、重力理論の超対称性とか、要するに、対称性が、物理学でとても重要な要因であることによる、と思われる。では、彼らのエッセーに明確な答えがあるのか、というと、実は、彼らもはぐらかしている、というのが実際である。それは、私が思うに、この問題が、優れて物理学と心理学の混合した難問であって、物理的アプローチだけからは解けない、ということにあると思う。
 で、解ではないけれども、私の考えはこうである。先ず、顔に平行に並んで2つの目がついているのではなく、1つの目が額にあり、もう1つの目がお腹にある生き物を考える。すると、この生き物にとって、額の目の上の部分は、鏡の中でもやはり上であり、お腹付近の部分は、鏡の中でも、上の方の目から見て、下である。すると、上下は入れ替わらない。しかし、普通の人間にとって左右は入れ替わる。すると、やはり、われわれが水平方向に移動して暮らす生き物である、という生物学的な視点が大きいのではないだろうか。
 さらに面白いと思うのは、上記の高野陽太郎氏の論文に対して、物理学者から批判があることである。すなわち、大阪府立大学の多幡名誉教授は、「鏡像の左右反転、非逆転の根本的な理由に、心理は本質的なかかわりをもたない。」という。私は物理学のシンパであることで人後に落ちないが、これには笑ってしまう。すなわち、どうして、物理学の観点からそんなことが言えるのか、と。物理学でいえることは、上下を主とする座標系も、左右を主とする座標系も、等価である、ということであって、そこに暮らす人間がどう感じるか、ということは、どうしても心理学に委ねるしかないのではあるまいか。これはまた、マッハの感覚の分析から源を発する、科学哲学の根本問題の1つでもあろう。

2007年12月19日

佐世保猟銃乱射犯人の心情

 話題になっている、赤木智弘「若者を見殺しにする国」双風舎、という本を購入して、一部を読んだ。この著者は、32歳でフリーター、正社員の職に就ける可能性が見出せないのだという。そして、読み方によっては過激な、「私が戦争を希望する理由」を展開する。その論旨はこうである。世間のめぐりあわせによって、自分はフリーターになった。正社員になろうにも、そのチャンスは見出せない。一旦正社員として就職すると基本的には、その地位は安泰であり、もしリストラになるとしても、それはポストが減ったためであって、フリーターにポストが廻ってくることはない。こうして、フリーターが正社員に抱く怨嗟は高まり、自分が死ぬ可能性が高まっても、寧ろ戦争を希望するのだという。戦争になると、社会流動性が高まり、フリーターにもチャンスが巡ってくる。戦争で死ぬのは勿論嫌だが、その危険性を平等に負うなら、我慢できる、のだというような趣旨である。この要約は、私の文責である。
 このような心情を読むと、佐世保猟銃乱射犯人がもっていたと思われる感情を彷彿とさせる。すなわち、彼は、いろいろな仕事に就いたが、クビになり、資格試験にチャレンジしてもなかなか受からない。そうして無職で焦燥が募った。それこそ、何かの騒乱が起きて社会が流動すればいいとも思ったかもしれない。そう思っても、普通は、上記赤木氏のように、コラムを書いたり、その他の手段で心情を吐露することにより、なんとか気持ちをその都度鎮めるのだが、かの犯人は、たまたま、猟銃やミリタリー関係の趣味があった。そこで、ときどき銃を撃ったり、迷彩服を着込んだりして、気分を紛らわすのだが、結局は仕事がなく先が見えない。ところが、自分の仲のよい友人たちのある者は、結婚して子供がおり、ちゃんと仕事もあって楽しくやっている。綺麗な彼女がいる人もいる。みんなから人望があって、仕事がうまくいっている人がいる。それに引き換え自分はなんだ。もうこんな人生は生きるに値しない。しかし、楽しそうに暮らしている友人達が我慢ならない。道連れにしてやる、みたいな心情だったと推察する。
 で、問題提起としては、先ず、フリーターと言われる人たちに、どうやって正社員の門戸を開くか、ということである。まず考えられるのは、ワークシェアリング。正社員の仕事を減らして、例えば、日割りして仕事をアサインすることにより、フリーターと言われる人たちの正社員になる機会を増やすことができる。ただ、例の犯人の場合、そもそも、協調性に問題があるようなので、そういう問題でもないのかもしれない。
 次に、何度も言うが、銃保有の問題。どうして、市街地に住む人が、単なる趣味として、殺傷性の高い銃をもつことを許されるのか。射撃が趣味だ、というなら、射撃場に銃を預けっぱなしにして、持ち帰れないようにすればいい。前にも言ったが、どんな精神的に安定した人でも、場合により激怒することある。そのとき、たまたま目の前に銃があったらどうするか。つい、銃をとって撃たない、という保障がどこにあるのか。ましてや、精神的におかしい人が銃を保有することの恐ろしさは、バージニア工科大学の事件が如実に示す。
 ただ、どんなに銃を取り上げようとも、攻撃性を高めた人が、包丁などで、罪もない人を襲うことは防げない。例えば、池袋の路上殺人事件がそうである。運転を誤って突然道路に飛び込んでくる車のように、防ぐすべはない。それに遭わないことを幸いと思うしかなく、人生の、あまたある不条理の1つである、ということになる。

2008年1月 8日

赤ん坊の聴き取り

 生まれたばかりの赤ん坊は、あらゆる言語のベースとなる200種類の母音と、600種類の子音を聞き分けることができる、という。そうして、母親の喋る声を聞いたり、口の動きを見たりしながら、母語を自然に習得していくのだという。さらに、会話を聞いているだけでも、音と音の区切りを見つけて、単語とい単位を認識する能力ももっているという。特に文法を習うわけでもなく自然に会話をマスターするのだから、聴き取りの力は偉大である。
 私の拙い英会話の学習の経験でも、聴き取りの重要さを感じた。すなわち、私は、まえにもこのブログに書いたが、事情があって40歳から泥縄で英会話の勉強を始めた。最初は箸にも棒にもかからないが、ともかく、一日に2時間くらい英語を聞き流す、ということを2年くらい続けて、やっと、少し耳になじむようになった。すると、これに対応して、少し英語がしゃべれるようになった。すると、赤ん坊の聴き取りよりもずっと緩慢であるが、赤ん坊の聴き取りに相似することを脳が辿っている、ということになる。さらに2年くらい英語を聞き流していると、到底母語の日本語までは至らないにしても、あまり文法を考えないで比較的自然に英語が口から出てくるようになった。
 これでふと、類推のように思ったことがある。それは、最近話題になったiPS細胞のことである。これは、通常の体細胞に4つの遺伝子を、ウィルスなどを用いて注入することにより、多能性幹細胞に変性させたものだが、語学の習得は、ある種これの学習機能版であり、語学学習機能の多能性化である、といえる。ただ、語学学習機能の場合、遺伝子を注入するのではなく、ある種の波長の音というか声を聞くことで、学習機能が多能性化するのではないだろうか。語学の天才と言われる人は、少し音を聴いただけで、速やかに学習機能が多能性化するのかもしれない。そうして、あらゆる言語のベースとなる200種類の母音と、600種類の子音を聞き分ける、とまではいかなくても、少なくとも、母語よりは、聞き取れる母音と子音が拡張される訳である。
 ところで、ある種の音を聞くという作用は、あなどれない。例えば、モンロー研究所は、ヘミシンクと称して、左右の脳に微妙に異なる周波数の音を聞かせ、意識を変性させて、幽界や霊界と意識を繋ぐ作用をもたらす。実は、ヘミシンクは試してみたいけれども、まだ試していない。もし試すと、精神があちらの世界に引きずり込まれて、意識がおかしくなってしまうのが、まだ、少し怖いのである。

2008年2月22日

ブラックアウト

 いまからもう10年も前だろうか、新富町というところで、知的財産関係の外部団体とのミーティングがあった。そこでは、昼間の会合の後、ときどき、その場で、出前をとって、軽い宴会を行うのが通例となっている。そのときも、寿司や簡単なつまみ、ビールやチュウハイなどで、宴会が始まった。私は、その団体の参加は古株で、気の置けない仲間も多い。つい、盛り上がって、普段の飲みなれないチュウハイを飲みすぎてしまった。
 といっても、意識を失うほどではない。そのビルの入り口で、仲間達と、「じゃ、また。」と挨拶して別れた。
 ところがである、その後の記憶が全くない。気づくと、小田急線の電車の中で、座席に横たわっていた。もう小田原のあたりで、明らかに乗り過ごしている。ちょっと頭が痛いが、ひどく酔っている訳でもない。しかし、新富町から小田急線に乗り換えるのは結構大変で、有楽町線で永田町に行き、そこで延々と歩いて、丸の内線に乗り換えなくてはならない。そこから新宿で降りて、小田急線のホームに行くのも大変である。そういう作業が無意識でできるはずがない。しかし、切符を買った記憶も、改札口を通過した記憶も全くないのである。
 こういう風に記憶が飛んでしまった経験は皆無ではない。しかし、それは、呑み会で話した内容を忘れるというだけであって、家に帰るまでの電車の記憶は、断片的に残る。こうして、完全に途中の記憶が途切れる、というのはこれが唯一である。
 そのメカニズムはよく分からないが、ホームに落ちなくてよかったと思う。ときどき、駅で人身事故と聞くが、そのうちの大部分は、世をはかなんでの自殺であろうが、このような無意識のうちにホームに落ちて亡くなる、というパターンもあるに違いない。すると、人は言うであろう。遺書はないし、特に、悩んでいた風もないし、と。
 ただ、無意識のうちに手に刃物をもっていて、目の前に人が倒れていたという話があったり、無意識のうちに痴漢する、というのもあるらしく、ともかく警察のお世話になるような事態でなくてよかった、とりあえず、思う次第である。

2008年3月16日

なんでも一番

 新聞を見ていたら、相談コーナーで、4歳の息子をもつお母さんが、こう相談していた。「息子が、何でも一番になりたがる。これでは、友達とうまくやっていけないのではないかと心配。」と。
 それに対して、保育士の回答者は、自分が面倒をみる子供に、そういう子がいると、「一番を威張るなんて恥ずかしいのよ。」と諭すそうである。
 そして、それは、4~5歳児の通過儀礼のようなもので、だんだん、一番になれない悔しさや悲しさを体験したり、友達とうまくやっていけないことを通して、一番へのこだわりが恥ずかしくなるので、問題はありません、と回答する。
 それを読んで、つい苦笑いしてしまった。というのは、一番へのこだわりは、多くの場合、大人になっても封印されることなく、単に陰に隠されているだけであるからである。
 例えば、文部科学省は、「世界トップレベル研究拠点プログラム」を打ち上げる。すなわち、東大、阪大、東北大などに、世界の第一線の研究者が集まってくるような研究環境と研究水準を目指す、とある。こういう意図が、何でも一番になりたがる4歳児よりも、どれほど高邁なのだろうか。
 また、世間をみていると、トップを目指す意図が、傍でみていて、ちょっと子供じみているのではないかと思われる企業もある。すると、組織体の一人一人は、成熟した大人であっても、組織を形成すると、その構成員の精神の積集合になって、子供的な我侭な精神が組織の意志になってしまうのではないか、と、つい群衆心理の基本定理のようなことを考えてしまう。
 すると、経営学には、児童心理学を研究するのが有意義、ということにならないだろうか。

2008年3月25日

ゲームオタクを責めないで

 Webニュースによると、茨城県土浦市のJR常磐線荒川沖駅構内で8人が殺傷された事件で、逮捕された金川真大容疑者(24)は、典型的な「ゲームオタク」で、5年ほど前に秋葉原で開催された全国規模のゲーム大会で準優勝していた、という。
 これを見て、私は嘆いた、ああ、またオタクが責められるのか、と。そう、忘れもしない、宮崎勤の事件である。宮崎勤は、ビデオオタク、アニメオタクで、東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件の犯人であることから、オタク全般が、白い目で見られることになった。
 私が、なぜオタクを庇うのか、というと、私自身は、ゲームオタクでも、ビデオオタクでも、アニメオタクでもない。もしかして、何オタクでもないかもしれない。しかし、運動嫌いで、神経質で、蒼白く、インドア派で、本の虫で、宇宙論だの、霊だの、訳の分からないことを喋って、友人を煙に巻いている。そして、女性にもてた経験がなく、それ故に女性に対して屈折した思いを抱き、・・ああ、やはりオタクの素質十分である。
 だから、女性陣の、「こんな天気のいい日に、部屋に籠もってゲームやってるって、どうかしているわ。ところでさぁ、知ってる? こないだの土浦の通り魔殺人の犯人、ゲームオタクだったってよ。」「ええっ、うける~。やっぱり。ああいうのって、女の子と付き合いたくても相手にしてもらえないで、内に籠もっちゃってるのよね。それで、なんかのとき、爆発するのよね。」のような会話が始まると、私としては穴があったら入りたくなるのである。
 しかし、断固抗議したいのは、宮崎勤以外に、ビデオオタク、アニメオタクの殺人犯がいただろうか、金川真大以外に、ゲームオタクの殺人犯がいただろうか、ということである。隈なく調べた訳ではないが、意外にいないのだはないだろうか。そもそも、一般的にオタクは、殺人などという大それたことをする行動力なんてないのである。だから、もし宮崎勤や金川真大のような殺人を犯すとしたら、それは、オタク性以外の別の狂気に囚われたせいなのである。
 例えば、私は、子供の頃将棋が好きで、将棋を指していたら、勝負事が好きな者は親の死に目に会えない、とよく言われた。しかし、私がもし親の死に目に会えない、としたら、それは断じて勝負事のせいではない、単に親元を遠く離れて暮らしているだけである。
 もし非難するなら、ゲームオタクやアキバオタクではなく、寧ろ、競輪、競馬、パチンコなどのギャンブル魔の方であろう。そういうギャンブルで身を持ち崩して、お金に困って犯罪を犯す人は、沢山いる。それなのに、どうして、オタクがいつも、非難の的なのだろう。
 そもそも、オタク、オタクというが、大学でも会社でも、こつこつ研究する人はみな、よきにつけ、悪しきにつけ、オタクではないか。カミオカンデでニュートリノを探す人は、悉くオタクではないか。むしろ。オタクにあらずんば、研究者にあらず、ではないか。
 と、いくら言葉を尽くしても、そうよね、オタクって実は素晴らしいのよね、という展開にはならない。よって、そういう議論は避けて、私は、部屋に籠もるのである、ああやっぱりオタクだ、という非難を背に受けながら。

2008年4月17日

クロック

 最近、頻繁に自殺、引きこもり、無差別犯罪のことを聞く。そういうのは昔から同じようにあり、単に報道がとりあげているだけだ、という意見もありえる。というのは、犯罪率はむしろ、実質的に低下している、という統計もあるからである。しかし、一方で、自分の内面を省みると、通奏低音のように響く慌しさが、時間とともに高まっているように感じることがある。
 そこで今日、歩いているときにふと思ったのは、これは、世の中のクロックが早くなったのではないか、ということである。といっても、ドッグイヤーといわれて、時間が四倍も速く過ぎるといわれる世の中、今更何を、といわれそうである。
 ともかく、世の中というか、ある社会には固有のクロックがあって、それは次第に速くなってきているけれども、個々人には個々人のクロックがある。速い人もいれば、遅い人もいる。典型的には、ダーウィンなど、遅い人の典型であろう。速い人というと、沢山いるけど、コンピュータの基本的アーチテクチャの設計や、原爆の開発にも関与した数学者のフォン・ノイマンなどそうであろう。彼は、数学のどんな問題でも、たちどころに解いたという。
 すると、あるクロックで進む世の中にあって、それぞれ固有のクロックをもつ人々が暮らしている、というのが1つのモデルとなる。
 個人のクロックが、社会のクロックよりも速い場合はどうか。その個人は、多少苛立つかもしれないが、ともかく世間に適応していきやすい。意図的に自分のクロックを落として周りに合わせることもできるし、あるいは、クロックを進めて、世の中に先んじることができる。
 ところが、個人のクロックが、社会のクロックよりも遅い場合はどうか。個人は、基本的に、自分のクロックを早めることは、とても困難であるか、不可能である。すると、社会のクロックのシンクロナイズすることが要求され続けると、次第に破綻してしまう。コンピュータなら、I/Oがクロックに追随できないと、確実にコンピュータは暴走するか、止まってしまう。それが自殺、引きこもり、無差別犯罪の1つの原因ではあるまいか。
 クロックの速さは、頭のよさとあまり関係がない。ただ、ある種のゲームやパズルを解く早さとは関係があるので、クロックが速い方が、頭がよく見えることがある。
 私個人は、クロックは世間平均よりも速い方だと思っている。例えば、将棋でも結構早指しだし、仕事も速い方である。期限に追われることは少ない。ただ、速いのは、ただ速いだけのことである。すなわち、将棋が早指しだから強いか、というと、私の棋力を知る人は、笑うだろう。ただ速いだけで、愚手、凡手の連続である。仕事も、早いことは早いけど、と言われる。拙速な面があるよね、ということである。
 でも、将棋はともかく、私は仕事が研究職という訳ではないので、平凡な仕事を平凡に淡々とこなしていけばいい面があって、この慌しい世の中で、クロックの速さが有利に働いている。だから、私が精神的にとても弱く、どこかしら病的に偏執的なところがあるにも拘わらず、この中年までまがりなりにも世間に適応できたのは、そういうクロックの速さではないか、と思う。
 そういうと反論されるだろう。すなわち、世の中で自殺したり引きこもったりする人も、知能は高く、一時はテストが得意だった人もいる訳で、クロックが低いとは限らないのではないか、と。実際そうなのであって、すると今から私が言うことは段々、牽強付会を帯びてくる。すなわち、どうも知能のクロック以外にも、心のクロックがあって、こちらの速さも、世間の適応力に関係あるようだ、と。
 こう書きながら、自分でも、心のクロックとはなんぞや、と自問している。どうもそれは、きわめて単純に、一度に沢山のことを考えたり、切り替えたりする能力のようである。コンピュータでいう、マルチタスクである。単一CPUのコンピュータがそうであるように、一度に沢山のことを考える、といっても、結局は、瞬間瞬間は1つのことを考えている訳であるから、心あるいは思考の切り替えクロックである。頭のクロックと心のクロックはある程度相関しているようでもあり、そうでもないようでもある。私は心のクロックもある程度速いようである。これは自慢ではなく、単に、沢山の本を並行して読むことができる、あるいは、いろいろなことを考えられる、というだけである。しかし、一個一個の本の読み方は、悲しい程浅いので、知的に有意義であるとは限らない。
 で、思ったのは、今の世の中に適応するには、知能のクロックよりも寧ろ、心のクロックの方がより効いてくるかも、ということである。というのは、いまの世間に生きていると、嫌でも次から次へと思考を切り替えなくてはならない。いくら知能のクロックが速くて、数学の問題が速く解けるとしても、心のクロックを切り替えて次は例えば、予算の事案を考えるようにしないと、世間には適応できない。
 こうして、心のクロックが遅い人は、今の世の中にあって、自殺や、引きこもりなどになりやいのではないか、ということである。それでも、以前なら、世の中があまり均一に結び付けられていなかった。だから、ある場所に行くと、クロックが遅いので、そういう人も十分適応できた。しかし、このwired societyで、世間が均一にネットワークで結び付けられてしまうと、どこにもかしこにも、速いクロックが忍び込んできて、安寧の地は最早ない。
 かのゴーギャンは、結局、タヒチに逃れることで、遅い心的クロックを享受したが、そんなことが万人に許されるはずもなく、なんとかマルチクロックの世の中にしないと、息苦しさは増すばかりである。私のような、ある意味軽い、クロックの速い人間ですら、とても生きにくくなっている。

2008年5月26日

モラハラ

本屋で立ち読みして、これは恐ろしいと思った本がある。題名も著者も覚えていない、というのは、ざっと読んで、すぐに、その本を書棚に返してしまったからである。

モラハラとは、モラル・ハラスメントの略。その本をベースに、私なりに説明してみる。その本の著者は、普通の主婦。いや、元主婦というべきである。

会社にOLとして勤めているとき、ある男性と恋に落ちた。とても感じがよくて、親切。ときどき、ふっとよくわからない翳が過ぎることがあったが、気のせいだと思った。それで、とうとう結婚した。

ところが、新婚旅行に行ってびっくり。そこで、手のひらを返したように豹変した。すべて、自分中心なのである。旅行先で買い物に行きたいといっても、自分は行きたくない、で終わり。ところが、第三者に対してはとても親切で、ああいいご主人ですね、と褒められる。

家庭生活が始まっても、予告無く早く会社から帰宅するなり、この家には、夕飯の用意もないのか、と怒鳴り散らす。共働きだったのである。それで、勤め先からなるべく早く帰って、食事の用意をするようにした。ところが用意したらしたで、無断で飲み会に行き、夕食をすっぽかす。

それでも、めでたく妊娠した。すると、身重なのに、突然、家を買うと言い出す。そんな、こんな体なのに待ってよ、という声は届かない。おおきいお腹を抱えて、購入手続きに付き合い、また、必死で引越しの用意もした。

お産で、実家に帰った。すると、よくあることだが、おっぱいからばい菌が入って、乳腺炎になった。これは、熱が40度にもなることがあるので、主人の勤め先に電話した。するとマージャンしているそうなので、そちらに電話したら、「お前が勝手にばい菌を入れたのだろう。」はき捨てるように言って、電話を切った。それには実家の父も激怒した。

このようなことが延々と続き、著者は、やっと離婚を勝ち取った。モラハラの問題点は、決して暴力を振るわないことである。従って、定義的にDVではない。精神的にネチネチとやってくる。また、外面がとてもいい。だから、周囲は円満に思われている。だから、離婚裁判でも、なかなか理解してもらえない。

ここからが私の理論だが、どのような人間にも、エゴがあって、モラハラ陰性度とでもいうべきレベルがある。モラハラ陰性度があまり高くなく、また、レベルがあまり違わなければ、夫婦でも、友人でも、会社の上司・部下の関係でも、うまくいく。もし両方のモラハラ陰性度が高ければ、互いに反発し合って付き合わないので、問題はおきない。問題は、モラハラ陰性度に差がある二人が付き合う場合である。すると、必然的にモラハラ陰性度が高い方が、低い方を苛めることになる、意識的であれ、無意識であれ。それは、場合によって、とても悲惨な結末になる。どういうことか、あえて具体的には書かない。想像していただきたい。

モラハラ陰性度が高い人とは、どういう人か、多分、次のような人である。
- 自己中心的であるだげてなく、他人の利害や趣味を尊重しない。
 それだけなら、単なる偏屈だから、いいのであるが、
- 自分の利害にとても敏感なので、付き合って得する人には、とてもいい顔をする。会社の、取り立ててくれる上司などには、取り入る努力を惜しまない。だから、これで周囲の人は、とても思いやりがあっていい人と勘違いする。
- 他人の肉体的・精神的苦痛にとても鈍感である。一方、自分の肉体的・精神的苦痛に、異常に敏感である。よって、自分のわずかな苦痛を克服するために、他人の苦痛を、いともたやすくオーバーライドしてしまう。

特に最近であるが、こういう世知辛い世の中になって、却ってモラハラ陰性度が高い人が、出世する傾向がある。こういうのが、仏教でいう末法のかもしれない。ただ、モラハラ陰性度が低い人は、私がみるところ、とても霊格が高い。だから、モラハラ陰性度が高い人と出会って苦労することは、ある種のカルマ落としなのかもしれないが、そう言ったって納得する訳がない。ただ、永遠の不条理であることは確かである。

2008年6月27日

無意識からの開放

十台の後半、大学に入った頃であるが、青春特有の精神的な不安定さに悩まされていた。おそらく普通だれでもそうなのだと思う。それで、大学教養の授業で心理学を受講したのをきっかけに、フロイトなどの精神分析学に興味をもった。

今では細部は忘れたが、フロイトの学説によれば、患者に、心理カウンセラーが連想記憶を呼び覚ますような一連のカウンセリングをして、精神的な抑圧を無意識から顕在意識への呼び出すことによって、治療が行われるもというものだったと思う。フロイトの著作を読みながら、すると自分の場合も、心に襞にいろいろな抑圧の垢が溜まっているのだ、しかし、それをどう開放すればいいのだ、などと考えたりした。結局、具体的なカウンセリングを受けるまでには至らなかった。

そこで、一気に最近に下ってくるのだが、ニュースでいろいろな犯罪や事故の事件を見聞きするにつけ、私は、ついこういう発想をしてしまうのである。

例えば、朝、車を運転していてると、目の前の横断歩道を登校中の小学生達が連なって歩いている。そこで当然一旦停止するのだけれども、ここで一気に突っ込んだら、自分の世界が破滅するよね、と余計なことを考えてしまう。小学生達が横断歩道を渡り切ってしまうと、何事もなかったようにまた、車を発進させる。

あるいは、デパートに家族と行ったときのこと。ちょっとお手洗いに行きたくなったので、探していると、女性の小物やファッションのフロアで迷ってしまった。焦っていたのと、疲れていたのとで、目の前の女性達の後姿が目に入った。いまの季節なので、結構露出度が高かったりする。それで、結構魅力的な人だったのかもしれないが、その肌の印象が圧倒的に私に迫ってきて、我を忘れてしまいそうになった。故事で、空を飛ぶ仙人が、洗濯する若い女性の露出した太ももが目に入って、超能力を失う、という話があったが、仙人ですらそうで、私は仙人ならぬ俗人の最たるものである。つい、ふらっと、その女性の方に吸い寄せられそうになった。そこでやっとのところで、意識がもどって、立ち止まることができた。

後者の場合の反省であるが、女性をみかけたら早めに、無意識から、よくない感情を呼び出して、捨ててしまうべきだった。一瞬であるが、余裕がなくて、無意識にとどまりすぎた、といえる。

すなわち、人間なので、どうしても、邪な感情というのはある。むしろ、無意識の中にいつも蠢いていると言ってよい。そこを、自分は品行方正な人間で、純粋で清い心しかないのだ、などと思っていると、潜水艦のように無意識から浮かび上がった邪な感情に、撃沈されてしまう。

そこで私の提案は、無意識の中の邪な感情を否定せず、呼び覚まして、心のゴミ箱に捨ててしまうことである。例えば、自炊していて、包丁で野菜や魚を切っている最中つい、これで自分の頚動脈を切りつけたらやばいよね、などと突然思うことがある。そこで、そんな馬鹿なことなんて考えるんじゃない、と抑圧するのではなく、うんうんそうだよね、そう思うこともあるよね、と変に納得することが、無意識から感情を開放することになるようである。

これはフロイト学派の理論に沿っているのでは、などといったら、専門家から怪訝がられそうである。でも、もしかして、秋葉原無差別殺人の犯人の問題は、変に倫理的で、自分を抑圧するところがあったのではないだろうか。それで、邪な感情をうまく開放できず、結局、溜まった感情に撃沈されてしまった。早めに自分で想起して、通行人の列に車で突っ込むシーンを思い描くのである。すると、映画などを見ていれば、流血シーンが想像されよう。そう具体的に思い描くことがカタルシスになって、無意識が納得しないか。

私は心の闇を甘く見すぎているのだろうか。

2008年6月28日

嫉妬の非対称性

世の中を動かす巨大な情念のかなりの部分が、嫉妬からなっていることは、論を俟たない。それはむしろ、性欲よりも根源的である。

で、嫉妬に関して感じる疑問は、その非対称性である。例えば、一流と言われている大学を出て、一流と言われている会社に入社する一群の人たちがいるとする。すると、すると必ず、その部分集合で、他の人達に抜きん出て抜擢される人達が存在する。

抜擢されなかった人達が、嫉妬しない、という状況は考えにくい。そこで非対称性というのは、抜擢されなかった人達は、矢のような嫉妬心を抜擢された人達に送り続けているのに、抜擢された人達は、驚くほど、嫉妬心の矢に無関心である。地球を貫通していくニュートリノもかくやあらん、という程である。

なぜなのだろう。1つ考えられるのは、抜擢された人達は、ひたすら前を向いている。前というのは、会社の上層マネジメントであったり、直接の上司であったりする。ところが、嫉妬心の矢は、背後から飛んでくる。振り向けばそこに、矢が飛んできているのに、気づかない。それは、嫉妬心がもともと、ニュートリノであるからである。

嫉妬心がニュートリノであり続けるなら、それは一種の喜劇に留まる。いや、人生は本来、そこに留まるべきで、するとニュートリノの風が吹き荒れても、人生は平和である。

ところが、ヒッグス機構のような仕組みで、嫉妬心がニュートリノが質量をもってしまう。素粒子論のヒッグス機構が、自発的対称性の破れを想定していることはとても意味深い。なぜなら、上述したように、嫉妬自体に、根源的な非対称性があるからである。

嫉妬のヒッグス機構は、嫉妬心のニュートリノを、ボソンとして縮退させることによって、嫉妬心に質量をもたせる。この縮退には、ある一定の数以上のニュートリノが集まる必要がある。これは現実の言葉で言い換えると、複数人の嫉妬心が凝縮する必要があることを意味する。

さて、嫉妬心のニュートリノが、ボソンとして縮退すると、何が起こるだろうか。気づきの相転移である。すなわち、嫉妬する側は、最早嫉妬していることを自覚せず、一方、嫉妬される側は強烈な敵意を感じる。嫉妬心のニュートリノは、いくら投げつけられても痛くないが、ボソンと化した嫉妬心の威力は、とても大きい。しかも、無意識のうちに送られる。

このような嫉妬心の典型を私は、フランス革命にみる。本来、嫉妬心のニュートリノは、とても選択的に指向されていたのに、ボソンと化した嫉妬心は、相手を選ばない。革命が反革命になった、ということである。その1つの例が、ヴァンデ戦争であった。ヴァンデ戦争とは、フランス革命による無理な募兵令に反対して挙兵した農民たちを、「革命政府」が、考えられる最も残虐な方法で処刑した、という「事件」であった。

で、私の甚だ抽象的な提案は、嫉妬心のニュートリノに対して、ヒッグス機構が発言するのを防ごうではないか、ということである。例えば、ライオンといえども、嫉妬心のニュートリノは送り続けるだろう。ある群れが獲物にありついて、他の群れがそうでないとき、などである。しかし、ライオンでは、ニュートリノは、ボソンとして縮退することはない。なぜなら、そもそも、ライオンでは、ニュートリノに非対称性はなく、うまく双対的に働いているからである。

すると、嫉妬の対称性を保証するのは、嫉妬心のニュートリノに感応する、ある種のテレパシーであると推察される。心のカミオカンデと呼んでもよい。それを阻害するのが、大脳前頭葉の働きである、と考えるのも、それほど妥当性を欠かないと思われる。

こういう嫉妬の物理学に意味があると考えてもらえることは絶望的でろう。

2008年7月12日

フリーズする脳

ネットの書評にあった、「フリーズする脳」NHK出版、築山節著は、好著であった。著者は、脳神経外科医、しかし、最早手術はせず、ボケ・カウンセリングのようなことをしている。

この本が提案するとてもユニークな命題は、「脳はボケるようにできている。」である。どういう意味かというと、人間誰でも、ストレスが少ない快適な環境にい続けたいと願うものであるが。実際にそういう環境にあると、若くても急速に呆けてしまう。だから、言い換えると、人間は、呆けたがっている、と言っても等価な命題になっていると思う。

ボケの兆候として、著者は、次を例示として挙げる:
- 話の中に、「あれ」、「それ」などの指示語が多い。
- みんなが笑っているとき、タイミングよく笑えない。
- アイデアが浮かばない。思考が長く続かない。
- 人や物の名前を思い出せないことがある。
- 同じ相手に、同じ話を言ってしまう。
- 全体を考えることが苦手で、細部に固執する。
- 融通が利かない。流行や時事的なことに疎い。
- 物をよくなくす。紛失物をうまく探せない。
これが一つも思い当たらない人はなかなかいないと思うので、要は程度問題なのだろう。

さて、筆者は、ネットに没頭したり、検索エンジンで探しさえすればいいというような状況を、脳のボケの原因とみなす。そういう状況だと、脳の短期記憶や、創造性が刺激されず、脳の単一の狭い領域しか使わないことになるからである。

私は結構ネットに没頭する方で、ちょっとやりすぎではないか、と指摘されるほどであったりするが、一方で、ネットに没頭することを礼讃するような、梅田望夫氏のような意見に違和感を覚えてきた。すなわち、梅田望夫氏は、インターネットは偉大なる外部記憶であって、ネットサーフィンして、情報をかき集めることによって、偉大な学習ができるとか、インターネットに情報があるので、記憶から人間が開放されるみたいな言い方に、それだと大事な機能が衰退するのではないか、と思いつつ、うまく理論付けできないでいたが、築山節氏のこの著書が、よい説明を与えてくれた。

実際、インターネット上に情報があり、いつでもそれを検索できる、とはいっても、人間は、かなりのことを記憶しておく必要がある。コンピュータで計算できるといっても、基本的な計算能力が必要であるのと同様である。

また、よくぞ言ってくれた、と思うのは、雑用の効用である。会社などでよく、雑用があるから、本業の研究などの仕事がはかどらないので、そういう雑用は、サポートの者、あるいは秘書に全部任せるのがよい、のようによく言われる。ところが、私の観察によると、実は、雑用の純度が低すぎると、却って脳は、うまく機能しない。それこそ、仮性のボケ状態になって、脳が空回りする状態に陥る。いわゆる、脳の「楽したい」ルーチンの発動で、これを、筆者に倣って、フリーズする脳、と呼んでもよい。

脳はもともと、多様に使う必要がある。歩いたり、鉛筆を削ったり、花に水をやったり、コピーをとったり、鉛筆で計算したり、緊張を要する相手(上司?)にレポートしたり、叱られたり、等々である。それによって、脳のさまざまな箇所が刺激され、脳は機能を保つことができる。

ところが、ネット上で検索したり、メールを書いたりするだけで仕事ができていると、そうやってコンピュータを使うこと以外の機能が退化してしまう。

あるいは、実務ばりばりだった人が管理職になる。そして、実務をやらないで、単に部下に指示するだけだと、また、部下との会話も少ないと、本当に、ほとんど頭を使わなくなって、急速に呆けるということがありえる。こうして、会社には、思考停止型の管理職が少なくなかったりする。そういう人を周りは、管理が忙しすぎるせいだ、と一層秘書に雑用を任せるようなことをする。すると、一層、脳のフリーズが昂進することになる。

手前味噌だが、私は、こういう危機をなんとなく体で分かっていたような気がする。それで自分に言い聞かせていたのは、「狭い頭を広く使おう」という、自作の勝手な標語である。

それでまず、会社では、自分でできる雑用はなるべく、人に頼まないようにした。もちろん、全く頼まないなんてことはできないので、頼む程度を減らすのである。すると、ときどき、後悔するように面倒な目に遭うこともある。コピーするために、ホッチキスをはずすとか、計算を工夫するために、新たにPerlのスクリプトを書き起こすとか。しかし、そうやって適度に脳を苛めるのは、築山氏によれば、ボケ防止によいのである。

あとは、前にも書いたが、家内がいないとき、出来る範囲で、家事をきちんとやることである。特に、料理とか、普段使っていない脳の範囲を刺激するのによい。

その結果、会社ではそこそこ、能率よく仕事ができている、と自負する。私がとても質の高い仕事をしているかどうか分からない。そうではないのではないか、という意見があったとき、反論できない場合もあるだろう。しかし、私が能率よく仕事をしていることを完全に否定できる人はあまりいないと思う。それを、他人は、「雑用を結構やっているのに」と、不思議がるが、私から言わせると、「「雑用を結構やっているからなのだ」ということである。このあたり、とても非自明で、どうしても周りに理解してもらえない。

それで、次のようなアナロジを話すことがある。すなわち、肉食が体力の源泉であることはよく知られている。それが、米国人がばりばり働いている秘訣である、といわれる。そこで、野菜などの副食を減らして、どんどん肉を食べることで、われわれももっともっと、馬力が出る、という考え方がある。それは、丁度、雑用を減らして本質的と言われている仕事にフォーカスした方が能率が上がる、と言われているのと似ている。

しかし、肉食に偏りすぎると、一時的に体力が上がったように見えても、確実に、栄養のバランスを失う。肥満、動脈硬化、心臓病などに罹りやすくなる。こうして、雑用としての野菜、果物、醗酵食品などを摂ることが正当化される。

私はさらに類推を続ける。すなわち、会社で、儲からない部門は売却して切捨て、選択と集中により、儲かる部門にフォーカスして業績を維持する、という考え方がある。それにどんな不都合があるのか、ということになる。

しかし、あまりにドライに選択と集中を繰り返すことによって、非採算部門であってもなにかしらノウハウの源泉になっていた仕事と人材が失われてしまうことになる。こうして、会社は、一時的に資金を入手するものの、次第に創造性とノウハウを失っていき、他社ができないユニークなことが何一つなくなってしまう。ヘンリー・チェスブロウのオープンビジネスモデルにも、私は、同様な脆さを感じる。

こうして私は、選択と集中ではなく、雑用と放散の概念のもと、今日も、家事にいそしむのである。いささかのうっとおしさを、覚えつつ。

2008年7月13日

過去の栄光

私は、人生を生きていく上で、過去の栄光とは、よいものだと思ってきた。何か辛いとき、ほらあんなこともあったではないか、と過去の栄光を思い出して、自分を励ますことができる。

そういう風に、過去の栄光に浸ることに、ポジティブな意味があることを私は否定しない。私が、そうやって浸るべきわずかな栄光を作るために、若い頃頑張ってきた、ということはかなりある。

しかし、この歳まで生きてきて、どうも過去の栄光のネガティブな面が目に付くようになった。例えば、今までばりばり働いてきた人が急に精神的に落ち込むことがある。原因は、仕事の失敗であったり、肉親の不幸であったり、原因不明の精神疾患であったりする。

それで、精神的な落ち込みから回復するとき必要なことの1つは、プライドの回復である。おそらく、一番よい回復方法は、作業療法的なものであろう。今の精神状態でできることを地道にこなして、次第に作業の難易度を上げていく。ここでいけないのは焦ることである。冗長なまでに、ゆっくりと、ことを進めなくてはならない。

ところがである。その人に、顧みるべき過去の栄光あると、却ってまずいことになることがある。すなわち、地道な作業療法をするのではなく、自分には、あの過去の栄光があるから、自分は偉大なのだ、とそういう風にプライドを満足させてしまうと、その過去の栄光に囚われて、一歩も前に進めなくなってしまう。

その場合、なぜ過去の栄光がいけないかというと、過去の栄光にすがるために、大脳前頭葉の機能を駆使する必要が全くない、という点にある。すなわち、脳の側頭葉だかにある記憶の部位をちょちょいと刺激するだけで、過去の栄光の記憶は蘇ってくる。スポーツ選手なら、華やかなファンファーレ、熱狂した群集。科学者なら、国民的な賞の授賞式。過去の栄光は、決して自分を裏切らない。自分がどんなに落ちぶれても、そこに戻っていくと、やさしく自分を抱擁してくれる。

私の好きな中島みゆきの歌に、「アザミ城のララバイ」というのがある。なんとなく、売春宿っぽい歌なのだけれども、歌詞は、「ララバイ、一人で眠れない夜は、ララバイ、私を訪ねておいで」で始まる。それは、まさに疲れ果てて燃え尽きそうな人にとっての過去の栄光ではないだろうか。

過去の栄光に浸りやすい人は、過去に、押しも押されもしないエリートだった人だろうか。一般的にそう信じられているが、私の観察では、かならずしもそうではない。すなわち、客観的にみてちっぽけな過去の栄光だったとしても、自分の方が上だった、と思える人達を思い浮かべることができ、よって、どんな人も、過去の栄光を心に抱くことができる。例の秋葉原無差別殺人事件の犯人は、中学時代に秀才であったことが、過去の栄光であった。いつもそこに戻っていき、現在の惨めな状態と比較して、欲求不満を募らせていった。

一々書かないが、私にも個人的に過去の栄光と思っていることがいくつかある。そして、辛くて、そこに縋ったことは一度や二度ではない。しかし、未来志向の努力もせず、売春宿に駆け込むみたいに過去の栄光に縋りついて、それがその後の好転に結びついた記憶が皆無である。

してみると、本当は、過去の栄光は、粗大ごみに出すに如くはないのではないか。丁度、昔からもっている、古ぼけた思い出の縫いぐるみのようなものである。一杯思い出の詰まった熊の縫いぐるみを、捨ててしまうのは、場合によっては身を切るように辛い。

でも、だったら、次々に新しい縫いぐるみを買えばいいのである。自分で作ればいいのである。そうやって、新しい縫いぐるみが次々にあるなら、昔の古ぼけた思い出の縫いぐるみに縋ることもない。せいぜいが、ときどき懐かしむだけである。すると、捨てなくても害はない。だから、過去の栄光は栄光としてうっちゃっておいて、新しいサイクルを回さなくてはならない。

すると、落ち込んだ人からしかられそうである、そんなこと分かっている、と。それが出来れば苦労しない、と。

実はそうなのである。心は自分のものであって、自分のものではない。過去の栄光にすがりたくなくても、それ以外の進路を心自体が許してくれないことがある。そうなった人にどんな出口があるのだろうか。

私にとって、そうなったとき救いだったのは、外圧的なルーチン作業であった。学生のときなら、バイト、会社では、どうでもいいようなルーチン・ワーク。ううん、それくらいしか、私はいえない。

2008年7月17日

男性脳と女性脳

もう限りなく議論されたことだが、いくら男女の能力の差はないといっても、また、男女雇用均等法があっても、科学、囲碁、将棋の分野で、女性の実績が男性のそれに及ばないことは明らかである。

それを、男女の社会進出の差に帰する人もいて、確かに、そういう面はあるだろう。しかし、私は、どうしても、男性脳と女性脳の違いということを考えてしまう。

それで、さっきふと思ったのが、コンピュータで言うなら、男性脳は、リアルタイムOSであり、女性脳は、WindowsやLinuxのような普通のOSであるのだはないか、ということである。

リアルタイムOSはどういうシステムに使われるかというと、典型的には、ミサイルの組み込みシステムである。すなわち、ミサイルの組み込みシステムは、高速で動く目標物の位置の変化を刻々と捉えて計算しなおし、瞬時に軌道修正しなくてはならない。すなわち、その計算処理に特化するので、マルチタスクだの、仮想記憶のページフォールトだの、悠長なことは言っていられない。

では、普段の仕事に、リアルタイムOSが使えるか、というと、例えば、表計算ソフト等の計算は最高速でやってくれるが、GUIは乏しいし、タスク切り替えは手動でしなくてはならないなど、とても日常業務に使えたものではない。ここはどうしても、WindowsやLinuxのような普通のOSでなくてはならない。

すなわち、リアルタイムOSである男性脳は、特化されたジョブを追及するのに向いており、一方、普通のOSである女性脳は、家事のような、あるいは秘書業務のような、全般に注意を払う必要がある業務に向く。

これは、あまりにも俗な言い方であるが、男性は狩猟のため、特化されたジョブを追及するようになったのであり、女性は家事全般のため、全般に注意を払う能力になったということであろうか。

私は逆であると思う。すなわち、もともと男性脳は、特化されたジョブを追及することしか向かないのである。

OSでも、WindowsやLinuxのような普通のOSの方が、リアルタイムOSよりも、はるかに機能がリッチである。聞くところによると、普通のOSを、リアルタイムOSに作り変える試みがあるそうだが、それはまさに、機能を削ぎ落とすような作業であるという。

すると、普通のOSである女性脳は、リアルタイムOSの男性脳よりも実は機能が豊富であり、優れている、という見方もできる。しかし、その豊富な機能を調整するためのコストがかかり、却って、囲碁や将棋などの単能を追うには不向き、ということになる。

これは1つの説明になっていると思うのだが、いかがであろうか。

2008年7月18日

知恵熱

小さい子供はよく熱を出し、それは知恵熱と呼ばれたりする。すなわち、子供というものは、熱を出したり病気になったりしながら、免疫力もつけつつ、成長していく。しかし、知恵熱は子供だけではなく、大人にもある。

私の主要な趣味は将棋であるが、高校の頃は、アマチュア1級程度しかなかった。しかし、田舎の高校だったので、私が学年で一番強かった。

で、大学に入ったからなんとなく、将棋部に入った。ところがである。そこには鬼のような人が沢山いた。すなわち、アマチュア四段くらいある人が何人もいて、しかも一様に容赦してくれないのである。

そんなアマチュア1級の私が、アマチュア四段くらいの先輩に歯が立つ訳がない。果たして、20連敗はした。そこで連敗が一旦止まったのは、私が熱が出て、三日くらい寝込んでしまったからである。ああ、それが知恵熱なのだ、と朦朧とした頭でそう思った。

知恵熱が直って、再び将棋部の部室に顔を出したが、もちろん、そんな簡単に勝てる訳ではない。しかし、負けつつ必死で定跡などを勉強していると、1年くらいたって、アマチュア四段の先輩にも、ときどき勝てるようになった。

一方で、最近、自宅のパソコンに、Windows XPのSP3を導入した。SP2のときのような物議をかもすような大アップデートではなく、単なるセキュリティ強化だけだと聞いた。しかし、SP3をあてるのに時間が50分もかかり、その間、何もできない。それだけではなく、例えば、もしSP3をあてている間に、ノートパソコンのバッテリがなくなるなどのトラブルが生じると、サービスパックをあてている最中のPCは、とても微妙な状況なので、パソコンが二度と立ち上がらないなどの壊滅的な状態になってしまうことになる。

それで私は、サービスパックやセキュリティパッチをあてる状態は、人間でいう知恵熱ではないのか、と類推してみた。

さらにこれを進めて、次のような仮説をたててみた。
1.人間は、とても困った状況や、いろいろ学習しなくてはいけない状況に陥ると、知恵熱状態になる。これは本当に熱が出る場合もあるし、なんとなく、呆然としていることが多い状態になることもある。そのとき実は、脳に、サービスパックやセキュリティパッチが当てられつつあるのである。そんなサービスパックやセキュリティパッチは、どこから来るのか。脳は、少なくとも、ネットワークには接続されていない。もしかして、ある種のサービスパックやセキュリティパッチは、もともと、脳に内在しているのかもしれない。あるいは、どこからとなく送られてくるのかもしれない。ウィルスには、DNAが含まれているから、ウィルス感染のかたちをとるのかもしれない。サービスパックやセキュリティパッチが成功裡にあてられて、知恵熱が終わると、脳は何らかの進歩を遂げる。
2.そこで、そういうようにサービスパックやセキュリティパッチが当てられつつある状態では、脳はとても不安定である。そのタイミングで、強いストレスや外圧がくると、普段だとなんでもないことが、壊滅的に効いてくることがある。世の中の多くの事件や事故のうち、このような不安定な脳によって引き起こされたものがあるのではないか、という仮説を立ててみたが、どうだろうか。要するに、脳にサービスパックやセキュリティパッチが当てられつつある状態では、そっとしておこう、という対応を提案する次第である。

2008年7月21日

変であることについて

人間とはもともと、変わった動物であって、あいつは変だ、という言い方がよくされるが、しかし、一方で、人間はどこかしら変で、まともな人などいない、というのもまた間違いではなかろう。

とはいえ、私は、小学生の頃、「変人さん」とか「変ちゃん」などと、あだ名自体が、「変人」なのであって、これはかなり、札付きの変人であったと言ってもよいのではないか。

そう呼ばれても仕方なかった、と今にして思うのは、次のような経緯がある。私は、三歳にして小児結核にかかり、一時はかなり重態であった。結核は、伝染病なので、親元から隔離されて、電車で一時間もかかるような国立病院に入院していた。結核で幸いであるのは、いよいよ先が長くないというところになるまで、ときどき咳き込む以外に自覚症状がないことである。いよいよになると、喀血したりして悲惨らしいが。

で、退院したのは小学生になる直前であったが、なんとか小学校には普通に入れようと、親がかなり無理して退院させたらしい。しかしである、三歳から小学生になる頃までは普通、どろんこになって、水遊びしたり、駆け回ったりして楽しく遊ぶ、ある意味人生の大事な時期である。そこで、病院に隔離されて同病の子供たちと室内でちまちま遊ぶことしか許されないと、なんというか、遊びの文法とでもいうべきものが全く身についていない、ということになる。

そういう状態で小学校に入って、いきなり、みんなとうまくやっていけるとしてたら、寧ろ奇跡である。案の定、まともに相手にしてもらえなかった。

例えば、メンコしようと誘われても、メンコのやり方もわからない。いろいろな遊びのルールが分からない。そうしているうちに、呆然としていることが多くなった。脳が、うまく情報処理できないのである。「ほら、あそこ」といわれも、何を指しているのかが、文脈から分からない。そういうことから、「ヘンジン」のあだ名が定まった。

あと、私は子供の頃から吃音の癖があった。それで結核になったとき、特効薬としてストレプトマイシンというのを飲んだが、どうもこれには副作用があって、言語障害も生じることがある、という。そのせいか、小学校のとき、まともに話せないことがよくあった。ただ、父親も弟も、少し吃るので、遺伝的なものもあるだろう。

それと決定的だったのは、スポーツができなかったことである。子供の世界で、野球などのスポーツができないとかなり悲惨である。うちの家族はだいたいが、運動神経がよくないが、三歳の頃から小学校に上がるまで、絶対安静みたいにしていると、さらに運動能力が低下するに決まっている。

それで、ぼうっとしているは、まともに話せないわ、スポーツはできないわ、で苛めの格好のターゲットであって、変人扱いされること、ここに極まったのである。

偏屈の私は、いかなる意味でも、変人扱いされる原因を努力により解消しようとは思わなかった。ただ、ひたすら、退避し一人の世界に沈殿した。

こういう私だから、今でも、「君はおかしいのではないか。」とまともに指摘されると、むかつき半分と、逃げたい気持ちが、0.25くらいである。私だって負けん気はあるので、とっちめてやろうという気持ちになることは、残りの0.25くらいあるが、子供の頃喧嘩して勝ったことがないという記憶がトラウマになって、なるべく攻撃的でないようにしようとしている(最近は、歳をとったせいか、かなり言いたいことを言うようになってきている)。あ、あと軽いが、強迫神経症的なところがある。鍵をかけてきたのに、かけてないんじゃないかと何度も確認したり、外国旅行にいくとき、何度も何度も、パスポートの所持を確認したりするところがある。

そういう札付きの変人である私にとって、許せないタイプの変人、というのがいる。それは、他人の苦しみ、労苦、手間、などにおそろしく無頓着である変人である。

私は、札付きの変人であるがゆえに、妙なことをしでかしてしまい、結果的に他人に迷惑をかけてしまうことは結構ある。コーヒーカップを倒してしまうとか、予定をうっかり間違えるとか、メールを読み間違えるとか、である。しかし、すくなくとも、他人の労苦や手間に対する配慮は、人並みだと自負している。

ところが、特に社会に出て、とても他人の労苦に無神経な変人がいることを知った。例えば、Aという仕事があって、それには、αという雑用が付随するとしよう。私だったら、αなんて大したことない、とA+αを自分で片付けてしまう。その方が楽なのである。ところが、αなんて自分の本来やる仕事じゃないと、平気で他人に振ってくる人がいる。自分でやったらすぐに済むその雑用も、他人は経緯が分からないので困ることがある。それで思案していると、いろいろと追加の注文をつけてきて、他人はますます困る。完全に、他人にも独自のスケジュールがあり、それを侵害している、ということを忘れている。

また、どうでもいいことで他人を怒鳴りつけて不愉快にさせる変人もいる。

このように、なるべく自分で完結しようとする私のような変人を、陰性の変人と呼ぼう。一方で、他人を巻き込んで、周囲をがたがたにして意に介さない変人を、陽性の変人と呼ぼう。

世の中に、どちらの変人が多いのか知らない。ただ、陰性の変人は、近づいてみないと分からないので、どうしても、陽性の変人の方が目につく。程度がひどい場合、人格障害だ、と叫びたい気持ちになることがある。

変人を変人でなくす手はないと思う。昔から、馬鹿につける薬はない、ということである。しかし、せめて、陽性の変人を陰性の変人に変える手はないのか、とふと思う次第である。

2008年8月 8日

つまらない男

にしおかすみこ風に言うと、「つまらない男っていうのは、どこのどいつだぁ~、あたしだよ!」ということになる。

家内が言うには、私ほど、つまらない男はいないそうで、私もそれに反論する気はない。どうつまらないか、きちんと説明したもらった訳でもないので、自分の想像力で補いながら、書いてみる。

まず、男性的魅力に欠ける。それは仕方ない、そもそも、セックスアピールという言葉ほど、私に縁遠いものはない。

また、女性心理を全く理解していない。例えば、女性が何が好きか、どういうタイミングでどう言われたら喜ぶか、ということを、いわゆる軟派な男性ならちゃんと理解しているだろう。軟派ではなくても、理解していないことを少なくとも恥ずかしいと思うだろう。しかし、私は、そんなもんなんぼのもんじゃい、と知らん顔である。別に開き直らなくてもいいのでは、とときどき自分でも思う。

では、軟派でない、といいつつ、硬派かというとそうでもないのである。女性心理なんて興味ない、という風でも、ばりばりのやり手で、会社の社長であったり、喧嘩が強くて、エストロゲンむんむん、というなら、そういう男性に魅力を感じて、ついていく女性は結構いるようである。例えば、ITベンチャーの社長とか、ヤクザの幹部とか、びっくりするような美人の奥さんがいたりする。そういえば、あるITベンチャーの社長は、奥菜恵と結婚したけど、直ぐ分かれた。関係ないど。

さらに、服装や身なりに全く配慮しない。例えば、靴下に穴があいていても、ボタンが掛け違えていても平気である。まるっきり色のコーディネート合わない服装でも平気である。

ただ、分かってくれとは言わないけど、私にも若干の主張はあるのであって、それは、消極的な価値で示すということである。すなわち、ちゃんと金を稼ぐ、浮気しない(しないのではなく、できない、チャンスない)、浪費しない(でもないか、本はかなり買いまくっている)、暴力振るわない(単に、喧嘩弱いだけ)、暴言吐かない(単に、気が弱いだけ、その分内向している)、など。

そういうのは、結構重要だと私は勝手に思っているのだが、どれも、そうでなくなってからでないと価値が分からないものばかりである。だから、常識的には、そういうメンテナンス的努力を、もう少し、見やすい方に差し向けるべき、ということになるのだろう。

あと、決定的によくないのは、自分で自分のことをつまらないと思っていない、ということだろう。なぜよくないかというと、本とかパソコンで自分の世界を築いてしまい、自分と付き合って楽しんでいるからである。こうなってくると、内向の極地で、他人に対するサービスを決定的に欠いてしまう。

例えば、どこかに旅行するとしよう。そのとき、退屈しのぎに誰かから何かの本を貰うくらいなら、私は、真っ白なノートを数冊もらう方がいい。そこに、このブログのように適当なことを書いて、楽しく自己満足する。そこで留めておけばいいのに、他人に対しても、単に白いノートを渡して楽しんでみたら、みたいなモードでいるから、MAXつまらない男と思われてしまう。ああ、仕方ない、仕方ない。

2008年8月14日

電車の女性運転手

私は、小田急線で通勤しているが、今朝、ああっと思った。ホームをやってくる電車をみていて、運転手が女性だったからである。横に別の男性運転手が控えていたので、車の運転でいえば、仮免練習中といったところか。ともかく、電車の女性運転手を見たのは、これが初めてである。

タクシーの女性運転手というのは、最近結構見るようになった。運転技能に不安を感じたことはないが、夜、人気が少ないところに行く場合、心配ではないか、と女性運転手に聞いてみたことがある。すると、そういう場合、お断りすることもあります、と言っていた。うん、その方がいいと、納得した。

バスの女性運転手のことは、以前ブログに書いたが、そのときは見習いだったが、最近、ときどきであるが、見習いではなく正式な女性のバスの運転手もみかけるようになった。とてもはきはきしていて、やる気なさそうな男性運転手よりも、却って好印象だったりする。

電車の女性運転手はというと、タクシーの女性運転手のような治安の問題はないので、バスの女性運転手程度にはいてもいいような気がするが、今まで見たことがないのは、電車の運転手が誰か、普段あまり注意を払わないからかもしれない。バスなら、嫌でも分かってしまう。

ただ思うに、電車は、朝早くから夜遅くまで運転しているし、例えば、小田原から新宿までの各停などというのもあるので、また、乗客の数も多いので、バスよりも責任は重いし、シフトもきついのではないか。よって、男女雇用均等法はあるものの、女性に電車の運転をさせるのは酷ではないか、とつい思ってしまう。

でも、女性の言い分としては、電車の運転手を是非やってみたい、という人もいる、ということだろう。最近は鉄道マニアの女性も増えていると聞く。そういう人が、試験を受けて合格すれば、鉄道会社も、女性の運転手への門戸を閉ざす訳にはいかない。それこそ、男女雇用均等法の出番である。ただ、シフトを組む担当者としては、女性の運転手が混じると、余計な苦労も増えると思うが、そこは時代だから、と我慢するよりないだろう。

ところで、電車はともかくとして、旅客機で、女性のパイロットというのを見たことがない。私の限られた飛行機での旅行経験なので、自分で見るというのはあてにならないが、そもそも聞いたこともない。これは、そもそも女性採用の門戸を閉ざしているのだろうか。いや、やはり男女雇用均等法が厳然とあるので、それは無理である。すると、応募する女性はいるのだが、試験で落ちてしまうか、それとも、そもそも、流石に、パイロットに応募する女性がいない、ということなのだろうか。

私の推察はやはり、応募する女性がいないのでは、ということである。理由は、スタチックな頭脳ゲームである囲碁や将棋でも、本気で取り組む女性は、ほんの一部である。一方で、アキバのカリスマ・ゲーマーみたいな人で、女性がいる、という話を聞かない。で、私の勝手な推察だが、パイロットというのは、その一部の資質に、囲碁将棋的判断能力と、コンピュータ・ゲーム的瞬間判断及び機能使いこなし能力とを必要とするような気がして、この両面を備える女性というのは、数学でいえば、少ない数の二乗みたいになって、ほとんど零に収束しているのではないか、というのが推察である。男性脳と女性脳で議論したように、リアルタイムOSでない脳をもつ女性は、やっぱりパイロットには向かないと思う。どんなに頑張ったって、介護などのアメニティー能力で、男性が女性に勝てないのと同じである。パイロットの方が、介護士よりも世間的に高い地位なので、なんとなく偏見に響くのは困るけど。

2008年9月 8日

田舎のプライバシー

前にもブログに書いたが、8月の終わりに、実家の尾道市に帰省した。深夜バスなので、朝の5時半に福山駅前に着く。まだ店はどこも開いていない。ぼんやり佇んで待っていたら、朝6時にやっと、福山駅前のマクドナルドが開いた。

荷物を引きずりながら店にいくと、既に、私とほぼ同年代と思われる中年のおっさんが注文カウンタにいる。それで驚いたのが、中年のおっさんが、名札を身ながら、店員の若い女性に話しかけている。「あんたの名前、変わっとるね。この辺じゃ、珍しいが。」すると、迷惑そうでもなく、店員が答える。「ええ、もともとはこの姓じゃないんですけど、結婚してからの主人の姓なんです。この辺でも珍しいかもしれませんね。」と、余計なことまで喋っている。

なぜ驚いたかというと、そのような光景を、関東地方のマックで一度も見たことがないからである。例えば、東京や神奈川のマックで余計なことを店員に話しかけても、適当に無視されるのではないだろうか。

さて、私は、マックで軽く朝食をとると、電車で尾道に向かった。今にも雨が降りそうな天気で、傘をもっていないので、どこかのコンビニで傘を買おうと思ったが、尾道では、繁華街でさえ。コンビニがない。焦って、困った困った、と独り言をつぶやきながら歩いた。私には変な癖があって、困ると、ちょっとその状況をなんとか英語で表現してみようとする癖がある。そこでぶつぶつと小声で英語でしゃべっていると、後ろから女子高校生が私を追い抜いていった。制服からして、どうも私の高校の後輩にあたるようである。と言っても、年齢は親子ほども違う。

ところが、私がぶつぶつしゃべっているのが聞こえたのか、露骨に嫌な顔をして通り過ぎていった。単に通り過ぎただけではない。早足で遠ざかりながら、何度も私の方を振り向いて、追っかけてこないか確認しているのである。

それで、女性に好かれないまでも人畜無害だけが売りの私は、いたく傷ついた。おいおい、俺は通り魔や痴漢じゃないぞ、そもそも、高校の先輩だぞ(あ、それは関係ないか)と、心で話しかけた。

もしかしてちょっと思いつめたような雰囲気のある私は、秋葉原通り魔殺人犯のように見られてしまったのだろうか、尾道の町で、なぜか、10人に一人の割合で、老若を問わず、女性に変な目で見られた。

自意識過剰じゃないの?といわれるかもしれない。しかし、東京や神奈川で、私は怪訝な目で見られたことはない。それは私が変とか、そうじゃないとかでなく、そんな他人をいちいち気にしていられない、ということのようである(私は、猫と出会うと、猫語?で話しかけるという奇癖がある。で、一度芝浦のあたりで猫と会話したことがあるが、そんな私ですら、都心では一顧だにされなかった)。

で、今更のように思い出した。父は長男である私に、地元に帰ってほしがっていた。尾道か福山の市役所に勤めないか、と強く言われたことがある。しかし、そのリクエストを私は、0.1秒も検討することなく、完全に無視した。なんと親不孝なのだろう。私には、砂漠のような都会があまりにも快いのである。むしろ、弟の方が地元に帰り、飲食店を経営していることはブログに書いたとおりである。

ところで、昔仲のよかった島での私のある同級生は、滅多に帰省しなかった。ほとんど義務のように渋々年一回帰省している私の方がましなくらいである。ところが、その同級生は、風の便りに、子供が三人もいながら離婚し、随分若い女性と再婚した、と聞いた。

で、よく分からないのは、若い女性と結婚してから、ほとんど毎週のように、一緒に、わざわざ住まいの神戸から、車で週末、島まで帰省している、というのである。神戸から尾道まで車で帰るのは、結構な労働である。しかも毎週とは。若い奥さんと都会で楽しく暮らせばと思うのに、都会ではなにか満たされないものがあるのだろうか。

こういう心理も私には全く理解できない。かくして、私は、新幹線ののぞみで、前より短時間で帰省できるのに、故郷への心理的距離は、遠ざかるばかりである。

2008年10月 4日

親ばか

親ばかというのは、言うまでもなく、自分の子供にべったりであったり、子供を無条件で褒めたりすることである。それに対する世間の反応は、ああと呆れつつも、微笑ましいではないか、というのが一般的ではないだろうか。

一方で、あからさまな物欲、食欲、金銭欲、性欲を讃える人は少ないだろう。しかし、私の観察するところ、親ばかの心理は、一種の物欲に近い。だから、あの人は家庭ではいいパパなのに、ということが何一つ、その人の優れた人格を保証しない。

論語を読む限り、親を敬いなさい、師を尊敬しなさい、年長者を大事にしなさいという記述はあっても、子供を大事にしなさいという記載は、見かけたことがない。全編隈なく精査した訳ではないが。それは、子供に対する愛情とは異なり、親、師、年長者を大事にすることが人間の自然の情ではなく文化なので、その気持ちを維持することに努力を要し、また教えを垂れるに足るということであろうと思う。この点、私はあまり儒教的でなく、親や先生、上司などに随分反発してきた。孔子先生なら、小人と呆れて相手にしないだろう。

さて、親ばかが一家庭内に留まるなら、それは寧ろ家庭の平和の維持に意味があるかもしれない。しかし、往々にして、そうはいかない。人間は一般に、公私で大幅に切り替えることは難しい。

親ばかの弊害の典型は、同属会社にみてとれる。そこでは、どう見ても愚昧な社長の子息が、とんとん拍子で昇進したりする。実は組織内で親ばかの弊害はそれに留まらない。親ばかであることを寧ろ人間的美徳であるなどと思っている輩は、組織内である地位に就くと、擬似親族集団を形成したがる傾向にある。すなわち、自分の気が合った仲間を作り、もっぱらその集団内だけに重要な情報を流したり、昇進であからさまな差をつけたりする。そして、そのことの不公平さ、組織的な問題に、全く気づかない。それは、己れの親ばかを手放しで美点と思っていることと同型である。

親ばかの特性は、子供がいないと発揮されない訳ではない。寧ろ、そういう特性は生来あるのであって、だから、子供がいなくても、結婚していなくても、近隣の者の気に入った人に、親ばか的特性を発揮することが可能である。

上記で、親ばか=物欲と書いたが、これは象徴的な言い方ではない。というのは、親ばかはつい、子供を自分の私物であるとする考えに導くからである。するとどうなるかというと、自分の過度の希望を子供に押し付ける、子供の才能の傾向を完全に無視するなどいうことも起こる。最悪のケースは、子供を道づれにしての無理心中である。私物化の最たるものと言えよう。そういえば最近、母親が小学生の子供を殺害するいう事件が二件あった。一件は福岡で、一件は関東地方であったような。これが親ばかの発露かどうか、経緯の詳細を知らないのでなんともいえない。これは親ばかというよりも、一種の精神的な疾患によるものかもしれない。

ともかく、私が主張したいのは、親ばかは、単なる馬鹿ということである。それは、物欲、食欲、金銭欲、性欲のように放っておいても湧き上がってくる。それを賞賛しては社会はもたない。節度をもって特に公の場では親ばかを抑えるべきであるし、私的にも、あまり傾倒すべき感情でないということを知るべしである。子供の養育を放棄するなどというのは、親ばか度が足りないのではない。それ以前に人間として資質に欠けるというだけの話である。

2008年10月15日

ソクラテスの妻

歴史的に、ソクラテスの妻、クサンチッペは悪妻ということになっている。それは、家庭でいつもソクラテスをどやしつけ、それが嫌で、ソクラテスは家に居つかなかったという話があるからである。しかし、一方で、そういうクサンチッペのやり方は当然である、と擁護する意見もある。というのは、ソクラテスは家庭を省みず、いつも広場で、若者相手に演説していたからである。当時ギリシャでは男色が盛んで、ソクラテスは、若い男をいつも追いかけていた、という話もあるのだが、クセノフォンによると、そうやって情愛に溺れることをソクラテスは厳に慎んでいたというから、ソクラテスを面白く思わない人達による流言かもしれない。また、若者相手の演説が例の刑死の原因になるのだが、それはまた別のストーリーである。ただ、ソクラテスの評判を下げようとするなら、クサンチッペはよく出来た奥さんで、そういう奥さんをないがしろにして、ソクラテスはひどい奴だという話にする方がいいはずで、すると、クサンチッペが、夫に理解を示さない厳しい妻だった、というのは、ある程度言えるのではないだろうか。

そういう前提で、ノーベル化学賞をもらった下村さんの談話をWebで眺めていると、次のような記述があった。

総数85万匹にのぼったクラゲの捕獲など、助手としても下村さんを支えた妻の明美さん(72)は「辛抱強い人。(研究に没頭すると)何日も何も言わないで過ごすこともありました」と評した。

これを見て私が思ったのは、ううん、そこまで妻が夫を支援するのか、ということである。すなわち、普通に考えると、研究に没頭して何日も奥さんと口を聞かないということが続くだけで、下手したら離婚の原因になるだろう。それを、どう考えても面倒な、総数85万匹にのぼったクラゲの捕獲を手伝わせるというのだから、「私、実家に帰らせて戴きます。」ということになったとしても、全く意外ではない。それでも、奥さんに同情する人は少なくないだろう。

そこで、これに関して、夫の趣味や仕事に対する妻の対応をパターン化してみると、次のとおりである。

1. 夫の趣味や仕事を尊敬し、助手的な役割を果たすことも厭わない。これは、下村さんの奥さんのパターンである。また、目が見えない研究者の夫のために、こつこつと点字訳をつくる奥さんもいると聞く。

2. 夫の趣味や仕事をある程度尊敬するが、手伝ったりはしない。しかし、可能な限り理解を示し、夫に好きなようにやらせる。

3. 夫の趣味や仕事に特に理解は示さない、完全に無関心で、自分で好きなようにやる。ただ、スケジュール的には、夫に合わせる程度のことはする。

4. 夫の趣味や仕事に特に理解は示さないだけでなく、自分の都合の方を優先する。

5. 夫の趣味や仕事に特に理解さないだけでなく、揶揄したり、妨害したりもする。自分の都合の方を優先する。さらには、夫を自分の趣味の方に引き入れようとする。マイペースでかき回す。

このようにいろいろなパターンがあり、4.や5.だと夫はかなり辛い。芸能界の離婚のパターンの主要原因ではないだろうか。

偉い学者には、1.や2.のようなパターンが多いような気もするが、アインシュタインは、最初に結婚した女性が偉い数学者で、自分の研究のことでいろいろ口を出されて嫌になり離婚した。だから、1.や2.のようなパターンになるかどうかは、ほとんど運である。なんとか、そういう女性を探し出して結婚する、というのも私はどうかと思う。結婚の手段化だからである。だから、学者の賢明なる選択肢の1つに常に、独身を通すというのもあると思う。

また、上記の1.~5.と列挙したのをみて、男性の立場偏向の順位付けと思われる方もあろう。それは、そうでないとは言えない。しかし、実は私は、5.であったとしても、そんなにひどい妻と思っている訳ではない。1.や2.のようなパターンよりも、人間味があっていいではないか、と思う面もある。

一方で、とても不思議なことがある。それは、下村さんは、ノーベル賞を貰うような立派な人であることは疑いないのだが、世の中で、私から見て、ほとんど人間的に破綻しているのではないかと思われる男性がいる。ところが、そういう男性に献身的に尽くす、マザーテレサか聖母マリアのような女性がときどきいるのである。パーソナルなのでとても具体的に言えないが断片的に言うと、鬱病と称して仕事を休んで自宅にいるのに、奥さんに怒鳴り散らして甘えている人がいた。奥さんに「お前は馬鹿だから」というのだが、世間的にみて、どちらが馬鹿なのかは明らかであるのに、奥さんはじっと耐え続けているのである。それ以外にも、会社で鼻つまみ者みたいに忌避された人格障害の夫に、生涯付き合っている奥さんも知っている。周囲は、ああいう男性とどうして離婚しないのだろう、とひたすら怪訝がるだけである。

この辺に対する私の思索は、まとまりがない。せいぜいが、ああいうのも縁なのか、前世の因果なのか、とトートロジーのようなことを思うだけである。

2008年10月20日

グズ人間の類型

普段仕事をしていて、いつも期限ぎりぎりになったり、期限を過ぎたりする人がいる。そういう人が私より能力がないかというとそんなことはなく、どう考えても私より優秀な人も少なくない。でも、私が期限に関しては、大抵の仕事を結構早めにさっさと片付けてしまう方だから、短気な私は、いつも期限ぎりぎりになってしまう人を、「なにやってんの」とつい思ってしまう。

そういう私は昔、君は仕事は速いが、流すところがある、もっとちゃんと考えなさい、とよく上司や先輩から注意されたから、私はまた別の欠点をもっていることになる。そういう自分の欠点を棚に挙げて、以下書いてみる。

先日、ある古本屋の軒先の100円均一コーナーを覗いていたら、「グズの人には訳がある」リンダ・サバティン/ジャック・マガイヤー著、斉藤 勇訳、文春ネスコという本があり、思わず買ってしまった。著者は、心理カウンセラーである。

この本の卓見は、いつも期限ぎりぎりになったり、期限を過ぎたりするようなグズ人間(誤解ないようにコメントすると、決してクズ人間ではない、一字違いで大違いである)を類別していることである。すなわち、下記のとおりである。

1.完全主義者タイプのグズ人間
2.夢想家タイプのグズ人間
3.心配性タイプのグズ人間
4.反抗者タイプのグズ人間
5.危機好きタイプのグズ人間
6.抱え込みタイプのグズ人間
こう並べてみると、自他共に、いろいろと思い当たる節がある。

まず、完全主義者タイプのグズ人間であるが、私が知っているある弁理士の方は、とてもよい明細書を書くということで評判がよかった。但し、少し仕事が遅い欠点があったが、質がいいので、大目に見られていた。ところが、ある時期、その弁理士の方は、よく知っているクライアントと共同で、完全な特許明細書は何かということの追求を始めた。理想に燃えた訳である。より完全性の高い明細書を書くことはいいに決まっている。ところが、特許明細書の完全性とは何かと本気で考えると、とても難しい。結局、一時期、全く特許明細書が書けなくなってしまった。弁理士として大変困ったことである。
処方箋としては、多少完璧でなくてもよい、と思うことである。軽いミスもいいと思うとか。

夢想家タイプのグズ人間であるが、あまり身近にはいないような気がする。ただ、研究者などで、画期的な研究がプランにあって、画期的じゃないと意味ないとかいいながら、結局先延ばしにして着手しない人がいたような気がする。処方箋としては、夢想を一部でもよいから現実に落とし込むことである。なかなか、難しいか。

心配性タイプのグズ人間であるが、私は一部これに該当する。すなわち、あることを進めるということは、今までのやり方を変えることであって、すると新しい状況になるので、それが不安でやらない、ということがある。私は期限が迫っていれば、場合により多少質を犠牲にしても間に合わせようとする。しかし、明確な期限がない場合、変わることの不安のため、なかなか着手しないことがないといったら嘘になる。一見、完全主義者タイプのグズ人間と似ているが、完全主義者タイプと違うのは、向上意欲とか完全性の追求でなく、漠たる不安のため、決断できないのである。処方箋としては、リラックス・・しかないか。

反抗者タイプのグズ人間も、結構いる。体制に反抗的である場合、部門や会社で決めたことを、わざと無視する。大したことでないのに、である。それで必要以上に軋轢を生じたりする。私は、心情的にあまり体制に従順ではないが、なるべく、決められたことは渋々でもやろうとする。結局は、サラリーマンとしての習性がしみついているのだろう。処方箋としては、もっと素直に。

危機好きタイプのグズ人間であるが、確かに、作家などでも、締め切りが迫らないと書き始めない人がいると聞く。期限が迫ったその切迫感が、アドレナリンの分泌を促して、エネルギーに転化するのだろう。こういう行動は、私は原則、やらない。基本的に先手を打っておいて、石橋を叩きたいと思っている。処方箋としては、やってみたら面白いことがあることを理解する。

抱え込みタイプのグズ人間。これはまさに、管理職時代の私だった。仕事が速いだけが取り柄の私も、量に圧倒され、結局、多くの仕事に手が廻らなかった。処方箋としては、ノーと言える自分。

でも、結局、本人が問題と認識しないと、何も変わらないか。

2008年11月12日

才能の涸渇

先日の小室哲哉の事件に関連して、才能の涸渇とはどういうことかと考えてみた。それでさらに、昔読んだ、渡部昇一の「発想法―リソースフル人間のすすめ」講談社現代新書の記憶を辿ってみると、次のようなことではなかったかと思う。

すなわち、才能を涸渇させない、リソースフル人間になるためには:

- 複数本の井戸を掘ること
- いくつか外国語が読めること
- 静謐の時間をもつこと

ではなかったかと思う。実は、本棚の奥に、「発想法―リソースフル人間のすすめ」はあるのだけれども、敢えて、最小の記憶の材料をベースに自分の頭で考えてみることにした。

先ず、複数本の井戸を掘ることであるが、なぜ複数本かというと、井戸が一本しかないと、汲み続けると涸れてしまうことがあるからである。特に、汲み過ぎると、二度と水が湧いてこなくなる。小室哲哉の場合、一本の井戸を短期間で汲みすぎたのではなかろうか。それで、二度と湧いてこなった。小説が書けるとか、ビートたけしのように映画がプロデュースできるとか、複数本の井戸があれば、一本の井戸から汲んでいるうちに他の井戸に水が溜まってくるので、なんとかなったりする。だから、もし一本しか井戸がないなら、小規模でも、もう一本井戸を掘っておくのがよい。将棋がとても強いなら、初心者として囲碁もたしなんでみる、とか。

また、いくつか外国語が読めることは結構重要である。例えば、日本語に訳されていない英語のよい文献は沢山ある。だから、英語が読めると明らかに、教養の幅が広がる。他に、フランス語やドイツ語、ロシア語が読めればなおいいが、あまり外国語の勉強に時間を使いすぎると、語学倒れになってしまうので注意が必要である。私が昔韓国語を勉強した1つの理由が、日本に紹介されていない韓国の小説を読むことであった。しかし、それは早々に挫折した。結構大変である。

静謐の時間をもつことはどうしても必要である。というのは、人間のインスピレーションは、静謐の中から湧き上がってくることが多いからである。静謐という意味をここで広く解して私は、非物質的とも言いたい。すなわち、物質的な悦楽奢侈に浸ると、必ずや精神的な才能は毀損される、という私の信念がある。なぜなら、精神的な才能は、非物質的なものの波長に根ざしており、物質のシャワーの中で、どんどん溶解していくからである。そういう意味で、小室哲哉の音楽の才能は、100億円稼いだ時点で急速に腐り始めていた。もしかして肉体的才能は違うかもしれない。すると、プロ野球選手は、何十億円稼いでも、意外に肉体的才能は壊れないかもしれない。

私はさらに、リソースフルであることの根幹に、哲学的であることがあると思う。哲学的と言っても、イデア論を展開したり、ヘーゲルを読んだりすることが必要である訳ではない。要するに、物事を根源的に考えることである。例えば、息の長い芸能人として、タモリやビートたけしがいるが、彼らから、どことなく哲学者の雰囲気を感じるのは私だけだろうか。タモリはそもそも、早大文学部哲学科中退だという。小室哲哉からは残念ながら、哲学的雰囲気を全く感じることがてきない。そのことが、彼の曲の平板さにつながっていると思う。高々イージーリスニングで、サザンの桑田のような個性がないのである。結果論でものを言うなと言われそうであるが。哲学的であるとよいのは、物質的な楽しみに待ったをかけることである。よって、哲学的であると、そこそこリッチさを楽しめるが、どこかで溺れることに歯止めをかけてくれるかもしれない。その点、ビル・ゲイツは、あれだけの資産に恵まれながら、溺れていない。大したものである。思想的に一本、筋が通っている。多少の傲慢さは仕方ないにしても。

また、物質的な悦楽奢侈に浸ると、必ずや精神的な才能は毀損されると書いたが、なんであれ、強すぎる欲望は、リソースフルであることの障害である。子泣き爺のようにしがみついて、才能を押し倒してしまう。ハングリー精神というのとは違う。要するに、名声や欲望に拘泥しないことである。

最後に当然のことを言うが、リソースフルであることと、そうやって発揮した才能が当たって稼げることとは別である。だから、リソースフルであっても貧乏かもしれない。しかし、精神的に豊かな暮らしが送れるとは思う。楽観的すぎるか。

2008年11月23日

攻撃は最大の防御

私の場合には典型的には将棋なのだけれども、よく、攻撃は最大の防御、と言われる。説明を要さないと思うが、敢えて蛇足を書くと、こちらから攻めているうちは、少なくとも相手から責められないので、攻めることが防御になっている、ということである。すると、と将棋の初心者は考える。将棋は、ひたすら攻めていって、そのまま攻め倒せばいいのだ、と。攻めているうちは攻められないのだから、受けに手を廻す必要はない、ということである。

このスキームは、超初心者同士だとうまくいく。受ける、という技がほとんど発達していないからである。ところが、少し初心者から脱すると、一方的な攻めはうまくいかないと気付く。そこで、ともかくも玉を囲ってから攻めるという基本に落ち着き、こうしてようやく将棋らしくなる。すると、攻撃は最大の防御というのは、場合で成立する格言にしかすぎなくなる。

ところが、将棋やサッカーのような好守やルールが明確なゲームの中では、攻撃は最大の防御という格言の意味というか、テーゼ・アンチテーゼが疑問の余地がないのに、実生活となると少し曖昧になってきて、すると、将棋でいう、無理攻めを咎めるということも難しくなる。

何が言いたいかというと、世間をみていると、やたら他人の欠点をあげつらったり、周囲に指摘しまくって、周囲の人を困惑させたり、場合により激怒させたりする人がいる。そうやって他人の欠点を指摘することの頻度が多い人の言い分は、自分はそんな間違いは冒さないのだ、あまりにも周囲がふがいないので、善意で指摘してあげているのだ、と。情けないではないか、と。

実は私も多少、他人の欠点に不寛容な面があるので他人事ではないが、よく観察していると、そうやって他人を責めるに熱心な人は、実は世間一般よりもミスの多い、あるいは不完全さの程度が高い人であることが多い、という、ある意味当たり前のことに最近気付いた。

そこで改めて言うが、それこそが、攻撃は最大の防御である。無意識のうちに、他人を責めることで、自分に対する非難をかわそうとする。他人の欠点を指摘することの頻度が多い人を、クレーマーならぬ、私の造語で、ブレイマーと呼ぼう。日本語の無礼もかねている。

ブレイマーのやりくちはこうである。先ず、会社なり社会のルールをきちんと理解して、そのルールの本質的な意味はさておいて、厳密に適用しようとする。すると、あまり重要でないルールの場合、そんなに厳密に守ってない人が多い。ブレイマーはそこに目をつける。

そこでブレイマーは、次のようなステップを踏む:

- 周囲を観察して、なんとこんな簡単なルールも守れないのか、と憤る。そして、そういう人を見つけては一々、指摘する。なにしろ、ルールという錦の御旗がある。周囲の人は、そんなのいいではないか、と思うのだが、一応ルールなので、表立って反論できない。

- で、次からがブレイマーの得意の論理飛躍である。すなわち、そんな簡単なルールも守れないのだから、他のことがきちんとしている訳がない、という論理で責めてくる。しかし、これは実は正しくない。例えば、鶴亀算よりも微分積分の方が高級な概念だと思うが、大学教養程度の微分積分は理解していても、鶴亀算を連立方程式を使わないで解きなさいといわれて、とまどう人は意外にいると思う。鶴亀算もできないのに、微積が分かる訳ないというのは、必ずしも正しくないのである。

- そうやって責めているうちは、とりあえず責められることがない。これこそが攻撃は最大の防御に意味である。ブレイマーは実は、自分の欠点やコンプレックスに気付いている。十分すぎるほど。しかし、それをきちんと意識しようとは思わない。そんな暇があったら、新たに周囲を責める。それこそが責められないから秘訣だからである。一瞬たりとも隙をつくる訳にはいかない。責めるベースとなるルールに事欠くことはない。

ところが、ブレイマーが知らない重要な将棋の格言がある。それは、攻めれば攻められるである。上にも書いたように、玉をきちんと囲って守るのが将棋の基本であるが、しかし、どこかで攻めて行かざるをえない場合がある。そんなとき、高段者であればあるほど、攻める前に成算があるかどうか考える。というのは、成算のない戦いを仕掛けると、その瞬間に無理筋として敗勢に陥るような局面もあるからである。

ブレイマーはかくして、周囲からの執拗な吟味に晒され、蔑視に遭う。もともとが欠点の多いタイプなのである。

そこでの勝負は、無神経さである。執拗なブレイマー攻撃に周囲はうんざりする。争うエネルキーが無駄である。そこで周囲は、深い蔑視を感じながらも、適当に距離をおいてブレイマーを放置する。まともに相手しない。そこで、普通のブレイマーは、敬遠されつつ軽蔑されつつ、ある均衡点に落ち着くのであるが、一番始末が悪いのは、組織の階層を利用したブレイマーである。

会社や軍隊などの組織では、上位マネジメントからの指令は、ある程度建前とはいえ、従うべし、ということになっている。多少無理があってもである。そこに、あるマネジメント階層にあるブレイマーは目をつける。そして、上位マネジメントからの指令を金科玉条のように盾にとって、部下に押し付ける。無理な命令であればあるほど、またつまらない命令であればあるほど、部下は適当にあしらおうとするが、ブレイマーは、こんな簡単な指示も聞けないのか、そんなことでは他の仕事も信用できる訳がない、と例のロジックで迫る。

こういう権力を利用したブレイマーほど、信頼を失うものはない。昔、軍隊で、弾は前から飛んでくるとは限らんぞ、と下士官たちは言い合った。馬鹿な上官は許さん、激戦のさなか、どこから弾が飛んでくるのか分からないのだから、どさくさにまぎれて、馬鹿な上官を葬ることができるんだぞ、という強烈なレジスタンスである。

しかし、現実の会社ではそんなこと、できるはずもない。横領や贈収賄などの明白な犯罪でもないかぎり、内部告発する訳にもいかない。かくして、不当なマネジメントのブレイマーがいても、多くの場合、会社を去るか、あるいは忍耐力をさらに増強するしかないのである。

2008年12月15日

強迫神経症

全ての人間が、何らかの精神的疾患に分類されると言ったら、当然に語弊があるだろう。そこで、私は、一般化しないで自分だけをことを言うと、明らかに強迫神経症の傾向がある。

例えば、会社にいるとき突然、あれっ、家を出るときちゃんと鍵をかけたっけ、という不安に駈られる。もしそう思うのが、自宅を出て10分くらい歩いただけの場合だと、わざわざ歩いて戻って確認したりする。ここまでくると、ちょっと病的である。

もっと心配するのはガスであって、朝、味噌汁などの鍋を火に掛けて暖めるのだが、ガスを消し忘れていないかとても心配になる。それがまるっきり無根拠でもないのは、自宅でおでんを温めていて、家内は出かけて夕方まで帰らない予定だっということがあった。それで会社に行くときは当然にガスを消したはずだが、どうも心配である。そこで、会社にいてどうしても不安なので、意を決して会社の受付に行き、タクシーを呼んでもらった。自宅と会社は、直線距離でせいせい6kmしか離れていない。タクシー代は、昼間ならせいぜい1500円である。それで戻ってみると、確かにガスがついていて、慌てて止めた。それで、待たせてあったタクシーに乗ってオフィスに戻ったが、3000円程度の無駄な出費は痛い。しかし、火事になることを思えば、と自分を納得させた。

こういう「成功体験」があると、自分の強迫神経症傾向が正当化されてしまう。

ただ、よく聞く強迫神経症の症状として、異様な潔癖さがある。食事をする前に何度も手を洗わないと気がすまないとか、ある食べ物の近くで誰かが喋っていたら、唾がかかっているとみなして、決して箸をつけないとかである。私は基本的に食品衛生的な強迫神経症傾向は少なく、私のそれは寧ろ、安全的(防火・防犯)及び期限的なものである。

強迫神経症傾向で自分の子供時代のことを思い出すと、2つばかりエピソードがある。どちらも少年漫画週刊誌の影響である。

1つは、少年マガジンだったかに、ボルネオの首刈り族の話が載っていた。別部族と戦って、勝利すると相手兵士の首を刈って、髑髏を晒すというもので、子供の私には大変なショックな話だった。それで、ボルネオの首刈り族がカヌーにのって日本に攻めてきて、自分が首を刈られるという妄想に長い間苦しめられた。そんなことがありっこないことくらい、子供だって分かりそうなものなのに、強迫神経症傾向は合理的な理由では判断できないようである。

もう1つは、狂人医師の話で、出術すると称して、生きたまま人間を人体解剖して、内蔵をホルマリンに漬けてそれを眺めて楽しむという猟奇的な話である。幼年時代に結核病棟にいて、中年のご婦人が血を吐きながら悶えているシーンを見て大変なショックを受けた経験がある私には、こちらの方が原体験に根ざしていて、インパクトが大きかった。それで、自分が知らないうちに連れ去られて、手術台に縛り付けられ、メスを当てられるシーンを想像して、恐怖におののいた。医師の往診で、たまたま白衣を着た人と道ですれ違うと、さらわれるのではないかと視界から逃れるように走り去った。

以上のエピソードだと、どんなやばい子供だったかと思われそうであるが、一応、警察のお世話になることも精神科にかかることもなくここまでやってきた。

それで言い訳であるが、私の強迫神経症傾向にもいいところはあって、それは時間にとても厳密である、ということである。例えば、海外出張に行くとする。すると、大抵の人はせいぜい2~3時間前に空港に着けばよいと考える。しかし、私はなんと、5時間前に着くようにスケジュールを立て、空港バスがなんらかの理由で遅延して、1時間遅れて着いたりすると、自分の強迫神経症傾向が更に正当化されたような気がして安堵する。だから、そうでない同行者がいてそちらのスケジュールにあわせなくてはならないと、大変な苦痛を覚える。

時間の厳密さは、特許の仕事をやっている場合も活きる。例えば、特許業務では絶対に徒過してはいけない期限というのがいくつかある。それを私の性格だと、かなり余裕をもって(もちすぎて)提出するので、それをもって私をちゃんとした人だとみなしてくれる人もいる。

そこで論理の飛躍だが、最初の議論に戻って、私は人間のあらゆる長所の裏側に、精神病的傾向があるのではないかと推察する。すなわち、精神病は質の問題ではなく、ある種の程度問題にすぎない、というものである。こういう、ある意味、議論し尽くされたテーマも、自分の具体例に即して記述してみると、何ほどかの意味もあるのでは、と書いてみた次第である。

2009年1月 6日

性的ストイシズム

私の好きな軍人の一人、井上成美の伝記を読んでいて感じたことがある。まず、井上成美はとても家庭的に不幸である。というのは、一人娘を結核で失い、続いて奥さんまで結核で失った。確かに結核が死に至る病である時代だったとはいえ、結核で家族を失い一人ぼっちになるということはあまりなかったはずである。

では、井上はさぞかし女性の温かみを求めてしかるべきところに通いつめただろうと思われるが、意外にも、そういう場所にはほとんど出入りしなかったという。あるときは、そういう場所に行ったは行ったけれども、布団を被って洋書を読んでいて、周りは呆れていたという話もある。それでは、付き合っていた女性がいたかというとそうでもなく、再婚したのは、戦後、人生の最末期であった。

そこいくと、山本五十六は、明らかに公然の妾のような女性がいた。阿川弘之の「山本五十六」にもそのことが書かれている。米内光政もハンサムで、あちこちの港に、ファンの芸者が沢山いたという。いわゆる、女泣かせである。

私は一度も浮気したことはないし、今後もしないと思われるが、しかし、山本五十六や米内光政のような女性関係の話を聞くと、人間らしいと安心する。戦争に関わる大変責任の重い仕事の後で、そういう息抜きを求めるのは自然だからである。

ところが一方、山本五十六であれ米内光政であれ、どこかしら優柔不断なところがある。そこいくと、井上成美は、三角定規のような論理と鋼鉄の意志がある。決して折れない。そこで、特に陸軍の仕官に狙われていたので、いつも遺書を持ち歩いていたそうである。

それで思ったのは、性的ストイシズムというか、性的な興味が低いことが、ある種の純粋性につながるのではないか、と書いてみて当然のことを、改めて感じた次第である。

別の例は、陸軍屈指の作戦家、石原莞爾である。ものの本によると、石原莞爾もほとんど女性に興味を示さなかったという。もちろん、男性に興味がある、という訳でもない。要するに、性愛が完全に関心事の外なのである。

またある本によると、石原莞爾は、若い頃、軍事教練中に男性の大事なところを強打して、不能になったのだという噂があるという。しかし、もし仮にそうだとしても、肉体的な障害が精神的な無関心に及ぶとは限らない。私は、石原莞爾も、井上成美と同様に、性的なことに生来無関心なのだと信じる。そして本来異性に向かうべきリビドーが、思想や戦略構想に向かったのではあるまいか。

もしそうであると、余程のエネルギーに溢れた人でないと、普通に女性も愛しつつ、石原莞爾に対抗することは不可能である。実際、石原莞爾に匹敵する軍師を私は、帝国陸軍に知らない。

ところで、ある香港の長生き老人に関して、次のような話題を聞いた。その老人は80歳を過ぎても矍鑠としているので、他の人が、その元気の秘訣は何ですか、と聞いた。すると答えが意外なことに、それはセックスをしないからじゃよ、であった。その老人は、妻と30歳で死別してから、一度もセックスしていないという。しかも、悶々としたこともない、という。

こういう話を聞くと、男性であれ女性であれ、ある割合で、性的なことに著しく無関心な人がいて、そのうちの、さらにある割合の人は、偉大な精神的能力の持ち主ではないか、という仮説を立ててみたくなる。

最後に、性交は決して人間を利することはない、というエピクロスの箴言を引用しておく。いろいろな解釈が可能だが、私はこの意味が一度も分かったと思ったことはない。石原莞爾にはきっと、考えるまでもないのだろう。

2009年1月 7日

脳にいいことだけをやりなさい

新聞の書評を見ていると、「脳にいいことだけをやりなさい」三笠書房、マーシー・シャイモフ著 茂木健一郎訳が売れているようである。

訳者である茂木健一郎氏は、次のようにコメントする。「驚きました。この本は、コペルニクス的転回になるかもしれません。あなたの心たげだはなく幸せやツキまでも、ひいては人生までも変えてしまうくらいの新事実が明らかにされているからです。」

しかし、それは何も新しくないのではないか。ポジティブ・シンキングで前向きにやる方が創造性をき発揮できるというのは、古くから言われていることである。経営不振で破産した医師、春山茂雄の「脳内革命」と同趣旨なのではあるまいか。

そもそも、仏教的にみて苦しみの連続であるこの人生で、楽しいこと、脳にいいと言われることだけをやり続けられる訳がない。嫌でも面倒なことは降りかかってくる。過重な仕事の責任、病気、怪我、事故、中傷、リストラなど。そのようなとき、嫌なことを忌避して楽しいことだけに耽溺しようとしたら、それこそ、麻薬や、ギャンブル、酒浸りの世界となる。

しかし、当然に私は麻薬はたしなんだことがないが、若干の酒浸りの経験では、一時的に愉悦は感じても、後で、利子をつけて来るような苦しさや空しさが襲ってくることがある。だから、脳にいいと言われることだけをやり続けられる訳もないし、もしそういうことを続けていると、典型的にはサブプライムローンのような、借金を続けて利子が膨れ上がる生活のようになってしまわないかと私は思うのである。

私の最近の傾向としては、寧ろ、「フリーズする脳」 (生活人新書) 築山節著にあるような教示に従って、多様に脳を使う方針を取り入れている。例えば、どう考えても、食事をつくったり、皿を洗ったり、風呂場を掃除するなどという作業は、楽しくて仕方がないというものではない。しかし、意識してそのような作業を行うことにより、以前よりも脳のマンネリが低減できているよう気がする。少なくとも、脳の「地味力」は向上したと思う。

実際、とても創造的な作業であるかに思われるコンピュータ・プログラミングでも、そのほとんどは、他の箇所からコードをコピーしてきて、変数を書き直したりするような地道な作業がほとんどである。血沸き肉踊るような超絶的アルゴリズムの記述なんて、少なくとも私レベルのアマチュア・プログラマにはありえない。ましてや、私の生業とも言える、特許明細書書きなんて特にそうである。技術をよく理解したら淡々と書き進める。かなりうんざりするときもある。それでも、毎回、少しだけ工夫する。ときどき、その工夫にああ、うまくいったと自己満足することがあるが、数年後の審査を経てみないと結局は、単なる自己満足なのかどうか分からない。

こういう「やりたいことだけやって成果をあげる」みたいな思考は、人間の陥りやすいところであって、会社の仕事でも、なんでこんな雑用ばっかりやらなくてはならないのか、なんでこんな仕事もあるのか、自分は、ほとんど労働時間を○○の仕事に費やして飛躍的な生産性をあげたいのに、みたいに言う人がいる。また、それを賞賛したりするマネジメントもいたりする。

しかし、もしみんながやりたいことばかりやって、嫌な雑用を等閑にしたらどうなるのか。そのツケは、派遣社員を雇って丸投げすればいいというのか。しかし、それは、やりたいこと=高度で重要、やりたくないこと=雑用で単なるルーチンという思い込みがないか。そう思い込みたい願望というか。

もしそういう傾向があったら、部門をうまく運営するために、マネジメントは、おそるべき調整作業を行う必要がある。自分自身がマネジメントとして、そういうインフラ作りをずっとやってきた経験があるので、みんなが勝手なことができるようにインフラを作るのは、とてつもなくコストがかかり、且つ、効率的な組織ではない、と私は断言できる。

「やりたいことだけやって成果をあげる」と標榜する人は、その理想的形態として、プリンストン高級研究所のような天才、秀才が集まる組織を想定していないか。確かに、アインシュタイン、ゲーデル、小平邦彦など精鋭が集まれば、各人に勝手なことをやらせておけばよい。そこでは有能な秘書的な人が雑用を吸収してくれるので、所員は心行くまで、研究に打ち込むことができ、あるいは打ち込まない自由もある。

しかしである、プリンストン高級研究所は、共同研究の場ではないのである。だから、アインシュタインは、他の研究員が内心「引く」ような統一場理論の研究に時間を浪費することができた。ところがもし、アインシュタインと、フリーマン・ダイソンと、小平邦彦とを共同研究させようとすると、そこにはすさまじい調整コストが発生する。当然にそれは、一秘書の出る幕ではなく、オッペンハイマー所長をもってしてもどうしようもないであろう。純粋理学の研究環境にあっても最早、「やりたいことだけやって」もらっていたは、立ち行かないのである。

従って、プリンストン高級研究所でもない、ましてや研究がミッションでもない一組織で、「やりたいことだけやって成果をあげる」と標榜するとしたら、片腹痛いというべきである。よって、「脳にいいことだけをやりなさい」も同類。以上、証明終わり。

About 心理学

ブログ「Commutative Weblog」のカテゴリ「心理学」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは将棋です。

次のカテゴリは戦争です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。