メイン

環境 アーカイブ

2007年4月 7日

地球温暖化説

 私の友人で、趣味で気象予報士の資格をもっている人がいる。その友人は、そのもてる気象の知識も駆使して、反地球温暖化の論陣を張っている。彼は、物理学者の槌田敦のウェブ上の論文も紹介してくれた。私は、大学で物理を専攻したとはいえ、気象の知識がほとんどないので、十分には理解できなかったが、少なくとも、地球における大気中の二酸化炭素の濃度と、気温の経年のグラフにおいて、気温の上昇が、常に二酸化炭素の濃度の増加に先立っており、大気中の二酸化炭素の濃度の増加が、気温の上昇に繋がっている、という説は、因果関係が逆である、という説は、分かりやすくて、賛意を感じた。最近、下記のウェブページを見出したが、そこでも、槌田氏は、上記因果関係の説明が、CO地球温暖化説を解く、主流の学者からきちんと説明されていない、という。
http://env01.cool.ne.jp/index02.htm
 科学的な見地より寧ろ、政治的な見地からも、地球温暖化が虚妄であることを、田中宇氏が、下記のとおり、説く。実際、環境問題は、超弦理論や量子色力学などとちがって、政治的バイアスが強くて、客観的な判断が難しい。研究費の確保が難しい今の時代にあって、どこの団体から研究費が出ているかを調べるのもよいかもしれない。
http://tanakanews.com/070220warming.htm
http://tanakanews.com/070227warming.htm
 友人の影響もあって、また、つい少数意見に傾き勝ちな私の性癖のせいもあるかもしれないが、私には、CO地球温暖化説には、無理があるとしか思えない。今日の毎日新聞の一面にも、「地球温暖化 水不足さらに数億人 IPCC報告書 3度超上昇で」という記事があった。その2面には、中印「プラス面」強調、とあった。実際、冷静に考えてみて、温暖化ではなく、寒冷化した方が怖いのではないだろうか。少なくとも農作物が育ちにくくなり、飢えの問題が深刻になる。ともかく、私としては、CO地球温暖化説が沈静して、「冷える」のを待ちたいと思う。

2007年5月19日

南太洋のCO2吸収

 5月18日付けの毎日新聞に、次のような記事があった。
 著作権の問題があるので、そのまま引用しないで要約すると、国際研究チームは、1981~2004にかけて、南極・昭和基地など南太洋での11地点で大気中のCO2濃度を観測し、その結果、CO2の南太洋の吸収力が次第に低下し、今ではほとんど吸収していないようだ、ということである。その理由は、温暖化やオゾン層破壊による気象の変化で、南太洋での風が強まった。それによって、海の循環が変化し、CO2濃度が高く、CO2吸収力の乏しい深海の海水が上昇し、海表付近に広がった、というものであるが、これは本当に、科学論文に値するのだろうか。
 疑問を書く。
 まず、温暖化でどうして、南太洋の風が強まるのか。
 次に、オゾン層破壊でどうして、南太洋の風が強まるのか。単に紫外線が強まるだけではないのか。
 風が吹いたとして、どうして、CO2濃度が高く、CO2吸収力の乏しい深海の海水が上昇するのか。その逆に、吸収力が高い海水が上昇してもおかしくないのではないか。
 そもそも、海水にとけたCO2なんて、海水中でかなり速く拡散してしまうのではないか。
 そもそも、「今ではほとんど吸収していないようだ」ということが言えるのだろうか。空気中のCO2分子の大域的な流れを追うことができるのだろうか。
 ということで、私には、この記事が、地球温暖化論者の提灯記事であるように思えてならない。この記事が意図するところはこうである。すなわち、「皆さん、かなりのCO2を、海が吸収すると思っていたでしょう。ところが、調べてみたところ、どうもそうではないのです。南太洋など、ほとんど吸収していないことが分かりました。このことは、今までのCO2削減策では間に合わないことが分かりました。もっと抜本的なCO2削減策を考えようではありませんか(バチバチ - 地球温暖化論者からの拍手喝采)。
 でも、頼むから、木に竹を接いだような不自然な論旨ではなくて、もっと説得力のあることを言ってほしい。

2007年9月 4日

地球にやさしい?

 テレビを見ていたら、ある芸能人が、自分はマイ箸を持参しているので、割箸は使わない。地球にやさしいのだ、と自慢げに言っていたが、そういう言い方はやめてほしい。別に、マイ箸を持参することを非難しているのではない。その程度のことで、環境保護に貢献していると思うのが、大変な思い上がりだ、ということである。そもそも、割箸自体、廃材を利用しているので、木材資源を酷使しているのではない、という意見もある。
 もし本当に環境保護を謳うなら、例えば、飛行機を見てほしい。あれが成田からニューヨークまで飛んだら、どれほどの軽油が消費されることだろう。また、どれほどの二酸化炭素、酸化硫黄、酸化窒素が大気中の成層圏に直接、まき散らかされるだろう。だから、本当に環境保護を謳うなら、なるべく飛行機に乗らないようにしましょう、なるべく車を運転しないようにしましょう、夏の暑いときでも、なるべくエアコンをかけないで、扇風機や団扇で凌ぎましょう、というべきである。そこまで言えたら、本当に環境のことを考えている立派な芸能人だと尊敬する。
 ただ、そうすると、間違いなくテレビ局から干されるであろう。なぜなら、テレビの主要なスポンサーは、航空会社であったり、自動車会社であったり、要するに、エネルギー食いの産業が多く、そんな反資本主義のようなことを言う輩は、不穏分子なのである。
 それをしってか、それでも尚且つ、エコロジストのふりをするために、マイ箸を自慢する。その欺瞞が私には耐え難い。恥を知れ、と言いたい。

2007年11月 6日

アフリカを救う方法

 最近、ミャンマー云々、北朝鮮云々と言われているが、より貧困なのは、アフリカである。より困窮しているのは、アフリカである。飢餓、病気、内乱は収まるところを知らない。そんなアフリカを救う方法は、あるのだろうか。
 先ず、典型的に必要なのは、政権の安定化である。しかし、どうやって安定化させるのか。どう考えてもうまくいかないのは、民主化のアプローチである。こういう混乱にあっては、まずとうしても、独裁政権であるより仕方ない。例えば、ミャンマーは、アサンウン・スーチーでは、ここまでまがりなりにも安定した政権でひっぱってこれなかっただろう。韓国も、朴正煕のやり方は、あの時点では、ある程度仕方がなかったと思われる。アフリカにとっても、いま、必要なのは、言い方はよくないが、抗癌剤のアプローチである。すなわち、抗癌剤は強い毒性をもつが、癌細胞を抑えるには、とりあえず仕方ない。要は、どうコントロールして使うかである。
 政権が安定化したら、教育と食料、医療品の安定供給である。これは、どうしても、国連や先進国からの援助に頼るしかない。
 しかしである、そのような努力を水泡に帰してしまいかねない強大な趨勢がある。それは、先進国による、資源搾取の構造である。アフリカにとって、災いなのは、石油資源、貴金属、コーヒーなどの嗜好農産物がとても豊富である点である。これらをアフリカから安く購入し、付加価値をつけて巨大な利益を上げる会社が、アメリカ、ヨーロッパ、日本などの先進国に沢山ある。こういう会社にとって、アフリカが貧困にあり、困窮していることは寧ろ都合がよい。なぜなら、それによって、現地労働者を安く使い、低いコストで資源を入手できるからである。妙なアナロジであるが、レーザービームの発振を考えると、それは、人為的に作り出された半導体バンドギャップの間に電圧を加えて、発光させる。それと同じことで、先進国の反映とアフリカの貧困のバンドギャップによって、先進国は繁栄というレーザービームを享受し続ける。
 地球温暖化の問題で、二酸化炭素排出削減が声高に叫ばれても、アフリカの貧民を救おうという声が上がらないのは、そういう理由もあるだろう。地球温暖化が二酸化炭素の原因かどうかはまだ科学的に証明されていないが、確実に有効なのは、経済活動のレベルを単純に下げることである。飛行機の本数を減らすとか、車を運転しないで、ほとんどを電車にするとか。意味のない高い年棒を減らすとか。しかし、結局、そんなことはおきそうもなく、アフリカは困窮のままである。

2007年11月29日

地球と二酸化炭素

 惑星物理学者、松井孝典氏の著書によると、太陽の光は今後次第に強くなり続ける、という。すると放っておくと地球の表面温度は上昇するが、地球自体がシステムになっていて、自ら二酸化炭素の濃度を減らすことにより、地表から宇宙への熱の散逸を促進して、地表の温度を一定に保とうとする。だから、今の地表の二酸化炭素の濃度は、地球史上最低ではないか、と松井氏は言う。これは、地球温暖化防止をスローガンとして掲げる環境学者が言うことと、まるっまり違う。松井氏はこうも付け加える。地球がその平衡作用で二酸化炭素を減らし続けると、光合成している植物が打撃をうける。すると、光合成の結果の食料に依存している人類や生物も滅亡の危機に瀕すると。
 また、そもそもが人類が、日本の江戸時代のような自立的エコシステムから発展して、化石燃料、原子力エネルギーに依存するようになったことはとても重大なことであり、これによって人類滅亡の時計のスケジュールの進行を何万倍も早めてしまっている、という。実際、江戸時代のような自立的エコシステムで人類が生きていると、確かに天候などの影響で作物が不作になり、飢え死にする人も出てこよう。しかし、大域的にみて、石油が枯渇することはなく、放射能汚染に苦しめられることもない訳だから、人類の大量死の可能性も低いだろう。
 よって、もしかしたら、真の環境問題とは、高速道路で100kmで走っているような人類に、まず高速から降りて一般道を走らせ、それから、車を捨てて、馬車に切り替えさせるようなことをしないと、先は長くない、ということになるのかもしれない。
 それができないのは、資本主義の拝金主義、効率絶対主義、欲望鼓吹主義なのであって、いたずらに二酸化炭素削減を叫ぶのも、そこに、政治的な思惑とか、利権が絡むからであるに違いない。何が欺瞞といって、石油を湯水のように浪費して経済的豊かさを謳歌しながら、ちょっと割り箸の代わりにマイ箸を持ち歩くとかで、地球に優しいなどと自惚れている御仁たちである。
 こんな時代なので、松井氏の警告もむなしく響くに違いない。

2008年1月 4日

COマネー

 新聞によると、ヨーロッパで、COマネーの取引が始まったという。すなわち、工場毎に排出してよいCOの量が割り当てられ、CO1トンあたり、22.5ユーロ(ほぼ、3700円)の税金が課されるという。そうして、その割り当て量を超えると、1トンあたり、100ユーロの罰金が課される。そこで、排出量が割り当てより少なくて済む工場の持ち主は、持分の割り当て量の一部を、他の工場の持ち主に売ることができ、それによって、他の工場の持ち主は、当初の割り当て量よりも多くのCOを、罰金なく排出することができる、というものである。
 このアイデアは、だれが考えたかしらないが、金融工学的には意味があっても、環境保護的には、まったく意味がない。意味がないどころか、有害である。というのは、折角ある工場が努力してCO排出量を削減しても、そのCO節約分を他人に売って、他人が追加のCOを排出することになる。よって、世界の総量では、COは減らない、ということになる。
 別の問題として、すべてのCO排出源を管理することはできないので、どうしても簿外のCOというものが出てくる。言わば、アングラCOである。人類の性質として、もしかして、管理下のCOよりも、アングラCOの方が多くなる可能性もある。
 別の問題点として、地球温暖化の主原因が本当にCOなのか、ということがある。実は、COの増加が地球の温度の上昇に寄与する、という因果関係はまだ、はっきりとは実証されていないはずである。それよりも100%の自信をもって因果関係を言い立てられるのは、人類による発熱である。そもそも、人類そのものが体温により発熱しているし、車、焚き火、飛行機、発電、暖房、冷房など、発熱の原因は数え切れない。こういう熱が地球に籠もって地球の温度を上昇させていることは疑いない。なのに、みんな、COにだけ着目して、発熱源のことを言わないのは公平ではない。
 発熱源のことを云々しない理由はおそらく、それが経済活動に直接結びつくからである。すなわち、発熱を減らすと明らかに、経済活動が低下して、サブプライム・ローンなどで冷却傾向にある世界経済をさらに減速させてしまう。よって、間接的にCOをスケープゴートにすることにより、環境保護者としての正義面を維持しながら、経済発展の恩恵を受ける、という私から見ると欺瞞をエンジョイしている。COマネーなるものを考え出すことこそ、環境保護よりも経済発展の方に高い優先順位をおいていることの何よりの証拠である。

2008年1月18日

古紙混合比偽装問題

 ニュースによると、年賀葉書の古紙混合比の偽装があったとして、日本製紙の社長が辞任したという。すなわち、年賀葉書の場合、40%以上の古紙混合比が基準なのに、最大でも5%の混合比だったという。
 ところがなんと、日本製紙だけではなく、年賀葉書の印刷を受注している王子製紙、大王製紙、三菱製紙、北越製紙のすべてで、同様の偽装があったという。すると、葉書の40%以上の古紙混合比を規定する、グリーン購入法の妥当性が問題になるのではないか。すなわち、もし葉書で40%の古紙混合比を達成すると、年賀葉書は、かなり黄ばんだものになると予想される。実際、ある会社の人からもらった名刺は、100%再生紙と銘打たれていたが、もう10年も前に印刷されたような様子だった。すると、ただでさえ年賀葉書の売り上げ減に苦しむ日本郵政株式会社が、そのような劣化した印刷の年賀葉書を許すだろうか。ありえないと思う。すると、受注する製紙会社は、他社に後れをとりたくないので、なんとか混合比を下げようとする。
 このような古紙混合比を規定する根拠となっているのは、グリーン購入法という法律で、その主管は環境省なのであるが、果たして、環境省は、十分な現状調査と熟慮の上で、古紙混合比を決定したのだろうか。特に今回環境省のコメントがないので、不明であるが、祝賀品としての年賀葉書ができるだけクリーンなものでありたい、という国民や日本郵政の意向が考慮に入れられたのであろうか。とてもそうとは思えない。
 環境省の決める古紙混合比の妥当性が疑問なのは、次のような統計からもうかがわれる。すなわち、コピー用紙は100%の古紙混合比が規定されているのに、実際の平均は、59%であり、ノートでは80%に対して35%であり、OA用紙では70%に対して50%であり、申請様式の用紙では、70%に対して5%であり、事務用封筒では、70%に対して、11%である。すなわち、このことから見て取れるように、日本人のフォーマリティの感覚からは、再生紙を多用したものは、到底、その正規性を満たすとは思わない、ということになる。
 また、グリーン購入法は、どのような責務を、事業者や国民に課しているのだろうか。その第五条をみると、「事業者及び国民は、物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合には、できる限り環境物品等を選択するよう努めるのとする。」とある。責務はこれだけであって、特に刑事罰も罰金も規定されていない。要は、努力目標である。また、実際の年賀葉書をみると、(再生紙はがき)とあるだけで、古紙混合比は何も規定されていない。よって、日本製紙に、不正競争防止法のような法律が適用されることもない。ミートホープなどと違うのである。
 日本製紙の社長が辞めるかどうか、それはご自分で決めればよいと思うのであるが、私は、辞める必然性はないと思う。というのは、責任は、無理な規格を作った環境省と、暗黙のうちに(もしかして明示的に)高品質な年賀葉書の納品のプレッシャを与えた、日本郵政株式会社にもあるからである。
 そもそも環境省がどう法律を作ろうと、エンドユーザーとしての日本国民の国民性が変わらない限り、古紙混合比は上がらないと思われる。それなら、黄ばんだ年賀状、書類が、環境保護のためにがかっこいいのだという広告を、環境省が打つがいい。年配の人は、顔をしかめるであろうが、若い人は意外に靡くかもしれない。

2008年1月29日

はれほれ氏のリンク集

 私の生物はなぜ放射線に弱いのかの記事にコメント戴いた、はれほれ氏であるが、実は、ホームページをもっておられるようで、はれほれ氏のリンク集を拝見すると、それは、地球温暖化問題に対する実によいガイドになっている。
 ところで、世間一般に、アルゴアやIPCCが提唱するような地球温暖化のシンパが多いのであるが、IPCCでさえも、どうも、なぜ地球が温暖化していると思うのか、なぜそれが寒冷化よりも人類に有害なのか、科学的にきちんと説明できていないうに思われる。
 私は、というと、かなりの反地球温暖化論者で、といいつつ、はれほれ氏のような理論武装ができている訳ではないのだが、それでも、いつくかの根拠から、地球温暖化の説明は、あまり根拠がないと思っている。
 このブログでも既に書いたが、例えば、二酸化炭素の濃度が上がってから気温が上がるのではなくて、気温が上昇してから二酸化炭素の濃度が上がる、という因果関係の逆転関係、温室効果は、水蒸気の方が、ら二酸化炭素よりも圧倒的に大きいこと、地球の気温は、温室ガス効果もさることながら、太陽黒点に非常に影響されること、などである。
 また、どうして温暖化を目の仇にするのか、というのも疑問である。二酸化炭素の濃度が上がり、気温があがると、作物がよく育つ。地球温暖化によりどれくらい海面が上昇するか知らないが、寒冷化により作物が不作になり、飢饉になる方がはるかに人類に対するインパクトが大きい。
 すると、地球温暖化に警告を発する論者たちには、なにかしら経済的・社会施策的意図があり、地球温暖化論を利用して、経済的・政治的に優位に立とうとしている、としか思えない。
 と、はれほれ氏に笑われそうなことを書いてみた。ところで、ヒラリー・クリントンが大統領になったら、米国も、アルゴアを担いで、地球温暖化対策を進めるのだろうか。私は、サブプライム問題で、それどころではないと思う。多くの人が言っていることであるが、地球温暖化対策よりも喫緊なのは、エネルギや森林資源の枯渇、アフリカなどの極度の貧困と政治的な不安定を救うことであり、その目的のためには、二酸化炭素の濃度が多少増加しても仕方がないと思う。

2008年1月30日

100%再生紙

 最早、ちょっと前の話題だが、100%再生紙であるはずのコピー用紙が、実は、40%程度の再生紙率でしかなかった、という問題で、日本製紙連合が、次のような釈明をしている。
 すなわち、コピー用紙を再生紙から作るためは、回収された新聞紙などが原料であるが、するとまず、一旦、原料を、水を入れたミキサーでどろどろに溶かす。そうして、ここからが面倒なのであるが、ホチキス、ごみを物理的に除去する必要があるだけではなく、インクを化学的に除去する必要がある。そうしないと、再生紙が黒ずんで、流石に使えないということになる。こうして、古紙パルプが出来上がる、という次第である。
 ところが、上記の処理では、次のような問題がある。すなわち、まず、インクを化学的に除去するための化学薬品が、とても環境負荷が大きい、ということである。これをそのまま垂れ流すと大変なので、一旦処理する必要があるが、その手間とコストが大きい。
 一方、古紙ではなく、木材チップから紙をつくる場合はどうか、というと、そもそも、インク除去の化学処理が不要である。また、木材チップを処理する間に出てくる黒液は、後で燃料として使える。古紙から再生する場合には、そういう有用な副産物はないので、パルプ生成工程で必要な加熱燃料としては、重油を使うよりない。
 このように、トータルで見たとき、100%再生紙が本当に、環境負荷を減らすのか疑問である。また、100%再生紙は明らかに、紙品質を低下させる。
 そこで、日本製紙連合は、コピー用紙の再生紙率を、100%から70%に下げるように、環境省に提案しているが、何も応答がない、という。
 こういう経緯をみると、さまざまな用途の再生紙率を、環境省は、机上の推論で決めてしまい、それを製紙メーカに押し付けたのではないかと思われる。すると、環境省は、製紙の現場なんてしらない訳だから、後で、今問題になっているような齟齬が生じるのも、ほとんど必然である。
 私が気の毒と思うのは、そうであるかもしれないのに、製紙メーカだけが叩かれている点である。先の、地球温暖化問題の趨勢と相俟って、再生紙使用率を上げることは、国是ならぬ、環境是なのか。そうして、環境省は、環境保護の司祭なので、完全無欠にして、過つことはないのか。
 また、マスコミもまずい。製紙メーカを、赤福や、ミートホープや、不二家と同列に扱って、正義面している。上記のような、下手をすると却って環境負荷を増やしてしまうかもしれない事情に鑑みると、もう少し違う言い方ができないのか、と思う。

2008年6月13日

異常気象

異常気象

新聞によると、今米国では異常気象で、西部のワシントン州では、6月というのに降雪があり、吹雪で一人が亡くなったという。また、6月の平均気温は、例年より5度低いそうである。

一方、米国東部では、先週から熱波が続き、各地で35度以上の気温だという。

また、中西部のイリノイ、アイオワ州では、大雨で洪水が発生しているという。

これを見ると、なんともにぎやかなことだが、しかし、広い米国本土である、それくらいのことはあるだろう。

ところが、この記事の出だしがいけない。「世界各地で地球温暖化の影響が指摘される異常気象が起きるなか、世界有数の二酸化炭素排出国である米国を、6月としては常識はずれの天候が襲っている。」という記述。これは、普通に読むと、「二酸化炭素排出国である米国で、その二酸化炭素が原因と思われる地球温暖化の影響で、異常気象が起こっている。」となる。

しかし、ずるいのは、もしそういう指摘を新聞社にしても、米国の異常気象が、地球温暖化の影響で起こったなどと一言も述べていない、と逃げられるであろう。それにしたって、地球温暖化と、米国西部の寒冷化は矛盾ではないか。そもそも、中国だって今年3月、何十年ぶりかの寒波に襲われたではないか。それを地球温暖化でどう説明するのか。

それでは、こういう記述だとどうか。「チベットを弾圧し続けている中国で、チベット自治区付近の領域で大地震があり、数万人が亡くなった。」これだと、地震が、チベット弾圧の天罰として起こったように読める。

元の記事に戻って、依然として、「二酸化炭素排出を防ぐことにより、地球温暖化を防止しよう、人類の未来のために」のような風潮が世間を席巻している。あれだけ。科学的根拠のあるデータに基づき、少なくないちゃんとした学者が説明しても、地球は温暖化しつつあり、その主要な原因は人類が放出する二酸化炭素である、という命題を世間一般が疑うことがない。

これでは、戦時中の鬼畜米英と同じである。だいだいが煽るマスコミが悪い。また、その尻馬にのって稼ぐ人たちも悪い、ということになる。まるで、痴漢の疑いをかけられた青年のように、二酸化炭素は、「俺は地球温暖化なんかやってない。」と叫びたいのではないだろうか。

2008年7月 5日

赤祖父俊一の地球温暖化論

はれほれ氏から紹介された、赤祖父俊一の「正しく知る地球温暖化」誠文堂新光社は、なるほど、良書であった。私は、一応ダメ物理学生だったとはいえ、はれほれ氏のような気象の知識は持ち合わせないので、誤解しているかもしれないが、自分用のメモとして書いてみる。

先ず、赤祖父俊一とはどういう人か。1930年生まれというから、私の父親とほぼ同年代である。東北大学地球物理学科を卒業後、アラスカ大学大学院に進み、アラスカ大学地球物理学科教授、アラスカ大学地球物理学研究所所長、アラスカ大学国際北極圏研究センター所長を歴任、オーロラや地球電磁気学、北極圏研究の世界的権威であるという。だから、本人は謙遜するように、気象学の専門家ではないかもしれないが、気候変動の激しい北極圏を長年観測してきた経験から、地球温暖化を論じるに十分な専門家とみなしてよいと思われる。

私のような者が言うのは不遜であるが、赤祖父俊一氏が誠実で明晰である、と思うのは、論旨が明確であり、また、分かっていることと、そうでないことを混同しないで論じていることである。

では、文責私でまとめてみる。先ず、間氷期は、15000年前から始まった。つまり、氷河期がおわり、10000年前は、今よりも高い気温の時期もあった。すなわち、今の気温が、異常を叫ぶほどに特に高い訳ではない。それで、さまざまな調査の結果、西暦1600年の頃は、今よりも随分寒かったらしい。ロンドンのテムズ川が凍るなどということは今では考えられないが、そういう時期があった。それを小氷河期と呼んでもよい。すなわち、何万年のサイクルで、氷河期と間氷期が繰り返すが、その間氷期の中でも、相対的に気温が高くなる時期と、小氷河期と呼ぶべき相対的に気温が低く時期がある。ところが、西暦1800年から、地球は小氷河期からの回復とも呼ぶべき、温暖化の時期に入った。そして、それは今も続いている。どれくらいの温暖化かというと、100年で、0.6℃程度である。

ところが、西暦1800年というと、まだほとんど産業革命も始まっていない。よって、ここで既に、温暖化が、人間が出す二酸化炭素によるものである、という説があやしくなる。

人間が盛んに二酸化炭素を放出するようになったのは、第二次大戦後の1946年くらいからである。すると、温暖化の主要な原因が、人間が出す二酸化炭素によるものであるとすると、そこから急速に、気温が上昇しなくてはいけなるなるはずである。ところが、観測結果はそうなっていない。1800年頃から100年で、0.6℃程度というリニアな線を引き、それに対して上下にずれる温度変動になっている。むしろ、1960年から1975年あたりは、寒冷化し、これから氷河期になるのだ、と警告する学者もいた。

それでは、1800年から100年で、0.6℃程度という温暖化の原因は何かというと、自然の気候変動である、というしかない。原因は、太陽黒点その他いろいろあると思われるが、複雑すぎて、現在の学問レベルでは説明できない。

すると、人間が出す二酸化炭素により気温が上昇するという説は間違いか、というと、本来地球物理学者である筆者もそうは言っていない。確かに、空気中の二酸化炭素は、地上から放射される赤外線を吸収して、地上に放出する。これが二酸化炭素による温暖化というか、温熱効果の仕組みである。しかし、そのメカニズムは、完全に解明された訳ではなく、未知のことは多い。例えば、二酸化炭素濃度と気温の変動グラフを並べると、二酸化炭素濃度の増加に従って気温が上がるのではなく、その逆のように思われる。因果関係が逆なのである。

さらに、温室効果は、二酸化炭素よりも、水蒸気やメタンの方がずっと大きい。しかし、そちらの方の解明の努力はあまりなされていない。こうして、人間が出す二酸化炭素がもし温暖化をもたらすと仮定しても、その効果はせいぜい、気候変動の効果の6分の1程度であろう。すると、政策により膨大な費用をかけて人間が出す二酸化炭素を削減したとしても、それがもたらすであろうと予測される温暖化抑制効果を、気候変動があっさり打ち消してしまうかもしれない。

そもそもが、地球が温暖化している証拠として、氷河が水しぶきをあげて海に落ちて行くシーンが放映されるが、それは、氷河の普通の性質であって、地球温暖化と全く関係ない、と赤祖父氏は、切り捨てる。アラスカ大学国際北極圏研究センター所長の言だから、これほど信頼のおける発言もない。これ以外にも、海氷の縮小も、暖流の流れの変化であって、地球温暖化とは関係ない、と説明する。

では、氷河は後退していないのか。いや、それは全般的にはそうである、と赤祖父氏は、説明する。すると、地球温暖化論者は、おおやっぱり、と色めき立つ。しかし、氷河の後退は、1800年以前からの温暖化の結果、始まっているのである。人為的に発生された二酸化炭素のせいとは言い難い。

こうして、赤祖父氏は、IPCCの論文は、学術的文献として体をなしていないので、きちんと研究した結果に基づくべき、と反論する。

しかし、赤祖父氏のあまりにもまともな主張も、地球温暖化論に染まった世間の人には届かないのだろう。すると最早、これを匡すのは、政治学であり、国際関係学であり、社会心理学の領域なのだろうか。

2008年7月28日

もっと二酸化炭素を

Webニュースによると、地球温暖化によって、米国内では腎臓の結石患者が2050年までに160万~220万人増えるとの予測を、米テキサス大の研究チームが米科学アカデミー紀要に発表した、という。

でも、それはなんのことはない、気温が上昇すれば、体内の水分が減り、それによって、腎結石が起きやすくなる、と言っているにすぎない。中東へ派遣された兵士に発症が増えた例などをもとに、気温上昇で患者が増えると予測、温暖化の影響を分析したという。しかし、「気温が上昇すれば、」では、論文にインパクトがないので、「地球温暖化によって、」という、好まれる枕詞に代えて、受理されたという次第であろう。

まだ、こんな茶番がまかり通っているのかと、悲しくなる。それで今日なぜかトイレに行ったついでに思いついたのであるが、それは、近い将来、二酸化炭素を出すことが善である、という日が来るのではないか、ということである。

すなわち、そのストーリーは、先ず、地球温暖化二酸化炭素説が、科学的に論破される、というよりも、ある政治的なトレンドの変更により、最早主張されなくなる。すると、もともと科学的にそれは正しくない訳であるから、誰もサポートしなくなる。そこで注目されるのは、二酸化炭素農法である。例えば、ビニール栽培では、果物などの生育を助けるために、あえて、ガスを燃やして生成された二酸化炭素を注入する。

これとの類推から、世界的に、農作物の増産を図るために、大気中の二酸化炭素をもっと上昇させることが、先進国の課題となる。但し、石油資源など、エネルギー危機の問題は依然としてある。だから、いかに、火力発電のように二酸化炭素を出そうとも、その石油消費の点で、あまり好ましくないとされる。

そこで注目されるのは、醗酵農法である。すなわち、広い畠に、枯れ草を広げ、そこに特殊な醗酵菌を散布して、枯れ草を醗酵させ、二酸化炭素を発生させる。すると、エネルギー資源を消費することなく、二酸化炭素が効果的に増やせる。そこの畠の持ち主は、人類の農産物増産に対する偉大な貢献をしていると、テレビ局のインタビューを受ける。

ところがである、こういう努力にも拘わらず、なぜか空気中の二酸化炭素は上昇しない。そうして、知らない間に、地球は、寒冷化に転じている。そうして、ロシアあたりでは、深刻な穀物の不作が問題になってくる。

それをみて、ある老人がつぶやく。昔は人類は、二酸化炭素が地球温暖化の原因で、地球温暖化が昂じると、海水面が上昇したり、疫病が増加したりして、破滅的な影響が起きると、二酸化炭素の発生を抑制しようとした。それから、時代は変わり、寧ろ、農産物増産のため、二酸化炭素の発生が推奨された。しかし、自然は、そんなちっぽけな人類の努力をあざ笑うかのように、地球を一旦温暖化させ、それから、寒冷化に転じさせた。人類が自分で制御できることは、核兵器を撃ちまくって、壮大な自殺を図ることだけだ。それはあまりにも愚かなので、二酸化炭素の排出量とやらで、気候を制御しようとしたが、何の意味もなかった。

2008年8月 9日

人工降雨

ニュースによると、北京オリンピック当局は、8月8日午後9時30分(日本時間午後10時30分)、入場行進で日本が入場し終わったくらいのころに、30発ほど、人工降雨用のロケット弾を発射したという。耳をつん裂くような轟音が響き、周囲には消防車も待機していたという。

人工降雨機は、スタジアムから西のコウザンという山の麓にあり、現地ではその後、10分後に小雨が確認されたという。すなわち、雨雲がオリンピック・スタジアムにやってくる前に、前もって雨を降らし、それによって、スタジアムでは雨が降らないように、との配慮であるが、そこまでするのか、と中国の、オリンピックに懸ける強い思いが感じられる。

北京の気候統計によると、8月8~24日のオリンピック開催中の平均降水確率は、36.6%だそうである。従って、この間、全く雨が降らない、ということは期待するのは難しいので、せめて開会式だけは、雨が降ってほしくなかったのだろう。

人工降雨用のロケット弾の打ち上げ拠点は21カ所で、打ち上げられたロケット弾は1104発、人工降雨剤の主要成分はヨウ化銀であった。

実は、中国では、このような試みは結構一般的のようである。例えば、湖南省の降水量が極端に少なくなっていることから、湖南省の長沙市などでは人工降雨の試みる作業が55回行われ、約2000発もの降雨剤を詰めたロケット砲弾が打ち上げられた、という。

ただ、Wikiによると、工降雨はある程度発達した雨雲がある場合に有効であり、かつ成功するもので、雲の無い所に雨雲を作って雨を降らせるのは不可能である。またその雨量も、本来の雨量を1割程度増加させるくらいで、自由に降水量を制御できるまでには至っていない、という。

そこで、降雨量や気温を制御したり、台風の進路を変えたりするという、気象工学という分野があるのかどうか、Webで少し調べてみた。すると、どうも一般的な意味の気象工学とは、降雨予測システム、落雷予測システム、気温予測システムなどであって、飛行機からの散布やロケット弾などで降雨量を変えようという試みは、組織的な工学にはなかなかなっていないと思われる。

気象を操作するための気象工学がなぜ、あまり言及されないかというと、これは実は、相当恐ろしい研究になりえるからであろう。例えば、ある地域の気温を下げようとして、太陽の光を遮るために火山灰のようなものを組織的に大気中に撒くとすると、大気系はカオスの系なので、それがどういう気象の影響になるかまったく読めない。下手なことをすると却って逆効果になりかねない。深刻な環境破壊にもつながる。

また、中国当局の降雨のためのロケット弾からも見て取れるように、気象工学のツールには常に、兵器の影がちらつく。それこそ、最強の気象工学のツールは、核兵器だ、ということになりなねない。

おそらくこういう事情から、気象の操作という意味の気象工学の研究は、とてもつつましやかに行われているのではなかろうか。だから、人類は当面、洪水、旱魃、台風など耐え忍ぶしかないのである。あ、地球温暖化のせいにしないでね、関係ないから。

2009年1月12日

温暖化対策

少し前になるが、1月3日の朝刊を見て唖然とした。「温暖化対策 正念場」と題して、次のような内容で始まっている。

国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、07年の第4次評価報告書で、地球温暖化を「疑う余地がない」と断定した。
このままCO2などの温室効果ガスの排出量が増え続ければ、自然環境や人類に後戻りできない大規模な影響があると警告した。

なんという素朴な議論。真っ当な気象学者、大気物理学者などに科学的にきちんと反駁されている内容をそのまま、2007年ではなく、この2009年の時点でよく書けるものである。

しかもその後、例によって、温暖化傾向の加速、南極の氷が解けて海面上昇すること、大型台風の頻発、干ばつなども温暖化のせいにされている。

さらに、電気自動車の開発の促進など、CO2排出を減らす科学技術への期待が述べられている。

こういう記述をみて、妥当なストーリーだと誰も思うだろうが、問題は、もう言い尽くされているのだけれども、CO2排出を減らす技術の開発は、とてもコストがかかる。ところが冷静に考えて、地球温暖化は、もしIPCCの言うことを額面とおり受け入れるとしても、アフリカなどの南北問題、また、現在爆撃されている中東の和平問題などと比較してみても、とても優先順位が低い。ましてや、IPCCの言説は、科学的根拠の怪しさを問われている。

すると、これも何度も言われているように、これは、CO2排出を減らす技術で稼ぐことを意図する利害グループが世間を動かしている、ということになる。

その正体を垣間見せるのは、地球環境産業技術研究所の茅陽一・副理事長のコメントで、「生活レベルを下げることでCO2排出量を削減するのであれば、何の技術的努力もいらない。それは人類の敗北だ。」というものである。そこに、今の生活レベルは、あらゆる犠牲を払っても、自分達文明国の生活を維持するのだ、という傲慢が見て取れる。きっと、アフリカの難民が餓死しても痛くも痒くもないのだろう。

少し考えてみれば分かるように、CO2排出量を減らして、しかも今の生活レベルを維持するには、ものすごいコストがかかる。1つの例は、電気をソーラーパネルでまかなうことである。そのためにどれほど膨大なソーラーパネルを敷設する必要があるだろうか。もっと無茶苦茶なのは、太陽電池の設備を人工衛星として打ち上げて、マイクロ波でエネルギを地上に送るというものである。フリーマン・ダイソンではないが、宇宙をかき乱すつもりか、と聞きたくなる。

私は、化石燃料の少ない消費で、効率的にエネルギを供給する設備の研究開発自体には意味がないとは思わない。例えば、より安全な原子力発電の技術、核融合発電の技術(これは相当時間がかかる)、石炭の液化技術、石油・天然ガスの採掘技術などである。しかし、結局は、京都議定書にあるような基準をみたすCO2排出量を削減しようとすると、膨大なコストがかかり、その結果何ほどの温暖化効果があるのかということになるし、一方で、そろそろ地球寒冷化が始まっているという観測データがある。すると、膨大なコストかけて、何馬鹿な無駄なことやってんだ、ということになる。もともとは毒にも薬にもならない温暖化対策論が、天下の愚策として重くのしかかってくるのは、こういうことである。攻めてくるはずのない敵に対して、莫大な費用と労力をかけて万里の長城を築き、敵が海からやってきたらどうする。リソースはとても限られているのに。

About 環境

ブログ「Commutative Weblog」のカテゴリ「環境」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは物理学です。

次のカテゴリは生活です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。