メイン

コンピュータ全般 アーカイブ

2007年4月 9日

チャールズ・シモーニー

 新聞によると、元マイクロソフトの社員で、WORDやEXCELを書いたことで知られるチャールズ・シモーニーが、今度、ロシアのスペースシャトルで、宇宙旅行をする、という。値段は、30億円ということだが、彼の資産は、1000億円超なので、私がちょっとハイエンドのノートパソコンを買う程度の出費である。
 チャールズ・シモーニーは、現在58歳、ハンガリー出身で、高校のとき既に、自分でコンパイラを書いたという。栴檀は双葉よりも芳し。マイクロソフトのソースコードは、見たことないけど、szFileNameというように、その変数のタイプを変数名の前につける、ハンガリー記法というのを使っているらしいが、これもシモーニーの創案らしい。
 そういえば、WindowsNTの開発のため、ビル・ゲーツに雇われた、デビッド・カトラーは、このハンガリー記法が嫌いで、独自の書き方をしていた、というが、今のマイクロソフトの文化が、どれほどチャールズ・シモーニーの遺産を継承しているか、どれほどデビッド・カトラーの影響を受けているか、興味深いものがある。
 最初に戻って、どうしてロシアのスペースシャトルなのか、と思う。NASAは、そういうのは請け負わない、ということか。昔、日本の秋山さんという人が初めての民間日本人宇宙飛行士として、宇宙旅行したのも、ロシアのスペースシャトルだった。あのときは、たしか、2000万ドルの料金だった。誰が負担したのかも、気になる。

2007年5月28日

全日空のシステム障害

 新聞によると、昨日、全日空でシステム障害があったという。5月27日未明に障害が発生し、午後3時半まで復旧されなかった。内容は、端末とホスト・コンピュータとの間の通信機能の障害で、これにより、チェックインができなくなったようである。
 130便以上が欠航、306便が1時間以上遅れ、6万9300人の足に影響があったそうである。
 原因とおぼしきものとして、5月24日の通信機能プログラムの更新があるようだ。すなわち、通信機能プログラムを更新した後、通信のレスポンスが寧ろ低下したようだと感じられたようである。そうして、土日になって通信量がある閾値を超えたとき、通信機能がダウンしたのだろう。それで、通信機能を古いプログラムに置き換え直したら、復旧したそうである。
 これを見て、なんと杜撰なシステム管理か、と笑うことは簡単である。しかし、システムというものは絶えざる仕様変更とアップデートに晒されるものであって、システムの更新は避けられない。そのとき、限られた納期で、あらゆる機能をテストすることは、組み合わせ論的に言っても、とても難しい。
 SEでもない私の根拠のない推測であるが、おそらく、更新したプログラムの通信機能は、機能強化によって、ある部分のメモリの消費が増えたにも関わらず、配列宣言での領域確保が不十分で、結局、バッファが溢れて、バッファオーバーランのようなことを引き起こしたのではないかと推察する。
 このようなテストであるが、実機でのテストにさける時間が限られているとすると、あとは、シミュレータでテストするよりない。しかし、過剰通信負荷状態をうまくつくれるのかどうか、その辺は調べてみないと分からない。
 ただ、証券取引所や空港など、現代社会が、個々のソフトウェア・モジュールの完全性に依存していて、それが実は結構、脆弱ということになると、IT社会はかなり怖いということになる。対策は、多重化と、人的なサポートの余地を残しておくことだろうか。

2007年6月 9日

ビル・ゲイツ2.0

 今週号のTIMEを眺めていたら、ビル・ゲイツのことが書かれていたので、そのことを適宜参照しつつ、ビル・ゲイツについて述べる。
 今回の記事によると、ビル・ゲイツは、名誉学位をもらうために、ハーバード大学を訪れたという。ソフトウェア会社を立ち上げるために中退したビル・ゲイツにとって、名誉学位なんて今更、どうでもいいと思うのだけれども、TIMEの記事がふるっている、すなわち、ビル1.0とビル2.0の隙間を、これが埋めるのだ、と。
 ビル1.0とは言うまでもなく、マイクロソフトを立ち上げ、CEOとしてガンガンにやっていた頃のビル・ゲイツ。ビル2.0とは、今の、慈善活動家としてのビル・ゲイツ。まあ、流行の言い方である。
 それにしても、ビル1.0は、どうしてあそこまで発展し成功したのだろう、きっと誰もが抱く疑問というか、感慨であろう。それで理由を考えると、まず第1は、マイクロプロセッサの勃興にうまく目をつけ、これが世界を変える、と信じたことだろう。すると、そもそもマイクロプロセッサの上で動く便利なソフトなんかない訳だから、自分で書くよりない。こうしてマイクロプロセッサを使ったシステムにのめり込んで行ったのが第1点。
 第2に、マイクロプロセッサを使ったシステムを広めようとする強烈な意志。ゲイツは、マザコンで、母親にも使えるシステムを、という思いが強かったようだ。
 第3に、運がよかった。1970年代の末期、IBMは、マイクロプロセッサ上のOSを作れるスキルがあったに違いない。なにしろ、マイクロプロセッサといっても、メインフレームとアーキテクチャが大して違う訳ではない。でも、IBMは、BIOSは書いたけれども、マイクロプロセッサ用のOSの作成を、マイクロソフトに任せてしまった。きっと、当時、その重要性が分からなかったのだろう。こうして、マイクロソフトは、MS-DOSをリリースし、大成功を収める。
 第4に、ビル・ゲイツは、とても優れたビジョンの持ち主だった。というのは、MS-DOS→Windows3.1の路線で大成功を収めてきたのに、突然、デービット・カトラーを雇い、今までの異なる文化の下、堅牢な、サーバにも堪える真の32ビットOSの開発に着手する。実際、その結果出来上がったWindows NTがなければ、今日のマイクロソフトはない。
 第5に手段を選ばぬ強引さ。IEで、ネットスケープを封じ込めたあたりなど、その白眉であろう。
 ただ、TIMEは説く。ゲイツは、とてもよい時期にマイクロソフトから降りたのだ、と。というのは、iPodは審美的な革命であり、MySpaceは、社会的な革命であり、YouTubeは、エンターテイメント的な革命であり、どれも、マイクロソフトは得意でないからである。それをゲイツが、意識していたのかどうかはわからないけど、もう、ソフトウェアの分野で、これ以上大きく世界を変えることができない、と悟ったのかもしれない。
 そこでゲイツは、慈善事業の分野で、その豊富な資金で、世界を変えようとする。フォーカスするのは、保健というか健康と、教育。その分野がゲイツに得意とは、とても思えない。ただ、とても意義深く、チャレンジングであるのは確かで、ゲイツは、残りの人生でそこに生きがいを見出そうとしているのだろう。
 

2007年6月10日

低価格PC

 新聞をみていたら、台湾の大手PC部品メーカーである、ASUSが、199USドル・パソコン、Eee PCを発表した、とあるので、ネット上で仕様を調べてみた。すると次のとおりであった。
 まず、重さは900g、2GバイトのSSD(Solid State Disk)。ディスプレイは、7インチの液晶ディスプレイ。メモリは512MBで、CPUは、630MHz Celeron M。LANインターフェースを内蔵。OSは、Wiindows XPと、Linuxの2種類。Eee PC1001と、701の2種類があるらしいが、詳細は不明・おそらく、SSDの容量が違うのだろう。
 また、別の系統で、OLPC 100ドルPCというのもある。これの詳しいことは、OLPCプロジェクトのURL:http://laptop.orgを参照。OLPCというのは、世界の恵まれない子供達にPCを使ってみてもらいたいという慈善活動である。これには、例のビル・ゲーツは関与していないのだろうか。
 それで、OLPC 100ドルPCの仕様であるが、AMD 500MHzプロセッサ、128MB RAM, 500MBのSSD(フラッシュ・メモリ)。無線LANが標準装備。この仕様では、Windows XPは苦しいのでは、と思っていたら、OSは、Linuxのみ。
 現物をみた訳ではないが、セカンドマシンとしては使ってみたいと思うが、メインPCがこれだと、結構辛そうである。SSDを増やしたり、ディスプレイを本格的なものにすると、結局、通常のPCと似たような値段になりそうである。当然かもしれないが。
 

2007年6月27日

SOAについて

 ある雑誌を眺めていたら、SOA(service oriented architecture)について書かれていたので、自分の勉強も含めて、簡単にまとめてみる。
 まず、この仕組みは、コンピュータ・サイエンスとしては、とても当たり前で、寧ろ、業務にとっては違和感のあるものかも、ということである。例えば、コンピュータでは、いろいろなアプリケーションから呼ばれるモジュールは、ダイナミック・リンク・ライブラリ(DLL)として作成され、保存される。いろいろなアプリケーションは、そういうDLLを随所で呼び出し、また、開放できる。SOAは、これの業務アプリケーション版なのであって、物流、生産、会計などの異なる業務で使われるソフトウェアにつき、業務の観点で分析し、モジュール化できるものは単体で用意し、こうして結果として、沢山のSOAモジュールが出来上がることになる。
 しかし、SOAの下でのモジュールの作成は、寧ろ業務の観点から大変である。というのは、既存の異なる業務内容を分析し、処理単位に分割し、他の業務との兼ね合いで共通に使用できるかどうか、検討しなくてはならないからである。ある例だと、コンピュータ・サービス・ベンダのコンサルタントと、会社の業務担当者とが膝を突き合わせて、なんと800もの、SOAとして定義される仕様を作成したという。
 こうして仕様が決まると、その呼び出し記述は、WDSLで書かれる。データは、XMLである。また、一番肝心のビジネス記述は、BPEL、データの連携は、ESBで記述される。
 このように、SOAは、ソフトウェア工学的には、スマートで、プログラムの再利用性に富み、更新が容易で、情報の共有化に貢献し、汎用ツールで組めるので、ある程度熟練すると社内のIT担当者でも、開発・保守できる、というメリットがある。
 一方で、まだあまり使われておらず実績が蓄積されていない、サービス定義が大変、社内のシステムデータが整備されていなければ機能しない、ベンダ間で規格が統一されておらず、既存のオープンシステムのように、マルチベンダでうまくいかないことが多い、という欠点もある。
 ところで、SOAと大変紛らわしい用語に、SOAPがある。これは、もともと、Simple Object Access Protocolであるが、それは名は体を現していない、として、Service Oriented Architecture Protocolと呼ぶ人もいる。すなわち、SOAは、それには限定されないとしても、多くの場合、通信のプロトコルとして、SOAPを使用する、ということのようである。

2007年8月 2日

チェッカーの計算尽し

 新聞によると、カナダの大学が、50台のコンピュータを、18年稼動させて、チェッカーの全ての場合を数えつくし、チェッカーは最善を尽くすと引き分けになる、という結論に達したという。なんと、アボガドロ定数にも迫る、5 * 2020の場合を計算したという。
 数年前には、チェスで、コンピュータが世界チャンピオンを負かし、将棋も、コンピュータがアマチュアトップに匹敵するようになった、という現実はあるが、しかし、このようにゲームを調べ尽くす、という意味では、将棋よりは場合の数が少ないチェスでも、到底無理である。ましてや、将棋や囲碁となると、先は霞んでいて、全く見えない。もし将棋が完全に極めつくされたら、例えば、初手は、16歩が最善だったりするかも。それに対して、14歩は、先手勝ち、とかいうことになるのだろうか。
 さて、チェッカーの次に極められそうなゲームとして、オセロがある。これは、場合の数が、1022程度で、並列コンピュータをぶんまわせば、何年かで決着がつくのではなかろうか。そもそも、オセロは、手数が固定収束なので、コンピュータには一層やりやすかろう。
 また、数年前から、公開鍵暗号を高速で解くと喧伝される、量子コンピュータができたら、こういうゲームの計算の分野で、さらなるブレークスルーが起きるのだろうか。いや、プログラミング自体がなかなか、おっつかないものと思われる。実は、最初に戻って、たかがチェッカー程度にコンピュータがそんなに難渋するの、というのが素朴な疑問である。ということは、将棋ですら、極めつくすのは、人類が続く範囲では難しそうである。人類自体、生き延びるのに苦労しそうであるからである。

2007年9月19日

Windows XPとVista

 日経コンピュータ9月17日号によると、マイクロソフトは、来年1月で、Windows XPの出荷を打ち切るという。一Windows XPユーザーとして、ええっと思ったら、案の定、企業ユーザーの4分の3が、苦情を訴えているそうである。
 実際、企業内部のアプリケーションは、OS依存性の高いものが多い。Windows Vistaは、Windows XPの後継で、ほとんど上位互換であるから、大抵のアプリがそのまま動くと思ったら、甘い。特に、セキュリティ系が厳しい。
 大抵そういう声があがると、どうしてもユーザー重視なので、マイクロソフトは、ユーザーに歩み寄ってきた。しかし、今回は、販売延長の可能性は、限りなくゼロに近いという。
 すると、新らしいパソコンに、Windows XPを入れたいユーザーは、Windows Vistaがプリインストールされたパソコンを買ってきて(要するに、XPプリインストールのものがなくなる訳だから)、企業向け一括Windows XPライセンスにより、CDとライセンス証書を購入して、手作業でWindows XPを導入しなくてはならなくなる。これでは、企業の社内アプリ担当者は、嫌でも、Vistaでの動作検証を急がなくてはならなくなる。
 このようにマイクロソフトが焦る理由は分かりやすい。OSというものは、一旦開発して、あとはそれをメンテするだけだと、収入が先細りになってしまう。よって、嫌でも定期的に新しいOSを開発せざるをえず、そこで互換性がありすぎると、古いOSを使い続ける人が沢山いるので、無理やり互換でなくする機能をつけて、古いユーザーを振り払うよりない。これもまた、資本主義の論理である。
 こういうのを見るにつけ、いよいよ、LinuxなどのオープンソースOSの普及が待たれる。もしそうなると、アプリケーション開発ベンダ、システム構築ベンダのみが生き残ることになる。いや、オープンソースOSを有償でメンテする業者も生き残るであろうが。
 そうこう言われながら、マイクロソフトはしぶとい。Vistaの後のOSも、数年後にはリリースされるであろうか、確実に言えることは、段々誰も騒がなることであるが。

2007年9月30日

シス担を雑用係と呼ばないで

 最近、アマゾンから表記題名の本が紹介されてきたので、早速注文して読んでみた。おふざけ系の内容であるが、私は素直に笑えない。寧ろ、身につまされる。それは、私も、長らく、会社の部門で、システム担当者、すなわちシス担を担当していたからである。
 先ず、シス担として、悩みなのは、正式な仕事としてなかなか認められてもらえないことである。すなわち、シス担は、他に正規の仕事があって、パソコンが好きだから、ボランティアでやっている、という建前である。強いて言えば、会社の管理職からすると、正規の仕事の合間として、息抜きでやらせてあげているんだからありがたく思え、でも、本来の仕事に影響がない程度にしよろ、という感じである。
 パソコンが出始めの20年くらい前なら、それでもよかった。その頃は、パソコンは1台100万円くらいして、部門にも数台しかなく、部長クラスの偉い人しか使えないので、シス担だと、サポートと称して、パソコンに触ることができる。それは、当時にしてみれば、無上の特権であり、幸せであった。
 ところが、1994年くらいからだろうか、OSとしてWindows3.1(まだ、95ではない)が普及して、パソコンも一人一台になってくると、シス担も安閑とはしていられなくなった。それは、パソコン普及の初期の頃で、ごく一部の人しかパソコンに詳しくない時代である。私とて、玩具のような短いプログラムをBASICで書く程度で、マニアというにはほど遠いスキルである。それでも、他の人がやらないので、OSの導入からサポートせざるをえなかった。
 しかし、当時は、まだCD-ROMドライブも普及していない。よって、OSの導入もフロッピーから行わざるをえない。これが複数のFDをとっかえするのがやたらうっとおしく、また、部門には、数十人から人がいて、それを一人一人サポートしていくのである。これが忍耐の修行でなくてなんだろうか。すくなくとも、コンピュータのスキル向上にはなんの役にも立たない。同じことの繰り返しだからである。
 導入したら導入したで、Windows3.1はよくハングする。そのたびに呼ばれる。また、当時のパソコンはメモリが2MBと小さいだけでなく、メモリ管理がとても不便で、MS-DOSのメモリ管理に依存しているものだから、640MB以上の領域をうまく使えない。それで、QEMMとかいうメモリ管理ツールを導入したりするのだが、これの最適化がとても大変である。それで、ちょっとアプリを立ち上げると、すぐにメモリ不足で動作不能になる。それでまた呼ばれる。
 こういうシステム本来の不具合によるサポートの必要性とは別に、当時、ソフトウェアの著作権管理の重要性が叫ばれるようになった。すなよち、大きい声ではいえないが昔は、一本のソフトを買って、それを沢山の人に導入することも平気で行われていたが、1995年くらいから、ソフトウェアの著作権侵害が世間中の重大な問題になり、それの管理もまた、シス担の重要な仕事となった。しかし、これがまた、大変。各人にどんなソフトを使っているか管理を依頼しても、いちいちケアしてくれないし、もし違反があると、なぜかシス担の責任ということになってしまう。あるときなど、ある管理職から、必要なのでどうしてもあるソフトを導入してほしいと言われたので、著作権の本数の懸念もあったが、緊急性により導入してあげた。そして、あとで注文すればよいと思った。ところが、ある飲み会の席で、その管理職から、お前が著作権侵害を助長していると非難され、流石に、あのときは切れそうになった。限られた時間で、正式な仕事でなくやっていて、導入作業と、ライセンス管理で、せいいっぱいであったからである。
 それで、当然ながら、何度も、シス担の増員をお願いした。ところが、管理職の回答は、そういう仕事に貴重な部員の時間を割くわけにはいかない、というものであった。これにも、逆上した。なぜなら、他の部員の時間を割くに値しないことを、私は長い時間を割いてやらされている、ということになるからである。
 シス担の他の悩みは、なかなか実質的に会社を休めないことである。休暇中に携帯に電話がかかってきて、プリンタの調子が悪いだの、システムがクラッシュしただの、よくある。マーフィーの法則ではないが、いないときにトラブルが起きやすく、するといっそ休まない方が楽、ということになる。年末年始も、同僚が長期休暇をとるのを尻目に、この本にもあったように、サーバの遮断、電源投入その他のメンテナンスのために、会社に来なくてはならない。
 こうして、頑張ってきたが、2年くらい前から、部門で、シス担の主要な役割を、他の人に引き受けて戴くことができた。それはとてもありがたいことであるのに、時間がたつとその恩を次第に忘れている自分に気付く。こうしてみると、シス担で苦労してきた私でさえそうなのでから、そういう苦労を知らない人が、シス担の存在を空気のように当然に思ってしまうのも、無理もない、のだろうか・・
 ただ、当然ながら、シス担をやっていたよかったと思われることもあって、それは、女子社員や派遣社員をサポートしていると、それなりに信頼関係が生じてきて、なにかのとき、助けてもらったり、励ましてもらったりできることである。これは、結構大きい。また、システムをメンテする必要性から、どうしてもある程度コンピュータのことを勉強する必要はあり、この知識は財産である(ただ、時代の流れは早く、直ぐに陳腐化するのは辛い)。あと、どうしてもシス担をやっていると、辛抱強くなるが、それでも、結構逆上してしまうのは、これはもう、人間の修行がたりない、というよりない。この最後のところが、仏教の修行にも似て、コンピュータのスキルよりも数倍、数十倍も難しい。よって、シス担も結局はヒューマンスキルである、という平凡な結論に落ち着くのである。

2007年10月 8日

サイバーテロ

 新聞によると、電子立国として知られるエストニアで、今年の4月、政府機関や金融機関が1ヶ月に亘り、サイバーテロに遭ったという。
 サイバーテロには、私の知る限り、下記のものがある。
- DoS : 従量攻撃
- 不正侵入してデータを盗むこと、及び改竄
- コンピュータ・ウィルスをばらまくこと
 今回の攻撃は特に、DoSによるものであった。それもBotnetといって、コンピュータ・ウィルスを世界中にばらまき、PCに感染させる。感染したPCは、そのユーザが気がつかないところで、感染したコンピュータ・ウィルスによって遠隔操作され、例えば、ある外部命令によって、感染した多数のPCが一斉にあるサイトにアクセスを仕掛けるということが可能になる。
 これを守る側は、もしDoSが、海外からのものだと分かると、海外からのゲートウェイを閉じるよりない。すると、有意義なパケットも遮断されてしまうかもしれないが、仕方がない。
 また、Botnetによって踏み台にされないためには、各PCが、ウィルス駆除ソフトを導入して感染を防ぐよりないが、これは、アタックを受ける側にとってコントロール外なので、どうしようもない。
 ところで、マイクロソフトのセキュリティパッチが出る度に思うのは、絶対にコンピュータ・ウィルスの感染を許さないようなオペレーティング・システムはないのか、ということである。例えば、アプリケーションも含めてすべてのコードがROMに焼き付けられたようなシステムなら、コンピュータ・ウィルスが感染不可能であるが、それだと、あまりにも融通が利かなくて、軍事用ならともかく、ビジネスや家庭用には向かない。そこで、新たなアプリケーションを受け入れつつ、インテグリティを保つオペレーティング・システムはないのか、ということになり、その方向では当然に研究がなされているに違いない。例えば、セキュアOSという概念であり、近年、Trusted Computing Group(TCG)という、セキュアOSの標準団体も存在する。
 一方で、DoSを受けるサーバ側であるが、質ではなく量による攻撃なので、セキュアOSというのとは別の概念であるが、既存の技術としては、DoSであることを検出すると、これにフィルターをかける技術である。あるいは、DoSのパケットを通しつつも、利用している物理ページ数がプロセス自身が要求したページ数を下回らずかつ利用している物理ページ数と利用したい物理ページ数の差が最も大きいプロセスを発見して、これをスクリーンアウトする技術もある。ただ、こういう技術は2000年に入ってさかんに研究されているが、それでもエストニアのような事例があるところをみると、正しいアクセスは通しつつ、不正な量の攻撃を阻止するというのはなかなか難しく、まだ、技術として発展の途上にある、と思われる。

2007年10月24日

セカンドライフの現状

 今年の始めあたりから注目を集めている、仮想世界のセカンドライフであるが、評判とは裏腹に、いまいち伸び悩んでいるという。
 先ず、明確にしておきたいのが、セカンドライフが、ラグナロクオンラインのようなMMORPGとは違うということである。極端に言うと、それは、仮想世界サーバ貸し業といったところで、例えば、ある人がカンドライフにSIMをもとうとすると、初期費用20万円で毎月、35000円かかる。まさに、リンデン社は、アパートの大家さん、といったところである。
 ということは、部屋を借りる人が何をしようが、家賃をはらってくれさえすれば基本的にはあまり関与しない、ということになるが、そうはいっても、目に余るユーザもいて、流石にリンデン社は、今年の7月になって、リンデンドルでのギャンブルの禁止と、自動ポルノの禁止を行うこととした。
 さて、セカンドライフであるが、知ってはいるけど、今はユーザにならない、という人が結構多い。私もそうである。1つの理由は、結構敷居が高いということである。
 先ず、かなり高速のCPUやグラフィックカードや、豊富なリソースがないと辛い、ということがある。また、アバタの操作が結構難しい、どこに行けば面白いものがあるか、なかなか分からない、オブジェクトを作るのも緻密な作業が必要、リンデンスクリプトというプログラミング言語を知る必要がある、主要な言語が英語である、などクリアすべきハードルは、すごく高くはないかもしれないが、多い。
 こんなで、セカンドライフは、クリエータ/広告媒体を求める企業やユーザ/稼ぎたいユーザ/観光客の4種類のユーザに類別される。
 クリエータというのは、まあ、コンピュータオタクのようなもので、オフラインの環境でも、VBなどでいろいろ作って楽しむタイプ。世の中全体としては、あまり多数を占めない。
 広告媒体を求める企業は、実は、○○の会社が、セカンドライフにSIMをもちました、という新聞の報道の方がずっと広告価値が高かったりする。でも、その新鮮味もなくなってきた。そうして、実際にセカンドライフに作ったSIMには、閑古鳥が鳴く、ということもありえる。
 テレビで年収3000万円以上をセカンドライフで稼ぐという報道がなされたこともあって、利に敏いユーザでセカンドライフに参入している人達がいるらしい。でも、これはある意味、現実世界で稼ぐ以上にスキルを要すると思う。
 あとは、観光客。ツアーガイドみたいな仕事も段々出始めているらしい。
 ラカンドライフの別の問題は、1つのSIMに、50~100人のアバタしか同時に滞在できない、という制約である。これは、アバタの存在がとてもシステムリソースを消耗する点にあるらしい。
 あと、セカンドライフの問題点は、サーバの維持費が高いので、通常のウェブのような掲示板や無料ブログのような機能を提供しにくい、という点である。オブジェクトの製作には、スキルのあるクリエータ/プログラマを抱えなくてはならないが、これも大変。
 ということで、問題点をまとめてみると、
- サーバの性能の限界が低いこと
- 操作性がよくないこと
- クライアントもリソースを要すること
- コンテンツが揃っていないこと
- セキュリティ的な不安
 というとになろうか。
 それでも、仮想世界への傾向はとどまることを知らない。もしかして、スプレッドシートでビシカルクやロータス123が先鞭をつけ、その後完全にマイクロソフトのエクセルにとって換られたように、セカンドライフは、その先行性で痛みを覚えつつ、貴重な先鞭をつけ、後続の仮想世界の魁となっている、と考えることもできる。

2007年12月 5日

Windows NTがなかったら・・

 ここ数年、パソコンのオペレーティング・システムとして、Windows XPを使っていて、可もなし不可もなし、といったところである。しかし、多少なりともコンピュータの内情を知る者にとって、「可もなし不可もなし」ということが、いかに偉大なことであるか、折に触れて思う。
 言うまでもないことであるが、Windows XPは、Windows 2000の後継であって、Windows XPと、Windows 2000の差はほとんどない、と言える。しかし、Windows 2000の前身のWindows NTは、それはなかなかにひどいものであって、酷評でサンドバック状態であった。
 話は、OS/2に遡る。1990年代の初め頃、マイクロソフト、IBM、サン、HP、DEC、Appleなどの間で、次世代32ビットCPUに相応しいオペレーティング・システムは何か、ということで、議論と競争があった。既にマイクロソフトは、MS-DOSで成功を収めており、Windows 1.0やWindows 2.0という製品も出していたが、プロトタイプの域を出ないものであった。
 そのような趨勢で、マイクロソフトとIBMは、OS/2という新しいオペレーティング・システムを共同開発することになった。その後、マイクロソフトとIBMは、すっかり仇敵になったが、当時は、マイクロソフトとIBMの蜜月の最後の時期であった、と言ってもよい。実際、マイクロソフトのチーフアーキテクトであったゴードン・レトウィンが、OS/2に関する著書をあらわし、そこには、ビル・ゲイツの、次世代のオペレーティング・システムはOS/2と高らかに宣言するプロローグもある。
 ところが、開発方針で、マイクロソフトとIBMは決裂してしまう。マイクロソフトが先ず開発したのは、Windows 1.0やWindows 2.0、Windows 3.1の流れにそったWindows 95であり、これが爆発的人気を呼んだ。ただし、Windows 95は、MS-DOSのコードを多く引きずり、Windows 3.1のノンプリエンブティブな性質は脱却しているものの、まだ擬似プリエンブティブとでもいうべきものであり、到底、安定した動作は望むべくもなかった。
 一方、OS/2は玄人好みの渋いオペレーティング・システムであったが、GUIなどが充実しておらず、素人には甚だ使いにくいものであった。
 その当時私は、マイクロソフトは、GUI on MS-DOSという形で、オペレーティング・システムを進化させていくのか、と考えていた。MS-DOSを完全プリエンブティブに作り変えることによって、である。しかし、そもそもがMS-DOSを中途半端に書き換えることなど無理であった。そこで、ビル・ゲイツは英断をする。全く新しい32vビット用オペレーティング・システムを開発するのである。ビル・ゲイツは、DECでVMSというオペレーティング・システムの開発責任者を務めたこともあるデービッド・カトラーをヘツドハントした。カトラーは、ゲイツ顔負けの個性の強い男で、チャールズ・シモーニーが作り上げたマイクロソフト文化(例えば、Cソースコードのハンガリアン記法)にも馴化せず、突っ走った。このあたりの事情は、「闘うプログラマー」という本に詳しい。それは失敗の連続であり、何度も流産の危機にぶつかった。しかし、おそろしいほどの努力で、カトラーは、Windows NTの完成に突き進み、ゲイツは辛抱強く見守った。
 それで思うのだが、Windows NTがぽしゃっていたら、どうなっていたか。まず、OS/2の版図が広がっていただろう。マイクロソフトはIBMと和解してOS/2を共同開発しただろうか。かなり考えにくい。すると、OS/2のカールはIBMが開発し、マイクロソフトは、アプリケーション・プログラムに特化したかもしれない。また、明らかに、MacOSが、いまよりも広かっていただろう。Linuxはどうか。わからないけど、いまほどは商用に食い込んでいなかったのではないだろうか。
 しかし、そもそも、Windows NTがぽしゃる、というストーリーは、とても考えにくい。例えば、どんな資金を積もうと、結局、数学のリーマン予想は証明されないかもしれない。しかし、戦艦大和の建造がそうであるように、オペレーティング・システムは、時間と人とお金を投入すれば、とりあえず動くものはできるのではないだろうか。そうして、一旦最低限動くものが完成すれば、あとは、少しずつバグをfixしていけばいい。私が思うに、オペレーティング・システムには、こういう高度にモジュラーな性質があるので、エリック・レイモンドがいうところのバザール・モデルが、Linuxの開発に有効に働いたのだろう。ここらあたりは、また別稿で取り上げるとする。

2007年12月12日

SaaS

 コンピュータ雑誌を見ていたら、SaaSという語句が頻出していたが、なんだこれは、と理解できなかった。ただ、英語で、Software as a serviceの略なのだという。それで、自分用のメモとして、調べて書いてみる。
 SaaSとは要するに、ソフトウェアの機能を部分的にネットワークなどでベンダか提供してもらう仕組みのようである。一頃、Googleが、Web上で、Ajaxなどの仕組みを用いて、WORDやExcelと互換の機能のスイーツを無料で提供するサービスを行ったことがあった(今もあるかどうか知らない)。どうも、あの機能を、他の業務アプリケーションに展開したもののようだ。そういう意味で、Software as a serviceにおけるserviceというのは、日本語でいうところのサービスと理解すべきではなく、ソフトウェアの一部品または機能と理解すべきであるようだ。
 もちろん、Web 2.0的な文脈では、複数のベンダのSaaSを組み合わせて、すなわち、マッシュアップして使うこともできる。このための連携アプリ自身が、SaaSであってもよい訳である。これがSaaSの1つのメリット。
 SaaSのほかのメリットは、俊敏性にある。すなわち、申し込んだその日から使える。社員が何千人いても、いちいち各々の社員のクライアントPCにプログラムを導入する必要はない。また、基本的に従量制なので、パッケージ・ソフトを購入するより、一般的に安くつく。例えば、Zoho Businessという会社のワープロ、表計算、プレゼンテーション、CRM、プロジェクト管理、スケジュール管理、ブログ作成などの統合ソフトがなんと、年間7500円程度で使える。
 ただ、当然欠点はあって、そもそも、カスタマイズが困難である。ほとんどの機能がベンダのサーバから来るので、これは仕方ないだろう。
 ということで、今後、適用技術に応じて、次第に普及していくものと思われる。

2008年1月22日

ひどいぞCAPTCHA

 仕事柄、USPTOのPAIRというURLは、よくアクセスする。このURLである:http://portal.uspto.gov/external/portal/pair
 PAIRは、結構凄くて、2000年以降に出願された、米国特許出願の出願人と特許庁のやりとりの履歴とその書類、年金支払い状況などがすべて無料で見れる。これが出来たのは、たしか、3年半ほど前だと思うが、それまでは、同様の情報は、米国の特許データ会社に依頼し、PDFで送ってもらう必要があった。データの取り寄せは、1週間くらいかかり、しかも、1件数十ドルの手数料がかかった。これが只で、しかも即時に見れるのだから、当該の特許データ会社を除くすべての人に、大いなる福音であった。
 ところがである。上記URLにアクセスしてみると分かるが、なんと、ここにCAPTCHAがかかってしまったのである。CAPTCHAとは、Completely Automated Public Turing test to tell Computer and Human Apart のアクロニムで、要するに、自動的にインターネットを訪ねてどんどんデータをダウンロードするなどの、ロボットアクセスを防ぐための仕組みである。ロボットアクセスを許すと、そもそも、サイトが重くなって、場合によってはダウンしてしまう。そこで、何か文字を横に表示しておいて、それをテキスト領域に打ち込ませる、というのが、一番簡単且つ、PAIRでも採用されている方式であるが、素直に文字を表示していると、ロボットアクセスは、OCR機能ももつので、簡単に文字を認識してしまう。
 そこで、OCRでは判別できないが、人間なら分かる、というように文字を表示する。わざと汚く書いて読みにくくした文字、と言ってもよいであろう。ところが、その兼ね合いが難しい。すなわち、文字の崩し度合いが弱いと、OCRで判別されてしまう。逆に、文字の崩し度合いが強すぎると、人間でさえも判読困難になる。私が何度か試したところ、PAIRの文字の崩し度合いは、強すぎる。よって、人間の私でさえも何度も間違えて、アクセスを拒否されてしまう。忙しいとストレスが溜まることこの上ない。
 しかし、このようにCAPTCHAがかかるのは、ロボットアクセスする不逞の輩がいるからであり、結局、そういう輩こそが成敗されなくてはならないが、そこはインターネットの匿名性、場所仮想性、どうしようもない。
 ところで、CAPTCHAのアクロニムを見直すと、Turing testという文字が入っているが、これはもともとの趣旨が、違うんじゃないの、というのが第一勘である。すなわち、Turing testとは、別室に人がいて、または、コンピュータがあって、こちらから人間が、「やあ、いい天気ですね。」などと打ち込むと、向こうから、「ああ、そうですね。景気はいかが?」とかメッセージが帰ってきて、相手が人間なのか、コンピュータなのか、当てる、というテストである。で、実は、これは実に難しい。というのは、人間でも、空気読まないで、勝手なメッセージを返してくる人がいるかと思えば、コンピュータでも、こちらのメッセージを構文解析して、例えば、「私の出身は、広島なんです。」と送ると、「えっ、広島? もしかして、竹原ではありませんか。実は、あそこに親戚がいるんです。」と返すことが、地名の辞書をもっていれば可能である。この答えがコンピュータだと、普通人は、よもや思わない。よって、その一番原始的な形態のチューリング・テストは、判別が難しすぎて意味がないのである。

2008年2月 1日

フォルダを一気に移動する方法

 Windowsで、Explorerで操作していて、間違えてあるフォルダを別のフォルダの下に移動してしまうことがある。そんなとき普通、元に戻す方法といえば、またExplorerで、逆の操作をするだけであろう。
 ところが、そのフォルダ内のファイルがとても多数あったり、サイズが大きいと、その操作は実質的なファイルのコピーなのであるから、かなり時間がかかる。
 では、例えば、ルートディレクトリにある、c:\abcというフォルダの名前を、Explorerを使って、c:\temp\abcに変更することにより、一気にフォルダを移動したことにできないだろうか。
 実は、それは、Explorerが許してくれない。変更するファイル名に、'\'を含めることが許されないからである。では、そういう操作が無理なのか、というとそうでない。
 下記のようなC言語のプログラムを見て戴きたい。
//------------------------------------------------------------
#include <stdio.h>

int main() {
if ( rename("c:\\abc","c:\\temp\\abc") != -1 ) {
printf("Rename succeeded.");
}
}
//------------------------------------------------------------
 このようなプログラムをコンパイルしてrunさせると、何とフォルダが一気に移動される。
 というよりも単に、フォルダ名がrenameされるだけなのであるが。
 このような例から分かるように、Win32APIのごく一部の機能しか、Explorerなどのアプリから呼べない。C言語などの手製アプリからは、Explorerからは使えないようなAPI機能が呼べたりする。
 しかし、これ以外にも、マイクロソフトしか知らない隠しAPI機能が沢山あるであろう、ということは想像に難くない。

2008年2月 2日

ヤフー買収

 今朝の朝刊トップに、マイクロソフトがヤフー買収を提案、4兆7000億円で、とあった。しかし、これほどウォッチャーが感激しない買収提案も、なかなかないのではないか。
 というのは、マイクロソフトがヤフーを買収したとして、グーグルを追撃するどのような画期的なプランがあるというのか。少なくとも私には、さっぱり見えない。その点、YouTubeを買収したグーグルの戦略からは、もっとはっきり見えてくるものがある。
 マイクロソフトが成功した会社であることを疑う者は誰もいない。また、ヤフーも、グーグルが登場するまでは、検索エンジンで、最大の成功会社であった。
 そこで、私が想起する著書は、クリステンセンの「イノベーションのジレンマ」(日本語訳、翔泳社刊)である。その著書の内容を一言で要約すると、「過去の成功体験こそが、企業自己変革の足枷となる。」ということである。マイクロソフトは、短い時間で乗り越えるには大きすぎる成功を果たしてしまったのである。例えば、Windows2000は、Windows NTの後継であっても、その安定感、ユーザビリティの向上で、大いなる改善を果たした。ところが、Windows XP、Windows Vistaとなってきて、その前バージョンとの違いは、次第に小さく、分かりにくく、興奮を呼びにくいものとなっている。しかし、OS開発業は、プリインストール・ライセンスのかたちで稼げるので、なかなかここから離陸する発想はでてこず、すると、どうしてもグーグルに対抗する小回りは利かない。
 一方のヤフーであるが、確かに、電子メールやチャットの分野では依然として最大のユーザ数を誇る。しかし、グーグルのGメールに追い上げられており、最近では、中国の百度(バイドゥ)の足音が直ぐ後ろに迫っている。そして、画期的なビジネスモデルを提示しえないまま8四半期連続の減収となった。
 このような時、豊富な資金量を誇るマイクロソフトからの提案は、生き延びるためには有利であるように思われる。
 そのとき例として思い出すのは、DECである。その優れたミニコンのアーチテクチャで、DECは、一時、IBMに次ぐ世界No.2のコンピュータ・メーカであることを誇った。しかし、台頭するPCの趨勢に追随できず、1998年に、かつては格下で歯牙にもかけていなかったコンパックに買収されてしまう。そのコンパックはさらに、HPに買収された。
 このような例をみると、ヤフーがどう、マイクロソフトに応じるのか、今後の推移は興味がある。

2008年2月10日

ネットOS

 ネットOSとはどういうものか、前提なく自分で考えてみる。すると、あるハードウェアのコンピュータがあって、BIOSに、インターネットに接続する機能があり、電源を投入すると、LANケーブルを介して、ネットOSが存在する所定のウェブサイトに接続しにいく。そうして、必要なソフトウェアは、そのウェブサイトからダウンロードする。しかし、よく考えると、これは、ネットOSというよりも、単なるディスクレス・クライアント端末である。また、これだと、使うハードウェアが限定されるのが、つまらない。
 そこで今度は、Webブラウザ経由で、あるウェブサイトにアクセスするものとする。すると、JSPまたはサーブレットのような機能で、インターネット接続されたサーバから必要に応じてモジュールがダウンロードされ、Webブラウザ内で、ワープロ、表計算、プレゼンテーション・ソフトウェアなどの機能を使うことができる。作成した文書は、ローカルディスクではなくて、サーバ内に所与の領域に保存されるが、必要に応じて、ローカルディスクにもダウンロードできるものとする。これは、SaaSかもしれないが、ネットOSとは呼ばれないのではないだろうか。
 それで、段々わからなくなってきたので、例えば、http://www.xenoservers.net/あたりを、1つの目安として考える。すると、ネットOSとは、Webを通じたワールドワイドのグループウェアをサポートするものである、というのが1つの定義となる。私は、スタンドアロンのPCを使っていた時期が長いので、OSというからには、自分が使っているPCのハードウェアを直接叩くことができるものでなくてはならない、という考えに囚われていた。
 しかし、ネットOSだと、スタンドアロンのPCが、キーボードやマウスを入力のインターェースとするように、Webブラウザまたはある種のクライアント・ソフトを経由して接続しにいき、ネットワーク上の、NASであれ、SANであれ、リモート・プリンタであれ、なんらかのWebサービスであれ、そういうものへのI/Oを、Webブラウザまたはある種のクライアント・ソフトのインターフェースを通じてマニュピュレートするもの、として考えることができよう。従って、クライアントPCのOSが、ハードウェア的に相違点を吸収し、ネットOSは、ネットワーク上にあるリソースを、クライアントに対して十分抽象化し、且つ、必要に応じて、具体的なリソースとして提示できるものでなくてはならない。
 ふぅ、なんとなく分かったような、分からないような。

2008年2月23日

MSのソースコード公開

 友人から、マイクロソフトがWindowsのソースコードを公開する、と聞いて、ついにその時が来たか、と思った。Windows95→Windows98→Windows2000→Windows XP→Windows Vistaと、次第に世間に対する反響は下がっている。もはや、Windows Vistaの後はないのではないか、とも噂される。
 ところが、ネットの記事、特にasahi.comをみてみると、
「公開するのは同社のOS「ウィンドウズ・ビスタ」や表計算などの「オフィス」などの設計図の一部で、これらのソフトと連携して動くソフトなどを開発するのに必要な技術情報だ。ただし、コンピューターの基本的な動作を決める設計図にあたる部分の「ソースコード」の内容までは公開せず、今後も「ビスタ」を社外の開発者が修正することなどはできない。 」
 となっていて、なんだ、これでは、今まで隠されていた、APIの機能の一部を、そのソースコード付きで公開するだけではないか、と失望した。こういう情報だと、Undocumented Windowsという本もあるくらいで、気の利いたパワーユーザなら、自らハックして得ることができるであろう。
 マイクロソフトは、欧州連合(EU)独占禁止法違反事件及び、最近のヤフー買収劇で、独禁法違反の謗りが増大してきて、この矛先をかわそうとしたのだろうが、いかにも、小手先の感は、否めない。
 ところで、今後、マイクロソフトは、どのような途を歩むのだろうか。
 先ず、いま確実に稼げているのは、PCメーカ各社のプリインストール・ライセンスである。当面、Windows以外のOSはないのだから、独占と言っても良い。MacOSは、完全にWindowsと棲み分けているし、猛追するはずのLinuxは、どうしても、ユーザビリティとWindowsとの互換性で、Windowsに対抗できず、伸び悩んでいる。
 マイクロソフトの他の稼ぎ手は、オフィス製品である。WORDやEXCELなどの含むオフィス・スイーツは、その値付けの高さを批判されながらも、オープン・オフィスやキングソフトなどの互換製品は、微妙な点で互換性を実現できていないので、いまいちメジャーになりきれない。ただ、Web上で使えるオフィス互換ツールが、MSのオフィス製品を、緩慢に侵食している。
 こうして、マイクロソフトには、その全ソースコードを公開するインセンティブは、でてきそうにない。
 私は、マイクロソフトのレガシーは大きく、その衰退は、結構ゆるやかであると予測する。

2008年3月 6日

古いパソコンの博物館

 実際にあると聞いたことがないが、あったらいいのにと、ときどき思うものに、古いパソコンの博物館がある。すなわち、1980年代のシンクレアなどのマイコンと言われていたものから、NECのPC88シリーズ、シャープのMZシリーズ、NECの98シリーズ、富士通のFMシリーズ、IBM PC XT、IBM PC ATなどを動作可能に揃えておき、また、それらで動く初期のアプリやツールなども、提供する。
 アプリとは、初期の一太郎、マルチプラン、ビジカルク、ロータス123、MIEFS、VZエディタ、ゲームのブロック崩しやインベーダなどのゲーム、フライトシミュレータ、ツールとは初期のマイクロソフトのBASICコンパイラ、Turbo C、Turbo PASCAL、Turbo PROLOG(これを知っている人が何人いるか)、マクロアセンブラなどである。
 そういう古いパソコンを使って、何が楽しいかというと、私のような中年サラリーマンにとって、それは青春時代の道標であり、ノスタルジーを誘う。また、わずかなリソースで懸命に動いているアプリたちが、けなげで可愛いのである。幼稚園の運動会のようなものである。
 さらに、喩え8ビット・マイコンであっても、ALUがコマンドをデコードして、I/Oポートに信号を送り、それが目に見える結果となるあたりは依然としてブラック・ボックスなのではあるけれども、今のWindows Vistaだの、Windows XPよりはずっと、劇場でかぶりつきで、ライブで観る風情がある(なんの劇場をイメージしているか、聞かないでほしい)。いまのパソコンだと、家庭でDVDでみるくらいの感じか。
 また、昔のパソコンだと、リソースがとても限られているので、プログラミングしたりするときに、がんばってメモリを節約したり、アルゴリズムを工夫したり、ととてもクリエイティブであることを要求される。まさに、アルゴリズム的なトリッキーな工夫であって、今のWindowsパソコン上での、マルチメディア・オーサリング的なクリエイティビティとは、全く異なる。それは、実にアキバ的、オタッキーな世界であって、いまだと、なんとか萌え、というのだろうか。
 ただ、冷静になって考えると、そういう博物館は、最初は、私のような中年の趣味人が訪れるかもしれないが、次第に、そういう人たちも、現実の慌しさに引き戻されて、古いパソコンたちと遊ぶことが、馬鹿馬鹿しくなってくるかもしれない。で、古いパソコンの博物館は、次第に荒廃し、寂しさを増す。受付の係員は、暇そうに、窓の外の人通りを眺め、悠久の時でなく、今日の夜の飲み会のことに思いを馳せる。それはそれで、哲学的ではあるまいか。

永久保証付き

 ソースネクストから、広告のメールがよく入る。今日は、下記のような、USBメモリの広告が来ていた。トランセンドというメーカは、知らないが、USBメモリも安くなったものである。
 ところで、下記の広告で、「永久保証付き」という語句が目に付いた。

トランセンド 「8GB USBメモリ」
 スライド式のUSBコネクタ搭載で、キャップ不要のUSBメモリ。
  大容量8GBだから、写真やプレゼン用ファイルなど
  重たいデータの持ち運びにもばっちりです。
  トランセンドの永久保証付きなので、安心してご利用いただけます。

 この「永久保証付き」とは、どういう意味だろうか。USBメモリは、HDDドライブよりも、データの読み書きの耐性が低い、というのが常識である。すなわち、HDDドライブが大体10万回以上なのに、USBメモリは、1万回くらいが限界であると聞いたことがある。それなのに、HDDドライブで、「永久保証付き」というものを見たことがない。一方、ノーブランドでも、RAMのメモリなどでは、「永久保証付き」を見たことがある。実際、私は、RAMで、パリティ・エラーなど経験したことは一度もない。ただ、他人のPCで、メモリが原因と思われる、初期不良は見たことがある。なにしろ、頻度はとても低い。
 だから、トランセンドという会社は、「高をくくっている」に違いない。「永久保証付き」を謳うことで、他社と差別化しようと。
 しかし、物理的な損傷はどうなのだろうか。例えば、道路に落ちて、車に轢かれれば、無事な訳ない。流石にそれは、「永久保証付き」の埒外であろう。それなら、USBメモリをポケットに入れたままのズボンを、洗濯機にかけられた場合はどうか。それでも壊れなかった、という事例は聞くが、なにしろ、大量の洗剤のイオンに晒される訳だから、壊れてもおかしくない。すると、そういうので「永久保証付き」を楯にとって、新品と交換を迫ったら、トランセンドの担当者は、本当はそんなの交換に応じられないと思いつつも、滅多にこないクレーマーにいちいち説明するのもかったるいので、新品を渡して、済ませようとするだろう。こうして、「永久保証付き」はとりあえず、うまくいくのである。トランセンドは、ここまで深読みしているのだろうか。

2008年3月18日

ソニーのbranco

 Webのニュースによると、ソニーは、専用ソフトウェアを使って、映画やドラマ、アニメをフレッツ光経由で動画配信するIPテレビサービス「branco(ブランコ)」を3月31日の正午から開始するという。高画質動画コンテンツを24時間、365日配信。サービス開始時には6つのチャンネルが提供され、無料で利用できる、という。但し、オンデマンド型ではなく、番組表を使ったプログラム配信型の映像サービスとなる、という。
 ユーザとして考えた場合、オンデマンド型ではなく、プログラム配信型である、というのは、かなり魅力が薄れる。確かに、スポーツ中継のように、リアルタイムで見たい番組もあり、それならプログラム配信型でもよいが、映画やドラマ、その他のの娯楽番組では、プログラム配信型だと、従来のテレビと全く変わらない。忙しいビジネスマンが、会社から帰って一風呂浴びて、ビールでも飲みながら見ようと思ったとき、オンデマンド型でないと実に困る。予め、何時に帰れるか、分からないからである。
 また、PC上の専用ソフトで、フレッツ光経由限定、というのもどうか。で、分かったのは、ソニーは、実テレビ画質にとことん拘ったのである。実テレビ画質に拘ると、確かに、光ファイバ経由というのは、必須ではないが望ましい。すると、専用ソフトというのも分かる。また、オンデマンド型にすると、実テレビ画質を実現するには、ユーザーがコンテンツを指定してから、でかいコンテンツ・ファイルのバッファリングに予め相当の時間がかかる。すると、プログラム配信型だと、事前にストリームとしてコンテンツを流せるので、バッファリング遅延の問題もおきない。広告を事前に予定して流すことも可能である。
 一方、オンデマンド型だと、予測して効率的に広告を挿入することが難しい。もちろん、グーグルのアドセンスみたいに、コンテンツに連動して、適宜広告を挿入することは可能だろうが。
 で結局、私は、ソニーのbrancoは、あまり成功しないと思う。そもそも、フレッツ光や専用ソフトウェアという概念があまり好まれない。また、ソニーが実テレビ画質に拘っているということだが、YouTubeの成功からも分かるように、ユーザは実は、コンテンツの中身が面白ければいいのであって、あまり画質に拘らない。どうしても画質に拘りたいなら、普通の大画面テレビで、放送やDVDで観る。だから、どうもソニーのbrancoは中途半端で、きちんと事前マーケティング調査をしたのだろうか、と疑問になる。

2008年3月21日

Windowsのソースコード

 ものの本によると、Windows XPのソース・コードは、主としてC言語で書かれていて、約4000万行ある、という。実際に書いたことはなく、話に聞くだけだが、OSのようなシステム・プログラムは、ハードウェアを直接叩くこともあるので、とても難しい。例えば、私が書くようなジャンク・コードでも、一日にせいぜい、100行程度である。すると、熟練したプログラマがOSを書くとしても、やはりその程度ではあるまいか。すると、純粋に一人の人が4000万行のコードを書くと、単純計算で、1000年程度かかってしまう。
 では、人月の法則で、1000人のプログラマがいると、1年で書けるかというと、1000人がばらばらに書く訳ではないので、インターフェースあわせなどのコミュニケーション・コストがかかる。よって、どう頑張っても、1000人のプログラマがいても、約4000万行のコードを書くのに、3~4年はかかることになる。
 その3~4年は、単純にコードを書くだけの作業であるから、プログラム・デザインも、テスト・フェーズも含まない。こうして、もしスクラッチからOSを書き始めると、とりあえず動くものをリリースするために、最低でも5~6年の時間はかかると思われる。
 さて、リリースしてからが大変である。そこから、テスト段階で試してみなかった外部デバイスや、アプリケーション・プログラムや、通信環境にさらされ、どんどんバグがでてくる。バグには、ハングしてしまうもの、予期していなかった動きをしてしまうもの、セキュリティ・ホールが見つかる場合、など様々である。
 そのように安定するのに、だいたい経験上、少なくともリリースしてから、3年かかる。こうして、1つのOSが安心して使えるようになるには、最低でも10年はかかる。これのアナロジとして面白いと思うのは、医者や弁護士などの専門職でも、10年の実務経験が、一人前の目安であるからである。戦闘機のパイロットでも、実際の戦闘で生き残るのは、ほとんどが10年以上の経験者だという。その違いは、攻めどころと、引きどころが、経験が浅いと分からない。だから、経験がないと、隙ありと攻め込んで、はっと周りをみると、敵機ばかりで、蜂の巣にされてしまうのだそうである。
 話はOSに戻って、Windows2000からWindows XPのリリース、Windows XPからWindows Vistaのリリースが、せいぜい4~5年であるのは、相当の部分のコードを継承しているからである。よく知られているように、Windows2000、Windows XP、Windows Vistaファミリは、Windows NTのコードが、そのベースになっている。Windows NTは、ビル・ゲイツが三顧の礼で迎えた、デービッド・カトラーのチームが、絶叫しながら、苦闘の末書き上げた。それでも、スクラッチの部分だけでないのは、DOSとコンパチをとる部分があって、そこに初期のMS-DOSのコードが残っているからである。だから、確か、Windows XPの著作権表示は、1986 - 2000のようになっていたような気がする。

2008年3月29日

スティーブ・ジョブズ

 スティーブ・ジョブズと言えば、言わずと知れたアップルのCEOであるが、強烈の個性とビジョンの持ち主くらいしか私は知らない。それで、アスキー新書「iPodをつくった男」太田和利著、に拠り、ジョブズのことに関して、自分用にメモしてみる。
 スティーブ・ジョブズは、1955年生まれ、事情はよく知らないが、生まれると直ぐに、養子に出されてしまう。子供の頃から、自分に注目を集めるのが得意だったという。中学生のとき、パーソナル・コンピュータに魅了され、そのとき、スティーブ・ウォズニアックと出会った。ウォズニアックが天性のエンジニアであったのに対し、ジョブズは、天性のプロジューサ兼ディレクターであった。その才能は、市場性を見抜くところで先ず発揮された。
 すなわち、アップルIはもっぱらマニア向けであったが、アップルIIでは、秀麗なデザインをとりいれた。このときのDNAは、今のiPodにも継承されているといえる。
 知られているように、今のマルチウィンドウとマウスのインターフェースを考え出したのは、ゼロックスのパロアルト研究所だった。しかし、ゼロックスは、資金的な面もあって、これらをうまく製品化できなかった。そこで、ジョブズは、パロアルト研究所から研究者を引き抜き、アップルの製品で、それらのGUIを確立させた。まさに、その後マイクロソフト・ウィンドウズにも継承される、業界のデファクトを作り上げた。
 会社が成功し、成長すると、プロの経営者が必要になった。そこで、元ぺプシ・コーラの社長、ジョン・スカリーを雇いいれた。しかし、ジョブズの採算度外視的なプロジェクト計画を、そのスカリー自身から追及され、ジョブズは、アップルから追放の憂き目に遭う。
 しかし、Next社がアップルに吸収合併されるに及んで、ジョブズは、アップルのCEOに返り咲く。
 ジョブズの特徴は、強引とも言える決断力と、カリスマ性である。特に、プレゼンをとても重視し、CEOでありながら、製品のプロモーションにとても時間を費やす。どうも、ジョブズであれ、アップルの製品であれ、とてもビジュアルというか、見られることに重視しているようである。だから。当然にマスコミをも重視する。こういうジョブズと比較すると、もともと強烈な個性の持ち主であるビル・ゲイツも、どもかしら、学者然と見えてくるほどである。
 そこで見えてくるジョブズの個性は、よくも悪くもワンマンで、気難し屋である。上機嫌でマスコミ相手に質問に答えていたかと思うと、突然、自信を失わせるくらい部下を叱り付ける。とても些細なことで怒鳴られ、会社を去った部下もいたらしい。ともかく、感情が豊かなのであって、それがよい方に向かうととてつもない力を発揮するようだ。
 ジョブズの情熱は、製品開発にも深く関与する。CEOでありながら、製品の細かいデザイン、GUIにも口を出す。また、製品のベータ版が出ると、それを持ち歩いて自らテストし、開発者にフィードバックする。要するに、自社製品に深い愛情と思い入れをもつのである。こういう会社だと、マイホームパパではなかなか、勤まらないだろう。
 ジョブズの才能の1つに、交渉力がある。ジョブズがCEOに復帰したとき、最大の仕事は、マイクロソフトを訪れ、そのオフィス製品を、アップル向けに開発してもらうことであった。交渉相手は、ビル・ゲイツであり、当時たった3%しかシェアがないアップルのOS用のオフィス製品を開発するなど、割が合わないもいいとこだった。結局、ゲイツはジョブズに折れたのだが、どうもゲイツの心は、ここで折れて、ジョブズとWin/Winの関係を築くことにあったようだ。結局、その後、マイクロソフトとアップルは、互いの長所とノウハウを利用し合うかたちとなっている。
 さて、「iPodをつくった男」にある、アップル社の特徴は、下記のとおりである。
- 自らのビジョンに従い、自らが使いたいものを作る。必ずしも、市場調査の結果ではない。
- 裏プロジェクトの存在。そこから、次の製品を立ち上げる。
- 極端な秘密主義。そもそも、デザインセンターの場所され公開されていないという。これで思い当たるのは、アップルの製品は、必ずしも強い特許で保護されている訳ではない、ということである。すなわち、技術は結構ありきたりのものを使っているが、コンセプトが斬新だったりする。そういうところは、なかなか特許では保護されない。それゆえに、秘密主義で一層保護しようとするのだろう。
- 自前主義。アップルは、垂直分業が喧伝されるいまの時代にあって、ハードウェア、OS、アプリケーション、サービスを全て自前でまかなう。実際、そうでないことは、ウインドウズの欠点であり長所である。というのは、ウインドウズは、APIを公開して、他者に、アプリケーションやハードウェアを開発してもらう。だから、多様なバラエティのアプリケーションやハードウェアが揃うが、動作に難があったりする。一方、自前主義は一面とても非効率だが、とてもインテグリティ(完全性)の高い製品を作れる。
- 戦略的デザイン。天才デザイナー、ジョナサン・アイブが上級副社長まで上り詰めていることからも、デザインがいかに、アップルで重視されていることからも、わかる。
- ネーミング重視。アップルのあとのマッキントッシュは、りんごのある品種だった。ただ、マッキントッシュの商標は、他社がもっていたので、買い取った。

 こうして、ジョブズ及びアップルをみつめると、そこには、独自の理念と理想主義があることに改めて気づく。いまどき流行らない自前主義も、その一環である。こういうやり方は普通、効率が悪く、半端なやり方では没落する。それを可能ならしめているのが、まさにジョブズの強烈な個性であり、それは一身専属的なものであるがゆえに、なかなか、経営学の手本にはなりにくいようである。

2008年4月 6日

パソコン廃棄

 2000年の7月に、Win98SEのコンパックのパソコンを買った。そのスペックは、今にしたらがっかりのメモリ64MB、ディスク10GB、Celeron500KHzクロックだった。その後、128MBのメモリを追加して、メモリは、192MBとなった。また、ディスクは2度もクラッシュして、今は日立GSTの40GBのものを使っている。ところが、BIOSが32GBまでしか認識できないので、ディップスイッチで切り替えて、32GBのディスクとして使用しているという有様。
 ところが最近、レノボのThinkPad R61eを購入したので、晴れて、コンパック・パソコンは、御用済みとなった。ところがである、パソコンの処分に困った。普通の粗大ゴミだったら、市営の処理場まで、車に載せて持ち込めばよい。ところが、2001年4月から、家電リサイクル法ができて、市営の処理場は、家電やパソコンは受け取ってくれなくなった。それまでは、市役所に電話すると、自宅まで無料で引き取りにきてくれたのに、大きな違いである。
 そこで、自宅近くのコジマ電気に、有料でも引き取ってくれませんか、と問い合わせてみた。確か、3年前だったか、壊れたThinkPadを、3000円で引き取ってもらったことがあったからである。ところが、パソコンは、メーカに問い合わせて下さい、とにべもない。なんか、少し対応が厳しくなった。なんでも、コジマ電気でパソコンを買えば、処分してくれるらしいが、当面これ以上パソコンを買う予定はない。
 そこで、友人に相談するなどして、以下のオプションがあることが分かった。
1.ソフマップなどで中古として買い取ってもらう。
2.インターネットに出ている専門の処理業者に配送して、処分してもらう。送料はこちらで負担するとして、処理業者の手数料が只のところと、有料のところがある。
3.土日に巡回してる、「パソコン、冷蔵庫、洗濯機など不要になった家電を無料で引き取ります。」という回収車に引き渡す。
4.正規のルートで、メーカーの日本ヒューレット・パッカードに処分を申し込む。コンパックは、HPに買収されたからである。
 最初は、1にしようと思っていた。なぜなら、調べたところ、4のルートだと、CRTとシステム本体で、7350円も処分料がかかってしまうからである。しかし、ソフマップのホームページをみていると、壊れていないことが条件となっていた。当該のコンパック・マシンは、だいたいちゃんと動くが、FDドライブは壊れている。HDDの交換時に、間違えてFDDのケーブルを引きちぎってしまったからである。この点を突かれると、困る。そこで、2も考えたが、どうも胡散臭い。単に要らないパソコンを送ってしまうだけだから、胡散臭かろうと構わないはずだが、なんとなく気になる。
3に至っては、胡散臭さの二乗である。ホームページなどで見ると、こういう回収業者は、回収した製品を必要に応じて修理し、中東や北朝鮮などに売るのだそうである。私は、もしかして、回収したパソコンの部品が、北朝鮮のテボドン・ミサイルに使われるのかもと、嫌悪感を抱いたことがあるが、いろいろ調べてみると、どうも、パソコンのCPUにしても、その他の部品にしても、そのままミサイルに使うことは難しそうである。しかし、ともかく、私が使っていたパソコンが北朝鮮まで流れるのは、なんとなく、嫌である。で、結局、4にした。
 その手順は、次のとおりである。まず、ヒューレット・パッカードのホームページをみて、メールで問い合わせた。すると、申し込み用紙を送るから、住所を教えてくれ、という。そこで、メールで自宅の住所を書いて送ると、申し込み番号が入った用紙が送られてきた。それに、自分の名前、住所、パソコンの機種名、CRTの機種名を記入して、所定の番号にFAXした、それと並行して、指定された日本ヒューレット・パッカードの口座に、7350円を振り込んだ。これを書いている時点ではまだであるが、数日のうちに、発送伝票が郵便で届くはずである。
 一方で、パソコンのHDDの中身の個人ファイルをほとんど消した。回復しにくいように、デフラグもかけた。ただ、ここで消し忘れたときのリスクがあるので、2や3でなく、4のオプションを選んだ次第である。
 こうして、システム本体と、CRTを、ダンボールに梱包した。発送伝票が届いたら、これをダンボールに貼って、最寄の郵便局に持ち込んで終わりである。ああ、でもうんざりした。パソコンの廃棄は、どう転んでも面倒である。

ネット飢饉

 最近、自室でテレビを見るようにするため、JCOMに工事を依頼した。私は、インターネット/テレビ/電話のパックをJCOMと契約しているので、情報インフラを一手にJCOMに委ねていることになる。ちょっと危険かも・・。
 それで、テレビを見るようにするためには、放送信号接続用の同軸ケーブルを引き込む工事が必要である。それで業者に相談すると、インターネット用に引き込まれている線を分岐させればいいのだという。ええっ、テレビの信号と、インターネット用信号は、同じケーブルに乗っているのか、と今初めて知った。
 どうも、別周波数で同じケーブルに乗っかっており、テレビだと、それをそのまま同軸端子に接続すればよいが、インターネットの場合、同軸ケーブルからディジタル信号をデコードして拾わなくてはならないので、ケーブルモデルが使用されるようである。
 さて、分岐工事をしてもらって、テレビもネットも快適と喜んでいたら、工事をしてから2日後、突然、ネットが繋がらなくなった。ケーブルモデルをみると、オンラインボタンが点灯しなくなっている。ケーブルモデルを何度もリセットしたが埒があかない。無線LANルータの問題かと思い、これも何度もリセットしてみたが、そもそも、無線LANルータに接続されているNAS(ネットワーク接続ディスク)は、ちゃんと使えているので、そういう問題でもなさそうだ。
 そこで仕方なく、JCOMサポートセンターに連絡した。すると、土曜日の午後だったが、係員が来てくれるという。実は、電話している最中に、たまたまインターネット接続が復活したが、それでも、原因をみましょうと、しばらくして、係員二人がやってきた。随分年配の男性二人で、大丈夫かな、と思っていたが、流石に熟練した手つきで、信号強度テスターで測定して曰く、分岐によって、信号強度が低下していますね、ということだった。ううん、やっぱり分岐がいけなかったのか。それで、係員がとってくれた対策は、ケーブルモデルを新型のモトローラ製ものに取り替えることと、分岐コネクタを減衰のおきにくいものに取り替えることだった。旧ケーブルモデルは、サムスン製だった。新しいケーブルモデルは、信号強度の低下にも強いのだという。なるほど。
 それで接続が安定した、と安心していたら、夜の9時くらいに、パタリとインターネット接続が途絶えてしまった。ケーブルモデムも、無線LANも、何度リセットしても、まったく復活しない。流石に夜の9時にサポートセンターに連絡するのも、と我慢して、ネット接続できないので、仕方なく、読書にいそしむことにした。テレビは見えるが、もともとみたい番組もない。ところが、ネット接続できない、と考えただけで、情緒不安定になってしまった。普段、いかにネットに依存しているかである。ほとんど中毒と言っていい。それでも本を読みながら、知らない間に眠ってしまった。つまらない本だったので、睡眠薬代わりになったのかもしれない。
 それでも、朝5:30に眼が覚めた。ネット、ネット。いろいろ設定をやってみたがまだ繋がらない。こんな朝早くからサポート・センターやってないよね、と思いながら、電話してみると、ちゃんと係員が出てきた。昼間よりも電話がビジーでないので、却っていいくらいだ。それで、電話で問い合わせていると、あれっ、またネットが復活している。電話すると復活する、といことが二度も繰り返されると、電話してこちらの様子を話しているうちに、向こうでなにかリセットかけているのではないか、と疑ってしまう。というのは、サポート・センターに電話すると、名前と電話番号を聞かれるのだが、向こうの端末では、それを打ち込むと、こちらのインターネットで、DHCPのIPアドレスが取れているかどうか、分かるようなのである。それで、ともかくも繋がったので、すいませんでした、と電話を切ったが、どうも怪訝である。
 ともかくも、自分のネット依存症を改めて確認した次第。そういえば、山本七平が、徴兵されたとき、読書も制限されて、それでも何か活字が読みたくて、マニュアルの類でも、食い入るように読んだ、という記述があった。私にとってネットは、お菓子や酒のような嗜好品であって、ないと非常に寂しいが、しかし、読書は私にとって米であり日常的な食事である。もし読書ができない環境だと、ネットどころではない、私は確実に発狂してしまいそうである。

2008年4月12日

マイクロソフト上級研究員

 今月号の数学セミナーを眺めていたら、ハンガリー出身で、ロバシュという、グラフ理論の世界的権威が紹介されていた。ロバシュは、ハンガリーの名門大学を卒業した後、1993年から2000年までエール大学で教え、その後、2006年まで、マイクロソフトの上級研究員だったという。
 マイクロソフトの上級研究員というのは、高給で知られ、その後ロバシュは、ハンガリーに帰って豪邸を建てたという。ううん、いかにも、知は金なり、のアメリカらしい話ではある。それで思ったのが、マイクロソフトは、リッチなだけあって、お金に糸目をつけず、大学の優秀な研究者を、もしかして場合により期限つき契約で、上級研究員を雇っている、ということである。調べてみると、OSの世界的権威、ネットワーキングの権威、データベースの専門家などが、マイクロソフト上級研究員として採用されているようである。
 確かに、Windows XPであれ、Windows Vistaであれ、もう生半可な会社が作れるものではなくなっている、ということである。すると、特殊な処理のアルゴリズムを考えるために、ロバシュのような、純粋応用数学者(言い方が矛盾している?)のような知能も借りる必要が出てくるのだろう。
 また、それに関連して思うのは、アップルのインテルCPUベースの新しいOSである。私は、アップルの企業規模というか体力で、PowerPCベースのMac OSを、インテルCPUベースに書き換えるのは難しいのではないか、と思っていた。で、もしかして既存のOSのライセンスを受けて、GUIを改善して、インテルCPUベースのMacに載せるのかも、と。
 ところが、アップルのインテルCPUベースの新しいOSである、Leopardは、どうも、スクラッチから書かれたものであるようなのである。アップルの体力でよく作れたと思う。それは、iPodのドライバを書くのとは訳が違うからである。きっと、早くから、PowerPCに見切りをつけて、開発していたのだろう。
 しかし、LeopardがWindows XPや、Windows Vistaに及ばないと思うのは、結局、過去のMac OSのレガシーを切り離してしまったことである。これは、過去のMacファンを裏切ることにもなるのだが、PowerPCというRISCのアーキテクチャを、Core 2 DUOなどのインテルのCISC CPU上でエミュレートするのは、想像以上に大変で、やはり、アップルの人的・金銭的資産では、困難だったのだと推察する。これがマイクロソフトなら、人海戦術をつかってでも、過去のアプリが動くようにしただろう。さらに、Windowsに比べてLeopardが楽しているな、と思うのは、Leopardは、アップルのハードウェアだけを相手にしていればよく、一方、Windowsは、有象無象のサードパーティのアプリやハードウェアを相手にしなくてはならない点である。この差は絶大ではないだろうか。
 かくして、普段、あまり好意的に考えていないマイクロソフトは、実は凄いのではないか、とマイクロソフト上級研究員にかこつけて、思った次第である。

2008年4月16日

Windows Vistaの終焉

 Webニュースによると、マイクロソフトは、Windows Vistaが不人気なのに業を煮やして、Windows 7(これは、一応のコードネーム)を早期投入することを検討している、という。まるで野球で、折角登板させたエース級が早くも打ち込まれ、仕方なく、まだ肩が暖まっていないリリーフに交代させるようなものである。これでは、Windows Vistaは、失敗作といわれた、Windows MEの轍を踏むことになる。また、このような動きは、ただでさえWindows XPを使い続けて、Vistaへの移行を躊躇っている企業や一部のユーザを一層保守的にするものである。
 さて、Windows 7とは、どんな機能をもつものか?また、考えるに、Windows 7といっても、どんな革新的な機能が積めるというのだろうか。多くのユーザは、Windows XPで十分と思っているし、不足の機能があったとしても、フリーウェアやオープンソースの適当なソフトを導入することにより、容易に機能拡張することができる。Webで調べると、Windows 7は、そのOSのコアが、XPやVistaに比べると、著しく小さいという。これは、仮想化という機能を使うのだという。これって、昔喧伝された、マイクロカーネルの焼き直しなのだろうか。
 しかし、Linuxや、Mac OS Leopardの追撃もある。こうして、マイクロソフトには、OSビジネスを続けるために、大変な創造性を要求される時代がきたのである。

2008年5月 6日

ヤフー買収断念

 ニュースによると、時間をかけてヤフーを買収しようと交渉してきたマイクロソフトは、とうとうヤフー買収を断念したという。マイクロソフトが提示した額を安すぎると、ヤフーが断り続けたからだという。豊富な資金を誇るマイクロソフトは、敵対的買収を行う手もあったと思うが、もともとヤフー内の反マイクロソフト的気風を気遣って、人材が流出することを懼れた。
 そこで分からないのが、ヤフーのCEO、ジェリー・ヤンの意図である。確かに、ある意味IT業界の悪の帝国のように思われているマイクロソフトに買収されることには潔しとしない、という気持ちは分かる。しかし、観察すると、ヤフーのビジネスは今のところそこそこ堅調であるが、グーグルが提示しえたような画期的な検索エンジン技術、アドセンス、アドワーズなどの新しいネット広告スキームなどのビジネスモデルを提示し得ておらず、このままだとジリ貧になってしまうと思われる。すぐ後ろには、中国の百度も迫ってきていてる。
 一方でグーグルにしてみると、マイクロソフトがヤフーを買収することに、異常なほど過敏というか神経質であった。理由は、マイクロソフトのデスクトップ技術にある。なんのかんのといっても、長年WindowsやOFFICE製品を提供し続けたマイクロソフトのデスクトップ技術のノウハウは、他社の追随を許さない圧倒的なものがあり、そのデスクトップ技術が、ヤフーのネットノウハウと相俟って、顕現してくることは、グーグルにとって最大の脅威である。というのは、時代はもう、ポストグーグルがささやかれ始め、グーグルも一プラットフォームに成り下がるという不安をいつも感じているからである。
 そのような趨勢をジェリー・ヤンが感じていないはずはなく、すると、ジェリー・ヤンは、マイクロソフトに身売りすることで、マイクロソフトの一ネット部門に成り下がることを嫌ったのだろう。繁栄よりもプライドである。
 それならば、マイクロソフトは、高給で、ヤフーのキーパーソンを引き抜けばいい。優秀で、マイクロソフトの文化を潔しとしない者は、グーグルに行くであろう。ともかく、ヤフーが魅力的な会社である、という文化というかビジネスモデルを提示しえないなら、ヤフーを待っているのは、緩慢なる死である。どうする、ジェリー・ヤン。

2008年5月18日

Windows XP SP3のリリース

ようやく、Windows XP SP3がリリースされた。自宅のパソコンで、なんとなく導入してみたが、ダウンロードと導入で、40分くらいはかかっただろうか。驚くほどなにも変わらない。では、一体どんな機能が変わったのか、ちょっとWebで調べてみた。すると、下記である、という:

  1. Network Access Protectionとの互換性。Windows Server 2008のNAP機能がらみだというから、あまり関係ない。
  2. Kernel Mode Cryptographics Module。これも、なんのことだか、分からない。
  3. 「ブラック・ホール」ルーター検出アルゴリズム。ネットワーク・パケットを適切に送信できないネットワーク・ルーターを無視できるようになる。ううん、これも具体的な状況が想像できない。

かくして、Microsoft自身が、Windows XP SP3には新しいものは何もない、と宣言する。ただ、上記した機能のうちいくつかは、Windows Vistaで初めて提供されたものもある、という。

実は、鳴り物入りでリリースされたWindows XP SP2と、今回のWindows XP SP3では、その力の入れようと、Microsoftがかけた労力は、雲泥の差があるようだ。

実は、Microsoft自身が認めるところによると、Windows XP SP2を開発するために、Windows Vistaの開発を一時停止しなくてはならないほどの労力をかけたという。なぜそうする必要があったのか、と考えてみると、おそらく、Windows XP SP1に致命的なセキュリティ・ホールがあったせいだと思われる。

では、なぜ、自らも認める、マイナーチェンジのWindows XP SP3をいま、Microsoftはリリースするのか。これはどうも、Windows Vistaが、なかなか思うレベルまで達しないからだろう。そこで、ユーザーに、より安定したWindows XP SP3を使ってもらって、とりあえずの不満を抑えておいて、Windows Vistaのブラッシュアップに励むのであろうか。

一方で、Microsoftには、Windows Vistaを失敗作とみなして、次のOSの開発にフォーカスを移そうとする様子もみられる。すっかり巨大企業となってしまったMicrosoftは、どうみても一枚岩ではなく、幾つかの矛盾した動きをしている。流石のMicrosoftも、最早変曲点を迎えたのではないだろうか。

2008年5月21日

坂道理論

坂道理論というのは、私の造語であるが、とても自明なことを言っているに過ぎない。すなわち、自分は坂道を登り詰めたいのだが、いつまで登っても、楽になる見込みがない。で、よほどの僥倖がない限り、結局、登るのをやめてずるずると坂道を下ってしまうことになる、という状況をいう。冷静に考えると、坂道を下ることが必ずしも地獄でなかったりする。

何のことを言っているかというと、典型的には、今のマイクロソフトによるヤフー買収工作である。ヤフー買収ヤフー買収断念と、このブログでも触れてきたが、ヤフーのCEO、ジェリー・ヤンは、必死で坂道を登ろうとしていた。どこまで登っても下坂になる訳ではなく、特に成算なく、である。

ところが、今回、著名投資家である、カール・アイカーン氏が動いた。ヤフー株を買い付け、約4%の株を取得、マイクロソフトによる買収に反対するヤフー取締役全員の入れ替えを求めて、委任状争奪戦に乗り出す方針を決めた。7月3日に開かれるヤフー株主総会で、アイカーン氏が委任状争奪戦が勝利すれば、マイクロソフトにとって買収に有利な状況となり、Web関連のノウハウが喉から手が出るほどほしいマイクロソフトが再び買収に動く、ということは十分ありえる。

というのは、時間はかかるにせよ、テレビが、今の電波による放送体制から、ネット配信に次第に移行していくことは、時代の趨勢であり、そのとき、ネット配信関係で、どうしても広告がらみの技術とノウハウがキーとなってくる。ところが、典型的にはグーグルの特許出願を調べてみると分かるが、その広告関連技術の広がりと深みは圧倒的であり、流石のマイクロソフトも、このままでは太刀打ちできない。実際、マイクロソフトが巨大ソフトウェア帝国である、と言っても、少し毛色が違ったソフトウェア技術だと、もう他社に頼るしかない。例えば、Windowsに搭載されている日本語仮名漢字変換システムといえば、決してそれほど複雑なシステムではないが、そこには独自のノウハウがあり、よって、マイクロソフトは自社開発できないで、AIソフトからライセンスを受けている。

Web関連の技術は、当然ながら、日本語仮名漢字変換システムよりもはるかに広く深く、独自にスキルを涵養することは覚束ない。よって、まさかグーグルを買収することはできないのだから(グーグルがマイクロソフトを買収する、という冗談はあるが)、マイクロソフトがヤフーを買収する流れというのは必然である。ヤフーにどれほどのWeb関連の技術があるかは、分からない。案外最早レガシーのような技術なのかもしれないが、いわゆる、better than nothingであろう。いや、ヤフーは、あれだけきっちりビジネスを回しているのだから、私のような素人には見えない沢山のノウハウがあるのだろう。

カール・アイカーン氏が動いたのは、内密にマイクロソフトから依頼を受けたのかもしれない。ヤフーの内部にもそれを望む声があるのかもしれない。しかし、どうであれ、それは坂道を降りていく流れなのであるから、誰がどうであれ、川の流れである。長い時間でみて、誰も抗することはできないのではないだろうか。

2008年5月23日

ディジタル・デバイド

今からもう10年以上前のことである。特許情報関係の外部委員会に出席していたとき、東芝の、特許部門のIT関係の部長の地位にある人が、しばらく委員会に出席できない、という。どうしてですか、と聞くと、苦笑なながら、なんでも、社内のある地位以上の人を集めて、研修所に缶詰にして、コンピュータ・スキルの訓練をするのだという。ワープロや表計算など基本的な操作から教えるということで、既にITには熟練しているその方は、今更ねえ、と困惑していた。当時だから、OSはやっとWindows95、ワープロは一太郎、表計算は、ロータス123だったと思う。

それを聞いて、確かに、部長の地位にある人といえども、いちいち秘書に、これ打ち込んどいて、と手書きの原稿を渡して依頼するのは非効率で、ワープロくらい自分で操作できなきゃ、流石東芝、と思った。というのは、私の会社では、パソコンなんて操作するのは沽券にかかわる、みたいに開き直っている古参マネジメントの方々が少なくなかったからである。

さて、時代は下り、ディジタル・デバイドなどとささやかれ始めて、もう数年が経つ。どういう意味かというと、このITの時代にあって、コンピュータ・リテラシーを見につけないと、時代に取り残され、仕事も得られなくなってしまう、というものである。

現状は本当にそうなのか。どう見ても、少なくとも私の身の回りではそうではない。ちなみに、私がいる会社は、機械工作の町工場ではなく、地元の不動産会社でもない。一応、それなりのIT関連会社である。

では、どうなっているかというと、まず私のブログシス担を雑用係と呼ばないでに書いたとおりである。部門で、多少なりともコンピュータの心得がある者は、IT雑用係として使いまわされるのである。OSの導入、トラブル時の対応、IT教育、物品の購入、システムの構築等、のんびりしている暇がない。それで昇進など優遇されるかと思ったらとんでもない、下手をするとやればやるほどステータスが下がる、というサププライムの証券も真っ青の有様である。

よって、もしディジタル・デバイドという用語がまだ死語でないとしたら、私は逆の意味にそれをとってしまう。すなわち、ITの素人に、ITの熟練者が使いまわされる、という意味である。

なぜこんなことが起きるのか、というと、IT部門やコンピュータ技術の開発部門などでないと、単にワープロや表計算を使いこなすことから一歩踏み込んで、OSのパラメータを設定したり、トラブル対応したり、簡単なアプリを書いたりすることまで興味をもって学ぶものは、よほどの好事家ということになる。わかりやすい言い方だと、オタクである。

ところが、いくらWindowsなどのOSが進化したとはいえ、パソコンはまだまだ、テレビなど家電に比べると発展途上にある。ちょっとトラブルになると、部門内のコンピュータ・オタクに頼らざるを得ない。

問題は、非技術部門にあって、コンピュータ・オタクが少数派である、というところにある。ここで世界情勢に目を向けよう(話題、飛びすぎ)。イラクでもアフガニスタンでも、クルド人などの少数民族がいて、迫害されている。なぜか、一番の理由は、少数民族だからである。おそらく、いかなる意味でも、クルド人が、アラブ人やペルシャ人やバシュトン人に劣る、という訳ではない。すなわち、ほとんど法則化してもいいのは、少数民族は、ただ少数民族であるがゆえに迫害される、ということである。

[少数民族は迫害される]→[非技術部門にあって、コンピュータ・オタクは少数派である]→[だから、非技術部門にあって、コンピュータ・オタクは迫害される]
これは、なんと美しい三段論法なのだろう。と、そういうつまらない論理に酔っている私も、何を隠そう、私がいる部門にあって、クルド人と呼ばれるべき小数民族なのである。

ユダヤ人が迫害されて、イスラエルという強大な国家を構築したように、部門内クルド人も迫害されて強くなるのだろうか。それは考えにくい。ショーペンハウアーはそういうときは、隠棲しなさい、と教える。ううん、それも難しい。と悩んでいるうち、クルド人は、「ちょっと、このドライバうまく導入できないんだけど、教えて。」と呼ばれ、瞑想をたやすく破られてしまうのである。

2008年5月25日

パソコンの移行

3月に続き、パソコンを買った。3月と同じThinkPad R61e、HDDは、80GB、メモリ512MBだが、今となってはかなり下位の仕様のものである。デフォールトのOSは、Vistaだが、1万円程度高くなるのを覚悟で、XPにした。VistaがXPに比べて信頼性が低いというだけではなくて、自宅で会社の仕事をする専用PCであるためである。会社の環境が、Vistaに対応していない、ということである。

ところが、個人所有のPCとはいえ、自宅で仕事に使うためには、いろいろなセキュリティの備えが必要である。例えば、会社で決められているウィルスチェック・プログラムや、ファイアーウォール・プログラムを入れなくてはならないこと、専用のVPNを設定すること、その他非常に要件が厳しい。よって、移行作業にかなり引いていたのだが、もともと自宅で会社用に使っているThinkPad R41eが、次第によれてきて、起動時に異様に時間がかかったり、メモリリークが甚だしくなってきたり、ディスク容量が40GBで足りなくなってきたり、ともう許容範囲を超えたことによる。

それで、渋々、パソコンを買って移行作業することにした。移行に当たって、新しいパソコンに会社のイントラにつないで、そこからいろいろなアプリをダウンロードする必要がある。ところが、会社のイントラに接続するためのVPNのプログラムは、やはりイントラ上にある。だから、一からのスタートなら、困るのだけれども、幸い、すでにイントラに接続できている旧いパソコンがあるので、そこでまず、VPNのプログラムをダウンロードし、新しいパソコンに導入することから始めなくてはならない。

そこでいきなり、問題が発生した。VPNに接続して、会社指定のウィルスチェック・プログラム兼ファイアーウォール・プログラムを導入しようとしていると、導入が途中で止まってしまった。すると単純にやり直せばいいか、というとどうもそうではないのである。その導入手続きでは、途中でPCの再起動が入ってしまうのだが、そこでレジストリがおかしくなってしまったようなのである。

まず注意を怠ったのは、事前に、Windows XP固有のファイアーウォール機能をディスエーブルしなかったことである。そこで、Windows XP固有のファイアーウォール機能と、会社導入のファイアーウォール・プログラムが衝突してしまった。まるで、本妻と内縁の妻が鉢合わせしたようなものである。おっと、例がよくない。

また、これは原因不明なのだが、設定したアカウントは当然に管理者権限なのだが、レジストリの一部変調のせいか、低い権限のようになって、アプリが導入できなくなってしまった。それで、最低限XPは動くし、外部のインターネットも見えるのだが、それ以上はにっちもさっちもいかない状態になってしまった。

こうなるとWindowsは怖い。やさしいサラ金会社の社員が実は、恐い組織の組員だった、というくらいもうどうしようもない。ただ、サラ金と違うのは、すべての設定を捨てて、元に戻れるオプションがあることである。すなわち、HDDに埋め込まれている出荷時のイメージに書き戻す設定を選ぶことができる。そこまで数時間の時間を費やしており、また、出荷時のイメージに戻す作業も1時間はかかるので、泣く泣くなのだけれども、どうしても他にオプションがみつからなかった。よく、マイクロソフトの認定試験というのがあって、どうでもいいような択一問題を解かせるのがあるが、あんなのでは役に立たないと思う。こういうトラぶったパソコンを、どう出荷時のイメージに戻すことなく設定で甦らせるか、という試験にすれば、真のパソコンの知識とスキルを試せると思う。

さて、トータルで昨日丸一日を費やして、こうして快適に、自宅で仕事環境のPCを構築することができた。ささやかな贅沢で、メモリを512MB増やして、1GBにした。64MBのメモリでもすごいよね、と雑談していた15年前のことが、あまりにも昔である。ただ、会社の仕事をするためには、マイクロソフトのオフィス製品は必須なのだけれども、それを購入することは、私に許されているささやかな贅沢の域をはるかに超える。そこで、仕方なく、OpenOffice 4.2Jを導入した。Lotus Symphonyというオプションもあるにはあるのだが、OpenOffice 4.2Jの方が慣れている。で、私にしては珍しくハッピーエンドのプログなのであった。

2008年5月28日

SecondLifeは不人気か

一年前、鳴り物入りで喧伝されたSecondLifeであるが、少なくとも日本では、mixiなどのSNSに比べても、圧倒的にユーザが少ない。その理由は、次のとおりである、という。

(1)始めるまでの手続きが面倒
 これは、まさにそうである。クライアント・ソフトをダウンロードして設定しなくてはならない。
(2)要求PCスペックが高い
 これは、まあ、ムーアの法則でなんとかなる。
(3)操作が難しすぎる
 実際、キーボードでやるのは、大変。専用コントローラがあるとも聞かない。
(4)何をしていいか分からない
 これが最大の問題点かも。例えば、コンパイラのようなツールは、一部のマニアだけが面白いと思う。SecondLifeを楽しむには、楽しみ方の才能が必要。これは、相当ネックである。
(5)何をするにもお金がいる
 貧乏人には、辛すぎる
(6)右も左も広告だらけ
 これも、うっとおしい。でも、これで稼ぐというのが、グーグルモデルなんだけど。
(7)人気の場所はエロかギャンブル
 ううん、古典的真理。これ自体は、まあ、いいんだけれども。

別の指摘では、SecondLifeの問題点は、同時性にある、という。すなわち、二人のユーザがSecondLife中でアバタとして出会うためには、同時にログインしていなくてはならない。これは、時差があったり、忙しい人どおしでは難しい。また、シムに同時に存在できるアバタの数が、高々数十、というのも非現実である。

思うに、SecondLifeは、既存のアプリ、既存のインターフェース、現実をそのまま仮想世界に投影することに固執しすぎているのではないか。クライアント・ソフトをダウンロードして導入する、というのはまさに、既存のアプリであり、キーボードを使って操作するのは既存のインターフェースであり、また、現実の町と人間をオブジェクトとアバタでそのまま実現するのも、さらには、いちいちリンデン$で買い物する必要があるのも、全て現実の投射そのままで、あまりに工夫がなさすぎる。もちろん、SecondLifeを構築するために膨大な工夫とノウハウが傾注されていることは認める。だから、工夫というよりも想像力というべきか。

話題は飛躍するが、もし霊界というものがあるとしたら(私は、あるに決まっていると思っているが)、そこでのインターフェースは、現世とは全く違うだろう。思っただけで、所望の場所に行けるとか、同時に複数の場所に滞在できるとか。

仮想世界は、そういうシュールなフィーチャを具備するべきであり、そうでなければ、ファイナルファンタジーのような、既存のゲーム路線に沿ったものがいいと思う。

シュールという意味では、霊界的なシュールさ以外にも、ブラックホール的な宇宙空間のシュールさ、ビッグバン的なシュールさ、時間のずれ、空間の歪みのような相対論的シュールさ、いろいろあり、どうなるのかさっぱり想像もつかないが、コンヌ的非可換幾何の世界を実現した仮想世界もありえるだろう。それは、ほとんど発狂的な世界かもしれない。

ともかく結論としては、SecondLifeは、そのシュール度が中途半端すぎる。別の画期的な仮想世界が構築されるまでの、つなぎと考えるべきなのだろうか。

2008年5月31日

MSオフィス互換

よほどリッチな人でなければ、個人でなんのためらいもなく、MSオフィス製品をポンと買う人はいないだろう。なにしろ、パワーポイントやデータベース・ソフトのアクセスも含めたパックだと、下手すると、下位のパソコンモデル(私だよ!)を凌ぐ値段だからである。

そこで私は、仕方なく、フリーのオープンオフィス4.2Jを自宅のPCに導入した。初期のオープンオフィスは、本当にひどいものだったが、ここにきてようやく、ある程度安心して使えるようになった。

最近では、MSオフィス互換製品として、IBMから提供されている、ロータス・シンフォニーがある。これでもいいのだけれども、個人的にはどうもまだ、操作に慣れていない。それで、オープンオフィスのほうがまだしも、なのである。聞くところによると、ロータス・シンフォニーは、オープンオフィスのコードを改変したものらしい。その結果、GUIがかなり違ってきている。ここらあたり、オープンソース・ソフトウェアの面目躍如である。

MSオフィスよりもぐっと安価な有料版として、キングソフトのものがある。なぜ有料版に注目するかというと、例えば、オープンオフィスでパワーポイントのファイルを単に見たり、印刷する分にはあまり関係ない。しかし、オープンオフィスでパワーポイントのファイルを作成したり編集したりしようとすると、操作が違っていて大変とまどう、ということがある。この点、キングソフトは、GUIや操作性もなるべくMSオフィスに近づけている、というので安心である。

ただ、ちょっと懸念があるのは、最近、マイクロソフトは沢山特許を出していて、ソフトウェア特許は典型的には、GUIや操作もカバーするので、キングソフトのオフィス互換製品が、マイクロソフトを侵害しないかどうか、である。しかし、この点、特許も、機能も膨大であって、その組み合わせは天文学的であり、確認すべくもない。

その他の有料オフィス互換製品として、サンマイクロシステムズのスターオフィスがある。もともと、オープンオフィスがサンマイクロシステムズによって主催されているものなので、スターオフィスも、オープンオフィスのGUI改良版、ということになる。してみると、オープンオフィス、ロータス・シンフォニー、スターオフィスは兄弟、ということになる。

この点で、孤塁を守るキングソフトは、偉大である。すなわち、たった数十人の社員しかいないと聞いたことがあり、それで、MSオフィス互換製品を独自に開発している。それはスクラッチからコードを書いていたとしたら、真に大変である。それはあまりに大変なことなので、もしかしたら、キングソフトの社員は、元マイクロソフトの社員ではないか、と半分冗談で、友人と話したことがある。ただ、上記した特許の懸念で、私自身が訴えられることしないにしても、ちょっとキングソフトのオフィス製品を使うことにためらいはある。考えすぎであるが。

2008年6月 4日

IE7

新しくパソコンを買ったことはブログに書いたが、そのパソコンは、Windows XP Professionalなのだけれども、ブラウザは、IE6でなく、IE7である。

IE7がIE6の後継だから使いやすいかというと、とんでもない。FireFoxがタブ方式を採用して、複数のページの間で簡単に切り替えられるようにしているので、それを真似てタブにしているが、実に使いにくい。メニューバーもない。また、私はトップ画面をグーグルにするのだけれども、なぜかそれがうまくいかなくて、トップ画面がよく分からないIEの設定画面になってしまう。

そういう不満を言っていたら、社内の友人が、IE7をアンインストールすればいい、と教えてくれた。IEをアンインストール? IEというのは、OSの一部なのだから、それはまるでフォルダを操作するためのエクスプローラをアンインストールするに等しい暴挙だと感じた。

すると、友人は、IE7をアンインストールすると、自然にIE6が出てくるよ、と教えてくれた。そこで、おっかなびっくり、IE7のアンインストールを試みた。すると、OSが脅すのである、プログラムのリストを示して、これこれのアプリは、IE7と関連付けられているので、IE7をアンインストールすると、おかしくなるかもしれない、と。ただ、このメニューは英語であって、そんなことを試みる人は多くないと想定して、そこまでは日本語化していないようである。

果たして、立ち上げなおすと、無事IE6が出てきて、お気に入りなど設定もそのまま継承されている。ただ、IE7では、最初に複数ページを登録できるので、そこは単一ページしか登録できないIE6には当然ながらうまく反映されていない。

してみると、IE7は単に皮を被っているだけで、実際は裏でIE6が動いているのだろうか、と疑いをもった。もしそうなら、FireFoxのようにNativeにタブ方式を実装している訳ではないのかもしれない。

すると、マイクロソフトは、OSの開発に長い歴史をもち、IEにも膨大な時間をかけてきたのに、FireFoxライクな機能を実装しようとするとたちまち馬脚をあらわしていまう、ということになる。AIソフトからライセンスされている仮名漢字変換機能もそうである。

ということで、ここで、スキルの非可換性が明るみになる。ということは、前項のような要求工学ということをかっこよくぶち上げても、結局、要求に従って機能を実装する段になって頓挫することもありえる。そういうのって、流石に、要求工学の範疇ではないと思うのだが、すると泥臭い知識工学の話になってしまうのか。

2008年6月 7日

iPhone

Webニュースによると、ソフトバンクモバイルがアップル社製の携帯電話「iPhone」を発売することが決まったという。ただ、発売時期や価格などについては未定。しかし、早くも「iPhoneは日本で売れるのか? 」といった話題で盛り上がりを見せているという。

このニュースをみて、おおついに来たか、というのが私の感想である。これは間違いなく日本でもヒットする。自信をもって言える。

会社の研究員の人に、iPhoneを見せてもらったのは約1年前である。アップル特有のスマートなデザインはさておいて、キーボードレスのGUIがとってもクールである。すなわち、指で広げていったり、指をつぼめたりする直感的なインターフェースがとても使いやすく、遊び心に溢れている。そのときはまだ、日本では電話としては使えず、ネットに繋ぐのでさえ、特殊な裏技を要すると聞いた。そういう、通信機器として使えない状態でも、面白くてしかたがないモバイル・デバイスが、電話として使えたり、ネットに接続できたりしたら、日本で流行らないはずがない。米国で500万台以上のベストセラーになった、という事実がそれを裏付ける。

「iPhone」をめぐっては、NTTドコモもアップル社と交渉をすすめていたが、価格交渉で折り合わなかったようである。しかし、ソフトバンクはアップルの高額な請求を飲み込んだ、といった噂が駆け巡っている。もともと、投機的なビジネスのやり方は、ソフトバンクの得意とするところで、この点でも、ソフトバンクが一歩先んじたようである。

当然ながら、日本やその他の携帯メーカは、iPhoneの跳梁に手を拱いている訳がない。また、間違いなく、iPhone流の、ソフトキーボードのタッチパネルのインターフェースが主流になるだろう、猫も杓子も。

もともと、アップルは、特許で市場を牽制しようとする会社ではない。手元の特許データベースで調べたところ、日本におけるアップルの特許出願は、未公開を除き、全体でたった85件しかない。マイクロソフトが1年で600件以上も日本に出願している現状に鑑みると、これは異常な少なさで、よって、他の携帯会社が、iPhoneライクな携帯を開発することに、知的財産的な障壁は少ないと思われる。しかし、そのコンセプトはなかなか追随を許さない。日本でよいコンセプトをもっていると喧伝されているソニーのウォークマンが、iPodの足元にも及ばないことからもそれは推察される。

そこで私の興味は、アップルがいつまでこのエクセレントのコンセプトの製品を出し続けるかである。もしその大部分が、スティーブ・ジョブズの才覚にかかっているなら、若からぬスティーブジョブズの才能の源泉は、結構有限ということになる。ジョブズのDNAがどれほど、アップルのほかの社員に遺伝しているのだろうか。ジョブズにとってそれは知ったことではなく、結局、ジョブズなしのアップルは、something other than Appleになると思うのだが、いかがなものだろうか。

2008年6月28日

入力ミス

アプリケーション・プログラムによっては、人間に沢山の数字の入力を強いるものがある。例えば、会計システムにおける金額、特許管理システムにおける特許番号、請求項の数、などである。

今日たまたま、特許番号を手入力して、特許検索データベースで検索していて、ふと、多数の数値を手で入力させるシステムは、もし別途の、より信頼性の高いデータと比較しない限り、場合によって間違いが入り、信頼性が維持できなくなるのではないか、と思った。

理由は、5件の特許番号を、別途のメモから、特許検索データベースに打ち込んで検索したところ、なんと、5件のうち3件も転記ミスをしてしまったからである。そんな馬鹿な、君がそそっかしいだけだろう、と思われるかもしれない。それは否定しない。しかし、特許番号は、数字で7桁あって、全ての桁で正しい数字を並べるのはかなりの注意力を要する。

それにしても間違いの頻度が高すぎないか、と思われるだろう。然り、ひどくはないが、昨日飲み会があって、二日酔いなのである。酒を飲んだ翌日、アルコールはほとんど体内に残っていないようでも、どうしても注意力は低下する。いまの状態で運転していて警察の検問を受けても、アルコール濃度的には咎められないだろう。しかし、上記のようなイージー・ミスをしてしまう。運転も、本調子でないはずである。

確かに、専任のオペレータは、慣れているので、数字の打ち込みにほとんどミスをおかさないだろう。しかし、オペレータといえども人間である、私のように飲み会に行くこともあろう。結婚していて配偶者と気まずい関係になることもあろう。子供がいて、不祥事をしでかして心労が絶えないこともあろう。すると、てきめんに、入力する数字の精度が低下する。

私の長年の経験に鑑みると、7桁程度の数字を手入力する作業では、どんな慎重な人が作業しても、精度を、99.9%より高くすることはできない。言い換えると、1000件入力すると、必ず1件は間違いがある。実際は、間違え率は、0.1%ではなくて、0.3%くらいではないかと思っている。

すると、容易に想像がつくように、100%の完璧さが必要な数字データの列は、人間の手入力が向かない、ということになる。どうしても手入力するなら、別途のマスターデータと比較しなくてはならない。

特許の場合、日本パテント・データ・サービス、発明通信社、日本発明資料などの特許データベースから、正確な書誌データを、CSVなどで入手することが可能である。一方、いかなる特許管理データベースといえども、完全自動入力は無理である。従って、特許管理データベースには、商用特許データベースからダウンロードしたデータと、機械的に照合する機能が必須である。

ところで、会計などの世界はどうなのだろうか。消費税などの計算は機械的にできるのでミスはないたろうが、どうしても数字を手入力する局面は少なくないのではないだろうか。すると、上記の確率でご入力が発生してしまう。会計の場合、校正のためのマスターデータはどうするのだろう、などと、二日酔いの頭で、余計なことを考えてしまうのである。

2008年7月15日

世界のナベアツ・プログラム

今、数を数えて3がつく数でアホになります、という世界のナベアツがブレークしているが、3がつく日にアホになります、というコンピュータがあるだろうか。私は知らないし、おそらく、ないと思う。

ない、としたら、その理由は、いかなる意味でも、技術的困難ではない。そういうプログラムを作ろうとしたら、簡単すぎて、プログラマにとって、別の意味で、アホらしいからである。

コンピュータをパソコンに限ると、OSがMS-DOS時代は、密かに常駐して悪さするプログラムを作るのは、結構大変であった。私は、そういうプログラムを書くスキルはなかったので、TSR (Terminte-Stay-and-Resident Program)の解説本を買って、そこに書いてあるソースコードを適当にいじって、コンパイルして遊んでいた。典型的には、タイマ割り込みをトラップして、ブザーを鳴らしたり、画面を勝手に書き換えたりするプログラムを作って、知り合いのPCに勝手に導入したりした。ただ、やりすぎると、画面ではなく人間関係を壊すので、流石に遠慮した。

Windows95以降になると、マルチタスクなので、そういう凝ったことをしなくても、自然に、常駐してなにかするプログラムが簡単に書けてしまう。キーボード入力やマウス・クリックをフックするのも、CallMsgFilerなどのAPI関数を使えば簡単である。

よって、コンピュータ起動時に常駐して、システムの日付をみて、3がつくかどうか判断し、もしそうなら、なにか悪さするプログラム、というのは、自明に書ける。

どういう悪さができるか、というと、Win32 APIで許されている動作すべてである。
例えば:
- ビープ音を鳴らす
- キーボードバッファを勝手にフラッシュする
- 勝手に絵を画面にロードする
- マウスカーソルを勝手に変更する
- 特定のウインドウを、前面にもってこれないようにする
 等等、限りない悪さができる。

 これをどうして、OSやウイルスチェック・プログラムが取り締まれないかというと、アドミニストレータ権限のユーザーが作って導入したプログラムは、チェックの範囲外と、OSやウイルスチェック・プログラムが思ってしまうからである。例えば、試したことはないが、ある時間になったら、c:\winodows\system32上にある重要なDLLを勝手に消してしまうプログラムは簡単に書ける。しかし、これをメモリにロードしたときに、流石に、OSの悪意あるプログラムの削除ツールも、その中身までは見れないのではないだろうか。

こうして、コンピュータ上で、大手を振って、世界のナベアツ・プログラムが跳梁できることになる。

私はもちろん、そんな馬鹿なプログラムを作って配ったりしないが、しかし、個人としてWindows XPを使っていて、外部からの悪意あるアクセスや有害プログラムの進入には厳密でも、一旦作っていれたプログラムには自由に活動を許しているので、片手落ちなのでは、ときどき、思う。会社でも、折角セキュリティを厳重にしても、きちんとした社員で、正式に入館する権限をもつ人には甘く、内部で不埒なことをしでかす人は防げないのと似ている。システムというよりも、ヒューマンウェアの問題かもしれない。

2008年7月26日

Windows 7

マイクロソフトで失敗に終わった(は、余計)Windows Vistaの後継の、Windows 7について、私が知っていることといえば、大本営発表では順調に開発が進んでいることと、マイクロカーネルの概念で作られることくらいであるが、最近のWebでの報道によると、次のことが報告されている。

- 2010年1月に発売予定
- 今までのWindowsとの互換性を保証する
- マルチタッチインターフェースの導入

ここで注目なのは、マルチタッチインターフェースである。これは、どうも、iPhoneで取り入れられている、指で触ったり、指を広げたり、つぼめたりするインターフェースで操作できるようにする、というものらしい。すると、スクリーンが、指検出機能のハードウェアを、もたなくてはいけないので、当然ながら、今までのPCでは動かず、専用のハードウェアが必要になる。おそらく、今までのマウスのインターフェースも残すんだろうけど。

で、ここまで書いて、マイクロソフトの狙いが分かった。Windows 7は、携帯に搭載することを完全に視野に入れている。まず、iPhone風のインターフェースを実現する。そして、マイクロカーネルによって、カーネルを軽くして、携帯のメモリでも走るようにする。

そうすると、Windows 7携帯のアプリは、Windows 7上で開発するのがベストで、そのための開発ツールであるVisual Studioなんかも売れる、という算段ではないか。すると、ライバルは、グーグルのアンドロイドである。

携帯だけでなく、いろいろな組み込みにも、Windows 7を導入しようとしているに違いない。よって、CPUアーキテクチャの多様性にもなんとか対応しようとしているかも。

一方で、マイクロソフトが、Windows XPの値段を著しく下げた、という記事もあった。国によるけど、1本3000円程度の所もあるらしい。Linuxとの対抗上、仕方がない、ということらしい。今までも、Linuxは安かったけど、使い勝手があまりよくなかった。しかし、導入方法や、使えるアプリなど、かなりそろってきた、ということなのだろう。

すると、マイクロソフトは、OSやオフィス製品でがんがん稼ぐ、というビジネスモデルがもう成立しなくなる。巨大データセンターを作って、一周遅れで、グーグルを追いかけるのだろうか。まあ、インターネットにクライアントが接続するためのコモディティOSとして、ある程度は売れ続けると思われるが。

2008年8月18日

OpenOffice

会社では当然に、普段、MSオフィス製品を使っている。具体的には、WORD、Excel、PowerPointである。Accessは、使ったことがない。とりあえず、つい最近までDbaseを使っていたことと、テキストファイル+Perlで、自分の範囲の簡単な業務なら何とかなるからである。

一方、私は基本的に、自宅のパソコンをほぼ会社と、作業ファイルにおいて、ミラーリングしていて、すると、アプリケーションとしてのMSオフィス製品も自宅のパソコンに導入すべきなのだが、流石に、5万円というMSオフィスの値段は、ちょっと買う気がしない。それで、自宅でMSオフィスのファイルを読み書きするのに使っているのは、オープンソースのOpenOfficeである。

OpenOfficeで、WORDに対応するWrite、Excelに対応するCalcは、相当使える。OpenOfficeも、バージョン1.xあたりまでは、文字化け、レイアウト崩れがひどくて、ほとんど使えなかった。しかし、バージョン2.xになってくると、ぐっと互換性が増した。すると、もともとMSオフィスだってバキバキに使いこなしている訳ではないので、大体は今のOpenOfficeで十分、ということになる。

それでもOpenOfficeで困るのは、対応する操作が、MSオフィスと微妙に違っていて戸惑うことである。また、微妙にOpenOfficeの方が、MSオフィスよりも機能が低かったりする(例えば、Calcのデータソート機能)。

あと、とても困るのは、チュートリアル本の欠如である。MSオフィスだと、解説本はゴマンとあって本屋で選択するのに苦労するほどである。ところが、OpenOfficeだと、そんな解説本なんてほとんど売られていない(アマゾンで見ると、3冊くらいはある)。これだけOpenOfficeがメジャーになってきたので、どんどん解説本も出ていいような気もするが、やはり依然として、MSオフィスより、絶対数は少ないか。それで仕方ないので、操作が分からないとオンライン・ヘルプを見るのだが、そのまた、見にくいこと。なかなか、目的の内容に行き着けない。

それと、私は使っていないけど、MSオフィスのVBAを使っている人は、OpenOfficeでは、完全に互換性が立ち消えてしまう。というのは、OpenOfficeだと、OpenOffice.org Basic、Javascript、BaseShell(Java)のどれかになるからである。Javaがスクリプトに使えるのは、OpenOffice自体がJavaに依存しているからである。だから開き直って、スクラッチでスクリプトを書こうという向きにはOpenOfficeも悪くないということになる。それでも、その解説本がないという困難にまたしても突き当たる。ともかく、VBAに深く依存している人は、MSオフィスにロックインされるよりない。同等機能をOpenOffice.org Basicで書き直そうなんて、誰も思わないだろう。

ところで、日経コンピュータ 2008/7/15号によれば、もともとは、OpenOfficeは、ドイツのスター・ディビジョンという会社の商用ソフトだったという。それを、サン・マイクロシステムズが買収して、2000年にオープンソース化した。当時、オープンソースがブームだった頃である。今でももちろんオープンソースは盛んであるが、とりあえずインフラの一部になったといえる。

サンの狙いは、マイクロソフトを出し抜くことだっただろう。その動きに、IBMとノベルが協調して、オープンソースのコミュニティに人を派遣するまでになっている。実際、サンは、OpenOfficeをベースに自社用商用ソフトStarSuiteを作り、IBMはLotus Symphonyを作り、ノベルは、派生として、OpenOffice Novell Editionを作った。

こうして、牛歩のようであるが、少しずつOpenOfficeは、MSオフィスを駆逐している。この流れは止められない。

これに対して、マイクロソフトは、MSオフィスの長所を、グループ編集機能と、セキュリティ機能に置く。しかし、今更で、インパクトには欠ける。

こうして、将来は、文書の標準フォーマットは、WORDのDOCから、WriteのODFになるのではないか。

2008年9月 3日

Google Chrome

グーグルが、β版ながら、独自のブラウザを発表した。その名も、Chrome。私は特に新し物好きではなく、寧ろコンサバ人間であるが、グーグルのホームページにリンクがあるので、とりあえず導入してみた。

インストーラは475KBしかなく、これは要するに、最近流行の、インストーラがネットから本体のコードをダウンロードしてくることが前提となっているものである。

Chromeを起動すると、Internet Explorerのお気に入りなどをインポートする。そうして立ち上げるがと、特に変哲はない。FireFoxとそんなに違いがある訳ではない。ただ、コンテンツの読み込みのところが最適化されているらしく、確かに、Internet Explorerよりも微妙に速い。

ただ、Internet Explorerだけでなく、オペラ、サファリ、FireFoxとあって、屋上屋ではないか、というのが素朴な感想である。

で、私の観測ではもちろん、グーグルは屋上屋のブラウザを作るつもりは毛頭ない。下記のような意図があると推察する。

1.グーグルは、ブラウザを今まで開発したことがなかったので、その開発スキルを得ることを意図した。
2.携帯用の開発環境である、アンドロイドとの連携を意図した。
3.Google Map、Street Viewなどをマッシュアップで開発に使用しようとすると、Google APIをJava Scriptなどの中で指定しなくてはならない。そのためには、グーグルに、API使用許可申請しなくてはならなかったりする。Chromeを使うことで、Google APIの使用を著しく簡易化するものと思われる。おそらく、その機能はまだ、このβ版には入っていない。

こうして、着々と、グーグルは、マイクロソフトに水をあけている。グーグルがGoogle Map、Street View、Android、Chromeと新機軸を打ち出している間、マイクロソフトは何をしていたか。既存のWindows XPと、Windows Vistaのお守りに汲々としていたように思われる。自ら開発したOSとオフィス製品が足枷となって、マイクロソフトは軽快なフットワークを利かせることができない。

しかし、グーグルがここまで延びてこれたのは、マイクロソフトが用意した広汎なプラットフォームがあればこそである。Linuxはまだ、PCをコモディティ化することに大して貢献していない。すると、グーグルは、マイクロソフトという巨大恐竜のお腹で成長し、ついにはお腹を食い破って外に出てくる、エイリアンのようなものかもしれない。

2008年9月19日

駅すぱあと

昔会社で、交通費の精算の際の料金を計算するために、「駅すぱあと」という製品を購入した。ヴァル研究所という会社である。確か、Windows98の時代ではなかったか。

ところが、2000年頃から、「駅探」などのWebベースの経路探索用無料サイトが出てきて、「駅すぱあと」は最早使わなくなった。当時「駅探」を私に教えてくれた人が、こんなんが無料でいいのかね、と驚いていたのを今でも思い出す。

従って当然に、「駅すぱあと」の継続は中止した。ところが、それでも、毎年のようにヴァル研究所からは、ライセンス登録担当者である私に、ダイレクトメールが来る。それが、2002年や2003年なら分かる。とても怪訝なのが、2008年の今に至るまで、ヴァル研究所からダイレクトメールが来ることである。

今までは、ヴァル研究所からダイレクトメールは当然にそのまま捨てていたが、今日ふと、ダイレクトメールを見てみた。「駅探」などのWebベースのサービスがありながら、「駅すぱあと」がサバイバルしているというのは、それなりの凄い付加機能があるのだろう、と。

ところが、「駅すぱあと」の売りはなんと(別の意味の驚き)、「駅周辺地図」、「天気予報」、「交通機関の駅情報」、「宿泊予約」で、どうしても私は、「駅探」との差分が理解できない。これは流石にないと思った機能として、CO2総排出量計算機能というのがあったが、それをみて嬉しがる人がいるのだろうか。

ただ、これは導入する企業もあるかもと思ったのは、「駅すぱあと 通勤費管理システム」である。すなわち、「駅すぱあと」で探索した結果から直接、通勤費支給明細が作成できるのだという。その他、社員申請の交通路のチェックなど、流石に「駅探」でできない機能があって、こういうところで、ヴァル研究所は生き延びているのかも、と思った。実際、三菱UFJスタッフサービス、朝日火災海上保険など、大手企業の導入事例がある。

個人ユーザ向け「駅すぱあと」だけでは、やっていける訳ないもの。このように、主要製品と同等機能のソフトウェアが、フリーウェア化、オープンソース化されると、ソフトウェア会社には試練の日々がくる。

そのような会社の典型的な例を私は、メガソフトに見る。MS-DOSの時代、メガソフトのMIFESは、テキストエディタの代名詞で、ソフトウェア開発会社のほとんどは、MIFESを使ってプログラムを書いていた。そういう私も、仕事の文書のほとんどは、MIFESで処理していた。ところが、Windowsになって、シェアウェアの秀丸が出てくると、一気にテキストエディタは、秀丸が席巻した。価格と機能が圧倒的なのである。

こうして、メガソフトの主要製品は、3Dオフィスデザイナーや、3Dマイホームデザイナーとなった。MIFESも一応販売しているようであるが、なんと28000円もする。きょうび、テキストエディタを28000円で買う人はいないと思うが、とりあえず維持しているのだろうか。そう考えると、ヴァル研究所の「駅すぱあと」も、スキル留保のために、とりあえず維持しているのだろう。

2008年9月27日

OSの今昔

情報処理という雑誌の7月号今更眺めていたら、昔のOSと今のOSを比較する記事があった。昔のOSとは、典型的には、IBMのシステム360のOSである、OS/360である。一方、今のOSとは、典型的にWindows XPやWindows Vistaである。

OS/360以前にOSがなかったといったら、語弊があろう。しかし、世間で広く使われるようになった初めての汎用OSが、OS/360である、というところに、異論のある人は多くないだろう。そのOS/360であるが、1968年頃、アセンブラコードで500万行と言われた、という。これは、C言語で換算すると、100万行程度である、という。

一方の、Windows XPやWindows Vistaであるが、ローダなどはアセンブラで書かれているが、ほとんどはC言語で書かれているという。よって、C言語で換算でいくのが妥当であるが、すると、Windows XPやWindows Vistaのソースコードは、C言語で4000万行と7000万行の間である、という。公開されていないので、あくまでも専門家の推測である。

すると、OSの規模は、この40年で、40倍~70倍程度ということになる。これは凄いのか。一方で、ハードウェアの性能の伸びは、40年で、100万倍は行っているだろうと言われる。ハードウェアの性能の伸びとは、CPUのクロック、メモリ容量、ディスク容量、バス転送速度、などを引数とする関数である。

それでは、OS開発者は、ハードウェア開発者に比べて、さぼっていたのか、という批判も出るかもしれないが、それは当たらないと思う。実は、タイムシェアリング多重化、仮想記憶などの基本的なOSの概念は、OS/360でほとんど、出尽くしていた。それで、IBMが、1992年頃にOS/2をリリースしたとき、口の悪い評論家は、OS/360にないような機能は何一つない、と批判した。

私の見るところ、実はそうでもなくて、ささやかな新機能はある。代表的には、下記のようなものである。
1.GUIを支援する技術。これには、ビデオRAMとグラフィックドライバの協働を、OSが助けなくてはならない。
2.マイクロカーネル。すなわち、独立した小OSの集まりとして管理する技術である。
3.HAL、すなわち、ハードウェア抽象化技術。これは、I/O装置を、1つのファイルにように見なしてオープンしたりクローズしてりと統一的に扱うようにする技術である。
4.ネットワーク支援機能。当時はまだ、TCP/IPが標準になっていなかったので、IBMのSNAなどいろいろなプロトコルがサポートされていた。

でも、小粒ではないか、という批判は妥当であろう。このとき、OSが辛かったのは、OSが乗っかるパソコンのハードウェアの性能が乏しすぎたことである。

ここで、追加フィーチャが小粒なのは理由がある。繰り返すが、OS/360が先を進みすぎていたのである。それはOS/360の開発者が優秀であったということだけを言いたいのではない。というのは、OS/360は、当時のステート・オブ・アートの集積で、それが開発された時点で、多くの学問的業績が積み上げられていたのである。

そういう意味では、現在のWindowsも、OS/360から多くを継承している。では、どうしてWindowsのソースコードが、OS/360の数十倍の規模かというと、次のような理由ではないかと推察する。

a. GUIとしてのマルチウインドウのサポートが大変 - 実際、ウインドウの重なりの処理やアクティブの切替は、かなり大変である。
b. マルチウインドウ以外のグラフィック・リソースの処理 - アイコンなどのビットマップの処理。
c. 多様なI/Oのサポートと、プラグ・アンド・プレイ
d. セキュリティ
e. OSに標準でついてくるツールやアプリ類
f. TCP/IPネットワーク・ツールの標準サポート

このような機能は、OS/360では到底考えられなかったもので、パーソナル仕様のOSであるWindowsであるがゆえに、追加されたものだが、それによって、ソースコードが肥満化してしまった。実際、Windowsとて、カーネルのところだけだと、コードの分量は、OS/360と大差ないのだはなではないかと思われる。

これらの重さゆえに、Windowsはなかなか実用的に使えなかったが、Windows2000あたりから、ムーアの法則により、ハードウェア・リソースが、やっとOSに追いつき、今頃になって、OSよ、もうひもじい思いはさせないからね、というハードウェアのつぶやきが聞えるようである。

2008年10月27日

10円パソコン

Webニュースによると、初心者ユーザー向けの中古パソコンを販売しているアイビーネットは中古の「10円パソコン」を2008年10月21日から販売した、という。

同社は2006年9月にも「10円パソコン」を発売し、大きな反響を呼んだ。第2弾となる今回は、より初心者に優しいパソコンを目指したという。

「10円パソコン」の最大の特徴はイー・モバイルの「D02HW」端末を採用したこと、すなわち、常時接続型のネットワーク・カードである。私的には、一種の高速のダイアルアップと理解している。とはいえ、最大3.6Mbpsというから、無線LANとそんなに遜色ない。

購入者は2年間の継続利用を条件とした「にねん」プランに加入する必要があるが、面倒な設定なしに買ったその場でインターネットを楽しめるようになる。ただ、この「にねん」プランであるが、月額基本料3980円で、パケット従量制で、最大9980円、というから、下手したら安くない。ダウンロードに気を使うというのは、自宅で無線LANやっててそういう気遣いはまったく無用の自分には、ピンとこない。

パソコンのモデルは「Windows XP Professional」が搭載された「DYNABOOK Satellite 1800 SAC/4」。これは、Intel Celeron 950MHz, メモリ128MB(最大512MB)、HDD10GBという、随分型落ちしたマシンである。

安いだけあって、アプリケーションソフトは、MS-OFFICEでなくて、 MS-OFFICE互換性のある「KINGSOFT Office 2007 Standard」である。とはいえ、OpenOfficeよりも、KINGSOFTの方が、MS-OFFICEとの互換性は高い。有料ソフトだから、当然か。

ということで、10円パソコンは、一時代前の0円携帯のビジネスモデルで、毎月の通信料で稼ぐ、というものだった。ハードウェアが型落ちしているのも同じだが、ちょっと型落ち度大きすぎない?とつい思ってしまう。

耳年増ではないが、私のように、気持ちだけでもパソコン中級者という者は、まず買わないだろう。

2008年11月 1日

ポメラ

キングジムというと、バインダの事務用品メーカだと思っていたらなんと、デジタルメモ「ポメラ」というモバイル機器を発売したという。

どういうものかというと、手帳サイズで、開くと、キーボードを展開することができる。昔、ThinkPadで、バタフライ・キーボードというのがあったが、ちょっとあれと似ている。こちらのURLからみてみると、仕様は次のとおりである。

価格 税込価格¥27,300<本体価格¥26,000>
キーボード 折りたたみ式、日本語対応、キーピッチ約17mm
本体メモリ 8,000文字入力したテキストファイルを6ファイルまで保存可能。
最大保存可能数は約48,000文字分(複数ファイルの文字数の合計)
ファイル形式 テキスト(.txt)
LCDパネル 4インチTFTモノクロLCD、VGA(640×480ドット)
インターフェイス USB接続
メモリーカードスロット microSD(最大容量2GB-スピードクラス CLASS2対応)
電源 単4アルカリ乾電池×2(別売)
電池寿命 約20時間
バックアップ電池 コイン型リチウム電池(CR2032×1個) 電池寿命約60時間
寸法(mm) 約 W145×D100×H30(折りたたみ時)
約 W250×D100(使用時)
質量 約370g(乾電池含む)
同梱品 USBケーブル

まず嬉しいのは、普通の単4電池で、20時間ももつこと。これだと、飛行機で成田からニューヨークに行く間でも平気である。それと、上にも書いたが、キーボードが折りたたみ式であることで、もしそういう仕組みがないと、ボタンみたいなキーを押して文字を入れなくてはならない。電卓ならそれでもいいが、文章を書くとなると、どうも、である。

ありがたいのは、開くと、システムが2秒で立ち上がることである。実質的に待ち時間なしである。

あと、私的に嬉しいのは、変なGUIや属性を一切取っ払って、プレーン・テキストによる文章作成に特化したことである。人によっては、WORDの文書で罫線を入れたり、下線を入れたりしたいだろうが、そういうことはドライに割り切っているのがいい。ただ、私はいいが、一般受けするだろうか。

ちょっと改善してほしいのは、「本体メモリ 8,000文字入力したテキストファイルを6ファイルまで保存可能。最大保存可能数は約48,000文字分」というところで、これだと、私の仕事の特許明細書作成だと、1ページ2000文字だから、24ページ分しか書けない。といいつつ、つい先日書いた特許明細書は、17ページだった。すると、普通サイズの特許明細書なら、なんとかなりそうである。ただ、もし2GBのメモリカードを装着するなら、相当に膨大なテキストデータが入るはずである。なぜなら、私のこのブログ、質より量で、1010エントリくらいあるが、全てダウンロードしてみたら、3MBくらいしかならなかった。すると、2GBもあると、数万ページも格納できて、村上春樹でも(なぜ村上春樹なのか分からないが)、小説書くのに使えそうである。だから、2GBと、最大保存可能数は約48,000文字分、というギャップは謎である。

それと、パソコンとのインターフェースが、USBだけとなっているが、すると、電車で文章を書いていて、急にその内容を誰かに送りたいというとき、困らないか。そのため、携帯の通信機能がほしいと言いたいところだが、すると、¥27,300という価格に収まらなくなる。こういう声を聞くと、いやあ、そういう機能を思い切って削ぎ落としたのです、とちょっと困った商品企画担当者の顔が見えるようである。

もっと細かいフィーチャとして、仮名漢字変換は賢いのだろうか、との疑問もある。というのは、池田信夫氏が、Windows標準のIMEを酷評していたからである。ここらあたり、ジャストシステムの組み込みATOKを積んでいるのだろうか。ここでははん、と思った。メモリカードの2GBのかなりの部分を、仮名漢字変換のユーザー辞書が占めるのではあるまいか。だったら、2GBと、最大保存可能数は約48,000文字分、というギャップは、ちょっとだけ分かる。

あと、マニアというほどではないが、私的にスペックに書いてほしいのは、どんなCPUを積んでいてどんなOSを使っているかである。インテルのCPUなのか、PowerPCなのか、OSは組み込みLinuxなのか、TRONなのか、ということである。どうでもいいようであるが、車マニアなら、エンジンがCVCCかどうか、とか気になるだろう。そのレベルである。

ということで、キングジム、狙いはいいが、まあもうちょっといまいちかな、と言うと、何様じゃ!と叱られそうである。

2008年11月15日

クラウド・コンピューティング

最近、クラウド・コンピューティングが話題になっているので、ニコラス・G・カー「クラウド化する世界」翔泳社を読んでみた。すると、クラウド・コンピューティングというのは、そんなに目新しいことを言っている訳ではないと思われる。

「クラウド化する世界」によると、まず、電気の例が挙げられる。電気は、モータの駆動など、明らかに産業上有用なものであるが、当初は、各工場で、自前で発電していた。そのため、発電機のメーカが隆盛していた。

ところが、エジソンでなく、インサルという経営的天才があらわれ、発電所というビジネス・モデルを考えた。これによれば、各工場は、自前で発電のインフラを用意する必要はなく、遠方から送電線を伝わって送られてくる電気を消費し、その消費量に見合った料金を払えばいい。

「クラウド化する世界」は、これとの類推を、ITインフラに当てはめる。すると、自社でサーバを抱えることなく、サービス提供会社の遠方のデータセンターのサーバにWebブラウザでログインし、そこからサービスを受けることにより、面倒なシステム構築も、サーバのメンテナンスも不要になる、というものである。これは、SaaSとも呼ばれているサービス形態である。電力のように、ITサービスも、ネットで配信可能ということである。

これを可能にするのはまず、光ファイバなどを駆使した高速ネットワークである。これがなくては、遠方のサーバにログインしたときのパフォーマンスが維持できない。次に、ムーアの法則に例示される、ハードディスクを含むハードウェアの価格低下である。この価格低下によって、大規模なデータ・センターを、広い土地を利用しても従来よりも安いコストで提供することが可能となった。

さらなる要素として、典型的にはLinuxである、サーバOSとしてのオープンソース・ソフトウェアの普及である。これによって、ソフトウェアのコストを激減することができた。

こういうインフラができると、雲のように世界中に広がっている任意のコンピュータ環境を、もちろん使用が許されている範囲であるが、自分のローカルPCに直接アタッチされているものとして使うことができる。これそこが、クラウド・コンピューティングの定義であろう。

そこで、ユーザーは、全世界に広がるクラウドのようなコンピュータ・リソースをうまく利用できる、という次第である。電気、テレビの電波などと同じである。

ただ、個別の会社やユーザーが、独自のITインフラをもたず、クライアントPCだけを利用して、データセンターにあるコンピュータ・リソースを利用できることで、すばらしい環境が実現されると考えたら、それは楽観的過ぎる、ということである。そもそも、ネットワークを通じてハードウェア資源をレンタルするという、ホスティング・サービスは、既にある。問題はソリューションとなるアプリをどう作るかであり、それには莫大なノウハウを傾注する必要があったりする。それはクラウド・コンピューティングの中で自動的に解決できる訳でもない。だから、クラウド・コンピューティングを喧伝することに大した意味はないと思う。

「クラウド化する世界」が言及する別のテーマは、クラウド・コンピューティングがつくりだすインフラの社会学的側面である。すなわち、世界中の人がネットで密に結合された社会では、ネットによって社会のコンセンサスが決まったりする。なんと民主的なことかとバラ色の未来を描く人もいるかもしれないが、あまりに緊密に結び付けられると、物理学の相転移のように、意見に偏りが生じてしまう。すなわち、偏見が増幅して、却って酷いことになってしまうことがある。普通に会って話すなら冷静に話せるのに、メールやチャットで議論するとどんどん険悪になっていく経験をした人は多いだろう。

よって、クラウド・コンピューティングは、なにか実体的なもので中和する必要がある。それがなにか、私にはまだ分からない。ともかく、クラウド・コンピューティングの名前が先行しているものの、それはなんら斬新なものではなく、バラ色の未来を約束するものでもない、と指摘したい。

2008年11月19日

Top 500 supercomputer

http://www.top500.org/によると、世界のTop 500のスーパーコンピュータは、ベンダ別に分けると、下記のとおりである、という。現時点(2008/11/18)で、世界最速のスーパーコンピュータは、米国のロスアラモス国立研究所の1105ペタフロップのIBMのもので、Roadrunnerと呼ばれている。それを追いかけるのが、米国のオークリッジ国立研究所ののCray XT5で、1059ペタフロップ、僅差である。これは、Jaguarと呼ばれている。不勉強で、いまだにCrayがこの分野で健在とは知らなかった。

これを見ると、スーパーコンピュータのシェアは、IBMとHPが圧倒的である。地球シミュレータで一世を風靡したNECも、ちょっと影が薄い。健闘しているのが、DELLである。単なるPCメーカではないようである。

では用途はというと、Research, Finance, Geophysics, Semiconductor, Information Service, Service, Logistic service, software, hardware, Information Processing Service, Energy, WWW, Telecomm, Weather and Climate, Retail などの順に続く。

Researchという括りは粗いが、量子物理、天体物理、原子核反応、化学反応、創薬、遺伝子解析などなのだろうか。次にFinanceが来るのが、いかにも「今風」である。確かに、金融工学は、直ぐに計算量が爆発してしまうので、コンピュータのリソース食いではある。

ただ、スーパーコンピュータは、エンドユーザ向けではないで、1台の価格は高いが、総売上では、どうしてもPCに及ばない。まあそういうせせこましいことは言わないで、スーパーコンピュータは、宇宙船のように、人類の夢の一翼を担うものと考えることにする。



Cray Inc. 16 3.20 %
Dell 25 5.00 %
Fujitsu 4 0.80 %
Hitachi 4 0.80 %
IBM 208 41.60 %
Intel 1 0.20 %
NEC 1 0.20 %
SGI 22 4.40 %
Sun Microsystems 4 0.80 %
Appro International 4
Linux Networx 4 0.80 %
Transtec AG 1 0.20 %
Self-made 3 0.60 %
Hewlett-Packard 184 36.80 %
California Digital Corporation 1 0.20 %
Bull SA 3 0.60 %
T-Platforms 2 0.40 %
NEC/Sun 1 0.20 %
Hitachi/Fujitsu 1 0.20 %
DALCO AG Switzerland 1 0.20 %
ClusterVision/Dell 2 0.40 %
Koi Computers 1 0.20 %
TeamHPC of M&A Technology 1 0.20 %
Pyramid Computer 1 0.20 %
ACTION 2 0.40 %
UNICORNER/Fujitsu-Siemens 1 0.20 %
ClusterVision/IBM 1 0.20 %
SKIF/T-Platforms 1 0.20 %

2008年11月24日

Windows Azure

日経コンピュータの11月15日号によると、当然にマイクロソフトも、クラウドコンピューティングを視座に入れており、その答えが、Windows Azure。要するに、マイクロソフトのデータセンターにログインすると、そこで、既存のWindowsアプリケーションを動かすことができる、というものである。

それだけ聞くと、何も感心することなどないが、マイクロソフトの売りは、繰り返すが、既存のWindowsアプリケーションとの互換性。さらには、Windows Serverや、SQL Serverと同等の機能をWindows Azure上で提供する、というのだが、本当にそこまでできるのだろうか。

また、当然に、開発ツール・ベンダの老舗でもあるマイクロソフトは、Windows Azureのために開発環境も提供する。これまた当然だが、ネット上でのツールを意識しないでも作れるのだろう。

次期版であるWindows 7も当然にクラウドを意識するという。すると、見えないのが、Windows Azureとの切り分けである。とはいえ、いくらWindows Azureといっても、まずクライアントPCがネットに繋がらなければ話にならないので、まずネットに繋ぎにいって、そこで、Azureとネット上でランデヴーして、何か仕事するのがWindows 7なのかもしれない。すると、ユーザには、どのモジュールがローカルにあってどのモジュールがクラウドにあるのかさっぱり分からないということになる。そもそも、そんなことどうでもいいではないか、ということでもあろうが。

さらには、次期Officeも、クラウド対応ということで、それは必然なんだろうけど、何だか猫も杓子もモードでつまらない。少なくともクライアント・レベルでは、すっかりコモデティ化して、コンピュータに感動を求めるのはお門違いのようである。

2009年1月26日

IPTV

YouTubeは以前から見ているが、最近、NHKオンデマンドなど、IPTVサービスが本格的に普及してきた。そこで、情報処理という雑誌の2008年11月号の特集記事に従い、IPTVについてまとめてみる。

先ず、一番広い定義は、インターネット・プロトコルに従い、画像と音声を送信するサービスが、IPTVである。特に双方向性は必須ではない。YouTubeは、最も原始的な形のIPTVである。

では、IPTVの類型はというと、先ず第一の要素は、接続形態である。すなわち、単一事業者によって管理された閉鎖網と、互いに相互接続され運用されている、不通のインターネット回線を利用するオープン網がありえる。

第二の要素は、サービス形態である。これは、提供者が予め決めた番組内容やスケジュールに従い視聴するリニア型と、利用者が、見たい番組を見たいときに選択できるノンリニア型に分けられる。

リニア型は、テレビ番組と全く同じプログラムでサービスを提供する同時再放送型と、IPTV独自の番組表による異時再送信型に分けられる。

ノンリニア型は、オンデマンド型とも言い換えられるが、利用者側の端末に基本的には蓄積しないストリーミング形式によるVOD(ビデオオンデマンド型)と、利用者の端末に一旦ダウンロードしてから視聴するダウンロード型がある。

第三の要素は、視聴するための端末の形態である。これは、テレビ型と、パソコン型に分けられる。テレビ型としては、私が今契約しているJ-COMなどがある。J-COMでは、閉鎖ネットワークで、ディジタル放送が送られてくる。すると、これは、リニア型且つ同時再放送型のIPTVなのだろうか。それに対して、自分ではっきりと回答できないところをみると、私は、IPTVの定義、あるいはJ-COMの配信の仕組みがよく分かっていないようである。

NHKオンデマンドは、Webブラウザ経由なので、一応、パソコン型と言える。NHKオンデマンドで気に入らないのは、別途NHKと契約していても、NHKオンデマンドにログインするためのIDとパスワードを入手するために、有料の会員登録が必要であることである。NHKの言い分としては、過去の番組をストアしておくため、膨大なディスク領域が必要で、そのIT費用がかかる、ということであろう。

このNHKオンデマンドに関して思ったのは、パソコン型のオープンネットワーク用のIPTVで、NHKオンデマンドは明らかにクライアント・サーバ型であるということである。

ところが最近では、Joostのような、P2PのIPTVサービスが注目を集めている。

第四の要素としては、サービス形態がある。

IPTVの中核は、何と言っても、配信型コンテンツサービスである。これには、放送型サービス、広告サービス、タイムシフト・プレイスシフトサービスが含まれる。広告サービスには、放送型広告サービス及び、ターゲッティング広告サービスがある。

配信型コンテンツサービス以外に、インタラクティブサービス及び、コミュニケーションサービスがある。

インタラクティブサービスは、学習サービス、天気予報などの情報提供サービス、などがある。

コミュニケーションサービスとは、映像配信サービスとコミュニケーションを融合したサービスであり、スポーツ、映画などの複数人で観ながら、チャットを楽しむというモードを可能にする。うまくいくと、とてもリアルな仮想空間を実現できるかもしれない。ストリートビュー+3Dインターネットである。

技術関連では、パソコンの大画面に、どうやって高画質の動画を実現するかという古くて新しい問題に行き着く。すなわち、全コンテンツをダウンロードしてしまうと、高画質は可能であるが、できればストリーミングで高画質を実現したい。

それ以外に気になるのは、タグ付け、及びコンテンツ検索技術である。IPTVとなると、巨大なハードディスクに、インデックス付けして膨大なコンテンツが格納される。それをどう索引付けして、キーワードなどで高速に検索するか、ということは、技術としては出尽くしているような気もするが、グーグルなどが新技術を提供し得るかもしれない。

その他、DRM、広告収入の方法、放送著作権との関係など、トピックは尽きないが、各論は追々勉強していくことにする。

2009年2月 1日

USBメモリ・ウイルス

Webニュースによると、パソコンのデータを保存する外部記憶媒体「USBメモリ」経由で感染するコンピューターウイルスが全国の大学で猛威を振るっている。

確かに、今やUSBメモリは花形で、パワーポイントなどのプレゼンテーション用ファイルを携行するためによく使われる。ほとんどのパソコンはUSBインターフェースをもっており、また、USBメモリは、数GBでも二千円程度で買うことができ、ビット単価が安い、また、財布などに簡単に入る大きさである。

ところが、特に大学で、500件以上の感染が確認されている、という。すなわち、大勢の学生がUSBメモリーを持ち込み、共有のパソコンを使うことが多い大学は、その管理の甘さもネックとなって感染の温床になっている。なぜ大学で企業でないのかというと、おそらく、大学では、ウイルス駆除ソフトがあまり普及していないのではないか。

すなわち、大学は、企業よりも使える予算が一般的に少ない。オープンソースが一般的になってきて、OS、コンパイラ、オフィススイーツは只で入手できるようになったが、流石に、ウイルス駆除ソフトのオープンソース版は聞いたことがない。自転車操業のようにウイルス駆除シグニチャをアップデートし続けてなくはならないので、フリーではとてもやっていけないのだろう。

一方、企業では、予算も然ることながら、イントラネット内がウイルスに感染したとなっては面目丸つぶれである。また、USBメモリは、簡単に機密ファイルを持ち出せることから、社内使用禁止になっている会社も少なくないと聞く。だから、企業でUSBメモリ・ウイルスが蔓延っているという話はあまり聞かない。そもそも、ネットワーク経由で入ってくる有象無象のウイルスに比べて、USBメモリ・ウイルスは、特定や駆除がしやすいはずである。

では、USBメモリ・ウイルスはどうやってパソコンに侵入するかというと、大抵のパソコンは、USBメモリやUSBハードディスクなどを接続すると、その媒体の中身のスキャンが自動的に始まる。それはオートランと呼ばれるが、その動作は、パソコンのAutorun.infに記述されている。そこで、USBメモリ・ウイルスは、悪意のAutorun.infを作成して、自身をコピーさせるだけでなく、ネットワーク経由でハードディスクの中身をアップロードしてしまう作用をもったりする。感染原理はいかにもローテクであるが、一旦感染すると、最新のウイルスのハイテクが使えてしまう、という次第である。

トレンドマイクロによると、MAL_OTORUN1、WORM_AUTORUNなどの種類が知られているという。

人体も、パソコンも、ウイルスのネタが尽きることはないようである。

About コンピュータ全般

ブログ「Commutative Weblog」のカテゴリ「コンピュータ全般」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはゲームです。

次のカテゴリはスピリチュアルです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。