メイン

旅行 アーカイブ

2007年4月12日

初めてのアメリカ出張

 テレビ番組で、「初めてのおつかい」というのがある。3歳くらいの子供が、お母さんから用事をいいつれらけて、道路を渡って、買い物に行く、というストーリーである。でも、あの番組は、テレビのスタッフが要所・要所に立って、見張っている。
 一方、私の初めてのアメリカ出張は、確か、今から13年前のこと。今だって英会話は自信がないが、そのころは、まあ、片言で買い物するのがせいぜいのレベル。添乗員付きのツアーで、やっとなんとかなる程度である。ところが、上司は、非情にも、一人でアメリカに行ってこいという。一週間の予定である。誰か東洋人がいますか、と聞いたら、いない、という。場所は、と聞いたら、サウスベリー。ええっ、ニューヨークじゃないの? 場所は、コネチカットだという。地図でみると、ケネディ空港から車で2時間もかかるようだ。私は、アメリカで運転したことはない。どうやって行くのか、それも不明。いろいろ考えていたら、腰痛になった。どうも、心因性のものらしい。医者に行ってレントゲンをとったら、なんでもない。当然である。それで、ついに出張の日が来た。重いスーツケースを引いて、成田空港に向かった。あれっ、俺って、もしかしてエリートサラリーマン? 変な錯覚に陥った。飛行機は、JAL。結構美人のキャビンアテンダントがいる。飲み物は飲み放題。どんどんビールを頼んだ。酔うと、ハイになった。映画も始まった。おお、アメノカに行くんだから、洋画を字幕でみて、リスニングの練習をしなければ。それで寝ないで、映画をみた。ニューヨークは遠い。うんざりしてきた。でも寝れない。
 で、やっと、ケネディ空港に着いた。4月なので、まだ少し寒い。税関は無事通過したが、そもそもリムジン・カウンタで、英語が通じない。I would like to go to Southbury.でも、受付の黒人の女性は、完全に無視している。このまま引き下がれないので、懇願したら、やっと通じた。指差す方に、運転手がいたのでついていった。リムジンというので、でかいバスかと思っていたら、ぼろいバンだった。若い男性のアメリカ人とおぼしき人が二人。ああ、自分は火星に来たのかと思った。
 ところがバンは、目的のホテルには着かない。なにか、バスセンターのようなところに着いた。そこから、電話してホテルに迎えにきてもらわなくてはいけない、でも、アメリカで電話したことはない。必死で、I am a Japanese traveler. Please pick me up. I'm at the community center.とたどたどしい英語でしゃべった。やっとホテルのバンがくる。ああ、ここでもバンなのか、ところが、運転手がインド系で、これまた英語が分からない。とこかくホテルに着いた。あ、チップを渡さなかった。ま、いいか。チェックインして部屋に入る。テレビを見る。英語が分からない。無性に孤独。暗くなっても全く寝れない。時差。
 いろいろ考えているうちに朝になった。ミーティングに行かなくては。すると、私をみて、知らない外人(当たり前)が、話しかけてくる。どうも同じ会社の同僚らしい。それで、ホテルのバンで、会社の会議室に向かう。途中でいろいろ話しかけられるが、10分の1しか理解できない。生返事。
 会議では、座長が私に話しかけてくる。We will speak slowly for you. でも全然嘘。それから。猛烈に眠い。なんでもいいから寝たい。で、コーヒーを飲む。全然効かない。死にそうな思いで一日をやり過ごすと、一目散でホテルの部屋に。部屋から出ない。食事は、自動販売機のポテトチップス。惨め。悲しくて、泣けてきた。でも、時差で寝れない。鬼のような孤独。自宅に電話。日本語、嬉しい。
 でも、三日目くらいから、少しなれてきた。折角アメリカに来たのだから、子供の使いじゃないんだから、と、発言してみた。すると、みんな、生まれた子供が始めて話はじめみたいに、驚く。通じない。親切な人がいて、きっとこう言っているに違いないと解説してくれる。ああ、渡る世間に鬼はない。
 こうして、夜もなんとか、みんなのディナーに加わることができた。困ったことは、金髪の美女に参ってしまったこと。疲れで気持ちがおかしくなったみたい。瞬間恋愛。でも、どうすれば、いいの。
 こうして、ついに最後の日が来た。ああ、解放。土産を買う。でも、コネチカットの片田舎に、大したものはない、みやげ物屋さんの英語は分かりやすい、観光客相手になれているんだろう。
 帰りの飛行機は楽しい。金髪もいいけど、やっぱり、日本人の女性。
 初めてのアメリカ出張は、疲れた。なにも成果はなかったが、少しだけ英語が平気になった。うまくなった訳ではない。それで必死で英会話を勉強するようになった。たどたどしくてもいいので、言いたいことが言えたり、人前で英語で発表できるようになるまでに、5年がかかった。スビードラーニングなどと宣伝されているのは、きっと嘘だろう、特別な才能の人を除いては。

2008年1月 3日

メイプルハーバー号

 年末に、実家の尾道市に帰省したが、ちょっと趣向で、メイプルハーバー号という深夜バスを利用してみた。メイプルハーバー号は、中国バスが運営する深夜バスで、町田駅のバスセンターを、夜9時に出発し、早朝5時半頃、福山駅に着く。そこから、広島県の西条というところを経て、広島駅に着く、という次第である。
 この深夜バスの利点は、料金の安さである。というのは、新幹線で町田駅から福山に行くと、だいたい片道16000円くらいかかる。ところが、この深夜バスだと9800円である。あと、寝ているうちに着く、ということで寝台列車のようなものである。また、以前、といっても20年以上前であるが、深夜バスに乗ったときは、二人掛けの席が左右に2列で、すると、知らない人と隣接する必要がある。たまたま若い女性が隣だと楽しいのではないか、などと余計なことを考える人もいるが、そのようなロマンなんて単なる夢であり、だいたいは隣の人に気を使う必要があった。その点、今の深夜バスは、席が、一人掛けで離れて3列であり、隣の人に気を使う必要はない。
 また、運転手が二人いるのもいい。最初、町田から福山までの8時間を一人で運転するのかと思っていた。それは結構きついが、遠距離トラックでそういうこともあるので、まあ、なんとかなるか、と思っていた。だから、バスに乗務員が二人いると分かったときも、ああ、ひとりは車掌か、と思ったものである。しかし、よく考えると、深夜バスに車掌は不要である。で、社内放送によると、途中のインターで、運転手が交代するのだという。その間、運転していない方の運転手は、後方のベッドで仮眠している。そういえば、あるスキーバスで、一人しかいない運転手がとても疲労して、結局、人身事故を起こしたことがあった。この事故の反省か、とも思い、そういう体制に安心した。
 あと、昔深夜バスに乗ったときは、たしか、社内にトイレはなく、そのため、深夜どこかのインターに寄って、トイレ休憩があった。しかし、深夜バスから降りるのは面倒で嫌である。だから、「途中でインターによりますが、お客さんはそこで下車できません。運転手がリフレッシュするためだけです。」とアナウンスがあったのは、却って安心した。
 ただ、寝台列車のような水平なベッドではなく、結局は、リクライニング・シートなので、どうしても寝台列車のような寝心地は得られない。また、町田駅を出て、横浜インターから東名高速に入るが、そこから、社内の灯りを消し、窓にもカーテンを覆ってしまう。そこで本が読みたければ、各席に、読書灯はある。しかし、かなり暗くて、相当読めない。これでもし本を読み続けていると、確実に目を悪くしてしまいそうである。
 それで結論であるが、料金本位で、バスで寝ていくのだ、と開き直れるなら、深夜バスは悪くない。新幹線の2/3の料金は魅力的であろう。しかし、交通機関で何か読書をしたり、調べものをする、友人と談話する、旅の風情を楽しむ、という目的だと、全く向かない。その辺で、使い分ければよいと思う。

About 旅行

ブログ「Commutative Weblog」のカテゴリ「旅行」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは文芸です。

次のカテゴリは映画です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。