メイン

スポーツ アーカイブ

2007年4月19日

楽天の田中将大

 楽天の田中将大(駒大苫小牧出身)が、ルーキーで、ソフトバンク相手に完投勝利を収めるという快挙を成し遂げた。これをみると、田中は、既にプロでやれる力をもっているようだ。早稲田にいるハンカチ王子こと、斉藤も、同レベルであろう。
 一方、松阪や井川が大リーグで通用しているところを見ると、田中将大も、うまく力をつければ、大リーグレベルに追っ付けそうである。
 ここから、私は、下記のような仮定をしてみた。
 - いまや、高校野球のトップは、そのままプロで通用する。
- 高校野球のトップは、大リーグレベルにそれほど距離がある訳ではない。
 さて、この仮定が正しいとすると、その理由を、系統だったトレーニング方法が確立し、全国レベルで共有されているからだ、とみる。
 すなわち、あるレベルの才能があれば、全国どこにいても、トップレベルの力をつけることができる。このことは、高校野球で最近、地方の格差がほとんどないことから推察される。
 私はこのことを、アマチュア将棋の類推で考えている。すなわち、20年くらい前は、アマチュア将棋で強い人は、ほとんどが東京、大阪、名古屋であった。しかし、いまや、北海道にも、東北にも、九州にも、全国レベルの強豪がいる。それは、とてもよい棋書が沢山出版されて、どこでも手に入るからである。プロは最近、最新研究を書物にすることを惜しまない。惜しんだとしても、すぐに流通するので、意味がない。こうして、全国どこにいても、才能と時間があれば、アマチュア・トップになれるようになった。
 野球と将棋というかけ離れたものでそうであるなら、他のいろいろなこともそうであろう。すると、世の中は大競争時代で、まあ、慌しくて喧しい、ということになる。しかし、焦ることはない。こんな時代でも、トップを目指さないで、一人閑居する途はいくらでもある。こんなときこそ、多様性が必要なのである。君は弁護士でも大富豪でもなんでも目指すがよい。私は、静謐な隠遁生活を目指す。

2007年5月 6日

高野連の特待生の対応

 新聞のスポーツ記事をみていると、高校野球連盟の、高校野球部における特待生の対応が報道されている。すなわち、野球の技術が優れていることを理由として、授業料免除などの特典を受けている特待生に対して、1ヶ月の対外試合出場禁止の措置をとり、横浜高校など、特待生が多い、主要な野球部の部長もにも、活動を禁止する、というものである。
 これは、専大北上などの野球名門校の野球部の生徒に対して、西部球団、早稲田大学などが、金銭的な援助をしてきたことに対する、自粛促進措置なのかもしれないが、明らかに行き過ぎである。
 その理由は、サッカー、卓球その他の多くのスポーツで、同様の特待生の制度が認められており、それらとのバランスがとれない、ということである。また、学業の方でも、成績優秀の者に対する特待生制度というのは、普通である。
 もし、野球を逆の意味で特別視するとしたら、高校野球は、高給につながりやすいプロ野球やメジャーリーグに関連が大きく、利害がからみやすい、ということがある。しかし、プロにつながりやすいという意味では、サッカーもそうである。
 私は、専大北上の事件から、「羹に懲りて膾を吹く」ようなことを高野連がやっていると、ただでさえ人気の凋落がささやかれているプロ野球の人気が、一層落ちてしまうと思う。すなわち、単純には、特待生の恩恵が受けられないことで、スポーツ優秀者が、サッカー、テニス、ゴルフなど、やはり高給が期待できる他のスポーツに流れてしまう。
 また、高野連のこの措置には、人間特有の嫉妬の感情を感じる。すなわち、一部のスポーツ優秀者に、野球で、うまい汁を吸わせてなるものか、という感情である。もっと言うと、嫉妬は怒りとともに人間の二大(他にもあるかもしれないが)感情であり、人間は、いつも、合理的に怒り、また合理的に嫉妬の感情を満たす機会を窺っている。きっと、一生うだつの上がらないような、挫折した野球人も抱える高野連にとって、自分が果たせない夢を果たしそうな特待生を凹ませるのは、格好の機会なのではないか。と、ちょっと私自身も、捻りすぎの感想をもってしまった。ともかく、高野連よ、馬鹿な措置は即刻止めろ。話せば分かる。

2007年5月20日

斉藤祐樹

 NHKの教育で、囲碁番組をみていて、それが終わったら、いつもは、「心の時代」なのだが、今日はなんと、東京六大学野球中継だった。それも、早稲田対明治で、なんと、あの斉藤祐樹が、先発するという。
 普通、東京六大学野球は、優勝戦くらいしか中継しない。しかし、これは優勝戦ではない。ところが、「祐ちゃん」効果で、なんと観客は3万人。だいたい、東京六大学野球は、観客は関係者ばかりで外野席など閑古鳥が鳴いているのだが、この日は外野まで一杯。人気の落ちているプロ野球の、巨人対ヤクルト戦でも、神宮球場で、下手をすると3万人入らないという。
 それで、先発の斉藤。これがまた、実に落ち着いたよい投球をする。例えば、味方の内野手がエラーをしてランナーを出しても慌てない。確実にアウトをとっていく。6回になると流石に疲れてきたか、2アウト満塁のピンチを迎えたが、2-1からの落ちる球で、きっちり三振に切って取った。その間、チームの打線が爆発して、5-0.しっかり勝ち投手の権利を確保したところで、監督は交代を告げた。
 見ていて、斉藤は、冷静なのがいい。謙虚そうなのもいい。バックの先輩たちも信頼しているようで、その信頼が、打線にもうかがえる。斉藤がある間、早稲田はきっと、何度も優勝するだろう。
 ただ、私の根拠のない予想では、流石の斉藤も、大学3年あたりでスランプに陥るだろう。一年くらい駄目で、4年になって復活し、なんとかプロからの指名をかちとるだろう。そうして、プロでもそこそこやれるだろう。一流になれるかどうか、それは、今後どれほど深いスランプを経験し、それをどう克服するかにかかっている、と思う次第である。

2007年8月17日

伝統の力

 高校野球を見ていて、伝統の力とは何だろうと考える。例えば、今年神奈川代表で甲子園に出場した、桐光学園。昔、ドカベンとかいう野球漫画で、「神奈川を制するものは全国を制する。」という言葉があった。それは、神奈川は、全国で最大の予選を勝ち抜かなくてはならず、また、レベルも高いからである。
 しかし、厳しい予選を勝ち抜いた桐光学園は、一回戦で、優勝候補でもなんでもない、宮崎の日南学園にあっさり(でもないけど)、負けてしまった。これが。横浜だったり、東海大相模だったりしたら、勝っていたのではないか、と思うのは私だけだろか。
 そう思わせるのは、伝統の力と、甲子園における実績である。では、伝統とは何か。一言でいうと、勘違いでもいいので、レガシーを背負っていると思うこと、儀式化されたもの、籠められた暗黙知である。
 そういうレガシーが甲子園で力を発揮するのは、甲子園がまた、レガシーと伝統の場所だからである。まさに、「思い過ごしも恋のうち」という歌があったが、「思い過しも伝統のうち」で、自分達が伝統校であるという錯覚は、場合によって、何ほどか力を発揮するに違いない。
 ところがである、伝統が足をひっぱることもある。それは、ここ3年の、駒大苫小牧の快進撃である。少なくとも、駒大苫小牧には、拠るべき伝統はない。しかし、独自の工夫と、昨年の田中投手のように遠方からも集まった優秀な選手により、一躍、野球名門校にのしあがった。これはまさに、伝統がないがゆえの、アメリカ的強さである。
 こうして高校野球は、伝統を中心にして廻り、それを乗り越えるか、それに拠るか、勝ち上がるためには、その二つに1つである。ん? 何か意味がある命題になっているかな?

2007年10月 8日

野村 楽天

 今日テレビを見ていたら、どうやって、野村監督が、楽天を強くしたか、という特集番組がNHKで報道されていたので、私なりにメモをとってみた。
 以下、その要約である。
 先ず、楽天は、今年も、1勝5敗と、悪いスタートを切った。そのときの野村監督のコメントが、いかにも彼らしい。「野球が好きな奴がいない。」
 ともかく、冷静に考えると、楽天を率いるということは、とても不利である。なぜなら、実績がある選手があまりいない。寄せ集めでスタートと言ってよい。
そこで、野監督が採った手段は、思い切って経験のない若手を起用する、というものであった。そうして、野村が強調したことは、自分で考えて野球をする、ということ。
 大物ルーキー、元駒大苫小牧の田中将大がデビューした。しかし、いきなりプロの洗礼ということで、集中打を浴びた。そこで、呼びつけて叱らないところが、野村らしい。野村は、田中将大に直接何も言わないで、単に、記者会見で、「真面目すぎる。」とだけコメントした。それを、翌日のスポーツ新聞が取材報道して、それが田中の目に入る、という次第である。
 野村の主義があって、それは、「やらせてみる、考えさせる。」というものである。ID野球の真骨頂である、とも言える。
 いくら野村でも大胆すぎる、と思われるのは、チームの要のキャッチャーに、ルーキーの嶋を起用したことである。野村曰く、ルーキーのキャッチャーを起用するのは、古田以来だと。分からないけど、野村といえども、古田にせよ、嶋にせよ、その能力を見切った訳ではあるまい。清水の舞台だったのではあるまいか。しかし、嶋は立派に野村の期待に応えた。
 再び野村は言う。「考えさせる。」と。答えは自分では言わない。また、失敗を恐れない。失敗してからまた考えればよい。
 田中将大が、出れば勝ちということが続いたことがあった。それに対して、野村監督のコメントが奮っている。「マーくん、神の子、不思議な子。」
 楽天復活の立役者の一人に、山崎武司(38歳)がいる。彼は、かつて中日で活躍しながら、その後のロッテで戦力外通知を受けて、いわば楽天に流れてきた。その山崎にも、野村は言う。「焦る必要はない。考えなさい。」と。
 こうして、楽天は、8月は15勝12敗と快進撃であった。
 それで面白いのが、野村監督の反応。決して素直に喜ばない。「いいときばかりじゃないよ。」と。実際、9月に入ってメタメタ。
 それでも、何とか持ち直して、10月には4位を確定した。楽天の戦力を考えるとき、これは上出来であろう。
 野村監督は、そこで、「気合が入っているかどうかだ。」と言う。
 以上から、野村監督のコメントを纏めると次のとおりである。
 - 野球を好きになること
- 自分で考えること(経験は、必ずしも関係ない)
- 失敗を恐れないこと
- 焦ってはいけないこと
- 悪くても腐らないこと
- 気合を入れること
 

2007年10月12日

戦略的謙虚

 昨日の内藤対亀田のボクシングWBCフライ級世界王座戦は、とても惨めだった。昨年からビッグマウスで鳴らしてきた亀田は、マスコミに十分なネタを提供してきた。とりあえず勝つことで話題が沸騰するので、勝てる相手を探してマッチメーキングされてきた。それをいいことに、亀田は大言豪語を繰り返し、アンチファンを鼓吹しつつも、話題をさらってきた。しかし、私は、亀田を可哀想に思ってきた。なぜなら、あのように大言豪語を繰り返して得するのは、マスコミばかりであり、勝負に常勝はありえないので、あのままだと負けたときの損失が大きすぎるからである。
 そして、今、敗戦を迎え、アンチファンは、溜飲を下げ、またしても、それを記事にするマスコミに格好の記事を餌を与えてしまった。
 さて、チャンピオンの内藤であるが、戦略的謙虚とでもいうべき冷静を保ち、マスコミに騒がれることはなかったが、勝った後も、相手を讃え、チャンピオンとしての威厳と品位を保った。しかし、最後にこう付け加えるのを忘れなかった、前チャンピオンより弱かった。
 ところが、私は、こういう亀田が嫌いではない。人間の弱さ、脆さを隠していない。平気でマスコミに乗せられてしまっている。馬鹿かもしれないが、悪い奴ではない。なぜか、いとおしくてたまらないのである。ただ、次は大言豪語しないで、謙虚に戦おうぜ、まだまだ強くなれるのだから。

2007年10月26日

日本ハム球団の復活

日本ハム球団の復活

 ある雑誌によると、長年低迷していた日本ハム球団が、どうやって復活したか、ということに関して、オーナー、大社 啓二氏の談話があった。
 先ず、最初にやったことは、北海道にフランチャイズを移すこと。これは、日本の重心から遠く離れる訳だから、いろいろと反対があった。重心から遠いという意味では、ソフトバンクがいる福岡もそうであるが、福岡は長く、西鉄球団のフランチャイズであって、日本の重心から遠い、というよりも、別の重心といってよい。
 しかし、北海道にフランチャイズというのは、経費的な意味で、ほかにオプションはなかったのだという。
 ところが、北海道に行ってよかった。というのは、もともと地元のプロ球団というものをもったことがなく、地元から熱烈な歓迎を受けたからである。
 一方で、日本ハム球団は、理念を明確化することに努めた。その理念とは先ず、売上げ、すなわち球団に足を運んでくれるファンの増加である。そのためにファンファースト、いわばお客様第一主義を打ち出した。
 そして、監督の人選は、ある監督を迎えて、その人の方針でやってもらう(野村監督だったら、どうしてもそうなるだろう)のではなく、理念や方針を明確化してそれに合致する人を選ぶ、ということである。その適材が、ヒルマン監督であった。
 そういう方針に関して、チームを明るくし、ファンファーストの方針を推進する新庄が加わってくれたことは。とてもラッキーだったという。
 また、職務分掌を明確化して、フロントが余計な口を出せないようにした。このことが、監督や選手のやる気を引き出した。
 ファンファーストという意味では、負ける試合もそれなりに面白くする工夫は必要であるが、しかし、どうしても勝つことを主眼とすべきである。ということで、個人の成績やタイトルよりも、チームの勝つことを重視した。
 最後に有効であったのは、BOS(baseball operation system)。これは、要するに、選手の成績の推移、対戦相手とのデータなどをデータベース化して検索できるようにするものであるが、費用は明らかにしないけれども、びっくりするほど費用がかかったという。しかし、二軍が千葉にいて、本体が札幌にいる、という状態で、効率的に選手を管理するためには、BOSはどうしても必要で、実際とても効率的に活用されている、という。
 こう書いてみると、当然のことが、当然のごとく行われただけかもしれないが、ヒルマン監督、新庄の獲得など、いくつかの行幸があいまって、このような実績になったと思われる。さて問題は、ここからの日本ハムで、どう好調を維持するか、である。やはりキーポイントは、よい選手をどう確保するか、という当然のことに行き着く。

2007年10月31日

レッドソックスの優勝パレード

  レッドソックスの優勝パレードを見て、思ったことがある。それは、松阪と岡島という、日本人が加わったチームが、ワールドシリーズを初めて制した、という感激ではない。こういうパレードというのは、セキュリティ的には、なんと脆いのだろか、ということである。すなわち、有名選手が、オープンカーで、市街を行進していく。ジャッカルの日や、ケネディ大統領暗殺事件で分かるように、オープンカーで練り歩くほど、ビルの谷間からの狙撃手の標的になりやすいものはない。
 また、観衆は優勝に浮かれて、気分は緩みっぱなし。こういう状況ほど、イラク市街型の自爆テロの好餌はない。しかし、何も起きない。それがあまりに当然であるほど、アメリカは平和である。
 私が何が言いたいかというと、こんな状況で、どうしてイラクが脅威であったのか、どうしてイランが脅威なのか、ということである。寧ろ、イランにとってのアメリカの方が、100倍脅威である。
 また、遡って、9/11のテロが、アメリカにとって、あまりにも特異点なのである。数学でいうと、その点で微分不可能であり、解析接続不可能なのである。言い換えると、その点を基準にして、その後の政策を決定することが、あまりにも不適切なのである。9/11の後、アメリカ国内があまりにも平和なのである。
 平和の方がよいではないか、何が文句あるのか、と言われたら、あるはずがない。しかし、そう感じれば感じるほど、9/11のテロが、特異点が、妖しく光る。

2007年11月 5日

アレックス・ロドリゲス

 新聞によると、ヤンキースのアレックス・ロドリゲスが、契約満了まであと3年あるのに、途中でフリーエージェント宣言したのだという。それには、ペナルティが課されそうであるが、よほど野球選手側に有利な契約なのか、それとも、ロドリゲスは、よほどの逸材なのか、ヤンキースは残りの契約金の8100万ドルをきちんと払うだけではなく(それだけなら、契約の範囲のまま)、2011年以降の5年契約で、1億5000万ドル増額した、2億3100万ドルの額を提示したところ、ロドリゲス側は、3億5000万ドルでないと、契約更改しない、と撥ね付けたそうである。5年で3億5000万ドルということは、5年間に亘って、毎年の年棒が、約80億円ということである。私のような庶民にとって、ロドリゲスは、どんだけ~強欲なのか、と思ってしまう。ただ、それだけ吹っかけるところがある、ということは、もっとよい他球団の呈示があるのだろう。
 ただ、人間の感覚が対数尺度なのは、よく知られていることであるが、こうなってくると、年棒に対する満足度も、対数尺度なのか、と思ってしまう。例えば、対数の底にもよるが、一億円の年棒が、10億円になったとしても、2倍しか嬉しくなく、2倍程度の嬉しさなんて、車を運転していて、ちょっと擦る程度で、吹っ飛ぶかもしれない。
 一方で、実績に対する年棒の額は、指数尺度ではないか。例えば、ホームランを30本打てる人は、15本しか打てない人に比べて、年棒は倍ではなく、もしかして、10倍かもしれない。このことは、安い年棒にとどまっている人にはとても悔しいことかもしれないが、文句があったら、お前も頑張れ、が実力の世界である。
 あと、どうしても解せないことがある。すなわち、もし球団の収入が、球場に来る観客のチケット代に依存しているとしよう。すると、1試合で5万人入るとして、一人の入場料の平均が3000円だとすると、一試合の収入は、1億2千万円である。フランチャイズのゲームだけでないので、年間せいぜいが80試合程度、フランチャイズで戦うとしたら、1年間の球場に来る観客の入場料の合計は、多く見積もってもせいぜい、100億円である。その中から、どうやって、一人のプレーヤに払う80億円を捻出するのだろうか。しかも、ヤンキースでもその他の球団でも、スタープレーヤーは、一人ではないのである。年収10億円程度の選手は、ざらにいる。
 もし、それでも採算がとれるとしたら、球場の入場料以外にも収入がある、ということになる。例えば、選手がコマーシャルに出たら、そのある割合をピンはねするのだろうか。しかし、どう考えても採算がとれるような仕組みが見えてこないのである。

2007年12月 6日

サッカーとアメリカ合衆国

 テレビを見ていたら、1970年頃、ニューヨークのある財閥(ロックフェラーか?)が、金にあかせて世界中の一流のサッカー選手を集め、ドリームチームを作ったそうである。その中にはなんと、ペレとベッケンバウアーも含まれていた、という。それで一時的には凄い人気だったが、結局下火になり、チームは解散してしまったそうである。
 すなわち、結局は、サッカーは、アメリカでは人気が得られない、という結論だそうで、理由は、アメリカ国民は、集中力が持続する時間が短い、また、ゲームに対して独特の変更を加えないでは気がすまないが、どうもサッカーだとそういう余地が少ないようなのである。また、確かに、サッカーは、息もつがず見ていなくてはならなくて、下手をするとトイレに行く時間が、なかなかない。
 考えてみると、アメリカで一番人気があるという、アメリカン・フットボールは、私はルールはさっぱり知らないが、何かしら、やたら動きが一旦止まる。野球は、攻撃と守備の切れ目がはっきりしており、その間に結構な休憩もある。ええと、そういう意味では、他の人気スポーツのバスケット・ボールはどうなのか。まあ、これも、細切れの休憩が沢山はいる、ということにしておこう。
 では、日本人はどうなのか。きちんと工場で集中して物を作るのは得意なので、集中力が持続する時間が短いとはいえない。しかし、やはり、野球の方がサッカーより人気があるようだ。アメリカほど極端ではないが。
 また、戻って、アメリカがゲームに対して独特の変更を加えないでは気がすまないというのは、分かる気がして、例えば、今、液晶パネルの製造は、韓国のサムスンとか、日本のシャープが質・量とも世界的なレベルにあるが、こういう製造に憂き身をやつす、ということは、集中力が持続する時間が短くて、何か独自の工夫を加えなくては気かすまないアメリカ人には耐えられないのだろう。
 ところが、航空機産業、軍事産業、CPU(メモリではない)など、世界最高水準の技術で他の国を大きくリードする分野では、工夫の余地かいくらでもあって、いまのところ、アメリカ人は楽しくいそしんでいる。いそしみすぎて、武器や航空機が余るので、戦争をしたくて、また、他の国同士でも戦争をして武器を消費してほしくて、たまらないのではないだろうか。

2007年12月25日

連勝記録

 新聞によると、レスリング女子の吉田が、国内外あわせて連勝記録が、118になったという。これは、師匠の栄監督の116連勝を抜くものである、という。なんとも凄い記録である。
 でも、ちょっと待てよ、吉田のこの記録が、国内のローカルなものであるなら、二流の相手だけと戦っている、として理解できないこともない。しかし、その間、オリンピックや世界選手権で、世界の一流とも戦っているのである。一体、他のどんなスポーツや競技で、世界レベルの舞台も含めて、118連勝が可能なのだろう。
 例えば将棋。どこかの地方都市の将棋クラブで、お山の大将が指すのではなくて、プロの公式戦、というなら、30連勝というのも、私は聞いたことがない。囲碁も同様である。将棋や囲碁がレスリングと違うのは、勝つまでのプロセスが、とても長いということである。長い、ということは、間違える可能性が高い。従って、力で優っていても、つい悪い方を選んでしまう確率が低くない。
 では、野球ではどうか。プロ野球も、30連勝くらいが関の山だろう。野球も、将棋や囲碁のように、勝つまでのプロセスがとても長い。
 そこで、これは定理として、言えると思う。
 定理:勝つまでのプロセスが長い競技であるほど、連勝は難しい。例えば、野球、将棋、囲碁以外には、マラソンがそうである。たまたま、ある大会で優勝しても、次の大会で優勝できる人は少ない。ましてや、5連勝さえマラソンでは聞かない。
 では、相撲はどうか。相撲は、勝つまでのプロセスがとても短い競技である。レスリングよりもさらに短い。その相撲で、どんな連勝記録があるかというと、双葉山の69連勝が最高である。これだって、囲碁、将棋、野球に比べると、凄い。凄すぎる。しかし、吉田の118連勝には到底及ばない。なぜか。
 そこで、第2定理:勝つまでのプロセスが、短すぎると、連勝は難しい。これは分かりやすい。一瞬の隙で決まってしまうからである。沢山戦うと、気が抜けるときはどうしてもある。相撲以外に、100m短距離がある。
 そこで、100連勝のような連勝を許す競技は、短すぎもせず、長すぎもせず、一瞬のうっかりがなかなか致命的にならない競技である。そうして、微妙な実力の差が、確実に反映される。これに該当する競技は、先ず上記レスリング、それと、柔道がそうであるようだ。押さえ込む、という意味でも、レスリングと柔道は、よく似ている。実際、女子柔道の谷(旧姓、田村)は、世界選手権とオリンピックで、ずっと負け知らずであった。
 ここで、私は、大胆?にも仮説を挙げる:レスリングと柔道以外で、世界選手権も含めて戦って、100連勝以上した人はいない。あれっ、競輪の中野浩一がそうだったっけ? 書いた直後から自信がなくなってきた。

2008年1月13日

薬物偽証

 大リーグの通算本塁打記録保持者、バリー・ボンズが、ドーピングの偽証の罪に問われている件であるが、ドーピング、すなわち、筋肉増強剤の服用自体は、麻薬などと違って、刑法的な罪に問われない。しかし、ステロイド系の筋肉増強剤による筋力増強効果がとても大きいことと、それの副作用があまりに大きいことから、競技スポーツの世界では、筋肉増強剤は禁止されている。そこで先ず疑問は、筋肉増強剤の禁止は、筋力増強効果の大きさのためであろうか、それとも、その副作用のゆえだろうか、ということである。
 私の推察は、後者でないか、というものである。すなわち、筋肉増強剤の副作用が全くない、ということは考えにくいけれども、もしそれが無視できる程度なら、筋肉増強剤の使用は、公認されたトレーニング方法の一環となり、みんながそれを用いるので、公平さが保たれる、という次第である。私が思い出すのは、甲子園での高校野球の決勝の、早実対駒大苫小牧の対戦での、早実、斉藤投手が採用した疲労回復方法である。斉藤投手は、なんでも、酸素が過剰のカプセルに籠もって、疲労回復したそうだが、私はこれは、本当に公認された方法なのか、と怪訝になった。なぜなら、実は、高濃度酸素はとても体に悪い。体の中で活性酸素となって、DNAなどを破壊し、実は癌や老化の原因のほとんどは、活性酸素ではないか、という説もあるくらいである。こう考えると、機器や薬物を使ったスポーツでの強化方法の是非の境界は、結構曖昧、ということになる。
 そうは言っても、一旦禁止された強化方法を採用したことがばれると、スポーツ選手は、少なくとも記録剥奪、ということになる。この記録剥奪というのはキーポイントであって、すなわち、選手は剥奪されるべき記録をもっている、ということが条件である。この点、バリー・ボンズは、大リーグの通算本塁打記録保持者なのだから、彼ほど、剥奪され甲斐のある記録をもつ人は、なかなかいない。では、ボンズはシロなのか。2003年12月に、スポーツ選手に違法に薬物を提供したBALCOの事件で、ボンズは、連邦大陪審に召喚された。そのときボンズが否定したのは、筋肉増強剤の意図的な使用である。してみると、使用したこと自体は認めているのか。
 BALCOの事件のステロイド剤使用で同様に追求され、偽証したとされる、元シドニーオリンピック陸上競技金メダリスト、マリオン・ジョーンズは、結局偽証罪で、引退勧告、3ヶ月の禁固、過去の賞金の返却、というとても厳しい刑を言い渡された。素直に筋肉増強剤の使用を認めていれば、少なくとも、禁固はなかったはずであるし、過去の賞金の返却までは言われなかったかもしれない。
 ボンズにとってとてもまずいのは、マリオン・ジョーンズのケースが、ボンズのケースととても類似しており、先例となってしまった点である。ボンズは、ジョーンズの一歩先のステージまで否認している。すると、偽証罪のレベルも高まる。ボンズの場合、最悪、30年の禁固もあり得る、という。もちろん、大リーグの通算本塁打記録も取り消しである。ああ、なんと高い買い物なのだろう。そして、人間の業の深さよ。

2008年1月20日

卓球の変遷

 テレビを見ていたら、日本卓球選手権をやっていたので、つい見入ってしまった。見入るには理由があって、私は実は、中学・高校と、卓球部に所属していた。それは、年代でいうと、1960年代後半から、1970年代前半である。
 卓球部に入った理由は、別にスポーツが好きだからではない。実は、生まれてから、今に至るまで、自分でスポーツを積極的にやろうと思ったことは、一度もない。本を読むか、将棋を指すか、コンピュータで何かプログラムを書くかで完結していたい、(あと、酒を呑むというのもある)とてもオタクな人間である。 卓球部に入った理由は、単なる近所付き合いである。すなわち、中学になって卓球部に入らないと、近所で村八分にされるから、だけの理由である。
 ただ、野球でもなく、バレーボールでもなく、卓球でよかったのは、卓球が体力や運動神経がいまいちでも、それなりになんとかなるゲームだからである。このことは、卓球が易しいゲームであることを意味しない。本当は、ものすごい動体視力と俊敏性を要求される。ただ、温泉の地下にも卓球台がおいてあるように、下手は下手なりに楽しめるのが卓球である。この点、下手は下手なりに縁台で楽しめ、実はとても難しい将棋にとても似ている。
 さて、テレビを見て先ず知ったのは、ルールがかなり変わった、ということである。少なくとも、私が卓球部にいた頃は、21本先取で、5セット制であったが、今は、11本先取で、7セット制である。かなりスピードアップを図ったといえよう。また、21本先取のときは、サーブ権が5本交代であったが、今は何と、2本交代である。サーブ権をもつことの意味が大きくなったからであろう。
 次に、卓球には、ペンホルダーと、シェークハンドという、2つのラケットのスタイルがある。ペンホルダーは、ペンを握るようにラケットをもち、基本的にラケットの裏面は使わない。一方、シェークハンドは、丸い面のラケットで、握手するように握る。シェークハンドだと裏面も使えるので、融通性は高い。私が現役卓球部であった時代は、少なくとも日本では、ペンホルダーが主流で、シェークハンドは、カットマンなどの守勢だと思われていた。元世界チャンピオンの長谷川という、攻めるシェークハンドの選手はいたが、異端だと思われていた。ところが、時代は移り変わり、その異端だと思われていた長谷川の攻めるシェークハンドのスタイルが主流というか、それ以外のスタイルをほとんど見なくなった。だから、今日の日本卓球選手権の男子決勝で、日産自動車の吉田が、ペンホルダーなのをみて、寧ろとても意外だった。
 しかし、私が卓球をやっていた時代と一番違うのは、世間の人気である。私の頃は、野球やバレーボールなどが、グランドの中心で頑張っているのに、何を部屋の片隅でちまちま、やっているんだ、と、まともなスポーツとは看做されなかった。その頃は、そもそも、オリンピックの競技ではなく、元世界チャンピオンで、国際卓球連盟の会長も歴任した、荻村伊智朗氏の尽力もあって、オリンピックの正式競技として認められたのは、1988年のソウル大会からである。
 日本で決定的に人気が出たのは、「愛ちゃん」人気で、天才卓球少女、福原愛の存在は大きい。愛ちゃんが生まれたのが、1988年であるのも、何かの縁であろう。
 あと、日本卓球の世界でのレベルであるが、私が卓球をやっていた時代の少し前が日本の黄金時代で、荻村、伊藤、長谷川などの世界チャンピオンを輩出した。しかし、その後中国の台頭が著しく、1960年代後半では、既に、世界卓球は、中国の天下であった。中国が強い理由は簡単で、国技であるからである。だから、第一級の人材が卓球をやる。当時、世界チャンピオンは、中国の荘則東であったが、今や彼は、中国の政界の著名人で、私が知り合いの中国人に、荘則東を知っているか、と聞いたら、何を当然のことを聞くか、という反応であった。
 だから、第一級の人材が野球に流れる日本が、中国に勝てないのは、仕方ないことである。「愛ちゃん」人気でも、日本は、中国の厚い壁を破るまでに至っていない。中国ほどではないが、スウェーデンなどの欧州諸国も、伝統的に卓球が強い。
 更に、日本卓球選手権を見ていて戦術の変化で感じたのは、サーブの高度化である。ものすごくバリエーションと、回転の変化が増えている。それが故に、サーブ権を握った方が有利なので、サーブ権が2本交代になったのであろう。また、激しい回転を与えるドライブというテクニックは以前からあったが、今では、ナックル・ドライブと言って、無回転ドライブというのもある。今日の日本卓球選手権で結局チャンピオンになった、水谷隼が駆使していた。ちなみに、水谷隼は、青森山田高校のまだ三年生であるが、その柔らかさというか勝負の駆け引き、サーブの種類の多さ、攻めにも受けにも両面の強さを発揮する、というところを見ていると、天才と呼んでもいいと思う。冷静さと勝負強さは、囲碁の井山裕太を彷彿とさせる。中国の層の厚さに鑑みると、まだ優勝は無理だろうが、なんとか、北京オリンピックで、上位に食い込んでほしいと思う。

2008年2月16日

坂井美雪

 坂井という姓で、私が知る立派な人といえば、囲碁の坂井秀至七段であるが、昨日の金スマで見た、坂井美雪も、立派である。ホームページを見て戴くと分かるが、なんとビリヤードのプロで、米国を主戦場とする。容姿は、女優のようで、スター性十分である。
 WPBA(Women's Professional Billiard Association)に所属するが、なんとその協会に属する女子プロは、たった36人しかいないという。狭き門である。昨年度の世界ランキング19位。大会によっては、賞金が6000万円のものある、という。
 ただ、日常生活の厳しさは、流石にプロである。毎日、右手を2時間、ダンベルで鍛えるし、線香に火をつけて、じっと火が消えるまで見つめ続ける。集中力を鍛錬するためである。また、勿論実技は毎日欠かさないし、レストランなどに行って、天井にライトが並んでいると、つい、筋目を読んでしまう、という。
 こういう生活だと、結婚して、子供をもって、というようにはなかなかいかない。本人は60歳になってもやりたいというが、見るからに激務で、現役のプロとしてやれるのは、せいぜい、40歳くらいまでではないのだろうか。そこからは、コーチというか、アマチュア相手の指導でもいい訳で、そのときは、結婚するゆとりもできているだろう。気が向けば、であるが。
 前にこのブログで書いた、バレエの吉田都もそうであるが、プロというのは、それになるのも大変であるが、プロを維持するのも大変である。囲碁の坂井七段の同僚で、同様にトッププロの結城聡九段も、一日10時間の勉強を当然である、と言っていた。だから、ある程度の専門技能で仕事をしてお金をもらうから自分もプロのサラリーマンだ、などと言っていたら、比較すること自体がどうかしていると笑われてしまう。ミニプロでもダメプロでも、なんでもいいから、自分もプロであるということにして、日々研鑽する励みには、したい。

2008年3月 7日

帰化スポーツ選手

 先日、世界卓球選手権が開催されたが、世界卓球連盟は、帰化スポーツ選手に関して、次のような懸念を示した。すなわち、中国選手対、中国から他国に帰化した選手の対戦が、準決勝、決勝あたりで多くて、趣向をそぐ、このままだと、卓球というスポーツ自体の人気が悪影響を受ける、と。
 実際、日本の代表選手では、韓陽と、吉田海偉が、中国からの帰化者である。また、韓国の女性代表チームにも二人、中国からの帰化者がいる。よって、団体戦で日本対中国、韓国対中国の対戦があると、中国人同士の対戦となる。彼らが勝ち上がっていくと、どうしても、世界の有力選手には中国勢が多いので、やはり中国人同士の対戦となる。
 実は、去年の北京での国際トーナメントでは、男女シングルスのベスト16のうち、各々、13人が、中国人及び中国から帰化した人で占められたのだという。これだと、確かに、世界卓球連盟がいうのも分かる。
 こうなる事情は、中国にあける卓球の、レベルの高さと、異常な層の厚さにある。並大抵のレベルでは、中国では代表になれず、そこで、ふと見ると、日本や韓国だとなんとかなりそうだということになると、それでは、日本や韓国に移籍しようかというインセンティブが働く。もともと、彼らにとって、日本や韓国は、お金も稼げる、憧れの資本主義国なのである。ためらう理由は、ほとんど見当たらない。あとは、日本からビザが出るかどうかである。また、日本に行けたとして、国籍まで取れるかどうか。このとき、彼らの卓越した卓球のスキルが活きる。中国では、代表まであと一歩だとしても、日本に行くと、たちまち敵なしになれる。日本政府は、彼らのスキルをキープしたいので、比較的容易に、帰化を許す。こういう流れは、自然であろう。
 では、上記のような、国際大会の興味を殺ぐという理由で、帰化選手の出場を制限すべきか。私は、そうは思わない。例えば、日本を見てほしい。日本チャンピオンは、日本人で日本で育った、高校生の水谷である。決して、中国からの帰化人ではない。こういうのを見ると、中国から日本に入っている帰化選手がいるのが、とてもよい刺激になっている、といえる。福原のように、水谷は中国に留学したことはないかもしれないが、日本にいる中国選手から、とても多くを学んだに違いなく、帰化人がいなければ、到底、ここまでのレベルに到達できていないだろう。
 だから、今は、男女シングルスのベスト16のうち、各々、13人が、中国人及び中国から帰化した人で占められる、ということがもし起きても、この分布は早晩変わる。各国は、その独自のポテンシャルをもっているのである。寧ろ、帰化人の国際大会の出場を制限することの方が、よっぽどまずい。すると、相対的にスキルの劣る者の出場を許し、実力主義ではなくなる。これは、長い目でみて、国際大会の人気が落ちるよりもまずい。
 少し意味は違うが、韓国の囲碁の例をみる。韓国の囲碁界は、20年前は、日本にほとんど勝てなかった。ところが、日本で修行した曺薫鉉が、韓国に帰国してから、状況は一変した。曺薫鉉は、精力的に弟子を育成し、そのうちの一人、イ・チャンホは、世界最強を喧伝された(今は、イ・セドルなのかもしれない)。私が言いたいのは、このように、たった一人の指導者がいるだけで、ある程度の素地があれば、一大勢力圏を築くことが可能なのである。だから、卓越した帰化人よ、歓迎、である。たった一人のスーパー帰化人が、日本を一大帝国に豹変させることができる。それがスキルのバイラル・エフェクト(伝染効果)である。もともと、古来の日本人が、帰化人や留学生の影響で、今に至る偉大な文化を構築したのであった。
 それでも、帰化人が日本の卓球代表権を独占するなら仕方がないではないか。しかし、水谷や石川をはじめ、多くの若い有力選手を見ていると、そんなことはならないと思う。かつての卓球王国日本を甘くみないでほしい。

2008年5月 6日

ヒルマン監督

 以前、このブログで、日本ハム球団の復活という記事を書いたが、その日本ハム球団の復活の立役者の一人が、当時の監督の、トレイ・ヒルマンである。そのヒルマンは今、大リーグで、ロイヤルズの監督をしている。
 ロイヤルズとはどんなチームかというと、比較的遅い1969年にア・リーグに参加、1976年に初の地区優勝を果たし、1985年には初のワールドチャンピオンになった。しかし、その後1990年から長い低迷に陥り、昨年まで4年連続で、ア・リーグ中地区で最下位。
 しかし、ヒルマン監督が就任すると、開幕戦で、昨年のリーグ覇者、タイガースに3連勝した。そして、一時的に地区首位に立つも、今は、14勝16敗と、そこそこの成績である。ただ、昨年の成績に鑑みると、上出来で、ヒルマン監督の指導と采配の功は疑えないだろう。
 ヒルマン監督は、日本ハム時代、子供が生まれた外人選手が帰省しやすいようにとポケットマネーで航空機チケットを買ってあげたり、と温情を示し、ロイヤルズに来ても、選手一人一人とのコミュニケーションを大事にしている。押し付けでなく、対話によって活路を見出したい、どうしたら選手が心地よくプレーできるかいつも考えている、という。
 ヒルマン監督は、もともとそういう性格でもあるのだろうが、こういうやり方を、日本ハム時代に磨いたと思われる。というのは、ロイヤルズの監督に就任するについて、前日本ハムヘッドコーチの白井一幸氏を連れてきて、ロイヤルズ顧問としているからである。白井氏を連れてきたのは訳があって、ロイヤルズは観客動員数が少ないので資金が不足し、よって有名選手をスカウトできない。そこで、足でかき回す野球、すきあらば盗塁する野球、一点を守り抜く守備の野球を徹底した。まるで、日本の広島カープや高校野球を彷彿とさせる。そう、リソースが少ないとき、その方法しかないのである。すなわち、チームプレー、連携プレーの徹底である。結果、チームの守備の失策は、両リーグを通じて、最小となった。
 はっきり言って、大砲や超ド級のいないロイヤルズが、地区で優勝するのは難しいだろう。しかし、万年最下位から脱出して、ファンを沸かせればとりあえず成功である。このためにも、ヒルマン監督は、選手との対話、チームプレーの徹底を続けるはずであり、これが来年も続いてチームカラーとなれば、次第に上位が定着するだろう、今の楽天のように。
 何度も思うが、やはり、野球において、監督の采配や方針は業績に大きい影響を与える。会社やその他の組織でもそうであるに違いないが、いかんせん、野球ほどに個々人のパフォーマンスが明確に見えないのが、マネジャの能力を分かりにくくしている。

2008年7月 3日

酸素カプセル

新聞によると、高野連が、酸素カプセルを、反ドーピングの立場から、禁止することにした、という。これに対する私の見解は、複雑である。

酸素カプセルの思い出については、2006年夏の甲子園大会に遡る。そのとき、優勝候補は、駒大苫小牧で、史上初の三連覇がかかっていた。しかし、駒大苫小牧は、エース田中将大を擁し、三連覇は決して非現実でないと思われた。実際、駒大苫小牧は勝ち進んでいった。

ところが、彗星の如く現れたのが、早実。天才投手(と、言ってよいだろう)、斎藤佑樹を擁し、危なげなく勝ち進んだ。そうして、ほとんど必然のように、早実対駒大苫小牧の決勝となった。

果たして、決勝は、斎藤佑樹と田中将大の投げ合いで、両者一歩も譲らない。延長15回の再試合となった。すると、駒大苫小牧の方が断然有利と思われた。なぜなら、ほとんど斎藤佑樹の一枚看板の早実に対して、駒大苫小牧には、田中将大以外にも、きちんとした成果の期待できる複数の投手がいたのである。

しかし、前日、延長15回を投げきったにもかからわず、斎藤佑樹は好投し、結局、早実の優勝となった。あの歴史に残る、三沢対松山商業戦に例示されるように、一枚看板の投手で、且つ決勝で延長15回の再試合となっては、まず勝てないとしたものである。

だから、とても意外だったのだが、斎藤佑樹には秘密兵器があった。酸素カプセルである。これは、人間が袋の中に横たわり、そこに高圧酸素を送り込むというもので、疲労や怪我の回復に有効である、とされた。決勝再戦での斎藤佑樹の好投が、なによりそれを物語っている。

一方で、癌の原因は、活性酸素である、とされる。オゾンのように反応性のつよい酸素が、DNAを損傷させて、癌の原因をつくる、というものである。ただ、短期間には、高圧酸素は、筋肉中の乳酸などの分解を助け、疲労回復に効果があるのは疑いがない。また、継続的でなく、短期間の使用なら、医師も人体に対して悪影響がある、とは認めていない。

すると、高野連が、酸素カプセルを禁止する理由は何なのか。

スポーツ団体がドーピングを禁止する主要な理由は、それが人体に悪影響を及ぼす、というものである。例えば、筋肉増強のステロイド剤などである。

一方で、単に記録を促進させる、というだけの理由で、ドーピングが禁止されたことがあったろうか。酸素カプセルは、単にそのようなケースに思われる。あるいは、化学的組成による記録促進自体が問題なのであろうか。

それなら、みんな平等に使えば不公平の問題もなくなりそうだが、どっこい、酸素カプセルの場合は、その装置が、数百万円もする、ということがあった。なるほど、すると貧乏高校と金持ち高校で、酸素カプセルの可用性に差が出て、不公平になってしまう、という具合か。

医学的理由なら、高野連もはっきり理由を述べることができる。しかし、もしそのような高校のブルジョア性が理由なら、高野連もなかなか理由をいえない、ということなのだろうか。

2008年7月12日

慶応高校野球部

囲碁・将棋ウィークリーを見ていたら、将棋の解説は青野九段だったが、放送終了間際に、息子が慶応高校から、神奈川県甲子園大会予選に出場する、と話していた。ポジションは投手である、という。

そこで、慶応高校野球部のホームページを見てみると、確かに、投手で、青野紳三郎、対島中(静岡)とある。将棋のプロ棋士の子息で、有名高校野球野球部の選手である、というのは、聞いたことがない。結構珍しいのではないか。

別のどこかのブログを見ると、ウワサのイケメントリオ、能登、青野、河内とあったので、青野九段の息子は、結構ハンサムということになる。確かに、青野九段も若い頃は、それなりに好青年だった。でも、ハンサムとかイケメンとかいうのではなかったかもしれないが。

ところで、慶応高校の別の投手である、田村 圭は、力道山の孫なのだという。ただ、今年の春の選抜に、慶応高校は出場したが、二回戦で、山口県の華陵高校に、0-1で負けてしまった。話題性と勝負は別である。

ところで、力道山の孫というと、みんな、おおっ、と言うだろうが、青野君が登板して、お父さんは将棋のプロ棋士なんです、と紹介されても、寧ろなんとなく白けてしまうかもしれない。仕方がない。

2008年7月22日

高校野球の細分化

私は、そういう自分が最早好きではないのだが、結構な高校野球ファンである。もちろん、出身である広島県代表のチームを応援するし、それ以外は、中国地方、それから、大学時代に住んでいた九州のチームを応援する。なぜか、関東に長く住んでいるのに、関東のチームを応援する気になれない。

それでは、なぜ、そうやって高校野球を応援する自分が好きではないかというと、どう考えたって、どこのチームが勝とうがどうだっていいではないか、と頭で思っているからである、ところが、体のお腹あたりかもしれないが、つい、高校野球の結果を気にする自分がいる。

今日新聞を見ていて、ああっと思ったのも、頭ではなく、お腹の自分である。どういうことかというと、今までは神奈川で一代表だったのが、北神奈川と、南神奈川に、代表が分かれてしまっているからである。これがなぜまずいかというと、昔の水島慎司のドカベンという高校野球漫画に遡る。ドカベンという選手は、神奈川県の明訓という高校の所属選手なのであるが、そこで、「神奈川を制するものは全国を制する。」という名言がある。確か神奈川は、全国でも参加高の数が飛び切り多くて、またレベルの高い高校が多い。本物の高校名を挙げると、東海大相模、桐蔭学園、桐光学園、横浜、横浜商、藤沢商、日大藤沢などであって、どこが出ても、甲子園では、たちまち優勝候補に挙げられる。で、意外に一回戦で負けたりするのだけれども、ともかく、「神奈川を制するものは全国を制する。」と胸を張って言うためには、全国でも有数の参加高数でなくてはいけないのである。

ところが、北神奈川と、南神奈川に、代表が分かれてしまっては、最早それが言えないではないか、責任者出て来い、ということになる。

高野連の責任者の言い分も分かる。参議院選挙などを想定しているに違いない。すなわち、神奈川の代表が一校で、島根の代表も一校だとすると、参加高数が違いすぎる。下手すると、そのことで、不公平だと訴える暇人も出てこないとは限らない。

で、神奈川がそうなら、ということで、大阪は北大阪と南大阪に、愛知は西愛知と東愛知に、千葉は東千葉と西千葉に、埼玉は北埼玉と南埼玉に、と主だったところがみんな、2つに分けられてしまった。

高野連はこれをもって、地区の参加高数の不平等が解消された、と喜ぶのだろうか。私は寧ろ残念である。例えば、北神奈川と南神奈川に、代表が分かれてしまうことで、宿敵の東海大相模と、横浜が対決することがなくなるのである。練習試合すればいい、というかもしれないが、真剣味が違うのである、甲子園予選とは。

もっと言うと、「神奈川を制するものは全国を制する。」と内心自負しながら、神奈川県代表が甲子園に出てくる。そうして、鳥取県代表あたりと当たる。流石に、神奈川県代表が勝つだろう、とみんな思う。ほとんど野球賭博の場が立たないほどである。ところが、意外にも鳥取県代表が勝ってしまうのである。こういう意外性は、高校野球の醍醐味であるが、参加高数を平均化してしまうと、こういう意外性が減ってしまう。面白くなくなってしまうのである。

高野連は、言うであろう。高校野球は教育の一環であって、ショーではない、と。あ、今更そんな白々しいことは言わないか。ともかく、うまい演歌は微妙に音程が外れているのである。面白い高校野球は、微妙に不公平なのである。参加高数や、選手の出身地などで。それは、1/f雑音の世界である。それが分からない人は、無粋と呼ばれる。ただそれだけのことであるが。

2008年8月 1日

出場辞退

Webニュースによると、夏の甲子園大会に出場が決まっている私立桐生第一高野球部の男子生徒(16)が強制わいせつ容疑で逮捕された事件で、同校は日本高校野球連盟と協議後の31日夜、高橋昇校長が記者会見し「大会には参加させてもらえればありがたい」と出場辞退はしない意向を示したという。

出場辞退はしないという理由は、「1人の生徒の責任は非常に重いが、他の部員に責任を負わせるのは忍びがたい。選手たちは3年間、練習に励み、昼も夜もなく頑張ってきた」というが、今までの高野連の「判例」では、普通の暴力事件でも、甲子園大会出場校は、出場停止に追い込まれてきた。最近では、2年前の夏の、高知の明徳義塾の出場停止が記憶に新しい。折角夏の予選を勝ち抜き、しかも優勝候補の一角であっだけに、ナインの悔しさはひとしおであったが、しかし、決まり(判例)だから仕方ないと涙を飲んだ。

しかし、刑法などをみても、強制わいせつ容疑というのは、暴力よりも、卑劣度が高いのではないだろうか。しかも、甲子園に出るような高校で、「選手たちは3年間、練習に励み、昼も夜もなく頑張ってきた」に該当しないようなところがあるだろうか。

よって、今までの判例を重んじるなら、桐生第一は、辞退するのが相当であり、地区準優勝校に代表を譲るべきである。

私は以前、一人の部員の不祥事で、全部員が、出場停止などの責めを負うは、やりすぎではないか、という意見であった。しかし、野球部は、よく考えると、札付きのワルがその持て余す力をぶつけて発散させ、更生して真面目にやっていく、という意味で、とても教育的な場である。ミーハーと笑われてもいい、先日、Rookiesというテレビ・ドラマを見ていて、そう思った。

そういう状況に鑑みると、高校野球部に所属する部員は、多少の喧嘩くらいはともかく、少なくとも、わいせつ行為を避ける程度の自制心はもつべきであろう。そうでないなら、運動部に属さず、ナンパに励むべきである(あ、別に励まなくていい)。

もし高野連が、今回、桐生第一を免赦するとしたら、今まで辞退に追い込まれた明徳義塾などから説明を求められたらどう説明するのだろう。まさか、北京オリンピックの予定が迫っており、前倒しで甲子園大会を進めなくてはいけないので、スムースに進めるために、代表チームの入れ替えはしない、などと「本音」を言いたいけど、隠して、適当に言い繕うのか。それこそ、フェアプレーの精神に悖らないか、高野連。

朝日新聞のホームページ上ての追加情報では、「日本高校野球連盟は1日、全国理事会で審議し、同校の出場を認めることを決めた。 」だという。ううん、特に理由は示さないようである。きちんと説明できないのだと思う。

2008年8月 3日

弱さの象徴

新聞を見ていたら、スポーツの弱さということが話題になっていて、そこで、ある米国人が、Washington Nationalsみたいだ、という言い方をしていた。なんでも、米大リーグでは、Washington DCに本拠地をおくWashington Nationalsが、その弱さで有名ということで、実際、今年の現時点の成績は、ナショナル・リーグ東地区で、39勝70敗、勝率0.358で最下位である。

日本のセリーグではどうかというと、最下位の横浜は、24勝55敗、勝率0.304ということで、瞬間最大風速では、Washington Nationals以下である。では、横浜が弱さの象徴かというと、そうでもない。理由は、去年のセリーグの最下位は広島で、58勝81敗、勝率0.417、一昨年は横浜で、58勝84敗、勝率0.408。こうして最下位が入れ替わっているので、広島も横浜も、決定的な弱さの象徴になっていない。確かに、一時は広島がそうであり、もっと前、星野監督が来る前の阪神もそうであったような気がするが。

パリーグはどうか、というと、長らく、弱さの象徴は楽天であった。これは、実績からしてほとんど異論のないところであった。確かに、2006年のパリーグの最下位は楽天で、47勝85敗、勝率0.356.これは十分に、Washington Nationalsに匹敵する。ところが、2007年はオリックスが最下位で、62勝77敗、勝率0.446。今年も楽天は、最下位になりそうもない。マー君の加入と、野村監督の采配が大きいのか。

そこいくと、Washington Nationalsは、毎年コンスタントに3割台の勝率らしい。うまくいえないが、ホワイトハウスのお膝元のチームWashington Nationalsがそういう弱さの象徴になっているのは、みんなの負債を抱え込んであげる、という寧ろ思いやりの象徴のような気がする。

会社組織でも、弱さの象徴のような人材は昔からいた。なんとなく会社での評価から超然としていて、周囲の人も、そういう人の存在がある種救いであった。ところが、成果主義の下では、そういう駄目社員は、人件費の無駄でリストラされるべき、ということになる。ところが、本当に弱さの象徴のような人がリストラされてみると、人々は、すっかり会社にゆとりがなくなっていることに気づくのである。

分かりやすくというと、弱さの象徴のような人がいなくなって、ちょっと気を許すと、低い評価を付けられてしまう。すると、成果として見えることしかしなくなる。それでもっとまずいことは、成果主義といいつつ、評価し続けることはコストなので、組織は、評価の埒外のエリートを作ってしまう。すると、人間とは弱いもので、評価の埒外に置かれた人は、次第に堕落する。成果主義が導入される前は、評価の埒外の人とはすなわち、弱さの象徴であった。それはみんな、まあ許すのである。ところが、評価の埒外がエリートとなると、みんな心穏やかではなくなる。こうして、モラールが次第に壊れていく。

そう考えると、Washington Nationalsが実は愛すべき存在であることが分かるだろう。えっ、論理的な説明になっていないって? やっぱり分かってもらえないか・・・

2008年8月 7日

桐生第一

Webニュースによると、野球部員による強制わいせつ事件が起きた桐生第一では、事件は選手たちにも動揺を与え、チームはこの間、外出も控えてきた。また、学校側はこの日、応援団などを除く一般生徒の応援派遣を自粛した、という。折角の甲子園なのに、一般生徒が応援に来ないとは、いかにも寂しい。なお、今日の金沢高校との試合前に、既に、青柳正志野球部長が引責辞任している。

桐生第一は、こんな状況では、まともな気合で戦える訳がない。果たして、石川県代表の金沢との対戦は、1-6の完敗であった。偏見かもしれないが、もともとの地力は、金沢よりも桐生第一の方が上だろう。少なくとも、こういうはっきりとした点差で負けるような実力ではないはずである。

さらに悪いことに、金沢との試合終了後、桐生第一の福田治男監督は、「これだけ世間を騒がせたことの責任は取らなければならない」と語り、辞任する意向を示唆した。これでは、下手に甲子園に出てきたばかりに、桐生第一は、傷を深めたことにならないか。

こうして、高野連の桐生第一の出場許可の判断も、その是非が問われる。だいたいが、繰り返すが、栄えある甲子園出場なのに、一般生徒が応援に来ないという例を聞いたことがない。これは、学校自体が、生徒自体が、強制わいせつ事件をとても憂慮していることを意味する。こんな楽しくない甲子園なんてないよね、という生徒達の声が聞こえてきそうである。

してみると、ブログで書いたように、桐生第一の高橋昇校長が記者会見し「大会には参加させてもらえればありがたい」と出場辞退はしない意向を示したということ自体が、躓きの始まり、ということになる。ここで、校長が、「事態を憂慮して、辞退するよりありません。」と表明していれば、そこで責任を負うかたちで、高野連も、辞退に同意したかもしれない。

とはいえ、事後的に第三者なので、こういうことが言えるのだろう。本当は、正しい判断は非常に微妙で、難しいところである。

2008年8月10日

オリンピックという病い

時節柄、テレビをつけると、北京オリンピックが放映されている。それで、現地のレポーターや、日本から応援する人たちをみてふと分かったのは、この雰囲気、地球温暖化を防止するために、二酸化炭素の排出を削減しましょう、というキャンペーンと同質であることである。すなわち、思考停止で、金メダルとるように頑張れと、ひたすら応援している。

でも、考えてみてほしい、例えば、北島選手が、スピード社の水着をつけて、2位に0.01秒の差をつけて、金メダルをとったとして、それはどういう意味をもつのだろう。単に、北島選手速いですね、才能ありますね、頑張りましたね、というだけのことではないか。その結果、日本の株が上がる訳ではない。そこから、元気を、勇気をもらえたと思う人は、そう信じればいい。

しかし、もう国家レベルで考えるのは止めにしないか。日本の栄光を背負うなんて止そうよ。

国威発揚のため、ものすごいコストをかけて整備し、建設し、厳戒態勢を敷いた中国をみていると、まるで、戦時体制のようである。それこそ、特に中国にあって、金メダル獲得請負人として国家的に訓練された特殊部隊のようである。

スポーツの1つの正当化に、健全なる精神は、健全なる肉体に宿る、という言葉がある。この諺に従い、体を鍛えれば鍛えるほど、自然に、健全なる精神が涵養されてくる、とつい考えてしまいがちである。

しかし、スポーツで鍛えたとき、向上するのは、そのスポーツのドメインでの、体力と技能と忍耐力の向上であって、例えば、マラソンを完走する忍耐力は、こつこつと何日もかけて長いコンピュータ・プログラムを書く忍耐力には転用できない。

ところが、今の状況で、金メダルでもとろうものなら、英雄扱いされ、引退後も講演会だの、コーチだの、とひっばりだこになる。でも、下手したらそのことが人生の後半をおかしくしないか。

えっ、金メダルを獲るような人は、地道に努力してきた人だからみんな努力家で謙虚で、人格的にも優れているって?

そんなことないと思う。普通以上でもなく、普通以下でもない。少なくとも、その金メダルをとったスキルでできることは、後進を育成するとかいう、とてもつつましやかなことだけである。

だから、私の願いは、オリンピックが、単なる、健全なる男女のスポーツの集いになることである。一位になっても、簡単な印が配られるだけ。テレビ中継もない。折角集まったんだから、と各国の代表が、体育館みたいなところに集って、自国の文化を披露しあう。なるべく沢山知り合いを作ることを目指す。

オリンピックのようなスポーツ大会が、国家の威信なんか背負うことはないのである。では、何が国家の威信を背負うのか。それは決まっている。人道的に施策で他国民を救い、科学技術の指導し、高い倫理観で手本を示す。なにかしら哲学者や文学者を沢山輩出してもよい。そうして次にやっと、優れたアスリートが注目される。

重ねて言うが、スポーツが人類を救うことはない。それは、チェスが人類を救わないのと同じ意味である。スポーツ自身は、善でも悪でもない。将棋が善でも悪でもないのと同様である。

だから、そういう善悪的に無色なものに国家挙げて入れ込むのは、極悪非道ではないにしても、1つの病いと言ってよい。もしかしたら、一種のスケープコートかもしれない。いろいろな問題意識をそちらに逸らす。だから、オリンピックの会期中に、オセチアの問題がグルジアで起きるのは偶然ではない。この期に、世界の注意が北京に集まってる間に事を起こそうとする勢力がある、ということになる。

そうやって世界をたぶらかすためにオリンピックが利用されるなら、オリンピックは病んでいる。商業主義と結託するなら、オリンピックは病んでいる。国家主義に利用されるなら、オリンピックは病んでいる。病膏肓ではないか。

2008年8月15日

鈴木桂治

北京オリンピックはあまり見ないのだが、ニュースを見ているとどうしても、報道が目に入ってくる。注目は、2大会連続で、2種目金メダルの北島康介なんだろうけど、人生をちょっと斜めからみている私には、柔道100キロ超級でアテネ金メダリスト、鈴木桂治の敗戦が、どうしても気になった。

前評判でも、鈴木桂治はかなり手堅い金の候補だったはずである。ところが、モンゴルのナイダン・ツブシンバヤルに一本負け。その段階で、頭にはどう勝ち進むかを考えていたはずの鈴木には、天地がひっくりかえるくらいショックであったろう。

それで、なんとか気を取り直して敗者復活に回る。ここで頑張れば、銅がとれる。ところが、そこでもいきなり一本負け。鈴木はきっと、目の前が真っ暗になったであろう。今、頭の中には「引退」しかないようであるが、私は引退はしないと思う。理由は簡単。引退してもやることないからである。また、まだ28歳である。次のオリンピックが狙える。

実は私は、北島康介も鈴木桂治も、いろんな意味で大差ないと思っている。では明暗を分けたものはなにか、というと、おそらくバイオリズムである。すなわち、四柱推命などの占いの世界で言われているように、人間には、誕生日から始まるバイオリズムがある。これで、体調や運勢がかなりの程度影響を受ける。もちろん目安でしかないが、経験的にかなり当たるのは確かである。過信はいけないが。

私は、いかなる意味でも占いのスキルはないが、運気的に、北島康介は登り調子で、鈴木桂治は絶不調たったのかも、と身も蓋もない結果論のようなことをつい思ってしまう。そういう意味では、マラソン棄権になってしまった野口みずきも、そうだったのかもしれない。

ただ、運命論と外れるが、北島はこれで最高に幸せなのか、鈴木はこれで絶不幸なのか、というとそれは誰にも分からない。北島は日本に帰って、持てはやされるだろう。テレビに出る機会も増えるだろう。しかし、結構早いタイミングで、あの金メダリストの、あの平泳ぎの北島というイメージを払拭することが望ましい時期がくる。それが果たしてできるか。ある意味成功しすぎてしまった北島には、とても難しい。

そういう意味では、鈴木桂治程度のこの程度の不幸は、少しスパイスも効いていて結構食べやすかったりする。だから、鈴木桂治には、これをきっかけに人生をいろいろ考えてほしい。最近山本モナの不倫騒動をブログで激怒したらしいが、そんなのどうだっていいので、無視すべきである。もしかして、そういうつまらない怒りが運気を下げて、今回の敗戦にもつながったかもしれない。ああ、結果論だから、なんとでも言えるか。

2008年8月17日

カットマン

自発的ではないにしても、中学・高校と、クラブ活動で卓球をやったことは、ブログに書いた。

それで、オリンピックで一番真剣に見るのは、卓球だったりする。昨日の準決勝の男子卓球団体、日本対ドイツは、日本が敗れはしたが、手に汗握る熱戦であった。

そこで今日も、今見ているのは、日本対韓国の女子卓球団体、三位決定戦である。その第一戦は、日本の平野、韓国はアテネオリンピック銅メダリストのカットマンのキム・キュンアである。

そこで意外に思ったのは、今でも、カットマンがしっかり世界卓球の最高レベルで存在していることである。いまや卓球は、シェイクハンドの攻撃型が主流で、カットマンはしっかり時代遅れになっている、と思っていた。なぜなら、この世知辛い世の中で、ひたすら壁のようにボールを返して相手のミスを待つ、カットマンは、時代の流れに合わないのかと思っていたからである。

ところが、日本のエース平野と、韓国キム・キュンアの対戦をみていると、よくまあ、どんな球をもキム・キュンアが返すこと。昔はもっとカットマンが普通にいたので、私には見慣れた光景なのだが、それにしても、微妙に回転をつけて一見平凡な球を返し続けるのを見ていると、その長いラリーをみていて、私もイライラしてくる。

卓球で決して主流ではないがカットマンが廃れない理由が分かった。オリンピックの解説の人が言うには、卓球ほと球に回転が籠められる球技はないそうである。すなわち、平凡にひたすら返している球にも、カットマンは、変化をつけた回転という意味で、思いを込めている。そういうのを返されると、攻撃側は、球の扱いに神経をすり減らすので、疲れてミスをする、という次第である。

で、思うのだが、ひたすら守勢でディフェンスに徹するカットマンみたいなスタイルが有効であるような球技が。他にあるだろうか。ひたすら自陣に選手を集めているサッカーというのはありえないし、壁のように球を返し続けて疲れさせるテニスというのは、とても考えにくい。

重ねて言うと、卓球では、要するに、ボールの回転に深い思いを籠められる、ということである。そのことが、カットマンを成立させしめている。

では、球技ではなくて、もっと競技一般で、カットマンのようなスタイルが成立するものがあるだろうか。うん、ある、将棋である。かの大山康晴の受ける振飛車である。受けて相手のミスを待つ、というのは、まさにカットマンの技である。升田のいう、攻めではなくて、責めというものである。

囲碁でも、島村九段に、忍の棋道というのがあった。地味にぴたっと相手についていって、最後は寄せで半目勝ちするような囲碁の棋風もありそうである。

ただ、カットマンや大山康晴のような「受け師」で優れるというのは特殊な性格というか資質を要するようで、卓球でカットマンを目指す人は、やはり多くない。将棋でも囲碁でも、攻めに優った力戦派は多いが、受けでフィーチャーされた棋風の棋士は、将棋の一流プロは、木村八段くらいである。だから、どの世界でも、カットマン的な人は例外なのである、と言おうとしたら、韓国女子卓球チームのダブルスは、二人ともカットマンなのであった。これには恐れ入った次第。

2008年8月21日

金メダル獲得競争

オリンピックを見ていると、中国がダントツなのは、地元の利もあって仕方ないとして、中国、ロシアの金が伸びていないのは、ちょっと意外だった。

ところが、ロシアに関しては、その低迷の理由について、選手と共に北京入りしたロシア国会議員が「グルジアとの交戦が、選手の集中力に大きく影響してしまった」と語った、という。また、「選手たちは祖国の人々に、自分たちが活躍する姿を見て欲しいと思っている。でも戦争によって祖国では五輪どころではなくなってしまった。選手は今、祖国の情勢にとても敏感になっている」とも言う。そういうもんだろうか。あの軍事行動は、結果的にロシアに有利に結末した訳であるから、愛国心を鼓吹されこそすれ、それで集中力を殺がれることはないのではないだろうか。

ただ、旧ソ連がロシアになってからは、ロシアの金メダルが漸減しているのは確かである。1つの理由は、近隣国の独立であって、例えば、ウクライナなどももともとはロシアの一部だった訳であるから、そういう国の金をロシアの金と数えると、とりあえずアメリカ並にはなろう。

一方、金メダルに対する微妙なニュアンスの変化も感じる。それは、次のようなことである。
1.スポーツ医学、トレーニング方法の高度化
2.国家の関与の低下
3.商業化の昂進

スポーツ医学、トレーニング方法の高度化とは、何人ものコーチがつききっきりで、体調管理、栄養管理、フォームの改造、など最近の成果を注ぎ込んでトレーニングすることである。水泳の北島など、その典型であろう。そういうトレーニングが採用され始めると、どんなに才能があっても、そういうトレーニングを受ける恩恵に浴さない者は、オリンピックで抜きん出ることはできない。ではその資金は誰が負担するのか、というと、企業だったり国家だったりする。

そこで、国家の関与の低下である。中国は、地元でのオリンピックということもあって、選手の育成にも半端でない資金と努力を投入した。それが。今回のダントツの金という結果だろう。しかし、金メダルの栄誉は、次第に個人に属し、国家に対する帰属は次第に希薄になっていくと考えられる。その理由が、商業化の昂進である。すなわち、商業化が昂進すると、中国の出身であっても、アメリカや日本などのマスコミに取り入りられやすくなる。そこでコマーシャルに採用されると、今まで見たこともないような巨額の富が得られる。その時点で、アメリカや日本などに移住して市民権を得るのもありである。

そういう商業化の昂進によって、国家は、次第に、才能の練磨を個人に委ねるようになる。中国の選手であっても、アメリカのスポンサーのサポートで、アメリカの施設でトレーニングする、などである。

ともあれ、うまくいえないが、今回の北京オリンピックが、国家規模の支援という意味で1つの結節点になるだろう。次回のロンドンから次第に、オリンピックは、個人ベースに変質していくのではないかと期待する。しかし、子供の頃からスポーツ一色でやっとオリンピックでメダルを取るというのは、なんとかならないか。スポーツは駄目になる年齢が低く、且つ、潰しが利かない。下手したら能力的廃人をつくりだすことにもなりかねない。子供のころからひたすら塾通いで一流大学をめざすこと以上の危うさを感じる。

2008年8月24日

野球と囲碁

北京オリンピックの野球で金を取ると豪語していた星野監督であるが、結局、メダルなしで終わった。悔しがる人々がいろいろな意見を言っているので、それを纏めて、可能なら私もコメントしてみる。

まず、一番の敗因は、星野采配のまずさであろう。そもそも、不調の岩瀬を韓国戦の終盤の急所に使い、やっぱり打たれた。采配が、人間関係の情に偏っている、という批判は甘受せざるを得ないだろう。情という意味では、首脳陣が田淵、山本浩二、大野など、星野の仲良しクラブになってしまっている。これでは、いい意味での、首脳陣内の緊張を欠く。なれあい采配になってしまう。

次に人選。そもそも打撃陣が小粒になってしまっている。松中や金本など、いくらでも大砲はいるのに、メンバーに入っていない。日本は、松井、松坂、イチローなど、主要メンバーをメジャーリーグに取られてしまっており、メジャーリーグ自体がオリンピックに協力的でないので、そういう人は基本的にオリンピックに出られない。それなら、日本は必死になってベストメンバーを組まなくてはならないのに、ペナントレースの各チームの顔色窺うような妥協した人選になってしまっている。

あと、星野の短期決戦向きでない采配スタイルである。星野は今まで、監督して一度も日本シリーズを制覇できていなという。意外にじっくり信頼養成タイプなのかもしれない。

それと結局は、日本は、勝利に徹するスタイルでないということがある。例えば、周知のように、日本の囲碁のプロは、韓国や中国の囲碁のプロに、世界大会でいつも惨敗している。専門家はこう分析する。韓国や中国の囲碁は、実に実戦的で勝負に辛い。スピード感にあふれる、定石の研究も、これでいい分かれというところで止めないで、どちらかが潰れるまでの変化が研究される。また、形的に筋悪でありえないと思われていた形も、韓国や中国では、平気で研究され追及される。これは私の意見であるが、藤沢秀行や武宮の勝負の美学が日本の囲碁の棋士の根底にあるのだろうか。それは囲碁の芸術性を高めることには貢献するけれども、ぎりぎりの勝負になると、ときとして甘さにつながる。美学に従う感覚に委ねることで、読みの突っ込みが浅くなってしまうのではないかと思われる。

こう考えると、星野の采配スタイルは、日本的な、あまりに日本的な、である。彼独特の野球美学が結局、国際舞台の短期決戦の場で、足をひっぱったのである。韓国は一方で、囲碁と同様に勝負に辛く、勝つことに徹した。こう考えると、私的には納得がいく。

野球と囲碁というタイトルに従えば、ここで稿を打ち切るところであろう。しかし、蛇足を書く。それは、藤沢秀行や武宮の勝負の美学のところである。なるほど、そういう美学は、確かに勝負を甘くする。しかし、数学などの自然科学では、有効に働くことがある。数学者の藤原正彦の「国家の品格」は、あまりにも論旨が粗雑だとして批判を浴びているが、彼が数学について語るところは、かなり信頼に足りる。それは数学は結局は美的な感性に依存する、という岡潔流の趣旨である。実際世界の一流の数学者も言うように、数学や理論物理で、細かい計算も行われるけれども、結局はそこで重要になってくるのは、曖昧な概念の間に類似性を見つけたりすることである。すなわち、数学の世界では、近似計算などの分野を除き、実戦的好手というものはあまりないのではないか。結局、韓国では論理の世界での美的な感覚というものがあまり重んじられず、それが結局、韓国の囲碁や野球が世界に冠たるレベルであるのに、韓国の自然科学が、世界の一線級のレベルに今一歩届いていない理由ではないか、と推察する。

ということで、長所は欠点につながり、欠点は長所につながるので、あまり近視眼的な成果でものを見ない方がいいのではないか、という言い古された意見を述べてみただけである。

2008年9月15日

理事長の資質

最近、相撲協会の北の湖親方が、ほとんど更迭のように退任し、武庫川親方が新しい理事長に就任したが、その対比に関するテレビ番組をみていて、結構興味深かった。

そのテレビの番組によると、相撲協会の理事長の資質は、次の3つなのだという:
1.実力
2.指導力
3.伝達力

実力とはまさに、この場合、現役時代の実績であり、その点で、北の湖に優る者は多くない。横綱昇進時の最年少記録、優勝回数24回など、揺るぎない実績を誇る。

一方で、元横綱三重ノ海である、武庫川親方にはあまり誇るべき実績はない。優勝は三回しかなく、また、通算勝率は5割9分と、歴代の横綱の最下位である。

ところが、指導力となると、北の湖には、見るべき弟子は全くいない。一方の武庫川親方となると、元横綱武蔵丸を筆頭に、大関経験者もいる。よって、指導力では、武庫川親方の方が圧倒的に優る。元横綱三重ノ海関はというと、大変な苦労をして、なんとか横綱に上り詰めた。そもそもが、身長が足りないからと、何度も新弟子試験に落ちたりした。また、才能の不足をどう補うか、いつも考えていたのかもしれない。一方の北の湖はというと、天才であり、凡人がどう努力するのかそのノウハウさえ分からなかったのかもしれない。

伝達力というのは、情報発信力と見立てると、武庫川親方は、立派なホームページを管理し、ざっと見るかぎり、よく出来たホームページである。ブログも、マンガも、ゲームもある。下手な企業のホームページ顔負けである。

一方の北の湖は、ホームページは閉鎖中である。メンテナンスにもともと力を入れていたとは思えない。

武庫川親方はまた、ちゃんこの店も経営する。自分でもレジでお客さんの相手をする。定年後の対策だそうである。

こうして、どの面からみても、現時点では、武庫川親方の方が北の湖よりも、理事長に相応しそうである。北の湖が、理事長に推されたのは、2002年。その圧倒的実績ゆえにだろうか。

こういう経緯を見ていると、ある協会のトップに立つ人は、圧倒的な実力を誇った人でない苦労人がいいのだろうか。多くの人が何度となく感じる疑問である。

しかし、世の中というものは、どうしても現役時代の実績に引きずられ、世間常識や、運営能力があまり配慮されず、トップが決定されてしまう。将棋の大山などその典型かもしれない。

いずれにせよ、武庫川親方の前途は多難である。そんなことはないと思うが、福田首相のように途中で放棄することがないことを願う。

2008年10月 5日

もっとも強力なスポーツ・ブランド

私の手許に、IP REVIEWという英語の雑誌がある。知的財産関係の雑誌である。この中に、もっとも強力なスポーツ・ブランドという記事があった。それは、なんでも、この雑誌主催のコンファレンスがあって、各国から人を招いたとき、アンケートしたものらしい。よって、ちょっと狭いコミュニティでの指標かもしれないが、参考にはなるだろう。

そこでまず、No.1は、Nikeである。なんと、67%の得票だった。圧倒的である、私の知り合いで、以前、これを「ニケ」と読んだ人がいたが、それではまるで猫の種類である(それもいうなら、ミケ)。流石にもう、そういう人はいないたろう。Nikeのコマーシャルは頻繁に流れている訳ではない。また、オリンピックなどのスポーツ大会で、大々的にNikeの文字を見ることはない。しかし、テレビを見ていると、知らない間に深層心理に刷り込まれている、という感じである。ナイキの特徴は、シンプルさ。とても覚えやすい、感じやすいのである。

No.2は、Adidasで14%。Adidasもまた世界的に知れ渡った信頼のブランドと言えるが、Nikeとの圧倒的な差は何か。単にNikeがシンプルで浸透しやすいだけか。

No.3は、Man Uで、3%。ううん、スポーツ音痴の私はこれは知らない。何なんだろう。で、Webで検索してみると、これは、単に、イギリスのサッカーチームではないのか。例えば、UCLAというロゴが入ったシャツが売られているように、Man Uというブランドが入ったスポーツ用品があるだけなのか、それさえも分からない。

No.4は、Olympicで2%。えっ、大胆にもオリッピックを商標として、拝借している会社があるのか。

No.5は、Pumaでやはり、2%。これは流石に知っている。なんか、意外なださい中年のおじさん(私ではない)が、電車で、Pumaのバッグをもっていたりする。

当然に、日本のスポーツ・メーカーは、少なくとも上位に入っていない。寧ろ、国際的なスポーツ大会でみかけるのは、ゼッケンに書かれている日本の電機メーカーだったりする。

しかし、Nikeのイメージ作りの手法には感心する。コカコーラのスポーツ版ではないか。

ところで、辞書をよく見ると、Nikeには確かに、ニケという読み方があり、ギリシャ神話の勝利の女神なのだという。すると、Nike(ナイキ)は、そこからとったのか。ううんでも、まさか、知り合いは、それを知っていた訳ではなかろうけど。

2008年11月29日

酸素カプセル許可?

以前このブログで、ドーピングに当たるとして、高野連が、酸素カプセルを禁止した、と報告したが、なんと、世界反ドーピング機構(WADA)が、高気圧カプセルは、ドーピングに当たらない、との公式見解を示したという。

日本反ドーピング機構(JADA)が今年6月に、高気圧カプセルは使用を控えるべきである、という見解を示し、高野連は単にこれに従ったのだろう。すなわち、日本オリンピックきょうかい高野連などの我が国のスポーツ団体は、当然にJADAの決定を尊重する。

それでは、JADAは判断を変更するのか。これに関して、JADAは、「WADAに従い判断を変更することもあり得る。」と今はコメントするのみである。WADAの下位組織ではなく、一応、独立の組織と言いたいのだろう。しかし、WADAに靡くのは時間の問題だろう。

ところで、高気圧カプセルとは単に高濃度の酸素を送り込むものかと思っていたら、酸素濃度と気圧を高めたタイプをHBO、空気圧を単に1.1~1.3倍高めただけのタイプをHBAといい、前者は医療用途で、後者は健康目的であるという。新聞のニュースの文面からは、WADAはHBOはドーピングとみなすが、HBAは許可する方針である、と読める。ただ、HBAも心臓疾患の患者には副作用を生じることがある、という。

私の記憶が正しければ、夏の甲子園で、早実の斎藤投手が使ったのは、確か、酸素濃度を高めるタイプだったから、HBOだったはずである。HBAは逆に、WADAから、「競技力を増強するという証明はない。」と、ある意味ありがたくないお墨付きをもらった。ただ、HBAでも、疲労回復の効果はあるようだから、甲子園の連投などにはやはり、チームは使いたいところだろう。

私の本音を言えば、高校野球なんだから、そういう装置に頼るのはどうか、と思う。走りこんで、栄養管理して、体力をつければいいではないか。デリバティブだの、iPS細胞だのよく分からないものが跳梁する世の中なので、高校生のときくらい、なるべく自然にやってほしいと思う。そういうのは最早古いのだろうか。

About スポーツ

ブログ「Commutative Weblog」のカテゴリ「スポーツ」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはスピリチュアルです。

次のカテゴリはプログラミングです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。