メイン

将棋 アーカイブ

2007年3月11日

NHK杯戦

 今、森内対窪田のNHK杯戦をやっている。
 窪田は、独特の感性の四間飛車。森内は、軽い捌きの急戦。
 森内が不思議なのは、年間6割に満たない勝率なのに、羽生には強いこと。最近、羽生が急所で負けている唯一の相手ではないか。世間に羽生が第一人者と言われるとき、私はふと、本当にそうか、ときにより佐藤であったり、森内であったりしないか、あと渡辺とかもいるし、と思う。
 最近の注目は、王将戦第7局。これで、羽生が佐藤に負けると、羽生の地位が危うくなる。

2007年3月14日

大田 学

 もう少し前のことになるが、伝説の、あるいは最後の将棋真剣師、太田 学氏が、92歳で亡くなられた。大阪の通天閣を根城に、飄々と将棋を指されて、満足してあの世に旅ただれたようだ。
 経歴を見てみると、鳥取県出身で、父親は、倉吉信用組合の組合長という地元の名家。海軍経験もあるが、将棋を始めたのは、30歳、とアマ強豪にしては遅かった。ただ、羽生のような超一流でなければ、年齢よりやはり才能がものを言うのだろう、他の真剣師との研鑽で腕を上げた。
 加賀敬治アマ名人と「くすぶり」行脚し、結婚もせず、裏街道を歩き続けたが、昭和52年に第1回のアサヒアマ名人になって、突然注目を浴びた。裏街道の主としては、不本意だったかもしれない。
 将棋は、真剣師にありがちの、ガチガチの穴熊で鬼粘りする将棋ではなく、四間飛車には棒銀のような本格的な軽い捌きを特徴とし、ある意味、私レベルのアマチュアに一番真似できない指し方だった。90歳を過ぎても、通天閣と難波の天狗道場で、毎日指していたという。
 筆者にとって、一番憧れ、また一番できない生き方であると思った次第である。

2007年3月17日

将棋B級1組順位戦

 将棋B級1組順位戦で、結局、木村 一基七段と、行方 尚史七段がA級に昇級が決まった。考えられ得る、いくつかの妥当な結果の1つであるといえるだろう。どちらも、受けがしっかりした、いわゆる玄人受けする将棋である。ただ、筆者の勝手な予想では、A級では、木村と行方では、行方の方が活躍しそうな気がする。木村は、野球で言うと、球筋を見極められやすい。下手をすると、一期で降級もあるだろう。一方の行方は、手許で複雑に変化する変化球をもっている感じで、一流どころも、彼を負かすのに苦労するだろう。ただ、行方といえども、残留するのが精一杯だろう。結局、彼らは、今度B1に上がってくる、渡辺 明に抜かれてしまう運命にある。渡辺 明は、既に竜王なのだから、そんな当たり前のことを言っても仕方ないのだが。

渡辺 明vs.ボナンザ

3月21日に、渡辺 明vs.ボナンザの対戦がある。私の素朴な感想は、下記のとおりである。


  • 先ず、思うのは、なぜ、今のタイミングに、である。コンピュータ将棋は、進境著しいとはいえ、まだプロ第一人者(竜王なので、便宜上、こう呼ぶ)と対戦するのは、時期尚早なのではないか。
  • ところが、渡辺明のブログを見ると、「戸辺(プロ四段、筆者注)と将棋ソフトのボナンザとやらが対戦して戸辺が3局目で負けたらしいんです。本人は『油断して一発食ったんですよーー』と言い訳していましたが、負けは負け。そんなバカなと思ったのですが見ているとこれが意外に強いので驚き。既にプロ棋士が数名平手で餌食になったとか奨励会有段者もコロコロ負けているらしいんです」(長い引用で失礼)とある。ううん、これだと、最早、アマ名人よりも強いかも。
  • 渡辺明のブログの別の記事:事前対局してみて、「いくつか癖は発見しましたがそれを誘発する為にはこちらが本筋から外れた手を指さなくてはいけないのが悩ましいところです。」とある。本来は、本筋の手で勝つべきなのだろうけど、やはり勝つためしそういう発想も仕方ないよね。
  • 解説は、森内俊之名人、鈴木大介八段、木村一基七段、とある。なんと大袈裟な。あ、そうか、将棋連盟としては、人気凋落の対策なんだ。本来は、コンピュータとの対戦なんてセットしたくないし、間違えて渡辺 明が負けると、いろいろと面子が失われるけど、そうも言っていられないのかもしれない。そもそも、米長会長としては、まだ、渡辺 明が負けることはない、という読みがあるに違いない。
  • 私的には、チェスの世界チャンピオン対ディープブルーのように、満を持して対戦してほしかった。尤も、そういう日も、あと10年以内に来るに違いない。
  • コンピュータサイエンスに興味をもつ、下手の横好きとしては、一般のコンピュータ将棋ソフトが、brute forceという力任せの方法で処理しているようなのが、半分不満で、半分興味深い。将棋の名人を負かす将棋ソフトは、例えば、P2Pで接続された複数台のコンピュータによって実行されるのであろうか。

2007年3月21日

羽生永世王将

 羽生が、昨日、佐藤に、王将戦第7局で勝って、通算10期で、永世王将の資格を得た。該当者は、他には、大山康晴しかいない。ある意味、永世名人より稀少価値がある。
 ちなみに、羽生は、永世棋聖(通算5期で該当)、永世王位(連続5期か通算10期で該当)、名誉王座(連続5期か通算10期で該当)、永世棋王(連続5期で該当)も、もっている。
 該当しないのは、永世名人(通算5期で該当)、永世竜王(連続5期か通算7期で該当)。永世名人については、「あとから来たのに追い越され」の歌の文句ではないが、森内に追い越されそうである。
 どうして羽生ほどの実力者が、なかなか永世名人になれないのは、合理的な説明を見出すことができない。数字的により難しいと思われる永世王将は得たからである。
 また、永世竜王の該当者はまだいないそうだが、これにはある程度納得する理由が見出せる。すなわち、竜王戦は、そのときの一番勢いのある挑戦者を選出しやすいので、タイトル保持者にとって、挑戦を退けるのが、一番難しいのであろう。

タイトル保持者の3すくみ

 今の将棋界で、4強を選ぶと、羽生、佐藤、森内、渡辺であることに異論は出ないと思う。
 そこで、必然性なく渡辺を外して、羽生、佐藤、森内について、独断と偏見で、次のような比較をしてみた。
 羽生 < 森内 < 佐藤 < 羽生 すなわち、3すくみである。
 これについて説明する。
 先ず、羽生 < 森内についてであるが、森内は、相手の攻めをぎりぎりで受け止めることに長けている。羽生の攻めは手厚いが、速度重視でないので、森内に見切られて受け止られやすいのではないか。
 次に、森内 < 佐藤。佐藤の攻めは、しばしば、森内のぎりぎりの受けの範囲を上回る。厳密には切れているかもしれなくても、時間がない場合など、森内が受けきれないことがある。
 次に、佐藤 < 羽生。羽生は、よく分からない局面にして、佐藤の攻めの鋭鋒があまり功を奏さない局面にもっていく。
 こうして、王将は羽生の防衛に終わるだろうと言おうとしていたら、もう王将戦は、終わってしまっているので、意味がない。それで、進行中の森内対佐藤の棋王戦は、次で佐藤が勝って、棋王位を奪取するだろう、と予測しておく。ブログはいつでも遡って書きなおせるので、時間的な証拠にはなりえないのだけれども。

2007年3月22日

ボナンザ対渡辺竜王

 注目されたが、やはり、ボナンザ対渡辺竜王は、渡辺竜王が勝った。記譜を詳細にはまだ検討していないが、はっきりとした一手勝ちであった。大差と言ってよいであろう。
 根拠のない予測だが、この分だと、羽生や渡辺に、コンピュータが勝つのは、あと少なくとも5年、いや10年くらいかかるのではないかと思う。
 ただ、以前羽生が言った言葉が気にかかる。それは、将棋の終盤は、100だったか、800だったか、パターン化できる、というものである。もしそれが本当なら、それらのパターンを全て組み込むことにより、終盤でミスをすることが極めて少ないコンピュータ将棋が完成することになる。これは人間にとって脅威で、中盤までにある程度優位を築いていなくてはならない。しかし、渡辺がボナンザに対して一旦不利になったことからも分かるように、序盤から常に有利に保つのは至難の業である。
 あと、コンピュータを強くするには、庄司 和晴七段が協力するのが一番よいと思う。彼は今、C級2組にいて、降級点をとり、フリークラス陥落も時間の問題のようであるが、彼の定跡整理能力は卓越していると思う。いや、それがゆえに、実戦でいまいち勝てないのだと思う。ロシアの天才物理学者ランダウの例を御存知だろうか。彼は、広範な業績をもつ稀代の物理学者であったが、業績を論文にまとめるのが極端に苦手で、リフシッツという弟子の助けが必要であった。
 羽生などだと、自分の潜在知を、うまくコンピュータにのせるように顕在化できないと思う。以前の例でも、チェスチャンピオンを破ったディープブルーの指南役のチェスプレーヤーは、一線級ではなかった。庄司 和晴レベルではなかったかと、推察している。

2007年3月25日

詰将棋をホームページに入れた

 ほぼ30年前から、ぽつりぽつりと間欠的に詰将棋を作成して、ノートに書き溜めている。不完全なものも含めれば、100題くらいあるかもしれないので、この際、まともなものを選んで、ホームページに入れることにした。URLは、こちらである。
 やり方は、次のとおりである。先ず自分の詰将棋ノートを眺めて、比較的出来がよいものを、東大将棋に打ち込んで、解かせる。すると、余詰めが出たりする。そういうのは避けて別のを入れる。そうして、題意どおりだと、東大将棋の画面をスクリーン・キャプチャして、gifで保存する。また、回答は、棋譜形式で保存して、それは、Perlで加工し、回答HTMLファイルとする。
 こうして現時点で、6題入れた。多少基準を甘くすれば、50題くらいは選べるのではないかと思っている。本当は、また新作を創ればいのだけれども、往年(そんな時期、あったっけ?)ですら、簡単な筋のものでも苦吟していた。今の年老いた頭に期待しない方がよいだろう。尤も、かの七条謙三氏は、50歳から、素晴らしい長編を次々に創っていった。彼が、秋葉原ラジオ会館の社長という閑職にあって、手遊びに創作したとはいえ、やはり、才能は年齢を超えたものがある。私のような凡才は、ただ嘆息して、見守るだけである。ちなみに、その凡才というのは、掛け値なしであって、自信の作品を、将棋世界や近代将棋に何度も投稿したが、一度たりとも採用されることはなかった。
 ここらあたりでこの稿を終えようと思ったが、詰将棋というのは、私にとって永遠に届かない初恋の相手のようなものであって、もう少し書かせて戴く。
 まず、いまや京大大学院の教授となった、若島 正氏である。彼とは、ほとんど会ったこともないが、いつくかの作品から、詰将棋に対する珠玉に対するような切々とした思いが伝わってくる。私にとって憧れの人である。
 あとは、内藤国雄である。かれは、初形の詰将棋という偉業を成し遂げた。また、その作品は、数万を超えるという。一日一題ではおつっかないくらい創作していることになる。その創作力には、頭が下がる。また、他の人にはどうってことないが、私にはとても印象的な、彼の言葉がある。それは、伊藤 宗看, 看寿作の無双、図巧に対する態度である。米長は、プロたるもの、無双、図巧を、頭の中で解くべし、という。それで何人かの棋士は、それを試み、プロの力をつけたという。ただ、内藤国雄は、無双、図巧を解いていないという。ただ、陶然としてそれを眺めるのだという。ああ、まさにプラトンのイデアの境地。美の世界。生憎、私には、無双、図巧を解く解図力もなければ、陶然たる美を感じる感性もない。ただ、憧れることに、憧れる、という次第である。

2007年3月28日

ボナンザのハードウェア

 週刊将棋を見て知ったのだが、先週の3月21日に、渡辺竜王と戦ったボナンザのハードウェアは、PCではなかった。私は、てっきり、PCがハードウェアで、普段、われわれがダウンロードして対戦しているものを、すこしだけチューンアップしたものかと思っていた。記事によると、「現時点で世界最高水準の計算能力をもつ水冷式」「1秒間に400万手読むことができる」「価格は80万円」とあるが、、「現時点で世界最高水準の計算能力をもつ水冷式」が、たった80万円で買えるのだろうか。
 きっと、マルチプロセッサで、OSは、Linuxなのだろう。もともとのボナンザがC++などで書かれていたら、あまりソースをいじらないで、コンパイルし直すだけで、動くような気がする。
 渡辺竜王は、対戦後、普段練習で対戦したものより、大駒1枚くらい強い、とコメントする。だいたい、人間は、勝つと余裕で、相手を褒める傾向があるので、割り引いて考えなくてはならないが、PCダウンロード版でも、ほとんどのアマチュアが苦戦し、プロも手を焼くという。この専用版が、相当に手強いということは想像に難くない。もしかして、奨励会三段レベルか。
 ともかく、コンピュータが人間のトップに勝つのは、早くても5年、おそらく10年という、私の前のコメントは、考え直す必要があるようだ。

2007年3月29日

棋王戦

 私の予想どおり?  棋王戦第5局は、佐藤が勝って、棋王のタイトルを奪取した。戦形は、森内の変則振飛車で、佐藤の圧勝であった。第4局は、逆に佐藤が変則振飛車で、森内の圧勝だったので、どうもその辺の心理はよく分からない。ともかく、森内は、この敗戦をバネに調整し、名人戦は、4-2あたりで防衛するだろう、と予想しておく。郷田から、「奪取感」が感じられないのである。

2007年4月 6日

朝日オープン

 羽生対阿久津の朝日オープンの第1局が、昨日あり、順当に羽生が勝った。昔、加藤が中原から名人位を獲った戦形を彷彿させる矢倉の出だしで、私のようなアマ的には、先に金銀を剥がされた先手の羽生の方が苦しそうだったが、流石に、25桂跳ねから、後手の阿久津王を一気に仕留めた。
 事前の週刊将棋のコメントで、渡辺竜王や佐藤二冠が、それほど差がない、とコメントしているのに、阿久津の盟友の橋本崇載が、「普通に考えて厳しい勝負に」とコメントしているのが面白かった。橋本崇載は、将棋はそれなりに強いし、突然金髪にしたり、なかなかユニークな逸材である。
 私も橋本のコメントに賛成で、阿久津は確かに強いし筋もいい。しかし、羽生にとって意外性がない。なかなか羽生が負けにくいと思う。渡辺や森内だと、意外な捻りや受け粘りの手があって、羽生も容易ではない。橋本も予測するように、3-0で羽生であろう。
 ところで、来期から、名人戦は、朝日・毎日の共同開催で、朝日オープンも新装開店だそうだ。一体どんな棋戦になるのか知らないが、少なくともわくわくさせるものはないように思われる。

2007年4月 7日

女流棋士独立問題

 なぜか適時に触れなかったが、少し前、将棋の女流棋士が新しい法人を作って独立する、という「事件」があった。一時は、全ての女流がそちらに移るのかと思ったら、結局、下記のようなメンバーだそうである。これ以外に若干のメンバーがいるのだろう。

女流棋士新法人設立準備委員会
委員長 中井 広恵
     蛸島 彰子
    藤森奈津子
    石橋 幸緒

 矢内理絵子女流名人も、そちらに加わろうかと思っていたらしいが、切り崩されたのか、委員を辞任することになったらしい。

 では、女流棋士新法人を設立する理由は、何なのだろうか。
 もともとは、母体の将棋連盟が、女流棋士を抱えることを負担とし、独立を促した、という経緯だったと思う。一方、女流棋士側も、将棋連盟からの俸給が低すぎる、地位が低すぎる、という不満があり、これを渡りに船と思った女流棋士もいたのだろう。
 しかし、独立する、ということは、新聞社などとの契約を独自に行う、ということである。将棋連盟自体が、人気の凋落に苦しんでいるのに、女流棋士の新団体が引く手あまた、ということはとても考えにくい。例えば、私のよう平均的なアマチュア将棋ファンは、女流棋士の将棋を、あまり鑑賞に値するものと考えていない。私のような考えの人は、少なくないのではないか。誤解のなきように言うと、私は最早、女流棋士の数人のトップに勝てない。しかし、見るところ、私の指す手を、質的に大いに凌駕している訳でない。よって、手間をかけて鑑賞に値するとは思えないのである。
 ただ、将棋連盟としても、女流棋士を手放すと、文字通り華を失うことを懼れたのであろう。日本棋院では、棋力は一段落ちても、女流棋士は、普及に貢献している。囲碁の女流棋士は、梅沢由香里、今NHKの司会をしている中島美絵子など、容姿的に、魅力ある人が少なくない。将棋では、対抗できそうなのは坂東香菜子くらいで、棋力的にも匹敵せずスター性に乏しい。
 このような現実を仕方なく考慮して、多くの女流棋士は、将棋連盟に留まり、しかし、一部の女流棋士は、乗りかかった船で、成算もなく?出ていこうとしているのだろう。でも、そういう独立女流棋士の団体ができたとして、新団体のメンバーの既存の女流棋戦への参加は、どうなるのだろう。将棋連盟から村八分にならないのだろうか。
 実は、女流ではないが、昔、坂口充彦などが将棋連盟から独立したことがあった。しかし、結局うまくいかず、ひっそりと将棋連盟に戻った。この例からいくと、独立を唱える新団体の女流棋士も結局、将棋連盟に戻るだろう。目覚しい脚光を浴びていることもないので、やっかまれることもなく、何事もなかったかのように処遇され、それとは別問題であるが、時代が経ても将棋連盟は存続するであろう、少しずつ没落しながら。

2007年4月 8日

職団戦

 1年ぶりに、将棋の職団戦に出場した。去年の9月は、事情があって欠席したからである。
 普段全然指していないので駄目かと思ったら、一回戦のNTTデータ戦で、早稲田OBで、元学生名人の外山氏に勝つことができた。矢倉になって、定跡に自信がないので、右王にして待っていたら、無理攻めしてくれて、駒が沢山手に入った。終盤は少し怪しかったが、なんとか勝ちきった。今の私の棋力だと、金星と言っていいだろう。そういえば、職団戦で挙げた金星といえば、遠藤正樹氏に勝ったこと、後輩の高田君に勝ったことくらいである。本当に、何年に一回しかない。
 二回戦は、強豪の日立製作所と当たり、加藤さんとかいう、大将と当たった。ここでも二匹目のドジョウを狙って、右王にした。右王を連採した理由は、以前、日和見振飛車みたいな戦形で、右王をやられて、手詰まりになり、時間切れになりそうになったので、無理攻めして、完敗したことがあったからである。
 この二局目は、右王になれていないせいで、単純に角銀総交換されて、いきなり、とても作戦負けになった。しかし、相手の緩手で持ち直し、自陣に銀を埋め、敢えて持ち駒の角を打って桂馬を取りに行く構想がよく、少しよくなったかと思った。しかし、終盤の構想が悪く、どうやっても一手負けになってしまった。それでチームも負けて、春の職団戦は、終わった。こんなもん、というか上出来であろう。
 ところで、職団戦S級のリコーのメンバーを見たら、細川大市郎、山田洋次、武田俊平、馬上勇人、桑山尚司となっていた。おお、最早、谷川さんも、野山さんも、瀬良さんも、牧野さんも出ないのか、と驚いた。なんという時代の流れだろう。そういえば、最有力ライバルのNECのメンバーは、林隆弘、清水上 徹、加藤幸男、加藤順、長岡俊勝と、相当匹敵するメンバーである。ますます、われわれのような弱小アマチュアの入り込む余地はない。

将棋の新手

 現在将棋の戦法で、1つの大きいジャンルをなしているものに、藤井システムがある。藤井システムの比較的新しいバージョンに、四間飛車から、三間飛車に廻って、45歩と捌いていく重要な変化がある。ところが、これに対してさらに、46歩から45歩と仕掛けていく変化があり、これに対しては、振飛車側は結局四間飛車に振り戻すのだけどでも、この手を考え付いたのは、佐藤義則七段と、室岡七段、という、会社でいえば窓際族のような人であるのが興味深い。
 創造するのは周縁、という、文化人類学の定理にも沿っていると思う。

2007年4月11日

名人戦第1局

 名人戦第1局、森内名人対郷田九段は、いきなり波乱があった。それは、第1日目に、郷田の扇子を鳴らす音がうるさいと、森内が郷田にクレームをつけたのである。その協議のため、10分間の中断があった。
 今までも、対局に際して、棋士どおしで言い争いになったことがないではない。例えば、木村名人が、升田に、煙草の煙を吹きかけたとか、大内が、加藤一二三の無神経さに腹を立てたとか、大山が、山田道美が、盤上に屈みこんでいるのをみて、「暗くしなさんな」と怒ったり、ある棋士は、暑いから窓を開けろ、一方の棋士は、寒いから閉めろ、などである。
 しかし、多くの場合、怒った側が歩が悪い。冷静を失うからであろう。この勝負も、怒った森内がまずいかと思っていたら、さきほどホームページを見たら、119手で、やはり郷田が勝ったそうである、
 ただ、郷田の場合、今期のA級で汚点があった。それは、対久保戦での、「時間切れ」疑惑で、一時間中断があったからである。このように、滅多にない中断で、どちらも郷田がからんでいるとなると、郷田に何か非があるのではないか、と人情としては、つい考えてしまう。
 もし、これを郷田が、無意識のうちにやっているとしてたら、本質的に無神経なのかもしれない。では、このまま、無意識を続けていると、郷田は勝てるか、というとそれは別問題である。
 そもそも、相手を怒らせるのが小さい怒りなら、相手の棋力は一時的に低下する。しかし、そうではなくて、大きく深い怒りなら、思考は冴え渡り、棋力は逆に向上する。
 このように、怒りのエネルギーは、かき集めると、とても大きい。さて、名人戦は、第2局以降どうなるか、私は、森内が持ち直す、とみる。そして、最後は、4-3で森内であろうか、どうも予測がつけにくくなった。

2007年4月14日

アマ名人の詰将棋

 先週、新宿のジュンク堂に行った時、結局買わなかったのだが、関 則可の「アマ名人の詰将棋」という本があり、その序文を読むと、面白かった。すなわち、関 則可は、アマチュア将棋界では、大阪の沖 元二などとともに、一世を画した伝説のアマ棋士の一人なのだけれども、多くのアマ強豪がそうであるように、関も、詰将棋は、棋力維持のため解く対象ではあれ、創る対象ではなかった。私も、少しだけ詰将棋を創るが、それは、アマチュア全体からみてかなり例外的なことのようだ。
 ところが、関は、60歳にして、果然と詰将棋創作に挑む。それは、ある若手アマチュアとの対戦で、信じられないようなポカをしたので、頭のリハビリを感じたのだという。頭のリハビリ=詰将棋創作というのは、論理的必然性の理解にかなり苦しむが、彼は、創り始める前に、有名な詰将棋作家の堀内和雄にこう問う。「堀内さん、短編の詰将棋なんて、もうあらかた創り尽くされちゃって、ニアミスだらけだよね。」。それに対して、堀内は、「そんなことありませんよ、まだまだいくらでもありますよ。」
 それで、関は、勇気百倍となる。また、創作の方法論であるが、関は、ある程度創作してから、堀内に、「僕なんか、適当に駒を並べて、さあ詰ませるぞ、とやってみるんだけど、それでいいの?」
 堀内は、もう少しソフィストケートされた方法論をもっているんだろうけど、説明するのが面倒なのか、「ええ、僕もそんなもんですよ。」と答える。こうして、関は半年で400題以上も創作し、どうしようもないものを捨てて、取捨選択し、200題をまとめたのが、表題の本である。見てみると、確かに、実戦形でなかなかいい。私は、ああ、関さん、詰将棋の才能があったんだ、と感じた。きっと羽生は、時間があったっても、このレベルものは創れないと思う。このことをもってして、才能の特異的選択性を改めて思い知るべきである。Aに才能があることは、A’'に才能があることを保障しないのである。世間は、このことに、何ほど誤解していることであろう。このことから、ペーパーテストで能力を序列化することの危うさが自然に導かれるが、それはまた、稿を新たにして論じることにする。

2007年4月25日

女流棋士独立問題の続き

 将棋連盟のホームページによると、「日本将棋連盟は、平成19年4月24日(火)午後4時より、東京・将棋会館において、米長邦雄会長、西村一義専務理事、田中寅彦常務理事が出席し、女流棋士独立の件につきまして、報告と経緯説明を以下の通りいたしました。 」とある。
 あれ、もう女流独立派は、確定したはずで、追認なんだろうか。

 また、次は、分かりにくい。
「理事会は新法人を立ち上げる女流棋士の皆さんに「独立」を勧めています。女流棋士は、今まで通り日本将棋連盟所属のメンバー、新法人に移籍する人々に分かれました。 」特に、新法人を立ち上げる、ということは、独立することであり、独立する人に、独立を勧める、というのがどうも分からない。

 また、下記のように書かれているが、ここは、おそらく、女流棋戦について、新女流法人と、将棋連盟とで、新聞社と共同契約し、下記の権利も乗り入れ、将棋ファンに対する見かけ上、今までどおりであるかのようにもっていくのが賢明であると思われる。おそらく、囲碁の日本棋院と、関西棋院は、そういう関係にあるのではないだろうか。ただ、すると今までと何が違うのか。特に、新法人に移った女流棋士にとっである。ある種の催し物は、新法人のみの主催ということがあり得、そこで稼げるなら、新法人所属の女流棋士は、将棋連盟残留の女流棋士よりも高い収入を得ることができる。ただ、それは、いかにも原理原則的な話であって、どこまで現実的なものか、分からない。
「 新法人に移籍される方の諸権利につきましては、弁護士同士で話合っていく予定です。
1) 対局権利
2) 肖像権の扱い(将棋世界、将棋年鑑、ホームページ等)
3) 普及イベントでの扱い(将棋教室、将棋まつり等)
4) ファンクラブの扱い
5) 対局場の問題
6) その他 」
 ということで、ことの帰趨をみていきたいと思う。

将棋名人戦第2局

 毎日新聞のホームページによると、「郷田が森内に連勝 名人戦第2局」とある。とても、というほどではないが、やや意外である。というのは、一日目の終わりの局面で、先手の森内名人は、矢倉で、76銀、66銀の二枚銀の形で位を張っており、後手の郷田から、打開しにくいと思ったからである。
 ここで、郷田に2連勝を許すと、番勝負的には先行逃げ切り型の森内には苦しい。単純に統計的にみても、確か、将棋の7番勝負で、最初に2連勝した者は、6割5部くらいの確率で、番勝負を制する。
 私は、というか、大勢は、7番勝負が始まる前、森内の有利を予想していた。最近郷田は、ずっとタイトルから遠ざかっていたからである。これを裏切って、郷田が2連勝した、というのは、下記のような運命の流れがあるのかもしれない:
- 郷田は、名人挑戦が決まった日の朝、父親を亡くした。父親が、あの世から応援している。
- 森内は、これに勝つと、18世名人となる。18世名人は、森内でなく、羽生なのだ、という天の流れがあるのかもしれない。
 正直言って、いまいち盛り上がらない名人戦であるが、ともあれ、上記の予想がどれだけ確かか、見守っていきたい。

2007年4月28日

ボナンザについて

 今日、NHKテレビを見ていたら、ボナンザのことを放送していた。それで、自分のためのメモも兼ねて、コメントを交えつつ、レポートしてみる。
 先ず、ボナンザの作者の保木 邦仁さんのプロフィール。東北大学理学部化学科出身で、カナダ留学ののち、現在は、東北大学理学部の研究生だという。31歳。私の知る限り、研究生というのは、助手でも大学院生でもなく、中途半端な身分である。いわば、居候という感じ。
 私は、保木さんの専攻は、コンピュータ・サイエンスだと勝手に思っていた。それは、あのような強いコンピュータ将棋プログラムを独力で作れてしまうからである。しかし、実際は、理論化学なのだという。ということは、原子や電子の反応をコンピュータを使ってシミュレートする訳だから、コンピュータに熟練しているのは理解できる。でも、そういうプログラミングというのは、偏微分方程式を解くようなものであるはずで、手の探索を要するコンピュータ将棋プログラムとは、相当に様子が違う。
 また、保木さんは、大学将棋部OBなどのように、アマチュア高段者の棋力があるものと思っていた。しかし、本当に初心者なのだという。これにも相当の意外の気持ちを抱いた。
 保木さんが、こういうプログラムを作ろうと思ったきっかけは、IBMのディープブルーが、世界チャンピオンのカスパロフを破ったニュースをみたせいだそうである。彼は、それで、チェスのプログラミングの論文を読んで、最初はチェスのプログラムを作ろうと思ったが、この分野は、十分に開拓されすぎており、自分が独創性を発揮できる余地がないと思った。それで、子供の頃から、ルールだけは知っている将棋のプログラミングをしてみようと思い立ったそうである。
 保木さんのボナンザの特徴は、次のとおりである。まず、今の局面から3手だけ、全幅探索を行う。すると、1つの局面は、だいたい80通の手が存在するので、3手全幅探索を行うと、80の3乗で、51万2000通りの局面を評価することになる。さらに深めて、5手全幅探索を行うと、32億7680万通りの局面を評価することになる。しかし、評価するということは、その評価結果を一旦保存する必要があるので、よほど大きいコンピュータメモリでないと難しいだろう。それで、3手全幅探索である。ただ、個人的に大変疑問なのは、どうやって、将棋の初心者の保木さんが、局面の評価関数を作成したのだろう、ということである。これは、アマ高段者にも、難しい。駒の利き、玉の堅さ、駒の損得など、何かの将棋の文献を参照したのだろうか。
 さらに、保木さんは、50万手の棋譜をデータベースとして、入力したそうである。現在のものから、江戸時代のものまで。
 保木さんは、たった1年でボナンザを完成したのだという。これは凄い。
 こうして、ボナンザは、昨年、並みいる既存の将棋ソフトを破って、チャンピオンに輝いた。IS将棋や、激指など、複数のスタッフで作成しているのに、それに勝つとは、これも凄い。ちなみに、既存のコンピュータ将棋ソフトは、選択探索法だという。すなわち、良さそうな手を掘り下げる、という意味で、人間の思考に近い。また、ボナンザは、乱暴な攻め将棋である。一方、IS将棋や、激指は実に渋い。大山を思わせる。先入観かもしれないが、渋い方が間違えにくいので、負けにくい。これも意表をつく。
 ともかく、こうして、米長将棋連盟会長の企画で、渡辺竜王との対戦となった。渡辺竜王としては、この対戦を引き受けるに当たって、相当の葛藤があったという。当然であろう。勝って当たり前、負けると体面を失う。しかし、いつかは対戦しなくてはならないものなら、先鞭をつけようと、勇気を出して、引き受けたのだという。渡辺竜王も、対戦に当たって拱手していた訳ではない。同僚のプロ棋士と研究に励んだ。そして、ボナンザが、角銀交換を厭わず攻める、という特性を知った。
 保木さんも、渡辺竜王との対戦に当たって、一部チューニングした。すなわち、全幅探索に、一部、選択探索を組み込んだのだという。
 こうして、対戦が始まった。先手ボナンザの四間飛車に、後手渡辺竜王の居飛車。双方が穴熊になった。途中で渡辺竜王は、ボナンザが角を打って銀と交換したくなる局面を作った。それに乗っては、ボナンザが一気に不利になる。保木さんは、誘いに乗らないように祈った。プログラムの作者といえども、特定の局面でどんな手を選ぶのか、予想できないのである。しかしボナンザは誘いに乗らなかった。一部選択探索の成果か。
 局面は、意外にも、ボナンザの有利で、終盤に来た。終盤こそがコンピュータ将棋の独壇場である、誰もがそう思う。しかし、そこに誤解があるようだ。コンピュータ将棋は、詰みが見えたら、速いし間違えない。しかし、将棋の終盤は単純な詰む、詰まないではない。一旦手厚く駒を入れておくとか、早逃げしておくとか、わざとソッポに駒が逃げる、駒を捨てるなど、単純でない。終盤は、もちろんデータベースに頼れない(現時点で、だけれども)。
 それで、ボナンザはぎりぎりのところで、最善手を逃し、渡辺竜王の僅勝となった。敗れて強し。ボナンザは、プロ、アマ問わず、観る人全員にその印象を与えた。
 私は、ボナンザが、コンピュータ将棋が、これで飽和状態、完成状態にあるとは、到底思えない。後生畏れる可し。アマチュアの私レベルは、とっくに凌駕していてる。アマチュア・トップももう分が悪い。いまや、多くのプロ棋士が、内心焦っているであろう。いつ、実力で、コンピュータ将棋に追い越されるのか、と。

2007年4月29日

ボナンザの補足

 ボナンザに関して、言い漏らしたことがあるので、補足する。
 まず、最初の戦法は、設定で指定しておく。相手が居飛車なら、四間飛車で、というように。では、渡辺が飛車を振ったらどうしていたのだろ、それならこちらが居飛車で、穴熊だったか。この辺の設定方法は、どうもよく分からない。
 また、一旦戦法が決まると、次の手は、定跡データベースで選ぶようである。これは、持ち時間の制約があるため、序盤は悪くならなければいい、という発想だろう。少なくとも、コンピュータにとっては、局面を検索して、定跡データベースから探し出すのは、瞬時の技である。
 このように定跡検索モードにしておいて、定跡データベースにない手が指されたときは、そこで初めて考えるようにする。よって、その場合、瞬時でなく、少なくとも3分くらいの短考が行われる。
 また、持ち時間が限定されていると、終盤になって、使える時間が限定されてくる。すると、手の探索を、ある時間内で打ち切って、その範囲で最善手と思われる手を、妥協として選ぶ。
 時間があっても、また、定跡データベースを使っていなくても、ボナンザが瞬時に指す場合がある。それは、私が推測するに、局面の評価関数の値が、ある閾値より大きいときは、他の手をさらに探すことなく、その手を選んでしまうのではないか、と思う。
 怪訝であったのは、投了の手筈である。作者の保木さんは、その棋力でも、流石にこれは負けだ、と最後の局面をみて思ったらしい、でも、自信がないので、駒操作係の奨励会員に聞いていた、これってもう負けですよね、と。それで、確認して、コンピュータの判断ルーチンではなく、作者の手操作で、負けということにした。この辺はなんとなく割り切れないものを感じる。確かに、あの局面は負けで一手一手であるが、まだ持駒が沢山ある。私だったら、特に、将棋の団体戦などであったら、まだ粘る。詰むまで指すかもしれない。NHK杯などでも、視聴者サービスのため詰むまで指すことは少なくないので、そのまでやってほしかった。もしかしたら、ああいう投了方法も、事前に将棋連盟と保木さんと打ち合わせていたのかもしれない。
 ボナンザの今後の課題は、どうプロ棋士、またはアマ高段者の支援を得るかである。今の棋力は、限界というにはあまりに高い、プロ三段近くありそうだ。そうやって高いが故に、ここからのブレークスルーが難しい。あるいは、Linuxのように、オープンソースにして、いろいろなフリークやギークのスキルを取り込むのもありだろう。

2007年5月 6日

2007年コンピュータ将棋選手権

プログラム名1234567順位
Bonanza6○7○8○3○4○524
YSS8○7○6○5○3○1○611
TACOS7○8○256
激指6○8○2○7○3○523
棚瀬将棋1○3○4○7○8○6○612
備後将棋3○8○7○345
竜の卵078

 2007年コンピュータ将棋選手権の速報であるが、今年は、上記のように、YSSが、本命の?ボナンザを破って優勝した。ボナンザ、YSS、棚瀬将棋(東大将棋?)、激指の4つ巴で、ほとんど力の差はなく、指運ならぬ、乱数運なのかもしれない。ところで、ボナンザは、渡辺竜王と戦ったバージョンなのであろうか。多分、あれより弱い通常版なのではないかと推察する。

2007年5月10日

将棋名人戦第3局

 将棋名人戦第3局は、負けたから言うのではないが、郷田が採った作戦は、いただけない。
 1つの理由は、2局連勝した余裕で、不慣れな相振飛車を採用したことである。森内名人は、相振飛車の経験は十分であり、大勝負で、未経験の戦法を試してみたかったのだろうが、本当はそんな余裕は、今の郷田にない。得意戦法でぶっちぎる意気込みでなくてはならない。大勝負で、未経験の戦法を試す正当化としては、昭和48年の大山対中原の名人戦がある。中原は、大山に名人戦で初挑戦して、2勝3敗と追い込まれ、一見自棄のような三間飛車を採用した。これは、そこにしか活路がなかった、という意味で、今回の郷田の相振飛車とは全く異なる概念に基づくものである。
 次にまずいのは、性急な攻めで、森内の鉄板の受けに名をなさしめたことである。野球でいえば、わざわざ抑えの切り札が出てくる場面をつくり、そのままきっちりセーブポイントを稼がれてしまった。これは、流れを変える、とても悪い方法である。
 もし、郷田が、次の第4局に持ち直すとしたら、その鈍感力の発揮にあるだろう。もし郷田がジンクスのようなことにこだわり、とらわれるタイプなら、自滅するだろう。私は前者であると信じる。そうでなくては面白くないからである。これ以上つまらない名人戦は見たくない。
 ところで本日、棋聖戦で、渡辺明が、久保八段に勝って、佐藤棋聖への挑戦を決めた。これは明らかに面白い。名人戦の倍、面白い。渡辺明は、ボナンザとの対戦を経て、一皮剥けたようだ。やはり、対コンピュータの、勝って当たり前、は相当のプレッシャだったようだ。一方の佐藤は、どうするか。週間将棋の5月9日号に佐藤の棋風特集があり、さかんに「こわれた佐藤」の表現があったが、これは冗談にしても適切でない表現である。私だったら、アモルファス佐藤と呼ぶ。要するに、形がない。よく分からないが、こちらの方がスマートである。もし、なんらかのひらめきがあったら、佐藤論については、別稿を起こしたい。

700勝達成 - 将棋

 将棋連盟のホームページによると、森内名人が、先日の郷田との名人戦第3局に勝って、700勝を達成した、という。現在のところ、退役・逝去棋士を含めて、700勝以上勝っている人は、18人しかいない。
 さて、問題は、700勝勝つために、何局指す必要があったかである。これは、言うまでもなく、少ない方がよい。その点で、最小は、羽生の939局であった。流石である。次は、全然意外でなく、大山の987局、次は中原の1011局、次に、現名人の森内の1053局がくる。更に次は、谷川の1057、佐藤康光の1069。その次が少し意外で、森下の1111.次が米長の1113。それから、森安の1145、内藤の1149、加藤一二三の1161と続き、文句なく一流棋士といえるのは、この辺までであろう。
 山田道美も、今のように棋戦の数が多ければ、在命中に700勝に達したと思われる(いや、微妙か)。
 ともかく、さりげなく、改めて、羽生と大山の凄さを再確認したのであった。

2007年5月11日

棋聖戦挑戦者決定戦

 棋聖戦挑戦者決定戦、渡辺竜王(先手)対久保八段を並べてみた。
 一時期流行した、後手ごきげん中飛車で、先手の58金右に対して、55歩と延ばし、24歩からの飛車先交換から、56歩、同歩、88角成、同銀、33角から、銀を取らせる代わりに飛車が21に成りこむ、超急戦の一番激しい変化である。この形は、21飛車成以下、88角成、55桂、62玉、11龍、99馬、と進むが、ここで、66香、75角、33角のどれかが定跡である。
 渡辺は、33角を選び、44銀、同角成、同歩、となって、ここで、66香、72銀となったが、それで平凡に82銀が好手であった。以下、27馬と攻防に利かせたとき、91銀成と香を取り、89馬、81成銀。そこで、当然のように57歩、同金、45桂、58金引、57香とからんだが、これが敗着ではないか。63桂成と殺到させて、一気に受けなしになった。具体的にはいえないが、桂と歩を温存して、自陣に手を戻すよりないのかもしれない。しかし、左右の桂香をとられては作戦負けで、この一局は、あるいは、ごきげん中飛車のこの急戦にとどめを刺すものとなるかもしれない。ただ、25歩とされたとき、55歩とせず、32金としておけばよく、また、55歩に、24歩、同歩、同飛に、32金でもよいので、ごきげん中飛車が悪くなる訳ではないが、いかにも気合がよくない。
 25歩とされたとき、アモルファス佐藤流では、88角成、同銀、22銀であろう。それでまあ一局で、特に気合が悪い、ということもないと思われる。
 ともかく、手合い違いのような、渡辺の勝利であった。ちぇっ、ボナンザの方が手ごたえあるぜ、のような嫌がらせは、流石の渡辺も言わないであろう。
2007/05/12 10:23amに追記:渡辺竜王のブログによれば、敗着は、最後に久保が79馬と詰めよをかけたことで、63香成以下、詰みが生じているのをうっかりしたようだという。58香成としないで、一旦64桂と受けておけば、とても難解だそうで、この「この一局は、あるいは、ごきげん中飛車のこの急戦にとどめを刺すものとなるかもしれない。」というのは、全くの勘違い。私の弱さを暴露することになってしまった。

2007年5月15日

朝日オープン

 将棋の朝日オープンは、羽生が、3勝1敗で防衛した。防衛といっても後がないのであるが。
 阿久津もよく頑張った。この将棋も、腰掛銀模様で、58飛と廻るなど、新機軸を出したが、56銀と上がったとき、65桂から、飛車先を切られて、食いつかれた。56銀では、素人目では、48金とか先に上がるのだろうか。
 結局、盟友、橋本七段の言うとおりの結果となってしまった。
 橋本七段といえば、先日のNHK杯戦で、阿部八段の立石流に、作戦勝ちから圧勝していた。橋本も、阿久津も、一見生意気であるが、実は礼儀正しい。将棋に対する態度も真面目である。先崎あたりも、もう少し真面目になればいいのに、と思う。何をいう、俺は大真面目だ、と叱られそうであるが。
 ともかく、朝日オープンはなくなるし、名人戦は朝日・毎日の共催になるらしいし、どうなるんだろうと思う。また、ボナンザやAI将棋など、着々と力をつけて、プロの牙城を狙っている。弱小アマチュアとしては、とりあえず野次馬として、面白がっていればいいんだろう。

2007年5月16日

小野修一八段の引退

 週刊将棋によると、小野修一八段が、3月末で引退した、という。まだ、49歳である。そして、今の順位戦は、というと、まだB級2組で、しかも、成績は、4勝6敗と、決して悲惨な成績ではない。森けいじ九段などは、60歳なのに、一昨年、頑張って、B級2組から、B級1組に昇級した(その後、全敗で、またB2に落ちはしたが)。ということで、どうみても棋力的に限界ではない。また、何か重篤な病気がある、という風でもない。
 すると、次のような原因が考えられる。まずは、独身である、ということ。すなわち、生活費があまりかからないので、頑張って働かなくても、いままでの貯えと、少し稽古でもすれば、地味に食べていける、ということである。
 次の原因は、こちらの本質的かもしれないが、要するに、切羽詰った勝負が好きでない、ということである。人間は、大きなプレッシャを寧ろ楽しむような人がいて、一流の勝負師や、大企業の幹部にもこういうタイプを見かけるが、本質的に、小野八段は、将棋の純理的なところで将棋が好きなのかもしれないが、少なくともプレツシャを楽しむタイプなのではないのだろう。それで、フリークラスに転出することもなく、お金をもらって指す、いわば本気の将棋からもう足を洗いたいと思ったに違いない。いまの趣味は囲碁だ、というから、切羽詰った勝負でなければ、構わないのだろう。
 辞めてどうするのか、というと、指導・普及に関わっていきたいそうである。私は、折角なので、掘り下げた定跡書でも書いてもらいたいと思うのだが、これはこれで、特別の才能を要するのだろう。実際、今の棋士で、よい将棋の棋書が書ける人は、島九段、深浦八段、勝又五段、庄司七段あたりで、かなり限定されている。いうまでもないが、暗黙知として知っている、ということと、それを本に書ける、ということは全く別物である。
 さらに言うと、伊能忠敬は、50歳、すなわち、ほぼ小野が引退した歳に、家督を譲って、ある人に師事して天文学・測量学を学んだ。それから、56歳のときに、測量を始めて、70歳すぎるまで測量で活躍し、当時としてはとてもレベルの高い地図を作成した。これを引き合いに出して、小野さん早いじゃないか、伊能忠敬を見習いなさい、ということは簡単である。私のようなも限りなく乏しい才能の人間でも、死ぬまでなにか現役でやりたいと思っているくらいであるから。しかし、小野には小野なりの美学があるのだろう。人は人それぞれに、生まれてきた固有の理由と課題がある、ということを私は、50歳すぎてようやく学ぼうとしているところである。

ボナンザの評価関数

 日経エレクトロニクス 2007-5-7号に、ボナンザの評価関数のことが書いてあったので、例によって自分用のメモとして、書いておく。ボナンザの保木さんは、前にも書いたが、理論化学の研究者で、そこで、化学反応のプロセスを理論的側面から探求する手法を、評価関数のブラッシュアップに利用した。
 すなわち、保木さんが研究する化学反応の制御では、照射するパルス・レーザの波形を変えることで、目的とする化合物の生成を促進することができる。このとき、目的とする物質の生成量を、パルス・レーザの波形(スペクトル)を関連付けて計算する技法がある、という。この手法により、パルス・レーザのスペクトルを、ボナンザの評価関数に見立て、結果の化合物を、棋譜の指し手に見立てた。すると、アルゴリズムとしては、評価関数に未知のパラメータを与え、サンプルとしての6万局の棋譜に関して、その結果の手を導くように、未知のパラメータを調整した。この自由度を高めるため、保木さんは、1万ものパラメータを評価関数に与えた、という。他の将棋ソフトでは、このようなパラメータは、数百らしいので、桁違いである。
 このように、保木さんは、既存の将棋ソフトのことを知らず、また、将棋そのものにも初心者であることを逆利用して、革新的な将棋ソフトを作ったのである。文化人類学の周縁の理論。
 今回のコンピュータ将棋選手権で、ボナンザは優勝できなかったが、それは、上記手法が限界に達している、と私は思いたくない。上記評価関数の手法を直線的に延長したのでない、何か非自明な工夫をもう1つ工夫を入れて、さらに強くなったボナンザをみたいものである。

2007年5月18日

名人戦第4局

 名人戦第4局は、先手の森内の誘導もあって、がっぷりの相矢倉となった。
 特に郷田は、こうでなくてはならない。佐藤棋聖なら、自由奔放な将棋を指すのだろうが、郷田は、加藤一二三とはまた違うが、そのキャラクタに融通の利かないものがある。それをネガティブな意味ではなく、ポジティブに捉えたいと思う。
 この将棋はキーである。この将棋に勝った方が、7番勝負を制するのではないか、と、まあ、誰もが考えそうなことを、私も考えている。

2007年5月19日

名人戦第4局(続き)

 名人戦第4局は、またしても郷田の完敗であった。やはり、第3局の相振飛車で、流れが森内に変わってしまったようである。最後の投了図も、まだもうちょっと粘れるのに、戦意が、闘志がない、としかいえない。
 次は、郷田の先番であるが、矢倉か、はたまた、相懸りか、見る方も興味を喚起することに努力を要するのであるが、見守ってみよう。

穴熊戦法

 将棋をご存知の方には、説明の要もないが、将棋に、穴熊戦法というのがある。要するに、隅の香車を1つ上げて、その隙間に、王が潜り込む。振飛車の場合は、右穴熊、居飛車の場合は、左穴熊となる。この戦法は、将棋における1つの特異点で、初心者どうしだと、大抵、穴熊の方が勝ってしまう。というのは、堅くて、遠くて、初心者では、なかなか攻め落とすことができないからである。
 しかし、私が若い頃、あまり穴熊をやってはいけないと言われた。それは、穴熊に入ると、雑な攻めでも通用してしまうことがあり、緻密性が失われてしまい、それが上達の妨げとなるからである。また、駒が偏るので、プロには通用しないと言われた。
 ところが、大内九段は、プロ棋士なのに、穴熊を連採して、名人に挑戦し、ほとんど名人位を奪取する寸前まで、当時の中原名人を追い詰めた。これで、振飛車穴熊は、プロの世界でさえ市民権を得た。いわんや、アマチュア棋界をや、である。本当は、穴熊で勝つのはそれなりに大変なのだが、アマチュア的には、固めてポン、は魅力的であった。
 そうして、穴熊といえば、振飛車穴熊だったが、確か昭和50年頃であろうか、当時の田中虎彦四段が、居飛車穴熊を案出した。すると、これが面白いように成功した。というのは、最初、振飛車側は、穴熊なのに、対舟囲いと同じように捌き、はっと気づくと、王の固さが違い、その時点で敗勢なのであった。
 こうして、振飛車にとって、居尾車穴熊を克服することが、最大の課題となった。そのような中で、ひとり大山康晴だけが、その受けの強さで、居尾車穴熊と五分の戦いを続けていた。
 ところが、1990年代中ごろになって、藤井が、例の藤井システムを考案した。これは、居飛車感覚を振飛車に持ち込むもので、王を囲うよりも、相手の穴熊を攻めつぶすことに重点をおく駒組みであった。飛車だって、平気で端にもっていって、穴熊を潰すことに参画する。これは猛威をふるい、一時期、居飛車穴熊が減ったほどである。
 しかし、振飛車党も手を拱いておらず、現在では、いろいろな対策が双方にあらわれ、今では、混沌たる状況である。しかし、これほど、対穴熊は、プロでも大事なのであって、その戦法の特異点の地位は、変わらない。
 それで、遡って私がまだ大学生だった頃である。囲碁部の友人で、将棋もある程度分かる人がいて、囲碁に穴熊みたいな戦法はあるの?と聞いたことがある。すると、その友人は、少し考えて、囲碁に両三々という布石はあるにはあるけど、と答えていうには、結局は単なる布石で、特殊な対策を要するものではない。寧ろ、両三々を打ちこなすことの方が大変である、ということだった。どうも、囲碁には、穴熊に匹敵するような特異点みたいな布石はないらしい。中国流も、秀策流も、そんなんじゃないようだ。
 では、他の分野ではどうだろうか。野球に、穴熊みたいな戦法はあるのか。敬遠しまくるのか? それも違うような気がする。政治には? 人生自体には? 人生自体だと、強いていえば、若いとき猛勉強して、いわゆる有名大学に合格しておくことが、穴熊戦法に匹敵するだろうか。穴熊だって、そこに囲うまでは手間がかかる。ただ、そこに収まってしまえば、あとは、強く戦える、という点で、学歴と似ていないこともない。また、そのメリットに拘りすぎても、却って手痛いことになる、というのも、また、それでも人はそこに惹かれ続けるというのも、穴熊と学歴の共通点である、といえる。

2007年5月20日

山崎七段と千日手

 今日のNHK杯戦は、飯塚六段と山崎七段、という、分かる人には分かる、とても素晴らしい対戦なのであるが、解説の浦野七段によると、山崎七段は、今まで一度も千日手がないのだという。これには驚嘆した。というのは、大体、プロは勝負に辛く、千日手模様にして、相手から動かせ、暴れてきたところを反撃する、というのが普通で、この意味から、後手番だと、三浦八段のように、露骨に千日手を狙う棋士もいて、それをせこいとか咎める雰囲気は、プロ棋界にあまりない。かの羽生だって、また、佐藤康光だって、千日手は仕方ないし、場合によっては、重要な戦術の一環と思っているようである。
 このような状況であるから、山崎七段が、今まで一度も千日手がないというのは、驚異的なのである。もし、千日手を避けて山崎七段が負けてばかりいると、誰も驚嘆しない。しかし、あの七割にも達する勝率である。それが大きい。
 もしかして、山崎七段にメンタリティで似ている棋士がいるとしたら、谷川九段である。谷川九段も、確か千日手が嫌いだし、また、入玉も異常に嫌う。それでいて、やはり、とても高い勝率を誇る。それで、芹沢九段などは、生前、羽生よりも谷川の方を高く買っていたが、分かるような気がする。実際、谷川のようなけれん味のない指し口であれだけ勝つのは実にすごいことで、もう少し辛く指せば、羽生と同等の実績もありえると思う。しかし、それに甘んじないところが、美学の美学たるゆえんである。このせこい時代に、山崎にもその美学を貫いてほしいと思う次第である。

2007年5月23日

名人戦共催

 今週の将棋新聞をみると、名人戦共催に関する、米長会長のインタビューがあった。以下、個別に述べて、コメントをつける。

1. 順位戦
 毎日新聞がA級を主体に、朝日新聞がB級以下を主体に観戦記を書くそうであるが、これは、将棋ファンにとってgood newsであろう。というのは、B級以下の対戦で、A級以上の好取組があるからである。例えば、前期の渡辺竜王対山崎七段、など。ただ、カードによっては、両新聞が重複して掲載することがありえる、という。これは、「チームワーク」が必要であろう。

2. 名人戦7番勝負
 これは、両新聞が報道と観戦記を競い合う。運営は、両新聞が協力しあう。さて、軋轢は生じないであろうか。また、観戦記者は、競争なのでプレッシャがかかる。競争原理が働いていいではないか、となんとなく素直に言う気持ちになれないのは、なぜかしらん。

3. 将棋普及協力金
 両新聞社から、将棋普及協力金として、1億2千万円が供与され、これは、棋士の派遣、学校への盤駒の貸与、遠征する棋士への旅費・宿泊代、グッズの提供、などに使っていく、というがここは、いまいち不透明。ここでいう「遠征」というのは、対局でなくて、普及目的でないとおかしいが、その点の明記なし。また、グッズの提供というが、ネット販売のものだろうか。すると、将棋普及協力金をそれに充てるのは変である。私は、過去の棋譜の一部をオンライン化し、Webで無料公開することに将棋普及協力金が使われるのが一番よいと思うのだが、いかがであろうか。また、両新聞社は、昭和初期から中期にかけての観戦記(木村義雄、花田、塚田、升田、大山など)を無料でネット公開したらどうであろうか。その辺の観戦記を出版している訳ではないので、実質的な遺失損益はないと思う。

2007年5月27日

将棋連盟理事選挙

 将棋連盟の新しい理事が決まった。
 米長邦雄会長(再任)
 西村一義(再任)
 田中寅彦(再任)
 桜井昇(新任)
 青野照市(新任)
 中川大輔(新任)
 淡路仁茂(再任)
 西川慶二(新任)
 前理事で、理事選に出馬しなかったのは、中原誠、森下卓、島朗、東和夫。また、新たに出馬したのが、青野、中川、大野、桜井、武者野。
 森下卓、島朗が出馬しなかったのは、分かる。要するに、まだA級復帰が狙えるので、将棋に専念したいのだろう。中原は、やはり、米長とは意見が合わないのだろう。東は不明。
 新たに出馬したうち、選任されたのは、青野、中川、桜井。中川は、A級が狙えるだけにもったいない。もしかして、師匠の米長からの直々の指名で、断れなかったか。大野は、選ばれてもよかったと思うが、意外。ほとんど嫌がらせのような出馬は、武者野。著作権問題で、米長に勝訴したものの、米長から蛇蝎のごとく嫌われているのは確かで、単に、1つの自己主張としか思えない。
 ただ、私は、米長が、毎日新聞との契約を更新しないとか、朝日新聞との両天秤にかけるなどの施策をとったとき、いくらなんでもまずいのではないか、と思ったが、とりあえず、なんとか収束しそうで、もしここまで読んで米長が策を取ってきた、というなら、立派である。なにしろ、尋常な方法では、将棋連盟は、ジリ貧なのであるから。
 また、米長は、改めて、武者野のような存在に感謝すべきであろう。なぜなら、このような不透明な時代にあって、一枚岩の体質では、その施策の方向が正しくなかったときに、玉砕する。ネットにも詳しい武者野を、あえて、理事に迎える、というのもありと思うが、まだ時期尚早か。

2007年6月 1日

名人戦第5局

 名人戦第5局、郷田九段対森内名人、久々の相懸りだったが、またしても森内があっさり勝ってしまった。郷田が残念なのは、折角最初ニ連勝して勢いを引き寄せたのに、下手な相振飛車をして、完敗してしまったことである。
 そこでまた気合を入れなおすかと思ったら、第4局の矢倉も、途中でポキンと折れてしまった。星数だけみていると、それほど一方的ではないが、ある意味、これほど下らない名人戦も近年稀である、と言ってよい。
 やはり、郷田が、対久保戦で時間切れを誤魔化して指し続けた、そのツケが回ったとしかいえない。天網恢恢、疎にして漏らさず。
 ええい、郷田よ、男だったら、意地を見せろ。私は羽生ファンなので、18世名人は、森内ではなく、羽生になってほしいのだ。なんかもう雲行きは怪しいと言えるが。

2007年6月 2日

日本女子プロ将棋協会

 テレビを見ていたら、女流棋士の新団体は、日本女子プロ将棋協会という名称で、法律的には、有限責任中間法人なのだという。確か、民法によれば、法人は、法律で認められたものしかあり得ないということだったので、調べてみたら、(平成13年法律第49号)で中間法人法というものができて、社員に共通する利益を図ることを目的とし、かつ、剰余金を社員に分配することを目的としない社団なのだという。もともとは、同窓会や管理組合のようなものに法人格を与えるために作られた法律なのだそうである。有限責任中間法人は、設立に際し最低300万円以上の基金を必要とする。基金の拠出者は法人の債務に関して対外的な責任を負わない。新公益法人法施行後(平成20年)は一般社団法人とみなされる。
 では、なぜ、将棋連盟のように、日本女子プロ将棋協会は、社団法人として出発はなかったのだろうか。社団法人は、一般に公益法人をさし、公益法人とは、民法第34条に基づいて公益のために設立される法人の一つで、学術、技芸、慈善、祭祀、宗教その他の公益に関する社団であって、営利を目的としないものである。また、その設立には、①公益に関する事業を行うこと、②営利を目的としないこと、③主務官庁の許可を得ることが必要、とある。また、「公益法人の設立許可及び指導監督基準」では、いわゆる同窓会・同好会、互助会、後援会等は、公益法人として適当でない、とあるので、「日本女子プロ将棋協会」というのは結局、同好会程度のものなのだろうか、という疑問が湧く。ただ、平成20年には一般社団法人とみなされる、というので、ある意味、こういう中途半端なかたちで出発して、うまくいかなければ、また元の鞘に納まればよい、あと2年くらい頑張れれば、一人前になれるかも、くらいの気持ちである、という見方もできる。
 囲碁・将棋ジャーナルを見ていたら、解説の青野九段(現将棋連盟理事)が、日本女子プロ将棋協会には、タイトル保持者が一人もいませんね、と苦笑交じりで言っていた。その口調は明らかに冷ややかで、好意的でない見方が、将棋連盟の大勢を占めているのではないかと思う。去年、名人戦が毎日から朝日に移るかもしれないというとき、羽生、森内、渡辺などのトッププロは、明白な懸念を表明した。しかし、彼らも、新しい女流棋士の団体のことに対しては何もコメントしていない。おそらく、どうでもよいと思っているのではないかと思う。

2007年6月 5日

郷田九段の戦意喪失

 今日の毎日新聞の将棋欄は、名人戦第4局の投了の局面だったが、改めてがっかりしたことがあった。というのは、この投了図は、森内名人をしても、そこからどう決めるのかわからない、という。それで投げてしまうというのは、郷田は、名人戦をなめているのではないかと思った。
 また、投了後、森内が郷田に、こうすれば難しいでしょ、と聞いても、郷田は薄笑いをうかべるだけだと言う。悔しがりもしないのは、いよいよ戦意を疑う。
 さらに、普通、感想戦というのは、両対局者で行うものだろう。しかし、森内が誰かと1時間くらい感想戦をしている間、郷田は、他の人と呑みながら、談笑していたという。
 それでも、第2局までは気合が入っていたように思う。第3局で、とてもまずい相振飛車をしてから、ガタガタになってしまった。扇子の音騒動が第1局であったが、もしかして、二人はとても険悪なのだろうか、しかし、もしそうなら、逆に闘志が湧くはずだが、と史上最低の名人戦に対して、無理やり興味を喚起しようとしているのであった。ええい、名人戦よ、早く終われ、どうせ次で郷田が完敗するであろう。

2007年6月16日

名人戦第6局

 私は、流れからして、名人戦第6局も、森内が勝ち、あっさり18世名人になる、と思っていた。実際、一日目の棋譜をみても、がっぷり四つの矢倉で、馬で押さえ込むような森内好みの手厚い局面で、いかにも郷田が勝ちにくそうだった。二日目に入るとさらに森内が優勢になる。森内は、馬はつくられたものの、無条件で急所の53にと金をつくった。また、と金で金をとった手が、王手飛車になり、急所の攻め駒である、19の龍まで取ってしまう。これは、素人目にも、森内の勝勢である。郷田の王は、23にむき出しである。
 郷田の唯一の拠点は、87に作った、と金。25に飛車が迫り、郷田王は、14。33馬と切って必死をかけたと思った瞬間、形作りのような郷田の王手。しかし、森内が逃げ間違えてしまう。46桂から、25の飛車を王手で外されて、投了。
  このような負けは、森内にとってとても意外であるが、実は伏線がある。それは、一週間前に森内が羽生と戦った、竜王戦一組の本戦出場決定戦で、王を王手飛車の筋にうっかり移動してしまう、という森内らしからぬミスで、あっさり負けてしまったからである。
 これ以外にも、森内は王位リーグでもかなり負けており、とても好調とはいえない。
 一方の郷田は、というと、5月は、4局指して1勝3敗で、やはり好調とはいえず、「冴えない名人戦」というのは、このあたりの数字からもうかがえる。
 で、いよいよの第7局の予想であるが、私は依然として森内を推す。羽生と名人戦で死闘を演じた経験が活きるのではないかと。ただ、ここにきての郷田の意外性も侮れない。ちょっと大き目の扇子をもってきて鳴らし、森内を刺激すれば面白いと思うが、流石の郷田もこれはやらないか。ともかく、最後も、戦形は、矢倉とみる。それでこそ、互いに悔いなく戦えるであろう。

2007年6月17日

将棋NHK杯戦

 今日の将棋NHK杯戦は、堀口一史座 vs 平藤真吾。堀口は、B級1組で、A級をも狙う位置にいる強豪。平藤は、低迷という言い方は似合わないが、C級1組にいる。ということで、常識的に考えれば、堀口が勝ちそうである。見ていると、平藤が後手番一手損角換に誘導して、案の定、堀口が銀冠に組めて、作戦勝ちになった。51角と割打ちしたときは、もう決まったと思った。ところが、46銀と一旦自陣に手を戻したあたりから流れがおかしくなる。攻め合ってどうだったか。
 そこからははっきり、堀内の流れがおかしくなって、気づいたら、大差で平藤の圧勝であった。
 強腕、堀口が完全に空を切った。プロというのは、なかなか見かけの順位だけでは分からないものである。これで、対戦成績は、平藤の4-1であるから、相性もあるのだろう。

2007年6月20日

将棋18世名人

 昨日のA級順位戦で、羽生が藤井に勝って、まず一勝をあげた。私の知る限りでは、藤井は、羽生にここ数年、ほとんど勝てていない。藤井は、羽生だけでなく、佐藤、森内、谷川などの第一線級にもとても分が悪い。ただ、なぜか丸山には分がいいようだ。で、私の観察であるが、「藤井システム」みたいに、はっきりとスタイルを打ち出すと、まるで動かない標的みたいで、長い目でみて、プロ的にはとても損なのではあるまいか。ともかく、それでも藤井がちゃんとA級にいて、そこそこの勝率を維持できているのは、準一線級である、鈴木、久保、行方などの面々にきっちり勝っているからである。この点で、一線級と、準一線級の差は、わずかだが超えがたいものがあるようだ。
 ともかく、森内が名人戦第6局で信じられないような逆転負けを喫し、羽生がA級の第1局を勝ったことで、羽生を18世名人に就ける、という、神の見えざる手が動き始めたと、考えたいが、気が早すぎるか。

2007年6月24日

渡辺明の不調

 ここのところ、渡辺明の調子がおかしい。まず、B級1組の順位戦の第1局で、高橋九段に負けた。まあ、高橋は、最近調子がいいし、勝負の綾かもしれない。続いて、棋聖戦の第1局にも負けた。佐藤にはもともと分があまり分がよくないので、仕方ない。次に、王位戦の挑戦者決定戦で、深浦に負けた。もともと、深浦には、分がよくないらしい。このあたりは、勝負はみずものといえるが、順位戦の第2局で井上に負けたあたりから、流石に?である。昨日の棋聖戦の第2局も、渡辺は、角換で、早繰り銀模様で調子よく攻めたが、佐藤の剛直な反撃手段に対して、たいした工夫もなく、敗れてしまった。
 ここにきて、はっきり不調といってよい。顧ると、渡辺は、竜王を取ったあたりから、目だった不調もなく、とんとん拍子でここまできた。それ自体が、快挙であると言えるが、ここで一旦腰を落として、どう大勢を整えるかが、今後真の超一流棋士になれるかどうかの分かれ目であろう。
 佐藤がそうであるように、既存の棋風を一旦壊し、スクラップ&ビルドする時期なのであろう。今期のA級昇級は無理かもしれないが、ここで落胆せず、力を溜めてほしいものである。

2007年6月30日

名人戦第7局

 毎日新聞のWeb記事を見ると、結局、森内が、158手で名人戦第7局を制して、ついに第18世名人に就いた。森内は、今期、勝率が5割にも満たず、将棋の内容もよくなく、それは、第6局の逆転負けにも例証されるが、こういう状況で、名人を維持できるというのは、それこそ、神のご加護というべきだろう。ううん、もはや棋譜を見る気もしない。
 あの勝負強さは、やはり名人たりえるのか。一方、いろいろ勝手に酷評したが、郷田もよく闘った。これ以上コメントもない。

2007年7月 7日

棋聖戦第4局

 棋聖戦第4局では、あっさり、佐藤が勝って防衛となった。最近の渡辺の不調に鑑みると、予想された結果ではある。戦形は、渡辺がまさに棋聖戦挑戦権を勝ち取った、ごきげん中飛車、超急戦形。先手が58金右とし、角交換から先手は、21飛成と桂馬を取り、後手は88角成と、銀を取るかたちである。
 私の棋力の低さから、その棋聖戦挑戦決定局をみて、この戦形の決定版が出た、と思い込んだ。それほど見事な渡辺の勝ちであった。しかし、実は全くそうではなく、寧ろ、ごきげん中飛車側が有利なのかもと思ったのは、何の棋戦か忘れたが、谷川が阿部に、ごきげん中飛車側をもって、この戦形で快勝したからである。このような文脈から、佐藤がここにきてごきげん中飛車を採用したことは何の意外でもなく、寧ろ、ここで58金右として超急戦の変化に入り込むのは、渡辺にとっても、研究と些かの決意を要するところであった。
 そうして、55桂に対して、佐藤の54歩が出る。これは新手ではないのだろうが、普通は54香と打つ別の局面もあったりして、打ちにくい。
 で、細かい変化を論じることは私の棋力を超えることなので、控えるが、あまり綾のない、きっちりした佐藤の勝ちなのではないだろうか。
 そうして一方で、竜王戦の決勝トーナメントで、羽生が深浦に勝って、ベスト4に進んだ。18世名人を森内にさらわれた羽生は、怒り狂うというほどでもないにしても、面白くあるまい。で、今期の竜王戦の挑戦は、羽生なのではあるまいか。ということは、渡辺も正念場であろう。渡辺も、一度堕ちて、そこから甦るがよい。何度も羽生がそうしたように。

2007年7月14日

羽生に拮抗する者

 現在、羽生王位と、深浦八段の王位戦が戦われていて、第1局は深浦が勝った。この結果をみて、私は、うん、と頷くだけである。というのは、深浦八段こそが唯一、直接の対戦成績で、羽生に拮抗する者であるからである。細かい戦績は、現時点で14勝15敗である。
 森内名人は、羽生王位と相当よい勝負であるが、それでも、数番負け越している。佐藤、谷川、藤井に至っては、ダブルスコアに近いのではあるまいか。
 このような状況に鑑みるとき、深浦の対羽生の戦績は、瞠目に値する。
 では、なぜ深浦は、羽生に拮抗できているのか。私の皮相的かもしれない観察は、まず、深浦の深い序盤知識にある。彼が書いた「定跡最前線」は、棋書ではベストセラーで、その緻密な内容は、私のようなアマチュアには到底理解できないが、少なくとも、将棋の奥深さと、なによりも、深浦の研究の広さ・深さを示唆するに十分である。羽生に勝つためには、勿論それだけでは十分ではない。
 深浦の別の特徴は、終盤の腰の重さと受けの強さがある。よく分からないけど、羽生は、藤井、佐藤のように力強い攻めに特徴のある棋士には十分な戦績を残すが、深浦や森内のように、特徴ある受けをする棋士に苦戦する傾向がある。これは、羽生が、鋭い寄せよりむしろ、じっくり構えて力を溜めて攻めるタイプだからかも、と思う。攻めに力点をおく棋士だと、混戦になったとき、受けが少し手薄になっていて、羽生に攻め負けてしまう。
 ただ、深浦に関して気になるのは、先端の戦法を網羅した棋書を書くことに、巧みすぎる点である。棋書を書くことが優れている棋士は、庄司七段、勝又五段、等であるが、いずれも一流棋士とは言い難い。
 ともかく、ここで羽生からタイトルを取ると、ブレークスルーがあるだろうが、今回も私は、今一歩及ばないで、タイトルは奪取できない、とみる。是非、期待を裏切って戴きたい。

2007年7月18日

頑張れ、今泉三段

 週刊将棋をみると、30代半ばで、プロ試験を受けて三段リーグに参加した今泉三段が、8勝2敗と、稲葉三段とともに、トップを走っている。最初2連敗したので、やはり無理なのか、とがっかりしたが、その後は、本来の調子を取り戻したようだ。もしこのまま三段リーグを一期で抜けるようだと快挙である。瀬川四段のプロ試験よりもずっと厳しい条件をクリアしたことになる。
 ただ、最近感じることがある、それは、三段リーグのレベルが下がっているのではないか、ということである。そういう理由は、いまから10年近く前、三段リーグを抜けてC級2組に入った人は、即昇級候補であった。行方あたりがC級2組に入った頃かもしれない。ところが、どうしたことか、折角三段リーグを突破したのに、C級2組で負け越し、ひどい場合は、いきなり降級点をとる者もあらわれている始末である。これをもって、三段リーグのレベル低下と看做しても、不当ではあるまい。
 もしレベル低下が正しいとすると、その理由は、過度の情報化社会の到来にある。将棋界にあっても、10年前よりずっと、定跡の最新情報が氾濫し、例えば、昨日羽生が指した新手を、今日は、皆知っている、ということがありえる。こうした傾向があると、よほどの天才でもないかぎり、ひたすら、最新情報を追うことに躍起になり、自分で考えることが疎かになってしまう。すると、定型化した、中終盤のひ弱な、沢山の棋士が輩出されることになる。それでも、三段リーグは「相対評価」だから、半期に一度、上位2名が四段になれる。
 私のような一弱小アマチュアが言うのは僭越であるが、最近定跡を追っかけることは、若い時代に、詰め将棋を解くなどして、十分か基礎をつくってから、するべきだろう。羽生や佐藤などは、それでいいのである。しかし、受験勉強の偏差値競争のように最新定跡の知識を追っかける若手から、時代を画するような棋士を期待することは、難しい。
 そのような現状だから、元奨励会三段とはいえ、ブランクの長い今泉に、いきなり快走を許してしまうのである。ともかく、今泉が晴れて四段になれると、自信をもってプロに挑戦するアマが増えるであろう。将棋のプロが次第においしい仕事ではなくなるつつある、という現状はさておいても、プロ棋界が多極化すること自体は、いいことである。
 

2007年8月 8日

将棋脳とコンピュータ

 新聞によると、理化学研究所と富士通が、将棋を指す人間の脳と、コンピュータとの本質的な違いを共同で研究するという。このため、将棋連盟の米長会長は、連盟の一流棋士を積極的に参画させるという。
 ただ、私的に感じるのは、そのような研究はなるほど、大脳生理学的に意味があるかもしれない。しかし、コンピュータ・サイエンス的にはどうか。というのは、将棋を指す人間の脳の働きをきちんと記述できる道具立てが、コンピュータ・サイエンス的に可能かどうか、とても疑問だからである。今から20年くらい前、LISPだのPROLOGだの、第5世代コンピュータ言語としてもてはやされたことがある。しかし、結局、人間の知性解明というところには、ほとんど貢献できなかった。LISPはともかくとして、PROLOGは今となっては、ほとんど聞かない。
 次に現れたのが、ニューロコンピュータである。これは、脳のシナプスの発火機構をシミュレートし、ある種の文字認識アルゴリズムには、貢献した。しかし、やはり、脳の基本的な働きの解明に貢献した、という話をあまり聞かない。
 このように死屍累々なのは、技術というものの本質的な欠点ではあるまいか。
 例えば、機械翻訳1つをとってみても、多くの研究にも拘わらず、7割程度の精度の翻訳しかできていない。これは、コンピュータの本質的欠点で、文脈や係り具合を特定できないからである。今は発展途上で将来は、というよりも、そこに本質的困難がある、というのが、この分野の研究者の意見であろう。そもそも、最早、機械翻訳の研究は、研究の名では呼ばれにくくなっており、適切には、開発であろう。
 このような背景から、将棋を指す人間の脳と、コンピュータとの本質的な違いの目指すものが、私にはどうしても見えない。
 また、個人的には、将棋でなく、科学理論を解明する脳の働き、脳がもつ必然的な残虐さ、利他性の発露のようなことの方が、100倍も重要だと思うが、それはチャレンジングすぎるので、とりあえず将棋なのだろうか。一アマチュア将棋ファンなのに、なぜかあまり興味をそそられないのである。

2007年8月14日

鉄腕、中原

 先日、NHK杯戦の将棋をみていたら、中原対平藤であった。大抵の常識としては、いかに中原に実績があるとしても、まあ、若手の方が勝つだろう、と思っていた。
 果たして、平藤の角交換力戦向飛車に対して、中原は、玉を囲おうとしない。どうするのだろうと思ったら、突きこされている9筋から、逆襲で、歩交換をした。この時点で何をするのだろう、と思った。というのは、後手は、銀冠に組めるので、普通、こちらからの端攻めは無理である。ところが、無謀にも、中原は、飛車を9筋に廻す。そうして、無理やり、85桂とはねて、手を作ろうとする。解説の桐山も言っていたが、だいたいこうした攻めは無理である。せいぜい、飛車、桂馬、香車の攻めであり、銀冠が頑張っている。
 ところが、無謀にも、中原は、これを手にしてしまう。そうして、ついに押し切ってしまった。往年の中原対大山を見るようである。すなわち、大山は、受けに自信があるので、この局面ではまだまだと思ってしまう。ところが、中原が、いかにも無理そうな攻めを繋げてくるのである。で、はっと気づくとどうしようもない劣勢に陥っている。中原の本質は、自然流ではなく、この鉄腕の無理攻めであった。この力強さに、流石の米長も、とうとう及ばなかった。ただ、中原の最大の汚点は、この無理攻めを実生活で、林葉直子にしてしまったことである。確かに、敵陣は突破できたが、駒損があまりにも大きく、退散するよりなかった。ただ、林葉も、未だにペースをつかめないでいる。すると、中原は、流石の手腕で、なんとか劣勢を収集した、ということになるのかもしれない。

2007年8月25日

急所で負ける羽生善治

 将棋連盟のサイトを見たら、羽生が、竜王戦挑戦者決定戦の1つ前で、佐藤棋聖に負けていた。王位戦の方は、深浦に追い詰められ、ほとんど皮一枚である。一体どうしたんだろう、と思うが、そういえば、数年前も、1冠だけになって、あやうく無冠というときもあった。それから一時は四冠まで復活したが、不思議なのは、アマチュア・レベルで、私や、将棋仲間の友人で、羽生はもう駄目なのか、と懸念してみても、プロ間では、羽生ブランドが不滅であるように見えることである。
 やはり、実際に戦った者は、羽生の強さが身に沁みているのだろうか。それとも、宣伝効果として、将棋連盟は、羽生最強神話を維持しなくてはならないのだろうか。私には、後者に思えてならない。組織には、どうしてもカリスマが必要で、そのためには誰かを奉る必要があるのだろう。そして、将棋連盟の顔は、当面、羽生以外になかなか代替が見つからないのだろう。
 で、一体、羽生は悔しくないのか、その淡々たる様子からは、窺えない。やはり大物か。

2007年9月13日

武者野六段の引退勧告

 将棋連盟のホームページに、武者野勝巳六段の不戦敗の処分について、と題して、記事があった。この記事の内容は、要するに、今年の8月に、武者野六段と中田功六段に対して不戦敗が多いとのことから、罰金100万円を課したところ、9月11日にも、武者野六段が、王座戦で不戦敗となったことから、将棋連盟理事会は、武者野六段の行為を遺憾とし、引退勧告に至った、ということである。
 この点で、いくつかおかしい点であるので、指摘する。
 先ず、今年の8月に、武者野六段と中田功六段に対して不戦敗が多いとのことから、罰金100万円が、課されたこと。刑法の原則によれば、重大な刑罰を課するときは、そのことが規定に明記されなくてはらない。いわゆる、罪刑法定主義である。また、処罰される行為以前に、その刑罰の内容が規定されていなくとはならない。しかし、将棋連盟で、不戦敗が度重なると、所定の罰金が課せられる、という規定はないはずである。よって、罪刑法定主義の原則に悖ることになる。
 それは、今回の引退勧告にも言えて、そもそも、不戦敗が度重なると、引退勧告される、という規定もないはずである。しかし、100万円の罰金であれ、引退勧告であれ、とても重大な罰則であり、組織の規則として、規程されるべきであり、通常は、規則がないと、課すことはできないはずである。
 だから、これは、理事会、特に米長会長にとって、蛇蝎のごとく嫌いな武者野六段を、将棋連盟から放逐するよい機会と思ったのだろう。しかし、成文のルールに基づかず、恣意的に厳罰に処するのは、独裁政治の主がすることである。
 内規の成文のルールに基づかず、厳罰に処することが許される場合がある。それは、外部の刑法に触れる場合である。例えば、飲酒運転するとか、暴力行為、痴漢行為をする、などである。例えば、数年前、大内九段は、韓国に行くために遅れて空港に着いたところ、既に飛行機が出発していたので、空港職員を殴った。これなど、あるまじき暴力行為で、当然に、将棋連盟を除名になるに値する。しかし、当時の中原会長は、本人が反省しているから、と特に重い罰を課さなかった。これなど、本末転倒で、外部の刑法犯罪を、将棋連盟内部で収めてしまっている。
 しかし、今回の武者野六段の件は、内部的な問題である。新聞掲載予定の将棋でもないので、新聞社に対する責任も小さい。それを、引退勧告とし、しかもホームページで告知するのは、やりすぎである。百歩譲っても、内々の通達で済ませるべきであろう。
 このように、将棋連盟は明らかにおかしい。武者野六段にも非はあろう。ただ、今回は、実体ではなく、手続き的なことに着目してみた次第である。

2007年9月18日

三段リーグ

 三段リーグが終了し、及川が15勝3敗、村田が13勝5敗で四段昇段となった。次点は、一瀬の13勝5敗、次々点は、菊地の12勝6敗、注目の小泉三段は、11勝7敗、最後に追い込んだのに、途中の5連敗が響いた。一時は、8勝2敗で暫定トップだったのに。
 ただ、5連敗の最後の二人が、昇級した二人である。これも運であろう。他の三段メンバーが、26歳以下なのに、一人小泉だけが30歳を超えている。これは、棋力というよりも体力の問題であろう。
 私は、悲観的なので、次期はより小泉に厳しいとみる。なんとか、期待を裏切ってほしいが。
 次期の注目は、初参加の吉田正和である。独学でアマ棋界を席巻し、鳴り物入りで付き出し初段でプロに入ったが、しばらく足踏みした。力を溜めた、とみたい。

2007年9月26日

深浦新王位

 深浦八段が、羽生から、王位を奪取した。1勝3敗から2連勝して、3勝3敗まで追い込んだのだが、1勝3敗から一度も7番勝負を制したことがない、という羽生が、ジンクスを破れなかった。
 それにしても、羽生の粘り弱さは、一体何なのだろう。大山であったら、1勝3敗から2連勝して、3勝3敗になったら、まず落とさない。中原もそうであろう。実際中原は、高橋の挑戦を受けて、矢倉を連採して1勝3敗になって、一転して横歩取りを採用して3連勝、名人位を守った。その後、高橋は、一度も名人に挑戦することなく、B級1組に降級した。分水嶺であった。
 そのような芸当ができないので、あれほどの実績を残しながら、歴代の最強者が羽生でなく、大山である、という声が、否定できない強さで、静かに響く。
 ただ、深浦に負けてしまったことについては、羽生は、森内に18世名人を取られてしまったことのショックが尾を引いていると思われる。ああ、羽生も人の子なのだ、などと今更言う気もしない。ともかく、頑張れ、羽生。

2007年10月 5日

流石、羽生

 王座戦は、羽生が久保を3タテで破って、なんと16連覇を達成した。王位失冠の失意を感じさせず、というよりも、王位失冠の怒りをぶつけたような凄い将棋ばかりで、特に、第3局は、ありきたりの対振飛車早繰銀かと思っていたら、羽生が、12王とかわしたばかりでなく、63のと金に金を逃げず、52、41とと金で金を2枚も取らせたのだから、驚き入った。どうしてここまで激しく指す必要があるのだろうと、思われるほどである。
 こうして華麗な技を見せつつも、羽生のタイトル数は次第に減っていく。要するに、大山みたいに貪欲でないので、がっつくことが苦手なのだろう。羽生は、第1線のまま意外に早く引退して、周囲をあっと言わせるのではないだろうか。

2007年10月14日

羽生マジック

 最近の羽生の戦績をみていると、なんのかんのと言っても3局指して2回は勝つ、というペースは何とか維持しているので、不調とも思えないが、しかし、一時のオーラは感じない。依然トップ棋士ではあるけれども、他のトップ棋士とどんくりの背比べ、といったところである。そんなだから、終盤の競り合いになっても、勝つことは勝つが、結構平凡な決め手を見落として負けることもあり、よって、一時流行った、「羽生マジック」という言い方は、ほどんど死語になっているように思われる。
 そんなだから、今日のNHK杯戦、羽生対中川も、順当にいけば羽生なんだろうけど、中川が勝っても全然おかしくない、と思った。実際、戦型は予想どおり相居飛車であったが、中盤からなんとなく、羽生の陣形の模様がおかしい。普通に指していると、じわじわと羽生陣が不利になるので、羽生から手を作っていくしかない、という様子である。案の定、羽生の無理な動きを咎めて、中川が優勢を拡大していった。もう少し形勢を保つ手段もあったと思うが、羽生がどんどん敗勢に陥っていく。58の王に対して、66歩から急所を攻められ、風前の灯火。84角成と、とりあえずぶらさがるような手に対しても、64飛で、王手角取りで、只で馬を抜かれた。ここで投げても、誰も文句を言わない形勢である。ところが、羽生は、65銀と中合いで頑張る。これを羽生マジックと呼んだら、私は笑う。なぜなら、全然相手玉に対して響いていないからである。
 ところが、中川が81飛と、結果的に一手パスになる手を指して、少しだけ流れが変わった。羽生の王は、49まで下がり、小康を得た。しかし、依然として形勢は大差。ついに飛車が成ってくる。この飛車成りがあるから、81飛を一手パスと呼ぶ。解説の加藤一二三は、ここで39玉の方が正解で、逆転の余地もあるかも、という。しかし、羽生は、98角と打った。単に、54銀と王手で進めるだけのことである。38に逃げた王に対して、99龍と中川が迫る。羽生は、とりあえず26飛車と、飛車で桂馬を食いちぎる。ところが、同歩に、22銀、同金に対して、びっくり。43銀成で、ぴったり詰んでしまっているではないか。最後に、98角が利いている。羽生マジックと呼ぶには、あまりにも迫力のない、タナボタみたいな詰みであった。ただ、わずかの可能性を残すように指すやりかたは、結果論であるが、流石である。
 ところで、最近、運命論のようなことを考える。すなわち、ある悲劇に巻き込まれた人の運命を見ると、羽生マジックならぬ、運命マジック、とでもいうべき流れがあるようだ。典型的には、10くらい選択肢がある中で、なぜか、一番悪い選択肢を選んでしまう。客観的に、まずくなった状況に気付いて手を打つはずなのに、変に楽観的というか鈍感で、不急の関係ない手段ばかりとっている。そうして、周囲から出ている黄信号、赤信号に気付かないのである。
 言い換えると、将棋でうまく逆転する人は、運命が人を陥れるテクニックをマスターしている、と言える。そんなテクニックを人間が駆使していいのか、そのことに後ろめたさを感じるような人は、まあ、人生の成功者たりえず、それはそれでいいのだ、と諦念をもっていきていくことになるのである。

2007年10月18日

竜王戦第1局

 将棋連盟のホームページを見たら、知らない間に、竜王戦第1局が終わっており、なんと渡辺が先勝していた。「なんと」という言い方は、現竜王の渡辺に対して失礼であるが、順位戦で1勝5敗と負けが混んでおり、下手をしたら降級もありえる状況であるし、その他の棋戦の戦績もいまいちである。正直言って、今の佐藤に対するのは、きついのではないか、と素人考えしていた。
 渡辺不調の一番の原因は、私が見るところ、3月のボナンザ対戦にある。ボナンザを確実に負かすため、渡辺は、対ボナンザ専用とも言うべき、不自然な手を研究した。例えば、わざと角銀交換する、などである。
 そのお蔭で、本来の手が歪んだ。筋のよさに翳りが出た。それが、不調の原因とみる。特に、人間的な、あまりに人間的な手を指されると、まだボナンザの余波が残っていて、微妙に波長が狂うのではないか。特に、佐藤の超力戦振飛車など。
 ところが、佐藤が今回、先番で採った作戦は、最早レトロと言ってもよい、矢倉森下システム。結局、佐藤は、攻めきれないで、自分の玉頭から猛反撃をくらい、最後ははっきりした大差であった。こういう、きっちりした定跡形は、もともと、渡辺の庭であり、不調感をもつ渡辺は安堵したことだろう。
 すると、振り駒の結果、佐藤が先番を引いたのが、佐藤にとって軽いアンラッキーということになる。なぜなら、先手番で、あの超絶力戦振飛車を採用するのは、なんとなく気がとがめるからである。
 ともあれ、まだ、一局終わったばかり。次はいよいよ、佐藤の超絶力戦振飛車だろうから、そこからが本当の勝負と言える。ただ、私の根拠のない直感は、渡辺の4-2での防衛、とある。果たして当たるだろうか。

2007年10月24日

櫛田陽一

 週刊将棋をみると、C1以下の今期の勝率一位はなんと、櫛田陽一で、11勝2敗であった。
 櫛田と言えば、アマ時代、圧倒的な強さを誇り、将棋ジャーナルの企画で全国を行脚したりした。それで、奨励会に入ったところ、比較的短い期間で奨励会は通過できたものの、プロになってからは、いまいちであった。やはり、子供の頃から努力した、というのでないので遅かったのか、それとも、もともとその程度の棋才だったか、両方かもしれない。
 とはいえ、NHK杯戦で優勝した経験があり、このあたり、瀬川よりも大分冴えていると言える。
 ただ、櫛田がアマチュアぽいな、と思ったことがあり、それは、NHK杯戦を見ていて、私だったらあんまり考えないでポンと指すという局面で、一流プロなら腰を落としていろいろ考えるという場合がいくつかある。しかし、櫛田は、私だったらあんまり考えないでポンと指すような局面で、やはり考えない。これは、どうかと思った次第。
 で、案の定、NHK杯戦優勝という実績がありながら、C2から昇級できないで、自分で見切りをつけて早々にフリークラスに転出してしまった。きっと淡白な性格なのだろう。
 櫛田は、四間飛車党で、「世紀末四間飛車」という著書がある。しかし、これが戴けない。というのは、無理やり居飛車側に悪手を指させて、これにて四間飛車よし、のようにしてしまう。いまどき、こういうのは流行らないのではないだろうか、すなわち、最近の棋書は、プロ的にも正しい応酬を書いて、難解であることも厭わない。
 あと、櫛田で印象的なのは、小池重明に文字通り引導を渡したことである。すなわち、小池重明が、病院から退院して、またアマ棋界に復活する、というとき、将棋ジャーナルの企画で、櫛田との3番勝負が行われた。
 そうして、最初の一局。とても変則的な将棋で、小池が勝った。おおっ、どうなるか、と見ていたら、その後の2番は、あっけなく、小池が負けてしまった。もしかして小池は、体力の限界だったのかもしれない。その後、程なくして小池は、亡くなった。ただ、私としては、櫛田が引導を渡した、という印象が拭えない。
 そんな二流のプロの櫛田であるが、流石に、瀬川よりも上である。すると、瀬川は、ずっとプロ棋界にいても、あまり幸せになれない、ということになるが、瀬川が結構謙虚で、将棋を指してたべていけるだけでも幸せです、と思い続けられるなら、それもよしである。

2007年10月27日

A級順位戦

 昨日のA級順位戦で、佐藤が羽生に負けて、4連敗となった。佐藤が羽生に負けることに何の意外性もないが、しかし、今期、佐藤と谷川という二人の元名人が、ともに4連敗というのは、流石に意外である。
 佐藤のあとの相手は、というと、藤井、谷川、行方、久保、木村。このうち、今の佐藤だと、流石に3勝は堅く、3勝6敗でなんとか残留ではないだろうか。
 一方の谷川であるが、久保、佐藤、藤井、三浦、羽生と、結構相手がきつい。このうち、おそらく勝てそうなのは、藤井くらいである。すると、谷川は、今期、2勝7敗で、ついにA級から陥落と、私はみる。谷川は確かいま、45歳で、20歳でA級に上って、ここに至るまで一度も陥落していないのは、すごい。かの神武以来の加藤一二三も、結構、A級とB級1組のエレベータであった。
 ただ、谷川ほどの棋歴だと、どうしても、升田や大山と比較し、ううん、升田にはともかく、大山には劣るよね、ということになってしまう。これを覆すために、なんとか今期頑張って残留してほしいところである。ただ、谷川は、大山と比べて、あまりにも勝つことに淡白である。スパッと決めようとする。まあ、性格だから仕方ないか。
 一方の挑戦であるが、希望的観測も含めて、今期は羽生としたい。郷田はあと、木村、藤井、三浦、丸山、行方であるが、このうち、木村と丸山に負けて、7勝2敗となりそうである。一方の羽生も、残りは、行方、久保、丸山、木村、谷川で、丸山と木村のどちらかに負けそうである。こうして、羽生対郷田の、挑戦者決定とみる。
 谷川が陥落するとして、もう一人の陥落者は、仕方がないが、行方であろう。
 実は、A級が始まる前に、このブログで、その粘り強い棋風から、行方は結構頑張り、木村はなかなか通用しないだろう、と予想し、それが全く当たっていないのが、現状である。だから、私の予想は、本当にあてにならない。知りつつ、懲りないのが、人間というものである。

2007年11月 2日

竜王戦第2局

 竜王戦第2局は、佐藤が勝った。佐藤が後手番で、後手から角交換し、向飛車、しかも、穴熊という、素人みたいな戦法である。この戦法は、確か数年前の週刊将棋で紹介されていて、どうみてもプロ的には無理だが、現実に咎めるとなると結構難しい、ということだった。
 ところが、それから、角換振飛車が隆盛を迎える。こういう感覚は、ここ数年で出てきたものである。すなわち、角換振飛車は、一見、振飛車から手の作り方が難しい。ところが、居飛車側も、なんとなく窮屈なのである。それで、はっと気がつくと、振飛車側の方が、角打ちの隙が少ないのである。というよりも、角打ちの隙が少ないように、振飛車側が指している、と言った方が正しい。
 そういう妙な感覚というのは、羽生あたりでも違和感があるようで、佐藤や山崎が角換振飛車をもったときに、羽生でさえも、感覚が掴めないで、圧敗することがある。
 ということで、まだまだ、プロでさえも、角換振飛車の感覚についていっていない、といえる。おかしい、厳密には、こんな戦法ないはずなのに、とつぶやきながら、である。
 この竜王戦第2局も、渡辺のつぶやきが聞こえるようだ、おかしい、なにかおかしい、こんな戦法に負けるはずないのに、と。
 穴熊も当初は、プロからまともに相手にされなかった。正しく指せば、指し切らせて、穴熊を姿焼きにできる、と信じられていた時期があった。でも、今は誰もそう信じない。一方で、研究が進んで、穴熊側が簡単に勝てることもなくなった。してみると、角換振飛車も、きちんと認知されたとき、それで、今よりは楽に勝てない戦法になるだろう。

2007年11月14日

通算勝率7割超え

 少し前まで、200局以上対局して、通算勝率が7割を超えている棋士として、羽生、深浦、木村、渡辺明がいた。しかし、深浦はいまや、0.692、渡辺は、0.693と、ついに、通算勝率が7割を下回っていまった。断言できないが、最早、通算勝率を7割に戻すことはできないだろう。なぜなら、タイトルを保持していたり、A級に上がったりすると、一流棋士ばかりが相手で、そんなに簡単に勝てないからである。木村も、今は好調で、なんとか、0.702の通算勝率を維持いているが、そのうち不調になるので、7割を切るのは時間の問題である。というのは、今の木村の実力で、A級全勝は、出来すぎだからである。
 さて、羽生である。現在のところ、994勝373敗で、0.727、今期の成績は、0.667で、羽生としては、寧ろ、やや不調なのではあるまいか。それでは、羽生がいつまで、通算勝率7割超を維持するだろうか。もし毎年、40勝20敗の0.667の成績を維持すると、18年後に丁度、羽生は、通算勝率丁度7割である。18年後というと、羽生は、確か53歳で、50歳を超えて、通算勝率が7割だなんて、聞いたことがない。この点は、大山も真っ青だろう。しかし、羽生も、60歳になると、流石に、通算勝率は、7割を割っているだろう。かくのごとく、通算勝率7割超えというのは、mission impossibleならぬ、record impossibleなのである。
 ところで、先日、60歳になって第16世名人を名乗るようになった中原の、現時点の通算勝率は、0.628で、この時点で6割を超えているのは、凄い。こうして、通算勝率6割超えというのが、超一流棋士の目安ということになる。なぜなら、加藤一二三も米長もそれを達成していない。木村義雄は知らないが、最近では、大山と中原くらいしかいないと思われる。だから、7割超えなんて、ゆめゆめ口にすまじ、である。

2007年11月19日

芹沢博文と小池重明

 ブログのトピックは、前もってある程度決めているのだけれども、突然、降って沸いたようなテーマがどこからともなく来ることがあり、それが、「芹沢博文と小池重明」である。子供の頃、ある程度将棋を覚えたとき、特に棋書などないものだから、新聞の将棋欄を眺めるのが、唯一の楽しみであったが、あるとき、内藤国雄対芹沢博文が、将棋欄に載っており、それは確か、内藤が中飛車で、芹沢が居飛車であったが、ある譜で、悲惨の大悪手とあった。なんと、芹沢がとても悪い手を指して、一気に敗勢になってしまったのだった。そのときから、子供心に、芹沢って、勝負弱いんじゃん、という偏見がやどり、とうとう拭えなかった。
 しかし、いろいろと将棋界の事情が分かってくるにつれて、芹沢が、中原名人の兄弟子で、子供の頃から鍛えた、ということが分かった。米長も芹沢に鍛えられたり、アドバイスされて強くなった、ということを知るにつれ、おお、芹沢って、将棋の本で言えば、将棋大観みたいな本格派では、と少しずつ尊敬する気持ちも生まれてきた。しかし、それを打ち消すように、やる気のない棋譜が新聞に載る。なんでも、普段から大酒をくらっているらしい。なんか、24歳でA級八段になって天狗になり、それが災いして、段々勝てなくなったというけれども、そういう言い訳って、と天才から遠い私には到底理解困難であった。
 一方で、私が社会人になった頃、大阪にいて、正棋会というところに所属して、大阪のアマ強豪に鍛えてもらった。その代表格が、沖 元二で、小林正美他の強豪には多少何番か入れることがでたが、大阪3強のうちの二人、沖 元二と長谷興民の二人には、どうしても歯が立たなかった。そのころ、愛読していた将棋雑誌に、将棋ジャーナルがある。そこに、正棋会には所属していないけれども、加賀敬治という真剣師が大阪におり、小池重明という者と、番勝負をする、という。ん、小池とは何者?と、そのとき思った。昭和54年頃の話である。その小池が、結局、加賀に少し勝ち越したのではなかったか。その棋譜もあったが、私の棋力では、並べても、その凄さは分からなかった。ただ、あるとき、正棋会の首領、沖 元二と、小池が、将棋ジャーナル誌上で、一騎打ちした。私は、沖さんの強さを知っているので、流石に、小池も簡単に勝てまい、と思った。しかしである。あの沖さんが、小池にまったく勝てない。これは意外だった。力負け、というよりも、波長が合わないと言った方が正しいかもしれないが、勝負の世界は、負けは負けである。すると、私<<沖<<小池、ということになる。今の言い方だと、どんだけ~、ということになる。
 そこで、芹沢に戻る。芹沢は、あいかわらず、真面目に将棋を勉強しないで、馬鹿なことばっかり言っている。例えば、将棋連盟が、どんなに負けても、C級2組からは陥落しない(今は、当然違う)と言ったのを受けて、じゃ、俺は、負け続けてやる、とわざと連敗する。とはいえ、当時の芹沢だったら、本気で指しても、体力的にどうだったか。また、芹沢は、バラエティ番組に出て、勝手なことをのたまう。私は、もういい加減にやめてくれ、と言いたくなった。
 一方の小池である。お世話になった人からかなりの大金を借りたまま、とんずらして行方不明である、という。これは、禁治産者ではないか、と私は将棋仲間と話したものである。久々にこっそり姿をあらわし、今度は真面目にやります、と宣言して焼肉屋の店長を任されながら、女を連れて駆け落ちしてしまう。
 こうして、芹沢も小池もどんどん堕ちていく。ただ、私が見るところ、この二人は、不思議に接点がなかった。もしかして、小池は接点をもちたかったかもしれないが、芹沢が、独特のエリート意識から、そもそも、アマ強豪を相手しなかった。ところが、1987年に突然、亡くなってしまう。人は、あれは、緩慢なる自殺である、と言った。体を壊しても節制せず、自堕落な日々だったからである。太宰治のようであった。
 一方の小池も、1992年に、重度の肝硬変で亡くなる。誰も言わないけど、小池だって、緩慢なる自殺ではないか。というのは、きちんと生活できるチャンスを与えられても、自分で壊してしまうからである。そういう意味で、見事に接点のない二人だが、私の中で、印象がめちゃくちゃだぶるのである。そういうと、芹沢の声が聞こえてくる。おい、小池なんぞと一緒にするんじゃない。小池は、というと、黙って、一局指しませんか、という顔をしている。そして、自信がないのか、単に芋将棋が嫌なのか、芹沢はプイと横を向くのである。
 

2007年11月21日

コンピュータは羽生を超えられるか

 今週の週刊将棋に、「コンピュータは羽生二冠を超えられるか」という特集があって、羽生と、はこだて未来大学の松原教授の講演記録が掲載されたいたが、紙面の制約もあって、あまり画期的な記事はなかった。強いていえば、松原教授が、「5~10年でプロ棋士に勝てそう。」と言って、それに対して羽生が答えず、「直感でやっていることのプロセスを説明できないのが、プログラムする際に大きいのでは。」と答えていたのが、印象的であった。
 そこで、私なりに、どうやってコンピュータの棋力を上げるか、ということを考えてみた。そのとき、いいと思っている方法は、ボナンザのアプローチである。それは、次のような方法として特徴づけられる。
- 局面で、すべての手を3手読む。
- 多数の棋譜から、評価関数のパラメータを統計的に決める。
 後者は、統計数学では、機械学習と呼ばれるものである。
 そこで、私の提案も、まず、統計数学あるいはデータマイニングのアプローチに基づくものである。すなわち、データマイニングでは、決定木という方法をもちいて、データをクラスタリングする。そこで、将棋プログラムにおいて、戦法決定木と、局面決定木を用意する。
 戦法決定木は、居飛車/振飛車と分け、その中で、振飛車を、中飛車、四間飛車と分けていく。
 局面決定木は、おおまかには、序盤、中盤、終盤と分ける。その分け方は、例えば、王将の緊迫度で決定する。すなわち、どちらかの王将が露出して、緊迫していると、終盤とみなす、というような具合である。
 このように局面をクラスタリングする理由は、戦法毎に、局面の段階毎に、評価関数が異なるだろう、という仮定に基づく。
 その仮定の下に、たくさんの教師棋譜(教師局面)を読み込んで、決定木を学習させる。その教師局面には、戦法ラベル、局面進行度ラベル、優劣ラベルをつけるのであるが、そこは、人間が行う。例えば、大学の将棋部部員をアルバイトに雇う。ただ、あるレベルのプロ棋士(庄司七段?)が全体を仕切る。
 一方、すべての局面で、すべての手を3手ではなく、5手読むようにする。すると、ボナンザよりもはるかに多くの手を読まなくてはならないが、そのために、グリッドコンピューティングの概念によって、並列計算できるようにする。とりあえず、1000台くらいつなげばいいであろうか。
 これでもかなり強くなるであろうが、問題は、羽生も指摘するように、どうプロ棋士の直感を取り込むかである。たしか、ディープブルーは、あえて直感の問題に関与せず、計算機の腕力だけでチェスのプログラムを組み、世界名人を破った。しかし、直感を入れないと、羽生にときたま勝つことはできても、羽生をして、「うん、僕よりはっきり強いです。」と言わしめることはできないような気がする。ここは、多数の棋譜を読ませて、ニューラルネットワークを組むのだろうか、それくらいの月並みなことしか思い浮かばない。ああ、貧困。

2007年11月22日

佐藤棋聖、大変調

 将棋竜王戦、第4局は、先手渡辺竜王の居飛車、後手佐藤棋聖の角換向飛車だったが、後手佐藤が、大した工夫もなく、渡辺に居飛車穴熊を許し、作戦負けになった。期待の54角の大したことなく、33の桂頭を攻められてと金を作られ、このと金が54まで移動する余裕を与えて、なんの勝負どころもなく、佐藤が土俵を割った。渡辺の快勝譜というよりも、佐藤の愚局であろう。
 佐藤は、順位戦も5連敗で、誰が見ても不調。佐藤流の超絶振飛車が、そろそろ制度疲労を起こしてきたのではあるまいか。
 戦法のリニューアルを図る時期であろう。ただ、根拠のない予想だが、結局竜王戦は渡辺に敗れるが、その後は調子を利戻し、順位戦はかろうじて残留するであろう。よいことも悪いことも、そうそう続かないのである。普通にやっていれば。

2007年11月26日

真部八段の逝去

 つい先日の将棋連盟のホームページに、真部一男八段が1年半程度休場する、とあった。それほど長期の休場というのは、宮田敦史五段の場合と同様で、何か病気であることを示唆した。しかし、今日になって、11月24日に突然逝去した、と知り、大変驚いた。まだ、55歳である。病名は、転移性肝腫瘍とあるので、要するに、肝臓癌なのだろう。
 ということは、かなり前から悪かったはずで、本人は自分の死期も大体悟っていたはずである。しかし、真部は、ぎりぎりまで公式戦を指した。絶局は、10月30日のC級2組の順位戦、豊島四段戦である。流石に、これは負けた。しかし、死期が迫って、一局の将棋を最後まで指すというのは凄い執念である。この前の将棋は、10月1日の佐々木五段との王位戦であり、これも負けたが、9月18日のC級2組の順位戦、有吉九段戦に勝ったのは恐れ入る。ロートルとはいえ、有吉は簡単に勝てる相手ではないからである。
 遡って、真部は棋界のプリンスであった。ほぼ同年代の青野、淡路と並び称され、青野、淡路よりは一歩先んじていた。1988年には、A級八段にも上り、そのころだったか、草柳大蔵の娘と結婚した。プリンスとプリンセスの結婚と言われた。しかし、草柳大蔵の娘は到底家庭的なタイプではなく、真部もよい夫ではなかったのかもしれないが、ほどなく離婚。そのころから、真部の歯車が狂いはじめた。次第に負けが込んで、クラスが下がっていく。しかし、いかなる意味でも、芹沢のような自暴自棄ではない。彼なりに真面目に努力していたのである。
 趣味は囲碁で、持ち前の凝り性から打ち込み、河口五段とともに、将棋連盟では、トップクラスの打ち手となった。また、年上の女性との同棲も喧伝された。しかし、将棋に対する態度は真面目で、彼が書いた「升田将棋の世界」は名著である。独特の掘り下げの将棋論が展開され、深みと頭のよさを感じさせる。棋士ではなく官僚にでもなっていれば、偉くなったかもしれないが、しかし、独特のあくの強い性格なので、周囲とぶつかったかもしれない。
 推察であるが。ここ数年冴えがなかったのは、病気のせいであろうか。というのは、知り合いに同様の病気でなくなった人がいるが、一進一退で結局、次第に押し切られてしまう病気だからである。
 私は真部の熱烈なファンということはない。また、その棋譜を並べたこともほとんどない。しかし、彼の優れた将棋評論が読めなくなったのは、残念である。あの世でも、将棋の研究を続けてほしいと願うものである。

2007年12月 5日

好調はなぜ続かないか

 どの世界でも、圧倒的な実力をもつ人がいる。例えば、将棋の羽生など、その例だろう。囲碁では、韓国のイ・チャンホがそうであった。そういう人は圧倒的に強いのだから、コンスタントに8割くらいの成績でぶっちぎってもおかしくないはずである。また、羽生が七冠タイトルを独占したときは、今後、一体誰が羽生からタイトルを奪回できよう、羽生の七冠状態は、今後十年は続くのではないだろうか、と喧伝されたものである。
 ところが、そうは問屋が卸さなかった。羽生が七冠になってわずか数ヶ月後に、三浦が羽生から棋聖位を奪回して、あえなく七冠が終焉した。そして、その後も、七冠復帰は達成されそうにない。
 なぜだろうか。その問いはきっとおかしくて、もし羽生の七冠状態が本当に十年続いていたら、それこそ、羽生は宇宙人に違いない、ということになる。それでもあえて、好調はなぜ続かないか、と問うてみる。
 すると、次のようなことが考えられる。先ず運気のバイオリズム。四柱推命などの中国古来の占いによれば、人間は、誕生から始まる運気のバイオリズムがあり、それは、誕生日によって以降一意的に定まる。中国では、これが強く信じられていて、会社のトップは、ライバル会社に決して、自分の誕生日を明かさないという。教えると、運気を計算されてしまうからである。そうして、運気の移り変わりは、相手にもある訳だから、沢山の人の運気が織り成すと、まるでフーリエ級数のように複雑な様相を呈する。こうして、流石の羽生も、運気のうねりに飲み込まれてしまうことになる。
 別の要因は驕り。羽生といえども、勝ち続けると、こんなもんで勝てるのかも、という驕りが生じる。そして、甘い手を指してしまう。羽生だからまだいい。凡人だと、驕った瞬間、奈落に落ちて這い上がれない。
 あとは疲れ。不調は辛い、苦しい。しかし、実は好調はもっと疲れる。ドーパミンに操られて乗り乗りのようでも、実は、体はどんどん疲れて、あるとき突然、カタストロフがくる。ここでも、凡人は谷底に落ちる。羽生なら、なんとか、崖に生えている木にしがみついて、また上ってくる。
 というヨタ話であった。

2007年12月 6日

両方の名人

 今週号の週刊将棋に、真部の追悼特集があった。それで、真部は将棋界きっての碁打ちであったので、囲碁と将棋の両方の名人になれるか、ということに関して、真部が述べたというコメントが掲載されていた。
 すなわち、真部によると、先ず、将棋のプロになる方が、囲碁のプロになるよりずっと厳しい。これに異論がある人は多くないだろう。すると、囲碁と将棋の両方の名人になるためには、先ず将棋の名人になる必要がある。これも、異論はない。で、真部が言うには、そのためには遅くとも、15歳くらいで将棋のプロになっておく必要がある、という。これに該当するのは、加藤一二三、谷川、羽生、渡辺明くらいである。ここから一直線に将棋の名人を目指すと、二十歳で名人になれる。そこからやおら、囲碁のプロを目指す。
 おいおい待ってくれ、二十歳で囲碁に転向して、才能があれば囲碁のプロにはなれるもしれない。でも、名人はないんじゃないの、と思うが。
 それで真部は、こう言い直す。真部自身よりも、囲碁・将棋両方にはるかに才能がある人であれば、12歳くらいで将棋のプロになれる。将棋のプロということは四段、ということである。それから、まあおそらく順位戦は適当につなぎながら、囲碁のプロを目指し、頑張って20歳くらいで囲碁の名人になる。おいおい、と思うが、真部自身よりも、囲碁・将棋両方にはるかに才能がある人、という仮定なのだから仕方がない。それから、将棋に本腰を入れて、順位戦で勝ちあがり、将棋の名人になる、というストーリーを真部は述べる。
 真部は、江戸時代の本因坊や名人なら、それくらいやってのけるかも、というが、一体誰のことを言っているのだろうか。私が知る限り、囲碁の棋力と将棋の棋力を足して、江戸時代で一番優れていたのは、おそらく算砂である。しかし、知得、道策、秀作などの囲碁の名人のように、算砂があがめられているとは聞かない。一方、将棋で江戸時代強かったと喧伝されているのは、大橋宗英と、天野宗歩である。異論はあるかもしれないが、大山、升田などの現代の棋士を考慮しなければ、この二人が双璧であろう。しかし、この両者が、囲碁が強かったという話は聞かない。まあ、アマ高段者くらいには打てたとは思うが。
 真部は同意しないかもしれないが、私の理解では、才能には排他律がある。すなわち、1つの才能は別の才能を阻害していまうのである。例を挙げよう。私が属している会社の将棋のチームは、職団戦で、Aクラスの下の方で、よっと、ときどきBクラスに降級する。しかし、流石に、Bクラスでは結構勝てて、すぐにAクラスに復帰できる程度の実力である。そのBクラスに以前、日本棋院チームが出場した。みると、高木祥一その他、将棋腕自慢の囲碁棋士が5人そろっていた。私は、そこそこ行くんでは、と見ていたら、無名のチームに全敗して敗退していた。ということは、高い確率で、私が所属する会社のチームより弱い。私が所属する会社のチームは、私がそこそこの地位にあるくらいだから、結構吹けば飛ぶ程度の強さである。よって、日本棋院チームの将棋の実力たるや、推して知るべしである。
 この類推でいくと、将棋の大山や升田は、将棋界では囲碁が強い方だったらしいが、囲碁のアマトップから見ると、おそらく吹けば飛ぶような旦那芸であろう。将棋界では、河口五段は、アマで神奈川県の囲碁の代表になったことがあるくらいで、囲碁のアマトップに対しても、そんなに簡単には負かされないだろう。そして、真部も、河口に伍する力はあったと思う。しかし、河口や真部の将棋の実績を、大山や升田に比べてみるがいい。何をかいわんやである。
 こうして、囲碁と将棋、両方の名人になる、ということは、理論的にのみありえること、と言ってよいのではないだろうか。

2007年12月14日

竜王位、防衛

 渡辺が、4勝2敗で、竜王位を防衛した。7番勝負が始まる前に、渡辺は絶不調であった。B級1組の順位戦で、5連敗していたからである。しかし、7番勝負でそんなに大負けする予想もなかった。なぜなら、挑戦者の佐藤棋聖も、調子は下降気味であったからである。竜王戦といえば、そのとき一番好調の人が挑戦するようになっていて、それが故に、竜王戦を4連覇した人はいない。だから、佐藤が下降気味の調子で挑戦できた理由は、不明なのであって、強いて理由をつけるなら、渡辺に防衛させる、という天の指示であった、としかいえない。
 果たして、渡辺は、7番勝負を戦いながら調子を次第に上げていき、佐藤は、7番勝負を戦いながら調子を下げていった。佐藤は、得意の変態振飛車が、完全に疲弊しまっていた。戦法の制度疲労といってよい。そこで、変態振飛車を捨てて、矢倉、ひねり尾車、とまるで先祖返りして、懸命に戦った。しかし、勝った2局も完全な渡辺のポカによるものであり、4タテであってもおかしくなかったであろう。
 特に、渡辺が防衛を決めた第6局。佐藤は、後手で2手目、32金。これに対して、あえて誘いにのって中飛車にした渡辺は、その時点で既に気合勝ちだった。佐藤は、負けても、ここでは変態振飛車を選ぶべきだった。変態振飛車の墓標をここに建て、次なるステップとするべきだった。後手で2手目、32金では、まるで、高校野球で、星陵の松井をことごとく敬遠した、明徳義塾である。
 このようにして負けた佐藤は、どう体制を立て直すのか。
 一方の渡辺。史上初の竜王、4連覇。まだ本調子とはいえないが、やっと立ち直りのきっかけを掴んだ、と言える。挑戦が佐藤でなく羽生なら、あるいは森内なら、確実に、竜王位は奪取されていた。まさに幸運であるが、これは、運も実力のうち、という言い方が的外れでない、数少ない場合であろう。次の課題は、B級1組の順位戦でとりあえず残留する、というとても地味な、しかし、そんなに簡単でもない、テーマなのであった。

2007年12月18日

将棋と学業

 ブログも500個近く書いていると、どうしても似たようなのが出てくる。このトピックも既に書いたのかもしれないが、重複を懼れず、書いてみる。
 さて、私は、小さい離島の出身であるが、そこに小さい小学校と中学校がある。今では、すっかり生徒が減ってほとんど廃校に近いが、当時は1学年に50人ちかくはいた。その離島の学校にあって、私はクラスで真ん中の成績だったから、凡庸に輪をかけたような存在だった。しかも、子供の頃結核を患って安静期間もながかったので、おそろしく体育が苦手で(もしかして、生まれつき運動神経が鈍いのかも、と後で思った)、まあ悲惨な小学校生活だったと言える。当然のように虐めの対象であって、今にして思えば、よくまあ、世をはかなんで自殺しなかったと思うが、昔は、そもそも、そういう子供なんて、聞いたことがなかった。
 それで、昔は遊びといえば、屋外で野球、雨が降れば、家の中で将棋がお決まりのコースだった。将棋は、最初、駒の進み方を覚えるのに一苦労した記憶がある。それで、指してみるのだが、全然勝てない。ただ、あるきっかけから、街に買い物に行った際に、将棋の本が目に付いた。佐藤大五郎の「新しい定跡」とかいう本で、そもそも、駒の進み方を覚えたばかりの子供に理解できるはずがない。ただ、なぜかそれを買って、眺めていた。また、実際に本にあるように指してはみたが、相手は本にあるように来ないのだから、余計に負ける。
 こういう日が続いてある日なぜか、すこしだけ、本に書いてある定跡の心が分かったような気がした。すると、ときどきは勝てるようになり、それからは、将棋が面白くてたまらなくなった。もともと本が好きな私は、他にも将棋の本を買い込み読むと、クラスでは二人を除いて、だいたい勝てるようになった。その二人は、やはり将棋の本を読んでいたので、常に私よりも一歩先を進んでいたのだった。
 そこで中学に進学すると、凡才であった私が、なぜか教科書を読んで、とても面白いと思うようになった。きっと、きっと将棋による頭脳刺激の効果だと今でも信じている。あいかわらず将棋に没頭していたので、勉強ばかりではなかったが、その田舎の中学では、かなり上位の成績になった。将棋様様である。
 高校に進むと、そこは進学校だったので、田舎者の私が流石に上位に食い込むことはできなかった。しかし、将棋に没頭する人はいなかったので、将棋は高校では一番強かった(といっても、今の初段もなく、せいぜい1級くらいか)。高校では、中学から続けている卓球部を続け、船で通っていたので、ほとんど勉強する暇もなかった。それでも、将棋の本や雑誌だけは地道に読んでいた。
 受験勉強は、高3の夏になってようやく始めた。もともと、中位の成績なのだから、大したところに受かれるはずがない。しかし、無謀にも国立大学を目指した。友人は、あきれて苦笑いしていた。ただ、将棋をやっていたおかげなのか、集中力はあり、かなり追い込んだと思う。しかし、囲碁でいえば、やはり盤面10目足らない、というレベルの学力だったが、本当にラッキーで、国立大学に現役で受かった。これもまた、将棋様様であった。
 しかし、将棋の神通力もここまでだった。大学に入って、友人もいなかったので、友人を探すため、と将棋部に入った。するとまあ、みんな強いこと。たいていの先輩は、アマ四段や三段あったのではないだろうか。しかし、こちとら、田舎でアマ一級であった。勝負になる訳かない。何十連敗しかたかしれない。悔しくて下宿で熱わ出して、寝込んだこともある。
 私はもともと、物理学者になるのが夢だったので、それなりに勉強した。しかし、悔しかったので、将棋にも打ち込み、なかなか勝てなかった先輩にも、ようやく、ときどき勝てるようになった。すると、私の頭の中で、物理学と将棋が妙な原子核反応を起こして、物理学も将棋も、どちらも中途半端になった。それからどう単位を取って卒業したかも覚えていないくらいである。
 それで得た教訓は、小学校や中学校である程度将棋に打ち込むのは、却って学業向上にいい。数独ではないが、格好の頭の刺激になるからである。しかし、もし将来、知識労働者として生きていこうとするなら、どこかで、早い段階で、将棋をデカップルしなくてはらない。目安としては、アマ三段の弱いとこらあたりで止めておく。すると、頭に対する影響は小さい。そして、興味を、学業に振り分けなくてはならない。
 そう私が言うのには根拠があって、大学の私が尊敬する先輩達は、今でも私よりも将棋が強いが、大学において留年し、くすんだ日々をへて就職し、いわゆるエリートコースを歩んでいない。私も社会経験を経たので、エリートコースを手放しで賞賛しない。むしろ、将棋に打ち込んだおかげで、いろいろな人と知りあえて人生の幅が広がったと考えることもできる。ただ、余計な苦労を買ったね、みたいな感慨はある。
 ところが、会社に入って、ある基礎研究所の研究員と出会った。きっかけは将棋である。ある社内の会合で、将棋を指した。すると、将棋はまあ、私が少し強かった。しかし聞くと、その研究員は、元東大の囲碁部の選手でならし、囲碁で関東の個人のタイトルもとったほどである、という。そこで、おろかな私はこう考える。ああ、じゃあ、きっと専門の研究分野は大したことないよね、と。彼は、応用数学が専門だった。
 ところが、ある日、彼は会社を去った。その挨拶メールを見ると、なんと東北大学理学部の数学科の教授に着任するだという。私は思わず、うう、と声をあげた。専門の業績も半端じゃなかったのか、と。
 それで、将棋をやりすぎると学業に障るという、いわば森綾太郎の方程式も、私の乏しい才能を前提としてものだと分かり、到底一般化できないことが分かった。こうして、今日も、私はトボトボと生きていく。

2007年12月28日

佐藤康光の残留

 佐藤康光が、A級で谷川に負け、これで6連敗、今のところ単独の最下位である。次の行方戦がキーポイントで、これに負けると流石に危ないだろう。しかし、佐藤にとって有利なのは、今期、とても星が割れていることである。今の時点で、久保と行方が1勝5敗、よって、残り3局のうち2つ勝てば、なんとか残れる可能性がある。これはとてもラッキーなのであって、例えば、深浦は、4勝5敗で降級したことがある。そういう展開なら、佐藤は、既に降級決定なのであった。
 ところで、大山、谷川、羽生は、今まで降級していない。米長でさえ、引退する年まで、降級しなかった。なお、適当に休場していた升田は、ここでの比較からはずす。
 そこへいくと、神武以来の天才、加藤一二三も、その棋才は米長以上と言われた内藤も、A級で随分、降級し、B級1組から復帰する、ということを繰り返した。大山、谷川、羽生、米長と、加藤一二三、内藤との違いは何なのだろうか。才能の違いと言ってしまえばそれまでだが、もしかしたら、才能というよりも、勝負に対する執着度の違い、と言ってよいのかもしれない。大山は当然として、羽生も米長も、悪粘りを厭わない。
 そこで注目すべきは、谷川である。彼は、入玉や千日手が大嫌いで、悪粘りするくらいなら投了した方がよい、と思うくらい淡白である。それでいて、一度も降級の危機に晒されたことがない、というのは、驚異的な才能なのであって、羽生より上、という見方もできよう。かつて、芹沢が谷川を絶賛していたのも故なしとしない。
 で、佐藤康光であるが、どうみても才能も勝負に対する拘りも、米長以下ではない。すると、やはり佐藤は残留すべき、ということになる。ここで、「べき」がどれほど意味があるか、ということになるが。

2008年1月 6日

脳内将棋

 正月に、衛星放送で将棋の特集番組を見ていたら、脳内将棋というのを、佐藤康光と、久保が対戦する、という。脳内将棋って何?と思っていたら、どうも、盤を見ないで指す将棋のことらしい。ああ、めくら将棋かと思った。少なくとも、私の世代には、めくら将棋の方が通りがいい。ただ、「めくら」という言い方が、差別用語で使えなくなったのだろう。そもそも私は、「脳内」という言い方が嫌いである。数年前だったか、春山勇とかいう医学博士の「脳内革命」という本がベストセラーになった。しかし、きわもの本が好きな私も、なぜか、「脳内革命」は全く手にとって見る気もしなかった。そうしているうちに、春山勇氏の経営する病院が経営不振で営業停止となり、「脳内革命」のブームも立ち消えとなった。
 ところで、佐藤康光と久保の脳内将棋であるが、盤を見ないだけではなく、一手10秒以内、という厳しい条件なのに、とても気合の入った熱戦となった。戦形は、先手久保の早石田、佐藤の居飛車。早石田を受けるために、駒が左翼に偏った隙を突かれ、玉側から端攻めされて、佐藤が困った。しかし、香得に油断したか、捌き方を間違え、最後は、84から39に利く角の働きで、久保が即詰みに討って取られた。盤面を見ている私にも、即詰みは自明ではなかった。佐藤は、正月番組の脳内将棋で、三連勝中である、という。冗談でも一秒に三億と三手読む、と喧伝される佐藤は、独特の短時間での読みの速さと、脳内での盤面再現能力があるのだろう。私のような凡才には、単に反則にならないで、脳内で駒を進められるだけでも驚異的である。
 では、脳内で一手10秒以内、というのは、どれくらいのハンデなのだろう。私は直感的に、角落ちくらいかも、と思った。それでも、佐藤康光と久保が、とても拮抗したプロらしい展開になったのは、双方に同じハンデが適用されたからである。だから、ハンデに気づかないで済む。
 では、平手の手合いで、佐藤康光が脳内将棋一手10秒以内で、私が持ち時間40分だと、私が勝てるか。直感的には自信がない。ただ、王を意味もなく移動したり、銀を出たり入ったりと、いわゆる「将棋にない手」を駆使すると、混乱を招いて勝てるかもしれない。しかし、それは、勝つという何に値しないであろう。

2008年1月17日

ポテンシャル・ミニマム

 週刊将棋を見ていて、ポテンシャル・ミニマムという言葉を考えついた。どういうことかというと、現役の将棋のプロ棋士で、一番勝率が低いのは、沼春雄の、3割7分五厘である。えっ、そんなに低いのか、それでもプロか、と思う人があるかもしれない。しかし、例えば、私程度のの棋力、すなわち、弱いアマ四段程度の棋力でプロ棋戦を戦ったらどうであろうか。おそらく、ほとんど勝てず、もしかして、勝率は、五厘程度になるかもしれない。よって、現在のプロ棋士選別システムは、一番弱い人でも、3割7分五厘というポテンシャル・ミニマムを達成する点で、有効である、ということができる。というのは、沼春雄が地方に出かけて指導するとして、大抵のアマチュアなら、県代表クラスでも、歯が立たないからである。それは、瀬川が四段にプロなって、沼にきっちり負かされたことからも言える。
 実際、私が大学生のとき、当時奨励会三段であった武者野が、指導に来た。そのときの武者野は、今の、将棋連盟と軋轢を生じている武者野よりは強かったであろうが、しかし、有望若手というほどでもなかった。それでも、結局、多面指しで、ほとんどの地元の力自慢が勝てなかった。私か弱いので見学に回っていたが、強弱はともかく、筋がそもそも違うわい、と思ったものである。
 それでは、例えば、司法試験で、ポテンシャル・ミニマムの基準が満たされているか、すなわち、一番駄目な弁護士でも、アマチュアで法律に詳しい人よりはましか、というと、旧来の司法試験を経た人なら、まあなんとか満たされているような気がする。ところが、新しいロースクールの下で合格した弁護士だと、中には、アマチュアで法律に詳しい人に打ち負かされてしまう人が出てくるのではないか。というのは、新しいロースクールは、法律の授業を受けて、それで最終試験を受ける形式なので、法学部を普通に出て、それなりに法務部などで働いている人よりも詳しいとはいえなくなってくることがありえる。よって、私の定義では、それだと、ポテンシャル・ミニマムを維持できなくなる。すると、何がおきるかというと、プロと非プロの境界の曖昧さである。
 それが悪いことかというと、実はそうではない。それでこそ、人材の混交が生じ、真に有能な人も出てくる。だから、ポテンシャル・ミニマムが維持されているうちは、業界に、真に有意のすべての人材を取り込んでいないといえるのである(証明は省く)。

2008年2月 1日

四間飛車はなぜ指されなくなったか

 最近、プロの将棋をみていると、振飛車党が、四間飛車を指さなくなったような気がする。例えば、藤井九段しかり、久保八段しかり、女流で四間飛車の女王と言われた斎田晴子しかりである。すると、何を指しているのかというと、ごきげん中飛車、角換向飛車、石田流などである。
 でも、もしそれに理由があるとして、私は、四間飛車のどこがまずいのか、さっぱり分からないである。私程度の棋力で云々しても仕方ないのだが、私は、自分が居飛車側として、いまでも、四間飛車が一番困る。というのは、攻防にバランスがとれていて、隙がないのである。急戦でも、持久戦でも、なかなかよくすることができない。
 ところがである。アマチュアの将棋をときどき覗くと、いまでも、四間飛車は盛りで、これしか指さないという人も結構いるのではないか。すると、どうも、プロが四間飛車を指さない理由は、私程度以下のアマチュアには理解できない深遠なものであるような気がする。
 それでもない知恵絞って考えてみるに、どうも、対穴熊の四間飛車側の定番であった藤井システムが研究の結果、なかなか功を奏さなくなってきていることが一番の原因かも、と思えてきた。実際、ときどき藤井システム対居飛車の棋譜をみかけるが、結局、五分の捌きになっても、藤井システム側は、玉が囲えていないので、流れ弾が当たりやすい。
 では、なぜアマチュアではまだ四間飛車が指されているかというと、そもそも、アマチュアでは藤井システムんてやらない。藤井システムは並みのアマチュアには難しすぎるのである。それで、そういうのではなくて、アマチュアでは、対四間飛車には、棒銀、斜め棒銀、ミレニアム、居飛車穴熊など、昔からの戦法が使われ、すると、まったりと力の勝負になる。で、結論がでないので、四間飛車を避ける必要もない。
 と書いてみて、プロだって、藤井システムをやらなければ、カウンターパンチ食らわないのだから、四間飛車を避ける理由はない、ということになることが分かった。
 で、結論を無理やりいうと、普通の四間飛車対居飛車のまったりした戦いが、今のプロの嗜好にあわないのだろう、と思うことにした。今は、これでもか、これでもかと先を急ぐ将棋が流行る。石田流の最新の変化だって、そんなに急いでどこに行く、という感じである。世知辛さが理由、ということになりそうである。

2008年2月 2日

A級順位戦

 A級順位戦、佐藤が踏ん張った。久保に勝ち、佐藤と久保とも2勝6敗。順位の差で、佐藤の方が残留に圧倒的優位である。佐藤の最後の相手は木村。先日のNHK杯の拙戦をみていると、佐藤の方が勝ちそうである。
 一方の久保はというと、三浦。ここは、歯を食いしばって勝ち、残留に望みをかけるであろう。すると、木村に勝ち、7勝1敗となった羽生の名人挑戦となる。ようやくにして、羽生19世名人のお膳立てが整うのか。
 一方、降級は、1勝7敗の行方。もう少し粘りがあると思ったが、力が発揮できなかった。
 流石なのは、谷川。挑戦候補の三浦にきっちり勝ち、残留を決めた。厳しい将棋の順位戦では、特にA級では、残留すること自体が偉大である。
 ただ、一ファンとしては、あまりドラマチックでない方向に星が動いたね、と思う。事実は、小説より平凡なり、であった。

2008年2月 6日

吉田正和

 今、奨励会三段リーグで、吉田正和が11勝1敗で突っ走っている。やっと来たか、という感じである。
 吉田正和を知ったのは、4年くらい前のアマ王将戦だったか。当時、吉田はまだ18歳くらいであった。基本的に自分で棋譜を並べ、詰将棋を解いて強くなった、週刊将棋に書かれていた。このあたり、大分の早咲アマ名人と似ている。
 ところが、もしかして吉田正和が別格かもと思ったのは、対清水上戦であった。清水上氏は、明治大学のOBで、振飛車党、アマチュアトップクラス、ところが、吉田正和は、居飛車急戦で、たった一手の清水上の、悪手ではない、緩手を咎めてそのまま押し切ってしまった。○○で終わりですよね、と涼しげにいう。
 そういう吉田だから、異例の初段試験を受けて奨励会に受かっても、特に意外ではなかった。ところが、奨励会では、二段になるのに随分時間がかかった。伸び悩んでいたといっていい。三段にも随分時間がかかった。本来強気なはずの吉田も、随分おとなしくなった。
 だから、ここに来ての三段リーグでの快進撃は、やっと来たか、なのである。
 それにしても、前期の前半頑張った、今泉三段は4勝8敗と振るわない。やはり、30歳を過ぎて三段リーグに入りなおすというのは、とても大変なことなのか。そういう意味では、瀬川四段も、三段リーグから挑戦していたら、今泉程度か。
 その瀬川が現在、プロで通算5割程度の勝率だから、吉田は、少なくともされ以上、すなわち、6割程度の勝率を得ることができるか。
 ただ、子供のときから空気のように将棋の雰囲気を吸い込んできていないという意味で、吉田は、櫛田に似ているかもしれない。
 こうして、吉田はプロとして活躍できるのか、あるいは瀬川以上でせいぜい櫛田程度なのか。10代の後半になるまで独学というのは、後者の可能性を示唆するが、でも、清水上を一閃のきらめきで破ったあの冴えはやはり只者ではない、と私は信じたい。

2008年2月 9日

好調の結節点

 先週の日曜日、NHK杯の将棋をみていたら、羽生対長沼であった。誰が見ても、羽生の方に分がある。実際、長沼の角換ごきげん中飛車に、羽生が玉頭位取りに構え、果たして、羽生が優位に立った。玉頭から攻めて、次第に長沼を追い詰めていく。ところが、長沼は、決め手を与えない。羽生は次第にあせり、反撃を許す。それでもまだ、丁寧に指せば、羽生に残っていたようだったが、分かりやすく局面を落ち着かせる手を見逃して、羽生は破れてしまう。しかし、これが、好調の結節点だったようだ。
 羽生は、その竜王戦の1組1回戦でも、深浦に破れ、王将戦第3局でも、久保に敗れた。さあ、羽生の不調の始まりである。羽生は、一旦不調に陥ると、1ヶ月くらい不調が続く。要するに、終盤でぽっきり折れるようになるのである。終盤の冴えと粘着力が羽生の持ち味なので、不調の羽生は、味気ない。
 原因は、要するに、勝ち疲れであろう。ここからの予想は、王将戦で久保が巻き返す。もしかして、今から2連勝して、羽生を3勝2敗と追い詰めるであろう。しかし、そこから羽生が次第に復活し、羽生はぎりぎり防衛するであろう。
 A級の最終対局、羽生は谷川に破れるであろう。しかし、三浦が久保に負け、羽生は、挑戦権を得るであろう。
 で、名人戦は? 分からないけど、森内がいまいち調子が出なくて、羽生が4勝2敗で名人位を奪取し、19世名人の資格を得るだろう。
 まるで、ジュセリーヌのような、勝手且つ細かい予想である。1つでも当たれば、めっけもの。ところで、今テレビの囲碁・将棋ジャーナルを見ていたら、朝日オープンの準決勝で、羽生が丸山に負けたらしい。やはり、羽生の不調はまだ続くようだ。

2008年3月 4日

将棋界の一番長い日

 昨日は、将棋A級順位戦の最終日、すなわち、「将棋界の一番長い日」であった。毎年、この日は、A級棋士の一斉大局で、盛り上がる。なんと、夜の2時まで、NHK第2の衛星放送で放映される。
 ただ、この日は、下記の理由で、ちょっと盛り上がりに欠けた。
1.羽生が、7勝1敗で、二位の三浦に、1ゲーム差。しかし、羽生の最終戦の強さ、相手の谷川に対するここ数年の相性のよさを考えると、ほとんど、当確である。
2.行方が、既に陥落決定。これは、壮絶さの趣向を殺ぐ。
3.陥落の危機にある佐藤だが実は、結構安全なのである。すなわち、佐藤は、自分が負け、久保が勝ったときだけ陥落。すなわち、その確率は1/4.それだけではない。佐藤は、木村に対して相性がよい。先日のNHK杯も、将棋にならなかった。木村の呼び込む受けが、佐藤の攻めの強さに耐え切れないのである。一方の久保は悲壮だが、今期の三浦は好調で、安定感がある。よって、数学的な佐藤の残留率は、0.75だが、実際は、0.9くらい。すなわち、佐藤が落ちる確率は、0.1とみた。
 しかし、それは傍で見ている者の話であって、テレビに映る佐藤の表情には、悲壮感が漂っていた。一方、残留が決まっている木村は、余裕しゃくしゃくである。その気合の違いか、佐藤対木村は、佐藤が必勝に近い優勢になる。ところが、途中で佐藤が間違え、泥仕合になった。一時は、佐藤玉に即詰みがあったようだが、木村は決めきれず、佐藤が制勝した。勝っても、佐藤の表情の悲壮さは、なかなか収まらなかった。一方の木村は余裕の表情。これでは、木村、来期は危ない。
 羽生は、予想どおり、あっさり谷川に勝った。これで名人位挑戦。今期は、森内に勝てるか。
 郷田も、矢倉戦で、あぶなげなく行方に勝った。
 丸山は、2枚のと金攻めで、あっさり藤井を破った。以前は、藤井は丸山がお客さんだったのだが、流れが変わったか。
 三浦は、千日手ののち、久保を破った。久保はいままで、何度も危ない目に遭いながら、ぎりぎりでA級に残留してきた。しかし、今期は命脈が尽きた。羽生に、王座と王将で往復ビンタくらい、精力を吸い取られたか。
 ということで、いまいち盛り上がりに欠ける「将棋界の一番長い日」だったが、それでも独特の切迫感が楽しくて、きっと来年も見るだろう。一流プロといえども、終盤で時間が切迫して慌てるのは、私のような弱小アマチュアと表面的にはあんまり変わらない。ただ、慌てて指した手が、ほとんど急所を外れないだけである。それは、まあ、とても大きいのだけれども。

2008年3月20日

将棋の「最先端」本

 将棋は、気力も棋力も衰える一方で、段々救い難い状態だが、それでも、鑑賞用ということで、最先端の定跡を紹介する本を買って、読むともなく眺めることがある。
 それで、以前から、よく書けているなあと思うのが、深浦の「最前線物語」である。今の浅川書房に変わってからも2版である。深浦の本のいいところは、とても中身が濃いことである。1冊の中に、最新戦法のエッセンスがぎっしり詰まっている。ただ、それだけに、変化の手順も多く、理解が大変である。もしかして、ちゃんと理解するには、奨励会の有段クラスを要するのではないだろうか。
 次に紹介するのは、序盤は村山に聞け、の村山慈明の「最新戦法必勝ガイド」。
 深浦の「最前線物語」が、沢山の局面を細切れでカバーして欲張っているのに対して、村山の「最新戦法必勝ガイド」は、キーとなる戦法を絞り込んでいる。すなわち、藤井システム、ゴキゲン中飛車、石田流、後手番一手損角換、85飛山崎流である。しかし、この本もまた、奨励会の有段クラスであって、眺めるのが精一杯である。
 次は、定番の所司和晴の「将棋定跡最先端」。実は、所司和晴は、多様な戦法に亘って、膨大な先端定跡書があるが、棋友に聞くと、どうもいまいち評判がよろしくない。記述が冗長で眠くなる、というのである。この「将棋定跡最先端」も、多少のその嫌いはなくはない。確かに、深浦や村山慈明の本よりは平明で、私レベルの棋力の者にもついていきやすい内容なのだが、どうも、メリハリに欠けるのである。
 最後は、勝又清和の「最新戦法の話」。実は、私的には、「最先端」ものでは、これが一番面白いと思う。理由は、勝又清和の個人的なコメントが随所に挟まれていて、それを読むだけでも面白い、ということがある。また、羽生や近藤などに直接聞いて話したことも織り込まれている。だから、強くなるとか、戦法に熟練するという意図ではどうか分からないが、読み物としては、お勧めである。難解なことを噛み砕いてやさしく語るという、勝又の才能に喝采を送りたい。少なくとも、深浦や村山には、そういう才能はない。どっちが将棋の才能があるか、というのはまた、別の話である。
 さて、こういう本を読んで、私ならずとも、アマチュアトップクラスの人が、最先端の戦法を使いこなせるか、というと、どうも違うようである。例えば、アマチュアの大会で、藤井システムも、85飛戦法も、後手番一手損角換も、ほとんど見たことはない。ただ、ごきげん中飛車だけは、アマチュアでもなんとか指しこなせるようで、散見する。
 ということで、一般的に言えることは、最先端の戦法は、薬で言えば、医科向けであって、なかなか素人が処方できない。下手に処方すると、却って病気が悪化するようなものである。すると、勝又の本のように、臨場感溢れる現場感覚を伝えてくれればよいのであって、細かい変化は、どうでもいい、というと少し言言い過ぎか。
 でも、これは、別に今に始まったことではない。私が若い頃、大山の棋譜の真似をしようとしたことはあったが、一度たりとも大山のようにうまくいったことはなかった。そういう意味では、昔も今も変わらないのだが、ただ、今は、戦法のバリエーションと、変化の速度が、爆発的であって、アマチュアはただ、とまどうばかりである。例えば、最近プロで流行りだしてきている、76歩に対して、いきなり32飛と振る戦法は、上記どの本でもカバーされていない。だから、少なくとも2年に一度くらい「最先端」本は、刊行されるに値する。
 そんなとき、必ずしもトッププロでなくて、あまり対局に追われていない勝又に、私は期待するのである。くどいようだけれども。

2008年3月29日

将棋 - 初手の悪手

 最近、友人と、将棋の初手で一番悪い手は、何だろうと少しだけ議論した。友人は、48玉かもと言い、私は58金左かも、と応答した。そして、58金左だと、84歩で困るのでは、と言ったら、その後、76歩、85歩、77角、83銀、66歩、84銀、67金、74歩、88飛で、潰れない、という応答であった。確かに、先手の陣形をかなり制約するものの、とても一気には攻め潰せない。プロ的にはどうか分からないが、アマ的には、一局かもしれない。
 友人は寧ろ、初手の悪手として、48玉を推す。58金左が明確な潰れを指向するとしたら、48玉は、もっと曖昧に、漠然とした作戦負けを目指す。で、模擬的に自分して48玉以下指してみたが、後手は、振飛車にするのがよいようである。しかし、先手も右玉模様に構え、少し作戦負けぽいが、これもアマ的には、一局だと思えた。
 よく考えたら、もっと悪そうなのは、初手86歩である。すると、84歩、78金、85歩、同歩、同飛、87歩、82飛、76歩、72銀、68銀、83銀、84銀、77銀、となって、潰れはしないが、相当作戦的に制約される。
 以上の考察から、次のことが言える。
 先ず、将棋の初手で、どんな手を指しても決定的に不利になることはない。逆に言うと、相当なプロ的センスがないと、決定的に不利だといえないということである。
 そういう前提で、つぶれはしないけれども悪そうな初手は、86歩、48玉、58金左である。で、ふと思いついたのだが、初手78飛はどうか。しかし、以下、34歩、58金左、84歩、76歩となって、これも、かなり「一局」である。以上から、次のように悪手をランク付けする。
1.86歩
2.48玉、58金左
3.18香、98香 ・・この段階で、香を上がるのは、穴熊でも目指さないと意味ないかも。ただ、具体的に咎めるのは難しい。
4.68銀、78銀 ・・自ら角道を開けられなくする。
5.38金 ・・・飛車を囲っている。しかし、具体的に悪くなる訳ではない。
6.46歩、68金、48金、18飛・・具体的にどうこういうよりも、意味不明である。もちろん、悪くなる訳ではない。
7.38銀、38飛、48飛・・・なんとなく、意味がありそうである。
-------------------------------------------------
さて、それでは有意義な手となると、上記以外であるが、普通な順から並べる
1.76歩、26歩
2.56歩、58飛・・プロの将棋でも普通にみかける
3.36歩・・プロの将棋でも普通にみかける。
4.66歩、68飛・・・要するに、4間飛車指向である。
5.16歩、96歩・・・プロの将棋でも、ときどきみかける。
6.78金・・・居飛車党に振飛車を誘う。ありえる。
7.48銀・・・後手の初手62銀はあるが、先手の初手48銀はどうか。プロではないかもしれない。

2008年4月10日

名人戦

 大方の予想は、名人戦は羽生有利というものだが、私は寧ろ、森内やや有利と思っている。果たして、名人戦第1局は、森内の勝利となった。私の予想はほとんど当たったためしがないのだが、それでも、私は、今期も森内が4-2で防衛すると見る。以下、その理由を述べる。
 まず、大方の予想で、名人戦は羽生有利という根拠は、おそらく、最近の二人の成績によると思われる。というのは、羽生は今、コンスタントに7割以上勝っているのに対し、森内は、最近、5割をやっと超えている程度で、現役の名人でこのような成績の者は、聞いたことがない。だいたいは、6割の勝率はキープしているものである。しかし、長年将棋を指してきた者なら、絶対的な好不調や、勝率とは関係なく、ある二人だけの間の相性や自信のもちかたによって、特定の二人の間で意外な星の偏りが生じることがある、ということに同意戴けるだろう。
 2004年の名人戦で、森内は、A級全勝で当時の羽生名人に挑んだ。そのとき、実績では羽生が圧倒的に有利と言われていたが、森内は好調の勢いで、羽生を破った。当時の森内の部分的な勝率は、8割にも達していた。絶好調だったといえる。
 さて、2005年の名人戦は、予想通り、羽生がリターンマッチしてきた。森内はそのとき、前年の絶好調に翳りがみえていた。実際、前年の竜王戦で、渡辺にフルセットで竜王を奪われ、また、名人戦直前の王将戦では、ストレートで王将位を羽生に奪われた。以上から、今期以上に、羽生有利が喧伝されていた。しかし、結局、森内は、フルセットで羽生を下した。ここで完全に、森内は、羽生に自信をもったと思われる。
 果たして、2006年当初の棋王戦でも、森内は羽生から棋王位を奪取した。
 さて、昨今の森内の成績であるが、森内は、絶対的な才能で羽生に及ばないことを自分でよく知っているのであろう。また、絶対的な才能というものが、通算勝率には利いてくるけど、二人の間の番勝負だとまた話が違う、という事実も知悉していると思われる。だから、半ば無意識のうちに、森内は、限られた自分の勝負への気力や体力を、対羽生の名人戦に温存する、という戦略をとったようである。その結果、格下の相手にも負け、5割程度の勝率になったという次第である。しかし、森内は、それをなんとも思っていないようである。早い話、名人戦で羽生に勝ちさえすればいい。他は、まあ、5割でいい。
 一方の羽生は、タイトル数に拘わらず、現在最強の棋士と(森内も含む)みんなに認められ、本人もそれなりに自負がある。だから、一局一局に工夫を凝らすし、格下の相手に負けることもほとんどない。NHK杯で長沼に逆転負けしたのは、あれ自体が大きな話題になるほどである。
 こうして、羽生と森内では、名人戦にかけることのできるリソースが違う。例えば、車のメーカでいうと、トヨタとホンダでは、企業規模でも、研究開発能力でも、圧倒的にトヨタが強い。それを疑うものは、ホンダにもほとんどいないだろう。しかし、F1レースのためのチューニング能力では、トヨタよりもホンダが上である。ホンダは長年のノウハウをそこにもち、また、社運をそこにかけているからである。そこで、F1レースを名人戦と見立てると、羽生が森内に今期の名人戦で勝つことはなかなか大変である、ということが理解されるであろう。

2008年4月29日

小野修一八段の死去

 将棋連盟のホームページによると、小野修一八段が死去された、という。まだ49歳である。死因は、虚血性心疾患である、という。しかし、おかしいのは、亡くなったのは平成20年1月11日で、4ヶ月近くも前である。どうしてここまで伏せる必要があったのか。
 小野修一八段は、昨年3月に引退し、そのことを私は小野修一八段の引退としてプログに書いた。
 ともかく、小野修一八段はひっそりと、最小限の人に見送られつつ、将棋界からも、現世からも去っていった。結婚していないし、それゆえに子供もいない。小野修一八段に棋書があるとは聞かない。小野定跡はないだろう。また、今後、小野修一実戦集が出ることもないだろう。ただ、こういう空気のような去り方も悪くないのではないか、と最近思う。私が考える霊格の高い、1つのパターンである。

2008年5月 4日

中原誠名人の紫綬褒章

 ちょっと前の話になるが、中原誠十六世名人の紫綬褒章を受賞した。毀誉褒貶というが、こういう賞を貰うと、却って林葉スキャンダルを色濃く思い出していまう。ああいう醜聞があっても、国家の褒章をもらった人は、他にもいるんだろうか、などと。
 将棋界で紫綬褒章を貰った人は今まで、木村名人、升田実力制名人、塚田名誉十段、大山康晴十五世名人、二上九段、加藤一二三九段、米長永世棋聖だけである。実績ベースなら木村名人の次は大山十五世名人になるべきだから、これは実績だけでなく、かなりの程度年功もあるようである。
 そういう、ある意味形式的な褒章であるが、中原にとっては、自分の中で、不名誉を削ぐ画期的な出来事だったようで、なんと、竜王戦の1組本戦出場者決定戦で、森内名人に続き、佐藤二冠も破った。1つ吹っ切れたのであろう。今の60歳の年齢で、A級ぱきぱき相手にここまで指せるのは、いままで、大山をおいて他にいなかったであろう。そういう意味で、改めて中原の強さをここで感じる。ということは、あのスキャンダルがなければ、中原はまだ現役のA級だったかもしれず、中原を陥れた人の狡猾さと、それにおめおめとひっかかってしまう中原の迂闊さが残念でならない。

ハチワンダイバー

 週刊ヤングジャンプで、「ハチワンダイバー」という将棋漫画が人気である、という話は聞いたことがある。しかし、最近とんとコミック誌を買う習慣がない。つい8年くらい前までは、いい歳をして、熱心な少年ジャンプの読者だったのだが。
 ところが、昨日(5月3日土)の夜11時10分から、ハチワンダイバーが実写で始まると聞いて、将棋ファンとしては、これは見逃せないと思った。実に、NHKの「二人っ子」以来ではないだろうか。
 原作者の柴田ヨクサル氏は、小学校時代から地元の将棋道場に通いつめるというくらいだから、なかなかの将棋通である。だから、ストーリーもなかなか本格的である。
 主人公の菅田健太郎(溝端淳平)は、奨励会を三段で退会させられた26歳。ううん、ありがちな話。退会と決まったときの落ち込み方がリアル。実際、鈴木英春の本などを読んでも、奨励会を三段で退会するというのは、全てを失ってしまうようなショックらしい。それでいきなり賭け将棋の世界に入る、というストーリーはリアルでない。多分そういう例は、ないのではないか。普通、奨励会を退会した人は、一旦将棋から離れようとする。大学に行き直したり、会社に入ったり。そうして何年もして、やはり将棋が恋しくなって、再び努力する、というパターンがほとんどであろう。瀬川氏しかり。ただ、リアリティを云々するのは趣旨ではない。
 また、面白いキャラクターは、アキバの天才将棋少女、中静そよ(仲里依紗)。これがとても強い、という設定になっている。なんでも、アキバの受け師の異名をとり、元奨励会三段の菅田がどんなに攻めても、切らされてしまう。これはある意味、大山レベルの受けの技であり、プロ修行した訳でもない一介の少女がそこまで強い、というのも非現実であるが、そこはまあ、ストーリーである。真剣を指しているときの中静そよの姿は、明らかに里見女流初段を模している。
 将棋の技術指導と監修は、鈴木大介八段。だから、そこで指されている将棋の棋譜は、きちんとしてインチキではない。ただ、いかにも鈴木八段の指導らしく、ほとんどが居飛車対振飛車の対抗形である。
 いつも思うのだが、溝端淳平であれ、仲里依紗であれ、駒の指し方がチグハグである。これは、「二人っ子」のときも感じた。実は、大抵のアマチュア将棋指しであるなら、少なくとも将棋クラブに通って指したりしていると、ほとんど例外なく、プロみたいにピシッとしなって指すやり方をマスターする。私も一応そうである。駒の手つきだけはプロみたいだ、と褒められたことがある。これって、慣れると簡単なのだが、改めて修行すると、少なくとも1年くらいはかかるのだろうか。テレビで映画の将棋ドラマで、われわれの仲間程度の手つきで駒を操れる俳優を見たことがない。
 それはさておき、ハチワンダイバーという命名はなかなかいい。菅田が、将棋の師匠に、君は突っ込みが浅い、それでは四段にはなれないよ、とアドバイスされるシーンがあるが、実際、プロ四段になれるかどうかの分かれ目の一つに、そういった踏み込みの深さがあるのは確かで、八十一枡の将棋盤に没入するという意味のハチワンダイバーは、言いえて妙である。だから、今後のストーリーは、菅田が、真剣師、プロ棋士を含むいろいろな難敵と対戦していくにつれて、中静そよのアドバイスよろしく、盤面にダイビングする、というものとなることが予想され、水戸黄門的なベタなストーリーであるとしても、私のような将棋ファンには垂涎の番組である。ただ、最初の物珍しさはいいけど、あまり将棋が好きでない人をどこまで引き付けておけるか、そこが少し心配で、視聴率が下がって途中で打ち切りにならないことを期待する。日テレの人気番組「さんまの恋のからさわぎ」の裏番組だけに、である。

2008年5月10日

名人戦第3局

 一時は森内の防衛を予想したのだが、最近の調子を見ていると、羽生と森内では、あまりに調子の差がありすぎる。例えば、羽生はいつもどうり淡々と勝っているが、森内はというと、ほとんど棋歴を終わりかかっている中原に負け、また、阿久津にも負けた。特に好調でもなくとも、普通の森内なら、少なくともどちらかは勝っているはずである。そんな状況で、一勝一敗で、名人戦第3局を迎えた。森内の先番で、戦型は、不定型の相懸り。私は、相懸りはよく分からないが、昔並べていた、戦前の棋譜みたいではある。
 第一日目の指しかけで、既に、森内の作戦勝ちのようである。というのは、先手はいくらでも自然な手があるのに、後手は進展性に乏しい。また、先手は歩得である。
 先手は、76銀、67金左、78玉と、どんどん陣形を固めていく。入玉も狙えそうである。ついに79手目の74歩で先手が桂得になった。はっきり先手優勢。取られた飛車を打ち下ろされて、銀で飛車を捕獲しようとした141手目の98銀が敗着か。もともと一方的な入玉型だったので、最後は見かけ上、大差だった。私と比較するのはおこがましいが、このような負け方は、自分が不調のときよくやるパターンである。すなわち、序盤で優勢を築いても、一穴の隙から次第にほころび始め、最後はどうしようもなくなっている。
 こうして、私の戦前の予想に反して、森内防衛が怪しくなってきた。
 その最大の理由は、森内が、予想以上に不調であることである。もともと、森内の将棋は、緻密な読みでぎりぎりのところを凌ぐものなので、読みが狂うと瓦解してしまう。
 次の理由は、羽生がうまく森内の事前研究を外すというか、研究の利かない不定形にもちこんでいる。すると、中終盤の力の差がじわりと発揮される。以前の羽生は、流行形にあえて持ち込んで、タイトル戦でそこでの結論を出そうとしていた。いわば、ライブ研究室である。ところが、どうも今回の羽生は、流行形の疑問はどうでもよく、とりあえず勝ちにいくことに徹している。羽生も人の子、19世名人がほしい、とみた。

2008年5月14日

反則負け

 産経新聞の将棋サイトによると、羽生善治王座・王将(37)が11日夜に行われた第2回大和証券杯ネット将棋・最強戦1回戦で操作ミスによる時間切れとなり、公式戦初の反則負けを喫したという。羽生は東京都内の将棋会館、相手の渡辺明竜王は東京都内の自宅でパソコンを使い対局し、羽生は中盤にマウスを操作して着手しようとしたが、制限時間の30秒を超え、反則負けになったという。
 これを見て思ったのは、羽生は、今まで反則負けが一度もなかったのか、すごい、ということである。
 将棋の反則負けで一番多いのは、二歩である。その次は、二手指し、すなわち自分の手番でないのに指す。他には、行けない場所に駒がいく、典型的には違う筋に角が進む、成れない場所に成る、王手の千日手を三回以上繰り返す。これでほとんど尽きているのではなかろうか。あと、あり得るのは、手が触れるなどして落ちた駒を持ち駒として使うことであるが、これを意識的にやったとしたらそれは人格を疑われる、ばれたらまず、村八分になるであろう。無意識のうちにやってしまうことはなくもないが、それは気づかれた時点で負けであろう。
 そこいくと、時間切れというのは反則になるのだろうか。私はずっと、反則というよりも、単に投了の意志表示すればそれで終わりだと思っていた。
 時間切れの反則という意味では、パソコンで指していると弁解の余地がない。対戦プログラムが負けを宣告するからである。これが人間が記録係りなら、1秒くらいは多目に見るのではないだろうか。あと、有吉八段(当時)が、内藤八段(当時)と対戦して、時間に追われて桂馬を打ったところ、手がすべって桂馬は盤から落ちてしまった。そこで、有吉は、升目を指さして、「桂、桂」と叫んだそうである。それが時間切れ負けになったと聞かない。マウス操作を間違えてこうなったなら、通信による対戦プログラムは、そういうのも許してくれない。コンピュータ将棋と対戦していて、例えば、飛車で王手されたとき、合駒しようとして、マウス操作を間違えて王手を防がない場所に駒を置いてしまうことがある。これなども、コンピュータ将棋なら即負けである。
 ところで、渡辺竜王のプログには「形勢は不利だと思っていたので、複雑な気持ちです。」とある。いつもながら、素直で好感のもてるコメントである。

2008年5月15日

コンピュータ将棋

 コンピュータ将棋は、牛歩かもしれないが、確実に進化している。その強さは、典型的には私程度である並のアマチュアの手の届かないところに到達しつつある。そんな中で、第18回コンピュータ将棋選手権が、5月の3-5と、開催された。
 今回のコンピュータ将棋選手権の1つの特徴は、ボナンザが採用して成功を収めた、全幅探索を、棚瀬将棋(東大将棋)、柿木将棋、大槻将棋、奈良将棋が取り入れたことである。コンピュータ・サイエンスのグラフ探索の分野ではいつも、幅優先探索か、深さ優先探索か、ということが問題になる。だから、全幅探索というのは、明らかに1つの明確な方針である。
 一方で、YSSは既存のアルゴリズムであるが、評価関数に磨きをかけたという。また、優勝候補の一角、激指は、実現確率探索という、まるで金融工学と見まがうような華麗?なアルゴリズムをひっさげてきた。まさに、先端技術の闘いである。
 そんな中で、決勝リーグに残ったのは、YSS、激指、ボナンザ、棚瀬将棋、柿木将棋、大槻将棋、奈良将棋。おお、なんと、8プログラム中6プログラムが、全幅探索を採用したものである。全幅探索は、コンピュータの腕力を最大限に利用するものだが、ここでも、腕力指向が有効であることが示された。ちょっとロマンを削ぐ。
 で、決勝は、棚瀬将棋対、激指。棚瀬将棋が必勝だったのだが、まるで羽生対渡辺のネット対戦のように、激指が時間切れの勝ち、となってしまった。内部的には手を見つけていたのに、それを通信で相手に送るルーチンにバグがあったようである。いかにもコンピュータらしい負け方ともいえる。
 さらに凄いのは、エキシビジョン・マッチで、加藤幸男と、清水上徹という、当代アマチュア棋士の最高峰を、それぞれ、激指と、棚瀬将棋があっさり破ってしまったことである。加藤幸男は作戦負けになり、何の綾もなかった。また、清水上徹は、少しの不利をそのままずっと終盤まで詰められないで、押し切られた。この二人に、ここまで指せるのは、プロでも有望若手以上の力が必要であろう。最早コンピュータ将棋は、順位戦C級2組の力には達したという言い方も、あながち誇張ではあるまい。
 すると、コンピュータ将棋に勝つには、去年渡辺竜王がやったように、コンピュータ将棋専用の指し方を研究して採用する必要がある。ところが、それをやりすぎると、人間には勝ちにくくなるようで、実際、渡辺竜王は、去年、B級1組の順位戦で、当初から5連敗した。この辺、痛し痒しである。
 コンピュータ将棋が恐ろしいのは、全然飽和感がないことである。例えば、激指の実現確率探索のように、まだ試されていないアルゴリズムは、コンピュータ・サイエンスの分野で五万とある。また、ムーアの法則により、ハードウェアや通信のリソースはほとんど無尽蔵に使える。こうして、10年以内に、羽生を捉える準備が整いつつあると、私は思う。

2008年6月 5日

遍在の時代

今週号の週刊将棋を見て、おっ、と思った。学生名人戦で、福岡大学一年の中野勇太氏が優勝していたからである。九州学生棋界に浅からぬ縁がある私としては、感慨に堪えない。

しかし、これを、いかなる意味でもフロックと呼んではいけない。なぜなら、2年前にも、同じ福岡大学の北川氏がやはり、学生名人になっている。こんな短い期間で、二人も学生名人を出すというのは、半端ではない。

確か、最初に学生名人が出たのは確か、昭和54年の熊本大学の松下君であった。もともと、若手の有望であったが、私が九州にいた昭和53年頃は、まだかろうじて私の方が強かったと思う。それから一気に私のような軟弱者を追い越した訳であるが、あの頃はまだ、ちょっとフロック感があった。それから数年後、後輩である九州大学の小沢君が学生名人になった。するともう、二人目ということで、フロック感は薄れた。

戻って、私が九州学生棋界にいたころは、まだ関東や関西とは情報格差を感じていた。というのは、関東や関西にはプロ棋士や奨励会員がいて、そういう人達と付き合うことで、関東や関西の学生棋士たちは情報を仕入れ、一方、九州にいたわれわれは、そういう恩恵を受けることが少なかった。結果として、個人戦でも団体戦でも、なかなか全国大会で上位に食い込むことは難しかった。しかし、言い訳ではないが、それは、才能の違いではなく、情報の違いであった、と改めて言いたい。

なぜなら、証明はちょっと難しいが、美人と秀才は遍在する、という定理があるからである。どんな辺鄙なところにいっても、必ず美人も秀才もいる。そういう美人や秀才を、東京にいきなり連れてきても、ぜんぜんひけをとらないかもしれない、というところまで、その定理は保証する。東京には、すごい人も沢山いるけど、それより遥かに沢山のすごくない人がいるのである。

そういう意味で、層の厚さは別の議論であるが、沢山のよい棋書が出版され、ネット将棋が隆盛し、もはや情報の地域格差はほとんどなくなった、と言ってよい。すると幾許かの才能と、少しの運があれば、短い間に九州学生棋界から二人の学生名人が出るのはなんら意外ではない。

その別の例が、最近朝日アマ名人になった、北海道の金内氏である。彼は、奨励会で修行した訳でもなく純粋に学生棋界出身であるが、二度も学生名人になった、という強豪である。ただ、北海道出身で今も稚内という辺鄙なところにいる、というのが、今回学生名人になった福岡大学の中野氏と好対照である。金内氏にも幾許かの才能と、少しの運があった、というだけの話である。

友人とも議論したのであるが、却って地方にいると、強豪が少ないし、予選の参加者も少ないので、勝ちあげるまでに戦う局数も多くない。すると、必然的に全国大会に出場する機会が、中央にいるよりも多くなる。だから、地方にいる強豪の方が却って全国大会で優勝するのに有利である、という逆転現象も生じる。

ただ、高校野球で大阪や神奈川などの激戦区から甲子園に出るのは大変なので、あえて山陰北海道の高校に進むものがいる。こういう傾向が、駒大苫小牧の快進撃にもつながったのであるが、そこまでするのか、とそういう傾向にはまだ違和感は感じる。

ただ、自分の仕事を顧みても、中国やインドでもできる仕事はどんどんそちらに仕事を取られて、アジアで重心は、日本から中国側に移動するばかりである。これは、東京を日本、地方をその他のアジアの国と見立てたときの同型である。28年も前に夢と希望を抱いて華の東京に出てきたのだが、夢破れつつある昨今、そろそろパラダイム・シフトを考えてみる時期かもしれない。

2008年6月17日

名人位奪取

ニュースによると、羽生が、名人戦第6局で、森内を破り、名人位を奪取した。羽生ファンの私としては、羽生に勝ってほしかったが、今期も森内が防衛するのでは、と予想した。というのは、勝ちまくっている羽生に対して、森内は地味な成績で、力を温存しているように見えたからである。

しかし終わってみると、単に、森内が絶不調なのであった。特に、今期の第3局は、信じられないポカであった。このまま押し切られるかと思った森内は、第5局で意地を見せた。ポカで敗れた戦法がもともと必勝であったので、悪いはずがない、との信念である。

羽生が頂けないのは、森内が駆使した戦法を、第6局で、先手で採用したことである。そしてはからずも、先手番で圧勝してしまった。羽生としては、ともかく勝ちたかったのだろう。意地でも。特に名人戦で、森内には何度も苦杯を喫している。今度こそはと思ったのだろう。

しかし、第6局は、森内の不調が嫌でも目についた。だいたい、折角つくったと金を、代償なく捨ててしまうし、22銀と引いた後の金銀交換の後も、じっくり23銀と打てばまだ長いのに、23歩と打ってしまい、53桂成で決められてしまった。

ということで、結果論であるが、好不調が色濃く出てしまった名人戦であった。いまいち盛り上がりに欠けたが、羽生の19世名人ということで華を添えた。まあ、こんなもんだろう。そして、先手番相懸36銀が流行するだろう。

2008年6月21日

名人奪取症候群

本日の棋聖戦で、羽生が佐藤に負け、これで2連敗となった。羽生は、あと一番くらいは入れるだろうが、どうも、棋聖は防衛されそうである。羽生は、森内から名人位を奪って19世名人の資格を得たものの、対局過多と相まって、明らかに脱力症状にある。

思い起こせば、あれは2003年だった。羽生は、森内を4タテで下して、名人位を奪取した。18世名人の資格まであと一期だった。羽生が18世名人になることを疑う者はいなかったはずである。その後のインタビューに答えても、羽生は、上機嫌で、特に悪い材料は見当たらない、と答えた。

ところが、それは、名人奪取症候群なのであった。突然、羽生が不調になった。先ず、谷川にあっさり、王位を奪われた。負け方がひどい。終盤でぽっきり折れるのである。羽生マジックなどどこにいった、である。

当時羽生は、竜王でもあった。竜王戦の挑戦者は、森内であった。森内は、というと、名人戦で羽生に4タテを食らってからというもの、憑き物が落ちたように勝ち始めた。A級順位戦は連勝街道だった。部分的な勝率は8割を超えた。

それでも、羽生は、森内を名人位で4タテしている。いくら森内が絶好調でも、相性的に羽生に分がよくないか、という戦前の予想であった。ところが、蓋をあけてびっくり、森内は、竜王戦で、名人戦のお返しとばかり、羽生を4タテで下した。羽生は棋士になって初めての7番勝負4タテ負けだった。

結局、森内は、A級順位戦を全勝優勝し、2004年の名人戦でもあっさり羽生を下した。こうして、羽生の暗黒時代が始まった。なんと、名人戦を取り戻すために、4年もかかってしまうのである。

私が何がいいたいかというと、下手したら、羽生はまた、名人奪取症候群に陥るかもしれない、ということである。すなわち、棋聖はとれない、王位は防衛されてしまう。ここらあたりで、羽生どうした、の声がかかる。

しかし、竜王はなんとか挑戦者になる。そして、死闘の末、ようやく渡辺から竜王を奪う。するとまた、新たな不調に陥る。2009年の名人戦では苦戦する・・というジュセリーノ顔負けの適当な予想を述べてみた。1つくらいは当たるだろうか。

2008年7月 9日

二十世将棋名人

先日、NHKテレビを見ていたら、名人戦の注目局面の解説、ということで、谷川と渡辺が出演していた。そこで、谷川の言い方が面白いというか不遜というか、歴代名人をみていて羽生さんがいないのはおかしいと思っていた、これでしっくりくるようになった、と言っていた。

私の将棋関連の友人も言っていたように、エリート主義の谷川は、森内など眼中になく、将棋貴族院のメンバーに相応しいのは、自分と羽生しかいないと思っているようである。

ところで、谷川は、二十世将棋名人はなかなか誕生しないでしょう、と言っていたが、実際、調べてみると、佐藤康光が2期、丸山忠久が2期で、話が遠い。今の勢いでは、佐藤の方が永世名人に近そうだが、それでも、挑戦者になるのも並大抵ではない。

それでは、佐藤、丸山に続く二十世将棋名人候補というと誰だろうか。これが雲を掴むように茫漠としている。例えば、今A級にいるタイトル保持者としては、深浦であり、羽生とも拮抗した対戦成績だが、いかんせん、A級でなかなか勝ち越せなくて、B1との間を行ったり来たりしている。今期も、早速、A級第1局目で、郷田に敗れている。

他の可能性としては、当然ながら、竜王の渡辺であるが、依然としてB1でもたもたしていて、一時の勢いがない。

それではと、若手を見渡すと、山崎、橋本、阿久津、豊島あたりが注目であるが、羽生が低段者であった頃の勢いは、到底ない。すると、二十世将棋名人候補は、今の奨励会にいる人なのだろうか、と思うが、凄い逸材がいるとも聞かない。

ということで、将棋界の二十世名人候補を見つめること、宇宙のダークマターを考慮するが如しである。どうしても、ということなら、とりあえず、佐藤康光あたりをあげてお茶を濁しておくよりない。

2008年7月13日

ハチワンダイバーの終了

5月3日から放映されたきた、ハチワンダイバーであるが、いよいよ来週(7月19日)で終わるらしい。実は中静そよの実父である、鬼将会の大将が、菅田健太郎と、そよの二面指しに敗れて、亡くなってしまい、そよが鬼将会を継ぐことを決心したところまでが今日の放映だったが、来週の最終回で、そよ率いる鬼将会は、いよいよプロを倒しに行くのだろうか。

それにしても、Webで本物のストーリーを垣間見ると、鬼将会とプロとの対戦シーンが多いようである。しかも、鬼将会の方が圧倒的にプロに勝ってしまう、というものである。

すると、2ヶ月半で終了してしまうのは、ちょっと短いような気もするが、予定の番組編成なのだろうか。

実は、Webで調べてみると、テレビ放映版のハチワンダイバーは、いろいろと、オリジナル版にないような、派手なキャラクタを作り出しているらしい。原作者のヨクサル氏の許可なく勝手なキャラクタは作れないので、当然に、ヨクサル氏の同意を得ているのだろうが、ヨクサル氏は、視聴率を稼ぐためのテレビ局からの依頼に、もしかしてうんざりしているのではないだろうか。

一方で、原作に忠実にストーリーを展開すると、所詮はアマチュア集団に過ぎない鬼将会が、プロをばったばったと倒すことになり、監修役である日本将棋連盟も、面白くないのではないか。だから、今までのところで、ほとんど、鬼将会対プロ棋士のシーンはない。

さらに、羽生の19世永世名人で人気を盛り返した将棋界であるが、テレビ局としてもやはり、将棋のテーマでずっと引っ張るのは苦しいものがある。

こうして、各者各様の思惑があって、2ヶ月半での終了は、予定であろう。視聴率の低下で、途中打ち切り、というのではないと推察する。ただ、一将棋ファンとして不満なのは、鬼将会がからんできて、とてもおどろおどろしい展開になってしまったことである。もう少し、元奨励会員の葛藤や、将棋の技術的な話にフォーカスがあてられなかったか。

とはいえ、それはないものねだりである。私のような世間からみたらマニアックな部類に属する将棋ファンにフォーカスをあてては、視聴率がもたない。ということで、久々に将棋をテーマにしたドラマを取り上げてくれたフジテレビを幸いと思うことにする。

2008年8月13日

中原十六世名人の病気

Webニュースによると、中原誠十六世名人(60)が12日午後5時ごろ、東京・千駄ケ谷の将棋会館で対局を終えた後、検討中に体調不良を訴え、救急車で都内の病院に運ばれて緊急入院したという。日本将棋連盟によると、脳出血と診断された。命に別条はなく、意識もはっきりしており、手術の必要もないという。ただすぐには退院できないため、21日に予定されている対局は不戦敗となる。

実は、12日の対局というのは、王将戦の二次予選で、A級の木村八段戦。これに中原は、きっちり勝っている。だから、対局後、緊張の糸が切れたとき、発病したのだろう。奇しくも、21日に予定されている対局である棋王戦本戦も、相手は、木村八段であった。

上記のように中原は、既に60歳であるが、今年になって、竜王戦一組の本戦出場者決定戦では、森内名人(当時)と、佐藤棋聖(当時)の両方を破るという殊勲であった。その後羽生には敗れたものの、昨日は、ばりばりのA級である、受け師、木村八段を破っている。60歳にして、これほど指せる者といえば、あの大山康晴を措いて他にいない。通算タイトル数、通算勝数、通算勝率などは、羽生が結局、大山も中原も凌ぐことになろう。しかし、60歳になった羽生が、今の中原ほど指せるかというと、疑問である。やはり中原は偉大なのである。あの林葉とのスキャンダルが、つくづくも残念であった。あのスキャンダルで、どれほど中原の名誉が削がれたことだろう。

ところで、脳出血になった中原は、また元のように指せるか、という疑問である。何しろ、将棋を考える根本である脳の病気である、普通の日常生活に支障はなくなっても、細かい読みや感覚は、どうしても狂う。すると、C級などの格下の棋士には勝てても、もうB級以上の棋士には最早勝てないのではないだろうか。

それではそうなった中原は引退するか、というとまだしないだろう。理由は、林葉スキャンダルにある。あのスキャンダルで、中原は、奥さんの信用を決定的に失ったはずである。奥さんは決して心から中原を許さないであろう。そういう家庭にはなるべく帰りたくないはずで、すると、現役を続けて、将棋を指しておいた方がいいとしたものである。すると、中原は、内藤、加藤一二三、有吉の仲間入りてある。大内は、この際論外としよう。

中原よ、ボロボロになっても指し続けるのだ、野球の野茂のように。それがあなたの生きる道。

2008年8月15日

詰将棋と詰碁

今週号の週刊将棋に、興味深い話題があった。それは、詰将棋と詰碁の比較である。その趣旨はまず、詰将棋創作の達人には、アマチュアで棋力が級位者もいるのに、詰碁の方はそもそも、アマチュアの詰碁作家そのものがほとんど存在しない、ということである(なにか、あるアマチュアの方の詰碁集というのを一度だけ本屋で見たことがある。かなりの佳品であると感じた)。

この違いは何だろう、と考えてみた。詰将棋の方が詰碁よりも作りやすいか、というと、詰碁なんてほとんど解いたこともなくましてや作ったことなんてないので、詰碁には土地鑑はない。一方、詰将棋は、イモのような作品ながら、100個くらいは作ったことがあるので、少しは創るということの雰囲気はわかる。それで、詰将棋創作の大変さは体に染み込んでいると思う。だから到底フェアな判断はできないが、詰将棋の方が詰碁よりも作りやすい、という命題は到底成立しないと思う。

一番の理由は、配置の必然性である。詰将棋では、一手一手が必然でなくてはならず、駒の配置も無駄駒を置くことは法度である。従って全体に無矛盾に冗長さなく作り上げなくてはならないということで、大変厳しい制約下にある。詰碁は、というと、私の知る限り、そのような石の配置の冗長性に対する制約が少ないと思われる。だから、名作を追求するのではなく、スポーツ新聞の詰碁欄程度のものでいいなら、ある手筋をテーマに創作すればいいので、比較的ルーチンで創れるのではないか、と推察する。

それでは、なぜアマチュアの詰碁作家がほとんど存在しないかというと、それはもう、詰将棋と詰碁の文化の違い、といってよいだろう。詰将棋では、棋史に燦然と輝く、伊藤宗看の将棋無双と、伊藤看寿の将棋図巧がある。詰碁だと、あまり知りもしないで不遜に言うが、古典的には。四世囲碁名人、井上因碩が創作した、発陽論くらいしかないのではないか。

その違いは、高度な意味のパズル性、問題性であろうか。詰将棋の方が詰碁よりも、問題としてsweetなのである。このsweetという言い方はすなわち、フォンノイマンあたりが、原爆開発のようなテーマをしてそう呼んだと思う。例えば、環境問題の研究をするよりも、宇宙ロケットの研究をする方が、多くの研究者にとって、よりワクワクするという意味で、sweetであるといえる。別の観点でいうと、詰将棋の方が詰碁よりも実戦から切り離して発展させやすい、ということだと思う。典型的には煙詰など、実戦ではまずありえない小宇宙を作り上げやすいのである。

こうして、詰将棋の高度なパズル性に惹かれて、多くのアマチュア詰将棋作家があらわれ。それの発表の場としての詰将棋パラダイス(一般的に、詰パラと略称される)、近代将棋などが発刊された。実際、詰将棋創作の才能は、指将棋の才能とかなり違う。おそらく、当代随一の詰将棋作家は、プロではなくアマチュアであろう。要するに、文化として成熟している、ということである。

だから、詰碁のアマチュア作家が少ないのは、文化、あるいは発表の場の違いであるに過ぎない。アマ強豪の層の厚さは、囲碁の方が、将棋よりも寧ろ厚いだろう。だから、本気で詰碁の創作を目指せば、相当のものが創れるポテンシャルのある人は、囲碁のアマチュアにも多数いるに違いないのである。たただ、創っても発表の場が少ない。野球があれほど日本で盛んなのは、甲子園という高校生にとっての晴れ舞台があるのが大きい。詰将棋には詰パラがある(ううん、甲子園と比較するのはあまりに小さい)。詰碁にはそれがない。結局は、それだけのことかもしれない。当代一流の詰碁作家で、詰碁をこよなく愛し、そこに小宇宙を見出す、張栩のような一流棋士もいるのだから。

2008年8月17日

羽生 幸次郎

私はまだ見たことがないのだが、Bコースという、吉本興業東京本社に所属のお笑いトリオがいるという。そのメンバーは、タケト(本名:中村 岳人)、ナベ(本名:渡辺 謙司)、ハブ(本名:羽生 幸次郎)の三人組で、そのハブというのは、何と、かの将棋の羽生名人の従兄弟なのだという。これは、トリビアの泉風に言うと、かなりヘェーである。大体が、羽生は普通、ハニュウであって、まずハブとは読まない。だから、羽生をハブと読む段階で、ん?と思うだろう。

その羽生 幸次郎であるが、8月16日に、東京・日比谷野外大音楽堂で開催された、一発ギャグの日本一を競う「大秒殺」で、101人の中で、優勝したのだという。これは、道具や衣装、音響を使わずに、体1つで繰り出す競技である。でも、いかにもマイナーである。

そういえば、将棋関係でマイナーと言えば、北神奈川の代表で甲子園に出場した慶応高校の投手、青野君がいる。その慶応高校、期待に反して?結構強く、ベスト8まで行ったが、沖縄の浦添商に接戦の末、敗れた。しかし、慶応高校の投手は、只野と、力道山の孫とかいう田村の二枚看板で、将棋の青野九段の息子、青野君にはとうとう出番がなかった。慶応対高岡商は、5-0で慶応が勝ったのだから、そのときくらいは、ワンポイントで、それこそ一発芸でもいいので、青野君を出してあげれば、青野九段もさぞかし喜んだだろうに。

しかし、青野九段は、息子さん、甲子園に行ったらしいですね、と聞かれたら、いやぁ、と相好を崩すだろうが、羽生名人は、従兄弟はお笑い芸人なのですね、と聞かれたら、別の意味でいやぁ、で、それこそ、そんなの関係ねぇ、と言いたいところだろう。

何にしても、Bコースという名前が、どちらにも当てはまりそうで、ちょっと面白い。

2008年8月25日

コンピュータ将棋は止まらない

以前に、情報処理という雑誌に、コンピュータ囲碁の特集があったことをブログに書いたが、今月号の情報処理に、「コンピュータ将棋は止まらない」という記事がある。まさに、CCBの「ロマンチックは止まらない」を奏でながら、コンピュータ将棋は、私のような弱小アマチュアが見えないところまで行ってしまった。まるで昨日の北京オリンピックの男子マラソンである。日本選手は、ケニアの選手を仰ぎ見るだけである。やがて、視界からも消えていく。

情報処理の「コンピュータ将棋は止まらない」は、あまり背景を知らない人を前提としているので、私には全く新規であることがあまり多くない。そこで差分だけに注目しながら、私もコメントも述べてみる。

さて、同記事であるが、はこだて未来大学の松原仁さんによると、コンピュータ将棋の棋力は、次のように伸びてきている:

1996年 アマ初段
1998年 アマ二段
2000年 アマ三段
2002年 アマ四段
2004年 弱いアマ五段
2006年 強いアマ五段
2008年 アマトップクラス

この見積もりは、2000年以前はちょっと甘めであると思うが、ここ数年については、異論はない。少なくとも、2000年に入ってからは、2年で香一本ずつ強くなっていると言っても過言ではないと思う。

そこでXデーの予測、すなわち、いつコンピュータが、プロのトップ(おそらく羽生名人)に勝てるかである。もし羽生名人に勝とうとすると、コンピュータは、今のアマトップクラスから、角一枚、強くならなくてはならない。それはおそらく香三本分くらいだろう。すると、とりあえず、2015~2016年あたり考えるのが妥当である。実はそれは松原仁さんの予想なのであるが、小谷善行氏、飯田弘之氏など、将棋側というよりもコンピュータサイエンティスト側からの予測でもあり、どうしても身びいきになるのは仕方ない。楽観派の所以である。

悲観派だったとしても、2020年だったら、というのには渋々頷くのではないだろうか。コンピュータの圧倒的な発展を目の当たりにしているからである。

で、問題はどうやってコンピュータ将棋を強くするかである。今のボナンザのような、将棋の非専門家が、コンピュータをぶんまわして、評価関数を最適化するのではそろそろ限界だろう。すると、いよいよ専門家のヘルプを借りるフェーズがきたことになる。専門家はできれば、プロのトップレベルの人が望ましい。しかし、今の趨勢ではまだ、日本将棋連盟が許さないだろう。

そこで、日本将棋連盟から退会させられた棋士に注目する。典型的には、三段リーグ退会者である。三段リーグ退会になると、しばらくは将棋を見たくもないだろう。しかし、数年以内に猛烈に指したくなってくる。もしかして、日本将棋連盟を見返したい気持ちも出てくるかもしれない。それに着目したのが、鬼将会じゃなかった、あるスポンサー。コンピュータに詳しくて、資金が有り余っている、そうマイクロソフトあたり協賛してくれないかな。

そういうスポンサーがあらわれて、奨励会退会者、アマ強豪、コンピュータ将棋プログラマ、大学や企業の一線級のコンピュータサイエンティストたちを集める。スポンサーは、給与を保証する。また、ハードウェアも提供する。こうして、プロジェクトXが始まる。

プロジェクトXは、次のようなテーマをもつ:
- 既存のコンピュータ将棋を改良することの是非の研究
- 強豪棋士の大局観や読みをどう知識ベースに取り込むかの研究。特に、指しながらのリアルタイム学習とリアメタイム感想戦。これはまだやられていないと思う。
- 将棋専用超並列コンピュータアーキテクチャの研究。これは、思考エンジンをハードウェアでもち、高速並列実行する。

さて、これが出来たら、プロ将棋は廃れるだろうか。私はそうは思わない。寧ろ、このツールを使って、新しい定跡の研究が進む。プロの研究も、コンピュータを使ったものがメインになるだろう。それを嘆かわしく思う人は棋界を去るかもしれないが、それはそれで仕方がない。少なくとも羽生なら、そういう競争状態を歓迎するだろう。さてXデーはどうなるか?

2008年9月 1日

念力

竜王戦の挑戦トーナメントで、羽生は、深浦に必敗の将棋を拾った。王手に、深浦が合駒しておけば全然詰まないのに、ふいと深浦が王を上がってしまったので、詰まされてしまった。深浦は粘り強い棋風で、こういうイージーミスは少ない方である。とても意外であった。

竜王戦の挑戦トーナメントで、羽生の次の相手は丸山。ところが、これもまた、羽生は、いつ投了するかの問題、というほどに必敗になってしまった。唯一の綾みたいな角打ちの勝負手を放ったが、それには、激辛の丸山なら絶対に逃さない金打ちの受けがあり、それで羽生は完全に投了、竜王挑戦の夢は、今期は絶たれたはずである。

ところが、丸山は、まったく「らしからぬ」王引き、その引いた王の頭に歩を打たれて、一気に逆転である。

ちょっと前に少しだけ流行った星野卓也という早口芸得意のピン芸人の言い方によると、「ありえないんだけど、ありえないんだけど。」である。すると、ああまた羽生マジックか、ということになるが、それで終わってしまっては思考停止なので、もうちょっと考えてみる。

で、今更何の意外感もない命題なんだけど、どうも人には短距離力としての念力というものがあるらしい。それは、近くにいる人に、自分が思うことをさせるのである。もしかして、気の一種かもしれない。

これは羽生専属かというとそんなひことはない。万人にある。例えば、私が田舎に帰ったとき、たまたま実家に将棋の腕自慢という大工さんが来ていた。聞くと、アマ初段だという。すると、私はよほど酔っ払ってでもいないと平手ではまず負けない。ところが、気軽に指してみたらはっと気づくと自分が頓死筋に入っていた。簡単な手なので、あ~あ、と落胆していたら、どうしてもその頓死筋に気づかないで、私が逆転勝ちしてしまった。そういう経験は一度ではないので、どうも、私でさえ、自分より弱い人には念力が働くようである。逆に、茨城出身で一時は有名だったアマ棋客で、安島という人がいる。この人と対戦して、それはもう必勝になってしまった。ところが、今までアマトップクラスに勝った経験も結構ある私が、自分が負けるように負けるように指して自滅してしまった。これなども、念力だろうか。

高校野球を見ていても、鉄壁の守備を誇るチームが、ある上位チームと対戦すると信じられないような失策で負けてしまうことがある。これなど、念力というより、単に緊張するだけだろうか。

ちなみに、竜王戦の挑戦者決定戦第1局、羽生対木村は、念力でもなんでもなく、ぎりぎりだったが、単に羽生の力勝ちだった。その方がある意味、負ける方は辛いか。

2008年9月 3日

羽生の過密日程

将棋連盟のホームページを見ていると、羽生がすごい過密日程である。
8月26-27日 対深浦王位 王位戦  第5局(勝ち)
8月29日(金) 対木村八段 竜王挑決 第1局(勝ち)
9月 3日(水) 対木村八段 竜王挑決 第2局(進行中)
9月 5日(金) 対木村八段 王座戦  第1局
9月 7日(日) 対山崎七段 NHK杯戦 (流石に収録は、9月1日頃なんだろう)
9月9-10日  対深浦王位 王位戦  第6局

王位戦、竜王挑決、王座戦だけでも手一杯なのに、ここでNHK杯戦が入ってくるとは、なんということだろう。NHK杯は、他の対局と日程を交換できそうなものであるが。

天才、羽生といえども人の子、だいたい過密日程で勝ちまくったあとは、極度の疲労からスランプになる。それでも、木村八段には相性がいいので、竜王挑決と、王座防衛は手堅いだろう。しかし、流石に王位戦は奪取しきれないだろう。もともと、深浦にはほとんど五分の星である。

で、とりあえず王位戦でツキを使い果たさないで、竜王奪取を目指すというのが、羽生のエネルギーの経済であると思われる。

ただ、王座戦第2局が9月17日で、王位戦第7局(第6局を勝てば、であるが)は、9月25-26日なので、この超過密状態を抜けると、やや小康状態になる。おっと、竜王挑決が第3局までずれこむと、そうでもないか。

追記であるが、竜王挑決 第2局は、木村八段が勝ち、竜王挑決 第3局は、9月12日にスケジュールされた。よって、過密日程は、続く。

2008年9月11日

羽生を負かす者

先日、NHK杯戦の将棋対局をみていたら、羽生対山崎だった。3年前のNHK杯戦決勝で、この二人の対戦で山崎が勝ったことから、この二人は結構拮抗しているのかと思ったら、なんと、山崎の1勝7敗で、この対戦も羽生が勝ったことから、山崎の1勝8敗となった。

考えてみると、羽生は、山崎のような捌きの将棋に対するのが得意で、同様に捌きを主眼とする久保八段にも、相当に勝ち越している。

では、腰の重い将棋なら羽生に対抗できるのかというと、受け師木村八段はやはり、羽生に相当水をあけられている。

それでは誰が羽生と一番拮抗しているかというと、今王位戦を戦っている、深浦である。ほとんど五分の星ではないだろうか。あと、羽生に結構勝っているのは、名人戦で敗れたとはいえ、森内である。

深浦と森内の共通点はというと、下記のとおりである:

1.深い序盤研究があり、序盤でなかなか不利にならない。その研究を踏まえて、単に過去の踏襲ではなくて、新機軸を出してくる。
2.腰が重い棋風で、受けが得意。下手に攻めていくと、切らされる。
3.中終盤の競り合いに強い。

木村八段は、上記2と3の要素は備えるかもしれないが、1が十分ではない。よって、その点で今一歩、羽生に食い込めない。

しかし、と私は思うのである。上記1~3の資質を備えたとしても、羽生と結構いい勝負はしても、結局、羽生を抜き去れない。だから、羽生に実力で優ることは極めて困難なのである。

そこで私は、天野宗歩を引き合いに出す。天野宗歩といえば、あの傲慢なまでの自信家、升田実力制名人が、実力十四段と認めたほどの天才である。内藤九段も、自分が強くなればなるほど、天野宗歩の実力が自分よりも上に感じられた、という。

この天野宗歩が現在に再来するとしよう。すると、少し時間はかかるが、序盤戦術はなんとか追いつくだろう。そうして、新機軸を出してくるだろう。よって、1はクリアする。また、天野宗歩が中終盤の競り合いに強いことは折り紙付きである。よって、3もクリア。

問題は2である。天野宗歩は軽い、天才的に捌きの棋風である。すると、羽生が組し易いのか。否。天野宗歩の捌きは、山崎や久保を凌駕し、羽生でさえも対応に困る。そうして、羽生に勝ち越すのではないか。

このとき羽生は生まれて初めて、自分以上の才能の指し手を体感するのである。だから、羽生の後を継いで20世名人のなる棋士(まだ、プロになっていないだろう)は、天野宗歩の再来のような棋士でなくてはならないのである。

ううん。同意が得られにくいか。

2008年9月14日

羽生の過密日程の結果

前回書いた羽生の過密日程の結果であるが、下記のとおり、凄い勢いで勝って駆け抜けた。

8月26-27日 対深浦王位 王位戦  第5局(勝ち)
8月29日(金) 対木村八段 竜王挑決 第1局(勝ち)
9月 3日(水) 対木村八段 竜王挑決 第2局(負け)
9月 5日(金) 対木村八段 王座戦  第1局(勝ち)
9月 7日(日) 対山崎七段 NHK杯戦 (勝ち)
9月9-10日  対深浦王位 王位戦  第6局(勝ち)
9月12日(金) 対木村八段 竜王挑決 第3局(勝ち→挑戦者決定)

これに続くのが、下記のとおりである。
9月17日(水) 対木村八段 王座戦  第2局
9月25-26  対深浦王位 王位戦  第7局

これでも、普通の棋士なら過密日程であるが、それぞれ中5日、中一週間であるから、羽生は、なんとか疲労を回復する余地があるだろう。

この後羽生は、木村八段との王座戦をこなしながら、10月18-19日の竜王戦第1局(パリ)に照準を合わせる。

ところで、名人奪取症候群に書いたように、今までは羽生は、名人を奪取すると脱力感に襲われて、しばらく不調が続いたものである。

ところが、今期は、無理だと私が思っていた棋聖は奪取し、奇跡のような逆転を繰り返して竜王の挑戦者になり、また、一時は1勝3敗と追い込まれていた王位戦も、3勝3敗のタイまで押し戻した。

このような羽生の気力は、どこから来るのだろう。寧ろ、才能だけで勝てる歳ではなくなったことを自覚し、一層の努力をしているのだろうか。

ところで、羽生とは立場も実績も全然違うが、有吉九段が、私は若いときよりも今の方がずっと努力していますよ、と何かに書いていた。実際、有吉九段は、73歳の高齢にもかかわらず、C級2組で2勝2敗と、年齢の割に善戦している。

ただ、羽生のこの名人戦後の好成績を単に気力や努力のせいだけにしてよいか、また、この快進撃はどこで途切れるのか、考えらながら見守っているところである。

2008年9月23日

棋力の相対性

先日のNHK杯は、渡辺竜王対森下九段、という本格対決であった。森下の先手ということで、予想どおり、矢倉になった。というのは、渡辺は以前は盛んに用いていて、竜王奪取の原動力となった中座流横歩取りを最早封印しているからである。一方森下は、角換系の将棋をあまり好まない。すると、矢倉はほとんど必然である。

戦型は、これも予想どおり、森下システムとなった。一時駄目印を付けられていたが、改良策が見つかって、また復活した。それでも、森下システムの天敵が端攻めであるという事実は変わらない。

しかし、後手の渡辺竜王の作戦は、香頭飛車の端攻めであった。この筋は昔からある。一歩もって、96歩、同歩、97歩とし、同香に角を叩ききって、同桂、それから96飛と来ると、98歩の一手なので、飛車を引いて96歩を狙う。

単純だけど、ときどきうまくいく、という作戦である。しかし、この場合、いかにも異筋と思われるのは、73銀が中途半端なのである。全く攻めに参画していない。すると、二枚換えとはいえ、角と桂香の交換となって、いかにも攻めが薄い。

果たして、森下の方がかなり優勢になった。入玉は絶対阻止できないと思った。と金の援軍がいるので、すたこらと敵陣に玉が進んでいれば、わかりやすい勝ちである。誤解を恐れずいうと、私だって分かる手である。ところが、森下は、色気を出して、25歩と銀を取った。こうしておくと、24桂の打ち込みで、敵陣の陥落も間近と思われるからである。ところが、自陣の飛車に当てて角を打たれて、一気にあやしくなった。それでも正しく受けると厳密には勝ちだったが、秒読みに追われて正しい受けが分からず、一気に森下は、頓死してしまった。

この色気の出し方が、私が優勢な将棋を負けるパターンとあまりにも同型なので、苦笑いしてしまった。すなわち、私は今まで何度、このような局面で、一旦玉方に手を入れておけば楽勝なのに、駒得に目がくらんだりして、逆転されたことだろう。

そこで思ったのが、棋力の差の相対性である。森下も渡辺も私よりも圧倒的に強いことは論を俟たない。おそらく、今の私では、飛車落ちでも、この二人に勝てないだろう。また、駒落ちで、私が不利な局面になったとしても、森下はきっと、変な色気を出さず、正しく完封してくるだろう。それは、棋力の差Δxが違いすぎるからである。

すると、x1,x2をそれぞれの対局者の棋力とし、棋力の差Δxをとし、二人の対戦の局面挙動関数f(x1,x2,Δx)のようなものを考えたとき、局面挙動関数fは、Δxのみに依存するような場合も少なくないのではないか、というのが私の主張である。

すると人は言うだろう、わざわざそんな概念を持ち出さなくても、渡辺の鋭い終盤だと警戒して神経がピリピリし、それゆえにこそ、やっと勝ちが見えるとほっとして色気を出すのだ、もし相手が君なら、そもそも警戒しないのだから、途中で改めてほっとすることもない。それだけのことだ、と。

それにしても、プロがあまりに自明な、私と同型の油断をしているのを頻繁に見ると、それだけではないと思うのである。

2008年9月28日

深浦の防衛

王位戦で、またしても深浦が防衛した。羽生は、1勝3敗になって7番勝負を勝ったことがないというジンクスを破れなかった。

その深浦であるが、梅田望夫氏のブログに以前生い立ちなどがあったので、引用しつつコメントしてみる。

深浦は、長崎県佐世保市出身であるが、小学生の頃から将棋が好きで、地元の将棋クラブに通った。

1982年3月、第七回小学生将棋名人戦出場のため、小学五年生の深浦少年は、将棋クラブの席主、川原さんと上京した。深浦少年は、寝台列車の中で「『夢のごたー』とニコニコしとった」という。二回戦で敗れたが翌日は「武者修行だァ」と都内の将棋クラブを回り、大人たちを負かして意気揚々、佐世保に帰った。このとき優勝したのは六年生の羽生少年だったというから、その頃から広い意味でライバルだった訳である。どうも、羽生対森内の蔭に隠れて、ここらあたり深浦の影は薄い。

川原さんがいうには、「負けが見えても、何とかひっくり返そうと考えとる。粘り強い子やった」という。それは、深浦が粘り強い棋風ということもあるだろうけど、プロになる子供は大抵そうしたもののようで、以前、内藤九段が、谷川少年が子供の頃、鳥もちのように粘り強い将棋だ、と思ったという。そうでなければプロになれないそうでもあるが。

深浦少年は、小学6年のとき、九州・山口のアマ棋士が競う宗像王位戦に長崎県代表として出場し、そこで、そのときの秋、両親に、奨励会に入ってプロになりたいと申し出たという。

そこで、小学校を卒業すると、親類を頼って上京、奨励会に飛び込んだが、深浦少年にとってプロの壁は厚かった。最初の六級から五級になるのに一年。次々と抜かれた。自室に戻り、盤を抱えて悔し泣きしたという。このあたり、とんとん拍子だった羽生や谷川、さらには渡辺とは違う。だから逆に、深浦が、タイトルの一角をキープしているのは半端でないことになる。

ところで、小学校を卒業した息子を単身プロ棋士にするために東京に送り出したことを、青野九段は、よく思い切ったものだ、という。というのは、青野九段自身が、中学を卒業してから単身上京したときはですら、そう言われたからだそうである。そもそも、青野は静岡県で、東京に近い。佐世保とは距離が違う。

これに関してふと思うのは、バレリーナの森下洋子である。森下は、広島出身なのであるが、小学校2年のときから単身夜行列車で東京に通ってレッスンを受けたというから、一流になる人はどこか違うのかもしれない。

中学を卒業すると一人でアパートを借りた。故郷からの仕送りが遅れ、三万円の家賃が払えなかったことがある。深浦は、「大家さんに泣いて謝りました。情けなかった」という。

深浦が本当に強くなったのは、十五歳で親戚の家を出て一人で暮らし、対局の記録係等をたくさんやるようになってからであるという。昔風の体で覚えた将棋ということになる。

ところで、私もある程度そうであるが、若くして故郷を離れると、却って故郷に対する思いは深まることがある。深浦がそうであって、地元佐世保に対する思い入れは半端でなく、今年8月6・7日に、地元佐世保の万松楼で王位戦第4局を戦いしかも、羽生に勝ったときは、いたく感激したようである。そういう感激が、王位防衛の原動力になったか。

ただ、佐世保出身の知り合いに、万松楼のことを聞いたら、「ええっ、あんなとこ?」という反応である。どうも一度経営不振で潰れて、再建したところで、地元でも一流とはみなされていないそうである。佐世保にはもっと由緒ある料亭旅館は他にあって、どうしてそこなのか、ということのようである。地元有力代議士の紹介か。はたまた、主催新聞社の経費削減か。

さらに、深浦の実家は料亭で、佐世保で、割烹『ふかうら』を経営するという。それで、同じく佐世保出身の知り合いに、割烹『ふかうら』を知っていますか、と聞いてみたら、知らないという。どうもすごく有名な料亭ではなくて、知る人ぞ知るか。また、佐世保出身なのに、羽生名人は知っていても、深浦王位のことは知らない、聞いたこともないという。業界以外で有名になることがいかに大変か、改めて知った次第である。

2008年11月14日

深浦の軽率

先日の11月1日の囲碁・将棋ウィークリーを見ていて、ああっ、と思った。将棋のゲストは深浦王位である。それで、将棋日本シリーズの話題になったとき、深浦は羽生を破って決勝に進み、決勝の相手は花村一門の兄弟子、森下なのであるが、森下さんに対してはどうなのですか、と聞かれたとき、深浦は、確か1勝4敗です、あの腰の重い棋風が苦手で、みたいに言っていた。そこまではいいのだが、言いすぎだと思ったのは、私的には、羽生さんよりも森下さんの方が強敵です、と言ったことである。

おそらく羽生もこの番組見ていたはずで、カチンと来ただろう。なに、たまたま五分に近い星だからといって、そういう言い方はないだろう、と。

実は、11月5日号の週刊将棋の王位戦特集でも、羽生さんは神様じゃないとか、少なくとも羽生さんも人間だと思って戦っています、とかの深浦の談話が載っているが、これも勝負師なら発言に気をつけた方がいい。

おそらく「定跡」では、次のように言うべきだろう。「羽生さんには、たまたま2期連続で王位戦で勝たせて戴きましたが、本当に運がよかったと思っています。実績も実力も到底及びません。死に物狂いで戦ったら、たまたま結果がああなっただけです。」と。

この辺で不用意な発言をしてしまうところをみると、深浦は、一流棋士であっても、超一流棋士ではないようである。すなわち、超一流棋士なら神経質なまでに、この種の発言は避ける。ちょっとええっ、と思ったのは、谷川が以前、永世名人のリストをみて、羽生さんがいないのはおかしいとつぶやいたことであるが、あれは羽生を持ち上げる方向なので、すくなくとも羽生大魔神を怒らせることにはならない。しかし、森内を刺激してしまったようで、今期のA級で、谷川はしっかり森内に負かされてしまった。

今まで、羽生なんて大したことないと言ったことがある人は、芹沢、田中寅彦、日浦である。

芹沢は、谷川を絶賛していた。そのこと自体は紛れもなく妥当であると思うが、なせか羽生に対する評価がよろしくなかった。本物じゃない、というように言っていた。それは終盤の悪粘りを、自らの美学に合わないと切り捨てていたのではないか。しかし、芹沢をして一流棋士に列せしめなかったのはまさに、その勝負に対する辛さと執念ではあるまいか。

田中寅彦、日浦は、数少ない対戦成績で羽生に勝ち越し、羽生キラーなどと呼ばれていい気になっていた。しかし、その後羽生との対戦はほとんどないのではないか。なぜなら、羽生に当たる前に、彼らが早々に敗退してしまうのからである。その結果、もしかしたら対戦成績はまだ羽生に勝ったままなのかもしれないが、最早誰も問題にせず、せいぜいが、俺は羽生に勝ち越しているんだぜ、との酒席の話題にしかならない。

その点、深浦は違う。50局以上も羽生と指し、ほとんど五分の成績は、誰も真似できないものである。その意味で深浦の実力を疑うものはいない。その著書、「最前線物語」は紛れもなく名著である。おそらく、序盤に詳しく、腰の重い棋風が、対羽生に適合しているのだろう。ただ、不満なのは、どうしてもA級でなかなか勝ち越せないことである。なにがいけないのか、もちろん私にわかろうはずもない。しかし、佐藤康光などと比較したとき、独創性と、終盤の踏み込みの深さで、あと一歩なのかも、と勝手な想像をする。すると、ここのところを克服しないと、羽生を怒らせ且つ、羽生との対戦が増えると、次第に負けが混んでくることが考えられる。

ただ、突き離した言い方すると、羽生に勝とうが負けようが、深浦の将棋界における個性は貴重である。地元佐世保へのこだわりもいい。もしかすると、羽生に関して一見無神経な言い方するのも、地方出身者としての田舎者度を残しているからかもしれない。もしそうなら、それもまたよしである。下手に洗練されてほしくない。それは、僻地離島出身者であることをいつまでも引き摺っている私であるがゆえの望みでもある。

2008年12月25日

竜王戦第7局

私は昔から天才が好きである。ただ、分野は限られていて、数学、物理、将棋、囲碁などである。だから、もしエヴァリスト・ガロアが生きていれば当然にファンになったと思うが、そんな、後世になってやっと知られるようになった一介の数学少年を同時代に、どうやって知ることができよう、とも言える。その乗りで私は、将棋の羽生のファンであって、羽生が酷い負け方をすると、一時的に将棋に対する興味を失う程である。あ、ちなみに、囲碁では井山がそうである。

そういう意味で、先日の竜王戦第7局は、私を、しばらく将棋から遠ざけるのに十分なインパクトをもっている。

ここで突然、2003年の話に戻る。2003年に羽生は、森内を4タテで破って、名人位を奪取した。その直後のインタビューで、羽生は満面の笑みを浮かべながら、今は順調で、特に不安材料は見当たらない、と答えていた。実際、周囲の人もみんな、いよいよ七冠再現かと期待した。

そこで7月の王位戦。挑戦者は谷川九段である。もともと羽生は、谷川にかなり勝ち越している。今の羽生なら、4-2くらいで谷川を下すだろうと私は思った。世間の将棋ファンの大部分もそう思っただろう。ところんがなんと、1-4で(2-4かもしれない)、あっさり王位を奪取されてしまう。しかもその負け方が酷い。あの羽生マジックのはずの終盤がメタメタで、いくらでも勝ちがあるのにわざわざ緩手を選んで、谷川にボロ負けてしているのである。

私はきっと、名人戦の疲れがでて、しかも王位は比較的軽いタイトルなので、軽く流したんだろうと思った。

次のタイトルは、9月の王座戦。挑戦者は、新進気鋭の渡辺である。流石に羽生の敵ではないだろうと私は思った。ところが、2-2のタイに食いつかれてしまう。第5局で、渡辺の緩手で、やっと勝つ。この辺から羽生の調子はいまいちなのではないかと思い始めた。

そこで竜王戦。森内の挑戦を受けた。当時森内は勝率8割の絶好調。でも、竜王はビッグタイトルなので、流石の羽生も気合を入れるだろうと思った。ところがあにはからんや、絶好調は、付け入る隙なく、4-0で羽生を下した。こんな冴えない羽生をみたのは、それが初めてだった。

しかし、次の王将戦では、森内の挑戦を受けたがなんとか復活し、4-0で防衛した。ところが、名人戦では、A級を全勝で駆け抜けた森内に、2-4で敗れてしまう。やはり終盤の力弱さが目立った。

なぜこうやって2003年の状況を、前に書いたにも拘わらず延々と再び書いたのかというと、今の羽生の状態があまりにもその5年前に似ているのである。

そもそもが今年だって、深浦に王位を防衛されてしまった。あれは内容からして羽生が奪取すべきだった。第1局を先勝して第2局でかなり自明な手を見落として破れ、おかしくなってしまった。どうもそのあたりから、不調の影が忍び寄っていた。

それでも、王座は、木村を3タテで下した。もともと相性のよい相手である。でも、内容はあまりよくなかった。木村が間違えてくれた、といえる。

そして、竜王戦。奇跡のようなぎりぎりの内容で挑戦者になったが、5年前と違い、羽生は三連勝した。今にして思えば、羽生が好調なのではなく、渡辺が不調だったのである。なにしろ渡辺は、今期もB1で4勝4敗とやっと指し分けである。A級に上がれそうもない。

ところが、竜王戦第4局。渡辺が終盤で進化した。わざわざ88歩と王を安全地帯に呼び込んだり、一手損して67金右と、有効手を許したりなどである。それでとても難解な終盤になったが、好調な羽生なら、勝ちを見つけることができただろう。しかし、時間もなく凡手を選び負けてしまう。

第5局は、相矢倉で、いいとこなく渡辺に攻めつぶされてしまう。第6局は、踏み込んだら渡辺に絶妙の受けをされ、どうやっても足らなくなってしまう。ここらあたり、曲線的な指し口が特徴の羽生が、すっかり単調になってしまっていた。例をあげると、大リーガーのニークロ投手のナックルが落ちないで、あっさりバッターに捉えられているようなものである。

そこで第7局。私も、親しい棋友も、流石に羽生の勝ちを予想した。予想したというよりも、期待したというべきか。ここは、羽生ファンでないとしても、羽生が勝たないと面白くない。で、ネットで局面を追うと、どうも羽生が有利である。渡辺はさらに次善の策をとり、形勢はさらに羽生に傾いた。ところがそこからが羽生がおかしい、どうも決めきれない。渡辺の反撃が始まる。ついに逆転かと思った瞬間、羽生の切り替えしが出る。詰めよ逃れの詰めよ、おお羽生マジックだ、とみんな思った。しかし、羽生は勝ちきれない。次第に差を詰められ、渡辺の軍門に下った。私は思わず叫んだ、これは羽生なんかじゃない、C級2組の誰かだ! それくらい、羽生らしくない終盤であった。

で、12月21日、NHK杯戦を見ていると、羽生対飯島だった。これは明らかに、竜王戦第7局よりも前に収録されたものである。いかに不調の羽生といえども、飯島には勝つだろうと思った。実際、羽生に有利のうちに終盤になったが、どうもおかしい。羽生の終盤が変なのである。形勢が開いていたので羽生が勝ったが、これまた、よれよれした終盤で、相手が渡辺や佐藤、森内あたりだと逆転されてしまっただろう。

ここで、私なりに、羽生が不調になるパターンの特徴を記してみる。
1.大きな勝負に勝つと、気が緩んで不調になる。例えば、名人奪取とか。
2.不調になるのは特に終盤で、序盤や中盤はそうでもない。従って、格下の相手だと、終盤の粘りや肉薄があまりないので、終盤が不調でもなんとか勝ちきれる。従って、羽生は、不調でも、格下に取りこぼすことが少ない。これが棋士中で最も高い勝率を誇っている秘訣である。
3.一旦苦手をつくってしまうと、克服にかなり時間がかかることがある。以前は森内であり、今は深浦か。渡辺も羽生に自信をもってしまった。この二人に羽生はしばらく苦戦することになる。
4.本格的な調子の回復には、1年近くかかる。すると、もし竜王戦第4局あたりから不調に陥ったのだとすると、本格的な調子の回復は、来年の名人戦の後である。名人戦は防衛できるだろうか。それより前に、王将戦が鬼門である。

このように不調があるのは、人間だから仕方がない。羽生といえども、人の子である。不沈艦、大山といえども、メタメタの時期があった。大山はメタメタになると、格下にもとりこぼしていた。しかし、大山が羽生よりも力強いのは、タイトル戦のカド番からでもぐんぐん追い上げる迫力があるからである。この点で、羽生にはなぜか、淡白さを感じてしまう。この点だけで、羽生は、大山よりも強い棋士として後世に記録されないかもしれない。

一方で渡辺もよく分からない。折角竜王を防衛したのに、B級1組の順位戦で久保に破れ、4勝5敗と負け越しである。まさか陥落はしないと思うが、今期の昇級はまず無理であろう。だいたい一流棋士は、B級1組であまり足踏みしない。よって、渡辺に、羽生を超えるポテンシャルをみてとることにためらってしまうのである。

About 将棋

ブログ「Commutative Weblog」のカテゴリ「将棋」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは宗教です。

次のカテゴリは心理学です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。