メイン

芸術 アーカイブ

2007年4月24日

世界のプリマ 吉田 都

 テレビを見ていたら、吉田 都という、日本人のバレリーナが、英国王室バレー団で、11年間、40歳を過ぎても、プリンシパル(第一人者)を続けている、ということだった。よくわからないけど、とても凄そう、ということが分かった。失礼ながら、吉田さんは、素顔は、とても華麗な雰囲気や容姿、ということはない。
 しかし、ひとたび舞台に立つと、その華麗なる動き、技は、追随を許さない。
 吉田は、9歳で国際バレーコンクールで入賞して、イギリスに留学するも、容姿の平凡さ、手足の短さなど、コンプレックスに苛まれて、それをバネに人一倍、練習した。それ結果、ロイヤルバレー団のプリンシパルに抜擢されたが、ある日、公演の前の日に、腰に激痛が走り、2週間起き上がれなかった。
 それから、練習一辺倒でなく、休日は、リラックスするようにした。
 それでも、練習風景を見ていると、鬼気迫るものがある。吉田 都の打ち込み方をみると、私の仕事なんて、プロとはとてもいえない。ああ、サラリーマンはなんと平凡なだろう、また、私が知らないで、世界のトップのレベルの人、というのは、なんと沢山いるのだろう。

2008年2月 5日

建築家と建設屋

 ある建築関係の本を眺めていたら、建築関係の人間には、建築家と建設屋という2種類の人間がいるようである。建築家というのは、アーキテクトともいう。また、建設屋というのは、ビルダーともいう。
 それでは、建築家とは、どういう仕事をするのだろう。私が感じたのは、要するに、人間が五感で感じるところの設計を行う人のようである。例えば、ガラス張りであるとか、尖っているとか、中庭が広いとか、採光が十分であるとか、紫の壁紙が使われている、とか、である。屋内の場合、空間デザインという言い方もするようである。
 では、建設屋とは、どういう仕事をするのだろう。それはどうも、建築家が五感に訴えるものをつくるための、物理的基礎を与える仕事のようである。例えば、耐震構造を計算する、鉄骨を敷設する、コンクリートを流し込む、電気配線をする、などであろうか。そもそも、建築家がある建物を設計したとき、鉄骨が何本必要かとか、コンクリートが何m3必要か、とか、耐震構造にするか、免振構造にするかとか、そういう裏方全般が、建設屋の仕事なのだろうか。コンピュータで構造計算をするのも、建設屋の仕事か。
 しかし、建設屋がどんなに苦労しても、結局は、あの建物は、例えば、ジャン・ヌーヴェルが設計した建物である、と言われるのだろうか。
 たまたま、ある美術大学に、建築科という学科があるのを知った。そうして、その入試科目をみたら、なんと数学が必須ではない。すると、数学を勉強しないで建築学科に入ってくる学生がいる、ということである。ううん、そうなのか、ひたすら美術作品として建物を考える一群の人々がいるのだ、と四角四面の学校の校舎や、裁判所の建物のように、なんの美術的センスもない、住めればよい、勤務できればよいビルをつい想定してしまう私には、カルチャ・ショックであった。
 確かに、安藤忠雄著の「建築家たちの20代」に出てくる建築家たちは、ほとんど芸術家で、テクニシャンの香りはしない。では、と突然変な例を引くが、コンピュータ言語Rubyの作者の、まつもとゆきひろは、確かに、テクニシャンというよりもアーキテクトなのだけれども、どうみてもアーティストの風はない。
 やはり、視覚に訴えるところが大きいのか。すると、建築家とは、テクニシャンというよりも、ファッション・デザイナーであって、ただその対象が、リジッドでカラフルで、スペイシャルである、と考えてやっと納得がいった次第である。

2008年8月25日

佐藤玲

昨日、見るともなく情熱大陸というテレビ番組を見ていたら、佐藤玲という24歳の女性アーティストの特集だった。

まず、佐藤は、カメラを片手に、古い町並みや、空き地、草叢など、普通写真家が見向きもしないようなところの写真を撮って歩く。なんだ一風変わった写真家かと興味を失いそうになった。この写真が私のキャンパス、という言い方をするのだが、ああそうと特に感想もない。

ところが、次に、写真と絵を組み合わせたような作品をみて、芸術心のない私もつい、目を引かれた。絵といっても、人間や動物、植物などがメルヘンチックに描かれている。もしこの絵だけみたら、ちょっと気の利いた少女の悪戯書きとしか思わないだろう。しかし、背景の写真と妙にマッチし、独特の世界を醸しだしている。

これはきっと、写真をフォトショップあたりでレタッチし、イラレで絵を描いたんだよね、とコンピュータに多少馴染みのある私はつい思う。ところがそうではなく、撮影した写真をまず、特殊な印刷装置を使って、油絵用のキャンパスに印刷するのだという。

そうしておいて、次は、写真が素地になっているキャンパスに、油絵絵具や水彩絵具を使って、絵を描く。それだけなんだけど、佐藤玲はとてもほんのりしたキャラクタで、最初はぼやっとキャンパスを眺めるだけ。見つめていると段々楽しくなってきて、イメージが湧き始める。すると、そのイメージに沿って描くだけ。ほとんど必然なのたという。

それは不思議な世界である。とても楽しい。大学生の頃、夢で一度、極楽のお花畑を見たことがあるが、非日常的な楽しさだった。あれにイメージが近いかも。

こういう画風なので、もともとの写真は却って殺風景な方がよかったりする。その方がイメージを掻き立てられるのだろう。足りないものを足す絵なので、写真の段階で完全に揃っていてはまずい。

こちらが、佐藤玲のブログである。Webの記事によると、"最初のGEISAI(2002年)で村上隆に才能を発見され、その後パリのカルティエ財団で開催された「ぬりえ」展を始めとして、多数のグループ展に参加。ここに来て、アーティストとしての目覚しい成長を見せています。"ということだそうである。つい最近は、ニューヨークでの個展も成功させた。

芸術系はからっきし苦手だが、興味を惹かれたので、つい書いてみた。

About 芸術

ブログ「Commutative Weblog」のカテゴリ「芸術」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは芸能です。

次のカテゴリは言語学です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。