メイン

生物学 アーカイブ

2007年4月30日

ネオテニー

 ネオテニーというのは、幼形成熟、すなわち、大人になっても子供のときの形態をとどめることをいう。なぜそういうことを言うかというと、人間は、どうも同系の猿と比べて、ネオテニーではないか、という説があるからである。確かに、人間は、猿と比べて、大人になっても髭や毛は薄いし、幼猿をそのまま大人にしたのが人間というのは、なんとなくうなずけることである。
 単に外形だけではない。猿は、産まれてそんなに時間が経たないうちに、自分で歩きまわれるようになる。犬や猫などもっと早い。一方、人間は産まれて3年たっても、なかなか自活できない。教育もあるにしても20年くらいたって、ようやく一人前になる。
 何かの本の受け売りであるが、人間は、こういうように長い時間かけて一人前になるところに、進化が進んでいるという根拠がある。
 なぜ突然このようなことを言うかというと、昨日、2つのことを見たせいである。1つは、早大の斉藤祐樹。昨日は、法政を相手に完投勝利した。新人としては、画期的なことだそうである。前にも言ったが、元ライバルの楽天の田中が、プロで通用しているところに鑑みると、斉藤もそれに匹敵するだろう。このような大学1年なのに、である。
 別のこととして、昨日、小学生将棋名人戦をみた。優勝したのは、なんと小学校4年の安西君。私なりに手を追っていたが、実に落ち着いている。昔は、小学生将棋名人というのは、煌めくような手を指すかというと、とてもひどい手を指して落差が大きい。ところが、安西君は、手が踊らない。不利になってもじっと逆転を狙う。
 この、斉藤祐樹と安西君の2つの事象を見ていて、人類のネオテニーのスキームが変わりつつあるのかと、つい随分飛躍したことを考えてしまった。
 私は、早熟の天才という一群の人々がいるのを知っている。ただ、私は、人類の大勢の傾向としての、遅発育というか、ネオテニーが維持されることを望む。というのは、哲学的思考というのが、優れて精神的なネオテニーの成果であるからである。子供のころ、多くの人は、空間とはなんだろう、時間とはなんだろう、と「青臭い」ことを考える。しかし、青春期を過ぎると、大抵は、そんな意味のないことを考えるのはやめて、株のこと、麻雀のこと、ナンパのこと、就職のこと、資格試験のことを考えて、健全に成長していく。それが何が悪いということになる。ただ、私は、世間の薬味としての精神的ネオテニーを大事にしてほしいと思う。人類の危機に際して、そういう人が、何か役に立つ、・・ということはないのだけれども。

2007年8月13日

クローン豚

 新聞によると、クローン豚の体細胞からクローンを作る反復生産で、第4世代のクローン豚を作ることに成功した、という。すなわち、豚の唾液腺の細胞核を、核を抜いた未受精卵に移植してクローン卵を作り、雌豚の子宮に入れて出産させる、ということを繰り返すのだが、2、3代で、寿命の縮みを示すテロメアの短縮は、窺われなかった、という。数年前のドリー羊では、こんなに世代を経ることができなかったので、なにかしら技術革新があったに違いないが、どのような革新があったのか、新聞には触れられていない。紙面の制限か、専門的すぎるのか、あるいは、こういう技術情報は、詳しく説明することに支障があるかのどれかであろう。
 それで、このような技術に鑑みると、倫理的には許されないが、人間に適用できないと考える理由はない。すると、死者であっても、一部の細胞が生きて得られると、クローン人間が作られることになる。
 では、自分と同じ人間を作ることができる日が来る、と考えると、それは違うと思う。すなわち、そのようにして作った人間は、なるほど、もとの人間と同じ遺伝子をもっており、よって、一卵性双生児のように、もとの人間と同じ風貌を呈するであろう。また、同じ遺伝病の素質ももつであろう。しかし、もとの人間がもっていた経験や才能は引き継がれない。というのは、そもそも、経験というのは、生まれて経験したことの集積なのであるから、クーロン氏が新たに経験しなおさなくてはならない。それは、おそらく、もとの人間と全く違うものとなろう。
 また、人格も、スピリチュアル的な観点から言うと、肉体に、ある霊が結合したものであるから、単に遺伝子が同一である、ということは、何ほどの同一性も意味しない。言い換えれば、われわれの記憶の大部分と才能は、この現実世界外にある、霊的なサーバから供与されているので、肉体をいくら精査しても大したことは分かりはしないのである。そういう観点からは、クーロンは甚だつまらないもの、ということになる。
 そういう前提があったとしても、有性生殖を経ない生物は、遺伝子の多様性を生み出さないという点で、望ましくなく、そういう間接的な理由で、やはり倫理的にもよろしくない、ということになる。

2007年8月14日

痛覚について

 新聞によると、8月13日の朝6時頃、54歳の男性が、浜名バイパスで、バイクに乗って中央分離帯に接触、右足を膝下10cmのところで切断したが、それに気づかないで、その後2kmも走ったという。そこで初めて気がついた、というのであるが、一体そんなことがあるのだろうか。
 新聞には、痛みが強すぎて、感じられなかった、とも書かれている。それもにわかに信じがたい。ただ、私には下記のような経験がある。昔、A型肝炎を患って、入院したことがある。その病院は随分野蛮で、腹鏡といって、お腹に穴をあけ、肝臓の細胞を採取する、という検査を行うしきたりがあり、その時点で、その病院に入院したことを後悔したのだが、それが、部分麻酔で、虫垂炎に手術なみの規模なのであった(だから、大したことがないともいえる)。
 ただ、医師は、手術後、動いてもいいよ、という。それで、夜中にトイレに行きたくなったので、一代決心して起き上がってみた。すると、施術の傷跡に激痛が走った。幼少の頃から病院経験が少なくもない私にとっても、その時点で人生最大の痛みであった。ただ、気を失わなかったので、大したことがないとも言える。
 そのことをあとで友人に話したら、人間が感じられる痛みには上限があるのではないか、などと呑気なことを言う。ただ、今にして思えば、もっと強い痛みなら、気をうしなったので、あれは結構感じられる上限の痛みなのかも、と思わないでもない。
 その意味で、上記のバイク事故の場合、いきなり、人間が感じられる痛みのレベルを超越してしまったのだろうか。
 それに関連して、戦中に特攻で死んだ人の手記を読んだことがある。すると、多くの人は、死ぬときにとても大きい苦痛があるのではないか、という恐れを抱く。少し膝をその辺で打ち付けたくらいでとても痛いので、その類推は尤もであるが、おそらくは、特攻の最大の苦しみは、この世からいなくなる、ということの不安であろう。ドフトエフスキーだったか、偽りの死刑執行宣告をして、直前になって、実は死刑執行は中止である、と宣告する、というとても酷い試みをした皇帝がいたという。これの巻き起こす不安は、きっと、どんな肉体的苦痛にもまさって、それにより発狂する人もいたという。
 こうしてみると、人間は、何よりも肉体的人間ではなくて、心的人間であることが理解される。肉体的苦痛が大したことないなんて、私は言えない。しかし、肉体を支配するものが精神であることを、改めて感じるのである。

2007年9月17日

パンタ・レイ

 ベストセラーになっている、講談社現代新書「生物と無生物のあいだ」福岡伸一著、を読んでみて、いくつか興味深い記載があった。その1つに、シェーンハイマーという人が発見した現象がある。シェーンハイマーは、ロイシンというアミノ酸の窒素を重窒素の同位元素で置き換えた餌を、鼠に三日間与え続けた。その鼠は、成鼠であったから、シェーンハイマーは、与えた餌は、ほとんどがエネルギー源として燃やされ、尿として排出されると考えた。
 ところが、三日後に重窒素を目印として測定してみると、対外に排出された、重窒素を含むロイシンは、わずか2.2%で、重窒素のうちの半分以上が、内臓などの体内にたんぱく質として、組み込まれていた、という。しかも、ロイシンとしてではない。鼠は、ロイシンを一旦分解し、別のアミノ酸の一部として組み立て直し、DNAのマップに従って、体のさまざまな場所に、たった三日間で分散された。このことは、生物の体内では、すさまじい速さで、成分の入れ替えが行われていることになる。
 すると、次のようなことになる。体内の悪性の癌細胞であれ、血管の詰まりであれ、数日もたてば、その細胞のほとんどの成分は、別の成分に置き換わっている、ということになる。すると、つい都合のよいことを考えたくなる。悪性の癌細胞は、その成分が置き換わったことで、良性の細胞に戻らないのか、と。
 しかし、そうは都合よくいかない。細胞におけるたんぱく質の置き換えは、なるべく同一性を保持するように行われる。なぜなら、その細胞のDNAの指示によるからである。悪性の癌細胞は、たんぱく質合成の指示自体がおかしくなっているので、どんな材料を与えても、簡単に癌細胞をアポトーシスさせるようなことになる訳がない。そんなことが簡単に起きると、例えば、ある栄養で、肝細胞が別の細胞に置き換わったりすることになり、その、生物に対するインパクトは、癌細胞の比ではない。丁度、警官が一斉に泥棒に変質するようなものであるから。
 ともかく、言いたいことは、生物もまた、その構成物質の変化において、川の流れのようなものだということである。
 古代ギリシャのヘラクレイテスは、「河は同じだが、その中に入る者には、後から後から違った水が流れよってくる。」と言った。まさに、παντα ρει、万物は流転する、である。仏教でいう、空が近いかもしれない。

2007年12月15日

化学マシンとしての人間

 私は、折角物理学科を卒業したのに、物質的自然観というのは、あまり好きではなく、なんか生気論というか、非物質的なものをつねに考えていたいと思っている。それでも、人体をマシンと考えたとき、次の3つの側面があると思う。
1 - 機械的マシン ( m-machine )
2 - 化学的マシン ( c-machine )
3 - 情報的マシン ( i-machine )
 例えば、ロボットを考えると、それはまず、関節などを機械部品で実現する必要があり、また、リニアモータなどで、駆動する必要もあり、そこのところで、機械的マシンである。人間も、筋肉を駆使して、物を運ぶ、という点で、それを実現している仕組みは、機械的マシンである。
 ロボットは普通、マイクロプロセッサをもち、センサで外界の状態を検知し、それに応じて、コントロールする。そこのところで、検知した内容を情報として扱い、また、それの演算結果を、情報として返す。そこのところで、情報的マシンなのであり、人体においては、脳が、情報的マシンの中心をなす。尤も、腸だって、結構独立にセンサをもち、いろいろな制御をしているようである。
 さて問題は、化学的マシン。そもそも人間が、食べ物からエネルギーを取り出す仕組みが、ATPサイクルであって、そこからして、化学的マシンである。それ以外にも、酵素やホルモンの働きは、すぐれて化学的作用なのであって、その精妙な働きに驚嘆して、人体を化学的マシンと、呼んでもいい。
 しかし、機械的マシンや情報的マシンと違って、化学的マシンを人工的に構成することは、なんと難しいのだろう。一体、化学的マシンを、人工的に作成する試みは、あったのだろうか。ATPサイクルを人工的に作れるのか。酵素は合成できても、化学物質だけで、オートマトンを形成できるのか。ホルモンの流れをつくりだせるのか。
 私は直感的に思うのだが、確かに人類は、車や飛行機という形で機械的マシンをつくりだしてきた。コンピュータという形で情報的マシンをつくりだしてきた。しかし、化学的マシンは、もしかして原理的に無理なのではないか、と。その理由は、機械的マシンや情報的マシンでは、単に外部からエネルギーを供給しさえすれば、自立的に動く。オートマトンにもなりえる。しかし、化学的マシンの場合、溜まってきたエントロピーを捨てれないと、反応が直ぐに飽和して、動作を継続できない。このエントロピーを捨て続けるところが、熱力学の第2法則により、不可能で、化学的マシンは、人工的につくりだすことができないのではないか。
 ああ、驚くほど議論が粗雑である。これは私が、情報的マシンであるよりも寧ろ、化学的マシンであることによる。

2007年12月21日

犬猫の毛色

 とても深遠な謎ということではないが、前から不思議に思っていることがあり、それは、どうして犬猫の毛色は、あのように多様なのか、ということである。例えば、虎やライオンは、猫科の動物であり、基本的な性質は、その大きさと獰猛さを除き、猫と変わらないはずである。しかし、白猫、黒猫、ミケ猫はいるのに、黒ライオンや、ミケ虎がいる、という話を聞いたことがない。他の例を挙げると、狸は、犬に近い動物のはずであるが、狸の毛色は、ほとんどワンパターンであり、やはり白狸、ぶち狸がいる、という話を聞かない。
 これはどういうことか、私なりに考えてみた。で、おそらくこうではないか、と思われるのは、犬も猫も、家畜として人間が交配させていろいろな種類を作り出した、というせいではないだろうか。遺伝子の変異には距離があり、その距離が遠すぎると、交配させても子供が産まれない。要するに、卵子が、異端の精子を排除し、もし卵子に精子が入り込んでも、受精しない、ということである。
 それで思うには、猫も犬も、本来は広範な遺伝子にまたがる、広い種で、その一番遠いもの同士を交配ざせても受精しない。しかし、少しだけ遠いものだと首尾よく受精し、こうして、次第に、一番遠いものにも届くようになる。このような交配は、遺伝子をかき混ぜ、さまざまな種類を生み出すだけではなくて、その毛色も多様となる。するとカオスの原理で、わずかの違いが、大きな毛色の発現の違いとなる。だから、ある両親から産まれる犬や猫の子供たちの毛色は、場合により、両親とは似ても似つかないものになる。
 このようにかき乱された遺伝子をもつ犬猫は、果たして、虎やライオン、狸よりも生存力、繁殖力が強いのだろうか。私の推察では、純粋の自然環境では、虎やライオン、狸の方か強い。しかし、人間が関与する、いわば汚染された自然環境では、かき乱された遺伝子をもつ犬猫の方が生き延びやすい。こうして、人類が存続する限り、犬猫も繁栄し、一方で虎やライオンは、次第に絶滅していく運命にある。

2007年12月27日

恐竜滅亡の原因

 いつからか、恐竜滅亡の原因は、隕石の落下によるものだ、というのが通説になっている。その根拠は、ある地層で、イリジウムの成分の濃度が一様に高くて、そのイリジウムは、衝突した隕石から巻き散らかされたものである、ということである。それで、人類滅亡の有力なシナリオの1つに、巨大隕石、あるいは小惑星の地球への衝突がある。
 もちろん、数百万年に一度くらいの頻度で、小惑星が地球にぶつかる、ということはありえよう。しかし、どうも、それは痛打ではあっても、決定打になっていないのではないか、と思ってきた。というのは、ものの本によると、恐竜滅亡の数百万年くらい前から、次第にある植物や海生動物が滅亡してきているのである。すると、やはり、恐竜滅亡の主要原因は、気候変化による、植物の絶滅、それにともなう、草食動物の絶滅、また、それに伴う、肉食恐竜の絶滅、というシナリオが妥当ではないだろうか。
 そういう風に食料となる植物が減ると、体の大きい、いわば燃費のかかる恐竜ほど、脆い。だから、トカゲのような小型爬虫類は、なんとか生き延びることができた訳である。私は、大型恐竜を絶滅させるほどの隕石だと、人類の祖先となる哺乳類も、生存は難しいのではないか、と考えていた。だから、小惑星非決定打説だと、腑に落ちる。
 別の観点で、アンモナイトの滅亡に関して、種の寿命、という観点が云々され、それは一度は信じられたが、結局は、さまざまな資料に基づき、妥当でない、として棄却された。しかし、進化によって、遺伝子が袋小路に入り、どうしようもなくなって滅亡する、ということは、やはり、あり得るのではないだろうか。というのは、孔雀の羽を見ても、人間の知能を見ても、かならずしも合理的に周囲の環境に対処するように進化していない。むしろ、過剰さを募らせているようにも思われる。だから、人類が環境のせいでもなく、エネルギーの枯渇でもなく滅亡するストーリーは、その発達しすぎた前頭葉で、欲望を肥大化させ、互いに殺しあう、というものである。申し訳ないが、今のキリスト教も、イスラム教も、戦う宗教であって、前頭葉に待ったをかけられない。
 ん、仏教? さあ、ということになる。

2007年12月29日

自己家畜化

 人類が、犬、猫、牛、豚、馬などを家畜化して、食用、愛玩、警護などに利用してきたことは周知であるが、実は、一番家畜化したのは、人類自身なのであった。
家畜化とは、その定義により、野生から切り離され、形や習性を変えることである。当初狩猟民族であったと思われる人類(の一部)は、一箇所に定住し、農耕を営むようになった。それによって、狩猟という不確実性の高い食料獲得行為から解放された。また、定住によって、住居を構築し、寒さや外敵から身を守るようになった。これは、生活の利便性を高めたが、生物としての生存能力を低下させていくことにも繋がった。
 さて、家畜化によって何が起きるかというと、自然環境の人口化である。これによって、最早元の荒々しい自然環境では生きていくことが難しくなった。典型的には食料である。狩猟時代には、どこに動物がいるか、視覚、聴覚、嗅覚を研ぎ澄ます必要があった。そうしないと、動物を捕獲できず、それが続くと飢え死にしてしまう。農業によって、食料が所与になると、視覚、聴覚、嗅覚は真っ先に衰える。視覚、聴覚、嗅覚に加えて私は、狩猟時代の人類には、今で言う霊能力があったと信じる。例えば、聖書の頃の時代は、多くの人はまだ、精霊が見えたのではないだろうか。そうしないと、今のような人類の能力では、聖書のような神話は成立しない。ところが、今は、非常に限られた人しか霊能力をもたず、すると例外的な能力であるがゆえに、公認された人間の能力とは看做されなくなっている。
 家畜化の別の側面は、生殖の管理である。狩猟時代には、人類は、生殖の行為に多くの快楽を期待しなかったであろう。外敵や猛獣がいつ襲ってくるやもしれず、そういう行為に耽溺している場合ではない。ところが、自己家畜化に伴い、一種の安心を得ると、生殖が管理可能になり、場合により、子孫を増やす目的だけではなくなった。その快楽の側面も注目されるようになってきた。多くの動物がそうであるように、狩猟時代には、人類は、ある程度決まった発情期があったかもしれない。しかし、自己家畜化になり、発情期と非発情期の明確な区別がなくなった。このことは、子孫を増やす、という意味では、有効であろう。
 自己家畜化による別の変化は、ネオテニーである。すなわち、赤ん坊がそのまま大きくなったような容貌になり、体毛を失った。
 自己家畜化によるさらに別の側面は、死の儀式化である。狩猟時代、狩猟に伴い、あるいは病気で死ぬことは日常茶飯事で、特別なことではなかったろう。もし亡くなっても、その場で単に埋めて、あるいは放置して動物の食べるがままにしておいたかもしれない。しかし、自己家畜化によって共同で暮らすと、死が否応なく、目に付き、その喪失が共有され、その別れが儀式化される。ここから、この世と死後の世界を繋ぐ儀式を通じて、宗教が生じた。
 では、自己家畜化は成功したか、というと、人類が繁栄し生き延びるための装置、という意味では最高の成功であろう。しかし、自己家畜化によって押さえつけられた本能は、ときに噴出する。冒険家と呼ばれる人たちは、快適な暮らしからあえて、極寒の地の旅行に出て、冒険心を満たす。例えば、植村直己がそうであろう。
 また、時として異常に暴虐になり大量殺人を犯す人は後を絶たない。狩猟民族の血が蘇るのだろう。そういう意味では、性犯罪者よりも、殺人者の方がより根源的である。
 こうして、自己家畜化によって人類はその心の奥底で、軋み声をあげている。しかし、もう自然に戻ることはできない。このような心の闇こそが、影の部分なのだろう。宗教がそれを救い得るかというと、それはもう、限界が見えている。というのは、宗教が人類を救う途は、より自己家畜化を進めて、心の安寧を得る方向と、野蛮に戻して、心の野生を取り戻す方向の2つしかなく、どちらに進んでも負けは見えている。こうして、救われがたさを抱いて生きていくのが、自己家畜化された人類なのである。

2008年1月26日

細菌ゲノム

 新聞によると、米国のある民間会社の、グレイグ・ベンダーという人がチーフのチームが、マイコプラズマ・ジェニタリウムという細菌の全遺伝情報を含んだDNAを人工的に合成したそうである。解析ではなく、合成というのは、コンピュータのプログラムで言えば、ソースコードを解読したのではなく、オリジナルに書き上げたというくらいの違いがある。画期的な業績であろう。
 この業績がインパクトがあるのは、そうやって人工的に合成した遺伝子を、大腸菌などに組み込んでさらに増やしたり、変種の菌を作成したり、新しいウイルスが作れる、という点にあり、よほど注意しないと、新たな生物兵器への途を開いてしまうことになる。
 ところで、その後の新聞のコメントが戴けない。というのは、「これで、人口生命に前進」というが、いかに全遺伝情報を含んだDNAを人工的に合成したことが画期的な業績であろうと、人工生命に対する進展にはなっていないと思う。
 すなわち、現在は、あるハードウェアも存在しない、未知のアーキテクチャのコンピュータのオペレーティング・システムが、とりあえず書けた、という段階である。すると、このオペレーティング・システムが走るようなアーキテクチャのコンピュータを設計するという「逆問題」を解かなくてはならない。これがどれくらい困難なのか、例の電場から、電荷の分布を求めるという、「不適切問題」の困難に鑑みても、難易度は想像もつかないほどである。
 しかし、実は、その困難度ですら、序の口である。すなわち、「人口生命」というからには、構成したアーキテクチャは、自己増殖オートマトンになっていなくてはならないのである。まさに、どんだけ~であろう。
 だから、ゆめゆめ、「人口生命」を安易に語るなかれ、である。別に私は、神の冒涜ということを持ち出すつもりはない。技術的困難に言及するだけで十分である。

2008年2月16日

ウィルスの働き

 コンピュータ・ウィルスが、コンピュータに感染して、システムを破壊するやり方は、ファイルを壊すことであったり、ファイルを削除することであったり、システム内のアドレス帳を読み取って、そこにあるアドレスにメールを送りつけたり、システムに常駐して、システム内のファイルを勝手にウェブ上で公開したりすることである。要するに、コンピュータ・ウィルスは、コンピュータのオペレーティング・システムの許されるAPI機能を呼び出しているにすぎない。
 これとの類推で考慮すると、病原体としてのウィルスが、生物内に入ったとき、ウィルスは、もともと生体がもっている機能を利用して、生体に害を与えているだけである、と言えないだろうか。そのとき利用するのは、細胞の酵素やタンパク質生成の際に使用される、DNA→RNAの転写の仕組みである。RNAが酵素やタンパク質の設計図である。ところが、コンピュータ・ウィルスがオペレーティング・システムのAPI呼び出しをフックするように、ウィルスは、DNA→RNAの転写の仕組みにフックして、意図したものとは違う酵素やタンパク質を生成させる。それによって、生体の働きを狂わせる。
 この狂わせる、というところがミソで、狂わせられる、ということは、自ら狂わせる機能を生体は内在している、ということである。例えば、細胞を自ら死に至らしめるアポトーシスなど、その例であろう。すると、生体の側から抗議が出そうである。おい、ちょっと待て、何10億年もかけて練り上げてきた生体の機能を、欠陥品のようにいわんといてんか、となぜか、関西弁である。
 そう、別に生体の機能に根本的な欠陥がある訳ではない。生体には、ホメオスタシスといって、一種のフィードバックにより一定に状態を保つ機能がある。すると、正フィードバックの機能と、負フィードバックの機能を必ずもつ訳であるから、ウィルスに、どうしても正フィードバックだけ、または負フィードバック機能だけを濫用される余地があることになる。もちろん、ウィルスによって生成されたものを無力化する免疫機構はある。しかし、大量のウィルスでホメオスタシスを保つ機能そのものを攻められると、支えきれなくなることもあろう。
 このように、コンピュータ・ウィルスとの類推だけで、生体に対するウィルスの働きを論じてみた。それで、書きながら思ったのが、ウィルスに負けて死滅する、ということ自体が、生体が本来もっている機能の1つであって、いろいろなウィルスが頻繁にその機能を叩きにやってくる、そうして時々それに従って死滅する、というのが予定された生体の進化の一部に組み込まれているのではなかろうか。自分でも何を書いているか分からなくなってきた。

2008年2月17日

エマージングウイルス

 20世紀後半から、新しく登場したウィルスを、エマージングウイルスという。そのほとんどが、野生動物を宿主とする人獣共通感染症である、という。
 下記の表は、その例である。










年代ウイルス病気宿主
1967マールブルグウイルスマールブルグ病
1969ラッサウイルスラッサ熱マストミス
1976エボラウイルスエボラ出血熱オオコウモリ?
1981エイズウイルスエイズチンパンジー
1999西ナイルウイルス西ナイル熱野鳥
2003SARSウイルスSARSキクガシラコウモリ
2004鳥インフルエンザウイルス鳥インフルエンザカモ

 野生動物を宿主とするウイルスの場合、多くの場合、その宿主に棲んでいる間は、死に至るような病気は起こさない。もともと長く棲んでいるので、免疫機構も、無理やり排除しないのだろうと思われる。ところが、何かの機会で、別の動物に移ると、そこで、もともと棲んでいた別のウイルスとの遺伝子の混交が生じ、ある動物に対する病原性を獲得することになる。
 鳥インフルエンザウイルスは、カモからガチョウに感染することで、病原性を獲得し、ニワトリへの病原性を獲得した、という。そこで、ニワトリから人への感染が生じ、これによって、200人以上の人が今まで亡くなっている。
 今のところ、このウイルスは、人から人には感染しないそうだが、ニワトリから人に感染し得る、ということは、人間に対する病原性を既にもっている、ということであり、「人から人には感染しない」という言い方は、徒に不安を煽らないための方便であるような気がする。
 ともかく、どんな動物や植物にどんなウイルスが棲んでいるか、その病原性はどのようか、どのように変異するのか、ということの全貌は誰も知らず、知りようもない。よって、統計学でいう発病のsmall clusterを無視せず、配慮していくよりない。地球温暖化よりも、よほど喫緊ではないだろうか。

2008年2月18日

クローン犬

 新聞によると、韓国ソウル大の研究者らが、米国の女性から、死んだペットの犬のクローン犬をつくることを受注した、という。値段は、5万ドルで、かなり高価である。
 普通、長年飼ったペットが亡くなると、自分の肉親を失ったのと同等に悲しい、と聞く。それでも、人間の場合と違うのは、時間がたって気を取り直すと、また別のペットをペットショップなどで選ぶことができる、ということである。大抵は、元のペットの面影があるものを選ぶ。
 ただ、上記米国の女性は、とても亡くしたペットに思い入れが深くて、たまたま資産があり、またクローン犬が可能だと聞いて、矢も盾も堪らず、申し込んだのだろう。しかし、私には、こういうところにも、現代の物質主義を垣間見るのである。すなわち、生物=DNAという発想である。生物=DNAというドグマに基づくと、DNAをコピーして受胎させると、全く同じ生物が再現される、ということになる。
 ところが、私の理解では、それは正しくない。DNAは、生物を規定する設計図の1つの要素に過ぎない。受胎した瞬間に、受精卵にはあるパラメータがセットされるが、それは、そのときの日付けや時間に先ず、依存する。また、ここからが受け入れ難いだろうが、霊魂として非物質的なものがやはりセットされ、それは、ほとんどの場合、亡くなったものと生物と同一ということはありえない。
 さらに、その霊魂に関連して、高次元の別のサーバ領域に対する固有の参照がなされる。だから、クローン犬は、性格はおろか、姿形も、もとの犬とどこまで似ているか、全く保証はない。しかも、クローン犬は、普通に受胎して成長した犬に比べて、つねに健康上の不安がつきまとう。
 で、結論として、こういうふうにクローン犬をつくるという発想は、ノーベル賞受賞者の精子を冷凍保存する、のと同じくらい、馬鹿馬鹿しい、ということになる。物質主義は、困ったものだ。

2008年3月17日

レトロポゾン

 新聞によると、東工大の岡田典弘教授らのチームが、遺伝子中のレトロポゾンが、哺乳類などの脳の進化に関与していることを発見した、という。すなわち、レトロポゾンは、遺伝子のなんと40%も占めるが、その機能はほとんど解明されていない。ところが、岡田教授らの研究によると、レトロポゾンが、脳組織の視床核の位置を決めていることが分かったそうである。
 面白いのは、レトロポゾンの内容は、哺乳類と鳥類と爬虫類でほとんど同じなのだという。
 そこで、Webでさらにレトロポゾンを調べてみると、やはり岡田教授による別の説明があって、生物がゲノムサイズを大きくする方法は、DNAの重複と、レトロポゾンの2つの方法がある、という。
 すなわち、生物が新しい遺伝子を試行する場合、まずレトロポゾンのコピーをどこかに作る。そうしておいて、コピーの方に対して、遺伝子の変更をほどこす。それによって、変更をほどこした方の遺伝子の発現が失敗すると、元のオリジナルのレトロポゾンに戻ることができる。こうして、遺伝子変更によるバグを回避できる。
 このような方法は、ソフトウェア開発で使われるCVS(concurrent version system)という手法に似ている。CVSは、バージョン管理システムとも呼ばれる。
 そこで類推されるのは、遺伝子は生物にとって、プログラミングコードなのであって、自らが自らのシステムに対するSEであり、プログラマでもある、ということである。すなわち、環境に応じて、生物は、コンピュータサイエンスで教示されるような手法を使って、遺伝子コードを書き換えていく。それがうまく走れば、生き延びられるし、失敗すれば滅びる。その際、レトロポゾンのような、フェイルセーブの仕組みをいろいろと考慮している。
 このことから、木村資生が発見した、中立遺伝子の存在も納得がいく。というのは、プログラミングコードというのは、書き換えてするうちに、不要になったコードが出てくる。すると、ある部分は決して呼ばれなくなって、ただむなしくディスク上を占める。
 例えば、下記のようなコードでは、// subsequent code以下のコードは、決して呼ばれることはない。



if ( i > 10 )
DoSomething();
return;
// subsequent code
for ( i = 0; i < N; i++ )
...


 こうして、神または、神の使徒が、偉大なるプログラマであることが明らかになった。で、もう1つ明らかになったことは、OSがハードウェアの下僕であるように、遺伝子は、肉体というハードウェアの下僕であるに過ぎない。だから、遺伝子を研究して生物を極めようとするのは、10億年早い!のである。

2008年6月19日

脊椎動物の祖先

Webニュースによると、脊椎動物の祖先は、海底の岩に付着しているホヤ類ではなく、魚のように泳ぐことができる小さなナメクジウオ類であることが分かったという。

一見、ホヤではなく、ウオという名前がつくナメクジウオの方が脊椎動物に近いというのは自明のようであるが、WikiPediaによると、ナメクジウオとは、「体長3 - 5センチ程度で、魚のような形態をしている。・・・心臓はもたず、一部の血管が脈動することで血液を循環させている。・・・脊椎動物と異なり、頭骨や脊椎骨はもたない。」と、その記述を見れば見るほど、凡そ脊椎動物のイメージから遠い。

ニュースに戻ると、ホヤやナメクジウオには、脊椎の前段階の脊索と呼ばれる棒状組織があり、脊索動物と呼ばれる。脊索動物の中では、5億2000万年以上前に、従来は最初にホヤ類、次いでナメクジウオ類、脊椎動物が出現したと考えられていた、という。

しかし、日米英などの国際研究チームがナメクジウオの全遺伝情報を解読し、ヒトやホヤなどと比較した結果、フロリダナメクジウオの約5億2000万塩基対のDNA塩基配列の、たんぱく質を作る約2万1600個の遺伝子を特定したところ、ホヤより原始的であり、染色体上の遺伝子の並び順が脊椎動物と非常によく似ていたという。これから、進化の分岐において、ナメクジウオからホヤに進化する経路と、ナメクジウオから、われわれ人類のような脊椎動物に進む経路に分かれた、ということが結論付けられた、ということである。まさに、ゲノム進化学の勝利といえよう。

ここから言えることは、進化というのは、迷路を進むようなゲームである、ということである。多くの経路は行き止まりになり、アンモナイトのように環境に適合できないで絶滅するか、ホヤのように固定した体型組織で、とどまってしまう。ただ、考えようによっては、ホヤのような生き物が惑星を覆っている、という状況もありえる。この広い宇宙には、そういう星もあるに違いない。それで何が不都合なのか、私にはさっぱり理解できないが、非常に小さい確率で、迷路で行き止まらず、恐竜や哺乳類に行き付く流れもある。

そうして、食うか食われるか、殺すか殺されるかの地獄絵が演じられたりするのだが、そこに至る進化の動力学を説明し得た者はいない。いままで説明されているのは、ゲノム進化学のような静力学であり、また、突然変異のようなゲノム変性の仕組みであり、ゲノムの運動力学ではない。

ゲノムの運動力学が確立された暁には、10万年後、人類がどのような形態に変化しているか予測できるのだが、流石に、ゲノムの運動力学というのは、見果てぬ夢か。あ、そこまでに人類が滅びているに違いない、という議論は、今はなしである。

2008年9月17日

象の賢さ

いつだったか、新聞に、次のような記事があった。すなわち、「象は、算数が得意?」という題で、東大大学院文化研究科の入江尚子さんの研究が紹介されていた。

どういう研究かというと、上野動物運の雌のアジア象、アーシャを使った実験で、2つのバケツを用意し、一方のバケツに、1個から5個の間のリンゴを入れる。他方のバケツにも、1個から5個の間のリンゴを入れる。そうしておいて、再び一方のバケツに、1個から5個の間のリンゴを入れる。他方のバケツに、1個から5個の間のリンゴを入れる。その間、象は、ずっとこの光景を眺めている。そして、リンゴが多い方のバケツを選ばせる、というものである。この選択を正しく行うためには、足し算の概念がなくてはならないが、アジア象、アーシャは、全く間違えることなく、多い方のバケツを選んだそうである。

東大大学院にしては地味な研究だと思うのは、私だけだろうか。それはさておいて、こういう足し算概念において、象は、猿よりも優れていることが分かったという。だから、象は伊達に体が大きいのではない、ということになる。

そういう意味では、鯨やイルカが高い知能を持ち主だという話があるが、その体の大きさに比例して脳が大きいなどということがあるのだろう。

ところがである。最近のWebのニュースに次のような記事があった。

ネパールのカトマンズから南東200キロにある村で9月13日、野生の象が12歳の少女を含む少なくとも4人を殺害したと警察が明らかにした。被害者らは睡眠中に家から引きずり出された上、踏みつけられて死亡したという。

象がとても強い動物で、ライオンでさえも敬遠することはよく知られている。しかし、象は草食動物で、他の動物を捕食することはないし、性格は基本的に穏やかで、柔道の達人のように、「降り来る火の粉は払わにゃならぬ」の方針で、向かってくる敵は倒すけど、自分からは仕掛けないはずである。だから、このように、象が民家の寝込みを襲うというのは聞いたことがない。

なお、ネパールには約250頭の象がおり、そのうち約100頭は、ホテルや国立公園などで飼育されており、また、ネパールでは象は法律で守られており、象を殺した罪で有罪になった場合、最長15年の禁固刑が科される、という。

すると、象は大切に扱われているはずで、野生の象が虐待されるということはないはずだが、何か人間が恨みを買うようなことをしたとしか、思えない。まるで、先日、秋田のお祭りに車で突っ込んで、数人を殺傷した事件のようである。あれは、犯人の思い込みであったが、象も知能が高いゆえに、変な思い込みをするのか、と考えた次第。今度は、入江尚子さんに象の思い込みの研究をしてほしいと思う。

2008年9月29日

遺伝子2集団

新聞によると、遺伝子のわずかな個人差によって、日本人が2つの集団に大別できることを、理化研究所の研究員が明らかにしたという。

従来のこの種の研究は、耳垢が湿っているか乾いているかという指標で分類するものがあるが、理化研究所の研究はより網羅的な遺伝子情報の解析に基づくものである。当然に、機械学習などの最新の統計数学が駆使されているに違いない。

すなわち、理化研究所の鎌谷直之グループディレクタは、日本人約7000人の一塩基多型(SNP)について、14万箇所のSNPを解析した結果、日本人が2つのクラスタに分かれるという結論に達したという。

こう聞くと、例えば、東京以北・以南とか、大阪以北・以南のような地域分けになるだろうと私は推察するのだが、なんと、東北や東海・北陸が1つのクラスタで、もう1つのクラスタが九州及び沖縄である、というのだから、偏っているというか、とても意外である。

すると、邪馬台国と、琉球王国が並存し張り合っていた、という構図を想像してしまう。これだと少なくとも、邪馬台国九州説は否定されて、邪馬台国畿内説のかなり強い傍証になるのではないだろうか。
と思って本棚を眺めていたら、古田武彦、「失われた九州王朝」角川文庫が目に入った。この本は、とりあえず買ってあるだけで、まだ読んでいない。眺めてみると、この著者は、邪馬台国そのものの存在は否定するが、邪馬壹国説を展開し、学会に論争を引き起こす。邪馬壹国説とは、朝鮮海峡の両岸にまたがった海峡国家で、海洋王国でもあったというものである。

ともかく、遺伝子のクラスタ的に九州及び沖縄が、日本で特別であるという説に、とまどいを覚えている次第である。

2008年10月 3日

体重の非線形性?

前にも書いたように、ここ数週間ダイエットしている。要するに、週末はヨーグルトとジュースの組み合わせを主とし、平日は、昼は普通に食べるものの、夜は100円のカロリーメイトのみである。

すると、84kgあった体重が、77kgくらいまで下がった。ダイエットの武勇伝にリストされる程ではないが、まあまあの成果と言えよう。

ところで、ダイエットしていると基本的に酒は飲まないので、夜時間が余る。また、どうしてもいまいち元気がでないので、週末部屋でぼうっとしていることが多い。そこで考えたことがある。体重とは本当に線形か、ということである。

ここでいう線形というのは、数学でいう線形とちょっと意味が違う。例えば、体重が70kgだとする。そこで、100gのチョコレートを食べると、もし体重が線形なら、体重は70.1kgになるはずである。しかし、実は70.5kgだったりすることがあるのではないか、という変な問いかけである。

逆にちょっときたない話で恐縮だが、やはり体重が70kgだったとする。そこで、便を200g排出するとする。すると、もし体重が線形なら、体重は60.8kgになるはずだが、実は体重は全く変わっていない、ということはないのか。

そんな馬鹿な、というかもしれない。しかし、こういうシーンは見たことがあるだろう。テレビ番組などで、大食い大会がある。そこで、ラーメンの大食いとして、凄い人は優に20杯くらいは食べる。ところが、食べ終わった直後でも、大食いチャンピオンのお腹はあまり膨れていない。体重は数キロ増えていなければ嘘である。しかし、実はそんなに体重が変わっていないのではないか。

ここで、体重算法を定義する。体重がGのとき、Aという重さの食べ物を食べると、当然に体重は、G+Aになるだろう。しかし、体重算法の拡張された和算(+)だと、G+A≠G(+)Aである。軽く食べた場合は、おそらく、G+A<G(+)Aであろう。しかし、Aがある臨界質量を超えると、G+A>G(+)A これは大食い大会のことを言っている。

排便の場合は、拡張された減算(-)をもちいて、G-A<G(-)A

見て取れるように、これだと質量保存の法則が成立しない。だから、非線形なのである(説明になっていないか)。

こういう一連のステートメントを見ると、人は、頭がおかしいのではないか、と思うだろう。後ずさりしたり、逃げ出す人もいよう。しかし、次のような科学的説明はできる。まず、食べた量以上の増加の件だが、例えば100gのチョコレートが、何か一層の栄養の吸収をもたらす、と考えると説明は就く。

逆に、食べても相応に太らないとすると、発熱細胞があって、それがどんどんカロリーを燃やして、二酸化炭素として放出している、と考えられる。

しかし、実験したことはないが、もし排便があっても相応の体重減が生じないと、これの説明は大変困る。

そこでつい、私はスピリチュアルな説明に逢着してしまう。すなわち、物理学で真空といっても、実は電子と陽電子が対創生したり、消滅したりしているのであるが、大気中に肉体があるときも、何か擬似食物の海にわれわれがいることはないか。そこから体は何かを吸収したり、排出したりする。実際、中国だったか、何ヶ月も飲まず食わずで、体重も減らず生きている人がいるそうである。中国だから怪しいということになるかもしれないが、もしある種の超能力で、擬似食物の海から栄養分を摂取できるなら、ずっと生きていけることになる。それが、中国の山奥にいるという仙人が霞を食べて生きているという意味ではないか、とまるで天狗のような仮想的な存在を引き合いにだして。屋上屋のあやしい理論を展開してしまった。

2008年10月18日

山中伸弥の反撃

Webニュースによると、京都大の山中伸弥教授らが10月10日、iPS細胞を、がんを発生させる恐れがあるウイルスを使わない方法でマウス胎児細胞から作ったと、米科学誌サイエンスの電子版に発表したという。現在、成人の皮膚などの細胞から作る実験も進めており、成功すれば、脊髄損傷や若年型糖尿病などの再生医療への応用に向け、安全性と実用性の向上が期待されるという。

山中教授らは当初、レトロウイルスを遺伝子の入れ物として使うことで、体細胞に特定の3、4種類の遺伝子を導入することにより、iPS細胞を作製した。しかし、レトロウイルスは癌化の懼れがあり、この点が問題視されていた。

そこで、米ハーバード大チームは9月、DNAに組み込まれにくいアデノウイルスを使い、マウス肝細胞などからiPS細胞を作ったと9月に発表した。しかし、アデノウイルスは、成人の皮膚などには適用できず肝細胞を使うことが必須で、しかも、作成効率が極めて低いとう問題点があった。

山中教授らは、感染病の原因となるウイルスを使う限り、厳しい管理体制の実験室で扱う必要があり、コストも高いと考え、「プラスミド」と呼ばれる環状DNAを人工的に作り、使うことにした。

ところで、プラスミドとは、ブラウンの「分子遺伝学」東京化学同人によると、細菌細胞中に独立して存在する環状DNA分子である。プラスミドは、1つまたはそれ以上の遺伝子をもち、染色体とは別個に増殖できる。そして、染色体とは別に、抗生物質耐性のような性質を、細胞に付与しえる。プラスミドの中には、染色体に自分自身を挿入させて複製するものもある、という。特に、挿入性のプラスミドは、エピゾームと呼ばれる。山中教授らは、こういうプラスミドの性質を利用したのだろうか。

このような非ウイルス的アプローチは、当初から要望されていたが、ここにきて山中教授のチームがブレークスルーしたのは大きいと思う。山中教授が過去の人になりつつある、という私のコメントは撤回しなくてはならない。

ただ、プラスミドは、細胞に薬剤耐性を与えるほどに変質させる力をもつ、ということは、依然としてかなりの危険性はあると思うのだが、少なくとも、癌化についてはリスクはない、ということなのだろうか。

2008年11月 9日

冷凍保存死体からのクローン

Webニュースによると、16年間冷凍保存されていた死んだマウスの脳組織から、生きたクローンマウスをつくることに理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の若山照彦チームリーダーらが成功し、米科学アカデミー紀要電子版に4日発表したという。

マウスのクローン技術は確立しているが、冷凍死骸からの成功は世界でも初めて。永久凍土に近い零下20度で保存したもので、若山さんは「凍土から発掘されたマンモスなどの絶滅動物を復活させる技術に将来つながるかもしれない」としている。

その手法は、冷凍マウスの脳組織をすりつぶして細胞核を取り出し、これをマウスの卵子に入れるクローンの手法でES細胞をつくり、さらにこの核を別の卵子に入れて雌のマウスの子宮に戻すというものである。なぜ脳組織なのか、という素朴な疑問があるが、頭蓋骨に守られているので、損傷が少ないのだろうか。ともかく、4匹が正常に生まれて成長し、生殖能力があるのも確認したという。

従来知られている絶滅動物の復活には、死骸から採取した精子を現存する近縁動物と交配させるアイデアが古くからあるが、すると、卵子を提供する母体との混血になって、純粋種とはならない。また、少なくとも精子に、卵子との融合能力がなくてはならなかった。

ところで、マウスならいくらでも現存種がいるので、卵子からクローンの手法でES細胞をつくり、子宮中で育成することに事欠かないが、マンモスのような絶滅種の場合、遺伝子距離が近い現存種を選ぶ必要があり、するとどうしても象ということになる。若山さんは、技術的課題は多いが原理的には可能だ、という。

実際、近畿大学先端技術総合研究所の入谷明教授は、今回の成果を受け、タイ・スラナリ工科大学と共同で、シベリアのマンモスを発掘して冷凍死骸の細胞から核を取り出し、象の卵子を使ってクローン胚を作り、象の子宮で育てる計画だという。

更にこれを受けて、他の絶滅種にも適用できないか、と検討されている。というのは、環境省が、アホウドリ、ヤンバルクイナ、コウノトリ、トドなど50種の絶危惧種の細胞を冷凍保存しているからである。

別の観点は、冷凍保存以外の形態からのクローンの作製である。例えば、剥製の狼から、同様に種を復活させられないか、という観点の可能性も考えられている。

ただ、よく分からないのは、マウスは可能なのに、若山さんが、ラットでは不可能と言われている、と述べていることである。すると、種によって復活させやすいものと、させにくいものがある、ということになる。これは、死に絶えやすい種と、生き延びやすい種との双対なんだろうか。考えると興味深い。その類推でいくと、マンモスが復活可能とはとても考えにくいが、まあチャレンジということか。

それと、もしいろいろな絶滅種を復活可能として、本当に、野放図にやっていいのか、という議論も当然ある、1つには、もし復活しても、環境が変わっており、最早生き延びることはできない、という場合。マンモスの場合、既にそうかもしれない。

もう1つは、ジュラシック・パークではないが、復活種がとても危険である場合。例えば、ティラノザウルスを復活できたら、かなり恐い。ただ、今のところ、ティラノザウルスに子宮を提供できるような動物は、見当たらない。だから、将来、非生体的な胚育成技術が開発されたら、恐竜の復活もありえることになる。

ちなみに、最近話題になっているiPS細胞は、分化能力はリセットすることが出来ても、胚としての育成能力までは、現時点ではもたないようである。よって、この点、iPS細胞は、ES細胞に遠く及ばない。山中伸弥教授も、iPS細胞が出来ても、ES細胞の研究の重要性はまだまだある、と述べていた。

ところで、個人的な感想しては、科学的興味はあるが、死に絶えた種はそっとしておくのが、祇園精舎の鐘に適っていないか、ということなのだが、どうなのだろうか。

2008年12月11日

光る生物

今年のノーベル化学賞を貰った下村さんの研究で、クラゲの発光成分が有名になったが、これに関連して、新聞の科学欄に、光る生物の記事があったので、メモしてみる。

まず、光る生物は、地球上に4000~5000種類もいる。光る生物は、原核生物と真核生物の両方にいるが、なぜか植物、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類にはいない。すると、光る性質は、進化の途上で捨て去れらるもののようである。丁度人類が、ある種の霊能力を捨ててしまっているのと似ている。

ここでちょっと待てよと思うのは、確か光る苔というのはあったはずである。あれは植物ではないのか、という疑問であるが、分類上、苔は、細菌などと同様の菌類に分類される。ただ、光る苔については、若干追加で調べてみたが、どうも自分では光らず、反射するだけのようである。月と同じだ、という記述があった。それで、一応、苔は外す。

細菌で光るのは、発光バクテリアで、0.1ミリほどの大きさで、海にいて青色に光る。

菌類では、光るキノコとして、ツキヨタケ、ヤコウケタケが知られている。ツキヨタケは、青緑の弱い光を出し、ヤコウケタケは、緑色に光る。

あと、下村さんの研究で有名になったのは、緑色に光るオワンクラゲであり、その他、ホタルイカ、ウミホタルが知られている。

脊椎動物では、ヒカリキンメダイ、チョウチンアンコウ、ミッドシップマンフィッシュなど。

あと、忘れてはならないのは、蛍である。

では、光る仕組みはというと、生物の種類に拘わらず、ルシフェリンの酸化という仕組みで説明できるという。ただ、細部ではその仕組みは微妙に違っており、例えば、ホタルでは、ホタルルシフェリンが、酸化反応を助ける酵素のルシフェラーゼによって化学反応し、黄緑色、黄色、緑色などに光る。

クラゲでは、イクリオンという発光するたんぱく質がある。これにカルシウムイオンが付着すると、イクリオン中のセレンテラジンという物質が酸化され、青く光る。このセレンテラジンは、ルシフェリンと類似する物質である。したがって、生物の種類に拘わらず、ルシフェリンの酸化という仕組みで説明できる、というのは概略的な言い方ということになる。こういう生物の間のルシフェリンの変位が、発光色の波長の多様性につながっているようである。

一方、生物が発光を利用する目的は、様々である。ホタルイカなどは敵からの防御、チョウチンアンコウは捕食、ミッドシップマンフィッシュは保護色、クラゲは太陽紫外線から身を守ること、などである。蛍は確か、異性を誘惑することだったか。なんか、夜のネオンみたいで人間的。

ただ、一般的な意味でルシフェリンの酸化という仕組みは解明されていても、その発光機構がきちんと解明されいるのは、クラゲなどのほんの一部で、キノコの発光機構はほとんど解明されていないという。すると、もしかして、ルシフェリンの酸化以外の発光機構もあるのではないか、と素人考えで思ってしまう。要するに、有機レーザの原理を生化学的に実現しさえすればいいので、と簡単に考えてしまうのだけれども。

2009年1月14日

140歳のロブスター

Webニュースによると、ニューヨーク市内のレストランでマスコットとして人気となっていた約140歳とみられるロブスターが、海に戻されることになったという。動物愛護団体が9日明かした。レストラン「シティー・クラブ・アンド・シーフード」を経営するキース・バレンティ氏によると、このロブスターは2週間前にカナダ沿岸で捕獲され、その後同レストランが100ドル(約9100円)で購入した。子どもたちと一緒に写真を撮影するサービスを始めたところ、人気を呼んだという。ロブスターの年齢は体重から計算できるとしており、それによると、体重9キロのこのロブスターは約140歳と推定される。

このニュースを見て思うのは、ロブスターの平均寿命とは一体何歳か、ということである。また、ロブスターは捕食されるから短命なので、そうでないロブスターは年齢とともに成長を続けるのか、ということである。

例えば、Web上のある情報によると、ロブスターと同じ甲殻類でも、小エビの寿命は、1~1.5年と推定されるという。また別の情報によると、ロックシュリンプの寿命は、3~4年だという。

さらに、ヤマトヌマエビという海老は、7年は生きるらしい。10年生きている、という記録もある。しかし、ロブスターの140歳とは桁が違う。

ロブスターと類似の動物と言えば、伊勢海老だが、こちらは寿命は25年だそうである。

魚類でいくと、鮫は40年、鯛は50年、ナマズは70年、鯉は80年。

魚類ではないが、シロナガスクジラで、約100年、ナガスクジラやホッキョククジラも、約100年、イルカが、20~50年。大体、寿命は、体の大きさの単調増加関数である。すると、最初に戻って、ロブスターの140歳は本当なんだろうか、と段々疑いをもってきた。

では動物全般の長寿記録は、というと、どうも亀ではないかと思われる。亀の寿命は、一般には30~50年らしいが、飼育記録としてはアルダブラゾウガメの152年(推定180歳)、カロライナハコガメの138年、ヨーロッパヌマガメの120年以上というのが知られているそうである。

改めてWikiをみると、もともとロブスターは、長生きの種で、100年くらい生きたりするようである。甲殻類でこの特異的な長生きの秘訣は何なのだろうか、また1つ疑問が増えた。

About 生物学

ブログ「Commutative Weblog」のカテゴリ「生物学」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは生活です。

次のカテゴリは産業です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。