メイン

映画 アーカイブ

2007年5月17日

映画「ブッシュ暗殺」

 時事通信社によると、映倫が、映画「ブッシュ暗殺」を却下、題名の変更を求めた、という。蓋し、当然であろう。映倫では、「あらゆる国の主権を尊重し、元首、国旗、国家及び民族的習慣の取り扱いに注意する」という規定に、タイトルが抵触している、というが、そういう規定を持ち出さなくても、現職の大統領を引き合いに出すのは、常識的に考えて、まずい。
 原題は、「Death of a President」で、ニュース映像を交えてブッシュ大統領の暗殺後を描いているそうだが、よくこんな映画をアメリカ国内で作ったものだと思う。実際、米国内では、大手映画チェーンが上映を拒否したそうであるが、これもまあ、常識的であろう。逆に言うと、こういう映画の作成が許される、というのは、米国で健全なる民主主義がよく機能している、ともいえる。
 さらに深読みすると、ケネディは、大幅な軍縮を意図したために、軍事産業から恨まれ、あのような惨劇を招いたという説が有力である。すると、軍事産業に大いなる恩恵を与えたブッシュが、その手の刺客に狙われる、ということはとても考えにくく、それであるが故に、安穏と、あのような映画の作成が許されたのであろう。ブッシュにとっても、反ブッシュの人々の溜飲を下げるが故に、寧ろ歓迎だったのではないだろうか。ただ、流石に、常識的に、通常の放映はまずい、と思う。

2007年12月16日

円谷英二

 今週号のTIMEをつまらさそうにめくっていると、末尾の方に、ゴジラの怪獣映画の写真が掲載されていた。また、ハリウッドで新しいゴジラの映画がリリースされるのかと、興味もなく記事を読んでいたら、そうではなく、どうも円谷英二の伝記が、米国で出版されるらしい。それも、日本人が書いたものの翻訳ではなく、サンフランシスコに住む、August Ragoneという作家が、"Eiji Tsuburaya:Master of Monsters"というタイトルで、書き下ろしたものらしい。
 円谷英二は、日本で、あるいは少なくとも私にとって、とても著名な存在なので、円谷英二という存在が、今のところ米国でほとんど知られていない、という事実がとても意外だった。あんなにゴジラの映画が米国でも売れたのに。しかし、アメリカ人は、ゴジラには興味を示しても、誰が原作したのか、などと興味をもつ人は、ほとんどいなかったのだろう。円谷が製作して日本で人気を博したものは、ゴジラだけではなく、モスラ、ラドン、キングギドラ、ウルトラマンなど多数ある。ただ、今のところ、ゴジラ以外には、ほとんど米国では知られていないようである。
 しかし、米国の映画監督の反応は少し違っていて、スティーブン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカスなどの巨匠は、確かに、円谷の映画から影響を受けた、と告白する。
 TIMEには、円谷の経歴も書かれていて、おおそうだったのか、と改めて感心した。実は、私は、ウルトラマン以前の円谷の経歴を知ろうともしなかった。関心がウルトラマンに集まって、その作者にまで及ばなかった、というのが正直なところである。そこで、自分のメモも兼ねて、書き出してみる。
 円谷英二は、1901年に、福井県に生まれた。子供の頃成績は優秀で、子供用の映写機を購入して映画を撮ったり、模型飛行機の製作に没頭していた。栴檀は双葉より芳し、である。
 円谷は、尋常高等小学校8年生の課程を終えると、家族の反対を押し切って、羽田の日本飛行学校に入学する。しかし、教官の事故死で退学し、今度は、東京電機大学の前身の神田電機学校に入学する。この間、学資の足しにと、玩具会社の嘱託となり、玩具の考案で稼ぐ、とあるから、もともとアイデアマンなのである。
 そうして、1919年、18歳のときに、国際活映という会社のカメラマン助手となる。それから50年に及ぶ、映画人としてのキャリアの始まりである。この間、独特のアイデアで、特撮の技法を考案し続けた。しかし、時代の先端を進みすぎていたのか、他の同僚からは全く理解されず、「ズボラヤ」と揶揄された。
 1935年あたりから、日本の軍事への関与が深まっていくうちに、円谷には新たに転機が訪れる。それは、戦争記録映画の作成である。最初は、連合艦隊の練習鑑「浅間」に乗艦し、太平洋航行の記録映画を作製した。
 1936年には、かの悪名高きナチス・ドイツの宣伝相ゲッベルスの指示で製作された日独合作映画にも関与する。井上成美あたりは、眉間に皺を寄せて嫌悪したかもしれない。
 また、特徴的なのは、円谷は、航空学校中退とはいえ、飛行機操縦の技術ももつことである。実際、陸軍航空本部からの依頼で、飛行機操縦の教材映画の空中撮影を、円谷は一人で操縦しながら撮影。アクロバット飛行も披露してみせ、陸軍を唸らせた。
 太平洋戦争が始まると、軍部の宣伝映画の製作に傾倒していく。特徴的なのは、特撮の腕を駆使して、フルスケールの真珠湾の特撮セットを作成し、ハワイ・マレー沖海戦』を発表した。思うに、このような特撮の才能が、円谷の身を助けた。そうでなければ、挙国一致の趨勢にあって、円谷は徴兵され前線に送られたかもしれない。すると、生還の可能性は小さいことになる。
 戦争が終わると、円谷は、戦争協力者として、公職追放された。まあ、仕方あるまい。その間、何をして糊口を凌いでいたのかは不明であるが、しかし、1952年に日本の独立が認められ、公職追放を解かれた。私の勝手な推測であるが、自分の戦争協力を恥じ、深く沈思していたものと思われる。
 円谷にとって転機だったのは、1954年の第五福竜丸の、水爆実験被爆であった。戦争のことが巨大なトラウマであった彼にとって、この事件はとても琴線に触れるものがあったのだろう。そこで、放射能によって巨大化する怪獣のアイデアを思いつく。それが、ゴジラなのであった。果たして、満を持して製作された日本初の本格的特撮怪獣映画『ゴジラ』は、大人気を博した。
 その後、円谷は、ハリウッドを訪れ、様々の映画人と交流を深める。この頃から、米国の映画人の間では、特撮の才能で、有名であった。このことが、上記スピルバーグの発言にもつながるのだろう。
 1963年には、株式会社円谷特技プロダクションを設立、テレビのウルトラQ、ウルトラマンなどの番組の制作を始める。私が知る円谷は、この頃からである。
 ところで、今でも、ウルトラマンのシリーズを懐かしく見ることは、ときどきある。今、ウルトラマンを見て思うのは、コンピュータグラフッィクで委細を尽くされた今の特撮の画面に比べての、当時の特撮の貧しさである。ピアノ線が見えていたりするからである。しかし、ウルトラマン・シリーズには、それを補って余りある程の思想性がある。例えば、ジャミラ。難破した宇宙線で生き延びるために怪獣化した元乗組員が、ウルトラマンに倒される場面は、哀愁を誘う。決して、怪獣をやっつけるだけの勧善懲悪ではないのである。「一人ぼっちの宇宙人」も私の好きなタイトルであるが、宇宙の中での人類の孤独さは、暗然として寂しさにつながる。
 私は、このような哲学性やペシミズムの理由が、いままで分からなかったが、戦争協力のトラウマがそこにあるのかもしれない。また、彼の細部を重んじるリアリティは、飛行機の技能、特撮の溢れるアイデアに裏打ちされ、TIMEには、meticulous craftsmanshipと表現されている。これは、下手に訳さないで、このまま、円谷英二への賛辞としたい。
 

2008年4月 2日

映画「靖国」上映中止

 日本在住20年の中国人、李纓さんが作ったドキュメンタリー映画「靖国」が、映画館による自主中止に追い込まれている、という。
 内容は、第二次大戦中の靖国神社内で、軍人に贈る「靖国刀」を鋳造した刀鍛冶へのインタビューと、境内でのさまざまな出来事で構成されているという。「靖国支持」という看板を掲げる米国人、A級戦犯合祀に抗議する台湾人遺族の姿などが写しだされる。
 監督の李纓さんは、広東省の出身。大学で文学を学んだあと、国営中国中央テレビに入局し、チベットの伝統芸能祭などのドキュメンタリーを作成したという。1997年に南京大虐殺否定の趣旨の集会に参加し、日本の名誉回復を訴える人達に興味をもったという。
 問題の発端は、自民党の稲田明美衆議院議員が、2月12日夜に国会議員向けの試写を行ったことにあるのではないかと見られている。この映画は、今月12日から封切になる予定だったが、映画館周辺で右翼による街宣活動や抗議電話がかかってきたという。もちろん稲田氏と右翼による街宣活動の直接の関連性の証拠はないが、ものの本によると、右翼と自民党との関連は、ほとんど公然の秘密である。
 稲田氏は、「靖国神社が侵略戦争に国民を駆り立てる装置だったというイデオロギー性を感じた。」という。また、日本芸術文化振興会と韓国の釜山国際映画祭から助成金を受けていることの妥当性を問題にしたが、立場上、憲法の表現の自由があるので、自分たちの行動が憲法に反するものでないという意味でも、中止にしてほしくない。」という。どうもこのあたり言うことが矛盾しており、だったら最初から言及しなければいいのである。
 で、憲法の表現の自由というけれども、国家あっての憲法なのであって、国家が表現の自由を守るようにそのもてる権力を行使しなければ意味がないではないか。例えば、警察が、映画館の周囲を見張るとか。そうでなければ、例の日教組ホテルキャンセル事件のように、結局は、ホテルなり映画館は自主的に折れるよりない。
 私は心情右翼であって、また、祖父が戦死していることもあって靖国神社に参拝に行ったこともある。靖国神社は依然として、私にとって聖なる地である。しかし、このような穏当な靖国神社の映画が、右翼による街宣活動によって「自主的に」中止に追い込まれることは、文化の多様性を阻害する点でも誠に遺憾である。

About 映画

ブログ「Commutative Weblog」のカテゴリ「映画」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは旅行です。

次のカテゴリは歴史です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。