メイン

産業 アーカイブ

2007年5月20日

ハードディスクのアルミ板

 今朝、テレビを見ていたら、栃木県が、ハードディスクのアルミ板の世界のシェア100%を占めている、という。すなわち、ハードディスクのアルミ板は、世界で月産5500万枚で、神戸製鋼の栃木事業所が、月産3000万枚、古川電工の日光事業所が、月産2500万枚なのだそうだ。
 ハードディスクのアルミ板というのは、要するに、単なるドーナツ状の薄いアルミ板なので、一見、誰でも作れそうである。しかし、実はそこにノウハウが必要で、昨今の高密度のハードディスクにあっては、ヘッドが、ディスク表面ぎりぎりを飛翔するので、ハードディスクのアルミ板には、極端な平坦度が要求されるそうなのである。このことが、日本以外のアジアの国々の参入の壁になっているのかもしれない。
 日本の独自の精密技術が要求されている分野は他にもあって、例えば、スペースシャトルのある部品は、大田区のある小さい町工場でしか作れない、と聞いたことがある。
 このような状況に鑑みると、World is Flatとか言って、ソフトウェア技術などが、どんどんインドや中国のエンジニアによって、担われているけれども、なかなか一朝一夕ではどうしようもないのが、ハードウェアがらみのノウハウ、ということになる。
 グローバル・スタンダートとか言って浮かれるのはそれでよいが、日本のこういう強みを再度確認したいと思う次第である。

2007年6月 3日

野菜工場

 東京大手町にあるビルで、意外にも野菜が生産されている、という。「発明」という雑誌の2007年6月号に特集があるので、簡単にまとめてみる。その施設は、人材派遣会社のパソナが、都会の人に農業を身近に感じてもらいたい、ということで開設した、という。
 植物の栽培というと、光がどうしても必要である。それは、地上から光ファイバなどで太陽光を導いているのかと思ったら、LED、メタルハライドランプ、ナトリウムランプ、蛍光灯などの人口光のみを用いており、そうして花、ハーブ畑、棚田、野菜畑などがあるという。
 密閉された空間で、人口光で栽培する、というのは、幼少のときからひたすら詰め込み教育をされている子供を想像させて、私にはとてもネガティブに響くのであるが、次のようなメリットがあるという。
- 先ず、人口光なので、天候に左右されない。
- 次に、密閉して空間で生育させるので、気温を一定に保つことができ、そういう意味でも天候に左右されないだけでなく、昆虫や病原菌を実質的にシャットアウトできるので、農薬を使用する必要がない。
- 二酸化炭素の濃度を高めて、生育を早めることができる。
 デメリットとしては、次のものがある。
- 果実類であるトマト、イチゴ、きゅうりなどはどうしても太陽光が必要である。よって、人口光に加えて、一部太陽光を導入する必要がある。
- コストの問題。なにしろ、密閉した大きな空間を用意しなくてはいけないので、初期投資が大変である。また、人口光を与えたり、気温を一定に保つためのエアコンなど、膨大な電気代がかかるので、ランニングコストも高い。このため、まだ、畑での栽培に比べて、相当に割高になる、という。
 野菜工場でどんな野菜でも生育できる、ということはなく、現在では、もやし、キノコ、カイワレ、ミツバ、葉ネギ、サラダ菜、リーフレタス、ホウレンソウ、ハーブ、トマト、イチゴ、バラなど。ただ、上にも書いたが、一部の作物には、太陽光が必須である。
 上記パソナは、実験農場であるが、マヨネーズで有名なキューピーは、福島県白河市に、本格的な野菜工場をもっているという。太陽光をまったく使わず、高圧ナトリウムランプだけで栽培する。出荷コストに占める電気代の比率は20%、その電気代のうち80%が光源で、残りが空調である、という。通常の3倍の濃度の二酸化炭素を提供することで、野菜の生育も3倍速いという。これって、二酸化炭素の排出規制を唱える環境論者に対する、1つの反論にならないだろうか。
 ところで、「野菜工場」のキーワードで特許を検索してみた。すると、特に、野菜に光を与える装置で、意外にも、ブリジストンがダントツであった。ほとんど独占と言ってよい。あとは、設備関係で、石川島播磨重工業、栽培方法で三菱化学が目に付く程度である。

2007年11月16日

アニメ業界の貧困

 新聞によると、アニメ業界では、昔は動画を1枚描くと、ラーメン一杯が食べれたが、今だと、3枚程度描かないとラーメン一杯も注文できないという。そして、時給換算で、最悪、100~200円程度になることもある、という。
 なぜこんなに安いのか。それは1つには、下請けのチェインが長いのだろう。下請け、孫受けと下っていくと、途中でマージンを取られるため、末端では、もらえるお金がとても低くなってしまう。それと、アニメ業界だと、漫画業界と似ていて、今はこんなに貧乏でも、頑張っていれば将来は花開くこともあるかも、と夢をもちやすいのかもしれない。例えば、ビルのガードマンでは、時給、100~200円程度では、誰も続かない。
 もう1つ考えられるのは、稼いだ利益は、製作会社、監督、原作者、声優その他で山分けし、末端の動画製作者には、あまり降りてこないのだと思われる。
 こういうことが続くと、国内で動画作成を請け負う人が減ってしまい、世界に冠たる日本のアニメ文化が衰退してしまう。アニメのチケット代があまり安いとは思わないので、やはり、製作会社、監督、原作者、声優が貰い過ぎではないか。その辺詳しくないので、どうも分からないが、貧困にあえぐ人がいても、あまり配慮されないのが、現代の風潮のようである。

2007年11月17日

レアメタル

 普段、石油や鉄などの主要資源と比べて、あまり意識されることがないが、産業界には、レアメタルやレアアースと呼ばれる資源も確かに必要なのであって、石油や鉄を米や麦に譬えるとすると、ビタミンに相当するかもしれない。
 さて、レアメタルやレアアースは、どのような製品に使われているのであろうか。リストしてみると、下記のとおりである。
- クロム:車のボディー
- ニッケル:車のバッテリ
- インジウム: 液晶ディスプレイ
- パラジウム:電子基板
- ネオジム:HDDのモータ
- リチウム:モバイル機器のバッテリ
- プラチナ:排気ガスの浄化触媒
- レアアース:車のモータ
 このように文字どおり貴重なレアメタル、レアアースであるが、世界的には、産地が結構偏在している。下記のとおりである。
- レアアース:中国 93%
- タングステン:中国 90%
- ニオブ:ブラジル 88%
- プラチナ:南アフリカ 78%
- インジウム:中国 55%
 このように見ると、意外なのは、中国がレアメタル大国であることである。そのように自国で豊富なレアメタル、レアアースが取れる中国であるが、一方のレアメタル大国であるアフリカにも深く食い込んでいて、世界のレアメタル市場の独占率を高めようとする野望がみてとれる。
 それでは困ると、今、甘利経済産業大臣が、南アフリカを訪問している。南アフリカのプラチナ、金、ダイヤモンドなどを供与してもらう代わりに、日本から原子力発電技術、環境保護技術などを提供する。また、甘利大臣は、ボツアナも訪問、日本の衛星画像を使って、ボツアナのレアメタルを探索することで合意した。しかし、関係者によると、中国などの諸国と比べて、相当後発であり、その格差は大きい、ということである。

2007年11月18日

国際アピリンピック

今、静岡で、国際アピリンピックというものが開催されている。要するに、技能のオリンピックであり、下記のような競技がある。特に、義肢や籠製作というのを見ると、競技がかなり恣意的に決められているような気もするが、冬季オリンピックのカーリングなども、なんだこれは、と思うので、競技というものは、そうしたものだろう。国際アピリンピックの特徴は、あくまでも、具体的なものに拘っている。例えば、コンピュータプログラミングの競技もあって、すると、一見、抽象的なアルゴリズムを競うようであるが、そうではなく、汎用ロボットアームを動かすためのプログラムである。
 実は私自身がとてもbookishで、実家の母親に言わせても、実際の役に何も立たないタイプなので、こういう、物を作るスキルというのに、とても憧れる。こういう競技が、その方面のスキルのある達人を養成することに役に立てば、と思う。

義肢 - 競技では汎用ロボットアームに、指定された図形を描かせるためのプログラムを作成。
籠製作 - 指定された材料を使用して、定められたサイズの籠を課題の指示に従い製作。
建築CAD - 与えられた建築平面のスケッチ図を基に、CADソフトを使って、建築基本設計図としての平面図を作成。
機械CAD - 機械装置の組立図面で指定された部品図をCADソフトを使って作成。
コンピュータプログラミング - 競技では汎用ロボットアームに、指定された図形を描かせるためのプログラムを作成。
ホームページ作成 - 指示されたコンテンツを盛り込んだホームページをデザインし作成。
データベース作成(応用)- 指定されたソフトを使って、表作成、データの取り込み、取り出し及び更新・削除、フォーム作成及びデータ入力・分析レポート印刷、メニュー作成などを行う。
データベース作成(基礎)- データベース作成の基礎部門の競技では、指定されたソフトを使用し、帳票に従って、データの入力を行う。
歯科技工 - 課題により指定されたものを製作し、国内大会では義歯が課題となっている。
洋裁-婦人服(応用)- 支給された材料を用いて課題により指示された婦人服を仕立てる。
洋裁-婦人服(基礎)- エプロン製作など洋裁の基礎技能を発揮する競技。
電子機器組立及びテスト - 指定された部品を使用して、回路図、部品端子図、シャーシー組立図及びプリント板組立図に従って電子機器を作成し、仕様の通りに正しく作動することを確認。
電子回路接続 - 支給された部品を使用して、仕様書に基づいた電子回路を作成。
英文DTP - DTPソフトを用いて、課題の指示に従い印刷物を作成・編集。
英文ワープロ - Windows MS Word を使用して、見本どおりの文章を作成する。
フラワーアレンジメント - 植物や飾りを選び、課題に指定された用途にあったアレンジメントを完成させる。
家具製作(応用)- 与えられた材料を使用して、仕様及び図面に従って各パーツを作成し、組立図の通りに正確で見栄えの良い家具を完成させる。
家具製作(基礎)- 「挽く」「欠き取る」「削る」「掘る」などの基本的技能を駆使し、「のこぎり」「のみ」「かんな」等の手工具を使って指定された作品を製作する。
貴金属装身具 - 指定された工具と機械を用い、指定された課題を製作する。
機械組立 - 自転車の分解・組立を行う。指定された工具を使用し、自転車の一部を分解、その後正しく組立、調整を行い、完成車に仕上げる技能を競う。
パソコン組立 - 支給される各パーツを使用して、仕様書通りにパソコンを組立、さらに指定されたOSをインストールして、パソコンを作動させるまでの技能を競う。
写真撮影 - 人物、自然、建造物等を指示されたテーマに沿って撮影する。
ポスターデザイン - パソコンを使用して、与えられたテーマに沿ったポスターをデザインし、標語の文字を入れて完成させる。
精密板金 - 工作機械を用いて、与えられた製作図に従い、冷間圧延鋼板で2点の部品を製作し、組み合わせる技能を競う。
洋服-紳士服 - 支給された材料を用いて、紳士用衣類を製作する。
木彫 - 与えられた図面に示されたデザインを木板に彫刻する技能を競う。

2007年12月 1日

原油の由来

 従来、原油とは、プランクトンなどの死骸が有機物として地下に堆積し、それに、数百万年~数億年の期間をかけて熱と圧力が加えられ、化学的に変成されたものである、というのが通説である。これを有機体説という。
 原油とはそういうものだ、と思っていたら、なんと、原油の生成には、無機体説というものもある、という。すなわち、無機体説は、アメリカ・コーネル大学のトーマス・ゴールド教授によって1980年頃から提唱されているもので、地球誕生の際に、メタンなどの炭化水素が地球内部に取り込まれ、高温、高気圧という環境のもとで化学反応を起こし、原油になったのではないかとする説がある。もしこの仮説が正しいなら、原油の埋蔵量は膨大で、少なくともあと500年、もしかして数千年分の埋蔵量が期待されるという。有機体説によると、原油はあと40年で涸渇するなどと言われているので、無機体説が正しいとすると、ストーリーは全く異なってくる。原油の取引や価格にも絶大に影響するであろう。無機体説を検証するには2つのステップが必要であろう。すなわち、実験室でメタンを高温・高圧に晒し、原油が生成されるかどうかの実験。もう1つは、油田で、地中深くボーリングし、メタンの存在を確認することである。
 原油の由来はこれだけかと思っていたら、石油分解菌によって生成される、という説もあるという。すなわち、永久凍土の下や水深500mより深部の海底に、数千年を経て動植物が分解されて発生した炭水化物であるメタンハイドレートが存在し、そこに、石油分解菌が作用すると、原油が生成される、という。
 よく考えると、これらは排他的ではないので、複数の原油の由来があってもいい訳である。
 ところで、少し趣旨は違うが、人工的に石油を合成しようとする試みはないのであろうか。そこで関連特許を探してみた。すると、コスモ石油が、1993年に、特開平7-623565号公報「メタンを原料とした液状炭化水素の製造方法」というものを特許出願している。また、1996年に、石油資源開発株式会社が、特開平9-208974号公報「二酸化炭素含有天然ガスを原料とする液体燃料油の製造方法」というものを特許出願している。しかし、かなり膨大な石油関係の特許出願でも、人工的な石油の合成に関するものは、この程度しかなく、実用的・経済的なレベルにない、と判断するよりなさそうである。
 また、石油分解菌を使った石油合成方法がないかと探してみたが、ほとんどが、石油分解菌を使った廃油の浄化方法などであり、石油合成方法を示唆するものはなかった。やはり、メタンハイドレートという、ある意味天然の極限の条件が必要で、なかなか、実験的に室内では再現できないのだろう。

2007年12月 2日

石油の値段

 アスキー新書「ガソリン」本当の値段 岩間剛一著を読んで、原油価格の決定の仕組みを知った。もしかして、かなりの人には自明なことなのかもしれないが、私にはとても驚きなので、自分のメモとして、ここに書いてみる。
 石油の値段は、アラブの石油産出国でOPECが設立されたとき、OPEC主導で決定されることとなった。もともと、欧米の石油メジャーが勝手に安く決定したことに反発して、自国ナショナリズムに基づき創設されたのが、OPECなのであった。
 しかし、石油はアラブだけで産出されるのではない。OPECだけで値段を決めようと思っても、他の国での産出状況、値段、需給関係のバランスで、世界的に石油余りの状況となり、石油は値崩れを起こした。こうして、すっかりOPECは、価格決定の主導権を失った。
 いまや、石油の価格決定の主導権を握るのは、下記の3つの取引所である。
- ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で取引されているWTI(ウェスト・テキサス・インターメディエイト)原油
- ロンドンのICEで取引されている北海ブレンド原油
- 東京工業品取引所で取引されているドバイ原油
 この中でも、WTIが、世界のマーカーオイル(指標原油)として、世界の原油先物価格のベンチマークとなっている。従って、ICEと東京工業品取引所では、独立に価格を決めてよいのだけれども、どうしても、WTIの影響を受ける。また、日本は例えば、サウジアラビアと長期直接契約を結んでいるのだけれども、その値段は、契約上、ドバイ原油の値段の変動の影響を受けるので、結局は、WTIの影響を間接的に受けてしまう。
 それでは、そのように強い影響力をもつWTIとは何か、というと、まずWTIの一日の原油生産量は、30万バレルで、世界全体の一日の原油生産量である8500万バレルの0.4%を占めるに過ぎない。しかも、WTIの石油は、アメリカ国内でローカルに流通しているにすぎない。それが価格決定に大きい決定を与える理由は、世界中の投資家が投資するNYMEXという舞台で運用されているからである。それで、一日の原油生産量は、30万バレルだとしても、先物取引の仕組みによって、見かけ上、600倍の原油が取引されていることになる。そこでとてもおかしいことが起きる。すなわち、2007年2月に、WTIを生産している、米国内のバレロ・エナジーという会社のマッキー製油所で火災が起こり、操業不能となった。すると、精製されない原油が余剰在庫となり、それを処分したい投機筋による売りが入り、WTI価格が下がる。そういう全くローカルな事情で決まったWTI価格が世界に大きな影響を与えるのである。
 こういう背景で、たとえ供給過剰でも、石油価格が下がらない理由は、次のようにして説明される。すなわち、大手投資銀行のゴールドマン・サックスが、原油価格は今度も上がり続ける、というレポートを出す。すると、投資家は、先物で、原油を買いあさり、そのことが原油価格の高騰をもたらす、という仕組みである。ゴールドマン・サックスは、ロックフェラー系の会社であるから、ロックフェラーが原油価格を操作している、というのは、こういう事情を言うのであろう。
 また、サブプライム・ローン問題が、住宅市場が金融市場化して起こったように、金融化の波は、石油市場にも押し寄せ、これにより投資家に蹂躙されている、という面もあるようだ。
 これ以外に資源大国ロシアの台頭、新たな資源消費大国中国の経済発展、など問題は、あまりにも入り組んでいる。

2007年12月 4日

バイオエタノール

 石油代替燃料として注目されているバイオエタノールであるが、サトウキビなどの食料としても用いることができる原料を使う点で問題視されていた。すなわち、人間が食べることができるものが燃料に転用されることはもったいない、という発想である。そこで、非可食植物性材料である、木材、稲藁、麦藁などからバイオエタノールを生産する試みが始まっている。
 まず、木材であるが、特に廃材の場合、釘、接着剤、塗料、防腐剤などが付着しており、これらは、慎重に人手で除去しなくてはならない。結構大変である。そうして、余計なものが除去された木材は、細分化されたチップとなる。その木材チップは、硫酸で加水分解され、これは、糖と硫酸の入り混じった溶液となる。硫酸は、石灰で中和し、糖を含む溶液は、発酵菌でアルコール発酵される。実は問題はここのアルコール発酵の部分で、木材から分解されたセルロースである、へミセルロースは、天然のイースト菌では分解できない。そこで、遺伝子組み換えした特殊な発酵菌が開発された。これは、テキーラを発酵させる場合の菌を変性させたものである。という。その商品名をKO11といい、米国のベンチャー企業が開発し、特許ももっているという。
 実は、必要な配慮はそれだけではない。発酵菌がアルコール発酵するときに、栄養が必要である。というのは、木材セルロースを分解した糖だけでは、発酵菌の活動の十分な栄養にならないからである。そこで、アミノ酸を含む「おから」が、栄養として追加される。
 こうして発酵させると、発酵により温度が40℃以上になる。すると、発酵が阻害されるので、冷却し、発酵を促進させる。こうして発酵の結果生成されたエタノールは、精製されてタンクに貯蔵される。
 木材ではなく、稲藁、麦藁の場合は、硫酸ではなく、100℃以上、10気圧という高圧鍋で煮る。すると、リグニンなどが抽出され、分解されたセルロースが残される。セルロースのままでは酵母菌が分解できないので、酵素によって、セルロースが糖に分解される。実は、この酵素が高価で、全体のプロセスのコストを上げている、という。さらにまたキーとなるのは、発酵菌。本田技研は、効率よく発酵させるRITE菌という菌種を開発した。RITE菌は、従来の酵母菌の10~20倍の速度で発酵させる能力をもつ、という優れものである。
 ここで、なぜ本田技研が、という疑問がわいたが、エンジンの代替燃料を想定しているなら、納得がいく。
 上記に簡単に説明したように、バイオエタノールといっても、かなり複雑なプロセスを経て生成されるので、現段階で、石油燃料に比べて、どれだけ価格競争力があるか分からない。しかし、代替エネルギーとしてのこういう分野の研究・開発が必須であることは間違いない。

2008年2月 3日

振動発電

 テレビを見ていたら、慶応大学の大学院生、速水浩平氏が、橋を渡る自動車の振動エネルギーを使って発電することにより、電力を別途供給しなくても、橋をライトアップする実験をしている、ということであった。
 振動を電力に変換する原理自体は簡単であって、圧電素子という材料を用いると、この圧電素子の歪みを電気に変換することができる。このような圧電材料として、チタン酸バリウム、ジルコニア(ZrO)などの圧電セラミックス、リチウムタンタレート(LiTaO)などの圧電単結晶が、知られている。
 しかし、速水浩平の工夫は、圧電材料の少なくとも一方の面に複数の溝が形成したことにある。このような溝の存在により、わずかな圧力変動や、騒音を拾って発電させることができる、というものである。
 このような溝の形成により感度を高めたとはいえ、どうしても電力自体は小さい。ただ、ある程度の車の交通量が見込める橋だと、騒音や振動レベルが大きくなり、そこで、当該の振動発電装置を複数直列で接続することにより、所望の電力が得られる。実際、五色桜橋というところで実験したところ、見事、橋を通過する車の振動で、橋に付けたライトをライトアップできた。
 それで、テレビをみていて心配になったことがある。それは、これは発明だよね、ということである。すると、テレビの番組で発電体の構造を放映したりすることは明らかに、発明の内容を公開してしまうことであり、特許を取れなくしてしまう。
 そこで、手許の特許データベースで調べたところ、ちゃんと、2005年11月10日、慶応大学ではなく、速水浩平個人の名義で、特許が出願されていた。特許公開公報番号は、特開2006-166694である。流石抜かりない。なぜ出願人が慶応大学でないのだろう、とか、特許が許される可能性はどれくらいかとか、この際、コメントは控える。

2008年3月 5日

電機メーカ採用の売り手市場

 新聞によると、大手の電機メーカは、軒並み、採用計画が増員方向で、売り手市場と言っていいと思う。
その数字は、下記のとおりである。

東芝   2008年:1300人、2009年:2000人(うち、新卒1200人)
三菱電機 2008年:1385人、2009年:1500人(うち、新卒1130人)
シャープ 2008年:1000人、2009年:1130人(うち、新卒980人)
NEC  2008年:1090人、2009年:1090人(うち、新卒840人)
ソニー  2008年: 850人、2009年: 900人(うち、新卒500人)
松下電器 2008年: 800人、2009年: 890人
富士通  2008年: 585人、2009年: 585人(うち、新卒585人)

 また、電機メーカではないが、その他の主要メーカとして:
ホンダ  2008年:1340人、2009年:1470人(うち、新卒1470人)
新日鉄  2008年: 570人、2009年: 715人
JFE  2008年: 496人、2009年: 850人(うち、新卒650人)

 これを見ると、東芝の強気の増員計画が目に付く。東芝は、半導体・原子力関係の技術系の即戦力に期待するのだという。よって、既卒採用率が一番高い。半導体はともかくとして、原子力というのは意外な気もするが、地球温暖化を防ぐには、原子力発電が有効ということだから(ほんまかいな?)、そういう乗りなのだろう。あと、東芝の西田厚聰社長は、なかなかユニークであって、ドイツの政治思想史を学び、イランの関連会社を通じて東芝に入社したという。だから、代々、技術系社員を社長に据える東芝としては異例だが、それだけ次世代の戦略的手腕に期待されているのだろう。西田社長は、2月に、HD DVDからの撤退を決断した。これは、地味ながら、好手であろう。将棋でいえば、使えない大駒を相手に手数をかけて取らせて、その間に別の有効な手を指すようなものである。
 三菱電機も、原子力に関与しているので、東芝と似た傾向にあるかもしれない。三菱電機で特徴的なのは、高卒の技術系社員を320人採用する計画であることである。確かに、中堅の技能者は必要で、なかなか、いいポイントを突いていると思う。
 シャープ、ソニー、松下はというと、薄型テレビの開発力強化なのだという。それにしては、即戦力となるべき既卒採用が少ない。この数字だけ見ると、東芝のような戦略性を感じない。
 ホンダは、ハイブリッド車の開発体制を強化するのだという。しかし、当然、アシモ・ロボットの開発も視座に入れているだろう。というのは、ライバルのトヨタが、はっきり、ロボット重視を表明しているからである。そもそも、カーエレクトロニクスの本によると、最近の自動車は、ほとんど中身はロボットなのだという。
 ということで、数字だけみると、採用計画は、まるで、十数年前のバブルの頃の再来であるが、各社はきっと、より明確な戦略のもとに、採用計画を立てていると信じる。

2008年5月 5日

アクリル系炭素繊維

 新聞によると、新しくデビューするボーイング787は、機体の約半分を、ジュラルミンよりも軽く、鉄の10倍の強度をもつ、というアクリル系炭素繊維で構成することによって、全体の重量を2割軽くし、以って燃費も下げるという。燃費が少ないということは、同じ燃料で遠くまで飛べるということであり、250人乗りの中型機であるのに、1万5200キロの航続距離を出せる。これはほとんど、成田からサンフランシスコに行って、補給なくまた成田に戻れるくらいの距離である。
 アクリル系炭素繊維は、日本のメーカの独壇場で、東レ、東邦テナックス、三菱レイヨンの三社で、世界の70%のシェアを占める。
 レーヨン系炭素繊維の材料を、宇宙関係に使用すること自体は、1960年頃に既に行われていたが、大阪工業技術試験所の進藤博士が、アクリル系炭素繊維を発明した。それは、レーヨン系炭素繊維に比べ、製造効率は高いものの、コストはまだ、鉄の10倍以上かかり、従って、商業ベースでは、ゴルフクラブなどの限定した用途しかなかった。
 しかし、1980年代になって、ボーイング社は、アクリル系炭素繊維材料の優秀さに目をつけ、東レに、強度や温度特性で目標値を示した。そこで、東レは、酸化性雰囲気中で耐炎化処理し、次に不活性雰囲気中で炭化処理するなどの方法で、耐熱性を高めた。また、繊維の間に挟む樹脂にエネルギーを吸収する層を設ける、などの方法も考案された。結局、1990年代になって、まずボーイング777の尾翼に採用され、この実績が今回の787での大幅な機材への採用となった。進藤博士の発明から実に、40年以上が経過している。
 私はコンピュータ業界にいるものだから、ドッグイヤーということで、5年でも長いと思うが、それは世間一般には必ずしも適用されないようである。すなわち、炭素繊維のような材料でも、医薬でも、20年、30年のスパンはざらである。こういう地道な技術革新は、どこか安心感がある。

2008年5月20日

成田空港

今朝テレビを見ていたら、成田空港が開港30周年である、という。それで、地元住民やそれを支援する学生による、空港建設反対闘争のシーンが放映されていたが、一空港利用者(といっても、ほとんど海外旅行に行かないが)、としては、滑走路の本数は増やしてほしいし、発着本数も増やして、利便性を高めてほしい。ところが、頓挫したかに見える空港建設反対闘争は、部分的に功を奏していて、反対住民の土地が島状に点在していて、効率的に成田空港の発展を妨げている。それでも、成田空港は、可能な範囲で滑走路を拡張して、発着本数を増やそうとしている。地元住民の苦りきった顔も印象的だった。これでさらに騒音が増える、と。ああ、こういう人達の犠牲のもとに、みんなは海外旅行や出張をエンジョイしているのだ、と空港建設反対派の気持ちも少し感じた。

成田空港が焦る理由は、韓国、中国、シンガポールなどの国際空港の発着本数が、成田のそれを上回ってしまったからである。さらに、国内空港のハブであった羽田空港が、国際線の部分を増大させて、全体の発着本数を、成田よりもはるかに上回る、という計画がある。羽田空港は、東京湾に滑走路をいくらでも作れる、という利点がある。それには、資金以外に反対する要因はない。羽田は、都心にも近く、利便性が高い。こうして成田の苦悩は大きい。

実は世界で、成田空港ほど不便な国際空港はない。というのは、今まで10回くらい成田空港に、外国から来るゲストや友人を出迎えに行ったが、みんな先ず、ここから都心までどれくらい時間がかかる、と聞く。それで2時間くらい、と答えると、みんな、呆れて黙ってしまう。

ただ、私はいつも思うことがある。それは、航空機が成層圏を飛び回るほど環境に悪いものはない、ということである。それなのに、経済合理性や、日本をアジアの中心に位置づけたいがために、例えば羽田空港の発着本数を、年間2万本から3万本に増やし、及ばずながら成田も2万本を2.万2千本に増やそうとする。そこには、二酸化炭素の議論なんて微塵もない。こういうのを語るに落ちた、というのだろうか。環境問題なんて、経済合理性の前にはおそるべき建前である、改めてそう感じた。

2008年7月25日

中村修二のその後

以前から業界では青色発光ダイオードの研究で知られており、さらには数年前、元勤務していた日亜化学を、発明報償の件で訴え、一躍世間一般にも有名になった中村修二であるが、現在果たして活躍しているのか、気になった。

中村修二が、カリフォルニア大学サンタバーバラ校材料物性工学部の教授になった、というのも知られた話である。Wikipediaには、2007年1月 世界初の無極性青紫半導体レーザを開発したと発表、とあるので、おお、まだ現役の研究者なのだ、と少し嬉しくなった。そこで、特許データベースで調べてみると、2004年あたりから、カリフォルニア大学(Regents of Univertisity of California)の名義で、公開ベースで、今までに、20件の特許出願をしていることが分かった。

米国でも、特許出願から公開まで18ヶ月かかるので、まだ公開になっていないものも結構あると思われる。

米国特許公開番号とタイトルは、下記のとおりである。
US20080163814A1 CRYSTAL GROWTH OF M-PLANE AND SEMIPOLAR PLANES OF (Al, In, Ga, B)N ON VARIOUS SUBSTRATES
US20080149959A1 TRANSPARENT LIGHT EMITTING DIODES
US20080149949A1 LEAD FRAME FOR TRANSPARENT AND MIRRORLESS LIGHT EMITTING DIODES
US20080135853A1 DISLOCATION REDUCTION IN NON-POLAR III-NITRIDE THIN FILMS
US20080128731A1 TRANSPARENT MIRRORLESS LIGHT EMITTING DIODE
US20080128730A1 TEXTURED PHOSPHOR CONVERSION LAYER LIGHT EMITTING DIODE
US20080121918A1 HIGH LIGHT EXTRACTION EFFICIENCY SPHERE LE
US20080111146A1 STANDING TRANSPARENT MIRRORLESS LIGHT EMITTING DIODE
US20070190758A1 METHOD FOR CONDUCTIVITY CONTROL OF (Al,In,Ga,B)N
US20070184637A1 GROWTH OF PLANAR REDUCED DISLOCATION DENSITY M-PLANE GALLIUM NITRIDE BY HYDRIDE VAPOR PHASE EPITAXY
US20070126023A1 GROWTH OF REDUCED DISLOCATION DENSITY NON-POLAR GALLIUM NITRIDE
US20070111531A1 TECHNIQUE FOR THE GROWTH OF PLANAR SEMI-POLAR GALLIUM NITRIDE
US20070111488A1 FABRICATION OF NONPOLAR INDIUM GALLIUM NITRIDE THIN FILMS, HETEROSTRUCTURES AND DEVICES BY METALORGANIC CHEMICAL VAPOR DEPOSITION
US20060205199A1 Technique for the growth of planar semi-polar gallium nitride
US20060175624A1 Semiconductor light-emitting device
US20060110926A1 Control of photoelectrochemical (PEC) etching by modification of the local electrochemical potential of the semiconductor structure relative to the electrolyte
US20060054905A1 White, single or multi-color light emitting diodes by recycling guided modes
US20050245095A1 Growth of planar reduced dislocation density m-plane gallium nitride by hydride vapor phase epitaxy
US20050214992A1 Fabrication of nonpolar indium gallium nitride thin films, heterostructures and devices by metalorganic chemical vapor deposition

以上のように、業績は一貫して、発光ダイオードに向けられている。発明者の数を見ると、結構な共同発明者がいたりするので、自分が教えている大学院生に主に研究させているのかもしれないが、彼がまだ。アクティブな研究者であることは、疑えない。

一方で、日本の特許データベースをみると、未だに、日亜化学の出願人且つ、発明者が中村修二で、特許出願が結構ある。ええっ、と思って調べていると、 昔、中村修二が在籍した頃の特許出願の分割出願なのであった。こうやってどんどん分割出願する、ということは、中村修二が日亜化学に在籍中にした発明がまだまだ重要である、ということを意味する。

こうして、中村修二は、いかなる意味でも単なる山師ではないことは明らかである。

ただ、ネット上の情報によると、奥さんと離婚して、今は愛人と米国で暮らしている、という。きっと、発明報奨で大金が入って、米国内でもいろいろと収入が増えて思い上がり、美貌の女性に目がくらみ、糟糠の妻を捨てたのか、と勝手な想像をしてしまう。

ともあれ、時折、様子を窺うことにしよう。

2008年8月 3日

SIMILARプロセス

Tim Weilkiens, "Systems Engineering with SysML/UML", Margan Kaufmann OMG Press, 2006を読んでいたら、SIMILARプロセスの紹介があった。世間では常識なのかもしれないが、私は聞いたことがなかったので、メモしてみる。

SIMILARプロセスは、次のような段階からなる:
- State the problem
- Investigate alternatives
- Model system
- Integrate
- Launch the system
- Assess performance
- Re-evaluate

まず、State the problemであるが、プロジェクトのとっかかりでは、関連するタスクの記述が必要である。タスクは、システムが何を実行し、なんの要求を満たすべきかを記述する。要求モデルは、解決策を記述しない。むしろ、記述ない方がいいのである。というのは、解決策を記述すると、却って別の解決策が見えなくなってしまう。

Investigate alternativesは、代替案を検討することである。不幸にも、このステップは、しばしば、無視される。複数の代替案を出して、そこから比較検討する、というステップは重要である。

Model systemは、選択した解決のモデルを詰めていくことである。モデルは、システム工学の観点からというと、システム・デザインを記述するために使用されるだけでなく、システムの全体の寿命を管理する役割も果たす。

Integrateは、システムを環境に配備することである。どんなシステムも、孤立して動作する訳ではなく、環境と相互作用する。このシステムにより、システムは統合される。そこには、システム・インターフェースの定義も含まれる。

Launch the systemにおいて、記述されたデザイン・モデルに従い、システムが作成され、動作するようにされる。

Assess performanceで、システムが動作準備完了になると、テストされ測定される。

Re-evaluateでは、全ての活動がランク付けされる。この結果は検証され、評価される。

また、SIMILARプロセスの一部ではないが、Risk managementというのも、重要なステップである。

という、かなり上位概念的な(ハイレベルというと誤解を招くのでこういう)話であるが、無駄話でもないと思った次第。

2008年8月 7日

自動車の未来

手許に、未来予測レポート(自動車産業2009-2025)という小冊子がある。確か、日経エレクトロニクスについてきたものだと思うが、興味深いので、メモしつつコメントしてみる。

この冊子によると、自動車の未来革命には、3つの側面がある。それは、パワー革命、ICT革命、及ビジネスドメイン革命である。

パワー革命とは、内燃機関の物理エネルギーから、電気エネルギーへの転換、ということで、かなり当たり前である。二酸化炭素の問題、及び石油の高騰や枯渇の問題ということで、脱石油が少しずつ図られる。なぜ少しずつかというと、ガソリンや灯油を燃やす内燃機関の効率が、あまりに優れているからである。バイオ燃料は、却って食料事情に悪影響を与えるし、ハイブリッド車は、まだまだ庶民には高嶺の花である。よって、内燃機関から、電気エネルギーによるモーター駆動に移行するためには、バッテリの問題と、エネルギー効率の問題を解決しなくははならないが、そんなに簡単でもないのではと思われる。言い換えると、高速性と持続性である。

ICTとは、Information Communication Technologyのことなので、情報通信技術革命のことである。すなわち、現在では、車はカーナビで電波的につながっているだけだが、まずWiMAXで、車と中継局を無線で接続する。すると、現時点の車の分布が分かるので、渋滞状況、事故状況など、簡単に把握することができる。すると、車は、無線LAN接続された動くコンピュータとなる。そうなってくると、車のカーナビのスクリーンは、Web検索の画面ともなって、車が行動ターゲティング広告、ペルソナ・マーケティングなどの目標となる。ローン、保険、宣伝など、ばんばん入ってくる、ということになる。それって、ちょっとうざくないか。

ビジネスドメイン革命とは、車がメカニックスからメカトロニクス、さらにはエレクトロニクス化される、というものである。これは2つの流れがある。1つは、車を作っていた自動車メーカーが、他のメカトロニクス製品、典型的にはロボットを製造する、ということである。ホンダのアシモ、トヨタのバイオリンを弾くロボットなど、その典型である。もう一つは、車がエレクトロニクス化することによって、電機メーカーが車を作れてしまう、というものだが、これはどうか。車の操舵技術のノウハウは半端ではなく、電機メーカーやコンピュータ・メーカが簡単に対応できるものではない。これに関して、何かの会で、プリンタ・メーカの人と酒を飲んだとき、その人が、プリンタというと簡単に思われているかもしれないが、紙といっても摩擦係数の高いもの、滑りやすいもの、いろいろあって、そういうものをジャムらず紙送りしたり、粗い紙質上に高い品質で印刷するのは大変である、と言っていた。まさにそうだと思う。道路の上を走る車となると、その機械的なノウハウは、プリンタの比ではない。よって、電機メーカーやコンピュータ・メーカは、車を作るのではなく、開発支援やよりよいコントロール・システムを開発するところで、存在価値を主張するのだろう。

こうして、「かつて誰も想像できなかった新しい世界-その先には、途方もないビジネス・チャンスが」と書かれているパンフレットが、私の手にかかると、とても地味なものになってしまった。ああ、間違っても私はゲッペルスにはなれない、と思った次第。

2008年8月23日

バスのネット予約

もろもろの予定が重なって、ようやく来週の末、遅れた帰省をすることにした。特に急ぐ旅でもないので、バスで帰ることにした。例によって、町田から福山までのメイプルハーバー号である。

前回は、神奈中バス予約センターに電話して予約番号をとり、その番号をメモして、チケットを買うために、町田の小田急トラベルに行った。それが異様に大変ということはないのだが、ネットでも予約が出来るときいて、そのWebサイトにアクセスしてみた。

それは、まずこのサイトにアクセスする。すると、ユーザーIDを作る必要があるので、パスワードと自分のe-mail addressを入れる。すると、そのe-mailに仮ユーザーIDが送られてくるので、それで、認証手続きを行う。

認証手続き後、そのe-mailと自分が決めたパスワードとで予約ができる。すると、そのe-mailに支払いコードと、受付番号(数字11桁)が送られてくる。その画面を印刷して、最寄のローソンまたはファミリーマートに行く。幸い、ファミリーマートは至近にある。そこに行って、Famiポートで手続きすると、申し込み券が印刷されるので、それを以ってレジに行ってお金を払うと、バスの乗車券が発券される。

メニューを見ると、Famiポートでは、バスだけでなく、航空券も買えるようである。すると、従来旅行会社が扱っていてマージンをとっていた仕事が、こういうネット業者とコンビニに仕事を奪われることを意味する。

このとき損害保険の申し込みなどにもあてはまり、ネットで直接申し込めると、もともと仲介していた人がすべて仕事を失うことになる。

これは些細なことかもしれないが、なにしろ、バスや航空券の発券は件数が少なくないだけに、旅行会社に与える影響は少なくないと思われる。

単なる仲介の仕事がなくなるとどうなるのか、いわゆる高付加価値の仕事に指向するのか、何にしても今までよりも人がいらなくなることは必須であり、リストラは避けられないと思われる。すると、余った人員をどうする、世間。

2008年9月12日

置き菓子

もう1年半近く前にブログに書いたオフィスグリコであるが、新聞によると、その後も地道に売り上げを伸ばし、他社も追随している、という。

グリコの広報IR部の吉村貴宏氏によれば、2003年3月期に3億円だった売り上げは、2008年3月期には、30億円まで伸びたという。

追随しているのはまず、森永乳業。飲料やプリンなどがメインで、東京や大阪など大都市を中心に4000ボックスを置いていてる。グリコのポッキーのような商品ならそのまま置くだけだが、飲料やプリンだと冷蔵庫が必要である。そのための小型専用冷蔵庫は、森永乳業が提供し、企業側は、1台あたり約900円の電気代のみ負担。直接納入方式なので、店頭価格よりも安いものもあるという。

自分のオフィスの状況に鑑みると、売店はあるがだいたい夜7時には閉まるし、またちょっと歩かなくてはならないので、買いに行くのが億劫だったりする。オフィスの同じフロアには、パンと飲み物の自動販売機があるが、バリエーションが少ない。そこで、オフィスグリコのようなものがあれば、積極的に活用するだろうと思う。

通信販売で知る人ぞ知る千趣会は、去年の5月に参入し、沖縄を除く全国に18000ボックスを設置している。菓子や固形スープなどを100円~200円で提供しているという。

オアシスプラネットは、ロッテ商品を中心に菓子やカップめんを扱う。カップめんで思い出したが、当部門では、特に女性陣に、昼食のカップめんが人気である。カフェテリアにわざわざいかないで、お湯を注ぐだけで食べれるのがいいようである。飽きない程度に沢山のバリエーションもある。お湯は、飲み物用の自動販売機から無料で得られる。もし「置きカップインスタント商品」のコーナーがあったら、絶対受けると思う。

また、阪神酒販という会社は、ミネラルウォータを提供する(酒販という社名でも、流石に、オフィスに酒は置けない)。

それでふと思うのだが、薬事法が改正になって、薬剤師がいなくても、家庭用医薬品をコンビニに置くことができるようになったと理解する。そこで、富山の薬売りではないが、1回分100円程度のパッケージにして、頭痛薬、風邪薬、胃腸薬、目薬などをオフィスに置けば、そこそこ売れるのではないだろうか。

オフィスで、ちょっとほしいけどわざわざコンビニまで買いにいくのはどうも、というあらゆる商品が対象になりえると思う。

2008年10月12日

定年者雇用

私の田舎は孤島で、船で通えるところに働ける幸便な企業や役場が多くない。それで、うちの父の年代以降で、それより少し若い、だいたい1950年くらいまでに生まれた人で、タンカーで働く人が多かった。それは、誰かがたまたまタンカーの会社に船員として入社して、その後近所の人を誘った、ということもある。ところが、島でタンカーに乗っていたうちで一番若い、私より5歳くらい年上の世代の人達も、定年を迎えるようになった。それで、そういう人達が、暇そうに島をうろついているのを見かけるようになった。

私の父も、母方の叔父も、元タンカーの船乗りだった。その叔父もタンカーで働いていたのだが、もう10年くらい前に定年で辞めていてる。それで、先日田舎に帰ったとき、次のような話を聞いた。

父も、母方の叔父も、同じタンカーの会社に勤務していたのだが、容易に想像がつくように、タンカーの乗組員は、3Kの職場である。激務かというと、それほどでもないかもしれない。しかし、多くの場合、とても引火性の高い油を搭載している。太平洋を南方のインドネシアやシンガホールなどに航行するので、山のような荒波に晒されることがある。一航海で、一ヶ月以上戻れない。給与はというと、基本給は安いが、危険手当がつくので、平の乗組員でも、陸の普通の仕事の課長待遇の給与になったりする。

それでも、安逸な生活に慣れた若者が好んでタンカーの乗組員になる訳がない。こうして、タンカーの会社は、乗組員の不足でとても困っている。一つの手として、フィリピン人や中国人を雇う手はあるが、どうしても言語的に意思疎通が難しい。そこで、タンカーの会社は、一度定年になった社員の再雇用に目をつけた。再雇用といっても、正社員として雇用し直すのは、会社の経費がかかる。そこで、別会社をつくって、そこからの派遣の形式にした。年金が払われているので、その差額を補填するような形で、給与を払えばいい。なんとうまい仕組みだろう。暇そうにしていた島の元タンカーの乗組員達は、元の勤務先からの誘いに、文字通り渡りに船と、飛びついた。まだ元気なのに、暇で困っていたのである。

ただ、直ぐに見て取れるように、それは、タンカーの会社にとって、一時凌ぎでしかない。単に問題の先送りである。また、そもそもが比較的体力の必要なタンカー勤務に高齢者が勤務するので、そんなに長い期間保つのは難しい。

さらに問題は、そうやって時間を稼ぐことで、なかなか後進が育たないということである。当然だが、父に聞くとタンカーにも独自の仕事のノウハウはいろいろある。やはり、10年くらい経験しないと一人前になれないようである。

こういうタンカーの乗組員みたいな、世代が次第に絶えてしまうような分野は、沢山あるだろう。そう考えると、ワーキンクプアという人達は実は、3Kを避けて、ワーキンクプアに陥っているのか、とかなり語弊のあるようなことも考えてしまう。そもそもそういっている私本人が、見かけ上お気楽なデスクワークで、ありがたいような給与をもらっている。

さて一体どうするか、東南アジアから雇用するしかないのかと、考えが発散してしまった。

そういえば、最近自分で励んでいる特許明細書作成の仕事であるが、見かけ上お気楽などと言ってしまったが、実は意外に大変である。まさか3Kではあるまいが、最近これでもかと分かりにくい発明がやってくる。今も発明の構想がまとまらないで、ずっと困っている。こういう仕事は、若者は、嫌わないよね、と別の考えも浮かんでしまった。

2009年2月 6日

任天堂の活況

Webニュースによると、任天堂は、2009年3月期の通期連結業績見通しについて、売上高を従来予想の2兆円から1兆8200億円に、本業のもうけを示す営業利益を6300億円から5300億円に、それぞれ下方修正すると発表したそうである。流石の任天堂も、不景気のあおりを受けたかと思ったら、同時に発表した2008年4~12月期決算は売上高が前年同期比16.7%増の1兆5363億円、営業利益が同27.2%増の5013億円、最終利益は同17.9%減の2125億円。売上高と営業利益は過去最高だったという。最終利益が減少したものの、このご時世、「過去最高」という文字がやけに新鮮である。

ただ、急激な円高のほか、据え置き型のゲーム機Wiiの国内販売、ゲームソフトの海外販売が鈍化したということはある。

不景気だけではなく、Wiiは、なかなかゲームソフトのヒット商品が出なかったことから、従来計画より国内販売が伸び悩み、年間販売台数の予想を2750万台から100万台減らした。ゲームソフトも海外を中心に販売が減少した。ただ、携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」は、昨年11月にカメラ機能などを追加して発売した「DSi」が好調で、年間販売予想を従来の3050万台から100万台上方修正したという。

よって、任天堂については、次のことが言えそうである。
(1) 海外市場に頼る任天堂には、円高がとても痛い。
(2) Wiiは、そろそろ飽和状態か。
(3) ニンテンドーDSは、まだ飽和していない。

あと、次のことも言えるかもしれない。
(4) 昨今の不景気で、海外旅行などの大型レジャーを自粛する代わりに、ゲームによる安価な娯楽に就いた。
(5) いわば、販売の量子効果。すなわち、自動車、家電などの値の張る物は、消費者が手を出さないが、比較的安価なゲーム機なら、買う。

ただ、ニンテンドーDSが飽和するかもしれない今年あたり、流石の任天堂も苦境を迎えるだろう。そこで、任天堂の宮本茂は、当然に新機軸を考えているだろう。

伝統的に任天堂は、仮想空間などのウェブの世界よりも、スモール・アイテムに拘ってきた。その上で、マリオやドンキーコングなどのキャラクタを駆使する。この路線で、もう少し引っ張れるような気がする。

と、この稿を締めようとしていたら、Webに次のような記事があった。

従業員1人あたりの売上高が9億8000万と10億円近くを、任天堂は、売り上げているのだそうだ。任天堂の野望は、DSの「1人1台」の普及を実現すること。そうすれば、2009年も好調が維持できる。

また、任天堂の単体決算の売上は1兆4400億円。これは、トヨタの12兆800億円や、キヤノンの2兆8900億円には及ばないが、従業員1人あたりの売上高はトヨタが1億7400万円なのだから、上記の従業員1人あたりの売上高が9億8000万、というのが、いかに圧倒的か分かる。

任天堂は、厳しい2009年にも、DSiで挑む。いかに任天堂といえども、快進撃を続ける訳にはいかないが、どこで壁にぶつかるか、興味深々である。

About 産業

ブログ「Commutative Weblog」のカテゴリ「産業」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは生物学です。

次のカテゴリは知的財産です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。