メイン

その他 アーカイブ

2007年6月 5日

阪大学長

 今朝の新聞をみたら、阪大の学長に、鷲田 清一さんが就任したという。第16代の学長ということだが、なんとはじめての文系学長ということで話題になっているそうである。鷲田 清一さんの専攻は、哲学。たしかに、阪大は、医学・工学が強く、理学も、数学・物理を中心にそれなりに存在感がある。一方、文系は、経済はそれなりに有名だが、法学、文学部は、少し影が薄い。
 それで、哲学書は、本屋で背表紙を眺めるくらいのことはするが、不明にも、鷲田 清一さんの研究分野も著書も知らないので、簡単に調べてみた。
 すると、下記のような著書がみつかった。
- 「待つ」ということ
- じぶん・この不思議な存在
- 京都の平熱 哲学者の都市案内
- 「聴く」ことの力 臨床哲学試論 
 その他
 これらのタイトルをみると、カント、ヘーゲル、ニーチェ、ハイデガーなどを論じつつ自説を 展開する伝統的なスタイルとは少し違い、なるべく自分のことばで哲学を語ろうとするタイプなのかも、と思った。
 強いていうなら、中村 雄二郎のようなタイプなのだろうか。あと、阪大で思い出したが、阪大医学部の哲学の先生で、澤瀉久敬という人がいた。その著書は、医学概論というタイトルで、実は、医学倫理学の本である。この本は名著ということで、誰かに紹介してもらった記憶がある。
 ともかく、哲学者が学長になる、というのは、プラトンの哲人政治を思い出させる。理系的実学の伝統が強い阪大で、哲学者が学長になる、というのは、先行きの見えにくい時代に、なにか指針を与えることが期待されたのだろうか。どのように大学が運営されるのか、見守りたいと思う。

2007年6月 6日

ニュース時事能力検定試験

 新聞をみていたら、ニュース時事能力検定試験の案内があった。
 そこにあった問題の1つは、このようなものだった。
「戦後の歴代の内閣就任期間が長い順番に並べたものとして最も適当なものを下記から1つ選べ。
① 中曽根康弘 - 小泉純一郎 - 吉田茂 - 村山富市
② 佐藤栄作 - 吉田茂 - 小泉純一郎 - 中曽根康弘
③ 小泉純一郎 - 中曽根康弘 - 池田隼人 - 羽田牧
④ 小泉純一郎 - 橋本龍太郎 - 小渕恵三 - 中曽根康弘」
これを見た私は、桜塚やっくん風に言うと、がっかりだよ~
 というのは、ニュース時事能力検定試験というのは結局、クイズダービーの時事問題版にすぎないと思われるからである。私はてっきり、「今後の中国と日本の外交関係について論ぜよ」とか、「ブッシュ大統領のとった施策のうち、望ましいと思われるものを挙げ、その理由を説明せよ」のようなものかと思っていた。いや実は、そう期待していたというべきである。
 で、なぜがっかりかというと、例えば、一番の首相の長期政権が佐藤栄作だったとして、それが何なんだろう。寧ろ、佐藤栄作がどのような方針で何をしたか、また、いまの政権にまで継承されているものはあるか、とか論じなくてどうするのだろう。
 すると、こう反論されるかもしれない。いや、そういう時事問題の知識の断片でも、ないよりずっとましである、と。
 それも一理あるのだけれども、なまじこういう時事問題試験の勉強をして、とても浅い知識の習得にこだわって、何も論じられないようでは悲しいのではないか、と思うのである。ちょっといいがかりに近い面もあるが、そう思った次第。

2007年6月24日

特攻について

 たまたま、古本屋で、「神なき神風」という本を買った。三村文男という医師の方が書いた本で、戦時中は、軍医の見習いだったという。まだ途中であるが、この本を読んでいろいろ考えることがあったので、自問自答形式で書いてみる。


  1. 特攻の権化、大西瀧治郎中将は、蛮将であったか?
     - 私は今まで、大西中将は、泥を被る形で、あえて憎まれ役を果たし、終戦後は、責任をとって華々しい自決をしたのか、とある程度前向きに考えていた。ところが、上記の著書によると、大西は、特攻を形式的には志願としながらも、志願に応じない者は叩き斬る、みたいな激を飛ばしていたという。彼自身が、一種の英雄気取りであった面もなくはないと思う。
  2. 志願であったか、命令であったか?
    - これは、形式上志願であったが、実質的に、明らかに命令であった。
  3. 特攻は、有効な作戦であったか?
    - 確かに、相手がまさか、という時点で奇襲的効果はあったであろう。飛行機が自爆的に突っ込んでくるのだから、相手は本当に驚いたろう。しかし、一旦相手が慣れて、対応策をとられると、相当効果は低減した。一般の勝負術でも、奇襲は、ときたま実行するから有効なのであって、常態化すると通用しなくなる。特攻も後半は、空しい命の消耗となったと想像する。
  4. 特攻は、作戦の外道、統率の外道なのか?
    - 大西自身も、特攻を統率の外道と呼ぶくらいであるから、そうなのであろう。しかし、大西は、それをしりつつ、悠久の大義と美化し、若者を追い立てて行った。
  5. 天皇は、特攻を肯定したのか?
    - 記録には、天皇が特攻に反対した、というものはない。軍部は、詳しく説明しなかったのか。あるとは、天皇も、ある程度そういう犠牲はやむをえない、と考えたのか。
  6. suicide attackとしての特攻は、世界初なのか。
    - 私は歴史に詳しくないが、確かに、随分酷い目に遭った軍隊は沢山いたが、特攻のようなことを組織的に命じられたような事例は、過去知らない。
  7. 特攻は、神道の思想と結びついているのか?
    -神道に、そういう思想はないのではないか。詳しくないので、根拠は希薄だが。
  8. イスラム教の自爆テロは、日本の神風攻撃を真似たものか?
    - これは、どうもそうらしい。よって、特攻は、空前であるかもしれないが、絶後ではないのである。
  9. 井上成美、米内光政は、特攻をどう考えていたか?
    - リベラル派の最たる存在であった彼らも、特攻については、なにもコメントがない。終戦工作という大の虫からみて、どうしても小の虫であったか。

 最後に私なりにコメントすると、自分の死が、日本国家の隆盛に貢献すると、特攻に出向いたならば、確かに、その精神は崇高であろう。しかし、軍部は、それを命じてはいけないと思う。非常に多くの場合、死ぬよりもずっと大きなことが、生きている人によったなされ得る。なんとか、特攻でなく、普通の作戦がとれなかったのか、明らかに工夫が足りないと思う。

2007年11月 7日

世界制覇とは

 よく、子供向けのアニメで、悪の軍団が世界制覇を目論み、これに対して、正義のヒーローが一歩一歩、悪の軍団からの刺客を打ち破り、ついには悪の軍団を滅ぼす、というストーリーがある。そうやって、一人一人刺客を送り込むのは、兵力を小出しにする最悪の戦法であって、大挙して押しかければ、孤独なヒーローはなすすべもないのだが、そこはまあ問わないことにする。
 で、何が言いたいかというと、ここでいう世界制覇とは、どういう意味か、言い換えると、どういう状態になれば、世界制覇した、と言えるのか、ということである。
 世界制覇に必要な条件の1つは、悪の軍団(別に悪でなくても、正義の軍団でもいいのだが)が、独自の法律を策定し、全世界の人がそれに従うようにすることである。すると、当然に、そんなの関係ねぇと、海パン一丁で暴れる者も出てくるので、そういう人を鎮圧できる強大な警察力が必要である。
 それと付随して、当然に、資源を搾取する仕組みも必要であり、裁判権も必要であり、そういう支配が、全世界に及ぶとき、世界制覇した、と言ってよいのではないだろうか。そのとき別にスターリンやサダム・フセインのように恐怖政治を敷いたり、粛清の嵐を吹かせる必要はない。また、ブッシュのように、気にいらないからと言って、いいがかりをつけて攻め込む必要もない。ともかく、世界を治めていればよい。
 そこで、疑問。世界制覇したと思っても、アフリカの奥地や、チベットの山奥や、南米のジャングルには、支配を受けない人がいるかもしれないが、それでもいいのか。それに対する答えは、構わない、ということである。
 すなわち、世界をXとするとき、∀d⊂X ⇔ ∃D且つd⊂D⊂Xで、Dにおいて、組織Oに従うと宣言した人が大多数であるとき、世界は、(X,O)で、弱結合の支配状態にあるとする。
 逆に、∀d⊂Xで、dにおいて、組織Oに従うと宣言した人が大多数であるとき、世界は、(X,O)で、強結合の支配状態にあるとする。強結合の支配というのは、ありえないと言ってよい。
 さて、このような意味のない議論をしてきたのは、ロックフェラー家とロスチャイルド家による世界支配の話を聞いたからである。ロックフェラー家=米国は、世界の石油を牛耳り、ロスチャイルド家=ヨーロッパは、金、白金などの貴金属の価格を独占的に決定する。それで、彼らの世界制覇意識は、どの程度のものなのだろう。どれほど、ライバルを追い落としたいと思っているのだろうか。私が思うに、世界制覇などという意識は、子供じみたストーリーなしでは、到底大の大人が想像もできないものである。また、世界制覇でなくても、そうやって、世界のある領域を牛耳っていかなくてはならない、ということは、とても疲れることであり、内心、降りたいのではないか。しかし、体面と、伝統と、何よりも、物心化した欲望の自立的作用で、文字どおり制覇されてしまっている。すなわち、世界制覇することは、心を何物かに制覇されることなのである。それから開放されるには、どのような手段があるのだろうか。

2007年11月12日

アカハラ

 ある企業の研究者がいた。その研究者は、ある学会で、ある大学教授から、応用物理の准教授として来ないか、と誘われた。そういう話は、一見、とてもよい話で、結局、研究者は、大学に准教授として赴任した。
 ところが、行ってみてびっくり。少し遅刻しただけなのに、いきなり、教授から怒鳴られた。ここは、会社と違うんだそ、と。その後も、ことある毎に、些細なことで、学生の面前で怒鳴られた。決定的だったのは、論文で、教授とは独立に独自に論文を書いたのに、教授から無理やり、主著者として、教授の名前を入れるように命令された。こういうことが重なり、准教授は精神的におかしくなり、とうとう、大学に出勤できなくなった。
 今はたまたま、ある人から別の大学の口を紹介され、やっと精神的に回復しつつあるが、随分時間がかかったそうである。今、大学では、教授が一国一城の主として、予算権限、人事権限を把握しているため、専横を行使する教授が少なくないそうである。もともと、象牙の塔だと、人間的軋轢が少ないので、会社の中のように、社内外のいろいろな人との付き合いで、人格を切磋琢磨される機会が少ない。よって、アカデミック・ハラスメント(アカハラ)のようなことは以前から、結構あったと思うが、大学が独立行政法人化されて、企業に近くなり、すると内部統制ということが必要になることから、以前よりも、アカハラが表にでやすくなったのではないかと思われる。
 典型的なアカハラとして、下記のようなものがある:
- 大学院生や学生に、長時間、無理な作業を強いる。これは、運動部のしごきと同じで、どこまでが限度か、境界が難しい。
- 実験データの改竄を強いる。
- 論文著者への介入
- 女子学生に対するセクハラ強要
- ポスト探しの非協力、邪魔。例えば、紹介状を書かない、など。
- 研究テーマに対する、不同意、変更要求。これは、研究指導との区別がつきにくい面はある。
- あと、学会でのあからさまな、こき下ろし。例えば、カントールやボルツマンなど、他研究者からのこき下ろしで悩んで、自殺したのではなかったか。
 で、人間が愚かなものである以上、また、大学の責任者が、学業はともかく人格の高潔さが保証されない以上、アカハラは根絶されることはない。大学で企業よりもやりにくいのは、学問の自由とかで、企業の管理職よりも自由度が高いことである。医学部の倫理委員会ではないが、とりあえず、大学内に、アカハラ防止委員会でもつくるよりないか。
 

2007年12月22日

ジュセリーノ予言

 テレビ番組によると、ブラジルの預言師、ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースは、9割もの的中率を誇り、本人曰く、9/11のテロ、スマトラ沖大地震、フセイン元大統領の居場所、地下鉄サリン事件など、全て的中させたのだという。要するに、夢に見るので、それをメモするのだそうだ。
 ただ、今年はこうなる、と前もって沢山預言するので、他人に検討する余地を与えてしまう。すると、例えば、2007年について誰かが確認したみたところ、1割も正解していないようである。
 それで、堂々とテレビにも出演し、9割も当たると自己宣伝するのは、相当な神経だろう。預言師といえば、本人自身は預言者というよりも翻訳者という触れ込みだが、昭和50年あたりに、「ノストラダムスの大預言」と題する本を出版した五島勉も相当なものである。あの本によると、人類は1999年に滅亡することになっており、この本も、ノストラダムスはことごとく預言を当ててきたので、彼の詩篇から必然的な解釈される、というが、今にして思えば、相当に牽強付会であった。ただ、私も当時は若かったので、ああ、40代で自分は人類とともに死ぬのか、と暗然としたものだった。その若年の預言を私は忘れなかった。そして、1999年の年末、2000年問題のどたばたで大変で、ノストラダムスのことは忘れかかっていたが、ふと、あれはどうなんだろう、2000年問題非対応でミサイルが暴走して飛んでくるのか、との不安も隠せなかった。で、知らないうちに、ノストラダムスの預言した日は過ぎていて、安心したある日、本屋で、五島勉の新刊を見た。凝りもせず、占いものであるのを見て、私はあきれてしまった。よくやるな、と。
 そこいくと、富士山の噴火を予測した元気象庁職員とかいうおじさんは立派だった。確か、1982年の6月頃に、彼なりの科学的根拠に基づき、その年の9月に富士山の噴火する、と予測した本を書いた。その本はベストセラーになったが、今に至るまで、富士山は噴火していない。私が立派だというのは、そのおじさんは、9月以降、完全に世間から姿を消したことである。その一点で、ぎりぎり預言者ではなく、科学者のはしくれであったのだろう。
 そういう意味では、ジュセリーノとか、五島勉は、預言することで、自分自身をも騙して、信じ込ませているのだろう。そして、預言するときの独特の緊張感が楽しくて、もう、当たるとか当たらないとか、どうでもよくなるのだろう。一種の人格障害か虚言癖なのかもしれない。
 それでは、そもそも預言など嘘っぱちか、というと、私は必ずしもそうとは思えない。預言は、因果律を先取りかることなのだが、世の中で、因果律は適当に壊れており、一種の超能力で、何ほどか未来が垣間見える、ということはあるかもしれない。しかし、それはどうしても不確かで、人的に解釈も入ってくるので、当たるも八卦、当たらぬも八卦に少し色をつけたものにならざるをえない。
 実は神秘が好きな私は、ものすごい預言者も、インドの秘境とか、チベットの山奥にいるのではないか、と期待している。そういうところにいる超人の預言のほとんどは当たるのだけれども、俗世間にいるわれわれに伝えられることは、ない。漏れ知れてしまうことと、預言の確度の積がプランク定数に依存する、みたいな、ハイゼンベルグの不確定原理のようなことを考えてしまうのである。

2008年1月13日

毎日新聞の「発言席」欄

 日曜日の毎日新聞に、「発言席」という欄がある。先週の当該の欄に対して、外交官と語学力というコメントを書いた。あまり感心しない、という趣旨でである。
 さて、今週の「発言席」は、有名なジャーナリストの鳥越俊太郎氏であるが、読んでみて、悲しくなった。というのは、ブッシュ大統領が、イラクの大量破壊兵器の嫌疑をふっかけて、イラクに侵攻し、イラクを混乱に陥れたが、結局、破壊兵器はみつからず、イラクを混乱に落としいれただけである。多数の犠牲者を出している。反省してほしい、という趣旨なのであるが、中学生の作文でもあるまいし、どういう神経で今更、こういう月並みなことをジャーナリストが書けるのだろうか。それこそ、田中宇氏の、ブッシュはわざと失策を犯して、世界を多極化しようとしている、という意見の方が、その妥当性はともかくとして、よっぽど語るに足る。鳥越氏は確かに、かつては立派なジャーナリストであったはずである。癌の治癒の広告でテレビにも出ている。病気で、すっかり気力をなくされたのであろうか。私の推察であるが、毎日新聞の社内にも私と似た意見の人はいらっしゃることだろう。しかし、馬鹿馬鹿しいと思っても、鳥越俊太郎氏は、その格的に、年功的に、投稿を断れないのだろう。
 でも、この鳥越の論説は、単に無害であるのでよい。実は去年のいつだっかか、いくらなんでもと思ってブログ用にメモをとっておいて、まだコメントを書いていない記事がある。あるいは、「発言席」ではなかったかもしれない。フランス文学者の鹿島茂氏の寄稿で、シェイクスピアの"Ex nihilo nihil fit" 「無から生じるものは、無だけである。」に事寄せたものである。そもそもが、現代科学に鑑みても、「無から生じるものは、無だけである。」という命題は、あまり適切ではない。というのは、物理学によれば、局所的には、ゆらぎとして、無から有が生じているのである。でも、文学者の言うことだから、それは大目に見よう。しかし、「無から生じるものは、無だけである。」を、登校拒否、引きこもり、出社拒否の人たちに適用し、彼らがとっている行動は、何一つ学んでいない段階の幼い思考力を駆使して考えた結論、というのだから、これが天下の暴論でなくて何だろう。人間なのだから、様々な理由により、引きこもることはあろう。成熟した人間でも、悩んで立ちどまることはあろう。文学者なら、少しでも、人間の心の影の部分に注意を払ってほしいと思う。経歴を見ると、神奈川県立湘南高等学校、東京大学文学部仏文学科卒業。同大学院人文科学研究科博士課程修了、とある。ううん、単なるエリートか、困ったものだ。

2008年2月 8日

プレゼン能力

 池田信夫氏のブログを見ていたら、彼がまだNHKにいた時代に、ビル・ゲイツにインタビューしたことが書かれていて面白かった。というのは、それは、1993年頃だったが、ビル・ゲイツは、Windows3.1が売れて、既に十分金持ちだった。しかし、インタビューの対応があまりにもプアだったので、また、マイクロソフトの知名度が当時は低かったので、そのインタビューがあやうく没になりそうになった、ということだった。それで、金持ちのゲイツさんということで、なんとか放映したそうである。
 実際、ビル・ゲイツの講演は、あまりうまくない。発表前、まるで小学生が、学習発表会を前にしたように緊張した面持ちで、はじまっても、部下が書いたと思われる原稿を思い出しながら、しゃべっているみたいだ。でも、私は、そういう素朴なゲイツが嫌いではない。私もまた、人前で緊張しやすい性格で、お世辞にもプレゼン上手といえないからだろうか。
 ところが、世間一般では、プレゼンが下手だと、あいつ馬鹿じゃないか、要領が悪いと言われてしまう。一方で、立て板に水のようにしゃべると、空疎な内容であったも、ああ流石に頭が切れる人は違う、と大衆には感心される。
 それでとても残念なのは、会社の入社面接であれ、選挙演説であれ、そういう空疎かもしれないプレゼンの能力でかなり決まってしまうことである。もちろん私は、立て板に水の人が軽薄だというつもりはない。スピーチがうまくて、しかも惚れ惚れするような秀才が、特にアメリカには多い。
 ただ、民主主義というものが、そういう表面的な能力で見極めてしまうのが残念で仕方ないのである。だから、私はつい、民主主義は本質的にポピュリズムである、という。ヒットラーの偽善性を見破れないのである。
 それゆえ、私がどこかの面接を受けるなら、それに10分や20分を費やすくらいなら、私のこのブログを読んでほしいと思う。中には、顔をしかめるような内容もあるが、それも私である。それで、こいつ使えないな、と思われるなら仕方ない。えっ、誰もそんな、君を評価するためにいちいちブログを読んでいる暇なんて、ないって? まあ、それは分かっているのだけど。

2008年5月12日

国境なき・・・

 今まで、国境なき医師団と、国境なき記者団があるのを知ったが、それでは、こういうのはどうか、というのを私なりに考えてみた。

- 国境なき技師団:これは、なんなんだろう、世界の壊れた橋を修理して廻るのだろうか。すると、その費用は? そうか、ある国から依頼されて、世界のエキスパートが集結するのだ、と考えればよい。

- 国境なき棋士団:これは、壮大なる賭けチェス、賭け碁のネットワークである。国家紛争の問題を、それぞれの国が選んだチェスの代表選手が戦って、決めるらしい。ほんまかいな。

- 国境なき弁護団:三浦被告を弁護するために、世界中から各国の弁護士がロサンゼルスに終結しているらしい、なんてことがある訳ない。

- 国境なき消防団:カリフォルニアの山火事を、いろいろな国から消しに行く、というのは考えにくいが、サイクロンの被害を助けるために、ミャンマーに各国から集まるのは、ありである。

- 国境なき清掃団:これって、エベレスト清掃登山の野口さん一行か?

- 国境なき探偵団:はいはい、よい子は早くお国に帰りな。おとうさん、おかあさんが心配してるよ。

- 国境なき密使団:自分たちは密かに行動しているつもりでも、CIAやM16には、ばればれだったりして。でも、人畜無害なので、放置されている。

- 国境なき無視団:世間のすべてのことを無視して超然としているグループらしいが、なによりも世間から無視されていて、誰も気づかない。

- 国境なき香具師団:聞くからにあやしいグループであるが、なんでも、みんな、腹巻をして鉢巻きを締めているという。特に、中東出身で、長い髭をたくわえ、アフガニスタン奥地の名産を、浅草で売っている男がいたそうな。誰かが、オサマ・ビン・ラディン?と聞いたら、にっこり笑って、何も答えなかったという。

2008年5月16日

3月のライオン

 今流行の将棋漫画といえば、ハチワンダイバーであるが、もう1つ、羽海野チカの「3月のライオン」。これがなかなか異色。
 主人公の桐山零は、17歳、C級1組のプロ棋士。子供の頃、両親と妹を交通事故で一気に失い、ひとりぼっちに。父の友人に引き取られ、なぜか将棋に励み、プロを目指す。父の友人には娘がいて、やはりプロを目指していたのに、零はその娘を追い越してしまう。娘は、ぐれる。そして、零は、谷川、羽生、渡辺のように、中学生棋士になる。
 ところが、天涯孤独。スナックで酒を飲んでいるうちに酔いつぶれて吐いてしまう。そこで介抱してくれたのが、スナックの従業員、あかり。その縁で、あかり・ひなた・モモの三姉妹の家に呼ばれてお世話になる。
 こうして、同僚の棋士や、三姉妹や、その他の人が、零を「いじる」のだけれでも、零は、飄々と、それなりに将棋も勝って、でも偉ぶらず、孤独の陰をいだきつつ、生きていく。
 ハチワンダイバーのような凄まじい勝負のシーンがある訳ではない。特にラブ・ロマンもない。ただひたすら、淡々と零は生きていく。周りで起こるのは、とても平凡な出来事だけ。まるで、悲劇は子供のとき味わい尽くしたかのように。
 そうだね、こんな将棋漫画もいいかも。

2008年11月11日

エチカの鏡

私はテレビ番組をまめにチェックする方ではない。それで、友人から、私の故郷の百島のある有名な老人のことが、11月9日夜9時からのエチカの鏡という番組で、紹介される、と聞いて、えっそうなの、と軽く驚いた。そもそも、少なくとも年に一度は帰省して地元のことはある程度把握している私であるが、百島の有名な老人なんて聞いたこともない。そんな凄い人なんている訳ない。

で、ともかく番組を見てみた。すると、ああ、あの人かと直ぐ分かった。分からなかったら、島民としては、もぐりである。老人とは、旗手正守さんといって、急病のために救急船を操縦する、老人である。旗手という姓は多いので、地元では、いんきょ屋と屋号で呼ばれている。隠居屋と書くのだろうか。確かに、地元では知らない人はいないが、そもそも、島民は650人程度で、互いにみんな顔見知りなのであるから、有名ということがあまり意味をなさない。ある定義によれば、みんな島では有名ということになってしまう。

で、番組で改めて知ったのは、36年間も24時間体制で待機していること、弟さんを事故でなくされていること、そのとき海上保安庁の救急船がなかなか来てくれず、弟さんの治療が間に合わなかったこと、旗手さんの救急船で、赤松光さんが22年前、心筋梗塞の状態を搬送されて一命をとりとめたとのこと、である。不思議なのは、こういうことは意外に狭い島でも、情報が共有されていないことである。それはたまたま、私が実質的に関東に居住していて、父から断片的にしか聞かないせいもあるのだろう。

また、改めて感じたのは、36年間も24時間体制で待機することの凄さである。下手したら法事にも出られない。寝るときも普段着で寝るそうである。普段流石にしゅっちゅう急患がある訳でもないので、島民は、旗手さんに緊急海上タクシー的な依頼をすることが多い。例えば、親が倒れたと、島出身で、東京にいる息子が聞き、急遽夜の新幹線で帰省するとする。すると、新幹線は夜尾道、または福山にに着くが、定期船の最終時刻は夜7時で結構早く、まず間に合わない。そこで、旗手さんに出動を依頼することになる。夜何時だろうと依頼していいということになっている。だいたい、数千円の運賃を払う。しかし、深夜の依頼は、やはり辛かろう。

こんなに大変な労務なのに、表立って感謝している島民はほとんどいない。うちの父が、いつも24時間体制で大変だ、と言っていたのをちょっと聞いたことがあるだけである。島民は、口ではあまり感謝しないものの、大変さはよく知っていて、誰一人あとを継ごうという者はいない。そもそも、運賃収入は入るものの、仕事の大変さに比べてさしたる報酬ではない。なにより、自由を拘束される。そもそも、飲酒運転になるので、晩酌さえできない。だから、旗手さんの緊急時に交替する要員もいない。

言い方の脈絡が変かもしれないが、こういう自分を犠牲にして他人に尽くす仕事というのは、とても神の摂理に適っている。キリスト教の洗礼などの儀式よりもはるかに神々しいというのが、私の意見である。では神はどんな恩寵を賜るかというと、それはまず、金銭的報酬ではない。ただ、他人に尽くすという目的での健康である。そんなで旗手さんは、なんと87歳までこの激務をこなしてきた。

しかし、流石に、87歳という年齢では、生理的な限界である。そこで後継者をどうするか、というとき、旗手さんに助けられた赤松光さんが名乗りを上げた、というのがエチカの鏡の結末であった。

燈台下暗しではないが、あらためて、大した人が地元にいたと感心した。そして、以前部門の下支えみたいなことをしていて、大したことしてないのに、最近はすっかり引き気味の自分が恥ずかしくなった。レベルが違いすぎるのである。

ところで、付記すると、島には、私が子供の頃、確かに医者がいた。京都帝大医学部を出たとかいうインテリであったが、なにしろ90歳を超える高齢であった。その後、高齢の医師が引退すると、60台の医者がやってきて、診療所に詰めた。こうして、10年くらい前までは、確かに一人医者がいたが、市との折り合いがつかず、医者は去り、無医村になってしまった。そういえば、旗手正守さんの弟さんが亡くなられたとき、島には常駐の医者がいたはずであるが、そのときは確か、まだ高齢の医師の時代だったはずである。よって、風邪くらいならいいけど、生死の境の怪我人を診ることは無理だったようである。そもそも、手術設備とてない。だから、島は、恒久的に、半無医村状態なのであった。そういう状態で、急患になると、街にいたら助かる病気でも、島だと手遅れということは十分ありえる。旗手正守さんが名乗りをあげるまでは、救急できちんとした病院に運ばれる可能性はほとんどなかったのである。

2008年11月21日

傲慢な生き方

自分は地味でおとなしく生きているタイプだと思っているが、冷静に半生を振り返ってみると、そうでもないようである。そこで、就職してから今に至るまでの自分の軌跡を簡単にメモしてみる。

大学時代の後半、スチューデントアパシーになって、あまり大学に行かなくなった。大学院に行って研究者になるどころではない。そうしてアルバイトしながらぼやぼやしていると、母親が早く卒業して就職しろ、という。当然である。母親は、私が狭い専門の研究者などなるべきでないと言っていた。おかしくなる、と言われた。あまり素直でない私は、その言い方に大変反発したが、今となってみると、性格的にも能力的にも、まるっきり妥当でなかったともいえない、認めたくないが。

で、最低限の単位を揃えて、1年留年という形で、卒業できる見込みとなった。それで就職であるが、本当にどうでもいいと思い、リクルートの会社案内の冊子を適当に見開き、そこを受けてみることにした。資本金10億程度のスイッチとコネクタのメーカである。とりあえず電話してみたら、面接に来てください、というので、大阪行きの新幹線に乗った。八尾というところにある会社だった。八尾には、母方の叔母がいるので、そこに泊めてもらうことにした。

結局面接したら、アットホームな雰囲気で、採用通知がきた。特に嬉しくなく、これで極楽のような学生生活ともおさらばかと思うと、残念でならなかった。

そういう大阪の郊外の中小企業に行くことにしたのは、なにしろオイルショックで不景気で、しかも物理学科ときていては大企業の募集がなかったことと、地方とはいえ国立大学を卒業して中小企業に入ると、優遇されるのではないかという甘い観測があった。研究などの要職に就けるかとも思った。

ところが、その八尾の中小企業で、担当させられたのは特許の仕事だった。いまでこそ知的財産といって花形だが、当時は、理系でエンジニアが務まらないような人が、地味に担当するような仕事だった。研究部門の責任者は、私が実際的でないように見えたようである。実際、不器用で装置など作るのが下手なので、そうかもしれない。

特許の仕事はというと、事務的な作業しかなく、退屈で仕方がなかった。また、上司が鈍重な人で、ついいろいろと意見していたら、癇に障ったのか、叱られるではなく、仕事が与えられず干されてしまった。今にして思えば、10年選手のようにいっぱしの口をきいていたらしく、しかし私は自分の傲慢さに気付いていなかった。ただ、干されることは異常な試練で、適当に本を読んだりしていたが、いよいよ精神的に追い詰められてしまった。なんとか2年半頑張ってみたが、限界に達してしまった。

そこで失恋もし、最悪の人生だとつぶやきながら、大学の先輩たちがいる東京へと出てきた。とりあえず、調布の国領というところにある、別の会社をみつけることができてからである。

そこが、特許の仕事を離れるよいチャンスだったかもしれない。しかし、東京に出てきてやはり特許の仕事にした。経験が活かせるからである。国領の会社の特許部門でよかったのは、特許明細書の実務を教わることができたことである。とても嫌で意地悪な先輩だったが、それなりに基礎は叩き込まれた。私は傲慢なので、その先輩が馬鹿にみえて仕方がなかった。そうしていると好かれる訳もなく、また、ある宴会で、ふざけて、他部門の知り合いの女性に抱きついたら(いまだとセクハラだが、当時は緩かった)、その女性が実は先輩の彼女で、私に対する先輩の敵意は決定的になった。

それでも意外に我慢強い私は、国領の会社に3年半いたが、いよいよたまらなくなって、新聞で募集があった外資系のコンピュータ会社に応募した。友人も前に落ちたということで、受かるとは思っていなかった。しかし、どういう訳かラッキーで採用された。またしても特許の仕事である。やれやれ。

その外資系のコンピュータ会社には流石に、優秀な人が多くて、傲慢な私もやっとある程度、謙虚になることができた。でも、しばらく様子をみると、本質的に冴えた人って、部門内にそんなに多くないのでは、とまたしても傲慢さがもたげてきた。そんな中でMさんは流石に冴えていた。コンパイラとかオペレーティング・システムの難しい本を読みこなし、C言語にも詳しかった。私が唯一プログラミングを教わったのがMさんである。Mさんには私のダサいコードを馬鹿にされ、私は反論できなかった。ところが、Mさんは30台半ばで若くして、急性白血病で亡くなってしまった。私は呆然とした。

なにかの間違いで管理職になってからは、私は、米国本社から来る上位マネジャにも傲慢さを発揮するようになった。英会話を勉強したのは、ちゃんと反論できるようになるためである。外資系はリベラルで下の者が上の者にフランクにものが言える、と考えていたら、それは、外資系を知らないといえる。実は、日本の会社の方が腹芸というか、やり過ごしが効く。外資系は、意外に指揮系統が軍隊式で有無を言わせない。それに棹差して米国本社から来る上位マネジャに反論というか言い訳する私は、困った奴だと思われたようである。随分と厳しい目に遭った。実務的な経験に自信のある私は、日本の状況に鑑み正しいと思うことを提案しただけなのだが。そういう言い方自体がまた、傲慢かもしれない。

最近は、それでも管理職を降ろしてもらって、好きな実務に専念できている。実は今となって実務で役に立っているのは、国領の会社で嫌な先輩に苛められたことで身に着けた実務力である。こうしてみると、傲慢も若干の意味がある、ということは流石にないか。

最近まずいのは、会社で50台半ばになって、それなりに周囲が気を使ってくれるので、傲慢さに拍車がかかってしまっていることである。上司に食ってかかる癖は、若い頃から全く変わらない。完全に恥も外聞もない「大阪のおばちゃん」の中年男性バージョンである。髪が薄くなり、腹も出てきて、いろいろいな意味で人間的魅力が低下の一途である。芋洗い坂係長のように踊れればいいのだが、それは無理。

ということで、自戒の意味を籠めて、このような自伝の掌編を書いてみたが、これくらいでは私は、反省しているとはいえない。困ったものである。

2008年11月24日

中国の美女

Webニュースを見ていたら、元サッカー選手の中田英寿が、台湾一の美女とかいう、リン・チーリン(林志玲)と、親密な関係かも、という記事があった。リン・チーリンは、女優でもあるらしいが、映画に疎い私は、どういう人か全く知らないので、グーグルの写真検索で見てみると、うん、確かに美しい。正統派の美人である。もしかして、楊貴妃もかくやあるらん、とふと思った。

そこで私の記憶は急に、約15年前に遡る。当時、私がいた部門は、アジア全体の特許を担当しており、しかし、すると現地の事情が分からずうまく管理できないので、まず台湾に現地の部門を作ろうということになった。そこで、現地採用の担当者が決まり、日本に研修に来ることになった。

その担当者が、台湾から、日本の私がいる部門に来たとき、私は腰を抜かしそうになった。担当者は若い女性だったのだが、まるでこの世の人でないほどの美人だったのである。シャイな私は正視できなかった。また、当時は私は英会話が全くできなかったので、その人に近づかないようにしていた。おっかなびっくりだった。

それから5年後、会社のワールドワイドのミーティングがワシントンDCであり、会場のクリスタルシティというところのヒルトンに行くと、ほとんどが米国人で、あとは、フランスやイギリスからも人が来ていた。それで、アジア人は私一人かと思っていたら、台湾から一人と、韓国から一人、それぞれ女性が参加しており、その台湾からの一人が、例の絶世の美人なのであった。他にアジア人はいなかったので、われわれ三人はいつも行動をともにした。なぜか最早、気後れしなかった。食事も一緒である。実は、韓国の女性もかなりの美人で、ワシントンDCのあるイタリアン・レストランで食事をしているときふと、これは極楽ではないかと思った。私の英会話はかなり実用レベルになっており、非ネイティブの人と英語で話すことにあまり不自由しなくなっていた。

それで、韓国の女性が席を外したときに、つい台湾の女性にこう話した。「私は、あなたが日本に来たとき、とても驚きました。」すると、女性は当然に聞く。「えっ、どうして?」。「だって、あなたのような美人を見たことがなかったし、その後もあなた以上の美人にお目にかかったことがないからです。」。

そういわれて悪い気がする人はいない。確かに、彼女は喜色満面になった。韓国の女性が戻ってきたので話題を変えたが、「あなたのような美人を見たことがない。」というのは、普通は口説き文句であって、軟派でもない私がとても言える言葉ではない。どうも、時差ボケと、外国にいるということの開放感があわさって、ハイになってしまったようである。

その後の後日談なんて特にない。ロマンスが少しはあれば、と期待した私が浅はかだった。ただ、台湾の女性は、その後の私のメールに、前より親切に答えてくれるようになった。でも、不思議なもので、後々で沁み込ように印象に残ったのは、韓国の女性の方だった。ソウルに出張に行ったときは、空港まで迎えにきてくれた。ソウルの街中で、いろいろな話をした。日本に出張に来たときも会って、ずっと仕事の話や世間話をした。でも、いつの間にか音信不通になり、風の便りで、結婚していまはロサンゼルスにいる、と聞いた。

リン・チーリンのニュースで、こんな儚い思い出が甦った次第である。

2008年12月14日

プロ論

先日、友人から来たメールに、王貞治や武豊がいかにプロかという例が書かれていた。それで、私なりに、プロとはどんな性質をもった人かということを素描してみる。

先ず、プロとは、ある専門的スキルで生活の糧を得ているという当然の定義があるのだが、それは必須ではなく、ここでは世間一般よりも高いスキルをもつ、と曖昧に述べておく。

さて、プロの必要条件であるが、先ず、完全性を求めている、ということを挙げてみたい。もちろん、完全というレベルには、定義的にどんな人も到達できないが、到達できないとしても、完全や完璧ということに思いを馳せないなら、プロではないのではないだろうか。

次に、継続的に努力である。プロたる者、365日努力しなくてはならない。一見、何もしていないようでも、頭の中では、その専門の技芸のことを思い巡らしている。

次に、プロたる者、その専門技芸に、最高の優先順位を与えなくてはならない。技芸を磨くためのチャンスがあると、資産や他人との付き合いを、遮断までいかなくても、かなり制限しなくてはならない。

次に、プロたる者、一時的はともかくとして、永続的には、ある限定されたライバルを目標としたはならない。

次に、プロたる者、競う相手の経歴や評判に捉われてはならない。純粋の自らの鑑識眼で、相手のスキル・レベルを同定すべきである。

次に、プロたる者、自分のフォームを確立していなくてはならない。確立しつつ、そこから脱却しようと試みるのがプロである。

次に、プロたる者、細部に拘らなくてはならない。もちろん、細部を捨てて、グランドデザインを見つめることはあるが、その場合も基礎となっているのは細部である。細部の彫琢を欠くプロは、プロではないと断言してよい。

次に、プロたる者、歴史と伝統を重んじる。そして、歴史と伝統に最大限の敬意を払いながら、そこの格に一旦入り、格を脱しようとする。

次に、プロたる者、アマチュアを軽視しない。カスタマ、スポンサを軽視しない。しかし、アマチュア、カスタマ、スポンサに流されすぎはしない。

次に、プロたる者、新しいチャレンジを忘れない。確立した地位に甘んじない。権威主義を忌避し、大地からまた登り上げようとする。

と書きつつ、私が真のプロから遠いものだから、観察に基づく思い込みにすぎない描写なのであった。

About その他

ブログ「Commutative Weblog」のカテゴリ「その他」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはWebです。

次のカテゴリはゲームです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。