メイン

戦争 アーカイブ

2007年8月11日

震洋と桜花

 毎日新聞で、特攻の兵器について特集されているが、あまりにも物悲しいのは、震洋と桜花である。先ず震洋。木製のモータボートのような船の先端に、爆弾が付いているだけである。確かに、回天のように、ハッチを閉められ、潜水艦式で自力で出れないとなると、不退転の決意をせざるを得ず、いろいろな意味で息苦しい。しかし、震洋のように、下手な漁船にも劣る装備で、特攻をさせられるのは、また別の惨めさが溢れる。実際、このような船が戦艦や駆逐艦に近づくと、一発で見つかって迎撃されてまう。しかし、こちらからは衝突する以外に何の攻撃手段もないのである。まさに、晒し者。
 桜花も、酷い。一応飛行機ではあるが、そもそも、自分で離陸する機能をもたない。では、どうするかというと、他の飛行機に、文字通り爆弾を抱えるように抱えられて、敵艦に近づくと、放たれる。そこからは、桜花に乗っている特攻隊員が自力で操縦するのであるが、そもそもが爆弾の塊であって、航空機能が乏しいので、敵のレーダーに見つかっても、方向転換もできない。簡単に迎撃されて、ほとんど成果をあげられなかった。連合軍はこれを、BAKA BOMBと呼んだという。BAKAは、日本語のバカである。
 このような貧しい特攻兵器をみると、敵にいかに被害を与えるか、という成果主義ではなく、何でもいいので、死ぬことに意義がある、というような虚しい精神主義を感じる。それはまさに、特攻を仕切った、大西瀧二郎の発想でもあった。
 先日は広島と長崎の原爆記念日であった。このような殺戮兵器を、多数の非戦闘員に用いることは甚だしい国際法違反であり、人倫に悖る。しかし、特攻を仕切った人々は、原爆を開発した人達、原爆投下を決定した人々に比べてどれだけ上等なのか、そもそも比べるべくもない虚しい問いかけをしてみるのである。

2007年9月 1日

二重被爆

 広島と、長崎の両方で原爆の被害に遭うことを、二重被爆という。そういう用語を聞いたとき、そんなことはありえるのか、とふと疑問に思ったが、ホームページなどで調べて、その典型的なシナリオを見てみると、なるほど、ありえる、と思った。すなわち、三菱重工長崎造船所といえば、当時、軍艦建造の1つの拠点であった。ところが、広島県の呉もまた、別の軍艦建造の拠点である。
 山口彊さんという人は、三菱長崎造船所の艤装設計課に勤務して、広島の造船所に設計の応援に行っていた。8月7日が、長崎に戻る予定の日だった。しかし、8月6日の朝、広島で原爆に遭ってしまう。髪が燃え、体の左半分が大やけどするほどの被害だった。道路には死体の山。しかし、足がなんとか動くので、造船所に行き、翌日の8月7日、救援列車に乗り、8月8日の昼ごろ、長崎に着いた。顔と両腕を包帯でぐるぐる巻きにして8月9日に長崎の造船所に出勤すると、同僚は皆驚いた。同僚に、広島のすごい爆弾の話をしたが、広島の街が一発の爆弾にやられるなんて、誰も信じなかった。そう話しているうちに、閃光がきらめいた。あっ、あの爆弾だ、と思い、反射的に机の下にもぐったという。
 このような二重被爆者は、100人くらいいるらしいが、みんな高齢で、亡くなるのでだんだん実態がわからなくなるという。上記のように二重被爆者の多くの人は、造船関係者であると思われる。それが、長崎と広島を結ぶ1つの線だからである。しかし、原爆を間近に浴びて、その3日後に、長崎の地に立てるというのは凄い体力と気力である。そこで再び原爆の被害を受けるというのが驚異的な運命であるなら、それを生き延びて平均寿命まで到るというのも凄い。
 話は少し違うが、中世のヨーロッパで、ペストにより人口が3分の1くらいに減ったとき、生き残った人は、特別に恵まれた検疫条件や体力にあった、というよりも、先天的にペストにかかりにくい体質であった、という。その類推からいくと、相対的に放射能被害に強い体質の人がいるのではないだろうか。そうでなければ、広島の原爆で半身が焼け爛れるほど火傷をして、相当の放射能も浴びて、さらに3日後も長崎で原爆を受けて、白血病にもならず、天寿をまっとうできるはずがない。
 ともかく、人間の幸福はワンパターンであるが、人間の不幸というか数奇な運命にはさまざまなパターンがある、というトルストイだったかの言葉を今更のように噛み締める次第である。

2007年10月21日

石原莞爾

 石原莞爾は、伝説の武官である。明治22年に山形県に生まれ、幼年学校、陸軍士官学校から陸軍大学校を卒業したエリートであったが、いわゆる官僚型ではなく、寧ろ思想家であった。文句ない秀才であったが、従順とは遠く、軍事だけでなく、歴史、宗教など広く勉強した。
 関東軍の時代に、板垣征四郎などとともに、満州事変を主導した。これだけみると、とても好戦的な人かと思われるが、日中戦争の時代には、不拡大の方針を主張した。しかし、この頃から、敬遠されて、一線からは遠ざけられたと思われる。
 石原莞爾の出色は、最終戦争論である。石原によると、戦争は、決戦戦争-持久戦争-最終戦争と進むという。彼が偉大なのは、このことを、昭和15年の段階で発表していたことである。
 まず、決戦戦争であるが、例えば、アレクサンダー大王の時代の戦争である。これは、政治的なものが絡まず、短期間で決着がついた。ローマの時代もそうで、当初は国民皆兵で、すると、あまり長引くと、国内の運営が留守になるので、早めに切り上げた、ということもある。
 ところが、ローマが成熟してくると、国民皆兵ではなくなり、傭兵制度が取り入れらられた。すると、傭兵は、金で雇われている訳でから、早く終わっては稼げない。よって、だらだらとした持久戦が多くなった。
 フランス革命の頃になると、ナポレオンの天才が、一点集中突破法を編み出し、連戦連勝、決戦戦争が復活した。
 そうして、科学技術の発展により銃器が発達すると、特に機関銃が開発されてくると、機関銃部隊が守っていると、そこを抜くことは用意ではない。こうして再び持久戦争になる。しかし、このサイクルは、石原によると、ずっとは続かない。航空機の時代になり、それが空から爆弾を落とせるようになると、防御することは、とても難しい。
 石原は、こうも言う。「一発で、何万人もがペチャンコにやられるところの、私どもには想像できないような大威力のものができなくてはなりません。」これはまるで、5年後の原子爆弾の登場を予想するかのような言説である。大阪も、東京も、北京も、上海も、廃墟になりましょう、とも言う。これが最終戦争。それは、陸海軍だけではなく、女子供、草木も戦争の渦中に入り、忍従を強いられる、という。
 この壮絶な最終戦争をへて、世界は、戦争のない状態になる、というが、実際それは、部分的に、第二次世界大戦後を予想している。
 このような石原莞爾であるが、早めに予備役に廻され、日の目をみることなく、アンチ東条英機として、戦後、戦犯に指名されることすらなく、寂しく病死した。天才の末路は、こうしたものである。

2008年2月10日

戦争ビジネス

 祥伝社新書「戦争民営化」松本利秋著、によると、戦争ビジネスとしては、次のような形態がある。

1.戦時融資
 これは、厳密には、戦争ビジネスとはいえないかもしれない。日本は、日露戦争を戦うために、資金が絶対に不足しており、そのため、臨時の戦時国債を発行し、リーマン・ブラザーズに引き受けてもらった。これによって、日露戦争を戦うことができたが、その後の利子の支払いに苦労して、資源を求めて満州に進出した。

2.傭兵
 これは、政府や国家機関がお金を払って兵士を雇うものである。一番有名なのは、フランスの外人部隊で、1831年に、フランス国王ルイ・フィリップによって創設された。外人部隊は、危険なミッション、遠方への遠征などの目的で人が集められた。傭兵を使う理由は、平時は多数の軍隊を抱えることは費用的に難しいが、緊急時に軍備が必要になる、という要請による。ただ、傭兵の訓練は過酷だし、俸給もあまりよくない。日本円で年収400万円もなかったりする。たったそんなお金で命を危険にさらすのか、と普通は思うが、さまざまな事情がある。まず、傭兵は、健康でありさえすれば、学歴や経歴を問われない。よって、ここでは、本人さえよければ、基本的には採用される。
 他の応募者として、特殊部隊経験者がいる。軍隊で、厳しい特殊訓練を経て、グリーンベレーのようになっても、国家にミッションがなければ、特殊部隊は解散される。そうして、仕方なくビルの警備の仕事でもするのだが、達成感が得られない。そうしたとき、傭兵になって、アフリカ、イラクなど危険地帯に派兵されれば、かつてのスキルが活きる。鍛えたスキルを活用して、敵を殲滅することができる。
 実は、傭兵制度は、到底フランスのオリジナルではなく、太古の昔からあった。二番目に古い職業といわれる。一番目は、売春である。なぜ傭兵制度があるかというと、基本的な事情は、上に記したとおりである。古代でも、戦争の時期と平和な時期が繰り返された。平和な時期には、兵士達があぶれてしまう。そうして、戦時となると、傭兵として掻き集められる。兵士で、戦う以外に大した技能がない者は、平時になると食うにも困ることになる。それで、戦って報酬がもらえるとなると、節操もなく、どこでも出かけていく者もでてくる。実際、ギリシャに敵対するペルシャ軍の傭兵になったギリシャ人も多数いたらしい。
 こうしてみると、戦うスキルを身につけたものは、スキルを活用する生き甲斐と快感を求めたものと思われる。まさに、ドーパミン快楽である。すると、死の恐怖は片隅に追いやられる。
 実際、傭兵は、日中戦争でも、キューバ危機でも、ベトナム戦争でも、活用された。1つのパターンは、例えば、キューバ危機では、アメリカ軍が、キューバを亡命して、カストロに恨みを抱く者をリクルートとして、傭兵とした。ベトナム戦争では、アメリカ軍は、ベトナム奥地の現地人を訓練して傭兵とした。彼らはなぜか、市街地のベトナム人が嫌いで、反共のメンタリティをもつ。そして、ジャングルでの活動に高度の地の利を発揮する。

3.あと、最近増えているのが、民間軍事支援会社である。米国政府との癒着が取りざたされたハリバートン社ほか、ブラック・ウォーター社、MPRI社など多数あり、その全貌を知る者は少ない。大抵は、高度のスキルをもつ特殊部隊経験者を多数抱え、独自の軍事訓練施設ももっていたりする。民間軍事支援会社の仕事は、警備、物資輸送のみならず、飛行場の整備、テント設営、清掃、調理、郵便、戦死者の遺体の洗浄と輸送など、ありとあらゆるものに関与する。流石に、建前上、戦闘そのものには関与できないが、攻められたら応戦することはある。民間軍事支援会社が活躍する理由は、議会で、派兵する軍隊の人数が制限されてるいからである。民間軍事支援会社だと、「金で解決」ということになる。軍事予算は膨大なので、民間軍事支援会社の利益も半端ではない。傭兵は、とても安い給与だが、民間軍事支援会社だと、危険手当も含めて、5000万円以上の年収を得る者もいる。また、民間軍事支援会社は、軍隊の指揮系統外にいるので、活動の自由度も高い。

4.あと、何と言っても最大の戦争ビジネスは、兵器産業である。これについては、ここでは詳しく触れない。

 以上の戦争ビジネスを眺めてみて思うのは、人間は、基本的に、「闘う動物である。」ということである。ライオンなんて目じゃない。ホッブズではないが、人間は人間に対して狼なのであって、手を拱いていると、殺戮しあう。これだけスポーツが流行るのは、闘う本能の精一杯の平和的解放であろう。それだけではもちろん不十分で、法律で、がちがちに縛る。それでも、つい、手が過ぎて、殺人事件が起きてしまう。
 あと、思うのは、男性の中でも、特にエストロゲンが過剰で、闘争本能がとても強い人達がいる。そういう人達には、平和な暮らしは退屈すぎる。作戦を考え、武器を操り、敵と戦う環境に自分を置かないと、気がすまない。ある人は、ヤクザになり、ある人は傭兵になる。そういう人こそ、一旦戦時になると、敵を殲滅して英雄になり得る。
 ただ、私のように、エストロゲンが比較的に少ない者もいる。しかし、闘争本能はやはりあって、あまり物理的でない方法で闘争本能を満足させようとするが、そこに、なにかしら欲求不満は否めなくて、気持ちがくすぶったりする。
 こうして、人類の救いがたさをまた、今更のように垣間見てしまう。

2008年3月28日

対テロの拠点

 Webニュースによると、エチオピアが北朝鮮から武器を輸入しているという情報を、米英両国が掴んだという。結局、英国対外情報部(MI6)は、北朝鮮からエチオピアに運び込まれた物資を「化学兵器と混同されやすいリンを使用した通常兵器の原材料」の可能性が高いと判断。エチオピアの兵器工場は「黄リン発煙弾、ロケット弾、小火器などの製造施設ではないか」と見ているそうである。
 一方、昨年4月13日、エチオピア政府は声明で、北朝鮮の貨物船が▽兵器工場の機械部品▽小型武器用の弾薬製造のための原材料をエチオピア向けに輸送したと認めた。だが、米国はエチオピアに対する制裁など強い措置には動かなかった。理由は、米国にとってエチオピアは、東アフリカにおける対テロ戦争の要衝だからである。すなわち、無政府状態のソマリアが国際テロ組織アルカイダの拠点となるのを防ごうと、エチオピアを支援する。北朝鮮による武器輸出が黙認された裏には、「テロとの戦い」を最優先する米国の外交・安全保障政策がある。なお、別のニュースによると、3月28日に、北朝鮮が短距離ミサイルを発射したとのことであるが、これは、韓国が新しい大統領に就任し、今までの太陽政策と逆の施策をとると喧伝されていることから、軽いジャブであると同時に、エチオピアやイランなど、軍事兵器の顧客国家に対する、自国兵器のデモンストレーションであろう。
 ところで、他に、米国が対テロの拠点と考えているのは、言わずとしれた、パキスタンである。パキスタンは、9月11日テロのあと、まさに、米国によって武力で脅されて、対テロの協力をすることを誓わされた。相当に不承不承であろう。なぜなら、オサマ・ビン・ラディンを匿ったタリバンは、パキスタンのイスラム神学校で勉強したのであり、ある意味身内である。米国としては、パキスタン内のタリバン勢力を掃討することはどうしても必要であり、そのために、パキスタンの協力が必須であった。そのため、武器や資金の供与を惜しまなかった。しかし、パキスタン国内では、自爆テロも頻発し、パキスタン軍は、対テロ戦争に対する協力を、渋り始めた。もともと、米国からの一方的な依頼である。モラールが上がるはずもない。
 米国の当初の予定では、イラクも、アフガニスタンも、対テロの拠点にしようと計画したようだが、当初の予定が狂い、対テロの拠点どころか、その地に留まり、治安を維持するのに精一杯である。出口は見えない。
 また、エチオピアにしてもパキスタンにしても、結局、裏で武器がテロリスト側に流れている可能性は当然ある訳で、全くざるのような戦略である。しかし、分かっていても、米国には他に有効なやり方もないのであろう。実際、アフガニスタンの対ソ連戦争で、オサマ・ビン・ラディンを米国が支援したことが、仇になっているのは、よく知られている。
 こうして、米国にとって、有効な対テロの拠点に留まっているのは、日本、韓国、フィリピン、あと欧州のNATOであろうか。サブプライムに苦しむ米国にとって、最早、海外軍事拠点は縮小すべき対象である。すると、田中宇氏が指摘するように、世界は多極化に向かうのであろうか。しかし、多極化した世界とはいかなる世界なのか、私の想像を超えている。

2008年6月29日

テニアン

NHKの囲碁番組の後は、いつも、「心の時代」である。今日の番組は、沖縄県立看護大の野口美和子学長の話であった。その方は、幼い頃、テニアンに家族とともに出稼ぎに行っていて、戦禍にあった。

テニアン島は、北マリアナ諸島の島の一つ。面積は約100kmで、サイパン島からは約8kmの距離にある。

第1次世界大戦の後、日本は、ドイツからテニアン島の支配権を得た。太平洋戦争では、テニアン島は、戦略的な要地で、そこには、南洋諸島で一番大きい飛行場があった。

当然ながら、米軍も、テニアン島の重要性をよく理解しており、果たして、1944年7月24日に北部のチューロ海岸から上陸、8月2日に同島を占領した。わずか一週間の戦いである。小さい島なので、多くの兵隊が駐在していなかったせいであろう。

テニアン島は、米軍の軍艦からの艦砲射撃を浴び、野口さんは、父親とともにテニアンの林の中を逃げ惑った。至近で砲撃があり、周囲のほとんどの人が亡くなる経験もした、という。崖に来たとき、観念したか、父親が投身自殺しようとした。娘の野口さんにも続くよう促したそうである。しかし、野口さんは、しっかりと父親の足を握り、離さなかった。戦争で弾が当たって死ぬのは仕方がない。でも、自分から死ぬのは嫌だ。生きれるだけは生きる、と言ったら、父親も納得したという。

ともかく、テニアン島が米軍に占領されて、野口さんがどういう経緯で、出身地の富山に戻れたのかは聞き漏らした。

ところで、テニアン島が象徴的なのは、そこの飛行場から、広島市への原子爆弾投下、長崎市への原子爆弾投下のそれぞれのB-29が飛び立っていったことである。まさか米国本土から直接、爆撃に来る訳ないので、どこか南の島だろうと思っていたが、テニアンという名前を、今まで聞いたことがなかった。

2008年8月 2日

遠い島ガダルカナル

太平洋戦史に興味を抱き、しかしあまり知識のない私にとって、「ガダルカナル」は、悲惨の代名詞である。兵力逐次投入の愚、兵站の破綻による多数の餓死者、米軍軍備の過小評価などを概念的に知っている程度であった。しかし、半藤一利「遠い島ガダルカナル」PHP研究所を読むと、必ずしもそう単純に言い切れるものではないのかもと、感じた。以下、自分なりの要約。

1942年、帝国海軍は、ミッドウェーの手痛い敗戦から立ち直れないでいた。しかし、その正確な報告は、軍の極く首脳内に留められ、陸軍首脳に対してさえ秘匿された。

こうして海軍は、捲土重来を図る必要があり、そこで、ソロモン諸島に目がつけられた。南東太平洋地域にはもともと、ラバウルに、飛行基地があった。しかし、それでは、東西に延びるソロモン諸島をカバーすることは、到底できない。なにしろ、ソロモン諸島は、東京から下関に至るくらいの距離がある。そこで、飛行基地の候補として目を付けられたのが、ガダルカナル島であった。

そこで、1942年6月頃から、海軍は、ガダルカナル島に兵を送り、滑走路の建設を始めた。

ところが、運悪く、アメリカ艦隊司令長官のキング大将が、ガダルカナル島に日本軍が滑走路の建設を始めたということに気づき、そのことに猛烈な懸念を示したのである。早くも、1942年7月のことであった。そうして、早くも、ガダルカナル島に対する偵察と、若干の爆撃を開始する。

これを受けて、帝国海軍は、憂慮したかというと、あれは単に偵察程度で、米軍は、ガダルカナル島攻略の意思などない、と根拠もなく、なぜか楽観的であった。この根拠のない楽観は、後にもずっと続き、結局は、悲惨な結果を増幅させることになった。

ところが米軍は米軍で、日本軍の見えない影に怯えている。折角、上陸指揮官のターナー少将が上陸計画を説明しようとしても、総指揮官フレッチャー中将は、虎の子の空母その他を、ガダルカナル島ごときに長く割り当てることはできないと渋る。しかし、戦闘を通じて、帝国海軍の恐さを骨の髄から知り抜いているターナー少将は、なんとか、少しでも長い時間割り当ててもらえるよう懇願した。

それで、ともかく、米国海軍の艦隊が、ガダルカナル島に向かった。運悪く、その一行は、帝国海軍に知られてしまうのだが、まさかガダルカナル島に向かっているとは、想像だにしなかった。結局、ガダルカナル島守備隊は、あっさり玉砕してしまう。このことは、柱島にある連合艦隊司令部の知るところとなり、激震が走った。ここからがいよいよ、ガダルカナル島とソロモン海を舞台にした、日本軍と米軍の熾烈な闘いの始まりとなる。

そこで、帝国海軍は、三川長官率いる艦隊を組み、ガダルカナル島に向かう。それは、第一次ソロモン海戦と呼ばれる。それは、望外とも言える大戦果で、米軍は1200名以上の戦死者を出したのに、日本軍側はわずか35名であった。ただ、決定的にまずかったのは、一歩踏み込んで、相手の輸送船団を追撃しなかったことである。そのため、多くの物資・機材を米軍は陸揚げし、ガダルカナル島の速やかな装備回復となった。よりまずかったのは、この勝利で、日本軍側はすっかり舞い上がり、相手を甘くみてしまったことである。

そのことは早速、その後の上陸作戦に反映される。すなわち、米軍が数千の将兵と、戦車、重火器を備えているのに、相手の戦力をあまりにも過少評価し、わずか700人の一木支隊をガダルカナル島に送り、その勢力で一夜にして飛行場を占拠できると踏んだことである。果たして、鎧袖一触、一木支隊はほぼ全滅の憂き目をみた。

その後も華々しい戦艦による艦砲射撃などを駆使して、ガダルカナル島に米軍には手痛い被害が何度も与えられたが、物資に勝る米軍は、兵や物資を補給し、たちまち体制を立て直した。すなわち、制空権を米軍に握られたままなので、日本軍は、速度の遅い輸送船団を送ることができない。よって、苦肉の策であるが、高速の駆逐艦を使って、兵隊や物資をピストン輸送する、という策をとった。それを、米軍は、「東京急行」と揶揄した。

こうして、日本軍は兵を立て直して、飛行場奪回を図るのであるが、現地や航空写真などに基づく客観的なデータに司令部が注意を払わず、楽観的あるいは場合により狂気とも言える愚作がとられ、深いジャングルやマラリアなどにも苦しめられ、兵隊たちは犬死していくのだった。特に、物資や食料の不足は覆いがたく、2万人程度の戦死者の半数以上を病死と餓死が占めた。

このような現状に鑑みて、司令部は、耐えがたきを耐え、ガダルカナル島転進の命令を、泣く泣く下した。それは、1943年2月のことで、10652人の兵を、米軍の攻撃をかわして、よく撤収した。ここで特筆すべきなのは、第八艦隊特信班の「偽電作戦」というファインプレーである。すなわち、特信班は、ガダルカナル島を定時に飛び立つカタリーナ哨戒機のコース、時間、基地との連絡方法、通信員の配置当番表などを徹底的に調査し、撤退作戦のその日に、カタリーナ哨戒機の担当通信員を装って、「日本の大機動部隊を発見せり」の緊急電報を打ち込んだのだという。この情報に気をとられ、ガダルカナル島の米軍司令部は、日本軍の救助船たる水雷戦隊には全く気を留めなかったという。これがなければ、救助船たる水雷戦隊が米軍に発見され、ガダルカナル島救助作戦は、壊滅的打撃をうけたかもしれない。ちょっとした工夫が、運命を変えることがあるようである。

2008年8月 5日

A級戦犯

Wikipediaによると、東京裁判で、A級戦犯として死刑判決になったのは、次のとおりである。

板垣征四郎 - 軍人、陸相(中国侵略・米国に対する平和の罪)
木村兵太郎 - 軍人、ビルマ方面軍司令官(英国に対する戦争開始の罪)
土肥原賢二 - 軍人、奉天特務機関長(中国侵略の罪)
東條英機 - 軍人、第40代内閣総理大臣(ハワイの軍港・真珠湾を不法攻撃、米国軍隊と一般人を殺害した罪)
武藤章 - 軍人、第14方面軍参謀長(一部捕虜虐待の罪)
松井石根 - 軍人、中支那方面軍司令官(捕虜及び一般人に対する国際法違反(南京大虐殺))
広田弘毅 - 文民、第32代内閣総理大臣(太平洋戦争に至る日本の侵略政策作成)

これ以外にも、A級戦犯に問われたのは、外務大臣だった松岡洋右がいるが、判決前に病死している。
私の限られた知識で、本当にA級戦犯として死刑判決を受けるに値するのかと疑問に思われるのは、広田弘毅である。というのは、私が戦史を読む限り、積極的に戦争に突き進む政策をとった広田弘毅、というのがどうも見えてこないのである。

それ以外に、どうしてここにリストされないのか、と思われる人が何人かいる。私が考える代表的三人を挙げよう。

先ず、インパール作戦を構想し、司令官として指揮した牟田口廉也中将である。誰の目からみても無理な兵站を無視した作戦で、3万人以上の戦死者を出し、なんの戦果も得られなかった。その牟田口は、東京裁判ではなく、シンガポールの法廷に呼ばれたが、皮肉にも、英軍に痛撃を与えた訳ではないという理由で放免され、結局、戦後、78歳まで寿命を全うした。

次は、辻政信である。辻政信は、太平洋戦史の随所に顔を出す名うての作戦参謀であり、血も涙もない作戦で、味方に多くの犠牲を強いた。この点で、戦犯間違いなしと思われたのだが、GHQによって、戦犯の指定を解除された。一体どんな取引があったのだろう。ともかく、どこまで行っても辻は、策士である。剰え、辻政信は、戦後参議院議員に立候補し、当選した。

第三は、黒島亀人である。山本五十六の下で参謀を務め、真珠湾攻撃、ミッドウェー海戦の作戦を立てた。しかし、敗色濃くなると次第に追い込まれてバランスを失い、山本五十六が、ブーゲンビル島上空で戦死すると、特攻を計画、多くの有意の若者を死に追いやった。しかし、戦犯を免れ、地元の呉市で、寿命を全うした。

こういう人達とは逆に、刑死してほしくなかったのは、山下泰文と、本間雅晴である。山下泰文は、シンガポールを陥落させ、マレーの虎と英軍に恐れられた。しかし、その後、フィリピン戦線で、捕虜虐待の罪で、マニラで死刑になった。

本間雅晴は、フィリピン戦線で、バターン死の行進の捕虜虐待の罪で、退役していたのにわざわざ呼び出されて、マニラで死刑になった。

こういう経緯をみると、馬鹿な作戦で自軍に多大な犠牲を強いても、それは、サッカーで言えば、相手にとって自殺点のようなもので、戦後、戦犯には指定されにくい。しかし、典型的には山下泰文がそうであるように、目覚しく相手を撃破し占領したという功績があると、却って、仇とばかりに、戦後戦犯に指定されやすいようである。ここでも、人間的な、あまりにも人間的な、であった。

2008年8月17日

グルジアへの米国関与

米国がやっと重い腰を上げた。Webニュースによると、グルジア情勢への対応で出遅れた米国のブッシュ政権が「人道支援」を掲げた米軍の現地派遣に着手したという。ブッシュ大統領は8月13日の声明で、ライス国務長官のグルジア派遣も表明、軍事と外交の両面で、ロシアのカフカス支配を阻止する決断を示した。

もともと、サーカシビリ大統領の政権簒奪自体、米国に支援されたものであることが知られている。すると、サーカシビリは、米国からみたカフカスに打ち込んだ楔というところか。だからこそ、ロシアからみて、この楔は邪魔で仕方がなく、なんとしても抜いてしまいたいのだろう。

米国のとりあえずの持ち札は、ロシアのWTO加盟問題に対する異議と、ロシアの主要国首脳会議からの締め出しである。しかし、膨大な石油や天然ガスの資源を保持し、上海協力機構などにより、中国やインドとも連携を強めているロシアにとって、それがどれ程の強力な切り札になるか不明である。

ともかく、米国の当面の大義名分は、グルジアへの人道支援である。欧州に配備された米空軍のC17輸送機を使った128万ドル相当の医薬品の空輸が作戦の第1波で、当初予定の2機は14日までに、グルジアの首都トビリシに到着したという。また、米海軍は病院船「コンフォート」(約7万トン)に対して出航準備を命令した。派遣水域は、旧ソ連の内海だった黒海が想定されているという。ということは、これは人道支援の名を借りた、明らかな軍事的パフォーマンスで、ロシア側の対応が見ものである。

すると、昨日であるが、ロシアのメドベージェフ大統領は、欧州連合(EU)議長国のフランスが準備し、グルジアや南オセチア、アブハジア共和国がすでに合意を済ませている和平原則文書に署名した。米国やその他の国際情勢をみての妥協であろう。それでも撤退については、ロシアのラブロフ外相は、追加的な安全保障措置に応じて決まると表明した。ロシア軍が撤退すると、南オセチアの住民が再びグルジア軍に弾圧されるという懸念だろうか。そういうことだと、ロシアはなんのかんのと理由をつけて居座るつもりだろう。実際、昨日の段階で、紛争開始後、ロシア軍が最も首都に迫ったという。いよいよロシアの意図が見えなくなってきた。

2008年12月12日

一木支隊の生き残り

以前に、ガダルカナルに関して、ブログに書いたが、保阪正康著、「昭和の空白を読み解く」Part2に、旭川の第28連隊の一木支隊としてガダルカナルに送られ、そこでぎりぎりで生還した大友源太郎氏の証言が記載されている。

戦史によれば、一木支隊の先遣隊は、900人程度であったが、あっという間に全員戦死したということになっている。なにしろ、三万人もの米軍が重装備して待機しているのである。鎧袖一触、どう考えても、ひとたまりもない。

ただ、大友源太郎氏によれば、先遣隊にも生き残りの人は若干いたという。それは兵站を担当する人たちで、陸揚げした物資を監視する役割だった。そういう若干の20人から30人の人達は図らずも戦闘を免れたのであるが、それがために、仲間のほとんどが全滅した地獄絵を垣間見るという体験をした。

大友氏と、その部下の人たちは、第二次隊の兵站を担当する役割だった。それで、ガダルカナルに到着したときは、先遣隊の生き残りの人が呆然自失でいるところを目の当たりにする。

生き残った大友氏たちにとっても、ガダルカナルは地獄であった。なにしろ、いたるところに戦友の死体が散乱し、ほとんど食料はない。蛇や蛙はまだいい。食べるものに欠いて、蛆を焼いたこともあるという。ところが、十分に火を通すことができない。なぜなら、強く火を炊くと、米軍に見つかって正確にその場所を攻撃されるからである。また、ジャングル中にマイクが仕掛けられていて、ちょっとでも大きい声を立てると、その所在が同定されてしまって、空襲された。こうして、生き残った人たちも、戦々恐々としながら、餓え、病気、また空襲で次々に死んでいった。

大友氏は、このような地獄の6ヶ月の日々を生き延びて、戦後、旭川で事業をしつつ、ガダルカナルの戦友会を組織した。

そんな大友氏にあるとき、知らない人から電話があったという。なんでも、全滅されたといわれている第一挺隊にいて生き残った一木支隊の一員であるという。アメリカ軍の攻撃で銃弾を受け意識を失い、気がつくと、捕虜になっていたという。それからオーストラリアで終戦まで捕虜生活を送り、終戦後、名前を変えて日本に送り返された。しかし、生きて虜囚の辱めを受けずの戦陣訓に従い、とうとう家族に名乗り出なかった。こっそり確認すると、既に自分の墓もある。それで家族には連絡せず死んだままにしている、という。

その人からは定期的に電話があったが、いつからかパッタリ電話が来なくなった。相当の年齢なので、病気などで死亡されたのだろうという。そういう大友氏も、1998年に病気で亡くなられた。享年80歳だった。

実は私は、辛いことがあると、ガダルカナル戦のことに思いを馳せる。そして、人間あそこまで悲惨になり得るのだと一層暗澹たる気持ちになる。

2008年12月16日

陸海軍の名将

文春文庫「昭和陸海軍の失敗」は、半藤一利、秦郁彦、平間洋一、保阪正康、黒野耐、戸高一成、戸部良一、福田和也の対談であるが、陸海軍の様々な軍人が論じられていて興味深かった。

そのうち、ぴか一の人材として挙げられていたのが永田鉄山。皇道派から恨まれ、相沢中佐に斬殺されたが、彼が生きていれば、日米決戦は防げたのかも、という意見もあったそうである。しかし、それは流石に買い被りすぎで、そんな一個人をもって、日米決戦の奔流が塞き止められるはずもなく、流石に、志半ばで討たれた、亡き人への判官びいきであろう。

永田鉄山はスケールの大きい能吏であったが、軍略の天才は、石原莞爾。しかし、ちょっと癖が強すぎて、毀誉褒貶がいろいろとあった。

一方、陸軍の良識派、三羽烏は、栗林忠道、今村均、本間雅晴。栗林忠道は硫黄島の決戦で最近知られるようになった。今村均は、インドネシアの優れた統治やラバウルの戦いで知将、名将の名が高かった。本間雅晴は、知英派の教養人であったが、軍人としても有能で、フィリピン戦線では、マッカーサーを追い詰めた。しかし、本人の責任ではないバターン死の行進で戦後、戦犯に問われ、銃殺された。マッカーサーの私怨かもしれない。

良識派とはいえないかもしれないが、マレーの虎と恐れられた、山下泰文は、無理と言われたシンガポールを陥落し、他にも幾多の武功があった。しかし、戦後フィリピンでは、あっさり責任を取って刑死した。名将の名に恥じないであろう。

永田鉄山、石原莞爾、栗林忠道、今村均、本間雅晴には共通項があって、それは、幼年学校を経験せず陸軍以外の視野が広かったことと、文学、歴史、哲学などの一般教養が深いことである。幼年学校から陸軍にいれば、戦況が順調な場合には、無類の力を発揮するかもしれない。辻政信がその例か。しかし、ひとたび外交事がからんだり、新しいパラダイムを見出さなくてはならなくなると、とたんに馬脚をあらわし暴走したり、責任回避したりする。文弱みたいな優男がいざとなると意外にしっかりしている、という例か。文学、歴史、哲学などの教養が、意外に窮地で力を発揮するようである。もちろん、胆力は必要であるが。

海軍となると、良識派は、米内光政、井上成美と相場が決まっている。ちょっと古いところでは、軍縮条約を進めた加藤友三郎、といったところか。終戦工作では、この本には出てこなかったが、高木惣吉が地道な活躍をした。しかし、どうも山本五十六は、良識派には分類されないようである。スタンドプレーが過ぎるというか、一貫性がない。一貫性といえば、四角四面の論理派、井上成美に優る者はいない。

海軍における、良識派というよりも戦う名将としては、山口多聞、小沢治三郎あたりか。山口多聞は、敗勢のミッドウェー戦で、一人気を吐いた。しかし、死ななくてもいいのに自分の責任範囲でもない空母で、艦と運命をともにした。惜しんであまりあるのが、山口多聞である。小沢治三郎は、レイテ戦では囮の役を押し付けられるなどの不幸を克服しつつ、最後の連合艦隊司令長官として、よくその任務を果たした。

ただ、仮面ライダーのストーリーではないので、良識派・名将=正義の味方で、東条とか、嶋田、末次などを単純に悪者にするというのも、割り切りすぎという気もする。少なくとも、半世紀以上生きてきた者なら、もう少し深く考えるべきだろう。

で、この稿では、とりあえず固有名詞あげておいて、おいおい調べてみたい。

2009年1月 1日

愚将の条件

太平洋戦争の戦記を読んでいると、さまざまな愚将が見受けられる。そこで、愚将であることの条件を私なりにまとめてみる。

まず、愚将の必須要件は、責任を取らないことである。他人に責任を転嫁するともいえる。例えば、辻政信は、数限りない無茶な作戦に加担し、味方にも相当の損害を与えたが、ほとんど責任を問われなかった。戦後、直ちに身を隠し、世間が落ち着いたころ、姿をあらわした。そして、あろうことか、国会議員にも立候補し当選した。まさに、なんの反省の色もない。見事というべきか。

どんなひどい失敗をしても、反省しない。同じ失敗を繰り返す。まさに、インパールの牟田口中将であり、ノモンハンの服部卓四郎、辻政信である。

自己の功名心を最大限に重んじる。これは、盧溝橋事件の汚名を、インパールで晴らそうとした牟田口である。

他人の犠牲のことを配慮しない。兵士の犠牲をものともしない無茶な作戦を提案して指揮したことに関して、辻政信に優る者はいない。その1つが、シンガポール華僑虐殺事件である。無実の人たちを含めて、辻政信は、何の取調べもなく、数千人から数万の間のシンガポール華僑の虐殺を命じた。

根拠のない楽観論を唱える。例えば、インパール作戦では、駐留する英国軍は寡少であり、インドのチャンドラ・ボーズが呼応すると勝手に期待している。

根拠のない精神論を唱える。直ぐに、日本は神国だ、負ける訳がない、物資の不足は精神で補えるなどと、根拠のない強気論を推し進める。

気に入った部下だけを重用する。例えば、服部卓四郎は、どんな失敗や独断作戦を立てて非難を浴びても、辻政信を重用し続けた。実はそれを許す上層部も上層部なのであるが。

上からの無茶な方針にも反対しないで、便乗する。例えば、インパール作戦では、河邊中将は、無理な作戦と知りながら、黙認してしまい、牟田口の言うがままになってしまった。

大衆に迎合するすべを心えている。これも、辻政信。前線に出ていって指揮をとるので、意外に末端の兵士に人気があった。そのテクニックか、辻政信は、戦後、上記のように国会議員に当選している。

以上、いろいろな要素を列挙したが、もし1つだけ選ぶとすれば、責任をとる、という一点に確固たるものがあれば、よし根拠のない楽観論を唱えたとしても、ぎりぎり、愚将であることを免れえるかもしれない。というのは、責任をとることによって、行動や思想にフィードバックがかかり、暴走が防げるからである。

このことは会社組織にも同様に当てはまると思われる。逆に言うと、愚かな管理職は、なにをさておいても、自分に責任が及ぶことを懸命に避ける。そのための手段を選ばないほどである。すると、人生は意外に短いので、定年まで大した責任を被ることなく、逃げ追うせるかもしれない。そして人生を終わる瞬間に、後悔するのかもしれないし、それは分からない、というところである。

2009年1月13日

ガザ侵攻

最近報道されている、イスラエルのガザ侵攻のニュースを見ていると、次のような素朴な疑問が湧く。

1.イスラエルは平和を希求しているのか。
2.ガザ侵攻で、イスラエルは、ハマスを打ち負かすことができるのか。

それに対して、TIMEの1月19日号は、イスラエルが結局勝てない理由があるという。

第一は、イスラエルによるパレスチナ人の殺戮が報道されていてしまったことである。その数は、1月7日までに700人に上り、そのほとんどは女子供を含む非戦闘員であった。そのことは、国際的な非難を浴びることになった。これは、ハードパワーの勝利かもしれないが、ソフトパワーでの敗北である。

第二は、ある意味、ハマスごときに、イスラエルの対ロケット防衛システムを破られて、ミサイル攻撃を浴びていることである。これでは、イランはおろか、シリア、エジプト、ヨルダンあるいはパレスチナ政府からの攻撃もかわせない。

第三に、イスラエルは、結局はハマスを相手しないようにするしかない。オルメルト首相も、ハマスを殲滅したとしても、イスラエルは到底そのパワーの空白を埋められるものではない、と言っている。

で結局、イスラエルとしては、ハマスがロケット砲撃を止めるなら停戦してもよいというし、ハマスの方は、イスラエルがガザから撤退して、パレスチナ人に対する経済的締め付けを緩和するなら停戦してもよいという。

こうして、フランス、EU、トルコ、あるいはエジプトが調停役を競う。

もし調停が成立すると、ハマスは当然のように勝利宣言するだろう。こうして、イスラエルが撤退することで、ガザは栄えるようになる。ただ、イスラエルの方は、ハマスに、ガザをきちんと管理するよう要求することになる。

ガザ侵攻のさらなる意図は、ハマスを支援しているイランに目に物見せることであった。実際、これによって、イランからハマスへの武器補給路は絶たれた。しかし、そのため、少しは存在していた近隣あアラブ諸国との関係を、イスラエルは失ってしまった。穏健なスンニ派諸国とともに。シーア派のイランに対抗することができなくなった。

イスラエルの更なる悩みは、国内に160万人のアラブ人を抱えることである。これは国民の四分の一に相当する。アラブのグループや国家を敵に廻すと、自国内で火種をもたらすことになる。

こうして、イスラエルは、軍事的にハマスを打ち負かすことができないなら、政治的にハマスと交渉するよりなくなり、結局は、1967年の時点での境界まで後退するしかないという観測もある。

では、アメリカ合衆国はどうなのかというと、ブッシュ政権は満腔のサポートをイスラエルに与えてきた。

一方、オバマ政権は、イスラエルとパレスチナの間の関係を改善することを公約としてきた。

オバマはハーフとはいえ黒人であるし、そのミドル・ネームがフセインである、これによって親中東的なイメージを与えることになると、アルカイーダ、イラン、ヒズボラなどの反米勢力が勢いを失ってしまう可能性がある。

よって、まだ不明であるが、イスラエルを含む中東の平和にとって、オバマ政権は、good newsである可能性がある。

About 戦争

ブログ「Commutative Weblog」のカテゴリ「戦争」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは心理学です。

次のカテゴリは政治です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。