メイン

歴史 アーカイブ

2007年12月22日

洪水伝説

 旧約聖書に、ノアの箱舟として、船を作って、一部の人を救うストーリーが出てくるが、こういう洪水伝説は、聖書にオリジナルではなく、ギリシャの古文書や、メソポタミア文明のギルガメッシュ文書にも出てくる。ギリシャの古文書などは、沿岸地方に住むと、海水でやられてしまうので、人々は、高地に住むようになった、という記載もある。すると、旧約聖書よりも、ギリシャの古文書やギルガメッシュ文書の方が古いので、オリジナルなのは後者であろう、と考えるのが相当である。
 ところが、中南米の伝説を綴った、ポポルヴフという奇書があり、ここにも、洪水伝説が記述されている。なんという偶然だろうかと、私なりに、インド、中国、日本神話を粗くサーチしてみたが、どうも、インド、中国、日本には、洪水で人々が滅んだ、という神話は見当たらないようである(粗いサーチなので、全く自信はない)。
 そこで、一応、私の推察を正しいと看做すと、ギリシャ、メソポタミアと、中南米とを繋ぐものは、大西洋、ということになる。そこで洪水となると、大西洋で地震、その他の災害が起き、そのため津波が生じ、ギリシャやメソポタミアの地を襲ったのではあるまいか。その同じ津波は、ほぼ同時に、中南米をも襲った、という次第である。ここで、ギリシャやメソポタミアは、大西洋に面していないではないか、と言われるかもしれない。しかし、津波は、ジブラルタル海峡を越えて、地中海に入り、そこで寧ろ、地形により増幅される。よって、ギリシャやメソポタミアにも壊滅的な打撃を与え得るのである。
 そこで私は、プラトンのティマイオスでも引用された、大西洋にあったという幻の島、アトランティスを想うのである。地震による地殻変動で、島が消失したという報告は聞いたことがある。そこで、巨大地震で、大西洋にあったアトランティスという島が陥没し、その津波が、ギリシャ、メソポタミア、そして中南米を襲った、という仮説を立ててみたが、どうだろうか。
 それほどの巨大な地震があるものか、という疑問も起きる。そこで別の仮説は、巨大隕石落下説である。もしアトランティスに、宇宙から飛来した巨大隕石が落下すると、その被害は想像をはるかに絶し、それによって起こされる津波も、もしかして数百メートルの高さにも達したかもしれない。こうして、沿岸は波で蹂躙され、少し高地にいて奇跡的に生き残った人々は、その恐ろしさを口々に伝承したことだろう。こうして、今にかすかに伝わる伝説となった、というのが私の推理である。
 

2008年1月24日

赤松満祐

 私の実家は、前にも書いたが、広島県尾道市である。もっと詳しく言うと、尾道市百島町という、瀬戸内海の孤島であって、尾道港から船で約40分のところにある。その実家には、大抵夏帰省するのであるが、今年は、たまたま、年末に帰省してみた。そこで元日に、あまりにも退屈なので、島にある神社に初詣してみた。この神社は、私の出身中学の隣にあって、人口減から中学校が小学校に統合されたので、中学校あった建物は、もぬけの殻である。そんな中学の傍にあるものだから、神社も、寂しさがひとしおである。案の定、行ってみたのが午後だったこともあって、神社には人っ子ひとりいない。ここに来るのは何年ぶりだろうと、所在なく散策していると、なにか看板があった。
 読んでみると、百島は、武将 赤松満祐の一族七人が、戦乱で敗れて逃れ、嘉吉元年(1441年)から住んだのが始まり、とある。へぇそうなんだ、と思った。というのは、半世紀以上生きていて、島の老人や先生などからも、そういう話を聞いたことがなかったからである。赤松満祐なる人物も、どこかの弱小の無名の武将なのであろう、と思った。そもそも、私の日本史の知識は、不足しすぎていて、そもそも、1441年が何時代にあたるのかさえ、分からない。ましてや、赤松満祐など聞いたこともない。
 それからこちらに戻ってきて、しばらく赤松満祐のことは忘れていたが、ふとたまたま、Googleで検索してみる気になった。どうせ、そんな無名の武将なんて、ヒットしないよね、と思いながら。
 ところがである。赤松満祐は、意外にもあまり半端じゃなかったのである。すなわち、あるウェブサイトによると、「”室町期の明智光秀”とも言える人物。当初の予想を裏切り「独裁」ぶりを発揮した六代将軍義教に、職務を取り上げられたり領地まで危うくされ遂にキレてしまう。ある意味、誰かが『嘉吉の乱』を引き起こす可能性があった。 それがこの”赤松満祐”であった。」とある。おお、理由はどうあれ、将軍暗殺の犯人だったのだ。「父・播磨備前美作守護、赤松義則。<応永34(1427)年> 父・義則の死去により家督相続。 将軍義持は満祐が相続した領地の内播磨を召し上げ 寵愛する赤松氏傍流の持貞に与える主旨を満祐に通告。 満祐は播磨へ下向し抗議するも、義持は備前美作の守護職も召し上げようとする。」で、確かに、キレる理由も分かる。しかも、当時、室町時代は最早、足利幕府の磐石の時代ではない。よって、このような、播磨備前美作守護、すなわち、兵庫から岡山に跨る地域を当地する地方役人の暗殺を許したのであろう。ただ、これによって、赤松満祐自身は、山名宗全を中心とする幕府軍の追討を受け、殺されてしまう。で、残った赤松満祐の親族のうちの七人が、命からがら、百島に逃れていた、ということのようである。
 ただ、百島の住人は、赤松満祐がもしかしたら先祖なのかもしれないので、そんな不利な事実をいちいち掲示しない。上記のように単に、「赤松満祐の一族七人が、戦乱で敗れて逃れ、」書くだけである。私のように物好きにもWebで調べてみようなんて思うものも少ないだろう。
 それで分からないのが、村上水軍との関係である。瀬戸内海を村上水軍が跳梁をはじめたのは、平安時代と言われているから、室町時代にはもう、百島には村上水軍の一派が住んでいただろう。実際、百島の高いところに村上水軍の城跡がある。今では、大きい礎石が残っているだけであるが。だから、本当は、嘉吉の乱の時点で、百島は村上水軍に支配されていたはずで、よって、私は、赤松満祐の親族は、村上水軍に保護を求めたのだ、と思われる。山名宗全は本当は、その一族をすべて殲滅してしまいたかったはずである。しかし、流石に、村上水軍はその地にあって強力で、手が出せなかったのかもしれない。
 こういう歴史に鑑みると、瀬戸内海は、それはそれでなかなかの歴史の宝庫であるのかもしれない。そもそも、平家が源氏から追撃されて逃げたのも瀬戸内海であり、滅んだのは、瀬戸内海の末端、下関なのである。
 ちなみに、上記のような経緯か、百島には、村上という姓と、赤松という姓が結構多い。あと、百島以外であまり聞かない姓として、「旗手」という姓がある。これなど、応援団ではないが、戦争で、旗をもつ係であった足軽の家の者が名乗った姓なのかもしれない。

2008年1月28日

まぼろしの大陸

 過去に存在したかもしれないと喧伝されて、その存在が確認されていない大陸として、ムー大陸、アトランティス大陸、レムリア大陸がある。
 まず、ムー大陸であるが、イギリスの探検家、ジェームス・チャーチワードによって、1868年に、「発見」された。その発見とは、インドの古僧院で、チャーチワードが、僧に、粘土板碑文を見せられたことによる。その碑文を解読したチャーチワードは、ムー大陸の存在を知ったのだという。
 チャーチワードによると、ムー大陸は、1万2000年ほど前に、太平洋上に存在したという。その大きさは、なんと、オーストラリア大陸の4倍以上もある。ムー大陸は、とても栄え、6400万人の住人は、高度な文化を謳歌していた。ところが巨大地震が襲い、地が裂け、巨大な溶岩があちこちに迸り、一日にして、ムー大陸は、海に沈んだ、という。
 しかし、このような巨大な大陸が、一日にして消失する、というのはとても考えにくい。また、インドの古僧院の粘土板碑文なるものは、結局第三者に確認されていないそうである。
 それが、アトランティス大陸となると、少し権威を帯びてくる。なぜなら、かのプラトンによって、「ティマイオス」と「クリティアス」に書かれているからである。それによると、アトランティス大陸の住人も、豊かな自然と、高度な文明を享受していた。ところがやはり、地殻変動によって、一日にして海中に姿を消してしまったという。
 レムリア大陸は、インド洋の沖にあったという。イギリスの動物学者、F.R.スクレータによって名付けられた。レムリア大陸の存在が仮定されたのは、キツネザルの一種である、レムールの分布から推定された。すなわち、レムールの分布が、マダガスカル島と、スマトラやスリランカに亘っているのだという。このような分布は、インド洋の沖に大陸を想定すると、納得がいく、という訳である。ただ、ムー大陸やアトランティス大陸が、1万年程度のオーダーの昔に存在していた、と想定されるのに、レムリアは、4億年~2億3000万年前の頃と想定される。レムリアがどうやって消失したのか、については、やはり地殻変動説があるが、火星人と金星人の核戦争による、という、単なるまぼろし大陸説を超えた、さらに荒唐無稽なものもある。
 実は、私は、地球の歴史が46億年もあるのだから、過去に、今の人類よりも高度な文化の人類が一旦栄えて、その後滅びたということがあってもおかしくないと思っている。ただ、そこに無理やり大きい大陸を想定し、しかもそれがなんと一日で海中に沈むなどと想定すると、その信憑性が益々怪しくなる。しかも、どのまぼろしの大陸も、文明が栄え、自然が豊かで、みんな楽しく暮らしていた、となると、それは人間の極楽志向ではないか、ということになる。極楽志向とは例えば、イスラム過激派が、自爆テロに赴く人に、殉教すると、あの世で、美女に囲まれ、楽しく暮らせると説くようなことである。
 すなわち、理想の大陸が存在し、そこへの憧れを掻き立てて、しかしその大陸が突如として海中に没したと説くことにより、貧しくても滅びない、いまの生活も悪くないのだ、と安寧を信じさせる。こうして今日もどこかで、まぼろしの大陸の存在が、誰かを魅了し続けるのである。

2008年2月10日

横井小楠

 吉川弘文館の人物叢書で、たまたま、「横井小楠」の巻を見つけたので、読んでみた。以前から、幕末のとても優れた思想家である、くらいしか知らなかった。例によって、自分のメモのため書いてみる。
 横井小楠は、熊本城下で1809年に生まれた。
 1816年には、藩校の時習館に入った。そこで、たちまち、抜群の秀才として認められた。当時、藩校での主要な講義内容は、朱子学などの思弁的・講学的なものであったが、小楠は、陽明学、さらには実学志向となった。また、議論好きで、かならずしも大人しい子供ではなかった。このことが、伝統的な熊本の雰囲気と合わず、肥後藩からは、いろいろと冷遇されることになる。
 1838年には、江戸遊学を許された。これは、今でいえば、優秀な社員を、アメリカ留学させるようなものか。ところが、酒席で議論になり、その喧嘩がもとで、国許に返されてしまう。こうして、実家でしばらく蟄居されられたあと、1851年には、全国行脚の旅にでることができた。そこで、全国の優秀な人材と面談することができた。小楠は、全国の印象深い人物をメモしているのだけれども、吉田松陰のいる萩と、京都に、人物が多い、というのは分かるが、なぜか、越前(今の福井県)にも、多数の優秀な人物を見出した、とある。越前は、決して大きい藩ではなく、そうして多数の人物がいるのは、藩主の教育方針の理念がしっかりしているからである、と後で、小楠は説いている。
 果たして、小楠は、越前藩主 松平春獄に気に入られ、顧問になって、越前に逗留するようになる。また、越前藩が幕府の譜代であったことから、小楠は、松平春獄に付いて江戸に行き、幕府にも意見を求められるようになった。
 小楠は、熊本出身であることから、もともとは尊皇攘夷の思想であったが、その実学志向から研究するうちに、攘夷では国体は維持できず、公武合体、開国の方針に切りかえた。この提案は、次第に幕府に容れられていく。
 ところが、そういう横井小楠を、国奸と看做して、討つべしと息巻く尊皇攘夷の志士が沢山現れた。実際、横井小楠が友人二人と宴会しているときに、刺客三人に襲われる、という事件があった。それで、小楠自身は、なんとか難を逃れたのであるが、たまたま小楠はそのとき刀をもっておらず、従って、応戦しなかったので、肥後藩からは、武士の心得に悖る、と大層なお咎めを受けた。切腹を進言する者までいた。これは、肥後藩に、小楠を面白くなく思う者が多く、どんな機会を捉えても、誅するべし、と思っていたことを意味する。
 松平春獄は、横井小楠に死なれては困るので、懸命の嘆願書を出した。それで、自宅幽閉に落ち着いた。それでも、横井小楠の英明さはなり響き、勝海舟や坂本竜馬までが、教えを請うて熊本まで訪ねてきたくらいである。勝海舟など、すっかり尊敬して、横井先生としか呼ばなかった。
 こうして、横井小楠は、国難に際して、ことある毎に、幕府や松平春獄からアドバイスを求められた。まさに、横井小楠は、指導的・思想的支柱だったのである。
 だから明治維新になると、新政府からは、顧問になることを求められた。既に60歳を過ぎて病気がちだった小楠は、最後のご奉公と、新政府の政策決定に全力を尽くした。
 しかし、明治二年、ついに尊王攘夷派の肥後藩の刺客に殺されてしまう。その理由は、横井小楠が日本にキリスト教を広めようとしたとの根拠のないことであった。
 横井小楠の方針は、国力増強、軍備充実し、諸外国とうまく張り合うというものであり、その後の明治政府の基本方針を決定するものであった。そういう意味では、西郷隆盛や大久保利通などと比べても、決して重要性は劣らないのに、なぜか、学校の教科書などで、驚くほど、横井小楠の名前は無視されている。長州、薩摩、土佐などの維新の中心的な藩に属していなかったせいだろうか。

2008年3月20日

藤原道長

 ぼんやりとテレビを観ていたら、NHKの、「その時」という番組で、藤原道長がテーマだった。日本史の不勉強で、藤原道長といえば、大変な栄華を誇った、くらいしか知らない。で、みているとどうも、藤原道長は、藤原兼家の五男坊で、そのままでは到底、栄華を極めるような地位にはなかった。
 しかし、兄が病死したり、権力闘争の狭間で、ついに、道長に摂政のお鉢が廻ってくる。それは、千載一遇のチャンスであった。
 権力闘争を通じて、道長は、権力のはかなさを知りぬいたのだろうか、そこで、一般的には、権力の無常を知り、出家するであろうところ、道長は、四人の娘を天皇家に嫁がせることによって、自らの権力の安定化を図った。単に嫁がせたばかりではない。娘の子供を、皇太子に就けさせようと、最大限の努力を図る。
 自らの血筋の者を天皇に就けさせることの執念はすさまずく、娘の夫の一条天皇が32歳の若さで病死して、姉の息子の三条天皇が即位すると、三条天皇に退位を迫った。当然ながら、この道長からの申し出に、三条天皇は異様な不愉快を示した。
 そこで、道長は、亡き一条天皇の息子、すなわち、自らの孫を皇太子にと画策したが、三条天皇は、当然ながら自分の息子を皇太子に就けようとし、ここでも大いなる確執が生じた。ところが、新造間もない内裏が炎上する事件が起こる。これは、まさか道長が放火を画策した訳でもあるまいが、ともかく、そのような不吉なことが起きるのは三条天皇の不徳の致すところ、と再度譲位を迫り、しぶしぶ、三条天皇は、譲位に同意する。かくして、道長の孫が、後一条天皇として即位した。このときの道長の得意、いかばかりであったであろう。
 道長はさらに、孫に、自分の三女を嫁がせるという、今では絶対にありえない、しかし、当時では、ときたまありえるアクロバチックな手段をとった。こうして、その子供がさらに皇太子になる、ということで、道長は磐石の基盤を構築した。そのとき道長が詠んだ歌が、「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」で、得意の絶頂の歌のようであるが、実はそのとき道長は、重い病気を自覚しており、人生の残りが少ないと感じていた。よって、自分が死んでも、自分の血筋の絶えることはなく、隆盛を維持できる、と信じて、天晴とも日記に書いた。結局道長は、その後出家して、約10年後に亡くなるのだが、確かに、子孫が永らえるという点では、今でも、近衛という姓で、第38代の男性が、藤原道長の子孫である、という。近衛というと、もしかして戦犯になることを怖れるあまり、服毒自殺した、終戦前の総理大臣、近衛文麿の子孫であろうか。
 ともかく、ドーキンス提唱の利己的遺伝子を、藤原道長ほど地で行った者もなかなかいないと思われる。それは、私流の解釈では、心が完全に、遺伝子の、肉体の奴隷となってしまっている。ところが、この物質界の現世では、肉体に傅き、その奴隷となりきると、子孫繁栄という大きな現世利益が得られる。その現世利益は、応仁の乱も、織田信長の治世も、豊臣秀吉の治世も、徳川家の治世も、明治維新も、第2次大戦も生き延びて子孫を残すほど強烈であった、ということである。しかし、その精神的、道徳的進歩は、いかばかりであったか。そこに一片の虚しさ、はかなさを見出すのは、私だけであろうか。
 実は、藤原道長のバターンは、今でも、あちこちに散見される、典型例にすぎない。この意味で、平安時代も現在も変わることはない。わが子を、少しでも有名な大学にやろうとする親の気持ちは、娘を天皇家に嫁がせようとする道長の野心と同根であって、ニーチェのいう、Menschlich, zu menschlich(人間的な、あまりに人間的な)である。

2008年5月10日

聖徳太子は実在したか

 知人に紹介された、鯨統一郎の、いわば仮想歴史小説で、「聖徳太子は実在しない」みたいな話があったが、あれはあくまでも仮想話なので、そういう論理展開もあるか、と横目で眺めていればよかった。
 ところが、谷沢永一というまともな学者が「聖徳太子はいなかった」新潮新書を書いたとなると、いよいよ分からなくなってきた。特にその本のあとがきには、「聖徳太子がいなかったことは、とっくに学界の常識になっている。」とある。ええっ、そうなのか、すると中学や高校の歴史の教科書も書き直されなくてはならないが。
 谷沢氏が、聖徳太子はいなかったという根拠は、聖徳太子の実在が、日本書紀の推古天皇の記述に拠っており、ところが、その記述も含め、日本書紀にはとても怪しい箇所が多い、ということである。
 谷沢氏はまた、壬申の乱にも言及する。すなわち、壬申の乱とは、672年に、天智天皇の太子大友皇子に対して、皇弟大海人皇子が叛旗をひるがえし、結局反乱軍が勝利を収め、大海人皇子が結局天武天皇になった、という事件であるが、こういう形で皇位を得ると、天武天皇は、正統性に疑問をもたれる、という懼れにずっと囚われることになる。そこで、自らの正統性を文書を以って裏付けるために、天武天皇は、歴史書の編纂を命じた。それがまさに、日本書紀だった、ということである。正統性を素直に読み解くと、それはもしかして、大友皇子の方かもしれない。そうなっては困る。だから、日本書紀は、事実の捏造に満ちている。これが谷沢氏の解釈である。だから、聖徳太子なる人物も、天武天皇とその子孫の正統性をサポートするために、偽造された、という次第である。
 そういう目で見ると、歴史に知られる聖徳太子は、あまりにスーパーマンなのである。すなわち、冠位十二階を定め、十七条憲法を制定し、仏教の造詣がとても深くて三経義疏を著し、摂津国難波に四天王寺を建立し、斑鳩宮を造営し、新羅征討の軍を二度までも起こした。これらのことが一人の人の発案と指揮でなしえたとは到底信じられない。そもそも、10人から一斉に相談を受け、それらのすべてを理解しおのおのに適切なアドバイスをした、というくらいであるから。これらのことが、聖徳太子とは別の人物によって個別になされ、また、あるものは事実でなかったと考えると納得がいく。
 続いて、谷沢氏は、大山誠一氏の著作を引いて、聖徳太子の存在の怪しさを浮き彫りにしていく。また、岩波の日本思想体系の聖徳太子の巻を引きつつ、著作の根拠の怪しさを指摘していく。
 つまるところ、聖徳太子の怪しさとは、その業績、著作の根拠の薄さである。そうでないと、日本書紀の成立性だけから、聖徳太子の存在を疑うことはできない。ともかく、大山誠一氏の著作等を参考にしつつ、別途もう少し考えてみることにする。

2008年5月30日

橋本左内

橋本左内といえば、幕末の人で、「稚心を去れ」という言葉が有名。若くして刑死した、くらいしか知らなかった。ところが、本屋で、講談社学術文庫で、橋本左内「啓発録」を見つけたので、これを読んでみた。

その生涯は、次のとおりである。1834年、福井城下に生まれる。父は、医術をもって福井藩に仕えていた。もとの名は、綱紀。その人となりは、誠に聡く、子供のころから学問を好み、藩の儒学者の許で、経書や歴史を学んだ。成長するにつれ、世の様を知るにつれ、これを嘆き、大志を抱くようになった。しかし、性格はあくまで温和、純粋で謙虚さを失わず、一度も人と争ったことがなかった。

福井にいては、学問が大成しないと1849年に、大阪に出て、緒方洪庵に西洋医学を学んだ。しかし、父が病に倒れたため、1851年に帰省し、父の没後は、家督を継いだ。

安政元年である、1854年には、あらためて江戸に遊学、蘭学者杉田成けいに入門した。そこでも、秀才を認められた。その後、藩命で福井に戻り、藩医の職から、学問担当の職に移された。折りしも、横井小楠が隣の越前藩に遊説に来ていたころで、福井藩も、文武の振興を図ることを画策していた。橋本左内は、観念論に陥りがちだった福井藩の気風をよく導き、藩の学風を活発ならしめることに貢献があった。

1857年には、橋本左内は、江戸に召され、主君に学問を進講する役割を仰せつかった。当時は、ペリー来航のころで、江戸は騒然としていた。そこで、聡明なる橋本左内は、いち早く時代を読み、土佐や薩摩の要人とも親交を結び、次期将軍として、英明であることで名高い、一橋慶喜を擁立すべき、との結論に達し、そのために画策した。

ところが、大老井伊直弼は、一人、紀州の徳川慶福を擁立すべきとの意見を推し進め、一橋慶喜擁立派を弾圧した。この流れで、橋本左内は、入獄し、糾問のあと、斬刑に処された。ときに、まだわずか26歳であった。

さて、啓発録であるが、橋本左内がまだ、16歳の頃書いたもので、「稚心を去る」、「気を振ふ」、「志を立つ」、「学に勉む」、「交友を択ぶ」の5編からなる。要するに、子供の頃から甘えてはいけない、武勲を立てるくらいの気概でなくてはならない、一生懸命勉強しなくてはならない、両親を敬わなくてはならない、友達を択ばなくてはならない、安易な遊び友達と付き合ってはならない、という全編、ちょっと若気の至りともいえる気合に満ちている。文章、格調高く、16歳でここまでの文章が書けるものが、どれほどいるだろうか。ただ、この文章からも、穏やかな外面とは裏腹に激しい気概を感じる。

井伊直弼の使いの役人に糾問されたときも、滔滔と自説を説き、怯むところがなかったのではあるまいか。まさに、些かの稚心も見せなかったのではあるまいか。それがために、極刑を受けたものと思われる。というのは、一橋慶喜擁立派で、単に幽閉に留められた者もいたからである。あるいは、井伊直弼派としては、橋本左内の器量を見ぬき、生かしておいてはまずいと思ったのかもしれない。

それにしても、感じるのが、横井小楠との対比である。横井小楠も何度も藩の幹部と対立し、その都度切腹を命じられそうになった。しかし、松平春獄などの庇護で、少なくとも明治維新までは生き延び、偉大な功績をあげた。橋本左内も、生きていれば、横井小楠ばりの活躍をしたと思われる。残念でならない。結局、日本が、橋本左内が描いていた方向に進んだからである。

About 歴史

ブログ「Commutative Weblog」のカテゴリ「歴史」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは映画です。

次のカテゴリは法律です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。