メイン

宇宙人 アーカイブ

2008年7月26日

宇宙人の来訪

Webニュースによると、1971年に打ち上げられたアポロ14号の元乗組員エドガー・ミッチェル氏(77)が、英国の音楽専門ラジオ局のインタビューで、政府は宇宙人の存在を隠ぺいしていると発言した、という。

すなわち、ミッチェル氏は、政府は過去60年近くにわたり宇宙人の存在を隠してきたが、「われわれのうちの何人かは一部情報について説明を受ける幸運に浴した」と説明。宇宙人は「奇妙で小さな人々」と呼ばれているなどと語った、という。

さらに、ミッチェル氏は、多くのUFOが地球に飛来していることをNASAでの経験から気づいた、とも言う。これは、おそらく、宇宙船にUFOが近づいてきたり、月でも、UFOに見張られていた、という経験のことを言っているのだろう。

宇宙人については、1947年7月アメリカ合衆国ニューメキシコ州ロズウェル付近で、何らかの物体が回収された、というロズウェル事件が有名である。そこでUFOが墜落し、宇宙人の死体が回収されたということで、何人かの証言もある。ロズウェル事件の真偽については、今でも議論がなされており、公的な決着はついていないようであるが、ミッチェル氏は、ロズウェル事件は事実である、という。

さて、一つの銀河には、1000億の星がある、という。この星とは太陽のような恒星であるから、1つの恒星に10個の惑星がある、と想定すると、1つの銀河には、1兆個の惑星があることになる。もし控えめに、このうちの0.1%の惑星に地球のような生命体が存在する、と仮定すると、一つの銀河には、10億の生命体をもつ惑星があることになる。そのうちの星のどれかから、UFOによって地球を訪れている宇宙人がいる、と想定することは、そんなに無謀なのだろうか。

1つの問題は、UFOの航行機構の仕組みである。地球から一番近い太陽系外の星は、4光年の距離があるという。その距離を航行するような仕組みはまだ、われわれ人類は開発していない。ものの本によると、UFOの航行機構は、重力を制御するものである、という。特殊なコイルに電流を流すことで、重力の歪みを作り出し、それで光速に近い速度で航行するように言われている。

もしそうだとすると、今の人類の技術はまだ、決定的に遅れている。一般相対性理論で、とりあえず重力を解明したといっても、それは結局、理学の範囲にとどまっており、工学になっていない。一般相対性理論だの量子力学だのといっても、それが工学的に活用されているのは、せいぜいが、半導体デバイスや半導体レーザー程度であろう。すなわち、理学から工学に至るには、とてもつなく長い時間がかかりそうである。剰え、理論物理学者のスモーリンなどが指摘するように、現代の物理学は驚くほど、うまくいっていない。スーパーストリング理論は、隘路に入り込み、出口が見えない。

このようなとき、UFOでやってくる、超絶技術をもつ宇宙人たちは、現代のわれわれの科学のパラダイムに、あまりにも馴染めないもので、隠匿するよりないのかもしれない。

エドガー・ミッチェルは、77歳で、西洋人男性の平均寿命に鑑みると、そんなに先は長くない。それで、自分が事実と知らされ心の中に保ってきたことを、マスコミに吐露しておく、これがよいチャンスだと思ったのだ、と私は信じたい。

エドガー・ミッチェルが発言したからといって、それが直ちに事実と認定される訳ではないが、宇宙人のことをじっくりと考えてみる、よい機会になった。

About 宇宙人

ブログ「Commutative Weblog」のカテゴリ「宇宙人」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは天文学です。

次のカテゴリは宗教です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。