メイン

スピリチュアル アーカイブ

2007年3月12日

死刑廃止論 - スピリチュアルの観点

 死刑は、近代刑法というか、近代犯罪論の観点から、是認される。それは、懲罰を見せしめにすることによって、悪をなすことに対する気持ちを挫くためである。これに対して、常識的な観点からもいくつか批判があるが、シルバーバーチの本などによるスピリチュアルの観点からは、悪人を死刑にすることは、非常に忌むべきこととされる。すなわち、悪人(という観点は、スピリチュアルの観点にはないかもしれないが、通念上、こう呼ぶ)は、生きて肉体にとどめられている限りは、その影響は、地上の物質的なことに縛られているが、一旦死刑にしてしまうと、その邪悪なる精神を肉体から開放してしまい、その影響力を寧ろ拡大してしまう。
 例えば、イラクでフセイン元大統領が死刑になったタイミングと、渋谷の歯科医師宅で、兄が妹を殺害し死体を隠蔽したタイミングとかなり重なる。霊的には、その物理的距離は問題にならない。これはまあ、仮想的に関係に留まるであろうが、1つの例として、ふと感じた次第である。

2007年3月14日

オーラの泉

 以前、江原啓之は、なんとなく胡散臭いと思っていたが、オーラの泉という番組をときどき見るにつけ、そうでもなくて、シルバーバーチの説くようなメッセージと結構一貫性を保っている、正統派のスピリチュアリストだと思えるようになってきた。
 ゲストに対するアドバイスも、結構正鵠を得ているように思われる。
 よく分からないのは、色のついたオーラが、ゲストの周りに見えるといっていること。
 もう1つは、前世の姿が見える、といっていること。
 この2つは、テレビの視聴者に阿って、ある程度嘘を言っているのだろうか。
 というのは、少なくとも、このようなことは、あまりシルバーバーチであれ、アランカーデックであれ、書かれていないからである。
 ただ、そんなことはあまり気にならないほど、有意義なメッセージに満ちている。
 個人的には、細木数子よりもずっとまともであるような気はする。

2007年3月16日

ドリームマイニング

コンピュータの分野で、テキストマイニングと言って、沢山の文書を解析してそこから意味を見出す技法があるが、夢も、ノイズをフィルターするような、ドリームマイニングのような手法が必要かもしれないと思う。そうして見出す情報は、スピリチュアル的には、寝ている間に訪れているはずの霊界での情報である。
 ただ、テキストマイニングでも、取り出したい情報の意図と、ノイズを把握する必要があり、夢ではそれがもっと難しい。
 ユンクの夢判断の本を読んで、胡散臭さを感じたことがあるが、こういう分野で、どうすれば胡散臭くなくなるのか、と逆の疑問も呈することができる。
 最近、疲れているのか、とても掘り下げが浅い論調ばかりで、いけない。

2007年3月25日

霊感とインスピレーション

 世の中に、湯水のごとく発想が湧き出る人というのがいる。作家でも、沢山いると思うが、まず思いつくのが、松本清張である。私は若い頃、彼の推理小説を耽読したが、どれも読みやすく、また内容的にも高い完成度を感じさせるものが多かった。最近そう感じるのは、宮部みゆきであろうか。
 これと違い、ある意味別格かもしれないのは、数学者のラマヌジャンである。彼は、ほとんどまともな数学教育を受けていないのに、彼が紡ぎ出した数式や定理は、現代の最高の知性の数学者をも震撼させる。どこからこんな数式をひねり出したんだろうと思わせるものばかりで、偉いという意味では、フェルマーの定理を証明したアンドリュー・ワイルズも偉いんだろうけど、通常の偉さという雰囲気である。ところが、ラマヌジャンの場合、相当に神秘がかっている。ラマヌジャンは実際、敬虔なヒンズー教徒で、多神教であるヒンズー教でも、彼はシバ神を信奉しており、シバ神に祈ると、アイデアが湧いてくるのだという。
 一方で、スピリチュアリズムの本を読むと、人間が自分のアイデアと思うもののかなりなところは、霊界からのメッセージとして無意識にうちに送られてくるのだという。
 この後段のところは、きっととても論理の飛躍で受け入れ難いと思われてしまうだろう。しかし、自分が今まで思いついたアイデアはすべて、自分の灰色の脳細胞で独自に思いついたものである、と断言できる人も多くないのではないか。
 私は、コンピュータの会社に勤務していて、SEやエンジニアではないが、趣味でもコンピュータが好きなので、そこでつい、クライアント・サーバ・モデルに想到する。すなわち、個人をクライアントPCにたとえる。そこで、個人の脳の働きを、クライアントPCのOSや通信コントローラに対応させてみる。例えば、通信コントローラが壊れてしまうと、ネットワークから情報が取り込めないので、クライアントPCは、ローカルのディスクにもっている情報やプログラムで以って、とても限られたことしかできなくなる。そのとき、もしかして、現在の脳科学は、通信コントローラそのものに情報が蓄えられている、と誤解してはいないか、というのが、私の稚拙な推論である。あるいは、ローカルHDDである脳細胞に、すべての情報が記憶されている、と。
 しかし、私には、脳は、その主要な機能において、受信/発信装置としか思えない。本当に重要な情報は、サーバ・コンピュータから、送られてくるのだと。
 すなわち、この稿の流れからして、サーバ・コンピュータが霊界にあることになる。
 それでは、勉強して脳を鍛えることは意味がないのではないかサーバから受信するだけなのだから、ということになるが、それは違うと思う。サーバからいろいな情報が来たとき、それを理解するための基礎知識を学んでおかなくてはならない。例えば、インターネット上で映画の情報は沢山氾濫しているが、私は映画の知識がほとんどないので、そこから有用な情報を引き出すことができない。
 さて、ここからが本題なのであるが、以上のような仕組みがあるとき、涸れない井戸から水を汲むように、アイデアを引き出すにはどうすればよいか、ということである。
 それにはまず、どうしても一定の知識修練が必要である。苦労することも必要である。また、いろいろなことに興味をもつことも必要である。そうした上で一番重要なのは、謙虚であることだと思う。すなわち、よいアイデアが思いついても、それは、友人の示唆なのか、霊界からのインスピレーションなのか、ともかく他力的なものだと信じることである。そうしないと、私には証明できないが、傲慢になると、インスピレーションがブロックされてしまうと思う。例えば、若いとき、有望視された作家で、途端にアイデアを欠いて、書けなくなってしまう人がいる。こういうのは、どこかしら傲慢になったのではないかと思う。もう一点は、脳という通信装置は、結局、生物的なものであるが機械なので、酷使してはいけない、ということである。疲れたら、深い森に行くか、ひなびた温泉でも入ってリフリッシュする必要がある。
 霊界を持ち出したので、一事はどうなることかと思ったが、とりあえず常識的な結論に落ち着いた。あと、私は、このようなブログをここ数週間書いているが、実のところ、その内容は、目に見えないインスピレーションに依存している、と信じている。自分のオリジナルと、目に見えないインスピレーションの切り分けもできないと思っている。実際、それの証拠という訳ではないが、私のブログには一貫したテーマがない。その場の思いつきを発展させてものが多い。なにかの存在が、私にそのことを書くことを促しているような気もすることがある。
 そうして、ブログを止める日が来るとしたら、脳が駄目になるより、なんらかの驕りや傲慢にとらわれて、という可能性の方が高いと思う。
 

2007年4月 3日

墓参り

 先週末、実家に帰ったのは、娘が急に田舎に墓参りに行きたい、と言い出したからである。どうして急に行きたがるのか、さっぱり分からなかった。ただ、私は何か抗し難いものを感じて、娘と行動を伴にした。俗な言い方をすれば、先祖の霊が娘を呼んだのであろう。そういえば、会社の知人も、突然、甥が、墓参りに行きたいと尋ねてきたことがある、という。その訳は、その甥が車を運転していて、あやうく事故になりそうになったが、もう亡くなっているお祖父さんの導きで、事故をあやうく逃れたのだという。それで、お祖父さん、すなわち、その知人の父親の墓に行って、お礼がしたいのだという。
 さて、どうして墓なのであろうか。千の風になって、の歌の歌詞にあるように、死者は実は死んでいないし、墓にいる訳ではない。それなら、もぬけの殻の墓を訪ねてどうする、ということになる。
 考えてみるに、それは、慣習的宗教の力である。われわれ日本人は、節目で、墓を訪れて、亡き人にいろいろと報告する習慣がある。それは、仏教というよりもむしろ儒教なのかもしれないが、ともかく、われわれの慣習である。で、もぬけの殻の墓を訪ねても意味がないのだろうか。私は、そうは思わない。スピリチュアル的に言えば、誠心誠意、墓を訪ねたら、亡き人の霊は、きっとそこにあらわれてくれるだろう。
 もとより、霊に場所は関係ない。だから、自室の一角でじっと祈ることが習慣なら、そこにも霊は来てくれる。ただ、人間心理としては、聖と俗を分け、自宅の部屋は、俗に保ちたいのが人情だろう。すると、やはり、自宅とは懸隔した聖なる場所としての墓が必要になってくる。
 出不精の私としては、日常の一部を切り取って、電車な中でも、会社の一隅でも、聖なる気持ちで祈り、墓参りすることは最小限にしたい。日常の喧騒が、それよりも、日常的な仕事の俗気がなかなか、それを許してくれそうもないが。

2007年4月14日

前世記憶?

 私は、いわゆる前世記憶というものもあるのだろう、と曖昧に信じているが、しかし、それは覗いしれないのだろうとも思っている。だから、前世記憶のようなことを感じても、甚だ根拠がない。
 それでも、記憶の断片を辿って、書き留めてみる。
 私は、3歳で小児結核に罹り、6歳まで、国立の療養施設に隔離入院していた。そのころ、結核は結構死亡率の高い病気で、他の病室で、血を吐いて苦しんでいる女性を見かけたことがある。子供ながらにとても怖かった。私自身も結構重い結核だったらしいが、子供なので、そんなことは知らず、あっけらかんとしていた。それはともかく、その頃、子供だけの小児病棟にいたのだが、私は、小児病棟の子供に、自分は昔、女だったのだ、という意味のことを話したのをはっきり憶えている。どこかの農家に嫁いだ主婦だったようだ。
 それとは全く別に、前世?として自分がある施設にいる、という場面がある。そこは、電気もなく結構暗い。建物があって、向こうに湖がある。そして、草叢があって、コウロギだか虫が、鳴いている。それは、私にとって、至福の静寂で、いつまでも、そこにいたい気持ちである。もしかしたら、私が現生に生まれてくる前の、霊界の1シーンなのかもしれない、と思ったことがある。霊界には、そういうstaticな場所があり、そこにじっとしていると、それなりに幸福なのだが、でも、いつまでも留まってはいられず、上の世界を目指すか、あるいは、さらに修行のため、現生に生まれてくるかの選択を迫られるところなのかもしれない。
 それとはさらに別に、これは、夢なのだが、銃で撃たれたり、爆弾を落とされたりする場面がある。自分は第2次大戦で、兵士だったのか、あるいは、どこかの都会で、空襲をうけて死んだのか。兵士だったのかも、と思われるのは、軍事的なことに、とても親近感を覚えるからである。例えば、座間神社というところに言ったら、ある陸軍中将が署名した、軍馬の労を弔う碑がある。この前を通ったとき、思わず、敬礼し、手を合わせて祈った。涙が流れて仕方がなかった。
 というように、ときどき、いろいろな思いが去来する。心理学でも精神医学でも、その説明をつけることはできようが、ともかく、そういうよく分からない記憶がある、ということを述べるに留める。

2007年4月17日

憑依について

 私には、8歳年下の弟がいて、地元の福山市で調理師をしている。その弟と、数年前、地元で会ったとき、次のような話をした。弟がいうには、「兄貴、知っているか、世の中の交通事故のほとんどは、霊の仕業らしいぞ。」そう言われて、普通の人なら、「何を馬鹿なことを言うのか。」と一笑に付すであろうが、私は、「ううん、そういうこともあるかも。」と真面目に考え込んだ。
 実際、憑依というのは、結構あるのではないか、と思う。
 例えば、あなたも私も、スピリチュアルでいうように、本来は霊であって、単に肉体を纏っているにすぎないとする。すると、死ぬということは単に肉体が朽ちるだけのことで、本来は霊であるあなた自身にあまり影響はない。寧ろ、肉体から解放されることで、活動の自由度は高まるだろう。このとき注意を要するのは、肉体から解放される、というそのことだけで、別に道徳性も意識も高まる訳ではないことである。もし、生前その人がギャンブルが好きなら、霊もそのままであろう。
 さて、とても煩悩の強い霊なら、地上的な楽しみに執着があるので、この世にとどまって、人間を観察するであろう。そうしているうちに、ある種の人間にとりつくことができることに気づく。丁度、通信を想定してみる。通信では、ハンドシェーキングというプロセスで、プロトコルが合うと通信することができる。霊も、そのように、プロトコルを共有する人にとりつくことができる。
 さて、考えてみてほしい。人間にとりついて、その意思に働きかけ、交通事故や泥棒、強姦などの犯罪を起こさせることができるとなると、高級でない霊にとって、それは、とても楽しいゲームであろう。霊は、そのおぞましいゲームにしばらく夢中になるであろう。それでも、少しでもまともな心があれば、そのように単に事故や犯罪をもたらすことに、次第に空しさを覚えるだろう。なぜなら、憑依したとしても、実際に肉体を纏う訳でないのだから、実感に乏しい。こうして、ある霊は、地上を離れることを考えるだろう。しかし、ある霊は、いつまでも、その低級なゲームに飽きないであろう。丁度、ギャンブルをやり続けても飽きない人がいるように。こうして、今日も、どこかで犯罪や交通事故がおきる。
 今日は実は、米国のバージニア工科大学で、韓国人留学生が、大学構内で銃を乱射して、32人を殺害する、という大変な事件があった。これなども、憑依を想定させる。きっと、失恋とか、授業についていけないとか、東洋人なので馬鹿にされたとか、いろいろな思いが重なって心が鬱屈し、霊にとりつかれる隙を生じたのであろう。
 では、霊にとりつかれないようにするには、どうすればよいのだろうか。完全にふせぐのは難しいと思う。せいぜい思いつくのは、自分の欲望や怒りを焚き付けないことである。生きている以上、欲望や怒りを感じない、ということは難しい。しかし、怒りを感じるとき、自分の怒りは正義に基づくものだから、もっと怒る権利がある、などと思っては、霊の思う壺である。昔、ディラックの量子力学という本を読んだとき、真空はないのだ、と書かれていた。すなわち、真空から、電子と陽電子に別れで、粒子が発生する。これと同じように、空中に霊は埋め込まれているのかもしれない。欲の皮が突っ張ると、霊が近づく。そして囁きかける。
 霊にもいろいろあって、学問的なもの、恋愛的なもの、ギャンブル好きなもの、等等、こうして、ある人は、霊から新しい発明のアイデアを得るであろう、またある人は、名曲のフレーズを示唆されるであろう、こうして、我々が普段考えていることのどれほどが本来の思考で、どのほどが霊からの示唆なのか、という当然の疑問が湧く。このことへの答えは全くない。
 そういえば、イエスキリストの主要な仕事は、憑依している霊を追い出すことだったようだ。すると、一生を通じて霊に支配される人が昔からいた、ということになる。ヒットラーなどはその典型ではないだろうか。それ故に、ヒットラーは、度重なる暗殺計画をすり抜けることができたのであろう。
 憑依などという、迷信と思われるようなことを持ち出しながら、結局は、常識的な話になってしまった。

2007年4月26日

幽霊はなぜ怖いか

 だいたい、夏になると怪談話が流行る。それは、幽霊は怖いけれども、怖いもの見たさ、ということであろう。ただ、私は、霊能力がないのか、明確に見た、という経験はない。
 それはともかく、なぜ幽霊はなぜ怖いか、ということを考察してみた。それは、私の理論では、人間が肉体をもっているから、ということになる。死んだら肉体を離れる訳だから、生きていて肉体があるから幽霊が怖い、というのは、当然ではないか、と言われるかもしれない。
 それで、説明を追加すると、肉体はある意味心を支配しているが(縛り付けている、と言ってもよい)、肉体にとって、幽霊というのは、馴染みがあって且つ異質なものである。この微妙さが、心理的に怖さにつながる。異質すぎると、肉体は、怖がることもできず、ただ、あっけにとられるだろう。
 では、死んでしまったら、肉体を離れる訳だから、直ちに幽霊なんて怖くなくなるのか、というとそれは違う。スピリチュアルでは、生死連続の法則というのがある(私が勝手に名前を付けているだけで、公認された言い方ではない)。
 すなわち、人間は、死んだ後も、生きていたときの習慣や気持ちをかなり引き摺る。よく、映画などで、○○さんは、死んで、神様になったのだ、などというが、たかが死んだくらいで、そんな劇的な進化をすることはない。
 ということは、死んだ後も、幽霊を怖がる気持ちを引き摺る人(霊というべきか)がいることになる。で、ここからが私の根拠のない理論であるが、死んだ後も、幽霊を怖がる気持ちを引き摺る霊が、幽霊になって出てくるのである。
 実際、学園祭などでお化け屋敷をやったことがある人は分かると思うが、怖がってもらうのは、結構面白い。それで、幽霊を怖がる気持ちを引き摺る霊は、怖がってもらう気持ちがよく分かるので、病み付きになる、という次第である。大抵の霊は、そんなレベルの低い楽しみに耽溺する期間はないか、あっても短いが、ギャンブルのようにそれに嵌る霊がいて、だれか霊能力のある高僧などが、そういう境地から脱して成仏するように、きちんと説得してあげなくてはならない。
 あと、落語家の林家木久蔵だったか、芸能人には、霊能力をもつ人が多い、と言っていた。私の理解では、芸術には高級なものも沢山あるが、とても低俗な芸能もあって、こういうのは、幽霊が怖がらせる事象の波長と近い内容のことが結構あるのではないか、と推察する。
 以上、全く以って支離滅裂な議論であった。

2007年5月19日

オーラの泉のエピローグ

 オーラの泉を見ていると、番組の最後に次のようなコメントが出てくる。
 「前世」や「守護霊」は、科学で証明されたものではありません。人生をよく生きるためのヒントです。
 しかし、これは、いかにも蛇足ではないだろうか。先ず、「科学で証明されたもの」とは何かが、甚だ気になる。だいたい、確実に、「科学で証明されたもの」といえるのは、ニュートン力学が使える範囲。例えば、山の上から石を落として、それが下に落ちていく、ということ。その石に当たったら死ぬかもしれない、という生理的法則。携帯の間の通信をとりもつのが電磁波である、という電磁気学の法則。こういうのが、科学で証明されたもので、ここから先に行くと、かなり怪しくなる。
 例えば、ケインズの法則と、フリードマンの自由経済の法則のどちらが正しいのか。目に見えないクォークが本当に実在するのか。超弦理論というけど、紐の形を見た人がいるのか。宇宙のダークマターというけど、一体何なのか。癌になる原因は何なのか。愛というのは実在するのか、計器では計れないのではないか。正しい怒りと、邪な怒りを区別する方法はあるのか、死刑制度は正しいのか、等等、「科学で証明されたものではありません。」と言った途端に、パンドラの箱を開けてしまうのである。
 だから、「場の空気」としては、余計なコメントはつけない方がいいのだけれども、もしかして、何かの宗教団体とか、どこからか抗議が来たのだろうか。でも、言うけど、突き詰めると、キリスト教だって怪しい。世の中には、追求しても分からないこと、追求すべきではないこと、科学というのは、AならばBという関係は説明できるけど、Aがどうして存在するか、というオントロジーは説明できないこと、など哲学的に考えれば考えるほど、軽々しく余計なコメントは言えなくなるのである。じゃ、江原さんの話はどうなのか、だって? まあ、話半分としては、それなりに有意義ということで、なんとなく収めればよいのではないだろうか。

2007年7月 1日

超能力捜査

 昨日、テレビを見ていたら、超能力捜査を報道していた。1つは、イギリス人美人英会話講師が、日本人男性に殺害され、その犯人が未だに逃亡している、という事件であるが、このために呼ばれた、ある米国人の超能力者は、いろいろな状況を先ず聞き、また関連の場所を訪れた後、睡眠中に、夢の中でインスピレーションを得る。もっと言うと、夢の中で、殺されたイギリス人美人英会話講師と出会い、いろいろな示唆を受ける。例えば、犯人が潜むであろう街の番地、道路の番号、など。そうして目が覚めたら、早速それをメモする。
 このような方法は、スピリチュアリズムとも矛盾しない。すなわち、人間は睡眠中、みんな霊界に行っており、そこで死んだ人とも会う。しかし、目的をもってある人と会うためには、その人のイメージを抱く必要があり、そのために、写真をみせてもらうとか、殺人現場に行くなどの前準備が必要となる。
 それで、夢を見たことは、通常の人は忘れてしまう。睡眠中に霊界で交信するために使う脳の箇所が、通常と違うのだろうと思われる。よって、その超能力者は、睡眠中に霊界と交信したことをきちんと記憶に留め、覚醒中に思い出すことができる点に、その超能力があることになる。
 もう1つの件は、密室殺人された女性がどういう風に殺されたか、ということを、別の超能力者が、被害者の写真や持ち物から想起し、頭の中でプレイバックできる、というものである。これは、スビリチュアリズムで言うところの、アカシック・レコードを思わせる。すなわち、この世に起こったことはすべて、アカシック・レコードという、霊界にあるストレージに書き込まれ、シルバーバーチによると、あまり高級でない霊も、これを随時参照する能力をもつという。よって、過去のことを言い当てて、尊敬される霊がいるが、シルバーバーチによれば、それは、霊界では、誰でもできることであるから、このことをもって高級霊とみなさない方がよい、ということになる。
 それでは、その超能力者は、アカシック・レコードにアクセスできるのであろうか。私の想定では、人間は直接そういう能力をもたないので、その人の守護霊がサポートしているのだと思う。すなわち、その人は守護霊からのメッセージやイメージを受け取ることができる、という意味では、超能力があるのだと思う。
 一般的には、こういう超能力捜査を話半分で、眉に唾をつけてみている人が多いのではないかと思う。実際、テレビ局では、その手のやらせもあるだろう。しかし、冷戦時代、ソ連が、超能力者を養成して、例えば、米軍の核弾頭を操り、爆発されるという訓練をしていた、と聞いたことがある。それは、何ほどか真実であると私は思う。FBIなどでも、行方不明の人を、超能力捜査官が透視し、山中で死体で埋まっている場所を探し当てた、ということもある。
 こういうことが眉唾と思われているとしたら、そう思わせておく方が警察や軍関係者には好都合である、という事情もあるのではないだろうか。

2007年10月11日

プライマリー・ライフ

 最近、セカンド・ライフと称する、コンピュータによる仮想世界が話題に上っている。要するに、これのアカウントをもった者は、アバタと称する姿形を選び、仮想世界内で、そのアバタの姿で、歩き、ワープし、飛ぶことができる。
 そこで、誰もが考えそうなことを書いてみる。
 すなわち、この世が実は、ある別世界であるプライマリー・ライフから見た、仮想世界である、というものである。プライマリー・ライフは、どんかものなのか、私もよく分からないけれども、この世よりも軋轢が少なく、快適な世界であるとする。そこで、プライマリー・ライフの住人は、リアル・ライフという仮想空間プロバイダと契約して、現世にログインする。現世にログインするとき、アバタとしての容姿と、養育してもらう両親を選ぶ。また、なぜか、リアル・ライフでプレーしている最中は、プライマリー・ライフのことの記憶は、ほとんどなくしている。
 リアル・ライフでのプレイは、プライマリー・ライフでの生活に較べて、とても不自由で、苦しい。プライマリー・ライフでは、1つのところから遠方に行くのに、簡単ワープすればいいのに、リアル・ライフでは、歩いたり、乗物に乗ったりして、移動するしかない。リアル・ライフでは、いろいろなアバタや両親が選べるけど、ゲーム開始時の世話役は、なるべく醜いアバタと、貧しい両親を選ぶように忠告する。その方が、「徳」というポイントを積みやすいから、ということらしい。そこで、とても苦しい病気をもってリアル・ライフにログインしようとする人もいる。世話役は、流石にそこまでは推奨していない。しかし、そうして一気に徳を得ようとする者もいる。
 リアル・ライフにログインしたものは、皆一様に後悔する。とても苦しいからである。しかし、アバタが壊れるまで、ログアウトは許されない。ただ、何時間か毎に、意識をプライマリー・ライフに戻すことができる。その間は、リアル・ライフでは、アバタは休眠している。そういう意識を戻す時間がないと、アバタは、リアル・ライフで活動を続けられない。
 そんな苦しいリアル・ライフなのに、プライマリー・ライフで申し込む人が後を絶たない。なぜ申し込むのか、どんな生活がそこにあるのか、行って帰ってきた人は沢山いるのに、誰もリアル・ライフのことを多く語る人はいない。
 という訳の分からないことを考えてみた次第である。

2007年10月30日

エハラー

 スピリチュアル・カウンセラー、江原啓之のファンを、エハラーと呼ぶそうだ。私は、特にエハラーではない。しかし、「オーラの泉」を好んで観るし、基本的には、スピリチュアリズムの大枠は、理解し賛同しているつもりである。
 そんな江原啓之が、「江原啓之 本音発言」という本を出したので、読んでみた。
 この本は、あの世や霊の存在など信じないと称する記者と、江原の対談という形をとっている。それで、江原の本来言いたいことを引き出すための相方の役割を果たすのだけれでも、結構応えにくい質問を江原に投げて、困らせたりもする。例えば、焼肉屋から出てきたことがありますねとか、豪邸を2件も建てていますね、とか、ホスピスを作るといいながら、一向にはかどりませんね、とかである。その度に、江原氏は、懸命に反論する。反スピリチュアルの香山リカの意見と称するコメントにも、一所懸命に答える。
 そうして、記者の質問は、子供の教育、恋愛、家庭、仕事、病気、死と及ぶが、江原氏の回答はぶれない、いわゆる、シルバーバーチのいう、人生の苦労は修行である、死は悲しみではない、霊魂は不滅である、人間は、本来的に霊的存在である、をきちんと踏襲する。また、物質主義を嫌悪する。低級霊の憑依も説く。流石にイギリスで修行しただけあって、正統的なスピリチュアリストであるといえる。
 ただ、シルバーバーチが説いていないことがあって、それは、江原氏が前世を言い当てることである。シルバーバーチは、前世は先ず分からないと説く。また、シルバーバーチは、オーラの色のような発言は一切していない。だから、江原氏は、前世とオーラのことは、方便で言っているのかもしれない。
 ただ、江原氏は、シルバーバーチのような発言をすると、当然に、世の中の通常のパラダイムと異なるので、世間一般から大層な反発を受ける。一番反発するのは、がちがちの物質主義者、現世主義者ではなくて、宗教家であり、精神科医である。自分のテリトリを侵されるように感じるのだろう。それで、流石の江原氏もうんざりしてきて、流石に何か反論させてよ、というのがこの本の趣旨であろう。すると、やはり、霊など信じないという対談相手の記者は、実はサクラということになる。それはそれで、よいのだと思う。
 ところで、シルバーバーチが説くスピリチュアリズムは、イギリスでのモーリス・バーバネルの交霊会、その著書を見事な文章で翻訳した近藤千雄氏などによって広められてきたが、まだ、一部の好事家にとどまっていた。ということで、私は、江原氏が、いろいろな非難にもめげず、テレビにも出演して、なんとかスピリチュアリズムを広めてほしいと願う次第である。そのためには、芸能人の人気を利用したり、多少の方便を使うことも、善意から発したことであるなら、是認されると思うのである。

2007年11月 3日

麻薬中毒

 Webのニュースを見ていたら、テニスのヒンギスが、コカイン服用疑惑で警察から取り調べを受け、無実を主張しているものの、嫌気が差して、引退を仄めかしているという。確か、年齢も27歳で、今や全盛期の力はない。
 そこで、ちょっとコカインについて調べてみると、とても習慣性が強く、禁断症状が厳しく、健康を害すること甚だしく、要するに、危険な麻薬なのだそうである。そうか、と思ったいたら、どこからともなく、物質自体が麻薬ではないか、という示唆があったような気がした。すなわち、物質の象徴である、物欲、性欲、金銭欲、名誉欲すべて、麻薬ではないか、というのである。
 そこで、私は軽く反論する。確かに、物欲、性欲、金銭欲、名誉欲に溺れて駄目になる人は沢山いるが、コカインなどの麻薬と比べるのはどうか、そもそも習慣性が違いすぎるのではないか、そもそもある程度の物欲は、この世を生きていく原動力であり、そういうものがないと、生きる意欲さえ湧かないのではないか、と主張した。
 それに対して、何も示唆はないので、私なりに考えてみると、どうもこの世に生まれてくる、ということは、習慣性をもつ物欲という麻薬にさらされつつ、それを克服することで個性を鍛え、磨くことではないか、と思われた。物欲の習慣性は、確かに麻薬より弱く、丁度麻薬の習慣性を、物理でいう核力のような強い力に譬えると、物欲の習慣性は、重力のようにとても弱く、しかし到達距離の長いものではないか。しかし、他でもない、到達力の長い物欲こそが、資本主義の源ではないか、また、物欲からの解脱という意味で、宗教の源泉ではないか、などとも考える。
 ともかく、麻薬と物欲の違いは、量的なものか、質的なものか、大抵の人は後者と言うであろうが、私は分からない。あと、魂は、この世で物欲に晒されないと修行できないのか、などとちょっと思考が乱れてきたので、一旦擱くとする。

2007年11月11日

幻視の構造

 いつだったか、テレビの番組で、バスの運転手の加重労働のことが報じられていた。すなわち、今バスの経路でとても競争が激しいのは、東京・大阪間の経路で、なにしろコスト競争が激しいので、一便あたりの利益が低く、するとバス会社は、薄利多売で、どんどん本数を増やす。しかし、人件費を切り詰めるために、多くのドライバを雇えないので、一人のドライバが長時間運転することになる。例えば、東京から大阪までバスで行くと、7~8時間くらいかかるが、大阪に着いたドライバは、3時間くらい仮眠しただけで、今度は、大阪から東京に、お客さんを乗せて運転して帰らなくてはならないことがあるという。これはとても重労働で、ドライバは運転中、朦朧としてきて、道路の上を白い透明な人間が歩くのが見えたりする、という。
 これを聞いて、スピリチュアルなことに興味がある私は、ふと次のように思った。すなわち、江原氏のように霊感がある人は、普段でも霊が見えるが、バスの運転手も、睡眠不足で朦朧としてくると、意識化に抑えられていた霊感が蘇ってくるのではなかろうか。そもそも、睡眠という行為は、霊界に意識を戻して英気を養うことであり、睡眠を欠くと、現世に、霊感的なものが溢れ出してくる、と考えられる。すると、高速道路で事故でなくなった霊が浮遊していることは十分にありえるので、道路の上に、透明人間をみてしまう、ということになる。
 一方で、3年前に、私の父親が、胃を切る手術を受けたことがあった。手術の翌日、病院に見舞いに行くと、父親は、朝起きたら、蜂が病室内を飛んでいた、という。それで、看護士に、病院に蜂がいていいのか、非衛生だし危険ではないか、と言ったら、実は幻視で、看護士は、笑って取り合わなかったという。これは、麻酔薬による幻視と思われる。また、麻薬中毒患者の手記で、体中を虫が這うような苦痛を味わったというのを読んだことがある。してみると、麻酔薬も麻薬も、脳神経に作用する、という点で類似であって、すると、こういう脳神経に作用する化学物質は、なぜか昆虫の幻覚をもたらす、ということになる。しかし、なぜ虫なのだろうか。人間といえども、進化の途上で、昆虫的なものを内包しており、麻酔薬や麻薬が、そういう原始的な神経を刺激するのであろうか。
 あと、幻視は、ちょうど夢がそうであるように、日常の経験にも引きずられる。すなわち、それは、霊視と神経作用と記憶の非線形な組み合わせで、且つ物質的でないがゆえに、とても理解の困難なもの、ということになる。
 

2008年3月25日

心身の双対性

 ときどき、突拍子もない概念が浮かぶのだが、昨日浮かんだのは、「心身の双対性」ということである。例によって、説明はないので、その意味は自分で考えるよりない。それは、どうもこういうことらしい。物質界にあることのほとんどは、心霊界にその対応がある、ということである。ただ、物質界⊂心霊界なので、心霊界にあることは、物質界にあるとは限らない。すると、双対性ではないではないか、心霊界から物質界への単射ではないか、と反論すると、ああそうかも、とは同意がある。
 で、具体例を挙げてみる。物質界では、大気にも、土中にも、ありとあらゆる細菌やウイルスが溢れている。これと双対に、心霊界にも、地縛霊や精霊などが溢れている。物質界では、きちんとした衛生を保つと、病気を防ぐことができる。しかし、体調がおかしくなって、免疫機能が低下すると、体に棲み付いているとても弱い細菌にすら、跳梁を許して、次第に体が弱ってしまう。典型的には、AIDSである。それと双対に、心にも、免疫機能があるらしい。すなわち、心が健康であれば、妙な霊の憑依を許さない。しかし、心が弱ってくると、霊に憑依されて、思わぬ行動に出てしまう。典型的には、2日前の土浦の通り魔殺人事件である。あれは、まったく動機が不明である。そういう場合に、霊の憑依を想定するのが妥当であることがある。
 では、どういう場合に心の免疫機能が低下するかというと、あることを一心に思いつめた場合、あるいは、心に空白が出来た場合である。是非とも何かを達成したい、お金や地位を手に入れたい、あるいは何をしていいか分からない、など。例えば、「迷える霊との対話」C.A.ウイックランド著、近藤千雄訳、ハート出版などを参照されたい。このため仏教は、昔からこだわりをなくすよう説いてきた。仏教は、まさに心の健康のための処方なのである。
 別の双対性として、物質界の遺伝子がある。心にも遺伝子があって、それは、ユンクのいう原型(アルキタイプ)に近いかもしれないが、なにか性格のタイプを規定するものである。ここで理解すべきなのは、心の遺伝子と体の遺伝子は全く独立であることである。だから、同じ親から生まれた兄弟は、肉体的には遺伝子は極めて類似するが、心の遺伝子は全く異なり得る。心の遺伝子は、その由来である類魂から引き継ぐ。コンピュータ・サイエンスの言葉を使うと、類魂はクラスなのであり、個別の心は、インスタンスなのである。そういう意味では、神とは、いかなる意味でも人格神ではなく、クラスの上位のスーパークラスと位置づけられる。実際、神そのものがこの世に顕現することはないので、それはスーパークラスであると同時に、仮想クラスでもある。
 それでは、肉体における酵素やホルモン、タンパク質のようなものは、心にもあるか、と問うと、物質界⊂心霊界なのだから、それはある、という答えが返ってくる。しかし、その準同型写像は、細菌、地縛霊、遺伝子などの類比よりも分かりにくく、簡単な観想では、理解できないだろう、とはぐらかされてしまった。
 ともかく、よく分からない双対性なのであった。

2008年6月14日

スピリチュアル的な

もう15年くらい前から、友人の紹介で、「シルバーバーチの霊訓」などの本格的なスピリチュアリズムの本を読んでいる。それで、感じ入ることもあるが、どうしても生身の人間というか煩悩が邪魔して理解できないことも多い。ここで注意して戴きたいのは、精神科医の香山リカなどが批判しているスピリチュアリズムは、霊感商法で騙して高い壷を買わせるようなものであって、ああいうものと同一視してほしくない、ということである。例えば、東大生の中にも犯罪に手を染める人はいるだろうが、そういう例をもって東大はもう駄目だみたいにいうのはあまりにも妥当性を欠くのと同様である。

ところで、先日の秋葉原の無差別殺人事件であるが、スピリチュアル的には、とても意外なことに、殺されることは全く悲惨ではない。亡くなった人の霊魂は、いささかも穢れる訳ではない。ただ、こんなことを公的な場で言うと袋叩きにあうので、こういうスピリチュアル的という形容詞をつけて、かろうじて述べてみるところである。ただ、ああいうと突然の死に方は、やはり亡くなった人の霊魂にもショックが残るので、霊界では、しばらく、面倒をみてもらうことになる。

では、犯人の側も悲惨ではないのか、というと、流石にそうではない。殺人を犯した犯人は、スピリチュアル的にも大きな負荷を負う。このように惨めになって自分を追い込む生き方のストーリーは、ある意味、生まれてくるときに、自分で選んだものである。あえて難しい試験にチャレンジするようなものであって、それをクリアすると、大きな精神的な成長を達成することができる。だから、言い換えると、犯人は、自由意志を十分に働かせれば、この悲惨な運命は回避できたのである。しかし、結局、何かの努力不足により、結局、悲惨な運命を回避できなかった。いろいろな意味で後悔は多いはずである。結局、犯人は、輪廻転生を繰り返して償うよりない。ただ、私のような者が輪廻転生などと軽々しく言うのは、スピリチュアル的にも妥当でない。すなわち、そういう卑近な例にこだわると、霊感商法に近づくので、戒めなさいということである。

さらに、秋葉原の無差別殺人事件では、殺された人はたまたま運が悪かった、というのが、現世の健全な思考であるが、スピリチュアル的には、宿命だったということである。すなわち、そう宿命づけられていた、ということである。スピリチュアル的には、こういう人生の終え方をする人は、とても霊格が高い。とてもいい人と慕われていた人ばかりのはずである。賭けてもいい、稀代のペテン師みたいな人は、間違っても、無差別殺人事件のターゲットにはならない。おっと、またイエローカードである。そんな軽々しい言い方は、してはいけない。

殺人というのは、スピリチュアル的にもとても罪であるが、それ以外のスピリチュアル的な罪は、私利私欲を追求することである。例えば、私財を投じて、ラスベガスを買い占めたハワード・ビューズは、折角の富を、恵まれない人を救うことに使わなかったという意味で、相当の大罪である。もちろん、日常的には、刑法にも民法にも触れないが。

実は、こういう私利私欲を追求することを罪とする考え方は、聖書の「金持ちが天国に行くことは、駱駝が針の穴を通ることよりも難しい。」と通じる。よって、もともとイエス・キリストは、スピリチュアル的な聖人であり、現代の宗教の教義なるものは、スピリチュアル的な純粋な教えを、カクテルしたものである、ということである。ただ、現代の宗教には、余計な儀式や脚色が多すぎる、ということである。

以上、覚束ない私のスピリチュアリズムの理解を書いてみたが、流石に、無差別殺人で殺されることが悲惨でない、だなんて、いくらなんでも言いすぎだったかな、と今更反省している次第である。

2008年8月26日

心のDNA

例えば、アリストテレスの入門書を読んでいると、アリストテレスは、プラトンのアカデミアに学んだのに、イデアの存在を認めず、事物とその関係しか実在でない、とプラトンに真っ向に反対している。

これはもとより、プラトンが正しいとかアリストテレスが正しいとか、そういうものではなく、心の嗜好(思考ではなく)を根源とするものであって、人類の最も偉大な哲学が、単なる嗜好に拠るということに今更当惑を覚える。

ここでいう嗜好は多岐に亘る。より卑近には、文系か理系か、絵画か音楽か、囲碁か将棋か、数学か物理か、法学か経済か、一神教か多神教か、(将棋において)振飛車か居飛車か、(囲碁において)厚みか地か、テニスか卓球か、など嗜好を分かつ多くの分岐点があり、上記のイデアか個物の実体かもその1つに過ぎない。

では、このように嗜好を分かつ根源は何かという問いかけの1つの答えはDNAである、というものであろう。なぜなら、DNAこそが先祖代々引き継ぐもので、われわれの資質は、肉体的なものであれ、精神的なものであれ、DNAに籠められている、というのが、世間一般に納得されているところだろう。

これに対して私は、軽く異議を唱えたい。すなわち、いわゆるDNAは、肉体にしか及ばない、という主張である。そして、精神的な資質は、心のDNAに拠る、というものである。

心のDNA? それは何だ、という問いかけは当然にある。そこで私は、古来インドから伝承される、輪廻転生を、今更のように持ち出すのである。すなわち、デオキシリボ核酸であるDNAに規定されて作り上げられる肉体に、心のDNAをもった魂が宿るのである。こういう命題は、今まで何百万回と繰り替えされたろう。いかなる意味でも、私のオリジナルではない。だから、残念ながらこの稿に目新しいことは何もない。単なる古代からの知識の整理にすぎない。

さて、心のDNAをもった魂は既に、前世での多様な経験をもつ。また、解決すべき課題ももつ。いわば、沢山夏休みの課題を抱えて、よく分からない世界から、この現世としての田舎のおじいさんの家(仏教的に言うと、穢土か)に遊びに来た子供のようなものである。そして、上述の心の嗜好は、心のDNAにオリジンをもつ。

そこで唐突ながらモーツァルトの例を挙げる。彼は、生まれながらの天才であって、流れるように作曲した。そう、作曲したというよりも、単に昔の記憶を思い出したのである。溢れるような過去の想起を書き連ねたに過ぎない。

だから、生まれつき音楽の才能がある者、将棋があっという間に強くなる者、またたくまに現代数学の根底のような代数の理論を打ちたて早世したガロア、それはすべて心のDNAの発露による。肉体のDNAでは全く説明がつかないだろう。

では肉体のDNAの役割はというと、身長、容姿、運動神経、頑健さ、遺伝的疾病などである(肉体を使うけれども、歌のうまさは寧ろ、心のDNAに属すだろう)。だから、先日閉会式を終えたオリンピックはまさに、肉体のDNAの祭典なのであって、心のDNAの要素は大きくない。ただ、メンタルの要素が大きいスポーツもあって、この辺は私もよく分からない。

心のDNAの存在を仮定すると、心のDNAに支えられていない資質に努力を傾注することの空しさが浮かびあがる。すなわち、受験勉強に強いというのもおそらく心のDNAの資質であって、おそらく親から遺伝で引きついたものではないので、親が受験勉強に強かったとしても、子供もそうだとは限らない。その逆もそうである。典型的には、将棋の才能や数学の才能にそれを窺うことができる。そこを勘違いして、肉体のDNAに心のDNAも籠められていると勘違いすると、ノーベル賞受賞者の精子を冷凍保存してそれで子孫をつくろうという馬鹿な発想も生まれる。

ということで、心のDNAは、肉体のDNAとは独立に存在する、という命題をとりあえず記しておいて、追々議論を精密化したいと思う次第である。

2008年9月23日

霊の海、細胞の海

人間、誰でもいつか死ぬのだけども、死んでもそのことが分からないことがあるという。朝目覚めて起きたら、なんか変だけれども、とりあえず昨日までの世界とそんなに違わない。でも決定的に違うのは、お腹が減らない。思っただけで、どこでも行ける。そんな決定的な違いがあるのに、やはり気づかない。もっと困ったことに、無意識のうちに、波長のあう精神の人に憑依して、その憑依された本人の意図しない結果になってしまう。典型的には、先日、福岡で、母親が小学生の息子を公園で殺してしまったことがあった。学校に来ないことを子供に責められたせいというが、そこまでの殺意は、どう考えても合理的に説明がつかない。それで私はつい、憑依を想定してしまう(ハート・ウィックランド「迷える霊との対話」ハート出版など参照)。

このようにわれわれの周囲には、多数の霊が跋扈している訳で、それは空気中に細菌やウイルスが漂遊しているのとのアナロジーである。そのような細菌のせいで、放置されている食べ物は腐敗してしまう。だから、腐敗しないようにするためには、冷蔵庫に入れる、乾燥保存するなどの処置が必要である。

これを細菌の海、ウィルスの海と呼ぶことにすると、われわれは同様に、霊の海にもいることになる。霊の海にあって憑依されない決定的な方法というのは分からない。とりあえず、欲望を膨らませないで、質素に生きるくらいしかないのではないか。要するに、仏教の教えに従うことである。

では、われわれは、細菌の海、ウィルスの海、霊の海だけに注意していればいいのか、というと、自分の体のことも考えてみてほしい。われわれの体は、何兆個もの細胞からなり、沢山のホルモン、酵素、機能性たんぱく質にあふれている。それで、その体の持ち主と自分で勝手に信じている、主体の意思とは全く無関係に、鼓動し、消化し、吸収し、分裂し、増殖し、死滅し、異物を取り囲んだりしている。これだけ勝手にふるまっている細胞がどうして主体の支配下にあると言えるだろうか。例えば、東南アジアに聞いたこともない小国があるとする。そこにあなたが、傀儡の支配者として派遣される。すると、傀儡とはいえ、一応、元首なので、周囲にいる人はあなたの言うことを聞き、政策にも耳を貸すかもしれないが、ほとんどはあなたの指示の外で動いている。そもそも、あそこに移動したいからタクシーを手配してくれ、と部下に依頼しても、一応は聞いたふりをするが、事情があってタクシーはこれません、と部下が言うかもしれない。そもそも、どういう仕組みでタクシーの運転手が働いているか、傀儡の元首には教えられることもない。

このように、あなたの細胞たちは、あなたの意思と全く無関係に、勝手に振舞っている。指示しても、聞いたふりをするだけである。これを私は細胞の海と呼ぶ。

昔読んだ夢野久作の「ドグラマグラ」によると、人間において考えているのは脳ではない、という。考えているのは個々の細胞であって、例えば、昔読んだ「腸は考える」という名著があったが、腸の細胞は、脳の指示を受けず、消化物を扱うために、驚くべき情報処理を自律的に行っている。「ドグラマグラ」によると、脳の役割は、単なる全体の細胞の思考のコーディネーションにすぎないという。それは、現代のグリッドコンピューティングにそのアナロジをみる。すなわち、細胞たちがグリッドコンピューティング的にP2Pで思考しているのだけれども、その結果の報告をとりまとめるのは脳であって、従って、脳は、部下の成果を自分がすべてやったようにみせかけて上位マネジメントに報告する管理職程度の役割しかないということになる。

このような仮想的な設定はともかくとして、われわれが現世にあって支配しているはずの肉体の細胞ですらも、上述の霊の海、細菌の海よりも決定的に分かりやすい訳ではない。だから、細胞の海である。

こうして、世の中で、人間の合理的思考の全く埒外にある多くの海のなかで、われわれが蠢いていることがいまや明らかになった。これもまた、無明の1つの表現である。

おお、1つ忘れていた。インターネットの世界では、コンピュータが自律的に動いている。金融の世界では、金融工学に基づきプログラミングされたコンピュータが数字を醸し出し、その結果、多くの金融会社を破綻に追い込んでいる。だから、霊の海、細菌の海、細胞の海に加えて、コンピュータの海も加えなくてはフェアでなかった。無明は深まるばかりである。

About スピリチュアル

ブログ「Commutative Weblog」のカテゴリ「スピリチュアル」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはコンピュータ全般です。

次のカテゴリはスポーツです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。